検索 - みる会図書館

検索対象: 週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028から 125件ヒットしました。

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


官 民 に 広 が る “ 埼 玉 ポ ー ズ ″ の 輪 ! 玉 ポ - て を 生 み 出 し た 動 画 制 サ だ 曲 ン こ 。 や と 一 ~ 心 新 0 動 ス と け の か 身 つ 出 き 玉 の 奇 イ 土 メ 生 こ 誕 伽 し ズ 振 な 。 ポ ス す 品 玉 ン 用 作 埼 ダ 起 た や を つ 會 作 一 わ あ の 有 名 タ レ ン ト か ら 人 気 の 声 優 さ ん ま で ! そ う た 埼 玉 打 倒 神 奈 川 ! 千 葉 と は 和 解 ! 埼 玉 県 民 の 逆 襲 http://www.youtube.com/watch?v=RU-OQ2AcHX4 そ ) た 端 玉 ェ 、 を 、 を ま ・ を 物 第 ← 會 ロ ッ ク ア ー テ ィ ス ト の ダ イ ア モ ン ド ・ ユ カ イ さ ん ( 左 ) や 、 「 ラ ブ ラ イ ブ ! 」 の 星 空 凛 役 な ど で 知 ら れ る 声 優 の 飯 田 里 穂 さ ん ( 上 ) な ど 、 埼 玉 県 に 縁 の あ る 有 名 人 に よ る ′ ラ : 物 = ; 投 稿 が 埼 玉 ポ ー ズ ブ ー ム の き 0 か け に ! 埼 玉 県 下 の 市 長 さ ん た ち も 嬉 々 と し て イ ) : 日 猶 物 0 ! ま み は を い 機 物 羅 対 み 勲 、 物 : り 第 埼 玉 中 に 名 が 轟 く 有 名 企 業 が 全 面 協 力 は し め ま し な 、 と ど ろ 、 物 ロ 0 み 第 。 1 十 万 石 水 城 公 園 店 を を 市 の ズ そ も そ も の き っ か け で し た 」 れ は 僕 自 身 も 感 じ て い る 埼 玉 県 民 2 也 ポ と こ ろ が 最 初 の う ち は 、 鷺 谷 さ が 郷 上 に 抱 く 純 粋 な 思 い な の か な 在 は っ 現 真 ろ ん の 構 想 に 協 力 し て く れ る 企 業 や と 。 他 県 の 方 に は 、 想 像 し に く い 心 情 か も し れ ま せ ん が : : : 」 自 治 体 は ほ ば 皆 無 。 地 道 に 動 画 へ - つ る 隊 そ て の 出 演 を 依 頼 し た 企 業 数 は 、 最 終 話 題 が 埼 玉 の 県 民 性 に 及 ぶ と 、 話 が 止 ま ら な く な る 鷺 谷 さ ん 。 的 に 社 以 上 に の ば っ た 。 一 「 城 一 寄 忍 「 よ う や く 協 力 に こ ぎ つ け た の ち 「 ど の 方 も 最 初 は ク ダ ン ス な ん て で 本 が と 日 真 , も 、 各 地 で 行 な う 撮 影 の ス ケ ジ ュ き な い ッ っ て 言 っ て る の に 、 い ざ 撮 し 写 佐 ー リ ン グ に 加 え 、 撮 影 当 日 も す べ 影 と な る と キ レ キ レ で 踊 っ て く れ 0 の 長 言 , ま ズ 市 て 自 分 が 立 ち 会 っ た り し て 。 撮 影 る ( 笑 ) 。 自 分 か ら は 前 に 出 な い け る ポ 久 阯 期 間 中 は ほ ば 無 収 入 。 手 弁 当 で 埼 れ ど 、 他 人 か ら 頼 ま れ る と 思 い っ あ 玉 る 長 き り や っ て く れ る と こ ろ は 、 埼 玉 に 埼 写 市 玉 各 地 を 飛 び 回 っ て い ま し た 」 県 ら ラ 田 玉 か ャ 行 ち な み に 、 こ の 『 そ う だ 埼 玉 』 と の 県 民 性 な ん だ な っ て つ く づ く 思 埼 長 キ る 會 市 る と い う タ イ ト ル に は 、 埼 玉 を 指 す 蔑 っ た し 、 そ れ は 典 型 的 な 日 本 人 像 ← の ゆ を 称 で あ る ク ダ 埼 玉 ク を 、 あ え て 入 れ で も あ る の か な と 。 だ か ら 、 埼 玉 県 民 は ク 究 極 の 日 本 人 ク な ん だ っ て 、 て み よ う と 思 っ た と の こ と 。 「 決 し て 自 虐 で も 開 き 直 っ て い る 密 か に 思 っ て る ん で す 」 そ ん な 鷺 谷 さ ん だ が 、 今 後 は さ わ け で も な く 、 広 く 認 知 さ れ て い ら な る ク 埼 玉 ポ ー ズ ク の 拡 散 を 狙 う る し 、 語 感 も 良 い の で 入 れ た い な と 。 い っ か は ク ダ 埼 玉 ク を ク そ う だ 埼 と と も に 、 県 民 か ら 募 っ た ス マ ホ : っ て の は 、 カ ッ コ 動 画 で 埼 玉 県 全 鬨 市 を つ な ぐ と い 玉 に し た い : う 新 た な 企 画 を 進 行 中 だ 。 つ け す ぎ で す か ね ( 笑 ) 」 「 ク 埼 玉 ポ ー ズ ク に 関 し て は ク ダ 埼 埼 玉 県 民 と は 玉 ク の 生 み の 親 で あ る タ モ リ さ ん 究 極 の 日 本 人 で あ る ? に や っ て も ら う の が 、 究 極 の 目 標 「 『 そ う だ 埼 玉 』 の 歌 詞 に 、 ) こ の で し よ う か ( 笑 ) 」 埼 玉 県 民 が ク ダ 埼 玉 の 呪 縛 ツ か ら 町 に 生 ま れ て よ か っ た と 毎 日 思 わ な い け ど 嫌 だ と 思 っ た こ と は な 完 全 に 解 き 放 た れ る 日 は 、 も う 目 前 か も し れ な い い ぜ ) っ て あ る ん で す け ど 、 こ - ト ボ コ 、 イ 玉 - っ サ 奇 い 時 報 と 同 情 ち の た 美 開 載 女 玉 田 ・ 気 公 満 美 埼 の の ・ タ 住 う 奇 ネ ・ 在 そ 民 メ る 内 る ぞ わ 県 す る 県 型 そ っ 、 み 場 あ 「 ま プ 登 も 玉 加 動 県 ォ ズ ナ 玉 も 一 一 埼 参 會 「 山 田 う ど ん 」 や 「 十 万 石 ま ん じ ゅ う 」 と い っ た 、 埼 玉 を 代 表 す る 46 の 企 業 や 公 共 団 体 な ど が 参 加 し 、 約 10 、 カ 月 間 か け て 撮 影 し た 。 SAITAMA POSE 0 新 着 事 「 物 、 を ミ 毎 今 週 の 捜 査 員 よ っ し い ~ モ ノ 系 レ ビ ュ ー か ら ボ ー ト レ ー ス の ニ ュ ー ス ・ 展 望 の 執 筆 、 果 て は 有 名 人 メ ル マ ガ の 制 作 お 手 伝 い ま で 、 な ん だ か 幅 広 く 手 掛 け て し ま っ て い る 雑 食 系 ラ イ タ ー

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


お ぶ ろ cafe utatane UFO 基 や っ 地 や ー エ プ リ デ ィ 行 田 店 ビ イ - サ ロ る の 題 気 話 ネ ト で 話 題 の サ ー ビ ス や 事 件 、 ~ 鷺 ツ ィ ー ト し て い る 中 の 人 に 直 撃 玉 』 の 動 画 を す る た め 、 鷺 谷 ◆ 埼 玉 ポ ー ズ ◆ 仕 掛 け 人 は さ ん は 埼 玉 県 内 の 市 長 や 同 県 出 身 生 粋 の 埼 玉 っ 子 の 芸 能 人 に 、 こ の ポ ー ズ を し た 写 オ ー ケ ー サ イ ン を し た 両 手 を 胸 真 を 送 っ て 欲 し い と 依 頼 。 す る と の 前 で ク ロ ス さ せ 、 左 足 を 少 し 前 多 く の 方 々 が 快 く 協 力 し て く れ 、 に 出 す ク 埼 玉 ポ ー ズ ク な る ポ ー ズ が 、 今 回 の プ ー ム に つ な が る か た ち と は も 回 と に わ か に 流 行 中 な の を み な さ ん は な っ た 。 「 動 画 の の た め だ っ た 今 と ご 存 じ だ ろ う か 。 埼 玉 県 出 身 の 有 ん で す が 、 ポ ー ズ だ け が 独 り 歩 き 名 人 た ち が こ の ポ ー ズ を し た 画 像 し て し ま い ( 笑 ) 。 : ・ 最 近 は 取 材 て す が ネ ッ ト に 出 回 っ た こ と を 契 機 に 、 の 対 応 な ど で 大 忙 し で す 」 と 、 プ テ レ ビ の 情 報 番 組 な ど で も 続 々 と ー ム に 驚 き を 隠 せ な い よ う す だ 。 た 取 り あ げ ら れ て 拡 散 。 今 で は 埼 玉 ホ る と 。 動 画 制 作 の た め に を 回 、 埼 を つ 県 民 以 外 の 人 も 、 写 真 を 撮 る 際 に 無 収 入 ・ 手 井 当 で 弃 走 = = 羹 も る 経 も 埼 玉 ポ ー ズ を と る ま で に な 「 て 〔 る の だ と い う 。 ク 埼 玉 ポ ー ズ ツ を 生 ん だ 動 画 『 そ 仕 掛 け 人 は 、 埼 玉 県 に 特 化 し た う だ 埼 玉 』 に は 、 埼 玉 県 内 の 企 業 埼 が 思 一 活 動 を 展 開 す る 鷺 谷 政 明 な る や 公 共 団 体 な ど に 属 す る 合 計 “ 人 き 人 物 。 埼 玉 県 上 尾 市 に 生 ま れ 育 ち 、 837 人 の 県 民 が 出 演 。 完 成 ま で り 」 し の け 熱 盛 撃 大 現 在 も 埼 玉 県 内 に 住 ん で い る 生 粋 に 約 間 カ 月 を 要 し た と い う カ 作 だ 。 に も の 埼 玉 っ 子 だ 。 も と も と 、 イ ン デ ィ ー ズ の 音 楽 レ 中 掛 の そ も そ も こ の ポ ー ズ は 、 鷺 谷 さ ん 1 ベ ル で プ ロ デ ュ ー サ ー を し て い わ を 思 た と い う 鷺 谷 さ ん 。 し か し 、 「 こ 人 の が 凵 年 に 制 作 し た 『 そ う だ 埼 玉 』 と 散 仕 へ い う 、 埼 玉 県 を す る 動 画 か ら よ り 、 さ ら に 大 き な も の を 売 り 出 近 掛 玉 生 ま れ た も の 。 地 元 ・ 埼 玉 の 企 業 な す 仕 事 が し た い 」 と 悶 々 と 考 え て 拡 の 土 最 仕 埼 ど で 働 く 人 た ち が リ レ ー 形 式 で 登 し る と き に 、 ネ ッ ト で 見 か け た の こ の こ そ に 場 し 、 ダ ン ス を 踊 る 動 画 で 、 ク 埼 玉 が 『 恋 す る フ ォ ー チ ュ ン ク ッ キ ー ポ ー ズ ツ は そ の 振 付 の 一 部 な の だ 神 奈 川 県 ・ 』 だ っ た 。 と い っ 「 こ れ を 埼 玉 県 で や っ た ら お も し ネ ッ ト 上 に 公 開 し た 『 そ う だ 埼 ろ い ん じ ゃ な い か と 思 っ た の が 、 第 武 蔵 野 銀 行 今 回 の テ ー マ 天 下 茶 夜 音 楽 プ ロ デ ュ ー サ ー と し て の 活 動 を 経 て 、 埼 玉 県 に 特 化 し た P 日 活 動 を 展 開 す る ク リ 工 イ テ イ プ エ ー ジ ェ ン シ ー 「 天 下 茶 夜 」 を 設 立 す る 。 最 も 尊 敬 す る 埼 玉 県 民 は 、 お 笑 い 芸 人 の 土 田 晃 之 さ ん 。

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


始 め た け れ ど 何 を す る の ? で き る こ と が 多 く て る 迷 っ て し ま う マ イ ク ラ は 明 確 な 目 的 が な く 自 由 度 が 高 い ゲ ー ム な ぶ ん 、 何 木 を し て い い の か わ か ら な く な る こ と も 多 い 。 と に か く 歩 一 き ま わ り た い と い う 子 供 も 多 い と 思 う な 具 が 、 ま ず は マ イ ク ラ に 必 要 な 道 具 を つ く れ る 作 業 台 を つ く ろ う 。 何 も な い と こ ろ に 登 場 ス タ ー ト 編 一 子 供 が 最 初 の 一 歩 に 迷 わ な い よ う に す る 會 最 初 に マ イ ク ラ の 世 界 に 入 る と 、 木 や 海 、 山 で 囲 ま れ た 場 所 に 放 り だ さ れ る 。 作 業 が し や す い 平 地 を 探 そ う 。 木 を 木 材 に し よ う 一 も の づ く り の 準 備 を し よ う 0 画 面 の 見 方 を 変 え た い 一 人 称 視 点 だ と 木 を 切 っ て 酔 い し や す い 作 業 台 を つ く る ま る で ゲ ー ム の 世 界 に 入 っ て マ イ ク ラ は 、 ま ず 作 業 台 を つ 道 最 ~ ー る か の よ う な 視 点 を 楽 し め る く る と こ ろ か ら 始 ま る 。 こ の 作 ど で ん の ク 一 人 称 視 点 ク だ が 、 目 に 入 っ て 業 台 は 、 採 掘 す る た め の ピ ッ ケ と る く る 情 報 と 体 が 感 じ て い る 情 報 人 ル や ス コ ッ プ 、 家 を つ く る た め 要 っ た は を 民 の ド ア や 階 段 を つ く る と き に 必 必 が ~ の ズ レ か ら 、 頭 が ふ ら ふ ら し て 険 装 気 分 が 悪 く な る ク 酔 い ク に な 要 に な る 。 作 業 台 は 、 木 か ら と 冒 や に 最 會 具 初 る こ と も あ る 。 れ る 木 材 で つ く れ る 。 初 め の 一 歩 " " 作 業 台 の つ く り 方 設 定 画 面 で 見 え 方 を 変 更 三 人 称 視 点 な ら 酔 い に く く で き る ク 三 人 称 視 点 ク に す る こ と で 、 業 も 乍 で ズ レ を 軽 減 し 酔 い し に く く 当 度 め 分 - な る 。 版 で は 、 す べ て の 画 集 台 面 が 英 語 で 書 か れ て い る 。 設 定 っ 業 ー を 作 あ 方 法 を 押 さ え て お こ う オ 。 っ 木 き ひ し 成 の 工 作 る 力 を - ん 會 台 使 ン ゞ を 画 う こ 置 い 】 を 当 よ 判 設 は て く 倶 ロ オ し る 置 下 カ 木 を 木 面 ム を 画 テ 木 を : タ 物 き 庫 イ で ム を る テ 所 す 五 ロ イ る -0 ア な 点 會 当 拠 - ~ 央 會 プ 作 會 木 の 幹 を 長 押 し す る と 、 ひ び が 入 っ て い き 、 し ば ら く す る と 壊 れ て 木 の ブ ロ ッ ク が 拾 え る 。 木 材 4 つ で 作 業 台 に を ロ ロ ロ ロ ヨ k 日 ョ nk 三 4 x を 0 自 ョ nk ミ 」 ロ 0 ロ Crafting Tabte 難 し さ ロ 猷 ion 敵 が 出 現 す る か ど う か を 切 り 替 え 、 難 易 度 を 決 め ら れ る 。 視 点 変 更 一 人 称 " と 、 、 人 称 ″ に 視 点 を 変 え ら れ る 。 Oif fieul ty Th1Yd p 、 ミ 0 れ リ 00 s ハ 円 リ け i ド に 1 玳 色 d to 行 日 ョ ミ 当 ヨ ら に バ ッ ド 移 動 十 字 バ ッ ド の 位 置 を 左 右 逆 に し て 左 利 き に 対 応 す る 。 バ ッ ド サ イ ズ 画 面 の サ イ ズ に 合 わ せ て バ ッ ド サ イ ズ の 大 小 を 調 整 で き る 。 上 下 反 転 上 と 下 を 見 る 操 、 作 を 逆 に で き る 。 通 常 は オ フ の ま 5 「 ⅲ リ i 弋 ま で よ い 。 ー コ 、 ln 、 減 、 ← 日 x は Lefty カ ー ソ ル 変 更 ・ ・ 、 , 、 ・ 5 ド ⅱ t contr 猷 5 画 面 中 央 に あ る も の だ け に 触 れ ロ ー 尸 ョ d ⅸ 曾 ら れ る モ ー ド に 変 更 で き る 。 ロ 国 ion 會 ゲ ー ム を 始 め た と き は 、 人 称 視 点 か ら ス タ ー ト す る の で 3D 酔 い に は 注 意 。 ※ 記 事 作 成 時 の 「 マ イ ン ク ラ フ ト PEJ の バ ー ジ ョ ン は 0.10.4 で 、 今 後 バ ー ジ ョ ン ア ッ プ に よ り 新 機 能 や 新 ア イ テ ム が 追 加 さ れ る 可 能 性 が あ り ま す 。

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


無 料 版 『 Visu Studio Code 』 提 供 ュ ーザー に 表 の 大 学 拡 剖 提 与 え た イ ン パ ク ト と は ? O *— *— ・ ー 0 0 2 016 の O 置 指 ズ *c.) 版 0"-*-•—00 の 版 は 、 ー が ウ イ ン ド ウ ズ 版 と 酷 似 し て い る こ と か ら 、 こ の < 柩 機 能 強 化 と 高 速 化 に 期 待 を 一 和 ・ 丿 外 < 衝 撃 だ っ た の が 、 ド ッ ト ネ ッ ー が 利 用 さ れ て い る と 考 え ら ト ・ コ ア の 00 >< 版 の 登 場 。 こ れ る 。 こ れ ま で ウ イ ン ド ウ ズ 版 れ ま で オ ー プ ン ソ ー ス の >oc に 比 べ て 劣 っ て い た 機 能 や 速 度 ヒ と え こ 使 0 プ ロ ジ ェ ク ト で 開 発 さ れ て い の 改 善 に も 期 待 。 る も た が 、 マ イ ク ロ ソ フ ト の 正 式 な 準 拠 の ウ ェ ブ ア プ サ ポ ー ト が 受 け ら れ る の で 開 発 リ を 作 成 で き る マ 一 一 フ ォ ー ル ド れ と い う ツ ー ル や 、 ビ ジ ュ ア 者 は 安 心 し て 使 え る 。 が イ ン テ ル を 搭 ル ス タ ジ オ コ ア で の オ ブ ジ ェ ク 、 ナ - レ 0 た イ 〃 載 し て か ら は 独 自 イ ン タ ー フ ェ テ ィ ブ O サ ポ ー ト な ど の 貪 欲 な 用 発 X 開 u.J ー ス を 採 用 す る ゲ ー ム の 移 植 性 姿 勢 に 、 マ イ ク ロ ソ フ ト の 本 気 化 デ c . 旧 き の 進 —J は 高 ま っ て い た が 、 ・ ZI-LJ+ O を 感 じ る 。 •—00 ア プ リ の 開 発 >< て ク o 「 o の 00 >< 版 に よ り ビ ジ ネ 環 境 で あ る X o o Q) は 0 2 で し 一 供 0 れ 提 ム を ス 系 ア プ リ の 移 植 も 進 め や す く で し か 動 作 し な い こ と か ら ク モ な る は ず だ 。 さ ら に オ フ ィ ス グ バ イ ル ア プ リ 開 発 に は 必 ラ フ <Q ー も マ ル チ プ ラ ッ ト フ 須 ク と い う 状 況 を 一 変 さ せ る か オ ー ム で 使 え る よ う に な っ た 。 も し れ な い 。 基 調 講 演 の サ プ ラ イ ズ と な っ ロ イ ド の 一 部 機 能 を 搭 載 し て お ウ イ ン ド ウ ズ ア プ リ の 開 発 に 取 た の が 、 や ア ン ド ロ イ ド り 、 ア ン ド ロ イ ド ア プ リ が ほ ば り 組 む 人 が 減 る 可 能 性 も あ り ま の ア プ リ を ウ イ ン ド ウ ズ 間 で 動 そ の ま ま 動 作 。 ア プ リ は す 。 ま た 、 広 告 収 入 が 主 目 的 な か せ る よ う に す る 、 と い う 新 機 ビ ジ ュ ア ル ス タ ジ オ で 再 コ ン パ ど 、 移 植 さ え で き れ ば 品 質 は 問 軸 で す 。 ス マ ホ 版 の 川 は ア ン ド イ ル す る こ と で 移 植 が 可 能 に な わ な い 開 発 者 な ら ば 、 真 っ 先 に り ま す 。 こ れ ま で 不 振 が 続 い て ツ ー ル に 飛 び つ く は ず 。 つ ま り 、 8 き た ウ イ ン ド ウ ズ ス ト ア を 今 度 優 れ た ア プ リ が や っ て く る よ り 最 せ こ そ 充 実 さ せ よ う と い う 、 も 先 に 、 低 品 質 な ア プ リ が 流 人 び の 本 気 度 を 感 じ ま す 。 し て く る 可 能 性 が 高 い と 筆 者 は 考 え て い ま す 。 そ う い っ た デ メ 高 品 質 な ア プ リ の 開 発 者 ほ ど リ ッ ト に 目 を つ ぶ っ て で も 、 ア フ こ ア 飛 プ リ の 数 を 増 や す こ と を 優 先 す 響 安 易 な 移 植 に は 慎 重 し 系 が プ 店 テ 応 8 性 る 移 植 ツ ー ル が 充 実 す る こ と で る の か 。 そ れ と も 登 録 前 の 審 査 プ 対 用 植 ま チ こ 0 移 高 ウ イ ン ド ウ ズ で も 『 ね こ あ つ め 』 段 階 で 歯 止 め を か け る の か 。 5 演 丿 、 の , 2 講 な ど 最 新 の 人 気 ア プ リ を 遊 べ る の バ ラ ン ス の 取 り 方 に 注 目 し ゅ オ と プ 躍 會 機 会 が 増 え そ う で す 。 そ の 反 面 、 た い と こ ろ で す 。 ウ イ ン ド ウ ズ で 『 ね こ あ つ め 』 を 遊 べ る 日 は 来 る か ? 酲 叫 太 Ⅵ 頃 0 て 地 第 : : 朝 Code focused development. Redefined. - 卍 め d ド ト 「 “ ハ 、 は 面 し び 叩 に 、 ( 3 を 謝 ⅵ 示 社 物 0 れ 第 竊 「 n い 一 い 0 は . 0 当 ætd ル 新 “ 、 *Linux や OS X で も 動 作 す る 、 コ ー ド を 書 く の に 最 適 化 さ れ た ツ ー ル 「 Ⅵ sual Studio CodeJ を リ リ ー ス 。 Objective-C の コ ン パ イ ル が 可 能 に な る 。 『 . NET 』 を オ ー プ ン ソ ー ス 化 6 0 ④ New ASP. NET Project ・ WebApplication25 Office Graph A 円 を 開 放 ロ Office Graph* マ ニ フ ォ ー ル ド に よ っ て 、 マ ル チ プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 対 応 の ウ ェ ブ ア プ リ を つ く れ る 。 元 マ ッ ク ビ ー プ ル 編 集 長 士 ロ 田 ヒ ロ G 日 「 日 一 e NOW を 一 。 い 冢 : 、 新 製 、

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


& ス 重 ゞ ワ ー ド 検 索 で 全 文 検 索 に キ 検 ・ ま と め る サ ー 実 は 記 事 の 名 索 ー 当 し い ・ 第 な 第 第 を 橋 第 1 ン 対 オ ン は 、 年 4 月 に ・ イ オ ン の ス マ ホ ・ と し て 日 本 ・ -. は 全 文 検 索 が で き る ! 象 朝 な 0 ~ 0 日 ・ ソ ニ ー ・ ソ フ ト バ ン ク ・ ソ ニ ー ・ ド コ を 品 品 を & 9 月 を ” ー ム 物 を 設 定 可 . ・ を 示 色 を 10 物 か ら 第 べ る 第 直 “ で … ア で 第 も せ 事 も 第 っ 実 全 移 行 画 社 金 人 必 第 ス マ ホ ア プ リ 物 、 Xp ” い ペ ッ ト . 図 、 物 水 セ ー タ ー 、 第 行 の 鉄 ・ . ・ の 写 第 ま 号 予 告 外 回 り も 出 第 も 第 事 ロ だ っ 第 電 第 に メ ー ル に ゲ ー ム は ど う す る 物 ー の 色 .- っ 分 の 作 3 を 転 し た 平 増 物 第 1 分 2 砂 物 分 10 物 新 製 品 特 集 な ど で 資 料 的 に 見 る ・ 一 X00 「 朝 ~ の 内 第 ス ト し - ・ ジ は 3 追 と ま す ま す か の を 第 だ が 、 ハ イ し ノ ー を 保 第 る に は も の 足 り な か 残 、 、 1280 日 の マ イ ク ロ SO で 物 第 を 増 や し て お ! た い 、 場 合 は と て も 便 利 な 機 能 。 右 上 の . ・ に あ ま り 物 置 が な く お も し ろ み が な い な と 第 し た . Xperia ~ 3 の 高 画 ・ 第 第 第 で ・ 影 校 数 を チ エ プ ク ・ カ メ ラ 第 第 の ・ 長 し ・ 、 ・ を ・ ・ 度 ・ 先 ・ 写 ・ に 製 定 虫 眼 鏡 を タ ッ プ し て 、 型 番 や 人 名 し た 状 第 で ー 0 問 シ ウ タ ー ボ タ ン を 強 し し て す ま ぐ を の - の で 検 索 す る と 、 全 文 検 索 で リ ス ト 。 ら を ・ の ー ニ て ア ッ プ さ れ ま す 。 Xperia の 言 及 が 日 ℃ し 06E ス ユ れ の 第 M し ・ 、 」 / 物 M パ ー こ ん な に 多 い と は ! 、 ビ て 、 ス ty ・ か ー 0 T ス い 0 の 多 い サ の 端 末 を 横 に し て 表 示 つ ぶ や き も 共 有 も 全 目 動 で デ キ る 男 に な る 見 開 き ペ ー ジ も ひ ろ び ろ と 表 示 で き る 0 ・ ・ ロ 0 第 三 コ ロ ・ 第 0 0 ・ 1 口 市 0 ” 図 版 な ど を 見 開 き で 大 き く 表 示 ー 00 ・ 0 い 一 0 す る の は 雑 誌 な ら で は の 表 現 手 法 週 ア ス 電 子 版 が だ が 、 電 子 版 で も も ち ろ ん 対 応 。 端 末 を 横 に す れ ば 見 開 き 単 位 で 表 會 横 画 面 に す れ ば 見 開 き 単 位 100 円 に ! で 表 示 可 能 。 紙 の 誌 面 と 同 様 示 で き 、 10 イ ン チ の タ ブ レ ッ ト で に 、 特 集 の 内 容 を 見 わ た し て 、 あ れ ば 小 さ な 文 字 も く っ き り 表 示 。 気 に な る 点 を 拡 大 し よ う 。 大 キ ャ ン ペ ー ン 開 始 も う 手 に 入 ら な い 号 も 買 え る ま だ 電 子 版 を 読 ん だ こ と が な い 方 に も ぜ ひ 1 度 試 し 轡 0 第 ド コ モ 、 、 ソ フ ト バ ン ク の ・ 新 ス マ ホ 第 報 載 の 増 刊 号 . ま 目 物 第 は 3 大 キ ャ リ ア の 夏 モ ア ル . サ ム ス ン の G.' . AXY. ソ ニ ー の XPE 日 嶼 な ど の ・ 注 目 第 講 読 期 間 中 に 受 信 し た し て い た だ き た く 、 5 月 19 日 発 売 の 電 子 版 『 週 刊 ア 東 、 ” “ の 最 新 ・ ・ い N 対 応 な ど ト し ン ド に フ ォ ー カ ス 第 る だ け て な く 、 興 い 物 え ユ ー ザ ー を 対 象 に し た お ト ク な ・ り 物 え 特 第 、 ア ン ド ロ イ ド OS の 設 定 み - ス キ ー N01029 』 は 100 円 で 販 売 い た し ま す 。 本 キ 0 本 は ず ~ っ と 読 め る ャ ン ペ ー ン は Newsstand 以 外 、 各 電 子 書 籍 ス ト ア で 開 催 と な り ま す の で 、 ぜ ひ ご 確 認 く だ さ い 。 5 れ 21 最 Newsstand は 定 期 購 読 モ デ ル 。 古 の 電 子 版 移 行 に 関 す る つ ま り 、 購 読 期 間 中 で あ れ ば 、 削 ロ ロ は 除 し た 過 去 号 を 再 ダ ウ ン ロ ー ド し 1 カ 月 間 の 業 界 の 反 応 を た り 、 コ レ ク シ ョ ン と し て 大 量 に は 3 ・ 子 ・ 道 刊 ア ス キ ー イ ト ー が ま と め て み た た め て お く の も 自 由 自 在 。 単 品 購 0 版 20135 つ 1 号 O を ・ 新 タ ブ レ ッ ト を 0 円 で ゲ ッ ト す る ・ 入 物 、 最 大 引 日 一 ま で の し 5 日 メ モ リ ー 入 も で き ま す 。 円 開 ・ 眠 比 砂 な ど ・ お ト ク ・ に こ だ わ っ た 号 . 一 体 ー な の に 鼾 。 タ ブ し ッ ト な rASUS ー の 第 第 も . ノ ー ト を 一 万 円 で 高 を 化 す る SSO ・ 盟 、 物 電 子 版 と 週 ア ス PLUS っ て ど う 違 う の ? っ て い う 疑 問 は よ く 聞 か れ ま す 。 電 子 版 は 今 ま で と ス マ ー ト ウ ォ ッ チ で も 表 示 で き る 4 同 じ 。 電 子 版 に 適 し た 形 や 号 外 み た い な 試 み も 考 え て い ま す 。 週 ア ス ウ エ プ 賤 体 も そ う だ し 、 ニ コ ニ コ 動 画 さ ま ざ ま な OS 、 の チ ャ ン ネ ル 上 で 展 開 す る 「 ニ コ ニ コ PLUS は 、 週 刊 ア ス キ 週 ア ス 」 も 、 電 子 マ ガ ジ ン の 「 週 刊 ア ス キ ー 」 も 、 全 部 週 ア ス た 、 っ て こ と な ん た よ 機 器 に 対 応 し て い る 〃 に 名 称 変 更 し ま す し 、 僕 ら に と っ て は ど ち ら も 、 、 週 ア ス ″ な ん で す 。 4 イ ン チ 台 の ス マ ホ か ら 、 10 イ 熱 弁 す る イ ト ー を ン チ 以 上 の タ ブ レ ッ ト や よ り 大 き さ ら っ と 受 け 流 す い PC の デ ィ ス プ レ ー ま で 、 さ ま ざ ま な 画 面 サ イ ズ に 対 応 。 配 信 ス ← 大 ま じ め な イ ト ー に 対 し 、 ナ ベ コ の 反 応 は ど こ か 冷 淡 ・ ト ア に よ っ て 対 応 機 器 は 異 な る が 、 會 And 「 oid 搭 載 の 腕 時 計 か ら Windows 搭 載 PC な 頃 の 行 な い が 原 因 か ? 自 分 好 み の 読 書 環 境 を つ く れ る 。 ど 、 ス ト ア に よ っ て 大 小 さ ま ざ ま な 画 面 で 楽 し め る 。 ス キ ー ノ ラ ン の 章 引 ! 光 コ - を ・ 社 を ま を ・ ・ ・ ・ を プ 電 子 版 の ポ イ ン ト 週 ア ス の 完 全 電 子 化 ま で 残 り わ す か 。 紙 の 週 ア ス と は ひ と 味 違 う 電 子 版 の 意 外 な 利 点 を News stand 版 を 中 心 に ご 紹 介 。 電 子 版 は 各 ス ト ア で 単 号 購 入 ・ 定 期 購 読 と も に 好 評 発 売 中 で す 。 電 子 版 の ポ イ ン ト ロ ロ 全 1 新 ペ ー ジ 道 刊 ア ス キ ー 加 13 4 号 第 い 響 え 准 製 の ス マ ホ 償 報 、 新 ・ 東 行 発 全 サ ポ ー ト の を 4 号 . X 興 と 0 勲 Y の ~ ト ッ フ で 覆 す ド コ モ と 馳 の 注 目 夏 ス マ ホ . LI ′ や パ ズ ド ラ 、 キ ャ リ ア メ ー ル か ら お サ イ フ ま で 「 ス マ 市 第 り ・ え 大 全 ー . ス マ ホ ・ で 住 ・ の ポ デ ィ ー ロ ガ ー 全 第 ・ 比 校 な ど 、 ・ を 7 大 物 第 で お 属 け ! ・ 本 号 に は 載 マ ン .. 要 ス マ ホ 旧 機 種 い 、 印 、 ア ス キ ー 選 刊 ア ス キ ー 加 135 号 ・ 新 ス マ ホ か ら ・ 新 蓄 エ ネ ま で . 夏 注 目 の 新 製 品 を を 攻 解 注 目 の 住 ・ ↓ AXY の す ′ 、 て が わ か る ・ ・ ガ イ ド . 世 野 の 地 デ シ 対 応 ス マ ホ な ど ー ソ フ ト バ ン ク 夏 ス マ 市 物 第 一 に 一 夏 モ デ ル PC 大 解 説 物 第 一 、 一 宿 25E の ド ッ ト 大 比 毅 物 第 一 な と ・ ・ 5 大 物 第 で お 新 け ! ・ 号 に は ・ 載 マ ン カ ー 電 第 ペ ー ジ (1t2UB) 料 タ フ レ ッ ト 0 電 子 版 の ポ イ ン ト ま ・ ス マ ホ グ ッ ズ を 学 、 ト リ ン ク て ま 春 の 眠 気 に 0 な る ほ ど で す 流 さ れ た 感 つ え え 、 。 , 、 珍 し く マ シ メ に 説 明 し た の に 一 ~ 0 に や

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


が ミ ミ ズ 持 通 な 9 8 イ 手 に チ 3 み サ 片 適 ン 0 さ 一 一 つ イ 、 め 快 き 7 幅 、 、 、 と た で で ら リ リ の ち 話 7 ュ ー ザ ー の / - は 彡 ョ / 引 M フ リ ー 機 を 100 % 使 い こ な す 引 PS 華 ァ ン ド 0 イ ド 学 ロ 加 山 紀 章 音 声 通 話 対 応 引 M な ら 凵 NE を 使 う な ら MNP も 利 用 で き る SMS 対 応 の 引 M が 便 利 音 声 通 話 対 応 引 M な ら ば 、 ナ ン 凵 NE の ア カ ウ ン ト 登 録 で は 、 SM バ ー ボ ー タ ビ リ テ ィ ( MNP ) に 対 S で 確 認 コ ー ド が 送 ら れ る 。 Faceb 応 。 今 ま で の 電 話 番 号 の ま ま 格 安 00k ア カ ウ ン ト で 認 証 す る 方 法 も あ 引 M に 移 行 で き 、 ガ ラ ケ ー か ら の る が 、 少 し め ん ど う 。 不 安 な ら SMS 乗 り 換 え に も 向 い て い る 。 対 応 引 M を 選 ぼ う 。 海 外 旅 行 先 で は テ ー タ 通 信 専 用 引 M で は 現 地 引 M に 挿 し 替 え る ア プ リ で 通 話 可 能 海 外 旅 行 先 で ふ だ ん 使 っ て い る デ ー タ 通 信 専 用 引 M で も 、 『 050 端 末 を 利 用 し た い と き は 、 現 地 の プ P 旧 s 』 な ど の ア プ リ を 利 用 す れ ば 通 リ ペ イ ド 引 M を 購 入 し よ う 。 気 軽 に 話 が 可 能 。 通 話 料 は キ ャ リ ア 各 社 よ 引 M を 挿 し 替 え ら れ る の が 引 M フ り も 格 段 に 安 く 、 通 話 品 質 も 問 題 な リ ー 機 の 魅 力 だ 。 い レ ベ ル だ 。 = - や ' と 日 本 一 も 自 由 バ 、 ) の ・ 片 。 マ い 7 ル み 1 ロ ~ ク 解 0 > の 見 越 し 日 未 6 冫 フ し 2 ぞ な つ は さ が 選 ん た MediaPad XI ス 0 ← 左 右 の フ チ が 狭 い 超 狭 額 縁 仕 様 で 重 量 約 249 グ ラ ム と い う 軽 さ が ポ イ ン ト 。 操 作 感 も 良 好 で す 。 片 手 持 ち し て 通 話 が 可 能 ナ ベ コ が 選 ん た Ascend M ate7 ← オ ク タ コ ア C P IJ に よ る サ ク サ ク と し た 操 作 感 が 魅 力 。 約 6 イ ン チ の 狭 額 縁 で 、 片 手 持 ち も 問 題 ナ シ で す 。 ユ 指 紋 認 証 セ ン サ ー を 背 面 に 搭 載 つ 鵞 ← 3 6 0 度 ど の 方 向 か ら で も 指 紋 を 認 識 す る 。 ワ ン ア ク シ ョ ン で 1 秒 以 内 に ロ ッ ク 解 除 が で き て 便 利 。 0 美 し く 撮 影 で き る セ ル フ ィ ー も 魅 力 $WUXGA(12 撮 影 対 象 の 肌 年 齢 を 補 0 0 >< 1 9 2 0 ド ッ 正 し て 撮 影 す る 、 、 ビ ュ ー ト ) デ ィ ス プ レ ー テ ィ ー モ ー ド " は 、 イ ン カ は 、 電 子 書 籍 を メ ラ で の セ ル フ ィ ー に も 対 読 む と き な ど に 威 応 。 補 正 の 度 合 い は 1 0 段 力 を 発 揮 す る 。 階 か ら 選 択 可 能 だ 。 電 子 書 籍 の 閲 覧 も 快 適 由 ら 4 花 マ ん 由 ん ぎ ソ に し く ~ ト イ レ ! 〒 く 自 そ な か っ た 、 、 ら し い よ MediaPad MI 聞 (LTE 版 ) ・ 実 売 価 格 3 万 2000 円 前 後 MediaPad XI 7 』 ・ 実 売 価 格 3 万 7000 円 前 後 C)8 ℃ 8 ー ・ 08:08 8 イ ン チ タ ブ レ ッ ト 7 イ ン チ タ ブ レ ッ ト 今 こ そ 自 由 を 満 喫 し よ う ← 大 画 面 の 映 像 と 前 面 SIM ロ ッ ク 解 除 で 手 に す る こ と に な っ デ ュ ア ル ス ピ ー カ ー に よ る 迫 力 の サ ウ ン ド が 楽 し た S や 端 末 を 選 ぶ 自 由 。 こ の チ ャ ン ス め る 。 自 社 製 ク ア ッ ド コ ア を 逃 す 手 は な い ア ル ! ( 唯 花 ) CPU を 採 用 し 、 バ ッ テ リ ー 容 量 は 4800mAh 。 「 フ ァ ー ウ ェ イ ・ ジ ャ パ ン 」 公 式 ア カ ウ ン ト か ら 最 新 情 報 を ゲ ッ ト ! フ ァ ー ウ ェ イ で 検 索 ← ク ア ッ ド コ ア CPU と 高 精 細 WUXGA 液 晶 を 採 用 。 1300 万 画 素 カ メ ラ と 88 度 広 角 レ ン ズ の 500 万 画 素 イ ン カ メ ラ を 搭 載 。 バ ッ テ リ ー 容 量 は 5000mAh 。 第 0 回

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


10 両 酪 ュ タ ド イ ウ イ ン 和 ー 版 を 今 す ぐ チ ェ ッ ク ! 7 月 末 に 発 売 と ウ ワ サ さ れ る ウ イ ン ド ウ ズ 川 の 開 発 版 最 新 — TO イ メ 1 ジ が 4 月 四 日 に 公 開 さ れ た 。 こ の 最 新 ビ ル ド ク 版 ) で は 新 ウ エ プ プ ラ ウ ザ ー や = 一 純 正 メ ー ル & カ レ ン ダ ー な ど 、 従 来 の イ メ ー ジ に は な か っ た 機 能 の ほ か 、 ウ イ ン ド ウ ズ 7 ふ う の 半 透 明 処 理 も 復 活 。 音 声 認 識 を は じ め 一 部 機 能 は 未 実 装 だ が 、 こ の ま ま 環 境 移 行 で き そ う な 完 成 度 だ 。 要 求 ス ペ ッ ク も ウ イ ン ド ウ ズ 7 と ほ ば 同 じ な の で 高 性 能 も 必 要 な い 。 早 速 自 作 で 試 し て み よ う ー ← A は 十 Tab に 似 た ア プ リ ( ウ イ ン ド ー ) 切 り 替 え 機 能 、 、 タ ス ク ビ ュ ー こ で 不 要 な ウ イ ン ド ー を 閉 じ た り 、 ウ イ ン ド ー を ド ラ ッ グ し て 仮 想 テ ス ク ト ッ プ ( 最 下 段 ) に 再 配 置 で き る 機 能 が 便 利 。 ア プ リ ご と に 専 用 画 面 が 使 え る 、 、 仮 想 デ ス ク ト ッ プ " 1731 2015 / 0 ℃ 4 ・ く の 阜 A ← 物 理 的 な 液 晶 テ ィ ス プ レ ー が 1 枚 で も 、 複 数 の デ ス ク ト ッ プ を 切 り 替 え て 画 面 を 広 く 使 え る 。 仕 事 用 や 遊 び 用 な ど 用 途 ご と に デ ス ク ト ッ プ を 用 意 す る と い っ た 使 い 方 も で き る 。 7 が 動 け ば 10 も OK ! 乗 り 換 え も 楽 々 ! 1 GHZ 以 上 の プ ロ セ ッ サ ー CPU 1 GB (32bit) ま た は 2GB (64bit) メ モ リ ー ス ト レ ー ジ の 空 き 領 域 16GB (32bit) ま た は 20GB (64bit) Microsofi D ⅳ ec Ⅸ 9 対 応 デ バ イ ス グ ラ フ ィ ッ ク PAE 、 NX 、 SSE2 を サ ポ ー ト す る 1 GHz 以 上 の プ ロ セ ッ サ ー CPU 1GB(32bit) ま た は 2GB(64bit) メ モ リ ー ス ト レ ー ジ の 空 き 領 域 16GB(32bit) ま た は 20GB(64bit) Microsoft D ⅳ ec Ⅸ 9 対 応 デ バ イ ス グ ラ フ ィ ッ ク 1 GHz 以 上 の 32bi は た は 64bit ( X86 ) プ ロ セ ッ サ ー CPU 1 GB(32bit) ま た は 2GB(64bit) メ モ リ ー ス ト レ ー ジ の 空 き 領 域 16GB(32bit) ま た は 20GB(64bit) Microsoft Di 「 ec Ⅸ 9 対 応 デ バ イ ス グ ラ フ ィ ッ ク 會 WindowsIO の 必 須 シ ス テ ム 要 件 は 7 や 8.1 と ほ と ん ど 変 わ っ て い な い 。 OS の 実 質 的 な 占 有 量 も 減 っ て い る ( P34 参 照 ) 。 な お 、 デ ィ ス プ レ ー は 無 印 版 の 場 合 8 イ ン チ 以 上 で 、 P 「 0 版 は 7 イ ン チ 以 上 。 解 像 度 は 800X600 ド ッ ト 以 上 。 Windows10 3 新 し い ウ エ プ プ ラ ウ ザ ー 、 、 Edge " SX を 始 め る な ら 今 い っ ー 春 の 新 人 MSX ユ 避 カ イ ド : MSX3 一 周 年 3 Windows8/8.1 - 、 チ ン コ ・ ハ チ ス ロ ~ 物 0 上 を し 旧 ・ 物 、 、 22 ー 1 ■ 今 だ け お 設 立 : ア イ テ ム 量 中 ! 理 ← タ ッ チ や マ ウ ス で マ ー キ ン グ や メ モ を 書 き 込 め る 、 lnternet Explorer に 代 わ る 新 ウ ェ ブ ブ ラ ウ ザ ー 、 、 Edg GW は の ん び り ・ ・ ケ ー ム て も い か が ? ー う さ き の モ フ ィ そ ら と 0 e"0 Chrome や FirefOX の ア ド オ ン も ふ ワ タ ・ 置 の ひ ~ つ 一 - ー ・ 、 , - ー す 利 用 可 能 だ 。 現 行 ビ ル ド で は 開 発 途 中 版 な の で 、 、 Project Spartan" と 表 記 さ れ て い る が 、 実 行 フ ァ イ ル 名 は ・ ” - 、 、 ア ス キ ー ス ト ア 講 第 : 4 ン グ fspartan—edge. exe 」 と な っ て い る 。 文 加 藤 勝 明 撮 影 岡 田 清 孝 図 版 古 川 誠 之 30 ⅲ 面 ws7

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


問 題 作 成 / オ フ 喜 利 (http: 〃 offgiri. jugem.jp/) . ヵ 、 " ハ イ ジ の 質 問 1030 号 ま で の 限 定 復 活 第 1 巻 に し て 最 終 巻 と の ウ ワ サ が 現 実 に WEBO.2 頑 困 親 父 が 載 厳 を な く し た 寝 言 の 内 容 と は ? ・ オ フ 喜 利 、 MEBO. 2 ・ オ つ 利 た く さ ん 掲 載 さ れ た 人 に 賞 品 を 贈 る 、 で も 岩 倉 ・ 上 田 ・ 館 長 ・ コ ウ 円 こ の 本 を 読 ん で も イ チ ・ ゴ ト ウ ・ た け し ・ チ ョ リ 蔵 ・ 原 ネ ッ ト の こ と は 宿 ・ 藤 崎 ・ 松 本 ・ 岩 田 ・ ヤ ス ノ リ は 集 な に も わ か り ま せ ん 。 計 対 象 外 の 投 稿 ペ ー ジ 。 幻 の 単 行 本 情 報 は ネ ッ ト の ど こ か で ! ! ネ ッ ト で 叩 か れ る ( 藤 崎 ) パ ン ツ を 脱 ご う と す る と 陰 毛 か ら 放 た れ た 光 で ド プ 川 が 綺 麗 な 清 流 に な る ( 館 長 ) 雄 叫 び を 上 げ る た け で 周 囲 の 女 子 の ま っ 毛 が 工 ク ス テ さ れ る ( 原 宿 ) ス カ ウ タ ー が 壊 れ る IKKO が 完 全 に 男 の 声 で 「 お め え す げ え な ! 」 と 言 う ( 上 田 ) 「 ち ん す こ う 」 と 呟 く た け で ど も が 絶 頂 に 達 す る 新 ネ タ を 大 帳 加 ー ! 奇 り ア ス キ ー - 達 贏 の WE 日 0.2 に 「 プ ロ レ ス っ て ガ チ ? 」 ( 館 長 ) 「 こ の キ ャ ッ シ ュ カ ー ド の 暗 証 番 号 は ? 」 「 ゴ 丿 レ フ 場 開 発 の 人 か ら 何 か 受 け 取 っ て た よ ね ? 」 ( 上 田 ) 「 も し 私 の 仲 間 に な れ ば 、 牧 場 の 半 分 を お 前 に や ろ う 」 ( 館 長 , 「 お じ い さ ん の べ ッ ド に あ っ た 穴 の あ い た シ リ コ ン 製 の 筒 は 何 の 道 具 ? 」 「 合 コ ン で ペ ー タ ー に お い し い と こ 全 部 持 っ て か れ た ん だ っ て ? 」 ℃ M の 出 演 料 、 折 半 よ ね 円 ( 館 長 ) ( ゴ ト ウ ) ( チ ョ リ 蔵 ) 占 い 師 に 「 水 難 の 相 が あ る 」 と は 言 わ れ て た け ど 、 ま さ か こ ん な こ と が 起 き る と は ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。 何 が あ っ た ? し - ( 館 長 ) 自 宅 に 水 星 が 落 ち て き た ( 上 田 , 不 忍 池 で ア ト ラ ン テ ィ ス に 負 け た ( 館 長 ) ・ AMW 公 式 サ イ ト TWEBO. 2』 単 行 本 情 報 : http://go.ascii.jp/web02 ( 上 田 ) ( ゴ ト ウ ) 122

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


」 ホ ン ト は 、 「 ど う な の ? 編 笑 広 告 キ ャ ッ チ ク イ ズ 7 機 種 名 を あ て て ね ー ・ - 4 メ モ リ ー の す べ て メ モ リ ー 耐 久 実 験 静 電 気 に い な と 、 デ リ ケ ー ト な イ メ ー ジ の あ る メ を 丿 ー 。 そ こ て S ー MM を 箭 第 な 環 境 に 置 き 、 耐 久 度 を チ ェ ッ ク 。 大 切 な メ モ リ ー を 思 い っ き り い し め ち ゃ い ま し た 。 EYE ー ・ COM 1993 / 1 1 / 1 号 ( 通 巻 86 号 ) 特 集 1 メ モ リ ー の す べ て 意 地 悪 に も 煮 え た き る お 謝 こ 入 れ た り 、 ド ラ イ ア イ ス で 凍 ら せ て み た ! ! パ ソ コ ン の 悩 み 大 解 決 EYE ・ COM 1994 / 1 / 1 ・ 1 / 1 5 号 ( 通 巻 90 号 ) パ ソ コ ン の 悩 み 大 解 決 デ リ ケ ー ト と 思 わ れ た が 、 な か な か 頑 丈 な ャ ツ だ っ た ! ! 天 第 の 磁 石 を 近 づ け ポ ケ ッ ト に 入 れ た ま ま 洗 囓 し た リ 石 、 編 気 を 器 、 を も を ・ 人 れ て を 一 を 実 行 内 鰍 り 融 鄧 . ネ ッ 2 レ ス 、 ス ビ ー ガ -- セ か 発 女 に 能 い た の ち 動 作 ナ ェ ッ ク す カ ー 0 石 . な ん と す べ る と . 無 事 . け っ こ う イ ケ る も ん だ . て セ ー フ . こ れ は ダ メ だ と 思 っ た の に ・ ・ と こ ま で 耐 え ら れ 3 ? フ ロ ッ ビ ー シ ャ ッ タ ー を 外 し た リ も っ と も あ り そ う な ケ ー ス が コ レ . 子 想 ど お り し オ レ も や っ て み よ っ な ん て こ と は や め よ う . ド ラ イ ヤ ー の 第 風 を あ て に 一 タ ー の 近 い : 置 さ つ は な し と い う 設 定 だ . 手 て 物 て な い は ど . ド ラ イ ヤ ー を 済 び せ け た ら つ い に ア ウ ト と な っ た 卩 久 ・ こ れ は 、 ど の ぐ ら い ま で の 暑 さ 冷 た く す る ほ う は 、 ド ラ イ ア イ ス と 寒 さ に 、 メ モ リ ー は 持 ら こ た え で メ モ リ ー を 直 ら せ た 。 あ わ れ に る か と い う 実 だ , 熱 い ほ う の 実 凍 っ た メ モ リ ー を 見 て 、 こ れ は 確 は 、 ビ ー カ ー で 水 を さ せ て 、 実 に こ わ れ た だ ろ う と の 思 い が よ そ の 間 メ モ リ ー は す っ と 入 れ つ は き っ た が 、 糖 梁 は 下 の と お り . メ な し と い う 条 件 . ア ツ ア ツ の メ モ モ リ ー っ て 意 外 と 丈 夫 な ん だ よ ね リ ー が 嘛 え る ま で 待 ち 、 実 装 し た . え . こ の プ リ ン タ で 、 あ な た の 写 真 は 写 真 画 質 に な る オ レ ン ジ ジ ュ ー ス や お い し い 水 を ひ っ か け た ! ! そ の と き メ モ リ ー は ? 熱 を 加 え る ・ 第 し た こ こ ろ で 一 を 取 リ た し た . ほ ど は ど に さ め た と こ ろ で マ ッ ク に 実 装 , 果 は な ん ど し に ・ ま な ら - ・ を す も 一 で M は 入 れ 1 は な ー の お ・ は ・ え て い 、 . ・ ま す . 実 際 に あ リ そ う な ト ラ プ さ 取 っ た の ら 、 実 装 し て み た . 結 ル を 実 験 し た . メ モ リ ー は 精 密 部 果 は オ ー ・ ル セ ー フ . す べ て し 、 品 な の で 、 も ち ろ ん 水 な ん か に つ ま っ た ( な く 動 作 し た . け て は い け な い . ぞ こ で 、 お い し は 、 水 が か か っ て も 席 静 に す ぐ 拭 ・ オ レ ン ジ ジ き 取 れ は 、 あ る 度 は だ い じ よ う い 水 ・ 、 、 コ ー ヒ ー ュ ー ス ・ の 引 に ひ た し て 、 拭 ぶ だ と い う こ と た . お い し い 水 ニ ュ ー メ デ ィ ア は 弱 か っ た ! ? べ タ ベ タ に 指 紋 を 付 け た リ ( 0 ・ :. タ ウ ン ズ の シ ス テ ム ソ フ ト ウ ェ ア を テ ス ト 用 に 使 っ た . わ ざ と ら し く 、 ら よ っ と 蓄 通 て は 考 え ら れ な い く ら 、 材 て ち し て み た が 、 ら 0 ん と 盛 、 無 事 社 動 し た . サ イ ン ペ ン て ぶ ら ぶ ら 君 を 書 い た E の ア イ ド ル ぶ ら ら れ が 物 い わ け で は な い の た ろ う が . ー 発 で デ ィ ス ク エ ラ ー と な っ た ・ べ ン ジ ン て 1 こ い て 、 ま 講 手 の ニ セ サ イ ン を 書 い た り も し た が . す べ て ア ウ ト だ つ な カ ッ タ ー て 傷 つ け た ! ! コ レ も 簡 単 に ア ウ ト と な つ な ー カ ・ メ ′ は 円 を に デ ー タ が 駅 」 一 さ れ て い る の で 、 ま す 放 第 上 . に キ ズ を 入 れ て み た か . 2 本 目 で エ ラ ー こ な を ( 0 ・ 望 第 一 は . 非 常 に デ リ ケ ー ト な の だ . 金 魚 と 同 居 を さ せ て み た が ・ ・ ・ け 出 そ う と し た 実 に 水 橋 に セ ッ ト す る と 見 事 に マ マ ナ ! ! 正 直 な と こ ろ . さ っ と 取 り 出 し て わ お ま か に 本 を さ 取 り . 爆 さ せ れ は 大 丈 夫 か と 思 っ て い た . も キ ー が 人 力 さ れ な く な っ て し ま っ た , 声 す る 人 は ・ い な い た ろ う が . キ - ポ ー ド に 水 は か な り 第 た を 大 解 決 ◆ パ ソ コ ン い ろ い ろ ~ す る と 第 れ ま す を と 言 う パ ソ コ ン 界 の セ オ リ ー を 、 あ え て 破 っ て の 大 実 験 。 キ ミ た ち の 疑 問 に 思 う 、 危 険 な 実 経 を や っ て し ま う の だ 。 意 外 に デ リ ケ ー ト だ っ た ! ! 0 度 析 り 曲 げ た ! ! ハ ー ド デ ィ ス ク に つ な が れ て い る ケ ー プ ル を テ ス ト に 使 用 し た , グ ッ と ふ た っ 折 り に 物 け 、 タ コ 第 で 物 っ て み る と 、 ハ - ト デ ィ ス ク は 認 盟 さ れ な く な っ た 、 机 の 足 て 踏 み つ け た 今 り 実 験 中 、 一 番 々 し か っ た の か こ の ま 験 、 駅 の 足 て み つ け て 一 ジ , イ ア : ・ 木 を に 座 ら せ な 砂 の ら に 物 し て み る と . ど う に か セ ー フ , よ か っ た 一 静 第 第 驫 グ ッ ス 問 い 合 わ せ 先 ハ 物 ー ? こ を " ン ・ サ プ ) イ 第 日 鑿 ・ 118 會 こ れ は ヤ バ い と 思 わ れ る 状 況 か ら 、 そ り や 大 丈 夫 だ ろ う よ と い う 状 況 ま で 、 耐 久 度 を テ ス ト 。 會 耐 久 実 験 シ リ ー ズ 第 2 弾 は 、 、 パ ソ コ ン い ろ い ろ " と い う ふ わ っ と し た も の が 対 象 に 360 度 折 結 果 が す べ て 。 セ ー フ " な の が い ま ひ と つ だ が 、 ち ゃ ん と テ ス ト し た 証 拠 で も あ る 。 り 曲 げ た ら 元 に 戻 っ ち ゃ う だ ろ ! と い う 読 者 の ツ ッ コ ミ ま で 想 定 さ れ た 鋭 い 小 見 出 し に 注 目 。 実 験 ! ! そ れ っ て ホ ン ト ! ? パ ソ コ ン の 〇 と X200 目 作 焼 実 ◆ イ ◇ カ リ ガ リ ッ と RAM の 表 面 を 削 っ て み た ! ! 50 万 ホ ル ト の 静 電 気 を 加 え て み た ! ! 冷 却 す る ・ 望 物 の 的 半 分 が 結 し た と こ ろ で 、 解 ー さ す が に れ た か と 思 っ た が 、 無 事 に 新 し た 、 ・ ト ラ イ ′ イ は 、 強 な 0 第 を を し て . SIMM な み る み を 1 ら コ ー ヒ ー ジ ュ ー ス ・ ・ メ ー カ ー の 方 々 す い ま せ ん ・ と 思 い な が ら 行 な っ た . チ ッ プ ・ の 表 面 を 価 つ け る 実 第 だ . 深 さ ー ミ リ 軽 度 グ を つ け た - 結 集 は . 子 想 ど お リ 問 題 な く 認 場 . ・ ッ タ ー イ フ て 第 を 付 け た に : ろ . 第 単 い を れ て し 一 い . 置 い て し 一 つ た . ・ 東 芝 材 学 博 物 館 の 万 ポ ル ト 静 電 気 発 生 装 置 て 強 第 - し か し 、 ・ 蓄 電 す る だ け の 装 置 だ っ た た め 、 ノ - 無 事 に 認 量 ! し パ チ ッ と 放 電 し な け れ ば 、 た い じ よ う ぶ な の な 第 芝 学 第 物 れ 0 ・ 、 い ル 1 ′ ノ ノ ・ 物 電 気 が 第 わ っ て い る す 、 , , ー ン - ー 丿 ・ 一 - ・ を は な い . 製 の を か を 立 つ は ど の 強 無 さ た . ・ こ れ 一 た レ ア ー な ー 長 . な に も れ ・ を を ・ し て カ ラ ブ の 静 第 気 を を 第 ・ キ 物 に ・ 第 し . ク リ ッ プ を ア ー ス ・ 第 ( て . 静 電 気 を 第 0 第 ・ 用 , を す 0. な を か ・ 物 用 の 物 は . 自 が 多 い に 機 す る 一 、 色 % あ っ て カ つ イ イ . う い え は 毛 物 は バ チ バ ー る を ら 1 製 か ら 静 第 気 を 第 し な ( て も . キ ー ポ ー ド ケ ー プ ル リ ス ト ラ ッ プ 静 電 グ ッ 除 電 ク ッ シ ョ ン 制 電 ひ さ か け 静 電 気 防 止 プ ロ 用 ク ッ ズ EYE ・ COM 1994 / 1 1 / 1 号 ( 通 巻 107 号 ) EYE ・ COM 1995 / 5 / 1 ・ 5 / 15 号 ( 通 巻 1 18 号 ) 0 -10 0 「 / 0 当 。 0 水 0 て 解 れ な い は ど の 高 を 発 す る が ・ ー た ・ に よ っ て ど の ( ら い 度 興 か あ を の を ろ っ か の 上 に フ ラ イ ハ ン の せ ・ つ す ら の 新 て 目 工 境 き を 作 、 【 て す し て み る ・ 一 と に し 、 一 ー す 」 u を し に そ れ ぞ れ ・ ヘ ン テ 弩 ア 4860X2 ( 日 ′ 〉 、 486SL ( ′ ワ ー ( 60 ー ( 印 材 日 ′ ) を 積 ん た 6 物 の バ ノ コ ン を 用 轟 し ・ を 十 分 、 加 す る 、 ua. し の 上 の ヒ ー ト ン ン ク は あ ら か し め は す し て お く 】 ・ 「 す ら の 聞 を 第 る ・ 卵 の 入 っ た フ ラ イ バ ン を 凶 時 に 6 つ の に 東 せ ・ バ ン コ ン の カ ハ ー を か て 加 分 問 得 っ ・ 今 回 の 実 験 の 一 の ミ ス 縄 熱 を 伝 え や す い み 製 の フ ラ イ バ ン を 使 用 せ す に ・ ス テ ン レ ス 製 を 優 っ て し ま っ た こ と だ ・ そ の た め ・ 卵 の 加 に 分 し か け と い う 盟 間 的 ロ ノ か 貸 生 し た ・ そ し て 分 純 れ な い は ど に く な っ た た が ・ 心 の 目 三 慢 き は で き て い る の た ろ う か 1 ズ X イ と 》 : ク 0 い 」 。 見 え る ト コ ロ は カ ワ イ イ で す が 、 見 え な い ト コ ロ は ス ゴ 1997 年 月 こ ろ 。 ポ ー ル が ク ル ク ル と 回 る の が 見 え る マ ウ ス 。 イ で す の 熱 て 、 目 玉 焼 き は 本 当 に 規 け る の か ? 0 パ ソ コ ン に 疑 問 は つ き も の 。 ・ 知 っ て る つ 0 も り た っ た け と 、 ホ ン ト は と う な ん だ ろ ? ” と 思 う の も よ く あ る 話 だ 。 そ ん な 疑 問 を Ox で 一 挙 に 解 決 し よ う 日 0 ハ ソ コ ン の は ・ 電 物 を 人 れ る と 非 常 に 熱 ( な る 、 こ の と き の よ 度 は っ た い ど れ ( ら い な の か ・ ま た ・ し の 様 新 に よ っ て 発 第 か ど の 度 な る の ケ な の か を 確 か 畍 る た め ・ つ イ ン ナ を い て み た 議 け 員 合 か わ か リ や す い よ う に 、 つ イ ン ナ に は 切 れ 込 み を 人 れ ・ タ コ ウ ィ ン ナ と し た ・ こ の タ コ つ イ ン ナ を プ ラ モ デ ル 用 の ま 料 口 に 人 れ 、 こ ー ト ン ン ク を 外 し た の 上 に 載 せ る - っ こ と 分 は た し て ・ ウ イ ン ナ は う ー く 夜 い る た ろ う か ? 0 動 作 中 の は ・ ウ イ ン ナ を 焼 け る ほ ど 熱 い ? 486DX2 ( 66MHz ) ・ 一 豆 缸 、 プ を を 0 っ て - ( 新 0 の 上 に 載 材 る . ・ の ” ー て う イ ン ナ に す り 詩 み を ス て タ は の を を 作 0. 第 の 新 は し り ろ 人 を 本 第 を い を の 目 十 さ て き ′ ト つ の 中 て リ ~ 番 日 の て き は 6 2 安 の し の 中 て は ・ 第 理 物 ー か ・ 1 叮 の 4 を 60 ー ー ( 民 け て い る ~ 足 の 、 驫 、 ノ コ ン の 中 は い い よ と 鬮 し く 口 駆 動 の を を フ ィ ア の し し ケ こ ち ら は け っ 一 - う 物 ′ 、 な る ア 一 1 の 斌 ャ 第 、 」 る ペ ン テ ィ ア ム レ ア 退 さ と 発 熱 量 は 比 例 せ す ミ テ ィ ア ム 黄 身 は 単 無 て い い 感 し を り 上 け を 4 第 の 中 て は . い 5 は 、 瑩 十 の い 、 ン : , を - を す は ・ 直 、 ・ 強 の フ ′ を イ は - 3 第 、 、 を 日 の 第 的 物 ツ ン い 、 第 を て は 物 い . 5 を ↓ て は を 一 ! ・ ・ 気 , な い 、 癢 ・ は の 7 ′ イ 、 イ ス は 、 “ . て し ・ エ ト な 在 4 : , ク ど を リ ン ヂ ル ・ ・ は は い か . ′ ・ , 第 を ト ′ す リ 物 第 第 的 い わ れ て い 第 ツ 上 ・ 価 の : , ァ イ ル イ ス は . ・ 1 ~ い 51 0 と X 1 / 8 。 會 [CPU っ て 目 玉 焼 き が で き そ う な ぐ ら い 熱 く な る よ ね 」 と い う 当 時 よ く 聞 い た 話 を ホ ン ト に や 會 「 CPU っ て ウ イ ン ナ を 焼 け そ う な ぐ ら い 熱 く な る ん じ ゃ ね ? 」 と い う 当 時 全 く 聞 い た こ と の な い 話 を や っ て み る と い う 、 ア イ コ ン で も ど う か と 思 う 企 画 。 省 電 力 CPU を ダ メ と 言 い 切 る 潔 さ 。 っ て み る と い う 、 ア イ コ ン な ら で は の 企 画 。 い ま だ に 覚 え て い る 人 も 多 い ら し い 。 103 ク イ ズ の 答 は 104 、 105 ペ ー ジ に あ り ま す 。 ′ ク 砂 ぉ キ ” コ : ・ を い し り な を ・ 第 確 ☆ を 0 れ も 一 は ら し い 第 ・ - 久 ウ ェ ル ダ ン 卵 を 焼 く に レ 、 ワ —pc レ ア 手 て 解 れ る は ど の 低 盟 4 8 6 T) 0 2 ワ - ー - PC601 ・ ・ ン ア ー の き に 関 し て は ・ ー ′ た ( タ メ な 0 メ ー ど う や も 広 が ら す ' ー る つ 3 8 6 Ø>< ハ ワ ー 。 の 名 に を し す の 3 し き ら ん を エ 編 な っ て い て の お 舞 当 に 人 っ て い る ・ ご も な い レ ア ま る き り 第 ( な ら す ポ ー ト に は い ろ い ろ あ る か 、 中 に は ・ 同 し 状 の も の し あ る ・ 00S バ ソ コ ン の プ ー ム ボ ー ト ど の テ ィ ス プ ト も レ ー ポ ー ト も そ の ひ と っ た 用 と し に も て 画 ~ ら れ て い る テ ィ ス プ レ ー て も 、 変 れ コ ネ ク タ ー を え は ・ 005 ハ ノ コ ン に つ な ぐ こ と か で き 0 か ・ 変 授 コ ネ ク タ ー を 信 け る 前 の ケ ー プ ル は ・ し ' う か ら 要 注 を 最 第 の 場 合 、 内 の ケ ー プ ル が 使 け て し ま う こ と も あ る の た ・ 074 PAK を PAK . ZIP ・ ARC PAK 検 証 リ 約 311.7K8 約 250.4K8 . 一 約 311.7K6 」 CARC LHA め 250.4K 日 一 め 171.2K ま 鳶 ケ ー プ ル は 違 う ・ ホ ー ト に は さ さ ら な い ? ・ 圧 確 ソ フ ト て 圧 確 し た フ ァ イ ル は 、 そ れ 以 上 圧 縮 て き な い の か PAK ー め 3 れ .8KB ー 増 え た 一 変 わ ら な い ま 圧 第 で き た ー ー な 川 の ア イ ス フ し 一 54

週刊アスキー 2015.5. 26 No.1028


Z リ 0 に ウ イ ン ド ウ ズ ー 版 を 入 れ て み た ウ イ ン ド ウ ズ と ー 版 の 違 い を 比 べ る け で 、 と い う 手 間 要 ら ず ぶ セ ッ ト ア ッ プ 手 順 は り な の で セ ッ ト ア ッ プ も ラ ク よ り ラ ク だ っ た ! な お 、 を 含 め た 大 半 の ド ヾ ー は ネ ッ ト に 接 続 し て い ウ イ ン ド ウ ス 1 版 を す ラ イ ノ ぐ に 試 し た い が 、 を い ち か れ ば 自 動 的 に 導 入 さ れ る ( イ 財 ト 一 ー ~ ら わ ざ わ ざ 自 作 す る 時 間 は 惜 し 版 な の で 自 動 更 新 は 常 に オ ン に : と い う 人 に 最 適 な の が イ な っ て い る ) の で 、 ウ イ ン ド ウ ン ~ ー ・ ・ ・ ・ ・ ン テ ル の 小 型 べ ア ポ ー ン ;-:O ズ & よ り も 導 人 が ラ ク と 言 え る 。 占 コ 『 』 。 裏 プ タ を 外 し て 、 内 そ ん な だ が 、 同 じ パ の 部 に メ モ リ ー と を 追 加 す ッ 構 成 で ウ イ ン ド ウ ズ 方 ム 0 テ プ る だ け で 完 成 す る お 手 軽 さ が 魅 0 版 と 性 能 は 変 わ る の か 、 新 旧 イ 版 0 で ス ト レ ー ジ 使 用 量 や 各 種 力 の 今 最 も ア ッ い 自 作 だ 。 — 版 を イ ン ス ト ー ル し た 後 べ ン チ で チ ェ ッ ク し て み た 。 結 は 、 チ ッ プ セ ッ ト ド ラ イ バ ー だ 果 、 一 部 を 除 き ウ イ ン ド ウ ズ 間 O 0 け ウ イ ン ド ウ ズ & 用 の ド ラ イ バ の 版 は ・ よ り も 軽 快 に 動 作 ー を 手 動 で イ ン ス ト ー ル す る だ す る こ と が わ か っ た 。 込 ば 手 み れ 組 れ を 慣 完 0 こ 、 ず D 倒 リ け も 組 モ だ 分 に イ メ む 5 軽 o ア フ シ ナ ö 線 8 力 も モ 1 土 寸 「 ( ゞ 代 メ 世 o 同 ぐ 。 月 連 用 田 面 ス 性 想 の 採 I-IJ 画 い 高 LLJ 2 と の 新 を 調 の o ど リ D オ ほ 5 は - 応 メ 女 ど た 想 o に な っ 仮 小 型 PC 自 作 の 決 定 版 ! NUC5i5RYH ・ イ ン テ ル ・ http://www.intel.co.jp/ 実 売 価 格 5 万 5000 円 前 後 比 較 比 較 仮 想 メ モ リ ー の フ ァ イ ル 容 量 ・ 単 位 :KB 1966080 Windows10 旧 版 フ ァ イ ル シ ス テ ム : NTFS ■ 使 用 領 域 : 16.028.938.240 バ イ ト 14.9 GB ■ 空 き 領 域 : 48 引 525246.976 バ イ ト 450 GB 容 量 : 49 554.185.216 バ イ ト 465 GB 會 OS イ ン ス ト ー ル 直 後 の C ド ラ イ ブ の 占 有 容 量 を 比 較 。 Windows8.1 よ り も 10 の 旧 版 の 方 が IGB 強 で は あ る が わ ず か に 占 有 量 が 少 な い 。 小 容 量 の SSD で 運 用 す る な ら IO の 方 が ほ ん の 少 し だ け 余 裕 が あ る 。 国 起 動 10 分 後 の メ モ リ ー 使 用 量 時 間 経 過 で ジ ワ ジ ワ 上 昇 Windows 圧 1 の 場 合 Windows 10 版 の 場 合 2621 44 1966080 Windows8.1 P 「 0 262144 會 Windows 起 動 時 に 生 成 さ れ る 2 つ の 仮 想 メ モ リ ー 関 連 フ ァ イ ル (pagefile. sys お よ び swapfile. sys) を 比 較 。 ど ち ら も 物 理 メ モ リ ー 搭 載 量 に 応 じ て 自 動 生 成 さ れ る が 、 OS が 変 わ っ て も 変 化 な し 。 国 OS の 起 動 時 間 ム ラ は あ る が 10 ー P 版 が 微 妙 に 速 い ア イ ド ル 時 の メ モ リ ー 使 用 量 Windows10 旧 版 OS の 起 動 時 間 Windows10 旧 版 単 位 :GB く Fast 1 4.5 秒 Windows8.1 P ro Windows8.1 P 「 0 152 秒 會 タ ス ク マ ネ ー ジ ャ ー で OS 起 動 10 分 後 の メ モ リ ー 使 用 量 を 測 定 。 10 會 電 源 ボ タ ン 押 下 か ら デ ス ク ト ッ プ 出 現 ま で の 時 間 を 計 測 。 10 の 旧 版 も 起 動 直 後 は 1 .2GB 程 度 だ が 、 時 問 経 過 で 逆 転 し て し ま っ た 。 の IP 版 の 起 動 時 間 は 8.1 よ り 振 れ 幅 が 大 き か っ た が 、 3 回 平 均 し ス タ ー ト メ ニ ュ ー の ラ イ ブ タ イ ル 更 新 の 多 さ が 原 因 か も し れ な い 。 た 結 果 、 微 妙 に 10 の 旧 版 の 方 が 速 い と い う 結 果 に な っ た 。 【 検 証 環 境 】 メ モ リ ー : ADATA 「 ADDS1600W4G11- R 」 ( DDR3L -1600 SO-DIMM 4GBx2) 、 SSDCrucialfCT500BXlOOSSDIJ ( 500GB 、 SATA3)