検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 11 芥川龍之介 集

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集から 437件ヒットしました。

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


316 見 つ め て い る う ち に 第 二 の 僕 の こ と を 思 い 出 し た 。 第 二 の め る の を 眺 め た ほ ど 神 経 的 疲 労 に 陥 っ て い た 。 僕 は こ う 云 よ ろ こ い わ ゆ る * 僕 、 ー ー 独 逸 人 の 所 謂 Doppe1gaenger は 仕 合 せ に も 僕 自 う 彼 等 の 不 幸 に 残 酷 な 悪 意 に 充 ち 満 ち た 歓 び を 感 じ ず に は ア メ リ カ い ら れ な か っ た 。 身 に 見 え た こ と は な か っ た 。 し か し 亜 米 利 加 の 映 画 俳 優 に し る し 或 東 か ぜ の 強 い 夜 、 ( そ れ は 僕 に は 善 い 徴 だ っ た 。 ) 僕 は な っ た 君 の 夫 人 は 第 二 の 僕 を 帝 劇 の 廊 下 に 見 か け て い あ い さ っ せ ん だ っ て た 。 ( 僕 は 突 然 君 の 夫 人 に 「 先 達 は つ い 御 挨 拶 も し ま せ ん 地 下 室 を 抜 け て 往 来 へ 出 、 或 老 人 を 尋 ね る こ と に し た 。 彼 で 」 と 言 わ れ 、 当 惑 し た こ と を 覚 え て い る 。 ) そ れ か ら も は 或 聖 書 会 社 の 屋 根 裏 に た っ た 一 人 小 使 い を し な が ら 、 祈 ひ ば ら と う し よ う じ ん た ば こ や か た あ し う 故 人 に な っ た 或 隻 脚 の 翻 訳 家 も や は り 銀 座 の 或 煙 草 屋 に 疇 や 読 書 に 精 進 し て い た 。 僕 等 は 火 鉢 に 手 を か ざ し な が 第 二 の 僕 を 見 か け て い た 。 死 は に 僕 よ り も 第 一 一 の 僕 に 来 ら 、 壁 に か け た 十 字 架 の 下 に い ろ い ろ の こ と を 話 し 合 0 る の か も 知 れ な か っ た 。 若 し 又 僕 に 来 た と し て も 、 ー ー 僕 た 。 な ぜ 僕 の 母 は 発 狂 し た か ? な ぜ 僕 の 父 の 事 業 は 失 敗 そ れ 等 の 秘 密 を し た か ? な ぜ 又 僕 は 罰 せ ら れ た か ? は 鏡 に 後 ろ を 向 け 、 窓 の 前 の 机 へ 帰 っ て 行 っ た 。 の ぞ か れ し ば ぎ よ う か い が ん い つ ま で も 僕 の 四 角 に 凝 天 岩 を 組 ん だ 窓 は 枯 芝 や 池 を 覗 か せ て い た 。 僕 知 っ て い る 彼 は 妙 に 厳 か な 微 笑 を 浮 か ・ ヘ 、 は こ の 庭 を 眺 め な が ら 、 遠 い 松 林 の 中 に 焼 い た 何 冊 か の 相 手 を し た 。 の み な ら ず 時 々 短 い 言 葉 に 人 生 の カ リ カ テ 、 / オ ト ・ ブ ッ ク や 未 完 成 の 戯 曲 を 思 い 出 し た 。 そ れ か ら ペ ア を 描 い た り し た 。 僕 は こ の 屋 根 裏 の 隠 者 を 尊 敬 し な い 訣 ン を と り 上 げ る と 、 も う 一 度 新 ら し い 小 説 を 書 き は じ め に は 行 か な か っ た 。 し か し 彼 と 話 し て い る う ち に 彼 も 亦 親 和 力 の 為 に 動 か さ れ て い る こ と を 発 見 し た 。 た 。 「 そ の 植 木 屋 の 娘 と 云 う の は 器 量 も 善 い し 、 気 立 て も 善 い 五 赤 光 し 、 そ れ は わ た し に 優 し く し て く れ る の で す 。 」 「 い く っ ? 」 日 の 光 は 僕 を 苦 し め 出 し た 。 僕 は 実 際 鼠 の よ う に 窓 の 「 こ と し で 十 八 で す 。 」 前 へ 力 ア テ ン を お ろ し 、 昼 間 も 電 燈 を と も し た ま ま 、 せ つ そ れ は 彼 に は 父 ら し い 愛 で あ る か も 知 れ な か っ た 。 し か せ と 前 の 小 説 を つ づ け て 行 っ た 。 そ れ か ら 仕 事 に 疲 れ る と 、 テ エ ヌ の 英 吉 利 文 学 史 を ひ ろ げ 、 詩 人 た ち の 生 涯 に 目 し 僕 は 彼 の 目 の 中 に 情 熱 を 感 じ ず に は い ら れ な か っ た 。 の を 通 し た 。 彼 等 は い ず れ も 不 幸 だ っ た 。 エ リ ザ ベ ス 朝 の 巨 み な ら ず 彼 の 勧 め た 林 檎 は い っ か 黄 ば ん だ 皮 の 上 へ 一 角 獣 一 代 の 学 者 だ っ た ペ ン ・ ジ ョ ン ソ ン さ え の 姿 を 現 し て い た 。 ( 僕 は 木 目 や 珈 琲 茶 碗 の 亀 裂 に 度 た び 人 た ち さ え 、 、 り ん 彼 の 足 の 親 指 の 上 に 羅 馬 と カ ル セ エ ジ と の 軍 勢 の 戦 い を 始 神 話 的 動 物 を 発 見 し て い た 。 ) 一 角 獣 は 麒 第 に 違 い な か っ お ご そ

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


ス ト は ら に 彼 を け る だ け で あ る 。 ク リ ス ト は 一 時 代 の 0 た 、 ー ー 心 に 我 々 人 間 に 操 縦 さ れ る こ と は 出 来 な か 0 た 。 社 会 的 約 束 を 蹂 躙 す る こ と を 顧 み な か 0 た 。 ( 売 笑 婦 や 税 そ れ は 彼 の ヨ セ フ で は な い 、 聖 霊 の 子 供 だ っ た 所 以 で あ 吏 や 癩 病 人 は い つ も 彼 の 話 し 相 手 で あ る 。 ) し か し 天 国 を 見 る 。 ) し か し ク リ ス ト の 中 に あ っ た 共 産 主 義 者 を 論 ず る こ な か っ た の で は な い 。 ク リ ス ト を l'enfant に 描 い た 画 家 と は ス イ ツ ル に 遠 い 日 本 で は 少 く と も 不 便 を 伴 っ て い る 。 あ わ れ た ち は お の ず か ら こ う 云 う ク リ ス ト に 憐 み に 近 い も の を 感 少 く と も ク リ ス ト 教 徒 た ち の 為 に 。 の ち ば た い ゆ い が ど く そ ん じ て い た で あ ろ う 。 ( そ れ は 母 胎 を 離 れ た 後 、 「 唯 我 独 尊 」 し し く ぶ つ だ 4 無 抵 抗 主 義 者 の 獅 子 吼 を し た 仏 陀 よ り も は る か に 手 よ り の な い も の で あ あ わ れ ク リ ス ト は 又 無 抵 抗 主 義 者 だ っ た 。 そ れ は 彼 の 同 志 さ え る 。 ) け れ ど も 幼 児 だ っ た ク リ ス ト に 対 す る 彼 等 の 憐 み は 多 少 に も し ろ 、 デ カ ダ ン だ っ た ク リ ス ト に 対 す る 彼 の 同 情 信 用 し な か っ た 為 で あ る 。 近 代 で は 丁 度 ト ル ス ト イ の 他 人 ぶ ど う し ゅ か し か し ク リ ス ト の 無 抵 抗 主 義 の 真 実 を 疑 っ た よ う に 。 よ り も 勝 っ て い る 。 ク リ ス ト は 如 何 に 葡 萄 酒 に 酔 っ て も 、 ひ や や 何 か 彼 自 身 の 中 に あ る も の は 天 国 を 見 せ ず に は 措 か な か つ は 何 か 更 に 柔 か で あ る 。 静 か に 眠 っ て い る 雪 の よ う に 冷 か で は あ っ て も 柔 か で あ る 。 た 。 彼 の 悲 劇 は そ の 為 に 、 ー ー 単 に そ の 為 に 起 っ て い る 。 或 ロ シ ア 人 は 或 時 の ク リ ス ト の 如 何 に 神 に 近 か っ た を 知 っ 5 生 活 者 て い な い 。 が 、 四 人 の 伝 記 作 者 た ち は い ず れ も こ の 事 実 に じ よ う ′ - ろ ・ ク リ ス ト は 最 速 度 の 生 活 者 で あ る 。 仏 陀 は 成 道 す る 為 に 注 目 し て い た 。 せ つ ざ ん う ち 何 年 か を 雪 山 の 中 に 暮 ら し た 。 し か し ク リ ス ト は 洗 礼 を 受 だ ん じ た ら ま 3 共 産 主 義 者 け る と 、 四 十 日 の 断 食 の 後 、 忽 ち 古 代 の ジ ャ ア ナ リ ス ト に ろ う そ く ク リ ス ト は あ ら ゆ る ク リ ス ト た ち の よ う に 共 産 主 義 的 精 な っ た 。 彼 は み ず か ら 燃 え 尽 き よ う と す る 一 本 の 蝋 燭 に そ つ く り で あ る 。 彼 の 所 業 や ジ ャ ア ナ リ ズ ム は 即 ち こ の 蝋 燭 神 を 持 っ て い る 。 若 し 共 産 主 義 者 の 目 か ら 見 る と す れ ば 、 ろ ら ′ る い こ と じ と の 蝋 涙 だ っ た 。 ク リ ス ト の 言 葉 は 悉 く 共 産 主 義 的 宣 言 に 変 る で あ ろ う 。 う わ ぎ 彼 に 先 立 っ た ヨ ハ ネ さ え 「 二 つ の 衣 服 を 持 て る 者 は 持 た ぬ 6 ジ ャ ア ナ リ ズ ム 至 上 主 義 者 者 に 分 け 与 え よ 」 と 叫 ん で い る 。 し か し ク リ ス ト は 無 政 府 あ ら わ ク リ ス ト の 最 も 愛 し た の は 目 ざ ま し い 彼 の ジ ャ ア ナ リ ズ 主 義 者 で は な い 。 我 々 人 間 は 彼 の 前 に お の ず か ら 本 体 を 露 も っ と し て い る 。 ( 尤 も 彼 は 我 々 人 間 を 操 縦 す る こ と は 出 来 な か ム で あ る 。 若 し 他 の も の を 愛 し た と す れ ば 、 彼 は 大 き い 無

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


火 と 煙 と が 逆 捲 く 中 を 、 頭 馬 の 熊 卒 に ま れ て 、 大 風 し い 出 来 事 が 起 0 た の で ご ざ い ま す 。 又 さ も な け れ ば 姆 何 よ し ひ で く げ ん え が し い 、 な ら く ん ん に 吹 き 散 ら さ れ る 落 葉 の よ う に 、 紛 々 と 四 方 八 方 へ 逃 げ 迷 に 良 秀 で も 、 ど う し て か よ う に 生 々 と 奈 落 の 苦 艱 が 画 か れ さ す ま た っ て い る の で ご ざ い ま す 。 鋼 叉 に 髪 を か ら ま れ て 、 蜘 蛛 よ ま し よ う 。 あ の 男 は こ の 屏 風 の 絵 を 仕 上 げ た 代 り に 、 命 さ ち ち か ん な ぎ た ぐ い え も 捨 て る よ う な 、 無 惨 な 目 に 出 遇 い ま し た 。 云 わ ば こ の り も 手 足 を 縮 め て い る 女 は 、 神 巫 の 類 で で も ご ざ い ま し ょ て ほ こ か わ ほ り さ か さ ま う か 。 手 矛 に 胸 を 刺 し 通 さ れ て 、 蝙 蝠 の よ う に 逆 に な っ 絵 の 地 獄 は 、 本 朝 第 一 の 絵 師 良 秀 が 、 自 分 で 何 時 か 堕 ち て な ま ず り よ う ほ か あ る い た 男 は 、 生 受 領 か 何 か に 相 違 ご ざ い ま す ま い 。 そ の 外 或 は 行 く 地 獄 だ っ た の で ご ざ い ま す 。 く ろ が ね し も と ら び き ば ん じ ゃ く 鉄 の 笞 に 打 た れ る も の 、 或 は 千 曳 の 磐 石 に 押 さ れ る も 私 は あ の 珍 し い 地 獄 変 の 屏 風 の 事 を 申 上 げ ま す の を 急 い け ち ょ う く ち ば し あ ー と の 、 或 は 怪 鳥 の 嘴 に か け ら れ る も の 、 或 は 又 毒 龍 の 顎 に だ あ ま り に 、 或 は 御 話 の 順 序 を 顛 倒 致 し た か も 知 れ ま せ か し や く ま た 噛 ま れ る も の 、 呵 責 も 亦 罪 人 の 数 に 応 じ て 、 幾 通 り あ ん 。 が 、 こ れ か ら 又 引 き 続 い て 、 大 殿 様 か ら 地 獄 絵 を 描 け と 申 す 仰 せ を 受 け た 良 秀 の 事 に 移 り ま し よ う 。 る か わ か り ま せ ん 。 こ と す さ ま が 、 そ の 中 で も 殊 に 一 つ 目 立 っ て 凄 じ く 見 え る の は 、 ま 、 ば と う じ ゅ な か る で 獣 の 牙 の よ う な 刀 樹 の 頂 き を 半 ば か す め て ( そ の 刀 樹 こ ず え や し 、 の 梢 に も 、 多 く の 亡 者 が 気 々 と 、 五 体 を 貫 か れ て 居 り ま し 良 秀 は そ れ か ら 五 六 箇 月 の 間 、 ま る で 御 邸 〈 も 伺 わ な い な か ぞ ら び よ う ぶ り よ う ぎ っ し ゃ た が ) 中 空 か ら 落 ち て 来 る 一 輛 の 牛 車 で ご ざ い ま し よ う 。 で 、 屏 風 の 絵 に ば か り か か っ て 居 り ま し た 。 あ れ 程 の 子 煩 に よ う 0 す だ れ 地 獄 の 風 に 吹 き 上 げ ら れ た 、 そ の 車 の 簾 の 中 に は 、 女 御 、 悩 が い ざ 絵 を 描 く と 云 う 段 に な り ま す と 、 娘 の 顔 を 見 る 気 た ナ よ そ お 更 衣 に も ま が う ば か り 、 綺 羅 び や か に 装 っ た 女 房 が 、 丈 の も な く な る と 申 す の で ご ざ い ま す か ら 、 不 思 議 な も の で は も だ う な じ そ 黒 髪 を 炎 の 中 に な び か せ て 、 白 い 頸 を 反 ら せ な が ら 、 悶 え ご ざ い ま せ ん か 。 先 刻 申 し 上 げ ま し た 弟 子 の 話 で は 、 何 で 苦 し ん で 居 り ま す が 、 そ の 女 房 の 姿 と 申 し 、 又 燃 え し き つ も あ の 男 は 仕 事 に と り か か り ま す と 、 ま る で 狐 で も 憑 い た せ め く し の て い る 牛 車 と 申 し 、 何 一 つ と し て 炎 熱 地 獄 の 責 苦 を 偲 ば せ よ う に な る ら し ゅ う ご ざ い ま す 。 い や 実 際 当 時 の 風 評 に 、 お お が み き せ い な い も の は ご ざ い ま せ ん 。 云 わ ば 広 い 画 面 の 恐 ろ し さ が 、 良 秀 が 画 道 で 名 を 成 し た の は 、 福 徳 の 大 神 に 祈 誓 を か け た あ つ ま こ の 一 人 の 人 物 に 湊 っ て い る と で も 申 し ま し よ う か 。 こ れ か ら で 、 そ の 証 拠 に は あ の 男 が 絵 を 描 い て い る 所 を 、 そ っ も の す ZJ 邏 よ う か ん を 見 る も の の 耳 の 底 に は 、 自 然 と 物 凄 い 叫 喚 の 声 が 伝 わ っ と 物 陰 か ら 覗 い て 見 る と 、 必 ず 陰 々 と し て の 姿 が 、 一 に ゆ う し ん て 来 る か と 疑 う 程 、 入 神 の 出 来 映 え で ご ざ い ま し た 。 匹 な ら ず 前 後 左 右 に 、 群 っ て い る の が 見 え る な ど と 申 す 者 あ あ 、 こ れ で ご ざ い ま す 、 こ れ を 描 く 為 め に 、 あ の 恐 ろ も ご ざ い ま し た 。 そ の 位 で ご ざ い ま す か ら 、 い ざ 絵 筆 を 取 の ぞ い ん い ん て ん と う っ

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


0 に 彼 ば か り 義 務 を 負 う も の だ っ た 。 た 。 ) 今 ま で 知 ら な か っ た 寂 し さ を 感 じ た 。 ・ 二 十 一 狂 人 の 娘 十 九 人 工 の 翼 ど ん て ん し な か み ら じ ん り し や ひ と げ 二 台 の 人 力 車 は 人 気 の な い 曇 天 の 田 舎 道 を 走 っ て 行 っ 彼 は ア ナ ト オ ル ・ フ ラ ン ス か ら 十 八 世 紀 の 哲 学 者 た ち に 移 っ て 行 っ た 。 が 、 ル ッ ソ オ に は 近 づ か な か っ た 。 そ れ は た 。 そ の 道 の 海 に 向 っ て い る こ と は 潮 風 の 来 る の で も 明 ら や す か だ っ た 。 後 の 人 力 車 に 乗 っ て い た 彼 は 少 し も こ の ラ ン 或 心 彼 自 身 の 他 の 一 面 、 ー ー ・ 情 熱 に 駆 ら れ 易 い 一 面 の ル ツ ソ オ に 近 い 為 か も 知 れ な か っ た 。 彼 は 彼 自 身 の 他 の 一 面 、 デ ・ ・ フ ウ に 興 味 の な い こ と を 怪 み な が ら 、 彼 自 身 を こ こ へ ひ や や 冷 か な 理 智 に 富 ん だ 一 面 に 近 い 「 カ ン デ イ イ ド 」 の 哲 導 い た も の の 何 で あ る か を 考 え て い た 。 そ れ は 決 し て 恋 愛 で は な か っ た 。 若 し 恋 愛 で な い と す れ ば 、 ー ー ・ 彼 は こ の 答 学 者 に 近 づ い て 行 っ た 。 を 避 け る 為 に 「 兎 に 何 我 等 は 対 等 だ 」 と 考 え な い 訣 に は 人 生 は 一 一 十 九 歳 の 彼 に は も う 少 し も 明 る く は な か っ た 。 か な か っ た 。 が 、 ヴ ォ ル テ エ ル は こ う 云 う 彼 に 人 工 の 翼 を 供 給 し た 。 つ ば さ 前 の 人 力 車 に 乗 っ て い る の は 或 狂 人 の 娘 だ っ た 。 の み な 彼 は こ の 人 工 の 翼 を ひ ろ げ 、 易 や す と 空 へ 舞 い 上 っ た 。 し っ と 同 時 に 又 理 智 の 光 を 浴 び た 人 生 の 歓 び や 悲 し み は 彼 の 目 の ら ず 彼 女 の 妹 は 嫉 妬 の 為 に 自 殺 し て い た 。 下 へ 沈 ん で 行 っ た 。 彼 は 見 す ぼ ら し い 町 々 の 上 へ 反 語 や 微 「 も う ど う に も 仕 か た は な い 。 」 さ え ぎ す ぐ 笑 を 落 し な が ら 、 遮 る も の の な い 空 中 を ま っ 直 に 太 陽 へ 登 彼 は も う こ の 狂 人 の 娘 に 、 ー ー ・ 動 物 的 本 能 ば か り 強 い 彼 ぞ う お っ て 行 っ た 。 丁 度 こ う 云 う 人 工 の 翼 を 太 陽 の 光 り に 焼 か れ 女 に 或 憎 悪 を 感 じ て い た 。 二 台 の 人 力 車 は そ の 間 に 礙 臭 い 墓 地 の 外 へ 通 り か か っ た 為 に と う と う 海 へ 落 ち て 死 ん だ 昔 の 希 臘 人 も 忘 れ た よ う せ 製 、 ル 」 ろ ・ そ だ が 、 か が ら た 。 蠣 穀 の つ い た 粗 朶 垣 の 中 に は 石 塔 が 幾 つ も 黒 ん で い に 。 か せ た 。 彼 は そ れ 等 の 石 塔 の 向 う に か す か に か が や い た 海 を 眺 と ら 二 十 械 め 、 何 か 急 に 彼 女 の 夫 を ー ー 彼 女 の 心 を 捉 え て い な い 彼 女 け い べ っ 彼 等 夫 妻 は 彼 の 養 父 母 と 一 つ 家 に 住 む こ と に な っ た 。 そ の 夫 を 軽 蔑 し 出 し た 。 ・ れ は 彼 が 或 新 聞 社 に 入 社 す る こ と に な っ た 為 だ っ た 。 彼 は 二 十 一 一 或 画 家 黄 い ろ い 紙 に 書 い た 一 枚 の 契 約 書 を カ に し て い た 。 が 、 そ お ん ど り す み え の 契 約 書 は 後 に な っ て 見 る と 、 新 聞 社 は 何 の 義 務 も 負 わ ず そ れ は 或 雑 誌 の 挿 し 画 だ っ た 。 が 、 一 羽 の 雄 鶏 の 墨 画 は よ ろ こ ギ リ シ ャ

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


芸 術 家 の 幸 福 偉 大 最 も 幸 福 な 芸 術 家 は 晩 年 に 名 声 を 得 る 芸 術 家 で あ ゑ 国 民 衆 は 人 格 や 事 業 の 偉 大 に 籠 絡 さ れ る こ と を 愛 す る も の 木 田 独 歩 も そ れ を 思 え ば 、 必 し も 不 幸 な 芸 術 家 で は な い 。 で あ る 。 が 、 偉 大 に 直 面 す る こ と は 有 史 以 来 愛 し た こ と は 好 人 物 広 告 女 は 常 に 好 人 物 を 夫 に 持 ち た が る も の で は な い ・ し か し 男 は 好 人 物 を 常 に 友 だ ち に 持 ち た が る も の で あ る 。 「 侏 儒 の 言 葉 」 十 一 一 月 号 の 「 佐 佐 木 茂 索 君 の 為 に 」 は 佐 佐 木 君 を 貶 し た の で は あ り ま せ ん 。 佐 佐 木 君 を 認 め な い 批 評 あ ざ け 家 を 嘲 っ た も の で あ り ま す 。 こ う 言 う こ と を 広 告 す る の は け い べ っ 好 人 物 は 何 よ り も 先 に 天 上 の 神 に 似 た も の で あ ゑ 第 一 「 文 藝 春 秋 」 の 読 者 の 頭 脳 を 軽 蔑 す る こ と に な る の か も 知 に 歓 喜 を 語 る の に 好 い 。 第 二 に 不 平 を 訴 え る の に 好 い 。 第 れ ま せ ん 。 し か し 実 際 或 批 評 家 は 佐 佐 木 君 を 貶 し た も の と か つ ま た あ り ゅ う い て も い な い で も 好 い 思 い こ ん で い た そ う で あ り ま す 。 且 又 こ の 批 評 家 の 亜 流 も 少 く な い よ う に 聞 ぎ 及 び ま し た 。 そ の 為 に 一 言 広 告 し ま お お や け ほ っ い 罪 す 。 尤 も こ れ を 公 に す る の は わ た く し の 発 意 で は あ り ま さ と み と ん 「 そ の 罪 を 憎 ん で そ の 人 を 憎 ま ず 」 と は 必 し も 行 う に 難 い せ ん 。 実 は 先 輩 里 見 弴 君 の 煽 動 に よ っ た 結 果 で あ り ま す 。 い き ど お こ と で は な い 。 抵 の 子 は 大 抵 の 親 に ち ゃ ん と こ の 格 言 を ど う か こ の 広 告 に 憤 る 読 者 は 里 見 君 に 非 難 を 加 え て 下 さ 実 行 し て い る 。 。 「 侏 儒 の 言 葉 」 の 作 者 。 桃 李 追 加 広 告 の し も お の ず か け い 儒 * と う り 侏 「 桃 李 言 わ ざ れ ど も 、 下 自 ら 蹊 を 成 す 」 と は 確 か に 知 者 の 広 告 中 、 「 里 見 君 に 非 難 を 加 え て 下 さ い 」 と 言 0 の 言 で あ る 。 尤 も 「 桃 李 言 わ ざ れ ど も 」 で は な い 。 実 は 「 桃 た の は 勿 論 わ た し の 常 談 で あ り ま す 。 実 際 は 非 難 を 加 え ず 李 言 わ ざ れ ば 」 で あ る 。 と も よ ろ し い 。 わ た し は 或 批 評 家 の 代 表 す る 一 団 の 天 才 に 敬 服 し た 余 り 、 ど う も 多 少 ふ だ ん よ り も 神 経 質 に な っ た よ か た し ゅ じ ゅ け な

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


い ま か っ 妄 に 道 徳 に 屈 す る も の は 臆 病 も の か 怠 け も の で あ る 。 良 心 は 道 徳 を 造 る か も 知 れ ぬ 。 し か し 道 徳 は 未 だ 嘗 て 、 良 心 の 良 の 字 も 造 っ た こ と は な い 。 我 々 を 支 配 す る 道 徳 は 資 本 主 義 に 毒 さ れ た 封 建 時 代 の 道 ほ と ん 徳 で あ る 。 我 々 は 殆 ど 損 害 の 外 に 、 何 の 恩 恵 に も 浴 し て い 良 心 も あ ら ゆ る 趣 味 の よ う に 、 病 的 な る 愛 好 者 を 持 っ て そ う め い い る 。 そ う 云 う 愛 好 者 は 十 中 八 九 、 聰 明 な る 貴 族 か 富 豪 か で あ る 。 じ ゅ う り ん 強 者 は 道 徳 を 蹂 践 す る で あ ろ う 。 弱 者 は 又 道 徳 に 玖 撫 さ 好 悪 れ る で あ ろ う 。 道 徳 の 迫 害 を 受 け る も の は 常 に 強 弱 の 中 間 者 で あ る 。 わ た し は 古 い 酒 を 愛 す る よ う に 、 古 い 快 楽 説 を 愛 す る も の で あ る 。 我 々 の 行 為 を 決 す る も の は 善 で も な け れ ば 悪 で こ う お 道 徳 は 常 に 古 着 で あ る 。 も な い 。 唯 我 々 の 好 悪 で あ る 。 或 は 我 々 の 快 不 快 で あ る 。 く ら ひ げ そ う と し か わ た し に は 考 え ら れ な い 。 ご く か ん 良 心 は 我 々 の ロ 髭 の よ う に 年 齢 と 共 に 生 ず る も の で は な で は な ぜ 我 々 は 極 寒 の 天 に も 、 将 に 溺 れ ん と す る 幼 児 を い 。 我 々 は 良 心 を 得 る 為 に も 若 干 の 訓 練 を 要 す る の で あ る 。 見 る 時 、 進 ん で 水 に 入 る の で あ る か ? 救 う こ と を 快 と す る か ら で あ る 。 で は 水 に 入 る 不 快 を 避 け 、 幼 児 を 救 う 快 を 一 国 民 の 九 割 強 は 一 生 良 心 を 持 た ぬ も の で あ る 。 取 る の は 何 の 尺 度 に 依 っ た の で あ ろ う ? よ り 大 き い 快 を 選 ん だ の で あ る 。 し か し 肉 体 的 快 不 快 と 精 神 的 快 不 快 と は は ず 我 々 の 悲 劇 は 年 少 の 為 、 或 は 訓 練 の 足 り な い 為 、 ま だ 良 同 一 の 尺 度 に 依 ら ぬ 筈 で あ る 。 い や 、 こ の 二 つ の 快 不 快 は 葉 は れ ん ら か ん あ い 、 言 心 を 捉 え 得 ぬ 前 に 、 破 廉 恥 漢 の 非 難 を 受 け る こ と で あ る 。 全 然 相 容 れ ぬ も の で は な い 。 寧 ろ 鹹 水 と 淡 水 と の よ う に 、 の 我 々 の 喜 劇 は 年 少 の 為 、 或 は 訓 練 の 足 り な い 為 、 破 廉 恥 一 つ に 融 け 合 0 て い る も の で あ る 。 現 に 精 神 的 教 養 を 受 け の ら け い は ・ ル す す う な ー さ い な い 京 阪 辺 の 紳 士 諸 君 は す っ ぽ ん の 汁 を 啜 っ た 後 、 鰻 を 菜 侏 漢 の 非 難 を 受 け た 後 に 、 や っ と 良 心 を 捉 え る こ と で あ る 。 か っ に 飯 を 食 う さ え 、 無 上 の 快 に 数 え て い る で は な い か ? 且 デ ん し ゆ く ま た 又 水 や 寒 気 な ど に も 肉 体 的 享 楽 の 存 す る こ と は 寒 中 水 泳 の 良 心 と は 閾 粛 な る 趣 味 で あ る 。 か ん 示 す と こ ろ で あ る 。 な お こ の 間 の 消 息 を 疑 う も の は マ ソ ヒ ほ か な ま ま さ お ほ

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


も ら 又 小 さ い 部 屋 の 隅 に は 黒 い ヴ = ヌ ス の 像 の 下 に 山 葡 萄 が 一 理 は あ り ま せ ん 。 け れ ど も 河 童 の 国 に 生 ま れ た ト ッ ク は 勿 ろ ん ふ さ 献 じ て あ る の で す 。 僕 は 何 の 装 飾 も な い 僧 房 を 想 像 し 論 「 生 命 の 樹 」 を 知 0 て い た 轡 で す 。 僕 は こ の 教 え に 従 わ て い た だ け に ち ょ っ と 意 外 に 感 じ ま し た 。 す る と 長 老 は 僕 な か 0 た ト ッ ク の 最 後 を 憐 み ま し た か ら 、 長 老 の 言 葉 を 遮 す す す の 容 子 に こ う 言 う 気 も ち を 感 じ た と 見 え 、 僕 等 に 椅 子 を 薦 る よ う に ト ッ ク の こ と を 話 し 出 し ま し た 。 「 あ あ 、 あ の 気 の 毒 な 詩 人 で す ね 。 」 め る 前 に 半 ば 気 の 毒 そ う に 説 明 し ま し た 。 「 ど う か 我 々 の 宗 教 の 生 活 教 で あ る こ と を 忘 れ ず に 下 さ 長 老 は 僕 の 話 を 聞 き 、 深 い 息 を 洩 ら し ま し た 。 お う せ い 。 我 々 の 神 、 ー ー 『 生 命 の 樹 』 の 教 え は 『 旺 盛 に 生 き よ 』 「 我 々 の 運 命 を 定 め る も の は 信 仰 と 境 遇 と 偶 然 と だ け で も っ と : ラ ツ 。 フ さ ん 、 あ な た は こ の か た に す 。 ( 尤 も あ な た が た は そ の 外 に 遺 伝 を お 数 え な さ る で し と 云 う の で す か ら 。 ト ッ ク さ ん は 不 幸 に も 信 仰 を お 持 ち に な ら な か っ よ 、 つ 0 ) 我 々 の 聖 書 を 御 覧 に 入 れ ま し た か ? 」 ほ と ん 「 い え 、 : : : 実 は わ た し 自 身 も 殆 ど 読 ん だ こ と は な い の で た の で す 。 ー う ら や 「 ト ッ ク は あ な た を 羨 ん で い た で し よ う 。 い や 、 偰 も 羨 ん さ ら か ラ ッ プ は 頭 の 皿 を 掻 ぎ な が ら 、 正 直 に こ う 返 事 を し ま し で い ま す 。 ラ ツ 。 フ 君 な ど は 年 も 若 い し 、 く ら ば し あ い か わ ら ず 「 僕 も 嘴 さ え ち ゃ ん と し て い れ ば 或 は 楽 天 的 だ っ た か も た 。 が 、 長 老 は 不 相 変 静 か に 微 笑 し て 話 し つ づ け ま し た 。 「 そ れ で は お わ か り な り ま す ま い 。 我 々 の 神 は 一 日 の う ち 知 れ ま せ ん 。 」 長 老 は 僕 等 に こ う 言 わ れ る と 、 も う 一 度 深 い 息 を 洩 ら し に こ の 世 界 を 造 り ま し た 。 ( 『 生 命 の 樹 」 は 樹 と 云 う も の の 、 成 し 能 わ な い こ と は な い の で す 。 ) の み な ら ず 雌 の 河 童 を ま し た 。 し か も そ の 目 は 涙 ぐ ん だ ま ま 、 じ っ と 黒 い ヴ = ヌ お す 造 り ま し た 。 す る と 雌 の 河 童 は 退 屈 の 余 り 、 雄 の 河 童 を 求 ス を 見 つ め て い る の で す 。 あ わ れ こ れ は わ た し の 秘 密 で す か ら 、 ど う め ま し た 。 我 々 の 神 は こ の き を 憐 み 、 雌 の 河 童 の 脳 髄 を 「 わ た し も 実 は 、 わ た し も 実 は 我 々 の 神 を 取 り 、 雄 の 河 童 を 造 り ま し た 。 我 々 の 神 は こ の 二 匹 の 河 童 か 誰 に も 仰 有 ら ず に 下 さ い 。 に 「 食 え よ 、 交 合 せ よ 、 旺 盛 に 生 き よ 」 と 云 う 祝 福 を 与 え 信 ず る 訣 に 行 か な い の で す 。 し か し い っ か わ た し の 祈 疇 ま 、 ま し た 。 : : : 」 河 丁 度 長 老 の こ う 言 っ た 時 で す 。 突 然 部 屋 の 戸 が あ い た と 僕 は 長 老 の 言 葉 の う ち に 詩 人 の ト ッ ク を 思 い 出 し ま し た 。 詩 人 の ト ッ ク は 不 幸 に も 僕 の よ う に 無 神 論 者 で す 。 僕 思 う と 、 大 き い 雌 の 河 童 が 一 匹 、 い き な り 長 老 〈 飛 び か か は 河 童 で は あ り ま せ ん か ら 、 生 活 教 を 知 ら な か 「 た の も 無 り ま し た 。 僕 等 が こ の 雌 の 河 童 を 抱 き と め よ う と し た の は

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


318 戸 の 中 へ は い ら ず に 引 き 返 し た 。 す る と い っ か 僕 の 影 の 左 神 経 を 丈 夫 に し た 。 僕 は ラ ス コ ル ュ コ フ を 思 い 出 し 、 何 ご ざ ん げ 右 に 揺 れ て い る の を 発 見 し た 。 し か も 僕 を 照 ら し て い る の と も 懺 悔 し た い 欲 望 を 感 じ た 。 が 、 そ れ は 僕 自 身 の 外 に は 無 気 味 に も 赤 い 光 だ っ た 。 僕 は 往 来 に 立 ち ど ま っ た 。 け も 、 い や 、 僕 の 家 族 の 外 に も 悲 劇 を 生 じ る の に 違 い な れ ど も 僕 の 影 は 前 の よ う に 絶 え ず 左 右 に 動 い て い た 。 僕 は か っ た 。 の み な ら ず こ の 欲 望 さ え 真 実 か ど う か は 疑 わ し か の 込 っ ガ ラ ス 怯 ず 怯 ず ふ り 返 り 、 や っ と こ の ・ ハ ア の 軒 に 吊 っ た 色 硝 子 の っ た 。 若 し 僕 の 神 経 さ え 常 人 の よ う に 丈 夫 に な れ ば 、 お も む ラ ン タ ア ン を 発 見 し た 。 ラ ン タ ア ン は 烈 し い 風 の 為 に 徐 ろ け れ ど も 僕 は そ の 為 に は ど こ か へ 行 か な け れ ば な ら な か っ に 空 中 に 動 い て い た 。 ・ マ ド リ ッ ド へ 、 リ オ へ 、 サ マ ル カ ン ド へ 、 僕 の 次 に は い っ た の は 或 地 下 室 の レ ス ト オ ラ ン だ っ た 。 そ の う ち に 或 店 の 軒 に 吊 っ た 、 白 い 小 型 の 看 板 は 突 然 僕 ち ゅ う も ん つ ば さ 僕 は そ こ の ・ ハ ア の 前 に 立 ち 、 ウ イ ス キ イ を 一 杯 註 文 し た 。 を 不 安 に し た 。 そ れ は 自 動 車 の タ イ ア ア に 翼 の あ る 商 標 を 「 ウ イ ス キ イ を ? Black and White ば か り で ご ざ い ま 描 い た も の だ っ た 。 僕 は こ の 商 標 に 人 工 の 翼 を 手 よ り に し ギ リ シ ャ あ げ す が 、 た 古 代 の 希 臘 人 を 思 い 出 し た 。 彼 は 空 中 に 舞 い 上 っ た 揚 で し 僕 は 曹 達 水 の 中 に ウ イ ス キ イ を 入 れ 、 黙 っ て 一 口 ず つ 飲 句 、 太 陽 の 光 に 翼 を 焼 か れ 、 と う と う 海 中 に 溺 死 し て い た 。 み は じ め た 。 僕 の 隣 に は 新 聞 記 者 ら し い 三 十 前 後 の 男 が 二 マ ド リ ッ ド へ 、 リ オ へ 、 サ マ ル カ ン ド へ 、 ー ー ・ 僕 は こ う 云 う あ ぎ わ ら ム く し ゅ う 人 何 か 小 声 に 話 し て い た 。 の み な ら ず 仏 蘭 西 語 を 使 っ て い 僕 の 夢 を 嘲 笑 わ な い 訣 に は 行 か な か っ た 。 同 時 に 又 復 讐 の た 。 僕 は 彼 等 に 背 中 を 向 け た ま ま 、 全 身 に 彼 等 の 視 線 を 感 神 に 追 わ れ た オ レ ス テ ス を 考 え な い 訣 に も 行 か な か っ た 。 じ た 。 そ れ は 実 際 電 波 の よ う に 僕 の 体 に こ た え る も の だ っ 僕 は 運 河 に 沿 い な が ら 、 暗 い 往 来 を 歩 い て 行 っ た 。 そ の う わ さ た 。 彼 等 は 確 か に 僕 の 名 を 知 り 、 僕 の 噂 を し て い る ら し か う ち に 或 郊 外 に あ る 養 父 母 の 家 を 思 い 出 し た 。 養 父 母 は 勿 ろ ん 論 僕 の 帰 る の を 待 ち 暮 ら し て い る の に 違 い な か っ た 。 恐 ら ••trés mauvais•• 「 Bien•• : pourquoi 7 : く は 僕 の 子 供 た ち も 、 し か し 僕 は そ こ へ 帰 る と 、 お の ••le diable est mort 一 : 「 Pourquoi 7 : ず か ら 僕 を 束 縛 し て し ま う 或 力 を 恐 れ ず に は い ら れ な か っ だ る ま ぶ ね そ う ••d'enfer•• 「 Ou 一 . oui•• た 。 運 河 は 波 立 っ た 水 の 上 に 達 磨 船 を 一 艘 横 づ け に し て い 僕 は 銀 貨 を 一 枚 投 げ 出 し 、 ( そ れ は 僕 の 持 っ て い る 最 後 た 。 そ の 又 達 磨 船 は 船 の 底 か ら 薄 い 光 を 洩 ら し て い た 。 そ な ん に よ の 一 枚 の 銀 貨 だ っ た 。 ) こ の 地 下 室 の 外 へ の が れ る こ と に こ に も 何 人 か の 男 女 の 家 族 は 生 活 し て い る の に 違 い な か っ し た 。 夜 風 の 吹 き 渡 る 往 来 は 多 少 胃 の 痛 み の 薄 ら い だ 僕 の た 。 や は り 愛 し 合 う 為 に 憎 み 合 い な が ら 。 ・ 、 、 僕 は も ア ラ ン ス も ち

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


た で あ ろ う 。 っ た 。 こ の 悪 と の 問 答 は い っ か 重 大 な 意 味 を 与 え ら れ て げ ん 「 わ た し の 現 に し て い る こ と を ヨ ハ ネ に 話 し て 聞 か せ る が い る 。 が 、 ク リ ス ト の 一 生 で は 必 し も 大 事 件 と 云 う こ と は う ら し り ぞ 出 来 な い 。 彼 は 彼 の 一 生 の 中 に 何 度 も 「 サ タ ン よ 、 退 け 」 と 言 っ た 。 現 に 彼 の 伝 記 作 者 の 一 人 、 ー ー ル カ は こ の 事 件 し る 悪 魔 を 記 し た 後 、 「 悪 こ の 試 み 皆 畢 り て 暫 く 彼 を 離 れ た り 」 だ ん じ 、 の ら ま ク リ ス ト は 四 十 日 の 断 食 を し た 後 、 目 の あ た り に 悪 魔 と と つ け 加 え て い る 。 問 答 し た 。 我 々 も 悪 魔 と 問 答 を す る 為 に は 何 等 か の 断 食 を 最 初 の 弟 子 た ち 必 要 と し て い る 。 我 々 の 或 も の は こ の 問 答 の 中 に 悪 魔 の 誘 惑 に 負 け る で あ ろ う 。 又 或 も の は 誘 惑 に 負 け ず に 我 々 自 身 ク リ ス ト は 僅 か に 十 一 一 歳 の 時 に 彼 の 天 才 を 示 し て い る 。 を 守 る で あ ろ う 。 し か し 我 々 は 一 生 を 通 じ て 悪 魔 と 問 答 を が 、 洗 礼 を 受 け た 後 も 誰 も 弟 子 に な る も の は な か っ た 。 村 し り ぞ し な い こ と も あ る の で あ る 。 ク リ ス ト は 第 一 に パ ン を 斥 け か ら 村 を 歩 い て い た 彼 は 定 め し 寂 し さ を 感 じ た で あ ろ う 。 た 。 が 、 「 パ ン の み で は 生 き ら れ な い 」 と 云 う 註 釈 を 施 す け れ ど も と う と う 四 人 の 弟 子 た ち は ー ー し か も 四 人 の 漁 師 の を 忘 れ な か っ た 。 そ れ か ら 彼 自 身 の 力 を 恃 め と 云 う 悪 魔 た ち は 彼 の 左 右 に 従 う こ と に な っ た 。 彼 等 に 対 す る ク リ ス つ ら っ の 理 想 主 義 者 的 忠 告 を 斥 け た 。 し か し 又 「 主 た る 汝 の 神 を ト の 愛 は 彼 の 一 生 を 貫 い て い る 。 彼 は 彼 等 に 囲 ま れ な が 試 み て は な ら ぬ 」 と 云 う 弁 証 法 を 用 意 し て い た 。 最 後 に ら 、 見 る 見 る 鋭 い 舌 に 富 ん だ 古 代 の ジ ャ ア ナ リ ス ト に な 0 「 世 界 の 国 々 と そ の 栄 華 と 」 を 斥 け た 。 そ れ は パ ン を 斥 け て 行 っ た 。 た の と 或 は 同 じ こ と の よ う に 見 え る で あ ろ う 。 し か し パ ン 聖 霊 の 子 供 ク リ ス ト を 斥 け た の は 現 実 的 欲 望 を 斥 け た の に 過 ぎ な い 。 は こ の 第 三 の 答 の 中 に 我 々 自 身 の 中 に 絶 え る こ と の な い 、 ク リ ス ト は 古 代 の ジ ャ ア ナ リ ス ト に な っ た 。 同 時 に 又 古 あ ら ゆ る 地 上 の 夢 を 斥 け た の で あ る 。 こ の 論 理 以 上 の 論 理 代 の ポ 〈 ミ ア ン に な っ た 。 彼 の 天 才 は 飛 躍 を つ づ け 、 彼 の 的 決 闘 は ク リ ス ト の 勝 利 に 違 い な か っ た 。 ヤ コ ・ フ の 天 使 と 生 活 は 一 時 代 の 社 会 的 約 束 を 踏 み に じ っ た 。 彼 を 理 解 し な 組 み 合 っ た の も 恐 ら く は こ う 云 う 決 闘 だ っ た で あ ろ う 。 悪 い 弟 子 た ち の 中 に 時 々 ヒ ス テ リ イ を 起 し な が ら 。 し か 魔 は 畢 に ク リ ス ト の 前 に 頭 を 垂 れ る よ り 外 は な か っ た 。 け し そ れ は 彼 自 身 に は 大 体 歓 喜 に 満 ち 渡 っ て い た 。 ク リ ス ト さ ん じ よ う れ ど も 彼 の マ リ ア と 云 う 女 人 の 子 供 で あ る こ と は 忘 れ な か は 彼 の 詩 の 中 に ど の 位 情 熱 を 感 じ て い た で あ ろ う 。 「 山 上 に よ に ん わ ず み な お わ

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


は な か っ た 。 彼 の 最 も 愛 し た も の は 彼 の 道 に 従 う も の だ つ る 。 ク リ ス ト は 我 々 に 天 国 に 対 す る 悄 愰 を 呼 び 起 し た 第 一 3 た 。 ク リ ス ト は 又 情 熱 に 燃 え 立 っ た ま ま 、 大 勢 の 人 々 の 集 人 だ っ た 。 史 に 又 彼 の 逆 説 は 後 代 に 無 数 の 神 学 者 や 神 秘 主 ば う ぜ ん っ た 前 に 大 胆 に も こ う 云 う 彼 の 気 も ち を 言 い 放 す こ と さ え 義 者 を 生 じ て い る 。 彼 等 の 議 論 は ク リ ス ト を 茫 然 と さ せ ず は ば か に は 措 か な か っ た で あ ろ う 。 し か し 彼 等 の 或 者 は ク リ ス ト 憚 ら な か っ た 。 マ リ ア は 定 め し 戸 の 外 に 彼 の 言 葉 を 聞 き な か く し よ う ぜ ん が ら 、 悄 然 と 立 っ て い た こ と で あ ろ う 。 我 々 は 我 々 自 身 の よ り も 更 に ク リ ス ト 教 的 で あ る 。 ク リ ス ト は 兎 に 角 我 々 に げ ん を 中 に マ リ ア の 苦 し み を 感 じ て い る 。 た と い 我 々 自 身 の 中 に 現 世 の 向 う に あ る も の を 指 し 示 し た 。 我 々 は い つ も ク リ ス し か し ク リ ス ト の 中 に 我 々 の 求 め て い る も の を 、 ー ー ー 我 々 を 無 限 の 道 へ ク リ ス ト の 情 熱 を 感 じ て い る と し て も 、 ら つ ば あ わ れ ま た ト 自 身 も 亦 時 々 は マ リ ア を 憐 ん だ で あ ろ う 。 か が や か し い 驤 り や る 喇 叭 の 声 を 感 じ る で あ ろ う 。 同 時 に 又 い つ も ク リ 近 代 の や っ 天 国 の 門 を 見 ず に あ り の ま ま の イ エ ル サ レ ム を 眺 め た 時 に ス ト の 中 に 我 々 を 虐 ん で や ま な い も の を 、 と 表 現 し た 世 界 苦 を 感 じ ず に は い ら れ な い で あ ろ う 。 四 ジ ャ ア ナ リ ス ト ク リ ス ト 教 ク リ ス ト 教 は ク リ ス ト 自 身 も 実 行 す る こ と の 出 来 な か っ 我 々 は 唯 我 々 自 身 に 近 い も の の 外 は 見 る こ と は 出 来 な い 。 少 く と も 我 々 に 迫 っ て 来 る も の は 我 々 自 身 に 近 い も の た 、 逆 説 の 多 い 詩 的 宗 教 で あ る 。 彼 は 彼 の 天 才 の 為 に 人 生 さ え 笑 っ て 投 げ 棄 て て し ま っ た 。 ワ イ ル ド の 彼 に ロ マ ン 主 だ け で あ る 。 ク リ ス ト は あ ら ゆ る ジ ャ ア ナ リ ス ト の よ う に 義 者 の 第 一 人 を 発 見 し た の は 当 り 前 で あ る 。 彼 の 教 え た 所 こ の 事 実 を 直 覚 し て い た 。 花 嫁 、 葡 園 、 驢 馬 、 エ 人 き わ に よ れ ば 、 「 ソ ロ モ ン の 栄 華 の 極 み の 時 に だ に そ の 装 い 」 彼 の 教 え は 目 の あ た り に あ る も の を 一 度 も 利 用 せ ず に す ま ゆ り は 風 に 吹 か れ る 一 本 の 百 合 の 花 に 若 か な か っ た 。 彼 の 道 は し た こ と は な い 。 「 善 い サ マ リ ア 人 」 や 「 放 蕩 息 子 の 帰 宅 」 わ ず ら 唯 詩 的 に ー ー ・ あ す の 日 を 思 い 煩 わ ず に 生 活 し ろ と 云 う こ と は こ う 云 う 彼 の 詩 の 傑 作 で あ る 。 抽 象 的 な 言 葉 ば か り 使 っ も ち ろ ん 牧 師 た ち は に 存 し て い る 。 何 の 為 に ? ー ー ー そ れ は 勿 論 = ダ ヤ 人 た ち の て い る 後 代 の ク リ ス ト 教 的 ジ ャ ア ナ リ ス ト 天 国 へ は い る 為 に 違 い な か っ た 。 し か し あ ら ゆ る 天 国 も 流 一 度 も こ の ク リ ス ト の ジ ャ ア ナ リ ズ ム の 効 果 を 考 え な か っ せ つ け ん に お い 転 せ ず に は い る こ と は 出 来 な い 。 石 鹸 の 匀 の す る 薔 薇 の 花 た の で あ ろ う 。 彼 は 彼 等 に 比 べ れ ば 勿 論 、 後 代 の ク リ ス ト そ ん し よ く た ち に 比 べ て も 、 決 し て 遜 色 の あ る ジ ャ ア ナ リ ス ト で は な に 満 ち た ク リ ス ト 教 の 天 国 は い っ か 空 中 に 消 え て し ま っ 。 彼 の ジ ャ ア ナ リ ズ ム は そ の 為 に 西 方 の 古 典 と 肩 を 並 べ た 。 が 、 我 々 は そ の 代 り に 幾 つ か の 天 国 を 造 り 出 し て い て ん は か し よ う け い と