検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集から 472件ヒットしました。

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


わ す う よ う な 調 子 で あ っ た 。 て い る 村 の 貧 民 に 、 僅 か ず つ で も 「 ほ ど こ し 」 を し よ う そ れ が 、 町 の い わ ゆ る 奥 様 連 の 同 情 を 得 て 「 面 白 い 牧 師 と い う こ と に な っ た 。 さ ん で す わ ね 」 と い う こ と か ら 、 め つ き り 教 会 が に ぎ や か 故 人 が 、 貧 民 救 済 に は 、 随 分 心 を 用 い て い た の だ け れ ど に な っ て 来 た の で あ る 。 も 、 多 用 だ っ た り 、 基 金 が 無 か っ た り し て 、 意 の ま ま に は そ し て 、 今 で は 三 代 目 の こ れ も 恐 ろ し く 人 の 好 い 愚 直 と な ら な い で 終 っ て し ま っ た か ら 、 自 分 達 が そ の 遺 志 を 継 ぐ 椒 と ん い っ た ほ ど の 牧 師 が 、 殆 ど 女 連 の 御 陰 で 維 持 さ れ て い る よ の は 当 然 の こ と で あ る と い う の で あ っ た 。 婦 人 達 は 皆 勢 づ い た 。 そ し て 、 早 速 刷 物 を 作 っ て 、 町 中 う な 教 会 を 管 理 し て い た 。 い ろ い ろ な 意 味 で 大 切 に さ れ て い た 先 代 は 、 去 年 の 夏 脳 の 少 く と も 誰 さ ん と い わ れ る ほ ど の 人 へ は 、 残 ら ず 配 布 し い つ け っ 溢 血 で 、 ほ ん と う に 天 国 に 行 け そ う な 死 に よ う を し た の で て 、 お 志 の 御 寄 付 を 勧 誘 し た の で あ る 。 そ の 珍 し い 印 刷 物 を 手 に し た 者 は 、 皆 様 々 の 思 い に 打 た あ る 。 ま だ 割 合 に 年 も 若 く 、 絶 え ず 東 京 風 の 装 に 苦 心 し て い る れ た 。 或 る 者 は 喜 び 、 或 る 者 は 身 に 及 ば な い こ と で は あ る く ら い の 婦 人 連 は 、 教 会 を 一 つ の 交 際 機 関 と し て 利 用 し て が 、 ど う か し て 仲 間 か ら 脱 け た く な い も の だ と い う 苦 し さ に 迫 ら れ た 。 い た 。 そ し て 或 る と き は 説 教 よ り も 互 い の 身 な り の 観 察 が う わ さ 重 要 な こ と で あ り 神 の 祝 福 を 受 け な が ら 着 物 の 柄 を 考 え る 町 中 は こ の 噂 で 一 杯 に な り 、 町 が 始 ま っ て か ら 初 め て の ま れ こ と が 大 切 で あ っ た 。 そ し て い か に も 「 女 ら し い す ・ ヘ て の こ と だ と い っ て も 好 い く ら い 、 女 の 人 の 仕 事 の 稀 な こ の 土 地 で は 、 天 道 様 が 地 面 か ら 出 た よ う な 騒 ぎ で あ っ た 。 点 」 を 備 え た 会 合 が 催 さ れ て い た の で あ る 。 け れ ど も 、 じ き に 種 々 な 苦 情 が 起 っ て 来 て 、 関 係 者 を 非 と こ ろ が 、 こ の 八 月 の 二 十 四 日 が 先 代 の 牧 師 の 初 め て の 命 日 で あ る と い う こ と は 、 何 か か わ っ た こ と も が な と 思 っ 常 に 困 ら せ た 。 て い る 婦 人 連 に と っ て は 、 こ の 上 な い 機 会 と な っ た の で あ そ れ は 、 こ ん な 女 が 委 員 だ と か 何 だ と か 、 麗 々 し く 名 を 出 し て い る の に 、 一 体 私 は ど う し た の だ 、 と い う よ う な こ る 。 花 の 日 会 な ど と い う 派 手 な 催 し の あ る こ と を 聞 い て 、 胸 を わ く わ く さ せ な が ら も じ い っ と 我 慢 し て い た 人 達 な の と か ら 、 誰 彼 の 差 別 な く 名 を 並 べ て 置 く よ り は 、 会 長 と か で 、 何 か 記 念 の 仕 事 を し よ う と い う こ と は 、 一 も 二 も な く 副 会 長 と か か ら 、 末 は 地 り 使 い ま で 明 か な 役 名 を つ け て 置 こ と 賛 成 さ れ た 。 か な け れ ば い け な い と い う こ と で あ る 。 殊 に 、 そ の 候 補 者 そ し て 、 い ろ い ろ 評 議 さ れ た 末 、 終 に 故 牧 師 が 埋 め ら れ の 中 に は 自 分 を も 加 え て い る 自 信 あ る 夫 人 達 は 、 熱 心 に そ の う

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


第 を を を 義 『 村 の ク ラ ス 会 』 ( 昭 和 二 十 四 年 ) 、 「 屋 根 裏 の 記 録 』 『 二 十 四 の 瞳 』 に つ な が る ( 昭 和 二 十 五 年 ) な ど に 、 題 材 が 見 え て い る こ と で も わ か る し 、 ま た 幼 な 友 だ ち 四 頃 の 回 想 記 ( 鹿 島 ま さ の 『 栄 様 と 私 』 全 集 月 報 6 所 収 ) な ど を 見 る と 、 作 者 の 幼 少 時 代 か ら の 具 体 的 な 見 聞 ・ 二 れ 「 さ 体 験 の つ み か さ な り が 、 『 二 十 四 の 瞳 』 の な か で 、 あ る と き に は 大 石 久 子 先 生 の 話 と な り 、 生 徒 の 話 と な り 、 年 出 2 カ A 」 い 、 つ レ 小 、 つ こ い ろ い ろ に 分 身 化 さ れ 、 再 生 化 さ れ つ 昭 瞳 つ 、 長 い 物 語 の な か に 組 み こ ま れ て い る こ と か わ か っ て 、 作 家 の 創 造 の 秘 密 の 一 端 を の ぞ き 見 る よ う で 大 へ ん 面 白 い 『 二 十 四 の 瞳 』 は そ の 映 画 化 、 単 行 本 の ベ ス ト セ ラ ー 年 を 義 ・ を い を 第 0 ま ' ・ -0 ・ 第 0 と い う 形 で 、 あ ま り 世 間 に さ わ か れ す ぎ 、 評 判 と い う 4 4 ・ 第 、 を ま の と に を ・ 第 の や の で 画 て か ・ ー い え あ れ ー ま 第 を を , 0 当 響 ー ・ 第 物 い を の , れ 、 - 一 ー 産 の 第 一 員 、 つ の ま に か よ ご さ れ て し ま っ た と さ 、 た い え 第 ・ ・ 朝 第 第 物 を 、 ・ ー 0 ・ 第 ・ 物 お て は ま ド 要 ・ る 作 で あ る が 、 そ の 客 観 的 な 価 値 は 、 評 判 と い う 手 垢 っ 読 ん で も 、 な ど に 決 し て ま み れ る も の で は な い 。 イ れ を イ き を ・ 物 を 第 を ま い ・ な ん ど 読 ん で も 、 感 動 を あ ら た に す る こ と が で き る 壺 右 昭 和 年 2 月 号 「 ニ ュ 井 文 学 の 最 高 傑 作 で あ る 。 こ の 作 品 は 、 大 へ ん み ご と ェ イ ジ 」 に 掲 載 さ れ た な 構 成 を も っ て い る し 、 は っ き り と し た モ チ ー フ 、 ( 反 「 二 十 四 の 瞳 」 の 第 一 回 戦 平 和 の ね が い ) 、 テ ー マ ( 海 べ の 貧 し い 子 ら と 女 先 生 が 、 戦 争 下 を 生 き ぬ い て い こ う と す る 姿 の 描 き 出 し ) が あ る の だ が 、 構 成 や テ ー マ な ど を 肩 い か ら し て 考 え 貯 上 映 画 「 二 十 四 の 瞳 」 す に 、 実 に 面 白 く つ り こ ま れ て 読 ん で し ま え る よ う な 小 豆 島 ロ ケ で 高 峰 秀 子 と

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


れ 故 あ の 罵 り に 対 し て の 憤 り は よ り 強 く 深 く な る ば か り な 憤 り ゃ な に か を 持 ち 去 っ て し ま っ た 。 の で あ っ た 。 私 は 、 お 前 方 か ら 指 一 本 指 さ れ る 身 じ ゃ あ な け れ ど も 、 後 に は よ く 考 え な け れ ば な ら な い 、 悲 し い 思 い が 深 く 根 ざ し た の で あ る 。 。 人 が 親 切 に 言 っ て や っ た の に 石 ま で ぶ つ け て 、 そ れ で あ の 男 の 子 等 は 、 今 ま で 、 そ の 両 親 が 誰 の た め に 働 い て 済 む こ と な の か ? い る の を 見 て い た の か ? 私 は ほ ん と に あ の 子 供 達 が 厭 で あ っ た 。 そ し て 、 ま た い う わ さ つ も の よ う に あ の と き の こ と が じ き 村 の 噂 に 上 っ て 、 小 っ 彼 等 の 収 穫 を 待 ち か ね て 、 何 の 思 い 遣 り も 、 容 赦 も な く ち ょ う し よ う ぼ け な お か し い 自 分 が 、 泥 だ ら け の 百 姓 共 の 嘲 笑 の 種 に 米 の 俵 を 連 び 去 っ て し ま う の は 如 何 な る 人 種 で あ る の か ? 引 っ ぱ り ま わ さ れ る の か と 思 う と 、 一 君 い に 、 あ の こ と も 実 世 間 の こ と を 少 し ず つ 見 聞 ぎ し て 、 大 人 の 生 活 が 分 り あ の 子 供 達 も 一 ま と め に し て 、 押 し 潰 し て し ま い た い ほ ど か け て 来 た 彼 等 男 の 子 等 の 胸 は 、 両 親 に 対 す る 同 情 と 、 常 に 自 分 等 よ り も ず っ と よ け い な 衣 類 や 食 物 を 持 っ て い て 、 の 心 持 ち が し た の で あ る 。 御 飯 も 食 べ ら れ な い ほ ど 私 は く さ く さ し た 。 異 っ た 様 子 を し 異 っ た 言 葉 で 話 す 者 共 へ 対 し て の 憎 悪 と 猜 け れ ど も 、 夕 方 近 く な 0 て 、 小 作 男 の 仁 太 と い う の が 来 疑 で ち 満 ち て い た の で あ ろ う 。 い と ぐ ち て 二 時 間 近 く も 話 し て 行 っ た こ と は 、 私 に 或 る 考 え の 緒 ロ 俺 ら が 大 事 の 両 親 に 辛 い 思 い を さ せ 、 涙 を こ ・ ほ さ せ る の は 、 あ の い つ で も そ の 耳 触 り の 好 い 声 を 出 し て 、 ス ベ ス ペ を 与 え た 。 彼 は 、 私 共 の 持 畑 ー ー ・ 二 里 ほ ど 先 の 村 に あ る ー ー に 働 い し た 着 物 を 着 て 、 多 勢 の 者 に チ ャ ホ ャ い わ れ て い る 者 共 で て い る 貧 し い 小 作 男 で 、 そ の 男 が 来 れ ば き っ と 願 い 事 を 持 を な い か ? っ て い な い こ と は な い と い わ れ て い る ほ ど 、 困 っ て い る の 親 切 ら し い 言 葉 の 裏 に は 伏 兵 の あ る こ と を 、 い っ と は な く 半 分 直 覚 的 に 注 入 さ れ 、 「 町 の 人 あ 油 断 が な ん ね え そ 」 群 で あ る 。 の 私 は 彼 の 衰 え た 体 を な が め 、 も う 何 も 彼 も 運 だ と あ き ら と 言 わ れ 言 わ れ し て い る 彼 等 で あ ろ う も の 、 い き な り 私 が 々 人 め て い る よ り ほ か し よ う の な い よ う な 話 振 り を 聞 く と 、 フ 現 わ れ て 、 優 し い 言 葉 を か け た か ら と て 私 を 信 じ 得 る 筈 は し ト 甚 助 の こ と を 思 い 出 し た 。 甚 助 は や は り こ の 仁 太 の よ う な 小 作 男 だ 。 彼 等 の 頭 に は 先 ず 第 一 に 僻 み が 閃 い た 。 あ あ 、 ほ ん と に 彼 等 は こ ん な 気 の 毒 な 小 作 男 の 子 供 達 で 「 ま た う め え こ と い っ て け つ か る ! 」 あ っ た の だ ! こ の 思 い っ き は だ ん だ ん 私 の 心 か ら 種 々 の で 、 一 時 も 早 く こ の 小 づ ら の 憎 い 侵 入 者 を 駆 逐 す る た め い や ひ が ひ ら め よ う し ゃ

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


る と こ ろ で あ る 。 南 に 低 地 を へ だ て て 、 や は り 的 号 線 の る 山 々 は 頂 上 を 覆 わ れ 、 全 体 の 姿 が 見 え な い が 、 雪 を き ゅ ら り よ う 帯 び た 山 々 の 腰 か ら 下 だ け が 、 暗 灰 色 の 雲 の 下 に 見 え 西 側 に 小 高 い 丘 陵 が あ っ て 、 そ の 上 に 例 の 三 階 建 て の る 開 成 館 が あ る ノ の と こ ろ に 、 中 央 横 断 道 路 の 南 方 約 八 〇 〇 メ ー ト レ 郡 山 に つ く と 、 駅 の 右 手 に 大 い 灰 白 色 の 煙 突 が 数 本 ッ ク ッ ク と 立 ち 並 ん で い る 。 そ れ ら の う ち 最 大 の 、 巨 そ れ と 並 行 し て や は り ま っ す ぐ に 郡 山 の 市 を 東 西 に 横 大 な 煙 突 に 「 保 土 ヶ 谷 化 学 」 と 書 か れ て い る 。 市 街 地 断 す る 道 路 が あ る 。 こ の 道 路 が 号 線 と 交 っ た と こ ろ が 開 成 館 の 正 面 入 口 で あ る 。 道 路 は そ こ か ら 二 〇 〇 メ は 左 手 に び ら け て い る 。 駅 は 西 側 に 正 面 を 向 け て い る 。 ー ト ル た ら す 同 じ 道 幅 で す す ん で 、 開 成 館 に ぶ つ か っ 駅 の 正 面 か ら ま っ す ぐ 西 へ 向 か う 、 中 央 横 断 道 路 と も い う べ き 大 通 り を 少 し 行 く と 、 東 北 本 線 に 並 行 し て て 終 る 。 こ の 第 二 の 開 成 館 通 り と も い う べ き 横 断 道 路 を 車 で 往 っ た り 還 っ た り し て み た 。 走 る 国 道 4 号 線 と 交 わ る 。 そ の あ た り か ら 上 り 坂 に な 宮 本 百 合 子 の 初 期 作 品 『 お 久 美 さ ん と 其 の 周 囲 』 に 、 っ て 、 そ れ か ら 以 西 は す っ と 台 地 で あ る 。 駅 の あ た り 開 成 山 に は 三 つ の 貯 め 池 の あ る こ と が 書 か れ て い る は 海 抜 二 二 〇 メ ー ト ル 、 開 成 山 の 開 拓 地 は 二 三 〇 か ら そ れ が 今 は 一 つ だ け 残 っ て い る 。 二 五 〇 メ ー ト ル の 高 さ だ と い う 池 は 三 つ と も 、 中 央 横 断 道 路 と 開 成 館 通 り と の 間 の 開 成 山 は 駅 か ら 約 一 里 と 心 得 て い た が 、 実 際 に き て 八 〇 〇 メ ー ト ル ほ ど の 地 帯 に 並 ん で い た の だ が 、 今 は み る と 四 キ ロ は な い 。 約 二 キ ロ で 、 中 央 横 断 道 路 は ひ 番 西 の 、 大 神 宮 に 近 い の が 開 成 山 公 園 に な り 、 そ の ろ い 道 路 に 丁 字 形 に ぶ つ か る 。 い わ き 市 ( 旧 平 市 ) か 番 東 の 、 駅 に ら 北 西 に 走 っ て 会 津 若 松 に い た る 国 道 的 号 線 が 、 郡 山 東 に あ っ た の が 総 合 グ ラ ン ド に な り 、 近 い の が 水 道 の 貯 水 池 に な っ て い る 。 前 の 二 つ は 周 囲 駅 の 南 方 で 東 北 本 線 な ら び に 国 道 4 号 線 と 斜 め に 交 っ に 外 輪 山 の よ う な 土 堤 を め ぐ ら し て い て 、 か っ て そ こ て 、 こ の あ た り で は 東 北 本 線 と ほ ば 並 行 に 北 上 し て い こ ん せ き が 池 で あ っ た 痕 跡 を と ど め て い る 。 貯 水 地 は 、 き れ い る 。 中 央 横 断 道 路 が 丁 字 形 に つ か る ひ ろ い 大 通 り は 、 な 水 を 一 杯 に た た え 、 水 面 に 鴨 の 群 が 浮 か ん で い た 。 そ の 国 道 的 号 線 で あ る 。 み は る 宮 本 百 合 子 の 小 説 を 読 む と 、 開 成 山 か ら は 東 に 三 春 こ の 丁 字 路 に 西 む き に 立 っ た と す る と 、 す ぐ 左 斜 め 前 方 、 的 号 線 の 向 う 側 の 小 高 い 森 が 開 成 山 大 神 宮 の あ 富 士 、 北 に 々 郎 山 が 見 え る と あ る 。 大 神 宮 の 丘 か

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


138 よ 、 徴 も 明 日 の 閃 き が 感 じ ら れ な か 0 た 。 す こ し 落 着 き を と り 戻 し た よ う に 、 煙 草 に 火 を つ け た 。 名 古 屋 を 過 ぎ る と 、 通 路 ま で 汗 と 塵 に ま み れ た 復 員 者 と 「 段 々 案 外 の 不 自 由 が 出 て 来 る も ん で し て ね 。 私 に は 五 つ そ の 荷 物 で 溢 れ て い た に な る 坊 主 が あ る ん で す が 、 片 脚 ち ょ ん ぎ ら れ た 体 で は 、 か た あ し し よ う い は じ め 元 気 に 冗 談 も 言 っ て い た 片 脚 の 傷 痍 軍 人 は 、 — 歹 車 も う そ の 坊 主 を 立 っ て 抱 い て や る と い う こ と が 出 来 な い ん が 次 第 に 目 的 地 へ 近 づ く に つ れ て 何 と な し 沈 み が ち に 落 着 で す 」 き を 失 っ て 来 た 。 京 都 に 妻 子 が 疎 開 し て い た 。 二 年 ぶ り で 小 さ い 息 子 に 対 し て 、 自 分 の や り た い 方 法 で 可 愛 さ が 表 帰 る 体 を 先 ず そ こ に 休 め よ う と い う 計 画 な の で あ っ た 。 現 出 来 な い こ と を 悲 し ん で い る こ の 片 脚 の 人 の 言 葉 の か げ 「 電 報 が う ま く つ い て い れ ば い い ん だ が ー ー 」 に 、 ひ ろ 子 は 、 一 層 微 妙 に 、 妻 へ の 様 々 な 思 い が 湧 い て い ひ ろ 子 を か え り み て 、 る こ と を 察 し た 。 ひ ろ 子 は 、 心 か ら の は げ ま し を こ め て 言 っ こ 0 「 こ の 節 の 電 報 は 二 日 じ ゃ あ ぶ な い で し よ う 」 と き い た 。 「 よ っ ぽ ど 工 合 が よ く な い と ね 」 「 お 子 さ ん は 、 坐 っ た ま ん ま だ っ て 、 高 い 高 い 、 で も し て 東 北 の 町 か ら 、 鮎 沢 の う ち へ 打 っ た 電 報 は 、 ひ ろ 子 が 到 上 げ れ ば 、 そ れ こ そ 有 頂 天 よ 。 お 母 さ ん で は 、 も う 五 つ の 一 ろ ・ り ・ ゆ ら ′ 着 し て 次 の 日 ま で 逗 留 し て い る 間 に さ え 配 達 さ れ な か っ 坊 や は 、 高 い 高 い 、 出 来 な い ん で す も の 」 す こ し 間 を お い て 、 重 ね て 、 「 弱 っ た な 。 荷 物 さ え な け れ や 何 と か な る ん だ が 」 「 ほ ん と に 、 御 心 配 な さ ら な い こ と で す 」 あ み だ な 網 棚 の 上 の 大 き い 義 足 の 木 箱 を 見 上 げ た 。 と 言 っ た 。 「 お 降 り に な る と き 位 、 み ん な が お 手 つ だ い し ま す よ 。 駅 「 愛 情 は 変 通 自 在 な ん で す も の 、 本 当 に ど う に だ っ て な る の ひ と だ っ て 放 っ て お か な い ん だ し 。 ー ー ー ・ 荷 物 は 一 時 あ ず ん で す も の 」 け に し て 、 あ と か ら と り に 来 て お も ら い に な れ ば 」 愛 す る と い う こ と に き ま っ た 形 し か な い も の な ら 、 重 吉 「 ど う も す み ま せ ん 。 じ ゃ 、 そ う で も す る か 」 と ひ ろ 子 と は 、 ど う や っ て 十 二 年 の 間 、 夫 婦 の ゆ き か い を ち ょ っ と 頭 へ 一 寸 手 を や っ て 、 神 経 質 に 笑 っ た 。 保 っ て 来 ら れ た だ ろ う 。 ひ ろ 子 は こ の 不 幸 な 人 の 弱 気 を 、 「 何 し ろ 、 は じ め て 社 会 へ 出 た も ん で ー ー こ れ で 病 院 に い う し ろ か ら 押 す よ う な こ こ ろ も ち で そ う 思 っ た 。 二 人 の 幼 た 間 は 、 同 じ よ う な 野 郎 ば っ か り で す か ら 、 何 の 脚 一 本 ぐ い 息 子 を の こ し て 義 弟 の 直 次 に 戦 死 さ れ た 若 い つ や 子 は 、 ら い っ て い う わ け で 、 物 凄 い 景 気 な ん で す が : : : ど う も 」 形 の 上 で 断 絶 さ れ た 愛 を 、 こ れ か ら ど う や っ て も ち 越 し て あ ふ も の す ・ こ ち り む す こ た ば こ

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


こ の よ う な う ち に あ り な が ら も 、 私 は 出 来 る だ け 彼 等 に た 」 と い う よ う な 様 子 に 気 が つ く と 、 た だ の 笑 い ご と で は よ か っ こ 0 好 意 を 持 ち 続 け よ う と 努 め た 。 も し も 、 私 が 出 し て や り で も し よ う な ら 、 誰 も 彼 も が 皆 け れ ど も 、 い そ が し い 仕 事 の あ る と き 、 彼 等 の 仲 間 に な う わ さ っ て 聞 き 飽 き た 、 そ の 当 人 よ り よ く 知 っ て い る よ う な 導 や て い の 好 い 騙 り に な っ て し ま い そ う だ 。 う れ 私 の す る こ と が 、 皆 あ ま り 嬉 し く な い 結 果 ば か り 生 む の 繰 言 を じ い っ と し て 聞 か な け れ ば な ら な い の は 、 ほ ん と に た ま ら な か っ た 。 が 、 益 々 辛 く な っ て 来 た の で あ る 。 と に か く 、 こ れ 等 の こ と が あ る よ う に な っ て か ら は 、 私 ど う せ 、 出 さ れ た も の だ と い う よ う に 、 腹 が ダ ・ フ ダ ブ と の 囲 り に は 、 だ ん だ ん 沢 山 「 得 な け れ ば な ら な い 」 者 共 が す る ほ ど 茶 を 飲 み 菓 子 を つ ま ん で い る 彼 等 を 見 る と 、 私 は ほ と ほ と 途 方 に 暮 れ た よ う な 気 が し た 。 集 っ て 来 た 。 小 さ い 娘 の 見 る 狭 い 世 界 か ら 抜 け て い る こ と の 、 不 利 益 幾 分 あ き ら め た よ う な 希 望 の あ る よ う な 心 持 ち で 、 秋 風 た す を 知 る ほ ど の 者 は 、 何 か 口 実 を 設 け て は 訪 ね て 来 る の で あ が 立 っ と 、 祖 母 が や る こ と に き め て い る 着 物 の 地 を 染 め た り 絞 っ た り し な が ら 、 自 分 の し て い る こ と が 自 分 で 分 ら な た だ 雌 と い う だ け の よ う に な っ た 女 房 共 の 、 騒 々 し い 追 く な っ て 来 た の を 感 じ て い た の で あ る 。 し よ う 従 笑 い や 世 辞 。 十 二 裸 足 で 戸 外 を 馳 け 廻 っ て い た 子 供 の 、 泥 だ ら け な 体 が 家 中 を こ ろ が り 廻 る 騒 ぎ 。 私 の 周 囲 が こ の よ う な 状 態 に あ る う ち に 、 町 の 婦 人 連 の こ う そ く そ れ 等 の 、 何 の 秩 序 も 拘 束 も な い 乱 雑 に は 、 単 に 私 の 毎 間 に は 、 或 る 計 画 が 起 っ て い た 。 キ リ ス ト 群 日 を ご み ご み し た 落 着 き の な い よ う に し た ば か り で な く 、 町 の 東 北 隅 に 新 教 の 基 督 教 会 が あ る 。 創 立 後 ま だ さ ほ ど い な か は や ま じ な い ど こ ろ の 家 全 体 を ま る で 田 舎 の よ く 流 行 る 呪 禁 所 の よ う に し て し ま の 年 数 は 経 っ て い な い の だ け れ ど も 、 繁 昌 す る と い う 点 に 々 人 っ こ 。 て は 、 成 功 し て い た 。 き し 祖 母 や そ の 他 家 族 の 不 平 は 、 私 一 人 に か ぶ さ っ て 、 子 供 初 め て こ こ に 来 た 外 国 人 の 代 に は 、 真 面 目 な 信 者 が 少 し が 炉 へ 水 を ひ っ く り 返 し た の も 、 下 ら な い 愚 痴 を 、 朝 か ら ず つ 集 る く ら い の こ と で 、 至 極 目 に も 立 た な い も の だ っ た 聞 か さ れ な け れ ば な ら な い こ と も 皆 私 が こ ん な だ か ら だ と け れ ど も 、 す ぐ そ の 後 を 受 け て 来 た 牧 師 は 、 非 常 に 気 軽 な い わ れ な け れ ば な ら な か っ た 。 男 で 「 な あ に あ な た 、 私 共 だ っ て 人 間 で す か ら な あ 」 と い か た

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


の 方 が ま だ 何 か を 知 ろ う と し 、 怒 る べ き も の を 怒 ろ う と す た 、 あ り や 苦 学 生 で し よ う が 。 学 生 の く せ に 、 何 を し た ん る 精 神 を も っ て い た 。 関 東 大 震 災 の 時 で あ る 。 新 聞 を み て で し よ う 。 」 い た た つ は 、 そ れ は た つ に も わ か ら な か っ た 。 し か し 小 梅 の 言 葉 は た 「 お 前 、 こ り ゃ あ ひ ど い よ 。 大 杉 栄 は 過 激 派 か も 知 ら ん け つ の 持 っ て 生 れ た 反 骨 を 多 少 刺 激 は し た 。 た つ は は げ し い 目 を し て 、 ど 、 宗 一 と い う 罪 も な い 小 ん ま い 子 ま で 殺 す と い う の は 、 け い べ っ な ん ・ ほ な ん で も こ り や い か ん 。 」 「 今 日 び は 世 の 中 も 変 っ た か ら の う 。 貧 乏 人 を 軽 蔑 は で き ば し つ ば し っ と 力 を い れ て そ の 新 聞 を た た ん だ た つ ん 。 と に か く 昔 か ら 、 持 っ て な い こ と は 強 い ん じ や さ か の そ の 時 の 表 情 が 、 十 二 歳 の 琴 路 に は 忘 れ が た い 印 象 と な 。 不 景 気 に な っ た ら 、 貧 乏 人 は 強 う な る 。 わ た し じ ゃ っ っ て い た 。 昭 和 に 入 っ て 相 つ づ い た 共 産 党 の 事 件 に つ い て て 男 な ら 富 次 の よ う に や り か ね ん よ 。 」 れ ん る い し ゃ も 、 そ の あ と の 事 件 の 連 累 者 が 村 か ら ま で 出 た と き 、 小 梅 「 ま あ お と ろ し い ( 恐 し い ) 。 小 判 屋 は 代 々 お な ご で よ か っ た な あ 。 」 が 声 を ひ そ め 、 「 六 郎 兵 衛 と こ の 二 番 目 の 息 子 が 、 共 産 党 じ ゃ そ う な よ 、 小 梅 は 小 梅 で 反 発 し 、 大 げ さ に そ れ を 琴 路 に い っ た 。 お お ば あ さ ん 。 」 ば あ さ ん の 過 激 派 と い う あ だ 名 が 琴 路 の 口 か ら 生 れ た り し ん け が え た 。 そ ん な あ だ 名 を 身 を も っ て 示 す か の よ う に 本 卦 還 り を 顔 を し か め る の へ 、 た つ は 、 迎 え た た つ は 、 赤 い 羽 二 重 の 長 じ ゅ ば ん を 小 梅 か ら 、 ち ゃ 「 二 番 目 な ら 、 富 次 か え 。 」 す き ん ん ち ゃ ん こ を 武 郎 か ら 、 そ し て 頭 巾 を 琴 路 か ら 祝 わ れ て 若 「 そ う で す よ 。 阿 呆 な こ と し て 、 恥 さ ら し な 。 」 「 ふ う ん 。 お か ね ゃ ん も 気 の 毒 な 。 」 が え っ た よ う に 喜 ん だ 。 し か し ま だ 頭 に 白 髪 を み ず 、 肌 も た つ は そ れ を 、 魚 の 行 商 な ど し て 働 ら き な が ら 息 子 の 成 つ や や か だ っ た 。 そ し て そ の 翌 年 、 東 京 の 学 校 へ 入 校 す る 功 を ま っ て い る 富 次 の 母 親 の 問 題 と し て 考 え よ う と す る の 琴 路 に は 、 じ ぶ ん が 付 い て ゆ く と が ん ば っ て い た が 、 ち ょ う ど 武 郎 が 休 暇 で 戻 っ て き た の で 、 仕 方 な く あ き ら め た 。 だ が 、 小 梅 の 方 は た ま に あ う 夫 の 影 響 で 、 ひ ん 発 す る ス ト ふ な ば た ラ イ キ な ど を 非 難 す る 武 郎 の い い 分 を じ ぶ ん の 立 場 の よ う 桟 橋 ま で 見 お く り 、 舷 に も た れ て に こ に こ し て い る 琴 路 に に 、 む か っ て 、 そ れ ま で に 何 度 も い っ た こ と を た つ は ま た く り 「 お と う さ ん も い う て な さ っ た け ん ど 、 こ の ご ろ の 貧 乏 人 か え さ ず に い ら れ な か っ た 。 は 何 そ と い う と 上 に た て つ こ う と す る っ て 。 富 次 は あ ん 「 し つ か り 勉 強 し て な 。 何 な と 不 自 由 な も ん が あ っ た ら 遠 あ こ む す こ

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


170 そ ざ っ ラ 階 下 へ 下 り て 行 っ た 。 戸 棚 の 前 で 母 に 相 談 し た 。 か ら 、 次 第 に 粗 雑 な 工 事 の 弱 点 を あ ら わ し は じ め た 。 ・ ハ あ か っ ち み ち 「 お い き ま せ 、 お い き ま せ 。 却 っ て そ れ が よ ろ し ゅ う あ り ス が 十 分 入 れ ら れ て い な い 赭 土 道 が 、 乱 暴 な ト ラ ッ ク の 往 ま す 。 あ あ い う 気 分 の 者 じ や け 、 は ん 、 い け ん の う 」 来 で 幾 条 も 車 軸 が め り こ む ほ ど の 深 さ に ほ じ く り か え さ れ 縫 子 と つ れ 立 っ て 出 が け に 、 つ や 子 は 台 所 の 土 司 こ 、 尸 を し て い る 。 新 し い 切 通 し の 左 側 が 崩 壊 し て 、 大 き い 立 木 が 根 こ そ ぎ 道 端 ま で す べ り 落 ち て い た 。 左 右 に 切 通 し の 石 だ た 「 じ ゃ 、 行 っ て 参 り ま す 」 み を 見 上 げ て そ の 下 を 通 り ぬ け る と き 、 ひ ろ 子 は 恐 怖 を 感 こ ち ら の 廊 下 か ら ひ ろ 子 が 大 ぎ く 声 を か け た が 、 つ や 子 じ た 。 地 盤 の ゆ る ん だ 崖 に は ら れ て い る 高 い 石 だ た み が 信 は 横 顔 を 見 せ た ま ま 返 事 を し な か っ た 。 用 出 来 な い ば か り で な か っ た 。 人 目 の 届 か な い そ の 山 の 上 で 、 ど ん な 工 事 を し か け て い た の か 、 巨 大 な 石 柱 が 横 に 赭 十 二 土 の 中 か ら 、 宙 に 突 出 た ま ま に さ れ て い た 。 何 と な し 足 早 に 小 一 丁 ほ ど 歩 い て 、 段 々 ひ ろ 子 の 気 分 は 切 通 し を ぬ け た と こ ろ の 谷 間 に 、 迷 彩 を ほ ど こ し た 二 棟 謔 的 な 0 て 来 た 。 し ま い に 笑 い 出 し 、 足 ど り も 緩 や か の 飯 場 の よ う な 急 ご し ら え の 建 物 が 低 く 見 え た 。 上 の 道 の み そ に な っ て 、 ひ ろ 子 は ユ ー モ ラ ス に 、 草 堤 に 沿 っ て 、 軍 用 ト ラ ッ ク が 八 台 、 片 方 の タ イ ヤ を 溝 の 「 あ あ 、 お ど ろ い た 」 中 へ お と し て 、 雨 ざ ら し の ま ま 並 ・ ヘ ら れ て い る 。 と 言 っ た 。 新 道 の 風 景 は 、 一 丁 ご と に 荒 々 し く 、 人 間 ば な れ し て 見 か ぼ ち ゃ え て 来 た 。 「 二 個 の 南 瓜 、 裏 道 へ 蹴 出 さ る 、 と 言 う エ 合 ね 」 ひ き し め ら れ て い た 神 経 の 反 動 と い う 笑 い か た で 、 縫 子 三 方 を 低 い 山 に 囲 ま れ た 山 懐 の 奥 に 、 板 の つ き 上 げ 窓 も 歩 き な が ら と き ど き 立 ち ど ま っ て 笑 っ た 。 が 並 ん だ 真 新 し い 建 物 が 四 棟 も 建 て 捨 て ら れ て あ っ た 。 立 「 駄 目 よ 、 縫 子 、 や め な さ い 。 そ ん な 笑 い か た す る と 、 体 木 を 伐 採 し た ま ま の 赭 い 地 肌 、 真 新 し い の に も う 羽 目 が そ が ぐ に や ぐ に や し て 、 頭 痛 が す る こ と よ 」 り く り か え っ て 、 或 る も の は 脱 れ て い る 粗 末 な 工 事 。 西 日 一 一 人 は 、 部 落 に と っ て す べ て の 悲 し み と 災 害 と の 象 徴 で ば か り は 午 後 か ら 暗 く な る ま で さ し 込 む か わ り 、 ど ん な 夏 あ る 軍 用 新 道 を 歩 い て 行 っ た 。 の タ 風 も そ こ ま で は 決 し て 入 っ て 来 る こ と の な さ そ う な 山 石 田 の 家 の 裏 あ た り で は 一 応 完 成 し て い る よ う に 見 え る 懐 に 、 せ ま い 板 の つ き 上 げ 窓 が 無 数 に 並 ん で 見 え て い る 光 新 道 は 、 し ば ら く 行 っ て 部 落 を 出 は ず れ 、 製 材 所 の 在 る 辺 景 は 、 通 り が か り の も の を さ え 息 苦 し く し た 。 と だ な あ か じ は だ が け ふ と こ ろ

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


う で ま く ら 感 じ な が ら 腕 枕 し て 静 か に 眺 め て い る と 、 生 々 し た 日 の 下 新 さ ん は 、 北 海 道 で 時 蔵 と い う 男 の 所 に い た と き 、 仲 間 み ぞ わ ず ら に 踊 っ て い る 木 々 の 柔 か い 葉 ず れ の 音 、 傍 に 流 れ て 行 く 溝 の 男 で 十 九 に な る の が 急 に 病 い つ い て 、 た っ た 三 日 で 死 ん 流 れ の せ せ ら ぎ が 、 一 つ 一 つ 心 の 底 ま で 響 き 渡 っ て 、 ロ に だ と き の 様 子 を 、 マ ザ マ ザ と 髞 い 出 し た 。 あ こ が そ の 男 は 死 ぬ 日 ま で 、 い わ れ な い 憧 れ 心 地 に な っ た り 、 や る せ な さ に 迫 ら れ て 、 涙 ぐ ま し い 心 持 ち に な っ た 。 「 阿 母 さ ん ! 阿 母 さ ん 、 何 故 来 な い ん だ ? 俺 り や 待 っ て る ん だ ぜ 」 「 あ の 林 の か げ に は ち ゃ ん が い る 」 新 さ ん は そ う 思 う と 、 ま だ 親 父 の 生 き て い た 時 分 の 事 々 と い い な が ら 、 生 れ て か ら 別 れ る ま で 、 つ い ぞ 大 き な 声 さ え 出 し た こ と の な い ほ ど 優 し い 母 親 の こ と ば っ か り 話 し て が 、 遠 い 夢 の よ う に 思 い 出 さ れ た 。 い た 。 そ し て 、 も う い よ い よ と い う と き に 、 一 度 瞑 っ て い 自 分 が 、 ま だ 七 つ 八 つ の 頃 、 あ ん な に 早 く 死 の う な ど と は 、 夢 に も 思 え な か っ た ほ ど 、 達 者 で 心 の 優 し か っ た 父 親 た 眼 を 大 き く あ け て 、 両 手 を 一 杯 に 延 ば す と 、 が 、 自 分 を 肩 車 に 乗 せ て 、 食 う だ け 食 え と 桃 畑 の 中 を 歩 き 「 阿 母 さ ん ! 」 う れ 廻 っ て く れ た 時 分 の 自 分 等 は 、 ど ん な に 幸 福 に 、 嬉 し い お と は っ き り 叫 ん で 、 そ の ま ん ま と う と う 駄 目 に な っ て し ま っ た と き の 、 あ の 鋭 い 声 、 あ の 痩 せ た 手 が 新 さ ん の 目 に つ 天 道 様 を 拝 ん で い た こ と か と 思 う と 、 と ん で も 行 き た い ほ い て 離 れ な か っ た 。 ど の な っ か し さ を 覚 え た 。 ど こ の 山 中 、 野 の 端 に 野 た れ 死 を し て も 、 い ま わ の 際 に そ れ だ の に こ の 広 い 世 の 中 に 、 た っ た 二 人 き り の 母 子 で あ り な が ら 、 こ の 頃 の よ う に 訳 も 分 ら な い こ と で 、 情 な い 「 お っ か あ ! 」 と 呼 ん で 死 ね る 者 は 、 何 と い う 幸 福 な こ と 行 き 違 い を し て い な け れ ば な ら な い の を 思 い 、 自 分 の も う か 。 新 さ ん は 、 真 面 目 に 自 分 の 死 と い う こ と を 考 え て い た 群 と う て い 癒 り そ う に な い 病 気 を 思 う と 、 ほ ん と う に 生 き て の で あ る 。 々 い る 甲 斐 も な く な っ た よ う に 感 じ ら れ た 。 或 る 殊 に 暑 苦 し い 日 、 朝 か ら 新 さ ん は 身 動 き も で き な い ほ と 弓 っ て い た 。 人 自 分 が い て お っ か あ の 邪 魔 に な る な ら 、 今 す ぐ か ら で も う る さ し ど こ か へ 行 っ て も し ま う け れ ど 、 ど う せ 死 ぬ の も 近 い う ち 五 月 蠅 い 蠅 を 追 い な が ら 、 曇 っ た 目 で あ て ど も な く 、 高 の こ と だ ろ う の に 、 ど う そ た っ た 一 度 で 好 い か ら 七 年 前 に く 高 く は て も な く 拡 が っ た 空 を 見 て い る と 、 ど こ か ら か 飛 呼 ん で く れ た よ う に 「 新 や ! 」 と い っ て く れ た ら 、 ど ん な び 込 ん で 来 た よ う に 、 自 分 は も う 生 き て い ら れ な い 身 だ と に 嬉 し か ろ う ー い う こ と を 確 か に ハ ッ キ リ と 感 じ た 。 な お な が こ ろ お や こ こ と き わ

現代日本の文学 22 宮本 百合子 壺井 栄 集


彼 は 、 自 分 の 唯 一 の 食 料 を 、 「 た ふ 」 今 年 六 十 八 に な る と 自 分 で は 言 っ て い る 善 馬 鹿 の お ふ く と い う こ と だ け を 知 っ て い る の で 、 村 の 者 達 は 皆 何 か の 祟 ろ は 、 孫 と 一 緒 に 或 る 農 家 の 納 屋 の よ う な 所 を 借 り て 住 ん り に 違 い な い と 言 っ て い る 。 一 り や ・ 、 で い た 。 何 で も よ ほ ど 前 の こ と だ け れ ど も 、 町 へ 大 変 御 利 益 の あ す き と う し ゃ 家 質 を 払 わ な い で 済 む か わ り 、 ま る で 豚 小 屋 同 然 な 所 る 女 の 祈 禧 者 が 来 た こ と が あ っ た 。 そ の と き 狒 々 婆 も 白 痴 の み な ん き ん む し で 、 年 中 蚤 や 南 京 虫 の 巣 に な っ て い る 。 の 孫 を 連 れ て 行 っ て 見 て も ら う と 、 そ の 女 が 言 う に は 、 幾 ひ ひ ば あ そ れ で も あ の 狒 々 婆 さ ま ー ー ・ 彼 女 は 顔 中 皺 だ ら け の 上 に 十 代 か 前 の 祖 先 が 馬 の 皮 剥 ぎ を 商 売 に し て い た こ と が あ っ お ん り よ う し わ ざ 白 髪 を 振 り か ぶ り 、 胸 か ら 腰 が 曲 っ て 何 か す る 様 子 は ま る て 、 そ の 剥 が れ た 馬 の 怨 霊 の 仕 業 な の だ か ら 、 十 円 出 せ ば で 狒 々 な の で 皆 が 彼 女 の 通 称 に し て い る ー ー に は よ す ぎ る 祈 り 伏 せ て や る と の こ と だ っ た そ う だ け れ ど も 、 婆 に そ の と い う ほ ど 善 馬 鹿 の 一 族 は 、 ど れ も こ れ も 人 間 ら し い の は 金 の 出 せ よ う 筈 は な い 。 そ れ で 、 払 い 落 し て も ら う こ と は い な か っ た 。 出 来 ず 、 ま た も う そ れ つ き り 医 者 に も か け ず 、 自 分 で さ え 善 馬 鹿 が 、 ま だ あ ん な に な ら な い で 一 人 前 の 百 姓 で 働 い 出 来 る だ け は 忘 れ る し が く を し て い た 。 て い た 時 分 に 出 来 た 、 た っ た 独 り の 男 の 子 は 、 こ れ も ま た こ の よ う な 有 様 で 、 狒 々 婆 は い や で も 応 で も 食 う だ け の せ ん た く ほ ん と う の 白 痴 で あ る 。 こ と は し な け れ ば な ら な い の で 、 他 家 の 手 伝 い や 洗 濯 な ど 女 房 が 愛 想 を つ か し て 、 ど こ か へ 逃 げ 出 し て し ま っ て か を し て 廻 っ て い る 。 そ し て 、 三 度 の 食 事 は 皆 ど こ か で す ま ら は 、 善 馬 鹿 と そ の 子 を 両 手 に 抱 え て 、 お ふ く ろ ば か り が せ て 、 自 分 の 家 へ は た だ 眠 る だ け に 帰 る の で 、 村 中 か ら い 辛 い 目 を 見 て い る の で あ る 。 や し め ら れ て 、 何 そ と い っ て は 悪 い 例 に ば か り 引 き 出 さ れ て い た 。 も う 十 一 に も な り な が ら 、 そ の 子 は 何 の 言 葉 も 知 ら な い し 、 体 も 育 た な い 、 五 つ 六 つ の 子 ぐ ら い ほ か な い 胴 の 上 に 可 哀 そ う が ら れ る た め に 、 自 分 の 年 も 一 一 つ 三 つ は 多 く 言 う わ さ 人 な み の 二 倍 も あ る よ う な 開 い た 頭 が の っ て い る の で 、 細 っ て い る と さ え 導 さ れ て い る の で あ る 。 く び い 頸 は そ の 重 み で 年 中 フ ラ フ ラ と 落 着 い た こ と が な い 。 そ 私 は 、 た だ さ え 貧 乏 な 村 人 の お か げ で 、 よ う や く ど う や し て 、 年 中 豆 腐 ば っ か り 食 べ て 、 ほ か の 物 は ど れ ほ ど 美 啝 ら 露 命 を つ な い で い る 婆 が 気 の 毒 で あ っ た 。 境 遇 上 そ う で し い も の で あ ろ う が 見 向 き も し な か っ た 。 も し な け れ ば 外 に 生 き よ う が な い の だ か ら 、 た だ 馬 鹿 に し た た