検索 - みる会図書館

全データから 205605件ヒットしました。

るるぶ会津 磐梯 福島'15 (国内シリーズ)


磐 梯 高 原 0 ACCESS CHART 東 京 駅 郡 山 駅 第 JR 磐 越 西 線 快 速 ・ 普 通 合 計 約 写 猪 苗 代 駅 新 宿 駅 新 南 ロ JR バ ス 関 東 夢 街 道 4 時 間 5 分 猪 苗 代 駅 川 口 JCT ヒ 自 郡 山 JCT 磐 越 自 動 車 約 磐 梯 熱 海 ℃ 磐 越 自 動 車 道 約 2 猪 苗 代 磐 梯 高 原 ℃ 磐 梯 吾 妻 レ ー ク ラ イ ン ( → P46 ) で ド ラ イ ブ を 楽 し も う バ ス 高 原 ド ラ イ フ & レ ジ ャ ー を 満 喫 第 ~ 磐 梯 山 に 抱 か れ た 大 自 然 へ ロ ロ 高 原 レ ス フ ノ の 絶 亜 フ ノ チ 磐 梯 高 原 爽 快 P54 ド ラ イ ブ 早 わ か り 磐 梯 山 ゴ ー ル ド ラ イ ン & ナ チ ュ ラ ル リ 、 - ト ス テ ィ P58 磐 梯 吾 妻 い ク ラ イ ン P46 磐 梯 吾 妻 ス カ イ ラ ノ P48 自 然 探 勝 路 P50 猪 苗 代 & 磐 梯 高 原 空 ・ 湖 ・ 川 で 遊 ぶ P52 十 幸 十 十 を ・ 十 一 会 津 磐 梯 福 島 ' 1 5 - う 第 、 福 島 西 東 吾 妻 山 △ 梯 吾 妻 土 湯 温 泉 レ ー ク ラ イ ン 卩 ま 磐 梯 高 原 岳 温 泉 猪 苗 代 襲 梯 高 原 磐 越 自 動 車 道 磐 梯 熱 海 郡 山 JCT 猪 苗 代 湖 磐 梯 熱 海 温 泉 郡 東 郡 山 駅 自 然 中 で ほ っ こ り カ フ ェ 時 間 ち ょ っ と 尺 な ひ と と き を 磐 梯 高 原 ・ ・ ・ 猪 苗 { 周 辺 ・ ・ ・ 磐 梯 毎 温 泉 ・ ・ ・ P60 P62 P64 。 山 形 県 P44 変 化 に 富 ん だ 景 観 を 満 喫 、 の ナ ミ ッ ク な 景 色 に 感 動 ! ビ テ ィ ヂ 全 集 合 ー 福 島 県 1 Okm 43 “ ぶ ←

るるぶ福島’12 (国内シリーズ)


磐 梯 高 鳳 一 季 爽 や か 新 も 、 艶 や か 紅 葉 も 特 産 品 の 山 塩 ( P83 ) を お 土 産 に ・ 、 飯 坂 温 泉 土 湯 温 泉 三 福 島 会 津 若 松 ・ 、 宮 城 ス を ロ 2 う ト 8 ろ 梯 高 原 , , こ の 到 ア の 魅 力 、 。 Best 福 島 西 安 達 太 良 山 一 猪 苗 代 海 梯 猪 ツ 梯 苗 、 一 き 高 代 福 猪 湖 郡 山 旧 ⑩ 高 原 ド ラ イ プ 15 、 28 0 五 色 沼 自 然 探 勝 路 24 ① グ リ - ン ア ク テ ィ ビ テ ィ 磐 梯 高 原 ・ 82 猪 苗 代 高 原 リ ゾ ー ト ・ 宿 泊 カ タ ロ グ 、 ・ ー 福 島 工 リ ア ガ イ ド 温 泉 & 宿 四 4 75 る る ぶ 福 島 、 2

るるぶ福島’12 (国内シリーズ)


な 定 磐 郡 様 山 、 見 ど こ ろ 豊 富 な 福 島 の 中 心 部 名 靃 満 開 ウ ォ - ク 三 春 羆 ZO ① リ カ ち ゃ ん キ ャ ッ ス ル ・ 20 49 ① あ ぶ く ま 澈 92 , を 会 津 若 松 新 弔 子 温 泉 ・ 郡 山 周 辺 の 名 宿 へ 秘 湯 の 名 物 風 呂 ペ 郡 山 ・ 磐 梯 黼 毎 温 泉 は コ コ ! 宿 泊 カ タ ロ グ 461 を 磐 梯 熱 海 温 泉 山 東 に 山 本 宮 ー 磐 梯 今 安 △ 熱 海 西 聞 旧 冫 越 郡 南 猪 苗 代 猪 一 」 : 岳 △ 梯 高 原 磐 梯 河 東 旧 ム 、 松 旧 114 459 あ ぶ く ま 迥 ノ ~ = 引 常 磐 富 滝 根 リ カ ち ゃ ん キ ャ ッ ス ル い わ き 倉 旧 郡 山 市 ふ れ あ い 科 学 館 ( P94 ) で 宇 宙 に 大 接 近 郡 山 IC 0 福 島 空 、 ー わ き 三 和 ー い わ き 中 工 リ ア ガ イ ド 温 泉 & 宿 118 旭 岳 △ = 本 槍 岳 白 河 西 那 那 須 冓 山 吹 ℃ 118 *IC 91 る る ぶ 福 島 ' 12

るるぶ会津 磐梯 福島'15 (国内シリーズ)


裏 磐 梯 を ベ ー ス に す れ ば 、 会 津 を 丸 ご と 楽 し め ま す ! と 県 る . 島 夏 を っ く そ う ! を 超 え る 神 秘 の 湖 沼 に 彩 ら れ る 裏 磐 梯 高 原 C 磐 梯 山 を 正 面 に 望 み 、 大 ハ 五 色 沼 や 桧 原 湖 を は じ め 、 、 渡 る 爽 や か な 風 が 、 夏 の 暑 さ を 忘 れ さ せ ま す 自 然 の 豊 か さ を 肌 で 感 じ ら 局 原 リ ゾ ー ト で 、 最 高 の 夏 の 思 い 出 を 裏 磐 梯 へ 来 ら ん 会 津 若 松 ( 車 で 約 60 分 ・ 磐 梯 山 ゴ ー ル ド ラ イ ン が 便 利 ) 白 虎 隊 を は じ め 歴 史 と 文 化 あ ふ れ る 城 下 町 。 大 河 ド ラ マ “ 八 重 の 桜 ” で 注 目 度 UP ! 今 分 栄 ラ 約 町 気 陣 宿 み 宿 代 町 ド ラ イ プ ウ ェ イ は 絶 好 の ス ポ ッ ト 大 江 磐 梯 山 コ ー ル ド ラ イ ン 東 京 方 面 か ら の ア ク セ ス で も っ と も ポ ピ ュ ラ ー な の は 、 磐 越 自 動 車 道 ・ 猪 苗 代 梯 高 原 ℃ か ら 県 道 猪 苗 代 ・ 塩 川 線 を ン と 経 て 、 「 盤 梯 山 ゴ ー ル ド ラ イ ン 」 を 利 用 ラ ま す る ル ー ト 。 途 中 で は 磐 梯 山 爆 裂 火 口 の 絶 壁 や 猪 苗 代 湖 の 景 観 な ど を 望 む こ 、 び 区 並 国 と が で き ま す か ち 全 建 や 三 濁 ハ ラ ダ イ ス や 中 津 川 渓 谷 に 立 ち 寄 る ー が 今 軟 磐 梯 吾 妻 レ ー ク ラ イ ン 東 京 方 面 か ら 磐 越 自 動 車 道 を 利 用 す 方 は ラ る 場 合 は 、 盤 梯 熱 海 ℃ で 下 り て 、 母 成 一 号 市 喜 グ リ ー ン ラ イ ン 経 由 で 「 磐 梯 吾 妻 レ ー 裏 磐 梯 へ の ア ク セ ス に も 便 利 な 5 つ の 山 岳 観 光 道 路 磐 梯 吾 妻 ス カ 、 ′ 第 イ ラ イ ン ・ 磐 梯 山 ゴ ー ル ド ラ イ ン ・ 第 ' " = 、 , 磐 梯 吾 妻 レ ー ク ラ イ ン の 3 路 線 は 昨 年 か ら 無 料 開 放 と な り ま し た ( 月 中 旬 ま で 通 行 可 ) 。 雄 大 な 景 観 と 快 適 な ド ラ イ ブ も 楽 し み 一 】 ー 磐 梯 吾 妻 ス カ イ ラ イ ン 福 島 方 面 へ の ア ク セ ス に は 「 磐 梯 吾 妻 ス カ イ ラ イ ン 」 が お す す め 。 土 湯 峠 周 辺 の 絶 景 を 鑑 賞 で き る こ の ル ー ト は 、 『 日 本 の 道 10 0 選 」 に も 選 ば れ て い ま す し ド ラ イ プ コ ー ス 。

るるぶ会津 磐梯 福島'15 (国内シリーズ)


会 津 & 磐 梯 高 原 王 道 ド ラ イ プ 会 津 若 松 市 街 に 点 在 す る 名 所 や 史 跡 、 磐 梯 高 原 に 広 が る 絶 景 な ど を ひ と 巡 り 。 こ の エ リ ア に 来 た ら 絶 対 に ハ ズ せ な い 歴 史 & 自 然 ス ポ ッ ト を 集 め た 、 ゴ ー ル デ ン プ ラ ン を ご 紹 介 ! 命 津 若 , 松 の シ ル つ 一 る が じ 「 よ う 会 津 瀛 の 歴 史 に 迫 る 文 禄 2 年 ( 1 593 ) 、 当 時 の 会 津 領 主 ・ 彌 圭 氏 郷 に よ っ て 整 備 さ れ た 名 城 。 天 守 閣 は 昭 和 40 年 9 月 に 復 元 さ れ た も の で 、 内 部 は 貴 重 な 資 料 や バ ネ ル が 展 示 さ れ た ミ ュ ー ジ ア ム に な っ て い る 。 ( 陸 011 年 、 幕 末 時 の 赤 瓦 に 葺 き 替 え ら れ た ラ ン チ は 会 津 伝 統 毋 胆 匿 鶴 井 筒 へ 築 1 OO 年 以 上 を 数 え る 豪 農 屋 敷 を 移 築 し た レ ト ロ な 郷 土 料 理 店 。 自 慢 は 会 津 そ ば に 、 棒 タ ラ 煮 、 ニ シ ン の 山 椒 漬 、 こ づ ゆ 、 味 歴 史 歩 噌 田 楽 な ど が 付 く 会 津 丸 か じ り セ ッ ト 1575 円 な ど 。 戊 辰 戦 争 を 戦 っ た 白 虎 隊 士 た ち が 眠 る 小 高 い 山 。 山 腹 に は 、 白 虎 隊 十 九 士 の 墓 や 、 江 戸 時 代 後 期 に 建 て ら れ た 国 指 定 重 要 文 化 財 の さ ざ え 堂 な ど が あ り 、 歴 史 散 策 を 楽 し む の に び っ た り 。 0 さ ざ え 堂 は 通 路 が ら 線 状 に な っ た 不 思 議 な 造 り ① 白 虎 隊 十 九 士 の 墓 に は 1 9 名 の 墓 石 が 一 列 に 並 ぶ 、 定 番 の 歴 史 ス ポ ッ ト と 自 然 を 満 喫 す る 1 泊 2 日 週 末 は 会 津 タ ビ 寺 代 を 伝 - 激 動 の ー の 名 COURSE PLAN 1 日 目 5 ヤ 0 1 日 目 ま ず は 駅 前 で レ ン タ カ ー を 借 り よ う ( 詳 細 は 付 録 ② P16 参 照 ) 。 JR 会 津 若 松 駅 国 道 1 18 号 2.8 鶴 ケ 城 国 道 1 1 8 号 ・ 県 道 325 号 3.7km 鶴 井 筒 県 道 325 号 3.7 飯 盛 山 県 道 325 号 ・ 国 道 49 号 ・ 県 道 64 号 ・ 磐 梯 山 ゴ ー ル ド ラ イ ン ・ 国 道 459 号 33km 裏 磐 梯 高 原 ホ テ ル 国 道 459 号 4.4km 五 色 沼 自 然 探 勝 路 国 道 459 号 リ ス ト ラ ン テ ィ ル レ ガ ー ロ 国 道 459 号 0.4km 磐 梯 高 原 ド ラ イ ブ ( 磐 梯 吾 妻 レ - ク ラ イ ン 剣 ケ 烽 出 入 口 ) 磐 梯 吾 妻 レ ー ク ラ イ ン ・ 磐 梯 吾 妻 ス カ イ ラ イ ン ・ 国 道 1 15 号 ・ 一 般 道 72.1 km JR 福 島 駅 2 日 目 う し さ と 詳 細 は PI 0 へ 会 津 丸 か じ り セ ッ ト で 郷 土 の 味 に 舌 鼓 つ る い づ ? Go 駅 前 の 営 業 所 で レ ン タ カ ー を 乗 り 捨 て し よ う ( 詳 細 は 各 レ ン タ カ ー 会 社 へ 要 問 合 せ ) 。 詳 細 は P23 へ OP 引 ON ① 会 津 若 松 で も う 1 カ 所 ! 時 間 が あ る 人 は 湯 温 泉 裏 磐 梯 高 原 ホ テ ル ゞ フ ル ー ツ ラ イ ン 磐 梯 高 原 ド ラ イ プ ・ : 第 梯 吾 妻 野 磐 梯 吾 妻 ・ ス カ イ ラ イ ン 桧 原 湖 川 レ ー ク ラ イ ン ・ / 、 . 赤 湯 秋 元 湖 ・ ・ 、 ・ 五 . リ ス ト ラ ン テ ィ ル レ ガ ー ロ 五 色 沼 自 然 探 勝 路 /. き / 磐 梯 山 J R 会 津 若 松 駅 飯 盛 山 鶴 井 筒 猪 苗 代 湖 福 島 西 、 、 、 ・ GOAL J R 福 島 駅 こ 0 正 面 入 口 を 抜 け る い 會 一 レ 堂 「 大 成 殿 」 が あ る あ 10km を 当 松 ・ / 顰 と し 詳 細 は PI 2 へ OP ON ① 書 津 藩 校 日 新 館 ・ . 猪 苗 代 磐 梯 高 原 459 磐 梯 河 東 . 一 . - 会 津 若 松 ・ ・ 第 物 , ニ 本 松 ・ 江 戸 時 代 、 国 内 屈 指 の 教 育 水 準 を 誇 っ た 学 問 所 「 日 新 館 」 の 再 現 施 設 。 藩 士 の 子 弟 は 1 0 歳 に な る と 入 学 が 義 務 づ け ら れ た と い う 。 講 釈 所 ( 大 宀 や 水 池 な ど が 見 学 で き る 。 詳 細 は PI 5 へ ・ START 磐 越 自 動 車 磐 梯 熱 海 49 / 郡 山 JCT , 会 津 磐 梯 福 島 ' 15 」 ' る る ぶ

るるぶ会津 磐梯 福島 '13


猪 苗 代 ・ 磐 梯 高 当 船 引 = 城 、 ・ ー 福 島 飯 北 自 動 車 梯 猪 苗 代 猪 苗 代 猪 磐 磐 △ 襲 梯 高 原 、 を 車 . 松 越 動 直 若 ・ い な わ し ろ ・ ば ん だ い こ う げ ん ア ク セ ス 「 会 津 若 「 喜 多 方 猪 苗 代 磐 梯 高 原 ℃ 磐 梯 高 原 鉄 道 バ ス . 東 京 駅 車 — 国 道 115 ・ 459 号 な ど 約 19km 川 口 JCT 郡 山 JCT 猪 苗 代 磐 梯 高 原 ℃ 猪 苗 代 湖 ( 長 浜 ) 東 北 自 動 車 道 約 220km 磐 越 自 動 車 道 約 26 km 国 道 115 ・ 49 号 約 7km ; JR 東 北 新 幹 線 や ま び こ ・ な す の . 1 時 間 25 ~ 45 分 ! JR 磐 越 西 線 ー 約 40 分 郡 山 駅 猪 苗 代 駅 大 内 宿 ・ ( ~ 「 南 会 津 ゞ 山 形 県 城 県 福 島 県 栃 木 県 ~ 茨 城 県 ) 新 潟 県 / 菖 多 方 山 形 県 ー 福 島 会 津 若 松 こ の エ リ ア の 観 光 道 路 が 無 料 開 放 中 ! 磐 梯 高 原 ド ラ イ ブ 人 気 の ド ラ イ ブ コ ー ス 、 磐 梯 吾 妻 ス カ イ ラ イ ン な ど 3 道 路 が 2012 年 は 無 料 開 放 中 。 通 行 期 間 は 11 月 中 旬 ま で 。 美 し い 沼 の 色 に 注 目 五 色 沼 ハ イ キ ン グ 美 し い 自 然 を 感 じ る な ら 磐 梯 高 原 の ハ イ キ ン グ コ ー ス へ 。 特 に 人 気 の 高 い 五 色 沼 自 然 探 勝 路 が オ ス ス メ 。 ま っ た り く つ ろ ぐ 高 原 カ フ ェ ・ ・ ・ P76 森 と 湖 沼 に 囲 ま れ た カ フ ェ で の ん び り で き る の も 、 こ の エ リ ア の 魅 ー 第 力 。 大 自 然 で 遊 ん だ 後 の 休 憩 に ピ ッ タ リ 。 ・ ・ ・ P64 に 坂 エ メ ラ ル ド グ リ ラ や コ バ ル ト プ ト の 湖 沼 が き れ い : 温 島 五 色 沼 自 然 探 勝 路 で 高 原 ハ イ ク ・ ・ ・ P70 磐 梯 高 原 & 猪 苗 代 で ネ イ チ ャ ー ア ク テ ィ ビ テ ィ ・ ・ ・ P72 山 の 幸 に め ぐ ま れ た 熱 郡 至 福 の 高 原 ラ ン チ ・ ・ ・ P74 物 山 小 高 い 丘 に た た す む 温 を 高 原 カ フ ェ ・ ・ ・ P76 猪 苗 代 工 リ ア ガ イ ド ・ ・ ・ ・ ・ ・ P78 磐 梯 高 原 工 リ ア ガ イ ド ・ ・ ・ ・ ・ ・ P81 ワ コ コ ロ も カ ラ ダ も リ フ レ ッ シ ュ わ ァ き ン 高 原 リ ゾ ー ト ス テ ィ ・ ・ ・ P84 隻 , ス : ン し も め 高 人 る 原 ラ 楽 あ イ 妻 ン 吾 晶 い ス 士 に カ 五 色 沼 自 然 探 勝 路 で 見 ら れ る 工 ゾ ア ジ サ イ 磐 梯 高 原 ・ ・ ・ P70 磐 梯 高 原 63

会津・磐梯・喜多方 (楽楽―東北)


梯 猪 苗 代 は ん だ い ・ い な わ し ろ 磐 梯 山 の 南 北 に 広 が る 高 原 と 湖 沼 群 の リ ゾ ー ト エ リ ア 島 県 の ほ ほ ・ 中 央 、 標 高 1819m の 磐 梯 山 を 中 ・ 猪 苗 代 湖 の 面 積 は 103.3km2 で わ が 国 4 心 に 広 が る 山 岳 ・ 高 原 地 帯 。 南 側 の 猪 苗 代 工 番 目 の 広 さ 。 深 さ は 最 第 , = 第 0 北 側 0 裏 磐 梯 0 = れ 0 。 猪 苗 代 = 0 0 中 深 で 93.5m あ る 。 。 製 第 町 心 は 、 猪 苗 代 湖 北 岸 一 帯 。 特 に 、 こ の 地 域 出 身 の 細 ・ 猪 苗 代 湖 の 水 質 は △ ( 上 ) 猪 苗 代 と 裏 菌 学 者 ・ 野 口 英 世 の 記 念 館 周 辺 が 観 光 の メ イ ン だ 。 弱 酸 性 。 そ の た め 湖 磐 梯 を 結 ぶ 磐 梯 山 面 は 美 し い プ ル ー だ ゴ ー ル ド ラ イ ン ( 下 ) 一 方 、 磐 梯 山 北 麓 の 裏 磐 梯 の 中 心 は 、 五 色 沼 と 桧 原 が 、 生 息 す る 魚 の 種 紅 葉 も 美 し 、 五 色 沼 湖 周 辺 。 一 帯 に は 、 明 治 21 年 ( 1888 ) の 磐 梯 山 の 大 類 は 限 ら れ て い る 。 噴 火 に よ っ て 形 成 さ れ た 大 小 38 余 り の 湖 沼 が 点 在 し 、 ト レ ッ キ ン ・ 五 色 沼 が 様 々 な グ や 、 キ ャ ン プ 、 ス キ ー な ど 、 四 季 を 通 し て レ シ ャ ー を 楽 し め る 一 大 色 あ い を 見 せ る の は 、 水 質 や 水 中 の 苔 な ど 高 原 リ ゾ ー ト に な っ て い る 。 な お 、 猪 苗 代 工 リ ア か ら 見 る と 「 会 津 富 の 違 い に よ る も の 。 士 」 の 別 名 ど お り の 円 錐 形 た が 、 裏 磐 梯 方 面 か ら は サ ッ ク リ と え ぐ ・ 日 本 初 の 医 学 賞 ら れ た よ う な 火 口 壁 の 生 々 し い 姿 を 望 め る 、 と い う よ う が 野 口 英 世 医 学 賞 。 に 、 様 相 が ガ ラ リ と 変 わ る 磐 梯 山 の 景 観 も お 見 逃 し な く 。 2008 年 5 月 に は 第 1 回 授 賞 式 が 行 わ れ た 。 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス ー ・ 一 、 ( 第 ) 」 R 磐 越 西 線 新 潟 方 面 行 き 猪 苗 代 町 商 工 観 光 課 約 38 分 谷 0242-62-2 ⅱ 7 猪 苗 代 観 光 協 会 」 R 磐 越 西 線 郡 山 行 き 谷 0242-62-2048 約 30 分 裏 磐 梯 観 光 協 会 国 道 1 15 ・ 49 号 谷 024 ト 32-2349 約 3.5km 裏 磐 梯 ビ ジ タ ー セ ン タ ー 谷 024 ト 32-2850 国 道 1 15 号 ・ 県 道 2 号 ・ 国 道 459 号 約 15.5km 裏 磐 梯 サ イ ト ス テ ー シ ョ ン 谷 024 ト 32-2411 国 道 1 15 号 ・ 県 道 5 号 ・ 県 道 70 号 旅 ワ サ 約 23km 裏 磐 梯 の 自 然 を よ り 深 く 知 る た め に 裏 磐 梯 に は 19 も の 自 然 探 勝 路 が 整 備 さ れ 、 事 前 に 予 約 を す れ ば ガ イ ド も し て く れ る 。 プ ロ の 解 説 付 き な ら 裏 磐 梯 の 自 然 を よ り 深 く 知 る こ と が で き る 。 ・ 問 合 せ ・ 申 し 込 み 裏 磐 梯 観 光 協 会 谷 0241-32-2349 グ ラ ン テ コ リ ゾ ー ト 谷 0241-32-2530 ホ ク ひ と り 猪 苗 代 の 冬 は し ぶ き 氷 に も 注 目 湖 水 の し ぶ き が 旅 ネ タ P5 D , 日 , 2 賑 や か な の は 野 口 英 世 記 念 館 周 辺 ー ー イ 曾 曜 ) コ コ ! ハ ス 停 裏 磐 梯 高 原 駅 周 辺 ′ ー 第 わ ) 猪 苗 代 湖 ( 遊 覧 船 ) ー ー イ 曾 4 ) 天 鏡 閣 ′ ー イ 参 ) 会 津 民 俗 館 ー ー - ( 邨 参 ) 野 口 英 世 記 念 館 ー ー イ 邨 第 昉 主 な 見 ど こ ろ は 磐 梯 山 噴 火 記 念 館 ー ー 第 ) コ コ ! 諸 橋 近 代 美 術 館 ー ー - 参 躱 〕 ) 桧 原 湖 ー ー 知 参 ) 五 色 沼 ー ー - 第 ) 雄 国 沼 湿 原 ー ・ 一 参 照 中 津 川 渓 谷 / ー - 第 : 〕 ) 郡 山 駅 ( 」 R) 会 津 若 松 駅 ( 」 R) 磐 越 自 動 車 道 猪 苗 代 磐 梯 高 原 ℃ 磐 越 自 動 車 道 猪 苗 代 磐 梯 高 原 ℃ 東 北 自 動 車 道 福 島 画 C ロ 英 世 記 念 五 色 沼 入 口 フ の

会津・磐梯・喜多方 (楽楽―東北)


湖 そ 猪 苗 代 湖 側 か ら 見 た 冬 景 色 の 磐 梯 山 山 】 は ん だ い さ ん 曽 原 湖 磐 梯 山 会 津 富 士 の 別 名 も あ る 福 島 を 代 表 す る 名 山 谷 024 ト 32-2349 ( 裏 磐 梯 観 光 協 会 ) P80 B-3 湖 岸 周 囲 3.5km な 。 裏 磐 梯 4 湖 中 最 も 小 さ な 湖 最 大 水 深 12m 谷 0241-32-2349 ( 裏 磐 梯 観 光 協 会 ) と 深 さ も 控 え め な が ら 、 景 P80 B-I 色 は 抜 群 小 さ い な が ら 、 周 囲 の 山 々 を 映 す 湖 面 の 美 し さ で 知 ら れ 、 湖 の 北 ~ 南 岸 に か け て 多 く の ペ ン シ ョ ン や キ ャ ン プ 場 な ど が 点 在 す る 。 湖 の 西 岸 沿 い に は 曽 原 湖 畔 探 勝 路 が 設 け ら れ て お り 、 訪 れ た キ ャ ン / ヾ ー ら の 格 好 の 散 策 路 に な っ て い る 。 」 R 猪 苗 代 駅 か ら 磐 梯 東 都 バ ス 桧 原 行 き で 32 分 、 ノ ヾ ス 停 曽 原 湖 前 下 車 、 徒 歩 す ぐ 臥 散 策 自 引 台 裏 磐 梯 五 色 沼 の 毘 沙 門 沼 か ら 望 む 磐 梯 山 は 荒 々 し い 山 容 磐 梯 山 は 標 高 1818.6m 、 会 津 磐 梯 山 の 呼 び 名 や 会 津 富 士 の 別 名 を 持 つ 独 立 峰 の 成 層 火 山 で 、 猪 苗 代 町 、 磐 梯 町 、 北 塩 原 村 に ま た が っ て 立 つ 。 日 本 百 名 山 の 一 つ に 数 え ら れ 、 古 く は 「 天 に 架 か る 周 囲 を 樹 木 に 岩 の 梯 子 」 を 意 味 す る 磐 梯 ( い わ は し ) 山 と 呼 ば れ 谷 024 ト 32-2349 ( 裏 磐 梯 観 光 協 会 ) 囲 ま れ た 湖 面 て い た 。 現 在 猪 苗 代 湖 か ら 望 む 磐 梯 山 は 中 腹 に ス に は 数 多 く の P80 B-2 キ ー 場 を 抱 え た 穏 や か な 姿 を 見 せ て い る が 、 裏 磐 島 が 浮 か ぶ 梯 か ら 見 る 北 面 は ガ ラ リ と 印 象 が 変 わ る 。 明 治 21 小 野 川 が せ き 止 め ら れ て 生 ま れ た 湖 で 、 桧 原 湖 、 年 ( 1888 ) の 噴 火 に よ る 大 崩 壊 で 露 出 し た 火 口 壁 秋 元 湖 に 次 ぐ 3 番 目 の 広 さ 。 上 流 域 に は 小 野 川 湧 が 、 生 々 し い 痕 跡 を 見 せ て い る た め だ 。 元 は 富 士 水 群 と 総 称 さ れ る 多 数 の 清 水 が 湧 く 。 磐 梯 吾 妻 レ 山 型 だ っ た 山 容 が 数 万 年 来 の 噴 火 の 繰 り 返 し で ー ク ラ イ ン ( → P84 参 照 ) の 剣 ケ 峰 料 金 所 手 前 2 変 化 し 、 そ の 過 程 で 猪 苗 代 湖 も で き た と い わ れ て 分 ほ ど の と こ ろ に 湖 畔 へ の 遊 歩 道 が あ る 。 い る 。 磐 梯 山 は 噴 火 に よ っ て 災 害 を も た ら し た と 」 R 猪 苗 代 駅 か ら 磐 梯 東 都 ハ ス 裏 磐 梯 方 面 行 き で 26 同 時 に 、 ま た と な い 自 然 環 境 を 造 り 出 し た 、 と い う 分 、 パ ス 停 小 野 川 湖 入 口 下 車 、 徒 歩 IO 分 猪 苗 代 磐 梯 高 こ と に な る 。 原 ℃ 力 、 ら は 約 16km 散 策 自 周 辺 駐 車 場 利 用 0 【 湖 】 ひ ば ら 桧 原 湖 DATA 【 湖 】 小 野 川 湖 お の が わ 谷 に 沿 っ て 長 く 延 ひ る せ き 止 め 湖 DATA 水 中 に 生 え て 磐 梯 吾 妻 レ ー ( 裏 磐 梯 観 光 協 会 ) い る " 埋 も れ 谷 0241-32-2349 ( 裏 磐 梯 観 光 協 会 ) ク ラ イ ン か ら 谷 0241-32-2349 木 " が 元 は 陸 は 湖 の 全 景 が P80 C-2 P80 A,B-l,2 地 だ っ た 証 一 望 で き る 明 治 21 年 ( 1888 ) の 磐 梯 山 の 噴 火 に よ り 、 旧 桧 原 裏 磐 梯 東 部 の 中 津 川 と 大 倉 川 が せ き 止 め ら れ て 村 を 流 れ て い た 長 瀬 川 、 桧 原 川 な ど が せ き 止 め ら で き た 湖 。 湖 岸 周 囲 は 約 13km と 広 さ は 桧 原 湖 の 約 半 分 な が ら 、 最 大 水 深 は 33.2m で 4 湖 中 最 も れ て 、 裏 磐 梯 工 リ ア 最 大 の 湖 に 成 長 し た 。 東 岸 に は 桧 原 湖 畔 探 勝 路 が 整 備 さ れ て い る ほ か 、 湖 上 深 い 。 バ ス フ ィ ッ シ ン グ や ポ ー ト 遊 び が で き る ほ か 、 湖 岸 に は サ イ ク リ ン グ ロ ー ド も 整 備 。 を 巡 る 遊 覧 船 ( → P82 参 照 ) も あ る 。 朝 」 R 猪 苗 代 駅 か ら 磐 梯 東 都 バ ス 裏 磐 梯 高 原 駅 経 由 休 猪 苗 代 磐 梯 高 原 に か ら 車 で 約 15kn1 以 散 策 自 虫 暇 村 ・ 喜 多 方 行 き で 35 分 、 パ ス 停 裏 磐 梯 高 原 駅 下 車 、 周 辺 駐 車 場 利 用 徒 歩 す ぐ 臥 散 策 自 虫 周 辺 利 用 【 湖 】 あ き も と 秋 元 湖 東 西 に 延 び る 深 い 谷 に 生 ま れ た 湖 磐 梯 山 噴 火 が 生 ん だ 裏 磐 梯 最 大 の 湖 DATA DATA

るるぶ会津 磐梯 福島'15 (国内シリーズ)


イ ジ & レ - ク ラ イ ン ラ 原 レ 高 秋 カ ス 梯 漱 景 . い 大 や ら 0 要 、 会 津 地 方 と 磐 梯 高 原 を 結 ぶ 磐 梯 山 ゴ ー ル ド ラ イ ン と 、 裏 磐 梯 の 湖 を 縫 う よ う に 走 る 磐 梯 吾 妻 レ ー ク ラ イ ン 。 黄 金 平 や 三 湖 バ ラ ダ イ ス な ど 、 絶 景 が 次 々 と 目 に 飛 び 込 ん で く る 。 緑 豊 か な 大 自 然 を 楽 し み な が ら 走 ろ う ! 約 1 時 間 30 分 ※ 立 ち 寄 り ス ポ ッ ト を 除 く 磐 越 自 動 車 道 磐 梯 河 東 ℃ 約 8km ー ス の お 楽 し D 磐 梯 山 ゴ ー ル ド ラ イ ン 源 橋 出 入 口 約 4km 山 湖 台 約 2km ま ほ ろ し の 滝 約 5km ー ス 上 の お 楽 し A 黄 金 平 約 4km 磐 梯 山 ゴ ー ル ド ラ イ ン 桧 原 出 入 口 す 朝 静 寂 な 猪 苗 代 湖 と 荒 々 し い 磐 梯 山 が " 、 、 鳶 織 り 成 す 絶 景 を 望 め る ビ 0 ー ポ イ ン 約 5km ト 。 天 気 の 良 い 日 に は 湖 の 向 こ う に 那 ー ス 上 の お 楽 し B 須 連 山 の 稜 線 が は っ き り 見 え る 。 磐 梯 吾 妻 レ ー ク ラ イ ン 剣 ケ 峰 出 入 口 涼 風 峠 約 2km 三 湖 バ ラ ダ イ ス 約 3km ー ス 上 の お 楽 し ( E ー 中 津 川 橋 約 8km 磐 梯 吾 妻 レ ー ク ラ イ ン 若 宮 出 入 口 約 16.5km 約 1 7km 磐 越 自 動 車 道 猪 苗 代 磐 梯 高 原 ℃ 磐 梯 吾 妻 ス カ イ ラ イ ン 土 湯 出 入 口 ・ , : へ 北 塩 原 村 約 59km 猪 苗 代 湖 な ど 磐 梯 工 リ ア を 見 下 ろ す 爽 快 な 景 色 ~ , , ー 静 と 動 が 同 居 す る 宿 絶 景 度 ☆ ☆ 1 山 湖 台 maD 巨 大 噴 火 口 至 近 距 離 ま で 迫 を 山 湖 台 に は 眺 望 で き る 景 色 を 解 説 し た 案 内 板 が 設 置 さ れ て い 分 駐 ブ ら 転 ! ま 00 ^ ー ま ・ 中 津 川 橋 6 三 湖 バ ラ ダ イ ス 巧 涼 風 峠 4 64 川 渓 谷 秋 元 湖 白 布 山 人 : 五 色 沼 自 然 探 勝 路 磐 土 湯 沢 温 泉 当 中 津 川 渓 谷 雄 国 沼 山 / ス ト ハ ウ 魔 ヶ 岳 や ま び こ ー ー 猫 魔 乞 探 勝 路 ( ハ 方 台 入 口 ) 0 磐 梯 町 、 ア 70 459 ◎ 磐 梯 吾 妻 カ イ フ ィ ン へ 3 黄 金 平 雄 国 山 当 - ヂ は ヂ ま 1 、 幻 」 と 名 付 け れ た 穴 場 的 瀑 布 を 絶 景 度 ☆ 2 ま ぼ ろ し の 滝 喜 多 方 市 広 い 駐 車 場 が あ る の で 車 を 停 め て 散 策 で き る 2 ま ほ ろ し の 滝 1 山 湖 台 ま ほ ろ た き 絶 景 度 ☆ ☆ ☆ 64 猪 苗 代 町 3 黄 金 平 66 3 歩 道 が 整 備 さ れ た 近 年 ま で 、 隣 住 民 に も そ の 存 在 が 知 ら れ い な か っ た こ と か ら 名 が 付 い 落 差 10m ほ ど の 優 雅 な 滝 だ 。 ma 当 押 立 温 泉 ・ 剿 ll 酒 造 売 店 ゆ っ 蔵 ー 璽 島 越 西 6B3 明 治 21 年 ( 1888 ) の 磐 梯 山 の 大 噴 火 に よ っ て で き た 爆 裂 火 口 壁 を 間 近 で 見 る こ と が で き る 。 大 自 然 の 荒 々 し さ を 感 じ ら れ る ス ポ ッ ト 。 磐 梯 河 東 ・ 磐 越 自 動 車 道 〇 猪 苗 代 町 役 場 担 苗 代 猪 苗 代 磐 梯 高 原 010 台 050 台 会 津 磐 梯 福 島 、 15 / ・ る る ぶ

るるぶ会津 磐梯 福島'15 (国内シリーズ)


ド ラ イ プ 早 か り 一 ~ 景 禁 風 車 た 停 方 い 湯 達 涼 の 自 平 て 泉 が 先 、 し ロ ち を 部 カ 高 の 仙 の 一 泉 の ス ス セ ・ 魔 コ 平 タ 尺 - グ 土 ジ ・ 仙 く ン . 浄 ビ 不 フ 、 県 平 岳 . 局 前 十 十 十 十 ~ 景 色 物 駆 = サ 。 抜 広 る ノ 同 冫 海 ラ 品 泉 lt 福 島 、 岳 温 泉 . 磐 梯 熱 海 本 宮 . CHECK/ 磐 梯 山 【 ば ん だ い こ う げ ん 】 高 原 と 湖 沼 群 の 絶 景 に 感 動 ロ 攤 吾 妻 ス カ イ ラ イ ン CO 24-522-21 1 5 ( 福 島 県 県 北 建 設 事 務 所 企 画 調 査 課 ) 付 録 ② PI 0E1 ~ F2 28.7km 月 8 日 ~ 1 1 月 1 5 日 ※ 2014 年 の 予 定 こ ん な 道 路 で す 山 形 と の 県 境 に 位 置 す る 吾 妻 連 峰 の 西 側 を 通 り 、 土 湯 峠 か ら 福 島 市 内 に 続 く 高 湯 温 泉 ま で を つ な ぐ 道 路 。 景 色 の 特 徴 吾 妻 連 峰 で あ る 一 切 経 山 の 荒 々 し い 岩 肌 や 、 浄 土 平 湿 原 の 美 し い 緑 な ど 、 多 彩 な 表 情 を 見 せ る 景 色 が 魅 力 。 三 町 ご し き ぬ ま し ぜ ん た ん し よ う ろ 天 候 や 時 間 帯 、 見 る 角 度 に よ っ て 色 を 変 え る 美 し い 沼 が 点 在 す る 、 裏 磐 梯 屈 指 の 人 気 ス ポ ッ ト 。 比 較 的 起 伏 が 少 な い の で ハ イ キ ン グ 初 心 者 で も 手 軽 に 訪 . ー ー = れ ら れ る の が 魅 力 。 探 勝 路 沿 い に 咲 く 高 原 植 物 も 必 見 だ 。 P50 雄 大 な 吾 妻 連 烽 や 湖 沼 を 駆 け 抜 け 磐 梯 高 原 を 縦 断 す る ド ラ イ ブ ル ー ト 。 3 つ あ る 道 路 の ル ー ト や 景 色 の 特 徴 を 抑 え て 、 快 適 ド ラ イ ブ を 楽 し も う ! 岩 代 ′ 美 術 福 島 西 イ バ ス 夫 温 可 武 隈 川 福 島 福 島 西 旧 か ら 磐 梯 吾 妻 ス カ イ ラ イ ン の 浄 土 平 方 面 へ は こ の ル ー ト で 福 島 松 川 ス マ ー NC 併 設 。 土 湯 温 泉 方 面 へ の ア ク セ ス に 便 利 ル 島 、 、 中 作 山 115 東 吾 妻 双 竜 の 辻 女 沼 高 山 懃 第 温 泉 き 新 幕 月 温 泉 天 風 境 国 見 台 森 山 と 土 湯 温 泉 栂 森 △ 水 原 川 笹 森 山 磐 梯 吾 妻 ス カ イ ラ イ ン か ら 国 道 1 1 5 号 へ は こ こ で 入 れ る 篭 此 達 太 良 福 島 - 塩 沢 温 泉 、 ・ ・ △ 二 30 石 山 東 北 自 動 車 道 、 黒 山 一 70 ・ 東 北 サ 広 域 マ ッ プ ・ 付 録 ② P4H2 ~ 3 ク イ ッ ク ! ア ク セ ス チ ャ ー 磐 梯 東 都 ハ ス 裏 磐 梯 高 原 駅 方 面 行 き 裏 磐 梯 観 光 協 会 00241-32-2349 沼 尻 温 泉 日 蔭 山 猪 苗 代 駅 磐 越 自 動 車 道 猪 苗 代 磐 〕 諸 橋 近 代 美 術 館 梯 高 原 ℃ 、 五 色 沼 入 口 小 野 川 湖 入 口 磐 梯 高 原 駅 磐 梯 高 原 あ 湯 達 太 温 泉 24 国 道 1 1-5 ・ -459 号 約 19km 大 玉 、 . △ 苗 松 山 第 山 ′ 田 駅 ー ー ー - 、 西 高 森 、 飛 山 * は ん だ い あ づ ま す か い ら い ん 三 ッ 森 贐 水 荒 涼 と し た 、 岩 肌 が 迫 る ? 。 守 山 本 」 本 宮 夢 想 山 、 、 ン 郡 山 市 磐 越 自 動 車 総 距 離 通 行 期 間 一 吉 山 安 達 太 SA ー 大 名 朝 Ⅱ ー 海 ノ レ ノ 五 古 川 PA 熱 海 日 駅 高 塚 山 40 ば ん だ い さ ん 0242-74-1214 ( 磐 梯 町 商 工 観 光 課 ) ・ P66C3 標 高 1816m 、 別 名 「 会 津 富 士 」 と も 呼 は れ る 福 島 県 を 代 表 す る 活 火 0 梯 町 朝 八 方 台 登 山 口 へ 山 。 八 方 台 登 山 口 の ル ー ト は 登 山 は JR 磐 梯 町 駅 か ら 車 で 30 分 初 心 者 で も 比 較 的 登 り や す い 。 所 朝 の の 散 策 自 由 ( 山 開 き 5 月 要 約 4 時 間 。 山 麓 の 湖 沼 群 や 山 頂 第 4 日 曜 ~ 1 1 月 こ ろ ) 050 台 か ら の 大 展 望 な ど 見 ど こ ろ 満 載 。 ( 八 方 台 駐 車 場 ) 郡 山 T CHECK ′ 五 色 沼 自 然 探 勝 路 会 津 梯 福 島 ' 15 / / る る ぶ