検索 - みる会図書館

全データから 212741件ヒットしました。

もう一つの万葉集


二 つ の 万 葉 集 ″ 平 安 万 葉 集 ″ と ″ も う 一 つ の 万 葉 集 ″

もう一つの万葉集


も う 一 つ の 万 葉 集

もう一つの万葉集


も う 一 つ の 万 葉 集 イ ヨ ン ヒ 李 寧 煕 文 藝 春 秋

複数の「古代」


第 八 章 『 万 葉 集 』 ー ー も う ひ と つ の 「 歴 史 」

もう一つの万葉集


は じ め に 二 つ の 万 葉 集 ″ 平 安 万 葉 集 〃 と ″ も う 一 つ の 万 葉 集 ″ ・ ( 雄 略 天 皇 ) 一 一 籠 も よ み 籠 持 ち : ・ ・ や は り 即 位 宣 言 で し た ば く ご う え ん り ん ぬ か た の お お き み 三 莫 囂 円 隣 : : : ( 額 田 王 ) ・ セ ッ ク ス を 歌 う ニ 重 歌 で し た が 、 も 、 つ の お お あ ま の み こ 四 蒲 生 野 の 唱 和 歌 ( 額 田 王 ・ 大 海 人 皇 子 ) ・ あ わ た だ し い 通 情 の 歌 で し た ひ む が し 五 東 の : ・ ( 柿 本 人 麻 呂 ) 「 草 壁 」 は 「 暁 」 の 韓 国 語 で し た 105

複数の「古代」


『 万 葉 集 』 は 、 た だ 、 さ ま ざ ま な 歌 を 集 め 、 整 理 し た の て は な い 。 欠 は 、 あ っ た の て な む し ろ 、 あ ら し め ら れ た と い う の が ふ さ わ し い 。 具 体 的 に い え ば 、 た と え ば 、 柿 本 人 麻 呂 は 、 『 万 葉 集 』 が つ く っ た 「 歴 史 」 に お い て た ち あ ら わ さ れ た 「 歌 人 」 て あ る 。 そ れ オ ん に 、 欠 は 、 見 実 に を 、 そ の ま ま 現 実 の 歌 人 と し て 見 る こ と は て き な い と い う べ き だ 。 こ 還 元 し え な い と い う の て は な い 。 『 万 葉 集 』 が 構 築 す る も の と し て し か な い と い う こ と て あ る 。 「 歌 人 」 論 の 見 直 し 「 座 談 会 萬 葉 学 の 現 况 と 課 題 」 ( 内 田 賢 徳 ・ 神 野 志 隆 光 ・ 坂 本 信 幸 ・ 毛 利 正 守 に よ る 。 『 萬 葉 語 文 研 究 』 一 「 和 泉 書 院 、 二 〇 〇 六 年 ) に お い て 、 わ た し は 、 つ ぎ の よ う な 発 言 を し た 。 こ と - ん 、 は 誰 て も 「 作 者 」 と い う 標 識 て 歌 を 集 め て き て 、 集 め て き た 上 て 、 そ れ 5 『 万 葉 集 』 と 「 和 歌 史 」 「 歌 人 」 も う ひ と つ の 「 歴 史 」 217 第 八 章 「 万 葉 集 」

複数の「古代」


れ 、 さ ら に 増 補 さ れ た と い う 、 二 段 階 的 形 成 と し て 見 る 論 議 ( 伊 藤 博 『 万 葉 集 の 構 造 と 成 立 上 』 塙 書 房 、 一 九 七 四 年 ) の あ る ゆ え ん て あ る 。 ま た 、 左 注 は 、 か な ら ず し も す べ て に 付 さ れ て い る の て は な く 、 書 名 か ら し て 記 し か た も さ ま ざ ま て あ っ て ( 「 紀 」 六 例 、 「 日 本 紀 」 九 例 、 「 日 本 書 紀 」 二 例 ) 、 重 層 的 て あ り 、 全 体 が は じ め か ら こ う い う か た ち て あ っ た と は 認 め が た い 。 し か し 、 こ の か た ち 以 外 の 『 万 葉 集 』 は な か っ た 。 こ れ が 『 万 葉 集 』 と し て あ っ た も の ご と い う こ と て 、 相 対 さ な け れ ば な ら な い 。 と い - フ テ キ ス ト に 寸 し て は 、 ま み 、 こ に ~ の る 「 歴 史 」 ) い フ し J 、 ら 、 ん る か 、 『 万 葉 集 』 す 、 そ う 問 う べ き な の て あ る 。 こ の 「 歴 史 」 の 保 障 の も と に 『 万 葉 集 』 と い う テ キ ス ト の 全 体 が 成 り 立 っ て い る も の と し て 見 る べ き て あ る 。 も う ひ と つ の 「 歴 史 」 195 第 八 章 「 万 葉 集 」

複数の「古代」


『 万 葉 集 』 は 「 歴 史 」 て あ っ た 。 こ う い う と 、 奇 異 に 聞 こ え る か も し れ な い 。 『 万 葉 集 』 は 歌 集 ぞ は な い か と い わ れ る か も し れ よ 、 。 ご 、 、 、 、 オ し オ カ 『 万 葉 集 』 巻 一 、 二 に 即 し て 見 れ ば 、 天 皇 代 を た て 、 左 注 ( 歌 の 左 に 注 記 さ れ る の て 、 こ う 呼 ぶ ) に 「 日 本 紀 」 を 引 用 し て 、 歴 史 的 な 文 脈 の な か に 歌 を 定 位 す る の て あ る 。 歌 だ け を 取 り 出 し て 読 む べ き も の て は な い の て あ り 、 そ の あ り よ う は 、 「 歴 史 」 と い う の が ふ さ わ し い 具 体 的 に い え ば 、 巻 一 は 、 「 泊 瀬 朝 倉 宮 御 宇 天 皇 代 大 泊 瀬 稚 武 天 皇 」 と 標 題 し て 、 雄 略 天 古 代 に お い て 、 自 分 た ち の 「 古 代 」 を も と め る 、 多 様 な い と な み が あ っ た こ と を と ら え よ う と し て き た 。 そ れ は 、 『 万 葉 集 』 も ま た 、 も う ひ と つ の 「 歴 史 」 を つ く る も の と し て 見 る 一 し 」 に 道 2 \ 「 歴 史 」 と し て の 『 万 葉 集 』 1 9 2

複数の「古代」


こ と は 、 『 万 葉 集 』 を 、 ど こ に 位 置 づ け る 改 編 の な か に お い て 見 る ほ う が 、 無 理 が な い か 、 奈 良 時 代 の も の と し て 見 る の て よ い の か 、 と い う 大 き な 問 題 に も 発 展 す る の て あ る 。 大 事 な の は 、 八 世 紀 の う し か し 、 そ う し た 成 立 的 位 置 づ け が 間 題 の 本 質 な の て は な い 。 け っ し て 一 ち て あ ろ う が 、 九 世 紀 ま て 降 ろ う が 、 『 日 本 書 紀 』 の 改 編 テ キ ス ト に 拠 っ て 、 く り か え さ れ た 注 記 の 結 果 、 は た さ れ た 「 歴 史 」 化 た と い う こ と て あ る 。 回 的 て は な い 、 く り か え さ れ た 注 記 は 、 そ の よ う な も の と し て あ る 『 万 葉 集 』 以 外 の 『 万 葉 集 』 は な い 。 い わ ば 協 働 作 業 て あ っ て 、 編 者 大 伴 家 持 と い っ た 、 個 人 の 問 題 と し て い う べ き こ と ぞ も な 成 り 立 っ た テ キ ス ト Ⅱ 『 万 葉 集 』 の 間 題 な の て あ る 。 『 万 葉 集 』 巻 一 、 二 と し て 成 り 立 っ た も の は 、 「 歴 史 」 と し て あ る 。 そ れ を 見 な い て 、 歌 を 取 り 出 し 、 「 歌 人 」 を 取 り 出 す の は 、 わ た し た ち の 側 て 、 『 万 葉 集 』 を 改 編 し て し ま う こ 4 歌 集 の 意 味 も う ひ と つ の 「 歴 史 」 209 第 八 章 「 万 葉 集 」

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


解 説 一 書 名 の 意 味 こ の 集 を 『 万 葉 集 』 と 名 付 け た の は 何 故 か 。 こ の 問 い に 二 人 の 優 れ た 万 葉 集 研 究 の 先 達 は お の お の 別 個 の 答 え を 出 し た 。 せ ん が く 一 人 は 鎌 倉 中 期 の 仙 覚 、 「 コ レ ハ ョ ロ ヅ ノ コ ト ノ ハ ノ 義 ナ リ 」 と 解 し 、 『 古 今 和 歌 集 』 の 序 に 「 や ま と う た よ ろ づ こ と は は 、 人 の 心 を 種 と し て 、 万 の 言 の 葉 と ぞ な れ り け る 」 と あ る の が そ の 何 よ り の 証 拠 だ と 言 っ た 。 け い ち ゅ う だ い し よ う き も う 一 人 は 近 世 元 禄 の 学 僧 契 沖 、 そ の 著 『 万 葉 代 匠 記 』 初 稿 本 の 冒 頭 に 、 「 万 」 は 「 た だ 物 の お ほ か る を い ふ な り 」 、 「 葉 ー は 「 世 の 心 」 、 「 此 集 万 世 ま で に っ た は り て 世 を お さ め 、 民 を み ち び く 教 と も な れ と い は ひ て 名 付 た る に や 」 と い う 。 「 葉 」 が 世 代 を 意 味 し て 用 い ら れ る こ と は 古 く 、 例 が 多 い 。 そ れ と 同 時 に 、 第 二 説 し り ぞ 案 と し て 「 よ ろ づ の こ と の は 」 と す る 説 を も 斥 け な い 。 契 沖 の 学 問 の 特 性 の 一 つ で あ る 穏 健 の 風 は こ の 点 に 解 も 現 れ て い る 。 そ の 後 の 学 説 も 大 方 こ れ ら を 出 な い 。 『 万 葉 集 』 で は 、 言 語 を 表 す の に 「 こ と 」 を 用 い る の が 一 般 で あ る が 、 ま た 「 こ と ば 」 な い し そ れ の 東 国 訛 「 け と ば 」 と い う 語 も あ っ た 。 中 古 に は そ の 他 に 「 こ と の は 」 と い た ね な ま り ・ せ ん だ っ