検索 - みる会図書館

検索対象: 「文明論之概略」を読む 下

「文明論之概略」を読む 下から 347件ヒットしました。

「文明論之概略」を読む 下


聖 教 の 論 も 、 儒 説 も 仏 説 も 、 攘 夷 の テ ロ リ ズ ム さ え も 、 む し ろ 「 楯 の 反 面 」 と し て の プ ラ ス 面 を 見 て 組 み 合 わ せ れ ば 、 「 用 法 如 何 」 に よ っ て は 「 最 後 最 上 の 大 目 的 」 の た め に 活 か せ る の た 、 と い う 議 論 が 展 開 さ れ ま す 。 現 下 の 最 後 最 上 の 大 目 的 は 自 国 の 独 立 で す 。 で す か ら 「 最 後 最 上 」 と い っ て も 、 そ れ は こ こ で の 「 議 論 の 本 位 」 に 制 約 さ れ 、 け っ し て 窮 極 目 的 で は あ り ま せ ん 。 こ れ は 結 局 は ビ ス マ ル ク の い う 「 可 能 性 の 技 術 」 (KunstdesMögIichen) と し て の 政 治 的 思 考 の 常 識 を の べ た も の で す 。 「 物 の 軽 重 」 と か 「 事 の 緩 急 」 と か が 最 後 ま で 強 調 さ れ る の も そ の た め で す 。 む ろ ん こ の 個 所 に も 当 時 の 士 族 の 出 処 進 退 に つ い て 「 一 身 と 、 議 論 と 、 其 の 出 処 栄 枯 を 共 に ~ す る 者 あ り 」 と い っ た よ う な 痛 烈 な 批 判 的 警 句 も 出 て き ま す が 、 全 般 的 に い え ば 鋭 い 舌 鋒 は 背 か レ レ ヴ ァ ン ス 形 後 に 退 い て い ま す 。 「 此 の 術 は 果 し て 此 の 目 的 に 関 係 あ る も の 歟 ( 関 連 性 の 問 題 ) 、 若 し 関 係 あ 国 ら ば 何 れ の 路 よ り し て 之 れ に 達 す 可 き も の 歟 ( 迂 路 か 近 路 か の 問 題 ) 、 或 は 直 に 達 す 可 き 歟 、 或 民 あ い だ 国 は 間 に 又 別 の 術 を 置 き 此 の 術 を 経 て 後 に 達 す る も の 歟 ( 直 接 的 方 法 か 間 接 的 方 法 か の 問 題 ) 、 或 い ず れ 権 は 二 の 術 あ ら ば 孰 か 重 く し て 先 な る 可 き 歟 、 孰 か 軽 く し て 後 な る 可 き 歟 ( 方 法 の 優 先 順 位 の 問 題 ) 」 ( 文 二 六 四 頁 、 全 二 一 二 頁 ) と い う よ う な こ と は 具 体 的 実 践 に 際 し て は き わ め て 困 難 な 思 考 で 講 す け れ ど も 、 い ず れ も 政 治 的 に 成 熟 し た 思 考 の 常 識 で す か ら 、 抽 象 的 命 題 と し て み れ ば 平 凡 で 第 あ っ て 鬼 面 人 を お ど ろ か す よ う な と こ ろ は ど こ に も あ り ま せ ん 。 そ れ ど こ ろ か 、 文 の 結 び の か か か か 295

「文明論之概略」を読む 下


( 文 一 九 九 頁 、 全 一 六 〇 頁 ) —l ロ ツ 。 ( で は 、 ち ょ う ど 宗 教 世 界 が 俗 権 か ら 独 立 し て い た よ う に 、 「 学 者 の 世 界 」 っ ま り 学 問 共 同 体 が 形 成 さ れ て 、 そ れ が 独 立 し て い た 。 学 者 に お い て は 、 学 問 以 外 の 社 会 的 所 属 性 が 問 題 に な ら な か 「 た 。 「 官 私 の 別 な く 」 と い う の は そ れ で す 。 た と え ば 、 学 問 そ の も の に と 「 て 1 は 、 何 々 藩 に 仕 え て い る と か 、 浪 人 し て い る と か は 第 二 義 的 な 区 別 で す 。 学 問 共 同 体 と い う も そ の が あ れ ば 、 そ れ は ま ず 第 一 義 的 に 学 者 に よ 「 て 構 成 さ れ 、 そ の な か の あ る 者 は 幕 府 に 仕 え 、 現 発 あ る 者 は 藩 に 、 あ る 者 は 野 に い る と い う ふ う に 考 え ら れ る 筈 で す 。 重 と こ ろ が 日 本 に お い て は 、 第 一 義 的 に 学 問 以 外 の 団 体 所 属 性 が 問 題 に な る 。 こ う し て 意 識 の の う え で も 事 実 と し て も 学 問 共 同 体 の 形 成 が な く 、 学 問 世 界 と い う の は 治 者 の 世 界 の 一 部 分 に す ぎ な い 。 江 戸 時 代 で 学 校 と い え ば 幕 府 の 昌 平 黌 か 、 諸 藩 の 藩 校 を 指 す 。 浪 人 学 者 も い る し 、 官 ナ 版 で な く 私 の 蔵 版 も あ る け れ ど も 、 浪 人 は 仕 官 し た く て も で き な か 「 た だ け の こ と だ し 、 私 の 蔵 版 も 官 版 を 希 望 し て で き な か っ た も の だ 。 域 領 諸 試 み に 見 よ 、 徳 川 の 治 世 二 百 五 十 年 の 間 、 国 内 に 学 校 と 称 す る も の は 、 本 、 政 府 の 設 立 に 非 ざ れ 講 ば 、 諸 藩 の も の な り 。 或 は 有 名 の 学 者 な き に 非 ず 、 或 は 大 部 の 著 述 な き に 非 ざ れ ど も 、 其 の 学 者 第 は つ だ は 必 ず 人 の 家 来 な り 、 其 の 著 書 は 必 ず 官 の 発 兌 な り 。 或 は 浪 人 に 学 者 も あ ら ん 、 私 の 蔵 版 も あ ら も と 137

「文明論之概略」を読む 下


朗 読 文 一 八 五 頁 一 四 行 ー 一 八 七 頁 一 〇 行 全 一 四 九 頁 二 行 ー 一 五 〇 頁 九 行 治 者 と 被 治 者 と 相 分 る そ れ ぞ れ の 。 ハ ラ グ ラ フ の お し ま い に 、 要 約 に も な る 題 が つ い て い ま す 。 こ れ は 前 章 の や り 方 と 対 応 し て い ま す 。 最 初 の 段 の 「 治 者 と 被 治 者 と 相 分 る 」 は 、 政 治 権 力 の 発 生 を 述 べ て い る と こ ろ で す 。 ま ず 、 抑 も 我 が 日 本 国 も 、 開 闢 の 初 め に て は 、 世 界 中 の 他 の 諸 国 の 如 く 、 若 干 の 人 民 一 群 を 成 し 、 其 た く ま の 一 群 の 内 よ り 、 腕 カ 最 も 強 く 智 カ 最 も 逞 し き 者 あ り て 、 之 れ を 支 配 す る 歟 、 或 は 他 の 地 方 よ り 来 り 、 之 れ を 征 服 し て 其 の 酋 長 た り し こ と な ら ん 。 歴 史 に 拠 れ ば 、 神 武 天 皇 、 西 よ り 師 を 起 し た り ・ ・ 」 あ 一 り - 0 ( 文 一 八 五 ー 一 八 六 頁 、 全 一 四 九 頁 ) と こ で も 政 治 権 力 は こ こ こ は 「 他 の 諸 国 の 如 く 」 で す か ら 、 何 も 日 本 だ け の 特 色 で は な い 。 、 の よ う に し て 発 生 す る 。 こ れ と 似 た 趣 旨 の こ と は 、 『 西 洋 事 情 』 の 外 編 の 巻 之 一 と 巻 之 二 の と こ ろ で 出 て い ま す 。 そ こ で は チ ェ ン ヾ 1 ス 社 の 教 材 な ど に 拠 っ て い か に し て 政 治 権 力 が 発 生 す る そ も そ き た か い び や く い く さ

「文明論之概略」を読む 下


い う 指 摘 に つ な が る の で す 。 「 今 よ り 其 の 挙 動 を 是 非 す る の 理 は 万 々 あ る 可 か ら ず 」 と い う 命 い や し く こ こ ふ く て つ 題 は 、 そ の ま ま 「 後 世 苟 も 爰 に 眼 力 の 達 し た る 者 あ ら ば 、 再 び 其 の 覆 轍 を 踏 む 可 か ら ず 」 と い う 警 告 と 表 裏 一 体 に な っ て い ま す 。 後 世 と い う の は 、 江 戸 時 代 か ら 見 て の 後 世 で あ っ て 、 何 百 年 も 先 の こ と を 言 っ て い る の で は あ り ま せ ん 。 む し ろ 福 沢 の 眼 前 に 絶 壁 の よ う に そ そ り 立 っ 圧 倒 的 な 西 洋 列 強 の 生 産 力 に 直 面 し て 、 江 戸 の 天 下 泰 平 の メ ダ ル の 裏 と し て の 経 済 的 停 滞 の 覆 轍 の そ を ふ む な 、 と い う 警 告 が 発 せ ら れ て い る の で す 。 現 発 つ づ く 文 に 「 或 人 の 説 に 」 と あ る 或 人 と は 誰 か は 私 に は 分 り ま せ ん 。 戦 争 の 経 済 に 及 ば す 影 か た な き ず 叫 響 は 刀 創 の よ う な も の で 、 経 済 に つ い て は 一 時 的 な 刀 創 ( 金 創 ) よ り も 結 核 ( 労 症 ) の 方 が よ り 恐 の ろ し い の だ 、 と い う 説 で す 。 む ろ ん こ こ で い う 戦 争 と は 今 日 の 核 戦 争 で な く て 当 時 の 戦 争 で あ 籬 り 、 他 方 、 労 症 と は 現 代 医 学 に お け る 結 核 で な く て 「 不 治 の 病 」 と さ れ た 当 時 の 結 核 の こ と で る す 。 要 す る に 、 権 力 の 偏 重 の た め に 治 者 Ⅱ 費 散 者 、 被 治 者 Ⅱ 蓄 積 者 の 区 別 が 固 定 化 さ れ て 双 方 お の 流 通 が な く 、 そ の た め 徳 川 治 世 の 長 い 間 、 経 済 的 停 滞 が 支 配 し た ー ー す く な く も 経 済 力 の 大 域 領 き な 発 展 が な か っ た ー ー の は 、 経 済 が 結 核 に か か っ た よ う な も の だ 、 と い う の が こ の 節 の 結 論 で す 。 講 第 195

「文明論之概略」を読む 下


ご と に 新 し く 注 釈 す る 必 要 の あ る 個 所 は ほ と ん ど あ り ま せ ん 。 で す か ら 以 下 は 、 論 旨 の 脈 絡 に 主 眼 を お い て 構 成 を 明 ら か に す る に と ど め ま す 。 総 括 は 大 き く 前 半 と 後 半 の 部 分 か ら 成 「 て い ま す 。 前 半 は 「 国 の 独 立 は 目 的 な り 、 国 民 の 文 明 は 此 の 目 的 に 達 す る の 術 な り 」 と い う 目 的 と 手 段 の 関 係 を 論 じ て い ま す ( 文 二 五 九 頁 一 行 ー 一 一 六 三 頁 一 行 、 全 二 〇 七 頁 一 一 行 ー 二 一 〇 頁 一 四 行 ) 。 後 半 の 部 分 は 、 そ の 目 的 達 成 の た め に 複 数 的 な 「 術 」 を 組 み 合 わ せ て ゆ く 思 考 法 の 問 題 で 、 も っ と も 広 い 意 味 に お い て 成 熟 し た 政 治 的 思 考 と は 何 か 、 が 典 型 的 に の べ ら れ て お り ま す ( 末 尾 ま で ) 。 こ の こ と を 頭 に お い て 、 さ ら に 、 す で に 分 析 の す ん で い る 段 落 を と ば し な が ら 読 め ば と え ば 文 庫 版 二 六 〇 頁 ( 全 二 〇 八 頁 ) の 「 或 人 云 く 」 の 一 段 を と ば し て そ の 前 行 の 「 心 身 共 に 穎 敏 な ら ん こ と を 欲 す る の み 」 か ら 、 文 二 六 一 頁 ( 全 二 〇 九 頁 ) の 「 故 に 又 前 説 に 返 り て : : : 」 云 々 の 段 を 読 み 進 み 、 文 二 六 二 頁 三 行 目 ( 全 二 一 〇 頁 二 行 目 ) の 「 唯 文 明 と の み 云 ふ と き は : 一 段 を ま た と ば し て 、 二 六 三 頁 ( 全 二 一 〇 頁 ) の 「 期 の 如 く 」 云 々 ( こ れ が 第 二 の 総 括 で す ) か ら 終 り ま で 読 ん で ゆ け ば ー ー ー 議 論 の 筋 道 は つ か め る で し よ う 。 文 二 五 八 頁 一 三 行 ー 二 六 〇 頁 八 行 全 二 〇 七 頁 七 行 ー 二 〇 八 頁 一 三 行 文 二 六 一 頁 一 〇 行 ー 二 六 二 頁 三 行 全 二 〇 九 頁 一 二 行 ー 二 一 〇 頁 二 行 び ん 朗 読 290

「文明論之概略」を読む 下


( 文 一 八 一 ー 一 八 二 頁 、 全 一 四 五 = 一 四 六 頁 ) —l こ の テ ー ゼ は す で に 上 巻 で 一 応 説 明 し ま し た ( 上 巻 一 三 三 頁 、 一 四 六 頁 参 照 ) 。 い ろ い ろ な 自 由 ま さ に そ 、 つ い 、 つ と こ ろ に ・ 目 , 田 か が お 互 い に 牽 制 し あ っ て 、 ど の 自 由 も 絶 対 的 な 力 を も た な い 、 あ る の だ 、 と い う 一 種 の 逆 説 的 な 命 題 で す 。 こ う い う 自 由 観 は バ ッ ク ル か ら は 出 て き ま せ ん 。 ど ち ら か と い え ば 、 、 、 テ モ ク ラ シ ー よ り は リ べ ラ リ ズ ム の 思 想 の 系 譜 に 属 し ま す ( も っ と も こ の の よ 、 つ に 二 つ の 思 想 は か ら み 合 っ て い て 、 あ る 種 の 論 者 ー ー た と え ば カ ー ル ・ シ ご 両 者 を 完 全 に 切 り は な す の は 思 想 史 的 に い っ て も 間 ち が い だ 、 と 私 は 思 っ て い ま す ) 。 し こ の 自 由 の 逆 説 は 何 も ギ ゾ 1 だ け で な く 、 根 本 的 に い え ば 、 福 沢 が 学 ん だ ト ク ヴ ィ ル も ミ ル 国 も そ の 系 列 に 属 し ま す 。 け れ ど も 、 そ の リ べ ラ リ ズ ム の 系 譜 の 考 え 方 を 非 常 に よ く 理 解 し た だ て け で な く 、 そ れ を 「 自 由 は 不 自 由 の 際 に 生 ず 」 と い う 、 一 見 禅 問 答 の よ う な 、 こ な れ た 日 本 語 あ 府 で 表 現 し 、 こ の 定 式 を 日 本 の 歴 史 と 社 会 を 論 ず る な か で 自 由 自 在 に 展 開 し た と い う 点 で は 、 や は は り 福 沢 は 日 本 に 稀 な 思 想 家 の 一 人 で す 。 本 日 人 間 の 交 際 に て 、 或 は 政 府 、 或 は 人 民 、 或 は 学 者 、 或 は 官 吏 、 其 の 地 位 の 如 何 を 問 は ず 、 唯 権 講 力 を 有 す る 者 あ ら ば 、 仮 令 ひ 智 力 に て も 腕 力 に て も 、 其 の 力 と 名 づ く る も の に 就 て は 、 必 ず 制 限 第 す べ な か る 可 か ら ず 。 都 て 人 類 の 有 す る 権 力 は 、 決 し て 純 精 な る を 得 べ か ら ず 。 必 ず 其 の 中 に 天 然 の た と ッ た だ

「文明論之概略」を読む 下


す 。 な お こ の 冒 頭 の 段 で 「 一 人 の 精 神 発 達 」 と か 「 衆 人 の 精 神 発 達 」 と か い う 表 現 の な か の 「 発 達 」 と い う 一 一 = ロ 葉 は 、 草 稿 を 見 る と 、 い ず れ も 後 に な っ て 加 筆 さ れ た も の で す 。 け れ ど も 、 文 明 論 が 文 明 発 達 論 と な り 、 衆 心 論 が 衆 心 発 達 論 と 書 き か え ら れ た こ と は 、 完 成 し た 時 点 で 表 現 を ョ リ 正 確 に し た 、 と い う 意 味 は あ っ て も 、 そ れ に よ っ て 本 書 の 方 法 論 に 異 質 的 な 要 素 が 加 わ っ た こ と に は な り ま せ ん 。 そ も そ も 文 明 論 が 福 沢 に と っ て い や 彼 が 多 く を 依 拠 し た 。 ハ ッ ク ル に と っ て 、 同 時 に 文 明 発 達 論 ー ー っ ま り 文 明 史 論 ー ー を 意 味 し た こ と は 、 す で に 簡 単 な が ら 本 メ ン タ ル ・ プ ロ グ レ ス ギ ゾ ー 書 「 中 巻 」 の 第 八 講 で 説 明 し て お き ま し た ()( ッ ク ル は 「 精 神 発 達 の 諸 法 則 」 と い し 「 も バ ッ ク ル と ニ = ア ン ス を 異 に し な が ら 、 基 本 的 に 文 明 論 と 文 明 史 と を 等 視 し て お り ま す ) 。 位 理 論 と 歴 史 と を 対 立 的 に と ら え 、 前 者 を 「 法 則 定 立 的 科 学 」 と し 、 後 者 を 「 個 性 記 述 的 科 学 」 書 と す る 新 カ ン ト 派 的 な 立 場 、 あ る い は 歴 史 と は 本 来 的 に 人 間 が い つ ど こ で 何 を し た か の 記 録 で あ り 、 そ の 意 味 で 歴 史 は 伝 記 に 尽 き る と い う イ ギ リ ス 史 学 の 正 統 的 な 考 え 方 は 、 そ れ ぞ れ 歴 史 緒 に つ い て の 多 く の 方 法 論 の な か の 一 つ で あ っ て 、 歴 史 が 究 極 的 に は 一 般 法 則 化 (generaliza ・ ( 一 on ) を め ざ す か ぎ り 歴 史 と 理 論 と は 本 質 的 に 一 致 す る 、 と い う 考 え 方 は 、 私 た ち が 賛 成 す る と び 否 と を 問 わ ず 、 十 八 世 紀 か ら 十 九 世 紀 に か け て 一 般 的 な 思 潮 で し た 。 福 沢 も 基 本 的 に は こ の 思 潮 の な か に あ り ま す か ら 、 福 沢 に 即 し て い え ば 「 発 達 」 の 字 を 加 え た こ と に よ っ て な ん ら 方 法 一 = ロ 305

「文明論之概略」を読む 下


ま た 内 容 的 に も 間 ち が い な く 理 解 で き る は ず で す 。 精 神 の 発 達 と い 。 て も 一 人 の 精 神 で な く 、 「 天 下 衆 人 の 精 神 発 達 」 だ と い い ま た 「 或 は 之 れ を 衆 心 発 達 論 と 云 ふ も 可 な り 」 と い う よ う な 口 吻 か ら し て 、 す で に 第 四 章 以 下 を 読 ん で い る 私 た ち は 、 あ あ 、 こ こ は バ ッ ク ル か ら 示 唆 を 受 け て い る な 、 と い う 見 当 が つ く で し よ う 。 む ろ ん こ れ と そ 「 く り の 文 句 が バ ッ ク ル に あ る わ ヒ ュ ー マ ン ・ マ イ ン ド け で は あ り ま せ ん 。 バ ッ ク ル が 「 人 間 精 神 の 運 動 法 則 の 発 見 」 が 文 明 史 の 狙 い だ 、 と 、 マ イ ン ド た 「 形 而 上 学 者 は 一 つ の 精 神 を 研 究 し 、 歴 史 家 は 多 く の 精 神 を 研 究 す る 」 と い う よ う な 場 合 の 「 多 く の 精 神 」 が 福 沢 の い う 「 衆 心 」 に 当 る わ け で す 。 段 末 に 「 此 の 紛 擾 雑 駁 の 際 に 就 て 条 理 の 紊 れ ざ る も の を 求 め ん と す る 」 云 々 と あ る の も 、 ヾ ッ ク ル が "discovering regularity in the midst of confus 一 on ご ( 手 沢 本 五 頁 ) と い う の に 表 現 が 酷 似 し て お り ま す 。 た だ 、 「 天 下 衆 人 の 精 神 発 達 」 と か 「 衆 心 発 達 」 と か い 。 て も 、 そ れ は た と え ば 後 の 時 代 に 「 民 族 精 神 」 な ど が 語 ら れ る 場 合 と ち が 「 て 、 「 衆 心 」 と い う も の が そ れ 自 身 、 実 体 と し て 存 在 す る と 考 え ら れ て い る の で は あ り ま せ ん 。 「 天 下 衆 人 の 精 神 発 達 を 一 体 に 集 め て 、 其 の 一 体 の 発 達 を 論 ず る も の 」 と 述 べ て い る よ う に 、 「 一 体 に 集 め 」 る 作 業 は あ く ま で 文 明 史 家 自 ら の 責 任 に お ノ ミ ナ リ ス テ ィ ッ ク い て 行 う 操 作 と さ れ て お り 、 そ こ に 福 沢 の 名 目 論 的 な 立 場 が は 「 き り と 打 ち 出 さ れ て お り ま す 。 こ れ も 既 に 読 ん だ 個 所 で 、 一 国 の 智 徳 と は 国 中 に 大 小 さ ま ざ ま に 分 賦 し て い る 智 徳 の 全 量 を 指 す も の 、 と 定 義 し て い る ( 本 書 中 巻 一 三 頁 参 照 ) の と 同 じ こ と を 裏 側 か ら 述 べ て い る わ け で み だ 304

「文明論之概略」を読む 下


っ た と 説 明 し て い ま し た 。 そ う い う 中 間 勢 力 の 多 元 的 な 併 立 が 、 絶 対 君 主 と 人 民 と に 分 れ て い く こ と に よ っ て 、 ネ ー シ ョ ン を 基 盤 と し た 政 治 的 統 一 の 前 提 が で き て い く 。 国 家 構 造 に お け る 政 府 と 人 民 と の 機 能 的 分 化 と い う こ と は 、 あ ら ゆ る 近 代 国 家 に 共 通 し て い る こ と で 、 福 沢 も そ う 思 っ て い ま す 。 だ が 、 こ の 。 ハ ラ グ ラ フ で 福 沢 が い っ て い る の は 、 社 会 の 構 成 単 位 と し て の 宗 教 ( 寺 院 ) と か 人 民 の 集 ま り と か が 、 一 つ も 独 自 性 を も っ た 元 素 に な ら ず に つ ま り 「 自 家 の 本 分 を 保 つ も の な し 」 に ー ー 治 者 と 被 治 者 と い う 統 治 の 二 大 元 素 に 、 し か も 一 方 に 偏 重 し た 関 係 の ま ま に 磁 石 の よ う に 吸 い つ け ら れ て そ の ま ま 固 定 し て し ま う こ と を 指 し ま す 。 「 被 治 者 」 し と い う の は 、 そ の 名 の よ う に 「 治 者 」 の 対 象 で あ っ て 、 「 ネ ー シ ョ ン 」 の よ う に 「 政 府 」 に 対 峙 国 す る 自 主 的 な 人 民 の 総 称 で は あ り ま せ ん 。 ち ょ っ と 表 現 の 仕 方 が 現 代 語 と ち が っ て い る だ け に 、 て や や 難 解 で 混 乱 を 起 し や す い の で 熟 読 し て 下 さ い あ 府 政 国 力 、 王 室 に 偏 す 本 治 者 と 被 治 者 と の 分 岐 が 固 定 化 す る の が 第 一 段 で 、 つ ぎ に 、 そ の 治 者 と し て の 王 室 に 権 力 の 日 偏 重 が 現 わ れ る の が 第 二 段 、 最 後 の タ イ ト ル に い う 「 国 力 王 室 に 偏 す 」 で す 。 講 お よ そ 統 治 と い う 職 分 の 遂 行 に は 、 腕 カ ( 軍 事 力 ) と 智 力 と 経 済 力 と が み な 必 要 だ 。 こ う い う 第 諸 権 力 を 兼 ね て は じ め て 「 人 を 制 す る 権 」 を う る も の だ か ら 、 「 治 者 は 必 ず 有 権 者 な ら ざ る を 得

「文明論之概略」を読む 下


結 び ー ー 「 緒 言 」 と 本 書 の 位 置 づ け 文 明 論 と 文 明 発 達 論 緒 一 言 と い う の は た い て い の 著 述 の 場 合 に 、 全 体 が 完 成 し て か ら あ と に 書 か れ る も の で す が 、 福 沢 の 場 合 も そ う で す 。 「 緒 言 」 の 最 後 に 、 「 明 治 八 年 三 月 二 十 五 日 、 福 沢 諭 吉 記 」 と あ る の は ま さ に こ の 書 の 完 成 時 期 ー ー ・ 文 字 通 り 最 後 の 日 で は な く と も 、 実 質 的 に 書 き 上 げ た 時 期 ー ー を 「 示 し て い ま す 。 福 沢 研 究 者 に は よ く 知 ら れ て い る こ と で す が 、 明 治 八 年 四 月 二 十 四 日 付 島 津 祐 位 太 郎 宛 書 簡 に 「 拙 著 文 明 論 の 概 略 、 此 の 節 脱 稿 、 出 版 は 今 三 、 四 ヶ 月 も 手 間 取 り 候 に 付 」 云 々 と 書 あ る の も 一 つ の 裏 付 け に な り ま す 。 そ こ で こ の 「 緒 一 一 = ロ 」 は 、 福 沢 が 筆 を お ろ し て か ら 何 度 も 推 敲 を 重 ね 、 ほ ぼ 一 年 に し て 成 っ た 稿 を あ ら た め て 全 体 的 に 見 わ た し て 、 そ れ に 適 合 す る よ う に 緒 書 か れ た も の 、 と い う 推 定 が で き ま す 。 私 た ち が 「 緒 一 一 = 〕 」 を は じ め に 読 ま な い で 、 一 応 全 部 を 読 了 し た あ と に こ れ を と り 上 げ る の も 、 そ う い う 推 測 に も と づ い て お り ま す 。 び で す か ら 全 巻 を 読 了 し た あ と で は 、 た と え ば 冒 頭 の 「 文 明 論 と は 人 の 精 神 発 達 の 議 論 な り 」 に は じ ま る 、 文 明 論 を 定 義 す る 一 段 な ど は 、 こ れ に は じ め て 接 す る 場 合 よ り も は る か に 容 易 に 、 マ マ 303