検索 - みる会図書館

全データから 205095件ヒットしました。

九州(楽楽 九州 1)


島 . 島 児 崎 久 鹿 宮 屋 二 、 ? : 第 , を を 二 卞 :. を ・ い ウ 岸 . タ 海 島 児 島 宿 覧 島 崎 南 久 鹿 桜 指 知 霧 宮 日 屋

日本の街道 3 雪の国 北陸


曾 々 木 海 岸 ム ヒ - 登 - 島 外 浦 の 岩 石 海 岸 て 、 尋 岐 の 険 ・ 水 門 崖 ・ 窓 石 な ど の 奇 勝 が あ る 。 冬 に は 「 波 の 花 」 と 呼 ば れ る し ぶ き が 飛 ぶ 能 登 の 毎 の 水 に っ 医 、 と 、 、 い 、 島 / 、 ネ も り , 松 瀬 青 々 ノ 0

日本の天然記念物 3 植物Ⅰ


ド を な 病 こ ま ボ ロ ジ ノ ニ シ キ ソ ウ は ミ ク ロ ネ シ ア や 実 が 島 民 の 食 用 に も な っ て い る ア ッ パ ク オ ー ス ト ラ リ ア か ら と び 離 れ て こ こ に 分 布 す コ 。 南 大 東 島 の ほ か 、 ハ ワ イ 、 小 笠 原 に 分 布 す る 。 0 石 波 の 海 岸 樹 林 ( 宮 崎 ) 野 猿 の 生 息 地 幸 島 ( 第 1 巻 参 照 ) と 向 か い あ っ た 本 土 側 海 岸 に あ り 、 亜 生 植 物 の 多 い 天 然 防 ) 木 と な っ て い る 。 長 さ 1500 メ ー ト ル に お よ ぶ 。 0 南 大 東 島 東 海 岸 植 物 群 落 ( 沖 縄 ) 波 し ぶ き を 浴 び る 岩 石 也 帯 に 、 島 内 の 開 拓 か ら と り 残 さ れ て 植 物 群 落 カ 夥 も し て い る 。 を ご 、 、 ツ ・ に ー 擘

Wedge (ウェッジ) 2016年 10月号 [雑誌]


領 海 領 海 の 基 線 ( 通 常 は 海 岸 の 低 潮 線 ) か ら 12 海 里 ( 1 海 里 は 1 852km ) 。 沿 岸 国 の 主 権 が 及 ぶ 。 接 続 水 域 領 海 の 基 線 か ら 24 海 里 。 沿 岸 国 が 、 密 輸 入 や 密 入 国 な ど 法 令 違 反 の 防 止 の た め に 必 要 な 規 制 を 行 え る 。 領 空 領 土 と 領 海 の 上 空 を 指 す 。 排 他 的 経 済 水 域 (EEZ) 領 海 の 基 線 か ら 200 海 里 ま で の 範 囲 で 、 漁 業 や 石 油 掘 削 や 人 工 島 、 構 築 物 の 設 置 、 海 洋 の 科 学 的 調 査 な ど を 行 え 延 長 大 陸 棚 領 海 の 基 線 か ら 200 海 里 を 超 え て 漁 業 や 石 油 掘 削 な ど 、 天 然 資 源 の 探 査 、 開 発 や 人 工 島 、 構 築 物 の 設 置 を 行 え る 。 太 平 洋 八 丈 島 鳥 島 小 笠 原 諸 島 THE ASAHI SHIMBUN/GETTYIMAGES 北 方 領 土 1945 年 8 月 9 日 、 ソ ビ エ ト 連 邦 が 日 ソ 中 立 条 約 を 破 り 北 方 四 島 ( 択 捉 島 、 国 後 島 、 色 丹 島 、 歯 舞 群 島 ) に も 侵 攻 。 以 来 、 ソ 連 ( ロ シ ア ) が 実 効 支 配 。 ロ シ ア は 年 内 に 北 方 四 島 を 含 む 千 島 列 島 ( ク リ ル 諸 島 ) を 経 済 特 区 と し 、 約 690 億 ( 約 1100 億 円 ) を 投 資 す る と 発 表 し て お り 、 12 月 の 日 ロ 首 脳 会 談 で の 発 言 に 注 目 が 集 ま っ て い る 。 THE MAINICHI NEWSPAPERS/AFLO 小 笠 原 諸 島 2014 年 9 月 の 中 旬 以 降 、 周 辺 海 域 で 中 国 漁 船 に よ る サ ン ゴ の 密 漁 が 多 発 。 サ ン ゴ 密 漁 船 は 尖 閣 諸 島 周 辺 に あ ら わ れ る 漁 船 と は 違 い 統 率 さ れ た 動 き は 見 せ な か っ た と い う 。 、 THE YOMIURI SHIMBUN/AFLO 沖 ノ 鳥 島 と な る と 、 南 鳥 島 を 基 点 と し た EEZ を 失 う こ と に な て 、 国 連 海 洋 法 条 約 に お け る 「 島 」 で は な く 「 岩 」 が 駐 在 。 中 比 の 南 シ ナ 海 で の 仲 裁 裁 判 の 結 果 を 受 け 日 本 最 東 端 の 島 で 海 上 自 衛 隊 員 や 国 土 交 通 省 の 職 員 南 鳥 島 THE ASAHI SHlMBUN/GETTfiv1AGES 排 他 的 経 済 水 域 (EEZ) 日 本 最 南 端 の 島 で 、 日 本 の 国 土 面 積 を 上 回 る EEZ を 持 つ 。 中 比 の 南 シ ナ 海 で の 仲 裁 裁 判 の 結 果 を 受 け て 、 国 連 海 洋 法 条 約 に お け る 「 島 」 で は な く 「 岩 」 と な る と 、 そ の EEZ を 失 う こ と に な る 。 28

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


、 ・ 0 海 岸 よ 0 国 後 3 拓 捉 島 0000 流

日本の街道 1 風かけるみちのく


男 鹿 半 島 一 一 単 調 な 海 岸 線 を 突 き 破 る よ う に 日 本 海 に 出 た 半 島 て 、 戸 賀 湾 に は 宮 島 な ど が 点 在 す る 。 若 き 漁 夫 の ロ 笛 千 鳥 従 へ て 西 東 三 鬼

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


島 尾 敏 雄 文 学 紀 行 徳 之 島 を 取 材 中 の 奥 野 健 男 氏 ( 左 ) と 案 内 役 を っ と め る 島 尾 敏 雄 氏 ( 徳 之 島 ・ 山 の 海 岸 に て ) 離 島 へ の 旅 奧 野 健 男

日本の天然記念物 1 動物Ⅰ


い り お も て じ ま 0 仲 の 神 島 海 鳥 繁 殖 地 ( 沖 縄 ) 仲 ノ 神 島 は 西 表 島 の 西 南 約 16 キ ロ に あ る 無 人 の 小 島 て 、 、 周 囲 は 急 唆 な 絶 壁 と な っ て 海 に 落 ち 込 ん て 、 い る 。 地 せ ん か く 元 て 、 は こ の 島 を 「 ナ カ ノ ウ ガ ン ジ マ 」 と 呼 ぶ 。 力 強 く 流 れ る 黒 潮 に 磯 を 洗 わ れ る こ の 島 や 、 こ の 北 方 約 200 キ ロ に あ る 尖 閣 列 島 は 、 ア ジ サ シ 類 ・ カ ツ オ ド リ 類 ・ ミ ズ ナ ギ ド リ 類 な ど の 暖 海 毎 鳥 類 の 集 団 繁 歹 也 と し て 知 ら れ る 。 こ れ に 匹 敵 す る 集 団 繁 歹 也 は 小 笠 原 諸 島 に み ら れ る 。 ぐ ふ 「 な か か み し ま 工 リ グ ロ ア ジ サ シ は 春 5 月 頃 に 渡 来 し 、 9 月 頃 ま て 、 滞 在 す る 。 体 は 白 く 、 え り が 黒 い の が 牛 瓦 海 岸 近 く の 岩 場 に 集 団 て 、 繁 殖 す る 。

日本の街道 6 夢誘う山陽山陰


湖 山 池 ー ー ー 鳥 取 の 西 北 に あ る 潟 湖 て 、 湖 に は 青 島 ・ 猫 島 ・ 津 生 島 な ど 五 つ の 島 が あ り 、 西 岸 か ら 眺 め ら れ る 。 707 砂 丘 と 日 本 海 ー ー 鳥 耳 ヌ 砂 丘 は 東 西 16 キ ロ メ ー ト ル 、 南 北 2 キ ロ メ ー ト ル て 、 起 伏 に 富 み 、 風 紋 ・ 砂 簾 が 美 し い 。

日本の街道 8 日燃ゆる九州


島 原 半 . ′ 島 湯 を 大 矢 天 草 五 橋 池 0 有 明 富 崗 0 坂 瀬 川 0 ' 和 天 草 上 島 琴 北 。 本 渡 > 0 都 呂 々 0 栖 本 灘 0 小 田 床 、 = 0 高 浜 0 小 宮 地 0 天 草 大 。 。 津 。 宮 野 河 内 魚 貫 0 歴 史 と 詩 の 島 ・ 天 草 キ リ シ タ ン と レ ジ ス タ ン ス の 道 道 と な っ た 。 し か も 、 昭 和 四 十 一 年 九 月 か ら は 、 天 ′ 」 き よ う 天 草 の 海 と 生 活 の 道 草 の 東 部 の 島 々 を 結 ぶ 「 五 橋 」 が で き て 、 熊 本 へ の 天 草 は 「 キ リ シ タ ン の 島 」 「 レ ジ ス タ ン ス の 島 」 従 属 が い っ そ う 強 ま っ た 。 し か し 、 天 草 の 生 活 交 流 「 歴 史 と 詩 の 島 」 な ど 、 い ろ い ろ と い わ れ て き た 。 圏 は 昔 か ら 、 下 島 の 東 北 部 は 鬼 池 を 起 点 に 島 原 へ 、 う し ぶ か 天 草 は 四 つ の 海 に 囲 ま れ て い る 。 西 は 東 シ ナ 海 へ 西 北 部 は 富 岡 を 起 点 に 長 崎 へ 、 南 部 は 牛 深 を 起 点 に し ら ぬ 続 く 天 草 灘 、 東 南 は 不 知 火 海 、 東 北 は 有 明 海 、 西 北 薩 摩 へ と 結 ば れ て い た 。 ち ぢ わ は 千 々 石 湾 で あ る 。 天 草 は 平 野 が 少 な い 島 で あ る 。 天 草 の 歴 史 探 訪 と か 歴 史 散 歩 を す る 場 合 、 ① 有 明 こ の た め 、 天 草 に は 他 国 と 結 ぶ 「 天 草 街 道 」 と か 、 海 沿 岸 コ ー ス Ⅱ 「 天 草 の 乱 の 道 」 、 ② 天 草 灘 沿 岸 コ 「 天 草 路 」 と い っ た 呼 び 名 は な い 。 陸 上 交 通 は 海 岸 ー ス Ⅱ 「 キ リ シ タ ン 里 の 道 」 、 ③ 下 島 南 岸 コ ー ス Ⅱ ぞ い の 道 か 、 山 越 え 、 あ る い は 山 の 尾 根 の 道 だ っ た 「 明 治 三 大 騒 動 の 道 」 、 ④ 上 島 南 岸 コ ー ス Ⅱ 「 農 民 一 の で 、 海 上 交 通 の ほ う が 便 利 で 、 さ か ん で あ っ た 。 揆 の 道 」 、 以 上 の 四 つ の 道 に 分 け ら れ る 。 天 草 の 道 は 、 そ れ ぞ れ 〃 往 還 〃 と 呼 ば れ て 、 す べ し も し ま 天 草 の 乱 の 道 て が 天 草 下 島 西 北 部 の 富 岡 町 へ 通 じ て い た 。 こ の 町 け い ち ょ う 有 明 海 沿 岸 コ ー ス の 「 天 草 の 乱 の 道 」 は 、 有 明 海 が 慶 長 八 年 (81*fi) か ら 明 治 六 年 ( 七 0 ま で 天 草 の 中 心 だ っ た か ら で あ る 。 そ の た め 、 海 陸 と も 、 富 岡 を は さ ん で 、 対 岸 の 雲 仙 岳 が 東 西 に 長 い 裾 野 を 垂 れ へ の 年 貢 米 を 運 ぶ 道 か ら 発 達 し た 。 て 、 い つ も 美 し く 見 え る 。 有 名 な 天 草 ・ 島 原 の 乱 明 治 六 年 三 月 以 後 、 天 草 の 中 心 地 は 、 富 岡 か ら 本 は 、 寛 永 十 四 年 ( 一 一 し 十 月 、 島 原 南 目 と 天 草 北 目 の た ち か え 渡 へ 移 っ た 。 ま た 、 こ れ ま で 天 領 と し て 肥 前 の 島 原 農 漁 民 が キ リ シ タ ン に 立 帰 り 、 一 体 と な っ て 一 揆 を や 長 崎 の 管 轄 下 に あ っ た の が 、 熊 本 県 へ 所 属 が 移 っ 展 開 し た も の で あ る 。 島 原 と 天 草 を 結 ぶ 有 明 海 の 真 た た め 、 そ れ 以 後 の 天 草 の 道 は す べ て 熊 本 へ 通 じ る ん 中 に 浮 か ぶ 湯 島 は 、 両 地 の 幹 部 が 作 戦 を 談 合 し た 0 天 草 下 御 所 浦 島 島 0 深 海 0 牛 深 島 長 と み お か ほ ん 鶴 田 文 史 熊 本 史 学 会 会 員 お に い け . 746