検索 - みる会図書館

全データから 206604件ヒットしました。

日帰りおでかけ るるぶ情報版 京阪神⑤


: 大 販 城 公 園 こ 予 算 所 要 ビ ク ニ ッ ク 自 然 観 察 ア ウ ト ド ア 緑 の 遊 び 場 爻 無 料 と く と く チ ケ ッ ト 特 に な し 施 設 内 以 外 は 喫 煙 △ 別 mmap PI 57E4 O K 。 吸 殻 は 持 ち 帰 る こ と 阪 の シ ン ボ ル 大 阪 城 を 中 心 に し た 公 園 シ ア タ RAV で 、 総 面 積 は 約 105.6ha 。 園 内 に は 平 川 大 阪 城 ホ ー ル 、 野 外 音 楽 堂 、 大 阪 国 際 OMM 郵 便 ・ 大 阪 府 立 性 総 ノ タ ー 女 子 マ ラ ソ ン の コ ー ス で も あ る 周 回 コ ー ス な ど 、 、 を 少 年 野 球 場 新 橋 、 ) ; ミ 幺 城 ホ 人 、 を 水 上 ノ が あ り 、 太 陽 の 広 場 で は 、 ス ポ ー ツ や レ ク リ エ 弁 天 文 追 手 月 学 小 ・ 申 ・ 高 ー シ ョ ン な ど 思 い 思 い に 遊 べ る 。 べ ン チ も 数 多 く 設 置 さ れ て い る の で 、 の ん び り と 散 策 す る だ 極 楽 橋 大 阪 合 同 庁 舎 3 号 け で も 、 気 分 が リ フ レ ッ シ ュ さ れ る 。 ま た 、 大 球 場 \ 焔 硝 阪 ロ 丁 号 館 ) 当 , 庵 刻 印 有 な 塲 阪 城 天 守 閣 は 博 物 館 と し て 公 開 さ れ て お り 、 ほ ) 乾 櫓 大 阪 迎 賓 館 、 陽 の 広 場 か に 大 手 門 、 千 貫 櫓 と い っ た 1 3 棟 の 重 要 文 化 に 西 ー 酉 の 2 大 阪 城 財 が あ る な ど 見 こ た え た つ ぶ り だ 。 さ ら に 城 の 手 前 高 文 傘 水 戸 3 配 丞 池 ー ハ 敷 地 内 に は 、 桜 で 知 ら れ る 西 の 丸 庭 園 や 梅 林 が タ イ ム カ プ セ ル 広 が り 、 歴 史 ロ マ ン と と も に 、 情 緒 漂 う 自 然 も 木 阪 城 岬 外 ( 記 念 樹 の 霖 、 埋 蔵 地 ー 金 蔵 、 生 楽 し め る 。 特 に 、 舂 は 府 内 屈 指 の 夜 桜 ス ポ ッ ト 志 - 0 , 第 ト と し て 知 ら れ 、 ラ イ ト ア ッ プ さ れ た 天 守 閣 と 桜 」 千 寘 機 食 呈 院 ノ 外 ・ ! 当 な 朝 ー に の 共 演 に た く さ ん の 人 が 酔 い し れ る 。 中 央 区 - 、 玉 造 ゴ 大 手 前 ( 三 ) ◎ ◎ - 。 い ド コ 番 - - ー 市 民 の 森 1 外 南 ご 木 野 、 噴 水 ・ 。 芦 楽 掌 曇 0 和 洋 レ ス ト ラ ・ 歴 史 博 物 ン 4 カ 所 、 ス ナ ・ 大 阪 国 際 平 ン タ ー 刻 。 ッ ク コ ー ナ ー 1 1 カ 所 あ り ー 、 町 四 丁 目 = = = 法 円 坂 林 ノ 宮 ー 林 呂 ( リ ー ド 必 須 ) 物 は 持 参 し よ ; 一 部 女 子 ト イ ・ ~ 300 台 ・ レ に お む つ 替 幻 ロ ( 1 時 間 350 円 ) え シ ー ト あ り 06-6941-1144 入 場 無 料 ( 大 阪 城 天 守 閣 大 人 6 円 、 西 の 丸 庭 園 ・ 大 人 2 円 、 中 学 生 以 下 無 料 ) ※ 時 期 に よ り 変 更 あ り 大 阪 市 中 央 区 大 阪 城 終 日 開 園 。 大 阪 城 天 守 閣 は 9 ~ 17 時 ( 催 物 に よ り 延 長 あ り ) 、 西 の 丸 庭 園 は 9 ~ 17 時 ( 11 ~ 2 月 は ~ 16 時 30 分 ) ※ 入 場 は 閉 館 の 分 前 ま で CD 無 休 ( 園 内 各 施 設 は 休 館 日 あ り ) ロ 阪 神 高 速 東 大 阪 線 法 円 坂 出 口 か ら す ぐ JR 大 阪 環 状 線 大 阪 城 公 園 駅 か ら す ぐ : ☆ 駅 か ら 徒 歩 す ぐ な の で 電 車 利 用 が 便 利 ・ お お さ か じ よ う こ う え ん 橋 レ し 多 聞 六 番 櫓 、 喪 教 育 森 ノ 宮 電 車 区 豊 国 神 社 」 ・ NH 阪 放 送 ツ 特 に な し く 染 秋 め は る イ 周 チ 回 ョ コ ウ ス 沿 を 色 ① 舂 に は 600 本 の 桜 が 花 を 咲 か せ る 西 の 丸 庭 園 vent 2 ~ 3 月 1270 本 の 梅 林 が 見 こ ろ に 3 ~ 4 月 桜 が み ご ろ 。 西 の 丸 庭 園 観 桜 ナ イ タ ー あ り 5 月 ~ 6 月 初 旬 ア ジ サ イ が 見 こ ろ 5 ~ 6 月 ヒ ラ ド ッ ツ ジ が 見 こ ろ 7 ~ 9 月 フ ョ ウ が 見 こ ろ 、 植 木 市 あ り ~ ⅱ 月 キ ク が 見 こ ろ 料 金 第 0 ① 西 の 丸 庭 園 か ら の 桜 と 天 守 閣 の 共 演 ミ 大 阪 の 伝 統 工 芸 品 が 買 え る 大 阪 城 の 歴 史 や 秀 吉 の 生 涯 を 資 料 と 展 示 す る 大 阪 城 天 守 閣 。 2 階 で は 復 大 阪 城 天 守 閣 の ミ ュ ー ジ ア ム シ ョ ッ プ で は 、 太 閤 梅 元 し た 戦 国 武 将 の 兜 を 陣 羽 織 と 試 着 (200g1500 円 ) や T シ ャ ッ ( 1900 円 ) な ど 大 阪 し 、 写 真 撮 影 が で き る ( 300 円 ) 。 試 着 城 限 定 の グ ッ ズ を 販 売 。 特 に 江 戸 時 代 か ら の 伝 統 技 法 用 兜 は 、 豊 臣 秀 吉 や 真 田 幸 村 、 加 藤 清 を 用 い た ト ン ボ 玉 ( 3150 円 ~ ) は 、 深 み の あ る 色 合 正 な ど 全 5 種 。 な か で も 秀 吉 の 馬 蘭 後 立 付 兜 は 、 名 兜 中 の 名 兜 と し て 名 高 い 。 い が 美 し く 、 ネ ッ ク レ ス か ら 根 付 け ま で 揃 う 。 50 る る 不 チ ェ ッ ク 知 っ 得 情 報 イ ベ ン ト ス ケ ジ ュ ー ル

るるぶ南大阪 [2014]


350 ス ポ ッ ト 総 力 取 材 暮 ら し を 楽 し 地 元 る , - ー , ・ 、 る る ぶ 情 報 版 南 大 阪 大 好 き な ま ち の 泉 庫 直 ー .2 ー 和 泉 丘 鳥 央 山 ↓ ) 、 、 ケ 舌 林 丘 中 狭 田 長 田 】 野 東 院 国 百 田 み 泉 阪 野 内 和 塚 佐 南 堺 堺 宿 鳳 三 中 富 泉 和 大 北 河 岸 貝 泉 泉 し 7 ル 0 , 7 ー ル し 一 、 、 リ 古 カ て フ 新 pecla lnterview 歌 舞 伎 役 者 片 岡 愛 之 助 さ ん ロ ッ ク バ ン ド KANA-BOON

道の駅完全ガイド〈’09‐’10〉近畿・東海・北陸・中国・四国編 全335駅


国 道 166 号 沿 い 国 道 173 号 沿 い 1 河 ℃ 神 能 ~ を 異 5 E 5 南 号 り 阪 を 時 曜 号 9 火 頃 2 道 面 オ 53004 田 方 異 道 測 51 分 ) 9 ら 山 域 田 よ 野 道 o 時 ~ ら 分 一 町 広 高 に 平 国 3 1 野 か 3 時 ~ 子 ら を 設 4 字 ℃ ~ 休 町 é ~ 4 太 か , レ 生 ℃ g83 カ -x は 1 o 謝 山 面 サ 郡 ℃ ド 0 ~ 2 能 ロ 2 月 、 8 野 ~ 2 内 子 一 分 o 野 曳 1 時 1 福 立 時 郡 出 ら 3 休 - 河 太 ロ 5 1 能 2 か ~ 無 曳 羽 ら 0 南 道 ン 、 2 3 豊 第 ロ 1 ま 引 羽 道 か 1 木 狭 天 ~ 1 府 奈 一 い 府 部 出 c 府 奈 ℃ 所 の 府 若 を 時 阪 阪 リ 1 休 貶 阪 阪 。 売 , 阪 木 。 時 0 都 鶴 号 分 0 o 大 速 へ 0 大 南 へ 直 る 0 京 舞 6 3 2 A O 00 ・ 内 か 00 高 勢 ~ 00 ・ 西 0 な 4 4 3 歴 史 ロ マ ン 漂 う 町 の 秋 の 栗 な ど 収 穫 多 い 円 河 内 地 域 へ の 観 光 拠 点 シ ル ク と 旨 い も の 満 載 の 町 内 産 の 朝 採 り 野 菜 自 然 豊 か な 大 阪 の 奥 座 敷 新 鮮 野 菜 や 特 産 品 も 豊 富 丹 後 ち り め ん の 町 鳥 時 代 に は 蘇 我 氏 の 本 拠 き な 栗 の オ プ ジ ェ が 目 阪 と 奈 良 を 結 ぶ 美 原 太 子 、 阪 神 か ら 丹 後 地 域 へ の 最 地 と し て 栄 え 、 天 皇 家 な 印 。 都 心 か ら ほ ど 近 い 線 沿 い に あ る 。 地 元 の 特 産 短 ル ー ト 沿 い に あ る 山 間 ど の 古 墳 も 多 く 残 る 歴 史 の 町 。 に も 関 わ ら ず 、 緑 深 い 山 里 の の 品 を 販 売 す る た け る 館 、 軽 食 の 道 の 駅 。 伝 統 の 丹 後 ち り め 道 の 駅 は 日 本 最 古 の 官 道 で あ 中 に あ る 。 野 菜 や 米 、 ハ ー プ 喫 茶 の ば ん ろ 5 ど 、 新 鮮 野 菜 ん の 展 示 や シ ル ク 関 連 の み や し る 竹 内 街 道 沿 い に あ り 、 そ の の 加 工 品 、 能 勢 の 職 人 の 手 に い や 夏 の ブ ド ウ 、 初 秋 の イ チ ジ ク げ 販 売 を は じ め 、 で き た て " こ と 日 の 朝 収 穫 し た ば か り の 太 子 よ る 工 芸 品 な ど を 販 売 し て い ん に や く 】 や き ゅ り 、 ト マ ト を 販 売 す る 「 あ す か て く る で 」 、 と ヾ る 。 月 の シ ー ズ ン 中 は ー ベ キ ュ ー 場 ( 要 予 約 ) や 芝 な ど お い し い 地 場 農 作 物 も た 2 町 産 農 産 物 の 朝 市 が 立 つ 。 季 ち し 節 の 野 菜 を 中 心 に 夏 は ブ ド ウ 、 生 広 場 、 子 ど も 遊 具 の あ る 野 つ ぶ り 並 ぶ 。 食 べ る 絹 パ ウ ダ 栗 の コ ー ナ ー が 大 に ぎ わ い ク ル 野 か 秋 は 柿 、 秋 5 冬 に は ミ カ ン も 。 だ 観 光 案 内 所 も あ る 。 外 活 動 広 場 な ど 施 設 も 充 実 。 ー は ヘ ル シ 1 な 自 慢 の 逸 品 。 の 生 状 れ い [ レ ル 連 軽 ル ソ や ン た 理 脈 豆 御 ラ れ 料 湯 り 新 る こ で ふ 館 は の 町 示 分 日 ク シ シ 関 。 シ ク る り ト 採 た は ま 最 施 、 し 、 し つ る 、 実 て し 防 た い シ し 品 ル ば は シ 売 ち 郷 た レ 勢 使 季 冬 ひ 所 は を れ 信 を に で の さ 粧 シ つ で の 販 」 合 も 料 豊 差 、 米 。 奴 付 円 ラ が で 勢 る 冷 が 0 。 月 館 ・ く に 肌 合 な ム 花 一 一 物 , ス 菜 ル 売 に が 立 立 ほ 文 る の 人 飛 ス い ま や わ ら な 1 に 分 オ イ 茶 ウ ク お 子 2 「 史 介 日 産 ッ 者 を 野 。 鮮 店 成 タ ア 喫 パ ト 太 歩 道 歴 紹 ロ 翌 売 ク ク の 食 ク フ 近 大 阪 府 こ れ が オ ス ス メ ! 大 阪 府 こ れ か オ ス ス メ ! 題 道 の 駅 能 勢 ( く り の ) 大 阪 府 こ れ か オ ス ス メ ! 主 要 地 方 道 美 原 太 子 線 沿 い 亠 京 都 府 こ れ が オ ス ス メ ! 国 道 176 号 沿 い 8 CXJ

月刊 新聞ダイジェスト 2015年12月号


政 一 政 ー 党 身 。 辞 〉 郎 ん な 、 し 時 ね と た 大 ね ロ け っ ム も の よ る つ に だ つ の か そ る 「 橋 下 新 党 」 結 党 表 明 れ 作 】 特 ん 、 た 。 る 。 な 表 ら に 回 る は っ 仲 「 よ る に え 翦 今 ま ん か 。 、 こ お お さ か 維 新 の 会 都 構 想 再 挑 戦 へ と 。 れ 変 ら 集 さ な ん は ー て 」 る わ も か ら が 下 や 一 泰 員 し が い い 変 国 だ か 間 橋 じ う ち 知 議 話 橋 下 徹 大 阪 市 長 は 1 日 、 の う ち 大 阪 選 出 を 中 心 と し 除 籍 処 分 新 党 参 加 を 呼 び か け な て が 全 。 」 仲 ん ふ 府 会 と 大 阪 市 内 で 記 者 会 見 し 、 地 た 十 数 人 が 参 加 す る 見 通 ら し 阪 、 だ 党 の a る < 阪 国 」 の な 藷 大 ば え の 暑 め 大 が い こ 域 政 党 ・ 大 阪 維 新 の 会 を 母 し 。 新 党 の 代 表 は 、 大 阪 維 刃 近 刃 刃 近 近 近 近 体 に し た 新 党 「 お お さ か 維 新 の 会 代 表 で あ る 橋 下 氏 が 1 例 阪 阪 阪 例 例 例 例 「 お お さ か 維 新 の 会 」 何 の た め ? 阪 比 大 大 阪 大 比 比 比 比 新 の 会 」 を 結 成 す る 構 想 を 就 任 し 、 月 絽 日 の 大 阪 市 ( ⑤ ② ② 伏 ② ② ② ② ② 大 が け 」 た ち し ~ 中 さ め ば ⑦ 太 孝 幸 ② 高 史 久 人 彦 正 式 に 表 明 し た 。 党 綱 領 に 、 長 任 期 満 了 ま で 暫 定 的 に 務 ① 、 孝 健 英 伸 敬 穂 康 信 靖 智 ー 図 大 阪 都 構 想 と 大 阪 の 「 副 首 め る 見 込 み だ 。 畑 浪 上 場 藤 山 立 東 野 下 徹 - 山 萇 る 会 る た を か 酊 た 谷 松 井 馬 遠 丸 足 伊 浦 木 東 片 都 」 化 を 柱 と す る 地 方 分 権 橋 下 氏 は 記 者 会 見 で 「 大 6 を の 動 さ 。 仕 。 お と 。 す な 「 大 阪 維 新 の 会 」 所 属 ( ⅱ 人 ) な ど 、 八 つ の 基 本 政 策 を 掲 阪 都 構 想 、 大 阪 の 副 首 都 化 裂 】 下 、 」 も 維 将 下 と だ お こ な く え る か よ 変 橋 。 会 の 、 で 橋 = 間 ん の め カ 団 。 い 仲 る に ? え め を を げ た 。 日 に 結 党 大 会 を 開 を 掲 げ た 改 革 政 党 、 本 物 の 党 長 か 会 の ん た " 集 だ る 店 前 の か 変 た 街 』 度 き 、 維 新 の 党 所 属 国 会 議 員 維 新 の 会 を も う 一 度 作 る 必 の 《 徹 市 さ の 。 市 」 る お 。 が 」 き く な 名 る を む の 制 阪 か す お 。 家 党 で し ぜ い 阪 = 組 阪 の な 選 所 体 与 東 来 現 の 民 す な 異 公 判 治 関 て 将 実 で 、 有 的 開 a お 、 < 、 の ( a っ < て は は は 相 裁 自 に 設 し し を 度 義 共 実 展 日 「 ど は め は た と し ん に と 党 首 法 方 定 創 と 破 の 制 平 主 を 現 を 侮 要 が あ る 」 と 述 べ 、 東 京 と 大 政 策 実 現 を 図 る 路 線 を 明 確 ( 読 売 ・ 2 ) 党 政 、 憲 地 決 の 都 打 障 公 由 観 し 策 阪 の 対 立 軸 を 強 調 。 「 地 方 分 に し た 。 政 型 し で 思 み 首 を 保 の 自 値 帯 政 型 権 正 制 題 意 組 副 中 ( 会 担 、 価 連 保 権 型 政 党 」 と 位 置 づ け 、 大 阪 権 分 改 院 課 の 仕 を 集 化 社 負 配 の と 安 に 党 本 部 を 置 く 方 向 だ 。 「 大 阪 系 」 9 議 員 し た 橋 下 徹 大 阪 市 長 が 結 成 る と し て 除 籍 ( 除 名 ) 処 分 に 集 方 を 1 現 の 家 る 都 極 極 や ・ 支 義 国 ・ 新 党 は 安 倍 内 閣 が 重 視 す す る 新 た な 国 政 政 党 「 お お し た と 発 表 し た 。 片 山 虎 之 央 地 法 、 実 方 国 き 阪 一 多 制 益 の 主 諸 交 維 新 が 追 加 除 名 中 る 憲 制 を 地 が で 大 京 の 税 受 法 主 る 外 る 憲 法 改 正 や 労 働 分 野 の 規 さ か 維 新 の 会 」 に 参 加 を 表 助 前 総 務 会 長 ( 参 院 比 例 ) 、 制 改 革 な ど を 基 本 政 策 と 地 方 議 員 ら 旧 人 も 明 し て い る 「 大 阪 系 」 の 国 会 馬 場 伸 幸 前 国 対 委 員 長 ( 衆 お お さ か 維 新 の 会 綱 領 案 子 し 、 政 府 ・ 与 党 と 連 携 し て 維 新 の 党 は 十 五 日 、 離 党 議 員 九 人 を 反 党 行 為 に 当 た 院 大 阪 区 ) 、 東 徹 参 院 議 大 阪 系 議 員 12 人 ( 衆 院 10 、 参 院 2 ) 衆 院 小 沢 鋭 仁 元 環 境 相 下 地 幹 郎 ・ 元 郵 政 改 革 相 ら 丸 数 字 は 当 選 回 数 。 カ ッ コ 内 は 選 挙 区 。 敬 称 略 ( 読 売 IO ・ 16 ) 留 39 人 ( 衆 院 30 、 参 院 9 ) 江 田 憲 司 前 代 表 う ち 中 間 派 1 2 人 ( 衆 院 8 、 参 院 4 ) 参 加 へ 、 お ご 新 聞 ニ ュ ー ス の カ ギ ! が よ う ら い あ し ば

るるぶ大阪ベストセレクト’11~’12 (国内シリーズ)


- 当 地 ル を = 大 集 合 ! 境 奏 & ホ ル そ ン も ん 、 ホ ル モ ン ー 盛 り だ く さ ん 。 大 阪 の 焼 肉 店 は 要 チ ェ ッ ク ! 大 ら し さ を 味 わ お う / こ だ け ち ゃ っ 食 の 街 ・ 大 阪 に は ま だ ま だ 舌 の 肥 え た な ー 唸 ら せ る ご 当 地 グ ル メ は こ ち ら ! 大 阪 グ ル メ 決 定 版 ↓ N 0 EX 古 き よ き 大 阪 の 味 を ぜ ひ ! p3 コ レ 知 っ て つ 0 大 販 で 「 肉 」 と い え は 「 牛 」 0 「 天 ぶ ら 」 は 2 種 類 ! ? 0 「 た ぬ き う ど ん 」 は 存 在 せ す ! 名 物 居 酒 屋 & 立 ち 呑 み 0 「 ご ち そ う さ ま 」 は 「 あ り が と う ~ ( お お き に ) 」 ス イ ー ツ & ミ ッ ク ス ジ ュ ー ス P38 純 喫 茶 P40 ス テ ッ 0 店 員 さ ん を 呼 ぶ と き は 「 ビ ン ポ ン 」 で は な く 大 き な 声 で ! 0 炭 水 化 物 x 炭 水 化 物 は 大 販 の キ ホ ン の キ 0 「 ニ ヌ キ 」 は ゆ で 玉 子 い 第 大 阪 で 肉 と い え ば 基 本 的 に 「 牛 肉 」 の こ と 。 な の で 大 阪 で は 豚 肉 を 使 う 「 肉 ま ん 」 を ち ゃ ん と 「 豚 ま ん 」 と 呼 ん で 区 別 す る 。 具 材 に 衣 を つ け て 油 で 揚 げ る 「 天 ぶ ら 」 は 全 国 共 通 。 魚 の す り 身 を 揚 げ た 、 練 り 物 も 大 阪 で は 「 天 ぶ ら 」 と 呼 ぶ 。 注 文 す る 際 は 要 注 意 ! ? 甘 く 煮 た 油 揚 げ が 入 っ た う ど ん を 、 大 阪 で は 「 き つ ね う ど ん 」 と 呼 ぶ 。 大 お 勘 定 を 支 払 っ て 、 お 店 を 出 る 際 、 必 ず 挨 拶 す る の が 大 阪 人 。 「 こ ち そ う さ ん 」 と 声 を 掛 け る 場 合 も も ち ろ ん あ る が 、 「 あ り が と う 」 や 「 ま た 来 る で ~ 」 な ど も 。 味 は も ち ろ ん 、 そ の 場 の 雰 囲 気 だ っ て 大 阪 ら し さ を 味 わ い た い ! そ ん な ア ナ タ は コ チ ラ ! 安 い 旨 い は 当 た り 前 ! 店 員 さ ん も ひ と 味 違 う 、 名 物 居 酒 屋 & 立 ち 呑 み で 、 呑 ん で 食 べ て 、 笑 い ま し よ 。 ~ - P36 テ ー ブ ル に 設 置 し て あ る 呼 び 鈴 。 大 阪 で は 呼 び 鈴 は 使 わ ず 大 声 が キ ホ ン 。 そ っ ち の 方 が 早 い か ら 、 と い う の が 理 由 と か ! ? 大 阪 で は お 好 み 焼 ゃ う ど ん に ご は ん が セ ッ ト に な っ た 定 食 が 定 番 。 炭 水 化 物 を お か ず に 炭 水 化 物 。 コ レ 基 本 で す 。 定 食 屋 や お で ん 屋 で 「 ニ ヌ キ ち ょ う だ い ~ 」 と い う 声 が 聞 こ え た ら 、 そ れ は 「 ゆ で 玉 子 」 の こ と 。 煮 抜 き 玉 子 の 略 と い わ れ て い る 。 イ カ 焼 と い え ば 大 阪 で は 粉 も ん の ひ と つ 。 細 か く 切 っ た イ カ を 小 麦 粉 生 地 に 混 ぜ て 抑 え な が ら 焼 い た も の が 大 阪 の イ カ 焼 な の だ 。 関 西 発 の ス イ ー ツ や 、 関 西 の ロ ー カ ル 飲 料 ミ ッ ク ス シ ュ ー ス は 、 気 軽 に お た め し あ れ ! 大 阪 の 日 常 風 景 を 感 し た い な ら 純 喫 茶 へ 。 昭 和 レ ト ロ な 空 間 が ノ ス タ ル ジ ッ ク な 気 分 に

るるぶ大阪ベストセレクト’11~’12 (国内シリーズ)


大 阪 城 公 園 散 策 MAP 大 阪 城 公 園 に は : 大 販 城 以 外 に も 歴 史 的 価 値 の あ る 建 造 物 や 、 ミ ス テ リ ー ス ホ ッ ト な ど み ど こ ろ が い つ ば い 。 散 策 MAP を 参 考 に ー 大 販 城 公 園 を 満 喫 し ち ゃ お う ! ・ た こ い し 大 阪 ビ ジ ネ ス パ ー ク 駅 へ ~ 大 阪 城 MAP 北 外 濠 い 第 置 つ ニ こ こ 大 販 城 公 園 駅 へ - 青 屋 門 前 大 阪 城 ホ ー ル 大 販 城 ホ ー ル 南 ロ ( お 手 洗 い ■ 売 店 0 駐 車 場 ロ ー ド ト レ イ ン 運 行 ル ー ト 千 貫 櫓 金 明 永 戸 屋 ' 西 の 丸 庭 園 東 内 濠 の 石 垣 烏 帽 子 ・ 旧 市 立 博 物 館 千 買 櫓 刻 印 プ ′ 桜 門 桜 門 前 修 道 館 ば け も の 屋 敷 跡 ・ せ ん が ん や ぐ ら 江 戸 時 代 初 期 に 建 て ら れ た 城 内 最 古 の 建 造 物 で 、 大 手 門 を 北 西 部 か ら 守 る た め の 重 要 な 櫓 。 内 部 に は 鉄 砲 % 太 陽 狭 間 等 さ ま ざ ま な 工 夫 が 。 、 橋 ロ 焔 硝 蔵 大 阪 迎 賓 館 極 楽 橋 青 屋 内 濠 ・ 茶 室 ( 豊 を 庵 ) 抜 け 穴 ・ ・ ・ 六 番 櫓 ・ 一 ・ 大 阪 城 天 守 閣 一 1 夫 満 橋 駅 へ 梅 林 東 外 濠 西 外 濠 ; 乾 櫓 玉 造 ロ 大 手 門 前 ミ 大 阪 城 音 楽 堂 レ ス ト ハ ウ ス 前 ! 南 外 濠 城 南 駐 車 場 前 大 阪 乗 用 車 0 0 バ ス 駐 車 場 放 送 局 大 駐 車 場 ・ 歴 博 物 館 ー 谷 町 四 丁 目 駅 ~ ・ 一 ・ い ぬ い や ぐ ら 石 垣 の 折 れ を そ の ま ま 利 用 し 、 L 字 型 の 建 物 と し て 、 1 階 と 2 階 を ま っ た く 同 じ 面 積 と し た 三 方 正 面 の 櫓 と い わ れ て い る 。 振 袖 番 櫓 ! 大 手 門 ・ お お て も ん 江 戸 時 代 に 高 麗 門 形 式 で 造 ら れ 、 国 の 重 要 文 化 第 財 に 指 定 さ れ て い る 。 大 阪 城 の 正 門 に あ た り 、 手 前 の 土 橋 で で き て い る 橋 を 大 手 土 橋 と 呼 ぶ 。 極 楽 橋 ・ ご く ら く ば し 石 山 本 願 寺 時 代 か ら 極 楽 橋 と い う 名 で 呼 ば れ て い た そ う で 、 現 在 の 橋 は 一 度 焼 け 落 ち 昭 和 40 年 に 鉄 筋 コ ン ク リ ー ト で 再 建 さ れ た も の 。 ロ ー ド ト レ イ ン で 大 阪 城 公 園 内 の 外 堀 外 側 を 運 行 す る ロ ー ド ト レ イ ン は 、 広 い 公 園 内 を 効 率 良 く ま わ る に は う っ て つ け 。 停 留 所 は 全 4 カ 所 。 SL 機 関 車 を 模 し た ユ ニ ー ク な 見 た 目 も 人 気 。 御 6-6943-8024 0 大 阪 市 中 央 区 大 阪 城 朝 地 下 鉄 谷 町 四 丁 目 駅 1 - B 出 口 か ら 徒 歩 IO 分 朝 乗 車 料 200 円 09 ~ 17 時 ( 20 ~ 60 分 間 隔 で 運 行 ) の 不 定 休 0300 台 ( 有 料 )v

るるぶ大阪ベストセレクト’11~’12 (国内シリーズ)


006-68 朽 -00 ⅱ -14 : 00 1 1 : 00 01 万 4700 円 ~ @J R 新 大 阪 駅 か ら 徒 歩 3 分 0102 室 ( S73 ・ T14 ・ 他 15 ) 0 有 料 新 大 阪 駅 か ら 徒 歩 3 分 。 ア ッ ト ホ ー ム な ビ ジ ネ ス ホ テ ル 。 神 戸 、 京 都 、 大 阪 へ JR で 直 通 。 006-6302-5571 -14 : 00 1 1 : 00 3 G 8300 円 @J R 新 大 阪 駅 か ら 徒 歩 7 分 0399 室 ( S 294 ・ T 98 ・ 他 7 ) 0 有 料 新 大 阪 駅 近 く ビ ジ ネ ス に 適 。 全 室 液 晶 テ レ ビ 付 、 の い N 対 会 議 室 有 。 バ イ キ ン グ 式 の 朝 食 118 円 。 回 . 回 006-6886-3939 朝 地 下 鉄 西 中 島 南 方 駅 か ら 徒 歩 5 分 言 る る ぶ 10 : 00 0108 室 ( S81 ・ T25 ・ 他 2 ) 0 無 料 ー 宿 コ ー ド -15 : 00 8200 円 シ ン グ ル 16 平 方 m 。 E0336 6 ホ テ ル サ ン ホ ワ イ ト 。 。 6 ホ テ ル ラ フ ォ ー レ 新 大 阪 料 S Ⅱ : @メ ル ハ ル ク OSAKA ロ ホ テ ル く ら 本 回 . 006-6942-37 ⅱ 315 : 00 回 、 06930 円 ~ 辺 回 . 006-6350-2 川 ・ J R 新 大 阪 駅 か ら 徒 歩 5 分 0162 室 ( 和 5 ・ 他 157 ) 0 有 料 -15 : 00 10 : 00 ビ ジ ネ ス の 拠 点 に よ い 。 6800 円 心 斎 橋 周 辺 旅 006-6211-6337 ・ 地 下 鉄 日 本 橋 駅 か ら 徒 歩 3 分 朝 15 室 ( 和 15 ) 0 有 料 315 : 00 1 0 : 00 朝 舶 2 食 1 万 3650 円 ~ 大 阪 情 緒 を 満 喫 で き る 宿 。 ロ . . 、 ロ 宿 コ ー ド B2431 006-6395-1 引 5 、 一 00 00 ー 、 ・ 地 下 鉄 東 三 国 駅 か ら 徒 歩 2 分 0159 室 ( S120 ・ T28 ・ 他 11 ) 0 有 料 斬 新 な 設 備 で も て な す 宿 。 全 室 ト イ レ 。 会 議 室 、 宴 会 場 1 名 収 容 。 地 下 鉄 新 大 か ら 1 駅 東 三 下 車 す ぐ ・ 地 下 鉄 谷 町 四 丁 目 駅 か ら 徒 歩 1 分 を る る ぶ 1 0 : 00 0160 室 ( S13 田 T18 ・ 他 4 ) 0 な し 都 心 な が ら 閑 静 な 環 境 。 第 る る 小 し ん さ い ば し し ゅ う へ 006-6350-4444 -14 : 00 12 : 00 1 万 5000 円 ~ @J R 新 大 阪 駅 か ら 徒 歩 1 分 0332 室 ( T 244 ・ 他 88 ) 0 有 料 駄 阪 駅 前 で 交 通 至 便 。 LAN 完 備 で 30 平 カ 浦 広 さ を 持 つ 客 室 。 挑 望 の 良 い レ ス ト ラ ン 、 ノ ト テ ィ ム 有 。 を 第 る る ぶ A7159 る る ぶ 宿 コ ー ド D7734 ・ 口 を 口 し ん お お さ か え き し ゅ う へ ん ア ウ ト ロ 大 和 屋 本 店 006-6211-3168 00 朝 1 泊 2 食 1 万 朽 50 円 ~ 朝 地 下 鉄 日 本 橋 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 24 室 ( 和 24 ) 0 有 料 鉄 筋 7 階 建 の 都 市 型 旅 館 。 季 節 の 会 席 料 理 は タ 部 屋 食 可 。 宴 会 場 ・ ラ ウ ン ジ ・ 名 収 容 の 会 議 室 有 。 006-6211-3587 -15 : 00 1 0 : 00 朝 喰 1 万 1025 円 ~ ・ 地 下 鉄 日 本 橋 駅 か ら 徒 歩 3 分 039 室 ( 和 33 ・ 和 洋 6 ) 0 有 料 ロ 0 皀 ー 大 阪 の 中 心 地 で 交 通 至 便 。 京 都 ・ 奈 良 方 面 へ も 便 利 。 食 事 は ポ リ ュ ー ム た っ ぷ り の 道 頓 堀 料 理 。 朝 夕 部 屋 食 可 。 駅 近 ー Ⅱ ア ウ ト 006-6305-2345 315 : 00 ・ J R 新 大 阪 駅 か ら 徒 歩 3 分 0301 室 ( S 229 ・ T42 ・ 他 30 ) 0 無 料 新 大 阪 駅 正 面 の 好 立 地 。 ヒ ジ ネ ス ・ レ ジ ャ に 、 多 彩 な 行 動 の 拠 点 。 朝 食 1 网 円 ~ 。 駐 車 場 無 料 。 駅 近 る る ぶ 回 物 回 宿 コ ー ド B2487 ア ウ ト ま る る ぶ 回 . 宿 コ ー ド A7158 ・ 駅 近 0 新 大 阪 ス テ シ = ョ ン ホ テ ル ア ネ ッ ク ス : を よ ニ ュ 回 - る る ぶ 宿 コ ー ド D7659 ア ウ ト 6 ク ロ ス ホ テ ル 大 阪 ロ .- 〕 ロ 006-6213-8281 00 314 : 00 朝 杤 6170 円 ~ ・ 地 下 鉄 な ん ば 駅 か ら 徒 歩 5 分 0229 室 ( S 88 ・ T 99 ・ 他 42 ) 0 有 料 シ ン グ ル 24 平 方 m の ゆ と り 。 繁 華 街 に 位 置 し 、 交 通 も 至 便 。 シ ョ ッ ヒ ン ク ・ ク ル メ ・ 観 劇 に 好 適 。 る る ぶ 宿 コ ー ド B2442 チ サ ン ホ テ ル 新 大 阪 ア ウ ト 。 宿 泊 ー 星 ー . 軒 る る ぶ 宿 コ ー ド B2486 ロ ・ ロ 駅 近 ア ウ ト O ホ テ ル 日 航 大 阪 。 006-6244 Ⅲ 1 1 -15 : 00 惶 : 00 朝 3 杤 m00 円 ~ ・ 地 下 鉄 心 斎 橋 駅 か ら 徒 歩 0 分 0643 室 ( S 270 ・ T 274 ・ 他 99 ) 0 有 料 心 斎 橋 駅 直 結 の ホ テ ル 。 大 阪 の メ イ ン ス ト リ ー ト 御 堂 筋 に 面 し 、 ビ ジ ネ ス に も 観 光 に も 便 利 。 006-6212-7999 朝 地 下 鉄 な ん ば 駅 か ら 徒 歩 7 分 00 ⅱ : 00 0304 室 ( T76 ・ 他 228 ) 0 有 料 21 万 8000 円 道 頓 堀 か ら 徒 歩 1 分 。 006-62 引 -2111 ・ 地 下 鉄 心 斎 橋 駅 か ら 徒 歩 5 分 314 : 00 312 ・ 00 0203 室 ( S148 ・ T33 ・ 他 22 ) 0 な し 府 9500 円 地 下 鉄 心 斎 橋 駅 徒 歩 5 分 。 る る ぶ 宿 コ ー ド B2444 ロ ロ ア ウ ト 6 新 大 販 ホ テ ル ト ー コ ー シ テ ィ ホ テ ル 新 大 阪 新 大 阪 ワ シ ン ト ン ホ テ ル プ ラ サ ホ テ ル ク ラ イ ト ン 新 大 販 ホ テ ル コ ン ソ ル ト 6 ウ ィ ア イ ン 新 大 阪 ウ ィ ア イ ン 新 大 阪 ウ 工 ス ト 新 大 阪 サ ニ ー ス ト ン ホ テ ル ホ テ ル オ ー ク ス 新 大 阪 駅 近 ア ウ ト 6 ホ テ ル ビ ス タ グ ラ ン テ 大 阪 6 ハ ー ト ン ホ テ ル 南 船 場 チ サ ン ホ テ ル 心 斎 橋 回 . 回 . . 回 る る ふ 回 - 回 る る ぶ 宿 コ ー ド E3616 る る ぶ 宿 コ ー ド B2494 ロ ロ る る ぶ 宿 コ ー ド D9717 宿 コ ー ド B2453 ・ 駅 近 る る ぶ 宿 コ ー ド B2490 006-6303-8 ⅱ 1 1 0 : 00 -14 : 00 7500 円 ~ @J R 新 大 阪 駅 か ら 徒 歩 5 分 048 室 ( S371 ・ T77 ・ 他 42 ) 0 有 料 交 通 至 便 ・ ビ ジ ネ ス 適 。 宴 会 場 ・ 結 ー , ー 婚 式 場 有 。 和 洋 中 レ ス ト ラ ン 有 。 006-6885-1211 ・ 地 下 鉄 西 中 島 南 方 駅 か ら 徒 歩 3 分 10 : 00 0153 室 ( S107 ・ T43 ・ 他 3 ) 0 有 料 -14 : 00 新 大 阪 、 梅 田 へ も 便 利 。 7400 円 006-6304-1511 朝 地 下 鉄 西 中 島 南 方 駅 か ら 徒 歩 0 分 -14 : 00 ⅱ : 00 0334 室 ( S250 ・ T71 ・ 他 13 ・ 無 料 7200 円 西 中 島 南 方 駅 前 で 交 通 至 便 。 006-6327-6 Ⅱ 1 @J R 新 大 阪 駅 か ら 徒 歩 2 分 1 0 : 00 朝 226 室 ( S 223 ・ T 3 有 料 - ほ 00 6825 円 ~ 朝 食 付 新 大 阪 駅 東 口 か ら 徒 歩 2 分 。 006-6398-61 Ⅱ ・ J R 新 大 阪 駅 か ら 徒 歩 5 分 間 : 00 0435 室 ( S335 ・ T90 ・ 他 10 ) 0 有 料 -15 : 00 6825 円 ~ 新 大 阪 駅 西 口 か ら 徒 歩 5 分 。 006-6390-0001 ・ 地 下 鉄 西 中 島 南 方 駅 か ら 徒 歩 3 分 間 : 00 0232 室 ( S174 ・ T34 ・ 他 240 有 料 -15 : 00 西 中 島 南 方 駅 前 で 交 通 便 利 。 6800 円 ~ 006-6302-51 ・ 地 下 鉄 西 中 島 南 方 駅 か ら 徒 歩 1 分 仕 00 0263 室 ( S215 ・ T16 ・ 他 320 な し -14 : 00 地 下 鉄 西 中 島 南 方 駅 の 前 。 6200 円 ~ 006-6263-1511 -14 : 00 1 1 : 00 8500 円 ~ 朝 地 下 鉄 心 斎 橋 駅 か ら 徒 歩 5 分 0302 室 ( S 252 ・ T 50 ) 0 な し 繁 華 な ミ ナ ミ ま で 徒 歩 圏 内 。 宴 会 場 3 室 。 会 議 、 研 修 会 な ど 多 目 用 可 。 朝 食 118 円 で 和 洋 バ イ キ ン グ を 提 供 。 006-6211-3555 -14 : 00 ⅱ : 00 第 彡 仆 府 8400 円 ~ 朝 地 下 鉄 な ん ば 駅 か ら 徒 歩 8 分 0339 室 ( S 230 ・ T 50 ・ 他 59 ) 0 有 料 ミ ナ ミ の 中 心 に 立 地 。 機 能 的 な 客 室 。 上 層 階 か ら は 夜 景 を 眺 望 可 。 飲 み 物 の 持 ち 込 み 可 。 和 室 有 。 コ ン ビ ニ 併 設 。 回 ~ 回 ・ 回 ロ ロ ロ , ・ ロ ロ 、 , ロ ロ 1 ・ ロ ロ ・ ロ ロ ロ ア ウ ト 0 ホ テ ル メ ト ロ T h e 2 1 駅 近 B2483 宿 コ ー ド D8484 を も る る ぶ 宿 コ ー ド D9479 第 一 宅 物 る る ぶ 宿 コ ー ド B2488 138 露 カ 駅 る る ぶ 宿 コ ー ド B2495 る る ぶ 回 . 宿 コ ー ド D8822 ア ウ ト る る ぶ 6 ア ー ク ホ テ ル 大 阪 を 物 る る ぶ 006-6252- 引 1 1 315 : 00 10 : 00 朝 7870 円 ~ ・ 地 下 鉄 長 堀 橋 駅 か ら 徒 歩 0 分 ー 0384 室 ( S284 ・ T75 ・ 他 25 ) 0 有 料 心 斎 橋 へ 徒 歩 6 分 。 門 限 無 。 朝 食 1000 円 。 四 季 こ と の イ ベ ン ト 企 画 料 理 有 。 006-62 ル 5767 ・ 地 下 鉄 心 斎 橋 駅 か ら 徒 歩 7 分 -15 : 00 ⅱ : 00 0131 室 ( S64 ・ T10 ・ 他 57 な し 道 頓 堀 ま で 徒 歩 5 分 と 便 利 。 朝 37000 円 ~ る る ぶ 回 宿 コ ー ド B2445 ア ウ ト 駅 近 6 ド ー ー イ ン 心 斎 橋 回 ・ 物 る る ぶ 宿 コ ー ド B2492 る る ぶ 宿 コ ー ド E2967 駅 近 ア ウ ト ア ウ ト

南紀・熊野古道 (楽楽 関西 1)


ド ラ イ ブ ガ イ ド 阪 和 自 動 車 道 な ど の も よ り の イ ン タ ー か ら 国 道 42 号 な ど で 目 的 地 へ 向 か う の が 一 般 的 な ル ー ト 。 国 道 42 号 は シ ー ズ ン を 中 心 に 渋 滞 す る の で 注 意 を 。 ま た 、 山 間 部 は 険 し い 区 間 も あ り 、 距 離 以 上 に 時 間 が か か る こ と が あ る か ら 、 余 裕 を も っ て 出 発 し よ う 。 京 奈 和 伊 動 車 道 が 名 屋 亀 山 伊 丹 空 港 6 4 6 高 速 道 路 神 戸 空 港 松 原 JCT 津 名 阪 国 道 2 尼 崎 豊 中 木 津 近 畿 自 動 車 道 理 勉 車 道 羽 曳 野 堺 CT 南 阪 溢 道 路 6 長 野 京 奈 禾 ロ 自 動 車 道 7 6 垂 水 3 松 5 名 伊 勢 自 動 車 道 松 阪 CT 4 禾 正 i セ 、 4 市 五 市 吉 野 山 杉 の 湯 川 上 吉 野 路 黒 滝 大 + 陀 ☆ 葛 6 伊 勢 勢 和 多 気 (-)O 、 、 ー 紀 勢 自 動 車 道 伊 勢 木 木 山 内 大 島 長 紀 伊 紀 関 西 国 際 空 港 泉 佐 阪 和 自 動 車 道 い 勢 佐 野 JCT 阪 南 く ら の 4 和 歌 山 紀 の 月 万 葉 の 里 海 南 東 海 南 あ ら ぎ の し み ず 下 津 る さ と 館 日 湯 浅 2 湯 浅 御 坊 道 路 広 川 ら ま の 里 広 川 南 龍 神 龍 神 温 泉 川 辺 水 郷 日 高 川 龍 遊 御 坊 熊 野 本 宮 奥 熊 南 大 社 印 南 ☆ 州 長 炭 記 念 1 御 み な べ 公 園 湯 渡 川 、 阪 和 中 中 熊 峰 瀬 湯 野 自 動 車 道 み な べ う め 田 辺 辺 辺 野 路 路 古 振 興 ′ 皿 ′ 冫 皿 44 道 泉 泉 泉 那 智 山 南 紀 田 辺 - 辷 セ ふ 那 智 勝 浦 道 路 ン る ロ 那 智 山 ス カ ラ イ 、 白 浜 空 巷 大 イ ノ ブ ー タ ン ラ ン ド ・ 志 原 海 岸 す さ み 、 す さ み 7 4 7 高 ・ ロ 40 ☆ 伊 長 島 マ ン ボ ウ 53 吉 野 路 大 塔 高 野 龍 神 ス カ イ ラ イ ン 大 台 ヶ 原 ☆ 吉 野 路 上 北 山 和 歌 の 冫 4 有 田 有 田 南 7 池 原 ダ ム 2 十 津 川 北 山 お く と ろ 7 の く に ☆ 4 十 津 川 郷 ☆ 寺 San Pin 中 津 2 瀞 峡 瀞 峡 街 、 熊 野 川 / 熊 野 / ヾ ー ク 七 里 御 浜 宝 町 ウ ミ ガ メ 公 園 2 29 高 速 道 路 ・ 有 料 道 路 ー 自 動 車 専 用 道 国 道 ・ 地 方 道 @) 国 道 番 号 く 〉 県 道 番 号 ☆ 道 の 駅 智 駅 前 那 智 勝 浦 太 地 紀 伊 大 島 45 43 白 浜 4 本 文 P68 本 文 P68 大 阪 → 白 浜 名 神 高 速 道 路 吹 田 ℃ → ( 近 畿 ・ 阪 和 自 動 車 道 → 湯 浅 御 坊 道 路 ) → 阪 和 自 動 車 道 南 紀 田 辺 に → 国 道 42 号 → 県 道 33 号 約 2 時 間 20 分 約 169km 高 速 料 金 4150 円 白 浜 → 本 宮 国 道 42 号 → 国 道 31 1 号 → 国 道 168 号 約 2 時 間 約 60km 名 古 屋 → 白 浜 東 名 阪 自 動 車 道 名 古 屋 西 ℃ → ( 亀 山 ℃ → 名 阪 国 道 → 西 名 阪 ・ 近 畿 ・ 阪 和 自 動 〇 東 京 か ら の ル ー ト 車 道 → 湯 浅 御 坊 道 路 ) → 阪 和 自 動 車 道 東 名 高 速 道 路 東 京 ℃ か ら 豊 田 」 CT 経 由 で 伊 勢 湾 岸 ・ 東 南 紀 田 辺 ℃ → 国 道 42 号 → 県 道 33 号 名 阪 自 動 車 道 へ 入 リ 、 後 は 名 古 屋 か ら と 同 じ ル ー ト 。 約 4 時 間 20 分 約 295km 高 速 料 金 6000 円 和 歌 山 市 街 へ 約 7 時 間 20 分 約 551 km 高 速 料 金 1 万 1 150 円 高 野 山 へ 約 8 時 間 40 分 約 538km 高 速 料 金 8750 円 御 坊 へ 約 8 時 間 約 592km 高 速 料 金 1 万 2500 円 熊 野 古 道 の 乗 用 車 搬 送 サ ー ビ ス 白 浜 へ 約 8 時 間 30 分 約 627km 高 速 料 金 1 万 3200 円 熊 野 古 道 を ゆ っ く り 楽 し む な ら 、 歩 い て 串 本 へ 約 8 時 間 30 分 約 604km 高 速 料 金 1 万 050 円 い る 間 に 乗 用 車 を 運 ぶ サ ー ビ ス が 便 利 。 勝 浦 へ 約 8 時 間 約 574km 高 速 料 金 1 万 050 円 問 合 せ ・ 予 約 は 中 辺 路 町 観 光 協 会 へ 。 新 宮 へ 約 7 時 間 40 分 約 560km 高 速 料 金 1 万 050 円 ◎ レ ン タ カ ー の 申 込 み は 早 め に / 」 R の き つ ぶ と レ ン タ カ ー の 同 時 申 込 み で 割 弓 に な る 」 R 『 レ ー ル & レ ン タ カ ー き つ ふ 』 ( 」 R 駅 の 134 み と り の 窓 口 な と で 発 売 ) や 、 航 空 券 と レ ン タ カ ー を 合 わ せ て 申 込 む 」 AL 、 ANA の プ ラ ン が お 得 。 本 文 P105 本 文 P68

るるぶ兵庫 : 神戸 姫路 但馬 '12


神 戸 。 販 神 間 神 戸 ・ 阪 神 間 へ の ア ク セ ス 新 大 阪 駅 新 神 戸 駅 吹 田 ℃ 西 宮 ℃ 京 橋 出 入 口 ゆ P38 ・ 54 ← 、 甲 山 - ~ - 山 登 り す る も よ し 夜 景 を 楽 し む も よ し さ あ 山 上 を 目 指 JR 神 戸 線 快 速 一 日 通 C 0 n t e n t s 特 集 * 神 戸 * 神 戸 * 販 神 間 * 有 馬 温 泉 * 有 馬 温 泉 六 甲 山 神 戸 タ ウ ン 鉄 道 新 幹 線 を P18 ・ 48 ~ 阪 神 本 線 . 特 急 JR 大 阪 駅 阪 神 梅 田 駅 阪 急 梅 田 駅 JR 三 ノ 宮 ・ 三 宮 駅 元 町 駅 新 大 阪 駅 三 ノ 宮 駅 」 uR 神 戸 線 ー 斷 快 速 厰 急 神 戸 体 線 特 急 ー 山 陽 新 幹 線 の そ み 2 分 22 分 2 分 2 分 30 分 27 分 ク ル マ 名 神 高 速 道 路 阪 神 高 速 3 号 神 戸 線 約 21 約 14km 神 戸 駅 ラ ン ド ・ ・ ・ 0 That's ス ー ツ ・ : / モ ノ / 神 戸 ビ ー フ / カ フ ェ 道 観 光 ス ポ ッ ト ・ ・ 、 。 、 一 = も っ と 遊 ぶ ・ ・ ・ , = 六 甲 山 / 新 長 田 / 舞 子 ス イ ー ツ & バ ン ・ ・ ・ ス コ ヤ マ で ス イ ー ツ 巡 り ・ ・ ・ 平 ロ .. 人 気 宿 ・ ・ ・ 神 戸 は も ち ろ ん 、 阪 神 間 に も 注 目 の 名 バ テ ィ ス リ ー が た く 、 、 第 神 戸 ・ ・ ・ ØO 阪 神 ・ 崕 塚 ・ 三 田 ・ ・ ・ O / 綾 部 」 CT 、 , イ 兵 庫 県 一 藍 本 ー 猪 名 川 町 、 、 を 田 西 、 令 野 、 、 - 則 西 市 戸 JCT / ー - 田 尾 , ロ 西 阪 急 今 津 線 1 有 馬 温 泉 兵 庫 屈 指 の 人 気 温 泉 地 で は 、 湯 上 が り 散 歩 も 楽 し み た い 問 合 先 戸 市 総 合 イ ン フ ォ メ ー シ ョ ン セ ン タ ー 078-322-0220 訷 戸 国 際 観 光 ~ コ ン べ ン シ ョ ン 協 会 078-303-1010 ・ P22 ・ 62 P62 工 リ ア カ イ ド 173 10km 176 神 戸 北 428 176 、 岡 山 ー 第 ー 。 甲 陽 薗 。 山 の 街 縒 疆 / ン 心 、 、 、 、 ー 司 西 屋 宮 ー 須 磨 由 長 ー 神 戸 港 、 須 取 田 押 神 戸 空 港 个 緑 が 丘 神 戸 ビ ー フ ジ ュ ー シ ー で 旨 み 凝 縮 の 神 戸 ビ ー フ に は 、 お 手 こ ろ メ ニ ユ ー も い つ ば し V こ 洋 栄 7 木 戸 176 、 神 本 43 西 神 中 央 P42 、 、 大 阪 府 大 阪 港 明 石 海 峡 大 橋 / 吁 印 c へ

現代日本の文学 39 野間 宏 集


野 間 宏 文 学 紀 行 大 阪 城 城 門 彼 ら は 大 阪 城 の な か の 幾 つ も の 城 門 を ぬ け て 歩 い て 行 っ た 准 尉 は 部 隊 の 敬 礼 を と る の が 面 倒 な の で 一 人 か ら い く ら か は な れ る よ 、 つ に し て 歩 い た そ こ で 引 率 の ( 一 ~ ~ 気 ~ 内 村 一 等 兵 は 、 亜 隊 礼 式 令 を 幾 度 か 頭 の 内 で 整 理 す る か の よ う な あ 、 ぶ な げ な 号 令 ん ) か け て 、 歩 調 を と っ た ( 「 真 空 地 帯 」 )