検索 - みる会図書館

検索対象: 九州(楽楽 九州 1)

九州(楽楽 九州 1)から 235件ヒットしました。

九州(楽楽 九州 1)


島 . 島 児 崎 久 鹿 宮 屋 二 、 ? : 第 , を を 二 卞 :. を ・ い ウ 岸 . タ 海 島 児 島 宿 覧 島 崎 南 久 鹿 桜 指 知 霧 宮 日 屋

九州(楽楽 九州 1)


: 湯 布 院 と 阿 蘇 を : 結 ぶ や ま な み ハ : イ ウ ェ イ ( → PI お 井 神 , を 了 : 名 て の 厳 千 滝 的 高 の 秘 ダ イ ナ ミ ッ ク な カ ル デ ラ 地 帯 の 阿 蘇 や 、 陥 没 し た カ ル テ ラ の 中 に 桜 島 が 火 を 噴 ぐ 火 の 国 " の 情 景 に 加 え 、 日 の 光 に よ っ て こ ま や か に 表 情 を 変 え る 海 、 さ ら に 、 悠 久 の 歴 史 を 随 所 に 感 し さ せ る 屋 久 島 、 広 大 な 花 の 園 ・ ・ ・ と 、 山 や 海 、 渓 谷 な ど の 自 然 の 風 景 が 見 る 者 を 圧 倒 す る 。 一 日 南 海 岸 ( → P : 212 ) で は 熱 帯 ・ 亜 熱 帯 の 花 と 紺 : 碧 の 海 と の 対 比 ー も 楽 し み た い ー 佐 世 保 の 九 十 九 : 島 は 夕 暮 れ が 美 : し い ( → P106 ) 自 然 一 都 井 岬 に は 野 生 馬 が 生 息 し て い る ( → P212 )

九州(楽楽 九州 1)


異 国 文 息 づ く 町 過 ご す ① 長 崎 タ ウ ン ① 平 戸 3 天 草 ① ハ ウ ス テ ン ポ ス 江 戸 初 期 に オ ラ ン ダ 商 館 が 置 か れ た 平 戸 と 、 そ の 後 の 海 外 と の 唯 一 の 公 的 な 窓 口 だ っ た 長 崎 、 天 草 切 支 丹 の 名 残 が 色 濃 い 天 草 な ど 、 異 国 文 化 が 息 づ く 地 も 多 い 。 中 世 ヨ ー ロ ッ パ の 町 並 み を 再 現 し た ハ ウ ス テ ン ポ ス も 見 逃 せ な い 。 阿 蘇 の 中 岳 火 口 ( 右 ) と 、 一 雄 大 た そ の 西 方 に そ び え る ユ よ ニ ー ク な 形 の 米 塚 ( 上 ) 自 然 を 満 喫 す る 今 も 噴 煙 を 上 げ る 阿 蘇 山 や 桜 島 に 加 え 、 海 の 魅 力 に あ ふ れ た 天 草 や 日 南 海 岸 な ど 、 ダ イ ナ ミ 、 ;. 、 、 ッ ク な 自 然 に 出 合 え る の が 九 州 の 大 き な 魅 力 。 世 界 自 然 遺 産 の 地 ・ 屋 久 島 の よ う に 、 手 つ か す の 自 然 が 残 さ れ た エ リ ア も あ る 。 ① 阿 蘇 ① 桜 島 ① 天 草 ④ 日 南 海 岸 ① 屋 久 島 屋 久 島 で は 森 の 中 の ト レ ッ 0 キ ン グ を 存 分 に 楽 し め る ど こ に 行 き た い ? 何 を し た い ? 7 つ の キ ホ ン 早 わ か り 緑 の 小 島 を 縫 う よ う に 続 く 天 草 バ ー ル ラ イ ン 長 崎 の 浦 上 天 主 堂 は 被 爆 で 全 壊 後 、 創 建 時 の 姿 に 再 建 豊 か で ダ イ ナ ミ ッ ク な 自 然 や 、 独 特 の 歴 史 ・ 文 化 に よ っ て 育 ま れ た 九 州 は 、 温 泉 、 グ ル メ 、 町 並 み な ど 、 多 彩 な 魅 力 が い つ は い 。 ま す は 、 テ ー マ や 目 的 を 決 め て プ ラ ン を 立 て よ う 。 温 泉 地 て 名 冫 易 に 冫 文 か る ① 布 院 ア ー ト に 彩 ら れ た 町 並 編 み が 魅 力 の 由 布 院 温 泉 ⑩ 黒 川 と 、 隠 れ 里 の 雰 囲 気 を ⑩ 別 府 色 濃 く 残 す 黒 川 温 泉 が ⑩ 霧 島 九 州 を 代 表 す る 人 気 温 泉 地 。 日 本 有 数 の 湧 出 天 黒 量 で 知 ら れ る 別 府 温 泉 露 布 風 川 天 院 呂 温 や 、 霧 島 温 泉 郷 と 霧 島 巡 泉 呂 は 神 宮 温 泉 郷 か ら な る 霧 り で が 由 を は 楽 多 島 の 温 泉 も 、 温 泉 フ ァ 魅 布 カ 岳 ン な ら 必 須 の エ リ ア だ 。 を め な 望 る 露 帰 り 入 浴 を 楽 し め る 宿 も 、 つ ば い あ る

九州(楽楽 九州 1)


C 0 [ U M N 亦 す る 桜 島 を 眺 め な が ら 周 囲 を ぐ る り と 巡 ろ う ー 有 溶 岩 展 望 所 ひ ら て ん ば う じ よ 芝 平 展 望 所 噴 火 口 に 最 も 近 い 展 望 所 。 左 か ら 御 桜 島 の 南 側 に 位 置 し て い る 展 望 所 げ る 南 岳 と い っ た 西 側 か ら の 桜 島 の 岳 に 隠 れ て し ま う た め 、 桜 島 は ほ ば 山 並 み が 、 荒 々 し い 山 肌 も あ ら わ に 三 角 錐 の 姿 に な る 。 周 囲 の 溶 岩 原 を 眼 前 に 迫 る 。 遊 歩 道 も あ る 。 巡 る 遊 歩 道 が 整 備 さ れ て い る 。 ・ 桜 島 港 か ら 車 で 15 分 030 ・ 桜 島 港 か ら 車 で 14 分 020 ・ DATA ! DATA 台 印 P199A ー 2 台 P199 B-3 溶 石 な ぎ さ 歩 物 ー 熏 絳 蝉 没 鳥 居 桜 島 ビ ジ タ ー セ ン タ ー か ら 烏 島 展 大 正 3 年 ( 1914 ) の 大 噴 火 で 笠 木 部 望 所 ま で 、 海 岸 沿 い の 溶 岩 原 に 設 け 分 以 外 、 埋 ま っ て し ま っ た 原 五 社 神 ら れ て い る 遊 歩 道 。 随 所 で 桜 島 の 姿 社 の 鳥 居 。 噴 火 の 災 害 の 恐 ろ し さ を を 望 む こ と が で き る 。 後 世 に 伝 え る た め 、 埋 ま っ た ま ま 残 ・ 桜 島 港 か ら 北 側 入 口 ま で 徒 さ れ て い る 。 DATA 歩 8 分 0 な し ノ P 199 A-2 ・ 桜 島 港 か ら 車 で 25 分 0 な し DATA 199 C-2 に 朝 鯡 片 ー 簇 の 重 火 山 展 笞 大 正 3 年 ( 1914 ) の 大 噴 火 に よ る 溶 岩 流 で 埋 ま っ て し ま っ た 烏 島 の 上 に 島 の 東 側 に あ り 、 鹿 児 島 市 街 側 か ら 設 置 さ れ て い る 。 近 く に は 桜 島 オ ー の 見 慣 れ た 桜 島 を 裏 返 し に し た シ ル ナ イ ト コ ン サ ー ト 記 念 モ ニ ュ メ ン ・ ル エ ッ ト に な る 。 ト 「 叫 び の 像 」 が あ る 。 谷 099 ー 293 ー 2157 ・ 桜 島 港 か ・ DATA 朝 桜 島 港 か ら 徒 歩 25 分 020 ら 車 で 25 分 の 10 ~ 16 時 の 無 DATA : 上 か ら 西 側 の 湯 之 平 展 望 所 、 南 側 の 有 休 朝 入 場 無 料 020 台 印 P 199 C-2 台 印 P199A ー 2 : 村 溶 岩 展 望 所 、 東 側 の 旅 の 里 火 山 展 ※ 特 記 以 外 の 5 件 は 谷 099 ー 216 ー 1327 ( 鹿 児 島 市 観 光 振 興 課 月 見 学 自 由 ・ 望 台 か ら 見 た 桜 島 ー え ネ & 費 物 1 桜 島 西 西 東 割 石 崎 道 藤 、 水 桜 崎 西 場 小 浦 ン 泉 01 一 う 弓 ? : し 藤 野 桜 島 支 所 さ く ら じ ま 武 登 山 口 白 浜 温 泉 セ ン タ ー 蒲 之 前 港 溶 岩 な ぎ さ 公 園 新 村 9 桜 島 海 づ り 公 園 西 浦 の 前 9 長 谷 浜 赤 生 月 尾 地 底 神 鹿 児 島 市 文 明 溶 岩 ・ 9 東 涌 の 前 鹿 ( 1471 ~ 76 ) 西 宇 土 ー 子 大 燃 崎 児 桜 島 ギ ャ ラ リ ー 島 い わ も と ARCO BALENO 方 崎 9- ー 9 小 池 桜 島 自 然 恐 竜 公 園 永 溶 岩 国 年 宿 舎 レ イ ン ボ ー 桜 島 東 学 土 御 岳 ( 北 岳 ) レ イ ン ボ ー ビ ー チ 1779 ~ 80 ) フ 桜 桜 島 灣 神 小 前 ー 湯 之 平 溶 岩 1117 △ 黒 神 小 〇 工 島 め ぐ り 道 路 桜 島 ・ 京 大 火 山 観 測 所 か ふ え は ま し ま 丿 昭 和 溶 湯 之 平 展 望 所 2198 中 岳 桜 島 火 の 島 め ぐ み 館 21 % P. 1 △ 1060 権 山 2 黒 神 埋 没 鳥 居 9 黒 神 中 学 校 前 桜 島 ビ ジ タ ー セ ン 21 % 引 ノ 平 黒 神 中 9 △ 3 ・ 167 △ 南 岳 旅 の 里 火 山 展 望 台 ・ ) 西 郷 碧 愛 宕 山 う 21 鍋 山 村 山 陶 芸 △ 359 溶 岩 な ぎ さ 桜 島 ル ナ イ ト コ ン サ ー ト 遊 歩 道 21 ” 水 蠍 薩 摩 赤 水 ) 記 念 ニ ュ メ ン ト 「 叫 び の 肖 像 」 946 ) 大 正 溶 岩 烏 島 展 望 所 21 的 ・ 文 明 溶 岩 安 永 溶 岩 桜 島 病 院 ( 1471 ~ 76 ) ( 1779 ~ 80 ) 1 914 ・ ・ 桜 島 国 際 火 山 砂 防 レ ン タ ー 神 瀬 桜 島 林 芙 美 子 文 学 碑 21 % ド ラ イ プ イ ン 木 鹿 児 島 大 学 古 学 新 麝 島 火 山 観 測 所 21 % 靆 0 桜 岳 陶 芸 里 碑 古 有 村 、 岩 展 望 温 前 里 9 泉 東 桜 島 中 大 観 橋 望 鹿 児 島 湾 観 音 ( 錦 江 湾 ) さ く ら じ ま 桜 島 シ ー サ イ ド ホ テ ) 観 音 崎 古 里 温 泉 旅 館 山 下 家 ぶ る さ と 観 光 p.l % ホ テ ル ス ス 工 を ー 免 !Jy 翌 湯 浜 \ 免 酉 園 山 を 新 長 崎 鼻 黒 神 ロ 桜 島 ロ 国 分 へ 、 0 東 桜 島 ′ 」 垂 水 市 5 224 丿 東 桜 島 中 沖 小 垂 水 市 街 へ 0 0 0

九州(楽楽 九州 1)


福 岡 タ ウ ン P24 一 P. 62 を ) 吉 野 ヶ 里 歴 史 公 園 朝 有 田 P58 ② 平 戸 ) 日 田 2149 0 ハ ウ ス テ ン ボ ス 四 8 6 長 タ ウ ン 彡 朝 熊 本 タ ウ ン 霧 島 P. 204 福 岡 タ ウ ン 赤 有 絵 田 鹿 児 島 タ ウ ン 付 の け 焼 ① 長 崎 タ ウ ン が き 美 物 熊 本 タ ウ ン し 熊 本 で は 馬 刺 し な ど の 馬 肉 料 理 を 郷 土 の 味 を 7 つ 堪 能 す る の キ ホ ン 早 わ か 焼 き 物 の 九 州 各 地 の ラ ー メ ン の 美 に 食 べ 歩 き も い い ね ふ れ る ⑩ 唐 津 ① 伊 万 里 0 大 分 空 港 ⑩ 有 田 19 ま 文 禄 ・ 慶 長 の 役 後 に 陶 工 が 渡 来 し 、 日 本 を 代 表 す る 「 焼 き 物 ラ イ ン 」 と な っ た の が 唐 津 ・ 伊 万 里 ・ 有 田 。 今 も 唐 津 は 陶 器 、 伊 万 里 ・ 有 田 は 磁 器 日 10 が 盛 ん だ 。 九 州 で は ほ か に も 、 鹿 児 島 の 薩 摩 焼 な ど 、 各 地 で 焼 き 物 え び の ・ 、 の 美 に ふ れ ら れ る 。 鹿 児 島 を 宮 崎 空 港 ー ー ー ・ 一 一 古 代 遺 跡 と 開 聞 岳 古 代 選 跡 は ほ か に も 西 都 な ど 各 神 話 の 地 地 に あ る を 占 ④ 日 南 海 岸 霧 島 吉 野 ケ 里 歴 史 公 園 高 千 穂 古 代 遺 跡 を 復 元 し た の が 吉 野 ヶ 里 歴 史 公 園 。 広 大 な 敷 地 内 に 、 神 殿 や 物 見 櫓 、 竪 穴 住 居 、 高 床 住 居 な ど が 立 ち 並 ふ 神 話 の 地 と い え ば 天 孫 降 臨 の 舞 台 と い う 霧 島 と 高 千 穂 。 日 南 海 岸 に は 日 向 神 話 ゆ か り ( 上 ) 広 大 な 吉 野 ケ 里 歴 史 の 地 が 点 在 し て い る 。 公 園 ( 下 ) 日 南 海 岸 の 断 崖 の 中 腹 に あ る 鵜 戸 神 宮 い 毎 年 GW に は 有 田 陶 器 市 が 開 催 れ る 福 岡 で は ラ ー メ ン や も つ 鍋 、 水 炊 き な ど に 加 え 、 屋 台 料 理 も 名 物 。 鹿 児 島 は 黒 豚 料 理 と 芋 焼 酎 の 本 場 で 、 長 崎 は 和 洋 中 が 混 ざ り 合 っ た 卓 袱 料 理 や ち ゃ ん ぽ ん 、 熊 本 で は 馬 肉 料 理 な ど 、 地 域 に よ っ て 独 特 の 味 覚 に 出 合 え る 。 福 岡 ・ 博 多 ラ ー メ ン は ト ン コ ツ 味 で 細 麺 門 司 港 P. 52 長 崎 空 港 を 児 匕 九 州 空 港 田 彦 山 線 、 別 府 P60 宇 佐 別 、 -0 湯 市 院 高 千 穂 ① 阿 蘇 阿 蘇 く と 本 県 ・ 佐 イ C 長 崎 ℃ 雲 疝 = = ー ハ 代 ー P74 幻 28 天 草 空 港 十 P211 P177 0 日 南 海 岸 版 島 列 島 御 岳 鹿 児 島 ツ 鹿 児 島 タ ウ ン P190 3 屋 久 島 P214 ② 島 P198 P212 石 量 の 小 路 や 建 物 の 意 匠 な ど 意 外 な 楽 し み も 臼 杵 の ニ 王 座 歴 史 の 道 ( 上 ) . 第 と 日 田 の 豆 田 古 し 町 並 み を 散 策 日 田 の 門 司 港 天 領 時 代 の 商 家 の 町 並 独 特 の 歴 史 と 文 化 が 反 み が 見 ら れ る 。 港 町 の 映 し た 町 並 み も 多 い 。 臼 歴 史 の 面 影 を 漂 わ せ た 杵 の ニ 王 座 歴 史 の 道 で 建 物 が 林 立 し て い る 門 は 城 下 町 の 風 情 に 浸 る 司 港 レ ト ロ も 必 見 だ 。 こ と が で き 、 日 田 で は 、

九州(楽楽 九州 1)


お す す め の 食 事 処 べ イ エ リ ア 海 の 中 道 び す と ろ シ ー サ イ ド も も ち か い が ん し よ く ど う な か に し し よ く ど う 海 岸 食 堂 中 西 食 堂 BISTRO H 旧 0 福 岡 べ イ エ リ ア 谷 092 5-6636 A-2 谷 092-606-8868 C-I 谷 092-603-6 6 9 A-I シ ー サ イ ド も も ち 海 浜 公 園 の 複 合 カ ジ ュ ア ル な 雰 囲 気 の 中 で 、 本 格 海 の 中 道 か ら 志 賀 島 に 入 っ て す ぐ 施 設 「 マ リ ゾ ン 」 内 に あ る レ ス ト ラ 的 な フ ラ ン ス 料 理 が 味 わ え る 。 志 右 手 に あ る 食 堂 。 志 賀 島 を 訪 れ た な ン 。 能 古 島 や マ リ ノ ア シ テ ィ の 観 ら 一 度 は 味 わ い た い の が 、 志 賀 島 産 賀 島 近 海 の 魚 介 類 や 地 元 の 野 菜 を 覧 車 な ど 福 岡 の シ ー サ イ ド が 一 望 ふ ん だ ん に 使 っ た 軽 や か な フ レ ン の 新 鮮 な サ サ 工 を 卵 で と じ た 名 物 で き る 窓 際 の 席 が お す す め 。 サ ー チ が 評 判 。 フ ォ ア グ ラ と ト リ ュ フ 料 理 の サ サ 工 丼 68 円 。 サ サ 工 が 大 ロ イ ン ス テ ー キ 1200 円 な ど 。 の 洋 風 茶 碗 蒸 し 108 円 な ど 。 盛 り の あ け ほ の 丼 1 円 も あ り 。 ・ バ ス 停 福 岡 タ ワ ー 南 口 か ら 徒 ・ 」 R ・ 西 鉄 和 白 駅 か ら 徒 歩 5 分 ・ ノ ヾ ス 停 志 賀 島 ま た は 市 営 渡 船 DATA DATA DATA 歩 5 分 朝 1 1 時 30 分 ~ 22 時 LOO 志 賀 島 港 か ら 徒 歩 2 分 の 11 ~ の 1 1 時 30 分 ~ 14 時 LO 、 18 時 無 休 ( 1 1 ~ 3 月 は 水 曜 ) 0 な し ~ 21 時 [ - OO 水 225 台 19 時 の 火 曜 03 台 「 み よ か ラ イ ン を 使 え は 海 の 中 道 ま で 約 20 分 イ サ イ ド プ レ イ ス 博 多 ( P39 B-2) と マ リ ゾ ン ( P39 B-2) の 2 カ 所 と 海 の 中 道 を 結 ぶ 「 う み な か ラ イ ン 」 。 高 速 船 に 乗 っ て 博 多 湾 を 横 断 し 、 約 20 分 で 対 岸 の 海 の 中 道 渡 船 場 に 到 着 す る 。 マ リ ゾ ン 発 谷 092 ー 845 ー 1405 ( 切 符 売 場 ) 朝 9 ~ 17 時 ※ 季 節 に よ り 変 動 あ り の 2 月 第 1 月 曜 と そ の 翌 日 朝 片 道 1000 円 ベ イ サ イ ド プ レ イ ス 博 多 発 谷 092-603-1565 ( 海 の 中 道 切 符 売 場 ) 朝 9 ~ 1 7 時 ※ 季 節 に よ り 変 動 あ り ・ 2 月 第 1 月 曜 と そ の 翌 日 朝 片 道 1000 円 短 い 時 間 な が ら 海 の 中 道 ま で の ク ル ー ス を 楽 し も う 〔 0 L U M N DATA 沖 津 島 瀬 ロ い ァ 体 村 志 賀 島 勝 .. ISTRO H 旧 0 唐 の 第 P39 潮 見 公 園 い 見 展 望 台 リ シ ョ ン セ ン P. 38 海 神 社 か し い 、 え ん シ 丿 志 賀 印 , THE LUIGANS ~ イ ラ ン ド シ 金 9 ・ を 総 を = 、 , = ワ ン ダ ー ワ ル ド ・ マ リ ン ワ ー ル ド ス ワ ル 海 の 中 道 p. 38 シ ー ガ ル ブ リ ッ ジ 、 名 翩 こ し ま ア イ ラ ン ド バ ー ク 身 を P. 39 P. 39 7 福 岡 市 九 州 の ム ラ 市 場 P. 41 , マ ザ ー リ ー フ p. 41 / 博 多 湾 . 磯 貝 夢 珈 琲 観 覧 車 ス カ イ ホ イ ー し P. 41 p. 45 博 多 ま る き た ・ 魚 匠 庵 大 波 戸 崎 ℃ 第 日 篠 融 P. 聞 ロ イ ヤ ル ス イ ー ツ Ⅲ ′ 博 多 港 福 岡 空 港 店 亀 陽 文 庫 一 發 p. 69 若 波 酒 造 ( 玉 屋 食 品 ) 能 市 博 物 館 ・ 、 病 院 前 P. 聞 か ね ま べ イ イ ド プ レ う 多 い エ バ ー グ リ ー ン P39 海 岸 食 堂 241 マ リ ノ ア ホ テ ル 岡 空 港 福 岡 女 子 高 ヌ リ ゾ ン 百 遡 8- 岡 タ ワ 筑 今 津 湾 小 戸 公 図 福 岡 空 港 、 \ 、 0 農 , 生 の 松 原 西 区 ◎ ー 。 - を 、 博 多 ー 石 室 に 辷 - 啅 良 区 - ー -0 = 動 担 物 こ 000 ・ 一 - 鉄 平 尾 公 プ 宰 府 へ 、 ー ゝ 、 一 1495 福 岡 ペ イ エ リ ア 海 の 中 道 海 ノ 中 道 中 西 食 堂 P39 0 を 国 営 海 の 中 道 海 浜 公 園 P. 38 春 は ツ ッ ジ 、 秋 に は コ ス モ ス が き れ い 早 " 福 面

九州(楽楽 九州 1)


ほ リ き リ と う け に ち な ん 〇 堀 切 峠 青 島 か ら 山 間 の 峠 道 を 登 り き っ た 地 に あ る 展 望 所 。 日 南 海 岸 屈 指 の ヒ ュ ー ス ポ ッ ト で 、 眼 下 6 師 に 鬼 の 洗 濯 板 と 、 水 平 線 に 溶 け 込 む 太 平 洋 の 景 観 が 広 が る 。 周 辺 に は 亜 熱 帯 植 物 が 茂 り 、 近 く の 道 の 駅 フ ェ ニ ッ ク ス か ら は 、 海 岸 に 降 り る 遊 歩 道 も あ る 。 サ ン メ ッ セ 日 南 約 20 万 の 広 大 な 敷 地 に 、 世 界 で 唯 一 、 イ ー ス タ ー 島 の 長 老 会 が 公 認 し た モ ア イ 像 が 鎮 座 し て い る 。 ほ か に も 動 物 放 牧 場 や 展 望 台 、 レ ス ト ラ ン な ど が 設 け ら れ 谷 0985-65 ー 2773 DATA ( 道 の 駅 フ ェ ニ ッ ク て い る 。 ス ) 朝 」 R 宮 崎 駅 か ら 宮 交 バ 谷 0987 ー 29 ー [email protected] 下 車 、 徒 歩 10 分 の 9 時 30 分 ~ DATA ス 飫 肥 、 油 津 行 き で 分 、 17 時 の 第 1 ・ 3 水 曜 ( 祝 日 の 場 」 R 宮 崎 駅 か ら 宮 交 パ ス / ヾ ス 停 堀 切 峠 下 車 、 徒 歩 す 合 は 開 園 、 8 月 は 無 休 ) 、 荒 天 時 飫 肥 ま た は 油 津 行 き で 1 時 間 ぐ 撒 策 自 由 010 台 朝 入 園 700 円 0220 台 20 分 、 / ヾ ス 停 サ ン メ ッ セ 日 南 南 フ 宮 崎 西 旧 清 武 旧 Sta rt , ・ 呂 田 野 旧 ユ : 道 の 駅 宮 崎 空 港 フ ェ ニ ッ ク ス 青 島 神 社 谷 0985-65-2773 3 青 島 レ ス ト ラ ン 、 軽 食 、 物 産 館 な ど か ら な る 道 の 駅 。 道 堀 切 峠 路 を は さ ん だ 断 崖 か ら の 眺 望 が 美 し い 。 ・ ノ ヾ ス 停 道 の 駅 フ ェ ニ ッ ク ス 前 か ら 徒 歩 す く の 9 ~ 18 DATA 泊 南 時 、 12 月 は ~ 17 時 ( 食 事 は IO ~ 1 寺 ) の 無 休 018 台 フ ェ ニ ッ ク ス ビ ス ト ロ 南 ル ・ ミ ス ト ラ ル 海 ン メ ッ 南 ← ・ 0 鵜 戸 神 宮 谷 0987-23-6682 13 飫 肥 3 厳 選 し た 旬 の 食 材 を 使 っ た 創 作 フ レ ン チ の 店 。 昼 の お ま か せ コ ー ス 3675 円 ~ ( 前 日 ま で に 要 予 約 ) 。 創 R 油 津 駅 か ら 車 で 7 分 の 1 1 ~ 14 時 、 18 ~ 22 時 DATA 0 月 曜 03 台 道 の 駅 な ん ご う 谷 0987-64-3055 3 青 い 海 と 日 向 灘 に 浮 か ぶ 島 々 。 明 る い 日 南 の 海 と 郷 土 料 理 の カ ツ オ 飯 630 円 な ど が 満 喫 で き る 。 ・ バ ス 停 道 の 駅 な ん ご う か ら 徒 歩 す ぐ の 8 時 30 分 ~ 18 時 ( 10 ~ 3 月 は ~ 1 7 時 ) の 不 定 休 022 台 ド ラ イ プ の ま 中 て 休 憩 ス パ ッ ト 道 の 駅 0 み ち え き フ 都 城 ー 0 物 ゴ ッ ク ス え . 2213 フ レ ン チ 2 盟 0 日 ビ ス ト ロ ル ・ ミ ス ト ラ ル 2213 ” 道 の 駅 な ん ご う 22B 宮 崎 県 総 合 農 業 試 験 場 亜 熱 帯 作 物 支 場 石 波 浜 道 の 駅 え き み ち 0 串 間 60 , - 小 崎 都 井 岬 0 序 コ DATA 御 崎 神 社 〔 0 L U M N の は し て 旧 城 下 町 の 飫 月 巴 を 散 策 15 年 ( 1587 ) か ら 明 治 維 新 ま で 、 の 正 座 し て 射 る 弓 術 が 体 験 で き る 四 單 罸 朝 な ど が 点 在 。 魚 の す り 身 に 伊 東 氏 5 万 1000 石 の 城 下 町 と し て 栄 え た 飫 肥 。 」 R 飫 月 R か ら 徒 歩 20 分 ほ 豆 腐 や 黒 砂 糖 な ど を 加 え て 揚 げ た 名 ど で 、 往 時 の ま ま の 石 垣 と 石 の 階 段 、 物 ・ お び 天 カ わ え る 店 な ど も あ る 。 谷 0987-3 ト 0606 ( 日 南 市 観 光 復 元 さ れ た 大 手 門 ( 写 真 ) や 松 尾 の 丸 、 : DATA 案 内 所 ) R 飫 肥 駅 下 車 の 9 時 ~ 飫 肥 城 歴 史 資 料 館 な ど が あ る 飫 肥 16 時 30 分 の 無 休 朝 通 行 手 形 600 円 ( 飫 城 跡 に 着 く 。 周 辺 に は 明 治 期 に 旧 藩 肥 城 な ど 6 施 設 で 販 売 、 食 べ あ る き 付 き は 主 伊 東 氏 が 住 ん だ 豫 顰 館 や 旧 伊 東 1000 円 ) 0 飫 肥 無 料 観 光 駐 車 場 利 用 伝 左 衛 門 家 、 商 家 資 料 館 、 飫 肥 伝 統 200 台 利 用 P213 213

九州(楽楽 九州 1)


福 岡 タ ウ ン ・ ・ ・ 24 中 洲 ・ 川 端 ・ ・ 28 キ ャ ナ ル シ テ ィ 博 多 33 天 神 ・ 大 名 ・ 34 福 岡 べ イ エ リ ア ・ ・ 38 ホ ー ク ス タ ウ ン ・ ・ ・ 40 マ リ ノ ア シ テ ィ 福 岡 ・ 41 太 宰 府 ・ ・ 48 太 宰 府 天 満 宮 ・ ・ 50 九 州 国 立 博 物 館 51 佐 賀 タ ウ ン ・ ・ ・ 56 吉 野 ケ 里 歴 史 公 園 58 唐 津 60 伊 万 里 ・ 62 門 司 港 レ ト ロ を 歩 く ・ ・ ・ ・ ・ 52 柳 川 で 川 下 り を 楽 し む ・ ・ ・ ・ 54 秘 窯 の 里 ・ 大 川 内 山 を 歩 く ・ ・ ・ 63 有 田 で 焼 き 物 探 し ・ ・ ・ 64 博 多 ラ ー メ ン ・ ・ ・ ・ 42 絶 品 博 多 グ ル メ ・ ・ ・ 44 福 岡 名 物 の 屋 台 ・ ・ ・ 46 武 雄 温 泉 の 宿 ・ ・ ・ ・ 66 嬉 野 温 泉 の 宿 ・ ・ ・ 67 71 長 崎 ・ ハ ウ ス テ ン ボ ス ・ 佐 世 保 長 崎 タ ウ ン ・ ・ ・ 74 浜 町 ・ 思 案 橋 ・ 丸 山 ・ 78 新 地 中 華 街 ・ ・ 81 出 島 和 蘭 商 館 跡 ・ ・ 82 東 ・ 南 山 手 84 グ ラ バ ー 園 86 平 和 公 園 周 辺 ・ 88 雲 仙 ・ 小 浜 ・ 96 ハ ウ ス テ ン ポ ス ・ ・ 98 佐 世 保 102 風 情 豊 か な 水 の 都 ・ 島 原 を 歩 ぐ ・ ・ ・ ・ 94 小 さ な 港 町 ・ 平 戸 を 歩 く ・ ・ ・ ・ ・ 104 ち ゃ ん ほ ん ・ ・ ・ 90 皿 う ど ん ・ ・ ・ 91 卓 袱 料 理 ・ ・ ・ ・ 92 湯 布 院 112 黒 川 ・ 小 国 郷 ・ ・ ・ 128 別 府 ・ ・ 136 別 府 地 獄 を 巡 る ・ ・ ・ 142 旧 城 下 町 ・ 杵 築 を 歩 く ・ ・ ・ ・ 148 日 田 ・ 豆 田 町 を 歩 ぐ ・ ・ ・ ・ 149 臼 杵 市 街 を 歩 く ・ ・ ・ ・ 150 や ま な み ハ イ ウ ェ イ ・ ・ ・ ・ 126 国 東 半 島 ド ラ イ ブ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 146 耶 馬 溪 サ イ ク リ ン グ ・ ・ ・ 152 ク オ リ テ ィ に こ た わ る 宿 ( 湯 布 院 ) ・ ・ ・ ・ ・ ヨ 22 美 食 の 宿 ( 湯 布 院 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 124 露 天 風 呂 が 人 気 の 宿 ( 黒 川 ) ・ ・ ・ ・ 130 料 理 自 慢 の 宿 ( 黒 川 ) ・ 熊 本 ・ 阿 蘇 ・ 天 草 熊 本 タ ウ ン ・ 160 阿 蘇 ・ ・ ・ ・ 166 天 草 ・ ・ ・ 1 〃 天 草 上 島 ・ ・ 178 天 草 下 島 ・ ・ 179 人 吉 ・ ・ ・ 182 阿 蘇 バ ノ ラ マ ド ラ イ ブ ・ ・ ・ 170 天 草 五 橋 ド ラ イ プ ・ ・ ・ ・ ・ 180 南 阿 蘇 鉄 道 ・ ・ ・ ・ 176 阿 蘇 の 温 泉 宿 ・ ・ ・ ・ ・ Ⅲ 1 ー 87 鹿 児 島 ・ 宮 崎 ・ 屋 久 島 鹿 児 島 タ ウ ン ・ ・ ・ 190 桜 島 指 宿 ・ ・ 202 霧 島 ・ え び の ・ 204 宮 崎 タ ウ ン ・ 208 屋 久 島 仙 巌 園 周 辺 を 歩 く ・ ・ ・ 196 知 覧 武 家 屋 敷 群 を 歩 く ・ ・ ・ ・ 200 日 南 海 岸 ド ラ イ ブ ・ ・ ・ 212 ヤ ク ス ギ ラ ン ド ・ 白 谷 雲 水 峡 ・ 縄 文 杉 登 山 ・ ・ ・ ・ 218 霧 島 & 新 川 渓 谷 の 宿 ・ ・ ・ 206 幻 福 岡 ・ 太 宰 府 ・ 佐 賀 ・ 有 田 散 策 ガ イ ド ・ ク ル メ ・ 温 泉 ・ 散 策 ガ イ ド ・ ク ル メ ・ 109 散 策 ガ イ ド ・ ド ラ イ ブ ・ サ イ ク リ ン グ ・ 温 泉 ・ ・ ・ ・ 132 ド ラ イ ブ ・ 鉄 道 ・ 温 泉 ・ 散 策 ガ イ ド ・ ド ラ イ ブ ・ ハ イ キ ン ク ・ 温 泉 ・

九州(楽楽 九州 1)


旅 指 宿 ロ イ ヤ ル ホ テ ル - ー 00993-23-2211 ・ 1 泊 2 食 107 ~ 068 室 ( 和 13 ・ 和 洋 19 ・ 他 36 ) ・ 15 Ⅱ ・ 10 ℃ 」 R 指 宿 駅 か ら 車 5 分 ・ 無 料 ・ 海 の 見 え る 露 天 風 呂 有 。 錦 江 湾 と タ 日 に 映 え る 開 聞 岳 の 眺 め 良 。 黒 薩 摩 焼 の 窯 元 が あ リ 陶 芸 も で き る 。 加 00993-22-2221 ・ 1 泊 2 食 105 ~ 083 室 ( 和 79 ・ 和 洋 2 ・ 他 2 ) ・ 15 : 00 ・ 10 ℃ 0 ・ 」 R 指 宿 駅 か ら 車 5 分 ・ 無 料 展 望 大 浴 場 、 砂 蒸 し 風 呂 有 。 魚 介 の 海 幸 料 理 や 薩 摩 郷 土 料 理 を 賞 味 で き る 。 ツ 00993-22-3171 ・ 1 泊 2 食 86 ~ 013 室 ( 和 8 ・ 和 洋 2 ・ 他 3 ) ・ 16 : 0 ( ) ・ 10 : OO ・ 」 R 指 宿 駅 か ら 車 3 分 ・ 無 料 蛉 静 か で 小 さ な 宿 。 ノ 00993-22-2131 ・ 1 泊 2 食 152 ~ 0285 室 ( T266 ・ 他 1 9 ) ・ 14 ℃ 0 ・ 11 ℃ 」 R 指 宿 駅 か ら バ ス 6 分 ・ 無 料 ・ 大 型 温 泉 リ ゾ ー ト ホ テ ル 。 砂 む し 温 泉 や 眺 望 の 湯 、 露 天 の 湯 有 。 テ ニ ス 4 、 ボ ウ リ ン グ 12R 。 サ ッ カ ー 場 2.5 面 。 加 宮 崎 市 ・ 青 島 ・ 日 南 海 岸 旅 指 宿 海 上 ホ テ ル 旅 ロ ー ズ マ リ ー ホ テ ル -- - 卞 指 宿 い わ さ き ホ テ ル -3 み や さ き し ・ し ま ・ に ち な ん 軈 、 が ん 旅 ホ テ ル 金 住 す 日 南 海 岸 南 郷 プ リ ン ス ホ テ ル - を 公 青 島 サ ン ク マ ー ル -- す 青 島 バ ー ム ビ ー チ ホ テ ル む -3 旅 青 島 観 光 ホ テ ル 旅 青 島 水 光 苑 ホ テ ル 旅 叙 情 の 宿 地 蔵 庵 - 3- 卞 宮 崎 観 光 ホ テ ル す ホ テ ル プ ラ サ 宮 崎 -3 旅 た ま ゆ ら 温 泉 ホ テ ル 浜 荘 -- 岸 の 渚 に 立 つ 。 全 室 オ ー シ ャ ン ビ ュ ー で バ ル コ ニ ー 付 。 ・ 15 00 ・ 12 : O ( 海 」 R 南 郷 駅 か ら 車 4 分 ・ 無 料 ・ 日 南 海 00987-64-2111 ・ 1 泊 2 食 125 ~ 084 室 ( T77 ・ 他 7 ) 海 に 面 し た 展 望 大 浴 場 と 露 天 風 呂 。 地 元 の 海 幸 と 山 幸 を 使 っ た 磯 会 席 料 理 。 加 ・ 15 : 00 ・ 10 ℃ 」 R 青 島 駅 か ら 車 20 分 無 料 宮 崎 県 農 協 共 済 組 合 施 設 。 00985-55-4390 ・ 1 泊 2 食 122 ~ 040 室 ( 和 27 ・ 他 1 3 ) ー 。 展 望 大 浴 場 か ら 太 平 洋 を 一 望 。 四 季 折 々 の 料 理 を プ ュ ッ フ ェ ス タ イ ル で 。 ・ 15 竄 ・ 1 1 : 02 」 R 子 供 の 国 駅 か ら 徒 歩 5 分 ・ 無 料 ・ 全 室 オ ー シ ャ ン ビ ュ 00985-65-1555 ・ 1 泊 2 食 130 ~ 0214 室 ( S6 ・ T 134 ・ 他 74 ) い つ は い の 会 席 、 盛 合 せ 、 要 予 約 。 海 水 浴 場 は 徒 歩 1 分 。 地 下 大 浴 場 。 部 屋 食 可 。 加 ・ 15 : 0C ・ 10 : 02 」 R 青 島 駅 か ら 徒 歩 5 分 ・ 無 料 ・ 展 望 露 天 風 呂 有 。 海 の 幸 が 00985-65-0111 ・ 1 泊 2 食 80 ~ 098 室 ( 和 65 ・ 和 洋 22 ・ 他 1 1 ) リ 温 泉 。 ヒ ラ メ 、 石 鯛 、 伊 勢 工 ビ の 活 け 作 リ 、 要 予 約 。 青 島 へ 徒 歩 10 分 。 加 ・ 15 : OC ・ 10 ℃ 」 R 青 島 駅 か ら 徒 歩 3 分 ・ 無 料 蛉 青 島 唯 一 の ア ル カ 00985-65-1211 ・ 1 泊 2 食 1 OO ~ 073 室 ( 和 70 ・ 和 洋 3 ) と 川 の 入 江 に 立 つ 。 加 ・ 15 : 00310 : OO ・ 」 R 曽 山 寺 駅 か ら 徒 歩 3 分 ・ 無 料 ・ 海 00985-65-1234 ・ 1 泊 2 食 100 ~ 046 室 ( 和 12 ・ 和 洋 18 ・ 他 16 ) の 叙 情 の 宿 。 離 れ の 石 風 呂 で く つ ろ げ る 。 」 R 子 供 の 国 駅 徒 歩 8 分 。 加 ・ 16 : 00 ・ 10 ℃ 」 R 子 供 の 国 駅 か ら 徒 歩 8 分 ・ 無 料 大 正 ロ マ ン 00985-65-0039 ・ 1 泊 2 食 174 ~ 06 室 ( 和 3 ・ 離 れ 3 ) ホ テ ル 。 全 室 太 平 洋 を 望 む オ ー シ ャ ン ビ ュ ー 。 自 然 あ ふ れ る 日 向 灘 を 望 む 。 加 ・ 14 ℃ 0 ・ 1 1 ℃ 」 R 宮 崎 駅 か ら / ヾ ス 15 分 ・ 無 料 ・ 九 州 最 大 級 の 超 高 層 00985-21-1113 ・ 1 泊 朝 食 147 ~ 0745 室 ( S40 ・ T562 ・ 他 143 ) 露 天 H P 端 で 橘 公 園 前 。 諸 方 地 方 の 郷 土 料 理 。 四 季 折 々 の 風 情 豊 か な 料 亭 仙 吹 」 も 有 。 加 ・ 13 ℃ C ・ 1 1 : 02 」 R 宮 崎 駅 か ら バ ス 5 分 ・ 有 料 ・ 温 泉 の 露 天 風 呂 有 。 大 淀 川 00985-32-5920 ・ 1 泊 朝 食 86 ~ 0375 室 ( S98 ・ T 1 77 ・ 他 100 ) 室 か ら 大 淀 川 や 夜 景 が 一 望 で き る 。 宮 崎 の 山 海 食 材 を 使 用 し た 料 理 を 提 供 ノ ・ 14 ℃ 0 ・ 1 1 : 0 」 R 宮 崎 駅 か ら バ ス 5 分 ・ 有 料 温 泉 浴 場 有 。 別 館 3 階 建 。 客 00985-27-1111 ・ 1 泊 2 食 107 ~ 0164 室 ( S5 ・ T117 ・ 他 42 ) 淀 川 河 畔 。 交 通 至 便 。 温 泉 大 浴 場 有 。 団 体 客 に は 若 女 将 の 歌 で 女 将 が 踊 リ を 披 露 ノ ・ 150 : ・ 10 ℃ 宮 崎 空 港 か ら 車 15 分 ・ 無 料 ・ 宮 崎 名 物 満 載 の 会 席 を 提 供 。 大 00985-24-3019 ・ 1 泊 2 食 86 ~ 041 室 ( 和 41 ) 火 焼 グ ル メ の 宿 。 加 ・ 15 : OO ・ 10 : 00 ・ 」 R 宮 崎 駅 か ら 徒 歩 20 分 ・ 無 料 炭 00985-25-3455 ・ 1 泊 2 食 100 ~ 023 室 ( 和 14 ・ 他 9 ) 高 千 穂 旅 旅 館 神 仙 た か ち ほ H P カ ー 00982-72-2257 ・ 1 泊 2 食 263 ~ 09 室 ( 和 9 ) ・ 14 : 0C ・ 1 1 : 02 」 R 延 岡 駅 か ら バ ス 70 分 ・ 無 料 蛉 露 天 風 呂 付 の 客 室 6 室 有 。 数 寄 屋 造 の 風 呂 は 人 工 ラ ジ ウ ム 温 泉 。 日 本 庭 園 を 持 ち 静 か で 落 ち 着 い た 宿 。 加 旅 ホ テ ル 四 季 見 H P カ ー 00982-72-3733 ・ 1 泊 2 食 126 ~ 024 室 ( 和 16 ・ 離 れ 8 ) ・ 15 ℃ 0 ・ 10 : 00 ・ 」 R 延 岡 駅 か ら ハ ス 70 ℃ 無 料 ・ 高 千 穂 観 光 地 の 拠 点 。 風 呂 は 人 工 ラ ジ ウ ム 温 泉 。 現 地 食 材 を 使 用 し た 郷 土 料 理 。 加 00982-72-3232 ・ 1 泊 2 食 105 ~ 036 室 ( 和 35 ・ 他 1 ) ・ 15 : OO ・ 10 : 00 ・ 」 R 延 岡 駅 か ら パ ス 70 分 ・ 無 料 静 か な 環 境 で 心 休 ま る 。 加 00982-72-2175 ・ 1 泊 2 食 105 ~ 028 室 ( 和 24 ・ 和 洋 4 ) ・ 15 : OO ・ 10 : 00 ・ 」 R 延 岡 駅 か ら ノ ヾ ス 70 分 ・ 無 料 ・ 7 階 に 展 望 風 呂 有 。 加 00982-74-8118 ・ 1 泊 2 食 99 ~ 011 室 ( 和 1 1 ) ・ 15 : 0C ・ 1 0 : 02 」 R 延 岡 駅 か ら バ ス 7 ℃ 無 料 高 千 穂 観 光 の 基 地 。 高 千 穂 牛 な ど 地 場 産 品 を 使 っ た 四 季 の 料 理 。 鹿 刺 し 、 シ シ 肉 料 理 有 。 四 季 の 自 然 を 満 喫 。 加 00982-72-2111 ・ 1 泊 2 食 100 ~ 010 室 ( 和 10 ) e15 : 0 ( ) ・ 10 : 00 ・ 」 R 延 岡 駅 か ら ハ ス 70 分 ・ 無 料 ゆ 山 里 料 理 と 竹 の か つ ば 酒 有 。 屋 久 島 00997-42-0175 ・ 1 泊 2 食 126 ~ 080 室 ( 和 51 ・ 和 洋 5 ・ 他 24 ) ・ 15 : 00 ・ IO : 00 ・ 屋 久 島 宮 之 浦 港 か ら 徒 歩 3 分 ・ 無 料 太 平 洋 の 眺 望 展 望 風 呂 。 豊 富 な 海 の 幸 の 会 席 料 理 は 南 国 の 風 味 。 加 H P カ ー 00997-46-3021 ・ 1 泊 2 食 1 32 ~ 042 室 ( 和 17 ・ 和 洋 2 ・ 他 23 ) ・ 15 ℃ 0 ・ 10 ℃ 屋 久 島 空 港 か ら 車 10 分 ・ 無 料 ・ 一 部 客 室 海 と 朝 日 の 眺 望 可 。 屋 久 島 観 光 の 中 心 地 、 安 房 に 位 置 。 屋 久 島 の 名 産 品 を お く 大 売 店 有 。 00997-47-2011 ・ 1 泊 2 食 150 ~ 046 室 ( T43 ・ 他 3 ) ・ 1 5 0C ・ 1 1 0 屋 久 島 空 港 か ら バ ス 40 分 ・ 無 料 屋 久 島 屈 指 の ロ ケ ー シ ョ ン 。 露 天 風 呂 も あ る 温 泉 は ツ ル ツ ル の 肌 触 リ 。 半 島 岩 盤 上 の ホ テ ル は 360 度 の 展 望 を 誇 る 。 加 00997-47-3888 ・ 1 泊 朝 食 141 ~ 0125 室 ( T 102 ・ 他 23 ) ・ 14 : 00 ・ 1 1 : 02 屋 久 島 空 港 か ら 車 30 分 ・ 無 料 近 代 設 備 充 実 の リ ゾ ー ト H 、 宴 会 場 、 サ ウ ナ 、 露 天 風 呂 有 。 レ ス ト ラ ン か ら 太 平 洋 、 モ ッ チ ョ ム 岳 を 眺 望 。 加 00997-43-5751 ・ 1 泊 2 食 130 ~ 049 室 ( 和 1 2 ・ 他 37 ) ・ 15 : OO ・ 9 : 30 ・ 屋 久 島 空 港 か ら 徒 歩 1 分 ・ 無 料 ・ 屋 久 旅 ホ テ ル 神 州 旅 今 国 旅 館 旅 花 旅 館 岩 戸 屋 -- 旅 民 芸 旅 館 か み の 家 -- 旅 シ ー サ イ ド ホ テ ル 屋 久 島 -- や く し ま す JR ホ テ ル 屋 久 島 - す 屋 久 島 い わ さ き ホ テ ル - ー 旅 縄 文 の 宿 ま ん て ん - を 島 空 港 前 に 立 つ 。 加 露 天 H P す ア ポ ロ リ ゾ - ト マ リ ン カ ト 屋 久 島 -- 3- 有 。 シ ー ズ ン に は 海 ガ メ の 産 卵 が 見 ら れ る 。 屋 久 島 の 季 節 料 理 、 和 食 を 用 意 。 加 ・ 15 : OC ・ 10 ℃ 屋 久 島 空 港 か ら 車 30 分 ・ 無 料 ・ オ ー シ ャ ン ビ ュ ー の 客 室 00997-45-2525 ・ 1 泊 2 食 126 ~ 09 室 ( T5 ・ 他 4 ) は す べ て 天 然 水 。 リ メ テ ィ ア ル マ ッ サ ー ジ 有 。 加 ・ 15 : OO ・ IO : OC ・ 屋 久 島 空 港 か ら 車 40 分 ・ 無 料 館 内 00997-45-2717 ・ 1 泊 2 食 180 ~ 015 室 ( 他 1 5 ) 北 海 道 仙 台 前 橋 ・ 水 戸 東 京 ・ 新 潟 古 町 ・ ・ 谷 01 1 -232-0555 ・ 谷 022-221-4422 谷 027-221-8186 ・ 谷 029-225-5231 ・ 谷 0570-023-489 ・ 谷 025-222-4141 金 沢 中 部 京 都 四 条 ・ 神 戸 広 島 ・ ・ 九 州 ・ ・ ・ ・ 谷 076-264-7070 谷 052-566-2030 谷 075-223-2732 谷 078-231-41 18 ・ 谷 082-542-5151 谷 092-781-0700 宿 泊 3

九州(楽楽 九州 1)


功 ビ タ ン 部 屋 カ ピ タ ン と は ポ ル ト ガ ル 家 具 が 置 か れ た 畳 の 部 語 で 「 商 館 長 」 と い う 意 屋 で 、 当 時 の ク リ ス マ ス 味 で 、 オ ラ ン ダ 商 館 に の 宴 会 料 理 が 大 き な な っ て も 名 前 だ け は 受 テ ー プ ル の 上 に 忠 実 に け 継 が れ た 。 出 島 で 一 再 現 さ れ 、 デ ィ ス プ レ イ 番 大 き な 建 物 の カ ピ タ に も 細 か い 気 配 り が 感 ン 部 屋 は 、 重 厚 な 洋 風 じ ら れ る 。 : ま 出 島 和 蘭 商 館 跡 場 ロ 谷 095-818-8550 P 〃 日 谷 四 5-828-3939 Ⅳ 7 日 谷 095-833-2110 日 運 河 を ま た い た 珍 し い デ サ イ ン の 海 を 臨 み な が ら 食 事 & お 酒 が 楽 し 長 崎 港 を 往 来 す る フ ェ リ ー の 汽 笛 が 美 術 館 。 約 128 点 の ス ペ イ ン 美 術 響 く 、 港 町 長 崎 を 存 分 に 感 じ る ス ペ め る 、 2 階 建 て ウ ッ ド デ ッ キ 調 の ペ コ レ ク シ ョ ン は 評 価 が 高 く 、 世 界 イ サ イ ド ス ポ ッ ト 。 天 気 が よ い 日 ー ス 。 周 り を 海 と 運 河 に 囲 ま れ た 、 ま 三 大 美 術 館 の 一 つ ス ペ イ ン 国 立 プ さ し ぐ 水 辺 “ の 公 園 。 玉 石 を 埋 め 込 は テ ラ ス で 食 事 が 楽 し め 、 ラ ン チ ラ ド 美 術 館 と 交 流 関 係 に あ る 。 も 人 気 。 ョ ッ ト ハ ー バ ー と し て の ん だ 道 な と モ ダ ン な デ ザ イ ン 。 芝 生 に 横 に な っ て の ん び り し よ う 。 利 用 も あ る 。 ・ 出 島 電 停 か ら 徒 歩 3 分 の 10 ~ - DATA 日 第 2 ・ 4 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) ・ 出 島 電 停 か ら 徒 歩 2 分 ・ 各 店 舗 に よ ・ 市 民 病 院 前 ・ 大 浦 海 岸 通 り 電 停 か ら 徒 DATA DATA 0 常 設 展 4 提 携 県 営 駐 車 場 28 台 歩 1 あ 入 園 自 田 台 侑 料 ) り 異 な る ・ 無 休 0 提 車 場 あ り 左 右 ど ち ら か ら で も 上 り 下 り が で き る 三 角 の 形 を し た 階 段 が 特 長 崎 電 気 軌 道 ィ ー ア ー プ ル を 置 く と い う 和 洋 折 衷 の 座 敷 畳 に 大 浦 へ 、 、 築 町 へ デ ジ マ ノ キ 竿 広 場 彡 を - 旧 石 倉 旧 出 島 ( 考 古 館 ) 神 学 校 ベ ル ・ シ ュ ン べ リ ー 記 念 碑 る 名 部 - 中 央 広 場 料 金 出 島 カ ビ タ ン 。 ー ー ー 入 ( メ イ : い 上 ) . 側 石 屋 一 番 船 船 頭 部 屋 一 番 蔵 ニ 番 蔵 ( 貿 易 館 ) ( 蘭 学 館 ) 拝 礼 筆 者 蘭 人 部 屋 石 意 ( 出 島 シ ア タ ー ) 0 499 - ・ 大 砲 大 波 止 ・ 長 崎 駅 前 へ ` ② 案 内 さ ん ば ん ぐ ら す い も ん 水 門 ・ 出 島 の 玄 関 で あ る 「 水 門 」 。 西 洋 と 日 本 の 文 化 ・ 学 術 ・ 貿 易 品 が 最 初 に 出 入 り し た 象 徴 的 な 建 物 。 2 つ の 通 り 口 の う ち 南 側 は 輸 入 用 、 北 側 は 輸 出 用 に 使 わ れ て い た 。 三 番 蔵 一 番 蔵 、 ニ 番 蔵 、 三 番 蔵 と 3 つ の 蔵 が 並 ぶ 。 そ の 中 の 三 番 蔵 は 砂 糖 の ほ か 、 さ ま ざ ま な 品 目 が 収 め ら れ て い た 。 1 階 で は 砂 糖 袋 を 納 め て い た 風 景 を 再 現 。 - た 物 ま 論 第 4 い 三 自 出 島 電 停 で 降 り る と 、 水 門 の あ る 西 側 入 リ 口 が す ぐ 頑 丈 な 造 り の 蔵 に 貴 重 な 輸 入 品 が 収 め ら れ て い た 住 ) 立 ち 訒 ス ポ ッ ト レ ス ト ラ ン な が さ き け ん び じ ゅ っ か ん な が さ き で じ ま な が さ き み す べ も り こ う え ん 長 崎 県 美 術 館 長 崎 出 島 ワ ー フ 長 崎 水 辺 の 森 公 園 し は を ; ニ