検索 - みる会図書館

全データから 212561件ヒットしました。

関東東北じゃらん 2016年9月号


神 な の 地 、 高 千 穂 峡 で ワ ー を 充 電 し す 、 △ 国 の 名 勝 ・ 天 然 記 念 物 に 指 定 さ れ る 峡 谷 イ メ ー ジ す る 南 国 ・ 宮 崎 と は 異 な る 高 千 穂 峡 ◎ た か ち ほ き よ う 神 秘 的 な 町 、 高 千 穂 。 町 の 至 る 所 に 神 々 の 伝 説 が 息 づ く 天 孫 降 臨 の 地 。 行 く だ 五 ヶ 瀬 川 の 浸 食 に よ っ て で き た V 字 型 峡 谷 。 高 さ 1081 に 及 ぶ 柱 状 節 理 の 断 崖 が 7km に わ た っ て 続 く 。 峡 谷 の シ ン ポ ル 、 真 名 井 の 滝 は け で 不 思 議 と パ ワ ー が 湧 い て く る ! 伝 説 に 登 場 す る 神 秘 の 滝 。 貸 ポ ー ト で 間 近 に 楽 し め る 。 ■ 高 千 穂 町 の 観 光 に 関 す る 情 報 は 問 高 千 穂 町 観 光 協 会 谷 0982-73-1213 宮 崎 県 西 臼 杵 郡 高 千 穂 「 高 千 穂 町 観 光 協 会 」 谷 0982-73-1213 町 三 田 井 御 塩 井 時 見 学 自 由 軍 九 州 中 央 道 蔵 田 交 差 点 よ り 40 分 http://takach iho-kankO. info/ 囘 周 辺 有 料 駐 車 場 利 用 【 貸 し ポ ー ト 】 営 8 時 30 分 ~ 16 時 分 ( 最 終 受 付 ) ※ 7 / 16 ~ 8 / 31 は 7 時 30 分 ~ 18 時 ※ 待 ち 時 間 が 発 生 し た 場 合 は 早 期 受 付 終 了 河 川 増 水 時 第 1 隻 30 分 208 円 、 延 長 10 分 38 円 ー フ ィ ン の 聖 地 、 宮 崎 で 波 乗 を 一 : サ ー フ ァ ー 横 れ の 地 、 宮 崎 。 そ の 魅 力 は 、 プ ロ を 満 足 さ せ る だ け で な く 、 ビ ギ ナ ー で も う ま く 乗 り こ な せ る “ い い 波 ” に あ る 。 こ の 夏 こ そ ト ラ イ ! 宮 崎 県 バ ー ム ツ リ ー が 立 ち 並 び 、 青 い 空 と 海 が 広 が る 、 南 国 ム ー ド た っ ぷ り の 宮 崎 県 。 神 々 の 伝 説 が あ ち こ ち に 息 づ く 神 秘 さ を 併 せ も つ 。 TRAFFIC INFORMATION 2 、 も ぎ た て 新 鮮 ! 市 国 フ ル ー ツ 味 わ い た い 高 級 マ ン ゴ ー 「 太 陽 の タ マ ゴ 」 を は じ め 、 宮 崎 は 太 陽 を サ ン サ ン 浴 び て 育 っ た フ ル ー ツ △ 人 気 は 旬 の フ ル ー ツ を た っ ぷ り 使 っ た フ の 宝 庫 。 産 地 だ か ら で き る 贅 沢 食 べ を ど う ぞ 。 ル ー ツ / ヾ フ ェ 850 円 ■ 宮 崎 市 の 観 光 に 関 す る 情 報 は 「 宮 崎 市 観 光 協 会 」 谷 0985-20-8658 http://www.miyazaki-city.tourism.0「.jp/ 寄 り 宿 泊 工 ソ 謇 : ゴ 写 崎 市 く 電 車 利 用 > JR 宮 崎 駅 → く JR 日 豊 本 線 特 急 に ち り ん で 約 1 時 間 5 分 〉 → JR 延 岡 駅 → く 徒 歩 す ぐ 〉 → 延 岡 バ ス セ ン タ → く 宮 崎 交 通 バ ス で 約 1 時 間 分 〉 → 高 千 穂 < 空 港 利 用 > 宮 崎 空 港 → く 空 港 連 絡 バ ス で 約 25 分 〉 → J 日 宮 崎 駅 → く JR 日 豊 本 線 特 急 に ち り ん で 約 1 時 間 5 分 〉 → 田 延 岡 駅 → く 徒 歩 す ぐ 〉 → 延 岡 バ ス セ ン タ ー → く 宮 崎 交 通 バ ス で 約 1 時 間 分 〉 → 高 千 穂 218 号 経 由 で 糸 {J40 分 〉 → 高 千 穂 く 電 車 利 用 > J 日 博 多 駅 → く JR 九 州 新 韓 線 で 約 1 時 間 20 分 〉 → JR 鹿 児 島 中 央 駅 → く J 日 鹿 児 島 本 線 特 急 き り し ま で 約 2 時 間 〉 → J 日 宮 崎 駅 崎 駅 由 で 約 20 分 〉 → 宮 崎 駅 高 千 穂 へ < 車 ( レ ン タ カ ー ) 利 用 > 九 州 中 央 道 蔵 田 交 差 点 → く 国 道 く 空 港 利 用 > 宮 崎 空 港 → 倥 港 連 絡 バ ス で 約 25 分 〉 → J 日 宮 < 車 ( レ ン タ カ ー ) 利 用 > 宮 崎 道 宮 崎 ℃ → く 国 道 220 号 経 宮 崎 市 へ コ で で き る よ ! と ろ け る 甘 さ の 完 熟 マ ン ゴ ー 高 千 穂 町 △ 今 人 気 の ス タ ン ド ア ッ プ パ ド ル 体 験 は 小 学 5 年 生 か ら 円 ■ 宮 第 市 の 観 光 に 関 す る 情 報 は 「 宮 崎 市 観 光 協 会 」 谷 0985-20-8658 http://www.m iyazaki-city tourism 0 「 . jp / 最 寄 り 宿 泊 工 リ ア ・ ・ 「 宮 崎 市 」 △ 陸 上 レ ッ ス ン の う え 、 海 上 で い よ い よ テ イ ク オ フ ! 対 象 は 6 歳 以 上 。 水 着 持 参 で 。 WATER BRAND KENGORIA サ ー フ ィ ン か ら 今 人 気 の ス タ ン ド ア ッ プ パ ド ル ポ ー ド ま で 、 海 遊 び な ら お ま か せ ! の シ ョ ッ プ 。 サ ー フ ィ ン 体 験 は 泳 げ な い 人 で も ウ ェ ル カ ム 。 ポ ー ド の 上 に 立 っ こ と を 目 標 に 2 時 間 、 し つ か り レ ク チ ャ ー 容 090 ・ 2511-0207 所 宮 崎 県 宮 崎 市 吉 村 町 曽 師 中 甲 3104-6 営 12 時 ~ 時 牀 木 【 サ ー フ ィ ン 体 験 ( ~ 8 / 31 ま で ) 】 時 9 時 ~ 応 相 談 ※ 3 日 前 ま で に 要 予 約 牀 悪 天 候 時 歳 以 上 5 0 円 宮 崎 道 宮 崎 ℃ よ り 一 ツ 葉 有 料 道 路 経 由 で 10 分 囘 3 台 コ コ で で き る よ ! 遊 び 体 験 該 当 施 設 宮 崎 市 フ ル ー ツ 大 野 宮 崎 市 の 中 心 部 に あ る 1982 年 ( 昭 和 57 年 ) 創 業 の 果 物 店 。 店 頭 に 並 ぶ 新 鮮 な フ ル ー ツ を 豪 快 に 使 っ た パ フ ェ 850 円 ~ を 目 当 て に 地 元 っ 子 も 列 を な す 。 夏 は 「 み や ざ き ぶ ど う サ ニ ー ル ー ジ ュ 」 が 旬 。 谷 0985-26-0569 所 宮 崎 県 宮 崎 市 中 央 通 1 -22 営 1 1 時 ~ 22 時 30 分 ( LO ) 休 不 定 宮 崎 道 宮 崎 C よ り 15 分 な し 宮 崎 市 〈 PR 企 画 〉 10

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


目 内 ほ ほ 全 域 を 宮 目 内 を 縦 断 す る 日 宀 崎 県 内 の 高 速 宀 崎 か ら 直 行 で 呂 道 路 は 、 え び の 呂 き な い 高 千 穂 ノ 、 豊 本 線 が 、 特 急 ノ 、 交 バ ス が 運 行 す る 。 拠 点 は 宮 交 シ テ ィ も 走 る メ イ ン ル ー ト 。 ℃ ~ 宮 崎 ℃ ~ 西 都 ℃ や え び の 高 原 へ は 、 間 と 延 岡 南 ℃ ~ 日 向 延 岡 や 霧 島 神 宮 ま で ( MAP ・ P109B2 ) と 日 南 線 に は 、 観 光 特 急 宮 崎 駅 前 。 日 南 や 都 「 海 幸 山 幸 」 ( → P8 の ℃ 間 だ け で 、 大 半 の JR 特 急 を 利 用 し バ ス に 乗 り 換 え る 。 都 城 方 面 へ は 、 宮 崎 市 が 土 休 日 や 多 客 期 に 工 リ ア は 国 道 を 走 る 内 や 宮 崎 空 港 か ら 直 走 る 。 吉 都 線 は 普 通 し か な い 。 渋 滞 に 注 井 岬 へ も 、 串 間 ま で JR 日 南 線 を 利 用 。 接 行 け る 。 列 車 の み 運 行 。 意 し 、 時 間 に 余 裕 を 。 ・ 九 州 の 主 な 都 市 か ら の ア ク セ ス ル ー ト 宮 崎 道 ・ 九 州 道 国 道 220 号 福 岡 都 市 高 速 約 2 刀 km 約 5km 約 llkm 宮 宮 崎 道 ・ 九 州 道 国 道 220 号 県 道 36 ・ 28 号 益 城 熊 本 空 港 ℃ 約 5km 約 181 約 5km 宮 崎 道 ・ 九 州 道 国 道 220 号 国 道 3 号 鹿 児 島 北 ℃ 約 146km 約 5km 約 5km ー ツ 葉 有 料 道 路 ( 北 線 ) 国 道 10 号 国 道 326 号 国 道 10 号 県 道 ⅱ 号 約 12km 約 165km 北 川 約 3km 犬 飼 M ー Y A Z A K ー A C C E S S G U ー D E 直 行 て き な い 場 所 バ ス は 公 共 交 通 は , ・ ・ ・ = - 宮 崎 交 通 が 運 行 へ は JR 線 十 バ ス JR 線 メ イ ン に ド ラ イ プ は 時 間 に 余 裕 を イ 1 ワ ン ポ イ ン ト ア ド バ イ ス 宮 崎 で の 交 通 ガ イ ド JR レ ー ル & レ ン タ カ ー き つ ぶ J 日 の 乗 車 券 ( 201km 以 上 、 往 復 で も 片 道 で も 可 ) と 一 緒 に 駅 レ ン タ カ ー 券 も 購 入 す る と 、 同 乗 者 全 員 の JR 運 賃 が 2 割 引 、 特 急 料 金 が 1 割 引 ( 新 幹 線 「 の そ み 」 を 除 く ) に な る 。 事 前 に イ ン タ ー ネ ッ ト や 電 話 で 予 約 す れ ば 、 駅 レ ン タ カ ー 料 金 も お 得 に 。 本 書 の エ リ ア で は 宮 崎 、 延 岡 、 霧 島 神 宮 の 各 駅 に 営 業 所 が あ る 。 フ ラ イ & ド ラ イ プ 飛 行 機 で 宮 崎 に ア ク セ ス す る な ら 、 利 用 す る 航 空 会 社 で レ ン タ カ ー の 予 約 を す る こ と で 、 割 安 な 料 金 で レ ン タ カ ー を 利 用 で き る 。 会 社 に よ り 料 金 や 条 件 が 異 な る の で 、 あ ら か じ め 比 べ て お き た い 。 車 で ま わ る 約 3 時 間 30 分 福 岡 市 街 6650 円 州 自 動 車 道 え び の JCT か ら 宮 崎 自 動 車 約 2 時 間 30 分 熊 本 市 街 43 開 円 道 へ 入 る の が 一 般 的 。 清 武 JCT で 分 岐 す る 東 九 州 自 動 車 道 が 、 西 都 旧 ま で 延 び て 時 間 10 分 い る 。 大 分 方 面 か ら は 国 道 10 号 ~ 326 号 ~ 10 鹿 児 島 市 街 3650 円 号 と 南 下 す る か 、 東 九 州 自 動 車 道 佐 伯 旧 か ら 国 道 217 号 ~ 10 号 の ル ー ト で 。 延 岡 南 ℃ ~ 日 約 4 時 間 30 分 大 分 市 街 向 旧 間 に は 東 九 州 自 動 車 道 が 開 通 し て い る 。 2 円 ・ 宮 崎 方 面 高 速 料 金 ( 九 州 ・ 宮 崎 道 ・ 東 九 州 道 ) ■ 東 九 州 道 ・ 延 岡 道 路 ( 日 向 旧 ~ 延 岡 南 ℃ ) 750 円 / 18.4km ■ ー ツ 葉 有 料 道 路 ( 宮 崎 ℃ ~ 佐 土 原 ) 4 開 円 / 16.2km 福 岡 ℃ か ら ( 距 離 と 料 金 ) 九 州 道 J え C び 太 宰 府 ℃ 九 宮 崎 市 街 宮 崎 の 交 通 略 図 5 四 2 3 四 321 km 62 開 円 6350 円 6650 円 68 円 熊 本 ・ 福 岡 へ ー 高 鍋 ℃ ー 西 都 ℃ ー 宮 崎 西 ℃ " 清 武 ℃ 岩 戸 ( 天 岩 戸 神 社 前 ) 延 岡 南 延 岡 高 千 穂 延 岡 南 ℃ 千 穂 大 橋 ( 高 千 穂 峡 入 口 ) 門 川 ℃ 東 九 州 自 動 車 道 塚 原 お せ り の 滝 入 口 記 日 向 ℃ 五 ヶ 瀬 役 場 289km 63 円 224km 235km 255 276 51 円 53 円 5650 円 6050 円 分 面 ら 大 方 か 延 岡 日 向 市 " 宮 崎 ℃ 清 武 ー 田 野 ℃ ー 都 城 ℃ " 高 原 ℃ " 小 林 ℃ 市 向 日 日 豊 本 線 を 高 上 椎 葉 私 鉄 線 バ ス 路 線 ■ バ ス 路 線 ( 季 節 連 行 ) 高 速 道 路 村 所 ( 西 米 良 ) 有 料 道 路 神 門 佰 済 の 里 ) 杉 安 峡 穂 北 高 鍋 ℃ 西 ー ノ 瀬 西 都 原 都 都 於 郡 都 ℃ 東 九 州 自 動 車 道 国 道 10 号 宮 崎 ℃ か ら ( 距 離 と 料 金 ) 65km 54km 34km 13 1850 円 1550 円 1050 円 4 円 ・ 観 光 地 へ の ア ク セ ス ル ー ト 国 道 ] 0 号 約 88km 国 道 10 ・ 218 号 約 1 国 道 10 号 約 67 国 道 10 ・ 219 号 約 25 畑 国 道 10 号 ・ 県 道 17 号 約 23 国 道 2 号 約 18km 国 道 220 ・ 8 号 約 93km 国 道 219 号 約 5km 県 道 28 ・ 430 号 約 34km 国 道 10 号 約 9km 県 道 30 号 約 18km 日 向 灘 宮 崎 市 街 熊 本 ℃ へ 延 岡 高 千 穂 日 向 市 西 都 大 宮 へ ガ イ ア 宮 宮 崎 港 ・ 宮 崎 空 港 宮 崎 空 港 ー こ と も の 青 島 青 島 堀 切 峠 鵜 尸 ロ 宮 飫 肥 巴 城 下 油 津 ) 幸 島 日 南 自 動 車 道 酒 泉 の 社 吉 都 線 人 京 え び の ℃ ( え び の 高 原 線 ) 士 町 え び の り 琳 萩 の 茶 屋 泉 高 原 ℃ 隼 宮 崎 西 ℃ 高 岡 冫 武 ℃ 宮 崎 市 街 崎 宮 武 。 田 野 ℃ え び の ・ JCT を 小 林 ℃ 吉 松 え び の 高 原 林 田 温 泉 鹿 高 千 穂 河 原 ℃ 霧 島 神 宮 前 関 之 尾 滝 都 城 宮 崎 都 城 ℃ 小 布 施 ロ 青 島 都 井 岬 西 都 飫 肥 都 城 え び の 高 原 西 都 城 鹿 児 島 中 央 へ 宮 崎 港 東 九 州 自 動 車 道 西 都 ℃ 宮 崎 自 動 車 田 野 ℃ 宮 崎 自 動 車 都 城 ℃ 九 州 自 動 車 、 首 え び の ℃ 0 宮 交 シ 日 向 灘 港 港 空 空 崎 青 崎 道 宮 崎 O 動 自 都 城 宮 串 間 志 布 志 港 0 串 間 温 志 布 志 湾 東 京 ・ 大 阪 へ

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


一 三 ロ 宮 崎 タ ウ ン 西 都 原 ・ 綾 . 高 千 穂 と 霧 島 ・ え び の ・ . 日 南 海 岸 そ の 周 辺 高 千 穂 温 泉 町 の 高 台 に あ り 眺 望 抜 群 。 弱 ア ル カ リ 性 単 純 温 泉 を 楽 し め る 露 天 や 内 湯 の ほ か 、 麦 飯 神 石 湯 や ド ラ イ サ ウ ナ 、 女 性 に う れ し い ミ ス ト サ 話 ウ ナ を 完 備 。 湯 上 が り に く つ ろ げ る 休 憩 室 の や 、 高 千 穂 の 特 産 品 を 販 売 す る 売 店 も 併 設 し の 高 千 穂 町 吾 平 3 21 準 1 ・ 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー か ら 車 で 7 分 朝 入 、 第 浴 500 円 朝 10 - ~ 22 時 の 木 曜 燾 : = 気 ツ ' 、 を , 第 、 、 ( 祝 日 の 場 合 は お す す め は 露 天 風 呂 。 豊 か な 翌 日 ) 0100 台 自 然 が 肌 で 感 じ ら れ る 広 域 図 P101 た か ち ほ お ん せ ん , 温 山 寺 当 千 穂 町 を 地 図 上 の lcm は 約 5181 ト 4 夫 安 河 原 戸 岩 戸 神 社 官 ア 14 : - 天 岩 戸 犇 せ 神 社 人 の 蔵 P58 「 民 宿 神 楽 の 館 甲 → 声 温 泉 し 磐 下 現 、 0982 ・ 72 ・ 777 た 呼 598 花 旅 館 岩 戸 屋 - ] 25 千 高 千 穂 町 総 合 公 ロ DATA 住 御 電 神 旅 今 国 一 = 町 場 , 当 峯 千 穂 穂 高 第 社 育 館 神 仙 : ホ テ ル 高 高 穂 鉄 道 穂 町 コ ミ ュ ニ テ イ セ ン タ ー \ 高 丈 穂 町 総 ロ 公 園 合 運 動 ハ 園 焼 肉 & ス テ ヂ キ 初 栄 P58 P56 観 光 神 楽 コ ホ デ 丿 レ ー . に グ レ イ ト ク k 穂 ・ ぐ P13 高 千 穂 神 社 - 夫 真 名 戸 信 % の 駅 」 嵩 午 穂 ・ き 千 穂 町 役 場 會 下 な 、 - 門 高 千 穂 ハ 高 千 穂 鉄 道 。 ジ ス ホ テ か な や 廃 線 ) 神 印 高 キ 、 荒 立 神 ・ P15 鬲 千 穂 ノ 殿 旅 館 の 家 ー 町 立 図 餌 、 1 元 祖 あ ら ら き 乃 茶 屋 よ 「 , ル , 。 。 " ー 四 畠 子 P13 旅 情 苑 く し ふ 社 や ま ざ p → 1 、 、 ホ ル 千 穂 テ ル 四 季 = = 第 逢 初 天 神 社 ば 処 天 庵 ー ー P58 高 千 穂 が ま だ せ 市 場 一 p 暠 千 高 千 穂 峡 淡 水 魚 水 廃 線 穂 バ な 旅 情 苑 や ま ざ と ℃ 8 年 リ ニ ュ ー ア ル 。 宿 の ご 主 人 と お か み さ が う ん 、 そ し て 地 元 ス タ ッ フ に よ る 素 朴 な も て な し が 評 判 。 料 理 も 香 の 物 や デ ザ ー ト に 至 る ま で 手 作 り で 温 か み が あ る 。 部 屋 タ イ プ は 少 人 い 数 向 け か ら フ ァ ミ リ ー タ イ プ ま で 揃 い 、 観 光 か ら ビ シ ネ ス ま 素 で と 利 用 客 も 幅 ト 広 い 。 [email protected]高 千 穂 町 三 田 井 729-44 ・ 高 千 宿 穂 バ ス セ ン タ ー か ら 徒 歩 5 分 朝 1 泊 2 食 付 00 角 部 屋 の 「 ニ 上 」 。 窓 か ら 高 千 円 ~ 台 穂 の 山 々 を 望 め る 、 石 神 神 社 阿 へ 會 り よ じ よ う え ん や ま さ と 泊 ま る 広 域 図 上 図 都 地 図 上 の 1 cm は 約 270n1 0982 ・ 72 ・ 275 / 朝 新 59B5 高 千 穂 町 第 舅 第 ] 25 高 午 穂 温 泉 叫 属 干 穂 温 泉 ノ C] 民 宿 春 芽 高 千 穂 町 国 保 病 院 徳 玄 寺 押 方 ヒ 旅 館 神 仙 レ ス ト ラ ン 「 神 庭 」 の ラ ン チ っ 廊 下 に ま で 畳 が 敷 か れ る な ど 、 随 所 で 「 和 」 ろ の や す ら ぎ が 感 じ ら れ る 。 食 事 は 地 の 川 魚 げ や 全 国 か ら 取 り 寄 せ る 旬 の 食 材 を 使 っ た 懐 る 石 料 理 11 年 4 月 オ ー プ ン の 「 鬼 ハ の 森 」 贅 に は 美 し い 庭 園 と 、 軽 食 ・ み や け 店 が 入 る 。 を [email protected]高 千 穂 町 極 三 田 井 神 殿 11 ご を 既 め 27-5 ・ 高 千 穂 、 き 、 、 ↓ ー を を 7 こ バ ス セ ン タ ー か ら 車 で 521 泊 ー 2 食 付 本 館 2 万 一 一 日 之 影 町 ー 、 評 6250 円 ~ 、 離 判 れ 5 万 2500 円 O 離 れ ・ 神 呂 木 の 庄 の 1 室 「 万 ~ 020 台 葉 」 。 櫓 の 露 天 風 呂 付 り よ か ん し ん せ ん 泊 ま る 高 千 穂 高 ・ 高 天 一 所 13 雲 海 橋 宿 泊 ガ イ ド 葉 大 橋 218 交 通 ガ イ ド 教 願 寺 ィ 延 岡 へ 高 千 穂

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


高 千 穂 ノ フ ェ ニ ッ ク ス ・ シ ー カ イ ア ・ リ ソ ー ト 神 話 伝 説 と 南 国 ム 1 ド が 特 色 大 崩 山 き た が 0 0 北 川 延 岡 Jct ・ 旧 の べ お 冫 延 岡 延 岡 南 IC 鞍 掛 ! 門 川 旧 枇 榔 島 ひ ゆ う が し 白 司 高 千 穂 % 高 千 穂 峡 北 方 △ 向 坂 真 弓 岳 尾 崎 山 大 河 内 越 三 方 岳 飯 干 峠 湯 山 峠 2014 年 3 月 開 通 尾 鈴 山 み み つ 市 房 山 石 堂 山 ゅ の ま え 日 豊 都 圏 C 日 向 灘 み や ざ き ・ た か ち ほ 熊 本 県 高 鍋 ℃ 小 丸 川 掃 部 岳 た か な べ 輝 嶺 峠 西 訓 C ー ツ 瀬 川 こ ば や C 〇 NTENTS え び の カ イ ラ イ ン 神 話 の 里 高 千 穂 で パ ワ ー を も ら お う ・ 青 島 ・ 日 南 海 岸 シ ー サ イ ド ド ラ イ ブ ・ 宮 崎 グ ル メ 大 集 合 : マ ン ゴ ー デ サ ー ト P132 宮 崎 一 み な み や ざ き 清 衄 C 田 野 旧 清 武 南 ℃ 高 原 ℃ た 、 さ き し ん ん こ し み や こ の じ よ う み や ざ き 十 宮 崎 宮 崎 空 港 新 燃 岳 宮 崎 港 p.136 P138 P139 呂 崎 タ ウ ン お す す め ス ポ ッ ト ー 青 島 神 社 鰐 塚 山 堀 切 峠 国 分 旧 路 線 図 を 予 習 し て か ん た ん ア ク セ ス ロ 部 ℃ 鼻 切 峠 宮 交 バ ス ・ 大 分 へ 産 交 バ ス 研 肥 街 日 南 海 岸 2 ー お 油 津 港 引 な ん 一 大 島 築 島 人 吉 へ 高 千 穂 延 岡 高 森 へ 、 220 鵜 戸 神 宮 ラ ク ラ ク 移 動 三 カ 、 条 く 凡 例 > : 亠 = JR バ ス 日 向 市 宮 交 バ ス 豊 士 入 小 都 城 宮 交 シ テ ィ 田 吉 青 島 日 南 線 油 津 都 井 岬 ① 宮 崎 へ は 鉄 道 の ア ク セ ス が 不 便 な た め 空 路 が 中 心 。 ② 宮 崎 空 港 の 前 に は JR 宮 崎 空 港 駅 が あ り 、 県 下 各 地 へ ス ム ー ズ に 行 け る 。 3 見 ど こ ろ が 散 在 す る 日 南 海 岸 や 高 千 穂 へ は レ ン タ カ ー 利 用 が お す す め 。 伊 比 井 information を 発 / サ ン メ ッ セ 日 南 J R 九 州 鵜 戸 神 宮 http://www.jrkyushu.co.jp 宮 崎 空 港 宮 崎 宮 交 バ ス く し ま 肥 薩 線 高 畑 山 都 井 岬 隼 人 へ 南 岸 日 海 都 井 岬 の 御 崎 馬 串 間 日 南 線 串 間 市 コ ミ ュ ニ テ ィ バ ス 志 布 志 へ 131

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


ク ル メ ス ポ ッ ト は こ ち ら 鶏 の 丸 焼 き と か っ ぽ 酒 が 名 物 ・ あ ら ら ぎ の ち や や 夫 婦 杉 を 刺 繍 し た 縁 結 び の お 守 り ( 500 円 ) あ ら ら ぎ 乃 茶 屋 鶏 の 丸 焼 き と か っ ぽ 酒 が セ ッ ト に な っ た 予 約 制 の 高 千 穂 名 物 セ ッ ト は 4 人 前 9800 円 133 創 業 昭 和 6 ( 1931 ) 年 、 特 殊 な 窯 で 4 時 間 か け て 焼 く 鶏 の 丸 焼 き が 看 板 メ ニ ュ ー 。 こ れ に ご は ん と サ ラ ダ が 付 く 2 名 セ ッ ト は 4200 円 か ら 、 に じ ま す 定 食 は 1050 円 か ら 。 0982-72-2201 新 宮 崎 県 高 千 穂 町 押 方 1245 ー 1 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー か ら 宮 崎 交 通 バ ス で 5 分 、 高 千 穂 大 橋 下 車 、 徒 歩 3 分 8 : 30 ~ 16 : 30 住 無 休 2 無 料 高 千 穂 伝 統 の フ ァ ス ト フ ー ド ・ せ ん に ん の く ら 付 録 ② 13B -4 築 200 年 の 石 蔵 を 移 築 し た 建 物 は 、 自 然 と 調 和 し た の ど か な 雰 囲 気 。 米 粉 = 、 、 ピ サ ( 500 円 ) や そ ば づ く し の 刈 干 セ ッ ト ( 1200 円 ) な ど 地 産 地 消 の メ ニ ュ ー が 米 粉 の ピ サ に コ ー ヒ ー が 付 く 味 わ え る 。 「 米 粉 ピ サ セ ッ ト 」 は 700 円 / 0982 ・ 74-8080 新 宮 崎 県 高 千 穂 町 岩 戸 五 カ 村 98 高 千 穂 パ ス セ ン タ ー か ら 町 営 ふ れ あ い パ ス で 12 分 、 岩 戸 温 泉 入 口 下 車 、 徒 歩 5 分 11 : 00 ~ 16 : 00 ( 夜 は 予 約 制 ) 住 不 定 休 2 無 料 高 千 穂 牛 を 手 軽 に 味 わ う 133 120 年 前 の 穀 物 庫 を 移 築 し た カ フ ェ 。 ド リ ン ク 、 ケ ー キ 、 軽 食 な ど が あ り 、 湧 水 で い れ た コ ー ヒ ー ( 400 円 ) や ー 日 20 個 限 定 の 高 千 穂 バ ー ガ ー ( 700 円 ) は 人 気 。 高 千 穂 牛 の バ テ を 使 っ た / 0982-72-2003 高 千 穂 バ ー ガ ー 新 宮 崎 県 高 千 穂 町 押 方 南 平 1258 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー か ら 車 で 5 分 10 : 00 ~ 17 ℃ 0 住 無 休 2 無 料 4500-0049 MAP 社 殿 と 源 頼 朝 が 寄 進 し た 鉄 造 狛 犬 は 重 要 文 化 財 高 千 穂 夜 神 楽 を 見 る な ら こ こ へ 高 千 穂 神 社 ・ た か ち ほ じ ん じ ゃ 133 4500-0484 創 建 は 今 か ら 1900 年 前 と 伝 わ る 高 千 穂 郷 八 十 八 0982-72 ・ 2413 所 宮 崎 県 高 千 穂 町 三 田 社 の 総 社 と し て 信 仰 を 集 め 、 縁 結 び の 神 様 と し て 井 1037 高 千 穂 バ ス に に ぎ の み こ と 社 殿 の 左 横 に あ る 夫 婦 杉 。 杉 の ま わ り を 好 も 知 ら れ る 。 瓊 瓊 杵 尊 や 彦 火 火 出 見 尊 な と の 神 々 セ ン タ ー か ら 徒 歩 15 分 き な 人 と 手 を つ な い で 3 回 ま わ る と 、 家 内 参 拝 自 由 2 無 料 を 祀 る 。 11 月 に は 夜 神 楽 祭 り を 開 催 安 全 、 子 孫 緊 栄 の 願 い が 叶 う と い う 通 年 、 夜 神 楽 が 鑑 賞 で き る 神 楽 殿 ・ か ぐ ら で ん 133 4500-0050 高 千 穂 神 社 の 境 内 に あ る 神 楽 殿 も で は 、 通 年 、 高 千 穂 の 夜 神 楽 を 鑑 賞 す る こ と が で き る 。 全 33 番 の な か の 代 表 的 な 4 番 を 上 演 。 0982-73-1213 ( 高 千 穂 町 観 光 協 会 ) 新 宮 崎 県 高 千 穂 町 三 田 井 1037 高 千 穂 神 社 境 内 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー か ら 徒 歩 15 分 20 : 00 ~ 21 : 00 住 無 休 700 円 2 無 料 毎 日 夜 8 時 か ら 1 時 間 に わ た っ て 公 開 千 人 の 蔵 ま つ ] + 4501-0494 MAP ひ こ ほ ほ で み の み こ と MAP ふ る 里 茶 房 石 の 蔵 MAP ・ ふ る さ と さ ぼ う い し の く ら 4501-0368 夜 神 楽 と は 天 照 大 神 が 天 岩 戸 に 隠 れ た 際 に 、 神 々 の 一 計 で 天 鈿 女 尊 が お も し ろ お か し く 踊 っ た 舞 が は し ま り と 伝 わ る 。 秋 の 収 穫 に 対 す る 感 謝 と 翌 年 の 豊 穣 を 願 っ て 行 わ れ る 神 事 と し て 、 毎 年 11 月 下 旬 か ら 翌 年 の 2 月 上 句 に 開 催 す る 。 \ み や げ セ レ ク シ = ン ひ と 足 の ば し て : 地 元 の ブ ド ウ で 造 る 五 ケ 瀬 ワ イ ン 創 業 平 成 17 年 。 五 ヶ 瀬 産 の ブ ド ・ ウ を 使 っ た ワ イ ン を 製 造 販 売 。 発 酵 や 貯 蔵 は 昔 な が ら の 樽 を 使 う 。 醸 造 所 の 見 学 や 試 飲 が で き る 。 、 五 ヶ 瀬 の 産 物 を ふ ん だ ん に 使 っ た メ ニ ュ ー が 並 ぶ レ ス ト ラ ン 「 雲 の ・ 上 の ぶ ど う 」 を 併 設 し て い る 。 五 ヶ 瀬 ワ イ ナ リ ー ご か せ ワ イ ナ リ ー 付 録 ② 13A -4 0982-73-5477 新 宮 崎 県 五 ヶ 瀬 町 桑 野 内 4847-1 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー か ら 車 で : 30 分 9 : 00 ~ 17 : 00 住 不 定 休 2 無 料 周 辺 図 付 録 ② 13 1 : 30 , 000 阿 蘇 0 穂 町 高 千 新 品 高 千 穂 温 泉 ? ー 千 穂 観 光 開 発 ル フ 練 習 場 、 町 国 民 ま 保 険 病 院 高 千 穂 総 合 公 園 \ ・ ? 助 立 病 院 前 駅 通 グ 尾 迫 原 1 強 動 公 新 前 一 本 木 高 千 種 駅 チ ッ ソ 高 千 穂 発 電 所 町 自 然 休 養 村 管 理 ン タ ・ 総 合 公 園 前 、 武 道 館 ・ 、 、 き 物 ィ 立 神 社 穂 = ~ = = 、 , 道 の 駅 「 高 千 穂 」 譬 第 屋 〇 高 千 穂 局 、 、 、 . 高 千 穂 高 千 穂 爪 ー ー 1 = 国 見 ヶ 丘 病 院 ① 欧 風 宿 田 了 彳 殳 場 神 代 川 ふ る 里 茶 房 石 の 蔵 ハ öØ ま 城 山 通 ? JAO 、 Ⅸ 宮 崎 な : ヵ 高千穂高@ 城 山 。 ⑧ - 、 園 押 方 肓 槿 觸 神 社 座 画 203 ① 抻 方 局 妙 法 寺 卍 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー ・ 町 立 体 育 館 下 押 方 ? / ー を 條 ? 長 崎 、 テ ル 神 取 / 戸 高 天 原 神 杜 の 宿 高 千 穂 神 社 神 州 ・ ホ テ ル 四 見 帋 が ・ . ー イ 者 海 橋 レ ス ト ハ ウ ス 雲 海 長 蜻 フ % 大 / ー ( 滝 ? 高 千 第 神 社 前 6 / イ ら ら き 乃 松 ・ 。 : , = お 、 保 健 1 青 山 基 地 上 県 食 糧 事 務 所 公 園 竹 之 迫 物 … 0 、 / ( 御 塩 井 高 千 穂 峡 :•NHK ー ・ 談 水 魚 水 族 館 ラ ジ オ 中 継 局 田 口 野 千 穂 の 家 三 ? 高 明 ツ ・ JA 真 名 井 の ミ 洋 、 竹 の ? ー 。 50 音 の 谷 キ ャ ン プ 場 ・ み る ・ あ そ ぶ ・ た べ る ・ カ フ ェ ・ 買 う ・ お ん せ ん ・ イ ベ ン ト ・ 泊 ま る ・ 複 合 施 設 : 325 県 信 連 林 産 流 通 セ ン タ ー / 菊 ノ 宮 神 合 . ば 設 た 施 千 同 高 共 P. 1 33 祖 母 工 房 戸 ノ 鼻 栃 設 P. 13 ・ 133 P. 1 33 岩 戸 ト ノ ネ ル 市 神 話 街 道 ワ イ ン の 値 段 は 1428 円 か ら と 手 ご ろ 約 30 種 類 の 料 理 が 並 ぶ ビ ュ ッ フ ェ レ ス ト ラ ン \ 0 高 千 穂 国 道 出 張 所 1

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


・ 鉄 道 & 路 線 バ ス 宮 交 シ テ ィ 西 åßBC 10 ~ 50 分 毎 1 時 間 03 分 1070 円 宮 交 シ テ ィ 綾 待 合 所 酒 泉 の 杜 1 時 間 03 分 1 日 5 ~ 6 便 1110 円 0 バ ス 0 鉄 道 朝 宮 交 シ テ ィ 橘 通 3 丁 目 宮 崎 神 宮 18 分 2 円 10 ~ 30 分 毎 宮 交 シ テ ィ 宮 崎 駅 前 シ ェ ラ ト ン ・ グ ラ ン デ ・ オ ー シ ャ ン リ ゾ ー ト 38 分 1 時 間 毎 610 円 日 豊 本 線 が メ イ ン ル ー ト 。 宮 南 、 都 城 方 面 な ど へ は 、 宮 宮 崎 駅 青 島 駅 く J 日 日 南 線 ・ 普 通 〉 約 32 分 3 円 1 ~ 2 時 間 毎 崎 駅 か ら 延 岡 方 面 ・ 鹿 児 島 方 崎 市 内 や 宮 崎 空 港 か ら 直 通 宮 崎 駅 前 宮 交 シ テ ィ 青 島 分 15 ~ 65 分 毎 7 円 面 へ 、 1 ~ 2 時 間 お き に 特 急 が 運 転 便 が 運 行 さ れ て い る 。 県 内 ほ ぼ 全 宮 崎 駅 前 宮 交 シ テ ィ 宮 崎 空 港 鵜 戸 神 宮 入 口 1 時 間 25 分 1 日 10 便 1470 円 さ れ て い る 。 延 岡 方 面 へ の 特 急 の 域 を 宮 交 バ ス が 運 行 し て い る ほ か 、 朝 宮 崎 駅 油 津 駅 く JR 日 南 線 ・ 普 通 〉 約 1 時 間 28 分 1080 円 1 ~ 2 時 間 毎 一 部 は 、 始 発 が 宮 崎 空 港 駅 や 南 宮 南 部 の 霧 島 周 辺 で は い わ さ き バ 宮 崎 駅 前 宮 交 シ テ ィ 宮 崎 空 港 油 津 駅 前 BC 1 時 間 分 18 円 1 日 10 便 崎 駅 。 日 南 線 に は 、 土 休 日 の み 観 ス 、 都 城 ~ 志 布 志 間 な ど で は 大 隈 宮 崎 駅 前 宮 交 シ テ ィ 宮 崎 空 港 飫 肥 2 時 間 分 20 円 1 日 10 便 光 特 急 「 海 幸 山 幸 」 ( → P87 ) が 運 転 交 通 ネ ッ ト ワ ー ク ( 鹿 児 島 交 通 ) 宮 崎 駅 串 間 駅 く J 日 日 南 線 ・ 普 通 〉 約 2 時 間 25 分 70 円 1 日 9 本 さ れ る 。 吉 都 線 は 各 駅 停 車 の み 。 の バ ス も 運 行 し て い る 。 串 間 駅 前 都 井 岬 ( 串 間 市 コ ミ ュ ニ テ ィ バ ス ・ よ か バ ス ) 45 分 2 円 1 日 3 ~ 5 便 鉄 道 & バ ス の お し く カ イ ト 宮 崎 駅 日 向 市 駅 く J 日 日 豊 本 線 ・ 特 急 自 由 席 〉 約 47 分 20 円 約 1 時 間 毎 日 向 市 駅 東 ロ 上 椎 葉 2 時 間 26 分 23 円 1 日 2 ~ 3 便 宮 崎 駅 延 岡 駅 く J 日 日 豊 本 線 ・ 特 急 自 由 席 〉 約 1 時 間 05 分 25 開 円 約 1 時 間 毎 延 岡 駅 前 BC 高 千 穂 BC 九 州 新 線 2 枚 き っ 1 時 間 19 ~ 分 17 円 1 日 1 ト 13 便 * l) 高 千 穂 BC 天 岩 戸 神 社 前 ( 高 千 穂 町 ふ れ あ い バ ス ) 15 分 3 円 1 日 4 ~ 8 便 宮 崎 駅 都 城 駅 く JR 日 豊 本 線 ・ 特 急 自 由 席 〉 約 分 1510 円 1 ~ 2 時 間 毎 九 州 新 幹 線 の 普 通 車 自 由 席 を 利 用 す る お 得 な き つ ぶ で 、 福 岡 市 内 ~ 宮 崎 間 は 2 宮 崎 駅 前 宮 崎 空 港 西 都 城 駅 前 BC 1 時 間 31 分 1710 円 ~ 分 毎 万 1 网 円 。 鹿 児 島 中 央 ~ 宮 崎 間 は 日 豊 本 線 特 急 「 き り し ま 」 の 自 由 席 を 利 用 宮 崎 空 港 宮 交 シ テ ィ 小 林 BC> 小 林 駅 1 時 間 41 ~ 52 分 1910 円 1 日 8 ~ 11 便 す る 。 た だ し 、 途 中 下 車 は で き な い 。 2 枚 セ ッ ト で 1 カ 月 有 効 。 1 人 で 往 復 し て も 、 2 人 で 片 道 に 利 用 し て も OK 。 指 定 料 金 券 を 購 入 す れ は 、 指 定 席 が 利 用 で 都 城 駅 西 都 城 駅 霧 島 神 宮 1 時 間 12 分 1280 円 1 日 4 ~ 6 便 き る 。 な お 、 山 陽 新 幹 線 ( 小 倉 ~ 博 多 間 ) は 利 用 で き な い の で 注 意 小 林 BC 小 林 駅 え び の 高 原 《 期 間 限 定 》 52 分 土 休 日 の み 1 便 * 2 ) 1 0 円 枚 き つ ぶ 朝 ◎ 所 要 時 間 、 便 数 は お よ そ で 、 経 由 に よ り 所 要 時 間 か 異 な る 場 合 が あ り ま す 。 * 1 ) ほ か に 所 要 1 時 間 の 熊 本 行 き 特 急 が 1 日 2 便 あ り * 2 ) 4 月 下 旬 ~ 1 1 月 下 旬 の 土 ・ 日 曜 、 祝 日 の み 運 行 ( 201 1 年 の デ ー タ ) 。 利 用 の 際 は こ 確 認 く だ さ い 。 九 州 各 地 か ら 特 急 で 往 復 す る の に お 得 な き つ ぶ 。 2 枚 セ ッ ト で 1 カ 月 有 効 。 1 枚 観 光 に 便 利 な そ の ほ か の 交 通 手 段 す っ 利 用 で き る の で 、 1 人 で 往 復 し て も 、 2 人 で 片 道 に 使 っ て も い い 。 自 由 席 用 で も 追 加 料 金 を 払 え ば 、 指 定 席 が 利 用 で き る 。 ま た 、 指 定 席 用 で も ピ ー ク 期 ・ 定 期 観 光 バ ス の 指 定 席 利 用 に は 勛 ロ 料 金 が 必 要 に な る ( 自 由 席 は 追 加 料 金 な し で 利 用 で き る ) 。 ◎ コ ー ス ・ 運 行 日 ・ 運 賃 な ど は 20 ⅱ 年 10 月 現 在 の も の で す 。 効 率 よ く 観 光 ポ イ ン ト を 結 ん で 走 る 。 日 南 方 面 の コ ー ス は 、 宮 崎 市 内 の ホ テ ル や 宮 崎 巷 で 乗 車 、 下 車 で き る の で イ 財 リ 。 ま た 、 泉 バ ス で は 回 り に く い え び の 高 原 工 リ ア で も 活 用 し よ う 。 福 岡 市 内 → 宮 崎 ・ 都 城 * 指 定 席 1 万 10 開 円 7 万 82 田 円 7280 円 大 分 ・ 別 府 → 宮 崎 ・ 南 宮 崎 指 定 席 1 万 円 7 万 / 660 円 1660 円 【 宮 交 バ ス 】 予 約 谷 0985-52-7111 ( 宮 交 シ テ ィ バ ス セ ン タ ー 北 九 州 市 内 → 延 岡 ・ 南 延 岡 * 指 定 席 1 万 円 7 万 37 円 3140 円 ・ 則 白 19 : ま で に 予 約 鹿 児 島 中 央 → 宮 崎 自 由 席 5 0 円 円 2240 円 鹿 児 島 中 央 → 都 城 自 由 席 38 開 円 60 円 860 円 シ ェ ラ ト ン グ ラ ン デ オ ー シ ャ ン リ ゾ ー ト 発 8 : 30A 宮 崎 駅 宮 崎 ・ 南 宮 崎 → 延 岡 自 由 席 45 円 5 円 5 開 円 西 口 発 8 : 宮 交 シ テ ィ 発 9 : 10A 宮 崎 空 港 発 9 : 30A 青 島 宮 崎 ・ 南 宮 崎 → 日 向 市 自 由 席 4 開 0 円 47m 円 1 円 堀 切 峠 鵜 戸 神 宮 ( 自 由 昼 食 ル 飫 肥 ( 散 策 ル 宮 崎 空 港 着 宮 崎 → 都 城 ・ 西 都 城 自 由 席 25 円 3020 円 520 円 16 : 47A 宮 交 シ テ ィ 着 17 : 02A 宮 崎 駅 西 口 着 17 : 22A シ ェ ラ ト ン グ ラ ン デ オ ー シ ャ ン リ ゾ ー ト 着 17 : 42 * は 小 倉 駅 ・ 日 豊 本 線 経 由 【 い わ さ き バ ス 】 谷 099575 ・ 6733 《 予 約 不 要 》 一 谷 099-258 668 九 州 新 幹 線 の 普 通 車 自 由 席 と 「 B & S み や ざ き 号 」 ( 高 速 バ ス ) の 指 定 席 を 利 こ う げ ん コ ー ス ( 午 前 ) り よ う ま コ ー ス ( 午 後 ) 用 す る 、 宮 崎 へ の お 得 な き つ ぶ 。 福 岡 市 内 ~ 宮 交 シ テ ィ ・ 宮 崎 駅 前 間 は 1 万 36 開 円 。 新 幹 線 と 高 速 バ ス の 乗 り 継 ぎ は 新 八 代 駅 限 定 で 、 同 駅 以 外 は 途 中 下 = 通 年 ( 毎 日 ) 車 で き な い 。 2 枚 セ ッ ト で 1 カ 月 有 効 。 1 人 で 往 復 し て も 、 2 人 で 片 道 に 利 用 し 霧 島 い わ さ き ホ テ ル 発 9 : 10A 丸 尾 発 霧 島 い わ さ き ホ テ ル 発 12 : 15A 丸 尾 発 て も OKO 九 州 新 幹 線 の 指 定 料 金 券 を 購 入 す れ ば 、 指 定 席 が 利 用 で き る 。 9 : 20 霧 島 神 宮 駅 発 9 : 45 霧 島 神 宮 発 9 : 55A 高 千 12 : 25A 鹿 児 島 空 港 発 13 : 50A 嘉 例 川 駅 発 14 : 25A 塩 穂 河 原 不 動 池 え び の 高 原 霧 島 い わ さ き ホ 浸 温 泉 ( 龍 馬 公 園 ル 和 気 神 社 ・ 犬 飼 滝 展 望 台 霧 テ ル 着 12 : 15A 丸 尾 着 12 : 25A 嘉 例 川 着 12 : 45A 鹿 島 民 芸 村 ・ 霧 島 神 宮 着 17 価 丸 尾 着 17 創 霧 島 い J 日 線 特 急 の 自 由 席 に も 乗 り 降 り 自 由 の ゾ ー ン 券 ( 下 図 参 照 ) に 、 ゆ き ( 往 路 ) 券 児 島 空 港 着 12 : 53 わ さ き ホ テ ル 着 17 と か え り ( 復 路 ) 券 を セ ッ ト し た 周 遊 き つ ぶ 。 往 復 そ れ ぞ れ J 日 線 を 201 以 上 利 用 す る の が 条 件 。 往 延 岡 ・ 宮 崎 ゾ ー ン 伏 人 3800 円 ) 宮 崎 カ ー フ ェ リ ー 吉 松 谷 06-6616-4661 が 、 経 路 に 東 海 道 新 幹 日 向 市 ANA( 全 日 空 ) 谷 0570-029-222 フ ェ リ ー さ ん ふ ら わ あ 谷 0120-3268-56 線 を 利 用 す る と き は 異 JAL ( 日 本 航 空 ) 宮 崎 な る 場 合 が あ る 。 ま た 、 鹿 南 宮 崎 JAC ( 日 本 工 ア コ ミ ュ ー タ ー ) 宮 交 バ ス ( 宮 崎 交 通 ) 谷 0985-51-5153 児 片 道 に 航 空 機 が 利 用 で SNA ( ソ ラ シ ド エ ア ) 谷 0570-037-283 空 隼 人 国 分 都 城 田 吉 チ 串 間 市 コ ミ ュ ニ テ ィ バ ス 谷 0987-72-1111 き る 。 ゾ ー ン 券 は 5 日 宮 高 千 穂 町 ふ れ あ い バ ス ( 高 千 穂 町 企 画 観 光 課 ) 谷 0982-73-1212 間 有 効 。 J 日 の 主 な 駅 JR 九 州 ( 宮 崎 ) 》 »- 航 空 機 利 用 対 象 空 港 . 宮 崎 ・ 鹿 児 島 の 各 空 港 空 谷 0985-23-3450 い わ さ き バ ス 谷 099-258-0668 な ど で 発 売 。 ◎ = 出 入 口 の 駅 谷 0994-65-2258 近 鉄 パ ス 西 鉄 パ ス ( 九 州 高 速 バ ス 予 約 セ ン タ ー ) 谷 092-734-2727 駅 レ ン タ カ ー 谷 0800-888-4892 JR 九 州 バ ス ( た い よ う 号 ) 谷 092-643-8541 九 州 内 の 路 線 バ ス ・ 高 速 バ ス が 乗 り 放 題 の フ リ ー 乗 車 券 。 宮 崎 県 内 の バ ス が ト ヨ タ レ ン タ カ ー 谷 0800-7000-111 (B&S み や ざ き ) 谷 050-3786-3489 利 用 で き る の は 全 九 州 版 で 、 3 日 用 1 万 円 ・ 4 日 用 1 万 4 网 円 。 県 内 の 宮 交 バ ス 日 産 レ ン タ カ ー 谷 0120- OO -4123 「 九 州 産 交 バ ス ( 宮 崎 便 ) 谷 096-354-4845 ニ ッ ポ ン レ ン タ カ ー 路 線 だ け で な く 、 九 州 各 地 か ら の 高 速 バ ス で の 往 復 に も 利 用 で き る ( 一 部 除 谷 0800-500-0919 ( 延 岡 便 ) 谷 096-325-01 OO HRS レ ン タ カ ー 外 路 線 あ り ) の で お 得 。 た だ し 、 定 期 観 光 バ ス な ど に は 乗 車 で き な い 。 谷 0985-28-7506 長 崎 県 営 バ ス 谷 095-823-6155 CD 宮 交 ワ ン コ イ ン バ ス 南 国 交 通 谷 099-259-6781 日 本 道 路 交 通 情 報 セ ン タ ー 宮 交 バ ス ( 宮 崎 交 通 ) 谷 0985-53-1000 九 州 地 方 高 速 情 報 土 ・ 日 曜 、 祝 日 限 定 だ が 、 宮 交 バ ス の 市 内 近 郊 工 リ ア が 1 日 5 開 円 ( 子 供 2 円 ) 宮 崎 情 報 で 乗 り 放 題 。 宮 崎 市 内 、 都 城 市 内 、 延 岡 市 内 の 3 工 リ ア あ る 。 バ ス 車 内 で の 発 売 は な く 、 宮 崎 駅 前 バ ス セ ン タ ー 、 宮 交 シ テ ィ 、 空 港 発 売 所 、 西 都 城 バ ス セ ン タ ー 、 延 岡 駅 前 バ ス セ ン タ ー 、 日 向 支 所 な ど で 発 売 。 コ ン ビ ニ 発 券 も で き る 。 ( ⅱ 年 10 月 現 在 ) 交 通 ガ イ ド M ー Y A Z A K ー A C C E S S G U ー D E 便 数 所 要 時 間 ね だ ん ※ BC = バ ス セ ン タ ー 鉄 道 ハ ス 宮 崎 周 辺 日 日 南 海 岸 へ 日 延 ~ 向 岡 - 穂 回 ・ 一 へ 都 ・ , 小 霧 ・ 林 島 - 区 間 座 席 ね だ ん 通 常 料 金 お と く 額 日 南 海 岸 め ぐ り 日 南 海 岸 と 九 州 の 小 京 都 飫 肥 コ ー ス 運 行 期 間 お と な 運 賃 ー ・ ・ 霧 島 温 泉 ・ え び の 高 原 め ぐ り 運 行 期 間 一 土 ・ 日 曜 、 祝 日 往 復 : お と な 運 賃 “ コ ー ス 運 行 期 間 … お と な 運 賃 “ コ ー ス 往 復 ・ 現 地 フ ェ リ ー 路 線 バ ス 航 空 乙 琳 高 速 バ ス レ ン タ カ ー 往 復 ・ 現 地 道 路 交 通 情 報 谷 050-3369-6771 谷 050-3369-6645

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


・ : : L<>< 切 り 取 り 線 ー ~ 一 読 者 プ レ ゼ ン ト & ア ン ケ ー ト 、 一 、 本 誌 を 含 む JTB バ ブ リ ッ シ ン グ 発 行 図 書 の ア ン ケ ー ト に お 答 え い た た い た 方 の 中 か ら 、 抽 選 で 下 記 の プ レ ゼ ン ト を さ し 上 げ ま す 。 ご 応 募 は Web 、 FAX 、 郵 便 の い す れ か か ら 行 っ て く た さ い 。 日 は 毎 年 3 ・ 6 ・ 9 ・ 12 月 末 日 ( 郵 便 は 当 日 消 印 有 効 ) で す 。 当 選 者 の 発 表 は 発 送 を も っ て か え さ せ て い た た き ま す 。 \ 5 , 000 日 本 全 国 50 万 店 以 上 の デ 日 本 全 国 0 書 店 で 使 え る 介 0 , 、 リ 0 特 製 テ ' で 使 え る 商 品 券 使 っ て み て 不 満 だ っ た 点 は ? の 購 入 時 期 は ? ロ 特 別 付 録 が 使 い づ ら い 口 掲 載 ス ポ ッ ト 数 が 多 す ぎ る ロ 旅 行 先 を 検 討 す る と き ロ 旅 行 先 を 決 め た あ と ロ 掲 載 ス ポ ッ ト 数 カ 沙 な す ぎ る ロ 掲 載 ス ポ ッ ト が よ く な か っ た ロ 旅 行 直 前 ロ 旅 行 中 ロ 旅 行 後 ロ 行 き た い 地 域 が 掲 載 さ れ て い な い 口 内 容 が つ ま ら な い 今 回 の の 主 な 行 先 は ? ロ 情 報 が 探 し づ ら い 口 写 真 が 少 な い 口 価 格 ロ 地 図 が 少 な い 口 誌 面 が 見 づ ら い 口 文 字 が 小 さ い ロ 宮 崎 タ ウ ン ロ シ ー ガ イ ア リ ゾ ー ト ロ 西 都 原 ロ 綾 ロ 高 千 穂 そ の 他 、 具 体 的 に ご 記 入 く だ さ い ロ 日 向 ロ 延 岡 ロ 美 々 津 ロ 五 ケ 瀬 口 日 之 影 ロ 椎 葉 ロ 美 郷 町 ロ 霧 島 ロ え び の 高 原 口 都 城 ロ 日 南 ロ 飫 肥 役 に 立 っ た ペ ー ジ 、 た っ た ペ ー ジ は ? 役 に 立 っ た ペ ー ジ ・ ・ ・ ( だ っ た ペ ー ジ ・ ・ ・ ( ① 宮 崎 早 分 か り / 最 旬 ニ ュ ー ス ② 古 事 記 編 第 1300 年 神 話 の 舞 台 へ ! ! ( 高 千 穂 / 宮 崎 タ ウ ン ・ 西 都 原 / 日 南 海 岸 / 霧 島 ) ③ 地 元 出 身 の シ ェ フ が 選 ん だ 宮 崎 プ ラ ン ド 食 材 の レ ス ト ラ ン ④ 宮 崎 県 民 食 ⑤ プ ラ ン ド フ ル ー ツ を 味 わ え る カ フ ェ ⑥ 宮 崎 グ ル メ み や げ ⑦ マ ジ カ ル 埴 輪 ツ ア ー ⑧ フ ェ ニ ッ ク ス ・ シ ー ガ イ ア ・ リ ゾ ー ト ⑨ 西 都 原 古 墳 群 ⑩ 西 都 原 で 古 代 人 体 験 ⑩ 酒 泉 の 社 ⑩ 高 千 穂 夜 神 楽 ⑩ 日 向 ~ 延 岡 シ ー サ イ ド ド ラ イ プ ⑩ 美 々 津 さ ん ほ ⑩ 農 村 民 宿 ⑩ 霧 島 名 湯 め ぐ り ⑦ 龍 馬 & お 龍 ハ ネ ム ー ン ロ ー ド ⑩ え び の 高 原 ⑩ 霧 島 の 高 原 レ シ ャ ー ス ポ ッ ト ⑩ 霧 島 フ ァ ク ト リ ー ガ ー デ ン @日 南 海 岸 ド ラ イ プ @飫 肥 さ ん ば @特 急 「 海 幸 山 幸 」 @宿 泊 ガ イ ド ④ ア ク セ ス ガ イ ド ① 特 別 付 録 道 の 駅 & 日 帰 り 温 泉 @特 別 付 録 プ ラ ン ニ ン グ & ド ラ イ プ MAP を 選 ん た 理 由 は ? ロ 表 紙 ロ 特 別 付 録 ロ 掲 載 ス ポ ッ ト 数 が ち ょ う ど い い ロ 掲 載 ス ポ ッ ト が 信 頼 で き る ロ 行 き た い 地 域 が 掲 載 さ れ て い る ロ 内 容 の お も し ろ さ ロ 情 報 の 探 し や す さ ロ 写 真 や テ サ イ ン ロ 価 格 ロ 地 図 ロ る る ぶ だ か ら ロ 特 に な し そ の 他 、 具 体 的 に ご 記 入 く だ さ い 谷 く く TB バ ブ リ ッ シ ン グ 内 情 報 部 第 五 編 集 部 『 る る ぶ 宮 崎 高 千 穂 日 南 え び の 霧 12 』 係 http://www.rurubu.com/enquete/ 間 03-6888-7858 裏 面 の 住 所 宛 お 送 り く だ さ い 宛 先 Web で 年 齢 歳 お 名 前 こ 曜 業 性 別 男 ・ 女 ご 住 所 100 名 様 谷 折 り 》 ー 20 と し た 図 書 は ? 今 後 増 や し て ほ し い 情 報 は ? ロ 観 光 ( 名 所 旧 跡 ) ロ 観 光 ( 自 然 ) ロ 観 光 ( 街 歩 き ) ロ ド ラ イ プ ロ グ ル メ ロ お み や け ロ 温 泉 ロ 宿 ・ ホ テ ル ロ モ テ ル ル ー ト ロ 宮 崎 の 最 新 情 報 ロ 穴 場 の ス ポ ッ ト ロ 宮 崎 へ の 交 通 ロ 宮 崎 県 内 の 交 通 ロ 地 図 谷 折 り 》 ー 今 回 の に つ い て お 書 き く だ さ い 。 ロ ( ) 年 ( ) 月 頃 に 旅 行 ( 泊 日 ) ロ 宮 崎 へ は ( ) 回 目 / 初 め て ロ 同 行 者 ( 家 族 / 夫 婦 / 恋 人 / 友 人 / ひ と り ) ロ 旅 行 形 態 ( 観 光 付 き の ツ ア ー / 航 空 券 と 宿 の み の ツ ア ー / す べ て 自 分 で 手 配 ) ロ 今 回 の 旅 行 の 主 な 目 的 は ? ( 名 所 旧 跡 の 観 光 / パ ワ ー ス ポ ッ ト / 自 然 / 街 歩 き / グ ル メ / 温 泉 / ド ラ イ プ / 買 い 物 ) の り し ろ ^ ^ 谷 折 り >> ^ ^ 谷 折 り >> の り し ろ ※ ご 記 入 い た だ い た ご 意 見 ・ ご 質 問 等 に 対 す る 個 別 の 回 答 は い た し て お り ま せ ん 。 あ ら か じ め ご 了 承 く だ さ い 。 《 谷 折 り 》 の 丿 し ろ

九州(楽楽 九州 1)


- 03 神 社 】 霧 島 神 宮 島 ・ え び の ー 大 温 泉 郷 の 霧 島 と 花 の 楽 園 ・ え び の 現 在 の 社 殿 は 田 温 泉 、 硫 黄 谷 温 泉 、 丸 尾 温 泉 な ど 薩 摩 藩 主 ・ 島 谷 0995-57-0001 林 津 吉 貴 が 寄 を 含 む 霧 島 温 泉 郷 と 、 霧 島 神 宮 温 P205 ( -3 進 し た と い う 泉 郷 な ど か ら な る 温 泉 密 集 工 リ ア が 霧 島 。 欽 明 天 皇 の 時 代 の 540 年 の 創 建 と さ れ 、 そ の 後 、 東 方 に は 、 天 孫 降 臨 の 舞 台 と さ れ る 高 千 霧 島 山 の 噴 火 に よ り 移 転 と 再 建 を 繰 り 返 し た 後 、 に に ぎ の み こ と 穂 峰 が そ び え て い る 。 一 方 、 霧 島 エ リ ア の 現 在 地 に 造 営 。 祭 神 は 天 孫 降 臨 神 話 の 瓊 瓊 杵 命 。 朱 塗 り の 社 殿 が そ び え る 境 内 は 木 々 が う っ そ う と 北 方 、 宮 崎 県 の え び の は 貴 重 な 植 物 の 宝 茂 り 、 四 季 折 々 美 し い 表 情 を 見 せ る 。 庫 。 季 節 に 応 し て さ ま ざ ま な 花 が 咲 く 。 池 を 巡 る 自 然 研 究 路 な ど も あ り 、 豊 か ハ ス 停 霧 島 神 宮 前 か ら 徒 歩 す ぐ 境 内 自 由 ( 祈 円 88 ( -2 願 な と の 受 付 は 8 ~ 17 時 、 無 休 ) G)500 台 で こ ま や か な 自 然 と ふ れ あ え る 。 lnformation 古 宮 跡 】 》 霧 島 市 観 光 課 谷 0995-45-5111 高 千 穂 河 原 》 え び の 市 観 光 商 工 課 谷 0984-35-1111 ( 古 宮 址 ) ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス い わ さ き ハ ス ネ ッ ト ワ ー ク 「 霧 島 い わ さ き ホ テ ル 行 き 」 で 13 分 き り し ま し ん ぐ う 朱 塗 り の 社 殿 が 緑 に 映 え る DATA た か ち は が わ ら ふ る み や あ と 神 話 の 地 で 高 千 穂 峰 の 登 山 口 の 一 つ 谷 0995-57-2505 こ こ か ら 望 む 高 千 穂 峰 は ま ( 高 千 穂 河 原 ヒ ジ タ ー セ ン タ ー ) さ に 霊 峰 の 雰 P205 ( -2 囲 気 た 文 暦 元 年 ( 1234 ) の 高 千 穂 峰 の 噴 火 で 焼 失 す る ど う 回 る ? ま で 、 霧 島 神 宮 の 社 殿 が あ っ た 地 。 瓊 瓊 杵 命 が 高 天 原 か ら 降 臨 し た と い う 高 千 穂 峰 の 西 麓 に あ る 。 全 体 を 回 る な ら 車 の 利 用 を 11 月 10 日 に は 日 没 と と も に 御 神 火 を 山 頂 に 運 ぶ 」 R 霧 島 神 宮 駅 か ら 霧 島 神 宮 を 経 由 し て 霧 島 温 泉 郷 へ 天 孫 降 臨 御 神 火 祭 が 行 わ れ る 。 抜 け る バ ス を 利 用 し て 回 れ る 。 た だ し 、 高 千 穂 河 原 や 朝 R 霧 島 神 宮 駅 か ら 車 で 15 分 入 場 自 由 0 高 千 穂 え び の 方 面 な ど を 併 せ て 巡 る 場 合 は 、 バ ス の 本 数 が 河 原 ビ ジ タ ー セ ン タ ー 38 台 利 用 ( 1 回 410 円 ) / 高 千 穂 少 な し 、 の で 車 が 便 利 。 河 原 ヒ ジ タ ー セ ン タ ー 朝 9 ~ 17 時 の 無 休 の 入 館 無 料 島 駅 霧 宮 枳 神 に に ぎ の み こ と ( ー 0 と 休 み ス ポ ン ト き り し ま お ん せ ん い ち ば み ち や は な 食 事 処 き リ し ま か ん え き き り し ま く い も ん 屋 花 い ち も ん め 道 の 駅 霧 島 ほ っ と 霧 島 館 - 霧 島 温 泉 市 場 谷 099578-2888 5A -2 谷 0995-57-1 川 5 & 3 谷 099578-3121 5 B-2 物 産 館 「 神 の 幸 」 で は 無 農 薬 栽 培 の 黒 豚 で と っ た ス ー プ に 魚 介 の 旨 み 霧 島 温 泉 郷 の 中 心 に あ り 、 み や げ 自 家 製 プ ル ー ベ リ ー 商 品 が 人 気 店 や 食 事 処 、 さ ら に 観 光 案 内 所 な を 加 え た は な い ち ラ ー メ ン 660 円 で 、 レ ス ト ラ ン 「 神 の 蔵 」 で は 黒 豚 な ど 、 霧 島 産 の 黒 豚 を 使 っ た メ ニ ど が 集 ま っ て い る 。 温 泉 の 蒸 気 で ュ ー が 揃 う 。 人 気 は 黒 豚 み そ ら あ 料 理 や 田 舎 そ ば が 味 わ え る 。 標 高 蒸 し た 温 泉 玉 子 や 温 泉 ま ん じ ゅ う 58m の た め 、 眺 望 も す ば ら し い 。 が 人 気 。 足 湯 18 円 も 楽 し め る 。 め ん の 黒 豚 カ つ セ ッ ト 1550 円 。 朝 バ ス 停 丸 尾 か ら 車 で 2 分 の 1 1 ・ パ ス 停 神 話 の 里 公 園 前 か ら 徒 ・ ハ ス 停 丸 尾 か ら 徒 歩 す ぐ の 8 DATA DATA DATA 歩 す ぐ の 9 時 ~ 17 時 15 分 ( 1 1 ~ ~ 19 時 ( 店 舗 に よ り 異 な る ) の 時 30 分 ~ 14 時 30 分 LO 、 17 時 30 分 ~ 21 時 LOO 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 3 月 は ~ 1 7 時 ) の 無 休 090 台 無 休 ( 店 舗 に よ っ て は 定 休 あ り ) 029 翌 日 ) 018 台

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


叭 第 h—' ジ 日 ド き た と 。 を 、 品 の 地 鶏 の つ み れ 汁 、 手 作 り の つ ま 揚 げ 、 地 鶏 の 刺 身 、 地 鶏 の 炊 き 込 み ご 飯 が 並 ぶ 龍 馬 鍋 幕 末 の 恋 旅 0 陸 追 体 験 - ノ 丿 恋 み く し に チ ャ レ ン ジ → , , 「 一 = 00 000 = 〔 , 第 ー お 拝 島 日 と 参 霧 い か 馬 っ k し う 龍 っ 神 新 ろ ぐ た し 御 。 だ れ 嘆 ま 巧 の 、 坂 本 龍 馬 っ て ポ 穂 神 樹 サ 照 ~ 千 。 、 ア の 参 高 龍 し メ 本 ど ん な 人 ? ス 天 保 6 年 ( 1835 ) < 6 ソ よ 土 佐 藩 の 郷 士 の 家 に 生 ピ 払 ま れ 、 歳 で 剣 術 修 行 の た め に 江 戸 へ 上 る 。 歳 で 土 佐 藩 を 脱 藩 。 勝 海 舟 の 門 下 生 と な り 、 敵 対 関 係 に あ っ た 薩 摩 藩 と 長 州 藩 の 仲 介 に 入 り 「 薩 長 同 盟 」 を 成 し 遂 げ た そ の 後 、 長 崎 に 貿 易 会 社 を 設 一 立 す る な ど の 試 み を し 、 幕 末 の 風 雲 児 と よ ば れ た 英 雄 。 新 婚 ア ツ ア ツ の 龍 馬 と 妻 ・ お 龍 は 、 温 泉 に 入 っ た り 、 霧 島 神 宮 を 訪 れ た り 、 高 千 穂 峰 に 登 っ た り と 、 島 で 現 代 人 さ な が ら の 観 光 を 楽 し ん だ と い う 。 の 恋 の 工 ビ ソ ー ド に ぶ れ な が ら そ の 足 跡 を た ど っ て み よ う / ⑨ 票 c 分 、 隅 横 川 駅 栄 之 尾 温 慕 《 》 「 142f 関 平 温 泉 当 丸 尾 温 泉 島 温 泉 △ 9 鳥 帽 子 岳 支 字 岡 △ 78 霧 島 宮 ・ 横 川 7 : 6 5 4 ' 3 2 ー 一 3 〉 、 宮 崎 自 動 車 道 宮 崎 ℃ 宮 崎 自 動 車 道 高 原 ℃ 霧 島 神 宮 神 話 の 里 公 園 道 の 駅 霧 島 硫 黄 谷 温 泉 霧 島 ホ テ ル 8 畑 和 気 神 社 犬 飼 滝 霧 島 峠 茶 屋 ・ 1332 う ニ 人 の 霧 島 旅 は ~ 日 本 初 の 、 ・ 新 婚 旅 行 た っ た / 慶 応 2 年 ( 1866 ) 、 京 都 ・ 伏 見 の 寺 田 屋 で 襲 撃 さ れ 傷 を 負 っ た 龍 馬 は 、 西 郷 隆 盛 ら の 尽 力 に よ り 、 療 養 の た め に 霧 島 を 訪 れ た 。 妻 の お 龍 を 伴 い 塩 浸 や 硫 黄 谷 、 栄 之 尾 な ど の 温 泉 地 を め ぐ り 、 犬 飼 滝 や 霧 島 神 宮 を 訪 れ 、 高 千 穂 峰 を 登 る な ど 、 約 ー カ 月 の 間 、 夫 婦 水 入 ら ず の 時 間 を 楽 し ん だ 。 こ の 時 の ニ 人 の 旅 が 、 日 本 初 の 新 婚 旅 行 と い わ れ て い る 。 硫 黄 谷 温 泉 霧 島 ホ テ ル 島 GC 霧 島 温 泉 駅 ・ 岡 道 の 駅 霧 話 の 里 公 園 牧 園 中 津 川 局 ① △ 霧 島 神 宮 温 泉 、 石 峯 高 千 穂 C 浸 温 泉 龍 馬 公 園 霧 島 ロ イ ヤ ル コ ー ス 龍 泉 寺 大 飼 冫 川 渓 谷 気 神 社 温 泉 小 鹿 野 、 見 温 泉 村 駅 鹿 児 島 県 福 良 駅 鹿 児 港 木 山 駅 6 〒 ③ 月 渓 嘉 例 川 霧 島 峠 茶 、 島 市 北 永 野 田 駅 コ ー ス ア ド バ イ ス 崎 タ ウ ン か ら 霧 島 に 入 る な ら 、 宮 崎 自 動 車 道 高 原 旧 経 由 で 国 道 223 号 を 利 用 し よ う 。 最 終 地 点 か ら 鹿 児 島 、 福 岡 ・ 熊 本 方 面 へ 向 か う な ら 溝 辺 鹿 児 島 空 港 旧 へ 、 宮 崎 に 戻 る な ら 高 原 旧 を 目 指 そ う 。 も っ と 知 り た い . ′ 写 真 【 高 知 県 坂 本 龍 馬 記 念 館 所 蔵 ・ 満 辺 鹿 児 島 空 港 3 遊 覧 リ フ ト ( 往 復 400 円 ) で 登 っ た 山 頂 に は 天 の 逆 鉾 の レ プ リ カ と 記 念 撮 影 用 の 龍 馬 バ ネ ル が 設 置 さ れ て い る 第 4 を は ぶ た り の ラ ブ パ ワ ー も IJP ↑ 物 , 第 一 一 : / 霧 島 神 宮 ・ き り し ま し ん ぐ う 0995-57-0001 mapP111C4 6 世 紀 に 創 建 さ れ た ニ ニ ギ ノ ミ コ ト を 祀 っ た 古 社 。 約 1400 年 も の 歴 史 を 誇 り 、 朱 塗 り の 本 殿 な ど は 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 さ れ て い る 。 龍 馬 夫 妻 は 、 高 千 穂 蜂 登 頂 後 に 参 拝 に 訪 れ た 。 御 神 木 の 大 き さ や 社 殿 の 立 派 さ に 驚 い た と 姉 ・ 乙 女 へ 綴 - 手 紙 に 書 き 残 し て い る 。 今 龍 馬 に あ や か り カ ー ツ ル で 参 拝 を ・ き り し ま し ん わ の さ と こ う え ん み ち の え き き り し ま 霧 島 神 話 の 里 公 園 道 の 駅 霧 島 や っ こ ~ / 大 吉 た 自 信 か 出 て き た ね お っ / か わ い い 何 が 出 る か 十 ッ キ ド 0995-57-1711 mapP111B4 霧 島 の 大 自 然 を 遊 び 尽 く す バ ノ ラ マ ノ ー ク の レ ス ト ラ ン で は 、 龍 馬 に ち な ん だ 地 鶏 づ く し の メ ニ ュ ー 龍 馬 鍋 1200 円 ( 1 日 1 0 食 限 定 ) が 食 べ ら れ る 。 龍 馬 の 大 好 物 た っ た し や も 鍋 を 霧 島 風 に ア レ ン ジ し た も の で 、 地 元 食 材 と 地 鶏 の 旨 に こ だ わ っ た 味 わ い 豊 か な こ 馳 走 だ 。 0 を 恋 み く じ 初 第 料 200 円 [email protected]霧 島 市 霧 島 田 口 2583-22 朝 溝 辺 鹿 児 島 空 港 旧 か ら 車 で 40 分 朝 入 園 無 料 ( 各 施 設 利 用 料 は 要 問 合 せ ) 朝 9 ~ 17 時 ( 4 ~ 10 月 は ~ 17 時 1 5 分 ) 、 レ ス ト ラ ン は 10 ~ 16 時 LO の 無 休 0250 台 み く じ ー 1 回 200 円 。 授 与 所 横 に あ る つ 》 第 ー 、 気 に な る あ の 人 恋 は 叶 う か な ? 情 島 }

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


早 分 か り 高 千 穂 高 千 穂 と を そ の 周 辺 々 が 降 り 立 っ た 場 所 と 語 り 継 が れ る 高 千 穂 。 そ の 周 辺 に は 神 話 に 登 場 す る 見 ど こ ろ が た く さ ん あ る 。 神 社 に お 参 り し て 神 様 の パ ワ ー を も ら お う 。 . の 丸 焼 き " と ツ を 千 穂 峡 P13 “ か つ ほ 酒 、 P15 岩 戸 神 社 ・ 円 4 塩 を カ け て 4 日 蔀 じ っ く り 焼 く 鳥 の 夫 焼 き と 、 竹 筒 に 酒 を い れ て 炙 っ た ー か つ ほ 酒 は 高 千 穂 名 物 霧 島 ・ え び の 小 林 宮 崎 神 宮 PI 霧 島 ・ 本 部 は に わ 第 製 作 所 ゆ P3 /. 当 地 グ ル メ が 目 当 て な ら 宮 崎 タ ウ ン え び の の 繁 華 街 へ 。 チ キ ン 南 蛮 な ど の 県 民 フ ェ ニ ッ ク ス ・ 食 や 、 宮 崎 牛 や 土 頁 鶏 の お し 、 し い 店 が 集 ま シ ー ガ イ ア リ ゾ ー ト P イ 2 る 。 空 港 か ら も 近 く 宿 泊 に も 便 利 。 孫 降 臨 の 地 と も い わ れ る 霧 島 連 山 の 麓 に 位 置 す る 、 宮 チ キ ン 南 蛮 P28 ・ 宮 崎 牛 P27 ・ ブ ラ ン ド 崎 県 と 鹿 児 島 県 に ま た が る エ リ ア 。 フ ル ー ツ P32 ・ 宮 崎 生 ま れ の 黒 毛 和 揚 げ た て サ ク サ ク の 霧 島 一 帯 に 湧 き 出 る 良 質 な 温 泉 を 鶏 に 濃 厚 な タ ル タ ル : 牛 で 、 肉 質 等 級 が A4 : 南 国 ・ 宮 崎 が 誇 る マ ン 楽 し み た い な ら 宿 泊 も お す す め ソ ー ス が 堪 ら な ) 人 : 以 上 の も の た け 認 定 : ゴ ー な ど の 高 級 フ ル ー さ れ る ブ ラ ン ド 肉 気 ご 当 地 ツ を ジ ュ ー ス や パ フ ェ 霧 島 神 宮 P21 グ ル メ ! で 味 わ え る 霧 島 の 立 ち 寄 り 温 泉 / 0 え び の 高 原 P 川 こ れ を 食 べ た い ! 青 い 海 の 絶 景 や 、 神 話 に ま つ わ る ス ヒ リ チ ュ ア ル な ス ホ ッ ト な ど 、 遊 び の ス ホ ッ ト が い つ は い の 宮 崎 。 ご 当 地 グ ル メ に ブ ラ ン ド フ ル ー ツ も は す せ な い ! ま す は 宮 崎 の 魅 力 を 知 っ て 旅 の プ ラ ン ニ ン グ に 役 立 て て ! ス ビ リ チ ュ ア ル な ス ポ ッ ト が 点 在 す る 神 話 の 里 古 墳 群 や 照 葉 樹 林 が 広 が る ス ロ ー タ ウ ン ・ た か ち ほ ・ さ い と は る ・ あ や P43 崎 タ ウ ン か ら も 日 帰 り で 観 光 で き る こ と で 人 気 の エ リ ア 6 日 本 最 大 級 の 古 墳 が 集 ま る 西 都 原 は 、 レ ン タ サ イ ク ル で 回 れ る 。 綾 で は 、 大 吊 橋 に せ ひ 出 か け た い ! 酒 泉 の 杜 の 照 葉 大 吊 橋 P4 ・ ・ お 酒 ・ P52 西 都 原 古 墳 群 吟 P44 そ ば 焼 酎 で 知 ら れ る 蔵 蔵 元 綾 酒 泉 の 社 ・ P52i ・ 元 「 雲 海 酒 造 」 で 、 限 定 販 売 の 焼 酎 や ブ ラ ン . き デ ー を 手 に 入 れ た い ! 高 千 五 ケ 瀬 ・ P53 . 延 岡 P75 P75 椎 葉 ・ 白 向 市 ・ 日 向 P6 こ れ を 買 い た い ! こ こ に 行 き た い ! こ こ に 行 き た い ! ま 々 津 0 P62 美 々 津 ・ 西 都 原 P44 宮 崎 の お い し い も の が 集 結 す る グ ル メ タ ウ ン 西 都 美 し い 自 然 と 泉 質 豊 富 な 温 泉 が 魅 力 え び の . 、 ゆ び の JCT , ・ き り し ま ・ え び の こ こ に 行 き た い ! え び の ・ P74 、 韓 国 岳 島 山 高 千 霧 島 の 温 泉 P88 ダ の 宮 崎 空 港 P22 P50 青 島 % 9 ・ 都 城 P79 P86 飫 肥 こ れ を 食 べ た い ! 北 郷 南 国 ム ー ド 満 点 の 美 し い 海 岸 工 リ ア こ こ に 行 き た い ! 岸 ・ に ち な ん か い か ん 日 南 海 岸 南 の 魅 力 は 、 何 と い っ て も 青 い 海 と 空 。 海 岸 線 に 点 在 す る 絶 景 マ ン ゴ ー パ フ ェ P83 青 島 神 社 蛉 P19 、 ス ポ ッ ト を 目 指 し て 、 ヤ シ 並 木 が 続 く 日 南 フ ェ ニ ッ ク ス ロ ー ド を 爽 快 に ド ラ 鵜 戸 神 宮 P19 地 元 ・ 南 郷 、 行 三 で と れ た 完 を 二 イ プ す る の が お す す め 。 縁 結 び に こ 利 道 の 駅 : 熟 マ ン ゴ ー い ゞ 要 益 が あ る 人 気 の 神 社 に も 立 ち 寄 っ て ! フ ェ ニ ッ ク ス P82 = ・ が た っ ふ り の っ た 、 贅 沢 で し か も 霧 ~ ト ル な パ フ ェ か 大 人 気 ン 串 間 、 都 井 押 P81 111 貰 背 ヤ ヤ , こ れ を 買 い た い ! 黒 霧 島 グ ル メ P み や け に は 人 気 の 焼 酎 「 黒 霧 島 使 っ た カ ス テ ラ や チ ョ コ レ ー ト を ! 外 で は 入 手 困 難 な 焼 酎 も あ る