検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集から 473件ヒットしました。

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集


て そ れ は 一 見 そ う 見 え た に 違 い な い 。 何 故 な ら ば 、 実 行 に 先 き 立 っ て 議 論 が 戦 わ さ れ ね ば な ら ぬ 時 期 に あ っ て は 、 労 く ち べ た 働 者 は 極 端 に 口 下 手 で あ っ た か ら で あ る ) 彼 等 は 知 ら ず 識 ら ず 代 弁 者 に た よ る こ と を 余 儀 な く さ れ た 。 単 に 余 儀 な く さ れ た ば か り で な く 、 そ れ に た よ る こ と を 最 上 無 二 の 方 法 で あ る と さ え 信 じ て い た 。 学 者 も 思 想 家 も 、 労 働 者 の 先 達 で あ り 、 指 導 者 で あ る と の 誇 ら し げ な 無 内 容 な 態 度 か ら 、 か く せ い 多 少 の 覚 醒 は し 出 し て 来 て 、 代 弁 者 に 過 ぎ な い と の 自 覚 に こ ん て い て き ま で は 達 し て も 、 な お 労 働 問 題 の 根 柢 的 解 決 は 自 分 等 の 手 じ よ う じ ゅ で 成 就 さ る べ き も の だ と の 覚 悟 を 持 っ て い な い で は な い 。 思 想 と 実 生 活 と が 融 合 し た 、 そ こ か ら 生 ず る 現 象 ー ー そ 労 働 者 は こ の 覚 悟 に 或 る 魔 術 的 暗 示 を 受 け て い た 。 し か し の 現 象 は い つ で も 人 間 生 活 の 統 一 を 最 も 純 粋 な 形 に 持 ち 来 な が ら こ の 迷 信 か ら の 解 放 は 今 成 就 さ れ ん と し つ つ あ る よ た す も の で あ る が と し て 最 近 に 日 本 に お い て 、 最 も 注 う に 見 え る 。 意 せ ら る べ き も の は 、 社 会 問 題 の 、 問 題 と し て ま た 解 決 と 労 働 者 は 人 間 の 生 活 の 改 造 が 、 生 活 に 根 ざ し を 持 っ た 実 い わ ゆ る し て の 運 動 が 、 所 謂 学 者 も し く は 思 想 家 の 手 を 離 れ て 、 労 行 の 外 で し か な い こ と を 知 り は じ め た 。 そ の 生 活 と い ル 働 者 そ の も の の 手 に 移 ろ う と し つ つ あ る 事 だ 。 こ こ で 私 の 実 行 と い し 、 そ れ は 学 者 や 思 想 家 に は 全 く 欠 け た も の で あ い う 労 働 者 と は 、 社 会 問 題 の 最 も 重 要 な 位 置 を 占 む べ き 労 っ て 、 問 題 解 決 の 当 体 た る 自 分 達 の み が 持 っ て い る の だ と 働 問 題 の 対 象 た る 第 四 階 級 と 称 せ ら れ る 人 々 を い う の だ 。 気 付 き は じ め た 。 自 分 達 の 現 在 目 前 の 生 活 そ の ま ま が 唯 一 っ 第 四 階 級 の 中 特 に 都 会 に 生 活 し て い る 人 々 を い う の だ 。 の 思 想 で あ る と い え ば い え る し 、 ま た 唯 一 の カ で あ る と い も し 私 の 考 え る 所 が 間 違 っ て い な か っ た ら 、 私 が 前 述 し え ば い え る と 気 付 き は じ め た 。 か く し て 思 慮 深 い 労 働 者 宣 た 意 味 の 労 働 者 は 、 従 来 学 者 も し く は 思 想 家 に 自 分 達 を 支 は 、 自 分 達 の 運 命 を 、 自 分 達 の 生 活 と は 異 な っ た 生 活 を し 配 す べ き 或 る 特 権 を 許 し て い た 。 学 者 も し く は 思 想 家 の 学 な が ら 、 し か も 自 分 達 の 身 の 上 に つ い て 彼 れ 是 れ い 汚 の 説 な り 思 想 な り が 労 働 者 の 運 命 を 向 上 的 方 向 に 導 い て 行 っ 人 々 の 手 に 託 す る 習 慣 を 破 ろ う と し て い る 。 彼 等 は 扉 謂 社 お お や て く れ る も の で あ る と の 、 謂 わ ば 迷 信 を 持 っ て い た 。 そ し 会 運 動 家 、 社 会 学 者 の 動 く 所 に は 猜 疑 の 眼 を 向 け る 。 公 け 宜 言 一 つ こ せ ん だ っ

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集


223 河 上 氏 に は こ の 会 話 の 当 時 既 に 私 と は 違 っ た 考 え を 持 っ て め か ら 持 っ て い た も の に 過 ぎ な か っ た 。 い っ か は 第 四 階 級 と き ご ろ い ら れ た の だ ろ う が 、 そ の 時 頃 の 私 の 考 え は 今 の 私 の 考 え は そ れ を 発 揮 す べ き で あ っ た の だ 。 そ れ が 未 熟 の 中 に ク ロ か え と は 大 分 相 違 し た も の だ っ た 。 今 も し 河 上 氏 が あ の 言 葉 を ポ ト キ ン に よ っ て 発 揮 せ ら れ た と す れ ば 、 そ れ は 却 っ て 悪 発 せ ら れ た ら 、 私 は や は り 首 肯 し た で は あ ろ う け れ ど も 、 い 結 果 で あ る か も 知 れ な い の だ 。 第 四 階 級 者 は ク ロ ポ ト キ 或 る 異 な っ た 意 味 に お い て 首 肯 し た に 違 い な い 。 今 な ら 私 ン な し に も い っ か は 動 き 行 く べ き 所 に 動 い て 行 く で あ ろ う は 河 上 氏 の 言 葉 を こ う 解 す る 、 「 河 上 氏 も 私 も 程 度 の 差 こ か ら 。 そ し て そ の 動 き 方 の 方 が 遙 か に 堅 実 で 自 然 で あ ろ う そ あ れ 、 第 四 階 級 と は 全 く 異 な っ た 圏 内 に 生 き て い る 人 間 か ら 。 労 働 者 は ク ロ ポ ト キ ン 、 マ ル ク ス の よ う な 思 想 家 を だ と い う 点 に お い て は 全 く 同 一 だ 。 河 上 氏 が そ う で あ る 如 す ら 必 要 と は し て い な い の だ 。 却 っ て そ れ ら の も の な し に 、 殊 に 私 は 第 四 階 級 と は 何 等 の 接 触 点 を も 持 ち 得 ぬ の 行 く こ と が 彼 等 の 独 自 性 と 本 能 力 と を よ り 完 全 に 発 揮 す る だ 。 私 が 第 四 階 級 の 人 々 に 対 し て 何 等 か の 暗 示 を 与 え 得 た こ と に な る か も 知 れ な い の だ 。 * び ゅ う け ん と 考 え た ら 、 そ れ は 私 の 謬 見 で あ る し 、 第 四 階 級 の 人 が 私 そ れ な ら 例 え ば ク ロ ポ ト キ ン 、 マ ル ク ス 達 の 主 な 功 績 は こ う む ど こ の 言 葉 か ら 何 等 か の 影 響 を 被 っ た と 想 感 し た ら 、 そ れ は 第 何 処 に あ る か と い え ば 、 私 の 信 ず る と こ ろ に よ れ ば 、 ク ロ 四 階 級 の 人 の 誤 算 で あ る 。 第 四 階 級 者 以 外 の 生 活 と 思 想 と ポ ト キ ン が 属 し て い た ( ク ロ ポ ト キ ン 自 身 は そ う で あ る こ き ら に よ っ て 育 ち 上 っ た 私 達 は 、 要 す る に 第 四 階 級 以 外 の 人 々 と を 厭 っ た で あ ろ う け れ ど も 、 彼 が 誕 生 の 必 然 と し て 属 せ に 対 し て の み 交 渉 を 持 っ こ と が 出 来 る の だ 。 ス ト ー ヴ に あ ず に い ら れ な か っ た ) 第 四 階 級 以 外 の 階 級 者 に 対 し て 、 或 た り な が ら 物 を い っ て い る ど こ ろ で は な い 。 全 く 物 な ど は る 観 念 と 覚 悟 と を 与 え た と い う 点 に あ る 。 マ ル ク ス の 資 本 い っ て い な い の だ 」 と 。 論 で も そ う だ 。 労 働 者 と 資 本 論 と の 間 に 何 の か か わ り が あ 私 自 身 な ど は 物 の 数 に も 足 ら な い 。 例 え ば ク ロ ポ ト キ ン ろ う か 。 思 想 家 と し て の マ ル ク ス の 功 績 は 、 マ ル ク ス 同 様 す ぐ が ん み の よ う な 立 ち 優 れ た 人 の 言 説 を 考 え て 見 て も そ う だ 。 た と 資 本 王 国 の 建 設 に 成 る 大 学 で も 卒 業 し た 階 級 の 人 々 が 翫 味 か く せ い ま な こ い ク ロ ポ ト キ ン の 所 説 が 労 働 者 の 覚 醒 と 第 四 階 級 の 世 界 的 し て 自 分 達 の 立 場 に 対 し て 観 念 の 眼 を 閉 じ る 為 め で あ る と っ こ う 宣 興 と に ど れ 程 の 力 が あ っ た に せ よ 、 ク ロ ポ ト キ ン が 労 働 い う 点 に お い て 最 も 著 し い も の だ 。 第 四 階 級 者 は か か る も 者 そ の も の で な い 以 上 、 彼 は 労 働 者 を き 、 労 働 者 を 考 の の 存 在 な し に で も 進 む と こ ろ に 進 ん で 行 き つ つ あ る の え 、 労 働 者 を 働 く こ と は 出 来 な か っ た の だ 。 彼 が 第 四 階 級 だ 。 * き ん て ん に 与 え た と 思 わ れ る も の は 第 四 階 級 が 与 え る こ と な し に 始 今 後 第 四 階 級 者 に も 資 本 王 国 の 余 慶 が 均 霑 さ れ て 、 労 働 っ は る か え

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集


夫 に 身 も 魂 も 捧 げ て い て 、 な お 気 高 い の で あ る 何 と 風 を さ ら に 拡 大 し 発 展 さ せ た 野 心 的 大 作 と な る べ き は 隣 れ な 気 高 さ で あ ろ う 。 ど う し て 無 慈 悲 な 世 間 は 、 ど す だ っ た が 、 思 想 的 行 き 詰 り と 自 殺 の た め に 未 完 に な っ た こ と か 惜 し ま れ る う し た ら 世 間 が 渡 れ る か を 知 ら な い 人 々 を 噛 み さ い な む の で あ ろ う 〕 ( 原 文 、 英 文 ) こ こ に は ゴ リ キ ー の 作 品 の 読 後 感 の 形 を と り な が ら 、 実 は 小 説 と は か く あ る べ し と い う 有 島 自 身 の 信 条 『 白 樺 』 発 刊 の 第 一 年 目 は 手 探 り 状 態 だ っ た 有 島 が 、 が 表 白 さ れ て い る と さ え 言 っ て い い ほ ど 、 彼 の 後 の 作 前 節 に 見 た よ う な 小 説 理 念 を 内 心 に 秘 め な が ら 、 初 め 品 と 関 係 の 深 い 観 念 が 示 さ れ て い る 。 人 間 性 に 対 す る て 本 腰 を 入 れ て 取 り か か っ た 作 品 か 、 後 に 改 作 さ れ て 深 く 鋭 い 洞 察 力 を も っ て す る 人 間 心 理 の 緻 密 で 如 実 な 描 写 。 作 中 人 物 の 欠 点 を 一 面 で は 臆 面 も な く 描 き 出 す 『 或 る 女 』 前 編 と な っ た 『 或 る 女 の グ リ ン フ ス 』 ( 『 白 樺 』 明 治 四 十 四 ・ 一 月 5 大 正 二 一 一 l) で あ る 。 さ ら に 翌 と 同 時 に 、 他 面 、 彼 等 の 人 間 的 美 点 を も 浮 き 彫 り に し 、 読 者 を し て 彼 等 の 生 活 を 羨 ま し く 思 わ せ る に 至 る ほ ど 大 正 三 年 に は 『 お 末 の 死 』 な ど を 書 い た か 、 妻 の 病 気 の た め 札 幌 を 引 き あ げ て 東 京 に 戻 り 、 大 正 四 、 五 年 の の 不 偏 で 無 限 な 作 中 人 物 へ の 同 情 と 共 感 。 気 高 い ほ ど 間 は 、 看 病 と 育 児 の か た わ ら 『 宣 言 』 『 サ ム ソ ン と デ リ に 自 己 に あ く ま で 忠 実 な 人 間 が 、 ど う し た ら 世 間 を 渡 ラ 』 『 大 洪 水 の 前 』 な ど を 書 い た 。 し か し 有 島 か 創 作 に れ る か を 知 ら な い ば か り に 、 無 理 解 で 無 慈 悲 な 世 間 に 噛 み さ い な ま れ る と い う 悲 劇 こ れ ら の ど れ 一 つ を と 専 念 で き る よ う に な っ た の は 、 妻 と 父 を 引 き つ つ き 失 っ た 大 正 五 年 の 翌 年 か ら で 、 以 後 『 カ イ ン の 末 裔 』 『 死 っ て み て も 、 本 書 に 収 め ら れ た 代 表 作 『 カ イ ン の 末 裔 』 と 其 の 前 後 』 『 ク ラ ラ の 出 家 』 ( 以 上 大 正 六 ) 、 『 生 れ 出 や 『 或 る 女 』 に お い て 有 島 の 示 し た 作 柄 の 特 徴 と 重 な づ る 悩 み 』 『 石 に ひ し が れ た 雑 草 』 『 迷 路 』 ( 以 上 大 正 七 ) り 合 わ な い も の は な い と い っ て 言 い 過 ぎ で は あ る ま い 有 島 は ト ル ス ト イ や コ ) キ ー に 学 ぶ こ と に よ っ て 、 な ど の カ 作 を 立 て つ づ け に 発 表 し 、 一 躍 人 気 作 家 に の し 上 が っ た 。 『 或 る 女 の グ リ ン プ ス 』 を 『 或 る 女 』 前 編 日 本 文 学 に は 珍 ら し い 、 す っ し り と し た 骨 肉 を 備 え た 本 格 小 説 を 実 現 し た 作 家 で あ っ た 。 有 島 が 晩 年 近 く 書 と し て 改 作 し 、 つ づ い て 後 編 を 書 き 下 し た の は 翌 八 年 の こ と で あ る し か し こ れ を 頂 点 と し て 、 以 後 有 島 の き 始 め た 『 星 座 』 と 題 す る 長 編 小 説 は 、 そ の よ う な 作 に よ じ っ

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集


の 唯 一 の 宝 な る 貞 操 を 売 ら ね ば な り ま せ ん で し た 。 生 ま れ た た め だ け の も の と ば く は 思 わ な い 。 葉 子 の よ う い ん よ く な 天 成 の コ ケ ッ ト で あ り 、 ナ ル シ ス ト で あ る 女 生 は 、 そ 殖 に 必 要 で あ る 以 上 の 淫 慾 を 以 て 男 性 を 自 分 に 繋 が ね 、 、 つ ま ん の 驕 慢 な 性 格 の た め 、 何 時 の 時 代 で も 社 会 や 道 徳 に 反 ば な り ま せ ん で し た 。 然 し こ の 不 自 然 な 妥 協 は 如 何 し 逆 し 、 自 ら の 宿 命 に よ っ て 男 を 征 服 し て 女 王 と し て 君 て 女 性 の 本 能 の 中 に 男 生 に 対 す る 憎 悪 を 醸 さ な い で い ら れ ま し よ う 。 男 女 の 争 闘 は こ こ か ら 生 ま れ 出 ま す 。 同 臨 す る か 、 失 敗 し て 破 滅 の 道 に お ち て 行 く の だ 。 〔 中 略 〕 時 に 女 性 は ま た 女 性 本 来 の 本 能 を 捨 て る 事 が 出 来 ま せ そ う い う 普 遍 的 な 女 性 の 原 型 を 造 型 し て い る と こ ろ に 、 こ の 小 説 の 今 日 も 変 ら な い 魅 力 が あ る の だ ん 。 即 ち 男 子 に 対 す る 純 真 の 愛 着 で す 。 こ の 二 つ の 矛 た し か に 女 主 人 公 、 早 月 葉 子 の る 運 命 を 女 性 が 圧 盾 し た 本 能 が 上 に な り 下 に な り 相 剋 し て い る の が 今 の 女 性 の 悲 し い 運 命 で す 。 私 は そ れ を 見 る と 心 が 痛 み ま 迫 さ れ て い た 時 代 の 悲 劇 と の み 見 る こ と は で き な い 殊 に 後 編 に お い て 葉 子 の 挫 折 と 破 滅 の 要 因 は 、 周 囲 の す 。 『 或 る 女 』 は か く て 生 ま れ た の で す 〕 他 の 所 で も 有 島 は 、 こ の 作 品 は 女 性 が 「 男 性 に よ る 世 間 か ら の 圧 迫 と い う よ り は む し ろ 、 葉 子 自 身 の 性 格 、 圧 迫 か ら 醸 し 出 さ れ た 男 性 に 対 す る 叛 逆 心 」 と 「 男 性 な か ん す く ヒ ス テ リ ー 症 と い う 生 理 的 な も の に 求 め ら に 対 し て 本 能 の 命 す る 執 着 」 と の 相 矛 盾 し た 衝 動 に 駆 れ て い る 。 し か し な が ら 少 な く と も 前 編 で は 、 作 者 の し ら ず し ら ず 抱 い て い た 意 図 と 出 来 上 が っ た 作 品 の 実 質 と の 間 に ほ り 立 て ら れ て 「 不 知 不 識 進 ん で 悲 劇 を 演 す る に 至 る そ と ん ど す れ は 生 し て い な い よ う で あ る 。 前 掲 の 黒 沢 良 の 経 路 」 を 描 い た も の で あ る こ と を 強 調 し て い る 。 し か し 作 者 の 意 図 も し く は 自 作 自 解 と 、 実 際 に 作 品 が 表 平 宛 書 簡 に 示 さ れ て い る 主 題 は 、 前 編 に は び た り と 当 て は ま る か 、 後 編 で は す し も そ 、 フ な っ て い な い よ 、 つ 現 し 物 語 っ て い る も の と の 間 に 微 妙 な す れ が 生 し る 場 合 は し ば し ば あ る こ と で 、 こ の 『 或 る 女 』 の 場 合 も 、 に 思 わ れ る 。 そ の こ と と も 関 連 し て 、 前 編 と 後 編 の ど 作 者 自 身 の 作 品 の 意 味 づ け か ら は や や は み 出 た 所 に こ ち ら が 優 れ て い る か に つ い て 批 評 家 、 研 究 家 の 間 で 議 の 作 品 の 今 日 も 変 ら ぬ 魅 力 を 見 い た す こ と が で き る の 諞 か 繰 り 返 さ れ て お り 、 容 易 に 結 着 は つ け が た い が 、 前 編 で は 葉 子 が 周 囲 の 圧 迫 や 無 理 解 や 偽 善 と 闘 う 姿 や で あ っ て 、 例 え ば 奥 野 健 男 が 次 の よ う に 評 し て い る の が そ れ で あ る 船 の 事 務 長 と の 恋 の い き さ つ に ロ マ ン チ ッ ク な も の が 「 『 或 る 女 』 の 悲 劇 は 女 性 が 圧 迫 さ れ た 時 代 、 場 所 に 生 感 し ら れ る の に 対 し て 、 後 編 で は よ り 徹 底 し た リ ア リ

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集


202 つ ば 夫 に 代 0 た 。 漑 き 切 0 て 居 た 赤 坊 は 喜 ん で そ れ を 飲 ん だ 。 衛 門 は あ て も な く 唾 を 吐 き 散 ら し な が ら 小 屋 の 前 を 行 0 た よ そ 仁 右 衛 門 は 有 難 い と 思 っ て い た 。 り 帰 っ た り し た 。 他 処 の 農 家 で こ の 凶 事 が あ っ た ら 少 く と 「 わ し も 子 は 亡 く し た 覚 え が あ る で 、 お 主 の 心 持 は よ く わ も 隣 り 近 所 か ら 二 三 人 の 者 が 寄 り 合 っ て 、 買 っ て 出 し た 酒 か る 。 こ の 子 を 助 け よ う と 思 っ た ら 何 ん せ 一 心 に 天 理 王 様 で も 飲 み ち ら し な が ら 、 何 か と 話 で も し て 夜 を 更 か す の だ が っ て ん に ん け ん わ ざ に 頼 ま っ し ゃ れ 。 な 。 合 点 か 。 人 間 業 で は 及 ば ぬ 事 じ や で ろ う 。 仁 右 衛 門 の 所 で は 川 森 さ え 居 残 っ て い な い の だ 。 妻 な 」 は そ れ を 心 か ら 寂 し く 思 っ て し く し く と 泣 い て い た 。 物 の 笠 井 は そ う 言 っ て し た り 顔 を し た 。 仁 右 衛 門 の 妻 は 泣 き 三 時 間 も 二 人 は そ う し た ま ま で 何 も せ ず に ぼ ん や り 小 屋 の な が ら 手 を 合 せ た 。 前 で 月 の 光 に あ わ れ な 姿 を さ ら し て い た 。 赤 坊 は 続 け ざ ま に 血 を 下 し た 。 そ し て 小 屋 の 中 が 真 暗 に や が て 仁 右 衛 門 は 何 を 思 い 出 し た の か の そ の そ と 小 屋 の お と な か ど な っ た 日 の く れ ぐ れ に 、 何 物 に か 助 け を 求 め る 成 人 の よ う 中 に 這 入 っ て 行 っ た 。 妻 は 眼 に 角 を 立 て て 首 だ け 後 に 廻 し し ば ら な 表 情 を 眼 に 現 し て 、 あ て ど も な く そ こ ら を 見 廻 し て い た て 洞 穴 の よ う な 小 屋 の 入 口 を 見 返 っ た 。 暫 く す る と 仁 右 衛 さ ち ょ う く わ が 、 次 第 次 第 に 息 が 絶 え て し ま っ た 。 門 は 赤 坊 を 背 負 っ て 、 一 梃 の 鍬 を 右 手 に 提 げ て 小 屋 か ら 出 よ う や 赤 坊 が 死 ん で か ら 村 医 は 巡 査 に 伴 れ ら れ て 漸 く や っ て 来 て 来 た 。 ち ょ う ち ん た 。 香 奠 代 り の 紙 包 を 持 っ て 帳 場 も 来 た 。 提 灯 と い う 見 慣 「 つ い て 来 う 」 れ な い も の が 小 屋 の 中 を 出 た り 邁 入 っ た り し た 。 仁 右 衛 尸 そ う 言 っ て 彼 は す た す た と 国 道 の 方 に 出 て 行 っ た 。 簡 単 な き ご え 夫 婦 の 嗅 ぎ つ け な い 石 炭 酸 の 香 は 二 人 を 小 屋 か ら 追 い 出 し な 啼 声 で 動 物 と 動 物 と が 互 を 理 解 し 合 う よ う に 、 妻 は 仁 右 て し ま っ た 。 二 人 は 川 森 に 付 添 わ れ て 西 に 廻 っ た 月 の 光 の 衛 門 の し よ う と す る 事 が 呑 み 込 め た ら し く 、 の っ そ り と 立 下 に し ょ ん ぼ り 立 っ た 。 ち 上 っ て そ の 後 に 随 っ た 。 そ し て め そ め そ と 泣 き 続 け て い 世 話 に 来 た 人 達 は 一 人 去 り 二 人 去 り 、 や が て 川 森 も 笠 井 た 。 も 去 っ て し ま っ た 。 夫 婦 が 行 き 着 い た の は 国 道 を 十 町 も 知 安 の 方 に 来 た 左 水 を 打 っ た よ う な 夜 の 涼 し さ と 静 か さ と の 中 に 、 か す か 手 の 岡 の 上 に あ る 村 の 共 同 墓 地 だ っ た 。 そ こ の 上 か ら は 松 し や く ニ セ コ ア ン の 連 山 も な 虫 の 音 が し て い た 。 仁 右 衛 門 は 何 と い う 事 な し に 妻 が 癪 川 農 場 を 一 面 に 見 渡 し て 、 ル ペ シ ・ ヘ 、 こ ん ふ だ け に さ わ っ て た ま ら な か っ た 。 妻 は 又 何 と い う 事 な し に 夫 が 川 向 い の 昆 布 岳 も 手 に 取 る よ う だ っ た 。 夏 の 夜 の 透 明 な 空 そ ば わ た す べ 憎 ま れ て な ら な か っ た 。 妻 は 馬 力 の 傍 に う ず く ま り 、 仁 右 気 は 青 み 亙 っ て 、 月 の 光 が 燐 の よ う に 総 て の 光 る も の の 上 こ う で ん な に お い し た が り ん

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集


が 生 ま れ る と 、 出 生 後 の 母 親 の 心 理 を 『 母 上 様 』 ( 四 十 三 一 面 的 評 価 の 感 を 免 が れ な い 。 そ こ に は 確 か に 日 本 の ・ 四 、 「 ホ ト ト ギ ス 」 ) に 書 き 、 大 正 二 年 九 月 、 次 男 茂 吉 学 校 教 育 に 対 す る 鋭 い 批 判 、 新 し い 教 育 の あ り 方 、 の 問 題 提 起 が あ り 、 作 者 の 進 ん だ 道 徳 観 、 社 会 観 が 見 ら 郎 の 出 生 を 受 け て 『 新 し き 命 』 ( 大 正 三 ・ 四 、 「 青 鞜 」 ) を ア ン バ 、 、 、 ド ル ・ ク 一 フ ス れ る に し て も 、 作 者 は 自 ら が 上 層 中 流 階 級 者 と し て 享 書 き 、 つ づ い て 『 五 つ に な る 児 』 ( 同 七 、 「 中 央 公 論 」 ) 受 し え て い る 特 権 的 位 置 と 、 そ れ に 由 来 す る エ ゴ イ ズ を 、 さ ら に は 『 二 人 の 小 さ な ヴ ァ ガ ポ ン ド 』 ( 大 正 五 ・ ム に 気 づ い て い な い 。 こ れ と ほ と ん ど 時 を 同 じ く し て 、 ー 三 「 読 売 新 聞 」 、 彳 麦 『 小 さ い 兄 弟 』 と 改 題 ) と い う 有 島 武 郎 は 『 小 さ き 者 へ 』 ( 大 正 七 ・ 一 ) に お い て 、 自 い わ ゆ る 子 供 物 の 代 表 作 と も い う べ き 作 品 を 書 い た ら の 特 権 的 、 エ リ ト 的 立 場 の 自 覚 と 反 省 に 立 ち な が そ し て 大 正 七 年 四 月 、 三 男 耀 三 の 出 生 を 受 け て 書 い た 『 母 親 の 通 信 』 ( 同 八 ・ 六 「 大 阪 毎 日 新 聞 」 ) を 最 後 に 子 ら 、 社 会 や 国 家 の 在 り 方 へ の 疑 惑 や 、 新 し い 世 代 が 進 む べ き 方 向 を 訴 え か け て い た 。 そ れ と 比 べ る と 、 弥 生 供 物 は 終 り を つ げ る が 、 こ れ ら に つ い て 瀬 沼 茂 樹 は 、 《 い す れ も 、 子 供 た ち の 生 態 や 心 理 を 母 親 の 愛 情 を も 子 の こ れ ら の 作 品 は 底 が 浅 い と い わ な く て は な る ま い っ て 見 ま も り な が ら 、 子 供 た ち の 世 界 に 「 思 想 上 の 平 宮 本 百 合 子 が 「 貴 女 の 御 作 を 読 む ほ ど の も の は 、 お そ ら く 何 人 も 、 女 性 で さ え も 胸 を 和 ら げ ら れ る よ 、 フ に 感 民 主 義 」 と し て 新 し い 市 民 的 関 係 を つ く り だ し 、 そ こ か ら 国 や 社 会 の 有 り 方 に つ い て の 疑 い を う ち だ し た 》 す る maternal ( enderness を 認 め す に は お ら れ ま せ ん で し よ う 。 / 作 品 に 漂 う 独 特 な 優 雅 や 敏 感 、 ま た は 、 と 言 い 、 谷 川 徹 三 も 、 《 作 者 の 関 心 は 母 親 と し て 母 親 を 越 え て 、 子 供 の 世 界 が 、 子 供 を 取 り 巻 く 、 子 供 の 世 人 類 の 理 想 的 生 活 に 対 す る 憧 、 現 実 に 対 す る 批 判 、 界 と は ち が っ た 世 界 と 交 渉 す る 姿 に 向 け ら れ て い る よ 永 遠 に 達 せ ん と す る 叡 智 等 も 、 皆 、 こ こ に 還 る べ き 故 う に 見 え る 。 そ の 意 味 に お い て 、 こ れ ら の 母 親 の 愛 情 国 を 持 っ て い る の で は ご ざ い ま す ま い か 」 ( 「 野 上 弥 生 の 記 録 で あ る と こ ろ の も の を 、 私 は 敢 て 社 会 小 説 の 一 子 様 へ 」 一 九 二 一 ・ 四 ) と 評 し た の は 適 評 で あ り 、 こ の 期 の 彼 女 の 作 品 の 長 所 も 限 界 も そ こ に 尽 き る と 思 わ 類 に 入 れ る 。 そ し て そ こ に 『 真 知 子 』 や 『 若 い 息 子 』 へ の 発 展 の 芽 を 見 る の で あ る 。 》 と 評 価 し て い る 。 れ る こ の 間 、 明 治 四 十 四 年 九 月 、 平 塚 雷 鳥 ら の 『 青 鞜 』 し か し 渡 辺 澄 子 も 指 摘 し て い る 通 り ( 『 野 上 弥 生 子 研 創 刊 に 際 し 、 彼 女 は 社 員 と し て 名 を 列 ね た が 、 翌 月 、 究 』 八 木 書 店 ) 、 こ れ ら は プ ラ ス の 面 の み を 取 り 出 し た 退 社 し 、 以 後 は 寄 稿 す る に と ど ま っ た 。 そ こ に も 彼 女

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集


も る 。 四 月 、 「 春 」 を 「 新 小 説 」 に 発 表 。 四 月 一 一 十 九 日 か ら 京 都 同 閣 か ら 刊 行 。 こ の 年 も 創 作 カ 退 潮 の 傾 向 著 し く 、 そ の 最 大 の 原 因 を 志 社 大 学 で 芸 術 論 と ホ イ ッ ト マ ン を 連 続 講 義 す る か た わ ら 、 伏 見 区 有 島 は 自 己 の プ ル ジ ョ ア 的 生 活 に あ る と 考 え 、 実 生 活 改 造 以 外 に 打 油 小 路 の 北 向 不 動 の 一 室 を 借 り て 「 或 る 女 」 後 編 を 執 筆 、 五 月 下 旬 開 の 道 は な い と 考 え は じ め て い る 。 四 十 四 歳 帰 京 直 後 脱 稿 す る 。 六 月 、 著 作 集 第 九 斡 『 或 る 女 』 後 編 を 叢 文 閣 か 大 正 十 一 年 ( 一 九 一 一 一 l) ら 刊 行 。 十 二 月 、 同 第 十 輯 『 三 部 曲 』 ( 「 大 洪 水 の 前 」 「 サ ム ソ ン と デ 一 月 、 「 宣 言 一 つ 」 を 「 改 造 」 に 、 「 片 輪 者 」 を 「 良 婦 之 友 」 に 発 リ ラ 」 「 聖 餐 」 ) を 叢 文 閣 か ら 刊 行 。 こ の 年 の 一 月 五 日 に 松 井 須 磨 子 表 。 一 一 月 、 新 し き 村 を 援 助 す る た め に 志 賀 直 哉 と 共 編 で 「 現 代 三 十 が 島 村 抱 月 の あ と を 追 い 縊 死 自 殺 を と げ る 。 感 銘 と 衝 撃 を う け る 。 三 人 集 」 を 新 潮 社 か ら 刊 行 。 四 月 、 牛 込 区 原 町 二 の 七 十 一 一 の 借 家 に 四 十 一 一 歳 移 る 。 五 月 、 著 作 集 第 十 四 輯 『 星 座 』 を 叢 文 閣 か ら 刊 行 。 七 月 十 三 大 正 九 年 ( 一 九 二 〇 ) 一 月 、 「 内 部 生 活 の 現 象 」 を 「 婦 人 之 友 」 に 、 「 文 芸 と 『 問 題 』 」 を 日 、 北 海 道 に 行 き 自 己 所 有 の 農 場 解 放 に つ い て 相 談 し 、 十 八 日 、 有 「 新 潮 」 に 発 表 。 一 一 月 、 「 イ プ セ ン 研 究 」 を 「 大 学 評 論 」 に 三 月 ま で 島 農 場 の 小 作 人 を 集 め 農 場 解 放 を 宣 一 言 。 九 月 、 著 作 集 第 十 五 輯 『 芸 連 載 。 四 月 、 「 芸 術 に 就 い て の 一 考 察 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 「 生 活 と 術 と 生 活 』 を 叢 文 閣 か ら 刊 行 。 十 月 、 個 人 雑 誌 「 泉 」 を 叢 文 閣 か ら 文 学 」 を 「 文 化 生 活 研 究 」 に 連 載 ( 翌 十 年 三 月 完 結 ) 。 六 月 、 著 作 集 創 刊 。 創 刊 号 に 「 ド モ 又 の 死 」 を 発 表 。 四 十 五 歳 第 十 一 輯 『 惜 み な く 愛 は 奪 う 』 を 叢 文 閣 か ら 刊 行 。 八 月 、 「 私 の 創 作 大 正 十 ニ 年 ( 一 九 二 = D の 態 度 」 を 「 読 売 新 聞 」 に 、 「 一 房 の 葡 萄 」 を 「 赤 い 鳥 」 に 発 表 。 十 一 月 、 「 酒 狂 」 「 文 化 の 末 路 」 を 、 二 月 、 「 或 る 施 療 患 者 」 を 「 泉 」 月 、 「 ホ イ ッ ト マ ン に 就 い て 」 と 題 し て 、 東 大 新 人 会 第 一 一 回 学 術 講 に 発 表 。 『 ホ イ ッ ト マ ソ 詩 集 』 第 二 輯 を 叢 文 閣 か ら 刊 行 。 四 月 、 「 骨 」 演 会 で 講 演 。 北 海 道 の 農 場 視 察 に 行 く 。 十 一 月 、 秋 声 ・ 花 袋 生 誕 五 を 「 泉 」 に 、 「 生 活 革 命 の 動 機 」 を 「 文 化 生 活 」 に 、 「 私 有 農 場 か ら 十 年 記 念 「 現 代 小 説 選 集 」 に 「 卑 怯 者 」 を 発 表 。 著 作 集 第 十 一 一 輯 共 生 農 園 へ 」 を 「 文 章 世 界 」 に 発 表 。 六 月 七 日 、 波 多 野 秋 子 と の 関 『 旅 す る 心 』 を 叢 文 閣 か ら 刊 行 。 十 二 月 、 「 文 芸 家 と 社 会 主 義 同 盟 に 係 を 足 助 素 一 に 告 白 し 、 翌 八 日 、 麹 町 下 六 番 町 の 家 を 出 、 九 日 早 就 い て 」 を 「 人 間 」 に 発 表 。 こ の 年 、 創 作 力 の 減 退 に 悩 み 始 め る 。 晩 、 軽 井 沢 三 笠 山 の 別 荘 浄 月 庵 に お い て 波 多 野 秋 子 と と も に 縊 死 自 四 十 三 歳 殺 を と げ る 。 遺 体 は 約 一 か 月 後 の 七 月 七 日 に 発 見 さ れ た 。 同 九 日 、 大 正 十 年 ( 一 九 二 一 ) 四 月 、 新 人 会 講 演 集 「 新 社 会 へ の 諸 思 想 」 ( 聚 英 閣 刊 ) に 「 ホ イ ツ 麹 町 本 邸 で 告 別 式 が 行 わ れ 、 青 山 墓 地 に 埋 葬 さ れ た 。 ( の ち 多 磨 墓 譜 ト マ ソ に 就 て 」 を 発 表 。 著 作 集 第 十 三 輯 『 小 さ き 灯 』 を 叢 文 閣 か ら 地 に 改 葬 ) 没 後 、 七 月 、 「 行 き 詰 れ る ・ フ ル ジ 日 ア 」 が 「 文 化 生 活 」 刊 行 。 こ の 月 の ほ と ん ど を 京 都 で す ご し 、 同 志 社 大 学 で ・ ハ イ ロ ン を に 、 「 唯 物 史 観 と 文 学 」 が 「 解 放 」 に 発 表 さ れ 、 八 月 、 「 泉 」 終 刊 、 年 講 じ た 。 五 月 、 森 本 厚 吉 、 吉 野 作 造 と 共 著 で 「 私 ど も の 主 張 」 ( 文 有 島 武 郎 記 念 号 に 「 絶 筆 」 「 和 歌 十 首 」 が 掲 載 さ れ 、 十 一 月 、 著 作 化 生 活 研 究 会 刊 ) に 「 美 を 護 る も の 」 「 泉 」 を 発 表 。 ヒ 月 、 「 白 官 集 第 十 六 集 『 ド モ 又 の 死 』 が 叢 文 閣 か ら 刊 行 さ れ た 。 舎 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 溺 れ か け た 兄 妹 」 を 「 婦 人 公 論 」 に 発 表 。 十 ・ 本 年 譜 は 安 川 定 男 氏 の 年 譜 を 参 照 し 、 編 集 部 で 作 成 し 、 4 同 氏 の 校 閲 を 得 た も の で あ る 。 月 、 「 御 柱 」 を 「 白 樺 」 に 発 表 、 「 ホ イ ッ ト マ ン 詩 集 』 第 一 輯 を 叢 文

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集


に そ れ を し な い ま で も 、 そ の 心 の 奥 に は か か る 態 度 が 動 く 残 さ れ た 、 過 去 に 属 す る 無 能 者 で あ る 。 彼 等 が も し 「 自 分 ゆ え よ う に な っ て い る 。 そ の 動 き 方 は ま だ 幽 か だ 。 そ れ 故 世 人 達 は 何 事 も 出 来 な い か ら 哲 学 や 芸 術 を い じ く っ て い る 。 ど 一 般 は 固 よ り の こ と 、 一 番 早 く そ の 事 実 に 気 付 か ね ば な ら う か そ っ と 邪 魔 に な ら な い 所 に 自 分 達 を い さ し て く れ 』 と ぬ 学 者 思 想 家 達 自 身 す ら 、 心 付 か ず に い る よ う に 見 え る 。 い う の な ら 、 そ れ は 許 さ れ な い 限 り で も な い 。 し か し な が ご び ゅ う し か し 心 付 か な か っ た ら 、 こ れ は 大 ぎ な 誤 謬 だ と い わ な け ら 、 彼 等 が 十 分 の 自 覚 と 自 信 を も っ て 哲 学 な り 、 芸 術 な り か す れ ば な ら な い 。 そ の 動 き 方 は 未 だ 幽 か で あ ろ う と も 、 そ の に た ず さ わ っ て い る と 主 張 す る な ら 、 彼 等 は 全 く 自 分 の 立 方 向 に 労 働 者 の 働 き は じ め た と い う こ と は 、 そ れ は 日 本 に 場 を 知 ら な い も の だ 」 と い う 意 味 を 言 わ れ た の を 記 憶 す 取 っ て は 最 近 に 発 し た 姆 何 な る 事 実 よ り も 重 大 な 事 業 る 。 私 は そ の 時 、 素 直 に 氏 の 言 葉 を 受 け 取 る こ と が 出 来 な だ 。 魲 故 な ら 、 そ れ は 当 然 起 ら ね ば な ら な か っ た こ と が 起 か っ た 。 そ し て こ う い う 意 味 の 言 葉 を も 0 て 答 え た 。 「 も き ペ ん こ ば り は じ め た か ら だ 。 如 何 な る 詭 弁 も 巨 む こ と の 出 来 な い 事 し 哲 学 者 な り 芸 術 家 な り が 、 過 去 に 属 す る 低 能 者 な ら 、 労 実 の 成 り 行 き が そ の あ る べ き 道 筋 を 辿 り は じ め た か ら だ 。 働 者 の 生 活 を し て い な い 学 者 思 想 家 も ま た 同 様 だ 。 そ れ は さ え ぎ と 国 家 の 権 威 も 学 問 の 威 光 も こ れ を 遮 り 停 め る こ と は 出 来 な 要 す る に 五 十 歩 百 歩 の 差 に 過 ぎ な い 」 。 こ の 私 の 言 葉 に 対 い だ ろ う 。 在 来 の 生 活 様 式 が こ の 事 実 に よ っ て ど れ 程 の 混 し て 河 上 氏 は い っ た 、 「 そ れ は そ う だ 。 だ か ら 私 は 社 会 問 乱 に 陥 ろ う と も 、 そ れ だ と い っ て 、 当 然 現 わ る べ く し て 現 題 研 究 者 と し て 敢 え て 最 上 の 生 活 に あ る と は 思 わ な い 。 私 わ れ 出 た こ の 事 実 を も み 消 す こ と は も う 出 来 な い だ ろ う 。 は 矢 張 り 何 者 か に 申 訳 を し な が ら 、 自 分 の 仕 事 に 従 事 し て は じ め か っ て 河 上 肇 氏 と 始 め て 対 面 し た 時 ( こ れ か ら 述 べ る 話 い る の だ 。 : : : 私 は 元 来 芸 術 に 対 し て は 深 い 愛 着 を 持 っ て い る 。 芸 術 上 の 仕 事 を し た ら 自 分 と し て は さ そ 愉 快 だ ろ う 柄 は 個 人 的 な も の だ か ら 、 こ こ に 公 言 す る の は 或 は 失 当 か も 知 れ な い が 、 こ こ で は 普 通 の 礼 儀 を し ば ら く 顧 み な い こ と 思 う こ と さ え あ る 。 し か し な が ら 自 分 の 内 部 的 要 求 は 私 と に す る ) 、 氏 の 言 葉 の 中 に 「 現 代 に お い て 哲 学 と か 芸 術 を し て 違 っ た 道 を 採 ら し て い る 」 と 。 こ れ で こ こ に 必 要 な こ と と か に か か わ り を 持 ち 、 殊 に 自 分 が 哲 学 者 で あ る と か 、 芸 一 一 人 の 会 話 の 大 体 は ほ ・ ほ 尽 き て い る の だ が 、 そ の 後 ま た 河 こ た っ 術 家 で あ る と か い う こ と に 誇 り を さ え 持 っ て い る 人 に 対 し 上 氏 に 対 面 し た 時 、 氏 は 笑 い な が ら 「 或 る 人 は 私 が 炬 燵 に て は 自 分 は 侮 蔑 を 感 じ な い で は い ら れ な い 。 彼 等 は 現 代 が あ た り な が ら 物 を い っ て い る と 評 す る そ う だ が 、 全 く そ れ 如 何 な る 時 代 で あ る か を 知 ら な い で い る 。 知 っ て い な が ら に 違 い な い 。 あ な た も ス ト ー ヴ に あ た り な が ら 物 を い っ て し ゅ こ う 哲 学 や 芸 術 に 没 頭 し て い る と す れ ば 、 彼 等 は 現 代 か ら 取 り る 方 だ ろ う 」 と 言 わ れ た の で 、 私 も そ れ を 全 く 首 肯 し た 。 ぷ べ っ あ る い

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集


お っ し ゃ か 描 き 出 さ れ て い な い 。 裏 切 ら れ た 女 の 心 が こ う 簡 単 た こ と を 米 子 さ ん だ け 望 ん だ と 仰 言 る ん で す か 」 と と う て 、 か っ こ 、 つ い 、 つ ロ に 割 り 切 れ よ う と は 、 到 底 考 え ら れ な い 。 こ こ で 、 テ ー マ は い つ の 間 に か 曽 て 『 青 鞜 』 が そ こ を 貯 り 切 り か た か で き る と す れ ば 、 、 っ た い 真 知 子 の 関 へ 脱 出 し 得 な か っ た 社 会 の 段 階 へ 、 捩 り 戻 さ れ て い る の の 愛 と は い っ た い 何 だ っ た の か 疑 問 で あ る 。 さ ら に 関 で あ る 》 と 結 ん だ 。 こ の 宮 本 の 批 判 は 肯 に 当 た っ て と の 決 裂 の 場 面 に 関 連 し て 宮 本 は 、 《 他 の 作 品 で は 極 い る 。 む ろ ん 作 者 は 、 こ こ で 当 時 の 左 翼 運 動 家 の 間 に め て 用 心 ぶ か く リ ア リ ス テ ィ ッ ク で あ ろ う と し て 来 て 流 行 と し て あ っ た コ ロ ン タ イ ズ ム を 批 判 し な が ら 、 人 い る 作 者 が 、 こ の 作 品 で は 関 と い う 人 物 も 真 知 子 も 観 間 的 真 実 に 立 脚 し た 個 人 的 モ ラ ル の 完 成 な く し て は 新 じ よ う じ ゅ 念 的 に 動 か し 、 飛 躍 す る こ と を 許 し て い る と こ ろ は 、 し い 恋 愛 や 結 婚 、 人 間 の 解 放 は 成 就 し が た い と い う 人 今 日 読 者 の 関 、 い を ひ く と こ ろ で あ る 深 い 混 乱 は 、 約 主 義 的 な 考 え を 主 張 し て い る こ と は た し か で あ る 。 婚 破 棄 の 場 面 で 関 と 真 知 子 と が と り 交 す 会 話 に 一 層 ま そ れ に し て も 作 者 が こ の 作 品 に 内 在 す る 社 会 変 革 、 人 ざ ま ざ と 浮 上 っ て 来 る 》 と 評 し 、 以 下 、 関 の 吐 く 言 葉 Ⅲ 解 放 の 問 題 を こ こ で は 「 マ ル キ ス ト の の モ ラ ル 」 ( 本 文 参 照 の こ と ) を 引 用 し た 上 で 、 《 関 の こ れ ら の 判 断 の 問 題 に 移 行 し 、 あ た か も 関 と い う 人 物 が 左 翼 運 動 家 は 混 迷 し て 非 条 理 で あ る し 又 人 間 ら し く も な け れ ば 、 の 代 表 者 で あ る か の よ う に 仕 立 て る こ と に よ っ て 真 知 自 覚 あ る 男 ら し く も な い 。 恋 愛 と い う も の の 内 容 に 何 子 を 彼 か ら 離 れ さ せ 、 あ げ く の は て は 彼 女 を 一 転 し て 、 の 新 し い 本 質 も 見 出 さ な い ま ま で 、 た だ 「 私 的 」 問 題 河 井 と い う 大 ブ ル ジ ョ ワ な が ら 良 心 的 な 学 者 的 人 物 と と さ れ て い る こ と な ど に つ い て 、 作 者 は 分 析 も 疑 問 も 結 ば せ る と い う 構 想 に は 、 作 り 物 め い た 観 念 性 が あ ら 与 え て い な い 。 大 庭 と の 恋 愛 の い き さ つ に つ い て も 作 わ で 、 革 命 運 動 と い う も の を 頭 で し か 理 解 で き な か っ 者 は 関 を 追 求 し 得 な か っ た 。 作 者 の 観 察 と 勉 強 に よ っ た 作 者 の 限 界 が こ こ に あ る 。 河 井 と い う 人 物 自 体 、 ど て 作 中 に つ か ま え ら れ て 来 た 関 は 、 遂 に 作 者 の 手 に 負 こ か ら ど こ ま で 出 来 す ぎ て い て 現 実 性 に 欠 け る 。 第 一 え す 、 そ れ は そ れ と し た ま ま 、 真 知 子 が 「 全 女 性 の も 当 時 の 情 勢 下 で 、 会 社 を 職 工 の 共 同 経 営 に 委 せ る な ど の で あ っ た 贈 み で 」 次 の よ う に 叫 ん だ こ と に 作 者 と し と い う こ と が 、 河 井 一 個 人 の 決 断 で 実 現 で き よ う と は て の 感 動 を 合 わ せ て い る 。 「 女 が ひ と り で 母 親 に な れ ほ と ん ど 考 え ら れ な し : 『 真 知 子 』 は 総 体 と し て 、 な る と お 思 い に な る ん で す か あ ん た は 望 み も し な か っ か ん す く 後 半 に お い て 、 「 一 見 風 俗 小 説 か と 思 わ れ る

現代日本の文学 8 有島 武郎 野上 弥生子 集


し か し こ の 悲 し み が お 前 た ち と 私 と に ど れ ほ ど の 強 み で 後 に 残 し て そ の た め に 斃 れ て し ま っ た 。 そ の 人 た ち は 私 た あ る か を お 前 た ち は ま だ 知 る ま い 。 私 た ち は こ の 損 失 の お ち の 隣 り に 住 ん で い た の だ 。 何 ん と い う 運 命 の 皮 肉 だ 。 お か げ 蔭 で 生 活 に 一 段 と 深 入 り し た の だ 。 私 共 の 根 は い く ら か で 前 た ち は 母 上 の 死 を 思 い 出 す と 共 に 、 氏 を 思 い 出 す こ と く ふ う も 大 地 に 延 び た の だ 。 人 生 を 生 き る 以 上 人 生 に 深 入 り し な を 忘 れ て は な ら な い 。 そ し て こ の 恐 ろ し い 溝 を 埋 め る 工 夫 わ ざ わ い も の は 災 い で あ る 。 を し な け れ ば な ら な い 。 お 前 た ち の 母 上 の 死 は お 前 た ち の 同 時 に 私 た ち は 自 分 の 悲 し み に ば か り 浸 っ て い て は な ら 愛 を そ こ ま で 拡 げ さ す に 十 分 だ と 思 う か ら 私 は い う の だ 。 さ び わ す ら た だ な い 。 お 前 た ち の 母 上 は 亡 く な る ま で 、 金 銭 の 累 い か ら は 十 分 人 世 は 淋 し い 。 私 た ち は 唯 そ う い っ て 澄 ま し て い る 自 由 だ っ た 。 飲 み た い 薬 は 何 ん で も 飲 む 事 が 出 来 た 。 食 い 事 が 出 来 る だ ろ う か 。 お 前 達 と 私 と は 、 血 を 味 っ た 獣 の よ た い 食 物 は 何 ん で も 食 う 事 が 出 来 た 。 私 た ち は 偶 然 な 社 会 う に 、 愛 を 味 っ た 。 行 こ う 、 そ し て 出 来 る だ け 私 た ち の 周 組 織 の 結 果 か ら こ ん な 特 権 な ら ざ る 特 権 を 享 楽 し た 。 お 前 囲 を 淋 し さ か ら 救 う た め に 働 こ う 。 私 は お 前 た ち を 愛 し た 。 そ し て 永 遠 に 愛 す る 。 そ れ は お 前 た ち か ら 親 と し て の た ち の 或 る も の は か す か な が ら 氏 一 家 の 模 様 を 覚 え て い る だ ろ う 。 死 ん だ 細 君 か ら 結 核 を 伝 え ら れ た 氏 が あ の 理 報 酬 を 受 け る た め に い う の で は な い 。 お 前 た ち を 愛 す る 事 ご き と う 智 的 な 性 情 を 有 ち な が ら 、 天 理 教 を 信 じ て 、 そ の 御 祈 で を 教 え て く れ た お 前 た ち に 私 の 要 求 す る も の は 、 た だ 私 の 病 気 を 癒 そ う と し た そ の 心 持 を 考 え る と 、 私 は た ま ら な く 感 謝 を 受 取 っ て 貰 い た い と い う 事 だ け だ 。 お 前 た ち が 一 人 な る 。 薬 が き く も の か 祈 疇 が き く も の か そ れ は 知 ら な い 。 前 に 育 ち 上 っ た 時 、 私 は 死 ん で い る か も 知 れ な い 。 一 生 懸 し か し 氏 は 医 者 の 薬 が 飲 み た か っ た の だ 。 し か し そ れ が 命 に 働 い て い る か も 知 れ な い 。 老 衰 し て 物 の 役 に 立 た な い 出 来 な か っ た の だ 。 氏 は 毎 日 下 血 し な が ら 役 所 に 通 っ よ う に な っ て い る か も 知 れ な い 。 し か し 何 れ の 場 合 に し た 。 ハ ン ケ チ を 巻 き 通 し た 喉 か ら は 皺 嗄 れ た 声 し か 出 な か ろ 、 お 前 た ち の 助 け な け れ ば な ら な い も の は 私 で は な い 。 す で へ っ た 。 働 け ば 病 気 が 重 る 事 は 知 れ き っ て い た 。 そ れ を 知 り お 前 た ち の 若 々 し い 力 は 既 に 下 り 坂 に 向 お う と す る 私 な ど わ ず ら き な が ら 氏 は 御 祈 禧 を 頼 み に し て 、 老 母 と 二 人 の 子 供 と の に 煩 わ さ れ て い て は な ら な い 。 斃 れ た 親 を 喰 い 尽 し て 力 を 生 活 を 続 け る た め に 、 勇 ま し く 飽 く ま で 働 い た 。 そ し て 病 貯 え る 獅 子 の 子 の よ う に 、 力 強 く 勇 ま し く 私 を 振 り 捨 て て 気 が 重 っ て か ら 、 な け な し の 金 を 出 し て し て も ら っ た 古 賀 人 生 に 乗 り 出 し て 行 く が い い 液 の 注 射 は 、 ~ の 医 師 の 不 注 意 か ら 静 脈 を 外 れ て 、 激 烈 今 時 計 は 夜 中 を 過 ぎ て 一 時 十 五 分 を 指 し て い る 。 し ん と か す な 熱 を ひ き 起 し た 。 そ し て 氏 は 無 資 産 の 老 母 と 幼 児 と を 静 ま っ た 夜 の 沈 黙 の 中 に お 前 た ち の 平 和 な 寝 息 だ け が 幽 か 219 の ど し わ が た お あ じ わ