検索 - みる会図書館

全データから 216212件ヒットしました。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


ゆ と り 世 代 の 総 合 表 現 マ ガ ジ ン さ か し ま 第 二 号 何 者 に も 成 れ な い 或 い は 成 ろ う と し な い 若 者 達 発 行 日 2014 年 6 月 1 日 発 行 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ 編 集 田 中 ジ ョ ヴ ァ ン ニ 写 真 高 瀬 一 樹 ご 意 見 ・ ご 感 想 を お 寄 せ 下 さ い 。 Twitter : 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ (Kabe-Tyoro) Mail: [email protected] 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ と は 完 璧 か つ べ ス ト で 丁 度 い い 老 若 男 女 に 愛 さ れ る 総 合 的 表 現 の 研 究 と 実 践 を 行 う パ フ ォ ー マ ン ス 集 団 。 映 画 製 作 ・ 同 人 誌 発 刊 ・ ダ ン ス イ ベ ン ト へ の 参 加 を 行 う 。 団 員 随 時 募 集 中 。 さ か し ま と は ゆ と り 世 代 の 総 合 表 現 マ ガ ジ ン と 銘 打 ち な が ら 、 ゆ と り 世 代 以 外 も 参 加 す る イ ン デ ィ ー ズ マ ガ ジ ン 。 堅 苦 し く な い ゲ ン ロ ン 系 の 雰 囲 気 を 目 指 し た い 。 販 売 委 託 先 ・ 参 加 者 募 集 中 。 60

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


わ す う よ う な 調 子 で あ っ た 。 て い る 村 の 貧 民 に 、 僅 か ず つ で も 「 ほ ど こ し 」 を し よ う そ れ が 、 町 の い わ ゆ る 奥 様 連 の 同 情 を 得 て 「 面 白 い 牧 師 と い う こ と に な っ た 。 さ ん で す わ ね 」 と い う こ と か ら 、 め つ き り 教 会 が に ぎ や か 故 人 が 、 貧 民 救 済 に は 、 随 分 心 を 用 い て い た の だ け れ ど に な っ て 来 た の で あ る 。 も 、 多 用 だ っ た り 、 基 金 が 無 か っ た り し て 、 意 の ま ま に は そ し て 、 今 で は 三 代 目 の こ れ も 恐 ろ し く 人 の 好 い 愚 直 と な ら な い で 終 っ て し ま っ た か ら 、 自 分 達 が そ の 遺 志 を 継 ぐ 椒 と ん い っ た ほ ど の 牧 師 が 、 殆 ど 女 連 の 御 陰 で 維 持 さ れ て い る よ の は 当 然 の こ と で あ る と い う の で あ っ た 。 婦 人 達 は 皆 勢 づ い た 。 そ し て 、 早 速 刷 物 を 作 っ て 、 町 中 う な 教 会 を 管 理 し て い た 。 い ろ い ろ な 意 味 で 大 切 に さ れ て い た 先 代 は 、 去 年 の 夏 脳 の 少 く と も 誰 さ ん と い わ れ る ほ ど の 人 へ は 、 残 ら ず 配 布 し い つ け っ 溢 血 で 、 ほ ん と う に 天 国 に 行 け そ う な 死 に よ う を し た の で て 、 お 志 の 御 寄 付 を 勧 誘 し た の で あ る 。 そ の 珍 し い 印 刷 物 を 手 に し た 者 は 、 皆 様 々 の 思 い に 打 た あ る 。 ま だ 割 合 に 年 も 若 く 、 絶 え ず 東 京 風 の 装 に 苦 心 し て い る れ た 。 或 る 者 は 喜 び 、 或 る 者 は 身 に 及 ば な い こ と で は あ る く ら い の 婦 人 連 は 、 教 会 を 一 つ の 交 際 機 関 と し て 利 用 し て が 、 ど う か し て 仲 間 か ら 脱 け た く な い も の だ と い う 苦 し さ に 迫 ら れ た 。 い た 。 そ し て 或 る と き は 説 教 よ り も 互 い の 身 な り の 観 察 が う わ さ 重 要 な こ と で あ り 神 の 祝 福 を 受 け な が ら 着 物 の 柄 を 考 え る 町 中 は こ の 噂 で 一 杯 に な り 、 町 が 始 ま っ て か ら 初 め て の ま れ こ と が 大 切 で あ っ た 。 そ し て い か に も 「 女 ら し い す ・ ヘ て の こ と だ と い っ て も 好 い く ら い 、 女 の 人 の 仕 事 の 稀 な こ の 土 地 で は 、 天 道 様 が 地 面 か ら 出 た よ う な 騒 ぎ で あ っ た 。 点 」 を 備 え た 会 合 が 催 さ れ て い た の で あ る 。 け れ ど も 、 じ き に 種 々 な 苦 情 が 起 っ て 来 て 、 関 係 者 を 非 と こ ろ が 、 こ の 八 月 の 二 十 四 日 が 先 代 の 牧 師 の 初 め て の 命 日 で あ る と い う こ と は 、 何 か か わ っ た こ と も が な と 思 っ 常 に 困 ら せ た 。 て い る 婦 人 連 に と っ て は 、 こ の 上 な い 機 会 と な っ た の で あ そ れ は 、 こ ん な 女 が 委 員 だ と か 何 だ と か 、 麗 々 し く 名 を 出 し て い る の に 、 一 体 私 は ど う し た の だ 、 と い う よ う な こ る 。 花 の 日 会 な ど と い う 派 手 な 催 し の あ る こ と を 聞 い て 、 胸 を わ く わ く さ せ な が ら も じ い っ と 我 慢 し て い た 人 達 な の と か ら 、 誰 彼 の 差 別 な く 名 を 並 べ て 置 く よ り は 、 会 長 と か で 、 何 か 記 念 の 仕 事 を し よ う と い う こ と は 、 一 も 二 も な く 副 会 長 と か か ら 、 末 は 地 り 使 い ま で 明 か な 役 名 を つ け て 置 こ と 賛 成 さ れ た 。 か な け れ ば い け な い と い う こ と で あ る 。 殊 に 、 そ の 候 補 者 そ し て 、 い ろ い ろ 評 議 さ れ た 末 、 終 に 故 牧 師 が 埋 め ら れ の 中 に は 自 分 を も 加 え て い る 自 信 あ る 夫 人 達 は 、 熱 心 に そ の う

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


ゆ と リ 世 代 の 総 合 表 現 マ ガ ジ ン 2017 年 度 号 私 た ち の 運 命 の 1 日 発 行 日 2017 年 6 月 1 日 さ か し ま 発 行 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ 編 集 : 田 中 ジ ョ ヴ ァ ン ニ 写 真 : Nobu( 表 紙 , P. 4-5 ) , 高 瀬 一 樹 ( P. 25 ) モ デ ル : 小 渕 花 梨 ( p. 25 ) ご 意 見 ・ ご 感 想 を お 寄 せ 下 さ い 。 Twitter : 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ (@Kabe_Tyoro) Mail: [email protected] 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ と は 完 璧 か つ べ ス ト で 丁 度 い い 老 若 男 女 に 愛 さ れ る 総 合 的 表 現 の 研 究 と 実 践 を 者 を 知 リ た い と い う 方 は 上 記 ア ド レ ス ま で メ ー ル を お 願 い 致 し ま す 。 ※ 編 集 上 の 都 合 に よ り 作 者 名 を 記 載 し て い な い 挿 絵 ・ 写 真 が あ り ま す 。 作 文 芸 構 造 と 社 会 ・ 人 生 に に 対 す る さ か し ま な 挑 戦 を 行 う 。 詩 ・ 小 説 ・ 批 評 ・ エ ッ セ ー 等 の オ ー ル ジ ャ ン ル マ ガ ジ ン 。 さ か し ま と は 団 員 随 時 募 集 中 。 映 像 製 作 ・ 同 人 誌 発 刊 他 。 代 表 : 田 中 ジ ョ ヴ ァ ン ニ 行 う / ヾ フ ォ ー マ ン ス 集 団 。 82

「文明論之概略」を読む 下


聖 教 の 論 も 、 儒 説 も 仏 説 も 、 攘 夷 の テ ロ リ ズ ム さ え も 、 む し ろ 「 楯 の 反 面 」 と し て の プ ラ ス 面 を 見 て 組 み 合 わ せ れ ば 、 「 用 法 如 何 」 に よ っ て は 「 最 後 最 上 の 大 目 的 」 の た め に 活 か せ る の た 、 と い う 議 論 が 展 開 さ れ ま す 。 現 下 の 最 後 最 上 の 大 目 的 は 自 国 の 独 立 で す 。 で す か ら 「 最 後 最 上 」 と い っ て も 、 そ れ は こ こ で の 「 議 論 の 本 位 」 に 制 約 さ れ 、 け っ し て 窮 極 目 的 で は あ り ま せ ん 。 こ れ は 結 局 は ビ ス マ ル ク の い う 「 可 能 性 の 技 術 」 (KunstdesMögIichen) と し て の 政 治 的 思 考 の 常 識 を の べ た も の で す 。 「 物 の 軽 重 」 と か 「 事 の 緩 急 」 と か が 最 後 ま で 強 調 さ れ る の も そ の た め で す 。 む ろ ん こ の 個 所 に も 当 時 の 士 族 の 出 処 進 退 に つ い て 「 一 身 と 、 議 論 と 、 其 の 出 処 栄 枯 を 共 に ~ す る 者 あ り 」 と い っ た よ う な 痛 烈 な 批 判 的 警 句 も 出 て き ま す が 、 全 般 的 に い え ば 鋭 い 舌 鋒 は 背 か レ レ ヴ ァ ン ス 形 後 に 退 い て い ま す 。 「 此 の 術 は 果 し て 此 の 目 的 に 関 係 あ る も の 歟 ( 関 連 性 の 問 題 ) 、 若 し 関 係 あ 国 ら ば 何 れ の 路 よ り し て 之 れ に 達 す 可 き も の 歟 ( 迂 路 か 近 路 か の 問 題 ) 、 或 は 直 に 達 す 可 き 歟 、 或 民 あ い だ 国 は 間 に 又 別 の 術 を 置 き 此 の 術 を 経 て 後 に 達 す る も の 歟 ( 直 接 的 方 法 か 間 接 的 方 法 か の 問 題 ) 、 或 い ず れ 権 は 二 の 術 あ ら ば 孰 か 重 く し て 先 な る 可 き 歟 、 孰 か 軽 く し て 後 な る 可 き 歟 ( 方 法 の 優 先 順 位 の 問 題 ) 」 ( 文 二 六 四 頁 、 全 二 一 二 頁 ) と い う よ う な こ と は 具 体 的 実 践 に 際 し て は き わ め て 困 難 な 思 考 で 講 す け れ ど も 、 い ず れ も 政 治 的 に 成 熟 し た 思 考 の 常 識 で す か ら 、 抽 象 的 命 題 と し て み れ ば 平 凡 で 第 あ っ て 鬼 面 人 を お ど ろ か す よ う な と こ ろ は ど こ に も あ り ま せ ん 。 そ れ ど こ ろ か 、 文 の 結 び の か か か か 295

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集


て そ れ は 一 見 そ う 見 え た に 違 い な い 。 何 故 な ら ば 、 実 行 に 先 き 立 っ て 議 論 が 戦 わ さ れ ね ば な ら ぬ 時 期 に あ っ て は 、 労 く ち べ た 働 者 は 極 端 に 口 下 手 で あ っ た か ら で あ る ) 彼 等 は 知 ら ず 識 ら ず 代 弁 者 に た よ る こ と を 余 儀 な く さ れ た 。 単 に 余 儀 な く さ れ た ば か り で な く 、 そ れ に た よ る こ と を 最 上 無 二 の 方 法 で あ る と さ え 信 じ て い た 。 学 者 も 思 想 家 も 、 労 働 者 の 先 達 で あ り 、 指 導 者 で あ る と の 誇 ら し げ な 無 内 容 な 態 度 か ら 、 か く せ い 多 少 の 覚 醒 は し 出 し て 来 て 、 代 弁 者 に 過 ぎ な い と の 自 覚 に こ ん て い て き ま で は 達 し て も 、 な お 労 働 問 題 の 根 柢 的 解 決 は 自 分 等 の 手 じ よ う じ ゅ で 成 就 さ る べ き も の だ と の 覚 悟 を 持 っ て い な い で は な い 。 思 想 と 実 生 活 と が 融 合 し た 、 そ こ か ら 生 ず る 現 象 ー ー そ 労 働 者 は こ の 覚 悟 に 或 る 魔 術 的 暗 示 を 受 け て い た 。 し か し の 現 象 は い つ で も 人 間 生 活 の 統 一 を 最 も 純 粋 な 形 に 持 ち 来 な が ら こ の 迷 信 か ら の 解 放 は 今 成 就 さ れ ん と し つ つ あ る よ た す も の で あ る が と し て 最 近 に 日 本 に お い て 、 最 も 注 う に 見 え る 。 意 せ ら る べ き も の は 、 社 会 問 題 の 、 問 題 と し て ま た 解 決 と 労 働 者 は 人 間 の 生 活 の 改 造 が 、 生 活 に 根 ざ し を 持 っ た 実 い わ ゆ る し て の 運 動 が 、 所 謂 学 者 も し く は 思 想 家 の 手 を 離 れ て 、 労 行 の 外 で し か な い こ と を 知 り は じ め た 。 そ の 生 活 と い ル 働 者 そ の も の の 手 に 移 ろ う と し つ つ あ る 事 だ 。 こ こ で 私 の 実 行 と い し 、 そ れ は 学 者 や 思 想 家 に は 全 く 欠 け た も の で あ い う 労 働 者 と は 、 社 会 問 題 の 最 も 重 要 な 位 置 を 占 む べ き 労 っ て 、 問 題 解 決 の 当 体 た る 自 分 達 の み が 持 っ て い る の だ と 働 問 題 の 対 象 た る 第 四 階 級 と 称 せ ら れ る 人 々 を い う の だ 。 気 付 き は じ め た 。 自 分 達 の 現 在 目 前 の 生 活 そ の ま ま が 唯 一 っ 第 四 階 級 の 中 特 に 都 会 に 生 活 し て い る 人 々 を い う の だ 。 の 思 想 で あ る と い え ば い え る し 、 ま た 唯 一 の カ で あ る と い も し 私 の 考 え る 所 が 間 違 っ て い な か っ た ら 、 私 が 前 述 し え ば い え る と 気 付 き は じ め た 。 か く し て 思 慮 深 い 労 働 者 宣 た 意 味 の 労 働 者 は 、 従 来 学 者 も し く は 思 想 家 に 自 分 達 を 支 は 、 自 分 達 の 運 命 を 、 自 分 達 の 生 活 と は 異 な っ た 生 活 を し 配 す べ き 或 る 特 権 を 許 し て い た 。 学 者 も し く は 思 想 家 の 学 な が ら 、 し か も 自 分 達 の 身 の 上 に つ い て 彼 れ 是 れ い 汚 の 説 な り 思 想 な り が 労 働 者 の 運 命 を 向 上 的 方 向 に 導 い て 行 っ 人 々 の 手 に 託 す る 習 慣 を 破 ろ う と し て い る 。 彼 等 は 扉 謂 社 お お や て く れ る も の で あ る と の 、 謂 わ ば 迷 信 を 持 っ て い た 。 そ し 会 運 動 家 、 社 会 学 者 の 動 く 所 に は 猜 疑 の 眼 を 向 け る 。 公 け 宜 言 一 つ こ せ ん だ っ

「文明論之概略」を読む 下


( 文 一 九 九 頁 、 全 一 六 〇 頁 ) —l ロ ツ 。 ( で は 、 ち ょ う ど 宗 教 世 界 が 俗 権 か ら 独 立 し て い た よ う に 、 「 学 者 の 世 界 」 っ ま り 学 問 共 同 体 が 形 成 さ れ て 、 そ れ が 独 立 し て い た 。 学 者 に お い て は 、 学 問 以 外 の 社 会 的 所 属 性 が 問 題 に な ら な か 「 た 。 「 官 私 の 別 な く 」 と い う の は そ れ で す 。 た と え ば 、 学 問 そ の も の に と 「 て 1 は 、 何 々 藩 に 仕 え て い る と か 、 浪 人 し て い る と か は 第 二 義 的 な 区 別 で す 。 学 問 共 同 体 と い う も そ の が あ れ ば 、 そ れ は ま ず 第 一 義 的 に 学 者 に よ 「 て 構 成 さ れ 、 そ の な か の あ る 者 は 幕 府 に 仕 え 、 現 発 あ る 者 は 藩 に 、 あ る 者 は 野 に い る と い う ふ う に 考 え ら れ る 筈 で す 。 重 と こ ろ が 日 本 に お い て は 、 第 一 義 的 に 学 問 以 外 の 団 体 所 属 性 が 問 題 に な る 。 こ う し て 意 識 の の う え で も 事 実 と し て も 学 問 共 同 体 の 形 成 が な く 、 学 問 世 界 と い う の は 治 者 の 世 界 の 一 部 分 に す ぎ な い 。 江 戸 時 代 で 学 校 と い え ば 幕 府 の 昌 平 黌 か 、 諸 藩 の 藩 校 を 指 す 。 浪 人 学 者 も い る し 、 官 ナ 版 で な く 私 の 蔵 版 も あ る け れ ど も 、 浪 人 は 仕 官 し た く て も で き な か 「 た だ け の こ と だ し 、 私 の 蔵 版 も 官 版 を 希 望 し て で き な か っ た も の だ 。 域 領 諸 試 み に 見 よ 、 徳 川 の 治 世 二 百 五 十 年 の 間 、 国 内 に 学 校 と 称 す る も の は 、 本 、 政 府 の 設 立 に 非 ざ れ 講 ば 、 諸 藩 の も の な り 。 或 は 有 名 の 学 者 な き に 非 ず 、 或 は 大 部 の 著 述 な き に 非 ざ れ ど も 、 其 の 学 者 第 は つ だ は 必 ず 人 の 家 来 な り 、 其 の 著 書 は 必 ず 官 の 発 兌 な り 。 或 は 浪 人 に 学 者 も あ ら ん 、 私 の 蔵 版 も あ ら も と 137

中央公論 2016年7月号


平 成 一 一 十 六 年 度 決 算 で は 歳 入 の 四 三 ・ 七 な 状 況 で も あ り ま す 。 そ れ を ご 説 明 す る % を 占 め る 市 税 の う ち 、 個 人 市 民 税 の 比 た め に 狛 江 市 の 人 口 構 成 と 投 票 率 を 示 し 率 率 が 五 一 ・ 六 % と 高 く 、 歳 出 は 民 生 費 ま す ( 表 1 ) 。 昨 年 四 月 の 統 一 地 方 選 挙 投 と ( 社 会 福 祉 、 高 齢 者 福 祉 、 児 童 福 祉 ) の 時 の デ ー タ で 、 一 一 十 歳 以 上 を 三 世 代 に 分 成 比 率 が 四 七 ・ 一 % 。 高 齢 化 が 進 む と 、 確 割 し て 、 投 票 数 と 共 に 見 て み る と 、 人 口 ロ は ど の 区 分 も ほ と ん ど 同 じ で す 。 と こ ろ 人 実 に 歳 入 が 減 り 、 歳 出 が 増 加 し て い き ま す 。 我 々 団 塊 の 世 代 が 後 期 高 齢 者 に な る が 六 十 歳 以 上 の 投 票 数 は 一 一 十 5 三 十 九 歳 市 江 の ほ ぼ 一 一 倍 。 そ う な る と 、 市 議 会 議 員 立 一 五 5 一 一 〇 年 後 に は 非 常 に 苦 し い こ と に な る 。 日 本 全 国 に こ の よ う な 市 町 村 が 多 候 補 者 は 意 識 す る し な い に か か わ ら ず 、 く あ る の で は な い で し よ う か 。 高 齢 者 に 優 し い 施 策 を 優 先 し 、 若 者 や 次 財 政 的 な 危 機 を 回 避 す る た め の 方 策 と 世 代 向 け の 施 策 を 後 回 し に す る と い う の ー 明 ら か で す 。 今 の う ち に 手 を 打 っ て お 蠍 し て 、 私 が ま ず 考 え た の は 、 次 の 三 つ で が 人 情 と い う も の で は な い で し よ う か 。 す 。 ① 咼 齢 者 の 福 祉 費 用 を 高 齢 者 の 世 代 実 際 、 選 挙 に な る と 、 立 候 補 者 も 応 援 部 か な い と 間 に 合 わ な く な っ て し ま い ま す 。 都 内 で 調 達 す る 、 ② 若 者 の 経 済 力 を 強 化 す 隊 も 演 説 を 聞 い て い る 一 般 市 民 も 高 齢 者 岡 本 世 代 別 選 挙 区 制 度 な ら 、 た と え 投 集 を 度 ば か り で 、 若 者 を 見 る こ と は あ り ま せ ん 。 票 率 が 低 く て も 、 必 ず 人 口 比 率 に 応 じ た る 、 ③ 地 域 経 済 の 活 性 化 を は か る 。 数 の 議 員 が 選 は れ る と い う メ リ ッ ト が あ 区 ~ 岡 本 な る ほ ど 。 そ れ ら を 実 現 す る に は 、 世 代 別 選 挙 区 制 度 の 利 点 と 限 界 選 り ま す ね 。 若 い 世 代 の 代 表 を 議 会 に 送 り 込 む 必 要 が 岡 本 三 世 代 の 人 口 が ほ ぼ 同 じ と い う こ 内 山 現 在 の 狛 江 市 の 市 議 会 議 員 一 三 名 代 あ る と 考 え ら れ た の で す ね 。 主 民 一 、 内 山 え え 。 若 と は 、 若 い 世 代 が 選 挙 に 行 け ば 、 状 況 が を 同 じ よ う に 三 世 代 に 分 割 す る と 、 一 一 十 5 三 十 九 歳 が 一 人 、 四 十 5 五 十 九 歳 が 一 い 世 代 の 同 意 な 変 わ る と い う こ と で は あ り ま せ ん か 。 市 江 シ 第 し に は 進 め ら れ 内 山 現 状 で は そ う か も し れ ま せ ん 。 で 七 人 、 六 十 歳 以 上 が 四 人 と な り ま す 。 こ ま せ ん 。 た だ 、 も 、 今 後 の 市 の 高 齢 化 を 見 て い け ば 、 人 れ を 世 代 別 の 人 口 比 率 に 即 し て 配 分 す れ ◎ 集 ば 七 名 ず つ に な り ま す 。 そ れ が 大 変 困 難 口 構 成 が 逆 ピ ラ ミ ッ ド 型 に な っ て い く の 特 投 飜 ロ 率 齢 代 1 年 世 12 , 518 15.65 % 21 , 249 26.56 % 35.49 % 7 , 541 22 , 961 2870 % 50.48 % 1 1 , 591 23 , 280 29.10 % 60.27 % 14 , 031 注 ) C/A ( 人 口 ) = 1.1 、 C/A ( 投 票 数 ) = 1 .9 人 口 : 「 統 計 こ ま え 」 平 成 27 年 度 版 、 狛 江 市 ( 平 成 28 年 1 月 1 日 ) 投 票 率 : 「 選 挙 の 記 録 」 平 成 27 年 4 月 26 日 執 行 、 狛 江 市 議 会 議 員 選 挙 ( 標 準 的 と さ れ る 「 第 5 投 票 区 ( 狛 江 第 五 小 学 校 ) 」 の 実 績 値 を 使 用 )

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


316 見 つ め て い る う ち に 第 二 の 僕 の こ と を 思 い 出 し た 。 第 二 の め る の を 眺 め た ほ ど 神 経 的 疲 労 に 陥 っ て い た 。 僕 は こ う 云 よ ろ こ い わ ゆ る * 僕 、 ー ー 独 逸 人 の 所 謂 Doppe1gaenger は 仕 合 せ に も 僕 自 う 彼 等 の 不 幸 に 残 酷 な 悪 意 に 充 ち 満 ち た 歓 び を 感 じ ず に は ア メ リ カ い ら れ な か っ た 。 身 に 見 え た こ と は な か っ た 。 し か し 亜 米 利 加 の 映 画 俳 優 に し る し 或 東 か ぜ の 強 い 夜 、 ( そ れ は 僕 に は 善 い 徴 だ っ た 。 ) 僕 は な っ た 君 の 夫 人 は 第 二 の 僕 を 帝 劇 の 廊 下 に 見 か け て い あ い さ っ せ ん だ っ て た 。 ( 僕 は 突 然 君 の 夫 人 に 「 先 達 は つ い 御 挨 拶 も し ま せ ん 地 下 室 を 抜 け て 往 来 へ 出 、 或 老 人 を 尋 ね る こ と に し た 。 彼 で 」 と 言 わ れ 、 当 惑 し た こ と を 覚 え て い る 。 ) そ れ か ら も は 或 聖 書 会 社 の 屋 根 裏 に た っ た 一 人 小 使 い を し な が ら 、 祈 ひ ば ら と う し よ う じ ん た ば こ や か た あ し う 故 人 に な っ た 或 隻 脚 の 翻 訳 家 も や は り 銀 座 の 或 煙 草 屋 に 疇 や 読 書 に 精 進 し て い た 。 僕 等 は 火 鉢 に 手 を か ざ し な が 第 二 の 僕 を 見 か け て い た 。 死 は に 僕 よ り も 第 一 一 の 僕 に 来 ら 、 壁 に か け た 十 字 架 の 下 に い ろ い ろ の こ と を 話 し 合 0 る の か も 知 れ な か っ た 。 若 し 又 僕 に 来 た と し て も 、 ー ー 僕 た 。 な ぜ 僕 の 母 は 発 狂 し た か ? な ぜ 僕 の 父 の 事 業 は 失 敗 そ れ 等 の 秘 密 を し た か ? な ぜ 又 僕 は 罰 せ ら れ た か ? は 鏡 に 後 ろ を 向 け 、 窓 の 前 の 机 へ 帰 っ て 行 っ た 。 の ぞ か れ し ば ぎ よ う か い が ん い つ ま で も 僕 の 四 角 に 凝 天 岩 を 組 ん だ 窓 は 枯 芝 や 池 を 覗 か せ て い た 。 僕 知 っ て い る 彼 は 妙 に 厳 か な 微 笑 を 浮 か ・ ヘ 、 は こ の 庭 を 眺 め な が ら 、 遠 い 松 林 の 中 に 焼 い た 何 冊 か の 相 手 を し た 。 の み な ら ず 時 々 短 い 言 葉 に 人 生 の カ リ カ テ 、 / オ ト ・ ブ ッ ク や 未 完 成 の 戯 曲 を 思 い 出 し た 。 そ れ か ら ペ ア を 描 い た り し た 。 僕 は こ の 屋 根 裏 の 隠 者 を 尊 敬 し な い 訣 ン を と り 上 げ る と 、 も う 一 度 新 ら し い 小 説 を 書 き は じ め に は 行 か な か っ た 。 し か し 彼 と 話 し て い る う ち に 彼 も 亦 親 和 力 の 為 に 動 か さ れ て い る こ と を 発 見 し た 。 た 。 「 そ の 植 木 屋 の 娘 と 云 う の は 器 量 も 善 い し 、 気 立 て も 善 い 五 赤 光 し 、 そ れ は わ た し に 優 し く し て く れ る の で す 。 」 「 い く っ ? 」 日 の 光 は 僕 を 苦 し め 出 し た 。 僕 は 実 際 鼠 の よ う に 窓 の 「 こ と し で 十 八 で す 。 」 前 へ 力 ア テ ン を お ろ し 、 昼 間 も 電 燈 を と も し た ま ま 、 せ つ そ れ は 彼 に は 父 ら し い 愛 で あ る か も 知 れ な か っ た 。 し か せ と 前 の 小 説 を つ づ け て 行 っ た 。 そ れ か ら 仕 事 に 疲 れ る と 、 テ エ ヌ の 英 吉 利 文 学 史 を ひ ろ げ 、 詩 人 た ち の 生 涯 に 目 し 僕 は 彼 の 目 の 中 に 情 熱 を 感 じ ず に は い ら れ な か っ た 。 の を 通 し た 。 彼 等 は い ず れ も 不 幸 だ っ た 。 エ リ ザ ベ ス 朝 の 巨 み な ら ず 彼 の 勧 め た 林 檎 は い っ か 黄 ば ん だ 皮 の 上 へ 一 角 獣 一 代 の 学 者 だ っ た ペ ン ・ ジ ョ ン ソ ン さ え の 姿 を 現 し て い た 。 ( 僕 は 木 目 や 珈 琲 茶 碗 の 亀 裂 に 度 た び 人 た ち さ え 、 、 り ん 彼 の 足 の 親 指 の 上 に 羅 馬 と カ ル セ エ ジ と の 軍 勢 の 戦 い を 始 神 話 的 動 物 を 発 見 し て い た 。 ) 一 角 獣 は 麒 第 に 違 い な か っ お ご そ

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


じ 質 の 物 を 作 り 出 す こ と が 出 来 な い と の 思 る 者 も 多 い だ ろ う が 、 で は 何 故 「 共 に 映 画 は 、 何 者 に も な ろ う と し な い 人 間 に な る だ い 込 み が あ る 事 に は 違 い な い 。 し か し 、 そ を 撮 ろ う 」 と い う 一 一 = 〕 葉 を 無 視 す る の か ろ う 。 夢 破 れ 、 挫 折 を 経 て 没 個 性 へ 迎 合 す の こ と は 悩 み で す ら な い 。 悩 み で 無 い が 故 何 物 に も な ろ う と し な い 恐 る べ き 存 在 。 る の だ 。 で は 、 何 者 で も な い 人 間 と な っ た に 、 行 う 必 要 も な い 。 つ ま り 彼 ら に と っ 彼 ら は フ ァ ン で あ る こ と に ア イ デ ィ ン テ ィ 彼 等 は 幸 せ か 、 欲 を 持 た な け れ は 辛 い 目 に て 文 化 的 創 造 と は 娯 楽 で は な く 、 行 う 必 要 テ ィ ー を 感 じ 、 た だ 消 費 し な が ら 生 き て い 合 わ な い と 知 リ 、 実 際 に 欲 を 捨 て た 彼 等 は す ら 感 じ ら れ な い も の な の で あ る く 本 質 的 に は 非 文 化 系 の 人 間 と 何 も 変 わ 初 め か ら 何 者 に も な ろ う と し な い 若 者 た 自 ら の 才 能 を 探 求 し 、 承 認 欲 求 を 満 た す ら ず 、 新 し い 朽 分 間 を 求 め 続 け る 。 そ し て 、 ち は 、 大 き な 挫 折 も 深 い 絶 望 も 知 る こ と な べ く 藻 掻 き 、 結 局 は 没 個 性 の 海 で 溺 死 す る つ ま る と こ ろ 流 行 の 産 物 で あ る そ れ す ら も く 幸 せ で あ る 何 者 か に な れ た 者 達 は 、 た 何 者 に も な れ な い 者 達 が い る 一 方 、 没 個 性 や が て 飽 き 、 時 の 流 れ に 身 を 任 せ 没 個 性 の と え そ の 実 状 が 思 い 描 い た も の と 異 な っ て の 海 に 心 地 良 く 浮 か ぶ 何 者 に も な ろ う と し 海 を 漂 う の だ ろ う い た と し て も 、 何 者 に も な れ な い 若 者 達 か な い 若 者 達 は 大 勢 い る 私 は そ の 存 在 の 軽 さ を 耐 え る こ と は 出 来 ら す れ ば 幸 福 で あ る と 言 え る 何 者 に も な ウ オ ホ ー ル は 「 や が て 、 誰 も が 朽 分 間 、 有 な い が 、 彼 ら は 存 在 の 軽 さ を 感 じ る こ と は れ ず 、 何 者 か に な る こ と を 諦 め た 人 々 そ 名 人 に な れ る 時 代 が 来 る だ ろ う 」 と 言 っ た 。 無 い 承 認 欲 求 は 友 人 た ち と 共 に 娯 楽 に 耽 こ に は 計 り 知 れ な い 闇 が あ る 。 閉 ざ さ れ た 一 億 総 ク リ エ イ タ ー 時 代 と 一 言 わ れ て 久 し く 、 る こ と で 満 た さ れ 、 自 己 存 在 は 消 費 に よ っ 輝 か し い 未 来 と 、 無 為 と な っ た 過 去 に 苦 し 2 ち ゃ ん ね る 、 YouTube 、 ニ コ ニ コ 動 画 他 、 て 肯 定 さ れ 、 創 造 的 意 欲 は 存 在 し な い 。 何 め ら れ 、 暗 澹 と し た 人 生 を 歩 む の だ 。 ネ ッ ト で の 自 己 表 現 を 容 易 に 行 え る 時 代 を 者 に な れ な い 若 者 た ち が 、 才 能 を 否 定 さ れ だ が し か し 、 こ の 社 会 は 言 う ほ ど に は 諦 生 き て き た 我 々 も 、 予 期 さ れ た 時 代 を 確 か な 絶 望 の 中 で 社 会 を 迎 合 す る こ と も で き ず 死 念 の 絶 望 感 を 感 じ な い 。 そ の 理 由 が こ の 本 物 と し て 自 覚 し て お リ 、 ネ ッ ト 上 に 膨 大 な ん で い く 中 で 、 何 者 に も な ろ う と し な い 事 の 中 に あ る だ ろ う と 信 じ て い る 。 諦 念 の 開 数 の ク リ エ イ タ ー が 「 朽 分 間 の 有 名 人 」 と は 幸 せ な 生 き 方 と = = ロ え る か も し れ な い 。 き 直 り か 、 成 熟 に よ る 自 我 の 超 克 か 混 沌 な っ て は 消 え て 行 っ て い る な ん と 嘆 か わ し い 事 で あ ろ う か 欲 な ど と し た 社 会 の 闇 と 光 の 中 を 生 き る 何 者 に も 泡 沫 が 如 き 儚 く 虚 し い 存 在 で あ る 朽 分 間 持 た ぬ 方 が 幸 せ な の だ 。 何 者 に も な ろ う と な れ な い 或 い は 何 者 に も な ろ う と し な い 若 の ク リ エ イ タ ー 達 に 憧 れ る 文 化 系 の 若 者 た し な い 人 々 が 、 何 者 か に な れ た 人 々 に 対 し 者 た ち を 、 し つ か リ と 見 つ め て い き た い 。 ち は 多 い 。 そ れ ど こ ろ か 彼 ら は 「 朽 分 間 の 嫉 妬 し な い わ け で は な い だ ろ う が 、 自 己 批 有 名 人 」 に な る こ と が 創 作 活 動 の 目 的 で あ 判 と 恨 み が ま し い 妬 み の 入 り 混 じ っ た 羨 望 リ 、 目 指 す べ き 終 着 点 で あ る と 考 え て い る は 何 物 に も な れ な い 者 達 特 有 の も の で あ る 勿 論 プ ロ と 呼 ば れ る 存 在 に 成 ら ん と し て い や が て 、 何 者 に も な れ な か っ た 若 者 た ち

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


318 自 分 達 四 人 は 船 で 日 向 に 入 っ た 。 角 小 林 に つ い て も 、 も う 暗 い の で 、 霧 島 も 見 え な か っ た 。 翌 日 郡 長 に 逢 い 、 土 地 の こ と を 聞 き 、 役 所 の 人 に 案 内 し て も ら っ て 土 地 を 捜 し た 。 と ど ろ 十 日 の 午 後 六 時 頃 船 は 日 向 の 土 々 呂 に つ い た 。 其 処 で 自 そ れ か ら 毎 日 、 捜 し て 歩 い た 。 朝 早 く 出 て 日 が く れ て 帰 分 達 は 始 め て 日 向 の 土 地 を 踏 ん だ 。 我 等 の 上 に 幸 あ れ 。 っ た 。 出 る 時 は 今 日 こ そ は と 思 っ た 。 帰 る 時 は 「 明 日 こ そ 我 等 が 浜 の 砂 の 上 に 立 っ た 時 、 一 人 の 青 年 が 自 分 達 の 雑 は ー と 思 っ た 。 ひ ざ ま ず 誌 を も っ て 立 っ て い る の を 見 た 。 自 分 は そ れ を 見 る と す ぐ 何 か に 祈 り た い 気 が し た 。 土 地 の 上 に 跪 い て 祈 り 、 土 地 ち か づ い て 行 っ た 。 に 接 吻 し て よ き 土 地 が 得 ら れ る な ら ば 、 自 分 達 は よ ろ こ ん 果 し て 小 林 方 面 の 土 地 を 知 ら せ て く れ た 人 だ 。 こ の 人 は で 土 地 に 接 吻 し た ろ う 。 土 々 呂 か ら 一 里 半 程 離 れ た 処 の 小 学 校 の 先 生 を し て い た 。 し か し 思 わ し い 処 は な か っ た 。 今 日 で 三 日 の 間 毎 日 一 里 半 程 の 処 を 迎 え に 来 て く れ た の だ そ し て 毎 日 自 分 達 に 親 切 に は し て く れ る が 、 何 と な く 敬 そ う だ 。 自 分 達 は よ ろ こ ん だ 。 そ し て 気 丈 に 思 っ た 。 自 分 遠 主 義 を と る 村 長 そ の 他 に 逢 う と 、 心 細 い 気 が し な い わ け 達 は そ の 晩 延 岡 に 泊 っ た 。 に は ゆ か な か っ た 。 自 分 達 を 理 解 し な い 人 を 、 利 用 す る 、 そ れ は 何 と な く び っ た り し な い こ と だ っ た 。 そ の 人 達 の 親 こ れ 切 に 甘 え よ う と す る 自 分 達 が 賤 し い よ う な 気 が し た 。 之 も そ の 晩 小 林 方 面 の 話 を き く と 、 も う 他 を さ が す 気 に な れ 兄 弟 姉 妹 の 為 だ と 云 い わ け は し て 見 る 。 し か し 心 の 空 虚 さ な か っ た 、 一 直 線 に 小 林 に ゆ く こ と に し た 。 は 否 め な か っ た 。 そ う 云 う 人 に つ づ け て 三 度 逢 っ た 時 は 、 さ び そ し て 皆 に 敬 遠 主 義 を と ら れ た 時 は 淋 し い 気 が し た 。 一 四 あ る 新 聞 か ら は 我 等 は 若 い 男 や 女 を 迷 わ す も の と し て 危 小 林 に 着 、 た の は 翌 々 日 の 晩 だ っ た 。 そ の 前 の 晩 は 自 分 険 視 さ れ た 。 し か し 小 林 に い る 二 人 の 人 が 我 等 の 仕 事 に 厚 お そ 意 を 見 せ て く れ た 。 或 日 宮 崎 の 若 い 人 か ら 随 分 熱 心 に 自 分 達 は 雨 に び っ し よ り 降 ら れ て あ る 町 の 宿 屋 に 夜 遅 く つ い た が 、 断 ら れ て 他 の 宿 屋 に 泊 り 、 翌 日 乗 合 馬 車 で 十 何 里 走 ら 達 の 仕 事 を 賛 成 し て 来 た 。 又 東 京 そ の 他 の 仲 間 か ら は た え ず 、 慰 め て く れ 、 鼓 舞 し て く れ た 。 せ 、 福 島 か ら 汽 車 に の っ て 小 林 に 降 り た 。 役 場 の 人 や 新 聞 記 者 が ど う し て 知 っ た か 迎 え に 来 た 。 切 そ れ 等 に 自 分 達 は ど の 位 、 感 謝 し た ろ う 。 皆 を よ ろ こ ば の べ お か せ つ せ つ ぶ ん