検索 - みる会図書館

全データから 204335件ヒットしました。

ソトコト August 2016 No.206


、 こ を 文 辺 の ま ち 0 く ク し イ [ な オ 4 .4 水 に 浮 か ぶ 公 園 が リ ニ ュ ー ア ル ! 川 と 空 と つ な が る 「 福 岡 水 上 公 園 」 。 船 に 乗 っ て い る か の よ う な 爽 快 さ を 味 わ え る 屋 上 公 園 が 、 福 岡 の 中 心 街 に 誕 生 。 都 会 の 川 て 水 上 ア ク テ イ ヒ テ イ も ! photographs by Kayo Sekiguchi text by Kaori Kai

福岡ベストスポット 2009


す め モ テ ル プ ラ ン 5 偶 聞 違 い な 亡 ! 撮 影 : 福 岡 タ ワ ー ( P. 1 1 1 参 照 ) 前 地 元 ん モ ン が 推 す る け ん 九 州 ー の 都 会 、 福 岡 に 来 た ら 、 や っ は り シ ョ ッ ビ ン グ が い ち ば ん や ね 。 1 日 目 は 天 神 地 下 街 を ぶ ら ぶ ら し ′ 。 、 て 地 下 街 か ら 直 結 し た デ バ ー ト 、 = , ま フ ァ ッ シ ョ ン ビ ル を チ ェ ~ ッ グ 2 0 日 目 は 路 面 店 が 立 ち 並 ぶ 大 名 、 、 ヨ 泉 、 警 固 界 隈 を 攻 め る っ て プ ラ ン で は 当 キ マ リ や ろ ? 今 話 題 の グ ル メ も 盛 り 込 ん ど る け ん 、 思 い っ き り 福 岡 天 ブ ラ ( 天 神 を ぶ ら ぶ ら 歩 く ) し ば 楽 し ん で ! ! な が ら シ ョ ッ ピ ン グ を 名 新 見 物 0 00 、 だ 0 福 岡 ま ち 歩 き ナ ビ フ ァ ッ シ ョ ン や グ ル メ な ど 今 ど き の シ ョ ッ プ が ひ し め く 都 会 的 な 顔 を も つ 一 方 、 歴 史 や 自 然 に も 恵 ま れ た 福 岡 。 限 ら れ た 時 間 の な か 、 ど う 効 率 よ く め ぐ る か が 、 よ り 楽 し い 旅 の キ メ テ と な る 。 福 岡 を 知 り つ く し た 地 元 っ 子 お す す め の モ デ ル プ ラ ン を 参 考 に 、 さ あ 福 岡 へ ! ・ 福 岡 う ま か も ん 名 鑑 P10 A COURSE 推 奨 の 弁 地 元 百 貨 店 ス タ ッ フ P12 あ な た に ! ! B COURSE 推 奨 の 弁 福 岡 タ ワ ー コ ン バ ニ オ ン 福 岡 の よ か ト コ ロ を 満 喫 す る な ら 、 ひ と ま す 福 岡 タ ワ ー に 上 っ て み ら ん ね ? ビ ル が 立 ち 並 ぶ 都 心 部 の 隣 は 海 、 山 、 森 。 ホ ー ク ス タ ウ ン や ら キ ャ ナ ル シ テ ィ 博 多 や ら の 観 光 名 所 も 忘 れ ん ご と ね 。 1 日 目 の 夜 こ は ん は 、 屋 台 を め ぐ っ て 福 岡 名 物 の 食 べ 歩 き 。 2 日 目 の 朝 こ は ん は 、 市 場 に 行 っ て と れ た て ピ チ ピ チ の 海 鮮 3 博 多 湾 に 面 し た ウ ォ ー タ ー フ ロ ン ト 「 シ ー サ イ ド も も ち 」 丼 。 お い し か よ お 。 P28 歴 史 の 街 を 散 策 す る 海 辺 の リ ゾ ー ト に 癒 さ れ る プ チ セ レ ブ な 旅 を 楽 し む 有 剛 こ 来 た ぞ 念 に は い チ 、 ミ ) プ ラ ス 0 の 日 帰 り プ ラ ン 214 P32

るるぶ新潟 佐渡'15 (国内シリーズ)


動 駅 駅 長 長 西 ' 柏 東 長 柏 出 長 空 つ い 夜 ま ム の 岡 必 夏 長 火 は の る な ) 岡 彩 大 田 長 を り a- 日 本 三 大 花 火 大 会 と 、 栖 蔵 が 集 ま る エ リ ア へ ロ き / 7 C ontents 特 集 長 岡 野 菜 & 長 岡 の 酒 P84 長 岡 ま つ り 大 花 火 大 会 P86 工 リ ア ガ イ ド P87 P90 p91 P92 第 ッ ク な 夏 の 祭 典 ! ~ 谷 崎 ~ 岡 千 雲 崎 長 小 出 柏 寺 泊 魚 の 市 場 通 0. ・ 一 、 ミ 。 ー 冫 人 中 之 出 雲 第 漢 学 の 里 し た だ P91 出 雲 崎 日 本 海 柏 崎 P92 、 福 島 県 353 新 潟 佐 渡 ' 15 83 “ ぶ ←

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


0 地 上 も 地 下 も 人 々 が 集 う 福 岡 の メ イ ン ・ ス ト リ ー ト 北 に 貫 く 渡 辺 通 り を 中 心 に テ パ ー ト や フ ァ ッ シ ョ ン ヒ ル な ど が す ら り と 並 ふ 九 州 最 大 の 商 業 工 リ ア 。 地 下 鉄 、 バ ス 、 私 鉄 も 発 達 し 、 福 岡 ・ 九 州 各 地 へ の ア ク セ ス の 拠 点 で も あ る 。 福 岡 市 の 中 心 地 と し て 公 的 機 関 や 銀 行 、 企 業 が 集 ま る オ フ ィ ス 街 と し て の 一 面 も 。 商 業 施 設 が 集 中 し て い て 、 主 要 な ビ ル は す べ て 地 下 街 で つ な が っ て い る の で 、 ヒ ル か ら ヒ ル へ と ア ク セ ス し や す い 。 町 3 n 0 m t10 》 福 岡 市 観 光 案 内 所 谷 092-43 ト 3003 福 岡 市 観 光 案 内 所 観 光 プ ラ サ 天 神 谷 09275 ト 6904 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス ・ - ー ( ル 躱 ) 【 文 学 館 】 ふ く お か し あ か れ ん が 福 岡 市 赤 煉 瓦 文 化 館 ( 福 岡 市 文 学 館 ) ぶ ん か か ん ふ く お か し ぶ ん が く か ん 赤 煉 瓦 が 美 し い 国 重 要 文 化 財 P37 ( -2 谷 092722-4666 夜 は ラ イ ト ア ッ プ さ れ 、 ロ マ ン チ ッ ク な 雰 囲 気 が 漂 う 赤 煉 瓦 に 白 い 花 崗 岩 を あ し ら っ た 姿 が 印 象 的 な 福 岡 市 赤 煉 瓦 文 化 館 は 明 治 42 年 ( 1909 ) 竣 工 の 英 国 様 式 の 建 物 。 旧 日 本 生 命 保 険 の 建 物 を 福 岡 市 が 譲 り 受 け た 。 1 階 の 福 岡 市 文 学 館 に は 福 岡 ゆ か り の 文 学 者 の 作 品 な ど が 展 示 さ れ て い る 。 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 5 分 09 時 ~ 21 時 の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 翌 日 ) 0 な し DATA 福 岡 空 港 ( 地 下 鉄 ) 博 多 駅 前 博 多 ロ 地 下 鉄 空 港 線 「 層 多 駅 1 約 5 分 地 下 鉄 ) 、 18 円 循 環 ハ ス ・ 約 1 5 分 路 線 ノ ヾ ス 約 6 分 地 下 鉄 一 三 越 前 。 ま 神 パ ス セ ン タ ー 【 洋 館 】 き ゅ う ふ く お か け ん 旧 福 岡 県 公 会 堂 貴 賓 館 こ う か い と う き ひ ん か ん 華 や か な 歴 史 を 今 に 伝 え る 谷 092751-4416 P37 ( -3 八 角 の 塔 が 印 象 的 。 2008 年 改 修 工 事 が 終 了 し 、 再 開 館 と う 回 る ? テ ノ ヾ 地 下 と 2 つ の レ ト ロ 建 築 へ GO ! 福 岡 か ら ひ と 足 の ば す 時 の 【 知 恵 袋 】 市 文 学 館 ) な と の 歴 史 的 建 造 物 は 那 珂 川 沿 い に 集 中 。 い も の を 手 に 入 れ や す い 。 福 岡 市 赤 煉 瓦 文 化 館 ( 福 岡 の 3 大 テ パ ー ト の テ パ 地 下 な ら 、 福 岡 や 九 州 の お い し 岩 田 屋 本 店 、 福 岡 三 越 、 大 丸 福 岡 天 神 店 と い う 老 舗 交 通 拠 点 は コ コ 36 る 。 越 の あ る 駅 ビ ル 内 に あ 拠 点 。 ど ち ら も 福 岡 三 柳 川 、 大 牟 田 方 面 へ の は 福 岡 か ら 南 、 久 留 米 、 西 鉄 福 岡 ( 天 神 ) 駅 ( 下 ) く 、 利 用 し や す い 。 ま た 、 な ど 隣 県 へ の 本 数 も 多 路 線 、 熊 本 、 長 崎 、 大 分 だ 。 特 に 小 倉 な ど 県 下 天 神 バ ス セ ン タ ー ( 上 ) 点 と な っ て い る の が 、 国 へ の 高 速 バ ス の 拠 天 神 中 央 公 園 内 に あ る 国 指 定 重 要 文 化 財 の 建 物 。 明 治 43 年 ( 1910 ) に 来 賓 接 待 所 と し て 建 て ら れ 、 フ レ ン チ ル ネ ッ サ ン ス 様 式 を 基 調 と し た 洋 風 建 築 が 特 徴 。 内 部 は 大 理 石 の 暖 炉 や レ リ ー フ な ど が 美 し く 、 エ レ ガ ン ト な 雰 囲 気 に 満 ち て い る 。 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 5 分 9 時 ~ 17 時 の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 翌 日 ) 朝 入 館 240 円 0 な し DATA 【 複 合 施 設 】 ア ク ロ ス 福 岡 ふ く お か 緑 に 覆 わ れ た 都 会 の オ ア シ ス ヒ ル P37 ( -3 谷 092-725-9 川 ( 代 ) 3 万 7000 本 の 木 が 植 え ら れ た ス テ ッ プ ガ ー デ ン 福 岡 シ ン フ ォ ニ ー ホ ー ル を は し め 、 シ ョ ッ プ や レ ス ト ラ ン な ど さ ま ざ ま な 施 設 が 揃 う 。 2 階 の 文 化 観 光 情 報 ひ ろ は で は 福 岡 県 や 九 州 の 観 光 情 報 を 入 手 で き る 。 ま た 、 天 神 中 央 公 園 側 の ス テ ッ ブ ガ ー テ ン で は 809 段 の 階 段 を 登 る こ と が で き る 。 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 3 分 朝 各 施 設 に よ り 異 な る の 無 休 0124 台 ( 1 時 間 400 円 ) DATA

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


〔 0 L U M N 「 福 岡 」 と 「 博 福 岡 に 博 多 、 ふ た つ の 呼 び 方 を さ れ る 福 岡 市 。 そ の 背 景 に は 、 地 名 に ま つ わ る 歴 史 的 な 背 景 が あ る 。 中 福 博 で あ い 橋 524 A-3 か ら 見 た 中 洲 。 那 珂 川 を 境 に 西 を 「 福 岡 」 、 東 を 「 博 多 」 と 称 す る 福 岡 市 の 陸 の 玄 関 口 は 「 」 R 票 の 差 で 博 多 駅 」 で あ り 、 港 も 「 博 多 「 博 多 市 」 に な ら ず 港 」 。 こ れ に 対 し 、 空 の 玄 関 明 治 22 年 ( 1889 ) 、 市 制 が ロ は 「 福 岡 空 港 」 。 ふ た つ の 呼 称 が 混 在 し て い る 。 交 付 さ 払 市 名 を 福 岡 に す る 博 多 と い う 名 称 が 最 初 に か 博 多 に す る か 福 岡 派 と 博 多 派 の 間 で 議 論 が 紛 糾 。 当 事 の 確 認 さ れ た の は 「 続 日 本 紀 」 。 ひ ろ 港 湾 が “ 博 ” く 、 物 資 が “ 多 ” い 議 員 は 博 多 部 出 身 が 17 名 、 福 か ら 博 多 、 海 岸 線 が 鳥 の 羽 を 岡 部 出 身 が 13 名 で 構 成 さ 払 広 げ た 形 で あ る “ 羽 形 ” か ら な 当 初 「 博 多 市 」 に な る こ と が 優 ど 諸 説 あ る が 、 古 来 か ら 博 多 勢 か と 思 わ れ た が 、 福 岡 士 族 と い う 地 名 が 存 在 し て い た と の 結 社 が 、 博 多 部 議 員 へ さ ま ざ ま な 画 策 を 行 い 、 い ざ 投 票 と い う こ と は 間 違 い な い よ う だ 。 こ れ に 対 し 福 岡 と い う 地 な っ た 。 結 果 、 投 票 数 は 同 数 名 が 登 場 し た の は 、 江 戸 時 代 だ っ た が 、 福 岡 側 だ っ た 議 長 に 黒 田 如 水 ・ 長 政 親 子 が 入 国 の 一 票 で 「 福 岡 市 」 と い う こ と に 決 ま っ た 。 し て か ら 。 彼 ら は 備 前 ( 岡 山 天 神 と い う 地 名 の 由 来 は 県 ) 邑 久 郡 福 岡 の 出 身 た っ た 新 幹 線 開 通 時 は 博 多 が 玄 関 “ 天 神 様 ” に あ っ た こ と か ら 、 城 を 福 岡 城 と 名 づ ロ と な り 、 博 多 の 知 名 度 も 大 福 岡 市 の 中 心 で あ る 天 神 。 け た 。 こ れ が 武 士 の 町 、 福 岡 き く 上 が っ た が 、 城 下 町 の は す 払 天 神 地 区 が 台 頭 し 、 か っ の 誕 生 で あ り 、 以 降 、 那 珂 川 こ の 地 名 の 由 来 と な っ て い る て の 福 岡 が 商 業 の 街 、 博 多 が の が 水 鏡 天 満 宮 だ 。 こ は 菅 か ら 東 を 博 多 、 西 を 福 岡 と 呼 ぶ よ う に な っ た 。 黒 田 藩 は 街 ビ ジ ネ ス 街 と な っ た 原 道 真 公 ( 天 神 様 ) が 左 遷 さ れ 。 こ う し の 自 治 を 認 め て い た た め 、 博 た こ と か ら 博 多 は 一 地 区 名 と て 、 上 陸 し た と き に 、 四 十 川 ( 現 在 の 薬 院 新 川 ) に 写 っ た 自 多 は 商 人 の 街 と し て 、 福 岡 は し て 用 い ら れ る こ と が 多 く な 城 下 町 と し て 発 展 を 続 け て い 分 の や つ れ た 姿 を 見 て 、 「 私 の っ た 。 魂 は 長 く こ の 地 に 留 ま り 、 後 く こ と に な っ た 。 世 無 実 の 罪 に 苦 し む 人 の 守 り 神 と な ろ う 」 と 言 っ た こ と に 由 来 し 、 そ の 地 に 社 殿 を 造 寺 し 、 水 鏡 天 神 、 ま た 姿 見 天 神 と し て 天 神 様 を 祀 っ た の が は し ま り と い わ れ て い る 。 当 初 は 今 泉 に あ っ た が 、 慶 長 17 年 ( 1612 ) 、 筑 前 藩 主 黒 田 長 政 が 、 築 城 の 際 、 庄 村 か ら 福 岡 城 の 鬼 門 に あ た る 現 在 地 に 移 転 し 、 福 岡 城 全 体 の 守 護 と し た 。 現 在 で も 水 鏡 天 満 宮 は 学 問 の 神 様 と し て 、 立 ち 並 ふ オ フ ィ ス ビ ル の 間 で ひ っ そ り と 時 を 刻 ん で い る 。 パ ) て あ い 務 、 PPORO 那 珂 川 に か か る 「 福 博 で あ い 橋 」 。 「 福 岡 」 と 「 博 多 」 を 結 ふ 橋 だ 鳥 居 の 扁 額 は 、 福 岡 出 身 の 内 閣 総 理 大 臣 、 広 田 弘 毅 が 幼 少 の 頃 に 書 い た も の 朱 色 が 鮮 や か な 水 鏡 天 満 宮 。 奥 は 拝 殿 谷 092-741 ー 8754 地 下 鉄 空 港 線 天 神 駅 か ら 徒 歩 5 分 P37 C-3

るるぶ福岡'12 (国内シリーズ)


ゞ ( ヾ 見 た い 、 触 れ た い 、 岡 た い 。 ~ 、 , 触 れ て く だ さ い 。 活 気 あ ふ れ 、 豊 か な 歴 史 と 文 化 、 自 然 を 残 す こ の 福 岡 の 魅 力 に 。 き っ と 素 晴 ら し い 感 動 の 旅 か 、 あ な た を お 待 ち し て い ま す 太 宰 府 ・ 柳 川 観 光 を バ ッ ケ ー シ し た お 得 な き っ ぷ 。 「 い ち に ち 紀 行 」 西 鉄 福 岡 ( 天 神 ) 駅 よ り 好 評 発 売 中 ! ヤ 柳 川 特 盛 き つ ぶ 太 宰 府 和 膳 き つ ぶ 太 宰 府 ・ 柳 川 観 光 き つ ぶ 太 宰 府 散 策 き つ ぶ 湯 っ た り 柳 川 き つ ぶ 川 下 り 柳 川 か ん ぼ の 宿 西 鉄 電 車 往 復 西 鉄 電 車 往 復 川 下 り 西 鉄 電 車 往 復 か さ の 家 西 鉄 電 車 往 復 西 鉄 電 車 往 復 選 べ る 太 宰 府 の お 土 産 名 産 割 引 乗 車 券 割 引 乗 船 券 温 泉 入 浴 券 割 引 乗 車 券 割 引 乗 船 券 割 引 乗 車 券 抹 茶 セ ッ ト 割 引 乗 車 券 一 割 引 乗 船 券 ー 柳 川 郷 土 料 割 引 乗 車 券 特 選 料 理 満 天 し る こ 【 発 売 金 額 】 福 岡 ( 天 神 ) 駅 発 の 場 合 【 発 売 金 額 】 福 岡 ( 天 神 ) 駅 発 の 場 合 【 発 売 金 額 】 福 岡 ( 天 神 ) 駅 発 の 場 合 【 発 売 金 額 】 福 岡 ( 天 神 ) 駅 発 の 場 合 【 発 売 金 額 】 福 岡 ( 天 神 ) 駅 発 の 場 合 , 000 円 680 円 交 2 , 980 円 , 540 円 炎 2 , 800 円 , 400 円 大 4 , 980 円 3 440 円 ご ざ 。 、 ま せ ん 小 児 用 の き っ ふ は ※ 小 児 用 の き っ ぷ は ご ざ い ま せ ん 福 岡 ( 天 神 ) 駅 ま で の ア ク セ ス と 各 地 へ の 所 要 時 間 太 宰 府 ・ 柳 川 へ の 旅 は 、 西 鉄 電 車 が 便 利 て お 得 で す 福 岡 空 港 太 宰 府 約 23 分 久 留 米 柳 川 ニ 日 市 西 鉄 福 岡 ( 天 神 ) 駅 約 28 分 約 12 分 約 46 分 博 多 埠 頭 西 鉄 パ ス で 約 15 分 西 鉄 電 車 ・ き っ ふ に つ い て の お 問 い 合 わ せ は ◎ 西 鉄 お 客 さ ま セ ン タ ー TEL 0570-00-1010 ( 6 : oo ~ 24 : oo 年 中 無 休 ) 一 部 ご 利 用 い た だ け な い 電 話 が ご ざ い ま す 。 そ の 際 は TEL092-303-3333 を こ 利 用 く だ さ い 。 有 明 漬 プ レ ゼ ン ト ! 有 明 漬 プ レ ゼ ン ト ! 有 明 & 川 ま ち 歩 き ハ ン ト ノ ッ ク プ レ セ ン ト ! い ち 記 行 地 下 鉄 て 約 12 分 西 鉄 検 索

るるぶ福岡'12 (国内シリーズ)


走 歩 5 分 彳 2 徒 歩 1 分 唐 人 町 駅 バ ス 停 福 岡 タ ワ ー 南 ロ . の 中 道 へ 向 か う 渡 言 FLJI<LJ ロ I<A Town シ ー サ イ ド も も ち 海 浜 公 園 。 の ん び り 海 風 を 感 じ ら れ る 都 会 の オ ア シ ス 2 ヒ ル ト ン 福 岡 シ ー ホ ー ク シ ア ラ 「 ブ ッ フ ェ 」 ・ 3 福 岡 タ ワ ー 3 シ ー サ イ ド も も ち ロ 徒 歩 1 分 徒 歩 す ぐ 徒 歩 分 べ イ サ イ ド 14 : 30 15 : 30 17 : 00 15 : 00 13 : 00 を ' ◎ し 一 さ い ど も も ち か い ひ ん こ う え ん 夜 は フ ン チ 0 ′ バ ー タ イ ム 、 に お す す め 階 展 望 室 に は ヘ ア シ ー ト も あ る の で 、 落 ち 着 い た 空 間 で 夜 景 が ら れ る 3 い 海 に 白 い 砂 浜 が 映 え る 人 工 0092 ・ 822-81 ビ ー チ 。 親 子 連 れ や カ ッ プ レ が 一 付 録 ② P6E1 多 く 、 夏 は ビ ー チ ス ポ ー ツ を 楽 し む 人 0 福 岡 市 中 央 区 地 行 浜 2 地 先 ~ 早 良 区 百 道 浜 2 ~ 4 地 で 賑 わ う 。 園 内 の 施 設 「 マ リ ソ ン 」 内 に 先 ・ バ ス 停 福 岡 タ ワ ー 南 ロ は レ ス ト ラ ン や カ フ ェ 、 ド リ ン ク や ア イ ス か ら 徒 歩 3 分 朝 入 園 自 由 ク リ ー ム の テ ィ ク ア ウ ト シ ョ ッ プ も 。 0345 台 ( 2 時 間 300 円 ) 989 年 開 催 の 「 ア ジ ア 太 平 洋 博 覧 会 」 の メ イ ン モ ニ ュ メ ン ト と し て 建 て ら れ 是 正 三 角 柱 の タ ワ ー 。 高 さ は 2 34 m あ り 、 8000 枚 の ハ ー フ ミ ラ ー で 覆 わ れ て い る 。 館 内 1 階 に は 博 多 み や げ を 扱 う シ ョ ッ プ が 並 ぶ 。 0092-823-0234 ( 付 録 ② P6E2 0 福 岡 市 早 良 区 百 道 浜 2-3-26 ・ バ ス 停 福 岡 タ ワ ー 南 口 か ら 徒 歩 す く 朝 . 入 、 館 無 料 、 展 望 室 入 場 料 800 円 の 9 時 30 分 ~ 22 時 ( 10 ~ 3 月 は ~ 21 時 。 入 館 は 閉 館 の 30 分 前 ま で 。 イ ベ ン ト に よ り 異 な る ) 月 最 終 の 月 ・ 火 曜 088 台 福 岡 タ ワ ー 「 ふ く お か た わ ー 14 : 30 博 多 湾 を 一 望 で き る 最 高 の ロ ケ ー シ ョ ン 」 , フ ◎ ホ ー ク ス タ ウ ン & シ ー サ イ ド も も ち 南 国 ム ー ド 漂 う 店 内 の オ ー プ ン デ ッ キ は ペ ッ ト 膿 厚 プ 丿 ン の カ タ ラ ー ナ 円 も 人 気 目 福 岡 を 代 表 す る ラ ン ド マ ー ク 5 0 15 : 30 多 湾 を 一 望 す る ロ ケ ー シ ョ ン が 自 慢 の レ ス ト ラ ン 。 イ タ リ ア か ら 直 輸 入 し た 薪 釜 で 焼 き 上 げ る ナ ポ リ ピ ッ ツ ア が 味 わ え る と 評 判 だ 。 素 材 は 地 産 地 消 を モ ッ ト ー に 、 オ ー ナ ー 自 ら 足 を 運 ん で 旬 の 食 材 を 仕 入 れ て い る 。 「 マ リ ゾ ン 」 内 に あ る 。 ノ ′ 0 外 は カ リ ッ と 中 は モ チ ッ と 0092-832-3353 付 録 ② P6El し た 食 感 の マ ル ゲ リ ー タ 1 か ① 0 け 審 地 上 123m の 11 円 0 福 岡 市 早 良 区 百 道 浜 2-902-1 マ リ ゾ ン 内 ・ 0 ら い 展 望 室 は 福 岡 初 バ ス 停 福 岡 タ ワ ー 南 口 か ら 徒 歩 3 分 の 1 1 ~ 22 0 れ の の 「 恋 人 の 聖 地 」 時 LO の 火 曜 0 シ ー サ イ ド も も ち 海 浜 公 園 駐 車 場 に 認 定 さ れ て し 利 用 345 台 ( 2 時 間 300 円 ) 唐 人 町 駅 ・ バ ス 停 福 岡 タ ワ ー 南 ロ は に 。 天 神 苹 ラ ン プ ,. 西 日 本 短 大 〇 。 , 公 朝 ← ① シ ア ラ 「 ブ ッ フ 、 ェ 」 福 浜 団 地 入 口 福 岡 YahoöWAPAN ド ー ム こ ど も 病 院 入 ゴ イ 、 」 、 一 ク ホ ア ル 前 2012 年 4 月 リ ニ ュ ー ア ル オ ー プ ン 予 定 、 1 ー を 物 ス カ イ ラ ウ ン ジ ル フ ー ジ ュ す か い ら う ん じ る ふ ー じ ゅ 0092-833 ・ 8255 絶 景 を 望 み な が ら 優 雅 な ひ と 時 を 地 上 120m 、 展 望 室 の 下 の フ ロ ア に あ る ラ ウ ン ジ 。 ラ ン チ メ ニ ュ ー 650 円 ~ の ほ か 、 バ ー タ イ ム に は ア ル コ ー ル 類 も 揃 い 、 福 岡 市 街 と 博 多 湾 を 見 渡 す 360 度 の バ ノ ラ マ と 共 に 食 事 を 楽 し む こ と が で き る 。 朝 展 望 室 入 場 料 が 必 要 、 18 時 以 降 は チ ャ ー ジ 300 円 朝 9 時 30 分 ~ 22 時 ( 21 時 30 分 LO ) の 福 岡 タ ワ ー に 準 じ る 博 多 ) 湾 mammamta 300m 岡 ク レ シ よ か ト と ア 橋 岡 タ ? の ホ テ ル 国 立 病 院 機 構 福 岡 タ ワ ー 南 ロ 博 務 響 と ロ イ ン ズ も も 九 州 医 療 セ ン タ ー 大 韓 民 ハ イ ア ッ ト レ ジ デ ン シ ャ ル 総 領 事 館 ス イ → ト 福 岡 0 西 南 学 院 百 道 浜 橋 小 ・ 中 ・ 高 百 中 央 マ リ ノ ア シ ィ 福 岡 方 面 へ マ リ 、 ン 福 重 ラ ン プ へ ~ ① 福 岡 の 定 番 夜 景 ス ポ ン ト と し て 人 気 0 昼 夜 を 問 わ す ナ イ ス ビ ュ ー か め る ホ ー ク ス タ ウ ン 9 地 行 中 央 公 園 福 岡 タ ワ ー 唐 人 局 ヤ フ ー ド ー ム 前 一 卍 吉 祥 禅 寺 唐 人 TNC 放 送 会 館 [ 地 行 3 福 岡 市 博 物 館 0092-845-50 ⅱ ふ く お か し は く ぶ つ か ん 一 付 録 ② P6E2 福 岡 に ま つ わ る 福 岡 市 早 良 区 百 道 浜 3 - 1 - 1 ・ バ ス 停 福 岡 タ 文 化 財 を 集 積 「 大 陸 と の 交 流 」 を テ ー マ ワ ー 南 口 ま た は 博 物 館 北 ロ に 、 福 岡 の 歴 史 や 生 活 、 文 か ら す ぐ 朝 常 設 展 200 円 朝 9 時 30 分 ~ 17 時 30 分 ( 入 館 化 を 紹 介 。 江 戸 時 代 に 志 は ~ 17 時 、 7 ・ 8 月 は 延 長 あ 福 賀 島 で 発 見 さ れ 、 国 宝 の り ) の 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 岡 「 金 印 」 も 常 設 展 示 す る 。 改 市 平 日 ) 、 ' 11 年 11 月 7 日 ~ ' 12 年 修 工 事 中 、 「 金 印 」 は 福 岡 4 月 2 日 ま で 改 修 工 事 の た め 市 美 術 館 0 付 録 ② 休 館 予 定 ※ 詳 し く は 要 確 認 る 図 教 科 書 に も 登 場 P5A3) に 展 示 さ れ る 。 0250 台 書 す る 国 宝 「 金 印 」 り 西 " 美 濠 公 園 へ 5 テ ホ 台 寺 正 福 岡 市 博 物 館 4 西 新 へ / 6

まっぷる 九州 '15 (まっぷるマガジン)


ま た ま た あ る ! 福 岡 タ ウ ン お す す め ス ポ ッ ト 「 く す つ 。 」 と 笑 み 見 る 生 み 出 す お 菓 38D -4 朝 4000 ① ・ お お ほ リ こ う え ん ・ ふ く お か じ よ う せ き 水 と 緑 が 豊 か な 県 民 の 憩 い の 水 景 公 園 筑 前 福 岡 藩 52 万 石 の 居 城 福 岡 城 の 外 濠 を 整 備 し て つ く ら れ た 水 景 公 園 。 園 内 に 福 岡 藩 初 代 藩 主 の 黒 田 長 政 が 築 城 し た 福 岡 城 の 跡 。 福 岡 市 美 術 館 や 日 本 庭 園 、 大 濠 公 園 能 楽 堂 か あ る 。 多 聞 櫓 、 ( 伝 ) 潮 見 櫓 、 下 之 橋 御 門 な ど が 残 る 。 の 092-74 ト 2004 ( 大 濠 ・ 西 公 園 管 理 事 務 所 ) の 092- ハ ト 4784 ( 福 岡 市 経 済 観 光 文 化 局 ) の 092-74 ト 83 〃 ( 日 本 庭 園 ) 所 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 城 内 地 下 鉄 大 濠 公 園 駅 か 所 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 大 濠 ー ー - 欝 ら 徒 歩 5 分 見 学 自 由 公 園 地 下 鉄 大 濠 公 園 駅 22 時 間 ま で 300 円 似 か ら 徒 歩 す ぐ 入 園 自 由 後 1 時 間 ご と に 150 円 ) 22 時 間 ま で 210 円 似 後 30 分 ご と に 160 円 ) 0 貸 し ボ ー ト で 遊 へ る 水 景 公 園 城 跡 4000-1213 4 大 濠 公 園 福 岡 城 跡 ふ じ け ん 大 名 店 ・ は か た そ ば す ず き し よ う て ん ・ ふ じ け ん だ い み よ う て ん 魚 介 が お い し い 居 酒 屋 数 年 か け て 生 み 出 し た ス ー プ が 美 味 鮮 魚 店 が 手 が け る 店 。 鮮 度 の 高 い 旬 の 魚 介 が の る 豚 骨 、 鶏 ガ ラ 、 煮 干 し を ブ レ ン ド し た ス ー プ が べ ー ス の 醤 「 天 然 魚 の 刺 身 盛 合 せ 」 ( 1300 円 ~ ) は 人 気 が あ る 。 油 と ん こ っ ラ ー メ ン が 看 板 。 店 内 は た し の 香 り が 漂 う 。 の 092-734- ⅱ 55 の 092-732-8007 新 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 大 名 新 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 赤 坂 1 - 1 -17 地 下 鉄 赤 坂 駅 1 -10-22 マ ー ベ ラ ス 大 名 1 階 地 下 鉄 赤 坂 駅 か ら 徒 歩 5 分 か ら 徒 歩 5 分 18 : 00 ~ 翌 0 : 30 11 : 30 ~ 翌 1 : 30 ( 日 曜 は 不 定 休 21 : 30 ま で ) 無 休 ① 春 は 栄 華 の 跡 を 美 し い 桜 が 彩 る ・ め ん げ き じ よ う げ ん え い ・ ふ く お か し は く ぶ つ か ん 福 岡 の ル ー ツ が わ か る 博 物 館 天 然 素 材 で つ く り 上 げ る 洗 練 さ れ た 一 杯 干 し ア ワ ビ や 干 し 貝 柱 な ど 高 級 食 材 を 使 っ た 自 店 製 醤 国 宝 の 金 印 や 名 槍 「 日 本 号 」 を 展 示 す る な ど 、 福 岡 の 歴 史 と 暮 ら し を 紹 介 。 ミ ュ ー シ ア ム シ ョ ッ プ や レ ス ト ラ ン も 併 設 。 油 の 芳 醇 な こ く が 、 豚 骨 の 自 然 な う ま み と 調 和 す る 。 の 092-845-50 ⅱ 所 福 岡 県 福 岡 市 早 良 区 百 道 浜 の 092-732-6100 3- ト 1 博 多 駅 か ら 西 鉄 パ ス で 30 分 、 福 岡 タ ワ ー 南 所 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 薬 院 2 ー 16 ー 3 地 下 鉄 薬 院 大 通 口 下 車 、 徒 歩 4 分 駅 か ら 徒 歩 5 分 1 1 : 30 ~ 9 : 30 ~ 17 : 00 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 14 : 30 、 18 : 00 ~ 翌 0 : 30 ( 日 曜 ・ 祝 日 は 11 : 30 ~ 17 : 00 、 平 日 ) 目 常 設 展 200 円 2 無 料 18 : 00 ~ 22 : 00 ) 無 休 0 「 よ か ト ピ ア 通 リ 」 に 面 し て 建 つ MAP MAP 博 物 館 ラ ー メ ン 4001-1318 4000-1168 福 岡 市 博 物 館 麺 劇 場 玄 瑛 e 0 は a HAKATA を “ 皆 に 微 笑 み か け れ ば 、 沢 山 の 笑 顔 が 返 っ て く る 。 " ecu は a " は 「 笑 蔵 ( え く ら ) 」 国 宝 の 金 印 を 常 設 展 示 玄 瑛 流 ラ ー メ ン 750 円 。 加 水 率 が 高 く コ シ の あ る 自 店 製 麺 を 使 っ て い る 博 多 い ↓ み い ル ラ ー メ ン 居 酒 屋 4001-1033 4000-2009 博 多 そ ば 鈴 木 商 店 博 多 ピ エ ス ド ー ル ( 1 5P) に だ わ り の チ ー ズ 饅 頭 ) ¥ 1 , 500 ( 税 別 ) 博 多 駅 構 内 マ イ ン グ 福 岡 空 港 博 多 阪 急 百 貨 店 0 博 多 そ ば は 600 円 。 た し の 風 味 が 豊 か な ス ー プ と ち ぢ れ 麺 が 合 う 0 客 の ほ と ん ど が 注 文 す る 「 天 然 魚 の 刺 身 盛 合 せ 」 。 写 真 は 2 人 前 ・ は か た う お が し う み の み ち ・ ふ じ よ し 博 多 を 代 表 す る 「 焼 き と り 屋 」 大 型 の 生 け 簀 が 目 を 引 く 創 業 50 余 年 、 福 岡 で は 老 舗 格 の 焼 き 鳥 屋 。 ハ ッ ( 心 カ ウ ン タ ー を 囲 む 生 け 簀 に は 、 旬 の 海 の 幸 が 泳 ぐ 。 佐 賀 県 呼 臓 ) 、 奥 タ ン ( 舌 ) な ど の め す ら し い ネ タ も 並 ぶ 。 子 直 送 の ヤ リ イ カ を は じ め 、 多 彩 な 魚 介 料 理 が 味 わ え る 。 の 092-406-9536 の 092-76 ト 5692 所 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 天 神 1 -12-3 天 神 町 木 村 家 ビ 所 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 西 中 ル 地 下 1 階 洲 9-6 地 下 鉄 天 神 駅 か ら 地 下 鉄 天 神 駅 か ら 徒 歩 5 分 11 : 30 ~ 14 : 00 、 徒 歩 す ぐ 16 : 00 ~ 23 : 00 価 日 曜 ( 月 曜 1 7 : 00 ~ 24 : 00 が 祝 日 の 場 合 は 日 曜 に 営 業 し て は 無 休 月 曜 休 ) 、 祝 日 の 昼 MAP 居 酒 屋 つ ] - ト ー 焼 き 鳥 4001-2319 博 多 魚 が し 海 の 路 藤 よ し 博 多 工 ク ラ 回 福 岡 県 糸 島 市 ニ 丈 松 末 1068-1 0120-36-8989 回 facebook も チ ェ ッ ク ! 売 舗 販 店 1 い い ね ! 0 ャ リ イ カ の 活 き 造 り は 100g1000 円 か ら 0 焼 き 鳥 の 盛 り 合 わ せ と 水 炊 き が セ ッ ト の ち ょ っ と 膳 ( 2000 円 ) 36

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


ド ラ イ ブ ガ イ ド 福 岡 へ は 九 州 自 動 車 道 福 岡 イ ン タ ー が 近 い 。 福 岡 イ ン タ ー は 福 岡 都 市 高 速 と 接 続 し 、 そ の ま ま 中 心 部 へ 入 れ る 。 福 岡 市 街 か ら 周 辺 工 リ ア へ も 九 州 自 動 車 道 が 便 利 で 、 鳥 栖 」 CT で 大 分 ・ 長 崎 自 動 車 道 と 接 続 し 、 筑 後 吉 井 や 吉 野 ケ 里 な ど へ も 早 い 。 大 阪 → 福 岡 中 国 自 動 車 道 吹 田 ℃ → ( 神 戸 」 CT → 山 陽 自 動 車 道 → 山 口 」 CT → 中 国 自 動 車 道 ) → 関 門 橋 → 九 州 自 動 車 道 福 岡 ℃ 約 7 時 間 30 分 約 594km 高 速 料 金 1 万 2450 円 悃 岡 高 速 道 路 ・ 有 料 道 路 国 道 ・ 地 方 道 フ ェ リ ー ③ 国 道 番 号 ⑩ 地 方 道 番 号 O 都 市 高 速 道 路 番 号 道 の 駅 ☆ 関 関 門 ト ン ネ ル 門 司 、 ・ 神 戸 ・ 徳 島 ・ 京 司 北 九 州 空 港 港 苅 田 北 九 州 空 港 東 九 州 自 動 車 道 北 九 州 -)O }— 小 倉 南 幡 瀬 木 下 4 む な か た ゴ 州 都 市 高 速 3 宗 像 4 福 岡 都 市 高 速 若 宮 直 方 壱 岐 ・ 対 馬 へ 古 賀 九 州 自 動 車 道 志 賀 島 福 岡 多 福 岡 空 港 糸 島 半 島 百 道 、 ・ 道 橋 福 博 多 駅 太 宰 府 福 岡 前 原 J 太 宰 府 宮 首 路 . 福 岡 市 高 速 冷 水 有 、 斗 道 路 1 ニ 丈 浜 玉 有 料 道 路 筑 紫 野 秋 月 三 瀬 ト ン ネ ル 東 脊 振 ト ン ネ ノ レ 長 筑 後 小 郡 朝 倉 . 、 栖 JC 有 厳 自 佐 吉 野 ヶ 里 甘 料 木 動 賀 木 道 多 車 大 大 東 脊 振 路 久 道 和 ☆ 和 留 米 久 留 、 ・ う き は っ ☆ く る め は ロ ケ 里 歴 公 3 九 州 自 動 車 道 交 通 ガ イ ド 塚 田 川 八 山 バ イ 、 ス ☆ う す し 4 道 路 ☆ 歓 遊 舎 ひ こ さ ん 呼 壱 岐 へ 子 前 原 2 桃 山 天 下 市 - 高 島 小 石 唐 津 分 自 動 車 道 日 田 大 分 へ ☆ 多 久 ☆ 伊 万 里 田 ☆ 水 辺 の 郷 大 お お や ま 分 伊 万 里 武 武 雄 北 方 佐 有 九 州 自 動 車 道 ☆ た ち ば な 武 雄 JCT 波 佐 見 有 田 長 崎 へ 熊 本 へ 熊 本 へ 竹 田 へ 大 へ 所 要 時 間 ・ 距 離 ・ 高 速 料 金 福 岡 都 市 高 速 2 号 線 博 多 駅 東 ラ ン プ → ( 1 号 線 約 1 時 間 10 分 福 岡 市 街 ま レ ン タ カ ー 情 報 → 4 号 線 ) → 九 州 自 動 車 道 福 岡 ℃ → ( ハ 幡 ℃ ) → 約 73km → 小 自 市 街 北 九 州 都 市 高 速 4 号 線 足 立 ラ ン プ → 国 道 3 号 2200 円 ・ レ ン タ カ ー は 出 発 前 ・ の 予 約 が お 得 。 」 R 線 約 1 時 間 20 分 福 岡 市 街 ・ の き つ ぶ と の 同 時 申 福 岡 都 市 高 速 2 号 線 半 道 橋 ラ ン プ → 九 州 自 動 車 約 63km ・ 込 み で 割 引 に な る → 柳 川 市 街 道 太 宰 府 ℃ → ハ 女 ℃ → 国 道 442 号 → 県 道 23 号 1750 円 : 『 レ ー ル & レ ン タ カ ー き つ ぶ 』 ( 」 R) や 、 航 福 岡 都 市 高 速 2 号 線 博 多 駅 東 ラ ン プ → ( 1 号 線 約 1 時 間 20 分 福 岡 市 街 ・ 空 券 と 合 わ せ て 申 込 → 福 重 」 CT ) → 福 岡 前 原 道 路 → 国 道 202 号 → ニ 約 55km → 唐 津 市 街 む プ ラ ン ( 」 AL ・ ANA) 丈 浜 玉 道 路 → 国 道 202 号 → 国 道 204 号 1310 円 ・ が あ る 。 ◎ 所 要 時 間 は 目 安 で す 。 道 路 状 況 に よ っ て 大 き く 変 わ る こ と が あ り ま す の で 注 意 し て く だ さ い 。 ◎ 利 用 条 件 を 確 認 し て お 申 込 ◎ 高 速 料 金 は 普 通 車 の 通 常 料 金 で す 。 み く だ さ い 。 問 合 せ 先 電 話 番 号 日 本 道 路 交 通 情 報 セ ン タ ー 福 岡 北 九 州 高 速 道 路 公 社 092-631-32 ニ ッ ホ ン レ ン タ カ ー 0800-500-0919 九 州 高 速 情 報 092-925-4000 日 産 レ ン タ カ ー 凾 0120-00-4123 レ ン タ カ ー 九 州 ・ 福 岡 情 報 容 092-651-1331 オ リ ッ ク ス レ ン タ カ ー 0120-00-0543 駅 レ ン タ カ ー 凾 0800-888- 92 ト ヨ タ レ ン タ カ ー 0070-80 -100 マ ッ ダ レ ン タ カ ー NEXCO 西 日 本 0120-924-863 0120-10-5656 日 本 道 路 交 通 情 報 セ ン タ ー www.jartic.0「.jp NEXCO 西 日 本 www.w-nexco.(0.jp ナ ビ タ イ ム www.navitime.co.jp 広 川 星 野 5 大 佐 賀 空 港 35 柳 川 ル ー ト

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


コ コ へ 行 き た い / 解 決 ・ 爽 シ ー サ イ ド ド ラ イ ブ ロ / め ぐ る 【 楽 楽 歩 き 方 】 福 岡 空 港 で レ ン タ カ ー を 借 り て 、 ド ラ イ プ と 焼 き 物 を 楽 し む プ ラ ン 。 博 多 湾 、 玄 界 灘 の 海 景 色 や 虹 の 松 原 を 堪 能 し た ら い ざ 、 唐 津 焼 の 窯 元 探 訪 、 翌 日 は 秘 窯 の 里 ・ 大 川 内 山 へ 。 も ち ろ ん 、 呼 子 の 朝 市 で 海 の 幸 に 舌 鼓 を 打 つ の も お 忘 れ な く 。 = 約 6 時 間 福 岡 空 O 福 岡 タ ワ ー OI 虹 の 松 原 唐 津 市 街 に ・ 134 : 」 R 唐 津 駅 か ら 徒 歩 7 分 な か さ と た ろ う え も ん と う は う 中 里 太 郎 右 衛 門 陶 房 : 車 で 約 30 分 リ ゆ う た が ま ・ ・ ・ ・ 唐 津 焼 総 合 展 示 場 ① : 車 で 約 30 分 洋 々 閣 国 ・ ー ( : 円 立 ) モ テ ル ル ー ト ふ く お か く う こ う 三 空 港 通 出 入 口 ~ 福 岡 都 市 高 速 ~ 百 道 出 : 入 口 経 由 、 約 20 分 3 ・ - - つ : 白 道 出 入 口 ~ 福 岡 都 市 高 速 ・ 福 岡 前 原 道 路 ・ ニ 文 浜 玉 有 料 道 ~ 県 道 347 号 経 由 、 約 1 時 問 10 分 ま つ ば ら 所 要 円 3 / : 車 で 約 20 分 ふ く お か に し か ら っ し 、 ・ ・ ・ ・ 鮨 処 つ く 田 画 0- を よ う よ う か く 2 日 目 ー 約 9 時 間 OI 呼 子 の 朝 OI 伊 万 里 大 川 内 福 岡 空 ・ ・ ・ 川 島 豆 腐 店 円 42 ・ ・ 河 太 郎 三 国 道 204 号 経 由 、 約 50 分 あ さ い ち 所 要 国 道 204 号 経 由 、 約 2 時 問 い ま リ お お か わ ち ゃ ま ら 時 間 ・ ・ ・ - ・ 亠 つ 三 長 崎 道 ・ 武 雄 北 方 ℃ か ら 鳥 栖 」 C で 九 州 道 へ 。 太 宰 府 ℃ ・ で 福 岡 都 市 高 速 ・ 金 の 隈 ℃ 経 由 、 約 2 時 問 20 分 ふ く お か く う こ う よ ぶ