検索 - みる会図書館

全データから 213243件ヒットしました。

だんじょん村の止まり木亭-Start Line-


だ ん じ よ ん 村 の 止 ま り 木 亭 -Start Line- 310 ア ト リ が 席 に 着 く と 、 ジ ャ ス パ ー が 興 味 津 々 の 顔 を 彼 女 に 向 け た 。 「 さ っ き 、 羽 の 意 味 が 分 か っ た っ て 言 っ て た な 。 そ の 羽 は ア ト リ に と っ て な ん な ん だ ? 」 四 つ の 視 線 が 集 ま る 。 ア ト リ は 満 面 の 笑 顔 で 答 え た 。 「 こ の 羽 は 、 わ た し の 誇 り で す 」

だんじょん村の止まり木亭-Start Line-


322 だ ん じ よ ん 村 の 止 ま り 木 亭 —Start Line— 2015 年 1 1 月 15 日 初 版 ()5 版 ) 2016 年 11 月 23 日 改 訂 版 ()6 文 庫 版 ) 発 行 : 著 : 奥 付 巡 風 堂 & 白 羊 雑 貨 店 ベ ネ ・ 水 代 ( 巡 風 堂 ) 原 案 / キ ャ ラ ク タ ー デ ザ イ ン / イ ラ ス ト : Aries ( 白 羊 雑 貨 店 ) 印 刷 ・ 製 本 : コ ミ ッ ク モ ー ル 様 連 絡 先 : URL: http://benemizushiro.blog.fc2.com/ E-MaiI: [email protected] rIWitter: Mizushiro RO 本 書 の 無 断 複 製 、 複 写 、 転 載 を 禁 止 し ま す 。 本 書 の 作 成 に は 文 庫 本 作 成 ツ ー ル 「 威 沙 」 を 使 用 し て い ま す 。 (http://tokimi. sylphid. jp/)

実践Vim 思考のスピードで編集しよう!


TIPI : ド ッ ト コ マ ン ド と は く の 行 を 削 除 し ろ 」 と Vim に 伝 え る こ と に な る 。 て く れ る 。 に 続 け て ド ッ ト コ マ ン ド を 使 う と 、 「 直 前 の 変 更 を 繰 り 返 す 」 と は 「 現 在 キ ー ス ト ロ ー ク {start} バ ッ フ ア の 内 容 1ne Line Line Line lne Line Line 1ne Line one two three f our two three four three 最 後 に コ マ ン ド 。 こ れ は 、 現 在 の 行 か ら フ ァ イ ル の 末 尾 ま で の イ ン デ ン ト を 1 段 階 深 く す る 。 こ の コ マ ン ド に 続 け て ド ッ ト コ マ ン ド を 実 行 す る と 、 「 直 前 の 変 更 を 繰 り 返 す 」 と は 「 現 在 の 行 か ら フ ァ イ ル 末 尾 ま で の イ ン デ ン ト を 1 段 階 深 く し ろ 」 と Vim に 伝 え る こ と に な る 。 以 下 の 例 で は 、 何 が ど う な る か が よ く わ か る よ う に 、 最 初 は カ ー ソ ル が 2 行 目 に あ る と し よ う 。 キ ー ス ト ロ ー ク {start} バ ッ フ ア の 内 容 Line 0 e ine tWO Line three Line four Line one ine tWO Line three Line four Line one Line two ine three four Line one Line two ine three Line four Line one Line two Line three ine f our 27

だんじょん村の止まり木亭-Start Line-


だ ん じ よ ん 村 の 止 ま り 木 亭 -Start Line- 162 る 。 「 い い か ら 頭 冷 や せ 。 気 負 い す ぎ だ 。 鼻 血 出 る ぞ 」 「 そ り ゃ あ か ん 。 野 営 の 準 備 は ウ チ ら が す る か ら 、 ア ト リ は 横 に な っ と き 」 「 え 、 で も 。 ル ピ ニ ア は 片 眉 を 上 げ 、 ア ト リ の 顔 に 指 を 突 き つ け た 。 「 鼻 血 や で ? 女 の 子 に は 一 大 事 や ん か 」 「 女 が 鼻 血 出 す と 、 何 か 問 題 が あ る の か ? エ ル ム に 肩 を 貸 し た ジ ャ ス パ ー が 首 を か し げ る 。 ル ピ ニ ア は 盛 大 に た め 息 を つ い た 。 「 ほ ん ま 、 女 心 を 分 か っ と ら ん わ 12 夜 営 玄 室 は 入 り 口 か ら 見 て 縦 長 の 長 方 形 だ っ た 。 横 幅 が 十 メ ー ト ル 程 度 、 奥 行 き は そ の 倍 近 く あ 室 内 の 壁 や 天 井 は 焼 き 固 め ら れ て お ら ず 、 コ ケ も 生 え て い な い 。 露 出 し た 岩 に 囲 ま れ た 空 間

だんじょん村の止まり木亭-Start Line-


だ ん じ よ ん 村 の 止 ま り 木 亭 -start Line- 232 「 ぐ む う つ 深 鍋 を 頭 に 被 せ ら れ 、 男 が 闇 雲 に 剣 を 振 る う 。 「 雑 だ よ 」 エ ル ム は 易 々 と そ の 脇 に 滑 り 込 ん だ 。 敵 が 正 確 に 剣 を 振 る っ て い る 間 は 隙 を 見 出 せ な か っ た が 、 両 脚 を 傷 め 視 界 す ら 失 っ た 今 な ら 剣 の 柄 と 右 腕 を 横 か ら 掴 む 。 腕 を 振 り 下 ろ す 勢 い を そ の ま ま 利 用 し 、 男 を う つ 伏 せ に 引 き 倒 す 。 信 じ が た い 激 痛 が 全 身 を 駆 け 抜 け る 。 右 脚 の 向 こ う 脛 を 全 力 で 殴 打 さ れ た 。 そ れ を 理 解 し た 次 の 瞬 間 。 耳 と 鼻 が 潰 さ れ る よ う な 痛 み と 同 時 に 、 男 の 視 界 は 暗 黒 に 閉 ざ さ れ た 。 8 風 が 吹 く と き

実践Vim 思考のスピードで編集しよう!


第 1 章 Vim の や り 方 な に ? 」 し て い る も の が 何 か 、 そ の 中 核 が 見 え て く る 。 最 初 に 問 う べ き は こ れ だ 。 「 変 更 っ て プ ル な 定 義 の な か に 、 モ ー ド を 持 っ た Vim の 編 集 モ デ ル を こ れ ほ ど ま で に 効 率 的 に ド ッ ト コ マ ン ド 0 を 使 う と 、 「 直 前 の 変 更 を 繰 り 返 す 」 と は 「 カ ー ソ ル 位 置 に あ る ま コ マ ン ド は カ ー ソ ル 位 置 に あ る 1 文 字 を 削 除 す る 。 ま コ マ ン ド を 実 行 し た あ と に Line four Line three Line two Line one 新 6 一 ⅵ m way 0 mechamcs. txt 例 と し て 、 以 下 の よ う な テ キ ス ト を 使 お う 。 る も の だ っ て あ る 。 も あ れ ば 、 行 全 体 の レ ベ ル で 行 わ れ る も の も あ る し 、 フ ァ イ ル 全 体 の レ ベ ル で 行 わ れ 更 」 と な る の か を 把 握 す る 必 要 が あ る 。 変 更 は 、 個 々 の 文 字 の レ ベ ル で 行 わ れ る も の ド ッ ト コ マ ン ド の 強 力 さ を 理 解 す る に は 、 い ろ い ろ な 操 作 の な か で 何 が 「 直 前 の 変 1 文 字 を 削 除 し ろ 」 と Vim に 伝 え る こ と に な る 。 以 下 に 例 を 示 そ う 。 キ ー ス ト ロ ー ク {start} バ ッ フ ア の 内 容 1ne one Line two Line three Line four one Line two Line three Line four 1 Line Line Line Line Line Line two three four two three f our 冒 キ ー を 何 度 か 押 し て 変 更 を 取 り 消 せ ば 、 フ ァ イ ル を 元 の 状 態 に 戻 せ る 。 も 削 除 を す る コ マ ン ド だ 。 た だ し 、 こ ち ら は カ ー ソ ル が あ る 行 を ま る 26 ご と 削 除 し

だんじょん村の止まり木亭-Start Line-


だ ん じ よ ん 村 の 止 ま り 木 亭 -start Line- 104 次 の 通 路 に は コ ウ モ リ の 巣 が あ っ た 。 エ ル ム の 持 っ 火 に 驚 い た の か 、 無 数 の コ ウ モ リ が 一 斉 に 飛 び 立 ち 五 人 の 視 界 を 埋 め 尽 く し た 。 ジ ャ ス パ ー の 剣 は 空 を 切 る ば か り 相 手 は 小 さ い 上 に 高 速 で 飛 び 回 る た め 狙 い が 定 ま ら な い だ っ た 。 エ ル ム も た い ま つ を 振 っ て コ ウ モ リ を 追 い 散 ら そ う と し た も の の 、 火 が 離 れ れ ば 再 び 群 れ が 寄 っ て く る 。 も で 法 は よ 良 脱 に ジ な い 出 巻 ヤ い つ や こ と し き ス た 込 パ ロ つ ろ 挙 ん 1 論 ら だ 句 で が 、 も 絡 つ 収 経 た 実 、 み ま 験 。 戦 大 つ り を で 蛇 か つ 積 蛇 さ れ つ め の え た あ ば 頭 眠 際 る 面 を つ 白 正 て 工 人 え 確 し ド を 冒 に ま ワ 眺 険 射 え ー め 者 抜 ば ド い 救 は が な て 出 睡 ら る み で 魔 、 な せ き の る る 術 ド な と を ど 判 指 ワ ド 工 し し ド た よ は 含 ワ た う ー め と み 笑 し て の ジ た み 状 ヤ れ 態 ス ば か パ 定 自 を 外 カ 魔

だんじょん村の止まり木亭-Start Line-


だ ん じ よ ん 村 の 止 ま り 木 亭 -start Line- ん あ 術 訓 工 、 ん ル れ 花 た 使 ス 減 ム が こ リ パ な い 術 。 は ロ 先 せ を 剣 い 尖 違 、 ら せ れ る 、 モ ん 魔 し 止 剣 食 得 力 、 し 手 緒 工 。 納 ド に 舐 れ 無 え 掃 ワ ば 理 。 る が 疑 い 倒 の 意 の す 飛 問 、 な び を 地 の 亜 だ 魔 笑 メ は ま り 考 素 か 牙 ル し 、 つ た で も ひ ど い よ 輩 な り っ て く れ に ま ど つ 、 の そ 先 笑 は 彳 丁 き ま り だ 必 要 は さ の 壁 を 確 刃 し た る ぞ シ ヤ ス パ は 苦 し つ つ を 鞘 に め た ー ー 1 し し 、 ん だ な で も の 子 た ち を る の コ ウ モ で わ た し た ち は 無 生 で す ウ モ リ し し ま っ 虫 方 使 べ 策 群 と も 田 ノ じ 、 る け き ま て 術 空 を 数 回 ん を す と も 可 能 ろ っ 後 先 を の 場 コ 火 の か り 突 然 い く つ も の の 玉 昔 攵 る 法 だ い く ら コ モ リ で 避 ル ピ ア 0 ) 講 中 釈 待 を さ 尻 ぎ り シ ヤ ス し ヤ は ノ い し き り 106 ジ 手 は カ 日 ん て で き る の か し 、 ら の と つ て 法 の 加 パ 下 減 眠 め 簡 単 と や く て な ち よ つ と て よ み ろ が っ て 火 花 の た 術 な で 倒 し て も よ か た ん じ や し 、 で を つ て り コ ウ リ と っ て し 、 た に 違 し 、 な い 練 場 て 、 は 眠 た 気 感 に 耐 尻 ら れ だ 床 オ を た 回 は ど つ に か つ て れ た が ア ト が 本 気

だんじょん村の止まり木亭-Start Line-


だ ん じ よ ん 村 の 止 ま り 木 亭 -Start Line- ど に 不 深 向 ま た 映 き 給 華 給 最 し 安 緑 か だ 立 仕 奢 仕 初 尻 っ 料 か 定 に な て 服 だ 服 0 ) て に 瞳 て 理 人 、 は に 浮 ん し 、 が 間 揺 く 運 ど 白 首 身 た か や 水 の れ 忙 び る も を 黒 ん と 腕 包 だ 危 町 る し 足 か を に 耳 で グ 取 慣 ん 感 な く ロ ロ 基 も フ 左 だ 冫 想 、 も り れ の 調 脚 が か ガ ス 右 も 金 は て よ と 、 髪 の を 見 し 、 さ し そ し フ ス 水 往 る な の オ ↓ し 、 を た ル を 復 い 感 お ピ 少 だ な は 力 、 と 回 眺 し の じ ら 。 た 級 め だ さ な た に ア 。 お し 自 年 よ ろ せ ロ ロ が い 身 頃 で る つ つ デ と か は へ ザ 比 な 数 自 び 個 ル ツ べ 分 庶 ヒ 。 の ド て と つ ン く グ だ 民 ド さ 同 ん じ の ア レ ス 控 頼 酒 は だ く ス 場 書 尻 り の り で 物 歩 ト 花 め な し 、 使 レ 飾 な で を く 祝 進 イ フ 感 り ろ れ は リ ん め じ に つ 載 薄 る だ る ル る か 知 桃 が ほ せ た と 識 び 色 少 ど 小 は を で 女 細 柄 ル 王 彡 、 水 ピ 、 の い で ノ じ 、 地 清 味 楚 体 い 返 暴 ア は し れ な な の つ ず た 雰 き 丁 服 だ は の プ 適 気 だ 度 を ル つ 12 【 一 日 目 】 1

Pythonクックブック


128 ー 3 章 時 間 と お 金 boxings = [easter. easter(y) + one day fo て y in xrange(start. year, end. year + 1)] return [d fo て d in boxings if start く =d く =end] す def a11 christmas(start, end) : # start と end の 間 の ク リ ス マ ス の 日 付 を 返 す = [datetime. date(), 12 , 25 ) christmases for y in xrange(start. year, end. year + 1)] return [d f0 て d in christmases if start く =d く =end] def all_labor(start, end) : # start と end の 間 の 労 働 祝 日 す の 日 付 を 返 す labors = rrule. rrule(rrule. YEARLY, bymonth=9, byweekday=rrule. M0(1), dtstart=start, until=end) return [d. date( ) fo て d in labors] # 期 間 内 か ど う か の チ ェ ッ ク は 不 要 def read holidays(start, end, holidays file='holidays. txt' ) : # holidays file か ら 読 ん だ 休 日 の う ち start... end に あ る 日 の リ ス ト を 返 す try: holidays file = open(holidays file) except IOError, err: print 'cannot read holidays ( % て ) : ' % (holidays file,), err return [ ] holidays = fo て line in holidays file: # 空 行 と コ メ ン ト 行 を ス キ ッ プ す る if line. isspace( ) or line. startswith('#' ) : continue # 書 式 YYYY, M, D に 沿 っ て 解 釈 す る try: y, m, d = [int(). strip( ) ) for x in line. split(', = datetime. date(), m, d) date except ValueError: # 不 正 な 行 に は 警 告 を 出 し て 継 続 す る print "lnvalid line %r in holidays file %r" % ( line, holidays file) continue if start<=date<=end: holidays. append(date) holidays file. close( ) return holidays holidays_by_country = { # カ ン ト リ ー コ ー ド を そ れ そ れ 関 数 の シ ー ケ ン ス に マ ッ ピ ン グ す る : ( a11 easter, a11 christmas, a11 labor), 'ITI : ( a11 easter, a11 boxing, all_christmas), 訳 注 : 9 月 第 一 月 曜 。