検索 - みる会図書館

検索対象: ジュリスト 2016年10月号

ジュリスト 2016年10月号から 179件ヒットしました。

ジュリスト 2016年10月号


、 。 。 ~ 有 斐 閣 〒 101 ー 開 51 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 2 ー 17 Tel : 03 ー 3265 ー 6811 http://www.yuhikaku.co.jp/ ※ 表 示 価 格 は 税 別 。 消 費 税 込 み の 金 額 が 定 価 で す 。 ・ 出 版 案 内 ・ 個 人 情 報 保 護 法 ・ 行 政 機 関 個 人 情 報 保 護 法 の 改 正 を 織 り 込 ん で 全 面 改 訂 ( 1 。 月 下 旬 発 売 予 定 ) う が か つ や 宇 賀 克 也 著 東 京 大 学 教 授 個 人 情 報 保 護 法 の 逐 条 解 説 第 5 版 A5 判 並 製 カ / ヾ ー 付 700 頁 個 人 情 報 保 護 法 ・ 行 政 機 関 個 人 情 報 保 護 法 ・ 独 立 行 政 法 人 等 個 人 情 報 保 護 法 予 価 4 , 900 円 + 税 978 ー 4 ー 641 ー 22708 ー 8 情 報 法 制 研 究 の 第 一 人 者 に よ る 信 頼 の 逐 条 解 説 。 平 成 27 年 の 個 人 情 報 保 護 法 ・ 番 号 法 の 改 正 , 平 成 28 年 の 行 政 機 関 個 人 情 報 保 護 法 を は じ め , 最 新 の 法 改 正 情 報 ・ 裁 判 例 ・ 審 査 会 答 申 な ど を 多 数 盛 り 込 ん だ 。 小 規 模 取 扱 事 業 者 も 適 用 対 象 と な る た め , 個 人 情 報 を 扱 う す べ て の 事 業 者 に 必 携 の 1 冊 。 序 論 立 法 の 経 緯 と 個 人 情 報 保 護 法 制 の 体 系 主 第 1 部 個 人 情 報 保 護 法 の 逐 条 解 説 第 2 部 行 政 機 関 個 人 情 報 保 護 法 の 逐 条 解 説 目 第 3 部 独 立 行 政 法 人 等 個 人 情 報 保 護 法 の 解 説 次 【 巻 末 資 料 】 第 4 部 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 設 置 法 の 解 説 第 5 部 行 政 機 関 個 人 情 報 保 護 法 関 係 整 備 法 の 解 説 1 2 3 4 5 6 7 8 個 人 情 報 の 保 護 に 関 す る 法 律 ・ 同 施 行 令 行 政 機 関 の 保 有 す る 個 人 情 報 の 適 切 な 管 理 の た め の 措 置 に 関 す る 指 針 個 人 情 報 の 保 護 に 関 す る 基 本 方 針 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 設 置 法 ・ 同 施 行 令 独 立 行 政 法 人 等 の 保 有 す る 個 人 情 報 の 保 護 に 関 す る 法 律 ・ 同 施 行 令 行 政 機 関 の 保 有 す る 個 人 情 報 の 保 護 に 関 す る 法 律 案 に 対 す る 附 帯 決 議 ( 衆 ・ 参 ) 行 政 機 関 の 保 有 す る 個 人 情 報 の 保 護 に 関 す る 法 律 ・ 同 施 行 令 個 人 情 報 の 保 護 に 関 す る 法 律 案 に 対 す る 附 帯 決 議 ( 衆 ・ 参 ) 決 定 版 解 説 書 , 待 望 の 改 訂 う が か つ や 宇 賀 克 也 著 東 京 大 学 教 授 ( 1 0 月 下 旬 発 売 予 定 ) 新 ・ 情 報 公 開 法 の 逐 条 解 説 第 7 版 A 5 判 並 製 カ ハ ー 付 306 頁 予 価 2 , 500 円 + 税 行 政 機 関 情 報 公 開 法 ・ 独 立 行 政 法 人 等 情 報 公 開 法 978 ー 4 ー 641 ー 22717-0 信 頼 の 情 報 公 開 法 解 説 書 が 最 新 版 に 。 行 政 機 関 情 報 公 開 法 , 独 立 行 政 法 人 等 情 報 公 開 法 を は じ め と す る 関 係 法 令 の 最 新 の 改 正 内 容 に 対 応 し , 裁 判 例 を 加 筆 し た 。 情 報 公 開 条 例 や 海 外 の 動 向 も 紹 介 す る 。 学 習 ・ 実 務 に 必 携 の 決 定 版 。 序 論 情 報 公 開 の 基 本 知 識 主 第 1 部 行 政 機 関 情 報 公 開 法 の 逐 条 解 説 第 2 部 独 立 行 政 法 人 等 情 報 公 開 法 の 解 説 目 第 3 部 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 設 置 法 の 逐 条 解 説 【 巻 末 資 料 】 1 2 3 4 5 行 政 機 関 の 保 有 す る 情 報 の 公 開 に 関 す る 法 律 行 政 機 関 の 保 有 す る 情 報 の 公 開 に 関 す る 法 律 案 に 対 す る 附 帯 決 議 ( 衆 ・ 参 ) 行 政 機 関 の 保 有 す る 情 報 の 公 開 に 関 す る 法 律 施 行 令 会 計 検 査 院 法 ( 抜 粋 ) 会 計 検 査 院 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 規 6 7 8 9 10 独 立 行 政 法 人 等 の 保 有 す る 情 報 の 公 開 に 関 す る 法 律 独 立 行 政 法 人 等 の 保 有 す る 情 報 の 公 開 に 関 す る 法 律 案 に 対 す る 附 帯 決 議 ( 衆 ・ 参 ) 独 立 行 政 法 人 等 の 保 有 す る 情 報 の 公 開 に 関 す る 法 律 施 行 令 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 設 置 法 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 設 置 法 施 行 令

ジュリスト 2016年10月号


用 さ れ た 。 し か し , モ ザ イ ク ・ ア プ ロ ー チ の 結 果 , 匿 名 加 工 情 報 と 非 識 別 加 工 情 報 の 範 囲 が 異 な る こ と に な ら な い よ う に , 非 識 別 加 工 情 報 に つ い て は , 個 人 情 報 か ら , 他 の 情 報 と 照 合 す る こ と が で き , そ れ に よ り 特 定 の 個 人 を 識 別 す る こ と が で き る も の ( 他 の 情 報 と 容 易 に 照 合 す る こ と が で き , そ れ に よ り 特 定 の 個 人 を 識 別 す る こ と が で き る こ と と な る も の を 除 く ) を 除 く こ と と さ れ て い る 。 こ れ に よ り , 非 識 別 加 工 の 対 象 に な る 個 人 情 報 に 係 る モ ザ イ ク ・ ア プ ロ ー チ は , 他 の 情 報 と 容 易 に 照 合 す る こ と が で き る 場 合 に 限 定 さ れ る こ と に な り , 匿 名 加 工 情 報 に 係 る モ ザ イ ク ・ ア プ ロ ー チ と の 一 致 が 図 ら れ る こ と に な る 。 法 5 条 2 号 か ら 6 号 ま で に 掲 げ る 不 開 示 情 報 に す る お そ れ が あ る 。 そ こ で , 行 政 機 関 情 報 公 開 に よ り , 個 人 の 権 利 利 益 以 外 の 保 護 法 益 を 侵 害 を 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 と し て 提 供 す る こ と く ) が 含 ま れ て い る と き は , か か る 不 開 示 情 報 す る 不 開 示 情 報 ( 同 条 1 号 に 掲 げ る 情 報 を 除 下 「 行 政 機 関 情 報 公 開 法 」 と い う ) 5 条 に 規 定 政 機 関 の 保 有 す る 情 報 の 公 開 に 関 す る 法 律 ( 以 ま た , 保 有 個 人 情 報 の 全 部 ま た は 一 部 に , 行 旨 が 損 な わ れ る こ と に は な ら な い と 思 わ れ る 。 り , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 制 度 を 導 入 し た 趣 す る 保 有 個 人 情 報 に 対 象 を 限 定 す る こ と に よ て い る 。 し た が っ て , 個 人 情 報 フ ァ イ ル を 構 成 タ ベ ー ス 等 を 事 業 の 用 に 供 し て い る 者 に 限 ら れ 匿 名 加 工 情 報 取 扱 事 業 者 は , 匿 名 加 工 情 報 デ ー ( 以 下 「 個 人 情 報 保 護 法 」 と い う ) に お い て も , 性 は 疑 問 で あ り , 個 人 情 報 の 保 護 に 関 す る 法 律 個 人 情 報 フ ァ イ ル を 構 成 し な い 散 在 情 報 の 有 用 労 力 を 考 え れ ば , ビ ッ グ デ ー タ 分 析 に と っ て , れ て い な い 保 有 個 人 情 報 を デ ー タ ベ ー ス 化 す る な い 。 容 易 に 検 索 で き る よ う に 体 系 的 に 構 成 さ 報 フ ァ イ ル を 構 成 し な い 散 在 情 報 は 対 象 に な ら 人 情 報 で あ る こ と で あ る 。 し た が っ て , 個 人 情 る 。 ま ず , 個 人 情 報 フ ァ イ ル を 構 成 す る 保 有 個 報 の う ち , 以 下 の 要 件 の 全 て を 満 た す も の で あ 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 と は , 非 識 別 加 工 情 ② 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 定 義 該 当 す る 部 分 は , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 作 成 対 象 か ら 除 外 さ れ て い る 。 以 上 の 前 提 の 下 で , さ ら に , 以 下 の 3 つ の 要 件 を 満 た す 必 要 が あ る 。 第 1 に , 個 人 情 報 フ ァ イ ル 簿 に 掲 載 し な い こ と と さ れ て い る も の で な い こ と で あ る 。 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 提 供 の 透 明 性 を 確 保 す る た め に は , 国 民 に 公 表 さ れ て い な い 個 人 情 報 か ら 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 が 作 成 ・ 提 供 さ れ る こ と が な い よ う に す る 必 要 が あ る 。 そ こ で , 個 人 情 報 の 本 人 が 自 己 の 個 人 情 報 の 利 用 実 態 を 認 識 で き る よ う に す る た め に 作 成 ・ 公 表 さ れ て い る 個 人 情 報 フ ァ イ ル 簿 に 掲 載 さ れ て い な い 個 人 情 報 フ ァ イ ル を 構 成 す る 保 有 個 人 情 報 を 加 工 し て , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を 作 成 す る こ と は 認 め な い こ と と さ れ て い る 。 第 2 に , 情 報 公 開 請 求 が あ っ た と し た な ら ば , 行 政 機 関 の 長 が , ( ア ) 当 該 行 政 文 書 に 記 録 さ れ て い る 保 有 個 人 情 報 の 全 部 ま た は 一 部 を 開 示 す る 旨 の 決 定 を す る こ と , ま た は ( イ ) 行 政 機 関 情 報 公 開 法 13 条 1 項 ま た は 2 項 の 規 定 に よ り 意 見 書 の 提 出 の 機 会 を 与 え る こ と の い ず れ か を 行 う こ と と な る も の で あ る こ と で あ る 。 情 報 公 開 請 求 に 対 す る 部 分 開 示 と 非 識 別 加 工 は , 後 者 の ほ う が よ り 精 緻 な 作 業 を 行 う 点 に 相 違 が あ る も の の , 特 定 の 個 人 が 識 別 で き な い よ う に 作 業 す る 点 で は 共 通 し て お り , 情 報 公 開 請 求 に 対 し て 部 分 開 示 す ら で き な い 保 有 個 人 情 報 に つ い て は , 個 人 の 権 利 利 益 を 害 す る こ と な く 有 用 な 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を 作 成 す る こ と は 困 難 と 考 え ら れ る こ と , 逆 に 部 分 開 示 が 可 能 な 個 人 情 報 の 場 合 に は , 適 正 な 加 工 を 行 い , か っ , 提 供 を 受 け た 事 業 者 に お け る 識 別 禁 止 等 の 規 律 を 課 す こ と に よ っ て , 特 定 の 個 人 が 識 別 さ れ な い よ う に す る こ と が 可 能 と 考 え ら れ る こ と か ら , ( ア ) の 要 件 が 設 け ら れ て い る 。 こ れ に よ り , 被 収 容 者 個 人 デ ー タ フ ァ イ ル , 人 権 相 談 フ ァ イ ル 等 が 対 象 外 に な る と 考 え ら れ る 。 第 3 に , 行 政 機 関 の 事 務 お よ び 事 業 の 適 正 か っ 円 滑 な 運 営 に 支 障 の な い 範 囲 内 で , 当 該 個 人 情 報 フ ァ イ ル を 構 成 す る 保 有 個 人 情 報 を 加 工 し [ Jurist ] OctOber 2016 / Number 1498 79

ジュリスト 2016年10月号


税 務 申 告 を 自 分 で や ろ う か 迷 っ て い る 弁 護 士 の 先 生 へ ス ム ー ズ な 処 理 方 法 が わ か ら な い 事 務 職 員 の 皆 様 へ 弁 護 士 ・ 事 務 職 員 の た め の 法 律 事 務 所 の の 所 入 務 告 事 事 申 確 定 申 告 入 門 士 律 定 井 法 確 会 計 処 理 か ら 税 務 調 査 対 応 ま で ニ 〇 一 六 年 八 月 刊 <LO 判 三 九 ニ 頁 本 体 三 四 〇 〇 円 十 税 横 田 寛 著 の ス ト ー リ ー で 楽 し く わ か る 法 律 事 務 所 の 日 常 業 務 総 務 ・ 経 理 ・ 広 報 広 告 の 仕 組 み と 事 務 職 員 が で き る こ と ニ 〇 一 三 年 一 一 月 刊 <LO 判 ニ 四 八 頁 本 体 ニ 三 〇 〇 円 十 税 有 馬 圭 著 い じ め 、 学 校 事 故 、 保 護 者 ト ラ ブ ル 等 に 弁 護 士 が 行 う べ き 法 的 サ ポ ー ト と は 士 の 学 校 内 弁 護 士 - た 策 ・ 井 の 対 汚 ・ 内 場 争 プ 現 紛 ド ・ 学 校 現 場 の た め の 学 諏 教 教 育 紛 争 対 策 ガ イ ド ブ ッ ク ニ 〇 一 六 年 八 月 刊 <LO 判 ニ 七 ニ 頁 本 体 ニ 七 〇 〇 円 十 税 神 内 聡 著 新 し い 学 校 法 務 の 実 践 と 理 論 教 育 現 場 と 弁 護 士 の 効 果 的 な 連 携 の た め に 山 口 卓 男 編 著 礒 﨑 奈 保 子 ・ 川 義 郎 ・ 黒 川 雅 子 ・ 五 條 堀 岳 史 ・ 坂 田 仰 ・ 神 内 聡 執 筆 ニ 〇 一 四 年 一 一 月 刊 <LO 判 ニ 四 〇 頁 本 体 ニ 五 〇 〇 円 十 税 会 計 処 理 が ら 税 務 調 査 対 応 ま で 担 仕 の 先 生 は 井 当 士 ! ? : こ - ー 第 当 : を す . の ス ク ー ル ロ イ ヤ ー る を の の に を お 第 新 第 盟 イ ド プ ン ? 〒 171 ー 8516 東 京 都 豊 島 区 南 長 崎 3 丁 目 1 6 番 6 号 http://www.kajO. CO. jp/ TEL ( 03 ) 3953 ー 5642 FAX ( 03 ) 3953 ー 2061 ( 営 業 部 ) 第 日 爪 加 除 出 版 行 政 法 の エ ッ セ ン ス ◎ 定 価 2 ' 376 円 櫻 井 敬 子 〔 著 〕 ・ 行 政 法 の 全 体 像 が 短 時 間 で つ か め る ! 楽 し く 学 べ る 入 門 書 。 コ ラ ム も 満 載 ! ・ 基 礎 知 識 は も ち ろ ん 、 行 政 不 服 審 査 法 の 行 大 改 正 な ど 最 新 の 動 向 も 収 録 。 行 政 手 続 三 法 の 解 説 《 第 2 次 改 訂 版 》 ◎ 定 価 3 ' 672 円 宇 賀 克 也 冖 著 〕 ・ 行 政 手 続 法 に オ ン ラ イ ン 化 法 と 番 号 法 ( マ イ ナ ン パ ー 法 ) を 合 わ せ て 解 説 し た 唯 一 の 本 の 最 新 版 ! 個 人 情 報 保 護 法 や 番 号 法 の 改 正 に 対 応 。 第 犯 次 法 令 用 語 辞 典 ◎ 定 価 8 1 。 0 円 角 田 禮 次 郎 他 冖 共 編 〕 ・ 歴 代 内 閣 法 制 局 長 官 の 編 に な る 唯 一 の 法 律 辞 典 ! マ イ ナ ン バ ー 法 関 連 や 平 和 安 全 法 制 関 連 、 行 政 不 服 審 査 法 関 連 な ど 全 面 的 に 見 直 し た 7 年 ぶ り の 改 訂 版 。 法 令 ・ 条 例 等 の 立 案 ・ 解 釈 に 必 携 の 書 ! 若 手 法 律 家 の た め の 法 律 相 談 入 門 ◎ 定 価 2 ' 592 円 中 村 真 〔 著 〕 法 律 相 談 の 流 れ と 留 意 点 を や さ し く 楽 し く イ ラ ス ト を 交 え て 解 説 。 今 日 か ら 使 え る キ ラ ー フ レ ー ズ や 依 意 外 と 頼 れ る 頼 の 断 り 方 な ど 、 先 輩 か ら の ロ 伝 で し か 学 べ な い 知 ゅ も し 恵 が 満 載 ! 櫻 井 行 政 法 最 新 刊 / よ う こ そ 、 , の 方 ~ 。 越 し 下 さ お 悩 み を 聞 か せ て ち ょ う だ い 《 第 1 次 改 訂 版 》

ジュリスト 2016年10月号


が で き る 。 ⑥ 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 作 成 等 行 政 機 関 の 長 は , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を 作 成 す る と き は , 特 定 の 個 人 を 識 別 す る こ と が で き な い よ う に , お よ び そ の 作 成 に 用 い る 保 有 個 人 情 報 を 復 元 す る こ と が で き な い よ う に す る た め に 必 要 な も の と し て 個 人 情 報 保 護 委 員 会 規 則 で 定 め る 基 準 に 従 い , 当 該 保 有 個 人 情 報 を 加 工 し な け れ ば な ら な い 。 ⑦ 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 に 関 す る 事 項 の 個 人 情 報 フ ァ イ ル 簿 へ の 記 載 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 作 成 に 用 い ら れ た 個 人 情 報 フ ァ イ ル に 含 ま れ る 保 有 個 人 情 報 の 本 人 が , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 が 作 成 さ れ た こ と や そ の 内 容 に つ い て 知 ら さ れ な い こ と は , 透 明 性 を 欠 く こ と に な る 。 ま た , 民 間 事 業 者 が 作 成 さ れ た 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 概 要 を 知 ら さ れ な け れ ば , 当 該 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を 事 業 の 用 に 供 す る た め の 提 案 を 行 う こ と が で き な い と 考 え ら れ る 。 そ こ で , 行 政 機 関 の 長 は , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を 作 成 し た と き は , 当 該 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 作 成 に 用 い た 保 有 個 人 情 報 を 含 む 個 人 情 報 フ ァ イ ル に つ い て は , 個 人 情 報 フ ァ イ ル 簿 に , ( i ) 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 概 要 と し て 個 人 情 報 保 護 委 員 会 規 則 で 定 め る 事 項 , ( ⅱ ) 提 案 を 受 け る 組 織 の 名 称 お よ び 所 在 地 , ( ⅲ ) 提 案 を す る こ と が で き る 期 間 を 記 載 す る 義 務 を 負 う こ と と さ れ て い る 。 ( i ) ~ ( ⅲ ) の い ず れ も , 提 案 を 行 お う と す る 民 間 事 業 者 の 便 宜 の た め で あ る が , ( i ) は , そ れ に 加 え て , 保 有 個 人 情 報 の 本 人 の 権 利 利 益 の 保 護 も 目 的 と し て い る 。 ( i ) を 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 と せ ず , そ の 概 要 に と ど め て い る の は , 民 間 事 業 者 の 競 争 上 の 利 益 に 配 慮 し た か ら で あ る 。 作 成 し た 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を 一 定 期 間 経 過 後 公 開 す べ き と い う 考 え 方 も あ り う る が , 当 初 の 提 案 者 以 外 の 者 も , 提 案 を 行 い 提 供 を 受 け る 可 能 性 が 保 障 さ れ て い る こ と , 提 供 を 受 け る 者 か ら は 手 数 料 を 徴 収 す る こ と に 照 ら し , 公 表 は 予 定 さ れ て い な い 。 新 法 の 要 点 ⑧ 作 成 さ れ た 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を そ の 用 に 供 し て 行 う 事 業 に 関 す る 提 案 等 当 初 民 間 事 業 者 A の 提 案 を 受 け て 作 成 さ れ た 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 は , A 以 外 の 者 が 他 の 目 的 で 活 用 す る こ と が で き る 可 能 性 が あ る 。 ま た , A 自 身 も , 契 約 を 締 結 し た 事 業 と は 異 な る 目 的 で , ま た は 同 じ 目 的 で は あ る が 締 結 し た 契 約 に 係 る 期 間 を 超 え て , 当 該 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 利 用 を 希 望 す る 場 合 が あ り う る 。 そ こ で , 個 人 情 報 フ ァ イ ル 簿 に ⑦ ( i ) の 概 要 が 記 載 さ れ た 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を そ の 事 業 の 用 に 供 す る 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 取 扱 事 業 者 に な ろ う と す る 者 は , 行 政 機 関 の 長 に 対 し , 当 該 事 業 に 関 す る 提 案 を す る こ と が で き る こ と と さ れ , す で に ⑤ の 契 約 を 締 結 し た 者 が , 当 該 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を そ の 用 に 供 す る 事 業 を 変 更 し よ う と す る と き も , 同 様 と さ れ て い る 。 提 案 の 手 続 等 は , ③ の 提 案 の 手 続 等 に 準 ず る こ と と さ れ て い る 。 ⑨ 契 約 の 解 除 行 政 機 関 の 長 は , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 利 用 に 関 す る 契 約 を 締 結 し た 者 が , ( i ) 偽 り そ の 他 不 正 の 手 段 に よ り 当 該 契 約 を 締 結 し た と き , ( ⅱ ) 欠 格 事 由 の い ず れ か に 該 当 す る こ と と な っ た と き , ( ⅲ ) 当 該 契 約 に つ い て 定 め ら れ た 事 項 に つ い て 重 大 な 違 反 が あ っ た と き の い ず れ か に 該 当 す る と き は , 当 該 契 約 を 解 除 す る こ と が で き る 。 ⑩ 安 全 確 保 の 措 置 行 政 機 関 の 長 は , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 作 成 に 用 い た 保 有 個 人 情 報 か ら 削 除 し た 記 述 等 お よ び 個 人 識 別 符 号 な ら び に 加 工 の 方 法 に 関 す る 情 報 ( 以 下 , こ れ ら を 「 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 等 」 と 総 称 す る ) の 漏 え い を 防 止 す る た め に 必 要 な も の と し て 個 人 情 報 保 護 委 員 会 規 則 で 定 め る 基 準 に 従 い , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 等 の 管 理 の た め に 必 要 な 措 置 を 講 ず る 義 務 を 負 う 。 行 政 機 関 か ら 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 等 の 取 扱 い の 委 託 を 受 け た 者 が 受 託 し た 業 務 を 行 う 場 合 に も , 同 様 の 安 全 確 保 の 措 置 を 講 ず る 義 務 を 負 う 。 [ Jurist ] October 2016 / Number 1498

ジュリスト 2016年10月号


I. は じ め に 平 成 24 年 4 月 1 日 に 施 行 さ れ た 国 際 裁 判 管 轄 法 制 の 整 備 の た め の 民 事 訴 訟 法 及 び 民 事 保 全 法 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 に よ り , 民 訴 法 3 条 の 2 以 下 に 国 際 裁 判 管 轄 に 関 す る 規 定 が 置 か れ る こ と と な っ た 1 ) 。 こ の 改 正 の 議 論 の 過 程 で 検 討 さ れ た も の の , 最 終 的 に 改 正 が 見 送 ら れ た 論 点 の 一 つ が 国 際 訴 訟 競 合 で あ っ た 。 国 際 訴 訟 競 合 と は , 日 本 の 裁 判 所 に 係 属 す る 訴 訟 と 同 一 の 訴 訟 が 外 国 の 裁 判 所 に 係 属 し て い る 場 合 を い う 。 国 際 訴 訟 競 合 に つ い て は , 日 本 の 裁 判 所 と 外 国 の 裁 判 所 で 下 さ れ る 判 決 の 矛 盾 や 抵 触 を 避 け る と と も に , 当 事 者 の 負 担 を 軽 減 さ せ る 等 の 訴 訟 経 済 の 観 点 か ら , 一 定 の 場 合 に 日 本 の 訴 訟 手 続 を 中 止 又 は 却 下 す べ き だ と の 議 論 が 提 起 さ れ た が , 法 制 審 議 会 に お け る 審 議 の 結 果 2 ) , 特 段 の 規 定 を 設 け な い こ と と さ れ , こ の 問 題 は 裁 判 所 の 解 釈 運 用 に 委 ね ら れ る こ と と な っ た 。 日 本 の 裁 判 所 が 管 轄 権 を 有 す る こ と と な る 場 合 で も 「 事 案 の 性 質 , 応 訴 に よ る 被 告 の 負 担 の 程 度 , 証 拠 の 所 在 地 そ の 他 の 事 情 を 考 慮 し て , 日 本 の 裁 判 所 が 審 理 及 び 裁 判 を す る こ と が 当 事 者 間 の 衡 平 を 害 し , 又 は 適 正 か っ 迅 速 な 審 理 の 実 現 を 妨 げ る こ と と な る 特 別 の 事 情 が あ る と 認 め る と き は , そ の 訴 え の 全 部 又 は 一 部 を 却 下 す 国 際 訴 訟 競 合 と 特 別 の 事 情 小 川 治 彦 ) ( ① 判 決 被 告 代 理 人 ) 1 ) そ の 基 本 的 な 枠 組 み に つ い て は , 佐 藤 達 文 = 小 林 康 彦 編 著 「 一 問 一 答 平 成 23 年 民 事 訴 訟 法 等 改 正 』 ( 商 事 法 務 , 2012 年 ) 参 照 。 104 [ Jurist ] October 2016 / Number 1498 る こ と が で き る 」 と す る 規 定 が 改 正 民 訴 法 3 条 の 9 に 置 か れ た が , 国 際 訴 訟 競 合 に つ い て は , 外 国 に お け る 訴 訟 係 属 が 同 条 で 言 う 「 特 別 の 事 情 」 と し て , 考 慮 事 項 と な る か ど う か が 解 釈 論 上 問 題 と な る 。 Ⅱ . ① 判 決 の 事 案 の 概 要 本 件 は , パ チ ン コ 遊 技 機 の 販 売 等 を 主 た る 業 務 と す る 日 本 法 人 で あ る XI, そ の 取 締 役 会 長 で あ る X2, そ し て , XI の 子 会 社 で , YI の 発 行 済 株 式 総 数 の 約 20 % を 保 有 す る X3 等 が , カ ジ ノ 運 営 を 主 た る 業 務 と す る 米 国 ネ バ ダ 州 法 人 で あ る YI が イ ン タ ー ネ ッ ト 上 の ウ エ プ サ イ ト に 掲 載 し た 記 事 に よ っ て 名 誉 及 び 信 用 を 毀 損 さ れ た な ど と 主 張 し て , YI 及 び そ の 取 締 役 会 会 長 兼 最 高 経 営 責 任 者 で あ る Y2 外 11 名 を 被 告 と し て , 不 法 行 為 に 基 づ い て 合 計 し て 112 億 円 に 及 ぶ 損 害 賠 償 を 請 求 し た 事 案 で あ る 。 ネ バ ダ 州 法 上 , 賭 博 に 関 す る ゲ ー ミ ン グ 免 許 の 取 得 者 は , 犯 罪 に 関 与 し て い る な ど 不 適 格 で あ る と 規 制 当 局 に 認 定 さ れ る と , 当 該 免 許 を 剥 奪 さ れ る こ と が あ る た め , YI の 定 款 に は , 取 締 役 会 が ゲ ー ミ ン グ 免 許 の 維 持 を 脅 か す 可 能 性 が あ る 者 と し て 不 適 格 と 判 断 し た 株 主 の 株 式 を 強 制 的 に 償 還 す る 旨 の 規 定 が あ る 。 YI の コ ン プ ラ イ ア ン ス 委 員 会 は , 平 成 23 ( 2011 ) 年 に 米 国 の 法 律 事 務 所 に が YI の ゲ ー ミ ン グ 免 許 の 維 持 を 脅 か す こ と と な り 得 る 行 為 に 関 与 し た 可 能 性 を 示 す 証 拠 が 存 在 す る か ど う か な ど を 調 査 さ せ た と こ ろ , 平 成 24 ( 2012 ) 年 2 月 18 日 に 同 法 律 事 務 所 か ら , X2 及 び そ の 関 係 者 が , フ ィ リ ピ ン 等 で ゲ ー ミ ン グ 事 業 の 監 督 等 を 行 う 立 場 に あ っ た 政 府 職 員 等 に 賄 賂 を 供 与 す る な ど , 米 国 の 海 外 腐 敗 行 為 防 止 法 に 違 反 す る 行 為 を 繰 り 返 し て き た と み ら れ る こ と 等 を 記 載 し た 報 告 書 が 提 出 さ れ た 。 YI の 2 ) 議 論 の 詳 細 に つ い て は , 佐 藤 = 小 林 編 著 ・ 前 掲 注 1 ) 176 頁 ~ 177 頁 参 照 。

ジュリスト 2016年10月号


て 非 識 別 加 工 情 報 を 作 成 す る こ と が で き る こ と で あ る 。 す な わ ち , 行 政 機 関 の 人 員 ・ 予 算 の 制 約 等 の た め に , 行 政 機 関 の 本 来 の 業 務 の 適 正 か つ 円 滑 な 運 営 に 支 障 が 生 ず る こ と を 避 け る た め の 要 件 で あ る 。 具 体 的 に は , マ ニ ュ ア ル 処 理 フ ァ イ ル で あ っ て 非 識 別 加 工 に 膨 大 な 作 業 が 必 要 な 場 合 , 非 識 別 加 工 を 行 う た め に 情 報 シ ス テ ム の 運 用 を 停 止 す る 必 要 が あ り , 個 人 情 報 を 検 索 す る 業 務 等 の 継 続 に 支 障 を 生 ず る お そ れ が あ る 場 合 , 年 金 給 付 シ ス テ ム の よ う に シ ス テ ム が 独 立 し て お り , シ ス テ ム 外 へ の 持 出 し を 制 限 す る 仕 様 に な っ て い る 場 合 等 が 考 え ら れ る 。 ( 3 ) 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 提 供 の 仕 組 み ① 提 案 の 募 集 に 関 す る 事 項 の 個 人 情 報 フ ァ イ ル 簿 へ の 記 載 民 間 の ニ ー ズ を 把 握 し な い ま ま に 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を 作 成 し て も , 民 間 の ニ ー ズ と 合 致 せ ず , 利 用 さ れ な い お そ れ が あ る 。 そ こ で , 民 間 事 業 者 か ら 提 案 を 募 集 す る 方 式 が 採 用 さ れ て い る 。 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を 事 業 の 用 に 供 し よ う と す る 者 が , 提 案 を 募 集 す る 個 人 情 報 フ ァ イ ル を 認 識 し て , 提 案 を 行 う た め の 準 備 を 行 う こ と を 可 能 に す る た め に は , 提 案 を 募 集 す る 旨 が 公 表 さ れ て い る 必 要 が あ る 。 ま た , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 作 成 お よ び 提 供 に つ い て は , 国 民 に 対 す る 透 明 性 を 確 保 す る こ と が 必 要 で あ る 。 そ こ で , 国 民 に 公 表 さ れ て い る 個 人 情 報 フ ァ イ ル 簿 に , ( i ) 提 案 を 募 集 す る 個 人 情 報 フ ァ イ ル で あ る 旨 , ( ⅱ ) 提 案 を 受 け る 組 織 の 名 称 お よ び 所 在 地 , ( ⅲ ) 行 政 機 関 情 報 公 開 法 13 条 1 項 ま た は 2 項 の 規 定 に よ り 意 見 書 の 提 出 の 機 会 を 与 え る 場 合 に は , そ の 旨 を 記 載 し な け れ ば な ら な い と さ れ て い る 。 ② 提 案 の 募 集 行 政 機 関 の 長 は , 定 期 的 に , 当 該 行 政 機 関 が 保 有 し て い る 個 人 情 報 フ ァ イ ル ( 個 人 情 報 フ ァ イ ル 簿 に 提 案 の 募 集 を す る 個 人 情 報 フ ァ イ ル で あ る 旨 の 記 載 が あ る も の に 限 る ) に つ い て 提 案 を 募 集 す る 。 ③ 提 案 募 集 に 応 じ て 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 を そ の 80 [ Jurist ] October 2016 / Number 1498 事 業 の 用 に 供 す る 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 取 扱 事 業 者 に な ろ う と す る 者 は , 行 政 機 関 の 長 に 対 し , 当 該 事 業 に 関 す る 提 案 を す る こ と が で き る 。 個 人 の 権 利 利 益 を 保 護 す る た め , 提 案 を 行 う 者 に つ い て は 欠 格 事 由 が 定 め ら れ て お り , そ の い ず れ か に 該 当 す る 者 は , 提 案 を す る こ と が で き な い 。 ④ 提 案 の 審 査 お よ び 第 三 者 に 対 す る 意 見 書 提 出 の 機 会 の 付 与 行 政 機 関 の 長 は , 提 案 の 審 査 を し た 結 果 , 提 案 が 審 査 の 基 準 の い ず れ か に 適 合 し な い と 認 め る と き は , 当 該 提 案 を し た 者 に 対 し , 理 由 を 付 し て , そ の 旨 を 通 知 す る 。 第 三 者 の 権 利 利 益 を 適 正 に 保 護 す る た め に , 個 人 情 報 フ ァ イ ル 簿 に 意 見 書 の 提 出 の 機 会 が 与 え ら れ る 旨 の 記 載 が あ る 個 人 情 報 フ ァ イ ル に 係 る 提 案 に つ い て は , 当 該 提 案 を 当 該 提 案 に 係 る 個 人 情 報 フ ァ イ ル を 構 成 す る 保 有 個 人 情 報 が 記 録 さ れ て い る 行 政 文 書 の 開 示 請 求 と , 契 約 を 締 結 す る こ と が で き る 旨 の 通 知 を 当 該 行 政 文 書 の 全 部 ま た は 一 部 を 開 示 す る 旨 の 決 定 と み な し て , 行 政 機 関 情 報 公 開 法 13 条 1 項 お よ び 2 項 の 規 定 を 準 用 す る こ と と さ れ て い る 。 そ し て , 意 見 書 の 提 出 の 機 会 を 与 え ら れ た 第 三 者 が 提 案 に 係 る 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 作 成 に 反 対 の 意 思 を 表 示 し た と き は , 当 該 提 案 に 係 る 個 人 情 報 フ ァ イ ル か ら 当 該 第 三 者 を 本 人 と す る 保 有 個 人 情 報 を 除 い た 部 分 を 当 該 提 案 に 係 る 個 人 情 報 フ ァ イ ル と み な す こ と と さ れ て い る 。 反 対 の 意 思 を 表 示 し う る の は , 自 己 を 本 人 と す る 保 有 個 人 情 報 に つ い て の み で あ る 。 反 対 の 意 思 を 表 示 し た 者 を 本 人 と す る 保 有 個 人 情 報 を 除 い て も , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 適 正 か つ 効 果 的 な 活 用 に 支 障 を 生 ず る こ と は な い と 考 え ら れ る た め , 国 民 の 不 安 を 解 消 し , 行 政 に 対 す る 国 民 の 信 頼 を 確 保 す る こ と を 重 視 し た 立 法 政 策 が と ら れ た と い え る 。 ⑤ 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 利 用 に 関 す る 契 約 の 締 結 契 約 を 締 結 す る こ と が で き る 旨 の 通 知 を 受 け た 者 は , 行 政 機 関 の 長 と の 間 で , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 利 用 に 関 す る 契 約 を 締 結 す る こ と

ジュリスト 2016年10月号


法 律 学 小 辞 典 円 呈 円 薫 円 7 円 呈 円 円 旧 0 目 ハ 田 5 0 0 録 ・ 政 8 2 6 鎌 追 5 ☆ 2 抜 税 会 版 格 会 六 斜 法 験 六 価 員 新 委 表 、 = 、 ハ 試 六 修 範 最 編 呈 可 , 一 員 修 育 集 畄 日 範 利 務 。 教 「 4 9 3 2 〔 編 修 代 表 〕 位 田 隆 一 ・ 最 上 敏 樹 3 コ ン サ イ ス 条 約 集 第 2 版 1 IOOO 円 3 大 林 啓 吾 ・ 見 平 典 〔 編 著 〕 3 、 200 円 憲 法 用 語 の 源 泉 を よ む 2 。 16 全 国 憲 法 研 究 会 〔 編 〕 2 、 600 円 憲 法 間 題 姉 崎 洋 一 ・ 荒 牧 重 人 ほ か 〔 編 〕 2 、 800 円 ガ イ ド ブ ッ ク 教 育 法 新 訂 版 田 ( は じ め て の 憲 法 学 第 3 版 中 村 睦 男 〔 編 著 〕 2 、 68 円 畠 山 武 道 ・ 下 井 康 史 〔 編 著 〕 3 、 300 円 は じ め て の 行 政 法 第 。 版 吉 田 利 宏 〔 著 〕 2 、 000 円 丙 ジ 噺 東 〔 「 地 方 議 会 の ズ レ の 構 造 8 」 」 こ れ ま で と こ れ か ら 4 、 OOO 円 0 滝 沢 聿 代 〔 著 〕 選 択 的 夫 婦 氏 堂 海 洋 カ ハ ナ ン ス の 国 際 法 翦 買 。 " 。 阜 杉 原 高 嶺 ・ 酒 井 啓 亘 〔 編 〕 2 、 NOO 円 省 国 際 法 基 本 判 例 第 贔 三 省 堂 編 修 所 〔 編 〕 1 、 CDOO 円 三 デ ィ リ ー 法 学 用 語 辞 典 1 0 月 刊 定 評 あ る 法 律 辞 典 の 最 高 峰 ・ 好 評 * 発 売 中 ・ 編 集 代 表 = 高 橋 和 之 ・ 伊 藤 眞 ・ 小 早 川 光 郎 ・ 能 見 善 久 ・ 山 口 厚 四 六 判 上 製 箱 入 ・ 1,520 頁 ・ 4 , 500 円 十 税 978-4-641-00029-2 最 高 の 編 集 ・ 執 筆 陣 に よ る 信 頼 と 充 実 の 辞 典 。 学 習 ・ 実 務 に 必 要 な 概 念 ・ 用 語 等 を 網 羅 。 最 新 の 内 容 を 平 易 に 読 み や す く 解 説 。 ① す べ て の 法 分 野 か ら 約 8600 項 目 を 精 選 。 解 説 の 根 拠 と な る 法 令 ・ 判 例 ・ 学 説 を 豊 富 に 引 用 。 学 習 に , 実 務 に , 資 格 試 験 に , 基 本 の 学 習 か ら 総 合 的 理 解 ま で , 広 く 利 用 で き る 。 ② 目 的 の 項 目 に 素 早 く ア ク セ ス し , ま た 関 連 項 目 も 引 け る よ う リ フ ァ レ ン ス 機 能 が 充 実 。 さ ら に 項 目 解 説 中 の キ ー ワ ー ド か ら も 引 け る 「 総 合 索 引 」 の ほ か , 「 判 例 年 月 日 索 引 」 「 外 国 人 名 索 引 」 も 掲 載 。 3 条 文 理 解 の 基 礎 と な る 「 基 本 法 令 用 語 」 を 巻 末 に 収 録 。 「 及 び ・ 定 評 あ る 並 び に 」 「 施 行 ・ 適 用 」 の 区 別 , 「 当 分 の 間 」 「 限 り 」 「 認 め る 」 の 法 律 辞 典 の 意 味 等 を , 多 数 の 用 例 を 示 し て 解 説 。 取 高 烽 ④ 最 新 の 主 要 法 改 正 情 報 を 有 斐 閣 ウ エ プ サ イ ト に て 公 開 。 〒 101-0051 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 2-17 http:〃www.yuhikaku.co.jp/ TeI : 03-3265-6811 ( 表 示 価 格 は 税 別 。 消 費 税 込 み の 金 額 が 定 価 で す ) 法 律 学 小 辞 典 5 事 学 第 を 第 1 物 -1 ・ ハ 1 物 ー ・ を 有 斐 閣 匯

ジュリスト 2016年10月号


⑩ 従 事 者 の 義 務 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 等 の 取 扱 い に 従 事 す る 行 政 機 関 の 職 員 も し く は 職 員 で あ っ た 者 ま た は 受 託 業 務 に 従 事 し て い る 者 も し く は 従 事 し て い た 者 は , そ の 業 務 に 関 し て 知 り え た 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 等 の 内 容 を み だ り に 他 人 に 知 ら せ , ま た は 不 当 な 目 的 に 利 用 し て は な ら な い 。 ⑩ 提 案 を し よ う と す る 者 に 対 す る 情 報 の 提 供 等 行 政 機 関 の 長 は , 提 案 を し よ う と す る 者 が 容 易 か っ 的 確 に 当 該 提 案 を す る こ と が で き る よ う , 当 該 提 案 に 資 す る 情 報 の 提 供 そ の 他 当 該 提 案 を し よ う と す る 者 の 利 便 を 考 慮 し た 適 切 な 措 置 を 講 ず る 義 務 を 負 い , 個 人 情 報 保 護 委 員 会 は , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 提 供 の 円 滑 な 運 用 を 確 保 す る た め , 総 合 的 な 案 内 所 を 整 備 す る も の と さ れ て い る 。 ⑩ 本 人 開 示 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 は , 保 有 個 人 情 報 に 該 当 す る も の の , 保 有 個 人 情 報 の 本 人 を 含 め た 一 般 の 者 が 特 定 の 個 人 を 識 別 す る こ と は で き な い の で , 行 政 機 関 個 人 情 報 保 護 法 に 基 づ く 本 人 開 示 請 求 の 対 象 と す る こ と は 事 務 処 理 上 困 難 で あ り , か っ , 本 人 開 示 請 求 を 認 め る 実 益 も 乏 し い こ と か ら , 本 人 開 示 請 求 の 対 象 外 と さ れ て い る 。 ⑩ 個 人 情 報 保 護 委 員 会 に よ る 監 視 ま た は 監 督 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 は , 官 民 間 で 流 通 す る も の で あ り , 民 間 の 匿 名 加 工 情 報 取 扱 事 業 者 を 監 督 す る 個 人 情 報 保 護 委 員 会 が 一 元 的 に 監 督 を 行 う こ と が 合 理 的 で あ り , 平 成 27 年 法 律 第 65 号 附 則 12 条 1 項 に お い て も , 「 行 政 機 関 等 匿 名 加 工 情 報 の 取 扱 い に 対 す る 指 導 , 助 言 等 を 統 一 的 か っ 横 断 的 に 個 人 情 報 保 護 委 員 会 に 行 わ せ る こ と を 含 め て 検 討 を 加 え , そ の 結 果 に 基 づ い て 所 要 の 措 置 を 講 ず る も の と す る 」 と 規 定 さ れ て い る 趣 旨 に も 適 合 す る 。 そ こ で , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 に つ い て は , 個 人 情 報 保 護 委 員 会 が 加 工 基 準 を 定 め , 監 視 ま た は 監 督 も 個 人 情 報 保 護 委 員 会 が 一 元 的 に 行 う こ と と さ れ た 。 82 [ Jurist ] October 2016 / Number 1498 個 人 情 報 保 護 委 員 会 は , 行 政 機 関 の 長 に 対 し , 施 行 状 況 調 査 の ほ か , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 取 扱 い に 関 す る 事 務 の 実 施 状 況 に つ い て , 資 料 の 提 出 お よ び 説 明 を 求 め , ま た は そ の 職 員 に 実 地 調 査 を さ せ る こ と が で き る 。 内 閣 府 の 外 局 で あ る 個 人 情 報 保 護 委 員 会 が 公 権 力 の 行 使 と し て の 性 格 を 有 す る 立 入 検 査 を 行 政 機 関 に 対 し て 行 う こ と に つ い て は 原 則 と し て は 謙 抑 的 で あ る べ き と 考 え ら れ , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 取 扱 い に つ い て は , 間 接 強 制 と し て の 立 入 検 査 で は な く , 罰 則 に よ る 担 保 の な い 実 地 調 査 を 認 め る こ と と さ れ た 。 ま た , 個 人 情 報 保 護 委 員 会 は , 行 政 機 関 非 識 別 加 工 情 報 の 取 扱 い に つ い て , 行 政 機 関 の 長 に 対 し て 指 導 ・ 助 言 ・ 勧 告 を 行 う 権 限 も 有 す る 。 2. そ の 他 の 改 正 平 成 27 年 法 律 第 65 号 に よ る 個 人 情 報 保 護 法 の 改 正 と 平 仄 を 合 わ せ , 「 個 人 情 報 の 適 正 か っ 効 果 的 な 活 用 が 新 た な 産 業 の 創 出 並 び に 活 力 あ る 経 済 社 会 及 び 豊 か な 国 民 生 活 の 実 現 に 資 す る も の で あ る こ と そ の 他 の 個 人 情 報 の 有 用 性 に 配 慮 」 す る 部 分 が , 目 的 規 定 に 追 加 さ れ る と と も に , 個 人 識 別 符 号 概 念 , 要 配 慮 個 人 情 報 の 概 念 が 導 入 さ れ , 記 録 情 報 に 要 配 慮 個 人 情 報 が 含 ま れ る こ と を 総 務 大 臣 に 通 知 し , 個 人 情 報 フ ァ イ ル 簿 に 要 配 慮 個 人 情 報 が 含 ま れ る 旨 を 記 載 す る こ と と さ れ た 。 Ⅲ . 意 義 2007 年 の 統 計 法 全 部 改 正 に よ り , 「 行 政 の た め の 統 計 」 か ら 「 社 会 の 情 報 基 盤 と し て の 統 計 」 へ の パ ラ ダ イ ム ・ シ フ ト を 図 り , 統 計 情 報 の 有 効 活 用 を 推 進 す る た め に , オ ー ダ ー メ ー ド 集 計 や 匿 名 デ ー タ の 提 供 と い う 2 次 的 利 用 の 制 度 が 整 備 さ れ , 2016 年 2 月 の 統 計 法 施 行 規 則 改 正 に よ り , 学 術 研 究 を 直 接 の 目 的 と は せ ず , 営 利 企 業 が 通 常 の 企 業 活 動 の 一 環 と し て 研 究 を 行 う 場 合 で あ っ て も , 学 術 研 究 の 発 展 に 資 す る と 認 め ら れ る 研 究 で あ れ ば , オ ー ダ ー メ ー ド 集 計 を 認 め る こ と と さ れ た が , 行 政 機 関 が 保 有 す

ジュリスト 2016年10月号


、 ~ 、 、 。 有 斐 閣 〒 101 ー 開 51 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 2 ー 17 TeI : 03 一 3265 ー 6811 http:〃www.yuhikaku.co.jp/ ※ 表 示 価 格 は 税 別 。 消 費 税 込 み の 金 額 が 定 価 で す 。 ハ ン デ ィ 六 法 の ト ッ プ セ ラ ー 民 法 ( 家 族 法 レ 刑 訴 法 最 新 改 正 織 り 込 み ! ポ ケ ッ ト 六 法 平 成 29 年 版 や ま し た と も の ぶ や ま ぐ ち あ っ し 編 集 代 表 山 下 友 信 ・ 山 口 厚 同 志 社 大 学 教 授 早 稲 田 大 学 教 授 * 収 録 法 令 202 件 B 6 変 型 判 並 製 箱 入 1 , 998 頁 ・ 1 852 円 十 税 978 ー 4 ー 641 ー 00917 ー 2 * 法 学 の 講 義 か ら 日 常 実 務 ま で 必 要 な 基 本 法 令 を も れ な く 収 録 * 最 新 の 改 正 条 に 傍 線 付 加 * 重 要 法 令 は 大 文 字 ・ 理 解 を 深 め る 参 照 条 文 ・ 便 利 な 事 項 索 引 付 き * メ ー ル サ ー ビ ス へ の 登 録 で , 刊 行 後 の 改 正 情 報 を 配 信 * 丈 夫 で 開 き や す い し な や か な 造 本 * こ 希 望 の 方 に 小 冊 子 六 法 の 使 い 方 ・ 読 み 方 』 を 贈 呈 《 平 成 29 年 版 の 特 色 》 ◇ 民 法 ( 家 族 法 ) ・ 刑 事 訴 訟 法 最 新 改 正 織 込 み ◇ 民 法 ( 債 権 法 ) 改 正 法 案 織 込 み ・ 参 照 条 文 対 応 別 冊 付 き ◇ 参 照 条 文 ・ 事 項 索 引 等 充 実 し た 編 集 内 容 く 新 収 録 法 令 〉 ヘ イ ト ス ピ ー チ 対 策 法 , 犯 罪 被 害 者 等 基 本 法 , 更 生 保 護 法 く 主 な 改 正 〉 行 政 個 人 情 報 保 護 法 , 公 職 選 挙 法 , 地 方 自 治 法 , 民 法 , 消 費 者 契 約 法 , 会 社 法 施 行 規 則 , 家 事 事 件 手 続 法 , 刑 法 , 刑 事 訴 訟 法 , 育 児 介 護 休 業 法 , 児 童 福 祉 法 , 特 定 商 取 引 法 等 ・ 出 版 案 内 ・ ・ 好 評 * 発 売 中 ・ 有 斐 閣 ポ ケ ッ ト 六 法 29 編 第 代 * 山 下 友 情 山 0 厚 民 法 ・ 刑 訴 法 重 要 改 正 必 要 十 分 な 法 今 数 202 件 を 収 録 早 は 26 年 0 用 日 の 載 ・ 内 定 価 : 本 41.8 円 ト 民 法 、 ・ 物 一 改 正 案 織 込 み 有 斐 閣 978 ー 4 ー 641 ー 12554 ー 4 法 制 執 務 用 語 研 究 会 / 著 四 六 判 並 製 1 64 頁 ・ 800 円 + 税 六 法 の , 最 強 " ノ ヾ ッ テ リ ー 法 律 ( 条 文 ) の 構 造 や 成 り 立 ち , 頻 出 の 基 本 用 語 ( 法 制 執 務 用 語 ) の 意 味 や 違 い が し つ か り つ か め る , 法 学 部 生 を は じ め 六 法 を 手 に と る 人 の た め の 必 携 パ イ プ ル 。 士 冗 一 一 三 ロ

ジュリスト 2016年10月号


、 。 。 、 。 有 斐 閣 〒 10 ト 851 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 2 ー 17 TeI : 03 ー 3265 ー 6811 / Fax : 03 ー 3262 ー 8035 ( 営 業 部 ) ※ 表 示 価 格 は 税 別 で す 。 ・ 出 版 案 内 ・ http:〃www.yuhikaku.co.jp/ 『 実 務 に 効 く 判 例 精 選 』 シ リ ー ズ 第 9 弾 ! き め だ ひ ろ し さ え き ひ と し 木 目 田 裕 ・ 佐 伯 仁 志 編 弁 護 士 ( 西 村 あ さ ひ 法 律 事 務 所 ) ・ 東 京 大 学 教 授 ( 発 売 中 ) 実 務 に 効 く 企 業 犯 罪 と コ ン プ ラ イ ア ン ス 判 例 精 選 ジ ュ リ ス ト 増 刊 B5 判 並 製 252 頁 ・ 2 , 667 円 + 税 978 ー 4-641 ー 21509 ー 2 企 業 犯 罪 と そ れ に 伴 う 「 刑 事 罰 」 は , 企 業 法 務 に お い て 最 大 の リ ス ク で あ り , コ ン プ ラ イ ア ン ス の 核 で も あ る 。 本 書 で は , ど の よ う な 経 済 活 動 や 行 為 が 罰 せ ら れ る の か , 発 覚 後 の 対 応 で の 留 意 点 , 予 防 体 制 の 構 築 , と い っ た 観 点 か ら , 重 要 な 判 例 や 海 外 に お け る 日 本 企 業 へ の 制 裁 事 例 を 取 り 上 げ , コ ン プ ラ イ ア ン ス 実 務 に 効 く 解 説 を 行 う 。 第 1 章 企 業 犯 罪 総 論 目 次 1 法 人 処 罰 の 考 え 方 ( 熊 田 彰 英 ) 2 捜 査 ・ 犯 則 調 査 と 企 業 の 対 応 ( 梅 林 啓 ) 3 第 三 者 委 員 会 に よ る 不 正 調 査 14 15 16 17 18 19 相 場 操 縦 の 成 立 要 件 ( 渋 谷 武 宏 ) 適 時 開 示 ・ 増 資 と 偽 計 ・ 風 説 の 流 布 ( 渋 谷 卓 司 ) イ ン サ イ ダ ー 取 引 に お け る 決 定 事 実 ( 垰 尚 義 ) イ ン サ イ ダ ー 取 引 に お け る バ ス ケ ッ 第 2 章 会 社 犯 罪 ( 小 林 英 明 ) ( 松 下 憲 ) ト 条 項 ( 戸 嶋 浩 二 ) 4 5 6 7 8 9 10 買 収 防 衛 と 刑 罰 不 良 貸 付 と ( 特 別 ) 背 任 ( 森 川 久 範 ) ( 特 別 ) 背 任 罪 の 共 犯 と 取 引 相 手 方 ( 小 林 隆 一 ) ( 特 別 ) 背 任 罪 の 成 立 が 否 定 さ れ た イ ン サ イ ダ ー 取 引 防 止 の た め の コ ン プ ラ イ ア ン ス 体 制 と 情 報 管 理 マ ネ ー ・ ロ ー ン ダ リ ン グ , テ ロ 資 金 授 受 , OFAC 規 制 ( 江 平 享 = 藤 田 知 也 ) ( 滝 琢 磨 ) 事 例 ( 奥 田 洋 一 ) 増 資 と 見 せ 金 ・ 預 合 罪 ( 入 谷 淳 ) 株 主 の 権 利 行 使 に 係 る 利 益 供 与 罪 ( 松 村 卓 治 ) 反 社 会 的 勢 力 へ の 対 応 ( 結 城 大 輔 ) 第 5 章 経 済 ・ 財 政 法 違 反 の 罪 20 独 禁 法 の 不 当 な 取 引 制 限 の 罪 21 租 税 犯 罪 ( 井 本 吉 俊 ) ( 葉 玉 匡 美 ) 第 3 章 汚 職 の 罪 11 政 治 家 ・ 公 務 員 等 と の 対 応 上 の 留 意 第 6 章 秘 密 ・ 情 報 , 消 費 者 , 環 境 に 係 る 点 12 外 国 公 務 員 等 贈 賄 第 4 章 金 融 ・ 証 券 犯 罪 13 不 正 会 計 ( 甲 斐 淑 浩 ) ( 森 本 大 介 ) ( 柴 田 義 人 ) 22 23 24 25 罪 営 業 秘 密 の 侵 害 個 人 情 報 保 護 製 品 ・ 食 品 の 安 全 環 境 犯 罪 ( 田 中 浩 之 ) ( 柴 野 相 雄 ) ( 辺 誠 祐 ) ( 平 尾 覚 )