検索 - みる会図書館

検索対象: るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)

るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)から 143件ヒットしました。

るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)


② 伊 勢 志 摩 目 的 月 リ る る ぶ 情 報 版 凵 NEUP 3 和 歌 山 白 浜 熊 野 古 道 高 野 山 ④ 京 都 ① 北 海 道 ① ド ラ イ ブ 北 海 道 ベ ス ト コ ー ス ① 大 阪 2 札 幌 小 樽 富 良 野 旭 山 動 物 園 ⑨ 札 幌 デ ー ト BOOK 3 冬 の 北 海 道 ① 兵 庫 神 戸 姫 路 但 馬 0 富 良 野 旭 山 動 物 園 札 幌 ① 京 都 奈 良 ド ラ イ フ 、 東 北 ベ ス ト コ ー ス 冊 こ ど も と あ そ ぽ ! 東 北 3 函 館 大 沼 3 神 戸 ⑩ 南 紀 伊 勢 志 摩 決 定 版 ! 温 泉 & 宿 東 北 ① 知 床 阿 寒 釧 路 湿 原 網 走 則 ス パ リ ゾ ー ト ハ ワ イ ア ン ズ 田 城 崎 天 橋 立 但 馬 丹 後 篠 山 京 都 を 歩 こ う 東 北 ① 日 帰 り 温 泉 関 東 周 辺 ② 青 森 弘 前 奥 入 瀬 白 神 山 地 京 都 の き ほ ん 3 秋 田 角 館 乳 頭 温 泉 郷 大 阪 ベ ス ト ② 決 定 版 ! 温 泉 & 宿 関 東 周 辺 信 州 新 潟 伊 豆 箱 根 3 こ ど も と あ そ ぽ ! 首 都 圏 ④ 岩 手 平 泉 盛 岡 八 幡 平 淡 路 島 鳴 門 ④ 東 京 遊 び 場 コ ン プ リ ー ト ガ イ ド 3 山 形 新 京 都 大 阪 神 戸 ① 仙 台 松 島 宮 城 京 都 ベ ス ト 3 ペ ッ ト と お で か け 首 都 圏 か ら ① 会 津 磐 梯 福 島 田 京 都 観 光 し よ う ! ① ス ゴ い オ フ ィ ス 見 学 首 都 圏 版 ① 北 東 北 へ 行 こ う ! お 伊 勢 ま い り 首 都 圏 ア ウ ト ド ア & キ ャ ン プ 囮 六 甲 山 図 ふ た り で お で か け 首 都 圏 群 馬 囮 堺 市 首 都 圏 夜 あ そ び ② 日 光 那 須 鬼 怒 川 塩 原 囮 梅 田 tD ド ラ イ プ 関 東 ベ ス ト コ ー ス 3 茨 城 囮 西 宮 市 0 埼 玉 川 越 鉄 道 博 物 館 東 大 阪 市 ド ラ イ ブ 信 州 ベ ス ト コ ー ス 3 千 葉 房 総 北 摂 日 帰 り 温 泉 名 古 屋 東 海 信 州 北 陸 ① 東 京 豊 中 市 こ ど も と あ そ ほ 、 ! 名 古 屋 東 海 ① 栃 木 決 定 版 ! 温 泉 & 宿 東 海 信 州 飛 騨 北 陸 ① 瀬 戸 内 海 し ま な み 海 道 ① 東 京 観 光 名 古 屋 東 海 デ ー ト BOOK ⑨ 東 京 舞 浜 お 台 場 ② 山 陰 3 岡 山 倉 敷 蒜 山 ① 日 帰 り 温 泉 関 西 中 国 四 国 北 陸 ⑩ 東 京 ベ ス ト 冊 横 浜 鎌 倉 0 広 島 宮 島 尾 道 呉 岩 国 3 決 定 版 ! 温 泉 & 宿 関 西 中 国 四 国 3 山 口 萩 下 関 門 司 港 津 和 野 ④ こ ど も と お で か け 関 西 東 京 横 浜 東 京 ス カ イ ツ リ ー ① 松 江 出 雲 石 見 銀 山 3 日 帰 り お で か け 関 西 箱 根 ① 鳥 取 大 山 蒜 山 高 原 水 木 し げ る ロ ー ド ① 関 西 デ ー ト BOOK 鎌 倉 横 浜 中 華 街 み な と み ら い ① 山 陽 山 陰 ベ ス ト ① ペ ッ ト と お で か け 関 西 ・ 東 海 か ら 新 神 奈 川 ⑨ キ ッ ザ ニ ア 甲 子 園 へ 行 こ う ! 秩 父 奥 多 摩 高 尾 山 四 国 四 ド ラ イ ブ 関 西 ベ ス ト コ ー ス 田 東 京 ス カ イ ツ リ ー ② 香 川 高 松 琴 平 直 島 小 豆 島 草 津 伊 香 保 四 万 水 上 軽 井 沢 3 愛 媛 道 後 温 泉 松 山 こ ど も と あ そ ぽ ! 中 国 四 国 尾 瀬 0 徳 島 鳴 門 祖 谷 渓 ド ラ イ プ 中 国 四 国 ベ ス ト コ ー ス 箱 根 熱 海 湯 河 原 3 高 知 四 万 十 小 笠 原 伊 豆 諸 島 ① 四 国 八 十 八 ヵ 所 四 高 尾 山 九 州 ド ラ イ ブ 房 総 茨 城 ② 福 岡 決 定 版 ! 温 泉 & 宿 九 州 東 京 駅 丸 の 内 八 重 洲 有 楽 町 3 長 崎 ハ ウ ス テ ン ボ ス 佐 世 保 雲 仙 囮 福 岡 テ ー ト BOOK 北 関 東 ベ ス ト 群 馬 栃 木 茨 城 0 大 分 別 府 湯 布 院 く じ ゅ う 囮 こ ど も と あ そ ぽ ! 九 州 四 ド ラ イ ブ 九 州 ベ ス ト コ ー ス ⑩ 杉 並 区 高 円 寺 阿 佐 ヶ 谷 荻 窪 3 熊 本 阿 蘇 天 草 大 田 区 ① 宮 崎 高 千 穂 日 南 え び の 霧 島 (D 相 模 原 市 ① 鹿 児 島 指 宿 霧 島 桜 島 ① 古 事 記 1800 年 古 代 ロ マ ン の 旅 ① 沖 縄 奥 多 摩 青 梅 あ き る 野 ア ウ ト ド ア & レ ジ ャ ー 2 ロ ケ み つ 西 日 本 横 断 プ ロ グ 旅 川 崎 市 ⑨ タ ウ ン 福 岡 J 日 博 多 シ テ ィ 柏 松 戸 湯 市 院 黒 川 小 国 郷 別 府 阿 蘇 田 屋 久 島 奄 美 種 子 島 ① 信 州 石 垣 宮 古 西 表 島 ※ こ の 地 図 の 作 成 に 当 た っ て は 、 国 土 地 理 院 長 の ② 静 岡 清 水 浜 名 湖 富 士 山 麓 伊 豆 沖 縄 ベ ス ト 承 認 を 得 て 、 同 院 発 行 の 万 分 の 1 地 方 図 及 び 3 山 梨 勝 沼 甲 府 富 士 五 湖 清 里 こ ど も と 行 く 沖 縄 2 万 5 千 分 の 1 地 形 図 、 数 値 地 図 5011 メ ッ シ ュ ( 標 高 ) を 使 用 し た 。 ( 承 認 番 号 平 23 情 使 、 第 192- 0 新 潟 佐 渡 沖 縄 ド ラ イ ブ 1140 号 、 承 認 番 号 平 23 情 使 、 第 193-529 号 ) 3 富 山 立 山 黒 部 五 箇 山 白 川 郷 九 州 ベ ス ト ① 金 沢 能 登 加 賀 や ん ば る 沖 縄 北 部 ※ 本 誌 掲 載 の テ ー タ は 2013 年 7 月 末 日 現 在 の も の で す 。 発 行 後 に 、 料 金 、 営 業 時 間 、 定 休 日 、 メ ① 福 井 越 前 若 狭 田 佐 賀 唐 津 呼 子 有 田 嬉 野 ニ ュ ー 等 の 営 業 内 容 力 嗄 更 に な る こ と や 、 寺 休 ① 岐 阜 飛 騨 高 山 白 川 郷 門 司 港 レ ト ロ 小 倉 北 九 州 市 業 等 で 利 用 で き な い 場 合 が あ り ま す 。 ま た 、 各 種 3 名 古 屋 九 州 の 島 々 テ ー タ を 含 め た 掲 載 内 容 の 正 確 性 に は 月 全 を 期 し て お り ま す が 、 お で か け の 際 に は 電 話 等 で 事 前 に ⑩ 伊 豆 箱 根 確 認 ・ 予 約 さ れ る こ と を お 勧 め し 、 た し ま す 。 な お 、 伊 豆 本 誌 に 掲 載 さ れ た 内 容 に よ る 損 害 等 は 、 弊 社 で は 軽 井 沢 補 償 い た し か ね ま す の で 、 予 め ご 了 承 く だ さ い ま 富 士 山 畠 士 五 湖 御 殿 場 富 士 宮 す よ う お 願 い い た し ま す 。 浜 松 浜 名 湖 三 河 ※ 本 誌 掲 載 の 入 園 料 な ど は 大 人 料 金 を 掲 載 し て い 飛 騨 高 山 ま す 。 ※ 定 休 日 は 、 年 末 年 始 ・ お 盆 休 み ・ ゴ ー ル デ ン ウ ィ ー ク を 省 略 し て い ま す 。 ※ 本 誌 掲 載 山 中 湖 河 口 湖 富 士 山 麓 御 殿 場 の 利 用 時 間 は 、 特 記 以 外 原 則 と し て 開 店 ( 館 ) ~ 石 川 能 登 金 沢 加 賀 温 泉 郷 閉 店 ( 館 ) で す 。 オ ー ダ ー ス ト ッ プ や 入 店 ( 館 ) 田 北 陸 ベ ス ト 金 沢 福 井 富 山 時 間 は 通 常 閉 店 ( 館 ) 時 刻 の 30 分 ~ 1 時 間 前 で 愛 知 名 古 屋 知 多 三 河 す の で ご 注 意 下 さ い 。 立 山 黒 部 ア ル ペ ン ル ー ト ※ 本 誌 掲 載 の 温 泉 の 泉 質 ・ 効 能 は 源 泉 の も の で 、 囮 安 曇 野 松 本 白 馬 個 別 の 浴 槽 の も の で は あ り ま せ ん 。 各 施 設 か ら の 囮 長 野 善 光 寺 上 田 戸 隠 小 布 施 回 答 を も と に 原 稿 を 作 成 し て い ま す 。 囮 清 里 八 ヶ 岳 蓼 科 諏 訪 ※ 本 誌 掲 載 の 宿 泊 料 金 は 、 原 則 と し て シ ン グ ル ・ 四 上 高 地 乗 鞍 白 骨 奥 飛 騨 温 泉 郷 ツ イ ン は 1 室 あ た り の 室 料 で す 。 1 泊 2 食 、 1 泊 朝 食 、 素 泊 に 関 し て は 、 1 室 2 名 で 宿 泊 し た 場 合 の 1 木 曽 伊 那 恵 那 峡 高 遠 名 料 金 で す 。 料 金 は 消 費 税 、 サ ー ビ ス 料 込 み で 掲 載 し て い ま す 。 季 節 や 人 数 に よ っ て 変 動 し ま す ① 滋 賀 び わ 湖 の で 、 お 気 を プ サ く た さ い 。 132042 131767 @JTB PubIishing 2013 無 断 転 載 禁 止 Printed in Japan 3 る ぶ 情 報 版 関 東 通 巻 4 7 号 糞 也 域 リ る 3 ぶ 情 報 版 凵 NEUP 3 箱 根 熱 海 湯 河 原 編 集 人 ◎ 永 島 慎 一 郎 発 行 人 ◎ 秋 田 守 北 海 道 工 リ ア 北 海 道 工 リ ア 東 北 工 リ ア 2013 年 9 月 15 日 初 版 印 刷 2013 年 10 月 1 日 初 版 発 行 東 北 工 リ ア 首 都 圏 工 リ ア 〒 162-8446 東 京 都 新 宿 区 払 方 町 25-5 http://www.jtbpublishing.com/ 編 集 ・ ・ ・ 03 ー 6888-7860 販 売 ・ ・ ・ 03-6888-7893 広 告 ・ ・ ・ 03-6888 ー 7831 編 集 ・ 制 作 ー ・ ・ ・ 出 版 事 業 本 部 国 内 情 報 部 第 四 編 集 部 組 版 ・ ・ ・ 版 印 刷 物 印 刷 所 ・ ・ ・ 凸 版 印 刷 ・ 編 集 テ ス ク ・ ・ ・ 安 藤 博 子 ・ 編 集 ス タ ッ フ ・ ・ ・ 松 澤 宏 美 取 材 ・ 編 集 ・ P. M.A. ト ラ イ ア ン グ ル ( 大 塚 直 継 / 大 崎 菜 都 子 ) / 間 貞 麿 / 平 井 清 ー デ サ イ ン ・ plastac 金 澤 健 太 郎 BEAM ド Ⅱ P 「 oducts 表 紙 テ ザ イ ン ・ ・ 中 嶋 テ サ イ ン 事 務 所 撮 影 ・ 写 真 ・ ・ 村 岡 栄 治 P. M.A. ト ラ イ ア ン グ ル ( 野 中 弥 真 人 / 遠 藤 麻 美 ) ア フ ロ / 関 係 各 施 設 ・ 市 町 村 モ デ ル ・ ・ ・ 舞 夢 プ ロ ( 上 住 マ リ ア ) EBA プ ロ ダ ク シ ョ ン ( 春 野 恵 ) メ イ ン キ ャ ス ト 地 図 ・ ゼ ン リ ン / ジ ェ イ ・ マ ッ プ 関 東 エ リ ア 中 部 工 リ ア 中 国 工 リ ア 四 国 工 リ ア 中 国 工 リ ア 九 州 工 リ ア 四 国 工 リ ア 九 州 工 リ ア 中 部 工 リ ア 観 光 ス ポ ッ ト か ら イ ベ ン ト 情 報 、 温 泉 ガ イ ド ま で 、 豊 富 な コ ン テ ン ツ で あ な た の 旅 を 徹 底 サ ポ ー ト 。 お 得 な 宿 泊 プ ラ ン ペ ー ジ や 、 ク チ コ ミ ・ 日 記 投 稿 な ど 、 便 利 よ 機 能 も 満 載 ! ス マ ー フ ォ ン り カ テ ゴ リ 、 現 在 地 、 地 図 か ら 全 国 の 観 光 ・ 宿 泊 ・ イ べ ン ト 情 報 を サ ク ッ と 検 索 可 能 。 iPhone / And 「 oid 対 応 & 無 料 ( 2013 年 9 月 現 在 ) ケ イ タ イ な ら 毎 日 更 新 ! 限 定 ネ タ 多 数 ! 今 す ぐ 出 か け た い ア タ ラ シ モ ノ 好 き 必 携 サ イ ト 。 PC に も 誌 面 に も な い オ リ ジ ナ ル 記 事 が 満 載 。 乗 換 & 経 路 検 索 な と の 機 能 面 も ◎ 旅 と お 出 か け 情 報 は コ チ ラ で GE 石 - る る ぶ.com 旬 の 旅 ネ タ を タ イ ム リ ー に お 届 け ! “ 1 は こ 第 て 体 る る ぶ ( ア プ リ ) る る ぶ.com を ア プ リ で 見 よ う 回 っ る る ぶ mob ⅱ e ロ イ 近 畿 工 リ ア る る ぶ 4507

るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)


熱 海 ト / 工 リ ア 早 分 か り 【 あ た コ こ 一 工 工 ー 第 こ コ ー を で 一 ェ ・ 老 若 男 女 問 わ ず 足 を 運 ぶ 1 年 中 花 火 や 夜 皂 が 楽 し め る ″ 東 洋 の ナ ポ リ ″ が 揃 う グ ル メ タ ウ ン 新 旧 の 魅 力 が 混 在 す る 一 大 温 泉 地 の の ト ロ な 温 泉 街 情 緒 と 、 再 開 発 で 活 気 を 取 リ 戻 し た 海 浜 リ る ゾ ー ト の 異 な る 魅 力 を 併 せ 持 つ 。 老 さ き 舗 宿 か ら 大 型 ホ テ ル ま で 約 150 軒 闇 ァ も の 多 影 な 宿 が 集 結 す る 。 通 年 開 P 乃 催 さ れ る 花 火 が 名 物 。 , 熱 ビ 135 1 km ・ あ た み P64 相 模 湾 初 島 へ は 富 士 急 マ リ ン リ ゾ ト 「 イ ル ド バ カ ン ス 号 』 て 約 25 分 初 島 へ ) 初 島 、 ~ 大 縄 海 本 浴 ④ 熱 海 港 へ 、 135 ・ 電 車 PI 12 参 照 ・ 車 P114 参 照 伊 東 市 62

るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)


新 New 5 箱 根 登 山 電 車 2015 年 7 月 19 月 老 舗 館 が 生 ま れ 変 わ っ て リ ニ ュ ー ア ル で リ ゾ ー ト 感 が UP ! 熱 海 温 泉 湯 宿 一 番 地 小 田 急 箱 根 レ イ ク ホ テ ル が 登 場 ! ・ お だ き ゅ う は こ ね れ い く ほ て る ・ あ た み お ん せ ん ゆ や ど い ち ば ん ち 回 . 回 る る ぶ 宿 コ ー ド 熱 海 駅 近 く に あ る 創 業 65 年 の 老 舗 宿 が 装 い 新 た C0537 に 再 出 発 ! 客 室 や 食 事 処 は 昭 和 風 情 を 生 か し た 心 芦 ノ 湖 畔 に 立 つ 安 ら く 空 間 に 。 自 家 源 泉 の 湯 も 自 慢 。 立 寄 り 湯 も 可 ホ テ ル 。 大 改 装 で 能 だ 。 は 豪 華 な ロ ビ ー や ウ ッ ド テ ラ ス 付 P65 レ ス ト ラ ン の ほ 客 室 専 用 露 か 、 ス チ ー ム サ ウ 天 風 呂 が 付 い た セ ミ ス イ ー ト ナ を 新 設 し た モ ダ ン な 露 天 風 呂 - ふ が 魅 力 た 。 ス チ ー ム サ ウ ナ は 繭 が モ チ ー フ 根 町 湖 尻 桃 源 台 根 湯 本 駅 か ら 箱 根 登 山 バ ス 桃 源 台 行 き で 30 分 、 箱 根 レ イ ク ホ テ ル 前 下 車 す ぐ 朝 1 泊 2 食 付 き 8500 円 ~ ( 日 帰 り ん 谷 1050 円 ) 050 台 2015 年 5 月 20 日 大 型 日 帰 り 温 泉 施 設 箱 根 海 賊 船 の 新 型 船 箱 根 湯 寮 ロ ワ イ ヤ ル Ⅱ が 誕 生 が デ ビ ュ ー ・ は こ ね ゆ り よ う ・ ろ わ し 、 や る つ 一 塔 ノ 沢 に あ る 里 山 の 芦 ノ 湖 を 周 遊 す る 箱 古 民 家 が コ ン セ プ ト 根 海 賊 船 に 新 型 客 船 の 日 帰 り 温 泉 施 設 。 個 が 就 航 。 フ ラ ン ス 戦 艦 室 付 き の 貸 切 露 天 風 を モ デ ル に し た 豪 華 呂 19 室 を 備 え 、 食 事 な 設 え の 船 内 に は 処 や 休 憩 処 も 併 設 し 、 3D ア ー ト な ど 新 た な ゆ っ た り く つ ろ け る 。 仕 掛 け も ! P22 P47 定 番 観 光 地 の 箱 根 ・ 熱 海 が ま た ま た 進 化 中 ! 旅 の プ ラ ン を 立 て る 前 に 知 っ て お き た い 、 ー 車 体 力 ラ ー 登 山 電 車 の イ メ ー ジ カ ラ ー で あ る 緋 色 や 茜 色 を 基 調 と し 、 四 季 の 風 景 に 溶 け 込 む 配 色 に 。 工 ED ラ イ ト 室 内 照 明 や 前 照 灯 に 発 光 ダ イ オ ー ド ( LED ) を 使 用 す る こ と で 、 消 費 電 力 を 削 減 。 ー 展 望 窓 高 さ 約 1.7m の 大 型 ガ ラ ス を 側 面 に 設 置 。 雄 大 な 自 然 の 景 観 を 眺 め る こ と が で き る 。 2014 年 11 月 ( 予 定 ) 箱 根 25 年 ぶ り の 新 型 車 両 が 登 場 す る ? ! 箱 根 観 光 の 拠 点 と な る 箱 根 湯 本 駅 か ら 強 羅 駅 間 を 結 ぶ 箱 根 登 山 鉄 道 に 、 2014 年 秋 か ら 新 型 車 両 が 導 入 さ れ る こ と に 。 新 型 の モ ー タ ー を 搭 載 す る こ と で 性 能 や 乗 り 心 地 が UP す る と と も に 、 車 体 力 ラ ー は 豊 か な 自 然 の 景 観 に な じ む 配 色 に 。 完 成 す れ は 、 箱 根 の 旅 が よ り 楽 し く 、 快 適 に な る こ と 間 違 い な し ! 鬘 4 仙 郷 楼 前 ー ポ ッ ク ス シ ー ト 肘 掛 や テ ー ブ ル に 強 化 木 を 使 用 。 座 席 シ ー ト の 色 も 暖 色 系 で 整 え ら れ 、 落 ち 着 し 、 た 雰 囲 気 。 DATA 2015 年 8 月 1 日 蘿 れ の 陶 芸 工 房 陶 び ら TO VILLA ・ と び ら 0 ・ ・ 0460-83-8187 ・ ・ 付 録 P8E3 箱 根 強 羅 公 園 ( P38 ) 内 に 予 約 制 の 貸 切 陶 芸 施 設 が 新 登 場 。 落 ち 着 い た 離 れ の 空 間 で 、 専 属 の 陶 芸 作 家 に 教 わ り な が ら 、 手 び ね り や 電 動 ろ く ろ で 茶 碗 や 茶 器 を 製 作 で き る 。 完 成 し た 作 品 は 約 2 カ 月 後 に 手 元 に 届 く ( 料 金 に 送 料 込 み ) 根 町 強 羅 1300 箱 根 強 羅 公 園 内 蛍 羅 駅 か 引 走 歩 5 分 0 分 間 1 万 500 円 ( 1 名 料 金 、 最 大 8 名 戸 ~ 17 時 ( 最 終 受 付 は 15 時 、 予 約 制 ) 休 84 台 2015 年 4 月 24 日 箱 根 ロ ー プ ウ ェ イ 尤 禰 谷 駅 舎 が リ ニ ュ ー ア ル し て ま す ま す 熱 い ! ・ は こ ね ろ ー ぷ う え い お お わ く だ に え き い 大 涌 谷 に 地 下 1 階 地 上 2 階 建 て の 新 駅 舎 が 完 成 。 噴 煙 地 を 眺 め ら れ る 展 望 ス ペ ー ス を 設 け た レ ス ト ラ ン や オ リ ジ ナ ル グ ッ ス を 扱 う 売 店 も 併 設 す る 。 P40 箱 根 熱 海 箱 根 MAP が 登 場 を 毎 ル DATA 2015 年 5 月 27 日 箱 根 箱 根 バ リ ア フ リ ー や 風 力 発 電 な ど 機 能 性 も 充 実 富 士 山 を 眺 め な が ら 優 雅 に ク ル ー ジ ン グ ! DATA 緑 に 包 ま れ な が ら ゆ っ た り 過 こ せ る 貸 切 風 呂 が 好 評 DATA 6

るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)


知 っ と info 1 の り も の 図 鑑 湯 ~ 遊 ~ バ ス ゆ ~ ゆ ~ は す 伊 豆 山 山 の 斜 面 に 開 け た 閑 静 な 温 泉 地 熱 海 の 名 所 や 旧 跡 を 結 ん で 走 各 る 周 遊 バ ス 。 車 内 で 1 日 券 88 コ 2 一 円 を 購 入 す る と 何 度 で も 乗 り 降 り で き る 。 創 557-86-619 ー 約 ス 5 ( 熱 海 市 観 光 経 済 課 ) ※ 2014 行 3 あ 年 4 月 以 降 運 行 廃 止 予 定 大 咲 第 一 年 を 通 し て 計 1 2 回 実 施 さ れ る ゾ ア 聳 輪 き 、 花 火 大 会 。 す り 鉢 状 の 地 形 が 、 海 ~ の 誇 よ 上 で 打 ち 上 げ ら れ る 花 火 の 音 を 花 る に 山 に 反 響 さ せ て 迫 力 満 点 。 → P76 早 咲 き で 知 ら れ る 熱 海 梅 園 。 1 梅 4 月 か ら 早 咲 き 、 中 咲 き 、 遅 咲 き と の 6 咲 き 次 ぐ の で 、 長 い 間 楽 し め る 。 ひ と 足 の ば し て 開 催 期 間 中 は 多 彩 な イ ベ ン ト も は 行 わ れ る 。 → 熱 海 に は 3 つ の 海 水 浴 場 が あ る 。 熱 海 サ ン ビ ー チ ( → P65 ・ 77 ) の ほ か 、 400m の 砂 浜 を も つ 人 工 の 長 浜 海 水 メ 、 浴 場 (MAPP93B1 ) は 波 の 静 か な ビ ー チ 、 大 縄 海 水 浴 場 ( 網 代 温 泉 ) (MAP ノ ー ズ ン は 多 く の 人 で わ う 内 1 ) は こ じ ん ま り と し て 家 族 向 け 。 世 界 の 三 大 花 木 の 一 つ に 数 え ら れ て い る ジ ャ カ ラ ン ダ の 花 。 貫 ー お 宮 の 像 ( → P65 ) す ぐ 近 く の お 宮 緑 地 に は 、 ポ ル ト ガ ル ・ カ ス カ イ ス 市 と の 国 際 姉 妹 都 市 提 携 記 念 と し て 植 樹 さ れ 、 親 水 公 園 し い プ レ ー の ー ( → P 76 ) 前 に も 植 え ら れ て い る 。 557 6240 ( 海 市 花 と み ど り 推 進 室 ) の 見 学 自 由 花 を 咲 か せ る - ~ ハ ス の り 較 的 直 級 な 宿 が 多 く 、 山 の 斜 面 だ け に と の 宿 も 眺 望 自 慢 。 日 本 三 大 古 泉 の ひ と っ と い わ れ る 走 り 湯 ( → P80 ) や 、 パ ワ ー ス ポ ッ ト と し て 名 高 い 伊 豆 山 神 社 ( → P66 ) な ど が 見 と こ ろ 。 銀 座 富 士 急 マ リ ン リ ゾ ー ト 「 イ ル ド バ カ ン ス 号 」 ふ し き ゅ う ま り ん り そ ー と 「 い る ど は か ん す こ う 」 ・ い す さ ん を 1 ~ ト 島 一 熱 海 と 初 島 を 所 要 約 25 分 で つ な ぐ .. 。 へ 番 首 高 速 船 。 1 1 ~ 3 月 に は カ モ メ が 船 , : 3 , - 餐 ・ = 近 都 を 追 っ て 付 い て く る の で 、 熱 海 港 で ゴ 有 か は カ モ メ の 餌 を 販 売 。 潮 風 に 吹 か れ ~ 一 人 ら て プ チ 船 旅 を 楽 し も プ 熱 海 随 一 の 展 望 ス ポ ッ ト 、 八 幅 山 山 頂 ま で 山 麓 駅 (MAPf 寸 録 P 15C5 ) か ら 約 3 分 。 山 頂 テ ラ ス に は 「 熱 海 秘 宝 館 」 な ど 観 光 名 所 し 熱 海 城 ( → 7 ) へ は 徒 歩 3 分 。 谷 0557-81-5800 朝 300 円 ( 往 復 500 円 ) の 上 り 始 発 9 時 30 分 、 上 り 最 終 01 儷 駅 は バ ス 停 17 時 、 下 り 最 終 17 時 3 定 休 後 楽 園 か ら す ぐ を 第 を 、 ア タ ミ ロ ー プ ウ ェ イ あ た み ろ ー ふ う え い 2 イ ペ シ ト 情 報 通 熱 海 海 上 花 火 大 会 あ た み か い じ よ う は な び た い か い A ( 住 弱 J R 熱 海 駅 ・ バ ス 東 海 バ ス 約 7 分 220 円 、 漁 業 や 自 然 に 恵 ま れ た 南 部 工 リ ア / 多 賀 町 代 ・ ~ 。 €D 浜 海 水 浴 場 な ど ビ ー チ 遊 び の 穴 場 ス ポ ッ ト で も あ る 多 賀 は 、 の ど か な 自 然 や 雰 囲 気 が 魅 力 。 古 く か ら 豊 富 な 水 揚 げ 量 を 誇 る 港 町 ・ 網 代 は 国 道 135 号 沿 い に 干 物 店 が 軒 を 連 ね て い る 。 1 月 上 旬 ~ 3 月 よ 可 熱 海 梅 園 の 梅 ま つ り あ た み ば い え ん の う め ま つ り : 毎 水 谷 場 開 言 殳 か い す い よ く し よ う か い せ つ 縁 結 び の 神 社 と し て 有 名 バ ス 停 伊 豆 山 7 月 下 旬 ~ 8 月 丁 」 熱 海 峠 函 南 町 20 熱 海 駅 ノ ビ . 海 市 役 熱 海 園 熱 海 城 ア カ オ 、 一 プ & ロ ー ス ー デ ン 熱 海 市 伊 豆 多 賀 温 泉 ℃ 海 道 新 幹 東 海 道 本 線 例 年 6 月 中 ~ 下 旬 J R 熱 海 駅 ジ ャ カ ラ ン ダ の 花 し や か ら ん た の は な ・ 電 車 5 熱 海 駅 が リ ニ ュ ー ア ル 熱 海 」 R 伊 東 線 約 8 分 180 円 」 R 伊 東 線 約 4 分 140 円 ・ 玄 岳 豆 ス カ イ ラ イ ン 2014 年 3 月 末 完 成 予 定 で 、 現 在 」 R 熱 海 駅 前 広 場 の 整 備 工 事 ー を 実 施 中 。 バ ス タ ー ミ カ レ は ひ と 足 先 に 2013 年 度 中 の 完 成 予 、 南 国 気 分 の リ ゾ ー ト ア イ ラ ン ド / 定 だ 。 仮 設 ト イ レ の 場 所 や 、 駅 前 の バ ス 乗 降 場 が 一 時 的 に 変 更 に な っ て い る の で 注 意 し て 訪 れ た い 。 初 っ し ま CD 海 か ら 富 士 急 マ リ ン リ ゾ ー ト 「 イ ル ド バ カ ン ス 号 」 で 約 25 分 ほ ど 、 相 模 湾 に 浮 か ぶ 約 1 Okm 離 れ た 静 岡 県 唯 一 の 有 人 島 。 ア 駅 足 ジ ア ン ガ ー デ ン R-Asia な 前 湯 ど 、 南 国 気 分 を 味 わ え る 。 広 な JR 伊 豆 多 賀 駅 J R 網 代 駅 135 韮 山 峠 ( A ( 55 ) 伊 豆 の 国 市 伊 多 賀 駅 浴 場 水 浴 場 富 士 急 マ リ ン リ ゾ ー ト 「 イ ル ド バ カ ン ス 号 」 : 約 25 分 1 170 円 多 賀 ・ 網 代 ・ 山 伏 峠 初 島 港 63

るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)


多 賀 湾 の 潮 風 が 心 地 よ い 自 然 派 公 園 多 賀 湾 に 面 し た 公 園 。 園 内 に は プ ラ ン コ や 砂 場 油 絵 、 版 画 、 陶 芸 な ど 多 岐 に 渡 る 分 野 で 活 躍 し 太 宰 治 の 『 走 れ メ ロ ス 』 、 宮 沢 賢 治 の 竜 の は が あ る ほ か 、 多 目 的 体 育 館 の 南 熱 海 マ リ ン ホ ー た 池 田 満 寿 夫 の 記 念 館 。 隣 接 す る 工 房 「 満 陽 工 な し 』 な ど 、 名 作 絵 本 の 原 画 を 手 が け た 戸 田 幸 四 郎 氏 の 作 品 が 鑑 賞 で き る 美 術 館 。 芝 生 広 場 に ル や テ ニ ス コ ー ト 、 ゲ ー ト ボ ー ル 場 な ど 充 実 し 房 」 で 作 ら れ た 、 陶 を 中 心 と す る 約 60 点 の 作 品 を 展 示 し て い る 。 ほ か に も 屋 外 彫 刻 や 、 氏 が 愛 た 施 設 が 揃 う 。 多 賀 湾 を 一 望 で き る マ リ ン タ ワ 所 定 の 絵 本 を 持 ち 出 し て 読 む の も OK 。 敷 地 内 の 庭 園 に は 、 て ん と う 虫 の オ プ ジ ェ や カ エ ル の し た 季 節 の 花 な ど も 美 し い 。 休 館 時 の 問 合 せ は ー ( 無 料 ) も あ り 、 そ の 奥 に は 自 然 観 察 林 が 広 が 噴 水 な ど が あ り 、 和 や か な 雰 囲 気 。 00557-86-6232 ( 熱 海 市 生 涯 学 習 課 ) へ 。 っ て い る た め 、 森 林 浴 も 楽 し め る 。 MAP ー 0557- -1 田 2 ・ そ は ど こ ろ た が - P93 引 付 録 P3D5 多 賀 戸 田 幸 四 郎 絵 本 美 術 館 MAP ー 0557 4 〃 8 ( 南 熱 海 マ リ ン ホ ー ル ) ・ お や ま り ん か い こ う え ん 055 局 7- ⅱ 07 ・ と だ こ う し ろ う え ほ ん び じ ゅ っ か ん MAP 0557 -32 ・ い け だ ま す お き ね ん か ん 小 山 臨 海 公 園 名 作 絵 本 の 世 界 に 入 り 込 も う マ ル チ ア ー テ ィ ス ト の ギ ャ ラ リ ー 0 熱 海 市 下 多 賀 1 130-1 朝 JR 網 代 駅 か 「 ら 車 で 10 分 朝 入 館 58 円 の 9 時 30 分 ~ 16 時 最 終 入 館 の 火 ~ 金 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 開 館 ) 台 独 創 的 な 作 品 の 世 界 に 浸 ろ う 0 熱 海 市 上 多 賀 1055-30 朝 JR 伊 豆 多 賀 駅 か ら 車 で 13 分 朝 入 館 700 円 の 10 ~ 16 時 最 終 入 館 の 火 ・ 水 曜 010 台 熱 海 市 下 多 賀 541-12 ・ JR 網 代 駅 か ら 徒 歩 12 分 朝 の の 園 内 自 由 ( 施 設 に よ り 異 れ な る ) 0100 台 、 桜 や ツ ッ ジ の 名 所 で も あ る MAP ー 0557- -0 3 ・ う み の あ じ ど こ ろ し よ う き よ 名 作 絵 本 の 作 品 を 多 数 展 示 - P93 引 海 の 味 処 笑 ぎ ょ MAP ー 0557- -0 ハ 6 ・ う ま い ら 一 め ん し よ う ふ く な が は ま か い が ん て ん 蕎 麦 処 多 賀 う ま い ラ ー メ ン 松 福 長 浜 海 岸 店 県 内 に 4 店 舗 を 構 え る 人 気 ラ ー メ ン 店 活 き イ カ 目 当 て に 訪 れ る 客 多 し そ ば 本 来 の 風 味 豊 か な 香 り が 漂 う 窓 の 外 に は 網 代 港 が 広 が る 、 地 元 漁 師 か ら も 人 国 道 135 号 沿 い 、 長 浜 海 水 浴 場 が 目 の 前 の 、 海 契 約 農 家 か ら 仕 入 れ た 玄 そ ば を 使 用 し 、 そ の 日 気 の 食 事 処 。 活 き イ カ は 水 揚 げ さ れ た 日 に た け に 使 う 分 だ け を 石 臼 挽 き し て 打 っ そ ば 店 。 桜 え の 家 の よ う な 雰 囲 気 の ラ ー メ ン 店 。 う ま い ラ ー 食 べ ら れ る の で 遭 遇 し た ら ラ ッ キ ー ! 活 き イ カ び か き 揚 げ 天 せ い ろ 1400 円 や 、 旬 の 一 品 料 理 、 メ ン ( 太 麺 ) 700 円 ( 写 真 ) は 、 10 時 間 以 上 煮 込 ん ひ の お 造 り ( 時 価 ) の ぶ り つ ぶ り の 歯 応 え を せ ひ 楽 甘 味 も 揃 う 。 安 政 2 た 濃 厚 豚 骨 醤 油 ス ー プ に 野 菜 や 豚 骨 の 旨 し も う 。 ア シ の た た き や 塩 焼 き な ど ア ジ 尽 く し 年 ( 1855 ) に 建 て ら と の 渚 膳 2100 円 も 人 気 た 。 み が 凝 縮 。 コ シ の 強 れ た 豪 農 の 古 民 家 を 熱 海 市 い 手 打 ち 麺 や 、 歯 ご 移 築 ・ 利 用 し た 店 内 網 代 55-8 @JR か ら は 庭 園 や 海 も 見 た え の よ い チ ャ ー シ の 第 、 ま ュ ー も 美 味 。 渡 せ る 。 12 分 の 11 時 ~ 熱 海 市 上 多 賀 14 時 30 分 LO 、 798 JR 伊 豆 多 賀 駅 か し 17 ~ 20 時 LO ら 徒 歩 10 分 朝 1 1 時 ~ 15 。 第 , ィ の 水 曜 、 最 終 週 て 時 50 分 LO の 木 曜 ( 祝 日 火 ・ 水 曜 連 休 を の 場 合 は 前 日 ) 020 台 013 台 鮮 度 抜 群 の 活 ィ , 1 季 節 ご と に 天 ぶ ら が 替 多 き イ カ の お 造 り わ る 天 せ い ろ そ は 148 円 熱 海 駅 相 模 灘 蒿 麦 処 多 賀 P93 う ま ー ラ ー メ ン 松 福 長 浜 海 岸 店 P93 長 浜 海 水 浴 場 代 磯 料 理 海 辺 の 湯 の 宿 平 鶴 、 苑 網 代 ー ・ 石 山 ひ も の 店 P92 ニ ュ ー と み よ し P91 海 の 味 処 笑 ぎ ょ P93 餅 米 は 新 潟 、 塩 は 伊 豆 大 島 と 沖 縄 の 天 然 塩 な ど 、 厳 選 素 材 で 作 る 菓 子 が 人 気 の 、 明 治 5 年 ( 1872 ) 中 野 海 水 浴 創 業 の 老 舗 。 黒 き ん つ ば は 、 黒 豆 、 黒 胡 麻 、 黒 大 縄 水 ー 場 カ リ ン な ど が 薄 皮 に 練 り 込 ま れ た 逸 品 。 店 内 に は 甘 味 喫 茶 室 が 設 け ら れ て お り 、 白 玉 入 り コ ー ヒ ー せ ん さ い 630 円 な ど カ 魅 わ え る 。 竹 林 に み ず の 4 2 隠 れ 湯 の 宿 月 の 奓 か り 新 伊 東 市 、 87 ( 第 料 理 藤 哲 ! 駅 べ 紙 、 P92 ー 、 1 」 を 第 ー に 熱 海 市 上 多 賀 133-1 ・ JR 伊 豆 多 賀 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 1 1 ~ 23 時 の 無 休 013 台 も ち も ち と し た 食 感 の 麺 は 濃 厚 ス ー プ と よ く 絡 み 食 べ 応 え が あ る レ 洋 ら ・ P93 ( 2 MAP ー 0557 -2261 ・ か し ほ ま せ あ じ ろ え き ま え て ん 広 域 図 は 付 録 P2-3 菓 子 舗 間 瀬 絅 代 駅 前 店 都 、 地 図 上 の lcm は 約 560m 韮 山 - 峠 へ 伊 豆 賀 駅 海 / み や げ に 最 適 ! こ た わ り 和 菓 子 力 揃 い P75 ・ 85 海 高 寺 第 松 風 - P93 ′ 修 善 寺 へ 岩 9 網 網 代 駅 - 公 園 熱 海 市 下 多 賀 170 @JR 網 代 駅 か ら す ぐ の 9 ~ 18 時 の 木 曜 03 台 135 市 伊 1 P95 黒 き ん つ ば 6 個 入 892 円 宇 佐 見 へ 93

るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)


ナ イ 熱 海 ナ イ 熱 海 の / 街 ー を 彩 る 大 朋 輪 の 、 . ・ ・ 花 ロ の コ ラ ボ / 「 東 洋 の ナ す と れ る 美 し い 熱 海 の 夜 ラ イ ト ア ッ プ 、 夜 景 を 楽 し ん た 後 に 訪 れ た い バ ー な と 、 魅 力 満 点 の 毎 の 夜 に く り 出 そ う ! ( オ ス 花 火 ビ ュ ー SPOT 遊 ゆ - み ん ジ ャ ッ ク 親 水 公 園 ・ し ん す い こ う え ん ・ あ た み ゆ う ら ん せ ん ゅ ー み ん し や っ く : 0 ・ ・ 0557-86-6 83 ・ ・ 付 録 円 5 ( 3 0 ・ ・ 0557-82-00133 ・ ・ ・ 付 録 円 5 ( 4 ! ( 熱 海 市 都 市 整 備 課 ) ( ベ ル ク ル ー ス あ た み ) 三 2013 年 夏 で 開 催 62 年 目 を 迎 え 熱 海 温 泉 街 、 錦 ヶ 浦 、 初 島 な ど を 望 : 三 た 熱 海 海 上 花 火 大 会 の 打 ち 上 け む ク ル ー ジ ン ク を 実 施 。 花 火 大 会 三 場 所 近 く の 公 園 。 雛 壇 状 の 階 段 な 開 催 日 に は 、 間 近 で 大 迫 力 の 花 火 : 三 の で 水 面 か ら の 花 火 が 見 や す い 。 が 見 ら れ る 夜 の 運 航 が あ る 。 30 熱 海 市 渚 町 地 先 @JR 熱 0 熱 海 市 渚 町 親 水 公 園 渚 デ ・ 三 海 駅 か ら 徒 歩 15 分 朝 散 策 自 由 0 ッ キ 内 朝 JR 熱 海 駅 か ら 車 で 8 分 朝 ・ 三 第 一 ・ ニ 親 水 公 園 駐 車 場 利 用 145 台 乗 船 1200 円 ( 花 火 大 会 の イ ベ ン ト : ク ル ー ス は 3 0 0 0 円 ) ※ 要 予 約 朝 10 時 ~ 最 終 出 航 15 時 40 分 ( 花 ! 火 大 会 の イ ベ ン ト ク ル ー ス は 19 時 : 30 分 ~ 21 時 ) の 荒 天 時 0 周 辺 駐 三 車 場 利 用 所 要 は 約 30 分 。 船 内 に は 水 三 夏 季 花 火 大 会 時 は 一 部 が 中 展 望 室 も 、 ・ ~ 、 : 」 三 有 料 観 覧 席 に な る 熱 海 海 上 花 火 大 会 - 、 熱 海 夜 景 MAP MICURAS Bar 熱 海 サ ン ビ ー チ 親 水 公 園 熱 海 遊 覧 船 ゅ ー み ん ジ ャ ッ ク 乗 船 場 ・ あ た み か い じ よ う は な び た い か い 海 上 か ら 雛 壇 状 の 階 段 か ら 数 多 く の 花 火 大 会 が 開 催 さ れ る 静 岡 県 下 で も 、 好 ロ ケ ー シ ョ ン で 知 ら れ る 花 火 大 会 。 春 、 夏 、 秋 、 冬 と 年 に 約 13 回 実 施 さ れ 、 夏 季 は 約 5000 発 、 夏 季 以 外 も 約 3000 発 の 迫 力 あ る 花 火 が 楽 し め る 。 MAP 0 熱 海 市 熱 海 湾 @J R 熱 海 駅 か ら 徒 歩 1 5 分 朝 見 学 自 由 0 な し ・ 0557-85-2222 ( 熱 海 市 観 光 協 会 ) MAP MAP ・ ・ ・ 付 録 円 5 ( 3 熱 海 港 2013 年 日 程 ・ 3 月 31 日 、 4 月 29 日 、 7 月 20 日 、 28 日 8 月 5 日 、 8 日 、 20 日 、 25 日 、 31 日 9 月 16 日 12 月 8 日 、 15 日 、 23 日 会 場 ・ 熱 海 湾 ( 熱 海 港 7.5m 岸 壁 ~ 海 釣 施 設 ) 時 間 ・ 20 時 20 分 ~ 20 時 50 分 頃 ( 夏 季 以 外 は ~ 45 分 頃 ) ※ 雨 天 決 行 、 2014 年 の 開 催 は 2013 年 秋 に 決 定 予 定 公 式 ホ ー ム ペ ー シ に て 順 次 情 報 掲 載 OINOTRIA THELES 熱 海 湾 フ ァ ン タ ス テ ィ ッ ク ク ル ー ズ 乗 船 場 花 火 打 ち 上 げ 場 所 熱 海 後 楽 園 ホ テ ル 熱 海 城 楽 し ま ナ イ ト ! 、

るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)


箱 根 で の 移 動 工 リ ア 内 の 移 動 の キ ホ ン は 路 線 バ ス 。 そ の ほ か 登 山 電 車 や ロ ー プ ウ ェ イ 、 観 光 船 な ど 多 彩 な 交 通 機 関 が あ り 、 乗 る た け で 観 光 気 分 が 盛 り 上 が る 。 、 翳 * 交 通 情 報 徹 底 解 説 乗 り 物 を う ま く 使 い こ な そ う ! 箱 根 登 山 ( 小 田 急 ) 系 箱 根 の 交 通 機 関 は 多 彩 な う え 、 小 田 急 グ ル ー プ の 「 箱 根 登 山 系 」 と 、 西 武 グ ル ー プ の 「 伊 豆 箱 根 系 」 の 2 つ に 分 か れ て い る 。 そ れ ぞ れ フ リ ー パ ス も 異 な っ て い る の で 、 目 的 地 や 乗 り た い 交 通 機 関 で 選 ぼ う 。 円 沼 津 登 山 東 海 バ ス 箱 根 登 山 電 車 霽 伊 豆 箱 根 バ ス 箱 根 海 賊 船 東 海 バ ス グ ル ー プ だ が 、 沼 津 ・ 三 島 エ リ ア の 箱 根 小 田 原 ・ 箱 根 湯 本 ・ 熱 海 を 芦 ノ 湖 を 、 桃 源 台 ~ 箱 根 町 日 本 で 唯 一 の 登 山 電 車 。 進 起 点 に 、 元 箱 根 ・ 箱 根 園 ・ 登 山 バ ス 路 線 を 吸 収 し た 経 緯 も あ り 、 箱 根 に 乗 り ~ 元 箱 根 と 一 周 す る 遊 覧 行 方 向 が 変 わ る 「 ス イ ッ チ 湖 尻 な ど へ 走 る バ ス 。 箱 根 入 れ る 三 島 駅 ~ 元 箱 根 港 間 と 三 島 駅 ~ 沼 津 駅 間 船 。 3 隻 と も 西 洋 の 帆 船 を バ ッ ク 」 の 駅 ・ 信 号 所 が 箱 模 し た デ サ イ ン で 、 「 海 賊 船 」 1. ー : 園 や 湯 の 花 温 泉 へ 行 く に は 、 が 「 箱 根 フ リ ー / ヾ ス 」 で 利 用 で き る 。 根 湯 本 ~ 強 羅 間 に 3 カ 所 あ こ の バ ス を 利 用 す る 。 同 じ り 、 急 勾 配 を 約 35 分 か け て ジ と し て 親 し ま れ て い る 。 富 士 霽 小 田 急 箱 根 高 速 バ ス 行 き 先 で も ル ー ト が 異 な る 場 山 を 背 景 に 湖 上 を 走 る そ の グ サ グ に 上 が っ て 行 く 。 あ じ さ 合 が あ る の で 要 注 意 。 い の 時 期 に は ラ イ ト ア ッ プ も 。 姿 は 箱 根 の 名 物 だ 。 新 宿 駅 西 口 や 羽 田 空 港 ・ 横 浜 駅 東 ロ と 箱 根 を 結 ぶ 箱 根 登 山 ケ ー プ ル カ ー 高 速 バ ス 。 箱 根 工 リ ア で は 、 国 道 138 号 や 県 道 を 円 箱 根 登 山 バ ス 駒 ヶ 岳 ロ ー プ ウ ェ ー 走 る 。 御 殿 場 駅 ~ 仙 石 原 ~ 桃 源 台 ~ 山 の ホ テ ル 芦 ノ 湖 遊 覧 船 も 寄 港 す る 箱 間 が 「 箱 根 フ リ ー / ヾ ス 」 で 利 用 で き る 。 登 山 電 車 の 終 点 ・ 強 羅 駅 と 小 田 原 ・ 箱 根 湯 本 ・ 湯 河 原 根 園 と 標 高 1327m の 駒 ケ ロ ー プ ウ ェ イ の 起 点 ・ 早 雲 山 を 起 点 に 、 箱 根 の ほ ぼ 全 域 岳 山 頂 を 結 ぶ 、 101 人 乗 り を 駅 間 を 、 ス イ ス 製 の ス マ ー ト を カ バ ー す る 路 線 バ ス 。 箱 初 め て の 箱 根 な ら 定 期 観 光 バ ス で 大 型 ゴ ン ド ラ の ロ ー プ ウ ェ な 車 両 が 9 分 で 結 ぶ 。 沿 線 根 旧 街 道 や 仙 石 原 へ 行 く に 山 頂 か ら は 、 足 元 に 広 に は リ ゾ ー ト ホ テ ル や 観 光 ス は 、 こ の バ ス を 利 用 す る 。 箱 根 工 リ ア の 観 光 ポ イ ン ト が 、 ポ ッ ト が あ り 、 4 つ あ る 途 中 同 じ 行 き 先 で も ル ー ト が 異 な が る 芦 ノ 湖 と 取 り 囲 む 外 輪 お ま か せ で 手 軽 に 回 れ る 。 山 が 箱 庭 の よ う に 望 め る 。 駅 で も 乗 降 可 能 。 る 場 合 が あ る の で 要 注 意 。 箱 根 登 山 バ ス 「 ま る ご と 箱 根 号 」 霽 観 光 施 設 め ぐ り バ ス 芦 ノ 湖 遊 覧 船 箱 根 ロ ー プ ウ ェ イ 0 0465-35-1271 小 涌 園 か ら 彫 刻 の 森 、 強 羅 芦 ノ 湖 を 、 湖 尻 ~ 箱 根 園 ~ 早 雲 山 と 桃 源 台 を 結 ぶ 、 箱 箱 根 湯 本 駅 始 発 、 箱 根 湯 本 駅 ま た は 小 田 原 駅 終 元 箱 根 ~ 箱 根 関 所 跡 ~ 箱 根 観 光 の ハ イ ラ イ ト 。 足 元 ま 駅 を 経 て 、 仙 石 原 工 リ ア の 美 着 。 箱 根 海 賊 船 や 箱 根 ロ ー プ ウ ェ イ に 乗 車 船 し 、 箱 で ガ ラ ス 張 り の ゴ ン ド ラ か ら 根 園 ~ 湖 尻 と 一 周 す る 遊 覧 術 館 を 巡 り 、 湿 生 花 園 や 御 根 関 所 や 大 涌 谷 な ど を 見 学 す る 。 な お 、 6 / 16 ~ 7 殿 場 ア ウ ト レ ッ ト を 結 ぶ 。 箱 船 。 甲 板 が 広 く 眺 望 の 良 い は 、 富 士 山 を は じ め 360 度 / 15 の 平 日 は 、 箱 根 旧 街 道 ・ 甘 酒 茶 屋 経 由 を 、 あ じ さ の 眺 望 が 楽 し め る 。 全 線 通 し 根 登 山 バ ス の 運 行 で 、 専 用 双 胴 船 が 使 用 さ れ 、 遊 覧 目 い 電 車 乗 車 ・ 箱 根 湯 本 駅 終 着 に 変 更 可 。 運 行 期 間 の ラ ッ ピ ン グ 車 と 天 窓 付 き の 的 や 、 箱 根 園 へ の 交 通 ア ク で 乗 る 場 合 も 、 大 涌 谷 で 必 通 年 所 要 時 間 = 6 時 間 運 貨 ( 大 人 ) = 4 鰤 「 ス カ イ ラ 仆 」 が 使 用 さ れ る 。 ず 乗 り 換 え と な る 。 セ ス と し て も 便 利 だ 。 伊 豆 箱 根 ( 西 武 ) 系 工 リ ア 内 で 買 え る お 得 な フ リ ー バ ス は こ ち ら 箱 根 に 着 い て か ら 買 え る フ リ ー バ ス も い ろ い ろ あ る 。 「 箱 根 登 山 ( 小 田 急 ) 系 」 と 「 伊 豆 箱 根 ( 西 武 ) 系 」 に 分 か れ て お り 、 そ れ ぞ れ で 使 え る 交 通 機 関 が 異 な る の で 注 意 が 必 要 小 田 原 ・ 熱 海 ・ 湯 河 原 か ら の バ ス 利 用 な ら 箱 根 登 山 系 の 7 つ の 乗 り 物 が 乗 り 放 題 小 田 原 ・ 熱 海 ・ 湯 河 原 か ら フ ル に 箱 根 を 回 る な ら 箱 根 フ リ ー バ ス 箱 根 旅 助 け 箱 根 バ ス フ リ ー 2 日 間 有 効 2 日 間 用 / 3900 円 ワ ン デ ー = 当 日 の み 有 効 / 1700 円 ( 3 日 間 用 / 4400 円 ) ( ツ ー デ ー = 2 日 間 用 / 2000 円 ) 2800 円 内 容 は PI 13 参 照 。 小 田 急 線 小 田 原 駅 、 箱 根 登 山 鉄 道 箱 根 湯 本 駅 、 内 容 は P119 参 照 。 伊 豆 箱 根 バ ス の 小 田 原 駅 前 、 湯 内 容 は P119 参 照 。 伊 豆 箱 根 バ ス の 小 田 原 駅 前 、 湯 箱 根 工 リ ア 内 や 湯 河 原 の 箱 根 登 山 バ ス 案 内 所 、 三 島 駅 前 ・ 沼 津 駅 前 河 原 駅 前 、 熱 海 、 元 箱 根 、 箱 根 園 の 各 営 業 所 ・ 案 内 河 原 駅 前 、 熱 海 の 各 営 業 所 で 発 売 。 の 東 海 バ ス 案 内 所 な ど で 発 売 。 所 で 発 売 。 ロ ー プ ウ ェ イ 、 箱 根 海 賊 船 の 全 路 線 と 、 箱 根 工 リ ア 内 の 箱 根 登 山 バ ス ( 観 ら 箱 根 工 リ ア 内 の 伊 豆 箱 根 バ ス と 、 芦 ノ 湖 遊 覧 船 、 駒 光 施 設 め ぐ り バ ス 含 む ) 、 小 田 急 箱 根 高 速 バ ス 、 沼 津 登 山 東 海 バ ス ヶ 岳 ロ ー プ ウ ェ ー 、 十 国 峠 ケ ー カ レ カ ー の 全 路 線 旧 街 道 を 歩 く ハ イ カ ー 必 携 登 山 電 車 の 沿 線 を 回 る な ら 施 設 め ぐ り バ ス で 美 術 館 を 回 る な ら マ イ カ ー で 箱 根 に 来 た 人 に 箱 根 旧 街 道 ・ 1 号 線 き っ ぷ 箱 根 登 山 電 車 ・ ケ ー ブ レ カ ー 観 光 施 設 め ぐ り バ ス 海 賊 船 ・ ロ - プ ウ ェ イ 1 日 乗 車 券 ( ト コ ト コ き っ ぷ ) 1 DAY TICKET 1 日 き っ ぷ 1700 円 / 当 日 の み 有 効 1500 円 / 当 日 の み 有 効 箱 根 登 山 電 車 全 線 ( 小 田 原 駅 ~ 強 羅 駅 間 ) と 、 箱 カ ー ポ ン オ フ セ ッ ト を 活 用 し た エ コ な き っ ぷ 。 箱 根 登 山 観 光 施 設 め ぐ り バ ス の S 路 線 ( 小 涌 園 ~ 強 羅 駅 ~ 箱 根 海 賊 船 と 箱 根 ロ ー プ ウ ェ イ の 全 路 線 根 登 山 ケ ー ブ ル カ ー 全 線 ( 強 羅 駅 ~ 早 雲 山 駅 間 ) 電 車 の 小 田 原 駅 ~ 小 涌 谷 駅 間 と 箱 根 登 山 バ ス の 小 ポ ー ラ 美 術 館 ~ 湿 生 花 園 前 ~ 御 殿 場 プ レ ミ ア ム ・ ア が 、 発 売 当 日 限 り 乗 り 放 題 。 全 区 間 を 回 田 原 駅 ~ 箱 根 町 間 が 1 日 乗 り 降 り 自 由 。 観 光 施 設 の が 1 日 乗 り 降 り 自 由 の き っ ぷ 。 箱 根 登 山 電 車 の 各 駅 ウ ト レ ッ ト 間 ) ・ M 路 線 ( 小 涌 園 ~ 強 羅 駅 ~ 宮 城 野 ~ る と 約 3 時 間 半 か か る の で 、 最 終 便 の 時 刻 割 引 特 典 も あ り 、 バ ス と 登 山 電 車 で 旧 街 道 や 元 箱 根 ( 無 人 駅 を 除 く ) と 早 雲 山 駅 、 小 田 急 線 小 田 原 駅 、 湿 生 花 園 前 ~ 御 殿 場 プ レ ミ ア ム ・ ア ウ ト レ ッ ト 間 ) な に 注 意 し よ う 。 観 光 施 設 や 指 定 レ ス ト ラ ン 工 リ ア を 周 遊 す る の に 便 利 。 小 田 急 線 小 田 原 駅 、 箱 箱 根 登 山 バ ス 箱 根 湯 本 案 内 所 で 発 売 。 沿 線 約 30 の ど が 1 日 乗 り 降 り 自 由 。 入 館 料 の 割 引 特 典 も あ り 、 で の 割 引 特 典 あ り 。 発 売 は 海 賊 船 の 各 港 根 登 山 バ ス の 小 田 原 駅 前 ・ 箱 根 湯 本 案 内 所 で 発 売 。 観 光 施 設 で 割 引 特 典 付 き 。 た だ し 、 バ ス や ロ ー プ ウ 仙 石 原 の 美 術 館 め ぐ り に 最 適 。 バ ス 車 内 、 箱 根 登 と ロ ー プ ウ ェ イ 各 駅 の み で 14 時 頃 ま で 、 天 ー ・ 小 田 原 駅 ~ 小 涌 谷 駅 間 の 箱 ェ イ 、 海 賊 船 な ど は 利 用 で き な い 。 山 電 車 強 羅 駅 ・ 彫 刻 の 森 駅 な ど で 発 売 。 候 に よ り 発 売 中 止 の 場 合 も あ る 。 K ・ R 路 線 ( 宮 ノ 下 経 由 ・ 旧 街 道 経 由 ・ 箱 根 新 道 経 由 ) ー ブ ル カ ー の 全 路 線 と 、 指 定 区 間 内 の 箱 根 登 山 バ ス G ・ L 路 線 根 ロ ー プ ウ ェ イ の 全 路 線 広 域 で 利 用 で き る フ リ ー パ ス 工 リ ア 限 定 の フ リ ー バ ス ノ 伊 豆 箱 根 系 伊 豆 箱 根 系 箱 根 登 山 系 利 用 で き る 交 通 機 関 利 用 で き る 交 通 機 関 利 用 で き る 交 通 機 関 / 2850 円 / 当 日 の み 有 効 ノ 物 000 円 / 当 日 の み 有 効 引 箱 根 登 山 系 第 利 用 で き る 交 通 機 関 利 用 で き る 交 通 機 関 利 用 で き る 交 通 機 関 1 1 5

るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)


ー 入 り た い ! 竹 林 庵 み す の ・ ち く り ん あ ん み す の 網 代 山 の 東 麓 、 正 面 に 初 島 を 望 み 、 相 模 湾 を 一 望 す る ロ ケ ー シ ョ ン 。 露 天 風 呂 や 貸 切 露 天 か ら も 海 を 望 む 15 あ る 客 室 す べ て に 露 天 風 呂 が 付 き 、 客 室 露 天 か ら の 眺 め も す ば ら し い 。 宿 を 囲 む よ う に 広 が る 広 大 な 庭 園 も 魅 力 で 、 春 に は 花 が 見 事 。 2013 年 6 月 に 加 わ っ た 古 民 家 を 改 装 し た 別 邸 に も 注 目 。 0 ・ 055 / -67-2643 P93 ( 2 0 熱 海 市 網 代 627-363 @JR* 代 駅 か ら 車 で 8 分 ( 2 名 よ り 送 迎 あ り 。 要 予 約 ) 020 台 回 - 回 る る ぶ 平 日 2 万 3250 円 ~ 宿 コ ー ド 休 前 日 2 万 5350 円 ~ D9731 ・ ( Zö 亟 ) 14 時 / 10 時 30 分 客 室 数 和 15 ( 全 室 露 天 風 呂 付 ) 浴 室 数 露 天 2 ( 男 女 入 替 制 ) / 内 湯 2 ( 男 女 入 替 制 ) だ 花 ① 、 て が ツ / 貸 切 露 天 2 ( 要 予 約 。 料 金 は 要 問 合 せ ) ( 畫 り ) 朝 1000 円 、 貸 切 風 呂 は 要 予 約 で 60 分 ⅳ ′ の 庭 や 1500 円 ~ る レ 園 弊 の 13 ~ 20 時 ( 要 問 合 せ ) の 不 定 休 ( 上 物 り プ ラ 2 ) 食 事 付 き 4000 円 ~ ( 1 日 2 組 限 定 ) 評 魚 季 ※ 要 予 約 気 、 気 判 盛 節 ( カ 區 ) 軻 え 、 り の 温 泉 と オ シ ャ ン ビ ュ を 同 時 に 楽 し め る の は 海 沿 い の 温 泉 地 、 熱 海 な ら で は 。 空 と 海 が 描 く 青 の グ ラ デ ー シ ョ ン も 金 色 に 輝 く サ ン ラ イ ズ も 感 動 の 海 景 色 に 抱 か れ な が ら 、 い ~ い 湯 た な っ ) 海 ピ ュ ー 自 慢 ー 、 。 . , ① ゆ 。 り = ー = 、 水 平 線 ら 太 陽 が 姿 0 現 す ホ テ ル ニ ュ - さ が み や く つ ろ け る 貸 切 露 天 ひ と り 占 め 金 色 に 輝 海 原 の 美 し さ は 圧 巻 ・ ・ -- 、 、 ・ ほ て る に ゆ ー さ が み や 0 日 本 三 大 古 泉 の ひ と つ 「 走 り 湯 」 を は じ め 4 つ の 源 泉 を も つ 温 泉 自 慢 の 老 舗 宿 。 屋 上 展 望 風 呂 や 3 つ の 貸 切 露 天 、 全 客 室 か ら も 海 を 一 望 で き る 。 展 望 風 呂 は 遮 る も の の な い 海 と 空 の 雄 大 な 光 景 が 広 が り 開 放 感 抜 群 。 時 間 に よ っ て 異 な る 海 の 表 情 を 楽 し め る 。 ・ ・ 付 録 円 4D1 熱 海 市 伊 豆 山 601 ・ JR 熱 海 駅 か ら 車 で 5 分 ( 駅 か ら 定 時 出 発 の 送 迎 あ り 。 要 予 約 ) ( 落 室 も 海 を 一 望 。 館 内 ( 渥 上 露 天 て ・ ・ 皮 " を 眺 め る 朝 湯 を せ ひ 035 台 ど こ に い て も 海 を 感 じ る 熱 海 >< 宿 : 高 台 か ら か 見 晴 ら す 海 景 色 イ な , , に MAP 宿 d a を a 1 泊 2 食 付 0 畳 タ イ プ の 客 第 室 「 暁 の 間 」 高 台 に 立 っ た け / ′ ~ に 見 下 ろ す よ う に 海 ビ ュ ー 自 慢 露 天 風 呂 ば も ち ろ ん 、 客 室 や 庭 園 か ら も 海 を 見 渡 せ る 。 湯 上 か り は 海 を 背 景 に お 庭 散 策 を 。 伊 豆 山 露 も 」 客 室 、 、 海 を 間 近 に 0 の 毎 の 幸 、 山 の 幸 、 伊 豆 の 旬 を 盛 り 込 ん た 料 理 1 泊 2 食 付 回 ' る る ぶ A5847 ー 平 日 2 万 1150 円 ~ 休 前 日 2 万 5350 円 ~ ( 亟 ) 14 時 / 1 1 時 客 室 数 和 36 / 洋 5 / 和 洋 6 浴 室 数 露 天 男 女 各 1 / 内 湯 男 女 各 1 / 貸 切 露 天 3 伃 約 不 要 。 無 料 ) ( 立 入 日 掲 り プ ラ ン 食 事 付 き 9600 円 ~ ( → P75 参 照 ) ( 縮 の 裏 手 に あ る 「 走 り ( 巫 い ) 可 湯 」 は 見 学 可 能 MAP

るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)


+ 交 通 情 報 徹 底 解 説 箱 根 熱 海 湯 河 原 間 の 移 動 交 通 手 段 別 ェ リ ア 間 周 遊 案 内 箱 根 登 山 バ ス が 1 日 3 ~ 4 便 、 元 箱 根 港 ~ 箱 根 町 ~ 湯 河 原 駅 間 を 1 時 間 で 結 ん で い る 。 伊 豆 箱 根 バ ス も 1 日 1 便 の み 箱 根 関 所 跡 ( 平 日 は 元 箱 根 ) ~ 湯 河 原 駅 間 を 走 っ て お り 、 箱 根 関 所 行 き は 奥 湯 河 原 入 口 か ら 椿 ラ イ ン ・ 大 観 山 経 由 で 53 分 か か る が 、 湯 河 原 駅 行 き は 箱 根 峠 ・ 湯 河 原 パ ー ク ウ ェ イ 経 由 で 45 分 で 結 ん で い る 。 ロ 箱 根 を 周 遊 し て 湯 河 原 へ 箱 根 登 山 バ ス ① 14 : 43 発 所 要 57 分 / 1190 円 ② 15 : 50 発 016 . 58 発 ( 8 ~ 1 1 月 の 土 休 日 に 運 行 ) ロ 湯 河 原 に 泊 ま っ て 箱 根 へ 伊 豆 箱 根 バ ス ① 10 : 05 発 所 要 53 分 / 1190 円 ① 09 : 4 醗 箱 根 登 山 バ ス ② 10 : 20 発 所 要 50 分 / 1190 円 車 で ル ー ト は 2 つ 。 1 つ は 箱 根 町 の 国 道 1 号 関 所 跡 南 交 差 点 か ら 県 道 75 号 湯 河 原 箱 根 仙 石 原 線 に 入 り 、 大 観 山 か ら 椿 ラ イ ン を 下 り 、 奥 湯 河 原 入 口 か ら 湯 河 原 の 温 泉 街 を 抜 け て 湯 河 原 駅 へ の ル ー ト で 約 23 。 も う 1 つ は 国 道 1 号 の 箱 根 峠 か ら 県 道 20 号 熱 海 箱 根 峠 線 に 入 り 、 箱 根 峠 か ら 湯 河 原 バ ー ク ウ ェ イ ( 普 通 車 470 円 ) を 走 っ て 奥 湯 河 原 に 出 て 、 湯 河 原 の 温 泉 街 を 抜 け る ル ー ト で 、 湯 河 原 駅 ま で 約 23 。 初 め て の 熱 海 & そ の 周 辺 な ら 定 期 観 光 バ ス を 使 っ て み よ う 熱 海 駅 か ら 半 日 で 熱 海 を 回 っ た り 、 一 日 か け て 箱 根 工 リ ア を 回 る 定 期 観 光 バ ス を 、 伊 豆 箱 根 バ ス が 運 行 。 お ま か せ で 、 主 な 観 光 ポ イ ン ト を 手 軽 に 回 れ る 。 伊 豆 箱 根 バ ス 「 L コ ー ス 貫 一 号 / お 宮 号 」 伊 豆 箱 根 バ ス 「 A コ ー ス 十 国 号 」 0 0557-81-8231 0 0557-81-8231 熱 海 駅 9 : 30 発 ( 貫 一 号 ) と 13 : 30 発 ( お 宮 号 ) の 2 便 を 運 行 。 来 宮 神 社 、 熱 海 駅 9 : 30 発 で 箱 根 新 道 経 由 小 田 原 駅 終 着 。 十 国 峠 姫 の 沢 公 園 ま た は 熱 海 梅 園 を 観 光 し 、 熱 海 ロ ー プ ウ ェ イ と 十 国 峠 ケ ー ケ ー ブ ル カ ー や 芦 ノ 湖 遊 覧 船 に 乗 車 し 、 大 涌 谷 や 箱 根 ブ ル カ ー に 往 復 乗 車 し て 、 熱 海 駅 に 戻 る 。 関 所 跡 資 料 館 な ど を 見 学 す る 。 箱 根 園 で は 、 駒 ヶ 岳 ロ ー プ ウ ェ ー ・ 水 族 館 ・ 日 帰 り 入 浴 か ら 1 つ を 選 択 。 運 行 運 行 期 間 = 10 月 1 日 ~ 翌 年 5 月 31 日 ( 予 定 ) 、 所 要 時 間 = 3 時 間 15 分 運 賃 ( 大 人 ) = 23 円 ( 熱 海 梅 園 梅 ま つ り 期 間 中 は 変 更 ) 期 間 = 通 年 所 要 時 間 = 6 時 間 、 運 貨 ( 大 人 ) = 4560 円 バ ス で 伊 豆 箱 根 バ ス が 箱 根 関 所 跡 ~ 熱 海 駅 間 を 1 日 8 便 、 約 1 時 間 で 結 ん で お り 、 平 日 は 全 便 箱 根 関 所 跡 か ら 元 箱 根 ま で 延 長 さ れ る 。 ま た 、 最 終 便 は 毎 日 さ ら に 箱 根 園 ま で 足 を 延 ば す 。 箱 根 登 山 系 の バ ス は 箱 根 ~ 熱 海 間 に 路 線 が な い の で 、 箱 根 フ リ ー バ ス を 利 用 し て の 移 動 は で き な い 。 ロ 箱 根 を 周 遊 し て 熱 海 へ 伊 豆 箱 根 バ ス ① 1 5 : 05 発 所 要 約 1 時 間 / 1120 円 ② 16 : 10 発 ロ 熱 海 に 泊 ま っ て 箱 根 へ 伊 豆 箱 根 バ ス ① 09 : 18 発 所 要 約 1 時 間 / 1120 円 ② 09 : 48 発 国 道 1 号 の 箱 根 峠 か ら 県 道 20 号 熱 海 箱 根 峠 線 に 入 り 、 湯 河 原 峠 、 熱 海 峠 を 経 て 熱 海 ま で 約 18 。 熱 函 道 路 入 口 の 笹 尻 交 差 点 か ら 熱 海 市 街 地 へ は 、 梅 園 の 前 を 通 る 県 道 11 号 あ た み 梅 ラ イ ン が お す す め だ が 、 梅 の シ ー ズ ン は 渋 滞 必 至 。 バ ス で 箱 根 町 箱 根 関 所 跡 湯 河 原 駅 熱 海 駅 箱 根 関 所 跡 、 箱 根 町 湯 河 原 駅 第 湯 河 原 駅 湯 河 原 熱 海 駅 箱 根 関 所 跡 0 車 で 0 熱 海 湯 河 原 間 の 移 動 電 車 で 熱 海 ~ 湯 河 原 間 の 移 動 に は 、 JR 東 海 道 線 の 利 用 が 便 利 だ 。 普 通 ・ 快 速 電 車 が 1 時 間 に 3 ~ 4 本 運 転 さ れ て お り 、 ひ と 駅 間 を 5 分 で 結 ん で い る 。 車 で 熱 海 ~ 湯 河 原 間 に は 伊 豆 山 を 通 る 国 道 135 号 も あ る が 、 海 岸 線 を 通 る 熱 海 ビ ー チ ラ イ ン ( 普 通 車 290 円 ) が お す す め 。 た だ し 、 荒 天 時 に は 高 波 を か ぶ る 恐 れ も あ り 、 要 注 意 。 熱 海 駅 ~ 伊 豆 山 ~ 湯 河 原 駅 を 結 ぶ 伊 豆 東 海 バ ス が 、 所 要 20 分 で 1 ~ 3 時 間 ご と に 1 日 7 ~ 8 便 運 行 し て お り 、 伊 豆 山 温 泉 か ら は こ の バ ス の 利 用 も 便 利 。 バ ス で ■ 箱 根 登 山 ( 小 田 急 ) 系 小 田 原 ・ 湯 河 原 ・ 三 島 ・ 沼 津 か ら 箱 根 を 回 る な ら 箱 根 フ リ - バ ス 2 日 間 用 / 3900 円 内 容 は PI 13 参 照 。 箱 根 ~ 熱 海 間 に は バ ス 便 が な く 、 熱 海 発 着 に は 利 用 で き な い の が 残 念 。 箱 根 工 リ ア 内 や 湯 河 原 の 箱 根 登 山 バ ス 案 内 所 、 三 島 駅 前 ・ 沼 津 駅 前 の 東 海 バ ス 案 内 所 、 小 田 急 線 小 田 原 駅 な ど で 発 売 。 ・ ・ ・ 箱 根 登 山 電 車 、 箱 根 登 山 ケ ー ブ ル カ ー 、 箱 根 ロ ー プ ウ ェ イ 、 箱 根 海 賊 船 の 全 路 線 と 、 箱 根 工 リ ア 内 の 箱 根 登 山 バ ス ( 観 光 施 設 め ぐ り バ ス 含 む ) 、 小 田 急 箱 根 高 速 バ ス 、 沼 津 登 山 東 海 バ ス ・ 伊 豆 箱 根 ( 西 武 ) 系 小 田 原 ・ 熱 海 ・ 湯 河 原 か ら バ ス で 箱 根 を 回 る な ら 箱 根 バ ス フ リ ー ワ ン デ ー = 当 日 の み 有 効 / 1700 円 / ( ツ ー デ ー = 2 日 間 用 / 2000 円 ) 小 田 原 駅 、 湯 河 原 駅 、 熱 海 駅 か ら の ア ク セ ス も 含 め 、 箱 根 工 リ ア の 伊 豆 箱 根 バ ス が 乗 り 放 題 。 29 観 光 施 設 の 入 館 料 が 割 引 に な る ほ か 、 芦 ノ 湖 遊 覧 船 、 駒 ヶ 岳 ロ ー プ ウ ェ ー 、 十 国 峠 ケ ー ブ ル カ ー に は 乗 車 船 で き な い が 、 こ の バ ス を 見 せ る と 割 引 に な る 。 伊 豆 箱 根 バ ス の 小 田 原 駅 前 、 湯 河 原 駅 前 、 熱 海 、 元 箱 根 、 箱 根 園 の 各 営 業 所 で 発 売 。 ・ ・ 小 田 原 駅 ・ 湯 河 原 駅 ・ 熱 海 駅 か ら 箱 根 工 リ ア 内 と 真 鶴 岬 方 面 の 伊 豆 箱 根 バ ス ■ 伊 豆 箱 根 ( 西 武 ) 系 小 田 原 ・ 熱 海 ・ 湯 河 原 か ら フ ル に 箱 根 を 回 る な ら / 箱 根 旅 助 け 2 日 間 有 効 / 2800 円 小 田 原 駅 、 湯 河 原 駅 、 熱 海 駅 か ら の ア ク セ ス も 含 め 、 箱 根 工 リ ア の 伊 豆 箱 根 バ ス 、 芦 ノ 湖 遊 覧 船 、 駒 ヶ 岳 ロ ー プ ウ ェ ー 、 十 国 峠 ケ ー ブ ル カ ー が 乗 り 放 題 。 箱 根 園 水 族 館 が 入 場 無 料 に な る ほ か 、 29 施 設 の 優 待 特 典 付 き 。 伊 豆 箱 根 バ ス の 小 田 原 駅 前 、 湯 河 原 駅 前 、 熱 海 、 元 箱 根 、 箱 根 園 の 各 営 業 所 ・ 案 内 所 で 発 売 。 ・ ・ ・ 小 田 原 駅 ・ 湯 河 原 駅 ・ 熱 海 駅 か ら 箱 根 工 リ ア 内 と 真 鶴 岬 方 面 の 伊 豆 箱 根 バ ス と 、 芦 ノ 湖 遊 覧 船 、 駒 ヶ 岳 ロ ー プ ウ ェ ー 、 十 国 峠 ケ ー ブ ル カ ー の 全 路 線 イ イ ( 3 日 間 用 / 4400 円 ) ノ 箱 根 登 山 系 伊 豆 箱 根 系 伊 豆 箱 根 系 利 用 て き る 交 通 機 関 利 用 で き る 交 通 機 関 利 用 て き る 交 通 機 関 1 1 9

るるぶ箱根 熱海 湯河原 (国内シリーズ)


ハ カ ノ ス へ 熱 海 駅 伊 豆 東 海 バ ス ・ 伊 豆 箱 根 バ ス 無 海 港 ・ 後 楽 ■ 行 き 約 10 分 、 220 円 熱 海 港 富 士 急 マ リ ン リ ゾ ー ト 「 イ ル ド バ カ ン ス 号 」 約 25 分 、 1170 円 相 模 湾 に 浮 か ぶ 小 さ な 離 島 、 初 島 。 車 で 直 接 島 に 行 く こ と は で き な い が 、 熱 海 港 か ら 高 速 船 で 25 分 と い う 好 ア ク セ ス 。 1 日 リ ゾ ー ト 気 分 に 浸 っ ち ゃ お う ! 船 着 場 ! 﨩 ラ リ い 刃 は ロ ロ 産 田 - ・ 一 ・ 初 島 港 / 一 初 木 神 社 食 堂 街 食 堂 す み ・ し よ く ど う す み 、 民 宿 街 ー ・ 食 堂 す み MAP / 拝 み の 丘 散 策 コ ー ス ' 初 島 フ ィ ッ シ ャ リ -- ナ .- 見 晴 ら し 抜 群 の 高 台 に あ る 食 事 : 初 島 ア ド へ ン チ ャ ー ( 海 中 展 望 船 ノ ア ) ・ 、==, 、 TSARUTOBIJ( 処 。 漁 師 で も あ る 主 人 が と っ て 湯 原 ・ 鑿 き た 、 鮮 度 抜 群 の イ チ オ シ 魚 介 グ ラ ン ド 主 ク シ プ 真 鶴 評 初 ク ラ ブ を 使 っ た 料 理 を 提 供 し て く れ る 。 初 島 灯 台 ・ ア イ ラ ン ド ・ 初 島 港 か ら 徒 歩 8 分 の 1 1 伊 熱 海 市 イ フ ~ 17 時 ( 以 降 は 要 予 約 ) の 不 定 休 網 代 ・ 初 島 Q / Q 初 島 っ て と ん な 島 ? 方 法 は ? 静 岡 県 唯 一 の 有 人 島 。 島 の 外 ・ 周 は 約 4km あ り 、 1 時 間 ほ ど で . A. JR 熱 海 駅 か ら 車 1 周 で き る 。 気 軽 に 本 格 的 な リ ゾ ー ト : で 5 分 の 熱 海 港 体 験 が で き る 施 設 か 揃 う が 、 銀 行 、 三 ( MAP 付 録 P15C5 ) か ATM 、 コ ン ビ ニ な ど は な く 、 タ ク シ ー : ら 、 富 士 急 マ リ ン リ ゾ ー ト や バ ス と い っ た 交 通 手 段 も な い 。 島 「 イ ル ド バ カ ン ス 号 」 で 内 で は 歩 き や す い 格 好 が べ タ ー 三 2 5 分 。 乗 船 券 は 往 復 : 2340 円 。 初 島 ア イ ラ ン Q ビ ー チ は あ る の ? : ド リ ゾ ー ト 各 施 設 利 用 券 A 残 念 な が ら 、 岩 に 囲 ま れ た 島 の : と の セ ッ ト 券 あ り 。 谷 た め 砂 浜 が な い 。 砂 浜 や 海 水 : 0557-81-0541 ( 富 士 浴 場 は な い の で 気 を つ け て 。 : 急 マ リ ン リ ゾ ー ト ) 初 島 ア ド ベ ン チ ャ ー 「 SARUTOBI 」 ・ は っ し ま あ ど べ ん ち ゃ ー 「 さ る と び 」 熱 海 か ら の ア ク セ ス 併 設 の 島 Ca で ひ と 休 み ア ジ ア ン ガ ー デ ン R-Asia マ ン ゴ ー ン ユ ー ス 500 円 な ど ド リ ン ク ・ あ じ あ ん が 一 で ん あ ー る え い し あ ー ユ ー の ほ か ナ シ コ レ ン 980 円 ど 新 . 、 0 の 9 ~ 16 時 の 木 曜 ()W 、 春 休 谷 , ・ ・ 0557-67-2151 ( 初 島 ァ イ ラ ン ド リ ゾ ー 立 ト ・ ・ P94 始 は 除 く ) 南 国 風 空 間 で 時 を 忘 れ る 癒 し の ひ と と き を 熱 海 ひ と 足 の ば 広 々 と し た 緑 の 芝 生 や 数 百 種 類 も の 亜 熱 帯 の 植 物 に 囲 ま れ た 、 ま る で 南 の 島 の よ う に 開 放 的 な 空 間 。 ハ ン モ ッ ク で 島 の 風 に 揺 ら れ な が ら ド リ ン ク を 飲 め ば 、 気 分 は プ チ セ レ ブ ! は っ し ま ・ 初 島 港 か ら 徒 歩 20 分 朝 入 園 800 円 朝 9 ~ 16 時 の 木 曜 ( 春 休 み 、 夏 休 み は 除 く ) 気 分 は タ ー ザ ン ? 本 格 ア ス レ チ ッ ク 専 用 の ハ ー ネ ス を 着 装 し 、 高 さ 6m の 木 々 の 上 を 渡 っ て 楽 し む ヨ ー ロ ッ / ヾ で 人 気 の ア ス レ チ ッ ク 。 落 ち る 心 配 は 無 用 な の で 、 初 心 者 で も ス リ ル 満 点 の ド キ ド キ 体 験 が 楽 し め る 。 ・ ・ 0557-67-1462 MA い ・ P94 の 初 島 港 か ら 徒 歩 15 分 朝 入 場 1500 円 朝 10 ~ 17 時 ( 夏 期 は 9 時 ~ 、 最 終 受 付 は 1 6 時 ) の 木 曜 ()W 、 春 休 み 、 夏 休 み は 除 く ) 海 と 一 体 化 す る リ ラ ッ ク ス 風 呂 ・ ・ か い せ ん よ く 「 し ま の ゆ 」 海 泉 浴 「 島 の 測 海 岸 地 下 40m か ら く み 上 け 、 ミ ネ ラ ル 分 が 豊 富 に 溶 け 込 み 塩 分 を 含 ん た 井 戸 水 の 沸 か し 湯 を 使 用 し た 露 天 風 呂 。 目 前 の 海 岸 線 は 手 が 届 き そ う な ほ ど 。 写 真 は 男 性 用 露 天 風 呂 。 ~ ・ ・ 0557-67-21 引 ( 初 島 ァ イ ラ ン ド リ ゾ ー 阯 ・ P94 広 域 MAP 付 録 ・ 初 島 港 か ら 徒 歩 1 5 分 朝 入 浴 800 円 の 1 0 ~ 1 7 時 の 木 曜 ()W 、 春 休 み 、 夏 休 み は 除 く ) 海 中 展 望 船 ノ ア 初 島 の 海 中 で ド ラ マ チ ッ ク な 出 会 い を ・ か い ち ゅ う て ん ほ う せ ん の あ ー 初 島 拡 大 図 ア ジ ア ン ガ ー デ ン ・ ・ ・ R-Asia/ 島 Cafe 初 島 ア イ ラ ン ド リ ソ ー ト 海 泉 浴 ・ イ 島 の 湯 」 海 の プ ー ル 水 中 窓 が つ い た 海 中 展 望 船 か ら 、 透 明 度 抜 群 の 初 島 の 、 海 の 生 き 物 た ち と 出 会 う こ と が で き る 。 約 30 分 間 の ク ル ー ジ ン グ 体 験 は 、 予 約 不 可 で 、 各 回 先 着 受 付 順 と な っ て し 、 る 。 0 ・ 055 / -6 川 4713 P94 谷 ・ ・ ・ 0557-67-3222 ( 初 島 フ ィ ッ シ ャ リ → ト P94 ・ 初 島 港 か ら 徒 歩 10 分 の 初 島 フ ィ ッ シ ャ リ ー ナ で 受 付 朝 1600 円 の 1 1 時 ~ 、 12 時 ~ 、 1 3 時 、 14 時 ~ の 不 定 休 ( 海 況 、 天 候 に よ り 欠 航 の 場 合 あ り ) 、 6 ~ 9 月 末 ま で 運 休 ( 要 問 合 せ ) 、 松 林 策 路 135 ′