検索 - みる会図書館

全データから 208733件ヒットしました。

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


官 民 に 広 が る “ 埼 玉 ポ ー ズ ″ の 輪 ! 玉 ポ - て を 生 み 出 し た 動 画 制 サ だ 曲 ン こ 。 や と 一 ~ 心 新 0 動 ス と け の か 身 つ 出 き 玉 の 奇 イ 土 メ 生 こ 誕 伽 し ズ 振 な 。 ポ ス す 品 玉 ン 用 作 埼 ダ 起 た や を つ 會 作 一 わ あ の 有 名 タ レ ン ト か ら 人 気 の 声 優 さ ん ま で ! そ う た 埼 玉 打 倒 神 奈 川 ! 千 葉 と は 和 解 ! 埼 玉 県 民 の 逆 襲 http://www.youtube.com/watch?v=RU-OQ2AcHX4 そ ) た 端 玉 ェ 、 を 、 を ま ・ を 物 第 ← 會 ロ ッ ク ア ー テ ィ ス ト の ダ イ ア モ ン ド ・ ユ カ イ さ ん ( 左 ) や 、 「 ラ ブ ラ イ ブ ! 」 の 星 空 凛 役 な ど で 知 ら れ る 声 優 の 飯 田 里 穂 さ ん ( 上 ) な ど 、 埼 玉 県 に 縁 の あ る 有 名 人 に よ る ′ ラ : 物 = ; 投 稿 が 埼 玉 ポ ー ズ ブ ー ム の き 0 か け に ! 埼 玉 県 下 の 市 長 さ ん た ち も 嬉 々 と し て イ ) : 日 猶 物 0 ! ま み は を い 機 物 羅 対 み 勲 、 物 : り 第 埼 玉 中 に 名 が 轟 く 有 名 企 業 が 全 面 協 力 は し め ま し な 、 と ど ろ 、 物 ロ 0 み 第 。 1 十 万 石 水 城 公 園 店 を を 市 の ズ そ も そ も の き っ か け で し た 」 れ は 僕 自 身 も 感 じ て い る 埼 玉 県 民 2 也 ポ と こ ろ が 最 初 の う ち は 、 鷺 谷 さ が 郷 上 に 抱 く 純 粋 な 思 い な の か な 在 は っ 現 真 ろ ん の 構 想 に 協 力 し て く れ る 企 業 や と 。 他 県 の 方 に は 、 想 像 し に く い 心 情 か も し れ ま せ ん が : : : 」 自 治 体 は ほ ば 皆 無 。 地 道 に 動 画 へ - つ る 隊 そ て の 出 演 を 依 頼 し た 企 業 数 は 、 最 終 話 題 が 埼 玉 の 県 民 性 に 及 ぶ と 、 話 が 止 ま ら な く な る 鷺 谷 さ ん 。 的 に 社 以 上 に の ば っ た 。 一 「 城 一 寄 忍 「 よ う や く 協 力 に こ ぎ つ け た の ち 「 ど の 方 も 最 初 は ク ダ ン ス な ん て で 本 が と 日 真 , も 、 各 地 で 行 な う 撮 影 の ス ケ ジ ュ き な い ッ っ て 言 っ て る の に 、 い ざ 撮 し 写 佐 ー リ ン グ に 加 え 、 撮 影 当 日 も す べ 影 と な る と キ レ キ レ で 踊 っ て く れ 0 の 長 言 , ま ズ 市 て 自 分 が 立 ち 会 っ た り し て 。 撮 影 る ( 笑 ) 。 自 分 か ら は 前 に 出 な い け る ポ 久 阯 期 間 中 は ほ ば 無 収 入 。 手 弁 当 で 埼 れ ど 、 他 人 か ら 頼 ま れ る と 思 い っ あ 玉 る 長 き り や っ て く れ る と こ ろ は 、 埼 玉 に 埼 写 市 玉 各 地 を 飛 び 回 っ て い ま し た 」 県 ら ラ 田 玉 か ャ 行 ち な み に 、 こ の 『 そ う だ 埼 玉 』 と の 県 民 性 な ん だ な っ て つ く づ く 思 埼 長 キ る 會 市 る と い う タ イ ト ル に は 、 埼 玉 を 指 す 蔑 っ た し 、 そ れ は 典 型 的 な 日 本 人 像 ← の ゆ を 称 で あ る ク ダ 埼 玉 ク を 、 あ え て 入 れ で も あ る の か な と 。 だ か ら 、 埼 玉 県 民 は ク 究 極 の 日 本 人 ク な ん だ っ て 、 て み よ う と 思 っ た と の こ と 。 「 決 し て 自 虐 で も 開 き 直 っ て い る 密 か に 思 っ て る ん で す 」 そ ん な 鷺 谷 さ ん だ が 、 今 後 は さ わ け で も な く 、 広 く 認 知 さ れ て い ら な る ク 埼 玉 ポ ー ズ ク の 拡 散 を 狙 う る し 、 語 感 も 良 い の で 入 れ た い な と 。 い っ か は ク ダ 埼 玉 ク を ク そ う だ 埼 と と も に 、 県 民 か ら 募 っ た ス マ ホ : っ て の は 、 カ ッ コ 動 画 で 埼 玉 県 全 鬨 市 を つ な ぐ と い 玉 に し た い : う 新 た な 企 画 を 進 行 中 だ 。 つ け す ぎ で す か ね ( 笑 ) 」 「 ク 埼 玉 ポ ー ズ ク に 関 し て は ク ダ 埼 埼 玉 県 民 と は 玉 ク の 生 み の 親 で あ る タ モ リ さ ん 究 極 の 日 本 人 で あ る ? に や っ て も ら う の が 、 究 極 の 目 標 「 『 そ う だ 埼 玉 』 の 歌 詞 に 、 ) こ の で し よ う か ( 笑 ) 」 埼 玉 県 民 が ク ダ 埼 玉 の 呪 縛 ツ か ら 町 に 生 ま れ て よ か っ た と 毎 日 思 わ な い け ど 嫌 だ と 思 っ た こ と は な 完 全 に 解 き 放 た れ る 日 は 、 も う 目 前 か も し れ な い い ぜ ) っ て あ る ん で す け ど 、 こ - ト ボ コ 、 イ 玉 - っ サ 奇 い 時 報 と 同 情 ち の た 美 開 載 女 玉 田 ・ 気 公 満 美 埼 の の ・ タ 住 う 奇 ネ ・ 在 そ 民 メ る 内 る ぞ わ 県 す る 県 型 そ っ 、 み 場 あ 「 ま プ 登 も 玉 加 動 県 ォ ズ ナ 玉 も 一 一 埼 参 會 「 山 田 う ど ん 」 や 「 十 万 石 ま ん じ ゅ う 」 と い っ た 、 埼 玉 を 代 表 す る 46 の 企 業 や 公 共 団 体 な ど が 参 加 し 、 約 10 、 カ 月 間 か け て 撮 影 し た 。 SAITAMA POSE 0 新 着 事 「 物 、 を ミ 毎 今 週 の 捜 査 員 よ っ し い ~ モ ノ 系 レ ビ ュ ー か ら ボ ー ト レ ー ス の ニ ュ ー ス ・ 展 望 の 執 筆 、 果 て は 有 名 人 メ ル マ ガ の 制 作 お 手 伝 い ま で 、 な ん だ か 幅 広 く 手 掛 け て し ま っ て い る 雑 食 系 ラ イ タ ー

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


お ぶ ろ cafe utatane UFO 基 や っ 地 や ー エ プ リ デ ィ 行 田 店 ビ イ - サ ロ る の 題 気 話 ネ ト で 話 題 の サ ー ビ ス や 事 件 、 ~ 鷺 ツ ィ ー ト し て い る 中 の 人 に 直 撃 玉 』 の 動 画 を す る た め 、 鷺 谷 ◆ 埼 玉 ポ ー ズ ◆ 仕 掛 け 人 は さ ん は 埼 玉 県 内 の 市 長 や 同 県 出 身 生 粋 の 埼 玉 っ 子 の 芸 能 人 に 、 こ の ポ ー ズ を し た 写 オ ー ケ ー サ イ ン を し た 両 手 を 胸 真 を 送 っ て 欲 し い と 依 頼 。 す る と の 前 で ク ロ ス さ せ 、 左 足 を 少 し 前 多 く の 方 々 が 快 く 協 力 し て く れ 、 に 出 す ク 埼 玉 ポ ー ズ ク な る ポ ー ズ が 、 今 回 の プ ー ム に つ な が る か た ち と は も 回 と に わ か に 流 行 中 な の を み な さ ん は な っ た 。 「 動 画 の の た め だ っ た 今 と ご 存 じ だ ろ う か 。 埼 玉 県 出 身 の 有 ん で す が 、 ポ ー ズ だ け が 独 り 歩 き 名 人 た ち が こ の ポ ー ズ を し た 画 像 し て し ま い ( 笑 ) 。 : ・ 最 近 は 取 材 て す が ネ ッ ト に 出 回 っ た こ と を 契 機 に 、 の 対 応 な ど で 大 忙 し で す 」 と 、 プ テ レ ビ の 情 報 番 組 な ど で も 続 々 と ー ム に 驚 き を 隠 せ な い よ う す だ 。 た 取 り あ げ ら れ て 拡 散 。 今 で は 埼 玉 ホ る と 。 動 画 制 作 の た め に を 回 、 埼 を つ 県 民 以 外 の 人 も 、 写 真 を 撮 る 際 に 無 収 入 ・ 手 井 当 で 弃 走 = = 羹 も る 経 も 埼 玉 ポ ー ズ を と る ま で に な 「 て 〔 る の だ と い う 。 ク 埼 玉 ポ ー ズ ツ を 生 ん だ 動 画 『 そ 仕 掛 け 人 は 、 埼 玉 県 に 特 化 し た う だ 埼 玉 』 に は 、 埼 玉 県 内 の 企 業 埼 が 思 一 活 動 を 展 開 す る 鷺 谷 政 明 な る や 公 共 団 体 な ど に 属 す る 合 計 “ 人 き 人 物 。 埼 玉 県 上 尾 市 に 生 ま れ 育 ち 、 837 人 の 県 民 が 出 演 。 完 成 ま で り 」 し の け 熱 盛 撃 大 現 在 も 埼 玉 県 内 に 住 ん で い る 生 粋 に 約 間 カ 月 を 要 し た と い う カ 作 だ 。 に も の 埼 玉 っ 子 だ 。 も と も と 、 イ ン デ ィ ー ズ の 音 楽 レ 中 掛 の そ も そ も こ の ポ ー ズ は 、 鷺 谷 さ ん 1 ベ ル で プ ロ デ ュ ー サ ー を し て い わ を 思 た と い う 鷺 谷 さ ん 。 し か し 、 「 こ 人 の が 凵 年 に 制 作 し た 『 そ う だ 埼 玉 』 と 散 仕 へ い う 、 埼 玉 県 を す る 動 画 か ら よ り 、 さ ら に 大 き な も の を 売 り 出 近 掛 玉 生 ま れ た も の 。 地 元 ・ 埼 玉 の 企 業 な す 仕 事 が し た い 」 と 悶 々 と 考 え て 拡 の 土 最 仕 埼 ど で 働 く 人 た ち が リ レ ー 形 式 で 登 し る と き に 、 ネ ッ ト で 見 か け た の こ の こ そ に 場 し 、 ダ ン ス を 踊 る 動 画 で 、 ク 埼 玉 が 『 恋 す る フ ォ ー チ ュ ン ク ッ キ ー ポ ー ズ ツ は そ の 振 付 の 一 部 な の だ 神 奈 川 県 ・ 』 だ っ た 。 と い っ 「 こ れ を 埼 玉 県 で や っ た ら お も し ネ ッ ト 上 に 公 開 し た 『 そ う だ 埼 ろ い ん じ ゃ な い か と 思 っ た の が 、 第 武 蔵 野 銀 行 今 回 の テ ー マ 天 下 茶 夜 音 楽 プ ロ デ ュ ー サ ー と し て の 活 動 を 経 て 、 埼 玉 県 に 特 化 し た P 日 活 動 を 展 開 す る ク リ 工 イ テ イ プ エ ー ジ ェ ン シ ー 「 天 下 茶 夜 」 を 設 立 す る 。 最 も 尊 敬 す る 埼 玉 県 民 は 、 お 笑 い 芸 人 の 土 田 晃 之 さ ん 。

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


ア ン ケ - ト に ご 協 力 く だ さ い い た た き ま す の て 、 下 記 の ア ン ケ ー ト に お 答 え の 上 、 郵 送 ま た は フ ァ ク シ ミ リ で お 送 り く だ さ い 。 お 送 り い た だ い た 方 の 中 か ら 10 名 様 に 図 書 カ ー ド を 差 し 上 げ ま す ( 応 募 者 多 数 の 場 合 は 抽 選 ) 。 締 切 は 11 年 6 月 末 日 、 当 日 消 印 有 効 で す ( 当 選 者 の 発 表 は 賞 品 の 発 送 を も っ て 代 え さ せ て い た た き ま す ) 。 ー LL<>< 切 り 取 り 線 ・ 「 る る ぶ 埼 玉 川 越 鉄 道 博 物 館 ・ 11 』 を ご 購 入 い た た き 、 あ り が と う ご ざ い ま す 。 こ れ か ら よ り 楽 し く 充 実 し た 本 つ く り を し て い く た め の 参 考 に さ せ て 谷 役 に 立 っ た ( 役 に 立 た な か っ た ( ① P2-7 埼 玉 県 早 わ か り ・ 巻 頭 特 集 「 さ い た ま で ウ ワ サ の 主 役 級 ス ポ ッ ト ! 」 ② PI O- 1 9 : 大 宮 に 集 ま る お も し ろ ミ ュ ー ジ ア ム ? ! 3 P20-29 : 埼 玉 っ て 実 は 歴 史 の 街 が 多 い ! ? ④ P30-37 : 日 本 有 数 の ア ニ メ & マ ン ガ の 舞 台 ! ? ⑤ P38-43 : 埼 玉 は B 級 グ ル メ の 宝 庫 ! ? ⑥ P44-45 : お い し い う え に 有 名 な 埼 玉 プ ラ ン ド ! ? ② P46-49 : 行 田 に ア ツ イ 視 線 が 注 が れ て い る ! ? ⑧ P50-51 : 日 本 一 の 遊 具 も あ る ? 超 大 型 公 園 ! ? ⑩ P58-60 : 埼 玉 人 っ て ホ ン ト は 地 元 愛 が 激 強 い ! ? の P64-75 : 大 宮 タ ウ ン 特 集 朝 P76-83 : 浦 和 タ ウ ン 特 集 朝 P86-94 : 所 沢 タ ウ ン 特 集 朝 P96-98 : 川 口 朝 P 104-105 : 春 日 部 ・ 宮 代 ⑩ P 106-107 : 熊 谷 朝 P108-109 : 東 松 山 ⑩ P112-117 秩 父 特 集 2P118-121 : 長 瀞 特 集 3P123-127 交 通 ガ イ ド の 特 別 付 録 ① SA ・ PA 情 報 付 ! ド ラ イ ブ マ ッ プ & 川 越 お さ ん ほ マ ッ プ の 特 別 付 録 ② お 得 な 特 典 付 ! 埼 玉 お 出 か け ス ポ ッ ト 100 編 集 制 作 本 部 国 内 情 報 部 第 四 編 集 部 『 る る ぶ 埼 玉 川 越 鉄 道 博 物 館 ' 1 1 』 係 FAX 03-6888-7858 ど ち ら で 購 入 さ れ ま し た か 。 ま た 比 較 さ れ た 本 が あ れ ば 教 え て く だ さ い 。 男 ・ 女 歳 性 別 お 名 前 年 齢 ご 職 業 る る ぶ に つ い て 役 に 立 っ た 記 事 、 役 に 立 た な か っ た 記 事 を 教 え て く だ さ い 。 Q5 谷 析 り > > ー ロ ② 旅 行 先 に て ロ ① 地 元 に て ロ 3 比 較 し た 本 ( Q2 表 紙 に 対 す る ご 意 見 を お 願 い し ま す 。 Q3 る る ぶ を 選 ん で い た だ い た 理 由 を 教 え て く た さ い 。 ロ ① 楽 し そ う だ ロ ② 目 立 っ て い る ロ 3 こ ち や ご ち ゃ し て わ か り づ ら い ロ ④ そ の 他 ( ロ ① 表 紙 の デ サ イ ン が よ い ロ ② 表 紙 の キ ャ ッ チ コ ピ ー が い い ロ 3 本 の 値 段 が 手 ご ろ ロ ④ 掲 載 物 件 数 が 多 い ロ ⑤ 行 き た い 施 設 の 情 報 が 充 実 ( 施 設 名 : ロ ⑥ 行 き た い エ リ ア の 情 報 が 充 実 ( 工 リ ア 名 : ロ ② 写 真 が 多 い ロ 0 地 図 が わ か り や す い ロ ⑨ 宿 泊 情 報 が 充 実 ロ ⑩ 交 通 情 報 が 充 実 ロ の 新 し い 情 報 が 多 い ロ の 「 る る ぶ 」 を 信 用 し て い る ロ 朝 そ の 他 ( 地 図 に つ い て 改 良 し た ほ う が よ い 点 を 教 え て く だ さ い 。 Q4 使 っ て み て ご 不 満 だ っ た と こ ろ を 教 え て く た さ い 。 ー く く 谷 折 リ 谷 折 リ > > ー ロ ② 文 字 の 大 き さ ロ ④ 改 良 し な く て よ い ロ ① 色 ロ 3 目 印 物 件 の 数 ロ ⑤ そ の 他 ( ど ち ら に 行 か れ た か と 、 感 想 を 教 え て く た さ い 。 Q8 ど な た と 一 緒 に 行 き ま す ( 行 き ま し た ) か ? 今 回 の お で か け に つ い て Q7 ロ ① 掲 載 物 件 数 が 少 な い ロ ② 行 き た い 施 設 の 情 報 が 不 足 ( 施 設 名 : の 谷 ロ 3 行 き た い エ リ ア の 情 報 が 不 足 ④ ヒ 折 ( 工 リ ア 名 : ロ ④ 写 真 が 少 な い ロ 3 地 図 が わ か り づ ら い ロ ⑥ 宿 泊 情 報 が 不 足 ロ ② 交 通 情 報 が 不 足 ロ ① 新 し い 情 報 が 不 足 ロ ⑨ 不 満 は な い ロ ⑩ そ の 他 ( ェ リ ア ・ 施 設 名 感 想 ( の り し ろ ー ^ ^ 谷 折 り > > ロ ② 友 人 と ロ ④ 職 場 ・ 学 校 の 仲 間 と ロ ⑥ そ の 他 ( ロ ① 家 族 と ロ 3 恋 人 と ロ ⑤ 地 元 の 仲 間 と こ 意 見 、 こ 感 想 を 自 由 に お 書 き く だ さ い 。 - く く 谷 折 リ > > の り し ろ 131

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


・ ・ ・ 10 ・ 付 録 ② 2 鉄 道 博 物 館 小 林 ・ 風 布 み か ん 山 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 12 ・ ・ ・ 付 録 ② 9 荒 川 ラ イ ン 下 り 小 松 沢 レ ジ ャ ー 農 園 ・ ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 12 東 玉 人 形 の 博 物 館 出 雲 祝 神 社 ・ ・ ・ ・ 36 陶 芸 体 験 工 房 ト 隅 舎 」 ichigu-sha さ 埼 玉 県 こ ど も 動 物 自 然 公 園 井 上 ス パ イ ス 工 業 株 式 会 社 ・ ・ ・ 付 録 ② 4 ・ ・ ・ 付 録 ② 5 ・ ・ ・ 108 ・ 付 録 ② 6 ・ ・ ・ 付 録 ② 7 岩 槻 城 址 公 園 ・ ・ 付 録 ② 12 東 武 動 物 公 園 ・ ・ ・ ・ 1 図 ・ 付 録 ② 6 埼 玉 県 農 林 公 園 ・ ウ ォ ー ル ス ト リ ー ト 熊 谷 店 ・ ・ ・ 106 東 武 動 物 公 園 東 武 ス ー バ ー プ ー ル ・ ・ ・ 付 録 ② 14 埼 玉 県 立 川 の 博 物 館 ・ ・ ・ 付 録 ② 3 牛 島 の 藤 ( 藤 花 園 ) ・ ・ ・ ・ ・ 104 時 の 鐘 ・ う ら わ 美 術 館 ・ ・ 付 録 ② 2 埼 玉 県 立 近 代 美 術 館 ・ ・ ・ 22 ・ ・ ・ 83 所 沢 航 空 記 念 公 園 ・ ・ ・ 89 ・ 付 録 ② 7 埼 玉 県 立 自 然 の 博 物 館 FM NACK 5 ・ ・ 埼 玉 県 立 歴 史 と 民 俗 の 博 物 館 ・ ・ ・ 72 ・ 付 録 ② 2 所 沢 航 空 発 祥 記 念 館 大 宮 公 園 ・ ・ ・ 89 さ い た ま 市 宇 宙 劇 場 ・ ・ 野 老 澤 町 造 商 店 ~ ま ち ぞ う ~ ・ ・ 87 大 宮 盆 栽 美 術 館 ・ ・ ・ ・ 18 さ い た ま 市 青 少 年 宇 宙 科 学 館 ・ ・ ・ 19 ト ト ロ の 森 ・ ・ 小 川 町 和 紙 体 験 学 習 セ ン タ ー ・ ・ ・ 付 録 ② 5 ・ ・ ・ 35 な 中 川 や し お フ ラ ワ ー バ ー ク ・ ・ ・ 付 録 ② 10 さ い た ま 市 立 漫 画 会 館 ・ 奥 武 蔵 自 然 歩 道 ・ ・ ・ 付 録 ② 9 ・ ・ ・ 37 中 津 川 村 キ ャ ン プ 場 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 13 さ い た ま 水 上 公 園 ・ ・ ・ 付 録 ② 14 越 生 梅 林 ・ ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 10 ・ ・ ・ 付 録 ② 6 長 瀞 オ ー ト キ ャ ン プ 場 ・ ・ ・ 付 録 ② 13 か 舂 日 部 情 報 発 信 館 「 ぶ ら っ と か す か べ 」 さ い た ま 水 族 館 ネ イ チ ャ ー ・ ナ ビ ゲ ー タ ー ・ ・ 付 録 ② 8 さ い た ま ス ー バ ー ア リ ー ナ ・ ・ ・ 72 ・ 付 録 ② 2 ・ ・ ・ 34 埼 玉 ス タ ジ ア ム 2 〇 〇 2 ・ ・ ・ は 橋 立 鍾 乳 洞 加 須 は な さ き 水 上 公 園 ・ ・ ・ 付 録 ② 14 ・ ・ ・ 116 ・ ・ ・ 58 さ い た ま 緑 の 森 博 物 館 ハ タ ヤ の 稲 荷 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 8 ・ ・ ・ 93 ・ ・ ・ 36 カ ヌ ー テ ・ ・ ・ 付 録 ② 5 彩 の 国 ビ ジ ュ ア ル プ ラ ザ 東 秩 父 村 和 紙 の 里 株 式 会 社 イ ワ コ ー 付 録 ② 4 映 像 ミ ュ ー ジ ア ム ・ ・ ・ 98 ・ 付 録 ② 3 東 松 山 市 農 林 公 園 ・ ・ ・ 付 録 ② 12 ・ ・ ・ 109 釜 の 上 農 園 村 ・ 羊 山 公 園 芝 桜 の 丘 ・ ・ ・ 112 ・ 付 録 ② 10 さ き た ま 古 墳 公 園 川 口 市 立 ア ー ト ギ ャ ラ リ ー ・ ア ト リ ア 広 田 屋 人 形 付 録 ② 4 さ き た ま 史 跡 の 博 物 館 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 3 ・ ・ ・ 付 録 ② 3 ・ ・ 96 ・ 付 録 ② 3 狭 山 丘 陸 ・ 深 谷 シ ネ マ ・ ・ ・ ・ ・ 37 川 口 市 立 科 学 館 ・ ・ ・ 35 武 州 中 島 紺 屋 ・ ・ ・ 付 録 ② 5 狭 山 湖 川 越 商 工 会 議 所 ・ ・ ・ ・ ・ 93 ・ ・ ・ 21 不 老 川 ・ ・ ・ 狭 山 市 立 智 光 山 公 園 こ ど も 動 物 園 ・ ・ ・ 36 川 越 陣 カ 屋 ・ ・ ・ 21 ・ 付 録 ② 7 ホ テ ル 舂 日 部 工 ミ ナ ー ス 川 越 水 上 公 園 ・ ・ ・ ・ 51 ・ 付 録 ② 14 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 9 宝 登 山 神 社 川 越 ス ケ ー ト セ ン タ ー ・ ・ ・ 付 録 ② 9 狭 山 ス キ ー 場 ・ 付 録 ② 7 ・ ・ ・ 付 録 ② 10 ま み さ と 公 園 菖 蒲 神 社 ・ 川 越 総 鎮 守 氷 川 神 社 ・ ・ ・ 25 し ら こ ば と 水 上 公 園 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 14 水 子 貝 塚 公 園 川 越 ま つ り 会 館 ・ ・ ・ 22 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 12 美 園 い ち こ ラ ン ド ・ ・ 付 録 ② 12 鈴 木 人 形 ・ ・ ・ 75 観 光 北 田 園 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 10 美 の 山 公 園 ・ 付 録 ② 12 星 渓 園 観 光 梨 園 ・ 武 蔵 ー ノ 宮 氷 川 神 社 ・ ・ ・ 17 ・ 付 録 ② 4 清 香 園 喜 多 院 ・ ・ ・ ・ 25 毛 呂 山 町 ゆ ず の 里 オ ー ト キ ャ ン プ 場 西 武 園 ゆ う え ん ち ・ 北 本 市 子 供 公 園 ・ ・ ・ ・ ・ 93 ・ ・ ・ 51 付 録 ② 13 き ま ぐ れ ス タ ジ オ 美 水 か が み ギ ャ ラ リ ー 幸 手 西 武 ド ー ム ・ ・ ・ ・ 59 せ せ ら き キ ャ ン プ 場 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 13 モ ン ベ ル ・ ア ウ ト ド ア ・ チ ャ レ ン ジ 長 瀞 ・ ・ ・ 33 付 録 ② 9 仙 元 山 見 晴 ら し の 丘 公 園 ・ ・ ・ 付 録 ② 7 ・ ・ ・ 付 録 ② 5 き ま ま 工 房 木 楽 里 や 山 逢 の 里 キ ャ ン プ 場 ・ ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 13 草 加 煎 餅 ま る そ う 一 福 ・ ・ ・ 付 録 ② 4 行 田 市 郷 土 博 物 館 ・ ・ ・ ・ ・ 46 ヤ マ キ 醸 造 株 式 会 社 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 4 た 大 東 文 化 大 学 ビ ア ト リ ク ス ・ ボ タ ー TM 資 料 館 ・ ・ ・ 109 行 田 市 総 合 公 園 プ ー ル ・ ・ ・ 付 録 ② 14 や ま と ー あ ー と み ゆ ー じ あ む ・ ・ ・ 付 録 ② 3 足 袋 と く ら し の 博 物 館 ・ ・ ・ 付 録 ② 5 行 田 市 は に わ の 館 ・ ・ ・ ・ ・ 49 ・ 付 録 ② 12 秩 父 オ ー ト キ ャ ン プ 場 ・ ・ ・ 付 録 ② 13 陽 子 フ ァ ー ム 玉 蔵 院 ・ ・ ・ ・ 79 ・ ・ 付 録 ② 13 吉 田 兀 気 村 ・ ・ 秩 父 神 社 巾 着 田 ・ 付 録 ② 10 ・ ・ ・ 116 ヨ シ ダ デ ン キ ・ 秩 父 鉄 道 SL バ レ オ 工 ク ス プ レ ス ク ロ ス ケ の 家 ・ ・ ・ ・ ・ 35 ・ ・ ・ 112 ・ 付 録 ② ⅱ 吉 見 百 穴 ・ ・ ゲ ー セ ン ク レ ョ ン し ん ち ゃ ん よ し も と 遊 べ る 水 族 館 秩 父 鉄 道 長 瀞 ラ イ ン 下 り 嵐 を 呼 ぶ ブ リ ブ リ シ ネ マ ス タ ジ オ ・ ・ ・ 34 ・ ・ ・ 118 ~ ギ ョ ギ ョ ギ ョ ! バ ニ ッ ク ~ ・ ・ ・ 55 ・ 付 録 ② 7 秩 父 フ ル ー ツ フ ァ ー ム ・ ・ ・ 付 録 ② 12 ケ ニ ー ズ ・ フ ァ ミ リ ー ・ ビ レ ッ ジ ・ ・ ・ 付 録 ② 13 与 野 公 園 バ ラ 園 付 録 ② 10 秩 父 ま つ り 会 館 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 116 ・ 付 録 ② 3 ケ ヤ キ 並 木 ・ ・ ・ ・ 83 ら リ ト ル イ ン デ ィ ア ン ビ レ ッ ジ ・ ・ ・ 付 録 ② 13 秩 父 ミ ュ ー ズ バ ー ク ・ ・ 原 爆 の 図 丸 木 美 術 館 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 3 ・ ・ ・ 51 レ ン タ ル 着 物 美 々 庵 国 営 武 蔵 丘 陵 森 林 公 園 ・ ・ ・ 50 ・ 付 録 ② 7 秩 父 ミ ュ ー ズ バ ー ク ス ポ ー ツ の 森 ・ ・ ・ 付 録 ② 14 ・ ・ 付 録 ② 9 小 島 農 園 工 房 ま き こ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 5 町 営 城 峯 公 園 キ ャ ン プ 場 ・ ・ ・ 付 録 ② 13 ロ ッ ク ク ラ フ ト 川 越 ・ ・ ・ 付 録 ② 5 古 代 蓮 の 里 付 録 ② 10 調 神 社 ロ ッ テ 狭 山 工 場 ・ ・ ・ 82 ー チ ェ ッ ク ・ イ ベ ン ト ・ 複 鴿 設 あ イ オ ン モ ー ル 川 口 キ ャ ラ イ オ ン レ イ ク タ ウ ン ・ ・ ・ ・ ・ 56 IKEA 新 三 郷 浦 和 コ ル ソ ・ ・ 浦 和 宿 ふ る さ と 市 ・ る 浦 和 バ ル コ ・ ・ ec ute 大 宮 る 大 宮 ア ル シ ェ ・ ・ 小 川 町 七 夕 ま つ り ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 11 か コ ス ト コ 新 三 郷 ・ ・ ・ ・ 54 さ さ い た ま 市 花 火 大 会 ・ ・ ・ ・ 付 録 ② 11 ジ ョ ン ソ ン タ ウ ン ・ ・ ・ ・ ・ 36 新 三 郷 ら ら シ テ ィ ・ ・ ・ ・ ・ 54 越 た 第 26 回 南 越 谷 阿 波 踊 り ・ ・ ・ 付 録 ② 1 1 鉄 秩 父 夜 祭 ・ ・ ・ 113 ・ 付 録 ② 11 道 ・ ・ 付 録 ② 1 1 な 長 瀞 船 玉 ま つ り ・ 長 瀞 古 沢 園 は Pasa 「 羽 生 ・ ・ ・ 付 録 ① 5 物 Pasa 「 三 芳 ・ ・ ・ 付 録 ① 4 ・ ・ ・ 付 録 ② 11 初 大 師 だ る ま 市 ・ ま 道 の 駅 ア グ リ バ ー ク ゆ め す ぎ と ・ ・ ・ 付 録 ① 16 ・ ・ ・ 付 録 ① 16 道 の 駅 あ ら か わ 道 の 駅 い ち こ の 里 よ し み ・ ・ ・ 付 録 ① 16 ・ ・ ・ 付 録 ① 16 道 の 駅 大 滝 温 泉 付 録 ① 16 道 の 駅 お か べ ・ ・ ・ 付 録 ① 16 道 の 駅 お が わ ま ち 道 の 駅 果 樹 公 園 あ し が く ぼ ・ ・ ・ 付 録 ① 16 道 の 駅 川 口 ・ あ ん ぎ よ う ・ ・ ・ 付 録 ① 16 ・ 付 録 ① 16 道 の 駅 か わ も と ・ ・ ・ 付 録 ① 16 道 の 駅 き た か わ べ 道 の 駅 庄 和 ・ 付 録 ① 16 ・ ・ ・ 付 録 ① 16 道 の 駅 ち ち ぶ 道 の 駅 童 謡 の ふ る 里 お お と ね ・ ・ ・ 付 録 ① 16 ・ ・ ・ 付 録 ① 16 道 の 駅 は な ぞ の ・ ・ ・ 付 録 ① 16 道 の 駅 は に ゆ う 道 の 駅 め ぬ ま ・ ・ ・ 付 録 ① 16 道 の 駅 龍 勢 会 館 ・ 付 録 ① 16 道 の 駅 両 神 温 泉 薬 師 の 湯 ・ ・ ・ 付 録 ① 16 三 井 ア ウ ト レ ッ ト バ ー ク 入 間 ・ ・ ・ 52 付 録 ② 1 1 や 寄 居 北 條 ま つ り ・ ・ ・ 付 録 ① 2 寄 居 星 の 王 子 さ ま PA ら ら ら ぼ 一 と 新 三 郷 ・ ・ ・ 55 衂 気 見 る ・ 遊 ふ あ ア ク ア バ ラ ダ イ ス パ テ ィ オ ・ ・ ・ 付 録 ② 14 あ け ぼ の 子 ど も の 森 公 園 ・ ・ ・ 51 ・ 付 録 ② 7 あ し が く ほ 渓 谷 国 際 釣 場 ・ ・ ・ 付 録 ② 9 1 さ く い ん ・ ・ 65 ・ ・ 48 ・ ・ ・ 106 129

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


( マ 尊 ャ ヤ ャ ヤ ャ 学 ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ や ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ や ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ ャ ヤ コ コ も 楽 し い を 0 言 ー 第 た 一 ◆ 実 物 車 両 が ズ ラ リ と ぷ 鉄 道 博 物 館 メ イ ン の 展 示 ス ペ ー 大 迫 力 の 展 示 ス ペ ー ス ス 。 日 本 の 鉄 道 が ス タ ー ト し た 時 期 か ら 現 代 ま で の 、 実 物 の 鉄 道 車 両 36 両 が 展 示 さ れ て い る 。 内 最 大 級 の ア リ ー ナ と し て 、 音 楽 、 ス ホ ー ツ 、 見 本 市 な ど の 大 型 イ ベ ン ト を 開 催 。 敷 屋 根 に は 太 陽 光 / ヾ ネ ル が あ る 地 内 に は 多 数 の レ ス ト ラ ン や シ ョ ッ プ が あ り 、 イ ベ ン ト の な い 4 歳 ~ 中 学 生 400 円 日 で も 賑 わ い を 見 せ る 。 注 目 は ※ 開 催 は 不 定 期 、 HP 、 - 電 話 で 月 に 数 回 不 定 期 開 催 さ れ る 、 ア 事 前 に 第 確 認 リ ー ナ ツ ア ー 。 普 段 は 立 ち 入 れ な い エ リ ア が 見 学 で き る と 好 評 時 ペ ー ジ を チ ェ ッ ク し よ う 。 谷 048-65 ト 0088 MAPP84A1 や オ ー プ ン 以 来 多 く の 人 を 魅 了 す る 鉄 道 の 魅 力 を 満 喫 で き る 博 物 館 0 年 の 鉄 道 の 日 に 開 館 し : 2009 年 10 月 に は 初 代 0 系 て 以 来 、 多 く の 人 に 鉄 ( 車 号 21-2 ) 新 幹 線 電 車 の 展 道 の 魅 力 を 伝 え 続 け て い る 示 公 開 ス タ ー ト 。 2010 年 4 月 博 物 館 。 日 本 中 、 熱 狂 的 な 鉄 か ら は 運 転 士 体 験 教 室 な ど 道 フ ァ ン も 増 え 、 小 さ な 子 供 が 始 ま る な ど 、 次 々 と 新 企 画 か ら 若 い 女 性 、 年 配 者 ま で と も 展 開 。 い つ 行 っ て も 楽 し め 幅 広 い 層 に 支 持 さ れ て い る 。 る 鉄 道 の 聖 地 だ 。 一 、 。 3 歳 以 下 未 就 学 児 200 円 料 金 あ そ ぶ 時 間 の 目 安 0 さ い た ま 市 大 宮 区 大 成 町 3-47 朝 」 R 大 宮 駅 か ら 埼 玉 新 都 市 交 通 ニ ュ ー シ ャ ト ル に 乗 り 換 え 3 分 、 鉄 道 博 物 館 駅 下 車 す ぐ の 10 ~ 18 時 ( 入 館 は ~ 17 時 30 分 ) の 火 曜 ( 学 校 の 長 期 休 鰕 中 は 開 館 の 場 合 あ り ) 0 あ り 最 大 の 魅 力 は 、 実 車 両 を 匡 プ ロ の 運 転 士 養 成 の た め レ ー ル の 長 さ は 1400m 。 、 ニ 車 両 に 乗 り 、 1 周 300 間 近 に 見 ら れ る こ と ! 大 き さ で 換 算 す る と 長 さ m の 軌 道 を 運 転 。 信 号 に の 訓 練 設 備 を 体 験 で き る 。 従 い 、 ゴ ー & ス ト ッ プ を 体 約 1 OOkm と 日 本 最 大 級 。 200 系 の 先 頭 車 。 東 北 ・ 上 越 が 上 が る 。 こ の 精 巧 さ は 必 見 ! 験 す る 。 新 幹 線 で 新 製 さ れ た 谷 048-82 み 3215 一 を 運 転 士 体 験 教 室 ジ オ ラ マ 丸 い 鼻 が か わ い ら し い ! 初 級 、 中 級 、 上 級 と 難 易 度 谷 048-60 ト 1 122 MAPP85A4 MAPP85C3 る る ぶ 持 参 て ー な ・ さ い た ま ・ う ら わ び じ ゅ 入 館 料 を グ ル ー プ 全 員 通 常 の 80 % に ! 条 件 : 特 に な し 有 効 期 間 : 2010 年 7 月 28 日 和 セ ン チ ュ リ ー シ テ ィ 3 階 に あ ~ 201 1 年 3 月 31 日 - る 都 市 型 美 術 館 。 企 画 展 を 開 催 す る ほ か 、 さ い た ま 市 に ゆ か り の あ る 作 家 作 品 、 装 丁 な ど に 美 術 的 な 価 値 の あ る 本 の ア ー ト な ど を 収 集 。 広 々 と し た 展 示 室 で 鑑 賞 を 企 画 展 に よ り 異 な る 埼 玉 を 代 表 す る 多 目 的 施 設 、 の 内 部 を 探 検 し て み よ う 本 に ま つ わ る ア ー ト を 楽 し む 0 0 あ そ ぶ 時 間 の 目 安 0 さ い た ま 市 浦 和 区 仲 町 2 ー 5-1 浦 和 セ ン チ ュ リ ー シ テ ィ 3F 劇 R 浦 和 駅 か ら 徒 歩 7 分 の 10 ~ 17 時 ( 土 ・ 日 曜 は ~ 20 時 、 入 館 は 閉 館 の 30 分 前 ま で ) の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 0 有 料 258 台 ( 30 分 ご と に 200 円 ) : 約 ー 時 間 0 さ い た ま 市 中 央 区 新 都 心 8 ・ 」 R さ い た ま 新 都 心 駅 か ら 徒 歩 3 分 の イ ベ ン ト に よ り 異 な る の 不 定 休 0 有 料 駐 車 場 約 500 台 あ そ ぶ 時 間 の 目 安 埼 玉 県 に は 、 こ こ に し か な い 貴 重 な 施 設 や ミ ュ ー ジ ア ム が た く さ ん 。 奧 深 い 歴 史 を 学 ん た り 、 体 験 メ ニ ュ ー を 楽 し ん だ り と 遊 び 方 も い ろ い ろ 。 チ さ い た ま 市 伏 宮 ) / 埼 玉 中 央 1 = 埼 玉 県 立 歴 史 と 民 俗 の 博 物 館 MAPP84B1 048-645-8171 る る ぶ 持 参 て ・ さ い た ま け つ れ き し ア リ ー ナ ツ ア ー 代 金 を グ ル ー プ 全 員 100 円 引 き ! 条 件 : ほ か の 特 典 と の 併 用 不 可 有 効 期 間 : 2010 年 7 月 28 日 ~ 201 1 年 6 月 末 日 の ツ ア ー 開 催 日 ス タ ッ フ ォ ン リ ー の 工 リ ア も 見 学 で き る 楽 屋 、 ロ ッ カ ー 室 な ど 、 出 演 者 や 選 手 が 使 用 す = 霽 る エ リ ア か ら 、 VIP ル ー ム ま で を 見 学 す る こ と が で き る 。 飲 食 施 設 な し 入 館 料 を グ ル ー プ 全 員 100 円 引 き ! 条 件 . 1 グ ル ー プ 4 名 ま で 有 効 期 間 : 2010 年 7 月 28 日 ~ 2010 年 1 1 月 14 日 埼 玉 の 歴 史 を 体 感 し よ う 土 の 歴 史 、 文 化 と ふ れ 合 え る 博 物 館 。 縄 文 ~ 明 治 時 代 の 衣 装 の 着 付 け や ペ ー パ ー ク ラ フ ト に 女 よ る 短 刀 作 り な ど を 体 験 で き る 。 あ そ ぶ 時 間 の 目 安 0 さ い た ま 市 大 宮 区 高 鼻 町 4-219 朝 東 武 野 田 線 大 宮 公 園 駅 か ら 徒 歩 5 分 の 9 時 ~ 16 時 30 分 ( 入 館 は ~ 16 時 、 7 ~ 8 月 は ~ 1 7 時 、 入 館 は ~ 16 時 30 分 ) の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 開 館 ) 020 台 緑 豊 か な 大 宮 公 園 内 に あ る 常 設 展 300 円 特 別 展 , 企 画 展 は 別 途 ー 体 験 施 設 あ り 売 店 な し 約 分 30 付 録 2 体 験 施 設 な し 飲 食 施 設 あ り 売 店 あ り

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


電 。 交 通 ガ イ ド 埼 玉 県 の は 、 大 宮 を む と し て 各 方 面 に 広 が る 。 大 宮 へ は 東 京 、 予 方 面 か ら JR 高 崎 線 ・ 一 と 京 浜 東 ゴ が 、 ま た 新 宿 埼 玉 の 鉄 道 各 線 方 面 か ら 埼 京 線 ・ 湘 南 新 宿 ラ イ ン が 走 っ て し 。 こ の ほ か 漢 草 か ら の 東 武 伊 繼 ・ 日 泉 、 : か ら の 東 武 東 上 線 と 西 也 、 新 宿 か ら の 西 が 放 射 状 に 延 び て お り 、 そ れ ら を 簪 よ う に 、 東 西 に JR 盟 と 川 、 東 予 田 線 、 秩 父 が 走 っ て い る 。 西 武 新 宿 線 西 武 狭 山 線 JR 八 高 線 武 池 袋 線 ・ 西 武 秩 父 線 西 小 東 芦 横 入 西 行 所 手 飯 ケ 瀬 武 沢 指 市 能 久 秩 能 を 境 に し て 、 特 急 以 外 は 乗 り 換 え に な る 。 日 中 は 快 速 急 行 が 60 分 ご と 、 、 尺 か ら 各 駅 に 停 ま る 急 行 が 、 ご と 、 飯 能 ・ ラ き の 準 急 が 分 ご 29 △ 99 △ 104 △ 108 360 680 720 750 △ = 飯 能 乗 換 え 武 新 宿 線 斤 宿 と 本 川 越 を 結 噺 宿 線 は 、 高 田 馬 場 で J 日 山 手 線 と 接 続 し て い る 。 日 中 は 主 要 駅 停 車 の 快 速 急 行 が 60 分 ご と 、 田 無 か ら 各 駅 に 停 車 す る 急 船 ~ 横 浜 ~ 東 京 ~ 赤 羽 ~ 浦 和 ~ 大 宮 を 、 各 駅 停 車 で 結 ぶ 。 日 中 は 山 手 線 と 並 行 す る 日 ~ 田 端 で 一 云 を 行 い 、 新 橋 ・ 有 翹 J 神 田 ・ 御 徒 町 ・ 鶯 谷 ・ 日 暮 里 ・ 西 日 暮 里 に は 停 7 所 要 ( 分 ) 車 し な い 。 東 京 か ら は 日 中 5 分 こ と に 、 大 宮 行 運 賃 ( 円 ) 150 と 南 ラ 献 ラ カ 咬 互 に 走 る 。 R 埼 京 線 ・ 川 越 線 崎 か ら 山 手 線 と ラ し て 、 恵 比 寿 ・ 渋 谷 ・ 新 宿 ・ 池 袋 に 停 車 し 、 赤 羽 ・ 大 宮 を 通 り 快 川 越 に 向 か う 。 大 崎 か ら は 新 木 場 ま で 、 り ん か い 線 に 乗 入 れ て い て 、 日 中 の 快 速 は 新 ~ 川 各 駅 停 車 5 所 要 ( 分 ) 越 を 分 ご と に 運 転 。 各 駅 停 車 は 新 宿 ~ 大 宮 を 快 速 所 要 ( 分 ) 5 1 時 間 に 4 ~ 5 本 走 る 。 運 貨 ( 円 ) 150 210 高 崎 線 ( 湘 南 新 宿 ラ イ ン ) 車 編 0 崎 線 は 、 上 野 始 発 で 尾 久 ・ 赤 羽 ・ 浦 和 ・ さ い た ま 新 者 乢 、 に 停 車 し 、 大 宮 か ら 熊 谷 本 庄 を へ て 高 崎 に 向 か う 。 日 中 は 籠 原 ま で は 15 横 分 ご と に 運 転 さ れ て い る 。 湘 南 新 宿 ラ イ ン は 小 田 原 ~ 横 浜 ~ 新 宿 ~ 高 崎 を 快 特 別 快 速 が 、 平 塚 ~ 横 浜 ~ 新 宿 ~ 籠 原 を 快 速 が 分 ご と に 交 互 に 走 る 。 湘 南 新 宿 ラ イ ン は 、 浦 30 所 要 ( 分 ) 運 賃 ( 円 ) 540 620 和 と さ い た ま 新 こ 、 は 通 過 す る の で 注 意 。 宇 都 宮 線 ( 湘 南 新 宿 ラ イ ン ) 都 宮 線 は 、 上 野 始 発 で 尾 久 ・ 赤 羽 ・ ラ ・ さ い た ま 新 こ 、 に 停 車 し 、 大 宮 か ら 久 喜 ・ 34 39 所 要 ( 分 ) 890 890 武 伊 勢 崎 線 ・ 日 光 線 JR 武 蔵 野 線 東 武 野 田 線 曳 北 草 新 越 せ 草 発 は 、 日 中 が 区 間 準 急 の 久 喜 行 が 20 分 ・ 谷 ん 区 舟 千 加 越 住 谷 ご と 、 夕 方 は 区 間 急 行 の 館 木 ラ か 太 田 行 き ん 準 台 急 47 400 武 東 上 線 JR 川 越 線 坂 越 東 越 川 鶴 袋 ~ 寄 居 の 画 宙 は な く 、 小 川 町 で 全 て 乗 り % 越 ケ 戸 生 武 生 市 島 換 え 。 小 川 ラ か 森 林 公 ラ き の 急 行 は 日 中 15 分 ご と で 、 川 越 か ら は 各 駅 に 停 ま る 。 川 越 市 行 き の 準 急 も 15 分 ご と に 運 転 。 地 下 鉄 有 楽 町 線 、 1 3 所 要 ( 分 ) 運 貨 ( 円 ) 240 晶 睹 阮 、 ら 電 車 は 一 か ら 乗 り 入 れ る 。 所 沢 秩 父 鉄 道 0 西 0 行 0 終 電 情 報 池 袋 発 準 急 飯 能 行 き 0 : 08 池 袋 発 準 急 小 手 指 行 き 0 : 44 △ 56 480 47 狭 山 市 線 Ⅷ 一 池 新 所 沢 線 写 一 手 東 村 山 高 田 馬 場 急 行 450 終 電 情 報 本 西 武 新 宿 発 川 準 急 ・ 本 川 越 行 き 越 23 : 58 西 武 新 宿 発 準 急 ・ 新 所 沢 行 き 0 : 44 西 武 新 宿 49 36 42 360 360 J 日 武 蔵 野 線 3 所 要 ( 分 ) 運 貨 ( 円 ) 140 上 赤 川 西 蕨 南 ロ 川 浦 野 羽 和 ロ 480 420 330 埼 玉 新 都 市 交 通 東 武 野 田 線 JR 高 崎 線 ・ 宇 都 宮 線 ・ 川 越 線 終 情 報 東 京 発 大 宮 行 き 0 : 23 上 野 発 大 宮 行 き 0 : 30 さ い た ま 新 都 心 4 与 野 北 浦 和 東 京 42 450 40 38 380 36 32 290 29 290 27 290 24 450 380 210 JR 川 越 線 東 武 東 上 線 北 与 野 与 野 本 町 南 与 野 線 野 武 中 浦 和 武 蔵 浦 和 北 戸 田 戸 田 戸 田 公 園 浮 間 舟 渡 北 赤 羽 赤 羽 池 袋 南 古 谷 指 扇 西 大 宮 日 進 終 電 情 報 新 宿 発 川 越 行 き 23 : 55 池 袋 発 川 越 行 き 0 : 00 56 50 50 43 41 43 34 28 450 32 29 27 24 24 20 450 650 650 570 秩 父 鉄 道 深 本 高 籠 谷 庄 崎 原 570 450 380 380 380 290 290 290 210 210 終 電 情 報 上 野 発 高 崎 行 き 23 : 46 新 宿 発 籠 原 行 き 23 : 33 池 袋 発 籠 原 行 き 23 : 40 新 さ 都 い 心 た ま 上 桶 北 鴻 行 尾 川 本 巣 田 赤 池 袋 102 1890 3 83 1450 75 1280 70 1 1 1 0 96 1890 64 1 1 10 90 1620 60 49 820 78 1280 45 740 74 1280 40 650 35 23 450 10 所 要 ( 分 ) 運 賃 ( 円 ) 160 45 690 950 570 450 380 1890 67 1 1 10 1280 1450 東 武 伊 勢 崎 線 東 武 日 光 線 蓮 白 栗 古 小 宇 久 井 宮 58 35 2210 1890 890 890 890 終 電 情 報 上 野 発 宇 都 宮 行 き 23 : 38 新 宿 発 小 金 井 行 き 23 : 00 ー 池 袋 発 小 金 井 行 き 23 : 06 新 さ 都 い 心 た ま 赤 羽 0 由 東 0 。 下 東 0 池 袋 108 83 1450 1890 40 650 乃 1280 98 1890 55 46 820 76 1280 1 1 1 0 1620 1280 東 武 日 光 線 JR 宇 都 宮 線 秩 父 鉄 道 東 久 羽 館 動 喜 生 林 物 園 36 650 69 目 10 25 23 450 380 所 要 ( 分 ) 10 運 貨 ( 円 ) 160 50 690 124 950 450 2210 1450 890 終 電 情 報 北 千 住 発 急 行 ・ 南 栗 橋 行 き 0 : 02 北 千 住 発 区 間 準 急 ・ 北 春 日 部 行 き 0 : 39 北 千 住 発 普 通 ・ 北 越 谷 行 き 0 : 40 春 日 部 △ 112 860 73 △ 103 630 780 △ = 久 喜 乗 換 え JR 八 高 線 JR 八 高 線 森 小 寄 林 川 公 町 園 57 500 34 32 350 ふ じ み 野 線 野 4 一 蔵 志 木 朝 霞 台 和 光 市 急 行 570 350 秩 父 鉄 道 JR 八 高 線 終 電 情 報 池 袋 発 急 行 小 川 町 行 き 23 : 00 池 袋 発 準 急 森 林 公 園 行 き 23 : 48 池 袋 発 準 急 川 越 市 行 き 0 : 44 東 松 山 △ = 坂 戸 乗 換 え 44 △ 67 △ 92 △ = 小 川 町 350 450 5 / 0 / 00 630 80q 乗 換 え ※ 上 記 の 終 電 情 報 は 2010 年 5 月 現 在 の 「 平 日 ダ イ ヤ 」 の も の で す 。 土 曜 ・ 休 日 に こ 利 用 の 際 は ご 注 意 下 さ い 。 70 780 57 700 39 500 30 450 25 300 300 54 123

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


、 - 0 1 ( 価 ・ 田 に ア ッ い 視 線 、 注 が れ て い る " つ ま る は カ や ま こ ふ ん 丸 墓 山 古 墳 国 内 最 大 の 円 墳 で 、 直 105m 。 高 さ は 19m と 、 園 内 の 古 墳 で 最 も 、 。 6 世 紀 前 半 の 築 造 。 い な り や ま こ ふ ん 稲 荷 山 古 墳 5 世 紀 後 半 こ ろ に 築 造 た 、 全 長 120m の 前 頂 上 か ら は 行 田 の ? 後 円 墳 。 出 土 品 は 国 街 が 眺 め ら れ る 指 定 さ れ て い ゑ を 、 、 ~ ー ー 、 一 - ・ - 。 ノ 関 東 最 大 級 の 古 墳 群 が 眠 る 公 園 誦 至 し た 国 宝 を 展 示 ・ さ き た ま し せ き の は く ぶ つ か ん 表 0 行 田 市 埼 玉 4834 に 004 & 559- 川 1 0P47 ( 2 朝 JR 行 田 駅 か ら 市 内 循 環 文 き た ま 古 墳 公 園 内 に 立 つ 博 物 バ ス 西 循 環 コ ー ス 左 回 り で が 」 館 。 稲 荷 山 古 墳 か ら 出 土 し 、 国 15 分 、 埼 玉 古 墳 公 園 下 車 す ま 宝 に 指 定 さ れ た 釜 語 鉄 薊 や 帯 金 ぐ 朝 入 館 大 人 200 円 、 高 校 生 ・ 学 生 100 円 、 小 ・ 中 学 生 ・ て 具 な ど を は じ め と し た 、 さ き た ま 古 65 歳 以 上 無 料 朝 9 時 ~ 16 墳 群 ゆ か り の 品 々 を 展 示 。 る 時 30 分 ( 7 ~ 8 月 は ~ 1 7 考 古 資 料 を 中 心 と し 時 、 入 館 は 閉 館 の 30 分 前 ま 県 内 の 小 学 生 も 数 多 く 見 学 に , 金 錯 銘 鉄 剣 た 特 別 展 示 を 行 う 企 で ) の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 開 訪 れ て い る 。 さ き た ま 古 墳 公 園 画 展 示 室 も 。 き ん さ く め い て つ け ん 館 ) 0300 台 と セ ッ ト で 見 学 し た い 埼 玉 県 内 古 代 ロ マ ン ス ポ ッ ト 古 代 史 の 宝 庫 と し て 、 全 国 に そ の 名 を と ど ろ か せ る 行 田 。 古 墳 見 学 や ハ ニ ワ 作 り 体 験 を 通 し て 、 埼 玉 県 の ル ー ツ に ぶ れ る ロ マ ン の 旅 を 楽 し ん で み よ う ! 。 、 ご 、 キ ン し よ う ぐ ん や ま こ ふ ん 将 軍 山 古 墳 6 世 紀 後 半 築 造 の 前 後 円 墳 。 内 部 に 、 出 品 や 横 穴 式 石 室 を 見 学 で き る 、 展 示 館 が 設 さ れ て 、 る . さ き た ま 古 墳 公 園 さ き た ま 史 跡 の 博 物 館 ・ さ を ~ 004 & 559- 川 1 ( さ き た ま 史 跡 の 博 物 館 ) P47 ( 2 世 紀 後 半 ~ 7 世 紀 初 め に 築 造 さ れ 5 た 、 大 小 9 つ の 古 墳 を 内 包 す る 。 古 墳 の 周 囲 に は 芝 生 が 広 が り 、 春 に は 桜 、 初 夏 に は 菖 蒲 が 見 頃 を 迎 え る な ど 、 緑 豊 か な 癒 や し の 場 と し て も 人 気 た 。 0 行 田 市 埼 玉 4834 の JR 行 田 駅 か ら 市 内 循 環 バ ス 西 循 環 コ ー ス 左 回 り で 1 5 分 、 埼 玉 古 墳 公 園 下 車 す ぐ ー 見 学 自 由 0300 台 国 宝 竪 穴 式 住 居 を 復 元 し 、 園 内 の 芝 生 広 場 に 設 置 0 富 士 見 市 水 子 2003-1 東 武 鉄 道 み す ほ 台 駅 か ら 徒 歩 1 5 分 朝 入 園 無 料 の 9 ~ 1 8 時 ( 1 0 ~ 3 月 は ~ 1 7 時 ) の 無 休 048 台 0 吉 見 町 北 吉 見 327 の 東 武 鉄 道 東 松 山 ・ 04 5 駅 か ら 川 越 観 光 バ ス 鴻 巣 免 許 セ ン タ ー 行 古 代 人 の 集 合 募 地 か 見 学 で き る き で 6 分 、 百 穴 入 口 下 車 、 徒 歩 5 分 朝 入 場 大 人 300 円 、 小 学 生 以 下 200 円 墳 時 代 末 期 の 横 穴 古 墳 群 で 、 か っ 朝 8 時 30 分 ~ 17 時 の 無 休 0370 台 て 内 部 に は 遺 体 が 納 め ら れ て い た 。 219 個 の 横 穴 墓 が 現 存 し て お り 、 国 の 史 跡 に も 指 定 さ れ て い る 。 出 土 品 の 一 部 を 売 店 「 発 掘 の 家 」 で 展 示 。 0 ミ ス テ リ ア ス な 景 観 。 住 居 跡 の 説 も あ っ た 吉 見 百 穴 水 子 貝 塚 公 園 こ ん ー み う 縄 文 時 代 に タ イ ム ス リ ッ プ で き る 富 士 見 市 ・ よ し み ひ や つ け つ ・ 049- 1-9686 地 で 発 見 さ れ た 貝 塚 を 保 存 す る 戦 時 中 、 地 下 軍 需 工 場 と し て た め に 、 整 備 さ れ た 公 園 。 園 内 に 使 用 さ れ た 跡 も は 、 市 内 の 遺 跡 か ら 出 土 し た 考 古 資 料 ① 内 部 に は 天 然 を 展 示 す る 資 料 館 も あ る 。 縄 文 時 代 の 記 念 物 の ヒ カ リ 人 々 の 暮 ら し に 思 い を 馳 せ て み よ う 。 ゴ ケ が 自 生 す る m 叩 48 1 ,

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


当 社 は 皆 様 か ら お 預 か り し た 個 人 情 報 を プ レ ゼ ン ト の 抽 選 お よ び 発 送 の た め 利 用 い た し ま す 。 ま た 、 性 別 ・ 年 齢 等 の デ ー タ お よ び ア ン ケ ー ト 回 答 は 個 人 を 特 定 し な い マ ー ケ テ ィ ン グ デ ー タ と し て 集 計 し 、 誌 面 改 善 の た め に 利 用 い た し ま す 。 当 社 は お 預 か り し た 個 人 情 報 を ご 本 人 の 同 意 な く 第 三 者 に 提 供 い た し ま せ ん 。 当 社 が 保 管 す る 個 人 情 報 に 関 す る お 問 合 せ は 下 記 ま で こ 連 絡 く だ さ い 。 個 人 情 報 保 護 管 理 責 任 者 株 式 会 社 」 TB バ ブ リ ッ シ ン グ 総 務 部 長 電 話 番 号 / 03-6888-7811 受 付 時 間 / 月 ~ 金 ( 祝 日 ・ 年 末 年 始 を 除 く ) の 10 : 30 ~ 1 8 : 00 当 社 の 個 人 情 報 の 取 扱 い に つ い て の 詳 細 は 、 http://www.jtbpublishing.8記 を ご 覧 く だ さ い 。 - く く 山 折 り > > の り し ろ の り し ろ の り し ろ - く く 山 折 リ > > 〒 162-8446 東 京 都 新 宿 区 払 方 町 25-5 JTB バ ブ リ ッ シ ン グ 編 集 制 作 本 部 国 内 情 報 部 第 四 編 集 部 る る ぶ 埼 玉 川 越 鉄 道 博 物 館 ・ 11 』 係 お そ れ い り ま す が 80 円 切 手 を お 貼 り く だ さ い ^ ^ 山 折 リ > > - く く 山 折 り > > 132

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


{ 更 JR で 東 京 や 千 葉 、 神 奈 川 か ら 千 葉 や 横 浜 な ど 近 県 か ら お 得 な き つ ぶ 。 東 京 方 面 か ら 、 埼 玉 な 県 内 の 高 崎 線 熊 谷 、 宇 都 宮 線 小 山 、 川 越 線 全 線 、 八 高 線 高 麗 川 ま で の J 日 線 普 通 ・ 快 速 電 車 が 1 日 乗 り 放 題 で 、 2300 円 。 っ 川 越 の ト ク ト ク き っ ふ 東 武 バ ス ウ 工 ス ト の 小 江 戸 名 所 め ぐ り バ ス と 路 線 バ ス ( 市 内 を 指 定 区 間 ) が 利 用 で き 300 円 。 こ れ に 、 東 武 東 上 線 各 駅 か ら 各 川 越 駅 ま で の 往 復 割 引 乗 車 券 を セ ッ ト し た 「 小 江 戸 川 越 ク ー ポ ン 」 は 池 袋 か ら 980 円 。 社 で 川 越 の 観 光 地 を 巡 る イ ー グ ル バ ス の 巡 回 バ ス が 乗 り 降 り 自 由 で 500 円 。 西 武 線 各 駅 か ら は 本 川 越 駅 ま で の 往 復 乗 車 券 を セ ッ ト し た 「 小 江 戸 ・ 川 越 フ リ ー ク ー ポ ン 」 が あ り 、 西 武 新 宿 宀 駅 か ら 1280 円 、 西 武 池 袋 駅 か ら 1220 円 。 秩 父 の ト ク ト ク き っ ふ 秩 父 周 辺 の 西 武 鉄 道 ( 芦 ケ 久 保 ~ 西 武 秩 父 ) 、 秩 父 鉄 道 ( 野 上 ~ 三 峰 ロ ) の フ リ ー 乗 車 券 に 、 西 首 各 駅 か ら 窈 主 復 ( 10 % 割 引 ) を セ ッ ト 。 ロ ー プ ウ ェ イ な ど の 割 引 も あ る 。 2 日 間 有 効 で 、 西 武 池 袋 駅 か ら 2260 円 、 西 武 新 宿 駅 か ら 2260 円 な ど 。 第 西 武 鉄 道 各 駅 か ら 西 武 秩 父 駅 ま で の 往 復 乗 車 券 に 高 麗 ~ 西 武 秩 父 が 2 日 間 乗 り 降 り 自 由 と 、 レ ン タ カ ー の 特 別 割 引 、 バ ス の 2 日 間 フ リ ー バ ス 、 西 武 秩 父 仲 見 世 通 り の 買 物 ・ 食 事 の 、 い ず れ か が 利 用 で き る 「 漫 遊 ま る 得 ク ー ポ ン 券 」 が セ ッ ト に な っ た き つ ぶ 。 秩 父 の 施 設 ・ 店 舗 な ど の 割 引 も あ る 。 2 日 間 有 効 で 、 西 武 池 袋 駅 か ら 1820 円 、 西 武 新 宿 駅 か ら 1820 円 な ど 。 秩 父 鉄 道 全 線 が 1 日 乗 り 放 題 で 、 1400 円 。 土 ・ 日 曜 、 祝 日 と 7 / 20 ~ 8 / 31 、 12 / 29 ~ 1 / 7 に 発 売 。 SL 列 車 に 乗 る 場 合 は 、 整 理 券 ( 500 円 ) か 座 席 指 定 券 ( 700 円 ) が 別 途 必 要 。 長 瀞 駅 ま で の 往 復 乗 車 券 ( 運 賃 5 % 引 き ) に 、 ラ イ ン 下 り な さ れ 、 羽 生 駅 か ら 1580 円 、 熊 谷 駅 か ら 1400 円 、 寄 居 ・ 御 花 畑 駅 か ら 860 円 ( 2 日 間 有 効 ) 。 1 ・ 6 ・ 9 ・ 12 月 に は 、 割 引 率 の 高 い 「 長 瀞 プ チ た び き つ ぶ 」 ( 羽 生 駅 か ら 1360 円 、 熊 谷 駅 か ら 1200 円 、 寄 居 ・ 御 花 畑 駅 か ら 740 円 ) と し て 発 売 。 秩 父 鉄 道 の 寄 居 駅 か ら 長 瀞 ~ 三 峰 口 が 1 日 乗 り 放 題 で 、 1000 円 。 4 ・ 5 ・ 10 ・ 11 月 の 土 ・ 日 曜 、 祝 日 と 夏 休 み な ど に 、 寄 居 駅 の み で 発 売 。 SL 列 車 に 乗 る 場 合 は 、 整 理 券 ( 500 円 ) か 座 席 指 定 券 ( 700 円 ) が 別 途 必 要 。 ス ポ ー ツ 、 お で か け に 森 林 公 園 ま で の 往 復 き つ ぶ ( 20 % 割 弓 l) に 、 レ ン タ サ イ ク ル 大 の 30 % 割 引 が 付 い た ク ー ポ ン 。 森 林 公 園 内 レ ス ト ラ ン の バ ー 宮 ー = に ベ キ ュ ー セ ッ ト も 割 引 で 。 入 園 料 は 別 途 必 要 。 池 袋 駅 か ら 1820 円 、 川 越 駅 か ら 1260 円 な ど 。 越 生 ま で の 往 復 割 引 き つ ぶ ( 20 % 割 弓 l) に 、 越 生 ~ 黒 山 間 の バ ス 1 日 乗 り 放 題 が 付 い た ク ー ボ ン 。 越 生 梅 林 の 入 園 料 や 黒 山 温 泉 の 日 帰 り 入 浴 料 な ど の 割 引 も 。 池 袋 駅 か ら 1660 円 、 川 越 駅 か ら 1100 円 な ど 。 県 民 の 日 限 定 11 月 14 日 の 埼 玉 県 民 の 日 に は 、 1 日 乗 り 放 題 に な る 「 埼 玉 県 民 の 日 フ リ ー 乗 車 券 」 が 発 売 さ れ る 予 定 。 会 社 こ と に 名 称 は 異 な る が 、 西 武 鉄 道 、 東 武 鉄 道 、 秩 父 鉄 道 、 埼 玉 高 速 鉄 道 な ど が 自 社 線 内 用 を 、 県 民 の 日 の 一 週 間 ほ ど 前 か ら 、 各 社 の 県 駅 内 各 駅 で 発 売 。 倉 賀 野 = - コ J 日 新 幹 線 J 日 線 ー 東 武 鉄 道 西 武 鉄 道 ー 秩 父 鉄 道 そ の 他 の 私 鉄 東 京 メ ト ロ ( 埼 玉 へ の 直 通 路 線 の み ) ※ 各 線 の 本 数 は 、 平 日 の 1 時 間 あ た り の 運 行 本 数 の 目 安 で す 。 ノ 携 帯 颶 時 刻 表 ー , 旅 行 に も ビ ジ ネ ス に も 便 利 な ハ ン テ ィ サ イ ス ホ リ デ ー ・ バ ス 新 北 藤 岡 原 岡 部 籠 原 翼 群 馬 藤 岡 丹 荘 児 玉 松 久 小 江 戸 川 越 一 日 フ リ ー 乗 車 券 高 崎 線 本 庄 早 稲 田 普 通 1 ~ 2 本 、 有 料 急 行 1 日 6 本 他 に S L ( 臨 時 ) あ り 上 熊 谷 石 原 ひ ろ せ 野 鳥 の 森 大 麻 生 明 戸 桜 田 玉 淀 池 袋 か ら 鉢 形 森 林 公 園 ま で 急 行 4 ~ 5 本 、 小 川 町 ま で 急 行 2 ~ 3 本 。 男 衾 小 川 町 ~ 寄 居 間 普 通 2 ~ 3 本 。 東 武 竹 沢 東 武 東 上 線 寄 居 用 土 秩 父 鉄 道 折 原 小 江 戸 巡 回 バ ス 1 日 フ リ ー 乗 車 券 1 飛 時 表 波 久 礼 樋 口 定 価 500 円 長 瀞 上 長 瀞 親 鼻 秩 父 フ リ ー き っ ぷ 小 川 町 埼 玉 交 穿 ド 森 林 公 園 武 蔵 嵐 山 つ き の わ 皆 野 東 松 山 高 坂 八 王 子 ~ 高 麗 川 間 2 ~ 3 本 、 高 麗 川 ~ 高 崎 間 1 本 八 高 線 覚 明 和 銅 黒 谷 大 野 原 秩 父 西 武 秩 父 御 花 畑 横 瀬 芦 ケ 久 保 正 丸 白 武 武 浦 影 州 山 森 峰 久 州 西 武 秩 父 線 日 中 西 吾 野 ロ 一 本 松 西 大 家 線 武 州 長 瀬 武 東 東 毛 呂 武 州 唐 沢 秩 父 漫 遊 き っ ぷ 越 生 毛 呂 高 麗 川 坂 戸 秩 父 路 遊 々 フ リ ー き っ ぷ 長 瀞 フ ァ ミ リ ー 乗 車 券 川 越 線 高 武 笠 萩 蔵 3 本 ( 大 宮 へ は 全 て 川 越 で の り か え ) 吾 野 東 吾 野 武 蔵 横 手 0 池 袋 ~ 西 武 秩 父 間 に 有 料 特 急 「 ち ち ぶ 」 1 本 、 飯 能 ~ 西 武 秩 父 間 は 普 通 2 本 。 土 曜 ・ 休 日 は 池 袋 ~ 三 峰 ロ ・ 長 瀞 間 に 直 通 急 行 1 日 2 本 あ り 。 飯 能 ま で 有 料 特 急 「 ち ち ぶ 」 「 む さ し 」 計 1 ~ 2 本 、 快 速 急 行 ・ 急 行 ・ 準 急 計 3 ~ 4 本 。 地 下 鉄 有 楽 町 線 ・ 副 都 心 線 か ら 直 通 の 快 速 2 ~ 3 本 。 高 麗 東 飯 能 入 子 市 荷 西 武 池 袋 線 園 武 蔵 藤 沢 狭 山 ヶ 丘 ノ 」 呼 指 西 武 狭 山 線 西 武 球 場 前 西 武 山 口 線 遊 園 地 西 西 武 遊 園 地 上 北 台 飯 能 ぶ ら り ! 秩 父 ・ 長 瀞 お で か け き っ ぷ 金 子 埼 玉 の 主 な 駅 の 終 電 情 報 ( 平 日 ) 22 : 25 湘 南 新 宿 ラ イ ン 快 速 国 府 津 宇 都 宮 線 こ こ 一 気 ー よ 野 23 : 35 上 野 23 : 48 上 高 崎 線 り 埼 京 線 池 袋 23 : 46 蒲 田 23 : 58 京 浜 東 北 線 0 : 30 京 浜 東 北 線 赤 羽 0 : 06 宇 都 宮 1 ・ 高 崎 線 高 崎 0 : 38 川 越 線 川 越 0 : 10 り 東 武 野 田 線 春 日 ロ 0 : 17 東 武 野 田 線 岩 槻 ニ ュ ー シ ャ ト ル ( 埼 玉 新 都 市 交 通 ) 0 : 05 丸 山 池 袋 23 : 58 上 西 武 池 袋 線 準 急 り 西 武 新 宿 線 準 急 西 武 新 宿 23 : 56 0 : 39 西 武 池 袋 線 準 急 飯 能 1 : 14 下 西 武 池 袋 線 準 急 小 手 指 ヨ り 西 武 新 宿 線 準 急 0 : 40 本 川 越 1 : 23 西 武 新 宿 線 準 急 新 所 沢 23 : 26 上 埼 京 線 池 袋 り 東 武 東 上 線 準 急 池 袋 23 : 44 森 林 公 園 0 : 25 下 東 武 東 上 線 準 急 ・ り 川 越 線 高 麗 川 箱 根 ヶ 崎 行 き 先 、 発 時 刻 路 線 青 梅 線 東 上 線 サ イ ク リ ン グ ク ー ポ ン 東 福 生 奥 多 摩 武 蔵 五 日 市 お ご せ 散 策 き っ ぷ 拝 島 西 武 拝 島 線 五 日 市 線 玉 川 上 水 立 川 青 梅 線 所 沢 駅 埼 玉 県 民 の 日 フ リ ー 乗 車 券 線 多 摩 都 市 モ ノ レ ー ル 八 王 子 へ 八 王 子 へ ( 2010 年 5 月 現 在 ) 125

るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’11 (るるぶ情報版地域)


埼 玉 ー 3 こ い の ほ り い え ば コ コ ! 加 須 市 日 本 初 、 日 本 一 が ザ ッ ク ザ ク ! 戦 前 か ら 、 こ い の ほ り の 生 産 量 が 日 本 一 の 加 須 市 。 毎 年 GW に し を . . 、 ~ 、 一 一 は 、 全 長 1 OOm の ジ ャ ー ー ン ポ こ い の ほ り を 掲 げ る 市 民 平 和 祭 も 有 名 。 て 東 京 に 近 す ぎ て 、 そ の 実 態 が な か な か 見 え て こ な い 埼 玉 。 実 は 、 こ ん な に “ 日 本 一 ” や “ 日 本 初 ” が あ る 実 力 派 な の た ! 埼 玉 を 好 き に な る お も し ろ 雑 学 を 揃 え て み ま し た ! 一 「 日 月 年 成 で い 万 / で 市 の い 番 市 の ) 1 京 人 市 5 ぐ 5 張 7 っ が 蕨 「 山 市 在 市 高 錬 タ 9 , み 6 は 地 は ま 澀 積 市 7 目 2 県 焔 年 度 よ 2 位 , 人 当 を で で 最 の 7 収 >J 式 町 し 名 発 本 ー 鳩 い 1 ル >J 成 に こ 年 日 5 な 大 で 4 本 矼 市 若 3 1 流 山 本 岩 外 環 三 郷 西 、 ・ △ 南 立 ロ 川 口 東 ・ 川 口 中 央 ・ 浦 量 川 盆 黜 = 昭 和 30 年 代 か ら 栽 培 が 本 格 化 。 日 本 の 原 産 地 で あ る 東 京 都 江 戸 川 区 に 隣 接 す る 県 南 東 部 よ り 生 産 が 広 が っ た 。 ほ れ 草 や プ ロ ッ コ リ ー 、 ネ ギ 、 カ ブ な ど も 上 位 を 占 め る 。 今 P40 参 照 埼 玉 県 2 羽 生 市 姦 熊 谷 市 等 行 田 市 よ う だ 荒 川 を 挟 む 、 吉 見 町 大 和 田 と 鴻 巣 市 滝 馬 室 の 堤 防 間 は 、 2537m と 荒 川 や 利 根 川 な ど を 有 す る こ と 全 国 最 長 。 荒 川 の 通 常 の 川 面 幅 は も あ り 、 河 川 が 占 め る 面 積 は 30m 程 度 だ が 、 両 岸 の 堤 防 間 を 3.9 % と 全 国 1 位 。 湖 沼 を 含 め 川 幅 と 定 義 し て い る こ と か ら 全 国 た 水 辺 面 積 で は 、 琵 琶 湖 の あ る 1 位 と な っ た 。 ( 平 成 19 年 度 国 土 滋 賀 県 や 霞 ヶ 浦 の あ る 茨 城 県 な 交 通 省 荒 川 上 流 河 川 事 務 所 調 べ ) ど に 続 き 、 全 国 4 位 で あ る 。 ( 平 成 1 9 年 度 国 土 交 通 省 ) 今 P118 参 照 加 須 く が や 西 町 ( 巍 し の や 、 j イ 市 、 菖 蒲 町 鴻 巣 市 1 22 i 市 に 、 吉 見 町 や や ま 戸 市 さ て 4 幸 手 市 う ぶ ど う ぶ つ う え ん ・ 、 朽 戸 町 一 か す か べ ヒ 本 市 メ . ・ 上 尾 市 狭 山 日 高 長 瀞 ラ イ ン 下 り 野 田 線 川 島 町 イ 川 越 市 ツ 春 日 ノ 坂 戸 / ' 葉 県 越 谷 市 吉 川 市 JR 武 蔵 野 自 動 車 、 口 市 ー 八 潮 お お ・ 岩 槻 ほ ん か わ こ い ー ま う ら わ JR 川 狭 環 状 木 戸 霞 越 道 訌 ′ 自 市 戸 ゝ 、 か わ ぐ 入 間 所 沢 ・ 463 県 内 に あ る 市 の 数 は 40 と 全 国 1 位 。 ち な み に 2 位 は 愛 知 県 の 37 、 最 も 少 な い の は 鳥 取 県 の 4 。 市 町 村 数 で は 、 北 海 道 が ダ ン ト ッ 1 位 、 埼 玉 県 は 長 野 に 次 ぐ 3 位 で あ る 。 ( 2010 年 4 月 現 在 ) 世 界 に 誇 る 日 本 文 化 「 Bonsai ( 盆 い 栽 ) 」 。 ヨ ー ロ ッ ハ 諸 国 を は じ め 諸 外 国 に は 、 コ ア な フ ァ ン が 多 い 。 埼 玉 県 で 、 鑿 戔 は 、 年 間 2 万 鉢 を 超 え る 盆 栽 を 輸 出 。 日 本 の 総 輸 出 量 の 約 半 数 を 占 め る 。 今 P16 参 照 伝 統 的 手 工 芸 品 の 節 句 人 形 ・ ひ な 人 形 の 生 産 量 シ ェ ア は 全 国 の 約 45 % を 占 め 、 昭 和 37 年 以 来 全 国 1 位 の 出 荷 額 を 誇 っ て い る 。 ( 経 済 産 業 省 「 工 業 統 計 調 査 」 よ り ) 今 P75 参 照 快 晴 日 日 本 一 埼 玉 県 2007 年 の 快 晴 日 数 が 53 日 と 全 国 1 位 。 2 位 は 宮 崎 県 、 3 位 は 鹿 児 島 県 と 九 州 地 方 が 続 く 。 ( 平 成 19 年 「 気 象 庁 年 報 」 )