検索 - みる会図書館

全データから 215199件ヒットしました。

どんな仕事も楽しくなる3つの物語


ど ん な 仕 事 も 楽 し く な る 3 つ の 物 語 T ん ル & 虻 ” ル 了 4 そ ル の イ ル / し ん イ き 既 応 れ 彎 イ 成 . 材 ル 0 と 体 F 応 イ ん 朝 ぇ 福 島 正 伸

どんな仕事も楽しくなる3つの物語


目 次 は じ め に ど ん な 仕 事 も 楽 し く な る 3 つ の 物 語 【 第 一 話 】 人 で あ ふ れ た 駐 車 場 【 第 ニ 話 】 日 本 一 の タ ク シ 1 会 社 【 第 三 話 】 警 察 で 講 師 を つ と め る べ ン キ 屋 仕 事 が 感 動 に 変 わ る 、 五 つ の 心 構 え 〇 仕 事 の 意 味 を 考 え る ② も の ご と を 前 向 き に 受 け 止 め る ③ 自 己 原 因 で 考 え る ④ 自 分 の 可 能 性 を 信 じ て 、 自 分 ら し く や る ⑤ 目 指 す こ と を 、 あ き ら め な い 仕 事 を 感 動 に 変 え る 人 あ と が き 85 77 71 63 58 IOI 9. 37 25

保育ナビ 2016年9月号


多 く の 保 育 者 は 日 々 の 保 育 の 中 で 、 「 子 ど も の 魅 力 」 に 心 動 か さ れ 、 小 さ き 人 々 と 共 に 過 ご す 喜 び を 感 じ て い ら っ し や る こ と で し よ う 。 お そ ら く そ れ は 、 保 育 と い う 仕 事 を 選 ん だ 最 大 の 動 機 で も あ る の で は な い で し ょ 一 つ か 先 輩 保 育 者 が 子 ど も の 姿 を 楽 し そ う に 語 る 姿 に 出 会 、 自 分 も 「 あ ん な ふ う に 語 り た い 」 と 憧 れ る ど も を 物 語 る 」 と い う 営 み は 、 保 育 者 に と っ て の 大 き な 喜 び や や り が い に つ な が る も の で あ り 、 保 育 に と っ て 必 要 不 可 欠 な も の で す 。 本 特 集 前 半 で は 、 魅 力 的 な 子 ど も 語 り の 視 点 を も っ 3 つ の エ ピ ソ ー ド を 紹 介 し 、 「 子 ど も を 物 語 る 」 こ と に つ い て 考 え 、 後 半 の 対 談 を 通 し て 、 園 内 外 へ 向 け て そ の 語 り を 共 有 し て い く こ と の 価 値 に つ い て 考 え ま す 。 0 っ ヵ ど e 5 魅 力 的 な 子 ど も 語 り / 写 真 で 物 語 る 9 子 ど も を 物 語 る っ て 、 な ん で し よ う ね = 3 く 子 ど も を 物 語 る > こ と を 物 語 で 物 語 る ・ ・ P. 10 ~ 1 1 ・ ・ P. 12 ~ 15 ・ ・ P. 16 ~ 17 子 ど も の ヾ お も し ろ さ を も っ と 語 ろ う ! 大 豆 生 田 啓 友 >< 青 山 誠 P. 18 ~ 21 写 真 宮 武 大 和 09 保 育 ナ ビ

どんな仕事も楽しくなる3つの物語


人 で あ ふ れ た 駐 車 場 が 今 や っ て い る 仕 事 を 楽 し み た い 、 そ う 思 っ て い る だ け な ん で す : 「 私 の 夢 が つ い に 見 つ か っ た ! 駐 車 場 の 管 理 人 に な り た い 」 私 は こ の 時 、 本 気 で そ う 思 い ま し た 。 さ ら に 、 八 百 屋 、 本 屋 、 ク リ 1 ニ ン グ 屋 と 、 と に か く ど ん な 仕 事 も や り た く な っ た の で す 。 仕 事 が 面 白 い か ど う か を 、 そ の 仕 事 の 内 容 に 期 待 す る と 裏 切 ら れ て し ま う で し よ う 。 な せ な ら 、 面 白 い 仕 事 も つ ま ら な い 仕 事 も な い か ら で す 。 " つ ま ら な い 仕 事 な ん か な い 。 仕 事 に か か わ る 人 の 姿 勢 が 仕 事 を 面 白 く し た り 、 つ ま ら な く し た り し て い る に す ぎ な い 。 私 は 、 そ ん な こ と を 管 理 人 の お じ さ ん か ら 学 び ま し た 。

保育ナビ 2016年9月号


十 た と か 、 ご 飯 を 食 べ ら れ た と か 、 子 園 長 の 力 量 次 第 だ っ た り し ま す 。 よ う な 子 に は 、 本 気 で 腹 が 立 っ 時 も ど も と つ な が る こ と が で き た と 思 う 青 山 【 園 長 の か か わ り 方 は ? あ り ま す 。 最 初 か ら は 好 き に な れ な 瞬 間 は 心 が 躍 り ま す 。 す る と お 迎 え 大 豆 生 田 】 園 長 も ま た よ く 語 っ て い い 子 も い る 。 と は い え 毎 日 顔 を 合 わ に 来 た 保 護 者 に 話 し た く て し よ う が る と い う 特 徴 が あ り ま し た 。 理 念 も せ る 環 境 の 中 で 、 ば っ と 相 手 の 世 界 な く な る ん で す よ ね 。 現 場 で は そ う エ ピ ソ ー ド も 。 何 を 語 る に し て も 、 に 入 れ る 瞬 間 が あ っ て 、 そ の 子 の こ い う こ と の 一 つ ひ と つ が 喜 び 。 物 語 的 で す よ ね 。 単 な る 伝 達 で は な と を う れ し く 思 え る よ う に な る 。 そ 大 豆 生 田 】 さ っ き の 調 査 の 話 で す が 、 く 、 思 い を も っ て 語 る の で 、 そ れ は こ か ら 語 り が 生 ま れ る 。 質 の 高 い 園 と い う の は 、 保 護 者 に も 伝 播 し て い く 。 ま さ に 感 染 し て い く 。 大 豆 生 田 】 そ の 子 が し て い る こ と の こ ま め に 子 ど も の 姿 を 伝 え て い ま 意 味 が プ ロ セ ス の 中 で だ ん だ ん 見 え 語 り の 文 化 を 醸 成 す 。 子 ど も の し て い る こ と に 心 が 動 て く る と 、 愛 お し く な っ て く る の で い て し ま う か ら 、 伝 え ざ る を 得 な く 青 山 】 僕 の と こ ろ は 複 数 担 任 制 な の し よ う 。 そ の 子 の 側 に 立 っ て 見 た 時 、 な る 。 そ の 熱 量 に 保 護 者 た ち は 巻 き で 、 相 方 の 動 き を 解 釈 す る た め に も 、 ふ と 何 か が 見 え て く る 時 が あ る 。 込 ま れ 、 理 解 者 に な っ て い く 。 相 手 が 見 て い る 風 景 が 見 え る こ と が 人 で は 大 変 だ か ら 、 他 者 と 話 し な が 青 山 】 自 分 も 、 親 の 立 場 と し て う れ す ご く 重 要 で す 。 週 1 回 、 3 時 間 話 ら 自 分 を 客 観 視 し て い く の で す ね 。 し い の は 、 先 生 が わ が 子 と い る こ と を し ま す 。 語 り 合 う こ と が 大 事 だ と 語 り の 輪 を 広 げ て い く た め に を 喜 ん で く れ て い る の が 伝 わ っ て く い う 確 信 は ど こ か ら く る の で し よ う 。 る 時 で す ね 。 安 心 す る と い う か 。 大 豆 生 田 】 子 ど も と の か か わ り が 難 大 豆 生 田 】 今 は 安 全 管 理 に つ い て も 大 豆 生 田 事 務 的 な レ ベ ル で 保 育 を し い こ と が 1 つ の 原 点 か と 。 そ の 子 厳 し い 風 潮 で す が 、 い ろ い ろ な 責 任 伝 え て い る だ け で は 、 も っ た い な さ の こ と を 話 す 、 深 く 理 解 す る 、 ど う が 重 く の し か か り 、 楽 し く る こ と す ぎ ま す よ ね 。 子 ど も に は こ ん な に が で き て い な い 保 育 者 も 多 い か も し い う 手 立 て が あ る の か 考 え る 等 、 豊 か な 物 語 が あ る の に 。 逆 を 一 一 一 口 え ば 人 で 対 応 す る の が 難 し い こ と を 共 有 れ ま せ ん 。 で も ほ と ん ど の 保 育 者 は 子 ど も が 好 き で こ の 仕 事 に 就 い て い 園 の 中 で 本 当 に 豊 か な 物 語 を 語 る こ す る と い う 背 景 が あ る と 思 い ま す 。 と が 保 障 さ れ て い る の か ど う か は 、 る の だ か ら 、 「 子 ど も と い る と 楽 し 青 山 】 感 情 表 現 が 下 手 で 叩 い て く る

波 2016年 09月号 [雑誌]


事 に 自 分 と 合 わ な い 。 女 性 と 知 り 合 っ て 簡 単 に 懇 ろ に な る が 、 男 た ち も 一 筋 縄 で は い か な い 。 書 類 に ま み れ な が ら 、 回 り 結 構 や や こ し い 身 分 の 女 だ っ た 。 い い か げ ん 仕 事 を さ せ て く く ど い こ と を 言 っ て を 仕 事 に 取 り か か ら せ な い 村 長 や 、 娘 れ よ と 上 役 ら し き 人 物 に 訴 え に 行 く と 、 お ま え に 仕 事 を 頼 ん の 城 に 対 す る 過 失 を 取 り 繕 う た め に 、 空 疎 な 奔 走 し た あ げ く だ の は べ つ の 人 間 だ し よ く わ か ん な い か ら こ れ で も や っ て ろ 、 カ つ き る バ ル ナ バ ス と オ ル ガ の 父 な ど は 、 や は り 誇 張 な し に と ぜ ん ぜ ん 違 う 仕 事 を 言 い つ け ら れ る 。 仕 方 な く そ の 仕 事 を 仕 事 や 生 活 の 中 で 出 会 う 人 物 を 思 い 出 さ せ る 。 ま た 、 ま る で や っ て み よ う と す る が 、 そ っ ち の 職 場 で は つ ま は じ き に さ れ カ フ カ 自 身 の 短 編 で あ る 『 父 の 気 が か り 』 の 不 思 議 な 生 き 物 る 。 仕 事 に は ぜ ん ぜ ん と り か か れ な い の に 、 い ろ ん な 人 間 が で あ る オ ド ラ デ ク の よ う に 無 邪 気 に 振 る 舞 っ て い る か の よ う ど う で も い い の か ど う で も よ く な い の か と い う 話 を し て く る 。 に 見 え る 、 一 心 同 体 と 思 わ れ て い た 助 手 一 一 人 が 、 実 は ま っ た 仕 事 で 関 わ り の あ る 相 手 の 家 族 が 実 は 村 八 分 に 遭 っ て る と か 、 く 違 う 。 ハ ー ソ ナ リ テ ィ を 持 つ べ つ の 人 間 で 「 に 対 し て 一 筋 付 き 合 う こ と に な っ た 女 は め っ ち や 腹 黒 い と か 。 自 分 に も 。 ハ 縄 で は い か な い 感 情 を 抱 い て い る 、 と い う 部 分 の 虚 を 突 か れ ワ ハ ラ 疑 惑 が か か る 。 ど こ に い て も 、 そ こ に い る な と 怒 ら れ る 感 じ な ど は 、 誰 か を 使 う 立 場 に あ る 人 た ち は 皆 覚 え が あ る る 。 言 い 返 す と も っ と 怒 ら れ る 。 こ と な の で は な い だ ろ う か 。 仕 事 の 小 説 、 出 向 先 の 小 説 と 書 い た け れ ど も 、 本 書 の 登 場 何 度 も 何 度 も 城 へ の 最 重 要 の 足 が か り で あ る か の よ う に 言 人 物 た ち は 、 カ フ カ が 人 生 で 出 会 っ た 人 物 た ち に つ い て 書 き 及 さ れ る ク ラ ム が 、 ど ん な こ と を 考 え て い る 何 者 で あ る の か 留 め る よ う に リ ア ル で 、 が 測 量 の 仕 事 が で き な い と い う 事 に つ い て 、 最 後 ま で わ か ら な い こ と は 象 徴 的 で あ る 。 そ れ は 象 を 追 う だ け に は と ど ま ら な い 。 特 に 、 城 の 長 官 で あ る ク ラ 職 場 、 会 社 、 仕 事 と い う 概 念 が 、 見 え た と 思 っ た ら 見 え な く ム を 捨 て て の 恋 人 と な る 酒 場 娘 フ リ ー ダ に 対 す る 庇 護 を 装 な り 、 つ か ん だ と 思 っ た ら 手 か ら 滑 り 落 ち て し ま う よ う な 性 い な が ら も 、 ク ラ ム の 元 愛 人 で あ る と い う こ と に し つ こ く こ 質 を 持 っ て い る こ と を 連 想 さ せ る 。 だ わ っ て の 心 を 操 ろ う と す る 、 が 最 初 に た ど り 着 い た 橋 仕 事 に ま つ わ る 普 遍 的 な 混 沌 の 見 本 市 の よ う な 作 品 で あ る 。 屋 の お 内 儀 の う っ と う し さ は 、 こ の 人 ( と い う か こ う い う 人 右 往 左 往 さ せ ら れ る の 様 子 に は 共 感 を 覚 え つ つ 、 細 部 と シ 物 ) に 関 す る 悪 口 だ け で 二 時 間 ぐ ら い 話 せ そ う な ぐ ら い リ ア チ ュ エ ー シ ョ ン に 軽 重 を つ け な い カ フ カ の 筆 致 に は 、 実 は 楽 ル さ が あ る 。 こ の 作 品 に は 、 一 見 の 味 方 に な り そ う で あ り し さ さ え 漂 っ て い る 。 見 本 市 と い う の は 楽 し い も の な の だ 。 な が ら な か な か そ う で も な い 使 者 バ ル ナ バ ス の 姉 で あ る オ ル 仕 事 の 出 向 が 、 や が て 人 生 を 語 る も の に な っ て い く 作 品 で あ ガ 、 フ リ ー ダ の 酒 場 か ら の 出 奔 に よ り 後 釜 に 据 え ら れ た ペ ー る か の よ う に 解 釈 し て い る の だ け れ ど も 、 生 き て い る こ と そ ピ ー な ど 、 愚 痴 っ ぽ い 女 の 人 が 多 数 登 場 し て 、 い る 、 こ う い の も の は 、 あ る 種 の 人 々 に と っ て は 終 わ ら な い 出 向 の よ う な ( 邦 訳 は 前 田 敬 作 訳 、 新 潮 文 庫 ほ か ) も の な の か も し れ な い 。 う 女 い る ( 自 分 も そ う か も し れ な い ) 、 と 辟 易 さ せ て く れ る 。

どんな仕事も楽しくなる3つの物語


「 こ の 仕 事 の 、 楽 し さ と は 、 ど の よ う な と こ ろ に あ る の か ? 」 「 こ の 仕 事 で 、 感 謝 さ れ る よ う に な る た め に は 、 ど の よ う に 取 り 組 め ば い い か ? 」 「 こ の 仕 事 に 、 ど れ だ け た く さ ん の 人 が 、 ど の よ う に 関 わ っ て い る の か ? 」 「 こ の 仕 事 に 、 取 り 組 む 自 分 の 姿 を 、 子 供 達 が 見 て ど う 思 う か ? 」 仕 事 の 内 容 に 振 り 回 さ れ る の で は な く 、 そ こ に 意 味 を 見 出 す こ と で 、 生 き が い を つ く り 出 す こ と が で き ま す 。 仕 事 か ら 感 動 を 得 ら れ る か ど う か は 、 仕 事 そ の も の の 内 容 以 上 に 、 仕 事 に ど れ だ け 自 分 な り の 意 味 を 見 出 す こ と が で き る か で 決 ま り ま す 。 つ ま り 、 自 分 な り の 意 味 を 見 出 す だ け で 、 日 々 の 人 生 が 輝 き 出 す の で す 。 自 分 の 仕 事 に 意 味 を 見 出 し た 瞬 間 か ら 、 仕 事 が 楽 し く な っ て い き ま す 。 そ れ は 、 今 、 こ の 瞬 間 か ら で き る こ と な の で す 。

完訳 日本の古典 第十九巻 源氏物語 ㈥


ん と い っ て も 、 ど こ と な く 感 じ が ち が う よ う だ 。 思 い が け っ た 例 も 多 か っ た の で し た 。 こ の 国 に そ の 奏 法 が 伝 え ら れ 3 な い 所 で は じ め て 耳 に し た と き は 、 め っ た に 聞 け な い 音 色 た 当 初 の こ ろ ま で は 、 深 く 音 楽 の 道 を 心 得 て い る 人 が 、 多 よ 、 と 感 心 し た の で し た が 、 あ の 当 座 よ り は ま た 格 段 に 上 く の 歳 月 を 見 も 知 ら ぬ 外 国 で 過 し 、 身 命 を な げ う つ 覚 悟 で 、 語 物 達 し て い る の だ か ら 」 と 、 し い て ご 自 分 の お 仕 込 み で で も こ の 楽 器 の 奥 義 を 習 い 取 ろ う と 懸 命 に な っ て い た の で す が 、 氏 あ る か の よ う に 仰 せ に な る の で 、 女 房 な ど は そ っ と つ つ き そ ん な こ と を し て す ら 望 み を 遂 げ る こ と は 容 易 な ら ぬ こ と 源 あ い 、 お か し が っ て い る 。 だ っ た の で し た 。 な る ほ ど ま た 、 あ き ら か に 空 の 月 や 星 を 「 何 事 で も そ う だ が 、 そ の 道 そ の 道 に つ い て 稽 古 を す る と 、 動 か し た り 、 そ の 季 節 で も な い 霜 や 雪 を 降 ら せ た り 、 雲 や 才 芸 と い う も の に は 、 ど れ も 際 限 の な い こ と が だ ん だ ん 分 雷 を 騒 が せ た り し た 例 が 、 ず っ と 昔 の 世 に は あ っ た の で す 。 っ て く る も の で 、 自 分 と し て は 、 こ れ で 十 分 と 満 足 の い く こ の よ う に 琴 は 際 限 も な く 霊 力 を そ な え た 楽 器 で あ る だ け 限 度 と い う も の は な く 、 ど こ ま で も 習 い 取 ろ う と す る の は 、 伝 授 さ れ た と お り 習 い 取 る 人 は め っ た に な く 、 ま た 今 じ つ に む ず か し い こ と で あ る け れ ど 、 い や な に 、 そ う し た は 末 世 で も あ る せ い か 、 ど こ に そ の 昔 の 秘 法 の 一 端 で も 伝 奥 義 を 究 め て い る 人 は 、 今 の 世 に は ほ と ん ど い な い の だ か わ っ て い る と い う の だ ろ う 。 そ れ で も 、 や は り 、 あ の 鬼 神 ら 、 そ の 一 端 な り と も 無 難 に 学 び 取 っ た 人 が 、 そ う し た い が 耳 を 傾 け て 深 く 聞 き 入 っ た の が そ も そ も の 初 め だ っ た た さ さ か の 芸 を 身 に つ け た こ と で 満 足 し て い て も よ い わ け だ め で し よ う か 、 な ま な か に 稽 古 し た た め に 、 か え っ て 不 如 き ん が 、 琴 と い う も の は 、 や は り 面 倒 で 、 う つ か り 手 出 し の な 意 な 身 の 上 と な っ た 例 が あ っ て か ら と い う も の は 、 こ れ を な ん く せ ら ぬ も の で す ね 。 こ の 楽 器 に つ い て は 、 本 式 に 定 ま っ た 奏 弾 く 人 に は 災 い が あ る 、 と か い う 難 癖 を つ け て 、 面 倒 な あ 法 を 習 得 し た 昔 の 人 は 、 天 地 を 揺 る が し 、 鬼 神 の 心 を や わ ま り 今 で は ほ と ん ど 習 い 伝 え る 人 が い な く な っ た と か 。 ま ら げ 、 す べ て の 楽 器 の 音 色 が こ の 琴 の 音 に 導 か れ て 、 悲 し っ た く も っ て 残 念 な こ と で す 。 琴 の 音 を 規 準 と し な い の だ み の 深 い 者 も 喜 ば し い 気 持 に 変 り 、 い や し く 貧 し い 者 も 高 っ た ら 、 何 の 楽 器 を 用 い て 音 調 を わ き ま え る こ と が で き ょ 貴 の 身 に な り 変 っ て 財 宝 を 授 か り 、 天 下 に 認 め ら れ る と い 。 、 か に も 、 万 事 に 衰 え て ゆ く ば か り の 当 節 に 、 た だ ひ き ん き ん と っ く に ぎ ん

写楽ーその隠れた真相


ぇ 物 ま 義 覊 い 、 ) ′ 朝 を ′ 、 を り 卩 第 : 工 4 ー 鬆 物 、 ( 冫 ー 脳 ミ に 。 写 楽 は 十 カ 月 間 の 絵 を の こ し た だ け で 、 消 え 2 て い る の で あ る 。 絵 が あ る だ け で 、 写 楽 に つ い て の 文 献 上 の 記 録 も 、 そ の 他 あ ら ゆ る こ と が ナ ゾ な の で あ る 。 ( わ ず か に 、 と い っ て も ほ ん の 少 し だ け 、 写 楽 に 触 れ た 古 い 文 献 が あ る う ち の 信 頼 す る に 足 る も の 、 あ る い は 後 世 を 大 い に 惑 わ せ て い る も の な ど に つ い て の 考 察 も 、 な る べ く 筆 早 い 機 会 を と ら え て 紹 介 す る こ と に し よ う ) 写 楽 版 画 が 、 十 カ 月 間 に 百 五 十 種 も 出 た と い 1 居 う こ と は 、 二 日 に 一 点 の 割 で 絵 か 描 か れ た こ と に な る 。 無 名 の 絵 師 に そ れ だ け の 仕 事 が や れ る 視 は ず は な い し 、 商 売 を 考 え る 版 元 も 無 名 の 絵 師 に 決 し て そ れ だ け 大 量 の 仕 事 を ま か せ は し な い 。 云 と す れ ば 、 写 楽 の 仮 名 で 別 の 有 名 絵 師 が 、 こ れ を 描 い た か も ? 政 と い っ た 推 測 か ら 、 写 楽 を 同 時 代 に 活 躍 し た

現代日本の文学 Ⅱ― 4 吉川 英治 集


れ ま で は り つ め て い た 気 持 が ゆ る ん だ の か 、 急 に が っ な ロ マ ネ ス ク な 構 成 は 、 す で に こ の 作 品 の 中 に も み る こ と が で き る 。 今 で は 隠 居 同 然 の 日 々 を お く り 、 く り し て ま も な く 亡 く な っ た 。 懸 賞 に 入 選 し て も ら っ 3 た 賞 金 の 七 百 円 は 、 母 の 死 後 の 諸 費 用 に あ て た と い う 。 伏 す こ と の 多 か っ た 父 は 、 「 江 の 島 物 語 」 を 読 ん で 、 「 あ い つ 、 し つ の 間 に こ ん な も の を 書 い た の か ね 」 と 仏 壇 は あ と の 祭 り を す る 所 い か に も 茴 足 げ に ほ ほ え ん だ と い 、 つ 母 , に も ら し 、 こ れ は 母 を 失 っ た 直 後 の 一 句 で あ る 。 輸 出 向 き の 金 属 象 眼 の 仕 事 を つ づ け て い た 英 治 は 、 活 路 を 開 く 意 味 で 大 連 に 渡 っ た が 、 目 算 は ず れ に お わ ひ と つ の 転 機 た ま た ま 目 に つ い た 講 談 社 の 各 誌 連 合 の 懸 賞 募 集 母 の 死 後 ま も な く 、 ふ た た び ふ る い た っ て 、 「 少 年 倶 楽 部 」 「 面 白 倶 楽 部 」 英 治 は 山 崎 帝 国 堂 の 広 告 文 案 係 「 講 談 倶 楽 部 」 の 三 誌 に 、 そ れ ぞ れ 少 年 も の 、 ユ ー モ ア と な り 、 半 年 は ど し て 毎 タ 新 聞 社 へ 移 っ た 。 世 話 を し き ん ろ う も の 、 時 代 も の を 投 稿 し た 。 数 年 前 に 「 江 の 島 物 語 」 た の は 営 業 局 長 の 矢 野 錦 浪 だ っ た 。 矢 野 は 当 時 谷 孫 六 で 一 位 に 選 ば れ た こ と が 、 彼 の は げ み と も な っ た よ 、 つ の 筆 名 で い ろ い ろ な 経 済 記 事 を 書 き 、 話 題 を よ ん で い 締 切 日 の 迫 っ て く る の を 気 に し な が ら 、 ひ と つ を 英 治 は 主 と し て 家 庭 ・ 学 芸 面 を 担 当 し 、 タ ブ ロ イ ー 、 ・ フ か ・ ル じ よ き ゅ う 圭 日 き あ げ る と す ぐ 投 函 し 、 さ ら に つ ぎ を 書 く と い っ た ド 版 の 日 曜 附 録 で 続 き も の を 執 筆 し た 。 正 木 不 如 丘 博 毎 日 だ っ た と い う 。 士 の 「 血 圧 物 語 」 や 、 「 新 女 人 国 記 」 の 連 載 な ど は 注 目 か び ん さ れ た 。 そ の 結 果 「 で こ ば こ 花 瓶 」 は 「 少 年 倶 楽 部 」 、 「 馬 に し ん ら ん 狐 を 乗 せ 物 語 」 は 「 面 白 倶 楽 部 」 の 第 一 席 に 入 選 し 、 そ の 実 力 を 買 わ れ た の か 、 社 長 か ら 親 鸞 を 主 人 公 に 百 姓 一 揆 を 描 い た 「 耜 帯 平 八 」 は 「 講 談 倶 楽 部 」 の 三 し た 連 載 も の を 書 く よ う に 命 令 さ れ た 。 無 署 名 、 挿 絵 、 、 ご っ た が 、 位 と な っ た 。 最 後 の 作 品 は 暗 い 印 象 を 与 え た た め か 、 手 当 と し て 別 に な し 、 一 段 棒 組 の あ っ 力 し オ 雑 誌 に は 掲 載 さ れ な か っ た が 、 彼 の 小 説 で 活 字 に な ら 十 五 円 支 給 さ れ る と い う の が 魅 力 だ っ た 。 彼 は 他 の な か っ た の は こ の 一 篇 だ け だ と い わ れ て い る 。 記 者 が 出 社 す る 二 時 間 も 前 か ら 新 聞 社 に 出 か け 、 締 切 ぜ ん そ く 母 の い く は 二 、 三 年 前 か ら 喘 息 の 発 作 に 苦 し む こ と り ぎ り ぎ り ま で ね ば っ て 毎 日 原 稿 を 書 い た 。 資 料 調 べ が 多 か っ た が 、 病 が 篤 い と い う 知 ら せ で 帰 国 す る と 、 そ の た め に 図 書 館 に も 通 っ た 。 投 書 も 多 く 、 本 願 寺 の 若 き つ ね な わ お び