検索 - みる会図書館

検索対象: 日本の街道 3 雪の国 北陸

日本の街道 3 雪の国 北陸から 156件ヒットしました。

日本の街道 3 雪の国 北陸


曾 々 木 海 岸 ム ヒ - 登 - 島 外 浦 の 岩 石 海 岸 て 、 尋 岐 の 険 ・ 水 門 崖 ・ 窓 石 な ど の 奇 勝 が あ る 。 冬 に は 「 波 の 花 」 と 呼 ば れ る し ぶ き が 飛 ぶ 能 登 の 毎 の 水 に っ 医 、 と 、 、 い 、 島 / 、 ネ も り , 松 瀬 青 々 ノ 0

日本の街道 3 雪の国 北陸


見 付 島 一 一 奥 能 登 の 内 甫 、 見 付 海 岸 に あ る 。 弘 法 大 師 が 佐 渡 か ら 能 登 に 渡 る と き 、 最 初 に 目 に つ い た と こ ろ か ら 名 付 け ら れ た と い う 。 白 米 千 枚 田 一 一 奥 能 登 輪 島 と 曾 々 木 の 間 に あ る 。 山 裾 が 海 に 落 ち こ む 傾 斜 地 を 拓 い た 水 田 て 、 実 数 は 2146 枚 と い わ れ る 。 ・ 1 な : ツ ら : 誉 第 ノ 、 ツ 第 贏 ま キ 洋 、 ヤ ー 奥 能 登 の 民 家 穴 水 か ら 輪 島 に 向 か う 能 登 三 井 付 近 の 民 家 て 、 紅 葉 を 背 に し た 白 壁 が 目 に し み る 。 / 5

日本の街道 3 雪の国 北陸


日 本 海 に 大 き く 突 き 出 る 能 登 は 、 北 陸 道 の 陸 路 幹 線 か ら は は ず れ る が 、 海 上 交 通 で は き わ め て 重 要 で あ っ た 。 渤 海 国 の 使 船 が 到 着 し た の も 多 く は 能 登 で あ っ た か ら 、 奈 良 時 代 に は 半 島 の 先 端 ま で 駅 路 も 通 じ て い た 平 安 初 期 に 駅 路 が 廃 止 さ れ て か ら は 、 平 野 の 開 け る 半 島 基 部 の ロ 能 登 は 別 と し て 、 山 が 海 に せ ま っ て 平 地 に 乏 し い 奥 能 登 は 避 遠 の 地 と 化 し た か 、 そ れ だ け に 古 い 民 俗 な ど か よ く 残 っ て い る 近 世 も 陸 路 は 不 便 で あ っ た か 、 海 岸 で は 揚 浜 塩 田 で 塩 が 生 産 さ れ 、 遠 く 飛 騨 な ど の 山 問 地 に 送 ら れ 、 ま た 西 廻 り 海 運 の 発 達 と と も に 、 半 島 の 先 端 部 に 位 置 す る 寺 家 や 輪 島 が 日 本 海 航 路 の 主 置 な 寄 航 地 と し て 繁 栄 す る な ど 、 能 登 に と っ て 海 上 交 通 が 果 た し た 役 割 は 大 き い 能 登 , 丿 ら を ツ 攣 メ ド

日本の街道 3 雪の国 北陸


し た た か さ を 、 雇 主 は と き に は 不 気 味 に 思 っ た こ と で あ ろ う 。 神 仏 伝 承 と 海 に 暮 ら す 人 々 能 登 の 表 街 道 と い う と 、 そ れ は 海 沿 い の 道 で あ が け る 。 日 本 海 に 面 し た 外 浦 の 道 は 、 急 峻 な 崖 と 荒 海 に い わ お け ず ら れ た 巌 の つ づ く 男 性 的 海 岸 で 、 旅 人 に と っ て め い び は 風 光 明 媚 な 景 色 を 楽 し ま せ て く れ る が 、 そ こ に 住 む 人 々 に と っ て は 厳 し い 自 然 条 件 で あ る 。 山 か ら い き な り 海 に な る 谷 間 の 狭 い 耕 地 で は 、 背 に 肥 料 の 樽 を 負 い 苦 労 し て 米 を 作 る の で あ る 。 そ し い さ り ぶ ね て 小 さ な 入 江 に 漁 舟 を つ な ぎ 、 男 は 晴 れ 間 を ぬ っ さ し あ み り よ う い そ り よ う て 刺 網 漁 や 磯 漁 に 出 か け 、 女 は 冬 に な る と 寒 風 を い わ の り つ い て 岩 海 苔 を 採 り 生 活 し た 。 岩 海 苔 は 能 登 の 正 月 の 雑 煮 に は 欠 か せ な い 磯 の 香 の た だ よ う 上 等 の 食 物 で あ る 。 海 の ナ ギ を 待 っ て 海 り ば た 苔 畑 と 呼 ぶ 岩 棚 に と り つ き 、 女 た ち は 防 寒 着 に 身 を 包 み 、 滑 ら な い よ う に ワ ラ ジ を 履 い て 、 手 に は 竹 の 海 苔 籠 を 持 ち 、 指 に 裁 縫 の と き に 使 う 指 ぬ き 状 の カ ギ を は め て 、 波 の 引 く 一 瞬 の 間 に 岩 を こ す る よ う に し て 海 苔 を 採 る の で あ る 。 毎 年 何 人 か の 主 婦 が 波 に さ ら わ れ 、 死 亡 す る と い う 危 険 な 副 業 で あ っ た 。 藩 政 期 か ら 、 加 賀 藩 の 役 人 や 文 人 、 俳 人 が 能 登 路 を 巡 り 著 し た 紀 行 本 が い く つ か あ る が 、 い ず れ も 海 岸 の 道 を 通 り 半 島 を 周 遊 し て い る 。 ぞ う に

日本の街道 3 雪の国 北陸


大 山 脈 尖 閣 濵 . ・ . 道 遊 ノ 割 戸 相 川 ・ ・ ・ 鶴 子 銀 山 和 田 今 佐 新 町 0 畑 野 、 赤 山 西 三 川 木 道 当 田 00 ヶ 崎 流 人 と 黄 金 の 島 ・ 佐 渡 渡 0 夷 ま っ さ き 渡 の 松 崎 が 結 ば れ て い た 。 恨 み の 島 、 佐 渡 た ら ち ね の 母 が か た み と 朝 夕 に わ が 命 し ま さ き く あ ら ば 亦 も 見 む 佐 渡 の 島 べ を う ち 見 つ る か も ( 良 寛 ) や ひ こ 越 後 ・ 弥 彦 海 岸 に 立 っ と 、 海 の 向 こ う に 佐 渡 の 山 志 賀 の 大 津 に よ す る 白 浪 ( 『 万 葉 集 』 よ う ろ う ほ づ み の あ そ み お ゅ 養 老 六 年 (\ 二 ) 、 穂 積 朝 臣 老 は 佐 渡 配 流 の 道 す が 脈 が け む っ て 見 え る 日 が 多 い 。 こ の 島 は 歴 史 上 い よ ら 、 大 津 の 浜 で こ う 詠 ん だ 。 都 か ら 引 き 離 さ れ て い つ か の 顔 を も ち あ わ せ て き た 。 そ の ひ と つ は お そ れ く 人 々 は 、 も う 一 度 そ の 道 を 都 に も ど っ て い く こ と ら れ た 流 刑 の 国 で あ り 、 他 の ひ と つ は 黄 金 花 咲 く 島 を 夢 に み た に ち が い な い 。 馬 三 匹 と 警 護 の 者 に ま も と い う 顔 で あ る 。 こ れ ほ ど ま で に か け は な れ た 二 つ ら れ て 、 流 罪 者 た ち は 北 陸 路 を 越 後 に 向 け て く だ っ の 鮮 や か な 顔 を も つ 国 も め ず ら し い 。 お お か た の 流 て ら ど ま り て 行 っ た 。 そ の こ ろ 、 越 後 の 国 寺 泊 は 佐 渡 へ 渡 海 人 た ち は 、 寺 泊 の 岩 を か む 白 浪 を み て 、 も う 生 き て す る と き の 公 津 で 、 越 後 国 分 寺 は そ こ に 布 施 屋 ( 宿 こ の 海 を 渡 る こ と は で き な い の で は 、 と 不 安 に お の の い た 。 所 ) を 建 て て 島 に わ た る 人 々 に 便 宜 を 与 え た 、 と い あ ふ こ と の ま た と い っ か は と ゆ ふ た す き わ れ て い る 。 佐 渡 は 日 本 海 に 浮 か ぶ 島 で あ る 。 周 囲 が 約 一 三 〇 キ ロ メ ー ト ル 、 面 積 約 八 六 〇 平 方 キ ロ メ か け し ち か ひ を 神 に ま か せ て き よ う ご く た め か ね ー ト ル の 島 で 、 北 と 南 に 東 西 一 一 本 の 山 脈 が あ る 。 と い う 京 極 為 兼 の 歌 に 、 遊 女 初 君 は 、 が 大 佐 渡 山 脈 、 南 が 小 佐 渡 山 脈 、 高 さ は 大 佐 渡 の ほ 物 思 ひ こ し ぢ の 浦 の し ら 浪 も き ん ぼ く さ ん う が 高 く 、 主 峰 金 北 山 は 一 一 七 三 メ 1 ト ル 、 、 月 佐 渡 立 か へ る な ら ひ あ り と こ そ を き け ( 宝 葉 和 ) だ い ち と な ぐ さ め た 。 の 最 高 峰 大 地 山 は 六 四 六 メ ー ト ル で あ る 。 り よ う つ い ま は 新 潟 港 か ら 両 津 港 へ 六 五 キ ロ メ ー ト ル ほ ど そ う は い わ れ て も 、 都 を 出 る と き 決 め た 覚 悟 を 、 お う せ き の 海 上 を 海 路 で 結 ん で い る が 、 往 昔 は こ の 寺 泊 と 佐 も う 一 度 た し か め な が ら 流 人 た ち は 船 上 の 人 と な っ 田 中 圭 一 新 潟 県 史 編 集 主 任 や ま 756

日本の街道 3 雪の国 北陸


北 陸 の 要 衝 疋 田 一 一 一 琵 琶 湖 北 岸 か ら 敦 賀 に 向 か う 諸 道 が 集 中 す る 疋 田 は 、 古 代 の 愛 発 関 所 在 地 の 最 有 力 候 補 地 て あ る 。 う か れ め さ ぶ る こ お わ り の お く い た っ て い る 。 東 大 寺 が 八 世 紀 中 ご ろ か ら 九 世 紀 初 め 下 の 尾 張 少 咋 が 遊 行 女 婦 の 左 夫 流 児 に 迷 っ て い る の を か ら か っ た 歌 で 、 「 呼 ば れ も し な い 本 妻 が 、 公 に か け て 、 全 国 に 九 二 の 荘 園 を 開 い て い る が 、 そ の う ち 三 一 荘 が 北 陸 に あ っ た こ と か ら も 、 そ れ が 理 解 用 で は な い か ら 駅 鈴 を つ け な い 駅 馬 に 乗 っ て お し か で き よ う 。 け て 来 た の で 大 騒 ぎ に な っ た ぞ 」 と い う よ う な 意 味 日 本 海 側 は 、 太 平 洋 側 に 対 し て 、 後 進 地 と い う 暗 で 、 今 も 昔 も 変 わ ら ぬ 地 方 へ の 単 身 赴 任 者 の 悲 喜 劇 い イ メ ー ジ で み ら れ が ち で あ る が 、 古 代 に は む し ろ で あ る が 、 当 時 駅 制 が 完 備 し て い た こ と が わ か る 。 え ん ぎ 大 陸 に 直 面 し て 、 外 来 文 化 を 受 け 入 れ る こ と も 多 い 時 代 は 下 る が 、 一 〇 世 紀 初 め に 作 成 さ れ た 『 延 喜 し き 先 進 的 地 域 で あ っ た 。 一 八 』 ( 康 保 四 年 〈 九 六 七 〉 に 施 さ れ た 、 現 在 で い う 法 律 施 の 細 則 古 代 に は 大 陸 諸 国 と の 接 触 は 、 原 則 と し て 九 州 の に は 、 次 の よ う な 駅 名 が 見 え る 。 若 狭 国 の 弥 美 ・ 濃 だ ざ い ふ 〈 ま つ ば ら 〉 か え る 〈 し ら ぎ 〉 に う 〈 あ そ う づ 〉 あ 飯 、 越 前 国 の 松 原 ・ 鹿 蒜 ・ 淑 羅 ・ 丹 生 ・ 朝 津 ・ 阿 大 宰 府 を 出 先 機 関 と し て 行 わ れ る こ と に な っ て い た あ た か ひ じ ま あ す は 〈 み つ の お 〉 〈 あ さ く ら 〉 う し お っ が 、 朝 鮮 半 島 北 部 か ら 中 国 東 北 部 に か け て の 地 域 に 味 ・ 足 羽 ・ 三 尾 、 加 賀 国 の 朝 倉 ・ 潮 津 ・ 安 宅 ・ 比 へ え そ 〉 ら か 〈 た な か み 〉 ^ ふ か み 〉 〈 よ こ や ま 〉 こ う く り ・ ほ っ か い お こ っ た 高 句 麗 や 渤 海 と の 交 渉 は 、 日 本 海 側 で 行 わ 楽 ・ 田 上 ・ 深 見 ・ 横 山 、 能 登 国 の 撰 才 ・ 越 蘇 、 越 中 〈 さ か も と 〉 〈 か わ ひ と 〉 〈 わ た り 〉 〈 し ら ぎ 〉 〈 い わ せ ) ^ み ず は し 〉 ^ ふ せ 〉 れ る こ と が 多 か っ た 。 日 本 海 を 朝 鮮 半 島 の 東 海 岸 沿 国 の 坂 本 ・ 川 人 ・ 曰 理 ・ 白 城 ・ 磐 瀬 ・ 水 橋 ・ 布 勢 ・ さ み あ お う み う づ ら し な だ ち み と 〈 さ み 〉 い に 日 本 に 向 か う 船 は 、 海 流 の 関 係 で 山 陰 か ら 北 陸 佐 味 、 越 後 国 の 滄 海 ・ 鶉 石 ・ 名 立 ・ 水 門 ・ 佐 味 ・ ハ み し ま 〉 お お や い か み わ た り べ ^ ま っ ざ き 〉 三 嶋 ・ 多 太 ・ 大 家 ・ 伊 神 ・ 渡 戸 、 佐 渡 国 の 松 埼 ・ の 海 岸 に 到 達 す る こ と に な る か ら で あ る 。 つ る が み か わ 〉 ^ さ わ た 〉 そ こ で 、 日 本 海 側 か ら 都 に 入 る 玄 関 と も な る 敦 賀 三 川 ・ 雜 太 の 諸 駅 で あ る つ の い よ み を 記 す も の は 少 な 〔 付 し て こ れ 。 に 、 外 国 使 を 接 待 す る 「 松 原 客 館 」 が 置 か れ て い た を 記 し た が 、 こ れ ら の 使 船 は 、 対 馬 海 流 が ま と も に ぶ つ か る 北 陸 道 は 駅 路 と し て は 小 路 に 格 付 け さ れ て い た の 能 登 半 島 西 岸 に 漂 着 す る こ と が 多 く 、 そ の た め に 延 で 、 各 駅 に 五 疋 の 駅 馬 を 置 く こ と に な っ て い た が 、 り や く 日 本 海 沿 岸 第 一 の 要 港 敦 賀 に あ っ て 、 近 江 と の 国 境 暦 二 十 三 年 (ä 〇 ) 能 登 に も 客 院 を つ く る こ と が 命 あ ら ち じ ら れ て い る 。 の 愛 発 山 を ひ か え る 越 前 の 松 原 、 越 中 ・ 越 後 国 境 と お や し ら ず 親 不 知 の 天 険 を 間 に 置 く 佐 味 と 滄 海 の 諸 駅 は 規 定 以 北 陸 道 の 古 代 駅 路 を 訪 ね て 上 の 八 疋 を 備 え て い た 。 一 方 、 駅 馬 二 疋 の 伊 神 駅 は さ ぶ る こ と の す ず か 左 夫 流 児 が 斎 き し 殿 に 鈴 掛 け ぬ 弥 彦 神 社 ( 伊 夜 比 古 神 ) に 至 る 支 路 に 位 置 し た と 考 は ゆ ま え ら れ 、 ま た 佐 渡 へ の 渡 海 地 と 考 え ら れ る 渡 戸 駅 に 早 馬 下 れ り 里 も と ど ろ に ( 『 万 葉 集 』 お お と も の や か も ち は 渡 船 を 備 え て い た 。 右 の 歌 は 、 越 中 の 国 守 で あ っ た 大 伴 家 持 が 、 部 え ん

日本の街道 3 雪の国 北陸


黄 花 カ ン ゾ ウ ー ー 佐 渡 は 初 夏 に な る と 、 海 岸 の カ ン ゾ ウ や イ ワ ュ リ が 花 開 く 。 外 海 府 海 岸 大 野 亀 付 近 の カ ン ゾ ウ の 群 落 は み ご と て あ る 。 を 第 安 : 曻 羂 第 を を 、 : は 魯 第 心 リ 二 ら を ら 豊 : を 3 1 み 当 、 を 真 野 湾 - ー ー 佐 渡 ・ 国 仲 平 野 の 南 西 に あ る 真 野 湾 付 近 は 古 く か ら 開 け 、 国 府 や 国 分 寺 が 置 か れ た と こ ろ て あ る 。 ノ 35

日本の街道 3 雪の国 北陸


七 尾 港 ー ー 能 登 半 島 て は 最 大 の 港 て あ り 交 通 の 要 所 て も あ っ た 城 下 町 。 昔 は 所 ロ と 称 し て 半 島 の 表 玄 関 て あ っ た 。 シ オ の 重 労 働 で あ っ た 。 海 面 か ら 顔 を 出 し た 海 女 あ っ た 。 夫 を 失 っ た 海 女 た ち は 、 毎 年 島 渡 り を す る の 、 ヒ ュ ー ヒ ュ ー と 鳴 る ア マ 笛 は 、 労 働 の 厳 し さ を と す ぐ に 島 の 目 印 と な る よ う に 海 石 を 一 つ 一 つ 積 み あ げ て い っ た 、 と 島 の 古 老 は 伝 え て い る 。 夫 を 失 っ ) 一 て 訴 え る 切 な い 響 き な の で あ る 。 島 の 周 囲 の 漁 場 の こ と は ハ エ と か マ リ ア と か 奇 妙 た 悲 し み を 込 め た 海 女 の 手 に な る 築 島 は 、 夕 暮 れ の な 言 葉 で い わ れ 、 い ず れ も 共 同 で 操 業 さ れ る が 、 な 入 り 日 を 背 に 美 し い シ ル エ ッ ト を つ く る 。 明 日 は 死 か で も 一 人 の 海 女 の 胸 の 内 に だ け 秘 め ら れ た 特 定 の ぬ か も し れ な い 海 の 民 の 生 活 の シ ン ポ ル で あ る が ゆ 漁 場 を コ メ ビ ッ ( 米 櫃 ) と 称 し て 、 稼 ぎ が 必 死 な も え に 、 正 視 で き な い な に か が 感 じ ら れ て く る の で あ る 。 の で あ る こ と を 窺 わ せ る の で あ る 。 え ん ぞ う 2 獲 れ た 魚 介 類 は 干 物 や 塩 蔵 さ れ 、 海 士 町 で は 近 年 能 登 木 地 師 の 源 ま で 、 秋 の 彼 岸 過 ぎ に 船 を 家 に し て 能 登 の 内 浦 を 回 り 、 長 期 間 停 泊 し な が ら 、 ダ ン ナ バ と 呼 ぶ 農 村 地 帯 能 登 半 島 の 中 央 山 間 地 帯 の 道 を 、 古 く は 中 通 り と の 得 意 先 の 家 に 魚 介 を 売 っ た り 、 米 や 野 菜 と 交 換 し 称 し た 。 豊 か な 山 林 に 囲 ま れ た 山 の 民 の 生 活 は 、 海 な だ ま わ み ど り て い た と い わ れ 、 こ れ を 灘 回 り と 呼 ん だ 。 ま た 、 輪 に 囲 ま れ た 半 島 と は 思 え な い ほ ど 碧 深 々 と し て い 島 の 朝 市 で も 露 店 を か ま え て 売 る が 、 い ず れ に し ろ る 。 そ し て 、 こ の 山 の 民 の 中 で も 見 逃 せ な い の は 、 き じ 販 売 は 海 女 の 仕 事 な の で あ る 。 能 登 木 地 師 ( ろ く ろ 師 ) の 存 在 で あ る 。 し つ き 冬 に な る と 、 若 い 海 女 た ち は 連 れ だ っ て 、 加 賀 の 輪 島 は 漆 器 の 町 と し て 古 く か ら 栄 え た が 、 そ の 椀 旅 館 や 料 亭 、 温 泉 場 の お 手 伝 い と し て 稼 ぎ に 出 か け 木 地 を 製 作 し た ろ く ろ 師 は 、 輪 島 周 辺 の 山 村 に 散 ら た 。 人 一 倍 気 性 が 荒 い と 思 わ れ が ち な 海 の 女 た ち が ば っ て 住 ん で い た 。 ね ご ろ 女 ら し さ を の ぞ か せ る 一 面 が あ る 。 冬 の 暇 な 折 、 夏 そ の 起 源 に つ い て は 不 明 な 点 が 多 く 、 紀 州 根 来 寺 に 使 う サ イ ジ や 仕 事 着 に 、 木 綿 糸 で 細 か な 模 様 を 刺 の 僧 侶 が 、 輪 島 の 重 蔵 寺 を 訪 れ 根 来 塗 の 技 術 を 教 え し て 縫 う サ シ コ の 技 術 が 施 さ れ 、 そ の 民 芸 的 な 美 し た と も 伝 え ら れ る が 、 輪 島 椀 の 形 と 塗 は 京 都 ろ く ろ さ に は 目 を 見 張 る も の が あ っ た 。 師 の 系 統 を ひ く も の と 目 さ れ て い る の で あ る 。 つ き じ ま ゃ な ぎ だ む ら ご う ろ く む ら 舳 倉 島 の 西 端 に 築 島 と い う 海 石 を 積 み あ げ た 小 山 能 登 の 木 地 師 の な か で も 、 か っ て 柳 田 村 、 合 鹿 村 ご う ろ く わ ん が あ る が 、 舳 倉 島 は 最 も 高 い と こ ろ で 一 二 メ ー ト ル の 木 地 師 が 作 っ た 合 鹿 椀 は 定 評 が あ っ た 。 不 思 議 な と い う 低 い 島 な の で 、 ほ ど 近 い 沖 か ら で も 島 を 見 失 こ と に こ の 合 鹿 椀 は 、 あ る 日 突 然 に 消 滅 し た の で あ 、 悲 し い 海 の 遭 難 事 故 が あ い つ い だ と い う 時 代 が る 。 現 在 残 る 数 少 な い 合 鹿 椀 は 、 主 と し て 室 町 期 か 輪 島 塗 椀 の 制 作 と 輪 島 塗 - ー ー 多 湿 な 風 土 は 塗 物 制 作 に 適 し て い る が 、 確 か な 技 術 の 奥 に 能 登 人 の 黙 し て 語 ら ぬ 忍 耐 の 歴 史 が 秘 め ら れ て い 刎 し ノ 72

日本の街道 3 雪の国 北陸


越 前 は 木 ノ 芽 峠 を 境 と し て 、 嶺 南 と 嶺 北 に 分 け ら れ る 代 に は 、 今 庄 か ら 府 中 ( 武 生 ) 、 問 部 氏 五 万 石 の 城 下 町 あ そ う す 古 代 か ら 中 世 に 至 る ま で 京 畿 か ら 北 陸 に 向 か う に は 、 敦 鯖 江 、 浅 水 を 過 ぎ て 、 松 平 氏 三 〇 万 石 の 城 下 町 福 井 に 入 あ す わ 賀 か ら 木 ノ 芽 峠 を 越 え て 嶺 北 に 出 る の を 常 と し た 。 一 六 っ た 。 福 井 か ら は 足 羽 川 沿 い に 、 土 井 氏 五 万 石 の 城 下 町 世 紀 、 近 江 木 之 本 か ら 栃 ノ 木 峠 を 越 え て 今 庄 に 出 る 道 が 大 野 に 向 か う 美 濃 街 道 、 福 井 城 下 志 比 口 か ら は 、 九 頭 竜 北 ノ 庄 ( 福 井 ) 城 主 で あ っ た 柴 田 勝 家 に よ り 開 か れ て か Ⅱ 沿 い の 小 笠 原 氏 ニ 万 ニ 八 〇 〇 石 の 城 下 町 勝 山 に 向 か う ら は 、 こ の 東 近 江 路 か 越 前 に 向 か う 道 と な っ た 。 江 戸 時 勝 山 街 道 な ど が 分 か れ て い た ~ 宀 ( 物 0 を , ~ ・ ツ 、 0 ら っ き よ う の 花 - ー ー 越 前 海 岸 越 廼 付 近 は 、 ら っ き よ う の 栽 培 が 盛 ん て 、 春 に は 野 一 面 を 桃 色 に 染 め る 。 敦 賀 湾 ー ー 教 賀 半 島 に 深 く 抱 か れ た 敦 賀 湾 は 波 静 か て 、 気 比 神 宮 ・ 金 ヶ 崎 宮 ・ 気 比 松 原 ・ 常 宮 神 社 ・ 立 石 岬 な ど 景 勝 の 地 が 多 い 。 三 方 石 観 立 -- -- ー 京 へ の 物 資 運 搬 の 主 要 港 、 越 前 国 敦 賀 と 若 狭 国 小 浜 を 結 ぶ ほ ぼ 中 間 ( 若 狭 ) に あ っ て 、 本 尊 は 弘 法 大 師 の 作 と 伝 え る 。

日本の街道 3 雪の国 北陸


輪 島 港 ー ー か っ て 八 十 八 夜 に 島 渡 り を し た と い う 海 女 の 根 拠 地 海 士 町 は 港 に 接 し た 狭 い 土 地 に 幾 代 も 生 き て き た 。 ほ う じ よ う ん ら か の 豊 穣 を も た ら す 神 や 仏 、 異 人 が 訪 れ て も が も 」 と あ り 、 沖 つ み 神 と 称 し た 舳 倉 島 で す で に 鮑 え い ろ く 不 思 議 で は な か っ た に ち が い な い 。 が 採 ら れ て い た こ と を 記 し て い る 。 ロ 伝 で は 、 永 禄 か み ざ ぐ ん か ね が さ き へ ぐ ら じ ま 十 二 年 (*l( し 、 九 州 筑 前 国 ( 福 岡 県 ) 上 座 郡 鐘 ヶ 崎 は く い ぐ ん あ か す み む ら 舳 倉 島 の ア マ オ ト メ の 漁 民 数 名 が 、 能 登 の 羽 咋 郡 赤 住 村 に 漂 着 し 、 以 後 能 登 の 海 に 生 き る 人 々 の 間 に 「 加 賀 の か か ら く 、 磯 づ た い に 北 上 し て 、 現 在 の 輪 島 辺 り に 借 家 し 、 定 能 登 の と と ら く 」 と い う 一 一 = ロ 葉 が あ る 。 加 賀 で は 亭 主 住 し た と 伝 え ら れ る 。 か ん え い が よ く 働 き 、 女 房 は 家 の 奥 で 品 よ く お さ ま っ て い る / に は 加 賀 藩 に 熨 斗 鮑 を 献 そ し て 、 寛 永 二 年 ( 一 一 0 け い あ ん 約 三 三 〇 / 〇 平 方 メ が 、 能 登 で は お や じ は 漁 か ら 帰 れ ば 酒 を 飲 ん で 寝 る 上 し 、 慶 安 二 年 に 藩 か ら 一 〇 〇 〇 歩 ( レ だ け な の に 、 女 房 は 魚 を 選 り 分 け 、 木 箱 や ザ ル に 入 ト ) の 土 地 が 与 え ら れ た 。 れ て 背 に 担 ぎ 、 振 り 売 り に 出 か け 、 田 畑 や 家 事 を き 舳 倉 島 の 海 女 の こ と を 、 古 く は ア マ オ ト メ と 呼 り も り し て 、 と に か く 四 六 時 中 よ く 働 く と い う 意 味 び 、 潜 水 能 力 の あ る 海 女 を ジ ョ ウ ア マ と 称 し て 、 一 約 三 七 ・ 五 で あ る 。 キ ロ グ ラ ム 日 約 十 貫 ( ) の 水 揚 げ 量 を も の に し た と い わ な か で も 、 能 登 の と と ら く の 代 表 は 、 輪 島 の 海 女 れ る 。 舟 に 乗 ら ず 磯 近 く の 浅 い 海 に 潜 る 若 い 海 女 の 生 活 で あ る 。 は 、 大 き な カ チ カ ラ オ ケ を 持 っ こ と か ら カ チ カ ラ ア あ ま ま ち 能 登 半 島 の 外 浦 に 面 し た 輪 島 市 の 一 郭 に 、 海 士 町 マ と 呼 ば れ て い る 。 と い う 漁 師 町 が あ る 。 こ の 海 士 町 の 人 々 は 、 か っ て 海 女 の 悲 し み を 語 り か け る 島 影 八 十 八 夜 を 過 ぎ る と 、 こ ぞ っ て 輪 島 の 沖 五 〇 キ ロ メ へ ぐ ら じ ま ー ト ル の 海 上 に 浮 か ぶ 舳 倉 島 に 島 渡 り を し 、 秋 の 彼 海 女 は 、 昭 和 三 十 年 ご ろ ま で 、 サ イ ジ と 呼 ぶ 下 帯 一 一 ~ ) 岸 過 ぎ ま で 島 の 周 囲 の 魚 介 類 を 採 「 て 生 活 し て い の み を つ け た 裸 体 で 、 腰 に ハ チ コ と い う 重 り の 綱 を つ け 、 オ ー ビ ガ ネ と 称 す る 岩 か ら 鮑 を 起 こ す 道 具 を の 主 に 鮑 、 サ ザ 工 、 海 藻 の エ ゴ 草 を 潜 水 に よ っ て 採 手 に 、 頭 に 水 難 除 け の ま じ な い で あ る 大 の 字 を 書 い い の ち づ な る の だ が 、 命 綱 を 握 る 男 は 船 上 で 待 ち 、 海 女 が 水 た ハ チ マ キ を し め て 潜 っ た 。 出 深 二 、 三 〇 メ ー ト ル ま で 潜 る の で あ る 。 一 回 の 潜 水 を ヒ ト カ シ ラ と い い 、 海 上 で は 三 〇 秒 の 能 登 の 海 女 の 歴 史 に は 不 明 な 点 が 多 く 、 大 伴 家 持 ほ ど 休 み 、 そ の 間 呼 吸 を 整 え 、 息 を 充 分 に 吸 っ て 再 登 の 万 葉 の 歌 に 「 珠 洲 の あ ま の お き つ み か み に い び 潜 る 。 二 五 カ シ ラ つ づ け て 暖 を と り に 陸 や 船 に 上 ひ と わ た り て か づ き と る と い ふ あ は び た ま い ほ ち も が る が 、 こ れ を 一 シ オ と 呼 び 、 一 日 に 三 シ オ か ら 五 あ わ び