検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 37 武田 泰淳 集

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集から 447件ヒットしました。

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


、 ・ 0 海 岸 よ 0 国 後 3 拓 捉 島 0000 流

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


上 国 後 島 は な か ば 雲 の 黒 に か く れ て 溶 け て い る か わ す か に 光 を 受 け た 部 分 は 、 お う と っ 明 確 に 凹 凸 を 浮 き 出 し て い る 。 塵 芥 棄 て 場 の 向 う に 引 き あ げ ら れ た 漁 船 が 四 五 隻 、 急 角 度 に 傾 い て 、 そ こ に も 鴉 は 黒 く ジ ッ と し て い る 海 峡 は さ す が に 波 だ っ て 、 タ 風 は 寒 い 。 ( 「 ひ か り ご け 」 ) 九 月 の 羅 臼 海 岸 の 夕 方 左 海 側 は 石 垣 で 固 め ら れ 、 海 面 は 、 き ら び や か と 形 容 し た い ほ ど 、 明 る く 照 り か : か や い て い る 。 岸 に 近 い 海 い わ ) 一 ' 水 は 、 海 藻 と 岩 苔 の 色 ど り そ の ま ま に 、 複 雑 な 色 模 様 を ひ ろ げ 、 長 い 渺 の 布 の ゆ ら め き に つ れ 、 紫 、 黒 、 茶 、 灰 、 青 と 、 さ ま ざ ま に 変 化 し ま す 。 : ・ ・ : 倉 庫 の ま え で は 、 た く ま し い 漁 夫 と 漁 婦 が 、 束 ね た こ ん ぶ の 目 方 を 量 っ て い る ( 「 ひ か り ご け 」 ) 海 岸 に こ ん ぶ を 干 す 漁 婦 カ ら す

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


く な し り て 、 今 は ソ 連 の 領 土 と な っ た 千 島 の 国 後 島 が 、 青 い 海 面 に 平 べ っ た く 延 び て い る 姿 が 、 い や で も 視 野 に 入 っ て 来 ま す 。 停 車 す る 時 間 と 、 進 行 す る 時 間 の ほ ぼ 同 じ く ら い の 、 ご ゅ う ち ょ う く 悠 暢 な 列 車 が 、 原 野 を 横 断 し て 、 終 点 の 標 津 に 近 づ く な が と 、 も う 国 後 の 島 影 が 眺 め ら れ る 。 「 千 島 が 見 え る 」 「 国 境 へ 来 た 」 と い う 感 慨 な ど 湧 か せ る ひ ま も な い う ち に 、 近 い と こ ろ は 七 里 し か な い 「 外 国 」 を 絶 え ず 見 せ つ け ら れ な が ら 、 白 く 乾 い た 海 岸 道 路 を 、 ・ ハ ス は 登 り つ め て は 、 又 下 降 し て い ま す 。 ら う す や ま し わ 私 が 羅 日 を 訪 れ た の は 、 散 り 残 っ た は ま な し の 紅 い 花 弁 「 外 国 」 と 言 っ た と こ ろ で 、 草 地 の 緑 の 斜 面 や 、 青 い 山 皺 と 、 つ や つ や と 輝 く 紅 い そ の 実 の 一 緒 に な が め ら れ る 、 九 も 、 は る か に そ れ と わ か る 、 平 凡 な 島 影 に す ぎ な い の で 月 な か ば の こ と で し た 。 今 ま で 、 は ま な し ( は ま な す と 呼 す 。 ま た 「 国 境 」 と 言 っ た と こ ろ で 、 兵 士 も 砲 台 も 、 鉄 条 ぶ の は 誤 り だ そ う で す ) の 花 も 実 も 見 知 ら な か っ た 私 に と 網 も そ の 他 何 一 つ も の も の し い 気 配 を 見 う け ら れ ぬ 、 静 か り 、 ま こ と に 恵 ま れ た 季 節 で あ り ま し た 。 な 海 岸 に す ぎ な い の で す 。 波 う ち ぎ わ に 向 っ て 砂 浜 を 走 っ は ま な し の 花 は 五 弁 で あ り 、 花 の か た ち も 、 茎 の と げ て 行 く 、 放 し 飼 い の 馬 。 杭 の 一 本 ご と に 、 一 羽 ず っ と ま っ も 、 羽 状 の 複 葉 も 薔 薇 に 似 て い ま す 。 風 の 荒 い 北 辺 の 砂 地 た 一 海 に 注 ぐ 小 さ な 河 が あ る た び に 、 か な ら ず 見 う け る き よ う じ ん さ び に ふ さ わ し い 、 強 靱 な 枝 葉 は 、 や や 黒 み が か っ た 緑 色 で 、 小 さ な 漁 民 の 部 落 。 淋 し く 忘 れ ら れ た 地 帯 の よ う で い て 、 ま た け ・ ( ス 道 路 に 沿 0 て 、 け な げ に も 又 い か め し い 風 情 で 、 漁 の よ い 年 に は 、 北 海 道 で 五 、 六 番 目 に 名 の 出 る 多 額 納 税 り の よ う に つ づ く そ の 緑 色 の あ い だ に 、 点 々 と の そ き 出 す 紅 者 も い る と の こ と で す 。 か ぶ 力 い 実 は 、 赤 蕪 に 似 た 色 を し て い ま す 。 球 を お し つ ぶ し た 形 あ の 海 の む こ う が 「 外 国 」 だ 、 こ こ は 「 国 境 」 だ 、 と 何 ひ の 実 は 、 赤 く 染 め ら れ た 木 彫 り の 細 工 物 の よ う に 見 え る 。 度 自 分 に 言 い ぎ か せ て も 、 東 京 の 新 聞 雑 誌 が や か ま し く 書 標 津 ( ね む ろ し べ っ ) の 駅 前 か ら 、 羅 日 の 港 ま で 、 ひ ど き 立 て 、 読 者 の 神 経 を と が ら せ る 、 あ の 妙 に イ ラ イ ラ し た く 揺 れ る ・ ハ ス は 、 根 室 海 峡 を 右 に 見 て 走 り ま す 。 し た が っ 気 分 は 消 え て 行 く ば か り で す 。 ひ か り ご け し べ っ

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


三 い 流 氷 に 囲 ま れ た 羅 臼 の 町 。 羅 臼 岳 山 中 よ り 見 る と 、 海 は 国 後 島 ま で 真 白 で あ る 。

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


昭 和 8 年 頃 中 国 文 学 研 究 会 の 仲 間 と 茅 ヶ 崎 海 岸 に て 遊 ぶ 右 端 泰 淳 事 淳 仕 泰 亠 局 畑 端 院 父 泉 目 長 人 宅 頃 右 第 総 第 轗 躡 当 気 ~ 物 を 第 の 9 る 和 す 昭 を 菅 平 に て 従 兄 と ス キ ー を す る 昭 和 13 年 中 支 に て 昭 和 13 年 春 杭 州 宿 舎 に て 昭 和 12 年 応 召 近 衛 歩 兵 二 聯 隊 に 入 隊

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


冬 の き び し さ を 感 じ さ せ な い 、 静 か な 北 海 道 の 夏 ( 春 採 の 海 岸 ) 。

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


上 自 分 が 何 気 な く 見 つ め た 場 所 で 、 次 か ら 次 へ と 、 い 新 た 人 く 一 部 分 だ け 、 金 緑 の 高 貴 な 絨 毯 が あ ら わ れ る の で す 。 光 と い う も の に は 、 こ ん な か す か な 、 ひ か え 目 な 、 ひ と り で に 結 品 す る よ う な 性 質 が あ っ た の か と 感 動 す る は ど の 淡 い 光 で し た 。 ( 「 ひ か り ご け 」 ) マ ッ カ ウ ン 洞 窟 の ひ か り ご け 左 吹 雪 と 波 濤 の た め 錨 も 用 を な さ す 、 船 は 流 さ れ る が ん し よ う 一 方 で す が 、 陸 地 が 近 い と の 予 感 は あ り ま し た 。 岩 礁 の 多 い 海 岸 で は 、 安 全 な 着 岸 は も と よ り 不 可 能 で あ り ま す 。 泳 ぎ の 最 も 達 者 な 青 年 船 員 が 1 人 、 綱 を 胴 体 に く く り つ け 、 木 の 葉 の 如 く 動 揺 す る 船 か ら 、 酷 寒 十 二 月 の 海 中 へ 躍 り 入 り ま し た 。 ・ ・ と も か く 彼 が 海 岸 ま で 運 ん だ ロ ー プ に す が っ て 、 船 長 そ の 他 は 、 つ づ い て 波 浪 の 中 へ 泳 ぎ 出 ま し た 。 ( 「 ひ か り ご け 」 ) 流 氷 に う す も れ た 廃 船 い か り

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


246 無 気 味 に 押 し つ け て く る 気 配 も あ り ま せ ん 。 永 い 冬 ご も り が 終 る と 、 こ こ で は 、 昏 が ・ ハ ス に 乗 っ て や ど ん な に 私 の 視 力 が 鋭 く て も 、 ま た 私 の 検 査 が 手 な れ て っ て 来 る と 言 い ま す 。 ど う 来 て も 、 洞 内 一 面 に 、 は な や か な 光 の 花 園 を 望 み 見 る こ と 「 最 初 の ・ ( ス が 村 へ や っ て 来 た と き は 、 嬉 し い で す ね 」 な ど で き は し な い の で す 。 あ る わ ず か な 一 角 が 、 よ う や く 「 い つ ご ろ で す か 」 に し き 光 の 錦 の 一 片 と 化 し た と 思 う と 、 す ぐ 別 の 一 角 に 、 そ の 光 「 五 月 の 十 日 ご ろ で す ね 。 そ れ ま で は 、 草 が な く な っ た 錦 の 断 片 を ゆ ず り 渡 し て し ま う の で す か ら 。 し か も そ の 淋 り し て 、 苦 し い で す ね 。 煙 草 の 値 だ ん が 、 だ ん だ ん 上 が っ ま そ り し い 光 が 、 増 し も せ ず 強 ま り も し な い 、 単 純 な 金 緑 の 一 色 て 来 ま す か ら ね 。 え ? あ あ 、 郵 便 物 だ け は 、 馬 橇 で 持 っ な の で す か ら 。 て 来 る ん で す よ 。 去 年 の 冬 で す が 、 試 験 の 答 案 用 紙 を う け 洞 内 か ら 砂 利 道 に 下 り る と 、 精 力 的 な 海 辺 の か が や き の と り に 行 っ て 、 船 が 流 さ れ て 、 え ら い 目 に 遭 い ま し た よ 」 中 を 、 村 へ も ど り ま し た 。 ー 。 し 力 な い 。 そ 全 国 一 斉 の 試 験 な の で 、 延 期 す る わ け こ ま 、 し べ っ 「 国 境 国 境 と 、 新 聞 な ど が 騒 い で い る け ど 、 来 て 見 る と の の た め 、 一 一 月 、 漁 船 で 標 津 へ 出 張 し ま し た 。 往 き は 無 事 だ ん び り し て ま す ね 」 っ た が 、 帰 路 は 風 が 強 く 、 ど ん ど ん 千 島 側 へ 流 さ れ る 。 流 「 え え 、 そ う で す よ 」 氷 が 海 峡 一 面 に 流 れ て い て 、 航 行 が 困 難 な う え に 、 風 は ロ 「 夜 、 海 の 方 を 眺 め て も 、 サ ア チ ラ イ ト も 照 し て い ま せ ん シ ア 領 に 向 っ て 吹 き つ け る の で 、 境 界 線 は と っ く に 越 え く な し り ね 」 て 、 国 後 島 の 岸 べ の す ぐ 近 く ま で 、 押 し 流 さ れ ま し た 。 海 「 え え 、 い ま せ ん ね 。 も う 少 し た っ と や り ま す が 」 と 、 校 峡 の 流 氷 は 、 氷 山 の よ う に 大 型 で は な く 、 小 さ く 割 れ て い 長 は 気 楽 そ う に 言 う 。 「 向 う が サ ア チ ラ イ ト を 照 し て く る ま す が 、 そ れ が 密 集 す る と 、 航 路 を ふ さ が れ て し ま う 。 校 の は 、 こ っ ち が イ カ 釣 り 船 を 出 す と き で す よ 。 イ カ 釣 り 船 長 は 機 関 部 の 屋 根 に あ が っ て 、 純 白 に ひ ろ が っ た 氷 の 原 の が 沢 山 出 る と 、 海 一 面 が 火 に な り ま す か ら ね 。 遠 く か ら 見 ど こ か に 、 氷 の 割 れ 目 は な い か と 、 捜 し ま し た 。 る と 、 大 き な 街 が 急 に で き た よ う に 見 え る ん で す よ 、 で す 「 ロ シ ア 領 に 流 れ つ い て 、 捉 ま っ た ら 困 る と は 思 い ま せ ん か ら 向 う も 、 何 か 始 め た か と 思 っ て 、 サ ア チ ラ イ ト を 照 し で し た か 」 て 来 る ん で す よ 」 「 え え 、 そ の こ と は 別 に 心 配 し ま せ ん で し た が 、 何 し ろ 答 港 の 突 堤 に は 、 人 影 も な く 、 遠 い 漁 船 の 水 の 尾 が 、 一 筋 案 用 紙 を 持 っ て 帰 ら な い と 困 る の で 、 何 と か し て 帰 ら な く 長 く 、 斜 に 、 海 面 に 延 び て い る 。 ち ゃ な ら な い ん で す よ 。 ロ シ ア 領 と 言 っ た っ て 、 人 の 姿 も な が さ び

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


も え ぎ に 、 滅 び ゆ く ア イ ヌ の さ ま ざ ま な 生 態 と 、 そ の 問 題 光 が 萠 黄 色 に 輝 き 美 し い 」 と あ る 。 こ の ひ か り ご け は 羅 臼 の 町 か ら 東 へ 少 し 海 岸 線 を 行 を え ぐ 「 た 長 編 だ が 、 民 族 の 亡 と い っ た 大 き な 問 題 ′ ト フ ( っ っ た マ ッ カ ウ シ 洞 窟 の な か に 自 生 し て お り 、 最 近 は 金 が 多 角 的 に 捕 え ら れ て い る だ け に 、 通 俗 的 な 構 成 を こ え て つ よ く 訴 え る も の が あ る 。 そ れ は 「 滅 亡 は 私 た ち 網 を は っ て 踏 み 荒 さ れ る の を 防 い で い る が 、 観 光 化 し て か ら は ひ か り ご け の 方 で 遠 慮 し て 、 あ ま り 光 っ て く だ け の 運 命 で は な い 。 生 存 す る す べ て の も の に あ る 。 世 界 の 国 々 は か っ て 滅 亡 し た 。 世 界 の 人 種 も か っ て 滅 れ な い ら し い 。 む し ろ 身 を か が め て の ぞ か な け れ ば わ あ や か ら な い 左 手 の 一 角 や 、 滝 の 裏 側 の 方 が 、 妖 し い 光 を 亡 し た 。 こ れ ら 、 多 く の 国 々 を 滅 亡 さ せ た 国 々 、 多 く の 人 種 を 滅 亡 さ せ た 人 種 も 、 や が て は 滅 亡 す る で あ ろ 反 射 し て い る の が よ く わ か る 。 え い た ん ひ か り ご け は ち ょ っ と 角 度 を 変 え て も 、 そ の 微 光 が う 。 滅 亡 は 決 し て 咏 嘆 す べ き 個 人 的 悲 惨 事 で は な い 。 と ら え ら れ な く な る 。 武 田 泰 ~ 浮 の 「 ひ か り ご け 」 は 、 も っ と 物 理 的 な 、 も っ と 世 界 の 空 間 法 則 に し た が っ た ま さ に 読 み と る も の の 位 置 に よ っ て 別 の 反 射 を 投 げ つ 正 確 な 事 実 で あ る 」 ( 滅 亡 に つ い て ) と い っ た 主 題 と も か さ な る も の で あ ろ う 。 け る よ う な 、 無 気 味 な 作 品 で も あ る の だ 。 こ こ で は 難 武 田 泰 淳 は 昭 和 一 十 二 年 か ら 三 年 に か け て 、 北 海 道 破 と い う 極 限 状 況 の な か で 、 人 肉 を 喰 っ た と さ れ る 一 大 学 文 学 部 の 教 師 を 勤 め た こ と が あ る 。 そ の 後 も 「 森 船 長 の 行 為 が 主 題 と な っ て い る 。 だ が 船 長 を 裁 く こ と の で き る も の が 、 は た し て 人 間 の 世 界 に 実 在 す る だ ろ と 湖 の ま つ り 」 の 取 材 の た め に 北 海 道 に 渡 っ て い る 。 う か 。 最 後 に 裁 き の 庭 に お い て 、 船 長 の 首 の う し ろ に 「 ひ か り ご け 」 は 最 初 の お り の 北 海 道 旅 行 の 所 産 だ と 光 の 輪 が と も る と こ ろ が あ る が 、 船 長 は こ う し て ユ ダ い 、 つ 。 ひ か り ご け は 文 山 ・ に も 説 明 さ れ て い る よ 、 つ に 、 で あ る と と も に 、 イ エ ス ・ キ リ ス ト そ の 人 の イ メ ー ジ 一 定 の 光 と 湿 度 と そ れ に 暗 さ の 条 件 の と と の っ た と こ ら う す を 託 さ れ て い る 。 ろ で な け れ ば 生 育 し な い 。 羅 臼 町 役 場 で 発 行 し て い る ね む ろ し べ っ 話 は 作 者 が 根 室 標 津 を 経 て 、 千 島 の 国 後 島 を 眼 の 前 町 政 要 覧 を み る と 、 「 世 界 で は 北 ヨ ー ロ ッ パ 各 地 と 、 に す る 羅 臼 の 町 を 訪 れ 、 そ こ で 人 肉 事 件 に つ い て 聞 く 日 本 で は 長 野 県 や 埼 玉 県 に 散 見 で き る が 、 本 町 の も の と こ ろ か ら は じ ま り 、 一 転 し て レ ー ゼ ・ ド ラ マ に よ る は 規 模 が 大 き く 学 術 的 に も 貴 重 な も の で あ る 。 こ の こ マ ッ カ ウ シ 洞 窟 の 場 面 や 、 法 廷 の シ ー ン を ふ く む 劇 中 け の 原 始 体 の 細 胞 が 入 射 光 線 を 反 射 し 、 そ の 反 射 し た

現代日本の文学 37 武田 泰淳 集


も 居 な い 羅 日 の 海 岸 で は 、 カ ラ ズ が 凍 た 雪 を つ つ い て い た 。 一 三 料