検索 - みる会図書館

全データから 207749件ヒットしました。

金沢・能登・北陸 (楽楽 中部 5)


標 高 24 11 、 ア ル ペ ン ル ー ト の 最 高 所 に あ り 、 魚 川 一 室 堂 タ ー ミ ナ ル は ト ロ リ ー バ ス や 高 原 バ ス が 発 着 す る 。 駅 蓮 華 温 泉 舎 に は 売 店 や 軽 食 コ ー ナ ー 黒 部 峡 谷 鉄 道 当 道 栂 池 高 第 郵 便 局 が あ り 、 ホ テ ル も 併 設 。 白 馬 岳 ・ 、 ・ 黒 部 室 堂 白 馬 鎚 温 泉 当 白 馬 ) き 鉄 谷 溶 岩 台 地 の 室 堂 平 に は 、 大 小 弥 陀 ヶ 原 別 、 部 湖 △ 、 雄 山 の 火 口 湖 や 、 荒 涼 と し て 噴 煙 黒 部 立 が 上 が る 地 獄 谷 、 立 山 信 仰 の 山 山 黒 部 、 土 山 木 黒 部 平 針 ノ 木 岳 玉 殿 岩 屋 な ど 見 ど こ ろ も 多 い 。 ア ル ペ ン ル ー ト 大 観 烽 黒 部 平 か ら ロ ー プ ウ 道 温 泉 郷 ェ イ で 上 っ た 大 観 峰 駅 は 、 急 斜 面 の 岩 峰 に 張 り 付 く よ う に 立 ち 、 屋 上 が 展 望 台 信 州 ま つ も と 空 港 0 / に な っ て い る 。 標 高 231 1 か 北 ア ル プ ス の 大 自 然 を 堪 能 す る 立 山 黒 部 乃 パ ン レ ー ト = ケ ー プ ル カ ー 7 分 ・ - を 1 m ・ 700 円 チ の ・ ・ 供 女 叫 立 山 高 原 バ ス 50 分 ・ 富 士 山 、 白 山 と と も に 日 本 の 三 霊 山 の ひ と っ と し て 栄 え た ・ を ・ 2 m ・ 1660 円 立 山 。 昭 和 年 ( 1971 ) の 立 山 黒 部 ア ル ペ ン ル ー ト 全 線 立 山 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ト 開 通 で 、 長 野 県 大 町 市 と 富 山 県 立 山 町 を 縦 貫 す る 世 界 で も ・ ス 10 分 ・ 37kg215 ) 円 団 ・ ・ ・ は 観 緲 有 数 の 山 岳 観 光 地 と な っ た 。 さ ま ざ ま な 乗 り 物 が 結 ぶ ル ー 立 山 口 一 プ ウ ェ イ 7 分 ・ ト で は 、 380m 級 の 山 々 が 連 な る ア ル プ ス と 黒 部 渓 谷 が ・ を .7kl 1260 円 織 り 成 す 雄 大 な 景 色 を 楽 し め る 。 円 37E ・ F-3 ・ 4 黒 部 ケ ー プ ル カ ー 5 分 ・ ・ を 0. m ・ 840 円 7 時 間 所 要 時 間 を 徒 歩 15 分 0 m 6 月 下 旬 ~ 8 月 ( 高 原 植 物 ) 、 10 月 ~ 11 月 上 旬 ( 紅 葉 ) ・ ス ト シ ー ズ ン ・ ・ ・ 第 部 ダ 4 向 き 関 電 ト ン ネ ル ト ロ リ - バ ・ ス 16 分 ・ 6.1 1 ・ 1500 円 ※ 立 山 か ら 扇 沢 ま で 通 り ぬ け ず 、 折 り 返 し て 出 発 点 に 戻 り た い な ら 、 立 山 ~ 大 観 峰 の 往 復 、 扇 沢 ~ 室 堂 の 往 復 コ ー ス を 。 往 復 コ ー ス は ど ち ら も 所 要 5 時 間 ほ ど 。 Go 黒 部 湖 遊 覧 や 室 堂 平 ト レ ッ キ ン グ を 楽 し む な ら 、 立 山 か 扇 沢 駅 を 早 朝 に 出 な い と 日 帰 り は 無 理 。 通 り ぬ け コ ー ス の 場 合 は 遅 く て も 1 0 時 ま で に 出 発 し た い 。 ア ク セ ス ー -1 一 円 照 電 鉄 富 山 駅 か ら 富 ■ 立 山 駅 山 地 方 鉄 道 で 約 1 時 間 、 立 山 駅 下 車 。 0 北 陸 自 動 車 道 立 山 ℃ か ら 県 道 6 号 で 約 24 。 富 山 ℃ か ら 国 道 ・ 県 道 6 号 な ど で 約 30 。 黒 部 入 富 山 糸 魚 富 聞 清 川 黒 部 湖 美 女 平 白 馬 、 ・ イ つ 扇 、 大 観 Stort 初 級 者 中 級 者 上 級 者 ・ ・ 立 山 黒 部 貫 光 営 業 推 進 部 ( 立 1 駅 ~ 黒 部 谷 07 4 ー 田 19 く ろ よ ん 総 合 予 約 セ ン タ ー ( 黒 部 ダ ム ~ 谷 O ト 2- ・ = 」 R 大 糸 線 信 濃 大 町 駅 ■ 扇 沢 か ら 川 中 島 ハ ス ・ 北 ア ル プ ス 交 通 ・ 松 本 電 鉄 パ ス 扇 沢 行 き で 40 分 、 終 点 下 車 。 0 長 野 自 動 車 道 豊 科 ℃ か ら 国 道 1 47 号 な ど で 約 42 。 電 車 背 △ = 先 000m 室 堂 タ ー ミ ナ ー ー 25 m 2450m ー ・ 0 天 狗 平 2300m 20 圓 m 0 弥 陀 ヶ 原 円 1930m 立 山 高 原 バ ス 1500m 美 女 平 立 山 ケ ー プ ル カ ー 0 1 0m 電 鉄 山 富 山 J 日 北 陸 本 線 - ー JR 高 山 本 線 富 山 地 方 鉄 道 977m 0 寺 田 475m

るるぶ立山黒部アルペンルート’12 (国内シリーズ)


堂 室 ア ク セ ス ー ト 最 高 所 の タ ー ミ ナ ル 信 濃 大 町 駅 ( 路 線 ア ル ペ ン ル ノ 4 蛉 扇 沢 ( 関 電 ト ン ネ 丿 レ ト ロ リ ー ハ ス 16 分 ) 黒 部 ダ ム ◆ ( 徒 歩 15 分 ) 黒 部 湖 ( 黒 部 ケ ー プ レ カ ー 5 分 黒 部 平 ・ ( 立 山 口 一 プ ウ ェ イ 7 分 ) 大 観 峰 ( 立 山 ト ン ネ 丿 レ ー ー ミ ス 10 分 室 堂 立 山 駅 吟 位 山 ケ ー ブ 立 山 ( 大 汝 山 ) 3015m 美 女 平 位 山 高 原 ル パ ス 50 分 蛉 室 堂 立 山 ト ン ↓ 堂 陀 平 レ 2450E 1930E 長 野 側 か ら エ リ ア 富 山 側 か ら む ろ ど う 1828E / 室 堂 タ ミ ナ ル 屋 上 へ 二 亠 ヾ 立 山 自 然 保 護 セ ン タ - へ 立 山 ト ン ネ ル 高 原 バ ス 改 札 ト ロ リ ー バ ス 改 札 第 高 原 バ ス 第 立 山 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ス 赤 沢 岳 2678n ガ イ ド 山 9 万 m 信 濃 大 町 大 町 温 泉 日 向 山 高 E 関 電 ト ン ネ マ ッ プ 23 6m 1433 中 黒 部 0 、 ダ ム 黒 部 湖 ・ た て や ま た ま ど の の ゆ う す い 亡 山 玉 殿 の 湧 水 山 ト ン ネ ル の 工 事 中 に ぶ つ か っ た 破 砕 帯 か ら 湧 き 出 す 水 を 引 い た 湧 水 は 、 全 国 の 名 水 百 選 に も 選 ば れ て い る 。 0076-432-2819 位 山 黒 部 貫 光 ) 室 堂 タ ー ミ ナ ル か ら す ぐ 利 用 自 由 室 堂 周 辺 散 策 途 中 の 水 分 補 給 に 冷 た い 水 を ・ 扇 沢 方 面 へ - 美 女 平 ・ 弥 陀 ヶ 原 方 面 へ 新 逼 を 要 、 一 室 堂 平 散 策 へ み く り か 池 へ → 立 山 自 然 保 護 セ ン タ 立 山 碑 立 山 地 図 屋 上 出 口 山 玉 殿 の 湧 水 み く り か 池 温 泉 へ 至 堂 周 辺 は 足 場 が よ く 、 散 策 に び っ た り レ ス ト ラ ッ 立 山 - 立 山 自 然 保 護 セ ン タ ー / ホ / 美 女 平 ・ 弥 陀 ヶ 原 へ ロ ッ カ ー テ ィ ー ラ ウ ン ジ り ん ど う ホ テ ル 立 山 室 堂 タ ミ ナ ル 1 階 売 店 ,. 団 体 バ ス 駐 車 場 待 合 室 団 体 バ ス 連 絡 通 路 立 山 山 頂 簡 易 郵 便 局 、 ・ 室 堂 の 雪 上 で 見 ら れ る 冬 毛 の ラ イ チ ョ ウ

るるぶ富山 立山 黒部 五箇山 白川郷'14~'15 (国内シリーズ)


1 ~ 、 ん な と こ る 位 置 関 係 を - 富 山 っ て 一 光 地 を 5 つ の エ リ ア に 分 け て 紹 介 。 ま す は 位 置 関 係 や 各 エ リ ア の み ど こ ろ を 把 握 し て 、 旅 の プ ラ ン ニ ン グ を し よ う ! 黒 部 峡 谷 。 宇 奈 月 温 泉 ア ル プ ス に 抱 れ た > 字 峡 ・ 黒 部 峡 谷 は ト ロ ッ コ 電 車 で し か 行 け な い 絶 景 の 地 。 峡 谷 の 玄 関 口 に 谷 び は 、 県 内 屈 指 の 温 泉 地 で あ る 宇 奈 月 温 泉 が 湧 く ほ か 、 峡 ん 沿 線 に は 黒 薙 、 鐘 釣 、 名 剣 な ど の 秘 湯 も 点 在 。 の 日 本 一 の 深 さ を 誇 る > 字 峡 で 絶 景 と 温 泉 を 満 喫 く ろ な き か ね つ り め い け ん O 長 さ 166m 、 高 さ 40m の 山 彦 橋 黒 部 ℃ ℃ 魚 小 月 じ 腺 ー ア ル ペ ン ル ー 000 E 級 の 山 々 が 連 な り 富 山 県 の 立 山 駅 か ら 長 野 県 の 扇 沢 駅 ま で 標 高 差 約 2000 E の 山 岳 地 帯 を 6 つ の 乗 り 物 て 結 ぶ 山 岳 観 光 ル ー ト 。 美 し い 立 山 遵 は も ち ろ ん 、 弥 陀 ヶ 原 の 湿 原 や 黒 部 ダ ・ ム な ど み ど こ ろ 盛 り た く さ ん 。 観 光 の ベ ス ト シ ー ズ ン は 夏 5 秋 だ が 、 春 ダ イ ナ ミ ッ ク な 立 山 三 山 の ベ ス ト は 道 の 両 側 に 加 E 以 上 の 雪 壁 が で 放 水 が 見 ら れ る 黒 シ ョ ッ ト は み く り が 部 ダ ム 池 展 望 台 か ら き る 雪 の 大 谷 も 名 物 。 く ろ べ き よ う こ く ・ う な づ き お ん せ ん 、 第 - 奈 月 温 泉 宇 奈 月 マ 黒 薙 ー : 谷 ン 鐘 釣 ッ 欅 平 黒 部 峡 谷 宇 奈 月 温 泉 P74 魚 津 ℃ お で か け 別 に 上 市 P68 有 峰 ロ 富 山 地 方 鉄 、 富 山 県 立 山 有 料 道 路 立 山 有 料 道 路 有 烽 林 道 小 見 線 立 山 黒 部 ア ル ペ ン ル ー ト 黒 部 ダ 学 信 濃 大 町 へ 有 峰 林 小 口 川 線 特 別 付 録 別 録 年 間 100 万 人 が 訪 れ る 特 寸 富 山 県 随 一 の 大 型 観 光 ス ポ ッ ト 有 峰 湖 有 蜂 林 道 谷 線 た て や ま く ろ べ あ る べ ん る ー と 0 ア ル ペ ン ル ー ト 屈 指 の 絶 景 が 広 が る 大 観 峰 っ 羶 一 北 陸 新 幹 線 開 業 で 活 気 づ く 県 都 & 一 300 年 の 歴 史 を 誇 る 祭 り の 町 へ マ ッ 富 山 タ ウ ン ・ と や ま た う ん ・ え っ ち ゅ う や つ お

るるぶ立山黒部アルペンルート’12 (国内シリーズ)


立 、 旅 け ホ イ ッ ド ① 2 泊 3 日 ど う 過 ご す ? 「 山 歩 き を た つ ぶ り 楽 し み た い 」 「 ト ロ ッ コ 電 車 に も 乗 リ た い 」 な ど 、 旅 の 目 的 は 人 そ れ ぞ れ 。 宿 泊 地 や 行 程 を 工 夫 す る と 、 旅 先 で の 過 ご し 方 も 選 択 肢 が 増 え ま す 。 下 記 を 参 、 、 、 ら ・ ・ - ー 考 に 、 自 分 に 合 っ た 旅 の 計 画 を 。 し も う ! - 旅 シ ミ ュ レ シ ョ ン 東 京 発 湯 ・ 宇 奈 月 温 泉 美 肌 く オ ス ス メ ! 乗 り 物 好 き & 温 泉 で 癒 し 派 東 京 → 黒 部 ダ ム 室 堂 ( 泊 ) 室 堂 → 立 山 → 富 山 ま た は 宇 奈 月 ( 泊 ) 富 山 ま た は 宇 奈 月 → 黒 部 峡 谷 富 山 → 東 京 こ の プ ラ ン の メ リ ッ ト 日 目 は 黒 部 湖 遊 覧 船 、 3 日 目 は ト ロ ッ コ 電 車 楽 し め る 。 0 日 目 の 宿 泊 ・ 奈 月 温 泉 を 、 3 日 目 に 黒 部 峡 谷 で 秘 湯 満 喫 。 日 目 は 富 山 市 : 日 OK と い う 人 は “ と に か く 山 歩 き ! ” 1 日 目 三 東 京 → 信 濃 大 町 ( 泊 ) 信 濃 大 町 → 黒 部 ダ ム → 室 堂 ( 泊 ) 室 堂 → 立 山 → 富 山 東 京 こ の プ ラ ン の メ リ ッ ト い ろ い ろ な 乗 り 物 に 乗 っ て 、 - ハ イ キ ン グ で 自 然 と ふ れ あ い 、 さ ら に 温 泉 も 楽 し ん じ ゃ う 。 憧 れ の 立 山 黒 部 ア ル ペ ン ル ー ト の 旅 を ー 満 喫 す る モ デ ル プ ラ ン を ご 紹 介 ! 日 目 は 夕 方 に 東 京 出 発 も 0 日 目 は 込 み 合 う 前 に 乗 り 物 カ リ 用 で き る ル ペ ン ル ー で の 滞 在 時 間 が 長 い の で 、 山 歩 が 楽 し め る 。 モ デ ル コ ー ス 東 京 車 & バ ス は も ち ろ ん 、 ト ロ リ ー バ ス 事 前 に チ ケ ッ ト ( ↓ ) を 購 入 し て お 電 に ケ ー プ ル カ ー 、 ロ ー プ ウ ェ イ な ど く な ど 、 準 備 を し つ か り と 。 黒 部 ダ ム の を 利 用 し て 、 ル ー ト 最 高 所 の 室 堂 へ 向 か 観 光 放 水 、 大 観 峰 か ら 見 る 大 ハ ノ ラ マ 、 う 1 日 目 。 バ ラ エ テ ィ に 富 ん た 乗 り 物 が 室 堂 の 高 山 植 物 と 、 各 ス ポ ッ ト も み ど こ 岳 師 楽 し め る の が 魅 力 だ 。 た だ し 夏 休 み や 紅 ろ 満 載 。 夜 は 満 天 の 星 空 の も と 、 室 堂 で 葉 、 ン -—i ス 、 ノ は 、 ど の 乗 り 物 も 込 み 合 う の で 、 1 泊 し よ う 。 O 駅 前 バ ス タ ー ミ ナ ル か ら 大 町 温 泉 郷 経 由 で 扇 沢 へ 。 バ ス の 車 窓 も 楽 し ん で 東 京 ( 新 宿 ) 黜 1 日 目 東 京 ( 新 宿 ) 信 濃 大 町 扇 沢 黒 部 ダ ム 黒 部 湖 黒 部 平 大 観 烽 室 堂 2 日 目 室 堂 弥 陀 ヶ 原 美 女 平 立 山 駅 電 鉄 富 山 ( 宿 泊 ) 宇 奈 月 温 泉 ( 宿 泊 ) 3 日 目 電 鉄 富 山 駅 宇 奈 月 温 泉 駅 宇 奈 月 駅 欅 平 宇 奈 月 駅 宇 奈 月 温 泉 駅 電 鉄 富 山 駅 ( 」 R 富 山 駅 ) 東 京 」 R 中 央 線 ・ 大 糸 線 / 約 3 時 間 31 分 路 線 バ ス / 40 分 関 電 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ス / 16 分 徒 歩 / 15 分 黒 部 ケ ー プ ル カ ー / 5 分 立 山 口 一 プ ウ ェ イ / 7 分 立 山 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ス / 10 分 立 山 高 原 バ ス / 15 分 立 山 高 原 バ ス / 35 分 立 山 ケ ー プ ル カ ー / 7 分 富 山 地 鉄 富 山 地 鉄 特 急 約 1 時 間 約 1 時 間 32 分 富 山 地 鉄 / 約 1 時 間 30 分 徒 歩 / 3 分 黒 部 峡 谷 鉄 道 / 約 1 時 間 18 分 黒 部 峡 谷 鉄 道 / 約 1 時 間 18 分 徒 歩 / 3 分 富 山 地 鉄 / 約 1 時 間 35 分 東 京 へ の ア ク セ ス は → P82 参 照 JR 中 央 線 特 急 「 あ ず さ 」 「 ス ー パ ー あ ず さ 」 で 松 本 へ 。 松 本 駅 で 大 糸 線 に 乗 り 換 え る ( 一 部 直 通 列 車 あ り ) 。 日 目 乗 り 物 て 楽 し む 信 濃 大 町 、 旅 の 赤 イ ッ ド ② 旧 : H6 ラ ン チ は 黒 部 ダ ム カ レ ー ア ー チ 型 に 盛 り 付 け た ご 飯 を 堰 堤 に 、 カ レ ー ① 黒 部 ダ ム 台 か ら 見 る 黒 部 ダ ム は 迫 力 満 占 ル ー を 豊 か な 水 に た と え た ご 当 地 グ ル メ 。 天 気 が い 虹 が か か る こ と も 大 町 市 内 に あ る 17 の 飲 食 店 や 宿 泊 施 設 の ほ か 、 黒 部 ダ ム レ ス ト ハ ウ ス ( → P27 ) で 味 わ え る 。 ・ 詳 し く は 黒 部 ダ ム カ レー.com 事 務 局 創 261-22-0420 へ 。 ト ロ リ ー バ ス は 電 気 で 走 る エ コ な 乗 り 物 。 運 行 し て い る の は ア ル ペ ン ル ー ト だ け ! ( 宿 泊 ) 黒 部 タ ム い ろ ん な 乗 り 物 、 2 に 乗 っ ち ゃ う そ ! ノ 松 本 へ 、 信 濃 大 町 扇 沢 新 黒 部 ダ ム 覧 船 を イ メ ー ジ し た 黒 部 平 ド ッ ピ ン グ も ユ ニ ー ク 。 写 真 は く ろ よ ん ロ イ ヤ ル ホ ( 山 観 烽 ー テ ル ( ↓ の 一 品 山 室 堂 弥 陀 ヶ 原 美 女 平 叨 立 山 7 2 193 師 富 山 へ / 147 師

るるぶ立山黒部アルペンルート’12 (国内シリーズ)


IND E X チ ェ ッ ク 見 る チ ェ ッ ク ・ 見 る ・ 遊 ぶ 源 七 ・ ・ 大 観 峰 駅 売 店 立 山 駅 売 店 ・ ・ つ べ つ べ 宇 奈 月 と や ま 駅 特 選 館 ( ま す 寿 し ) ・ (B 美 女 平 駅 売 店 物 産 セ ン タ ー 富 山 ( い き い き KAN 内 ) ・ ・ ホ テ ル 立 山 売 店 ・ ・ 0 弥 陀 ヶ 原 ホ テ ル 売 店 ・ ・ 室 堂 タ ー ミ ナ ル 1 階 売 店 0 お も か げ ・ い つ ぶ く ( 足 湯 ) ・ 立 山 室 堂 山 荘 €) み く り が 池 温 泉 ① 湯 け む り 屋 敷 薬 師 の 湯 ・ 美 女 杉 ・ ・ 美 女 平 ・ ・ 美 女 平 屋 上 展 望 台 ・ ・ 人 喰 岩 ・ ふ お っ と ダ ム ・ ・ 富 岩 運 河 環 水 公 園 ・ ・ ブ ナ 坂 ・ 仏 石 ・ ・ ・ 松 川 遊 覧 船 ・ 万 年 雪 展 望 台 み く り が 池 ・ ・ 弥 陀 ヶ 原 ・ ・ み ど り が 池 ・ 室 堂 タ ー ミ ナ ル ・ ・ 室 堂 山 展 望 台 ・ ① 山 彦 橋 ・ 6 り ん ど う 池 ・ ・ り ん ど う 平 展 望 台 ・ ・ ・ 四 四 刀 刀 田 田 索 引 0 松 尾 峠 展 望 台 ・ 0 悪 城 の 壁 ・ 後 曳 橋 ・ ・ ・ ・ ・ 58 宇 奈 月 ダ ム ・ ・ ・ ・ ・ 58 越 中 食 彩 に き わ い 横 丁 ・ ・ ・ ・ ・ 76 工 ン マ 台 ・ ・ ・ 35 扇 沢 総 合 案 内 セ ン タ ー ・ ・ ・ 25 奥 鐘 橋 ・ 雄 山 ・ ・ ・ ・ ・ 36 雄 山 神 社 中 宮 祈 願 殿 ・ ・ ・ ・ 73 雄 山 神 社 峰 本 社 ・ ・ ・ ・ ・ 37 の 火 炎 ス ギ ・ ・ ・ ガ キ の 広 場 ・ ・ 鍛 冶 屋 地 獄 ・ ・ ・ ・ ・ 35 鐘 釣 三 尊 像 ・ ・ ・ 59 河 原 展 望 台 と 足 湯 ( 欅 平 ) ・ ・ ・ ・ ・ 60 河 原 露 天 風 呂 ・ 足 湯 ( 鐘 釣 ) ・ ・ ・ ・ ・ 59 関 電 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ス ・ ・ ・ ・ 16 供 養 塔 ・ ・ ・ ・ 33 黒 部 川 第 ニ 発 電 所 ・ ・ ・ ・ 59 黒 部 川 電 気 記 念 館 ・ ・ ・ 66 黒 部 峡 谷 ト ロ ッ コ 電 車 ・ ・ ・ ・ 56 黒 部 ケ ー ブ ル カ ー 黒 部 湖 駅 ・ ・ ・ ・ ・ 27 黒 部 湖 遊 覧 船 ガ ル べ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 16 ・ 26 黒 部 平 駅 ・ ・ ・ 28 黒 部 平 庭 園 ・ ・ ・ 28 黒 部 ダ ム ・ ・ ・ ・ ・ 27 黒 部 ダ ム 駅 ・ ・ ・ ・ 27 黒 部 の 湧 水 く ろ よ ん 記 念 室 ・ ・ ・ ・ 26 高 山 植 物 観 察 園 ・ ・ ・ 29 国 営 ア ル プ ス あ づ み の 公 園 大 町 ・ 松 川 地 区 ・ ・ ・ 69 国 宝 松 本 城 ・ ・ ・ 71 0 材 木 石 ・ 酒 の 博 物 館 ・ ・ ・ ・ 69 猿 飛 峡 ・ ・ ・ ・ 60 塩 の 道 博 物 館 ・ ・ ・ ・ 69 地 獄 谷 ・ ・ ・ 34 重 要 文 化 財 旧 開 智 学 校 ・ ・ ・ ・ ・ 71 殉 職 者 慰 霊 碑 ・ ・ ・ 26 称 名 滝 ・ 新 柳 河 原 発 電 所 ・ ・ ・ ・ ・ 58 セ レ ネ 美 術 館 ・ 66 仙 洞 杉 ・ ・ 45 危 大 観 峰 駅 ・ ・ ・ ・ 29 大 観 峰 展 望 台 ・ ・ ・ ・ ・ 28 滝 見 台 園 地 ・ 立 山 カ ル デ ラ 砂 防 博 物 館 ・ ・ 46 立 山 カ ル デ ラ 展 望 台 ・ ・ ・ ・ ・ 42 立 山 ケ ー ブ ル カ ー 立 山 高 原 バ ス ・ ・ 17 ・ 立 山 山 頂 簡 易 郵 便 局 ・ ・ 立 山 自 然 保 護 セ ン タ ー 立 山 玉 殿 の 湧 水 ・ ・ ・ ・ 30 ・ 33 立 山 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ス ・ 立 山 室 堂 ・ ・ 33 立 山 口 一 プ ウ ェ イ ・ ・ 玉 殿 岩 屋 ・ 虚 空 蔵 窟 ・ ・ ・ 33 タ ン ボ 平 ・ ・ ・ ・ 28 血 の 池 ・ ・ ・ ・ 35 富 山 県 [ 立 山 博 物 館 ] ・ ・ ・ ・ 73 富 山 市 佐 藤 記 念 美 術 館 ・ ・ ・ 76 富 山 城 / 富 山 市 郷 土 博 物 館 ・ 富 山 地 方 鉄 道 ・ の 中 町 & な わ て 通 り ・ ・ ・ ・ 71 ね ず み 返 し の 岩 壁 ・ ・ ・ ・ 59 祓 堂 ・ ・ ・ 37 東 鐘 釣 山 ・ ・ ・ ・ 59 立 ち 寄 り 湯 立 ち 寄 り 湯 ( 0 8 CO 0 ) ( 0 CO っ ( 0 ・ ・ 45 食 べ る 泊 ま る 食 べ る と ま る 引 弡 田 0 00 宇 奈 月 グ ラ ン ド ホ テ ル ・ 宇 奈 月 国 際 ホ テ ル ・ ・ ・ 宇 奈 月 ニ ュ ー オ ー タ ニ ホ テ ル ・ ・ ・ 延 対 寺 荘 ・ の 鐘 釣 温 泉 旅 館 グ ラ ン ド サ ン ピ ア 立 山 ・ グ リ ー ン ビ ュ ー 立 山 ・ ・ グ リ ー ン ホ テ ル 喜 泉 黒 薙 温 泉 旅 館 く ろ よ ん ロ イ ヤ ル ホ テ ル ・ ・ ・ 欅 平 温 泉 猿 飛 山 荘 ・ ・ 国 民 宿 舎 天 望 立 山 荘 ・ ・ 0 信 州 ア ル ペ ン の 宿 松 延 ・ ダ イ ワ ロ イ ネ ッ ト ホ テ ル 富 山 ・ 立 山 高 原 ホ テ ル ・ ・ 立 山 国 際 ホ テ ル ・ ・ ・ 立 山 山 麓 温 泉 森 の 雫 ・ 立 山 室 堂 山 荘 ・ 剣 の 湯 ド ー ー イ ン 富 山 天 狗 平 山 荘 ・ ・ と き し ら ず の 宿 織 花 ・ 富 山 工 ク セ ル ホ テ ル 東 急 ・ ・ 富 山 観 光 ホ テ ル ・ ・ 富 山 地 鉄 ホ テ ル ・ ・ 富 山 マ ン テ ン ホ テ ル ・ ・ バ ー デ ン 明 日 ・ び ん て る め い け ん ・ ・ ホ テ ル ア ル モ ニ ー ビ ア ン ・ ホ テ ル お が わ ・ ホ テ ル 立 山 ・ ・ ホ テ ル ブ エ ナ ビ ス タ ・ ・ ホ テ ル 夢 の 湯 ・ ホ テ ル リ ラ ッ ク ス イ ン 富 山 松 本 ホ テ ル 花 月 ・ ・ ま る も 旅 館 ・ み く り が 池 温 泉 ・ 弥 陀 ヶ 原 ホ テ ル ・ ・ 名 剣 温 泉 ・ ① 山 小 屋 祖 母 谷 温 泉 湯 宿 ホ ワ イ ト ベ ル ・ ・ ・ 6 ら い ち ょ う 温 泉 雷 鳥 荘 ・ 雷 鳥 沢 ヒ ュ ッ テ ・ ・ 緑 翠 亭 景 水 ・ ロ ッ ジ 立 山 連 峰 の 一 の 越 山 荘 ・ 0 味 処 河 鹿 ・ ・ 居 酒 屋 舞 子 岩 魚 郷 北 条 屋 敷 お 食 事 & 喫 茶 あ お き お 食 事 処 さ さ や ・ ・ お に き り の 志 鷹 ・ ・ の 鐘 釣 駅 そ ば コ ー ナ ー 木 曽 屋 ク ム ジ ュ ン ・ ・ 黒 部 そ ば ・ ・ 黒 部 ダ ム レ ス ト ハ ウ ス ・ ・ 欅 平 駅 食 堂 ・ コ ー ヒ ー シ ョ ッ プ ( 室 堂 ) 0 四 季 の 肴 ・ 釜 め し 岡 万 ・ ・ ・ 白 え び 亭 ・ 信 州 手 打 ち そ ば 蔵 の 花 ・ ・ せ ん 富 山 駅 前 ・ ・ 立 山 そ ば ・ 富 山 ブ ラ ッ ク ラ ー メ ン 喜 八 ・ ・ ペ ン シ ョ ン プ モ ・ リ ・ 0 味 覚 コ ー ナ ー 弥 陀 ヶ 原 ホ テ ル 和 食 堂 大 日 ・ ・ 民 芸 レ ス ト ラ ン 盛 よ し ・ ・ 6 リ ス ト ラ ン テ ト レ マ ー レ ス ト ラ ン 扇 沢 ・ ・ レ ス ト ラ ン 黒 部 平 ・ ・ レ ス ト ラ ン 立 山 ・ さ た カ フ ェ カ フ ェ 0 宇 奈 月 駅 喫 茶 ・ ・ 62 の カ フ ェ モ ー ツ ア ル ト ・ ・ ・ ・ 66 喫 茶 チ ェ リ オ ・ 黒 部 ダ ム レ ス ト ハ ウ ス ド リ ン ク コ ー ナ ー ・ ・ ・ 27 0 SWEET ・ ・ ・ ・ ・ 71 髙 橋 敬 市 写 真 ギ ャ ラ リ —NATUR ・ ・ テ ィ ー ラ ウ ン ジ り ん ど う ・ ・ 0 弥 陀 ヶ 原 ホ テ ル ラ ウ ン ジ ・ ・ ・ ・ ・ 39 0 松 本 東 急 イ ン ・ ・ 0 い 一 ず ら 大 町 特 産 館 宇 奈 月 駅 売 店 扇 沢 駅 1 階 売 店 ・ 扇 沢 駅 売 店 ・ ・ Ohkura ・ ・ 翁 堂 駅 前 店 ・ 黒 部 平 駅 売 店 ・ 欅 平 駅 売 店 ・ 00 ( 0 ワ 」 cu フ / 刀 四 の 鐘 釣 駅 売 店 ・

るるぶ立山黒部アルペンルート’12 (国内シリーズ)


地 獄 谷 円 4 立 山 , 0 大 観 峰 P28 3 黒 部 平 P28 、 黒 部 峡 谷 へ 池 ノ 平 小 屋 平 ノ 要 。 長 野 県 側 か ら の 玄 関 口 。 こ こ か ら 黒 部 ダ ム ま で ト ロ リ ー バ ス が 運 行 。 ・ 詳 し く は → P25 へ 。 / ・ 十 字 峡 ) 黒 部 ト ン ネ ル ( 関 電 専 用 道 路 ) 小 窓 ッ 、 仙 人 池 ヒ ュ ッ え . 、 、 . 単 早 月 小 屋 小 窓 ノ 王 ・ 剱 沢 剱 大 滝 ー 東 大 谷 2999 部 川 北 峰 2284 み 黒 部 別 山 2363 イ 、 富 山 県 南 峰 2300 / 、 2813 / 、 一 ④ 大 観 蜂 2880 ロ ツ 。 山 み ・ 52 真 砂 岳 286 番 鳥 沢 ヒ ュ ッ / 新 ′ し よ う 温 泉 、 、 、 富 士 ノ 折 立 や 52 ー 2 591 、 ■ く が 池 嚼 泉 P51 テ 北 。 ー の 3 の 5 、 ■ 山 堂 山 荘 P52 ' 、 山 の 堂 乙 属 3 。 。 3 ム 」 ー ー 262 れ ノ 、 、 一 ル 国 谷 タ ー 2668 立 ロ ー プ ウ = ィ 平 カ 岳 子 コ 28 引 、 、 , ル 立 山 自 然 イ 室 堂 山 展 望 台 P38- 黒 保 護 セ ン タ ト 龍 王 岳 ー 28 〃 P31 ⑤ み く り が 池 、 ・ み く り が い け な 獅 子 岳 / 2 刀 4 れ 白 竜 峡 剱 前 27 〃 ・ た い か ん ほ う 内 版 助 谷 標 高 2316m に あ る 大 観 望 。 展 望 台 か ら 黒 部 湖 と 後 立 山 連 峰 を 一 望 し よ う 。 ・ 詳 し く は → P28 へ 。 別 山 / ② 黒 部 タ ム ・ 黒 部 湖 例 年 6 月 26 日 ~ 10 月 15 日 ま で 行 わ れ る 観 光 放 水 は 必 見 ! ・ 詳 し く は → P26 へ 。 一 新 越 山 荘 ー - / グ 鳴 沢 岳 言 ′ ・ 264 リ 一 ・ ル 0 し ご 、 、 赤 沢 岳 2678 ′ / 屋 ー ス ト ラ ン 扇 沢 ン ジ ◆ 弯 沢 駅 売 店 ( 1 ・ 2 階 ) P25 ・ 48 リ 中 / ネ 扇 沢 総 合 案 内 セ ン タ ー P25 ◆ ◆ 大 町 ト ラ フ ィ ッ ク 」 サ ( マ イ カ ー 回 送 ) ・ く ろ べ た む ・ く ろ べ こ ① 扇 沢 P25 丸 山 2048 / 、 0 み く り が 池 円 2 ト 0 室 堂 円 0 大 観 芦 750 立 山 黒 部 ア ル ペ ン レ ー ト 随 一 の ビ ュ ー ス ポ ッ ト 。 静 か に 水 を 湛 え る 湖 面 カ 渼 し し ・ 詳 し く は → P32 へ 。 五 色 ヶ 原 ヒ ュ ッ テ ■ 色 イ 原 山 荘 丿 6 ワ ー / 五 色 ヶ 原 、 、 黒 部 湖 ス パ リ 岳 2752 イ 、 ・ く ろ べ だ い ら 針 ノ 木 岳 : i 針 ノ 木 小 屋 ー 2827 、 、 广 3 黒 ロ 蓮 華 岳 峻 険 な 山 々 と 深 く 刻 ま れ た 渓 谷 を 望 む 、 変 化 に 富 ん た 眺 望 が 魅 力 。 ・ 詳 し く は → P28 へ 。 2 / 99 2616 回 送 ) 長 野 県 大 町 市 ヒ 葛 岳 ′ 」 ! 、 2551 中 沢 岳 97 船 窪 岳 2459 る 、 船 窪 小 屋 年

るるぶ信州'15 (国内シリーズ)


~ 安 曇 野 ・ 信 濃 大 町 : 地 図 上 の 1 ( m は 約 1.8km 黒 部 湖 遊 覧 船 カ ル へ 奥 飛 騨 温 泉 郷 付 録 ③ PI 9 事 四 的 事 2 7 前 剱 ー 大 谷 剱 御 前 2777 、 奥 大 日 岳 谷 別 山 、 281 ・ ・ - 、 2611 知 ー ノ 、 28 ) . ′ 観 ヶ 池 特 別 天 然 記 念 物 雷 鳥 堡 護 区 地 獄 、 温 泉 喜 山 黒 部 み り が 池 温 泉 岩 小 尊 丸 山 黒 部 峡 大 汝 山 本 3015 黒 部 平 、 p わ 0 国 岳 ー 、 、 2 1 、 天 狗 山 、 21 龍 王 い プ 本 鬼 岳 7 印 ー - ー 一 一 一 - ー 、 」 ジ く ろ よ ん 園 赤 を 岳 黒 部 ダ ム レ ス ト 、 ウ ス 2714 事 、 獅 子 岳 P121 ス ノ 黒 部 湖 2752 元 サ ワ ポ 〃 / 2551 248 不 岳 2601 P15 黒 部 峡 谷 白 竜 剱 沢 剱 大 滝 北 蜂 本 23 、 、 黒 部 別 山 、 2 灯 南 峰 16 四 本 大 熊 山 、 1876 ク パ 山 牛 音 凡 例 早 必 女 岳 、 2813 飲 食 店 0 シ ョ ッ プ 0 喫 茶 ・ 甘 味 処 ナ イ ト ス ポ ッ ト . [II 宿 泊 施 設 黒 部 べ ン ル ー ト 悪 城 の sca le 立 山 ロ 谷 性 寺 ト ン ケ プ ル わ す 付 録 P6 に ・ 、 . P2 1 平 12-13 ' チ ノ / / 称 名 滝 部 ダ ム 亡 山 黒 部 ア ル ペ ン ル ー ト P120 大 山 ネ ル 鱒 、 い P12 本 2617 富 山 県 鷲 岳 事 16 鳶 山 本 20 ) 第 。 鍬 崎 山 ニ ン ニ ク ト ン ネ ル 多 枝 原 池 谷 兀 、 有 第 林 道 鳶 谷 鉢 伏 山 本 2591 、 28 越 中 沢 岳 木 挽 大 坂 森 山 1 3 本 熊 尾 山 ( : , 東 笠 山 祐 延 ダ ム ー 丸 乢 止 廊 山 市 / 本 峰 自 然 公 新 立 ト ン ネ ル 間 山 北 薬 師 岳 薬 師 岳 瀬 ダ ム 赤 牛 岳 ー 事 28 図 唐 沢 岳 赤 牛 沢 野 口 女 郎 岳 2924 五 郎 池 ◆ 、 2373 太 郎 山 高 天 原 温 泉 、 2152 高 嵐 山 、 2 / 13 、 23 湯 俣 岳 高 瀬 渓 谷 の 噴 湯 丘 球 、 石 灰 石 ・ 个 品 池 を 寺 地 山 、 北 ノ 俣 岳 第 社 ~ 岳 ) 2 1 雲 ノ 平 ・ = ・ 2 5 事 ワ リ モ 内 24 事 鷲 を 。 鷲 羽 池 五 岳 . ノ 俣 ) 明 神 社 湯 俣 ′ 泉 南 俣 山 図 山 之 村 小 中 山 之 村 キ ャ ン プ 場 本 25 図 硫 黄 岳 大 鼠 山 ー 双 一 岳 本 246 赤 岳 双 六 池 折 岳 事 282 大 天 昇 岳 本 25N 甲 牛 首 山 、 イ ・ 赤 物 岳 奓 2 、 ・ ・ 、 、 ・ ~ ・ 本 ・ 2758 、 2670 中 山 沢 山 ! 2492 本 常 念 岳 本 人 狗 池 ・ 桑 崎 山 本 2233 ・ 戸 岳 東 天 井 岳 ・ 、 2814 横 通 岳 ナ 2767. 左 熨 ド ヶ 岳 槍 ヶ 岳 : ー 事 31 ) 大 喰 、 3101 中 事 1852 本 249 下 丸 山 奥 丸 山 雄 れ ・ 蒲 田 士 北 第 に 谷 744 石 い 1 10 中 崎 山 ス ト ラ ン 白 出 大 あ る ぶ す 付 録 ② p ァ 西 穂 高 本 竊 ) 前 穂 高 岳 ・ 奥 叉 白 池 事 四 31 穂 高 ロ ー ウ ェ イ 明 神 岳 P132 ・ 付 2 P7 西 種 高 ロ 主 要 地 方 道 通 行 止 ※ 季 節 や 遡 各 状 況 に よ り 通 行 止 に な る 場 合 が あ り ま す お 出 か け 前 に こ 確 認 く だ さ い 。 岐 阜 県 2 2 大 ノ マ 岳 抜 戸 岳 -- 、 2813 ー ぐ ・ 、 又 バ ダ ム 2857 、 ケ 岳 高 山 市 松 本 横 尾 蝶 ケ を 77 事 ~ 蝶 ヶ 池 ・ 2 5 事 長 塀 山 、 山 へ 山 社 錫 杖 岳 新 穂 高 温 泉 大 木 場 辻 、 32 PI 9 第 当 温 泉 21 高 鳥 屋 山 89 新 村 橋 0 よ ラ た ん 池 旧 ・ 出 入 口 J 日 線 有 料 道 路 国 道 一 高 速 道 路 都 市 高 速 高 速 ℃ 信 号 機 交 差 点 名 付 録 0

るるぶ富山 立山 黒部 五箇山 白川郷'14~'15 (国内シリーズ)


室 堂 大 観 蜂 2450 2316m 美 女 平 977m 弥 陀 ヶ 原 黒 部 平 1828m 1930m 黒 部 湖 山 駅 1455E 1470m 1433 475m ☆ 立 山 駅 か ら 約 2 時 間 30 分 ☆ 扇 沢 か ら 16 分 黒 部 川 第 四 発 電 所 、 通 称 「 く ろ よ ん 」 の 名 で 親 し ま れ る 関 西 電 力 の 水 力 発 電 用 ダ ム 。 年 間 発 電 量 は 約 10 億 kWh で 、 こ れ は 一 般 家 庭 約 33 万 戸 分 の 発 電 量 に 相 当 す る 。 2014 年 は 6 月 26 日 ~ 10 月 15 日 の 毎 日 、 観 光 放 水 が 行 わ れ 、 毎 秒 10 ~ 1 5t も の 水 が 水 煙 を 上 げ な が ら 川 に 流 れ 落 ち る 様 子 が 見 学 で き る ( 天 候 な ど に よ り 中 止 あ り ) 。 三 に 富 山 地 方 鉄 道 立 山 駅 か ら 立 山 ケ ー プ ル カ ー 、 立 山 高 原 バ ス 、 立 山 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ス 、 立 山 口 一 プ ウ ェ イ 、 黒 部 ケ ー プ ル カ ー を 乗 り 継 い で 約 2 時 間 30 分 、 黒 部 湖 下 車 扇 沢 駅 か ら 関 電 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ス で 16 分 、 黒 部 ダ ム 駅 下 車 扇 沢 ~ 黒 部 ダ ム を つ な ぐ 関 電 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ス 水 時 の 湖 面 の 高 さ が 標 高 ( 海 抜 ) 1448m に 及 ぶ 日 , 、 本 最 高 所 の 湖 、 黒 部 湖 を 約 30 分 で 周 遊 す る 。 船 室 の 天 井 が 一 部 ガ ラ ス 張 り な の で 、 船 内 か ら も 北 ア ル プ ス の 山 々 を 眺 め る こ と が で き る 。 船 の 後 方 は 風 が 心 地 よ い 展 望 テ ッ キ に な っ て い る 。 朝 乗 船 1050 円 朝 9 ~ 15 え 二 ~ 時 の 間 で 約 40 分 お き に 出 航 月 1 日 ~ 1 1 月 10 日 運 航 、 荒 天 時 運 休 ① 湖 を 囲 む 高 い 山 々 の 様 子 を 眺 め ら れ る ② 晴 れ た 日 は 船 内 に 日 射 し が 差 し 込 み 心 地 よ い ア ル ペ ン ル ー ト 駅 ガ イ ト え ん 堤 の 高 さ は 186E ′ 立 ネ ル , く ろ べ た む 黒 部 ダ ム ど ん な と こ ろ ? 黒 部 ダ ム の み ど こ ろ を 当 0 れ eck ! 黒 部 湖 遊 覧 船 ガ ル べ 0 ・ く ろ へ こ ゆ う ら ん せ ん か る べ 0261-22-0804 ( く ろ よ ん 総 合 予 約 セ ン タ ー ) 富 山 県 仰 か ら セ 長 野 県 側 か ら 黒 部 ダ ム 建 設 は 世 紀 の 大 事 業 だ っ た ! ? 戦 後 の 、 高 度 経 済 成 長 期 の 電 力 不 足 解 消 を 目 的 に 建 設 さ れ た 黒 部 ダ ム 。 昭 和 31 年 ( 1956 ) の 大 町 ト ン ネ ル ( 現 ・ 関 電 ト ン ネ ル ) か ら 工 事 は 始 ま っ た が 、 地 下 水 や 土 砂 の 流 出 な ど さ ま さ ま な 困 難 に 直 面 。 一 時 は 工 事 が 中 断 し た こ と も あ っ た が 、 513 億 円 ( 建 設 当 冫 ・ - 時 ) も の 工 費 、 延 べ 1000 万 人 も の 人 手 を か け 、 着 手 か ら 7 年 後 の 昭 和 38 年 ( 1963 ) に よ う や く 完 成 に 至 っ た 。 こ の 戦 後 最 大 規 模 の 工 事 は 「 世 紀 の 大 事 業 』 と し て 今 も 語 り 継 が れ て い る 。 0 タ ム え ん 堤 ・ だ む え ん て い 0261-22-0804 ( く ろ よ ん 総 合 予 約 セ ン タ ー ) 2 億 rri ・ も の 水 を せ き 止 め る 役 割 を 担 う ア ー チ 型 の 堤 防 の 真 上 が 、 黒 部 ダ ム 駅 と 黒 部 湖 駅 を 結 ぶ 遊 歩 道 と し て 整 備 さ れ て い る 。 幅 は 8.1 m 、 全 長 は 492m あ リ 、 真 下 に 観 光 放 水 を 眺 め る こ と が で き る 。 朝 見 学 自 由 高 さ 186m か ら 放 水 の 様 子 を 眺 め よ う ダ ム え ん 堤 に は 建 設 中 に 犠 牲 に な っ た 171 名 を 弔 う 慰 霊 碑 が あ る 付 録

るるぶ富山 立山 黒部 五箇山 白川郷'14~'15 (国内シリーズ)


ア ド バ イ ス の 旅 終 着 駅 人 喰 岩 足 湯 ( 河 原 展 望 台 ) 人 奥 猿 足 前 、 内 1 部 月 で 欅 し 日 峡 1 ← 鱒 ← 鐘 ← 飛 ← 湯 ← 受 平 て 3 谷 日 付 ビ く 回 自 5 当 ジ れ 、 然 1 1 原 歩 欅 タ ゑ 無 散 月 一 所 料 策 25 展 5 平 ッ コ 電 車 の 終 着 地 、 欅 平 駅 周 辺 に は セ 要 で カ 目 分 駅 別 名 勝 の 猿 飛 峡 を は じ め 、 大 自 然 を 肌 で 感 タ 時 辺 ド じ ら れ る み ど こ ろ が 点 在 し 、 足 湯 や 温 泉 に も 立 ち 寄 り な が ら 、 の ん び り 散 策 を 楽 し も う 。 景 色 と 温 泉 に あ し ゆ か わ は ら て ん ほ う だ い ) 00765-62-1011 ( 黒 部 峡 谷 鉄 道 営 業 セ ン タ ー ) 奥 釣 橋 を 見 上 げ る 眺 望 抜 群 の 場 所 に 位 置 す る 足 湯 。 湯 は 祖 母 谷 温 泉 か ら 引 い た も の で 、 営 業 期 間 は 6 月 ~ 1 1 月 中 旬 。 0 黒 部 市 黒 部 奥 山 国 有 林 ・ 欅 平 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 利 用 自 由 所 要 時 間 55 分 四 P69A を 黒 部 川 本 流 で 最 も 川 幅 が 狭 く 、 猿 が 飛 び 越 え た と い わ れ る こ と か ら 名 の 由 来 。 急 流 が Z ラ イ ン を 描 い て 折 れ 曲 が る 様 は 圧 巻 。 近 く の 猿 飛 峡 展 望 台 か ら 眺 め る こ と も で き る 。 0 黒 部 市 黒 音 礇 山 国 有 本 龝 欅 平 駅 か ら 徒 歩 20 第 謇 ら 、 分 ) 見 学 自 由 追 、 ) く る ′ 四 季 折 々 の 大 自 然 の 景 色 や 温 泉 、 美 味 な ど 、 趣 向 に 合 わ せ て さ ま ざ ま な 楽 し み 方 が で き る 欅 平 。 1 泊 す る な 四 P69A ら 黒 部 川 上 流 に 足 を の ば す の も お す 岩 壁 を え ぐ り 取 っ す め 。 日 帰 り 派 も 宿 泊 派 も 、 あ ら か て 造 ら れ た 歩 道 。 人 が 岩 に 飲 み 込 ま れ る じ - め 帰 り 列 車 の 時 刻 表 を チ ェ ッ ク よ う に 見 え る こ と か し 、 計 画 的 に 散 策 し よ う 。 し ば し 足 を 止 ら こ の 名 が 付 い た 。 め て 周 囲 の 景 色 0 黒 部 市 黒 部 奥 山 国 有 欅 平 駅 食 堂 を 楽 し も う 本 欅 平 駅 か ら 徒 歩 5 分 欅 平 駅 売 店 朝 見 学 自 由 欅 平 駅 四 P69A も ひ ん や リ 冷 た い 空 気 黒 部 川 本 流 に 架 か る 赤 い 鉄 橋 。 高 さ が 流 れ 、 夏 0 34m の 橋 上 は 奥 鐘 山 や 名 剣 山 と い っ た は 涼 や か 山 々 の 緑 と 川 が 織 り な す 峡 谷 美 を 眺 め ら G ① 黒 れ る ビ ュ ー ス ポ ッ ト 。 名 剣 温 泉 方 面 へ は こ の 橋 を 渡 っ て 進 む 。 0 黒 部 市 黒 部 奥 山 国 有 本 櫓 欅 平 駅 か ら 徒 歩 3 分 朝 見 学 自 由 20 23 あ そ ぶ ・ け や き だ い ら ST 黒 T MAP ・ 平 駅 ば ば た に 欅 平 駅 遊 歩 道 か を も 迫 々 あ る 風 が 見 ら れ る 渓 谷 美 を 眺 め な が ら リ フ レ ッ シ ュ し よ う る と ひ き う 猿 飛 峡 と く い 、 、 ね ば 奥 鐘 橋 人 喰 岩 気 物 ・ 奥 鐘 橋 母 谷 川 足 湯 ( 河 原 展 望 台 ) 猿 飛 峡 ィ 黒 部 川 第 三 電 所 一 曁 温 泉 欅 平 温 泉 猿 飛 山 荘 い 匕 物 翕 山 ′ 祖 母 谷 瘟 泉 箱 母 谷 温 泉 ~ - 奈 月 へ 物 欅 平 駅 72

るるぶドライブ信州東海北陸ベストコース '14~'15


期 1 / 業 / 1 / 第 黒 部 タ ム 営 61 妙 い 、 く ろ に よ ん て す ー ム 間 ダ 期 部 水 ・ - 黒 放 ム 間 0 ダ 期 部 光 黒 観 2014 2014 年 6 6 ~ 10 / 15 ー ~ 11 / 30. 日 本 = の 高 さ を 体 感 し よ う ! な ぃ 日 本 一 の 高 さ を 誇 る 黒 部 タ ム は 等 昨 年 、 完 成 50 周 年 を 迎 え ま し た 。 ノ ' = ・ ・ . , 今 年 は 、 タ ム へ 通 し る 関 電 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ス 、 が 開 通 か ら 50 周 年 を 迎 え ま す 。 50 周 年 記 念 イ へ シ ド が 目 白 押 し の 黒 部 ダ ム を 訪 ね で み ま せ ん か 。 黒 部 湖 遊 覧 船 ガ ル べ ・ 黒 部 ダ ム オ フ ィ シ ャ ル サ イ ト www.kurobe-dam.com 回 一 ア ル ペ ン ル ー ト 全 線 開 通 は 4 / 16 ( 水 ) [ 予 定 ] よ り く ろ よ ん 総 合 予 約 セ ン タ ー 0261-22-0804 ・ 黒 部 ダ ム へ は マ イ カ ー は 乗 り 入 れ で き ま せ ん 。 ・ 混 雑 情 報 は 黒 部 ダ ム PC サ イ ト お よ び 携 帯 サ イ ト で 確 認 で き ま す 。 QR コ ー ド よ り ア ク セ ス し て 下 さ い 。 ・ 黒 部 ダ ム を は じ め と す る 立 山 黒 部 ア ル ペ ン ル ー ト の 大 部 分 は 中 部 山 岳 国 立 公 園 に 属 し て い ま す 。 美 し し 、 風 景 や 動 植 物 の 保 護 に ご 協 力 を お 願 い し ま す 。 く PR> 黒 部 ダ ム を 湖 面 か ら 間 近 て 見 よ う ! ・ ム ダ 立 ロ 立 0 観 光 放 水 は 毎 秒 15 1 Ot— 黒 部 タ ム へ の ア ク セ ス 名 古 屋 方 面 ょ 関 越 自 動 車 道 中 央 自 動 車 道 1 上 信 越 自 動 車 道 長 野 自 動 車 道 央 曇 野 ー 車 ク ル マ で 信 こ っ 扇 沢 駅 ま で 練 馬 ℃ 出 発 ー 約 4 00 分 高 井 戸 ℃ 出 約 4 00 分 小 牧 ℃ 出 発 3 45 関 - 扇 沢 駅 か ら 先 は 電 - 関 電 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ス ・ 約 15 分 関 電 ト ン ネ ル ト ロ リ ー バ ス 乗 車 料 金 2 , 570 円 ( 往 復 ・ 税 込 ) 黒 部 湖 を 約 30 分 で 一 周 す る 遊 覧 船 。 日 本 一 高 所 を 運 行 す る 遊 覧 船 で の ア ル ペ ン ク ル ー ズ は い か が 。 料 金 : 1 , 080 円 ( 税 込 ) 藤 岡 JCT 黒 部 湖 遊 覧 船 カ ル 入 え 弩 を 。 、 上 信 越 自 動 車 道 野 長 野 大 町 線 道 大 町 市 大 町 ア ル べ ン ラ イ ン 日 本 一 の 高 さ 186E を 体 感 し ょ 扇 沢 駅 駐 車 場 完 備 く ろ に よ ん お す す め ス ポ ッ ト を 回 0 て 記 念 グ ッ ズ を も ら お う ! 黒 部 ダ ム ス タ ン プ ラ リ ー 黒 部 ダ ム 散 策 を し な が ら 10 個 ス タ ン プ を 集 め た 人 は 、 オ リ ジ ナ ル グ ッ ス が も ら え ま す 。 黒 部 ダ ム 発 祥 の 新 名 物 、 、 黒 部 タ ム カ レ ー 撮 影 場 所 は ダ ム え ん 堤 と 新 展 望 広 場 の 2 ヶ 所 ! 記 念 撮 影 に び っ た り ! ぶ お っ と ダ ム 黒 部 ダ ム と 一 緒 に 記 念 写 ー す 真 が 撮 れ る 自 動 撮 影 シ ス 小 お っ と ダ ム 完 成 イ メ ー ン テ ム 。 A4 サ イ ズ 、 八 ガ キ 大 四 つ 切 シ ー ル 、 2 つ の セ ッ ト か ら 選 べ ま す 。 料 金 : 500 円 ~ 1 , 500 円 ( 税 込 ) 黒 部 ダ ム カ レ ー 料 金 : 1 , 080 円 ( 税 込 ) お 子 さ ム カ レ ー kurobedam-curry.com 料 金 : 880 円 ( 税 込 ) 黒 部 ダ ム の 形 を 模 し た 黒 部 ダ ム カ レ ー 。 こ 飯 は え ん 堤 、 ル ー は 黒 部 湖 、 ポ テ ト サ ラ ダ は 放 水 を 表 現 し て い ま す 。