検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 10 武者小路実篤 集

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集から 476件ヒットしました。

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


318 自 分 達 四 人 は 船 で 日 向 に 入 っ た 。 角 小 林 に つ い て も 、 も う 暗 い の で 、 霧 島 も 見 え な か っ た 。 翌 日 郡 長 に 逢 い 、 土 地 の こ と を 聞 き 、 役 所 の 人 に 案 内 し て も ら っ て 土 地 を 捜 し た 。 と ど ろ 十 日 の 午 後 六 時 頃 船 は 日 向 の 土 々 呂 に つ い た 。 其 処 で 自 そ れ か ら 毎 日 、 捜 し て 歩 い た 。 朝 早 く 出 て 日 が く れ て 帰 分 達 は 始 め て 日 向 の 土 地 を 踏 ん だ 。 我 等 の 上 に 幸 あ れ 。 っ た 。 出 る 時 は 今 日 こ そ は と 思 っ た 。 帰 る 時 は 「 明 日 こ そ 我 等 が 浜 の 砂 の 上 に 立 っ た 時 、 一 人 の 青 年 が 自 分 達 の 雑 は ー と 思 っ た 。 ひ ざ ま ず 誌 を も っ て 立 っ て い る の を 見 た 。 自 分 は そ れ を 見 る と す ぐ 何 か に 祈 り た い 気 が し た 。 土 地 の 上 に 跪 い て 祈 り 、 土 地 ち か づ い て 行 っ た 。 に 接 吻 し て よ き 土 地 が 得 ら れ る な ら ば 、 自 分 達 は よ ろ こ ん 果 し て 小 林 方 面 の 土 地 を 知 ら せ て く れ た 人 だ 。 こ の 人 は で 土 地 に 接 吻 し た ろ う 。 土 々 呂 か ら 一 里 半 程 離 れ た 処 の 小 学 校 の 先 生 を し て い た 。 し か し 思 わ し い 処 は な か っ た 。 今 日 で 三 日 の 間 毎 日 一 里 半 程 の 処 を 迎 え に 来 て く れ た の だ そ し て 毎 日 自 分 達 に 親 切 に は し て く れ る が 、 何 と な く 敬 そ う だ 。 自 分 達 は よ ろ こ ん だ 。 そ し て 気 丈 に 思 っ た 。 自 分 遠 主 義 を と る 村 長 そ の 他 に 逢 う と 、 心 細 い 気 が し な い わ け 達 は そ の 晩 延 岡 に 泊 っ た 。 に は ゆ か な か っ た 。 自 分 達 を 理 解 し な い 人 を 、 利 用 す る 、 そ れ は 何 と な く び っ た り し な い こ と だ っ た 。 そ の 人 達 の 親 こ れ 切 に 甘 え よ う と す る 自 分 達 が 賤 し い よ う な 気 が し た 。 之 も そ の 晩 小 林 方 面 の 話 を き く と 、 も う 他 を さ が す 気 に な れ 兄 弟 姉 妹 の 為 だ と 云 い わ け は し て 見 る 。 し か し 心 の 空 虚 さ な か っ た 、 一 直 線 に 小 林 に ゆ く こ と に し た 。 は 否 め な か っ た 。 そ う 云 う 人 に つ づ け て 三 度 逢 っ た 時 は 、 さ び そ し て 皆 に 敬 遠 主 義 を と ら れ た 時 は 淋 し い 気 が し た 。 一 四 あ る 新 聞 か ら は 我 等 は 若 い 男 や 女 を 迷 わ す も の と し て 危 小 林 に 着 、 た の は 翌 々 日 の 晩 だ っ た 。 そ の 前 の 晩 は 自 分 険 視 さ れ た 。 し か し 小 林 に い る 二 人 の 人 が 我 等 の 仕 事 に 厚 お そ 意 を 見 せ て く れ た 。 或 日 宮 崎 の 若 い 人 か ら 随 分 熱 心 に 自 分 達 は 雨 に び っ し よ り 降 ら れ て あ る 町 の 宿 屋 に 夜 遅 く つ い た が 、 断 ら れ て 他 の 宿 屋 に 泊 り 、 翌 日 乗 合 馬 車 で 十 何 里 走 ら 達 の 仕 事 を 賛 成 し て 来 た 。 又 東 京 そ の 他 の 仲 間 か ら は た え ず 、 慰 め て く れ 、 鼓 舞 し て く れ た 。 せ 、 福 島 か ら 汽 車 に の っ て 小 林 に 降 り た 。 役 場 の 人 や 新 聞 記 者 が ど う し て 知 っ た か 迎 え に 来 た 。 切 そ れ 等 に 自 分 達 は ど の 位 、 感 謝 し た ろ う 。 皆 を よ ろ こ ば の べ お か せ つ せ つ ぶ ん

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


孫 た ち と 娘 夫 婦 に 囲 ま れ て ( 昭 和 二 十 八 年 六 月 二 十 八 日 ) ー ハ ー 諟 者 小 路 と と も に 講 演 会 を 開 き 、 機 関 誌 で 訴 え 、 実 際 に け ・ れ 、 : フ 土 地 の 選 定 に 出 向 く な ど 、 軒 昻 た る 活 動 を 開 始 し て い る 。 そ れ ら の 様 相 は 、 『 或 る 男 』 の 最 終 場 面 や 「 土 地 』 と 題 さ れ た ル ポ ル タ ー ジ ュ ふ う の 小 説 で 力 強 く 描 か れ て い る 。 従 来 、 文 学 者 と い え ば 、 狭 い 文 壇 の な か で 、 文 士 同 志 の 交 友 に あ け く れ し 、 互 い に 刺 激 し あ う と 同 時 に 、 し っ と は ん も く 嫉 妬 反 目 し あ う よ う な 日 々 を 送 っ て い た 。 そ う い う な か で 、 い わ ゆ る 文 壇 小 説 、 友 達 小 説 、 私 小 説 な る も の か さ か ん に つ く ら れ よ う と し て い た の で あ る が 、 こ の 種 の 武 者 小 路 の 行 動 は 、 そ の よ う な 状 況 に 一 喜 一 憂 せ ぬ 文 壇 ば な れ 、 文 士 ば な れ し た も の で あ っ た 。 勿 論 、 『 お 目 出 た き 人 』 や 『 世 間 知 ら ず 』 に 象 徴 さ れ る 「 自 己 小 説 」 な る も の は 、 率 直 な 自 己 の 露 出 と い う 点 で 、 私 小 説 の 一 源 流 に な っ て い る の だ が 、 こ の 「 新 し き 村 」 の 壮 挙 は 、 そ の よ う な 文 学 的 な 小 主 観 を 一 挙 に 押 し 流 す 力 を も 付 与 し た と も い え る 。 「 新 し き 村 」 在 住 中 の 武 者 小 路 の 作 品 に 、 ユ ニ ー ク な 思 想 小 説 『 幸 福 者 』 や 『 第 三 の 隠 者 の 運 命 』 、 客 観 小 説 と し て み ご と に 成 功 し む ほ う し た 『 友 情 』 、 天 衣 無 縫 な 戯 曲 『 人 間 万 歳 』 や 深 刻 で リ ア ル な 内 容 を 持 っ た 戯 曲 「 愛 慾 』 な ど が あ る が 、 い す れ も 、 名 実 と も に 武 者 小 路 文 学 の 代 表 作 の 誉 を か ち 得 て い る 、 と い う 事 実 を あ ら た め て 見 直 す 必 要 が あ ろ て ん

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


學 ぶ に 絮 ず 實 篤 物 響 、 う 。 も し も こ の 「 新 し き 村 」 の 建 設 、 及 び そ れ と 同 時 年 平 行 的 に 書 か れ た こ れ ら の 作 品 群 の 存 在 が な か っ た な 昭 ら ば 、 今 日 は ど の 武 者 小 路 の 名 声 は か ち 得 ら れ な か っ た か も 知 れ な い 。 そ れ ほ ど こ の 時 期 は 、 彼 に と っ て 大 左 氏 切 な 時 期 で あ っ た の で あ る 。 哉 「 新 し き 村 」 建 設 へ の 自 信 を 支 え た も の の ひ と つ に 、 直 賀 「 白 樺 」 の 広 範 に 広 が っ た 影 響 圏 の 問 題 が あ っ た 。 「 エ 志 ゴ 」 を は じ め と す る い わ ゆ る 「 白 樺 」 衛 星 誌 と 称 さ れ AJ た け の こ 婦 る 一 群 の 周 辺 雑 誌 が 、 雨 後 の 筍 の 如 く 、 大 正 五 年 前 後 篤 に は 輩 出 し 、 「 白 樺 」 内 に お い て は 、 武 者 小 路 、 長 與 よ し ろ う せ ん げ も と な ろ 実 善 郎 ら に 岸 田 劉 生 や 千 家 元 麿 ら が 強 く 結 び つ き 、 「 白 て 樺 」 主 流 な る も の が 形 成 さ れ 、 「 白 樺 」 全 盛 期 を 迎 え 、 会 生 田 長 江 ら の 自 然 主 義 前 派 と い う 相 当 に 手 き び し い 抑 祝 制 に 対 し て も 、 微 動 だ に も し な か 「 た は ど の 力 を 蓄 積 稀 し て い た の で あ る 。 そ れ は 勿 論 、 大 正 デ モ ク ラ シ ー の ぐ ど う 気 運 や 宗 教 的 、 求 道 的 気 分 と も 大 い に か ら み あ っ て の こ と で は あ っ た 。 こ う い う 自 信 を 背 景 に し て の 羽 ば た 実 篤 筆 の 書 軸 ( 昭 和 三 十 年 頃 ) き で あ っ た が 故 に 、 い よ い よ 「 新 し き 村 」 建 設 の 第 一 歩 が は し ま る と こ ろ ま で 書 き こ ま れ た 『 或 る 男 』 の 最 末 尾 に は 、 「 彼 は つ く ら れ た ま ま す な お に 生 き た が っ て い る 。 又 自 分 が 運 命 に 守 護 さ れ て い る と 思 っ て い る 。 彼 は ト 高 き 処 に 立 ち ど ま っ て あ と か ら く る 若 者 達 に 挨 拶 を

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


ト イ を 愛 し 、 ト ル ス ト イ に 逢 っ た 夢 を 見 、 ト ル ス ト イ か ら き る の だ と 思 う 。 人 間 は そ う つ く ら れ て い る の だ と 思 う 。 写 真 を も ら っ て 喜 ん だ 夢 を 見 た り し た 。 つ ま り 我 々 は 現 実 的 に 皆 と 仲 よ く 、 各 自 の 個 性 を 生 か し こ う い う 性 を は な れ 、 国 を は な れ て の 愛 は 、 な ・ せ 起 き る か と い う と 、 自 己 完 成 の た め だ と い え る 。 ま た 人 類 完 成 の て ゆ き た い 本 願 か ら 、 こ の 愛 は 出 て い る の だ と 思 う 。 全 世 界 の 人 が 耶 蘇 を 愛 す る よ う に な れ ば 、 耶 蘇 を 通 し て 道 を 教 え て も ら っ た た め と も い え る 。 天 皇 を 愛 す る こ と に 反 対 し て い る 共 産 党 の 人 々 も 、 ス タ 全 世 界 の 人 が 愛 し あ え る よ う な も の た 。 そ の 意 味 で 、 ク リ と ぎ ば な し ス マ ス は 、 僕 達 に は お 伽 囃 の よ う に 思 わ れ る が 、 美 し き 事 ー リ ン を 愛 す る こ と は 知 っ て い る だ ろ う と 思 う 。 人 間 は 何 か 自 分 を 拡 大 し て 生 か し て く れ る も の を 望 み 、 実 で あ る 。 そ の 人 を 中 心 と し て 、 万 人 協 力 の 道 を 知 り 、 ま た 実 行 出 来 つ ま り 世 界 中 の 人 が 同 時 に 、 愉 快 に く ら し て い る と い う る の で 、 つ い そ の 人 を 愛 す る の だ と 思 う 。 自 覚 は 、 実 に 美 し い 自 覚 で あ る 。 前 に も ち ょ っ と か い た が 、 僕 が 、 天 皇 を 愛 す る の も 、 つ 平 和 な 世 界 が 来 て 、 世 界 中 の 人 が 愛 し 合 え る 時 が 来 た ま り 、 天 皇 の 愛 し て い る 数 千 万 の 日 本 人 と 協 力 し て 日 本 を ら 、 ど ん な に 愉 快 か 、 愛 の 極 致 は 、 結 局 、 世 界 中 の 人 が 愛 美 し い 国 に し た い と 思 っ て い る か ら と 思 わ れ る 。 つ ま り 数 し あ う こ と だ と 思 う 。 千 万 の 日 本 人 と 一 緒 に な っ て 力 を あ わ せ て 、 先 ず 日 本 の た 少 な く も 自 分 の 方 か ら 世 界 中 の 人 を 愛 し 、 世 界 中 の 人 か め に 働 く 、 そ し て 外 国 人 と は よ き 隣 人 と な り 、 本 当 の 平 和 ら 嫌 わ れ な い よ う に 、 自 分 の 心 が け を な お し 、 出 来 た ら 世 な 国 を つ く り た い と 思 う 。 そ れ に は ど う し て も 天 皇 が 中 心 界 中 の 人 の 手 本 に な れ る よ う な 心 が け を 持 っ こ と で あ る 。 に な っ て 戴 か な け れ ば 出 来 な い 。 つ ま り 、 天 皇 は 五 六 千 万 し か し そ う 遠 い こ と ば か り 考 え ず に 、 先 ず 近 い と こ ろ か 人 に 愛 さ れ て い る 方 と し て 、 僕 は そ の 五 六 千 万 人 の 人 と 同 ら よ く し て ゆ き 、 そ れ か ら 次 第 に 遠 く に 及 ・ ほ す の が 順 序 と 生 じ 愛 の 国 に 住 み た い の で 、 天 皇 は 愛 す る の だ と 思 う 。 天 皇 思 う 。 人 を 通 し て 、 五 六 千 万 人 と 協 力 出 来 、 本 当 に 愛 し 合 え る と い 先 ず 自 分 を よ く 生 か す こ と が 大 事 と 思 う 。 AJ う 事 実 が 、 僕 等 を し て 、 天 皇 を 愛 し な い で は い ら れ な く さ 自 分 の 身 体 を 大 事 に し 、 天 寿 を 全 う す る よ う に し 、 自 分 愛 せ る の だ と 思 う 。 の 仕 事 を 忠 実 に 果 た し 、 個 性 を 生 か す こ と が 出 来 た ら 、 個 7 そ の 点 で 、 カ ソ リ ッ ク の 信 者 が 、 法 王 を 愛 す る の も 、 共 性 を 生 か し 、 そ れ を 完 成 す る よ う に 心 が け る こ と 。 産 党 の 人 が ス タ ー リ ン を 愛 す る の も 、 同 じ 心 理 状 態 か ら 起 そ れ か ら 家 庭 を 持 っ て は 、 平 和 に よ き 子 供 を う み 、 そ れ

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


る こ と を ち ゃ ん と 実 現 し て い る 。 そ の 為 に 費 さ れ た カ は ど の 位 い で あ る か 知 ら な い が 、 自 分 達 は そ の 前 に 驚 嘆 し 、 感 謝 し た い 気 が す る 。 孤 児 院 の 仕 事 は そ れ か ら 見 る と お ど ろ く 必 要 が な い か も 知 れ な い 。 し そ の 処 は 随 分 気 に 入 っ た 。 気 に 入 り す ぎ た 。 山 で は あ る か し 不 便 こ の 上 な い 原 野 を 切 り ひ ら い て 、 と も か く 千 人 以 が 、 何 し ろ 大 き か っ た 。 立 派 な し つ か り し た 家 さ え た っ て 上 の 人 を 養 い 、 育 て て 来 た 土 地 を 見 る と 、 自 分 達 の 仕 事 を か え り い た 。 中 腹 か ら 清 水 が わ き 出 し 、 大 ぎ な 松 の 木 、 百 年 以 上 顧 み な い わ け に は ゆ か な い 。 負 け て は い ら れ な い と 云 う 気 た っ た と 思 え る の が 、 処 々 に 立 っ て い た 。 山 を こ え て 一 方 さ え し た 。 之 れ を 始 め た 石 井 氏 は も う と っ く に 死 ん で 海 が 見 え 、 一 方 遠 く 霧 島 山 が 見 え た 。 そ し て そ の 下 を 限 り あ ゆ た 。 自 分 は 未 亡 人 に つ れ ら れ て 墓 に お 参 り し た 。 自 分 は 墓 な く 清 い 川 が 流 れ て 居 、 其 処 で は 近 頃 、 鮎 が 一 晩 で 二 百 貫 う わ さ の 前 に 丁 寧 に 頭 を 下 げ た ・ も と れ た と 云 う 導 を 聞 い た 。 こ の 地 が 提 供 さ れ た ら 、 話 が あ ま り う ま す ぎ る 。 今 迄 見 一 八 た ど の 土 地 も 足 も と に は お よ ば な い 。 他 に な け れ ば 買 お う 自 分 達 は こ こ で あ る 耳 よ り の 話 を 聞 い た 。 そ れ は 或 人 が と 思 っ た 土 地 は 、 な お 足 も と に も お よ ば な い 。 自 分 達 の 仕 事 に 厚 意 を も っ て 土 地 が も し 気 に 入 っ た ら 提 供 し か し 自 分 達 が 子 供 の よ う に 喜 ん で い る の を 見 て 、 津 江 さ ん は 気 の 毒 そ う な 顔 し て い る の に 自 分 は 気 が つ い た 。 自 し て も い い と 云 っ て い る こ と を 聞 い た こ と だ 。 は つ 、 こ の 提 供 の 意 味 は 自 分 達 に は 明 り し な か っ た 。 し か し と 分 に は そ う と し か 思 え な か っ た 。 話 が う ま す ぎ る だ け に 何 も か く 厚 意 を 持 っ て い て く れ る 。 暴 利 を む さ ・ ほ る わ け は な か 話 に ち が い が あ る の で は な い か と 思 っ た 。 津 江 さ ん は 持 は す い 。 こ っ ち の 事 情 を さ っ し て 、 都 合 の い い よ う に 計 っ て く ち 主 を よ く 知 っ て い る 筈 な の に 、 提 供 す る と 云 う 言 葉 は 聞 れ る か も 知 れ な い 。 土 地 を た だ く れ る と い う 意 味 に も と れ か な い よ う に 云 っ て い た 。 何 か の ま ち が い で は な い か と 云 地 う 顔 し て い た 。 し か し 孤 児 院 で そ の 話 を し て く れ た 人 は 、 る の で 、 も し そ う だ っ た ら 、 大 し た こ と だ と 思 っ た 。 い か に も た し か ら し く 話 し て く れ た 。 土 そ し て 運 よ く 、 も う 帰 っ た か も 知 れ な い と 云 わ れ て 内 心 自 分 達 は 気 に 入 り す ぎ た だ け 反 っ て 変 に 不 安 を う け た 。 が っ か り し て い た 津 江 さ ん が 、 思 い が け な い 時 に 自 分 達 に 逢 い に 来 て く れ た 。 運 が い い ぞ と 思 っ た 。 そ し て 孤 児 院 で 少 く も 売 る 気 は あ る の だ ろ う 。 し か し 少 し で も 高 い こ と を 昼 飯 を 食 っ て 、 津 江 さ ん に 先 ず 提 供 し て も い い と 云 う 土 地 云 わ れ た ら 、 自 分 達 は 買 う わ け に は ゆ か な い 。 い た だ を 案 内 し て 戴 く こ と に し た 。 か え

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


316 自 分 は 兄 か ら 二 千 円 寄 付 し て も ら う こ と に し た 。 こ の 仕 事 は 三 千 五 百 円 位 で 始 め ら れ る こ と に な っ た 。 旅 母 に は 八 人 の 子 が あ っ た が 、 皆 死 ん で 、 自 分 と 兄 と 、 末 費 も 入 れ て 。 こ の 金 は 多 い と 思 う 人 に は 多 い か も 知 れ な い 。 少 な い と 子 二 人 が の こ っ た だ け だ 。 父 は 僕 の 三 つ の 時 に 死 ん だ 。 そ の 兄 も い っ 西 洋 へ 行 く か わ か ら な い 。 外 交 官 だ か ら 。 思 う 人 に は 実 に 少 な い で あ ろ う 。 し か し 自 分 は 腹 の 底 で 安 兄 が 西 洋 へ ゆ け ば 六 十 七 の 母 は 十 に な る 孫 と 二 人 東 京 に の 心 し て い た 。 そ し て そ の 金 の 内 に 、 あ り が た い 金 を 多 く ふ こ る わ け だ 。 孫 が い て く れ る の で 助 か る が 、 孫 は ま た 相 談 く ん で い る の を 感 謝 し 、 そ し て 決 心 を つ よ め れ ば い い の だ 。 相 手 に は な ら な い 。 世 話 す る こ と は 出 来 な い 。 自 分 が 電 報 を 見 て も 四 日 目 位 で な い と 帰 れ な い 処 に 永 遠 に 住 む こ と に さ び な る こ と は 何 と 云 っ て も 母 に は 淋 し い に ち が い な い 。 自 分 自 分 達 は 自 分 達 の 仕 事 の 為 に 雑 誌 を 出 し て い た 。 そ れ に も 母 の こ と を 思 う と つ い 涙 ぐ む 。 日 向 に 土 地 を き め た よ う に か い た 。 そ れ を 見 て 、 日 向 の 知 し か し そ ん な こ と を 云 0 て い ら れ る 仕 事 を 自 分 は す る の ら な い 人 か ら 、 小 林 方 面 が 一 番 い い だ ろ う と 知 ら せ て 来 で は な い 。 た 。 自 分 は よ ろ こ ん で そ の 手 紙 を 皆 に 読 ん で 聞 か せ た 。 自 誰 を も 幸 福 に し た い 為 に 、 不 幸 に し た く な い 為 に こ の 仕 分 達 の 仕 事 を 世 間 的 に 知 ら せ よ う と は 思 わ な か 「 た 。 む し 事 は 始 め ら れ る 。 し か し こ の 仕 事 が 完 成 す る ま で に は 可 な ろ 自 分 は 世 間 が 知 ら ぬ 内 に 、 あ る 処 ま で 仕 事 を し て お き た り の 決 心 が い る 。 く 思 っ た 。 お の 自 分 は 決 心 し た も の だ 。 そ の 位 の こ と に お ど ろ く わ け に 「 桃 源 自 ず か ら 道 を な す ー と 云 う 言 葉 が あ る 。 自 分 は 自 分 か え り は ゆ か な い 。 達 の 雑 誌 で は 自 分 の 信 ず る こ と を 他 を 顧 み ず に 云 う 。 し か し 自 分 達 の 仕 事 を 本 当 に 知 ら な い も の 、 本 当 に 知 ろ う と は 九 思 わ な い も の に は ま だ 知 ら す 必 要 は な い と 思 っ て い た 。 何 母 に う ち あ け た 時 、 「 せ め て も う 少 し 近 い 処 だ と い い の し ろ 、 ご く 小 さ い 処 か ら 仕 事 を 始 め る の だ か ら 世 間 的 に な だ が ね 」 と 云 っ た 。 し か し そ れ 以 上 は 云 わ な か っ た 。 兄 も る 必 要 は な か っ た 。 た だ 真 に 要 求 を 共 に す る も の だ け の 真 「 日 帰 り の 出 来 る 処 に は い い 処 が な い の か 」 と 云 っ た 。 し 心 を 必 要 に し て い た 。 か し そ れ 以 上 反 対 は し な か っ た 。 処 が ふ と し た こ と か ら 、 新 聞 記 者 を し て い る 友 の 耳 に 入

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


た 。 自 分 は 朝 の 空 気 を す い な が ら 庭 を 歩 き ま わ っ た 。 そ う う な 弁 解 す る よ う な こ と を 云 う 。 し ば ら 2 し て 新 聞 配 達 の 鈴 の 音 を 聞 き お と す ま い と し た 。 暫 く し て 「 そ れ で も 私 に は い ろ い ろ 話 し て お き た い こ と が あ る か ら 鈴 の 音 が し た 。 自 分 は 一 種 の 不 安 と 恥 か し さ を 覚 え た 。 し ね 」 と 母 は 云 っ た 。 こ う 云 わ れ る と 自 分 は 嬉 し く 思 う 。 そ か し す ぐ 見 に 行 っ た 。 う し て 我 知 ら ず 微 笑 む 。 鶴 と 母 と の 間 の う ま く ゆ く こ と を 果 し て 出 て い た 。 そ う し て 鶴 の 名 は 第 四 番 目 に あ っ た 。 信 じ て い る が 、 母 が 鶴 を も ら う こ と に 始 め 不 服 だ っ た だ け そ う し て 卒 業 生 は 百 三 人 で あ る 。 自 分 は 版 笑 ん だ 。 そ う し に 時 々 は 心 配 す る 。 今 は 母 が こ の 話 に 乗 り 気 に な っ て い る て 鼻 が 高 い よ う に 思 っ た 。 と 思 う と 嬉 し い び り こ の 時 自 分 の 学 習 院 を 卒 業 す る 時 、 三 十 何 人 の 内 終 か ら そ れ に し て も う ま く ゆ く か 知 ら ん 。 四 番 だ っ た こ と を 思 い だ し た 。 自 分 は こ の 偶 然 の 暗 合 ( ? ) そ の 晩 自 分 は 隼 町 の 友 を 訪 う た 。 い ろ い ろ の 話 を し て を 面 白 く 思 っ て 更 に 微 笑 ん だ 。 い る 時 、 友 は 「 昨 晩 掘 出 し も の を し た 」 と 云 っ た 。 父 や 母 は 新 聞 を 読 ん だ が 鶴 の こ と に は 気 が っ か ず に し 「 な ん だ 」 と 聞 く と 、 た 。 自 分 は 一 時 頃 に 母 の 室 に 行 っ て 何 げ な く 鶴 の 優 等 生 で 「 フ ィ デ ュ ス の い い 絵 の あ る ユ 1 ゲ ン ド を 捜 し て 来 た 」 と 卒 業 し た こ と を 云 っ た 。 云 っ て 古 い ユ ー ゲ ン ド を 出 し て 見 せ た 。 ど ん な 絵 か と 急 い 母 は 「 そ う か い ー と 冷 淡 に 云 っ て 、 「 中 々 出 来 る と 見 え で あ け て 見 る と 、 ど と う そ う る ね 」 と つ け 加 え た 。 自 分 は 「 そ う と 見 え ま す ね 」 と 冷 淡 怒 濤 の 内 を 一 艘 の ポ ー ト が 走 っ て ゆ く 。 ポ ー ト は 後 半 が よ そ お を 装 っ て 云 っ た 。 母 は 改 め て 「 あ の こ と が 早 く き ま る と い 一 見 え る だ け だ 。 そ の ポ 】 ト の 上 に 若 い 男 と 女 が の っ て い ね 。 中 々 い い 人 は な い か ら ね 、 こ の 頃 は 私 は た だ お 前 の い る 。 女 は 一 心 に 行 手 を 見 な が ら 全 身 に 力 を 入 れ て 鱧 を と こ と だ け が 気 に な る の だ 、 早 く き ま る と 、 し い と 思 っ て い る っ て い る 。 結 っ て な い 髪 は 風 に な び い て い る 、 男 は 全 力 を の だ 」 と 云 っ た 。 も っ て 漕 い で い る 。 一 言 以 て 云 え ば 二 人 は 死 物 狂 い で 或 目 自 分 は 母 が こ の こ と に 冷 淡 だ と 思 う と 、 こ の こ と が き ま 的 に 向 っ て す す ん で い る 処 が い か に も 強 く 現 わ さ れ て ら な い と ま い る よ う に 何 げ な く 見 せ か け る が 、 こ う 云 わ れ る 。 い な ず け る と 、 目 的 地 は 何 処 だ ? ツ ー ア ・ ・ フ ラ ウ ト イ ン ゼ ル ( 許 嫁 の 「 僕 の こ と は 心 配 す る 必 要 は あ り ま せ ん 。 世 の 中 に 自 分 程 島 ま で ) で あ る 。 心 配 す る 必 要 の な い 人 は 少 な い で し よ う 」 と 安 心 さ せ る よ 「 い い だ ろ う 」 と 友 は 云 う 。 は や ぶ さ

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


せ し ゅ う こ の 世 の 人 間 に と っ て 必 要 な 仕 事 を い ろ の こ と に つ い て で あ る 。 世 襲 財 産 は 自 分 は 不 合 理 な 何 に な る の も い い 、 も の と 許 り は 思 わ な い 、 親 の 本 当 の 功 労 が 子 に 報 い る こ 一 つ し つ か り と 自 分 の も の に す る よ う に 骨 折 る 。 頭 を つ と は 不 合 理 と は 云 え な い 。 し か し 今 の 世 で は 本 当 の 功 労 か う こ と で も 、 つ か わ な い こ と で も い い 。 何 に も 特 色 が な く と も 正 直 に 働 く 人 は 、 そ れ は 新 し い 世 界 の 基 礎 に な の あ る も の が 富 む と は き ま っ て い な い こ と は 云 う 迄 も な る 。 皆 は 平 等 で 、 皆 は 友 達 で な け れ ば な ら な い 。 自 分 の 。 し か し 自 分 は そ れ に 就 て 云 お う と は 思 わ な い 。 僕 は 弱 点 を 知 っ て ハ ン ・ フ ル に な る と 同 時 に 、 自 分 の 人 間 と し 実 際 問 題 に つ い て 自 分 の 考 え て い る 空 想 を 参 考 に ま で 語 て の 長 所 を 知 っ て 誇 り を も た な け れ ば な ら な い 。 団 体 は れ ば 君 は 満 足 し て く れ る の だ か ら 。 自 分 は も う 遠 回 り は せ ず に 、 大 胆 に 自 分 の 不 得 意 な 問 題 に と び 込 も う 。 僕 は 多 い 程 い い が 、 量 よ り も 質 が 大 事 だ 。 皆 月 に 一 円 乃 至 五 円 の 税 を 納 め る 。 そ れ が 出 来 な い 人 は 十 銭 で も 、 二 十 銭 新 し い 世 界 を つ く る の に 暴 力 は 用 い た く な い 。 僕 は 人 間 で も 、 。 遇 に よ っ て は た だ で も い い 。 金 を 多 く 出 し の 理 性 と か 、 愛 と か 、 理 知 と か 、 そ う 云 う も の に よ っ も っ と た 人 が 権 利 が 多 い の で は な い 。 同 等 だ 。 そ し て 一 つ の 中 て 、 尤 も だ と 思 い 込 む こ と に よ っ て 一 歩 ず つ 進 み た く 思 心 を つ く っ て 、 其 処 に 皆 あ つ ま っ た り 、 通 信 を 出 し た っ て い る 。 一 時 に 世 界 を 引 く り 返 そ う と は 思 わ な い 。 自 り 、 報 告 を し た り す る 。 小 さ い 印 刷 所 を 設 け て も い し 分 は 少 数 の 人 が 協 力 し て 、 新 し い 生 活 を つ く る こ と か ら そ し て 協 力 を 讃 美 し よ う 。 そ し て 個 性 を 。 金 が あ つ ま っ 始 め た い 。 そ の 最 初 の 一 人 に 自 分 が な れ る か ど う か は わ た ら 、 土 地 を 買 う 。 家 を 建 て る 。 そ し て 農 業 に 心 得 の あ か ら な い 。 し か し 自 分 は 少 数 の 人 か ら 始 ま る の が 本 当 と る も の は 開 墾 を す る 。 人 手 が い る 程 土 地 が ふ え た ら 、 金 思 う 。 そ し て そ れ は 内 面 的 の 生 活 を か え る こ と か ら 始 ま に 困 る 人 か ら 助 け に ゆ く 。 そ し て 余 裕 が あ っ た ら 必 要 な る 。 こ の 人 達 は 堅 忍 で 、 意 志 が 強 く な け れ ば な ら な い 器 械 を 買 う 。 皆 が 協 力 し て 其 処 に 必 要 な も の 、 及 び そ の 成 功 を あ せ る の は よ く な い 。 十 年 か 、 二 十 年 計 画 で 静 か に 仕 事 を 始 め る 。 各 自 が 自 分 の 長 所 に 従 っ て 動 く 。 実 力 土 地 を 高 価 に 、 気 持 よ く 利 用 す る 為 に 必 要 な も の は 会 か ら 会 員 に 報 告 す る 。 そ し て 寄 付 出 来 る も の は よ ろ こ ん で を 研 き 、 共 同 し て 金 を た め る 。 そ の 人 達 は 少 数 だ か ら 、 こ の 世 の あ ら ゆ る 仕 事 を 一 手 に ひ き う け ら れ る よ う に す 寄 付 す る 。 後 援 者 も 出 来 た ら っ く る 。 そ し て 会 の 精 神 を た え ず 説 い て 協 力 す る も の の 人 数 を ふ や し 、 実 力 を ま る 必 要 は な い 。 し か し 何 か 独 立 し た 仕 事 が 出 来 る よ う に す 。 そ の 団 体 の 精 神 の 為 に 一 身 を 捧 げ ら れ る も の は 会 員 骨 折 る 。 身 体 を よ く す る の も 、 頭 を よ く す る の も い し で 、 他 の 人 は 後 援 者 と し て も い い 。 会 員 は 何 か の 意 味 で 学 者 に な る の も 、 労 働 者 に な る の も 、 医 者 に な る の も 、

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


っ た 。 し か し そ れ は 杉 子 で は な く 、 杉 子 の 妹 の 声 だ っ た か っ た の だ ろ う 。 少 な く も 村 岡 は 彼 よ り 四 つ 五 つ 上 で 、 世 間 も 知 れ な か っ た 。 に も も う 認 め ら れ て い た 。 彼 は 五 つ 六 つ 短 か い 脚 本 を か い か え り 彼 が 帝 劇 に 行 っ た 時 は ま だ 少 し 早 か っ た 。 彼 は 廊 下 に 出 た が 、 誰 に も 顧 み ら れ な か っ た の は 事 実 だ 。 し か し 彼 は 自 て 今 に 仲 田 が 妹 を つ れ て く る か と 思 っ た 。 そ れ を 心 待 ち し 分 の 方 か ら 頭 を さ げ る に は 、 相 手 を 軽 く 見 て い た 。 て い た が 、 若 い 女 を つ れ て く る 男 が 仲 田 で は な い と 反 っ て と う と う お 辞 儀 せ ず に 村 岡 は 通 り す ぎ た 。 彼 が ふ と ふ り 安 心 も し た 。 返 っ た 時 、 村 岡 は 友 達 と 彼 の 方 を ふ り 返 っ て 何 か 云 っ て い こ わ だ か 彼 は そ の 時 、 村 岡 が 友 達 一 一 三 人 と 何 か 声 高 に 話 し な が ら た 。 く る の に 出 あ っ た 。 彼 は 村 岡 と は あ る 会 で 一 度 あ っ た こ と 「 あ れ が 野 島 だ よ 」 が あ る が 、 目 礼 を し た り し な か っ た り す る 間 が ら だ っ た 。 「 あ れ か 。 く だ ら な い 脚 本 を か く 奴 は 」 そ し て こ の 頃 は 逢 っ て も 知 ら ん 顔 を す る こ と を 努 め て い そ ん な こ と を 云 っ て い る よ う に 思 っ た 。 そ し て 急 に 不 快 を 感 じ な が ら 顔 を そ む け る と 、 向 う か ら 仲 田 が 、 妹 の 杉 子 た 。 そ れ は 彼 が 村 岡 の も の を よ く 悪 口 云 っ た か ら で あ る 。 お お や け 今 日 や ら れ る 芝 居 も 彼 は 公 に で は な い が 、 可 な り 悪 口 云 と や っ て 来 た 。 っ た 。 元 よ り そ れ は 文 学 を や る 仲 間 同 士 で 云 っ た の で 法 科 写 真 よ り は ず っ と 大 人 ら し く な っ た と 思 っ た 。 だ が 若 々 に 行 っ て い る 仲 田 と は ん ど 文 学 の 話 は し な か っ た 。 仲 田 し く 美 し か っ た 。 「 も う 、 君 は 来 て い た の か 」 冫 彼 が 村 岡 の も の を 嫌 っ て い る な そ と 云 う こ と は 知 ら な か 「 あ あ 、 少 し 前 に 」 っ た 。 新 し い も の だ か ら 、 そ れ に 評 判 の い い も の だ か ら 、 が か り 彼 も き っ と 見 に ゆ く だ ろ う と き め て い た 。 そ れ で 説 明 掛 「 之 が 野 島 君 だ 。 僕 の 妹 だ 」 ぐ ら い 二 人 は 黙 っ て 丁 寧 に お 辞 儀 し た 。 位 に 彼 を つ れ て 芝 居 を 見 よ う と 云 う の だ っ た 。 彼 は そ れ に 気 が つ い て は い た 。 そ し て そ れ を 迷 惑 に も 思 っ た 。 し か し 断 る 気 に は な れ な か っ た 。 彼 は 村 岡 と 顔 を 見 合 せ た 。 両 方 が お 辞 儀 し た そ う に も 見 野 島 は 杉 子 と は 殆 ん ど 話 を し な か っ た 。 杉 子 が 芝 居 を 感 心 し て 見 て い る ら し い の に 不 愉 快 を 感 じ た 。 し か し そ れ は え た 。 併 し ど っ ち も 自 分 の 方 か ら さ き に お 辞 儀 し よ う と は し な か っ た 。 お 世 辞 の よ う に 思 わ れ る の も い や だ っ た の だ 無 理 も な い と も 思 っ た 。 仲 田 も 感 心 し て い る よ う な こ と を ろ う 。 或 は 先 に お 辞 儀 し て 相 手 に 見 く び ら れ る の が い や だ 云 っ た が 、 そ れ は む し ろ 彼 に た い す る お 世 辞 の よ う に 見 え し か か え こ れ お と な

現代日本の文学 10 武者小路実篤 集


お も ら や け て 云 う の は 気 ま り が わ る か っ た 。 昼 飯 食 っ て か ら も じ っ 彼 等 の よ う に 細 君 を 玩 弄 物 と は 見 な い 。 妊 婦 の 醜 く く な る と し て は い ら れ な い の で 神 田 に 行 っ た 。 そ う し て 一 人 鶴 の こ と 、 ヒ ス テ リ ー 的 に な る こ と を 自 然 と 思 っ て い る 。 そ の ほ ほ え 苦 痛 に 多 大 の 同 情 を は ら っ て 見 せ る 。 自 分 は 性 欲 の 価 値 を こ と を 思 っ て 微 笑 ん だ 。 美 し い 、 美 し い 、 優 し い 、 優 し い 、 気 高 い 、 気 高 い 、 鶴 真 に 発 揮 し て 見 せ る 。 真 の 恋 を 味 っ て 見 せ る 。 自 分 は 彼 等 の 見 出 す こ と の 出 来 な い 禍 根 を 見 出 し て 未 だ 芽 の 内 に 枯 し よ 女 だ 自 分 は そ の タ 、 麻 布 の 友 を 訪 れ て 、 「 鶴 に 逢 っ た よ 」 と て 見 せ る 。 自 分 と 鶴 の 恋 は 彼 等 の 恋 と 全 然 別 種 で あ る こ と 簡 単 に 話 し た 。 友 は 、 「 そ う か い 、 そ り や よ か っ た ね ー と を 事 実 に よ っ て 証 明 し て 見 せ る 。 男 女 の 真 の 恋 は 種 々 の 形 を と る も 永 遠 不 減 の も の で あ る 云 っ た 。 こ と を 事 実 に よ っ て 証 明 し て 見 せ る 。 わ ざ わ い し か し も し 鶴 と 自 分 と の 禍 を 生 む な ら ば 、 ど う し て 禍 が 自 分 は 五 月 十 一 一 日 に 鶴 に 逢 「 て か ら 態 々 鶴 と 夫 婦 に な れ 生 れ る か を 真 に き わ め た く 思 う 。 自 分 は 鶴 と 結 婚 す る 為 に 他 人 か ら 嘲 笑 さ れ る で あ ろ う 。 る よ う に 思 っ た 。 そ う し て 鶴 と 夫 婦 に な れ た あ と の こ と を せ ん ば う し か し そ の 嘲 笑 は や が て 羨 望 に な り 、 更 に 一 転 し て 尊 敬 に 考 え た 。 ひ な が た な り 、 自 分 の 結 婚 は 理 想 的 結 婚 の あ る 雛 形 と な り 得 る と 信 自 分 は 夫 婦 と な っ た あ と 何 時 迄 も 幸 福 に い ら れ る よ う な じ て い る 。 気 が す る 。 世 間 の 普 通 の 夫 婦 間 の よ う に 二 人 の 間 に 面 白 く い ん よ く な い こ と が 起 る と は ど う し て も 想 像 が 出 来 な い 。 淫 欲 を つ 何 に し ろ 自 分 は 自 分 の 鶴 に 対 す る 恋 程 、 知 的 な 運 命 の こ っ し み 、 お 互 に い た わ っ て 感 謝 し つ つ ゆ く な ら ば 不 和 は お と を 考 え 、 自 分 の 仕 事 の こ と を 考 え 、 二 人 の 個 性 の こ と を じ よ う じ ゅ こ り 得 な い よ う に 思 わ れ る 。 し か し 人 々 は 経 験 あ る 人 々 は 考 え た 恋 は な い と 思 っ て い る 。 そ う し て こ の 恋 の 成 就 に よ ぎ こ う 思 う 自 分 の 考 え を 若 い と 云 っ て 、 独 身 の 空 想 と 云 っ て っ て 幾 多 の 事 実 、 か く れ た る 事 実 を 知 る こ と が 出 来 る よ う に 信 じ て い る 。 出 心 か ら 冷 笑 す る こ と を 知 っ て い る か さ 自 分 は 今 や 鶴 と 自 分 の 夫 婦 に な れ る こ と を 殆 ん ど 疑 わ な 世 に 自 己 一 個 の 経 験 を 笠 に き て 総 て の 若 者 が 自 分 の 踏 ん お い よ う に な っ た 。 た だ そ の 時 間 が 早 い か 遅 い か が 問 題 で あ だ 道 を そ の 通 り ふ む と き め て 、 先 生 顔 す る 奴 程 自 分 に と っ し や く 3 て 癪 に さ わ る 奴 は な い 。 自 分 は 理 想 的 の 結 婚 を し 、 理 想 的 る と 思 う よ う に な っ た 。 し か し さ す が に 時 々 は 不 安 に な の 家 庭 を も っ て 見 せ 、 彼 等 の 鼻 を あ か し た く 思 う 。 自 分 は る 。 だ め な よ う な 気 が す る 。 し か し 又 何 時 の ま に か う ま く あ ざ ぶ . ′ 、 す 0 お そ