検索 - みる会図書館

検索対象: 週刊東洋経済 2016 12.10

週刊東洋経済 2016 12.10から 121件ヒットしました。

週刊東洋経済 2016 12.10


特 集 / 情 報 の 裏 側 第 望 第 第 第 第 第 爆 当 第 一 第 第 第 第 滝 第 第 新 第 第 ■ 宿 第 第 第 一 第 新 新 第 第 ・ 要 第 第 物 第 ・ ・ ■ 第 第 一 物 物 要 「 再 画 出 当 - 」 図 書 第 測 ・ 図 書 館 情 報 学 寺 攻 者 必 第 図 書 館 情 報 学 川 語 辞 典 ノ 第 4 版 公 開 ! 工 ・ を 学 ・ ・ 0 な ど を L 、 を 宿 第 . 第 」 ロ を 第 は ・ の 第 、 強 ′ ′ , 第 第 な ー ・ に ・ い . ・ ・ を ・ を 第 ′ 、 第 一 第 こ を 一 し 第 ・ 40 を 置 し 一 し を . 住 評 し 、 こ ら ネ ッ ト は 初 級 者 と 上 級 者 向 け 厳 選 オ ス ス メ サ イ ト ) よ く あ る 1 日 の 一 。 ス ケ ジ ュ ー ル 起 床 。 歯 磨 き な ど 1 時 間 で 新 聞 チ ェ ッ ク 時 5 ( 電 子 版 8 紙 ) ー 時 自 宅 で 原 稿 執 筆 ( 朝 は 能 率 が い い ) 近 所 の 仕 事 場 へ 移 動 執 筆 を 続 け る 昼 食 後 打 ち 合 わ せ や 午 読 書 、 執 筆 な ど 夕 食 夜 読 書 ( 毎 日 4 時 間 は 時 間 を 確 保 ) 締 め 切 り に よ っ て 原 稿 執 筆 就 寝 ( 355 時 間 ほ ど ) JapanKnowledge ず 第 れ ′ 、 一 ツ メ 0 , 題 ら ド 移 し 、 い つ で も 読 め る 状 態 に し て お 法 け イ 用 に 災 関 心 領 域 を 広 げ る た め の 情 報 源 で る 活 箱 低 ~ あ り 、 「 娯 楽 」 で も あ る メ デ ィ ア が 、 ん を ミ 最 雑 誌 だ 。 ・ 1 を 利 用 す る よ う に ト コ は な っ て 以 来 、 雑 誌 の 定 額 読 み 放 題 サ 1 ビ ス 「 マ ガ ジ ン 」 を 愛 用 し て い を ノ ド 青 る 。 す き 間 時 間 を 活 用 し て 眺 め る こ 知 一 ウ ノ 一 フ ッ と が 多 い 。 「 じ っ く り 一 冊 を 読 み 込 ェ ク ネ ま な く て も 、 マ ガ ジ ン に 並 ぶ 雑 誌 2 3 の 表 紙 を 眺 め る だ け で 、 す ) 」 〔 量 の 情 報 を 得 ら れ る 。 時 代 の ト レ ン ド が わ か り 、 書 店 の 棚 を 眺 め る 代 わ り に な る 」 ( 佐 藤 氏 ) 。 デ ジ タ ル ツ ー ル を 駆 使 し 、 紙 と デ ジ タ ル の 情 報 源 を 自 在 に 航 海 す る 佐 藤 氏 。 検 索 結 果 や プ ロ グ の よ う な 、 ネ ッ ト の 情 報 は ど 、 つ と ら え る の か 「 必 要 に 迫 ら れ な い か ぎ り ネ ッ ト 情 報 は 見 な い 」 と 佐 藤 氏 は 断 言 す る 。 ネ ッ ト に は 未 編 集 で 玉 石 混 淆 の 情 報 が あ ふ れ る 。 そ こ か ら 玉 の 情 報 だ け を 選 ぶ の は 、 実 は か な り の 知 識 を 要 す る 。 こ う し た 観 点 か ら 、 グ 1 一 グ ル 検 索 は 非 効 率 と い う の が 佐 藤 氏 2 の 持 論 で あ る 。 ・ 6 原 稿 の 執 筆 時 に も 、 あ え て ネ ッ ト 0 に つ な が ら な い デ ジ タ ル メ モ 帳 「 ポ 斉 経 メ ラ 」 を 愛 用 。 最 低 限 の 情 報 を •- で 調 べ る 程 度 だ 。 ネ ッ ト 断 ち す 凍 る こ と で イ ン ブ ッ ト と ア ウ ト ブ ッ ト 週 の 効 率 を 高 め る 。 こ れ も 佐 藤 流 情 報 術 の 極 意 な の で あ る 。 ロ グ イ ン す る 上 を 0 用 ・ を 残 . レ ′ ′ て ′ 一 ′ ス を 物 麸 を 一 す . あ ・ ・ コ : マ 物 第 よ 0 、 0 す ・ ・ 0 パ ス ワ を 一 れ の 物 を お 違 紹 介 キ ャ ン ペ ー ン ! 情 報 の 信 頼 性 が 高 い 会 員 制 ネ ッ ト 百 科 事 典 が 悪 い こ と だ 。 こ れ は 国 青 勢 を 読 み 解 ン タ ー ネ ッ ト は 初 級 者 と 上 級 者 向 イ く 際 と 同 様 だ 。 国 際 情 勢 を 見 通 す の に 必 け の メ デ ィ ア だ 。 初 級 者 と い う の 要 と さ れ る の は 、 ほ と ん ど が 公 開 情 報 だ は グ ー グ ル の 検 索 結 果 に 満 足 す る 人 。 が 、 国 家 の 機 密 情 報 に 触 れ た こ と が あ る の 層 は 関 心 が あ る 分 野 に は 詳 し く な る 人 に し か 読 み 解 け な い 。 が 、 そ れ 以 外 の 知 識 は 乏 し く 視 野 か 峡 く な る 。 上 級 者 と い う の は 堀 江 貴 文 さ ん の 身 銭 を 切 る べ し よ う な 、 必 要 な 情 報 の 取 り 方 を 知 っ て い 中 級 者 は ネ ッ ト 断 ち の 時 間 を 設 け 、 編 る 人 だ 。 集 権 力 当 動 い て い る 新 聞 や 雑 誌 で 情 報 の 読 ネ ッ ト の 問 題 は 、 基 本 的 に 編 集 機 能 が み 方 を 訓 練 し た ほ う が い い 。 お カ ネ が か 働 い て お ら ず 、 一 般 人 に と っ て 実 は 効 率 か る が 、 知 識 と い う の は 身 銭 を 切 ら な け れ ば っ き に く い も の だ 。 ネ ッ ト に も 信 頼 で き る 情 報 は あ る 。 1 さ と う ・ ま さ る ・ 作 家 、 元 外 務 省 主 任 分 析 官 。 次 情 報 中 心 の 公 式 サ イ ト ( 右 写 真 ) は 基 1960 年 生 ま れ 、 同 志 社 礎 テ ー タ が 充 実 し て お り 役 立 つ 。 し か し 大 学 大 学 院 修 了 。 新 刊 に 池 上 彰 氏 と の 共 著 「 僕 1 次 情 報 は 読 み 解 く 能 力 が 必 要 な た め 、 = ら が 毎 日 や っ て い る 最 強 上 級 者 向 け だ 。 情 報 源 の 信 頼 性 は に ・ 一 - の 読 み 方 」 ( 小 社 刊 ) 。 よ っ て も 異 な る 。 ウ イ キ ペ デ ィ ア は 日 本 語 版 よ り ド イ ツ 語 版 の ほ う が 正 確 。 ド イ ツ で は 限 ら れ た 人 し か ウ イ キ に 書 き 込 ま な い か ら だ 。 国 民 性 の 違 い が 背 景 に あ る 。 ! 官 邸 ・ 坪 代 内 関 理 人 阜 ー 知 症 対 策 を 強 介 し た 改 - d こ 道 路 交 イ 第 : 物 い 月 一 田 ま ち ・ ひ と ・ し こ と 創 生 権 力 中 枢 の 動 き が わ か る が 高 い 読 解 能 力 が 必 要 1 3 3 0 外 務 省 物 藤 ′ F02 第 0 A ″ ー 02 ・ ” サ イ ス “ 国 ■ 事 す ′ 、 一 物 0 - 、 を 第 一 イ ト マ ソ プ ー リ ノ ? ー ー 外 物 省 に つ い て 一 会 見 ・ 発 表 ・ 広 報 外 交 鋼 ー 国 ・ 地 域 海 外 置 駅 ・ 第 在 、 印 読 ・ 手 き み 大 ・ に 1 ・ 三 第 と ア つ ン - ラ ン - ス ー 日 ・ マ レ - ! ・ ア ・ ・ い 日 ・ カ プ フ ス タ ン ・ い ー ク ロ ー ス ア ッ プ あ え て 見 る な ら こ う し た 公 式 サ イ ト の 1 次 情 報 4 冫 ハ し

週刊東洋経済 2016 12.10


週 刊 文 春 の 、 特 ダ ネ 発 掘 術 ! 報 ス テ と く ダ ネ / 一 で 人 気 の 取 得 も テ ン プ ル 大 卒 も で た ら り 強 く フ ァ ク ト を 追 え る チ 1 ム を ど 出 合 わ な か っ た 。 転 機 は 016 年 に 最 も 耳 目 を 集 め た 4 月 。 舛 添 氏 取 材 の 筆 頭 メ デ ィ ア と い え ば 、 間 違 い な う 組 織 す る か と い っ た 点 で 、 幅 広 い ビ ジ ネ ス パ 1 ソ ン に と っ て 、 も 参 老 ノ に 記 者 だ っ た 中 村 雄 亮 編 集 部 次 長 ( 左 金 曜 、 知 事 定 例 会 見 の 開 催 日 だ 。 資 く 週 刊 文 春 だ 。 タ レ ン ト の べ ッ キ 1 な る 。 ハ ー 写 真 下 ) が 会 食 の 席 で 、 都 庁 関 係 料 に よ れ ば 、 会 見 後 に 舛 添 氏 は 都 内 さ ん の 不 倫 ス キ ャ ン ダ ル ( 1 月 7 日 者 が 「 公 用 車 の 使 い 方 の ほ 、 つ が 外 遊 の 自 宅 を 経 て 湯 河 原 に 向 か う の が パ 発 売 号 ) を 皮 切 り に 、 甘 利 明 氏 の ロ 公 開 情 報 に こ そ よ り 間 題 だ 。 で も 調 べ る の は 難 し い タ 1 ン 。 中 村 氏 は 自 身 が 都 庁 出 口 で 利 き ・ 金 銭 授 受 疑 惑 、 舛 添 要 一 氏 の ス ク ー プ の カ ギ が あ る だ ろ う な 」 と ば そ っ と つ ぶ や い た の 待 ち 、 舛 添 氏 の 乗 っ た 公 用 車 の ナ ン 公 用 車 不 正 使 用 問 題 な ど 大 型 ス ク ー 1 を 控 え る と と も に 、 静 岡 に 出 張 プ を 連 発 。 そ の 威 力 を も っ て 「 文 春 「 特 別 な 情 報 提 供 が そ の ま ま ス ク を 聞 き 逃 さ な か っ た 。 1 プ に な る と 思 っ て い る 人 は 多 い 中 村 氏 は 翌 朝 に 都 庁 に 直 行 し 、 財 し て い た 別 の 記 者 や カ メ ラ マ ン も 湯 砲 」 と 称 さ れ て い る 。 こ れ ら の ス ク 1 プ が 掲 載 さ れ た 号 が 、 実 際 に は 公 開 情 報 に 無 数 の ヒ ン 務 局 車 両 課 に 情 報 公 開 請 求 を 申 請 。 河 原 に 急 き ょ 手 配 し て も ら い 、 ズ バ リ こ の 日 に 別 荘 に 入 る 公 用 車 を 捕 ま は 完 売 が 相 次 ぎ 、 雑 誌 市 場 が 袞 退 す ト が あ る 。 誰 で も 平 等 に 手 に 入 れ ら 対 象 は 舛 添 氏 本 人 と 特 別 秘 書 2 人 の え た 。 公 用 車 利 用 記 録 で 、 記 録 が 残 っ て い る 中 で 週 刊 文 春 の 販 売 部 数 は 今 年 上 れ る 公 開 情 報 を 軽 視 し て は い け な こ の ケ ー ス で は 情 報 公 開 請 求 に 基 い 」 。 そ う 新 谷 学 編 集 長 は 語 る 。 典 る 過 去 1 年 間 の す べ て の 資 料 を 請 求 期 ( 1 、 6 月 ) 、 前 半 期 比 % 増 と 田 し た 。 づ く 行 政 資 料 が 公 開 情 報 だ っ た が 、 い う 出 版 関 係 者 が 仰 天 、 い や 納 得 の 型 的 な ケ 1 ス が 、 舛 添 氏 の 公 用 車 卩 題 だ 約 川 日 後 に 開 示 さ れ た 膨 大 な 記 録 こ れ 以 外 に も 取 材 対 象 の 法 人 ・ 不 動 反 転 増 を 一 小 し た ( 左 ハ ー 図 ) 。 を す ぐ に 斜 め 読 み す る と 、 確 か に 頻 産 登 記 情 報 な ど を 日 常 的 に 取 得 し て 週 刊 文 春 の 数 々 の ス ク 1 プ は 、 一 舛 添 氏 徹 底 調 査 の 方 針 が 決 ま っ た い る 。 登 記 簿 は 法 務 局 の 管 理 下 だ 般 の 読 者 に と っ て 刺 激 的 な エ ン タ 1 3 月 上 旬 か ら 、 担 当 チ 1 ム の 4 人 は 繁 に 神 奈 川 県 湯 河 原 町 を 訪 れ て い テ ィ ン メ ン ト だ っ た だ け で は な い 。 る 。 た だ 記 録 に は 、 町 名 よ り 詳 細 な が 、 現 在 は イ ン タ 1 ネ ッ ト で も 身 分 都 庁 関 係 者 な ど 100 人 近 く を 取 材 価 値 あ る フ ァ ク ト に ど う 迫 る か 、 粘 し た が 、 当 初 は こ れ と い っ た 情 報 に 住 所 は な い 。 資 料 入 手 日 は ち ょ う ど 証 な し で 情 報 を 取 得 で き る 。 ビ ジ ネ ス に も 生 き る の 盟 し 知 危 49 が ス 8 先 万 は お を の 中 谷 紅 2016.12.10 週 刊 東 洋 経 済 68

週刊東洋経済 2016 12.10


特 集 / 情 報 の 裏 側 る 論 文 に 欠 か さ ず 目 を 通 し て い る 。 き る の か 、 真 剣 に 歴 史 を 調 べ よ う と フ ィ ル タ ー が か か っ て し ま 、 つ こ と 。 方 こ の 研 究 者 と し て 当 然 の 情 報 収 集 に い う 気 に な る 。 旅 先 に は 考 え る き っ そ の 点 、 新 聞 は 一 覧 性 が あ り 、 社 会 み 加 え 、 松 尾 氏 は つ ね に 、 が 社 会 か け が あ ふ れ て い る 」 ( 橘 氏 ) 。 で 起 こ っ て い る こ と が 幅 広 く わ か 読 の に ど 、 つ 浸 透 し 、 ど ん な 変 化 を も た ら る 」 と い う 。 購 読 し て い る の は 朝 日 海 外 投 資 に 関 す る 橘 氏 の 著 書 や コ 変 ラ ム は 息 の 長 い 人 気 を 集 め て い る す か に ア ン テ ナ を 立 て て い る 新 聞 と 日 経 。 朝 日 で よ く 読 む の は 社 の 「 理 屈 で 深 い こ と を 言 っ て も 、 具 が 、 そ の 理 山 は 情 報 の 幅 広 さ 、 新 し 説 や 読 者 か ら の 投 稿 欄 な ど 。 日 経 は 尾 『 経 済 教 室 』 に 新 し い 経 済 学 者 が 出 て さ に 加 え 、 「 現 地 で 実 際 に 起 こ っ て 体 例 の 有 無 で 説 得 力 は 大 き く 変 わ る 。 だ か ら こ そ 普 段 か ら 具 体 例 の 情 い る こ と 」 と い う リ ア ル 感 が 根 底 に く れ ば チ ェ ッ ク す る 。 経 済 学 の 知 識 報 収 集 を 意 識 し て い る 」 ( 松 尾 氏 ) 。 に 裏 打 ち さ れ て い れ ば 、 暴 論 で も 的 あ る か ら だ ろ う 。 グ ル ア ラ 1 ト で く ま な く 目 を 通 し ク 1 グ ル 検 索 の 「 ア ラ 具 体 的 に は : 外 れ の 意 見 に は な り に く い か ら だ 。 自 説 を 補 強 す る 具 体 例 を ー ト 」 と い う ッ 1 ル を 活 用 。 「 デ ィ て 、 ど の 企 業 が ど ん な 取 り 組 み を し ネ ッ ト は 、 ニ ュ 1 ス サ イ ト で は な グ ー グ ル ア ラ ー ト で 拾 う 1 プ ラ ー ニ ン グ 」 な ど と キ 1 ワ ー ド て い る か を 頭 に 入 れ て い る 」 ( 松 尾 く ツ ィ ッ タ 1 な ど で 世 間 の 人 の 興 味 ( 人 工 知 能 ) 研 究 の 第 一 人 者 を 設 定 し て お く と 、 関 連 サ イ ト や ニ 氏 ) 。 に 目 を 配 る よ 、 つ に し て い る 。 「 あ る ま た 、 松 尾 氏 は 頻 繁 に 企 業 に 足 を ュ 1 ス の 最 新 情 報 を 通 知 し て く れ と し て 知 ら れ る 來 只 大 学 の 松 尾 豊 特 事 象 に 多 く の 人 が 怒 っ て い た ら 、 自 運 ぶ 研 究 者 で も あ る 。 「 自 分 に は 、 分 は そ れ と は 違 、 つ 解 釈 を し て み る 。 任 准 教 授 は 、 「 ま ず 自 分 の 考 え が あ る 。 「 関 連 の ニ ュ 1 ス に は グ ー に よ っ て 複 数 の 産 業 に 大 き な 変 っ て 、 そ れ を 検 証 ネ ッ ト の 特 長 は 、 知 る べ き 情 報 が 何 化 か 起 こ る と い う 信 念 が あ る 。 そ の 度 も 入 っ て く る た め 、 情 報 の 軽 重 を す る た め に 情 報 収 兆 候 が な い の な ら 、 実 際 に 企 業 に 聞 集 が あ る 」 と 話 把 握 で き る 点 に あ る 」 ( 橘 氏 ) 。 い て み る 。 生 の 声 を 聞 く こ と で 、 実 そ し て 年 3 、 4 回 は 欠 か さ な い 旅 す 。 、 リ 用 化 を 阻 む ポ ト ル ネ ッ ク が 明 ら か に の 技 術 は 日 行 も 、 橘 氏 に は 重 要 な 情 報 収 集 の 場 尾 な っ て く る 」 ( 松 尾 氏 ) 。 だ 。 「 た と え ば 中 南 米 を 歩 け ば 、 ア 進 月 歩 だ 。 自 動 運 一 カ 補 松 の 進 歩 に よ っ て 人 間 の 仕 事 が ル ゼ ン チ ン は 白 人 ば か り 、 プ ラ ジ ル 転 や が ん 治 療 、 建 奪 わ れ る と い っ た 危 惧 が 広 が っ て い 設 現 場 、 株 価 予 は 黒 人 ば か り と い う 事 実 に 気 づ く 。 そ こ に 驚 け ば 、 な ぜ こ ん な こ と が 起 測 、 翻 訳 な ど 幅 広 っ ' 変 る 。 松 尾 氏 は 例 と し て 、 デ ィ 1 プ ラ ー ニ ン グ で 工 場 な ど で の 状 況 認 識 の 2 い 分 野 で の 応 用 が , / 目 ′ 作 業 を 自 動 化 で き れ ば 、 海 外 移 転 し 期 待 さ れ る 。 こ う し た 革 新 の カ ギ と を た 工 場 が 日 本 に 戻 り 、 仕 事 が む し ろ 5 な る の は デ ィ 1 プ ん 増 え る 可 能 性 も あ る こ と な ど を 挙 げ 済 ラ 1 ニ ン グ ( 機 械 な が ら 、 「 情 報 は あ く ま で 、 自 分 の 衄 ど 考 え を 検 証 す る う え で 役 立 て る も 煉 学 習 の 一 種 ) の 技 の 。 極 端 な 情 報 に 飛 び つ く の は 禁 週 術 で あ り 、 松 尾 氏 励 分 物 」 と 話 す 。 技 術 の 最 先 端 を 歩 く 人 も 主 要 な 三 つ の 国 自 の 視 点 は 、 意 外 に も シ ン プ ル だ 。 際 人 ム で 発 表 さ れ 地 橘 氏 の 暴 論 の 立 て 方 新 聞 で 常 識 を 押 さ え る ネ ッ ト で 世 間 の 興 味 を 知 る 読 書 で 工 ビ デ ン ス を 探 す 東 京 大 学 特 任 准 教 授 ま つ お ・ ゆ た か ・ 1975 年 生 ま れ 。 東 大 大 学 院 “ ド 博 士 課 程 修 了 。 米 ス タ ン フ ォ ー ド 大 客 員 研 究 員 を 経 て 現 職 。 1 情 報 収 集 で 考 え を 検 証 具 体 例 を ニ ュ ー ス で 拾 う 企 業 に 足 を 運 ん で 聞 く

週刊東洋経済 2016 12.10


ネ ッ ト 利 用 が 一 段 と 増 え た ー 情 報 源 の 利 用 時 間 の 変 化 ー イ ン タ ー ネ ッ ト ( マ ス コ ミ の ニ ュ ー ス サ イ ト 、 SNS を 除 く ) SNS ・ プ ロ グ 電 子 版 新 聞 ・ 雑 誌 な ど マ ス コ ミ の ニ ュ ー ス サ イ ト ラ ジ オ 新 聞 ( イ ン タ ー ネ ッ ト 版 を 除 く ) 朝 症 水 特 集 / 情 報 の 裏 側 情 報 洪 水 November 16 謝 10.32am Thank you, sir. denzel trump フ , イ ス ブ ッ ク に あ ふ れ を 連 の ガ セ ニ ュ ー DenzeI Washington Backs Trump ln le Most Epic Way PossibIe れ the 田 引 of ⅱ 囿 Hollywoodisstilltryng todemonze DonaId Trump. Denzel Washington speaking outinfavorofthepresident-elect."Weneedmoreand. AKtERiCANNEWS.COM 2 ネ ッ ト が 新 聞 を 逆 転 ー 情 報 源 と し て の 重 要 度 一 ( % ) 2014 年 15 80 70 60 - ー 50 新 聞 イ ン タ ー ネ ッ ト ( 出 所 ) 総 務 省 情 報 通 信 政 策 研 究 所 「 平 成 27 年 情 報 通 信 メ デ ィ ア の 利 用 時 間 と 情 報 行 動 に 関 す る 調 査 報 告 書 」 米 大 統 領 選 の 世 論 調 査 は ほ と ん ど 外 れ た ー 主 要 メ デ ィ ア の 投 票 直 前 時 点 の 調 査 結 果 ー Choose a 、 - TAGGED LOCATION ・ 角 単 &t 旧 田 t TOkyo, Japan 、 KObe-shl, Hyogo, Japan ChOO a Locatlon. \TE POSTED y 旧 2016 2015 2014 4 / 4 Shares ・ 大 幅 に 増 え た ・ 多 少 増 え た テ レ ビ 雑 誌 ( イ ン タ ー ネ ッ ト 版 を 除 く ) 60 50 0 20 30 40 ( 出 所 ) 経 済 広 報 セ ン タ ー 「 情 報 源 に 関 す る 意 識 ・ 実 態 調 査 報 告 書 」 ( 2015 年 10 月 ) 日 本 人 は ネ ッ ト 情 報 に 甘 い ? ー イ ン タ ー ネ ッ ト 上 の コ ン テ ン ツ に 疑 い を 感 し る 人 の 比 率 ー 広 告 内 の 写 真 に 加 工 が あ る 好 ま し く な い コ メ ン ト な ど が 削 除 さ れ て い る 対 価 付 き で 肯 定 的 な 平 価 が さ れ て い る 報 道 内 容 に 偏 り が あ る 報 道 内 容 の 正 当 性 が 疑 わ し い 40 50 60 70 20 30 ( 出 所 ) ア ド ビ シ ス テ ム ズ 「 The state of Content : Rules of Engagement 」 ( 2015 年 1 2 月 ) ク リ ン ト ン 氏 ト ラ ン プ 氏 調 査 支 持 率 ( % ) 支 持 率 ( % ) 期 間 メ デ ィ ア 名 米 国 英 国 十 ABC な ど 49 日 本 ・ FOX ニ ュ ー ス 48 ウ ォ ー ル ス ト リ ー ト ・ 48 ジ ャ ー ナ ル な ど CBS ニ ュ ー ス 47 ブ ル ー ム バ ー グ 46 ロ サ ン ゼ ル ス ・ タ イ ム ズ な ど 44 ロ イ タ ー な ど 44 RCP 平 均 46.8 1 1 / 3 ~ 6 6 っ ) っ 0 「 / O) 6 4- 一 4 0 ( 出 所 ) RCP(Rea ℃ learPolitics) ス ト ・ ト ウ ル 1 ス ( 脱 ・ 真 実 ) 」 を 選 ん だ 。 定 義 は 「 世 論 形 成 に お い て 、 客 観 的 な 事 実 の ほ 、 つ が 、 感 情 や 個 人 的 な 信 念 へ の 訴 え よ り も 影 響 力 は 劣 る と い う 状 況 」 。 米 大 統 領 選 や 英 国 の 欧 州 連 合 ( ) 離 脱 決 定 に お け る 、 大 衆 の 心 理 と 行 動 を 読 み 解 く キ 1 ワ 1 ド と し て 注 目 さ れ て い る 。 (O)Z< の 悪 質 サ イ ト は 氷 山 の 一 角 で し か な い 脱 ・ 真 実 の 観 点 で 本 誌 が 注 視 し た の は 、 十 分 な 取 材 や 検 証 を 行 わ な い ま ま 情 報 を 垂 れ 流 す キ ュ レ 1 シ ョ ン サ イ ト だ 。 が 稼 げ る か ら と い 、 つ だ け で 不 正 確 な 情 報 を 広 め る こ う い っ た サ イ ト は 、 読 み 手 を 科 学 的 ・ 客 観 的 事 実 か ら 遠 ざ け て い る 。 そ の 代 表 格 が が 運 営 し て い た 健 康 関 連 の キ ュ レ 1 シ ョ ン サ イ ト 「 」 。 「 細 心 の 注 意 を 払 っ て 取 り 扱 、 つ べ き 医 療 情 報 を 不 適 切 な 形 で 提 供 し て い た 」 ( 守 安 功 社 長 ) と し て 、 同 じ 運 営 方 式 だ っ た 8 サ イ ト と と も に 1 日 ま で に 閉 鎖 し た 。 が 浦 い か に 悪 質 な サ イ ト で あ り 、 し か も そ れ が ネ ッ ト 空 間 で は 氷 山 の 一 角 に 5 す ぎ な い か は 、 鬨 、 菊 ハ ー の 「 衝 撃 リ 済 経 ポ 1 ト 」 で 詳 細 に 伝 え て い る 。 洋 客 観 的 事 実 に 基 づ く 合 理 的 な 判 断 煉 は 近 代 社 会 の 基 礎 で あ る 。 こ の 礎 を 週 守 れ る か は 、 一 人 ひ と り の 情 報 リ テ ラ シ 1 に 縣 か っ て い る 。

週刊東洋経済 2016 12.10


BOOKS&TRENDS や か に 活 写 し て い る 。 平 成 時 代 の 皇 室 外 交 を 国 の 重 要 度 に よ っ て 晩 餐 会 の 鮮 や か に 活 写 内 容 に 差 を つ け る こ と は 外 交 の 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 教 授 常 だ が 、 日 本 の 皇 室 は 利 害 が 衝 渡 辺 靖 突 す る 国 で あ ろ う と 小 さ な 国 で 「 皇 室 外 交 」 と い う 表 現 を 宮 あ ろ う と 、 あ く ま で 平 等 に も て 内 庁 は 嫌 う 。 日 本 の 皇 室 は 政 治 な す こ と を 旨 と す る 世 界 的 に も 的 存 在 で は な い か ら だ 。 し か し 希 有 な 存 在 だ 。 こ れ は 政 治 的 含 海 外 か ら 見 れ ば 、 皇 室 の 外 国 訪 意 を 与 え な い た め の 工 夫 で も あ る よ 、 つ だ 。 問 は や は り 特 別 な 意 味 を 持 つ 。 交 仏 日 ~ 著 者 は 毎 日 新 聞 の 名 物 特 派 員 そ の 半 面 、 宮 中 晩 餐 会 の 正 餐 日 毎 囲 と し て 、 皇 室 外 交 を 長 年 取 材 し は 今 日 で も フ ラ ン ス 料 理 。 和 食 て き た 。 首 脳 会 談 時 の 饗 宴 の メ で よ い 気 も す る が 、 著 者 に よ る 室 会 な う 税 ニ ュ ー や お 酒 の リ ス ト か ら 政 治 と 、 そ う 簡 単 な 話 で も な い よ う 十 ヒ 業 局 円 皇 刻 碎 的 含 意 を 読 み 解 く 技 は ま さ に 天 だ 。 る 一 父 材 下 一 品 。 世 界 有 数 の 目 利 き と 言 本 書 で は 饗 宴 の 舞 台 裏 や 海 外 書 本 吾 取 ニ = ロ 新 っ て も 過 一 言 で は な い 。 こ れ ま で の 王 室 と の 知 ら れ ざ る エ ピ ソ ー 日 国 ざ 角 も 『 エ リ ゼ 宮 の 食 卓 』 『 ワ イ ン と ド も 豊 富 に 紹 介 さ れ て い る 。 サ 委 大 室 れ 著 み 集 語 / 皇 外 交 』 『 饗 宴 外 交 』 と い っ た ユ ニ イ バ ン や パ ラ オ な ど へ の 「 慰 霊 ぐ 編 国 、 て め 員 外 局 せ ー ク な 著 作 を 世 に 問 う て き た 。 の 旅 」 を 記 し た 章 に は と り わ け O . 落 京 支 併 か 新 練 ラ 長 本 書 で も そ の 視 座 を 失 う こ と 、 い を 揺 さ ぶ ら れ た 。 さ ら に 私 が 唸 ら さ れ た の は 、 知 . 酌 」 0 , 」 な く 、 平 成 時 代 0 皇 室 外 交 を 鮮 天 皇 ・ 皇 后 両 陛 下 が 「 ベ ル リ ン の 壁 」 の 崩 壊 な ど 国 際 政 治 に ま つ わ る 事 麥 詠 ん だ 短 歌 に 、 著 者 が 注 目 し て い る 点 だ 。 そ こ か ら 両 陛 下 の 思 い を 読 み 解 く 手 法 は 実 に だ 。 天 皇 陛 下 の 生 前 退 位 が 議 論 さ れ て い る が 、 皇 室 外 交 が 果 た し て き た 役 割 は も っ と 広 く 知 ら れ て よ い 。 最 も 難 し い 立 場 に あ り な が ら 、 最 も 人 間 味 に 溢 れ る 絆 を 育 ま れ て も き た の が 両 陛 下 で あ る か ら だ 。 知 ら れ ざ る 皇 室 外 交 西 川 恵 「 第 四 次 産 業 革 命 」 が 今 (e) 、 自 動 運 転 車 、 プ や メ ガ ト レ ン ド に な ろ 一 つ と リ ン タ 、 ナ ノ テ ク ノ ロ ジ ー 訳 し て い る 。 し か し 、 実 際 に ヾ / イ オ テ ク ノ ロ ジ ー 、 オ 斗 ラ 「 人 類 の 生 活 と 常 識 は 、 根 科 学 、 エ ネ ル ギ ー 貯 蔵 、 量 オ 底 か ら 覆 さ れ る 」 も の な の 子 コ ン ピ ュ ー タ と い っ た 済 か ど う か は 、 な お 判 然 と し 個 々 の 技 術 ば か り に 目 が 行 く が 、 世 界 を 変 え る の は 個 命 界 な い 。 革 / こ の 産 業 革 命 で は エ マ ー 別 の 技 術 で は な い と い う 。 業 プ ジ ン グ テ ク ノ ロ ジ ー ( 先 端 む し ろ 新 技 術 が 使 わ れ 2 産 的 技 術 ) の ブ レ ー ク ス ル る 、 シ ス テ ム 技 術 が 創 出 す に 次 ノ た と え ば 人 工 知 能 (<—) 、 る バ リ ュ ー ネ ッ ト ワ ー ク が & 四 ウ ロ ポ ッ ト 技 術 、 イ ン タ ー ネ 世 界 を 変 革 す る の だ と 、 通 ッ ト ・ オ ブ ・ シ ン グ ス ( ー 奏 低 音 の ご と く 本 書 全 編 で 済 教 え よ う と す る 。 経 世 界 経 済 フ ォ ー ラ ム ( ダ 洋 版 ポ ス 会 議 ) の 創 設 者 と し て 出 聞 長 年 世 界 的 な 課 題 を 議 論 し 週 新 税 ス 済 十 て き た 著 者 だ け に 、 チ ャ ン 第 産 ス と リ ス ク の 未 来 予 測 の 整 9 日 理 の 仕 方 が 見 事 だ 。 偶 然 と 運 の 科 学 マ イ ケ ル ・ フ ル マ ク ス 、 二 ニ 谷 ー : 1 ー ー 偶 然 は 物 理 法 則 の 最 も 基 な い 。 し か し 前 掲 誌 は 一 般 ・ ・ , 本 的 な プ ロ セ ス で あ る よ う 向 け に 編 集 さ れ て お り 、 文 だ と 考 え る 量 子 物 理 学 の 専 系 で も 好 奇 心 旺 盛 な ら 食 ら 訳 門 家 が 、 英 誌 「 ニ ュ ー ・ サ い 付 く 余 地 は あ る だ ろ う 。 ア イ ン シ ュ タ イ ン が 物 理 す 谷 イ エ ン テ ィ ス ト 』 か ら 偶 然 科 水 と 不 確 実 性 に 関 す る の 記 学 の 法 則 に 反 す る 現 象 に 直 の 編 事 を 選 び 出 し て 本 書 を 編 み 面 し て 「 神 は サ イ コ ロ 遊 び ー ー 一 ス 上 げ た 。 テ ー マ は 宇 宙 創 成 は し な い 」 と ロ 走 っ た エ ピ 運 ク 「 ー ツ か ら 地 球 の 歴 史 、 数 の 不 可 ソ ー ド が 再 三 登 場 す る 。 だ と プ 思 議 、 生 命 や 脳 の 偶 然 な ど が 宇 宙 の 仕 組 み も OZ< も ” い ま で 多 岐 に わ た る が 、 物 理 純 粋 数 学 も 、 世 界 は サ イ コ イ ケ や 数 学 が 苦 手 の 人 は 難 渋 す ロ 並 み に 偶 然 に 満 ち て い る 偶 イ 「 . マ る ト ピ ッ ク が 多 い か も し れ ら し い 。 そ し て 人 々 は そ の ラ ン ダ ム さ を 理 解 す る こ と を 怠 り 多 く 否 定 し て き た 。 イ だ か ら 賭 け 事 で も 研 究 で も 開 発 で も 運 を つ か め ず に 終 工 わ る 。 ど れ も 最 先 端 の 評 論 円 ご 」 ゞ オ カ 全 編 と い わ ず 抜 き 読 み ク 0 田 す る の も 一 法 だ ろ う 。 ( 純 )

週刊東洋経済 2016 12.10


儲 か る 情 報 vs. 損 す る 情 報 株 式 市 場 の 達 人 が 指 南 = 16251.54 IO 長 82-84 ー 328 ー 919.84 、 10 , 0 日 経 平 均 16251.54 - を い ト ル / 円 、 第 第 気 " 物 影 ゞ 形 文 弊 果 、 薬 局 チ ェ 1 ン 2 式 投 資 に お い て は 情 報 が 成 否 の 薬 王 堂 が 買 い 物 株 を 左 右 す る 。 や り 手 の 個 人 投 の 難 民 問 題 を 解 決 済 資 家 や 、 企 業 や 株 式 市 場 の 取 材 を 行 と っ て い る ジ ャ 1 ナ リ ス ト 、 ア ナ リ ス 去 し 、 好 評 を 博 し て 洋 東 な い る と 知 っ て 足 を 集 ト な ど の 専 門 家 は 、 そ れ ぞ れ 独 自 の リ え 運 び 、 同 社 へ の 投 週 情 報 収 集 を 実 践 し て い る 。 0 情 資 を リ タ ー ン に つ た と え ば 、 啝 尿 証 券 取 引 所 の ホ 1 高 り る よ デ . こ 0 ム ペ 1 ジ な ど で 上 場 企 業 が 発 表 す る す ク 株 式 市 場 の 取 材 践 適 時 開 示 に す べ て 目 を 通 し 、 投 資 判 実 を す る 「 情 報 の プ 断 に 生 か し て い る の が 、 著 名 投 資 家 か ロ 」 で あ る 日 経 0 ト の 片 山 晃 氏 。 証 券 会 社 の ア ナ リ ス ト 低 情 ス の 岡 村 友 哉 が 取 材 ・ 分 析 し て 情 報 が 多 く の 投 資 コ メ ン テ 1 タ 1 が ナ 家 に 共 有 さ れ て い る 大 型 株 を 避 け 、 注 目 の 乏 し い 中 小 型 銘 柄 を 中 心 に 成 る 中 、 あ え て 街 へ 出 て 、 ク 違 和 感 ア ド バ イ ス す る の は 、 「 企 業 が 発 信 ャ を 探 す こ と で 有 望 企 業 の 発 掘 に つ な す る 情 報 で あ っ て も 鵜 呑 み に し な ジ 長 性 の 分 析 や 情 報 収 集 を し て い る こ と を 、 自 身 の 高 い パ フ ォ 1 マ ン ス に げ て い る 専 門 家 も い る 。 日 本 の 中 小 い 」 こ と だ 。 ス フ ィ ン テ ッ ク や 、 人 工 知 能 つ な げ て き た 。 型 株 を 中 心 と し た 投 資 信 託 「 ひ ふ み と い っ た 流 行 の キ 1 ワ 1 ド を ち り ば し か し 、 片 山 氏 は 米 大 統 領 選 挙 で 投 信 」 の 運 用 を っ レ オ ス ・ キ ャ ピ ナ め た プ レ ス リ リ 1 ス を き っ か け に 、 ア ト ラ ン プ 氏 が 勝 利 し た 後 、 市 場 の 流 タ ル ワ 1 ク ス の 、 栗 岡 大 介 シ ニ ア ・ れ の 大 き な 変 化 を 感 じ 、 情 報 収 集 の ア ナ リ ス ト だ 。 企 業 の 株 価 が 上 昇 す る の は よ く あ る 資 や り 方 を 少 し 変 え て い る と い う 。 「 意 識 的 に 散 歩 の 時 間 を 作 っ た り 、 こ と 。 し か し 岡 村 氏 は 、 そ 、 つ し た 中 投 丿 丿 ー ス 芸 」 に は 実 現 性 に 乏 し い 「 1 「 ア ベ ノ ミ ク ス が 始 ま っ て か ら は 、 外 出 す る 際 に 毎 回 違 う ル 1 ト を 使 う 場 適 時 開 示 に 目 を 通 し て い る だ け で も よ う に し て い る 」 と い う 栗 岡 氏 。 ネ が 含 ま れ て い る と 指 摘 す る 。 「 ト ヨ タ 自 動 車 や 日 本 電 産 の よ 、 つ な 実 力 の 式 投 資 判 断 が で き た 。 し か し 大 統 領 選 ッ ト 上 の ニ ュ 1 ス で は ほ か の ア ナ リ ス ト と の 差 別 化 を 図 り に く い た め 、 あ る 企 業 は 実 現 性 が 高 ま ら な い と 発 株 後 は 市 場 の 資 金 の 流 れ が 変 わ っ た 。 街 に 出 て そ の ニ ュ 1 ス の 原 因 や 、 裏 表 し な い 。 研 究 開 発 費 を か け ら れ な 交 意 識 的 に プ ル 1 ム バ ー グ や ロ イ タ ー い よ 、 つ な 企 業 が 巨 大 な 構 想 を リ リ 1 ひ な ど 海 外 通 信 社 の 情 報 も 見 て 、 米 国 側 で ど ん な 人 が 活 躍 し て い る か に 考 ス で 発 表 す る の は 、 虚 像 を 示 し て 株 政 治 の 人 事 情 報 な ど 海 外 情 報 を 収 集 え を 巡 ら し て い る 。 た と え ば 地 方 に か お け る 高 齢 化 は 、 報 道 で は ネ ガ テ ィ 価 を 上 げ た い と い う 思 惑 が 見 え 隠 れ し て い る 」 ( 片 山 氏 ) 情 プ な 側 面 ば か り が 伝 え ら れ る 。 し か す る 」 ( 岡 村 氏 ) 。 の 地 元 の 人 に 聞 き 回 り 企 業 が 期 初 に 発 表 す る 通 期 の 業 績 し 栗 岡 氏 は 岩 手 県 を 訪 れ た 際 、 高 齢 濺 有 力 企 業 を 発 掘 化 を ポ ジ テ イ プ に 生 か し て い る 企 業 予 想 に つ い て も 、 「 毎 年 同 じ 時 期 に 石 玉 イ ン タ ー ネ ッ ト 上 に 情 報 が あ ふ れ を 地 元 の 人 に 聞 い て 回 っ た 。 そ の 結 下 方 修 正 を 発 表 す る ク 常 習 犯 ク が い シ リ ウ ス パ ー ト ナ ー ズ O 0 片 山 晃 か た や ま ・ あ き ら ・ 20 14 年 に べ ン チ ャ ー 投 資 を 行 う シ リ ウ ス パ ー ト ナ ー ズ 設 立 。 共 著 に 「 勝 っ 投 資 負 け な い 投 簒 。

週刊東洋経済 2016 12.10


佐 藤 優 に 学 ぶ / 知 の 鍛 え - デ ジ タ ル 機 器 - - を 超 活 用 毎 月 の 原 稿 締 め 切 り 約 90 本 、 読 書 量 は 毎 月 平 均 300 冊 ー ー 「 知 の 巨 人 」 佐 藤 優 氏 が 披 露 す る デ ジ タ ル 情 報 収 集 術 。 撮 影 : 梅 谷 秀 司 思 管 抄 藤 優 氏 に と っ て 世 の 中 で 起 き 8 て い る こ と を 「 知 る 」 ツ ー ル が 新 聞 、 そ れ ら を 「 理 解 す る 」 ツ ー ル が 書 籍 で あ る 。 役 割 に 応 じ て 、 使 洋 い 方 は 明 確 に 分 か れ て い る 約 2 年 前 か ら 約 8 割 の 新 聞 を 紙 か 週 ら デ ジ タ ル 版 に 切 り 替 え た 。 よ り 速 く 読 む た め だ 。 現 在 は 毎 朝 や パ ソ コ ン で 、 朝 日 新 聞 、 毎 日 新 聞 、 日 本 経 済 新 聞 、 産 経 新 聞 、 琉 球 新 報 、 沖 縄 タ イ ム ス 、 聖 教 新 聞 、 ウ オ 1 ル ス ト リ 1 ト ・ ジ ャ 1 ナ ル 日 本 版 の 合 計 8 紙 の 電 子 版 に 目 を 通 し て い る 新 聞 の よ さ で あ る 一 覧 性 を 生 か す た め に 、 実 際 の レ イ ア ウ ト に 準 じ た 紙 面 ビ ュ ー ワ 1 で チ ェ ッ ク す る 。 重 要 性 や 関 心 度 で 、 見 出 し だ け 読 む 記 、 リ ー ド ま で 読 む 記 事 、 本 文 ま で 読 む 記 事 な ど 3 種 類 に 分 け て 読 み 込 ん で い く 。 情 報 を 頭 に 入 れ る た め コ ビ べ に こ た わ る 気 に な っ た 記 事 の 保 存 に は 、 ク ラ ウ ド ノ 1 ト ア プ リ の 「 エ バ 1 ノ ー ト 」 を 活 用 。 上 で 保 存 に 値 す る 記 事 を 見 つ け た ら 、 パ ソ コ ン 上 の プ ラ ウ ザ で 同 じ 記 事 を 開 き 、 必 要 部 分 を コ ピ 1 し て エ バ ー ノ ー ト に 張 り 付 け ・ る 。 日 経 新 聞 な ど に は エ バ 1 ノ ー ト と の 連 携 機 能 が あ り 、 有 料 会 員 な ら ワ

週刊東洋経済 2016 12.10


特 集 / 情 報 の 裏 側 若 手 時 代 の 図 書 館 通 い で 政 策 や 答 弁 能 力 を 鍛 え た 世 論 が 分 か れ る 複 雑 な 問 題 に 、 政 治 自 衛 権 は 行 使 す べ き 、 は 推 進 は 、 自 分 が か か わ る 分 野 の 課 題 は 何 模 索 し て い る 」 ( 石 破 氏 ) と い う 。 な の か 、 ど う 解 決 す べ き か 、 仮 説 を イ ン タ 1 ネ ッ ト で の 情 報 収 集 に つ 家 は 道 筋 を 示 す 必 要 が あ る 。 石 破 氏 す べ き 、 原 発 は 再 稼 働 す べ き な ど と は 、 世 の 議 論 に は お し な べ て 「 正 世 の 中 に 必 ず し も 受 け な い 結 論 に な あ る 程 度 整 理 し た し た う え で 、 新 聞 い て は 、 「 ネ ッ ト は 前 後 の 脈 絡 、 思 想 に 関 係 な く 必 要 な 情 報 だ け 手 に 入 解 」 は な く 、 実 は ど ち ら の 立 場 で も る こ と も あ る 。 そ れ を ど う 国 民 に わ や ネ ッ ト な ど の 2 次 情 報 や 各 分 野 の か っ て も ら う か 。 世 の 中 に 受 け る 議 専 門 家 か ら 聞 く 1 次 情 報 を 入 手 す る る 。 便 利 だ が 、 仮 に ネ ッ ト で 思 考 が 立 論 で き る と し た う え で こ う 語 る 。 論 を す る よ り 川 倍 は 大 変 だ 」 ( 石 破 と い う 2 段 階 の 作 業 だ 。 「 先 に 仮 説 合 う 人 を 見 つ け た ら 、 そ こ か ら 先 は 「 だ か ら こ そ 、 日 本 の 将 来 の た め に こ れ し か な い と い う 答 え を 、 七 転 八 氏 ) 。 若 手 時 代 か ら 積 み 重 ね た 読 書 が あ っ た ほ 、 つ が 、 情 報 収 集 の 効 率 は そ の 人 の 著 書 を 読 む 。 国 会 答 弁 は 引 き 出 し を い く っ 持 っ て い る か の 勝 倒 し て 自 力 で 探 す し か な い 。 集 団 的 量 が 、 複 雑 な 時 代 に お け る 方 向 感 覚 格 段 に 上 が る 」 ( 梅 澤 氏 ) 。 そ の 際 に こ だ わ っ て い る の が ク エ を 支 え て い る 。 負 。 突 き 詰 め て 物 事 を 考 え た 人 の 著 、 箇 る み ッ ジ の 立 っ た 仮 説 % 「 最 先 端 の 専 門 の す 作 に 触 れ な い と 、 中 身 の 濃 い 議 論 な 読 そ み 仮 説 は 丸 腰 で は 攻 は 読 家 に 質 問 を ぶ つ け る と き 、 こ ち ら が ど で き な い 」 ( 石 破 氏 ) 。 引 時 拾 立 て ら れ な い 当 た り 前 の 見 方 し か 示 せ な け れ ば 通 を 一 、 サ 集 団 的 自 衛 権 、 原 発 、 線 し だ り 一 遍 の 答 え し か 引 き 出 せ な い 。 で 赤 忙 所 ビ ジ ネ ス の 第 一 線 で 活 躍 し て い る 人 物 は 情 報 収 集 を ど の よ う に 意 識 し も 通 説 と は 異 な る エ ッ ジ の あ る ポ 1 て い る の か 。 「 仮 説 が な い と こ ろ で ル を 投 げ れ ば 、 相 手 の 好 奇 心 に 火 が 情 報 の 海 に 飛 び 込 ん で も お ば れ る だ つ い て 議 論 が 盛 り 上 が る 」 。 た と え ば ス マ 1 ト フ ォ ン の 将 来 を け 」 。 そ う 語 る の は 、 戦 略 コ ン サ ル テ イ ン グ 大 手 、 ・ e ・ カ ー ニ 1 の 梅 考 え る な ら 、 単 に ユ 1 ザ 1 イ ン タ 1 フ ェ イ ス (>—) が ど 、 つ な る か と い 澤 高 明 パ 1 ト ナ ー だ 。 梅 澤 氏 は コ ン サ ル タ ン ト と し て 企 業 経 営 を 支 援 す っ た 視 点 だ け で な く 、 ス マ ホ を 人 間 る だ け で な く 、 政 府 委 員 会 の 民 間 委 の 頭 脳 を 拡 張 す る — と 位 置 づ け て 員 と し て 、 ク ー ル ジ ャ パ ン 構 想 や 税 み る 。 さ ら に 、 ス マ ホ は い す れ な く な り 、 頭 脳 が ク ラ ウ ド と 情 報 を 直 接 制 改 革 な ど に 携 わ っ て い る 。 普 段 の 情 報 収 集 で 意 識 し て い る の や り と り で き る 時 代 に な る と 類 推 し 、 企 業 活 動 は ど う 変 わ っ て い く の 9 か 、 な ど と 考 え を 巡 ら せ て 仮 説 を 進 0 化 さ せ て い く 。 「 仮 説 は 丸 腰 で は 立 て ら れ な い 。 済 情 報 の 蓄 積 が 重 要 」 と 梅 澤 氏 は 語 経 る 。 日 常 的 に 目 を 通 し て い る メ デ ィ 煉 ア は 、 日 本 経 済 新 聞 や 英 経 済 誌 の 週 『 エ コ ノ ミ ス ト 』 、 米 誌 の 『 』 。 ネ ッ ト で は E-" テ ク ノ 5 い し ば ・ し げ る ・ 1957 年 生 ま れ 。 86 年 衆 議 院 議 員 初 当 選 。 防 衛 相 、 . 門 -- 農 水 相 、 地 方 創 生 相 な い , を ・ ど を 歴 任 。 衆 議 院 議 員 石 破 茂 撮 影 : 尾 形 文 繁 石 破 氏 の 読 書 術 思 考 が 合 う 著 者 の 本 を 読 む 自 分 の 言 葉 で 話 せ る よ う に 立 場 が 反 対 の 本 も 目 を 通 す

週刊東洋経済 2016 12.10


理 論 の 史 歴 震 の 翕 叟 ~ 。 東 , ジ , と 日 本 。 運 命 取 数 し り 、 日 米 を そ の 黒 幕 だ と 批 判 し 日 本 は 米 国 と 同 盟 関 係 で 、 中 国 と だ っ た と こ ろ で 、 政 治 ・ 経 済 ・ 文 化 王 多 た 。 常 軌 を 逸 し た 観 も あ る 中 国 の 出 は 仲 が 悪 い 。 フ ィ リ ピ ン は 米 国 と 険 と も そ の 影 響 は 少 な く な い 。 米 中 の 方 は 、 し か し 相 疋 内 と い え ば い え る 悪 、 中 国 と は 友 好 的 に な っ た 。 と な 狭 間 に あ る こ と で は 、 日 本 と 相 似 た 科 究 理 も の で あ る 。 れ ば 、 日 本 と フ ィ リ ピ ン の 関 係 も 悪 立 場 な が ら 、 深 み は 格 段 に 違 う 。 治 研 論 学 の そ れ な ら 、 当 の フ ィ リ ピ ン は ど う 文 国 化 す る 、 と 考 え る の が 日 本 人 の 論 理 安 も 悪 け れ ば 、 経 済 力 も は る か に 弱 授 院 中 導 識 、 0 学 「 か と い え ば 、 逆 に 一 言 動 が い さ さ か 解 で あ る 。 確 か に 、 上 述 の 経 緯 だ け で 学 指 認 司 し が た い 。 新 た に 就 任 し た ド ウ テ ル 考 え る な ら 、 そ れ は 正 し い 。 こ れ ま た 、 首 相 が ウ ソ を つ い て も 夂 生 テ 大 統 領 が 反 米 発 言 を 繰 り 返 し 、 同 し か し 、 国 際 政 治 は 一 方 的 な 論 理 何 と か な っ て い る 日 本 の の ど か な 風 京 の れ 自 ま と 暴 徹 本 盟 国 0 米 国 を 困 惑 さ せ て る 。 中 国 だ け で は 運 ば な り フ ィ リ ピ 、 一 に は 景 と は 、 や は り 雲 泥 の 差 。 傑 出 し た 生 国 は そ こ に 付 け 込 む 間 隙 を 見 い だ し た フ ィ リ ピ ン な り の 事 情 が あ り 、 大 統 手 腕 が 求 め ら れ る ゆ え ん で あ る か 、 川 月 下 旬 の 習 近 平 ・ ド ウ テ ル テ 領 の 言 動 は も ち ろ ん 、 そ こ に 基 づ く 粗 冷 岡 そ の ド ウ テ ル テ は 、 ト ラ ン プ か 米 ・ 学 会 談 で 、 多 額 の 援 助 を 約 東 し た 。 一 も の で あ る 。 し ば し ば 「 暴 一 「 ロ 」 に 及 国 次 期 大 統 領 に 当 選 す る や 、 さ っ そ し 文 方 、 大 統 領 は 、 仲 裁 裁 判 に 触 れ な い び な が ら 、 米 国 と の 関 係 を 断 絶 し て く 「 ケ ン カ は や め る 」 と 言 い 出 し と 国 の 海 洋 進 出 が 続 い て い る 。 ま ま で 、 「 米 国 と 決 別 す る 」 と ま で し ま 、 つ わ け で も な く 、 今 の と こ ろ 破 た 。 相 変 わ ら ず の 言 動 な が ら 、 自 ら も 学 か 退 尖 閣 間 題 を 抱 え る 日 本 も 、 も 発 言 し 、 い た く 習 近 平 主 席 を 喜 ば せ 綻 を 来 し て い な い 。 い や 、 恐 れ 入 っ が 置 か れ た 立 場 、 相 手 と の カ の 差 、 お 得 た の で あ る 。 ち ろ ん 当 事 国 の 一 つ に ほ か な ら な た 手 腕 で あ る 。 周 囲 の 情 勢 、 あ ら ゆ る 条 件 の 冷 徹 な 、 0 そ の た め 、 今 年 7 月 肥 日 、 オ ラ か っ て 「 ト ラ ス ト ・ ミ 1 」 「 腹 案 認 識 と 活 用 ぶ り を 垣 間 見 る こ と が で 一 方 的 な 論 理 で は 通 用 し な い ン ダ ・ き る 1 グ の 仲 裁 裁 判 所 が 最 終 的 が あ る 」 と 自 信 た つ ぶ り に 言 っ て 、 な 判 断 を 発 表 し た と い う ニ ュ 1 ス そ の ド ウ テ ル テ 大 統 領 、 次 い で 日 す ぐ 馬 脚 を 現 し た 日 本 の 首 相 が い た 外 国 と 渡 り 合 う に あ た っ て 、 自 国 は 、 日 本 で も 大 き く 報 じ ら れ た 。 本 に や っ て き て 、 「 日 本 の 側 に 立 つ 」 の と 比 べ る と 、 雲 泥 の 差 で あ る 。 の 論 理 や 国 益 ば か り に と ら わ れ て 中 国 が 南 シ ナ 海 の 管 轄 権 を 主 張 す と 明 言 し た 。 根 っ か ら の 親 日 家 ぶ り は 、 足 を す く わ れ か ね な い 。 立 場 に 冷 徹 な 認 識 を 活 用 る の に 対 し 、 そ れ を 国 際 法 違 反 だ と を 披 露 し 、 日 本 の 援 助 ・ 投 資 に 強 い せ よ 、 利 害 に せ よ 、 力 量 に せ よ 、 彼 フ ィ リ ピ ン が 申 し 立 て た 争 い の こ と 期 待 を に じ ま せ て い る 。 中 国 ・ 米 国 フ ィ リ ピ ン は そ れ だ け 、 危 な い 境 我 の 事 情 を 正 確 に 測 る 必 要 が あ る 。 済 で あ る 。 仲 裁 裁 判 所 は 、 中 国 の 主 張 に 対 す る 態 度 を 見 て 、 日 本 人 の 多 く 遇 に あ る 、 と 言 っ て も よ い 。 南 シ ナ 先 の 読 め な い 時 代 傑 出 し た リ 1 ダ 経 東 に 「 法 的 な 根 拠 は な い 」 と 断 じ た 。 は 歪 女 に 感 じ て い た か ら 、 ひ と ま す 海 の 要 衝 に 位 置 し 、 古 来 、 移 民 ・ 交 1 は ど う や ら 不 要 な 日 本 も 、 粗 暴 に 週 い た く 反 発 し た 中 国 は 、 裁 判 を 「 茶 安 堵 し た 。 け れ ど も 、 や は り 戸 惑 い 易 を 通 じ て 中 国 と の つ な が り が 深 か 見 え る 大 統 領 に 学 ぶ べ き 点 は 少 な く ・ 3 番 」 、 判 断 を 「 紙 く す 」 と ま で の の を 隠 せ な い 。 っ た 。 し か も 、 か っ て 米 国 の 植 民 地 な い 。 3 中 ,

週刊東洋経済 2016 12.10


エ ー ス 社 員 の 知 恵 そ 、 つ し た 中 で リ ア ル な 声 に 耳 を 傾 け 6 る こ と が 欠 か せ な い 」 ( 山 岡 氏 ) 。 ス テ 1 ク ホ ル ダ ー を 巻 き 込 ん だ 情 報 が 済 コ ン ビ ニ の 商 品 開 発 を 支 え て い る 。 洋 東 カ ギ と な る 情 報 は 週 0 社 内 に も 転 が る 「 営 業 は 情 報 戦 」 。 ビ 1 ル 業 界 関 係 者 も そ う ロ を そ ろ え る 。 同 業 界 の 飲 食 店 向 け の 営 業 は 、 店 が 取 り 扱 う ビ 1 ル に つ い て 他 社 製 品 か ら 自 社 製 品 へ の 切 り 替 え を 狙 う ケ 1 ス が 多 い 。 キ リ ン ビ 1 ル マ 1 ケ テ ィ ン グ 群 馬 支 ビ ジ ネ ス の 成 否 は 情 報 が 握 っ て い る 。 企 業 の 営 業 や 開 発 の 現 場 で は ど ん な 情 報 が 武 器 と な る の か 。 社 営 業 部 の 宮 尾 光 浩 氏 も そ こ で 汗 を 流 す 一 人 。 入 社 4 年 目 な が ら 他 社 か か 多 々 あ る と い 、 つ 倉 段 か ら 多 く の 情 報 に 接 す る コ ン ビ ニ 業 界 で は 毎 週 火 曜 日 に 新 商 ら の 切 り 替 え 実 績 を 多 数 持 つ 。 高 崎 、 が 、 最 終 的 に は 現 場 に 足 を 「 メ 1 カ 1 の 方 々 と お 店 に 足 を 運 品 が 店 頭 に 並 ぶ 。 山 岡 氏 も こ の 日 ば 市 な ど で 2000 軒 も の 飲 食 店 を 担 運 ん で 見 聞 き し た こ と を 大 切 に し て ぶ と 、 商 品 化 が で き る か と い う 具 体 か り は 出 社 途 中 に ラ イ バ ル 店 に 足 を い る 」 。 フ ァ ミ リ 1 マ ー ト で 商 品 開 発 的 な 目 安 を 知 る こ と が で き る 」 ( 山 運 び 、 気 に な る 商 品 が あ れ ば 購 入 す 岡 氏 ) 。 実 際 に こ の よ う な 機 会 を 通 る と い う 。 よ り よ に 携 わ る 山 岡 美 奈 子 氏 は こ う 語 る 。 い 商 品 を 生 み 出 す 商 品 本 部 で パ ス タ や サ ン ド イ ッ チ じ て 商 品 化 さ れ た 例 が あ る 。 201 の な ど の 開 発 部 隊 を 率 い る 山 岡 氏 。 常 5 年 9 月 に 発 売 さ れ た 「 熟 成 ロ ー ス 意 味 で も 、 竸 合 店 発 ″ 日 頃 か ら 食 に 関 す る 情 報 収 集 に 明 け カ ッ サ ン ド 」 だ の 商 品 は 重 要 な 情 暮 れ て い る 。 テ レ ビ や 雑 誌 の グ ル メ 開 発 の 初 期 段 階 で 食 品 メ ー カ 1 の 報 源 の 一 つ と な っ 美 特 集 は も ち ろ ん 、 最 近 で は ニ ュ ー ス 担 当 者 と 協 力 し て 、 あ ら ゆ る 店 の カ て い る 。 山 ア プ リ 「 グ ノ シ ー 」 か ら も 流 行 し て い ッ サ ン ド を 買 い 集 め て 味 見 を 繰 り 返 。 , ビ = 。 場 製 生 る 食 の 情 報 を 入 手 し て い る と い う 。 し た 。 開 発 期 間 は 通 常 商 品 の 2 倍 に ャ 合 、 消 費 者 は も ち ニ よ ) ン ネ と は い え 、 2 次 情 報 を そ の ま ま 鵜 当 た る 6 カ 月 。 価 格 は 430 円 ( 税 ろ ん 、 加 盟 店 オ ー ヒ マ 呑 み に す る こ と は な り 行 列 が で き 込 み ) と 弁 当 類 に 近 値 段 に も か か ナ ー か ら も 意 見 を ノ 訣 る 飲 食 店 が あ れ ば 足 を 運 び 、 自 ら 商 わ ら ず 、 発 売 当 初 は 品 切 れ 店 舗 が 続 聞 く 機 会 が 多 々 あ コ 秘 る 。 「 ネ ッ ト 上 に 品 を チ ェ ッ ク す る 。 し か も 自 分 一 人 出 す る な ど 大 ヒ ッ ト 商 品 と な っ た 。 情 報 源 は セ プ ン ー イ レ プ ン や ロ ー は さ ま ざ ま な 情 報 で 行 く わ け で は な い 。 取 引 関 係 が あ ソ ン な ど 竸 合 店 に も 及 ぶ 。 一 般 的 に る 食 品 メ 1 カ 1 の 担 当 者 を 誘 、 つ こ と が あ ふ れ て い る 。 コ ン ピ ニ 、 ビ ー ル 、 食 ロ Ⅷ フ ァ ミ ノ れ な か ら の に ク リ ム ス タ 腐 と 新 h み 0 を な ミ - ト ソ - ス