検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集から 454件ヒットしました。

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


島 尾 敏 雄 文 学 紀 行 徳 之 島 を 取 材 中 の 奥 野 健 男 氏 ( 左 ) と 案 内 役 を っ と め る 島 尾 敏 雄 氏 ( 徳 之 島 ・ 山 の 海 岸 に て ) 離 島 へ の 旅 奧 野 健 男

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


奄 美 大 島 名 物 ハ プ と マ ン グ ー ス の 死 闘 勝 負 は 大 半 マ ン グ ー ス の 勝 利 に 終 わ る 4 1 血 を 受 け 継 ぎ な が ら 、 港 町 か ら 港 町 へ 海 を 求 め て さ ま は て よ い 歩 い た 末 、 島 尾 は つ い た 南 の 海 の 涯 に 魂 の 故 郷 を 見 出 し た と い え よ う 。 そ う 言 え ば 島 尾 と い う 姓 ま で 、 南 西 諸 島 を あ ら わ し て い る よ う で 、 そ の 容 貌 も 島 人 に 似 か よ っ て い る 。 東 北 の ア イ ヌ と 南 西 の 島 人 た ち は 容 貌 も 体 質 も 気 質 も 文 化 も 風 俗 も 似 通 っ て い る の が 、 不 思 議 だ と 島 尾 は 折 に 触 れ て 言 う 。 彼 は ど う し て も ほ ん も の の 島 人 に な れ な い 違 和 に い ら だ ち 、 か な し み つ つ 、 は と ん ど 恋 人 の よ う に 島 を 、 こ の 頃 は 殊 に 冲 繩 を 愛 し 、 没 入 し て い る よ う だ 。 一 年 中 で い ち ば ん よ い 季 節 だ と 島 尾 が 言 う 十 月 半 ば ば く は 鹿 児 島 空 港 か ら 、 >* で 奄 美 大 島 に 向 う 。 二 年 前 は じ め て 奄 美 を 訪 れ て か ら 二 度 目 だ 。 機 内 は は と ん ど 新 婚 旅 行 の た の し げ な カ ッ プ ル ば か り で 、 ば く の 中 に あ る か な し く 貧 し い 奄 美 の イ メ ー ジ と 食 い 違 う 。 開 も ん だ け 、 、 つ 力 い ぐ ん じ よ う 岸 る 児 る 聞 岳 を 過 ぎ 白 い 波 頭 が 散 ら ば る 群 青 の 海 に 出 る 奇 怪 ノ 海 あ 鹿 か シ で か な 色 の 硫 黄 島 、 巨 大 な 山 脈 の 屋 久 島 か ら 、 吐 嚆 喇 列 島 を ホ 名 港 間 ノ 有 瀬 時 過 ぎ 、 一 時 間 足 ら ず で 目 も 鮮 や か な サ ン ゴ 礁 に 囲 ま れ ホ は 名 た 奄 美 空 港 に 着 く 。 船 な ら 十 二 時 間 の と こ ろ だ 。 飛 行 石 で 島 玉 島 船 機 の ド ア が あ く と 同 時 に む っ と し た 熱 気 、 陽 光 の ま ぶ 大 の 大 絡 し い 夏 の 世 界 に は う り 出 さ れ る 。 最 初 の 印 象 は こ こ は 美 岸 美 連 奄 海 奄 り 日 本 で は な い と い う 感 じ だ か し ば ら く い る 、 っ ち に 風 の よ 上 こ 右 島 が 肌 に こ こ ろ よ く 、 暖 気 の 中 に 母 の ふ と こ ろ に 甘 え て

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


右 長 崎 ・ オ ラ ン ダ 坂 こ の 近 辺 は 外 人 の 元 居 留 地 で 木 造 洋 館 が ま だ 残 っ て い る ( 「 断 崖 館 」 ) 下 福 島 村 上 か ら 角 部 内 に 至 る 海 岸 「 そ こ は 、 は た て で あ っ た 。 小 さ な 丘 が 海 の 真 上 で ぶ ち 切 れ て い た 。 丘 の 鼻 は 日 に 日 は と う さ ん し よ く に 風 雨 や 波 濤 に 蚕 食 さ れ 、 真 新 し い 崖 肌 を あ ら わ に し て 、 そ そ け だ っ て い た 」 ( 「 い な か ぶ り 」 ) 右 長 崎 南 山 手 に あ る 大 浦 天 主 堂 の が は る か に 見 え る 。 こ の 付 近 は 「 単 独 旅 行 者 」 「 学 生 」 な ど に 克 明 に 描 か れ て い る

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


1 ズ 亠 奄 美 は 群 島 と 呼 ば れ て い る よ う に い く っ か の 離 島 の グ ル ー プ を 呼 ぶ 名 だ 。 人 の 住 む 島 の 名 を あ げ る と 、 大 島 、 加 計 呂 麻 島 、 請 島 、 与 路 島 、 喜 オ キ / 工 ラ ブ 界 島 、 徳 之 島 、 沖 永 良 部 島 、 与 論 島 の 八 島 で あ る 。 奄 美 の 特 色 は 、 ま す そ の 地 帯 が 亜 熱 帯 圏 に 属 す る こ と だ ろ う 。 ま た 本 土 で は 見 る こ と が で き ぬ 隆 起 サ ン プ し よ う 珊 瑚 礁 の 島 々 の 景 観 が 南 太 平 洋 上 の 異 国 の 島 へ の 連 想 を 誘 っ て い る よ う ( 「 島 に て 」 ) ( 右 ) 奄 美 大 島 ア ヤ マ ル 岬 に 群 生 す る ソ テ ッ ( 左 上 ) ア ヤ マ ル 岬 の サ ン コ の 海

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


ト に 機 き 臆 ど を ア 始 泡 が た 病 く 見 ん ら い な ス ー に 心 、 て か て ち カ 見 る や ア り し 気 或 を 海 へ に ぬ を さ 成 ん 午 の だ 力 、 に 傷 の と の 号 し 平 海 と 方 だ の ぎ う 多 っ く 草 に ば れ 岸 な 。 な て 作 い 空 沈 私 島 う つ カ : 襲 み は 号 て く で た 咲 ー と あ そ い ん て 逆 え だ れ 払 の な か 様 た ち し あ い そ 所 タ だ た え 攻 下 ら 庫 し 知 の た 。 戦 争 、 ら メ カ 。 を ト ア 変 、 て 程 れ た わ か っ な に ま は め た が し て え な え ら ぶ は ぬ く り ゃ な ち 力 、 の 咲 り カ ゆ リ メ ア だ 海 あ 。 底 な ぬ か っ が え か ろ な 不 の う 謡 え と て る の 力 、 と 思 り る ま な ま の か む け い す ま 風 泊 棄 ユ さ わ 焼 れ た い ま 余 よ 泊 れ で 焼 ぶ 部 が そ い す の 船 し く 奥 が の な 燼 地 隻 て 十 い 突 た 。 は は 。 上 崩 時 艇 ざ が ん 亀 な 津 示 地 に 見 は っ 堤 の 々 暮 ・ つ た あ っ た で し 0 を る よ い の が 浮 る び で 来 は た ら 、 の か 塊 だ 0 れ 沖 と 良 部 島 し 、 握 て た つ 目 て を け ろ 長 を じ 船 っ と と . 旅 ~ 月 リ を ろ た う な 地 ぼ ん に で る な に も 湾 て も い も つ 肌 は 。 私 の 分 カ し っ り し 情 つ は に な 少 あ 地 江 の が 襞 水 い な う り い あ 夜 自 。 た 里 の ま 。 里 身 は ち ら 思 っ 。 方 た た 見 私 に い 時 位 の 着 な を 飛 だ 出 の そ 士 ま げ な う う よ 島 人 私 が 家 も し 、 今 は か る う く こ 船 定 体 偽 と 爆 突 の る 見 島 や 海 飛 て 私 ら 断 っ て て い れ 早 行 よ 来 う だ こ れ 0 な 。 だ う っ ま 鳥 い は し ら 食 っ 行 岸 投 る れ の で 出 ら よ 泳 さ 三 け 。 入 ど る な 呉 く し ろ と う 分 て し に か こ 中 / 一 置 の ひ 層 た れ は 破 れ る の る た 先 や 来 く て つ 力 、 三 或 。 本 れ た に 手 う り 。 ふ 、 と く と の 上 艇 か か あ し 、 ん が し さ と し 、 ら 然 ー の け 案 三 と 泣 ち ゆ ん が し ゆ ん つ ら 部 り る 離 せ 崖 左 の な の し っ 徳 な り 島 ら 船 が は い 岸 島 で よ 白 つ 地 ば 影 は 表 た が の は 、 裂 、 あ 思 十 目 め な る 方 し ら 無 は 思 な か に 延 そ 海 れ 原 見 沖 を あ に せ し し 、 一 気 . オ よ い な め 良 ラ れ た め 島 の 三 た 之 だ 廻 分 な 定 、 は ン ン 子 の 日 、 響 謡 振 を 動 続 に 、 わ て る 海 、 岸 の か た 身 や の る 南 水 = し 、 カ : し を る い 百 と う 番 頭 1 い 私 寄 に 妙 マ な カ : に 自 照 つ 自 輝 の く に 、 か 昼 海 の 後 ひ 、 上 カ し す ) に よ の を 陸 っ を 込 飛 、 抱 ん 行 で 。 あ の 草 っ 原 は 軍 . の 場 。 た ト 後 レ ) り う 昼 の の 上 り が か が そ ね な : 装 だ し て る 。 欲 な 子 よ よ 立 だ な 。 は た て あ 突 い ひ め ふ 包 だ つ ま ど ら も む 、 と れ か 見 特 地 や 舵 呼 た の 吸 把 与 を を 手 て は し 込 る の 草 な 機 格 れ 山 い を 納 て で 隠 な け 合 た わ て 風 な ら

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


「 タ イ チ ョ オ 」 の 尻 を び し っ と 叩 く よ う な 調 子 で 「 か け 足 つ 」 と 叫 ん だ 。 O 兵 曹 長 の こ ち ら に 呼 び か け て い る 声 が き こ え る 。 砂 浜 に ち ら ば っ て 、 上 半 身 の 肌 着 を す っ か り 脱 い で し ま 「 里 の 村 は こ こ か ら ず っ と 南 の 方 で 、 交 通 機 関 も あ り ま せ か た よ さ ん っ て 、 燦 と 照 り つ け る 真 昼 の 太 陽 を 浴 び 、 海 の 上 で の 偏 っ ん か ら 、 此 処 か ら 歩 い て は と て も 無 理 の よ う で す 。 亀 津 に 行 っ て か ら に し ま す 」 た し こ り を ほ ぐ し て し ま お う と す る の だ 。 少 し 乱 暴 な 思 い そ こ な 切 っ た 体 操 。 リ ズ ム は 多 少 害 わ れ て も 、 首 も 身 体 も 極 限 ま 私 は ち ら と 里 里 定 の こ と を 考 え る 。 亀 津 は 山 と 同 じ に 徳 あ お し つ よ う で 捻 じ 曲 げ る や り 方 で 、 幾 分 執 拗 に く り 返 す と 、 砂 浜 に 仰 之 島 の 東 岸 の 泊 地 で あ る が 、 そ れ は 山 と 対 蹠 的 な 南 に 位 置 。 し て い る 。 此 の 水 路 見 学 で の 予 定 は 、 山 か ら ぐ る っ と 西 海 の け に な っ て 青 空 や 緑 の 稜 線 を 眺 め た い 衝 動 に か ら れ る そ れ で 解 散 し て 、 し ば ら く の 間 み ん な が 解 き 放 た れ る 。 私 岸 に 廻 っ て 徳 之 島 を 一 周 し 、 亀 津 の 泊 地 で 船 を 停 め て 、 艇 ひ っ く り か え は す ぐ そ の 場 に 引 繰 返 っ て 、 ・ ほ ん や り し て い た 。 時 折 耳 の 隊 員 は 亀 津 の 町 で 一 泊 す る こ と に し て い た 。 奥 の 方 で 爆 音 が し な く も な い 。 然 し そ れ は 耳 が そ ん な 風 に 午 後 二 時 、 十 三 号 艇 は 山 の 桟 橋 を 離 れ た 。 泊 地 の 外 に 出 変 て こ に な っ て し ま っ た の で 、 恐 ら く 空 耳 に 違 い な い 。 解 放 さ れ た 艇 隊 員 た ち は 、 す ぐ に 部 落 の 方 に と び 込 ん で る と 、 午 後 の 風 で 浪 は か な り 高 く な っ て い る 。 然 し 私 は 直 行 っ た 。 砂 浜 に ・ ほ ん や り し て い る よ り も 、 背 の 高 い さ さ 竹 ぐ に も 午 前 の 航 海 の 調 子 を と り 戻 し 、 空 耳 と 船 の 焼 玉 エ ン す ば も ろ も ろ の い け 垣 に こ ん も り と 陰 蔽 さ れ た 部 落 の 内 部 に 、 何 か 素 晴 ジ ン の 諸 々 の 音 響 は 、 時 に ど き っ と 肝 を し め つ け る こ と は お お か た ら し い 生 き 甲 斐 の あ る も の が 、 か く さ れ て で も い る か の よ あ っ て も 、 大 方 は な れ つ こ に な っ て し ま っ た 。 危 険 の 重 さ う だ 。 そ れ か あ ら ぬ か 、 体 操 を し て い る 時 に 、 さ さ 竹 の し は 変 り が な い で あ ろ う に 、 何 故 か 、 緊 張 が ほ ぐ れ て し ま っ た 。 そ れ に 接 岸 航 行 だ 。 敵 の 機 影 を 見 つ け た ら 岸 に 逃 げ 上 げ み の 中 か ら 鈴 を つ け た 犬 こ ろ が 転 が っ て 来 て 、 鈴 を な ら お お 海 し な が ら 列 の 間 を 動 き 廻 っ て い た で は な い か 。 又 い け 垣 に る の だ 。 事 実 は そ う 簡 単 に 逃 げ 了 せ る こ と は 出 来 な い の だ 島 は さ ま れ た 細 い 路 地 の か げ で 、 顔 の 丸 い 太 っ た 娘 が 子 供 を が 、 そ ん な 所 で 安 心 し て い る 。 西 岸 に 廻 っ て し ま う と 、 北 東 の 風 が 島 自 体 に さ え 切 ら れ て 、 波 も 幾 分 お だ や か に な っ 之 負 ぶ っ て 、 こ ち ら を 覗 き 見 し て い た で は な い か 。 私 は 焦 げ る よ う な 衣 服 の 陽 に ほ さ れ た に お い の 中 で 目 を た 。 艇 隊 員 も 疲 れ と 、 振 動 の 単 調 な く り 返 し で ひ と り 残 ら あ る い か - い ろ つ ぶ っ て 、 明 る い 色 の 中 に 真 赤 な 或 は ど す 黒 い 強 烈 な 一 ず 午 睡 を 始 め た 。 や ぐ ら の 艇 隊 長 た ち も 。 船 長 と 見 張 り と 機 関 室 の 船 員 だ け が 覚 め て い て 、 私 も 、 う つ ら う つ ら し 始 つ の 球 を 頭 脳 に 焼 き つ け て い る 。 こ の ぞ い ん ・ ヘ い い 、 よ

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


ら 、 果 て し な い う な ば ら の 波 の お ち こ ち に 、 十 三 号 艇 は 何 の 偽 装 を 施 し て 、 当 直 の 監 視 兵 が の ん び り 、 気 の 、 毒 な 漁 船 を 認 め 得 る だ ろ う 。 私 は 島 の 娘 た ち の 歌 う こ ん な 唄 を 知 っ を 見 下 し て い る 。 此 処 が 、 不 吉 な 報 告 ば か り 打 電 し て 来 る う そ 海 峡 ロ の 見 張 所 か 。 そ れ は 嘘 と し か 思 え な い 。 そ れ に 又 何 て い た 。 と い う 言 葉 の 通 じ な さ だ ろ う 。 そ れ は 、 私 は 見 た 、 私 は 見 こ つ け し て 来 た の だ 、 と い う 物 々 し さ に 拘 ら ず 、 ひ ど く 滑 稽 に 見 え 徳 之 島 向 か て よ 徳 之 島 向 か て よ る で は な い か 。 あ の な だ ら か な 草 山 の ど こ か に は 砲 台 が 隠 飛 び ゆ る 綾 は べ ら さ れ て い る の だ 。 そ し て 此 の 海 峡 の 海 底 に は 機 雷 原 が 設 定 さ れ て い る 。 然 し 十 三 号 艇 は 、 そ の 時 の 十 三 号 艇 と そ の 乗 徳 之 島 に 向 っ て 飛 ん で 行 く 模 様 の つ い た 蝶 々 。 た だ そ れ 組 員 の 所 属 し て い る 境 遇 だ け で 、 大 へ ん の ん き に 見 張 所 と * ひ や く た け そ う さ 丈 の 唄 が 、 私 に は 素 晴 ら し い 秘 鑰 と 思 え る 。 ひ ら ひ ら 、 ひ 信 号 を 交 換 し 何 の 造 作 も な く 外 洋 に す べ り 出 し て し ま っ こ う て 、 ら ひ ら 、 真 昼 の 照 り つ け る 青 い 海 の 上 を 、 ジ グ ザ グ の 行 程 た 。 せ い ・ せ い 八 ノ ッ ト 程 の か た つ む り の 歩 み で 。 ひ し よ う で 蝶 は 疲 労 を し な い の か 。 た よ り な い 飛 翔 力 と ち つ 。 ほ け な た ど 虫 け ら の 本 能 で 蝶 は 徳 之 島 に 辿 り つ く こ と が 出 来 る の か 。 外 洋 に 出 る と 、 う ね り が 急 に 大 き く 、 船 に 強 く こ た え て 然 し 、 私 は 木 っ 船 の 大 き さ さ え 、 も て あ ま し て い る 。 徳 来 た 。 そ し て 、 太 陽 が す っ か り 上 っ て し ま っ て 、 船 体 の 上 之 島 に 向 っ て 飛 ん で 行 く 蝶 に 成 り 変 る こ と も 出 来 な い の だ 部 の し ぶ き の か か ら ぬ や ぐ ら の 木 目 は 白 く 乾 き 、 海 上 に き ろ う か 。 ら き ら 輝 い て 、 と ろ り と し た 巨 大 な 生 き も の の よ う な 海 の 皮 膚 が 地 球 の 上 に 盛 り 上 っ て 感 じ ら れ た 。 ふ つ く ら し た あ 海 峡 ロ の カ ネ ン テ 崎 は 、 海 際 近 く ま で そ そ り 立 ち 、 断 崖 た た か さ が 衣 服 の 下 に あ ふ れ て 来 る 。 そ れ で も 未 だ 午 前 の の 裾 は 、 ぶ ち 当 る 外 洋 の う ね り が く だ け 散 っ て 白 い 歯 を 向 気 ま ぐ れ な 気 流 の 交 替 と 、 浮 雲 の 出 現 で 、 寒 暖 の 海 流 が 交 じ ゅ そ き 出 し て 、 に ぶ い 太 い 低 音 の 呪 詛 の つ ぶ や き を 繰 返 し て い 叉 す る 場 所 で 水 浴 び を す る よ う に 、 私 の 心 は 落 着 か な い 。 る よ う に 受 取 れ た 。 其 処 は 陽 も 当 ら ず 、 生 ぐ さ い 潮 の 香 が ふ ん 年 中 乾 く こ と な く 、 海 鳥 の 白 い 糞 の 塊 が こ び り つ い て い 十 三 号 艇 は 未 だ こ ち ら の 島 に 接 岸 航 行 を し て い た 。 私 の 心 を 占 領 し て い た の は グ ラ マ ン 戦 闘 機 で あ っ た 。 そ の 敵 の た 。 断 崖 の 上 を 見 上 げ る と 其 処 は 又 何 と い う 対 照 な の か 。 あ ら な だ ら か な 草 山 に 陽 が あ た り 、 粗 組 み の 見 張 所 が 申 し 訳 け 飛 行 機 の 影 を 認 め た な ら 、 直 ぐ に 船 を 岸 に の し あ げ て 、 岩 す そ こ ま た だ ん が い は ど か か わ - 」 う

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


上 奄 美 に 野 生 す る 亜 熱 帯 性 植 物 ・ , 、 イ , , , 右 加 計 呂 麻 島 呑 ノ 浦 に あ る 洞 窟 か っ て こ の 中 に 魚 雷 艇 が 身 を 潜 め て い た 1 理 解 し が た い 言 葉 で 女 た ち と 話 し 、 島 歌 を 唄 い 、 踊 る 。 へ ト ノ 翌 晩 の 徳 之 島 の 平 土 野 の 飲 屋 で も そ う だ が 、 島 の 女 の ひ と の 人 な っ こ い あ た た か さ が 、 ほ く ら を 包 む 。 し ゃ び せ ん を 竹 の 細 い 爪 で か き な ら し 歌 う 島 歌 と 踊 り は 、 本 土 に は 消 え て し ま っ た 母 の 胎 内 の よ う な 原 緒 的 な 陶 酔 を 、 焼 討 の 酔 い と 共 に 呼 び 起 し て く れ る 。 島 人 の 女 性 の 顔 は 、 目 鼻 の は っ き り し た は っ と 思 、 つ よ 、 つ な エ キ ゾ チ ッ ク な 美 人 か 、 そ れ が ち ぐ は ぐ に 崩 れ た お お ら か な か な し い 醜 女 か の ど ち ら か で あ る 。 こ こ ま で く る と う つ 島 尾 は 鬱 か ら 解 放 さ れ 、 南 方 の 活 気 に 映 え い か に も た の し そ う だ 。 翌 朝 、 古 仁 屋 か ら 漁 船 を チ ャ ー タ ー し 、 対 岸 の 加 計 呂 麻 島 、 鎮 西 村 の 押 角 、 呑 ノ 浦 に 向 う 。 こ ん な 美 し い 静 か な 海 が ま だ こ の 日 本 に あ り 、 し か も 観 光 プ ー ム か ら 外 れ て い る こ と が 奇 蹟 の よ う に 思 え る 。 太 陽 に よ り 刻 々 変 る 海 の 色 の 美 し さ 、 ま る で 子 供 の 頃 読 ん だ 「 昭 和 遊 撃 隊 」 の 秘 密 軍 港 の よ う に 入 り 組 ん で 、 入 江 に 押 角 の 部 落 が 眠 っ て い る 。 こ こ は 、 ミ ホ 夫 人 が 住 ん で い た 部 落 で 、 か っ て は 村 役 場 も あ っ た と こ ろ だ が 、 今 は 仏 桑 花 を は じ め 色 鮮 か 過 疎 で 人 口 も 半 分 以 下 と い う 。 な 花 の 咲 き 乱 れ る 部 落 の 小 路 を 歩 い て 行 く と 、 あ ち こ ち か ら 島 尾 の 姿 を 見 つ け 、 村 人 た ち が な っ か し げ に 走 り 寄 っ て く る 。 あ ち こ ち と 涙 を 流 す よ う な 感 じ で 島 尾 チ ン ゼ イ ・ ソ ン ウ ン ユ ク ワ ッ 2.

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


の か げ か 、 木 や 草 の し げ み に 逃 げ こ も う と 考 え て い る 。 而 た 。 ほ ば 二 五 〇 度 に 向 っ て 。 そ う な る と も う 島 影 に 逃 げ 込 ゆ く て も 実 際 そ う い う 場 面 に 直 面 し た ら 、 そ う も 行 き か ね る よ う む こ と も 出 来 な い 。 は る か 行 手 に 徳 之 島 の 島 影 が あ る 。 海 が ら か っ こ う せ み に 思 え た 。 肉 眼 で 機 影 を 発 見 し て か ら や っ と 船 を も た も た 図 で 見 る 平 面 で は 蝉 の 抜 け 殻 の よ う な 恰 好 を し て い る 。 そ 岸 の 方 に も っ て 行 く う ち に 若 し こ ち ら が 発 見 さ れ た な ら 、 れ が 海 の 上 か ら 眺 め る と 略 中 央 が 一 番 高 く 、 左 は な だ ら か 敵 機 は す ぐ 頭 上 に 来 て し ま う に 違 い な い 。 又 小 舟 を 下 す い に 右 は 山 が 海 岸 に 迫 っ て い る 。 そ れ で 島 全 体 が 右 の 方 に 方 ひ す と ま も な く 、 十 三 号 艇 か ら 下 り な け れ ば な ら な い が 、 見 境 解 石 の よ う な 歪 み を 見 せ て い る 。 そ れ は 基 地 の 裏 山 か ら も 、 な く 海 の 中 に 飛 び 込 む こ と も 容 易 で な い と 思 わ れ た 。 大 げ 空 気 の す み 切 っ た 日 に は 、 は る か に 眺 め る こ と の 出 来 た 姿 さ な 処 置 を と っ た 場 合 に 、 不 幸 に も 何 事 も な く 過 ぎ 去 っ た だ 。 そ し て 徳 之 島 に は 陸 軍 の 飛 行 場 が あ り 、 少 数 の 陸 軍 部 あ と の み つ と も な さ は 取 返 す こ と が 出 来 な い 0 隊 が 警 備 し て い る こ と を き い て い た 。 だ が そ の 頃 は 海 上 連 ぐ ん じ ゅ 私 は 甲 板 を 見 下 し て み た 。 艇 隊 員 た ち は ぐ っ た り し て い 絡 は 不 可 能 に 近 く 、 徳 之 島 向 の 人 員 や 軍 需 品 が 、 辛 う じ て た ど た 。 そ し て 適 当 に そ れ ぞ れ の 物 陰 を 見 つ け て 、 ア ン ニ ィ 大 島 迄 辿 り つ い て も 其 処 で 行 き ど ま り に な っ て し ま う 状 態 に 落 ち こ ん で い る よ う だ 。 そ れ に 外 洋 に 出 た 途 端 に 、 う ね で あ っ た 。 飛 行 場 も 度 々 の 敵 機 の 爆 撃 で 悲 観 的 な 状 況 に あ ま っ さ お お う と り の 大 き な 動 揺 で 嘔 吐 を 催 し 始 め た ら し い 。 真 青 に な っ て る ら し い 。 要 す る に 徳 之 島 は 見 放 さ れ て し ま っ て い た 。 勿 か な り ろ ん 舟 ば た の 外 に 顔 を つ き 出 し て い る 者 も い た 。 私 も 気 分 が 良 論 民 間 の 定 期 船 が 通 わ な く な っ て か ら も 可 也 久 し い 。 十 三 い と は 言 え な い 。 然 し 私 は 色 々 な 恐 怖 に 目 覚 め て い る の 号 艇 は そ の 徳 之 島 に 進 路 を 向 け て い た 。 南 の 海 の 島 と 島 と ち ょ っ と で 、 一 寸 し た 緊 張 の 中 に 居 る こ と が 出 来 た 。 そ し て 艇 隊 員 の 間 に 、 淡 い 煙 を は い て 、 ち っ ぽ け な 漁 船 が 、 た っ た 七 ・ 七 粍 機 銃 一 挺 と 二 個 の 爆 雷 だ け の 武 装 で 、 航 空 権 も 海 上 権 た ち の 他 人 ま か せ な 顔 付 に 責 任 の よ う な 愛 情 と 同 時 に や り き れ な い 憎 し み を も 感 ず る 。 へ さ き と と も の 見 張 員 に し て も 敵 方 に 移 っ て し ま っ た う な ば ら の 真 中 に の こ の こ 出 向 い よ う し ゃ ね む 記 も 、 う つ ろ な 眼 付 を 充 血 さ せ て 、 半 ば は だ る い 睡 り へ の 誘 て い る 。 既 に 完 全 に 昼 間 の 領 域 に は い っ た 。 太 陽 は 容 赦 な 航 い の 中 で 交 替 時 の 早 く や っ て 来 る こ と ば か り 考 え て い る の く 照 り つ け 、 顔 や 首 筋 や 手 首 は 陽 に 焼 け て ひ り ひ り し 始 め る 。 海 は 輝 き 、 波 は さ 程 立 た な い が 、 そ れ で も 外 洋 だ け の 之 に 違 い な 、 。 事 は あ っ て 、 ぐ ん と 来 る 大 き な う ね り で 、 胸 は 気 持 悪 く 、 こ み 上 け て 来 る 。 私 は 空 を 海 を 、 眼 を 充 血 さ せ て 眺 め る 。 や が て 十 三 号 艇 は 、 こ ち ら 側 の 島 を 丁 つ か り 離 れ 、 も う 向 う 迄 は 海 の 外 は 何 も な く 、 一 路 徳 之 島 へ の 進 路 に は い っ 機 影 と 潜 望 鏡 を 見 つ け よ う と す る 。 そ れ は 見 つ け て は 困 る な か し か ち ょ う た び た び こ ろ

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


イ す 3 第 の 中 に 入 っ て き た 。 崎 戸 は 島 で あ る た め 、 強 制 的 に 連 の 検 定 試 験 に 合 格 す る 。 つ ま り 学 校 教 育 を 受 け て い な れ て 来 た 朝 鮮 人 が 圧 倒 的 に 多 か っ た 。 そ こ で ど ん な 非 い 人 間 が 、 専 門 学 校 、 大 学 を 受 け る 資 格 を 得 た の だ 。 人 間 的 な こ と が 行 わ れ た か 、 そ れ を 少 年 の 井 上 は 見 て た ち ま ち 井 上 に 向 け る 炭 鉱 の 人 々 の 目 が 違 っ て く る 。 し ま っ こ 。 オ こ こ は 地 獄 で あ る 。 絶 対 の 階 級 性 で あ る 。 井 上 は こ の 監 獄 島 か ら よ う や く 脱 出 す る 。 そ れ は 超 人 井 上 は た だ 逃 げ た か っ た の だ 。 彼 は そ こ で あ ち こ ち 的 な 才 能 と 努 力 に よ っ て 得 た 解 放 で あ る 。 し か し 今 、 井 上 は そ れ ら の 行 為 を 裏 切 り と い う 、 う し ろ め た さ で 感 し て い る よ う だ 、 い や そ う で な い 、 資 本 主 義 の 社 会 機 構 の せ い で あ る 。 井 上 が 炭 鉱 に 、 炭 住 に 執 着 す る 気 ン 持 ち が 痛 い は ど わ か っ て く る 。 今 で も 朝 鮮 人 と い う と 群 ど う に も な ら な い 不 思 議 な な っ か し い 気 持 ち に な る と タ の か よ い う こ と を 。 「 長 靴 島 」 虚 構 の ク レ ー ン 」 「 坑 木 置 場 」 地 な ど そ の 地 獄 で あ っ た 海 底 炭 鉱 島 の 現 実 で あ る 。 そ の て っ 地 獄 が 今 は 廃 墟 と 化 し て し ま っ た 。 彼 の 〃 原 風 景 ″ は を く 消 滅 し 虚 無 が 残 る 。 し か し そ れ こ そ が 彼 の 中 の 新 た な 平 ひ 原 風 景 で あ り 核 な の だ 。 井 上 は こ こ か ら 既 に 「 赤 い 手 毬 」 「 妊 婦 た ち の 明 日 」 な ど の 鋭 い 幻 想 的 な 作 品 を 生 み 堂 な は 出 し て い る 天 鐘 こ の 島 の 海 か ら 渡 し 船 に 乗 っ て 、 漁 村 に あ る 彼 の 学 上 の 浦 ス ん だ 崎 戸 小 学 校 に 行 き 、 そ の 裏 の 海 岸 で あ ま り に 美 し く の ど か な 海 に た わ む れ る 。 人 っ 子 ひ と り い な い 海 岸 に い る う ち 、 現 実 は 過 去 と 交 錯 し 、 井 上 は 熱 ば ん で い ば く は 気 の 遠 く な る よ う な 気 持 ち で 遙 か な 過 去 の か な し い 世 界 に 入 り こ ん で し ま っ た よ う だ っ た 。 ま ン ー 「 義 物