検索 - みる会図書館

全データから 214368件ヒットしました。

まんがでわかる働く君に贈る25の言葉


ま ん が で わ か る 働 く 君 に 贈 る 25 の 言 葉 25 Advices For Your Working Life 〔 ま ん が 〕 前 山 三 都 里 〔 編 著 〕 佐 々 木 常 夫 宝 島 社

まんがでわかる働く君に贈る25の言葉


そ れ て も な お : 懸 命 に 取 リ 組 ん だ 仕 事 が 失 敗 し た ど し ま す 。 上 司 は 、 君 の 努 力 を わ か ろ う ど も せ ず 叱 責 す る か も し れ ま せ ん 。 ・ ・ ・ そ れ て も な お 、 次 の 仕 事 に 懸 命 に 取 り 組 む の て す 。 こ の よ う に 、 日 常 の 仕 事 の な か て 「 そ れ て も な お 」 を 積 み 重 ね る こ ど て 、 私 た ら は 人 間 ど し て 成 長 し て い く こ ど が て き ま す 。 「 「 そ れ て も な お 』 ど い う 言 葉 が 、 君 を 磨 き 上 げ て く れ る 。 」 「 働 く 君 に 贈 る 25 の 言 葉 』 P. 43 (4D

まんがでわかる働く君に贈る25の言葉


由 衣 ち ゃ ん は ち ょ っ と で も さ : 仕 事 に 生 き て み た ら ? 案 外 悪 く な い と 田 っ せ ? そ れ が 信 頼 に つ な が る ん だ 真 剣 に 仕 事 に 向 き 合 う こ ど て す 。 そ う い う 生 き 方 を し て い る 人 は 、 言 葉 の 重 み が 達 い ま す 。 兇 得 力 が 達 っ て き ま す 。 君 の 話 に 魂 を 込 め る の は 、 君 の 生 き 方 以 外 に な い の て す 。 「 言 葉 に 魂 を 吹 き 込 む の は 、 君 の 生 き 方 だ 。 」 「 働 く 君 に 贈 る 25 の 言 葉 」 P. 1 1 3 ( 1 1 D 仕 事 に : 生 き る : ・

まんがでわかる働く君に贈る25の言葉


働 く 君 に 贈 る % 番 目 の 言 葉 「 志 あ る 思 い や り 」 が 君 を 幸 せ に 導 い て く れ る 。 怡 8

まんがでわかる働く君に贈る25の言葉


あ ご め ん ご め ん 今 お 母 さ ん い る ? 伝 え た い こ と か あ っ て : ~ の : な る ほ ど 兄 さ ん ら し い な : お 母 さ ー ん 遼 お じ さ ん か ら 電 話 ー は い っ ・ : 仕 事 が で き て 仕 事 が 大 好 き で ・ : お 父 さ ん 仕 事 に 懸 け て い た ん だ ね : 向 き 合 う 」 ・ : か : 「 真 剣 に 仕 事 と 「 人 の た め に 動 く こ ど を 、 働 く ど い う ・ ・ ・ 。 人 の た め に 動 い て い る ど 、 愛 さ れ る 人 間 に な る 。 だ か ら 一 生 懸 命 働 き な さ い 」 ・ ・ ・ ・ 好 意 は ず 私 た ら の も ど に 返 っ て き ま す 。 だ か ら 、 一 生 懸 命 に 働 け れ ば 、 そ れ だ け の 愛 を 得 る こ ど が て 、 き る の て す 。 「 人 を 愛 し な さ い 。 そ れ が 、 自 分 を 大 切 に す る こ ど て す 。 」 「 働 く 君 に 贈 る 25 の 言 葉 」 P. 1q2 ( 186 ) や つ は り 見 え て く る も の っ て あ る の か な : ~ 参 三 マ ッ , 癶 第 ツ

まんがでわかる働く君に贈る25の言葉


清 美 さ ん の 言 っ て た こ と : み ん な が 一 生 懸 命 仕 事 を す る か ら こ の お 店 が 成 り 立 つ ん だ よ ち ょ っ と わ か っ て き た 気 が す る よ : ・ い い 会 社 、 悪 い 会 社 、 い ろ い ろ あ る て し よ う 。 し か し 、 い い 会 社 に 勤 め た か ら 、 幸 せ に な れ る わ け て は あ リ ま せ ん 。 そ こ て 、 自 分 ら し く 働 く た め に は 、 君 自 身 の カ て 会 社 を 変 え る 努 力 を し な け れ ば な リ ま せ ん 。 ・ ・ ・ 自 立 し た 人 間 ど は 、 自 分 の カ て 環 境 を 変 え て い こ う ど す る 人 間 な の て す 。 「 自 立 し た 人 間 に な リ な さ い 。 」 「 働 く 君 に 贈 る 25 の 言 葉 」 P. 135 ( 132 ) 次 の 日 … は い 社 長 ど う ぞ ン

まんがでわかる働く君に贈る25の言葉


ど こ で ど ん な 仕 事 を す る と か 関 係 な い お じ さ ん の 生 き 方 が 私 を : ・ み ん な を 動 か し た ん だ 2 出 会 い を 引 き 受 け る : 私 も お じ さ ん み た い に な れ る か な : 私 た ち の 仕 事 は 、 誰 か の た め に 働 く こ ど に ほ か な リ ま せ ん 。 ・ ・ ・ つ ま リ 、 誰 か に 好 意 を 届 け よ う ど し て い る の て す 。 ・ ・ ・ ど 、 ん な に 理 不 尽 な 扱 い を 受 け て も 、 ど 、 ん な に 膓 つ け ら れ て も 、 私 た ち は 、 そ れ て も な お 、 人 を 愛 す る 努 力 を 捨 て て は な ら な い の て す 。 ・ ・ ・ 君 に も 人 を 愛 し て ほ し い 。 そ れ こ そ が 、 自 分 を 大 切 に す る こ ど な の て す 。 「 人 を 愛 し な さ い 。 そ れ が 、 自 分 を 大 切 に す る こ ど て す 。 」 「 働 く 君 に 贈 る 25 の 言 葉 」 P. 1q2 ~ 1q3 ( 186 ~ 187 ) 汚 9

まんがでわかる働く君に贈る25の言葉


出 会 い を 引 き 受 け る そ し て 雑 念 を 払 い 真 摯 に ひ た む き に 仕 事 に 打 ち 込 む : そ ん な 覚 悟 を 持 ち 続 け て ほ し い な き っ と 報 わ れ る と き か / 、 る か ら 「 そ れ が 働 く っ て こ と だ と 思 う 」 こ れ が 恩 師 の 言 葉 だ っ た 。 正 直 、 気 持 ち の 整 理 が つ く に は 時 間 が か か り そ う だ が ・ ・ ・ ′ 腹 を 据 え ろ と い う 意 味 は わ か っ た 。 少 し す っ 、 そ う い う 気 持 ち を 磨 い て い く こ と を 心 が け て み よ う 。 出 会 い を ・ : 会 社 て は 、 君 が ど こ に い よ う ど も 、 皆 が 君 の こ ど を じ つ ど 見 て い ま す 。 日 陰 の 部 署 て 苦 労 し て い る ど き も 、 不 遇 を か こ い る ど き も 、 ず つ ど 見 守 っ て い る の て す 。 そ こ て 精 一 杯 や れ ば ・ ・ ・ 認 め る 人 が ず 児 れ ま す 。 ・ ・ 志 が あ っ て 、 周 リ の 人 を 大 事 に し て い れ ば 、 ず 誰 か が そ れ を 見 て い る の て す 。 「 逆 風 の 場 こ そ 、 君 を 鍛 え て く れ る 。 」 「 働 く 君 に 贈 る 25 の 言 葉 』 P. 174 ( 170 ) 引 き 受 け る :

まんがでわかる働く君に贈る25の言葉


「 人 が 鍛 え ら れ る の は そ ん な 逆 風 の と き だ よ 」 久 し 振 り に 話 し た 山 本 部 長 の 言 葉 が 心 に 響 い た 。 確 か に 俺 は 、 単 に 楽 に 成 果 を 出 せ る 仕 事 が 自 分 に 回 っ て 来 な い こ と を 恨 ん で ふ て 腐 れ て い た だ け な の か も し れ な い 逆 風 : お 父 さ ん も 迷 っ て た ん だ : ・ 0 積 担 荷 当 も 変 わ と 変 え れ わ ら て る れ も 仕 事 は や っ て み な け れ ば わ か リ ま せ ん 。 ど ん な 仕 事 に も 面 臼 い ど こ ろ も あ れ ば 、 面 白 く な い ど こ ろ も あ リ ま す 。 ど に か く 、 目 の 前 に あ る 仕 事 を 運 命 だ ど 引 き 受 け て 、 力 を 尽 く せ ば 、 ず そ れ な リ に 道 が 拓 か れ る ど 思 い ま す 。 「 逆 風 の 場 こ そ 、 君 を 鍛 え て く れ る 。 」 「 働 く 君 に 贈 る 25 の 言 葉 」 P. 170 ( 166 ~ 167 ) 道 も 全 部 ま た 覚 え な く ち ゃ い け な い 0 こ ん な こ と ラ ッ キ ー だ な ん て 思 え る ・ : ? 0 00 、 い 0 わ か ん な く な っ て き た : ・

まんがでわかる働く君に贈る25の言葉


山 崎 こ の 間 の 四 十 肩 治 っ た ? あ あ だ い ぶ 良 く な っ た よ ′ 1 シ ュ ウ さ ん は い つ も あ あ や っ て み ん な に 声 を か け て く れ る : 私 に も 一 か ら 仕 事 の 仕 方 を 教 え て く れ た : ・ 君 の 周 囲 を 見 回 し て ご ら ん な さ い 、 上 司 や 先 輩 の な か に 「 す ぐ れ 者 」 が い る て し よ う 。 ・ ・ ・ 皆 か ら 親 し ま れ 、 尊 敬 さ れ る 人 が 何 人 か い る は ず て す 。 そ う い う 人 を 見 つ け 出 し な さ い 。 そ し て 、 そ の 人 の 行 動 に 注 目 す る の て す 。 ・ ・ ・ 真 似 る 対 象 ど な る 人 を 決 め て 、 そ の 人 の 行 動 を 2 辺 間 ほ ど 研 究 す れ ば 、 な ぜ そ の 人 が 優 れ て い る の か だ い た い わ か る よ う に な リ ま す 。 「 プ ア な イ ノ ベ ー シ ョ ン よ リ 、 優 れ た イ ミ テ ー シ ョ ン を 。 」 「 働 く 君 に 贈 る 25 の 言 葉 」 P. 63 ~ 64 ( 61 ~ 62 )