検索 - みる会図書館

検索対象: ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日から 85件ヒットしました。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


ゆ と リ 世 代 の 総 合 表 現 マ ガ ジ ン 2017 年 度 号 私 た ち の 運 命 の 1 日 発 行 日 2017 年 6 月 1 日 さ か し ま 発 行 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ 編 集 : 田 中 ジ ョ ヴ ァ ン ニ 写 真 : Nobu( 表 紙 , P. 4-5 ) , 高 瀬 一 樹 ( P. 25 ) モ デ ル : 小 渕 花 梨 ( p. 25 ) ご 意 見 ・ ご 感 想 を お 寄 せ 下 さ い 。 Twitter : 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ (@Kabe_Tyoro) Mail: [email protected] 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ と は 完 璧 か つ べ ス ト で 丁 度 い い 老 若 男 女 に 愛 さ れ る 総 合 的 表 現 の 研 究 と 実 践 を 者 を 知 リ た い と い う 方 は 上 記 ア ド レ ス ま で メ ー ル を お 願 い 致 し ま す 。 ※ 編 集 上 の 都 合 に よ り 作 者 名 を 記 載 し て い な い 挿 絵 ・ 写 真 が あ り ま す 。 作 文 芸 構 造 と 社 会 ・ 人 生 に に 対 す る さ か し ま な 挑 戦 を 行 う 。 詩 ・ 小 説 ・ 批 評 ・ エ ッ セ ー 等 の オ ー ル ジ ャ ン ル マ ガ ジ ン 。 さ か し ま と は 団 員 随 時 募 集 中 。 映 像 製 作 ・ 同 人 誌 発 刊 他 。 代 表 : 田 中 ジ ョ ヴ ァ ン ニ 行 う / ヾ フ ォ ー マ ン ス 集 団 。 82

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


Ath 0 s 文 の 歌 短 表 う 代 食 す 「 り 房 と て す や と 書 人 曲 少 あ 妊 系 真 僕 の 人 生 に 「 運 命 前 夜 」 と 呼 べ る よ う な も の が 無 い ら し く て 、 ま ず い の で は な い か と い う 気 持 ち に な っ て い る 。 高 校 受 験 を す る と き は 、 無 難 に 一 つ し た の ラ ン ク の 公 立 高 校 を 受 験 し て 、 問 題 な く 合 格 し た 。 大 学 受 験 の と き も 、 国 公 立 の 前 期 に は 落 ち た も の の 、 そ も そ も ro 判 定 の 第 一 志 望 に 合 格 す る こ と は 最 初 か ら 諦 め て い た 節 が あ る 。 関 西 の 私 立 に セ ン タ ー 利 用 で 合 格 し て い た か ら 別 に 落 ち て も い い や と い う 気 分 だ っ た し 、 結 局 は 後 期 で も < 判 定 の 出 て い た 第 一 一 志 望 に 進 学 す る こ と と な る 。 就 活 も 希 望 す る 会 社 が 別 に あ っ た わ け で は な く て 、 ぼ ん や り と 受 け て い た ら ぼ ん や り と 受 か っ て し ま っ た 。 そ の 一 つ ひ と つ が 僕 の 人 生 を 決 定 づ け て い る は ず な だ し 、 僕 が 選 択 し て き た は ず な ん だ け ど 、 ど こ か 他 人 ご と の よ う な 気 が し て い る 。 ま ず い 。 大 変 ま ず い 歳 に し て 、 自 分 の 人 生 が 他 人 ご と だ と い う の は 非 常 に ま ず い 何 か を 決 意 し た 夜 と か が 欲 し か っ た 。 よ く 考 え て み れ ば 、 決 意 し た 夜 は い く つ も あ っ た 気 が す る け れ ど 、 そ の ど れ も が 実 現 し て い な い 。 も し 僕 よ り 若 い 人 が い た ら 、 一 つ だ け い い こ と を 教 え て お こ う と 思 う 。 革 命 は 、 ど ん ど ん 起 こ し づ ら く な っ て い く 。 し に ん な 申 詩 読 あ と を ラ い す す カ 想 ま す 一 る い し ま 一 物 ュ 過 で 幸 れ 部 を ん と り 心 詠 る 繋 語 。 て け も ュ は す い 頂 と 私 ま 書 で た 2011 年 、 3 月 日 、 東 日 本 を 襲 っ た 大 地 震 と 津 波 。 テ レ ビ か ら 流 れ て 来 た 映 像 は 、 な の で は な い か と 目 を 疑 う ほ ど 現 実 味 が 無 か っ た 。 波 に 流 さ れ て い く 家 や 、 飲 み 込 ま れ て い く 車 が 玩 具 の 様 だ っ た 。 一 夜 明 け て か ら の 凄 ま じ い 地 元 の 映 像 。 阿 鼻 叫 喚 と 共 に 、 人 々 は き っ と 、 当 て も 無 く 逃 げ 惑 っ た の だ ろ う と 思 う と 胸 が 痛 か っ た 。 一 夜 に し て 被 災 者 、 と 呼 ば れ る よ う に な っ て し ま っ た 人 達 の 呆 然 と し た 表 情 。 思 い は き っ と 、 「 悪 い 夢 な ら 覚 め て く れ ! 」 と い う こ と で は な か っ た ろ う か 。 形 は 違 え ど 、 似 た よ う な 思 い に 囚 わ れ た こ と が あ る 。 年 前 、 私 の お 腹 と 心 は 、 8 年 ぶ り に や っ と で き た 第 二 子 の 命 で 、 小 さ く 膨 ら み か け て い 誰 が 考 え る だ ろ う 、 そ ん な 中 、 突 然 夫 が 倒 れ 、 父 親 の 居 な い 子 に な る か も し れ な い と 告 げ ら れ る と 。 再 生 不 良 性 貧 血 、 再 発 。 脊 髄 で 血 液 を 作 れ な く な る 難 病 だ 。 担 当 医 は 、 病 状 を 説 明 す る 度 に 抑 揚 の 無 い 声 で 一 一 = ロ う 。 「 色 々 薬 を 試 し て い る の で す が 、 効 か な い 状 態 で す 。 先 は 暗 い で す ね 。 」 天 国 か ら 地 獄 。 毎 日 、 癌 の 宣 告 を 受 け て い る よ う だ っ た 。 本 人 や 子 供 の 前 で 泣 か ぬ よ う に 、 私 は ト イ レ に 行 っ て 鏡 の 前 で 泣 い Yuk ar a

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


は 超 個 人 的 に は 成 就 し た と 一 一 一 一 〕 え る の か も し れ な い だ と し た ら 、 予 言 か ら 遡 る こ と 9 ヶ 月 前 に こ の 世 に 生 ま れ た 上 の 子 が 、 私 に と っ て の ア ン ゴ ル モ ア の 大 王 だ っ た と い う こ と な の だ ろ う そ の ア ン ゴ ル モ ア の 大 王 も 大 き く な り 、 子 供 の 時 代 の 終 わ り と 青 春 の 始 ま り に 戸 惑 う 年 代 に な っ た 。 彼 の 世 界 を 滅 亡 さ せ 新 生 さ せ る 、 彼 に と っ て の ア ン ゴ ル モ ア の 大 王 は ど ん な 人 な の だ ろ う 。 ヴ も 義 主 第 代 日 秘 譓 時 今 神 相 一 の 胸 ~ 好 一 を 教 。 タ 章 す 弥 ス は イ い き 住 者 ル リ て 園 在 究 へ コ っ 岡 研 ル 1 張 下 福 の イ 第 頑 ク リ ス ・ マ ッ カ ン ド レ ス 。 ま た の 名 を 、 ア レ グ ザ ン ダ ー ・ ス ー 1 ト ラ ン プ 。 ク ラ カ ワ ー の 伝 記 に よ っ て 広 く 知 ら れ る こ の 青 年 は 、 一 一 十 四 歳 に し て 、 ア ラ ス カ の 荒 野 に 挑 戦 し 、 命 を 落 と し た 。 こ の 青 年 の 生 涯 に つ い て 、 時 々 、 思 い を 馳 せ る こ と が あ る 。 彼 に と っ て の 運 命 の 日 は 、 お そ ら く は 、 ア ラ ス カ を 終 着 点 と す る 7 旅 の 始 ま り 、 私 財 の す べ て を 寄 付 し て 放 浪 の 旅 へ 出 た 日 だ ろ う 。 そ の 前 夜 、 彼 は 何 を 思 っ て い た の だ ろ う か そ の 決 断 の 日 、 彼 は 一 一 十 二 歳 で あ っ た 。 優 秀 な 成 績 で 大 学 を 卒 業 し 、 文 学 と 人 類 学 に 精 通 し て い た こ の 青 年 が 、 放 浪 生 活 の 最 期 を 想 像 し て み な か っ た は ず が な い 。 そ の 日 の 前 夜 、 彼 は き っ と 想 像 し て い た 。 考 え 得 る 限 り の 死 の 情 景 を 。 英 雄 の よ う に 偉 大 な 最 期 、 乞 食 の よ う に 惨 め な 最 期 、 誰 の 記 憶 に も 残 ら な い 平 凡 な 最 期 。 想 像 が 尽 き る よ り 早 く 、 眠 り に 落 ち た か 、 夜 が 明 け た 。 そ し て 朝 に は 既 に 、 彼 は 途 方 も な い 決 断 を し て い て 、 自 身 の 旅 路 を 歩 み 始 め て い た 。 そ う で あ っ た に 違 い な い 、 と 私 は 想 像 す る 。 彼 の 挑 戦 は 、 自 身 の 理 念 と 自 由 意 志 で 以 て そ れ を 敢 行 し た と い う 点 で 、 卓 越 し た も の で あ っ た 。 そ の 卓 越 性 は ど こ か ら 来 た の か 何 が 彼 を 卓 越 者 た ら し め た の か 。 偉 大 な 冒 険 者 と 夢 想 的 な 若 者 と を 決 定 的 に 分 け 隔 て た も の と は 何 か 。 そ れ こ そ が 「 運 命 」 で は な い か と 私 は 考 え る 。 ク リ ス ・ マ ッ カ ン ド レ ス は 、 あ の 日 、 運 命 を 経 験 し た 。 運 命 の 導 き に よ っ て 、 自 ら の 想 像 を 打 ち 破 り 、 荒 野 に 続 く 道 へ と 現 実 に 踏 み 入 っ た 。 運 命 が 訪 れ て 、 ク リ ス ・ マ ッ ー ト ラ ン プ に カ ン ド レ ス と い う 青 年 を ア レ グ ザ ン ダ ー ・ ス ー 変 え た 。 私 は 彼 の 運 命 に 思 い を 馳 せ る 。 そ れ は ア ラ ス カ の 大 自 然 に 挑 戦 し た 偉 大 な 青 年 へ の 追 悼 で あ り 、 彼 に 訪 れ た 運 命 と い う 恩 寵 へ の 憧 憬 で あ る の か も し れ な い 。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


「 私 は 特 別 な 存 在 に な る 。 そ の た め に は 外 に 出 な き や 始 ま ら な い 。 第 一 声 と 特 子 の 表 情 に 対 す る 俺 の 落 胆 を 彼 女 は 気 づ か な い 「 あ の 子 と 仲 良 く す る の 、 や め た 方 が 良 い よ 。 先 生 に も 良 く 思 わ れ シ ュ ウ カ ■ で も 、 私 は 誰 よ り も 頑 張 る わ 。 そ し て 誰 よ り も オ キ ャ ク て な い し 」 サ マ の 役 に 立 つ の 」 俺 は 特 子 か ら 目 を 逸 ら し た 。 ひ と つ に は 彼 女 の 明 快 さ が 眩 し か っ 「 仲 良 く な ん か し て な い 。 一 方 的 に 話 し か け ら れ た だ け だ 」 「 何 を 言 わ れ た の ? 」 た か ら で 、 も う ひ と つ は 単 に 目 の や り 場 に 困 っ た か ら だ 。 特 子 の 胸 「 何 か 、 外 の 世 界 が ど う の 生 贄 が ど う の っ て : ・ 」 は 人 一 倍 大 き か っ た 。 彼 女 が そ れ を コ ン プ レ ッ ク ス に し て い る 事 を 「 何 そ れ 」 俺 は 知 っ て い た が 、 同 時 に そ れ は 男 子 の 間 で の 彼 女 の 人 気 に 拍 車 を 「 俺 が 知 り た い よ 」 か け て い た 。 俺 は 適 当 な 用 事 を 思 い 出 し た 振 り を し て 、 彼 女 か ら 離 「 と に か く 、 あ の 子 の 話 は 聞 い た ら だ め 。 た だ で さ え シ ュ ウ カ ー 前 れ た 。 の 大 事 な 時 期 な ん だ か ら 」 シ ュ ウ カ ■ 、 オ ザ キ か ら は じ め て 聞 か さ れ て 一 月 で 、 そ の 一 一 一 口 葉 は 数 日 後 の 夕 方 、 外 を 見 よ う と い つ も の 場 所 へ 歩 く 俺 の 後 ろ か ら 小 当 た り 前 の よ う に 周 囲 を 飛 び 交 う よ う に な っ て い た 。 先 生 の 話 も 型 ト ラ ッ ク が 走 っ て き た 。 シ ュ ウ カ ・ の 事 が 徐 々 に 中 心 と な っ た 。 そ れ は 俺 達 が 外 の 世 界 へ 出 「 お 散 歩 ? テ ン キ ア メ 君 」 て 行 く た め に 必 須 の 手 続 き で あ り 、 シ ュ ウ カ ■ を 経 て は じ め て 俺 達 運 転 席 に 先 生 が 乗 っ て い た 。 は 一 人 前 に な る の だ と 繰 り 返 し 教 え ら れ た 。 シ ュ ウ カ ■ で 鍛 え ら れ 「 何 を 運 ん で い る ん で す か 」 て 俺 達 は 真 に オ キ ャ ク サ マ を 喜 ば せ る 存 在 に な る 。 こ こ で 問 題 の オ 低 速 で 走 る ト ラ ッ ク の 荷 台 に 俺 は 顔 を 近 づ け た 。 キ ャ ク サ マ も 当 た り 前 の よ う に 登 場 し た 。 俺 達 が こ こ で 学 ん で き た 「 こ ん な 物 に 興 味 が あ る の ? 」 こ と は 全 て 、 俺 達 が オ キ ャ ク サ マ に と っ て 価 値 の 持 っ た め で あ る ら >- 先 生 は 笑 っ た 。 先 生 達 の 中 で は 比 較 的 若 い 女 性 だ っ た 。 し い 。 そ れ ぞ れ 得 意 不 得 意 に あ わ せ て 役 割 は 変 わ る に せ よ 、 全 て オ 「 肥 料 よ 。 今 朝 吉 ー コ ー ポ レ ー シ ョ ン か ら 届 い た の 。 撒 く の は 明 日 キ ャ ク サ マ の た め 、 自 分 が 何 で オ キ ャ ク サ マ の 役 に 立 て る か を 常 に 以 降 に な る け ど 、 と り あ え ず 畑 ま で 運 ん で お こ う と 思 っ て 」 考 え な さ い 。 そ れ が 外 の 世 界 で 一 番 大 切 な こ と だ よ 。 先 生 達 は そ う 学 校 で は 校 舎 裏 の 畑 で 色 々 な 物 を 栽 培 し て い た 。 >- 先 生 は そ れ ら の 世 話 を 任 さ れ て い た 。 言 い 聞 か せ た 。 「 良 い 天 気 。 綺 麗 な タ 日 が 見 ら れ そ う ね 」 >- 先 生 に 言 わ れ て 俺 は 日 が 傾 い て い る 方 を 見 た 。 い く つ か の 丘 の 向 こ う に 町 の 町 の 建 物 の シ ル エ ッ ト と 銀 色 に 光 る 海 が 見 え た 。 「 特 子 は 外 の 世 界 に 出 た い ? 」 「 当 然 よ 」 特 子 は 何 故 か 体 を 反 ら し 胸 を 張 っ て 答 え た 。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


め ん ね 。 涙 声 で 繰 り 返 す 先 生 に 俺 は 返 す 一 一 一 口 葉 が 見 つ か ら な か っ た 。 あ る 晴 れ た 昼 下 が り 、 一 台 の ト ラ ッ ク が 俺 を 迎 え に 学 校 へ や っ て 俺 達 は 一 人 ず つ 校 長 先 生 に 呼 ば れ た 。 こ の 日 だ け は あ だ 名 で は な 来 た 。 く 正 式 名 称 で 呼 ば れ る 。 と 言 っ て も た だ の 番 号 だ が 。 特 子 は 三 日 前 、 オ ザ キ は 前 の 日 に 別 の 車 に 連 れ ら れ て 行 っ た 。 「 番 、 旭 ケ ■ 動 物 園 」 閑 散 と し た 校 舎 の 前 で 、 俺 は 一 一 、 三 の 仲 間 と 共 に ト ラ ッ ク に 誘 導 特 子 の 親 友 の 花 子 は そ う 告 げ ら れ て 嬉 し そ う に は に か ん で い た 。 さ れ た 。 車 に 乗 り 込 む 寸 前 、 先 生 の 姿 が 見 え た 。 と っ さ に 俺 の 胸 そ れ ぞ れ が 違 っ た 行 き 先 を 告 げ ら れ た 。 喜 ぶ 者 も い れ ば 落 胆 す る に 一 縷 の 希 望 が 湧 い た 。 卒 ■ 式 の 前 の 晩 に し た よ う に 、 俺 を 助 け 出 者 も い た 。 「 カ ル ■ ス 闘 牛 場 」 行 き を 告 げ ら れ た オ ザ キ は 証 書 を 引 し て く れ る の で は な い か 。 俺 は 必 死 で 先 生 に 合 図 を 送 ろ う と し た 。 き 裂 き 、 校 長 先 生 に 突 っ か か っ た 。 先 生 達 が あ わ て て 壇 上 に 駆 け 上 最 後 に は は っ き り 声 を 上 げ た 。 だ が 先 生 の 目 が 俺 を 見 る こ と は 一 度 か り 引 き 離 し た 。 も 無 か っ た 。 考 え て み れ ば 当 た り 前 だ 。 人 間 に 俺 達 の 一 一 一 一 口 葉 は 分 か ら な い 。 俺 達 「 行 番 」 つ い に 俺 の 名 前 が 呼 ば れ た 。 が 人 間 の 一 言 葉 を 分 か ら な い よ う に 。 分 か っ た 振 り を し て い た だ け な 不 思 議 と 期 待 も 不 安 も 感 じ な か っ た 。 冷 え て い る 頭 の 中 に 心 臓 の の だ 。 先 生 が か け て く れ た と 思 っ て い た 言 葉 も 、 本 当 の こ と だ っ た 音 だ け が 別 の 誰 か の 物 の 様 に 激 し く 鳴 っ て い た 。 の か 今 で は 確 信 で き な く な っ た 。 「 吉 ■ コ ー ポ レ ー シ ョ ン 」 俺 達 を 乗 せ た ト ラ ッ ク は 校 門 を 出 て 坂 道 を 下 り 始 め た 。 途 中 で 何 そ の 言 葉 を 聴 い た 瞬 間 、 心 臓 の 音 が 連 続 し た 轟 音 に な っ て 頭 に 襲 度 か 見 覚 え の あ る 景 色 が 見 え た 。 俺 達 が 何 時 間 も か け て 歩 い た 道 を 、 い 掛 か っ た 。 校 長 先 生 の 姿 が 歪 み 、 戻 っ た と き に は 天 井 が 見 え た 。 ト ラ ッ ク は 十 数 分 で 駆 け た 。 吉 ・ コ ー ポ レ ー シ ョ ン 。 俺 は そ の 名 前 を 知 っ て い た 。 自 分 が 誰 か も 、 学 校 が ど う い う 場 所 か も 、 自 分 の こ れ か ら 辿 る 運 命 も 、 知 り な あ の 日 、 卒 ■ 式 の 後 で 俺 の 所 に 特 子 が 来 た 。 が ら た だ 見 な い よ う に し て い た の だ 。 「 落 ち 込 ん で る ? 」 薄 れ 行 く 意 識 の 中 、 特 子 の 名 前 が 呼 ば れ る の を 聴 い た 。 「 90 番 、 特 子 は 言 わ ず も が な な 事 を 訊 い た 。 彼 女 は 勝 者 で 俺 は 敗 者 だ っ た 。 ■ ・ デ ィ 」 壇 上 に 上 が っ た 特 子 は 誇 ら し げ に 胸 を 張 っ て い た 。 初 め て 特 子 を 疎 ま し い と 感 じ た 。 「 濃 い 牛 乳 を 出 し 続 け る ん だ よ 」 「 で も 、 遅 い か 早 い か の 違 い か も よ 」 校 長 先 生 が 特 子 に 言 っ た 。 は な む け に は 奇 妙 な 一 一 一 口 葉 だ 。 そ う 思 っ 特 子 は 俺 の 隣 に 腰 を 下 ろ し た 。 た 所 で 俺 の 記 憶 は 途 切 れ た 。 「 乳 牛 の 平 均 寿 命 は 5 年 程 度 な ん だ っ て 。 そ の 後 は 乳 が 出 な く な る か ら 、 食 肉 用 に 回 さ れ る ら し い わ 」

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


今 思 え ば お か し な 話 で は あ る 。 海 ま で 行 け た と し て 、 そ の 後 ど う タ 暮 れ 間 近 に な っ て 、 道 は 峠 を 越 え た 。 俺 達 は 足 早 に 坂 道 を 登 り す る つ も り だ っ た の か 、 寝 床 も 、 食 料 の 当 て も 無 い 。 そ も そ も ど う き り 、 開 け た 景 色 に 目 を 凝 ら し た 。 や っ て 見 つ か ら ず に 町 を 通 り 抜 け る の か ま る で 考 え て い な か っ た 。 沈 み か け た タ 日 を バ ッ ク に 、 大 き な 建 物 が 建 っ て い た 。 古 び た 鉄 不 思 議 な く ら い 楽 天 的 で 、 根 拠 の 無 い 希 望 に 満 ち た 旅 だ っ た 。 次 の 板 を 張 り 合 わ せ た よ う な 無 骨 な 造 り だ っ た 。 建 物 の 中 で 何 か の 作 業 丘 を 越 え れ ば 町 だ 。 そ う 思 え ば ア ス フ ァ ル ト の 味 気 な い 道 さ え 輝 い が 行 わ れ て い る ら し く 、 大 勢 の 人 間 が 動 い て い る 気 配 が し た 。 胸 の て 見 え た 。 む か っ く よ う な 匂 い が 建 物 か ら 流 れ て き た 。 酷 く 陰 気 で 不 吉 な 匂 い だ っ た 。 日 が 傾 き 山 が 茜 色 に 染 ま る 頃 、 俺 達 は ま だ 山 間 の 道 を 歩 き 続 け て 正 面 の 門 が 開 い て 、 大 型 ト ラ ッ ク が 走 り 出 て き た 。 俺 達 は ト ラ ッ い た 。 次 の 丘 の 向 こ う に あ る は ず の 町 は 、 そ の 丘 を 越 え て も そ の 次 ク を 避 け て 道 路 を 外 れ 、 そ の ま ま 錆 び た 金 網 沿 い に 建 物 の 裏 手 に の 丘 を 越 え て も 見 え な か っ た 。 ど こ か で 道 を 間 違 え た 、 引 き 返 し た 回 っ た 。 小 さ な 通 用 門 が あ り 、 鍵 が 外 れ て い る の が 見 え た 。 が い い 。 分 か っ て い た 筈 だ が 、 俺 も オ ザ キ も 口 を 開 か な か っ た 。 通 用 門 を 潜 り 中 に 入 っ た 俺 達 が 見 た の は 、 見 た こ と も 無 い 長 い 行 引 き 返 し た と し て も 、 ど こ で 曲 が れ ば 正 し い 道 に 出 ら れ る の か も う 列 だ っ た 。 何 十 、 何 百 、 そ の 全 員 が 俺 達 と 同 じ 位 の 年 恰 好 だ っ た 。 分 か ら な く な っ て い て 、 そ れ を 口 に 出 す こ と が 怖 か っ た 。 だ れ も が 無 一 言 で 一 列 に 並 ん で 俯 い て い た 。 そ の 顔 に は 表 情 が 無 か っ 道 の 勾 配 は は っ き り と 登 り を 示 し 始 め た 。 道 幅 も 少 し ず つ 狭 く た 。 一 人 が の ろ の ろ と 顔 を 上 げ て 俺 を 見 た 。 そ の 目 を 俺 は 今 で も 忘 な っ て い っ た 。 行 く 手 に は 学 校 が あ る 丘 よ り 少 し 大 き い 山 が あ っ た 。 れ ら れ な い 。 何 の 感 情 も 感 じ ら れ な い 灰 色 の 瞳 に 、 同 時 に 底 知 れ ぬ 他 に 行 く べ き 方 向 も 無 い 。 俺 達 は 無 一 言 で 示 し 合 わ せ た よ う に 山 へ の 怒 り と 悲 痛 が 宿 っ て い た 。 今 思 え ば あ れ は 諦 念 の 色 だ っ た の だ と 思 う 。 あ ら ゆ る 悲 憤 と 絶 望 を 通 り 過 ぎ た 者 の 目 。 あ れ を 見 た 時 、 俺 は 道 を 登 っ た 。 上 る に つ れ て 山 の 景 色 は 、 学 校 の 丘 と は 全 く 違 う 様 相 を 見 せ 始 め 無 自 覚 の う ち に 自 分 の 運 命 を 悟 っ て い た の だ ろ う 。 た 。 全 体 に 荒 れ 果 て て い て 、 倒 木 や 崩 れ か け た 岩 が あ ち こ ち に 見 え そ の 時 背 後 か ら ば た ば た と 足 音 が し て 、 数 人 の 男 が 現 れ た 。 た 。 廃 棄 さ れ た ト ラ ッ ク の 陰 で 俺 達 は 短 い 休 憩 を 取 っ た 。 引 き 返 す こ い つ ら 何 だ 、 タ グ を つ け て な い ぞ 。 ど こ か ら 来 た 。 な ら こ の 時 が 好 機 だ っ た 。 も し オ ザ キ が 戻 ろ う と 提 案 し た ら 俺 は 喜 急 い で 逃 げ よ う と し た 俺 と オ ザ キ の 目 に 、 固 く 閉 じ ら れ た 通 用 門 ん で そ う す る つ も り だ っ た し 、 向 こ う も そ う 思 っ て い た だ ろ う 。 だ が 映 っ た 。 男 達 が 応 援 を 呼 ん で い る 。 日 が 落 ち た 見 知 ら ぬ 山 間 に サ が 俺 達 は 無 言 で 立 ち 上 が り 、 ひ び 割 れ た ア ス フ ァ ル ト の 道 を 登 っ て イ レ ン が 響 い た 。 行 っ た 。 何 が そ う さ せ た の か 分 か ら な い 。 或 い は あ れ が 運 命 と い う 俺 達 が ト ラ ッ ク か ら 降 ろ さ れ た の は 深 夜 だ っ た 。 大 勢 の 男 達 に 網 奴 だ っ た の か も し れ な い

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


た 骨 と 一 緒 に 、 俺 の 魂 は 学 校 に 帰 る だ ろ う 。 同 じ 土 に 眠 る 仲 間 達 や 解 体 さ れ 、 そ の 大 部 分 は お 前 達 オ キ ャ ク サ マ の 体 内 に 納 ま っ た 。 一 先 輩 達 、 そ の 土 の 上 の 草 を 食 む 後 輩 達 が 俺 を 迎 え て く れ る 。 い っ か 部 は お 前 達 の 糞 と な っ て 下 水 に 落 と さ れ 、 い ず れ は 海 に 流 れ 着 く だ ろ う 。 俺 自 身 が 今 や あ れ ほ ど 憧 れ た 海 の 一 部 で あ り 、 同 時 に 学 校 の は 特 子 や オ ザ キ の 魂 も 戻 っ て く る か も し れ な い や が て 俺 達 の 魂 は 学 校 の 草 を 通 じ て 後 輩 達 の 体 の 一 部 と な る だ ろ 土 で も あ り 、 お 前 達 の 体 の 一 部 で も あ る 。 う 。 後 輩 達 も シ ュ ウ カ ■ さ れ 、 あ る も の は こ こ で 殺 さ れ る が 、 そ の 最 初 に も 言 っ た 通 り 、 俺 は お 前 達 に 心 か ら 感 謝 し て い る 。 こ の 地 球 上 で 多 く の 生 物 種 が 生 ま れ 、 死 に 、 子 孫 を 残 し 、 絶 滅 す 魂 は 再 び 骨 と 共 に 学 校 に 戻 っ て く る 。 こ う し て 俺 達 は 学 校 の 土 の 一 部 に な り 、 後 輩 達 の 一 部 に な り 、 仲 間 達 と 混 ざ り 合 い な が ら 永 遠 に る そ の 時 ま で 生 命 の 輪 を つ な ぎ 続 け る 。 俺 達 の 輪 を 繋 が せ て く れ て い た の は 、 紛 れ も 無 く お 前 達 だ 。 生 き 続 け る だ ろ う 。 俺 の 魂 が 学 校 の 畑 に 撒 か れ て か ら も う す ぐ 5 年 に な る 。 特 子 の 魂 「 意 味 の 無 い 命 な ん て 無 い 」 特 子 は 正 し か っ た 。 彼 女 が 特 別 な 存 在 な ん じ ゃ な い 。 俺 達 は 皆 特 も そ ろ そ ろ 帰 っ て く る 頃 だ ろ う 。 俺 に そ れ が 分 か れ ば い い の だ が 。 別 な 存 在 だ っ た の だ 。 オ キ ャ ク サ マ に も 、 他 の ど ん な 人 間 に も 、 俺 達 の 存 在 を 奪 う こ と は 出 来 な い 行 列 の 切 れ 目 が 間 近 に 迫 っ て い た 。 俺 に は も う 動 揺 は 無 か っ た 。 む し ろ そ の 瞬 間 を 待 ち 望 ん で す ら い た 。 早 く 解 体 さ れ て 、 早 く 学 校 の 土 に 帰 り た い 。 そ う 願 っ て い る う ち 、 突 然 体 が 軽 く な っ た 。 こ の 作 品 は 、 20 一 4 年 に AFG が web 上 で 公 開 し た CM 『 Blendy そ こ か ら は 妙 な 感 覚 だ っ た 。 目 の 前 に 体 が 見 え た 。 一 目 で 俺 の 体 特 濃 ム ー ビ ー シ ア タ ー 「 旅 立 ち 」 篇 』 の 二 次 創 作 と し て 作 ら れ て い だ と 直 感 し た 。 自 分 の 模 様 を 自 分 で 見 た こ と は 無 い の に お か し な 話 ま す 。 卒 牛 式 の 場 面 、 卒 牛 生 、 校 長 先 生 の キ ャ ラ ク タ ー は 元 の CM だ 。 俺 の 体 は 鉤 に 吊 る さ れ 、 皮 を 剥 が れ 、 頭 部 が 切 り 取 ら れ た 。 そ を 参 考 に し て い ま す が 、 そ れ 以 外 の 場 面 や キ ャ ラ ク タ ー の 仇 名 等 細 こ か ら は 沢 山 の 部 位 に 分 か れ る 俺 の 体 の 全 て を 俺 は 同 時 に 眺 め 続 け か い 設 定 は 筆 者 が 付 け 加 え た 物 で す 。 ま た >- 先 生 な る 人 物 は 筆 者 の た 。 内 臓 を く り 貫 か れ た 胴 体 を 吊 る し た 鉤 が 移 動 し て い く 先 に 、 建 創 作 で す 。 ( 尚 、 元 の CM は 現 在 で は 閲 覧 不 能 に な っ て お り ま す ) 物 の 出 口 が 見 え た 。 大 型 ト ラ ッ ク が 待 っ て い る 。 あ れ に 乗 っ て 、 早 最 後 に 、 現 行 の 法 律 で は 牛 の 肉 骨 粉 は BSE 予 防 の 観 点 か ら 牛 の く 学 校 へ 帰 ろ う 。 い や 、 そ の 前 に 役 目 は 果 た さ ね ば な ら な い 。 実 態 飼 料 及 び 牧 草 用 肥 料 に 用 い る こ と は 禁 止 さ れ て い る こ と を 付 け 加 え て お き ま す 。 が ど う あ れ 、 俺 達 の 体 は オ キ ャ ク サ マ の た め に あ る の だ か ら 。 こ う し て 俺 は 「 シ ュ ウ カ ク 」 さ れ 、 「 卒 牛 」 し 、 出 荷 さ れ 、 殺 さ れ 、

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


評 論 で 活 発 に 使 わ れ た 後 、 川 年 代 で は な か な か こ の 言 葉 を 聞 か な く ま っ た と い う 状 況 の 中 で 、 僕 だ っ た ら ど の よ う な 行 動 を と る だ ろ う な っ て し ま っ た が 、 代 表 作 品 と し て ア ニ メ 『 ほ し の こ え 』 、 漫 画 『 最 か と 。 絶 対 に 彼 女 を 救 え な い 終 兵 器 彼 女 』 、 小 説 『 イ リ ヤ の 空 、 UFO の 夏 』 が よ く 例 に 挙 げ ら れ 、 と 僕 は 思 っ た 。 本 当 に そ の 場 に な れ ば 、 ま た 違 う パ ワ ー が 働 い て る 。 こ の 中 で 、 僕 は 特 に 『 最 終 兵 器 彼 女 』 に 大 変 思 い 入 れ が あ る 。 僕 は 彼 女 を 救 う こ と に な る か も し れ な い け れ ど 、 少 な く と も 机 上 の 高 校 生 の と き に こ の 作 品 を 読 ん で 以 来 、 幾 度 と な く 読 み 返 し て き た 。 空 論 で は 僕 は 彼 女 を 救 う こ と が で き な か っ た 。 そ う や っ て 、 僕 た ち こ こ で 描 か れ る の は 、 ち せ と シ ュ ウ ジ と い う 一 一 人 の 高 校 生 の ラ ブ は 自 分 の 中 で 大 切 な も の を 炙 り 出 し て い く の だ と 思 う 。 何 が 炙 り 出 ス ト ー リ ー だ 。 天 変 地 異 と 戦 争 の 起 こ る セ カ イ で の 、 一 一 人 の 物 語 。 さ れ た の か は 、 秘 密 に す る け れ ど 。 で も 、 そ う や っ て 妄 想 の 中 か ら キ ャ ッ チ コ ピ ー は 「 こ の 星 で 一 番 最 後 の ラ ブ ス ト ー リ ー 。 」 自 分 の 倫 理 を 鍛 え 上 げ て い く こ と は 、 生 き て い く う え で と て も 重 要 こ こ で は セ カ イ 系 の 定 義 に つ い て 詳 し く 触 れ る つ も り は な い が 、 な こ と で は な い だ ろ う か 東 浩 紀 ら の 指 摘 す る 「 き み と ぼ く 」 と 「 世 界 の 危 機 」 の シ ン ク ロ と も し 僕 が 「 地 球 最 後 の 日 」 と い う テ ー マ で 小 説 を 書 か な け れ ば な い う 現 象 は 注 目 さ れ て い し し 「 個 人 」 と 「 世 界 」 の 間 に あ る 「 社 ら な く な っ た ら 、 と び き り イ ン モ ラ ル な も の に し た い と 思 う 。 た ぶ 会 」 が こ の 漫 画 で 描 か れ て い な い か と い え ば 、 必 ず し も そ う で は な ん 、 僕 は 綺 麗 に は 死 ね な い 。 そ れ は 間 違 い な い 。 で も 、 そ の イ ン モ い と 僕 は 思 う 。 と こ ろ が 、 国 家 を 守 る 義 務 が で き た っ て 、 地 球 最 後 ラ ル も あ る 種 の 才 能 な の か も し れ な い 。 才 能 と は 呼 べ な い と し て も 、 の 日 が 来 た っ て 、 所 詮 そ こ で 描 か れ る の は 二 人 の 男 女 の 恋 模 様 な の 唯 一 無 に の 何 か か も し れ な い だ 。 僕 は 決 し て こ の こ と が 悪 い と 言 い た い わ け じ ゃ な い 。 た だ 、 僕 た ち の 想 イ 、 象 力 は そ こ が 限 界 で あ り 、 そ こ に 共 感 す る こ と が あ る 程 度 ま で は 正 し い も し 明 日 、 世 界 が 終 わ る な ら 。 僕 た ち は 何 を す る だ ろ う か 。 世 界 を 救 う た め に 何 が で き る か を 考 え る 、 な ん て こ と は 僕 ら の 任 務 で は な い 。 そ ん な こ と は JAXA や NASA に 任 せ て お け ば い い 。 僕 ら が し な け れ ば な ら な い の は 、 そ の 妄 想 を ち ゃ ん と 自 分 ご と と し て 考 え て お く こ と だ 。 い っ か や っ て 来 る か も し れ な い 「 私 た ち の 運 命 の 一 日 」 を 想 定 し て 、 自 分 が ど の よ う に 行 動 す る の か を し つ か り と 考 え て お く こ と 。 『 最 終 兵 器 彼 女 』 を 初 め て 読 ん だ ど き 、 僕 は 当 時 付 き 合 っ て い た 彼 女 の こ と を 考 え な が ら 読 ん だ 。 彼 女 が 最 終 兵 器 に な っ て し

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


ひ ょ ろ 長 も 変 わ り 種 で 、 情 熱 が 怒 ら れ な い 為 に 全 振 り さ れ て い て 、 下 衆 の 寄 り 道 上 住 断 靱 そ の 為 な ら な ん だ っ て や る イ カ レ た お じ さ ん で あ る 。 宵 越 し の 金 が な い し か し 、 彼 で も 持 た な い の は 江 戸 っ 子 だ が 、 持 て な い の は 文 士 で は な い だ ろ う か 。 「 そ り ゃ な い や ろ 」 一 一 十 代 半 ば は 宗 右 衛 門 町 に 出 入 り し て 、 親 か ら 貰 っ た 金 を 使 い 果 た と い う ほ ど の 事 だ か ら 、 即 座 に 注 意 へ と 赴 い た し 、 物 書 き が 過 ぎ て 、 酒 を 飲 む 以 外 の 金 は 本 と お 金 に 消 え て い っ た 。 返 す お 局 、 号 泣 し て 「 わ た し は 何 も 聞 か さ れ て な い 」 と 汚 い 顔 で 会 社 で 定 年 を 迎 え た お っ ち ゃ ん か ら は 「 滅 茶 苦 茶 な 男 」 と 呼 ば れ 訴 え た 。 て い る 。 私 は 、 そ ん な に 嫌 な ら 仕 事 を 辞 め れ ば い い の に と 眺 め て い た 。 が 、 友 人 か ら は 「 不 良 銀 行 員 」 と 呼 ば れ て い る 。 驚 い た こ と に 、 周 辺 の 上 司 達 は う ろ た え た の で あ る 。 一 銭 の 価 値 も な ん に せ よ 、 私 は 悪 い 事 は し て い な い 。 遣 り 果 せ る 事 や 失 敗 が 、 な い プ ス の 涙 に ー 常 の 男 と 違 う だ け で あ る 。 そ れ は 特 別 で は な く 、 た だ 我 が 人 生 を 遊 結 局 、 私 は ひ ょ ろ 長 に 呼 ば れ び 尽 く し た い と い う 一 貫 し た 理 念 の 元 に 自 分 勝 手 に 過 ご し て い る だ 「 も う 少 し 人 の 気 持 ち を 考 え て や 。 相 手 の 仕 事 が や り や す い よ う に け だ 。 勿 論 、 他 者 は 顧 み る 。 あ る 程 度 の と こ ろ ま で 。 と か 」 私 は 書 類 を 確 認 す る と 、 お 局 の と こ ろ へ と 持 っ て 行 っ た 。 と 説 教 さ れ る 羽 目 に あ っ た 。 こ れ が ま た 嫌 な 奴 で 不 機 嫌 だ と 無 言 で 書 類 を ひ っ た く り 、 機 嫌 が 客 に も 頭 を 下 げ 、 能 力 ス ラ イ ム 以 下 の プ ス の 機 嫌 ま で 取 ら な き や 良 け れ ば ぶ り つ 子 す る 、 顔 も 悪 け り や 正 確 も 悪 い プ ス の 中 の プ ス で い か ん 事 に な っ た わ け だ 。 あ る 。 因 み に 私 が 「 プ ス 」 と 呼 ぶ 唯 一 の 存 在 だ 。 そ れ な ら ば 、 何 も 案 件 を 取 ら な け れ ば い い わ け で あ る 。 「 わ た し 、 忙 し い か ら 自 分 で や れ ば ? 」 私 は バ イ ク を 走 ら せ 、 大 阪 城 公 園 の 花 見 を 見 物 し 、 ト レ ジ ャ ラ ー 今 日 は ど う 出 て く る の か と 思 っ た ら 、 「 な ら 、 あ ん た い ら ん や ろ 」 と い う 英 国 の 煙 草 を 吸 い な が ら 、 愚 痴 を こ ぼ し た 。 と 返 し た く な る 返 答 で き た 。 そ の 裏 で お 局 も 愚 痴 を こ ぼ し て い る 。 金 融 機 関 は そ の 性 質 か ら し て 、 営 業 が 持 っ て 帰 っ て き た 案 件 は 事 エ ス テ が ど う 、 結 婚 が ど う 、 男 が ど う 、 な ど だ 。 務 方 が 処 理 を す る 。 そ う し な け れ ば 、 客 と 組 ん で お 金 を 勝 手 に 増 や 女 性 陣 は 白 い 目 で 見 る 。 し 、 そ の お こ ぼ れ を 貰 う な ど 不 正 が や り や す く な っ て し ま う 。 ほ と ん ど が 結 婚 し て お り 、 お 局 の 話 に 目 を 輝 か せ て い る の は 今 年 、 ひ ょ 流 石 に こ れ で は ま ず い の で 、 私 は ひ ょ ろ 長 の 上 司 に 「 こ ん な 事 言 っ 入 っ た 高 学 歴 新 人 ぐ ら い だ 。 こ の 新 人 、 あ だ 名 が 土 偶 と い し て ま っ せ 」 と 報 告 し た 。 ろ 長 が 面 接 の 司 会 を 務 め た の だ が 、 「 絶 対 に 落 ち る 。 い や 、 落 と せ 」 4

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


こ 、 こ な り ・ た カ っ た あ ん た 達 み オ し こ 田 中 ジ ョ ヴ ァ ン ニ 地 獄 の 様 な 毎 日 の 中 で 、 過 去 を 振 り 返 る こ と が 無 く な っ た 。 美 し い モ ノ か 美 し い ま ま で 有 る 為 に 、 も う 何 も 思 い 出 さ な い よ う に し て い る 輝 か し い 思 い 出 か 、 こ の 汚 ら わ し い 日 々 に 浸 食 さ れ る 様 な 気 が す る ん だ 。 音 楽 を 聴 い た り を 読 ん だ り 映 画 を 観 た り し て も 泣 け な く な っ て し ま っ た ん だ か ら 。 何 も 感 じ な い 。 何 に も 感 動 出 来 な く な っ た ん だ よ 祖 父 と 従 兄 弟 と 伯 父 の 死 ん だ 時 、 何 故 自 分 じ ゃ な い の か と 言 っ た 自 分 が 、 や っ と 真 っ 当 な 人 間 に 成 れ た と 思 っ た 。 人 な の で 、 と カ そ う い う 事 に し て お く か 作 も 口 に は し な い で も 散 々 経 験 し て き た 身 と し て 分 か る ん だ よ 。 日 々 の 中 に 居 る 大 半 の 人 々 は 、 自 分 に 消 え だ け ど 、 こ の 毎 日 が 全 て を 変 容 さ せ そ う だ 。 生 き る 意 味 が 重 責 に 成 ろ う と し て 欲 し い ん だ と 。 て い る 責 任 は 負 う べ き な の だ ろ う 。 そ れ は 分 か っ て い る だ か 重 荷 に 感 じ て は い け 共 こ 、 な ん て の は も う 良 い ん だ 。 も う 正 論 じ み た 説 教 は 聞 き た く な い 。 偽 善 だ と か 独 善 だ と か に 思 わ れ て 、 追 い 詰 め ら れ て い る よ う に し か 感 じ な い だ っ て そ う だ ろ 、 楽 し か っ た じ ゃ な い か そ の 普 遍 の 楽 し さ を 仮 初 に で も 得 ら れ た ん だ か ら 、 所 謂 普 通 の 人 間 に 成 れ た と 思 っ た ろ ? 出 会 い の 偶 然 が 運 命 な の か は 分 か ら な い が 、 救 わ れ た の は 確 か だ だ か ら 、 い 出 さ な い 、 考 え な い 、 感 じ な い 様 に し て い る ん だ 最 初 か ら そ う だ っ た 。 生 き る べ き で は 無 か っ た 。 死 ね と 言 わ れ た あ の 日 々 に 、 侖 ・ を 絶 っ て お く べ き だ っ た ん だ 生 き な か ら え て し ま っ た か ら こ そ 、 関 係 性 の 中 に 存 在 し て し ま っ た か ら こ そ 、 古 し ん で い る 。 分 か っ て い る よ 、 伝 え る べ 医 で は な い と 世 界 を 変 え る 為 に は 自 分 が 変 わ る べ き だ と か そ ん な 事 は 分 か っ て い て 、 そ れ か 出 来 な い か ら こ ん な 事 ・ に な っ て い る ん だ よ 支 え が 重 責 に 成 ろ う と し て い る 。 お 互 い に で は 無 い 。 お 互 い に で は 無 い か ら こ そ 軽 薄 に な り た か っ た 。 異 常 者 な ら ば そ う い う 期 待 し な い で く れ 。 本 質 は 変 わ ら な か っ た 。 こ の 地 獄 で 気 付 い た ん だ 。 生 き て い て も 良 い 事 は 無 い と 普 通 に な れ た と 思 っ て い た で も 違 っ た ん だ 最 早 、 誰 と も 会 話 す ら 出 来 な く な り つ つ あ る 。 こ れ が 散 文 か 日 記 か 詩 か な ん て こ と は ど う で も 良 い 欠 如 が 良 か っ た 。