検索 - みる会図書館

検索対象: ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達から 61件ヒットしました。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


ゆ と り 世 代 の 総 合 表 現 マ ガ ジ ン さ か し ま 第 二 号 何 者 に も 成 れ な い 或 い は 成 ろ う と し な い 若 者 達 発 行 日 2014 年 6 月 1 日 発 行 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ 編 集 田 中 ジ ョ ヴ ァ ン ニ 写 真 高 瀬 一 樹 ご 意 見 ・ ご 感 想 を お 寄 せ 下 さ い 。 Twitter : 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ (Kabe-Tyoro) Mail: [email protected] 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ と は 完 璧 か つ べ ス ト で 丁 度 い い 老 若 男 女 に 愛 さ れ る 総 合 的 表 現 の 研 究 と 実 践 を 行 う パ フ ォ ー マ ン ス 集 団 。 映 画 製 作 ・ 同 人 誌 発 刊 ・ ダ ン ス イ ベ ン ト へ の 参 加 を 行 う 。 団 員 随 時 募 集 中 。 さ か し ま と は ゆ と り 世 代 の 総 合 表 現 マ ガ ジ ン と 銘 打 ち な が ら 、 ゆ と り 世 代 以 外 も 参 加 す る イ ン デ ィ ー ズ マ ガ ジ ン 。 堅 苦 し く な い ゲ ン ロ ン 系 の 雰 囲 気 を 目 指 し た い 。 販 売 委 託 先 ・ 参 加 者 募 集 中 。 60

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


じ 質 の 物 を 作 り 出 す こ と が 出 来 な い と の 思 る 者 も 多 い だ ろ う が 、 で は 何 故 「 共 に 映 画 は 、 何 者 に も な ろ う と し な い 人 間 に な る だ い 込 み が あ る 事 に は 違 い な い 。 し か し 、 そ を 撮 ろ う 」 と い う 一 一 = 〕 葉 を 無 視 す る の か ろ う 。 夢 破 れ 、 挫 折 を 経 て 没 個 性 へ 迎 合 す の こ と は 悩 み で す ら な い 。 悩 み で 無 い が 故 何 物 に も な ろ う と し な い 恐 る べ き 存 在 。 る の だ 。 で は 、 何 者 で も な い 人 間 と な っ た に 、 行 う 必 要 も な い 。 つ ま り 彼 ら に と っ 彼 ら は フ ァ ン で あ る こ と に ア イ デ ィ ン テ ィ 彼 等 は 幸 せ か 、 欲 を 持 た な け れ は 辛 い 目 に て 文 化 的 創 造 と は 娯 楽 で は な く 、 行 う 必 要 テ ィ ー を 感 じ 、 た だ 消 費 し な が ら 生 き て い 合 わ な い と 知 リ 、 実 際 に 欲 を 捨 て た 彼 等 は す ら 感 じ ら れ な い も の な の で あ る く 本 質 的 に は 非 文 化 系 の 人 間 と 何 も 変 わ 初 め か ら 何 者 に も な ろ う と し な い 若 者 た 自 ら の 才 能 を 探 求 し 、 承 認 欲 求 を 満 た す ら ず 、 新 し い 朽 分 間 を 求 め 続 け る 。 そ し て 、 ち は 、 大 き な 挫 折 も 深 い 絶 望 も 知 る こ と な べ く 藻 掻 き 、 結 局 は 没 個 性 の 海 で 溺 死 す る つ ま る と こ ろ 流 行 の 産 物 で あ る そ れ す ら も く 幸 せ で あ る 何 者 か に な れ た 者 達 は 、 た 何 者 に も な れ な い 者 達 が い る 一 方 、 没 個 性 や が て 飽 き 、 時 の 流 れ に 身 を 任 せ 没 個 性 の と え そ の 実 状 が 思 い 描 い た も の と 異 な っ て の 海 に 心 地 良 く 浮 か ぶ 何 者 に も な ろ う と し 海 を 漂 う の だ ろ う い た と し て も 、 何 者 に も な れ な い 若 者 達 か な い 若 者 達 は 大 勢 い る 私 は そ の 存 在 の 軽 さ を 耐 え る こ と は 出 来 ら す れ ば 幸 福 で あ る と 言 え る 何 者 に も な ウ オ ホ ー ル は 「 や が て 、 誰 も が 朽 分 間 、 有 な い が 、 彼 ら は 存 在 の 軽 さ を 感 じ る こ と は れ ず 、 何 者 か に な る こ と を 諦 め た 人 々 そ 名 人 に な れ る 時 代 が 来 る だ ろ う 」 と 言 っ た 。 無 い 承 認 欲 求 は 友 人 た ち と 共 に 娯 楽 に 耽 こ に は 計 り 知 れ な い 闇 が あ る 。 閉 ざ さ れ た 一 億 総 ク リ エ イ タ ー 時 代 と 一 言 わ れ て 久 し く 、 る こ と で 満 た さ れ 、 自 己 存 在 は 消 費 に よ っ 輝 か し い 未 来 と 、 無 為 と な っ た 過 去 に 苦 し 2 ち ゃ ん ね る 、 YouTube 、 ニ コ ニ コ 動 画 他 、 て 肯 定 さ れ 、 創 造 的 意 欲 は 存 在 し な い 。 何 め ら れ 、 暗 澹 と し た 人 生 を 歩 む の だ 。 ネ ッ ト で の 自 己 表 現 を 容 易 に 行 え る 時 代 を 者 に な れ な い 若 者 た ち が 、 才 能 を 否 定 さ れ だ が し か し 、 こ の 社 会 は 言 う ほ ど に は 諦 生 き て き た 我 々 も 、 予 期 さ れ た 時 代 を 確 か な 絶 望 の 中 で 社 会 を 迎 合 す る こ と も で き ず 死 念 の 絶 望 感 を 感 じ な い 。 そ の 理 由 が こ の 本 物 と し て 自 覚 し て お リ 、 ネ ッ ト 上 に 膨 大 な ん で い く 中 で 、 何 者 に も な ろ う と し な い 事 の 中 に あ る だ ろ う と 信 じ て い る 。 諦 念 の 開 数 の ク リ エ イ タ ー が 「 朽 分 間 の 有 名 人 」 と は 幸 せ な 生 き 方 と = = ロ え る か も し れ な い 。 き 直 り か 、 成 熟 に よ る 自 我 の 超 克 か 混 沌 な っ て は 消 え て 行 っ て い る な ん と 嘆 か わ し い 事 で あ ろ う か 欲 な ど と し た 社 会 の 闇 と 光 の 中 を 生 き る 何 者 に も 泡 沫 が 如 き 儚 く 虚 し い 存 在 で あ る 朽 分 間 持 た ぬ 方 が 幸 せ な の だ 。 何 者 に も な ろ う と な れ な い 或 い は 何 者 に も な ろ う と し な い 若 の ク リ エ イ タ ー 達 に 憧 れ る 文 化 系 の 若 者 た し な い 人 々 が 、 何 者 か に な れ た 人 々 に 対 し 者 た ち を 、 し つ か リ と 見 つ め て い き た い 。 ち は 多 い 。 そ れ ど こ ろ か 彼 ら は 「 朽 分 間 の 嫉 妬 し な い わ け で は な い だ ろ う が 、 自 己 批 有 名 人 」 に な る こ と が 創 作 活 動 の 目 的 で あ 判 と 恨 み が ま し い 妬 み の 入 り 混 じ っ た 羨 望 リ 、 目 指 す べ き 終 着 点 で あ る と 考 え て い る は 何 物 に も な れ な い 者 達 特 有 の も の で あ る 勿 論 プ ロ と 呼 ば れ る 存 在 に 成 ら ん と し て い や が て 、 何 者 に も な れ な か っ た 若 者 た ち

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


要 と さ れ る よ う に な っ た 。 会 社 員 と は ( い ま で は あ ま り そ う し た 認 と が 闘 う の で は な く 、 敵 が 見 え な い 闘 い の な か で い か に サ ヴ ァ イ ヴ 識 は さ れ て い な い が ) 専 門 職 だ っ た 。 専 門 職 に 就 く に は 、 相 応 の 教 す る か が 大 き な 問 題 と な っ て い る 。 育 を 受 け る 必 要 が あ る 。 そ の 社 会 の 要 請 に し た が っ て 、 高 学 歴 化 が 以 上 の こ と を ま と め る と 次 の よ う な こ と が 言 え る 。 年 代 の 学 す す ん だ 。 そ れ 以 前 に は 、 そ も そ も 経 済 的 な 貧 し さ か ら 、 高 校 に 進 生 は 政 治 や 思 想 な ど に つ い て 深 刻 に 考 え て い た よ う に も 見 え る が 、 学 し な い 者 も 多 か っ た の だ が 、 進 学 率 が 増 加 し た 。 こ の こ と は 、 若 人 生 自 体 の 見 通 し は 立 っ て い た 。 現 代 の 学 生 な ら 先 述 の よ う な 「 人 者 の 人 生 設 計 に 、 多 大 な 影 響 を 与 え た 。 成 長 と い う 「 希 望 」 が 存 在 生 の レ ー ル 」 な ど 望 む べ く も な い 。 学 生 運 動 の 時 代 は 、 管 理 社 会 の す る 社 会 で 、 「 良 い 大 学 に 入 り 、 良 い 会 社 に 入 り 、 気 立 て の よ い 嫁 な か で 、 一 定 の 「 大 人 」 モ デ ル に 沿 う こ と が 基 本 的 に 誰 に で も 可 能 を も ら い 、 子 供 を 2 人 も う け て : : : 」 と い う 目 標 が 生 ま れ た の で あ で あ っ た 点 が い ま だ 近 代 的 だ っ た 。 る 。 対 し て 完 全 に ポ ス ト モ ダ ン 化 し た 今 の 日 本 で は 、 第 1 章 ・ 第 3 し か し 、 こ の 社 会 に も 負 の 側 面 が あ っ た 。 そ れ が 、 国 民 皆 受 験 節 で み た よ う に 、 各 々 の な か に 「 や り た い こ と 」 と い う モ デ ル が あ 制 度 か ら 生 ま れ た 苛 酷 な 受 験 戦 争 で あ る 。 全 共 闘 世 代 は 、 高 校 受 験 り 、 ど こ か に あ る は ず の ア イ デ ン テ ィ テ ィ を 探 し て い る 状 態 だ 。 フ を 全 員 が 経 験 し た は じ め て の 世 代 だ っ た 。 そ れ は 、 彼 ら が 自 己 の リ ー タ ー の 道 を 選 ん だ 彼 ら は 、 「 正 規 雇 用 に 就 く こ と 」 と い う 従 来 ( 日 ア イ デ ン テ ィ テ ィ を 問 う き っ か け と な っ た 。 前 述 の 「 幸 福 な 人 生 の 本 で は 少 な く と も 一 990 年 代 ま で ) の 世 間 ( 社 会 ) 的 な 「 大 人 」 の レ ー ル 」 に の る こ と が 当 た り 前 と さ れ る な か で 、 社 会 の 歯 車 と し て 基 準 か ら 外 れ る 存 在 と し て み ら れ て い る 。 の 画 一 的 な 人 生 に 疑 問 を 抱 き 始 め た の だ 。 「 自 分 と は 何 か 」 と い う ま た 、 「 や り た い こ と 」 が 見 つ か ら な い 揺 ら ぎ を 抱 え た 彼 ら は 、 ア イ デ ン テ ィ テ ィ ・ ク ラ イ シ ス に は じ め て 集 団 的 に 見 舞 わ れ た の が 心 理 的 に も 「 大 人 」 で あ る と い う 確 証 が 得 ら れ な い で い る 。 こ の よ 一 960 年 代 末 の 若 者 達 だ っ た の で あ る 一 。 。 う な 「 大 人 」 モ デ ル と 「 自 分 」 と の 重 ね 合 わ せ に く さ と い う 点 で 、 8 年 代 で は 、 大 学 当 局 Ⅱ 体 制 Ⅱ 管 理 社 会 に 反 抗 し た 闘 い が 行 わ 年 代 と 現 代 と で は 大 き く 異 な る 。 こ の 「 大 人 」 モ デ ル の 曖 昧 さ は れ た 。 そ れ に 対 し 現 代 で は 、 若 者 は 大 き な 敵 の い な い 社 会 に 生 き て 学 生 に も 浸 透 し て お り 、 だ か ら こ そ 、 「 管 理 社 会 」 へ の 反 発 と い う い る 。 全 共 闘 の 特 徴 は 、 若 者 が 広 範 囲 に 結 集 し 、 学 生 が 集 団 的 に 全 共 闘 世 代 の 心 情 は 理 解 で き な い も の と な っ て い る ( む し ろ 、 安 定 か つ 自 主 的 に 一 致 団 結 し て 行 動 し て い た こ と だ と い う 点 は 先 に 述 べ し た 「 人 生 の レ ー ル 」 を 羨 ま し く も 感 じ る だ ろ う ) 。 た 。 「 大 学 当 局 」 と 全 面 的 に 対 決 し 、 時 に は 暴 力 行 為 も 辞 さ な い 、 全 共 闘 運 動 の 時 代 と の 比 較 を ま と め る と 、 現 代 と は 「 政 治 と い な ど と い う こ と も 今 で は 想 像 を 絶 す る 。 現 代 の 若 者 は 、 「 集 団 的 に 」 う 物 語 が 信 じ ら れ ず 、 市 場 主 義 が 浸 透 し て い る 」 、 「 管 理 社 会 に お け 何 か に 向 か っ て 対 抗 し よ う と は し な い 。 む し ろ 同 じ 若 者 で あ っ て も 、 る 不 安 か ら 、 自 由 主 義 に お け る 不 安 へ 移 行 し た 」 時 代 だ と い え る 。 さ ま ざ ま な 文 化 圏 に 分 裂 し て い る 。 ひ と つ の 大 き な 「 社 会 」 と 個 人 こ の よ う な 時 代 に 、 多 く の 学 生 が ア イ デ ン テ ィ テ ィ を 問 わ れ る

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


こ ( 一 一 や 雑 も の は 好 ま れ を い も の だ 。 き ち ん と 参 加 者 全 員 の 意 疎 通 日 ご ろ 作 品 を 作 ・ 0 一 て る と 、 ふ と 、 一 」 の 作 品 は 」 〔 ど ん な が 図 れ 工 〔 れ ば 話 は な の だ ろ う が 、 今 回 あ え て テ ョ 「 に 関 」 て 参 人 に 、 之 ん な タ イ ミ ン グ で 見 て も ら う こ と に な る 9 だ ろ う ? な ど - 加 者 へ の 説 明 は な さ れ ず 、 そ れ ぞ れ の 裁 量 に 任 さ れ て い た 。 と 考 え こ と が あ る 。 そ の た め 各 作 を 読 ん で み れ ば 一 マ に 忠 実 な も の も あ れ ば 、 寧 ( 「 男 性 か 女 性 か 。 若 い 人 だ ろ う か 、 そ れ も お 年 を 召 し 夫 方 だ い っ た い ど こ に テ ー マ ? と - い っ ・ た 作 品 も あ る こ と だ ろ う 「 し か 、 ろ う か 。 床 に ぶ ち ま け た う ど ん を ふ き 取 を 直 前 か あ る い は 休 日 の し な が ら 全 体 を フ カ ン し て み れ な 、 お お ら か ゆ る や か な ま と ま 感 が わ ち な ず だ 。 - 参 加 者 の 個 性 を 尊 重 し つ つ 、 全 体 の カ ラ ョ を 整 犬 の 散 歩 の お 供 た ろ う か も ち ろ ん 見 て も ら え れ ば 幸 〔 だ が 、 - 残 念 な が ら 、 見 て も ら ず 、 る = と に 珈 」 て い る に 捨 て ら れ る こ と も あ る だ ろ う 感 加 え て 同 从 誌 全 体 デ ザ イ ン に も こ だ わ 0 て あ , テ ー 「 を よ 作 る 人 か ら し て み れ ば 「 い ろ ん な 人 に 見 て も ら い た い し 知 「 て り 理 解 し や す く て い る 。 こ の 「 何 者 に も れ な い ぎ 達 、 或 い は ほ し い も の 。 ち ょ っ と 鍋 敷 き に す る 前 に 一 自 分 の 作 を - 一 度 で い し 成 ろ う と し な い 若 者 達 」 と い う テ ー マ の 設 定 は 、 作 り 手 も 受 け 手 か ら 見 て み て ほ し い な 、 と 思 う も の だ 3 そ の 思 い の 強 さ と き た ら 、 に も 想 像 力 が 試 さ れ る ユ ニ } ク な 試 み だ っ た の で は な い た ろ う か 。 地 に 下 っ て は 大 河 や 高 山 と な り 、 天 に 上 っ て は 太 陽 や 星 と な る 、 と 創 作 動 に は 楽 し い 面 も あ れ ば 辛 い 面 も あ る 。 今 ま で 無 か っ た も い う ほ ど の 人 も 世 の 中 に は い ら っ し や る 。 今 回 こ の 同 人 誌 「 さ か し ま 」 を 企 画 し た 人 た ち 、 あ る い は 参 加 さ れ た 皆 さ ん も ま た 、 ・ き っ と の 、 新 し い も の を 生 み 出 す 時 に は 、 ・ 不 安 や 苦 し み が つ い て ま わ る 。 そ う い う と こ ろ の あ る 人 た ち の だ ろ う そ れ で も 前 進 し よ う と す る 同 人 誌 「 さ か し ま 」 に 加 等 れ た 皆 さ ん 創 作 活 動 と い う 手 段 で 、 過 去 を 見 つ め 、 . 今 を 描 き 、 未 来 を 世 に ・ に 、 惜 し み な い 称 賛 送 り た き 間 う 。 そ ん な 自 己 表 現 の 方 法 を 、 彼 ら あ る い は 彼 女 た ち は 選 ん だ の だ 。 も し 時 間 が 許 す の で あ れ ば 、 ま た こ の 本 を 手 に 取 り 、 そ ん な 人 た ち の 思 い を ち ょ っ ぴ り 酌 ん で あ げ て し い と 思 う 。 さ て 今 回 、 「 何 者 に も な れ な い 若 者 達 、 或 い は 成 ろ う と し な い 若 者 達 」 と い う の が こ の 同 人 誌 の テ ー マ だ っ た 。 わ か る よ う で わ か ら な い 言 葉 だ 。 一 ふ つ テ 1 マ と か コ ン セ プ ト と い う も の は 明 快 か っ 簡 潔 な も の で な く て な ~ 、 あ い ま い な も の 文 ・ 瀬 一 樹

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


私 の 文 化 レ ベ ル が あ ま り に も 低 す ぎ て 比 較 に も な ら な い が 、 こ と の な い 大 き な 困 難 に 直 面 し て 戸 惑 っ て い る 、 ご く あ り ふ れ た 人 間 に 過 ぎ な い の が 彼 ら な の だ 。 故 に 、 「 何 者 に も な れ な い 若 者 た ち 」 の 人 、 な ん と な く 他 人 と は 思 え な い 詩 が 多 い と に も か く に も 、 酒 を 良 く す る の も 悪 く す る の も 、 飲 む 人 間 の の 罪 は 、 半 分 は 卓 越 性 の 無 い 彼 ら の 側 に あ る し 、 半 分 は 「 何 者 か に 心 が け に こ そ あ る の で は な い だ ろ う か と 私 は 思 う 。 こ の 文 章 を ご 覧 な ら な け れ ば な ら な い 」 と 要 求 す る 社 会 の 側 に あ る 。 社 会 の 病 理 と に な っ た 皆 さ ん は 、 周 囲 に 迷 惑 を か け た り せ ず 、 健 康 に 気 を つ け て 、 し て よ り 検 討 し な け れ ば な ら な い の は 後 者 だ ろ う 。 「 何 者 か に な ら な け れ ば な ら な い 」 と い う 要 求 は 、 二 重 の 誤 り を 含 楽 し く お 酒 を 飲 ん で い た だ き た く 思 う 。 ん だ 命 題 で あ る 。 一 つ は 、 我 々 は 何 者 か に な る こ と が で き る 、 と い 昔 の 立 派 な 人 た ち も 飲 ん で た ん だ し 。 う ん 。 う 点 で 。 も う 一 つ は 、 何 者 か に な ら な い 限 り 我 々 は 何 者 で も な い 、 と い う 点 で 。 こ の 命 題 は 決 定 的 に 誤 っ て い る 。 我 々 は 人 間 で あ る 、 我 々 は 神 で は な い 、 第 一 の 点 に つ い て 検 討 し て み よ う 。 我 々 は パ ン 屋 に な れ る 。 花 屋 我 々 は 天 使 を 目 指 す で あ ろ う 者 で あ る に な れ る 。 政 治 家 に な れ る 。 学 者 に な れ る 。 芸 術 家 に な れ る 。 会 社 下 園 知 弥 ( 天 使 論 研 究 家 ) 員 に な れ る 。 可 能 性 が あ る と い う 点 に お い て は ー ー 可 能 性 の 大 小 を 問 わ な け れ ば ー ー ー 現 代 人 は あ ら ゆ る 職 業 に 開 か れ て い る 。 職 業 だ け 現 代 に は 様 々 な 「 選 択 の 自 由 」 が 溢 れ て い る 。 千 年 も 昔 、 西 で は な い 。 国 籍 を 変 え る こ と も で き る し 、 容 姿 を 変 え る こ と も で き る し 、 異 な る 性 に な る こ と す ら で き る 。 無 論 限 界 は あ る が 、 現 代 の 洋 史 に お い て 「 暗 黒 の 中 世 」 と 呼 ば れ た 時 代 に は 、 そ の よ う な 自 由 は 存 在 し て い な か っ た 。 か ら し て 、 我 々 の 多 く は 、 選 択 の 自 由 法 制 度 と 科 学 技 術 に お い て は 、 大 体 の モ ノ に 「 な る 」 可 能 性 は 開 か れ て い る 。 こ れ が 我 々 現 代 人 の 勝 ち 得 た 自 由 で あ る 。 こ の 勝 利 自 体 と は 近 代 思 想 の 勝 ち 得 た ト ロ フ ィ ー で あ る と 信 じ て い る 。 だ が 、 こ の 勝 利 が 単 な る 錯 覚 に 過 ぎ な い こ と は 、 僅 か な が ら に 認 め ら れ は 誇 っ て 良 い だ ろ う 。 し か し 、 決 定 的 な 誤 り が こ の 自 由 に 起 因 し て 誘 発 さ れ る 。 そ れ は 、 こ こ で 言 う 「 な る 」 が 我 々 の 性 格 な い し 生 の つ つ あ る 事 実 で あ る 。 現 代 社 会 に は 、 何 者 に も な れ な い 、 何 者 に も な ろ う と し な い 若 在 り 方 を 規 定 す る 意 味 で の 「 な る 」 、 す な わ ち 「 で あ る 」 と 同 義 に 者 た ち が 溢 れ て い る 。 選 択 の 自 由 が あ る の に 、 な ろ う と 思 え ば 何 捉 え ら れ て し ま う と い う 誤 り で あ る 。 あ る 人 間 が パ ン 屋 に な る と い ハ ン 屋 と な っ た か う こ と は 、 彼 が パ ン 屋 で あ る こ と を 意 味 し な い 者 に で も な れ る は ず な の に 、 何 故 彼 ら は 何 者 に も な れ な い の か ら に は 、 彼 は 確 か に パ ン 屋 で あ る 。 そ の よ う に 言 う こ と が で き る 。 或 い は 、 な ろ う と し な い の か 。 彼 ら の 怠 慢 だ ろ う か 私 は 知 っ て い る 。 彼 ら は 決 し て 怠 慢 で は な い 。 勤 勉 だ と も 一 一 一 〔 文 法 上 ・ 論 理 上 の 誤 り は 見 出 さ れ な い 。 し か し 、 誤 解 を 招 か な い よ う に 厳 密 に 言 う な ら ば 、 こ の よ う に 言 う べ き な の で あ る 。 「 彼 は パ か っ て 経 験 し た こ え な い が 、 平 均 的 な 人 間 が そ う で あ る よ う に 、

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


い か が だ っ た だ ろ う か 、 こ れ が 彼 ら の 夢 見 る こ と を 止 め た 時 で あ る 何 と 、 い う 具 体 性 の 無 さ だ ろ う か 大 半 が 夢 見 る こ と を 止 め た 具 体 的 な エ ピ ソ 1 ド で は な く 、 夢 見 る と は 何 な の 、 し 一 し 何 か に 成 り た い 或 い は 成 り た か っ た と い う 願 望 は 彼 ら の 中 に 血 い の か も し れ な い 具 体 的 な 考 え を 持 た ぬ 浅 薄 さ を 自 覚 せ ぬ た め 、 達 観 に 取 り 繕 っ た 卑 屈 で 現 実 を 受 け 入 れ た 振 り を し な が ら 、 、 妬 み と 自 己 嫌 悪 の 中 で 生 き る が 故 僕 た ち は 「 夢 な ど 初 め か ら 無 い 」 と 言 う の だ こ れ を 時 代 が 生 み 出 し た 世 代 だ と 切 り 捨 て て も よ い も の だ ろ う か い 「 ゆ ど り 」 一 は 夢 す ら も 生 み 出 さ な か っ た の か し か し 、 、 彼 ら は こ ~ の 「 「 さ か し ま 」 、 に 作 品 を 書 い た 夢 無 き 所 か ら は 何 も 生 ま れ な い 、 少 な く と も 私 は そ う 思 う 夢 を 挫 折 し た 者 も 言 夢 な ど 無 い と 言 う 者 も い 心 の 奥 底 で は 夢 を 渇 望 し て い る の ・ で は な い か : 渇 望 か ら 行 動 を 起 こ し た も の に 成 果 が 伴 う と は 言 い 緲 い 世 の 中 で あ る が 、 「 さ か し ま 」 へ の 寄 稿 が 夢 の 発 掘 に な り 、 そ し て 読 者 諸 君 の 心 の 琴 線 に 触 れ る ご と を 望 む ば か り で あ る 一 ー ヂ み

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


ン 屋 に な っ た が 、 依 然 と し て 彼 は 彼 の ま ま で あ る 」 と 。 こ こ で 言 わ 者 に も 明 け 渡 せ な い 牙 城 で あ る 。 れ た 「 彼 は 彼 の ま ま で あ る 」 の 「 で あ る 」 は 、 彼 が パ ン 屋 に な ろ う こ の 存 在 論 的 牙 城 は 、 無 自 覚 的 に で は あ る に せ よ 、 現 代 の 、 何 者 と も 、 政 治 家 に な ろ う と も 、 ど ん な 職 業 に 就 こ う と 、 ど ん な 国 籍 に に も な ろ う と し な い 若 者 た ち の 間 で 囁 か れ て い る 秘 密 の 合 言 葉 で あ な ろ う と も 、 た と え 性 が 変 わ ろ う と も 、 決 し て 変 わ る こ と の な い 本 る 。 現 代 の 若 者 は 、 決 し て 怠 惰 で は な い 。 何 者 か に な ろ う と す る 努 質 的 規 定 に 即 し た 「 で あ る 」 で あ る 。 す な わ ち 、 「 彼 は 人 間 で あ る 」 カ を 怠 っ て い る の で は な い 。 そ う で は な く 、 現 代 の 状 況 に 、 病 理 に 、 の 「 で あ る 」 な の で あ る 。 選 択 を 終 え た 大 人 た ち に こ う 問 い か け て い る の だ 。 : : : 何 者 か に な つ ま り 、 第 一 の 誤 り と は 、 換 言 す れ ば 「 我 々 は そ も そ も 人 間 で あ る と は ど う い う こ と な の か ? 何 者 か に な ら な け れ ば 自 分 た ち の 価 る 」 と い う 根 本 的 ・ 本 質 的 規 定 の 忘 却 の こ と で あ る 。 値 は 生 じ え な い の か ? 自 分 た ち の 存 在 の 根 本 価 値 は ど こ に あ る の こ こ で 第 一 一 の 点 に 話 を 移 そ う 。 我 々 に は 選 択 の 自 由 が 与 え ら れ て か ? 人 工 的 社 会 か ら 一 方 的 に 突 き つ け ら れ た 選 択 に ど れ ほ ど の 価 い る 。 に も か か わ ら ず 、 何 も 選 ば な か っ た 時 、 世 界 は 我 々 に 非 難 の 値 が あ る の か ? 我 々 は 何 者 な の か ? ・ 大 人 た ち は こ の 問 い に 目 を 向 け る 。 : せ つ か く 選 ぶ 自 由 を 与 え て や っ た の に 、 何 故 選 ば 答 え ら れ な い 。 彼 ら は 選 択 の 奴 隷 で あ る か ら 。 選 択 を 拒 絶 す る 問 い な い の だ 。 選 ぶ こ と が 大 人 に な る と い う こ と な の に 。 社 会 で 生 き る か け に は 、 そ も そ も 理 解 が 及 ば な い の だ 。 と い う こ と な の に 。 何 も 選 ば な か っ た お 前 に は 、 社 会 に 居 場 所 な ど こ の 問 い を 発 す る こ と が で き る の が 若 者 だ け で あ る と す る な ら 存 在 し な い ! お 前 は こ の 社 会 に お い て 何 者 で も な い ー ・ : そ の ば 、 答 え な け れ ば な ら な い の は や は り 、 若 者 で あ る 。 私 は 、 現 代 に よ う な 目 が 、 ど こ か ら か 、 神 の 視 線 の 如 く 降 り 注 い で く る 。 視 線 は 生 き る 若 者 の 一 人 と し て 、 一 つ の 答 え を 、 存 在 論 的 牙 城 の 自 覚 を 呼 訴 え る 。 人 間 失 格 と 。 び か け た い 。 「 我 々 は 人 間 で あ る 」 と 。 だ が 、 選 択 の 自 由 に よ っ て 与 え ら れ た と こ ろ の 自 由 と は 、 結 局 我 々 は 人 間 で あ る 、 だ け で は 曖 昧 過 ぎ る 。 と 言 わ れ る な ら ば 、 の と こ ろ 「 装 い の 自 由 」 で あ り 、 附 帯 的 ・ 偶 有 的 自 由 で あ る 。 こ の そ こ に 言 葉 を 付 け 加 え る 。 我 々 は 神 で は な い 、 と 。 神 に つ い て の 大 自 由 を 、 「 な る 」 自 由 を 拒 絶 し た と こ ろ で 、 我 々 は 依 然 と し て あ る 仰 な 定 義 は 要 ら な い 。 我 々 の 目 に は ま だ 見 え ぬ 旗 が 、 こ の 世 界 の あ 一 つ の 普 遍 的 な 存 在 、 「 人 間 で あ る 」 こ と に 変 わ り は な い 。 人 間 失 ら ゆ る 時 を 費 や し て も 到 達 で き な い 場 所 で 蒼 穹 に 向 か い 屹 立 す る 旗 格 と 宣 言 す る 資 格 は 、 人 間 に 人 間 た る 根 拠 を 与 え る 存 在 に し か 持 ち が 映 っ て い る と 、 そ う 信 じ る だ け で 十 分 な の だ 。 中 世 の 人 々 は そ れ え な い 。 人 間 の 存 在 は 人 間 自 身 に は 帰 せ ら れ な い か ら し て 、 人 間 に を 神 と 呼 ん で い た 。 だ が 、 彼 ら と 信 仰 を 共 有 す る 必 要 は な い 。 た だ よ る 人 間 失 格 と い う 批 判 は 虚 言 で し か な い 。 我 々 は 、 ど の よ う な 選 単 に 、 生 涯 を 費 や し て も な お 到 達 で き ぬ 旗 を 人 間 の 土 地 以 外 の ど こ 択 を し よ う と も 、 あ る い は し な く と も 、 こ の 世 に 存 在 す る 限 り 、 人 か に 突 き 刺 す だ け で 良 い の だ 。 旗 は 我 々 に 宣 一 言 す る 。 人 間 で あ れ 、 と 。 間 と い う 者 な の で あ る 。 こ れ が 、 我 々 の 存 在 論 の 、 ど の よ う な 侵 略 遥 か 彼 方 の 標 識 は 、 時 と し て 、 そ の 遠 さ 故 に 絶 望 を 抱 か せ る だ ろ

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


何 物 に も 成 れ な い 或 い は 成 ろ う と し な い 若 者 達 学 生 時 代 、 何 か 楽 し い 事 が し た い と 常 々 そ れ ら が 「 楽 し い 事 」 で は 無 し か ら だ 。 ) ( 私 彼 ら に と っ て 楽 し い 事 と は 何 か 口 に し て い る 人 に 対 し 、 私 は 「 共 に 映 画 を と 共 に 、 と い う 事 で は な く 映 画 を 撮 る と い そ れ は ス ポ ー ツ で あ リ 、 旅 行 で あ り 、 ゲ ー 撮 ろ う 」 「 共 に パ フ ォ ー マ ン ス を 行 お う 」 「 同 う 行 為 そ の も の 。 そ こ ま で の 人 徳 の 無 き , ム で あ り 、 飲 み 会 で あ る 。 自 ら の 才 能 を 発 人 誌 を 作 ろ う 」 と 声 を か け て い た が 、 誰 し で は な い と 信 じ た 、 ) 揮 す べ く 文 化 的 創 作 活 動 を 行 う の で は な く 、 も に 無 視 さ れ て い た 。 私 は 、 文 系 の 謂 文 化 的 な 学 生 達 が 発 す 文 化 系 で あ ろ う が 体 育 会 系 で あ ろ う が 、 同 一 重 に 私 の 人 徳 の 無 さ が 、 無 視 と い う 態 る 「 何 か 楽 し い し た い , と い う 一 言 葉 は 、 じ よ う な 娯 楽 を 希 求 し 、 群 れ て 楽 し む の だ 。 度 を 取 ら せ る に 至 っ た の が か も し れ な い が 、 何 か 創 作 的 活 動 行 い た い と い う 旨 の 発 言 そ こ に お い て 全 て は 没 個 性 で あ る そ の 解 釈 は あ ま り に 悲 し す ぎ る し 、 発 展 性 だ と 勘 違 い し て い た の だ 。 彼 ら は 創 作 な ど し た く な い の だ 。 自 ら の が 無 い の で 無 視 さ せ て 頂 く そ も そ も 何 か 創 作 的 活 動 を 行 う の で あ れ 才 能 を 矮 小 な も の と 思 い 込 み 、 卑 屈 に な っ で は 何 故 、 人 々 は 私 と 共 に 映 画 を 撮 り 、 。 ハ ば 、 そ れ こ そ 「 映 画 を 撮 リ た い 」 と い っ た て い る 訳 で は な い 。 確 か に 、 何 か 創 作 活 動 フ ォ ー マ ン ス を 行 う の を 嫌 が っ た の か 長 々 具 体 性 の 有 る 発 言 を す る に 違 い な い し 、 友 を 行 っ た と こ ろ で 、 自 分 よ り 才 能 の あ る も と 講 釈 を 垂 れ る ま で も な く 、 彼 ら に と っ て 人 か 同 志 か に 声 を 掛 け る だ ろ う 。 の 或 い は 本 気 で 打 ち 込 ん で い る 人 々 と 、 同

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


大 人 に な る と い う こ と 「 自 分 探 し 」 社 会 の 生 き 方 現 代 日 本 社 会 の 問 題 森 元 里 奈 ( ZA«O 法 人 ド ネ ル モ ) 本 節 で は 、 日 本 の 若 者 問 題 に つ い て 概 観 す る 。 い ま の 日 本 に は 、 フ リ ー タ ー 、 ニ ー ト 、 パ ラ サ イ ト ・ シ ン グ ル 、 引 き こ も り が 少 な く 以 下 は 筆 者 の 卒 業 論 文 を リ ラ イ ト し た も の で あ る 。 見 積 も っ て も 合 わ せ て 千 五 百 四 十 七 万 人 は い る 言 こ れ ら の 人 々 が 顕 在 化 す る 前 に は 、 「 職 を 得 て 経 済 的 に 自 立 し 、 親 元 を 離 れ て 結 婚 す る 」 こ と は 当 た り 前 だ と 思 わ れ て き た 。 そ う し な け れ ば 、 「 大 人 」 は じ め に い ま 私 た ち の 社 会 で は 、 「 自 分 探 し 」 と い う 現 象 が あ り ふ れ て い で は な い と み ら れ て い た と 言 っ て も よ い 。 し か し 、 正 規 雇 用 に 就 い て い な い 若 者 、 実 家 に 居 続 け る 若 者 は い ま や 例 外 的 な 存 在 で は な い る 。 ア イ デ ン テ ィ テ ィ を 確 立 で き ず 、 「 何 者 に も な れ な い 」 と い う 気 分 を 抱 え て い る 。 社 会 的 も し く は 心 理 的 に 安 定 し て お ら ず 、 「 本 ま た 、 一 旦 は 正 社 員 と し て 就 職 し た も の の 、 早 い 段 階 で 退 職 す る 者 も 増 え て い る 。 208 年 の 数 値 で 、 大 卒 で 正 社 員 と し て 入 社 し た 当 の 自 分 」 を 探 し 続 け る 。 特 に 近 年 の 日 本 で は 、 就 職 活 動 ( 以 下 、 就 活 ) の 過 程 で そ う い つ 者 の う ち 、 3 年 以 内 に 3 人 に 1 人 ( 36.5 % ) が 辞 め て い る 。 ち な た 現 象 が み ら れ る 。 私 た ち は 若 干 歳 前 後 で 、 自 分 と は 何 者 で あ る み に 一 09 ~ 年 に は 同 数 値 は % で あ り 、 2 年 た ら ず で 培 に 増 え て か を 社 会 へ 表 明 す る こ と を 強 い ら れ て い る 。 新 卒 で 就 職 で き な け れ い る ~ 。 こ の 事 態 に 対 し 、 企 業 の 採 用 担 当 か ら は 今 の 若 者 は 「 わ が ば 「 人 生 終 了 」 と な っ て し ま う た め 、 必 至 に な る 。 実 際 に は 「 終 了 」 ま ま 」 で 「 忍 耐 不 足 」 で あ る と い う 声 が あ が っ て い る 谷 こ う し た で は な い と 思 う 。 た だ 、 実 際 に 就 活 を し て い る 学 生 に は そ う 感 じ ら 風 潮 を 受 け て 、 若 者 の 職 業 意 識 が 低 下 し て い る と い う 世 間 的 な 見 方 れ て し か た な い 。 そ こ で は 、 就 活 を す る こ と と 「 本 当 の 自 分 と は 何 も あ る 。 こ の 現 象 に つ い て は 、 第 2 章 ・ 第 3 節 に お い て 詳 し く 分 析 す る 。 か 」 と 問 う こ と が 強 く 結 び つ い て い る 。 こ の よ う に 従 来 の 意 味 で の 「 大 人 」 に な れ な い 若 者 が 増 大 し て い い ま 、 「 自 分 探 し 」 を や め 、 自 分 が 何 者 で あ る か 自 覚 し 、 「 大 人 」 る 原 因 は 何 な の か 。 ま ず 考 え ら れ る の は 、 長 期 に わ た る 不 況 に よ る に な る こ と は 、 一 筋 縄 で は い か な い こ と で あ る 。 本 論 で は 、 現 代 日 本 社 会 に お い て 「 大 人 」 に な る と は い か な る こ 影 響 で あ る 。 高 度 経 済 成 長 期 の 時 代 に は 雇 用 が 多 く 存 在 し 、 大 卒 の と な の か を 示 す 。 そ の た め に ま ず 、 若 者 が 大 人 に な ろ う と す る 行 為 就 職 活 動 は 「 売 り 手 市 場 」 と 言 わ れ て い た 。 し か し 現 在 で は グ ロ ー 。 、 レ ヒ こ T 化 に よ り 、 非 正 規 雇 用 が 増 え て い る 。 フ リ ー タ ー の 増 の あ り よ う が 過 去 に ど の よ う な も の だ っ た か 、 い ま ど の よ う に な っ ノ ノ イ 加 は 必 然 的 な も の で あ る 。 ま た 、 親 と 同 居 し て い る の に も 理 由 が あ て い る か に つ い て 述 べ る 。 大 人 に な る

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


ゆ ど り 世 代 の 鷦 谷 表 マ カ シ ン さ か ( ま 発 行 ・ 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ