検索 - みる会図書館

検索対象: 東風西雅抄

東風西雅抄から 354件ヒットしました。

東風西雅抄


ぬ 。 こ の 近 代 的 歴 史 学 が ま だ 十 分 に 成 長 し き ら な い 間 に 、 現 実 の 世 界 状 勢 は も っ と 先 へ 進 ん だ 。 そ れ は 産 業 革 命 に よ っ て 惹 起 さ れ た 大 資 本 の 形 成 と 、 従 っ て 起 る 階 級 闘 争 の 激 化 で あ る 。 階 級 闘 争 の 立 場 か ら 過 去 の 歴 史 を 振 り か え っ て み る と 、 過 去 の 歴 史 も す 。 へ て 階 級 闘 争 に 見 え て し ま う 。 そ こ に マ ル ク ス の 唯 物 史 観 が 成 立 し た の で あ る 。 世 界 の 歴 史 は 、 主 人 対 奴 隷 、 領 主 対 農 奴 、 資 本 家 対 労 働 者 の 階 級 闘 争 の 連 続 で あ り 、 最 後 に 世 の 中 は 労 働 者 の 勝 利 に よ っ て 、 原 始 共 産 制 と 似 た よ う な 、 階 級 の な い 世 界 が 来 る と い う 説 で あ る 。 歴 史 学 は こ こ で 第 二 の 波 に 見 舞 わ れ た わ け で 、 こ の 場 合 も 、 唯 物 史 観 な る も の は 歴 史 学 自 身 の 中 か ら 生 れ た も の で な く 、 産 業 革 命 後 の 現 実 か ら 発 生 し た の で あ っ た 。 前 の 第 一 波 が 言 わ ば 自 然 科 学 的 で あ る の に 対 し 、 今 度 の 第 二 波 は 社 会 科 学 的 で あ る と 自 称 し 、 現 に 唯 学 史 物 史 観 と 社 会 科 学 と い う 一 言 葉 が 同 義 に 使 わ れ た り す る 。 こ の 唯 物 史 観 は 当 然 の 成 行 と し て 方 東 日 本 へ も 伝 播 し て き た 。 本 但 し 唯 物 史 観 の 波 は 日 本 に 対 し て は 、 最 初 は 単 な る 歴 史 解 釈 と し て 紹 介 さ れ た 。 歴 史 の 動 き の 裏 に は 必 ず 経 済 問 題 が あ る 。 歴 史 の 経 済 的 解 釈 、 階 級 的 分 析 が 唯 物 史 観 史 学 だ と さ れ た 。 尤 も 経 済 史 の 必 要 な 事 は 、 唯 物 史 観 派 で な く て も 唱 え て い た 所 だ か ら 、 始 め の 間 は

東風西雅抄


歴 史 を 研 究 す る 必 要 は な い 。 抑 も 歴 史 学 の 本 来 の 使 命 は 、 人 類 の 過 去 の 姿 を あ り の ま ま に 描 く こ と に あ る 。 そ こ か ら 最 も 素 直 な 人 生 観 が 生 れ て く る の で あ る 。 と こ ろ が 最 近 の 百 五 十 年 ほ ど の 間 は 、 古 い 歴 史 の 体 系 が 崩 壊 し た あ と 、 ま だ 明 確 な 新 し い 歴 史 が 出 来 上 ら ぬ 先 に 、 社 会 状 勢 が め ま ぐ る し く 変 化 し 、 人 生 観 が そ れ に 応 じ て 先 ず 成 立 し 、 そ の 人 生 観 か ら 歴 史 の 像 を 造 ろ う と し た 。 こ れ は 順 序 が 逆 で あ る 。 併 し 恐 ら く 世 界 が 落 付 き を 取 戻 せ ば 、 こ の 順 序 の 逆 な こ と に 気 付 き 、 世 人 は 何 よ り も 先 ず 客 観 的 に 真 実 な 歴 史 の 姿 を 知 ろ う と 要 求 す る だ ろ う 。 そ の 上 に 立 ノ ラ ン ス の と れ た 人 生 観 が 築 か れ る よ う に な ろ う 。 現 在 の 我 々 の 客 観 史 学 は 過 っ て 正 し い ヾ 去 の 幾 多 の 史 観 の 洗 礼 を 経 て い る が 、 そ れ に 雷 同 は し な い 。 目 前 の 現 象 的 変 化 に 無 感 覚 で は な い が そ れ に 動 揺 さ れ ず 、 ず っ と 先 の こ と を 考 え て い る 。 長 い 目 で 物 を 見 る こ と 、 そ れ 史 が 歴 史 学 だ け に 許 さ れ た 特 権 で あ る 。 そ う な る と 最 早 や 日 本 の 史 学 で は な い 。 他 の 科 学 と 方 東 同 じ く 、 世 界 共 通 の 史 学 に な る の で あ る 。 本 〔 『 経 済 人 』 第 十 三 巻 第 一 号 、 一 九 五 九 年 十 一 月 。 原 題 「 日 本 の 史 学 」 〕 日

東風西雅抄


よ う な も の だ 」 と 言 う こ と に も な り か ね な い 。 但 し 幸 い に 現 今 ま で の 所 で は 、 こ ん な 心 配 は 無 用 で あ っ た 。 我 々 は 漢 文 史 料 の 読 解 に お い て さ え 、 日 本 人 の 方 が ず っ と 分 析 的 に 正 確 に 読 み こ な し て い る 、 い 算 で い る 。 と こ ろ で こ の よ う な 盛 況 を も た ら し た 近 代 的 な 歴 史 学 の 研 究 方 法 と い う も の は 、 そ の 淵 源 を 尋 ね て 行 く と 、 そ れ は 実 に ヨ ー ロ ッ パ 十 九 世 紀 に 完 成 さ れ た 産 業 革 命 文 化 に つ き 当 る の で あ る 。 即 ち 歴 史 学 の 近 代 化 は 、 歴 史 学 の 中 か ら 自 然 に 発 生 し た の で な く 、 産 業 革 命 期 の 自 然 科 学 の 飛 躍 的 な 進 歩 に 刺 戟 さ れ て 、 そ れ に 追 随 し て 行 く こ と に よ っ て 達 成 さ れ た も の な の で あ る 。 産 業 革 命 は 機 械 を 発 明 し 、 自 然 力 を 駆 使 す る 人 間 に 対 し て 絶 大 の 自 信 を 与 え た 。 世 界 は 神 が 造 っ た も の で な く 、 自 然 に 存 在 す る も の で あ っ て 、 そ の 自 然 界 で は 人 間 が 一 番 進 歩 し た も の だ と い う こ と に な っ た 。 自 然 科 学 に お け る と 同 様 な 合 理 主 義 が 人 心 を 支 配 し 、 歴 史 学 も 従 来 の よ う な 、 教 会 か ら 与 え ら れ た 歴 史 を そ の ま ま に 信 用 せ ず 、 い ち い ち 自 己 の 理 性 に 照 し て 、 古 い 伝 統 を 批 判 し な け れ ば 承 知 せ ぬ の が 近 代 的 な 歴 史 学 だ っ た の で あ る 。 と こ ろ が 歴 史 学 と い う も の は 、 余 り に 図 体 が 大 き す ぎ て 、 一 寸 や そ こ ら で 衣 替 え が で き

東風西雅抄


147 概 説 と 同 時 代 史 同 時 代 史 を 書 く に は 、 過 ぎ 去 。 た 時 期 の ム ー ド を 批 判 す る と 同 時 に 、 現 時 の ム ー ド に 対 し て も 厳 正 な 批 判 が 必 要 だ 。 歴 史 家 は 何 も の に も 溺 れ て は な ら な い 。 〔 『 東 洋 の 歴 史 』 第 十 一 巻 「 中 国 の め ざ め 」 月 報 十 一 、 人 物 往 来 社 、 一 九 六 七 年 八 月 〕

東風西雅抄


1 ろ 2 唯 物 史 学 と 言 っ て も そ れ 程 異 質 的 な 存 在 で は な か っ た 。 と こ ろ が ロ シ ア 革 命 が 成 功 し 、 原 理 的 な マ ル ク ス 主 義 よ り も 、 戦 術 的 な レ ー ニ ン 主 義 が 流 行 し て く る と 、 日 本 の 唯 物 史 観 史 学 も だ ん だ ん 実 践 的 ・ 尖 鋭 的 に な っ て き た 。 そ れ に 世 界 大 戦 後 の 世 界 を 蔽 っ た 大 不 景 気 が 日 本 を も 襲 い 、 深 刻 な 経 済 危 機 が 朝 野 を 脅 し た 。 日 本 の 資 本 主 義 は ま だ 未 成 熟 で 内 外 か ら の 圧 迫 を 支 え き れ ず 、 国 家 の 指 導 権 を 軍 部 に 譲 り 渡 し て し ま っ た の で あ る 。 こ こ に 日 本 の 対 外 積 極 政 策 が 決 行 さ れ 、 シ ナ 事 変 か ら 大 東 亜 戦 争 へ と 進 展 す る の で あ る が 、 唯 物 史 観 は 徹 底 的 に 弾 圧 さ れ 、 代 っ て 皇 国 史 観 が 登 場 す る 。 世 界 の 歴 史 は 日 本 の 皇 威 発 揚 の 歴 史 だ と 言 う の で あ っ た 。 そ れ に は 日 本 の 歴 史 が 世 界 の ど こ の 歴 史 よ り も 古 く な く て は な ら ず 、 そ れ に は ま た 日 本 の 古 典 が 一 字 一 句 真 実 で 批 判 を 許 さ れ ぬ も の で な け れ ば な ら な か っ た 。 言 わ ば 皇 室 に 対 す る 宗 教 的 な 信 仰 だ が 、 従 来 そ れ が 浮 動 し て い た の は 、 凡 て が 西 欧 的 な 謀 略 に か か っ た の で あ る 。 だ か ら 日 本 人 は 真 の 日 本 思 想 に 立 返 っ て 、 日 本 的 世 界 観 を 持 た ね ば な ら ぬ 、 と 言 う の だ が 、 後 に な る と 、 日 本 的 世 界 観 と い う よ う な 、 的 の 字 が あ っ て は ま だ 本 当 で な い 。 日 本 世 界 観 で 歴 史 を も 見 直 さ な く て は な ら ぬ 、 な ど 言 っ た も

東風西雅抄


152 て き た 。 最 初 は そ れ が 不 幸 な 形 を と 「 て 、 ア ジ ア を 植 民 地 化 し 、 中 国 ま で も そ の 侵 略 に 曝 さ れ ね ば な ら な か 0 た 。 併 し 大 局 的 に 見 れ ば 、 そ の 間 に こ そ 、 彼 に 追 い つ く 鍛 錬 を 受 け た の で あ 「 た 。 結 果 は 中 国 人 も 幸 福 に な れ た の で あ る 。 人 類 の 文 化 と は 原 来 そ う し た 性 質 の も の な の だ 。 過 去 は 短 か く て 将 来 は 長 い 。 徒 ら に 偏 狭 な 民 族 や 階 級 の 殻 の 中 か ら 意 地 悪 く 世 の 中 を 見 る ば か り が 能 で は な い 。 東 洋 の 歴 史 は 世 界 史 的 立 場 に 立 。 て は じ め て 本 当 の 姿 が 映 せ る の で あ る 。 〔 『 東 洋 の 歴 史 』 第 十 三 巻 月 報 、 人 物 往 来 社 、 一 九 六 七 年 十 月 〕

東風西雅抄


な い よ う に 用 心 す る 。 唯 物 史 観 と 雖 も こ の 立 場 を 崩 さ な い 。 た だ 他 の 世 界 の 歴 史 も 同 じ 筒 の 中 へ と じ こ め て 、 そ の 中 で ヨ ー ロ ッ パ と 同 じ 発 展 を 遂 げ る と い う 平 行 現 象 を 認 め る だ け で あ る 。 多 く の 日 本 の 学 者 た ち は 、 ヨ ー ロ ッ パ 的 な 見 方 か ら 解 放 さ れ ね ば な ら ぬ 、 と 口 先 で は 言 い な が ら 、 実 際 は 忠 実 に ヨ ー ロ ツ 。 ハ 的 偏 見 を 遵 守 さ せ ら れ て き て い る の で あ る 。 そ の 実 歴 史 上 ど こ に も 時 間 の 断 絶 が な か っ た よ う に 、 人 間 世 界 に は ど こ に も 地 理 上 の 断 絶 は な か っ た 。 人 類 は 誰 し も 外 界 か ら 孤 立 し て い る 者 は な い 。 若 し 本 当 に 他 か ら 断 絶 し た 人 が あ れ ば 、 そ れ は 存 在 し な い と 等 し い 。 人 類 は 網 の よ う に 地 球 を 蔽 い 、 海 水 の よ う に 低 地 を 満 た し て い る 。 そ の 奥 底 の 見 え な い 部 分 の 方 が 大 き く て 、 そ こ で は 絶 え ず 攪 拌 作 用 が 行 な わ れ て 人 類 の 均 質 化 が 進 行 し て い た の で あ る 。 綉 毬 が 東 西 に 併 存 し て い て も 、 そ れ は 偶 然 な ど と 言 っ て 驚 く に は 当 ら ぬ こ と で あ っ た の だ 。 と う ざ い お く に ぶ り 五 回 に 亘 っ た 東 風 西 雅 録 は こ れ で 終 わ る 。 五 回 の 意 味 は 、 第 一 回 を 楔 子 と し 、 あ と の 四 さ る に て も 、 読 雅 回 が 起 承 転 結 の リ ズ ム を 表 わ し た も の と 読 ん で い た だ け れ は あ り が た い 風 者 も し ん ど か 0 た で あ ろ う が 、 書 く 方 は な お さ ら し ん ど い 。 し か し お 蔭 で 勉 強 に は な 0 た 。 東 月 報 を 圭 日 く こ と は よ い こ と で あ る 。 〔 『 中 国 古 典 文 学 大 系 』 「 西 遊 記 上 」 月 報 貯 、 一 九 七 一 年 十 月 〕

東風西雅抄


歴 史 か ら み た チ ベ ッ ト 国 境 問 題 国 境 地 理 学 と い う 学 間 が あ っ て い い は ず で あ る 。 国 境 と い う も の の も っ 政 治 的 、 地 理 的 、 国 際 法 的 の 意 義 を 検 討 す る と と も に 、 そ の 背 後 の 歴 史 的 意 義 を 究 明 す る も の で 、 特 に 最 後 の 歴 史 の も っ 比 重 が 大 き い か ら 、 国 境 史 と 名 付 け て も よ い 題 国 境 地 理 学 の 第 一 章 に は こ う 書 い て あ る 。 国 境 間 題 は 必 ら ず そ の 反 対 側 に 仕 掛 け が あ る 境 ト か ら 、 そ れ を 忘 れ る な 、 と 。 こ の ご ろ 問 題 化 し て き た チ ベ ッ ト 国 境 間 題 も 、 歴 史 的 に 見 る べ と 、 イ ン ド 国 境 よ り も む し ろ そ の 反 対 側 に 多 く の 間 題 を 含 ん で い る の で あ る 。 チ た チ ベ ッ ト は 人 口 希 薄 な 高 原 で 、 そ の た め に 近 世 に 人 っ て か ら 、 四 方 か ら 侵 人 を 受 け 易 く み ら な っ て き た 。 そ こ で 十 八 世 紀 か ら 清 朝 の 保 護 国 と な っ て 、 南 や 北 か ら の 侵 略 に 対 抗 し て き 史 た の で あ っ た 。 と こ ろ が 清 朝 も 末 に な る と 、 清 朝 は も は や チ ベ ッ ト を 保 護 す る 実 力 が な く な っ て し ま っ た 。 そ し て イ ン ド を 領 有 す る 英 国 は 、 チ ベ ッ ト ヘ ロ シ ア の 勢 力 が 人 っ て 来 は せ ぬ か と 心 配

東風西雅抄


170 張 り ま だ 分 ら な か っ た 。 地 理 の 大 先 輩 の 藤 田 元 春 さ ん と 、 い つ も 三 高 図 書 室 に 立 籠 っ て 本 を 読 ん だ が 、 そ ん な 話 を す る と 、 「 そ り や 若 い う ち は 分 ら ん さ 、 兎 に 角 初 め は 己 れ を 空 し く し て 先 生 方 の 学 間 を 吸 収 す る こ と だ 。 そ の う ち に 段 々 分 っ て く る 。 桑 原 さ ん の 学 間 は 頑 張 れ ば 追 い つ け る だ ろ う が 、 内 藤 さ ん に 追 い つ く の は む つ か し い ぞ 」 と 言 っ て く れ た が 、 そ の う ち に 「 内 藤 さ ん の 学 間 は あ り や 学 問 じ ゃ な い ぜ 。 や つ ば り 桑 原 さ ん の 方 が い い ぞ 」 と 言 い 出 し た 。 私 の 聞 い た の は こ こ ま で だ が 、 そ の 後 ま た 説 が 変 っ て き た そ う だ 。 こ の 藤 田 大 先 輩 に も と う と う 先 生 の 学 問 は 分 ら ず 了 い で あ っ た ら し い 。 先 生 の 宋 代 近 世 説 も 初 め の う ち は 私 に 分 ら な か っ た 。 私 は 中 国 史 を 世 界 史 の 中 で 見 な け れ ば な ら ぬ と 考 え 、 六 高 か ら 三 高 初 期 ま で の 概 説 講 義 は 後 に 歴 研 派 が 採 用 し た と 同 じ よ う な 唐 代 古 代 説 で あ っ た 。 其 後 三 区 分 法 は 不 適 当 と 考 え っ き 、 古 代 、 中 世 、 近 世 、 最 近 世 の 四 分 法 と す る と 、 宋 代 近 世 説 は 動 か し 難 い 鉄 案 と 信 ず る よ う に な っ た 。 初 め 歴 研 に 教 え ら れ て 三 分 法 に 従 っ た 東 洋 史 学 者 が 、 い つ の 間 に か 歴 研 が 古 代 、 中 世 、 近 世 、 近 代 の 四 分 法 に 変 身 し た の に 気 付 か ず 、 た だ 独 り 取 り 残 さ れ て い る 向 き が 多 い の は 不 思 議 な 現 象 で あ る 。 こ の 沈 滞 か ら 脱 け 出 す に は 内 藤 史 学 を わ か る ま で 読 み 直 す こ と か ら 始 め る 。 へ き で あ ろ う 。 〔 『 内 藤 湖 南 全 集 』 第 八 巻 、 月 報 三 、 筑 摩 書 房 、 一 九 六 九 年 八 月 〕

東風西雅抄


コ 人 種 の 一 派 で 、 八 世 紀 ご ろ か ら 約 一 世 紀 間 、 外 蒙 古 を 中 心 に 大 帝 国 を た て 、 一 時 は 唐 帝 国 を 属 国 視 し た ほ ど の 強 盛 を 誇 っ た 。 こ の ウ イ グ ル 民 族 史 の 研 究 に 先 べ ん を つ け た の は 、 元 京 大 総 長 の 羽 田 亨 先 生 で あ っ た 。 先 生 の 学 位 論 文 が 「 唐 代 ウ イ グ ル 史 の 研 究 」 で 、 こ れ は 最 近 出 版 さ れ た 先 生 の 論 文 集 に 収 め ら れ て い る 。 漢 文 史 料 の ほ か に は 彼 ら 自 身 の 記 録 を ほ と ん ど 残 さ な か っ た こ の 大 帝 国 の 歴 史 は 、 こ れ で よ う や く 全 ば う が 明 ら か に さ れ た の で あ る 。 と こ ろ で こ の ウ イ グ ル 帝 国 は 九 世 紀 半 ご ろ に 崩 壊 し て 、 そ の 主 力 が 西 方 へ と ん 走 し た が 、 さ て そ の 行 方 が 分 ら な か っ た 。 西 走 後 の い わ ゆ る 西 ウ イ グ ル 国 に な る と 、 史 料 が 一 層 少 な く な り 、 漢 文 史 料 も 断 片 的 な も の ば か り で 、 し か も 互 い に 矛 盾 し て い る 。 安 部 君 は こ の 零 細 な 史 料 を 拾 い 集 め て た ん 念 に 検 討 し 、 見 事 に 西 ウ イ グ ル 国 の 歴 史 の 輪 郭 を 復 原 し た の だ こ の 国 は 今 の 新 疆 省 を 中 心 と し て 広 い 領 土 を 開 拓 し 、 四 、 五 百 年 間 、 東 西 交 渉 上 に も 重 要 な 役 割 を 果 し て き た 。 , 従 来 は こ の 国 の 歴 史 が ほ と ん ど 分 ら ず 、 歴 史 上 に 大 き な プ ラ ン ク が 残 さ れ て い た が 、 安 部 君 の カ 作 『 西 ウ イ グ ル 国 史 の 研 究 』 は 、 こ の 空 白 を 埋 め た 貴 重 な 業 績 で あ っ た 。 そ く 聞 す る 所 に よ る と 、 こ の 研 究 は 出 版 の 年 、 さ る 有 名 な 文 化 賞 の 候 補 に っ こ 0