検索 - みる会図書館

検索対象: 中央公論 2016年7月号

中央公論 2016年7月号から 276件ヒットしました。

中央公論 2016年7月号


平 成 一 一 十 六 年 度 決 算 で は 歳 入 の 四 三 ・ 七 な 状 況 で も あ り ま す 。 そ れ を ご 説 明 す る % を 占 め る 市 税 の う ち 、 個 人 市 民 税 の 比 た め に 狛 江 市 の 人 口 構 成 と 投 票 率 を 示 し 率 率 が 五 一 ・ 六 % と 高 く 、 歳 出 は 民 生 費 ま す ( 表 1 ) 。 昨 年 四 月 の 統 一 地 方 選 挙 投 と ( 社 会 福 祉 、 高 齢 者 福 祉 、 児 童 福 祉 ) の 時 の デ ー タ で 、 一 一 十 歳 以 上 を 三 世 代 に 分 成 比 率 が 四 七 ・ 一 % 。 高 齢 化 が 進 む と 、 確 割 し て 、 投 票 数 と 共 に 見 て み る と 、 人 口 ロ は ど の 区 分 も ほ と ん ど 同 じ で す 。 と こ ろ 人 実 に 歳 入 が 減 り 、 歳 出 が 増 加 し て い き ま す 。 我 々 団 塊 の 世 代 が 後 期 高 齢 者 に な る が 六 十 歳 以 上 の 投 票 数 は 一 一 十 5 三 十 九 歳 市 江 の ほ ぼ 一 一 倍 。 そ う な る と 、 市 議 会 議 員 立 一 五 5 一 一 〇 年 後 に は 非 常 に 苦 し い こ と に な る 。 日 本 全 国 に こ の よ う な 市 町 村 が 多 候 補 者 は 意 識 す る し な い に か か わ ら ず 、 く あ る の で は な い で し よ う か 。 高 齢 者 に 優 し い 施 策 を 優 先 し 、 若 者 や 次 財 政 的 な 危 機 を 回 避 す る た め の 方 策 と 世 代 向 け の 施 策 を 後 回 し に す る と い う の ー 明 ら か で す 。 今 の う ち に 手 を 打 っ て お 蠍 し て 、 私 が ま ず 考 え た の は 、 次 の 三 つ で が 人 情 と い う も の で は な い で し よ う か 。 す 。 ① 咼 齢 者 の 福 祉 費 用 を 高 齢 者 の 世 代 実 際 、 選 挙 に な る と 、 立 候 補 者 も 応 援 部 か な い と 間 に 合 わ な く な っ て し ま い ま す 。 都 内 で 調 達 す る 、 ② 若 者 の 経 済 力 を 強 化 す 隊 も 演 説 を 聞 い て い る 一 般 市 民 も 高 齢 者 岡 本 世 代 別 選 挙 区 制 度 な ら 、 た と え 投 集 を 度 ば か り で 、 若 者 を 見 る こ と は あ り ま せ ん 。 票 率 が 低 く て も 、 必 ず 人 口 比 率 に 応 じ た る 、 ③ 地 域 経 済 の 活 性 化 を は か る 。 数 の 議 員 が 選 は れ る と い う メ リ ッ ト が あ 区 ~ 岡 本 な る ほ ど 。 そ れ ら を 実 現 す る に は 、 世 代 別 選 挙 区 制 度 の 利 点 と 限 界 選 り ま す ね 。 若 い 世 代 の 代 表 を 議 会 に 送 り 込 む 必 要 が 岡 本 三 世 代 の 人 口 が ほ ぼ 同 じ と い う こ 内 山 現 在 の 狛 江 市 の 市 議 会 議 員 一 三 名 代 あ る と 考 え ら れ た の で す ね 。 主 民 一 、 内 山 え え 。 若 と は 、 若 い 世 代 が 選 挙 に 行 け ば 、 状 況 が を 同 じ よ う に 三 世 代 に 分 割 す る と 、 一 一 十 5 三 十 九 歳 が 一 人 、 四 十 5 五 十 九 歳 が 一 い 世 代 の 同 意 な 変 わ る と い う こ と で は あ り ま せ ん か 。 市 江 シ 第 し に は 進 め ら れ 内 山 現 状 で は そ う か も し れ ま せ ん 。 で 七 人 、 六 十 歳 以 上 が 四 人 と な り ま す 。 こ ま せ ん 。 た だ 、 も 、 今 後 の 市 の 高 齢 化 を 見 て い け ば 、 人 れ を 世 代 別 の 人 口 比 率 に 即 し て 配 分 す れ ◎ 集 ば 七 名 ず つ に な り ま す 。 そ れ が 大 変 困 難 口 構 成 が 逆 ピ ラ ミ ッ ド 型 に な っ て い く の 特 投 飜 ロ 率 齢 代 1 年 世 12 , 518 15.65 % 21 , 249 26.56 % 35.49 % 7 , 541 22 , 961 2870 % 50.48 % 1 1 , 591 23 , 280 29.10 % 60.27 % 14 , 031 注 ) C/A ( 人 口 ) = 1.1 、 C/A ( 投 票 数 ) = 1 .9 人 口 : 「 統 計 こ ま え 」 平 成 27 年 度 版 、 狛 江 市 ( 平 成 28 年 1 月 1 日 ) 投 票 率 : 「 選 挙 の 記 録 」 平 成 27 年 4 月 26 日 執 行 、 狛 江 市 議 会 議 員 選 挙 ( 標 準 的 と さ れ る 「 第 5 投 票 区 ( 狛 江 第 五 小 学 校 ) 」 の 実 績 値 を 使 用 )

中央公論 2016年7月号


る と 、 高 齢 者 が 反 対 し て い る ケ ー ス マ だ と 思 い ま す が 、 そ れ で は 、 何 歳 っ て い る け れ ど 、 そ の 裏 に は い ろ い の 高 齢 者 ま で は 得 に な り 、 何 歳 の 若 ろ な か ら く り が あ っ て 、 子 ど も が た も 目 に つ き ま す 。 原 田 子 育 て 対 策 を 重 視 し な く て は く さ ん 生 ま れ る こ と に な っ て い た り 、 者 か ら 損 す る の か と い っ た 線 引 き も 、 い け な い と い う 空 気 が 醸 成 さ れ て い 実 は 明 確 で は あ り ま せ ん 。 経 済 も 成 長 し て 、 女 性 も み ん な 働 い て い た り す る 。 つ ま り 、 誰 も 信 じ て る か ら 、 あ あ し た 報 道 に な る の で す い ま 政 治 の 世 界 で 若 者 と い う と 、 よ ね 。 超 党 派 の 国 会 議 員 に よ っ て 少 い な い 試 算 し か 提 一 小 さ れ て い な か っ や 十 八 歳 、 十 九 歳 な ど た り す る ん で す 。 厳 し い 現 実 を 見 据 子 化 社 会 対 策 基 本 法 が 成 立 し た の が を 指 す こ と が 多 い で す が 、 年 金 で い え ば 四 十 代 、 五 十 代 も 、 逃 げ 切 れ る え た 試 算 を も と に 、 ど こ ま で が 「 得 二 〇 〇 三 年 で す 。 つ ま り 、 国 を あ げ か ど う か 微 妙 な わ け で す よ ね 。 ど こ す る 世 代 」 で 、 ど こ か ら が 「 損 す る て 少 子 化 対 策 に つ い て 取 り 組 み は じ で 線 引 き が あ る の か 、 そ れ が 不 明 瞭 世 代 、 な の か と い う 線 引 き が な い 限 め た の は 、 僕 ら が 十 代 だ っ た こ ろ で で す 。 こ れ は 現 役 世 代 も 含 め て 他 人 り 、 高 齢 者 と 若 者 と い う 一 一 項 対 立 は す 。 あ れ か ら ま す ま す 高 齢 化 が 進 ん で い る の に 、 子 育 て 支 援 が 重 要 だ と 事 で は な い は ず で 、 簡 単 な 二 項 対 立 な い で す よ 。 い う 空 気 が 醸 成 さ れ る こ と は あ る 種 で 片 付 け ら れ る 話 で は あ り ま せ ん 。 原 田 僕 も 二 項 対 立 の 中 で 煽 っ て も ケ ワ か の の 健 全 さ を 感 じ ま す 。 ど こ が 対 立 軸 に な る の か 、 政 治 側 、 意 味 は な い と 思 い ま す 。 政 策 に よ っ れ 行 政 側 が ち ゃ ん と 提 示 し な く ち ゃ い て は 若 者 と 高 齢 者 の 対 立 よ り も 、 資 ま た 、 保 育 園 建 設 反 対 に つ い て い れ え 耐 け な い と 思 っ て い ま す 。 産 の あ る 高 齢 者 と な い 高 齢 者 と い う え ば 、 声 が 大 き い ほ ん の 一 部 の 人 々 誓 繰 り 返 し ま す が 、 政 治 が わ か り に 対 立 の ほ う が 大 き い 場 合 も あ る は ず の 反 対 で 潰 さ れ て い る よ う に も み え 民 票 ま す 。 と す れ ば 、 多 数 決 が 働 い て い く い 理 由 は 、 有 権 者 の 不 勉 強 だ け で で す 。 投 シ は な く 、 政 治 や 行 政 に も 責 任 が あ る 。 保 育 園 建 設 を め ぐ り 、 反 対 運 動 な い の か も し れ ま せ ん 。 か と い っ て 、 都 若 「 保 育 園 が 足 り な い か ら っ く る ん だ 」 現 在 の 年 金 の 試 算 を み て い る と 、 若 が 日 本 全 国 で 起 き て い る こ と に つ い ◎ 集 と い う 意 見 だ け が 是 と さ れ て 、 建 設 特 い 世 代 も ち ゃ ん と も ら え る こ と に な て は ど う 思 い ま す か 。 報 道 を み て い

中央公論 2016年7月号


社 会 だ か ら こ そ 現 実 味 を 帯 び て 聞 一 」 支 配 さ れ て い る と の 不 満 が 出 て き て 一 ! ) は 、 将 来 の 社 会 保 障 関 連 支 出 え る の だ 。 戦 後 結 成 さ れ た 「 経 済 同 も お か し く な い 。 多 数 の 高 齢 者 か ら の 伸 び に 強 力 な 制 約 を 加 え て お り 、 友 会 」 草 創 期 の 参 加 メ ン バ ー の 過 半 票 を 得 よ う と す る 政 治 家 が 、 何 か に 今 後 、 高 齢 者 を 喜 ば す バ ラ マ キ 政 策 0 が 三 十 5 四 十 代 の 経 営 者 た ち で あ っ つ け 高 齢 者 優 先 の 政 策 を 打 つ よ う に で 選 挙 を 有 利 に 戦 う こ と は で き な い 。 た こ と を 考 え る と 、 財 界 追 放 後 の 日 な る と い う 「 シ ル バ ー 民 主 主 義 。 の 公 的 債 務 の 一 部 は 年 金 財 源 の 収 支 ギ 本 の ビ ジ ネ ス リ ー ダ ー た ち の 若 々 し 弊 害 を め ぐ る 議 論 で あ る 。 世 代 間 の ャ ッ プ か ら 生 ま れ て お り 、 有 権 者 が い 活 力 に は 驚 か ざ る を 得 な い 。 公 正 と い う 視 点 か ら の バ ラ ン ス 回 復 き わ め て 合 理 的 か っ 賢 明 で あ れ ば 、 高 齢 化 で 人 事 が 停 滞 す る と 、 経 済 を 求 め る 直 截 な 方 法 は 、 選 挙 権 の 年 若 い 世 代 が 定 年 ま で の 厳 し い 勤 労 の 成 長 へ の 基 幹 的 な エ ン ジ ン と な る べ 齢 引 き 下 げ と い う 選 挙 制 度 の 改 正 で 時 期 の あ と に や っ て く る 年 金 生 活 の き 次 世 代 の 若 い 労 働 力 を 育 て に く く あ ろ う 。 し か し そ れ だ け で 「 老 い る 見 通 し が 立 て ら れ な い こ と に 気 付 く な る 。 長 期 的 な 視 野 で 作 り 上 げ ら れ 日 本 、 を 救 え る わ け で は な い 。 の も 当 然 で あ ろ う 。 た 次 世 代 の 人 材 を 育 成 す る シ ス テ ム で は 将 来 へ の 明 る い 見 通 し を 持 ち 若 者 は 反 乱 を 起 こ せ る か ? が 維 持 で き な く な る の だ 。 人 材 の 内 得 な い 若 年 層 は 、 今 後 ど の よ う な 政 人 口 の 高 齢 化 現 象 は 、 日 本 の マ ク 治 意 識 へ と 傾 斜 し て い く の か 。 ひ と 部 養 成 の 重 要 性 が 見 過 ご さ れ 、 「 即 戦 力 ー 「 流 動 化 と い っ た 近 視 眼 的 ロ 経 済 の 状 況 に 照 ら し 合 わ せ る と ど っ は 、 活 気 あ る 若 者 は 高 齢 者 の 政 治 な 政 策 に 走 る 近 年 の 傾 向 も 、 少 子 化 の よ う な 意 味 を 持 つ の か 。 年 金 、 医 的 支 配 の 程 度 の 低 い 国 へ 流 出 し て い が そ の 原 因 の ひ と っ と な っ て い る 。 療 、 介 護 な ど 高 齢 者 向 け の 社 会 保 障 く と い う 選 択 、 い ま ひ と つ は 、 た だ 人 口 の 老 齢 化 は 、 経 済 だ け で な く 関 連 の 政 府 支 出 が 増 大 の 一 途 で あ る じ っ と 我 慢 を 続 け て 刹 那 的 な 生 活 に 政 治 に も 甚 大 な 影 響 を 及 ぼ す 。 有 権 こ と は 、 若 い 勤 労 者 の 経 済 面 で の 負 終 始 す る と い う 姿 勢 で あ る 。 こ れ ら 者 に 占 め る 高 齢 者 の 割 合 が 上 昇 す る 担 が 重 く な る こ と へ と つ な が る 。 い ず れ の シ ナ リ オ も 、 「 経 済 活 性 化 と 、 議 会 や 政 府 が 高 齢 者 の 声 に 強 く の 二 倍 半 近 い 公 的 債 務 ( 世 界 に は 強 い 負 の 効 果 を も た ら す 。 若 年 せ つ な

中央公論 2016年7月号


F 「 0 ョ 市 d : 0 「 5 長 を 離 れ ま す が 、 『 中 央 公 論 』 ・ ニ 〇 六 〇 年 に は 日 本 の 人 口 の 四 〇 % の 挑 戦 は 続 き ま す 。 ム も よ か 六 十 五 歳 以 上 に な る と い う 。 自 分 が 編 集 後 記 ろ し く お 願 い し ま す 。 ( 安 部 ) 生 き て い れ ば 、 年 齢 だ け は 畏 れ 多 く も 今 の 寂 聴 先 生 、 キ ー ン 先 生 の 域 に 達 す 号 る わ け だ 。 獲 ら ぬ 狸 の 何 と や ら 。 し か 8 ☆ 「 シ ル バ ー 民 主 主 義 」 と い ☆ 人 工 知 能 に 精 神 力 は あ り ま し 、 そ こ か フ は ど う 見 え る 。 ( 吉 田 ) 巻 禎 2 座 す 0 田 51 接 室 の ソ フ ア で 「 す ま な ん だ な 5 」 う 言 葉 が 人 口 に 膾 炙 す る の は 、 せ ん 。 天 王 山 の 一 戦 を 気 合 で 光 池 田 叫 替 て 第 善 、 「 お 伊 勢 さ ん お 参 り に 行 け な ん だ 5 」 こ こ 数 年 の こ と で す 。 高 齢 者 乗 り 切 る こ と も 、 重 圧 に 負 け と 「 あ さ が 来 た 」 の 正 吉 さ ん の 臨 終 シ ー 論 禁 の 投 票 率 は 高 い の に 若 者 は 低 て 自 減 す る こ と も あ り ま せ ん 。 ン を 熱 演 す る 近 藤 正 臣 さ ん 。 ち ょ ん ま げ の 正 吉 さ ん と す る よ の さ ん の 姿 い た め 、 人 口 構 成 以 上 に 高 齢 そ こ が 、 人 間 と の 最 大 の 違 い 日 が 私 に は は っ き り 見 え ま し た 。 ( 安 俉 ) 光 子 6 者 の 声 が 政 策 に 反 映 さ れ や す だ と 思 い ま す 。 ・ 望 は 芍 薬 を 買 う 。 し ば し 花 弁 の 見 6 孝 大 ) 9 5 を の く な り 、 「 年 金 な ど 高 齢 者 向 ☆ 囲 碁 ・ 頂 上 対 談 で 、 羽 事 な グ ラ デ ー シ ョ ン に 見 入 る 。 花 一 = 葉 論 年 藤 西 醇 区 四 載 で 「 生 ま れ な が ら の 素 質 」 。 仕 事 柄 、 類 い 公 ・ 沁 0 土 法 け 給 付 は 手 厚 く 、 負 担 は 少 な 生 さ ん は 井 山 七 冠 の 精 神 力 を 理 重 八 千 0 斜 無 権 ま れ な 才 能 に 恵 ま れ た 方 々 に お 会 い し 、 央 代 都 告 → 式 の 作 く に な 0 て い る と さ れ ま す 。 「 自 己 管 理 が で き て い る 」 「 安 同 じ 人 間 か と 驚 く こ と 一 い 。 芍 薬 の 中 安 正 東 子 刷 記 ヒ 香 を 吸 い 込 み 、 妙 に 第 得 す る 。 ( 中 西 ) 体 編 ・ 島 8 電 印 載 日 ☆ 本 当 に そ う な の か 。 そ う だ 定 し て い る 」 と し て い ま 本 集 中 土 8 ネ 1 本 掲 夘 ・ 学 ま で は ド ラ マ の 話 で 盛 り 上 が っ と す れ ば 、 こ れ か ら の 民 主 主 す 。 一 方 で 、 数 々 の 鬼 手 ・ 妙 て い た 印 が あ る 。 「 あ れ 見 た ? 」 と い 部 作 写 公 弡 ・ 一 ス 話 が 成 り 立 た な く な っ た の は 高 校 価 大 央 釵 所 製 義 は ど う あ る べ き か 。 若 者 の 手 で 局 面 を 打 開 し て き た 人 に 定 . 田 中 0 :z 刷 複 く ら い か ら か 。 い ま や ド 一 フ マ を 見 て い 号 長 吉 ・ 集 印 の 声 を 反 映 さ せ よ う と 十 八 歳 選 し て 、 常 識 破 り の 独 創 的 な 手 月 集 る と い う だ け で 珍 し が ら れ る 時 代 。 フ 断 無 挙 権 と な る 今 夏 の 参 院 選 を 前 は 簡 単 で は な い 、 と も 。 年 集 発 話 / ア ン と し て は 寂 し い 限 り で す 。 ( 杉 本 ) ま ・ い つ も 通 る 平 坦 な 道 で 転 ん だ 。 し か 成 晶 に 、 特 集 「 シ ル バ ー 民 主 主 義 ☆ 長 丁 場 を 勝 ち 抜 く 秘 訣 は 、 平 も ポ ケ ッ ト に 手 を 入 れ て い た の で 、 上 ジ に 耐 え ら れ る か 」 で 考 え ま す 。 乾 坤 一 擲 の 大 技 で は な く 、 黹 か ら 落 ち た 。 し ば ら く す る と じ ん じ ん 痛 み が 。 「 肋 骨 に ヒ ビ が 入 っ て い ム ☆ こ の 二 年 余 。 「 総 合 論 壇 誌 つ も の 力 を 出 し 切 る こ と の よ る よ う で す 」 。 全 治 一 カ 月 と い う 診 ホ だ か ら で き る こ と 」 を 考 え 続 う で す 。 「 敵 は 己 の 中 に あ り 」 工 簡 な こ と で 日 常 は 揺 ら ぐ 。 ( 池 田 ) け て 来 ま し た 。 こ の 号 で 編 集 と 読 み ま し た 。 ( 齋 藤 ) July 2016 CHUOKORON 266

中央公論 2016年7月号


一 ~ は か 在 の 日 本 で は 「 シ ル バ ー 民 主 主 義 [ の 弊 害 が 指 摘 さ れ る こ え , か 章 と が 多 く な っ て い る 。 例 え ば 、 日 本 考 成 の 本 は 現 在 、 一 〇 〇 〇 兆 円 を 超 え る 巨 額 を ◆ ◆ の 長 期 債 務 残 高 を 抱 え て い る 。 財 政 度 ー 再 建 が 急 務 で あ り 、 少 な く と も こ れ 制 る 岡 以 上 借 金 を 増 や さ な い よ う に す る こ 群 寸 き ー バ ラ ン ス と ( 要 す る に 、 。 フ ラ イ マ リ の 黒 字 化 ) の 必 要 性 は 多 く の 人 が 認 識 し て い る は ず な の に 、 な か な か 達 成 で き な い 。 勤 現 年 金 、 医 療 な ど の 社 会 保 障 給 付 の 拡 大 が も た ら さ れ る 反 面 、 少 数 派 で あ る 若 年 ・ 中 年 者 層 の 意 見 が 政 治 に ン ョ 反 映 さ れ に く く な り 、 家 族 政 策 の よ シ う な 若 年 者 層 向 け の 施 策 は な か な か 的 実 施 さ れ な い 。 レ 日 本 で は 急 速 に 少 子 高 齢 化 が 進 展 ュ ム ロ し 、 人 口 が 減 少 し 続 け 、 国 立 社 会 保 、 、 、 障 ・ 人 口 問 題 研 究 所 の 「 日 本 の 将 来 、 ン 推 計 人 口 ( 平 成 二 十 四 年 一 月 推 計 ) 」 現 岡 山 大 学 教 授 に よ る と 、 今 後 一 〇 〇 年 間 で 日 本 の 総 人 口 は 約 三 分 の 一 に 縮 小 す る こ と が 予 測 さ れ て い る ( 参 考 推 計 ) 。 少 2 子 化 対 策 を 充 実 さ せ る 一 」 と の 必 要 性 も 多 く の 人 が 認 識 し て い る に も か か わ ら ず 、 子 育 て 支 援 な ど の 家 族 政 策 に 対 す る 公 的 支 出 は 、 国 際 的 に み て 低 水 準 の ま ま で あ る 。 の 最 新 の デ ー タ に よ る と 、 日 本 の 家 族 給 付 の 公 的 支 出 額 ( 対 比 ) は 0 加 盟 一 二 三 カ 国 中 二 五 位 三 〇 一 一 年 ) で あ る 。 例 え ば 、 二 〇 一 一 年 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 の 復 興 対 策 に 当 た っ て 、 そ の 財 源 を 捻 出 す る 際 、 「 公 的 年 金 ー は 削 減 対 象 に な ら な か っ た 一 方 で 、 「 子 ど も 手 当 [ は 真 っ 先 に 削 減 の 対 象 と な っ た こ と は 象 徴 的 な 出 来 事 で あ る 。 高 齢 者 層 の 政 治 へ の 影 響 力 の 増 大 は 、 世 代 間 の 不 公 平 に つ な が り 、 こ れ が 若 者 の 政 治 的 無 関 心 を 引 き 起 一 」

中央公論 2016年7月号


日 成 全 集 』 が 一 〇 〇 巻 に ま で な っ た 。 主 義 で 国 家 を 統 治 し た わ け で す が 、 恐 る べ き 北 朝 鮮 の 土 木 技 術 新 し い 政 策 を 行 う た び に 、 そ れ に あ そ れ と 同 じ で す 。 い わ ば 金 正 恩 が っ た 金 日 成 の 「 御 遺 訓 」 が 見 つ か る 「 脱 ・ 金 日 成 、 脱 ・ 金 正 日 」 を 果 た 山 内 今 日 は 現 在 話 題 に な っ て い る し た と い う こ と で し よ う 。 北 朝 鮮 危 機 や ト ラ ン プ 現 象 な ど に つ と い う こ と が 繰 り 返 さ れ た の で す 。 い て 、 語 り 合 い た い と 思 い ま す 。 山 内 捏 造 と 言 っ て い い の で し よ う 山 内 そ れ で 、 三 六 年 ぶ り の 党 大 会 を 開 い た わ け で す ね 。 ま ず 、 北 朝 鮮 。 三 六 年 ぶ り に 朝 鮮 ね ? 最 近 、 「 北 朝 鮮 が — co ( 「 イ ス ラ ム 労 働 党 大 会 が 開 か れ ま し た ね 。 前 任 佐 藤 も ち ろ ん 、 捏 造 で す ( 笑 ) 。 そ し て 今 の 金 正 恩 が 三 代 目 と し て 権 国 」 ) と 接 近 し て い る ら し い 。 具 体 的 者 た ち と の 関 係 で ど う 見 ま す か 。 佐 藤 前 回 の 第 六 回 党 大 会 ( 一 九 八 力 を 継 承 し て ほ ど な く 『 金 日 成 著 作 に 今 年 一 月 、 北 朝 鮮 か ら に 、 中 〇 年 ) は 、 金 日 成 が 全 社 会 の 主 体 集 』 が 全 一 〇 〇 巻 で 完 結 し た と 発 表 東 の 支 配 地 域 で 武 器 援 助 や 軍 事 訓 練 ( チ ュ チ ェ ) 化 を 唱 え 、 金 正 日 を 常 さ れ 、 金 正 恩 の 著 作 が 刊 行 さ れ ま し を す る 代 わ り に 韓 国 で —()n が テ ロ を 任 幹 部 会 委 員 に 就 任 さ せ て 世 襲 制 で た 。 こ の な か で 金 正 恩 は 「 わ が 国 、 す る よ う に ス ワ ッ プ の 申 し 込 み が あ わ が 党 は 今 後 、 金 日 成 ・ 金 正 日 主 義 っ た 」 と い う 情 報 が あ る 。 詳 細 は こ い く こ と を 宣 言 、 従 来 の マ ル ク ス ・ れ か ら 判 明 す る で し よ う が 、 恐 ろ し レ ー ニ ン 主 義 と 決 別 し た 大 会 で し た 。 で 行 く 」 と 宣 言 し て い ま す 。 山 内 ス タ ー リ ン が マ ル ク ス ・ レ ー い 情 報 で は あ り ま す 。 韓 国 の 現 政 権 次 の 金 正 日 時 代 は 「 先 軍 政 治 」 、 ニ ン 主 義 を 唱 え た の に 似 て い ま す ね 。 は 北 朝 鮮 に 強 硬 策 を 採 っ て お り 、 米 軍 部 主 導 の 政 治 で し た が 、 建 前 で は て っ 金 日 成 の 「 御 遺 訓 」 に 従 う こ と に な 佐 藤 マ ル ク ス ・ レ ー ニ ン 主 義 は 、 韓 軍 事 演 習 も 盛 ん に 行 わ れ て い る 。 っ て い ま し た 。 面 白 い の は 金 正 日 時 ス タ ー リ ン が マ ル ク ス と レ ー ニ ン と 後 ろ 盾 の は ず の 中 国 も 、 北 朝 鮮 へ の 代 を 通 じ て 「 御 遺 訓 」 が 増 え て い る い う 偉 大 な る 先 達 の イ デ オ ロ ギ ー を 敵 意 を 隠 そ う と し な い し 、 無 視 し ょ 方 こ と で す 。 金 日 成 の 生 前 全 八 巻 だ っ 継 承 し て い る よ う に 見 せ て 、 全 く 新 う と し て い る 。 若 き 独 裁 者 の 金 正 恩 に は 、 祖 父 や 父 の 、 あ る 種 の 現 実 感 た 『 金 日 成 著 作 集 』 が 四 四 巻 、 『 金 し い イ デ オ ロ ギ ー 、 即 ち ス タ ー リ ン

中央公論 2016年7月号


そ し て 、 政 党 側 も 若 者 を 見 据 え た キ ャ ン ペ ー ン を 積 極 難 し い 問 題 だ 。 自 民 党 や 民 進 党 な ど 主 要 政 党 に は 政 策 的 ル ズ に 重 な る 部 分 も 多 い 。 争 点 に な り 得 る 集 団 的 自 衛 権 や 原 的 に 行 っ て い る 。 SEALDs な ど の 影 響 も あ る の だ ろ う 。 発 だ っ て 、 自 分 な り の 考 え を 整 理 す る の は 大 変 だ 。 今 の 実 際 に 新 し く 加 わ る 有 権 者 の 数 以 上 に 、 今 回 の 選 挙 は こ の 日 本 の 政 治 情 勢 の 中 で 、 自 信 を 持 っ て 投 票 が で き る 「 若 者 、 と い う 存 在 が 意 識 さ れ て い る 。 彼 ら 自 身 の 政 治 人 と い う の は 、 よ ほ ど 自 分 な り の 正 義 を 信 じ ら れ る 人 か 、 意 識 に も 変 化 が 見 ら れ る 。 SEALDs に は 「 3 ・ Ⅱ を き つ か け に 政 治 に 興 味 を 持 っ た 」 と い う 若 者 が 多 い 。 政 府 大 し て も の を 考 え て い な い 人 く ら い の も の だ ろ う 。 の 原 発 事 故 へ の 対 応 を 見 て 「 大 人 に 全 て を 任 せ て お い て さ て 、 十 八 歳 選 挙 権 は こ の 国 に ど れ ほ ど の イ ン パ ク ト を も た ら す の だ ろ う か 。 結 論 か ら 一 一 一 一 口 え ば 、 選 挙 権 が 一 一 歳 は ダ メ だ 」 と い う こ と に 気 付 い た ら し い の だ 。 去 年 の 安 引 き 下 げ ら れ た と こ ろ で 、 社 会 は ほ ぼ 何 も 変 わ ら な い は 保 を め ぐ る 騒 乱 を 見 て 、 そ の 思 い を 強 く し た 若 者 も 多 い だ が 、 よ り 重 要 な の は 被 選 挙 権 年 齢 の 引 き 下 げ だ と 思 ず だ 。 な ぜ な ら 、 日 本 に は 有 権 者 が 約 一 億 人 い る が 、 新 う 。 海 外 で 一 一 十 代 の 大 臣 は 当 た り 前 。 カ ナ ダ な ど 、 国 の た に 有 権 者 に 加 わ る の は た っ た 二 四 〇 万 人 に 過 ぎ な い 。 ト ッ プ が 四 十 代 と い う 国 も 珍 し く な い 。 高 齢 政 治 家 が 一 本 当 に 微 々 た る 割 合 で あ る 。 し か し 楽 観 的 に 考 え た 場 合 、 十 八 歳 選 挙 権 を き っ か け 概 に 悪 い と い う わ け で は な い が 、 ク ー ル ジ ャ パ ン 担 当 大 臣 な ん て ど う 考 え て も 六 十 代 の お じ い ち ゃ ん よ り も 、 一 一 に 、 社 会 が 変 わ り 始 め る 可 能 性 は あ る 。 十 代 の ほ う が い い に 決 ま っ て い る 。 べ ン チ ャ ー の 世 界 で ま ず 、 十 代 の 投 票 率 は 、 一 一 十 代 よ り も 高 く な る と 思 う 。 今 ま で は 一 一 十 歳 に な っ た と こ ろ で 、 勝 手 に 投 票 用 紙 が 届 は 二 十 代 で の 成 功 な ん て も は や 珍 し く も 何 と も な い 。 政 重 っ 治 の 要 職 に 若 者 が あ ま り に も 少 な い の は 異 常 だ ( 若 い 政 く だ け 。 住 民 票 を 実 家 の 住 所 に し て あ る 大 学 生 な ど は 、 選 挙 の 存 在 さ え 知 ら な い 可 能 性 も あ っ た 。 し か し 十 八 歳 治 家 は 六 十 七 歳 都 知 事 の よ う に 、 フ ァ ー ス ト ク ラ ス を 要 求 し 権 選 歳 な い だ ろ う し ) 。 被 選 挙 権 年 齢 が 引 き 下 げ ら れ て 初 め て 、 選 挙 権 に つ い て こ れ ほ ど 報 道 さ れ て い る か ら 、 こ れ ま で 政 治 が 若 者 の こ と を 本 気 で 迎 え 入 れ た こ と に な る 。 C の 選 挙 よ り 認 知 は さ れ て い る だ ろ う 。 2

中央公論 2016年7月号


( 育 児 支 援 の 促 進 ・ 年 金 給 付 の 抑 制 ) 方 箋 と し て 幾 つ か の 選 挙 制 度 の 改 革 例 し た 定 数 の 議 員 を 選 ぶ た め 、 た と が 実 施 さ れ な い と い う 、 い わ ゆ る 案 が 考 案 ・ 提 唱 さ れ て い る 。 代 表 的 え 青 年 区 の 有 権 者 の 投 票 率 が 低 く て も 必 ず 人 口 比 率 に 応 じ た 議 員 が 青 年 「 シ ル バ ー 民 主 主 義 」 の 弊 害 が 如 実 な 選 挙 制 度 改 革 案 と し て 、 ド メ イ ン に 表 れ る 結 果 と な っ た 。 こ の よ う な 投 票 方 式 ・ 世 代 別 選 挙 区 制 度 ・ 余 命 区 か ら 選 ば れ 、 若 者 の 意 見 が 政 治 に 結 果 が 出 た 主 な 理 由 と し て 、 日 本 で 別 選 挙 制 度 の 三 つ を 取 り 上 げ る こ と 反 映 さ れ や す く な る と い う メ リ ッ ト が あ る 。 最 後 に 余 命 別 選 挙 制 度 ( 余 は 既 に 高 齢 者 の 人 口 比 率 が 非 常 に 高 に す る 。 く な っ て い る こ と ( 総 人 口 に 占 め る こ れ ら の 選 挙 制 度 に つ い て 簡 単 に 命 投 票 方 式 ) は 、 一 橋 大 学 の 竹 内 幹 六 十 五 歳 以 上 人 口 の 割 合 〔 高 齢 化 率 〕 説 明 す る と 、 ま ず ド メ イ ン 投 票 方 式 准 教 授 に よ り 提 唱 さ れ た 投 票 方 式 で 、 は 、 二 〇 一 四 年 時 点 で 二 六 ・ 〇 % で あ は 、 ハ ン ガ リ ー 出 身 の ア メ リ カ の 人 投 票 権 に 有 権 者 の 余 命 に 応 じ て 重 み る ) 、 若 者 の 投 票 率 が か な り 低 い こ ロ 学 者 ポ ー ル ・ ド メ イ ン 氏 に よ り 一 を つ け 、 若 い 人 の 一 票 を 高 齢 者 の 一 票 よ り も 重 く ウ ェ イ ト 付 け す る 投 票 と 三 十 代 の 若 者 の 投 票 率 は 、 六 十 代 九 八 六 年 に 考 案 さ れ た 投 票 方 式 で 、 の 高 齢 者 の お よ そ 半 分 に す ぎ な い ) 、 未 成 年 に 投 票 権 を 与 え 、 親 が 子 ど も 方 式 で あ る 。 例 え ば 、 一 一 十 歳 の 有 権 お よ び 、 効 用 の 改 善 す る 十 九 歳 以 下 に 代 わ っ て 投 票 を 行 う と い う も の で 者 の 一 票 を 六 四 票 と カ ウ ン ト し 、 八 の の 若 い 世 代 と こ れ か ら 生 ま れ る 将 来 あ る 。 次 に 世 代 別 選 挙 区 制 度 は 、 政 十 歳 の そ れ を 一 〇 票 と カ ウ ン ト す る れ 世 代 が 投 票 に 参 加 で き な い こ と が 挙 策 研 究 大 学 院 大 学 の 井 堀 利 宏 教 授 と や り 方 が 考 え ら れ る 。 一 」 の 投 票 方 式 諛 え 耐 げ ら れ る 。 慶 應 義 塾 大 学 の 土 居 丈 朗 教 授 に よ り は 、 憲 法 の 「 法 の 下 の 平 等 」 の 点 で 政 主 提 唱 さ れ た 投 票 方 式 で 、 有 権 者 を 年 問 題 が あ る と 思 わ れ る か も し れ な い 減 民 一 シ ル バ ー 民 主 主 義 を 齢 階 層 別 に グ ル ー 。 フ 分 け し 、 例 え ば 、 が 、 ラ イ フ サ イ ク ル 全 体 を 通 し て み 克 服 す る 解 決 策 一 一 十 5 三 十 代 を 青 年 区 、 四 十 5 五 十 る と 投 票 価 値 の 平 等 は 担 保 さ れ て い 金 年 こ の よ う な 問 題 を 解 決 す る べ く 、 代 を 中 年 区 、 六 十 代 以 上 を 老 年 区 と る 。 集 「 シ ル バ ー 民 主 主 義 、 を 克 服 す る 処 す る 。 各 グ ル ー プ か ら 有 権 者 数 に 比 本 分 析 で は 、 ド メ イ ン 投 票 方 式 を 特

中央公論 2016年7月号


ま た 、 3 ・ Ⅱ 前 に は 、 ボ ラ ン テ ィ 論 に 加 わ れ る テ ー マ で な く な っ て い 選 挙 以 外 の ア プ ロ ー チ が あ る こ と を る 。 若 者 の 政 治 意 識 は 高 ま り つ つ あ ア を 希 望 す る よ う な 若 者 の 意 識 は 、 若 者 も 理 解 し つ つ あ る 。 る の に 、 投 票 率 が 上 が ら な い 理 由 に 佐 藤 僕 も 若 い 人 た ち の 政 治 意 識 は 概 し て 途 上 国 に 向 け ら れ て い た 。 は 、 こ う し た 政 治 の 難 解 さ も 背 景 に 変 化 し て い る と 思 い ま す 。 や 「 学 校 を 建 て た い 」 「 地 雷 を 除 去 し た な ど の 市 民 団 体 が 、 随 分 と 一 い 」 と い っ た 具 合 で す 。 貢 献 し た と あ る と 思 い ま す 。 い う 手 ご た え が 大 き い か ら だ と 思 い 原 田 若 者 の 投 票 権 棄 権 理 由 の 調 査 般 的 に な っ て 、 若 者 が 関 わ り や す く な っ て い る こ と が 一 因 で は な い で し ま す が 、 3 ・ Ⅱ を き っ か け に 、 日 本 な ど を み て い る と 、 二 十 代 の 自 分 に は 政 治 は よ く わ か ら な い か ら ー ー と の 若 者 は 自 国 内 に 問 題 が 山 積 し て い い う 回 答 も 多 い 。 い ま の 若 手 の 官 僚 な ど は そ う い う る こ と に 気 付 い た と 思 っ て い ま す 。 空 気 の 中 で 学 生 時 代 を 送 っ て い ま す 子 ど も の 貧 困 な ど も そ の 一 つ だ と 思 確 か に 安 全 保 障 や 経 済 、 社 会 保 障 い ま す 。 だ か ら 、 い ま 、 若 者 は 動 き な ど 大 き な 話 に な る と 、 思 考 停 止 に か ら 、 あ ら ゆ る 場 面 で 行 政 と 市 民 団 体 が 手 を 結 ぶ こ と が で き る 場 面 は 増 だ し て い る と い う の が 僕 の 仮 説 で す 。 な っ ち ゃ う 若 者 は 多 い で す ね 。 ど う し て い い の か わ か ら な い 、 ど う し ょ え て い る よ う に 思 い ま す 。 有 識 者 会 ケ 若 者 が 選 挙 に う も な い と い う 不 安 感 も あ る の で す 議 や 諮 問 会 議 に は あ ら ゆ る や 行 か な い ワ ケ が 、 動 き 方 が わ か ら な い 。 ら , が 呼 ば れ る よ う に な っ て い ま れ 耐 す し ね 。 佐 藤 そ の 一 方 で 、 や つ ば り 「 お 佐 藤 分 け て 考 え る 必 要 が あ り ま す 誓 原 田 や zc50 な ど も 学 生 の 上 」 が 何 か し て く れ る と い う 感 覚 も 、 ね 。 つ ま り 、 手 の 届 く 範 囲 の 問 題 は 、 J 力 を 使 お う と す る 機 運 が 高 ま っ て も も の す ご く 強 い で す よ ね 。 と い う の あ る 程 度 、 地 方 議 員 や 行 政 担 当 者 な 票 シ い ま す ね 。 加 え て 、 政 府 の 審 議 会 の も 、 日 本 は 成 熟 社 会 で あ る こ と も あ ど と 組 み な が ら 投 票 の 外 側 で も 解 決 都 若 っ て 、 社 会 保 障 や 安 全 保 障 な ど の 制 を 模 索 す る こ と が で き る 。 他 方 、 憲 審 議 委 員 に ZP-*O の 若 手 が 呼 ば れ る ◎ 特 . 機 会 も 増 え て い る よ う に 思 い ま す 。 度 が と て も 複 雑 に な っ て 、 簡 単 に 議 法 を は じ め と す る 安 全 保 障 や 社 会 保

中央公論 2016年7月号


ス テ ィ ッ ク な 改 革 で あ る 余 命 別 選 挙 も た ら し 、 よ り い っ そ う 少 子 高 齢 テ ィ ッ ク な 選 挙 制 度 改 革 を 早 急 に 実 制 度 と 、 次 に 有 効 な ド メ イ ン 投 票 方 化 ・ 人 口 減 少 の 流 れ に 拍 車 を か け る 施 す る べ き で あ ろ う 。 も ち ろ ん 改 革 に は 大 き な 痛 み を 伴 う が 、 こ れ が パ 式 を 同 時 に 実 施 す る 必 要 が あ る と い こ と に な る 。 す な わ ち 、 少 子 高 齢 化 う 極 め て 厳 し い 状 況 を 示 し て い る 。 の 進 展 が 「 シ ル バ ー 民 主 主 義 [ を も レ ー ト 改 善 を 達 成 で き る 望 ま し い 改 し か し な が ら 、 こ れ ら 二 つ の 選 挙 制 た ら し 、 今 度 は 、 シ ル バ ー 民 主 主 義 革 で あ り 、 無 限 先 の 将 来 ま で 視 野 に 入 れ た 全 体 の 経 済 厚 生 が 高 ま る も の 度 の 改 革 案 は 、 年 齢 に よ っ て 一 票 の が さ ら に 少 子 高 齢 化 を 加 速 す る と い う 負 の ス パ イ ラ ル に 陥 っ て い る の で で あ る こ と を 認 識 す る 必 要 が あ る 。 価 値 が 大 き く 異 な っ た り 、 乳 幼 児 に 。 オ 、 カ こ の よ う な 悪 循 環 を 断 ち 改 革 を 実 施 す る こ と が 何 よ り も 大 事 も 選 挙 権 を 与 え た り す る な ど 、 大 き ょ よ 、 、 。 な 変 化 を 伴 う た め 、 実 際 に 導 入 す る 切 る た め 、 い よ い よ ド ラ ス テ ィ ッ ク で 、 も し こ れ を 行 う こ と が で き れ ば こ よ 、 ー ド ル が 高 い 。 こ の た め 、 選 な 選 挙 制 度 改 革 を 断 行 す べ き 時 期 に 得 ら れ る 果 実 は 大 き い 。 た と え 損 失 挙 制 度 改 革 の 実 現 可 能 性 の 面 で は 、 来 て い る の で は な い だ ろ う か 。 こ 一 」 を 被 る 高 齢 者 に そ の 損 失 分 に 相 当 す 当 面 は 「 世 代 別 選 挙 区 制 度 の 導 入 」 で 取 り 上 げ た 選 挙 制 度 改 革 案 は 、 現 る ( 金 銭 的 な ) 補 償 を 行 っ た と し て が 最 も 現 実 的 な 改 革 案 と 考 え ら れ る 。 実 離 れ し た 劇 的 な も の ば か り で 、 実 も ま だ 余 り あ る の で あ る 。 選 挙 制 度 際 に は 世 界 の ど の 国 で も 実 施 さ れ て 改 革 に よ り 、 若 者 世 代 に 蔓 延 す る 閉 れ 今 こ そ 大 胆 な 選 挙 制 度 改 革 を い な い と い う 反 論 が あ る か も し れ な 塞 感 を 取 り 除 き 、 長 期 的 な 視 点 に 立 一 ん 耐 「 シ ル バ ー 民 主 主 義 ー の 弊 害 は 、 。 し か し 、 日 本 の 現 在 の 少 子 高 齢 っ た 政 策 が 実 施 可 能 と な る 。 そ し て 、 政 主 元 々 少 子 高 齢 化 の 進 行 に 伴 っ て も た 化 が 世 界 で ど の 国 も 経 験 し た こ と の 財 政 破 綻 や 急 激 な 人 口 減 少 を 回 避 す 主 減 民 ら さ れ た も の で あ る が 、 高 齢 者 層 向 な い 、 未 曽 有 の 水 準 に 達 し て い る と る こ と に よ っ て 、 将 来 に わ た っ て 持 艙 ン け の 福 祉 の 縮 小 が 難 し い と は い え 、 い う 現 実 を 直 視 し な け れ ば な ら な い 。 続 可 能 な 社 会 を 構 築 し 、 未 来 へ の 展 金 年 シ ル バ ー 民 主 主 義 が も た ら す 悪 循 望 を 切 り 開 く こ と が 可 能 と な る で あ 若 年 者 層 向 け の 家 族 支 援 が 低 く 抑 え ◎ 特 。 ら れ る こ と は 、 子 育 て 環 境 の 悪 化 を 環 を 断 ち 切 る 選 択 、 す な わ ち ド ラ ス ろ う 。