検索 - みる会図書館

検索対象: 日本の街道 1 風かけるみちのく

日本の街道 1 風かけるみちのくから 164件ヒットしました。

日本の街道 1 風かけるみちのく


男 鹿 半 島 一 一 単 調 な 海 岸 線 を 突 き 破 る よ う に 日 本 海 に 出 た 半 島 て 、 戸 賀 湾 に は 宮 島 な ど が 点 在 す る 。 若 き 漁 夫 の ロ 笛 千 鳥 従 へ て 西 東 三 鬼

日本の街道 1 風かけるみちのく


遠 野 盆 地 ー ー 早 池 峰 ・ 北 上 山 地 を 望 む 一 一 南 六 角 牛 ・ 石 上 の 遠 野 三 は 社 鹿 半 島 か ら 、 北 は 山 に 囲 ま れ た 盆 地 は 、 八 戸 の 白 銀 崎 ま て 延 ひ 内 陸 と 海 岸 を 結 ぶ 物 資 る 広 大 な 山 地 て 、 早 池 の 輸 送 路 と し て 、 ま た 峰 山 ・ 姫 神 山 ・ 五 葉 山 馬 産 地 と し て 栄 え た 。 な ど の 高 峰 が あ る 。 浄 土 ヶ 浜 三 陸 海 岸 の 重 要 な 港 て あ っ た 宮 古 に 近 く 、 剣 ノ 山 ・ 賽 ノ 河 原 ・ 血 ノ 池 な ど の 奇 勝 が あ る 。 優 美 て 華 麗 な 海 岸 て あ る 。 も 二 一 ト ~ 鋼 ー ー 、 1

日本の街道 1 風かけるみちのく


お お ま ご し か い ど う つ が る い わ さ き ば く ふ じ ゅ ん け ん し ふ く し ま 大 間 越 街 道 で 津 軽 の 岩 崎 海 岸 に 入 っ た の で あ る 。 い た 。 ち ょ う ど 古 松 軒 同 行 の 幕 府 巡 見 使 が 福 島 に う わ さ 「 外 が 浜 風 」 ( 覧 『 真 澄 遊 ) の 冒 頭 に は 、 山 中 の 二 社 の こ 入 っ た 噂 も 伝 わ っ て く る こ ろ で あ る 。 七 月 半 ば に 津 さ か い み よ う じ ん み ん ま や か ん せ い と を 記 し て い る 。 こ れ は お 境 明 神 と い っ て 今 も 名 軽 半 島 の 先 端 三 厩 か ら 海 を 渡 る 。 寛 政 元 年 の す ご う ざ き を 伝 え て い る が 、 現 在 は 国 道 一 〇 一 号 線 須 郷 岬 近 く 現 ・ 松 に い た の で あ る か ら 、 前 年 か ら 正 月 は 福 山 ( 前 町 ) え さ し の 山 中 に あ り 、 国 境 線 南 側 の も と 久 保 田 領 の 明 神 こ の 辺 に い た と 思 わ れ る 。 夏 に は 西 海 岸 を 江 差 の ほ し よ う し は こ だ て ← 阮 ) 黹 . も は 、 小 祠 を 近 く の 人 が 守 っ て い る も の の 、 も と 津 軽 う に 出 か け 、 冬 に は 箱 館 ( 函 館 ) の ほ う に 赴 い て い の る 澄 ) 境 あ 真 る 領 の 明 神 は 神 体 の 石 と 堂 の 礎 石 し か 残 っ て い な い 。 / と く 山 て ふ か う ら お し ま は ん と う 慎 上 近 銀 れ し か し 、 当 時 は 顕 著 な 藩 境 の 神 社 で あ っ た 。 深 浦 ・ 寛 政 三 年 五 月 下 旬 に 渡 島 半 島 の 東 海 岸 を 北 に 進 山 最 の 的 訪 あ じ が さ わ ひ ろ さ き あ お も り う す 銀 は 峠 原 に 鰺 ケ 沢 ・ 弘 前 を 経 て 、 十 八 日 に は 青 森 に 達 し 、 す ぐ み 、 六 月 四 日 長 万 部 、 十 日 有 珠 登 山 、 戻 っ て 七 月 内 内 杉 財 査 お お わ に や だ て 院 院 内 の 調 折 り 返 し て 、 大 鰐 か ら 、 一 一 十 二 日 矢 立 峠 を 越 え 、 出 ご ろ は 箱 館 こ ) こ 。 し し オ 翌 年 の 正 月 は や は り 福 山 で 迎 お お だ て し も き た 羽 久 保 田 領 大 館 に 入 る 。 え 、 十 月 七 日 そ こ を 出 て 、 下 旬 に は 下 北 半 島 に 渡 っ お そ れ ぎ ん て お り 、 三 十 日 に は 恐 山 に 登 っ て い る 。 の 山 神 物 海 を 渡 っ て 松 前 へ こ の 間 「 え み し の さ へ き 」 「 ひ ろ め か り 」 「 え ぞ の か づ の さ わ じ り に し き ま 物 支 薯 以 上 「 真 澄 ) な ど が 二 十 四 日 に は ま た 陸 奥 に 出 て 、 鹿 角 の 沢 尻 ・ 錦 て ぶ り 」 「 千 島 の 磯 」 「 牧 の 冬 枯 」 ( 遊 覧 記 』 ぎ は な わ た や ま じ よ う ほ う じ い ち の ヘ ぬ ま く な い 木 ・ 花 輪 ・ 湯 瀬 か ら 田 山 ・ 浄 法 寺 ・ 一 戸 ・ 沼 宮 内 あ る 。 も り お か 寛 政 五 年 四 月 二 十 五 日 、 ま た 恐 山 に 登 り 、 こ れ か 。 , 、 ( 、 0 を 経 て 九 月 八 日 盛 岡 に 着 い た 。 真 澄 に つ い て は 秋 田 な ん ぶ の 旅 だ け が よ く 知 ら れ て い る が 、 そ う で は な く 、 こ ら 同 七 年 三 月 津 軽 に 移 る ま で 南 部 に い た 。 津 軽 で は き よ ろ ・ わ ふ か う ら れ か ら の 三 年 間 は 今 の 岩 手 ・ 宮 城 両 県 で 旅 を つ づ け 享 和 元 年 (bl) 十 一 月 四 日 深 浦 を 出 る ま で の 六 年 ぬ の ま っ し ま て い た の で あ る 。 「 け ふ の せ ば 布 」 「 月 の 松 島 」 「 雪 半 を 暮 ら し て い る 。 青 森 で は 「 奥 の て ぶ り 」 「 津 軽 い さ わ べ 以 上 「 真 澄 ) な ど が 著 作 さ れ て い の 胆 沢 辺 」 「 岩 手 の 山 」 (å 亠 「 澄 ) な ど は こ の 間 の の 奥 」 「 錦 の 浜 」 ( 遊 覧 い わ だ て も の で あ る 。 る 。 五 日 久 保 田 藩 領 岩 館 に 入 る 。 ち ゅ う そ ん じ ぶ ん せ い 松 島 で は 雪 や 桜 を 賞 で て い る し 、 中 尊 寺 に も 一 こ れ か ら 文 政 十 一 一 年 ( 一 一 し 七 月 十 九 日 、 七 十 六 歳 か く の だ て 度 な ら ず 詣 っ て い る 。 後 年 、 青 森 で も 数 年 間 旅 を し で 角 館 神 明 社 で 死 去 す る ま で 「 雪 の 出 羽 路 」 「 男 鹿 て い る 。 以 上 「 真 澄 ) 「 ス の 島 風 」 「 花 の 出 羽 路 」 「 月 の 出 羽 路 」 ( 遊 覧 記 』 ま 壑 」 わ 天 明 八 年 六 月 、 前 沢 を 発 っ て い よ い よ 北 海 道 、 す 下 、 絵 な ど を 記 録 し な が ら 、 久 保 田 藩 内 を く ま な く え ぞ ま つ ま え な わ ち 当 時 の 蝦 夷 松 前 に 向 か う 。 三 十 五 歳 に な っ て 旅 し て 調 査 と 記 述 と を つ づ け た 。 お 境 明 神 - ー 出 羽 山 本 と 、 陸 奥 と 津 軽 の 境 界 菅 生 ( 須 郷 ) 岬 近 く に 2 祠 が な ら ぶ 。 享 和 元 年 ( 1801 ) 11 月 5 日 に 真 澄 も 参 拝 。 ふ く や ま お し や ま ん べ い で わ じ 779 ー ー み ち の く 遊 覧 の 道

日本の街道 1 風かけるみちのく


北 本 石 は の 日 千 馬 一 こ い - 唯 期 し の る 国 前 動 こ え ヒ 丗 」 ) 古 云 の 近 て 船 を 寺 は 運 の 姿 覚 船 海 級 の 料 円 国 毎 積 そ 資 わ り 、 川 や 道 の 輸 送 が い っ そ う の 賑 わ い を み せ 、 藤 「 北 国 船 」 と 「 は が せ 船 」 崎 ・ 板 柳 な ど の 河 岸 も 栄 え た 。 瀬 戸 内 海 で 活 躍 し た 弁 財 船 が 日 本 海 に 進 出 す る ま で 木 材 と 蔵 米 廻 船 の 賑 わ い 日 本 海 海 運 の 主 力 海 船 で あ っ た も の に 「 北 国 船 」 と 「 は が せ 船 」 が あ る 。 い ま 津 軽 深 浦 の 名 刹 円 覚 寺 に 遺 江 戸 に 幕 府 が 開 か れ 、 参 勤 交 代 が 制 度 と な る と 、 る 数 多 く の 絵 馬 の 中 に 寛 永 十 年 ( ~ 一 ' ) の 銘 が 入 っ て 各 藩 か ら の 江 戸 へ の 物 資 輸 送 が 本 格 化 し 、 江 戸 ・ 上 い る 北 国 船 の 船 絵 馬 が あ る 。 最 近 重 要 民 俗 資 料 と し て か ん ぶ ん 方 を 軸 と す る 一 一 大 運 輸 系 統 が 成 立 す る 。 寛 文 ( 一 一 5 七 国 指 定 を う け た 。 縦 約 一 六 〇 セ ン チ メ ー ト ル 、 横 約 一 ) 末 年 に 西 廻 海 運 が 成 立 す る ま で は 、 奥 羽 と 上 方 四 〇 セ ン チ メ ー ト ル ほ ど の 大 き な 船 絵 馬 で あ る 。 奉 納 を 結 ぶ 航 路 は 越 前 の 敦 賀 、 若 狭 の 小 浜 を 荷 揚 げ 地 と 者 は 越 前 の 住 人 庄 司 太 郎 左 衛 門 と あ り 、 お そ ら く こ の 北 国 船 の 持 ち 主 で 、 北 奥 と の 交 易 に 従 事 し て い た の で す る 北 国 海 運 で 、 前 期 日 本 海 海 運 の 最 盛 期 を 迎 え あ ろ う 。 こ の 絵 馬 は わ が 国 最 古 で 唯 一 の 北 国 船 絵 馬 で る 。 か っ て 秋 田 か ら 秀 吉 の 材 木 を 運 ん だ 北 国 の 船 は あ る 。 帆 の ほ か に 櫂 が あ り 、 風 の な い と き は 両 舷 に 各 藩 の 蔵 米 を 輸 送 す る よ う に な っ た 。 秋 田 藩 の 蔵 米 一 一 本 ず つ 備 え ら れ た 櫂 を 使 っ て 走 っ た 。 を 敦 賀 の 糸 屋 彦 一 一 郎 、 道 川 九 左 衛 門 ら の 船 が 運 び 、 同 じ こ ろ の 「 は が せ 船 」 は 、 船 底 が 平 ら な う え に 丈 新 庄 藩 の 蔵 米 は 高 島 屋 が 請 け 負 っ て 運 ん で い た 。 夫 に 造 ら れ て お り 、 日 本 海 に 適 し 、 櫂 と 莚 帆 で 走 行 し 北 国 の 廻 船 は こ の よ う に 上 り 荷 に 諸 藩 の 蔵 米 や 特 た 。 新 潟 県 西 頸 城 郡 能 生 町 の 白 山 神 社 に 残 る 「 は が せ 船 」 の 船 絵 馬 が 当 時 の 姿 を 伝 え る 唯 一 の 資 料 で あ る 。 産 物 を 積 み 、 下 り 荷 に 上 方 産 の 茶 や 衣 料 な ど を 運 ん で 来 て は 、 奥 羽 の 湊 で 集 散 し た 。 と は い え 、 諸 藩 の 蔵 米 の 輸 送 販 売 と な る と 、 完 全 な 商 業 べ ー ス で 行 わ 方 ・ 江 戸 ・ 仙 台 方 面 に 運 ば れ た 。 運 上 請 負 人 が 南 部 れ て い た わ け で は な く 、 豪 商 の 船 は 雇 船 と な っ て 、 藩 に 納 め る 運 上 金 は 最 盛 期 で 年 六 〇 〇 〇 両 に も 達 積 み 荷 の 米 は 上 方 ま で 商 品 で は な く 藩 の も の で あ っ し 、 当 時 の 南 部 藩 ( 一 〇 万 石 ) が 江 戸 な ど 領 外 に 販 た 。 こ の 点 、 特 産 物 は 蔵 米 と ち 力 し ゞ ゝ 、 は じ め か ら 積 売 す る 蔵 米 代 金 二 六 〇 〇 両 を は る か に 超 え る 金 額 で み 荷 も 商 品 と し て 積 ま れ 輸 送 さ れ た の で あ る 。 あ っ た 。 田 名 部 諸 湊 に 入 津 し た 廻 船 数 は 、 寛 文 三 年 奥 州 の 北 端 下 北 半 島 は 、 寛 永 末 年 ( し よ り 檜 ( 六 , ) に 約 一 〇 〇 〇 隻 を 数 え 、 う ち 上 方 船 五 九 六 し ん ぼ う 材 の 特 産 地 と し て 登 場 し 、 寛 文 期 に 最 盛 期 を 迎 え 隻 、 蝦 夷 松 前 船 三 二 七 隻 、 越 前 新 保 船 六 隻 で あ っ た 。 こ こ を 藩 領 と す る 南 部 藩 は 領 外 移 出 に 運 上 制 度 た 。 こ の ほ か に も 秋 田 船 ・ 仙 台 船 ・ 酒 田 船 ・ 石 巻 商 を 実 施 し 、 田 名 部 諸 湊 に 群 集 す る 廻 船 に よ っ て 上 船 が み え 、 東 廻 の 太 平 洋 岸 海 運 と の 結 び つ き も で き 726

日本の街道 1 風かけるみちのく


羽 州 浜 街 道 酒 田 の 山 居 倉 庫 ー ー 酒 田 は 最 上 川 河 口 の 良 港 て 、 庄 内 平 野 の 物 資 の 貯 蔵 庫 、 山 居 倉 庫 に も そ れ が う か が え る 。 西 目 の 冬 ー -- 日 本 海 の 風 雪 に ま け ず 、 文 政 11 年 ( 1828 ) か ら 6 年 を か け て 西 目 潟 を 干 拓 、 今 も 産 業 ・ 教 育 の 模 範 村 と さ れ て い る 。 に 秋 う か 岩 象 浦 り く 入 田 道 し 城 潟 か ロ 温 羽 か ら 毎 州 の 分 の 万 ら 三 鶴 、 浜 深 積 か 道 石 は 崎 岡 加 街 浦 み れ は の 西 の を 茂 道 、 亀 目 険 経 ・ は か 出 ら し 八 秋 田 海 路 て 大 鰺 の 郎 田 な 岸 を 、 山 日 ケ 能 潟 以 ど を 経 庄 か 本 沢 代 沿 北 の 通 て 内 ら 海 に い に 城 り 、 米 酒 に 、 鳥 の 井 面 弘 出 に も 下 前 た 大 つ 町 六 海 積 ー し に 。 久 づ を 郷 山 出 四 た 至 能 保 き 経 ニ を 港 万 念 、 て 万 南 酒 石 珠 す っ 代 た か 鹿 土 秋 石 に 田 の ケ が ら 渡 崎 田 の 仰 を 城 関 き は を を に 本 ぐ 過 下 カ 八 過 経 出 荘 景 ぎ 町 ら 森 ぎ て る 、 勝 、 で 、 冫 毋 、 追 街 生 の 庄 出 沿 岩 日 分 道 駒 地 内 羽 い 館 本 で で 一 象 ミ 砂 三 に を 海 男 お あ 万 潟 丘 山 経 の 鹿 ヵ っ 石 に の の ′ : 日 て 要 に た の 出 あ 西 泉 津 港 向 矢 た る の の 軽 で か し 島 。 吹 入 湧 春 の 鳥 海 山 一 一 - 冫 酉 田 の 北 に そ び え る 鳥 海 山 は 、 裾 野 を 大 き く ひ ろ げ た 秀 麗 な 山 容 を も ち 、 麓 の 春 は 華 麗 な 様 相 を 見 せ る 。 92

日本の街道 1 風かけるみちのく


酒 田 港 ー ー 貿 易 港 と し て 活 気 の あ っ た 酒 田 湊 は 古 く 中 世 期 に 起 こ り 、 町 人 衆 の 自 治 の 伝 統 は 、 酒 田 発 展 の 原 動 力 て あ っ た 。 本 州 最 北 端 の 地 ー ー 荒 波 に さ ら さ れ る 大 問 て あ っ た が 、 北 海 道 の 函 館 山 と は 指 呼 の 間 て 、 火 急 の と き は こ こ か ら 小 船 て 北 海 道 に 渡 っ た と い う 。 以 上 を 南 部 藩 の 上 ・ 下 北 地 方 で 販 売 し 、 残 り を 小 浜 る 。 そ の 後 、 津 軽 藩 祖 津 軽 為 信 ( 一 伍 五 〇 5 一 ~ , 〇 七 ) が 相 対 立 に 運 ん で い る 。 す る 南 部 氏 に さ き が け て 豊 臣 秀 吉 に 面 会 し 、 津 軽 領 こ の よ う に し て 始 ま っ た 北 国 の 船 持 ち 豪 商 の 奥 羽 四 万 五 〇 〇 〇 石 を 確 実 な も の と し 、 津 軽 氏 を 名 乗 る か く 進 出 は そ の 後 い っ そ う 活 発 と な っ た 。 出 羽 酒 田 の 豪 こ と と な っ た 。 現 在 、 為 信 の 霊 廟 の あ る 岩 木 町 の 革 ぶ ん ろ く し ゅ う た て が み 商 加 賀 屋 も そ の 一 人 で 、 文 禄 年 間 (L 込 一 ) に 大 名 新 寺 に 館 神 と 呼 ば れ る わ ず か 七 セ ン チ メ ー ト ル の 南 部 氏 の 定 宿 を つ と め 、 そ の 関 係 で 、 以 後 加 賀 屋 の 木 彫 が あ る 。 こ れ は 秀 吉 像 で 、 江 戸 時 代 に は 稲 荷 明 た な ぶ 持 ち 船 は 船 役 免 除 の 特 権 で 下 北 半 島 の 田 名 部 諸 湊 に 神 と し て 秘 密 裡 に ま つ っ て き た が 、 津 軽 氏 の 上 方 に た い す る 心 の き ず な と な っ て き た の で あ ろ う 。 入 津 し 、 同 地 特 産 の 材 木 を 上 方 に 輸 送 販 売 し た 。 名 城 と し て 当 時 の 偉 容 を 今 に 伝 え る 弘 前 城 が 完 成 の ぶ か ず け い ち ょ ろ ・ 美 田 と 港 を 結 ぶ 津 軽 の 道 一 五 八 六 5 し た の は 二 代 藩 主 信 枚 ( 一 ) の と き で 、 慶 長 青 森 か ら 平 館 に 至 る 津 軽 半 島 の 陸 奥 湾 沿 岸 の 海 辺 十 六 年 ( ~ , ) の こ と で あ る 。 領 内 は も と よ り 、 全 国 け い あ ん を 外 ケ 浜 と 呼 ぶ 。 国 家 支 配 の お よ ぶ 最 果 て と い う 意 各 地 か ら 町 人 を 集 め 、 慶 安 二 年 ( 四 し ご ろ に は 城 下 味 が こ め ら れ て の 呼 称 で あ ろ う が 、 津 軽 の 長 い 歩 み の 武 家 屋 敷 六 〇 〇 に 対 し 、 町 人 屋 敷 が 約 一 〇 〇 〇 と を た ど る と き 、 む し ろ 最 果 て の 位 置 が バ ネ と な っ て な っ た 。 江 尸 へ の 門 一 尸 青 森 の 開 港 も こ れ に 劣 ら ぬ 大 き た よ う に 思 わ れ る 。 津 軽 は い つ も 後 進 の 位 置 に あ 事 業 で あ っ た 。 寛 永 二 年 ( 一 一 し 、 外 ケ 浜 の 一 角 善 知 ま ん じ て き た わ け で は な い 。 最 北 端 の 地 で あ る こ と 鳥 村 に 港 を 開 き 、 青 森 と 改 称 、 海 運 で 結 ぶ 越 後 ・ 越 は ん す う を 反 芻 し つ つ 、 と き に は 積 極 的 に 他 に 先 ん じ て 中 央 前 ・ 近 江 な ど に 町 人 を 求 め た 。 三 年 後 に は 戸 数 七 〇 に し ま わ り あ じ が さ わ の 文 化 を 取 り 入 れ て き た 。 と り わ け 近 世 に お け る 海 〇 軒 に 達 し 、 西 廻 海 運 の 門 一 尸 鰺 ケ 沢 を は る か に 上 、 」 船 を 介 す る 上 方 か ら の 文 物 摂 取 は 、 津 軽 の 人 々 に 進 回 る 港 町 と な っ た 。 こ う し て 津 軽 の 交 通 ・ 運 輸 の 路 取 の 気 性 を 与 え て き た 。 宿 駅 を 一 つ 一 つ 北 進 し 、 津 が 定 ま っ て き た 。 船 軽 に た ど り つ く 陸 の 街 道 は 、 た し か に 最 果 て の 実 感 津 軽 平 野 の 「 大 川 」 と 呼 ば れ た 岩 木 川 は 、 河 口 の 廻 を 与 え た で あ ろ う が 、 海 は 一 足 飛 び に 上 方 や 江 戸 に 十 三 を 介 し て 鰺 ケ 沢 に 通 じ 、 大 坂 廻 米 や 津 軽 半 島 産 越 海 の ひ ば 材 な ど を 運 ん だ 。 弘 前 を 経 て 青 森 湊 に 通 じ る ー 、 津 軽 を 結 び つ け 、 津 軽 人 の 活 動 範 囲 を 広 げ て き た 。 の 鎌 倉 時 代 の 末 期 、 津 軽 十 三 の 安 東 氏 は 北 条 氏 の 近 " 大 道 。 羽 州 街 道 も ま た 、 江 戸 へ の 輸 送 物 資 を 駄 送 か げ ん 臣 と な り 、 嘉 元 四 年 ( 一 一 )) に は 北 海 の 鮭 や 小 袖 を 積 し は じ め た 。 は じ め 荒 野 に 埋 ま っ て い た 津 軽 平 野 も む 関 東 御 免 の 津 軽 船 を 越 前 三 国 湊 に 入 港 さ せ て い 新 田 開 発 が 急 速 に 進 み 、 江 戸 中 期 に は 一 大 美 田 に 変 か ん え い

日本の街道 1 風かけるみちのく


宇 艪 利 恐 山 田 名 部 津 軽 半 島 を 奥 湾 青 森 恐 山 と 岩 木 山 ・ 祈 り に 満 ち て 下 北 と 津 軽 の 霊 場 最 果 て の 霊 場 、 恐 山 湾 の 山 、 宇 曾 利 山 お そ れ ざ ん い わ き さ ん れ い じ よ う 恐 山 と 岩 木 山 と は 、 ~ し す れ も 青 森 県 に あ る 霊 場 恐 山 と い う 名 称 か ら 想 像 す る と 、 そ れ は 、 一 つ の だ 。 私 が 初 め て こ れ ら の 霊 場 を 訪 れ た の は 、 昭 和 一 一 峰 を も っ た 山 の よ う に 思 わ れ る か も し れ な い が 、 実 つ る ぎ の や ま お お っ く し 十 七 年 ご ろ だ っ た 。 そ の こ ろ 、 恐 山 へ 参 詣 す る に は そ う で は な い 。 八 〇 〇 メ ー ト ル 級 の 剣 山 ・ 大 尽 の ヘ じ や ま お お み な と こ っ く し や ま し よ う じ ゃ ま き た ぐ に や ま び よ う ぶ や ま か ま ぶ せ ざ ん ま る は 、 東 北 本 線 の 野 辺 地 駅 で 、 大 湊 線 に 乗 り 継 が な 山 ・ 小 尽 山 ・ 障 子 山 ・ 北 国 山 ・ 屏 風 山 ・ 釜 臥 山 ・ 円 う そ り や ま あ さ ひ な や ま け れ ば な ら な か っ た 。 こ の 支 線 は 陸 奥 湾 の 内 岸 沿 い 山 ・ 朝 日 奈 山 に と り 囲 ま れ た 宇 曾 利 湖 周 辺 の 湿 地 帯 た な ぶ お お は た を い う の だ 。 無 数 に あ る 湖 底 の 蒸 気 穴 か ら は 湯 泡 が に 海 岸 の 松 林 を 縫 っ て 、 大 湊 ・ 田 名 部 ・ 大 畑 に 達 し て い た 。 旧 街 道 は 、 こ れ と い く つ か の 踏 切 で 交 わ り 吹 き あ げ ら れ 、 水 は 紺 碧 、 水 中 に は 奇 魚 の ウ グ イ が ぐ ん せ い な が ら 、 田 名 部 へ 延 び て い た 。 昔 か ら 、 こ の 道 を 、 群 棲 し て い る 。 湿 地 帯 に は 奇 岩 が た ち な ら び 、 こ こ ど う う じ ゅ ん け ん し お ち う ど 武 士 ・ 巡 見 使 ・ 落 人 ・ 旅 僧 ・ 行 商 人 ・ 罪 人 ・ 旅 人 に 堂 宇 が 建 て ら れ て い る 。 一 説 に よ る と 、 恐 山 は 宇 曾 利 山 と 書 き 、 宇 曾 利 と ら が 、 本 州 の 最 果 て の 地 へ と 歩 み つ づ け た 。 白 虎 隊 で 名 を 知 ら れ た 会 津 の 藩 士 も 、 田 名 部 へ 落 ち 、 斗 南 は ア イ ヌ 語 USOR ( ウ ソ ル ) で あ っ た 。 と こ ろ が 、 や く も 藩 を つ く っ た 。 私 が 初 め て 乗 っ た 大 湊 線 は 、 郵 便 車 ウ ソ ル と は 北 海 道 八 雲 地 方 の ア イ ヌ 語 の 方 言 で 、 こ を 改 造 し た も の で 、 窓 の 下 に は 板 の べ ン チ が 無 造 作 の 言 葉 は ほ か の 地 域 に は 見 出 さ れ な い 。 言 葉 の 意 味 に 打 ち つ け ら れ 、 六 月 と い う の に 、 車 の 中 央 に は 石 は 「 湾 」 で あ る 。 つ が る 津 軽 海 峡 に 漁 場 を も と め て 、 船 上 の 人 と な り 、 下 炭 ス ト ー プ が 燃 え 、 常 連 と 思 え る 行 商 人 が 、 ス ト ー し り や お お ま プ の ま わ り に 集 ま っ て 、 日 干 し の 魚 を 焼 い て い た 。 北 を 見 た と き 、 尻 屋 崎 か ら 大 間 を 結 ぶ 海 岸 線 に 、 恐 か わ う ち そ び 恐 山 に 登 る に は 、 田 名 部 参 道 ・ 大 畑 参 道 ・ 川 内 参 山 の 群 峰 が 、 肩 を よ せ あ う よ う に 聳 え て い る 。 宇 曾 道 な ど が あ る 。 バ ス が 通 る の は 田 名 部 参 道 だ け だ 。 利 山 、 湾 の 山 と い う 名 称 は こ こ に 由 来 し た の か も し 野 辺 小 Ⅱ を な ヶ 沢 △ 岩 木 △ 八 甲 田 山 弘 前 び や っ こ た い と な み こ ん べ き 補 正 弘 東 北 大 学 教 授 770

日本の街道 1 風かけるみちのく


石 川 啄 木 歌 碑 と 岩 手 山 岩 手 の 象 徴 岩 手 山 は 、 渋 民 か ら 見 る と と く に 美 し い 。 , こ の 北 上 川 畔 に 立 つ 啄 木 の 歌 碑 は 、 彼 の 絶 唱 を 刻 む 。 す 霻 い 、 。 諸 藩 が 利 用 し た 江 戸 へ の 廻 米 ル ー ト 上 流 の 南 部 藩 が 、 北 上 川 の 舟 運 を 本 格 的 に 利 用 す け い あ ん や る よ う に な る の は 慶 安 期 (— 一 六 四 八 ) 以 降 の こ と で あ る 。 下 流 の 仙 台 藩 に お け る 北 上 川 改 修 工 事 が 進 め ら れ た こ と も あ り 、 仙 台 藩 領 域 の 舟 運 が 波 及 し て 拡 大 し 、 南 部 藩 に も 及 ん で い っ た の で あ る 。 慶 安 二 年 南 お お き も い り 大 庄 屋 に 相 当 部 藩 は 石 巻 の 大 肝 煎 ( す る 地 方 役 人 ) 阿 部 治 右 衛 門 屋 敷 に 米 倉 を 建 て 、 川 下 げ の 江 戸 廻 米 を 一 時 貯 蔵 し た 。 じ よ う き よ う ) に な る と 、 八 戸 藩 も 米 穀 倉 庫 を 石 貞 享 三 年 ( ← し 巻 に 建 設 し て い る 。 八 戸 藩 の 志 和 領 が 北 上 川 流 域 に あ り 、 南 部 藩 同 様 に 北 上 川 を 利 用 し て 江 戸 に 廻 米 す る よ う に な っ た か ら で あ る 。 南 部 藩 の 江 戸 廻 米 が 請 負 商 人 に よ っ て 行 わ れ る 場 く ろ さ わ じ り 合 は 、 米 は 黒 沢 尻 河 岸 北 ) で 商 人 に 手 渡 さ れ 、 石 巻 へ の 川 下 げ は 商 人 に よ っ て 行 わ れ た 。 一 方 、 石 巻 ま で 藩 営 で 川 下 げ す る 場 合 も あ り 、 藩 舟 が 主 体 と な っ た 。 藩 の 北 上 川 舟 運 機 構 が 整 っ て く る に し た が て ん 後 者 に よ る 川 下 げ が 多 く な っ た よ う で あ る 。 天 和 年 中 ( 八 一 ) に 行 わ れ た 南 部 藩 の 北 上 川 舟 調 査 載 量 一 二 〇 — 一 三 〇 俵 程 度 で あ っ た 。 艟 は 黒 沢 尻 河 が あ る 。 そ れ に よ る と 、 黒 沢 尻 河 岸 に 締 が 四 五 艘 あ 岸 か ら 石 巻 ま で の 舟 航 に あ た り 、 小 繰 舟 は 盛 岡 河 岸 り 、 そ の ほ か に 小 繰 舟 が 、 花 巻 河 岸 に 一 〇 艘 、 郡 山 か ら 黒 沢 尻 河 岸 間 に 舟 航 し て い た の で あ る 。 黒 沢 尻 河 岸 に 三 艘 、 盛 岡 河 岸 に 六 艘 置 か れ て い た 。 締 舟 は 河 岸 以 北 の 北 上 川 で は 、 大 形 の が 舟 航 で き な か っ た か ら で あ ろ う 。 こ れ ら の 川 舟 に よ る 年 間 の 川 下 し 大 形 舟 で 、 中 幅 二 間 半 (f 1 ) 、 長 さ 一 〇 間 ト ) 前 後 、 積 載 量 は 四 四 〇 — 四 五 〇 俵 程 度 、 小 繰 米 は = 一 万 石 で あ る と さ れ る か ら 、 そ の 運 送 に は 延 一 舟 は 中 幅 六 尺 五 寸 0 」 し 、 長 さ 九 間 ( 酌 メ ) 、 積 四 〇 艘 前 後 の 艟 舟 が 舟 航 し た こ と に な り 、 黒 沢 尻 の ニ つ の 船 絵 馬 北 上 川 舟 運 に 関 す る 代 表 的 な 絵 馬 と し て つ ぎ の 二 つ を あ げ て お こ う 。 一 つ は 、 石 巻 市 の 大 島 神 社 に 奉 納 さ れ た 北 上 川 の 舟 の 絵 馬 で あ る 。 同 社 は 石 巻 惣 鎮 守 で 北 上 川 舟 航 の 安 全 を 祈 願 し て 奉 納 さ れ た も の で 、 「 奉 納 文 政 九 年 三 月 吉 日 遠 藤 屋 源 七 」 と あ る 。 三 艘 の 川 舟 が 描 か れ て い る 。 笠 を か ぶ り 扇 で 合 図 す る 者 の 乗 る 船 に 、 二 人 の 水 夫 が 乗 る 帆 船 と そ の あ と を 追 う 三 人 乗 り の 船 で あ る 。 遠 藤 屋 は 何 者 で あ る か 不 明 で あ る が 、 持 ち 舟 の 安 全 を 祈 願 し て 奉 納 し た の で あ ろ う 。 も う 一 つ は 、 古 川 市 の 荒 雄 神 社 に 奉 納 さ れ た 舟 着 場 の 光 景 を 描 い た 絵 馬 で あ る 。 河 岸 は 北 上 川 だ け で な く 支 流 の 各 地 に も 発 達 し た が 、 こ れ は 江 合 川 の 河 岸 で あ る 。 白 壁 の 米 倉 が 数 棟 並 び 、 河 岸 に 通 じ る 広 い 道 路 を 人 々 が 行 き か い 馬 が 米 俵 を 運 ぶ 。 川 岸 に は 米 俵 が 積 ま れ 、 川 舟 が 白 い 帆 を つ け た の も 含 め て 描 か れ て い る 。 家 の 周 り の 桜 が 豊 か な 河 岸 を あ ら わ し て い る よ う で あ る 。 明 治 初 年 の 作 品 で あ る が 、 江 戸 時 代 の 河 岸 の 風 景 を よ く 描 い て い る 、 と み て よ い で あ ろ う 。

日本の街道 1 風かけるみちのく


最 上 川 一 一 一 四 方 を 山 脈 に 囲 ま れ た 山 形 県 内 陸 部 は 、 こ の 川 に よ っ て 産 物 を 送 り 出 し 、 上 方 文 化 な ど を 吸 収 し た の て あ る 。 沢 な ど の 宿 を 経 て 南 部 領 に 入 る が 、 そ の 間 に も 何 本 仙 台 藩 領 の 主 な 道 か の 脇 街 道 が 奥 州 街 道 か ら 分 か れ て い る 。 水 沢 を 出 あ い さ り る と ま も な く 仙 台 藩 の 北 端 の 相 去 番 所 に 達 す る 。 南 仙 台 藩 領 に 入 っ て 白 石 城 下 の つ ぎ の 刈 田 宮 宿 か ら お に ゃ な ぎ は 笹 谷 街 道 が 左 折 し て い る 。 江 戸 時 代 前 期 出 羽 諸 大 部 藩 の 鬼 柳 番 所 と わ ず か 五 町 (f し の 隔 り で 対 名 が 参 勤 交 代 路 に 利 用 し 、 中 期 以 降 は 山 中 七 ケ 宿 街 峙 し 、 相 互 に 往 還 の 人 々 を 監 視 し て い た の で あ る 。 道 に 代 わ っ て し ば し ば 利 用 さ れ た 。 岩 沼 宿 を 右 折 す 両 藩 の 対 峙 の 厳 し さ は 奥 羽 山 脈 か ら 太 平 洋 ま で の 山 林 ・ 平 野 に 築 か れ た 、 い ま で も い く つ か 遺 る 藩 境 塚 る 街 道 が 江 戸 浜 街 道 ( 陸 前 浜 街 道 ) で あ る 。 幅 三 間 の 大 道 で 、 五 街 道 水 戸 街 道 の 延 長 路 に あ た り 、 水 戸 の 存 在 で あ ら た め て 知 ら さ れ る の で あ る 。 で は 岩 城 相 馬 街 道 と 呼 ん で い た 。 こ の 道 筋 は 古 道 の あ ず ま か い ど う さ い は て を め ぐ る 道 浜 街 道 の 東 海 道 の 道 筋 に あ た り 、 古 く よ り 開 発 さ れ た 。 南 部 藩 領 に 入 り 、 奥 州 街 道 の 宿 駅 は 鬼 柳 ・ 花 巻 ・ い し ど り や ぬ ま く な い 仙 台 城 下 に 入 っ て 分 岐 す る 主 な 脇 街 道 は 、 西 の 作 石 鳥 谷 ・ 郡 山 ・ 盛 岡 と つ づ き 、 さ ら に 沼 宮 内 ・ 福 ご の ヘ ま か ど 並 街 道 と 東 の 石 巻 街 道 で あ る 。 日 本 海 の 酒 田 港 か ら 岡 ・ 五 戸 な ど を 経 て 、 野 辺 地 ・ 馬 門 を 過 ぎ て 津 軽 藩 最 上 川 を 溯 っ て 送 ら れ た 上 方 商 品 は 、 寺 津 な ど の 河 に 入 り 青 森 に 達 す る 。 奥 羽 街 道 か ら 分 か れ る 脇 街 道 岸 で 荷 揚 げ さ れ 、 関 山 峠 を 越 え 作 並 街 道 を 通 っ て 仙 は 領 内 道 の 性 格 を い ち だ ん と 濃 く し 、 宿 駅 の 別 称 で う ま つ ぎ ど こ ろ 台 城 下 に 送 ら れ た 。 石 巻 街 道 は 景 勝 地 松 島 を 経 て 石 あ る 馬 継 所 と い う 名 称 が 似 合 う よ う に な る 。 し ず く い し 巻 に 至 る 、 芭 蕉 を は じ め 文 人 墨 客 の 道 で も あ っ た 。 盛 岡 城 下 を 西 に 分 か れ 、 雫 石 を 通 っ て 秋 田 藩 角 仙 台 城 下 を 出 て 南 部 へ の 道 を 急 ぐ と 吉 岡 宿 に か か 館 を 経 て 秋 田 に 結 ぶ 秋 田 街 道 。 現 在 の 国 鉄 花 輪 線 沿 か づ の い に 鹿 角 ・ 花 輪 方 面 に 入 る 鹿 角 街 道 。 盛 岡 を 右 下 り る 。 一 つ 手 前 の 富 谷 宿 と と も に 茶 の 産 地 と し て 知 ら お お は さ ま に 大 迫 ・ 遠 野 ・ 大 槌 と つ づ く 遠 野 街 道 あ る い は 大 れ た が 、 左 折 し て 奥 羽 山 脈 沿 い を 北 上 す る の が 出 羽 も い ち な か に い だ 街 道 で 、 古 道 松 山 道 に 通 じ る 。 出 羽 街 道 中 新 田 宿 を 槌 街 道 。 盛 岡 か ら 田 代 ・ 茂 市 な ど を 経 て 同 じ く 三 陸 の 左 折 し て 出 羽 国 に 入 る 最 上 道 が 、 古 代 多 賀 城 か ら 秋 沿 岸 に 達 す る 宮 古 街 道 な ど が 走 っ て い る 。 奥 州 街 道 お お の の あ ず ま ん ど 田 城 に 通 じ る 古 道 で 大 野 東 人 の 開 い た 道 と い わ 福 岡 宿 か ら 観 音 林 を 経 て 八 戸 に 通 じ る 八 戸 街 道 は 、 の ヘ じ れ 、 近 世 初 頭 に は 出 羽 国 延 沢 銀 山 へ の 道 と し て 、 下 八 戸 藩 の 参 勤 交 代 路 で あ っ た 。 さ ら に 北 上 し 野 辺 地 ち た な ぶ や 田 名 部 諸 湊 に 通 じ る 道 は 海 路 上 方 と 結 び 、 尾 去 沢 っ て は 出 羽 三 山 の 参 詣 路 と し て 賑 わ っ た 。 吉 岡 宿 を 発 っ て 、 = 一 本 木 ・ 古 川 ・ 築 館 ・ 一 関 ・ 水 鉱 山 の 銅 の 輸 送 路 と な り 、 諸 湊 に 上 陸 し た 上 方 商 人 だ て か く の

日本の街道 1 風かけるみちのく


日 本 海 と 保 安 林 ー - ー 津 軽 の 美 田 の 基 は 近 世 の 営 々 た る 新 田 開 発 に あ る が 、 こ れ を 保 護 し て き た の が こ の 保 安 林 て あ る 。 湊 経 由 で あ っ た の を 改 め 、 夏 船 に か え 、 沖 合 を 航 行 な ど を 積 み 航 海 の 安 全 を は か っ た と い わ れ る 。 仙 台 し 、 房 総 半 島 を 迂 回 し て 相 州 三 崎 か 伊 豆 下 田 に 直 航 藩 の 江 戸 廻 米 に 従 事 し た 石 巻 穀 船 は 、 帰 り に 江 戸 か し 、 そ れ か ら 西 南 の 風 で 江 戸 に 入 る こ と に し た 。 こ ら 仙 台 城 下 へ の 下 り 荷 の 輸 送 を 行 っ て い た 。 仙 台 城 の 航 路 で 、 七 月 に 幕 領 米 を 運 ん だ と こ ろ 、 船 は 無 事 下 の 特 権 商 人 が 注 文 し た 上 方 産 の 品 物 な ど を 江 戸 の 江 戸 に 着 岸 し た と い う 。 以 後 、 こ の 瑞 賢 の 方 式 で 幕 奥 積 問 屋 仲 間 か ら 受 け 取 っ て の 輸 送 で あ っ た が 、 積 領 米 の 廻 漕 が 行 わ れ る よ う に な っ た が 、 航 路 に あ た み 荷 の 自 由 販 売 が な く 、 運 賃 を 統 制 さ れ て の 輸 送 で さ ぶ さ わ る 小 淵 ・ 寒 風 沢 ・ 原 釜 ・ 小 名 浜 ・ 平 潟 ・ 那 珂 湊 ・ 銚 あ っ た の で 、 と き に 積 み 荷 を ポ イ コ ッ ト す る な ど 抵 子 ・ 小 湊 の 各 寄 港 地 に 浦 役 人 を 置 き 廻 漕 の 安 全 を は 抗 す る こ と も あ っ た 。 こ の よ う に 、 東 廻 海 運 で の 商 か っ た 。 い わ ば 海 上 に お け る 官 道 の 設 定 で あ る 。 翌 船 の 活 躍 は 統 制 が 強 く 、 蔵 米 中 心 の 輸 送 が 幕 末 ま で 寛 文 十 一 一 年 、 瑞 賢 は 出 羽 国 の 幕 領 米 の 江 戸 廻 漕 に も つ づ く の で あ る 。 あ た る が 、 酒 田 に 専 用 の 米 倉 を 設 け る な ど し て 、 下 こ れ に 対 し て 、 江 戸 時 代 中 期 以 降 、 台 頭 し て く る 関 経 由 の 西 廻 海 運 に よ る 江 戸 廻 米 を 実 施 し た 。 北 前 船 の 活 躍 は め ざ ま し く 、 後 期 日 本 海 海 運 の 全 盛 瑞 賢 の 刷 新 策 は 安 全 な 海 路 の 開 拓 と も な り 、 そ の 時 代 を 迎 え る 。 下 り 荷 は 、 主 に 酒 ・ 紙 ・ 煙 草 ・ 木 後 の 海 運 に 大 き な 影 響 を 与 え た 。 と く に 廻 米 量 は 飛 綿 ・ 砂 糖 ・ 古 着 類 な ど で 、 大 坂 を 出 航 し 西 廻 航 路 を 躍 的 に 増 え た 。 な か で も 西 廻 海 運 に よ る 、 大 坂 へ の 蝦 夷 に 向 か い 、 奥 羽 の 湊 に も 寄 港 し て は 積 み 荷 を 売 城 米 ・ 蔵 米 の 廻 漕 量 は 急 増 し 、 従 来 か ら の 西 日 本 か 買 し 、 五 月 下 旬 ご ろ 蝦 夷 地 に 到 着 し 、 積 み 荷 を 売 っ に し ん み が き ほ し か た 。 上 り 荷 は 、 昆 布 ・ 鰊 ・ 身 欠 ・ 白 子 ・ 干 鰯 な ど の ら の 廻 米 と 合 わ せ て 、 元 禄 期 ( 一 六 八 八 5 ) に は 一 一 八 5 一 四 〇 万 石 に 達 し た 。 一 方 、 江 尸 へ も 東 廻 に よ る 海 産 物 で 、 こ れ ま た 途 中 の 寄 港 地 で 売 買 し て 、 十 一 仙 台 米 を 中 心 に 二 〇 〇 万 石 を 超 え る 膨 大 な 米 が 送 ら 月 ご ろ に 大 坂 に も ど っ た 。 れ る よ う に な っ た 。 こ れ ら 米 の 輸 送 に 諸 国 廻 船 が 各 西 廻 ・ 東 廻 両 航 路 が 幹 線 と す れ ば 支 線 に あ た る の 地 に 集 散 し 、 白 い 帆 で 走 る 諸 国 の 弁 財 船 の 時 代 を 迎 が 、 各 地 に 発 達 し た 小 廻 船 の 航 路 で あ る 。 仙 台 湾 の え る こ と と な っ た の で あ る 。 石 巻 ・ 塩 釜 間 、 陸 奥 湾 の 諸 湊 と 蝦 夷 松 前 ・ 江 差 と の 間 の 航 行 、 能 代 と 土 崎 間 の 航 行 な ど 、 五 大 カ 船 な ど 一 一 海 運 の 全 盛 を 築 い た 北 前 船 〇 〇 石 前 後 の ロ ー カ ル 船 の 活 躍 が 江 戸 中 期 以 降 目 立 全 国 各 地 か ら 城 米 や 蔵 米 を 江 戸 ・ 大 坂 に 廻 漕 し た っ て く る 。 各 地 に 残 る 船 絵 馬 は こ う し た 小 廻 船 の 勇 穀 船 は 、 空 船 で の 航 海 が 危 険 な た め 、 帰 り 荷 に 庭 石 躍 を 、 い ま に 伝 え て く れ る 。