検索 - みる会図書館

全データから 206389件ヒットしました。

るるぶ韓国 : ソウル・釜山・済州島 '15


が 渡 と の 航 う 力 、 よ 出 は み で ら て 分 か て 気 港 立 行 の を 旅 か 画 内 つ 計 国 Y の 間 め 、 時 じ い 3 は ら ~ を 分 辺 多 自 で 。 り 機 だ よ 行 外 ー 飛 海 的 へ 近 程 国 身 韓 番 ら 一 能 か る 可 本 き も 日 で 航 日 本 か ら 韓 国 へ な お 、 KTX 京 釜 高 速 線 に は 、 ソ ウ ル か ら 永 登 浦 、 水 原 を 通 っ て 大 田 へ 至 る 京 釜 線 経 由 路 線 や 、 東 大 邱 か ら 密 陽 、 亀 浦 を 通 っ て 釜 山 ま で を 結 ぶ 京 釜 線 経 飛 行 機 由 路 線 、 東 大 邱 か ら 密 陽 、 進 永 な ど を 通 っ て 晋 州 に ア ウ ラ : 旌 善 線 2016 年 2 月 現 在 、 成 田 、 羽 田 、 関 西 、 中 部 の 各 空 至 る 慶 全 線 直 通 路 線 も あ る 。 ま た 、 KTX 湖 南 高 速 旌 善 太 白 巷 を は じ め と し て 、 日 本 全 国 の 26 空 港 か ら 韓 国 に 向 線 に は 、 長 城 か ら 光 州 に 延 び る 光 州 線 経 由 路 線 、 ミ ド ウ ン サ ン 、 う 便 が 出 て い る 。 主 要 空 港 か ら ソ ウ ル へ は ほ ば 全 益 山 か ら 全 州 、 順 天 な ど を 経 由 し て 麗 水 エ キ ス ポ ま の 便 が 毎 日 運 航 し て お り 、 選 択 肢 が 多 く 便 利 だ 。 で を 結 ぶ 全 羅 線 直 通 路 線 が あ る 。 州 ソ ウ ル 郊 外 の 仁 川 空 港 へ は 、 成 田 国 際 空 港 か ら そ の ほ か 、 ソ ウ ル と 地 方 都 市 を 結 ぶ 超 特 急 列 車 安 東 中 央 听 要 約 2 時 問 40 分 、 羽 田 空 港 か ら も 所 要 約 2 時 間 セ マ ウ ル 号 と 、 韓 国 の 鉄 道 の ほ ば 全 域 を 網 羅 し て い 線 義 城 分 。 関 西 国 際 空 港 か ら 所 要 約 2 時 間 、 中 部 国 際 る 特 急 ム グ ン フ ァ 号 が あ り 、 そ れ ぞ れ ソ ウ ル ~ 釜 山 間 金 泉 亀 尾 を 港 か ら 所 要 約 2 時 間 。 よ り 都 市 部 に 近 い 金 浦 空 涌 項 を 所 要 約 5 時 間 、 約 5 時 間 40 分 で 結 ん で い る 。 大 邱 ー 巷 へ は 羽 田 空 港 か ら 所 要 約 2 時 間 30 分 。 関 西 国 東 大 邱 国 KORA に バ ス 祭 空 港 か ら 所 要 約 1 時 間 50 分 、 中 部 国 際 空 港 か ら 外 国 人 向 け の レ ー ル バ ス で 、 韓 国 国 内 の 鉄 道 が 一 定 期 蔚 山 海 密 陽 听 要 約 2 時 間 10 分 。 ま た 、 釜 山 へ は 成 田 、 関 西 、 中 間 乗 り 放 題 に な る 。 ノ ー マ ル バ ス は 1 、 3 、 5 、 7 日 間 有 効 の 4 進 永 昌 原 中 央 種 類 が あ る 。 日 本 で し か 購 入 す る こ と が で き ず 、 JR 九 州 旅 行 、 福 岡 、 札 幌 、 沖 縄 の 各 空 港 か ら 、 済 州 島 へ は 関 晋 州 や 、 韓 国 鉄 道 公 社 の HP ( 下 記 ) か ら 購 入 す る 。 光 州 松 冫 、 福 岡 の 各 空 港 か ら 直 行 便 が 飛 ん で い る 。 全 線 原 釜 山 現 在 運 航 中 の 航 空 会 社 は 、 日 本 航 空 ( JL ) 、 全 日 KTX の 乗 り 方 と ( NH ) 、 ア シ ア ナ 航 空 ( OZ ) 、 大 韓 航 空 ( KE ) 、 工 ア 予 約 は 1 カ 月 前 か ら 受 け 付 け て い 木 浦 麗 川 麗 水 エ キ ス ポ サ ン ( BX ) 、 チ エ ジ ュ 航 空 ( 7C ) 、 ユ ナ イ テ ッ ド 航 空 る 。 韓 国 鉄 道 公 社 の HPQwww KTX 京 釜 高 速 線 (A) 、 デ ル タ 航 空 ( DL ) 、 イ ー ス タ ー 航 空 (ZE) な ど 。 letskorail.com で は 、 韓 国 語 、 日 KTX 湖 南 高 速 線 船 本 語 、 英 語 で オ ン ラ イ ン 予 約 す る こ と も 可 能 だ 。 駅 で 高 速 バ ス チ ケ ッ ト を 購 入 す る 場 合 は 、 窓 口 で 出 発 駅 と 行 先 、 日 大 阪 港 、 下 関 港 、 博 多 港 、 対 馬 港 と 釜 山 港 を つ な 時 、 座 席 の 等 級 、 乗 車 人 数 を 伝 え よ う 。 出 発 の 1 5 分 韓 国 全 土 を 網 の 目 の よ う に 路 線 が 走 っ て お り 、 し 、 、 フ ェ リ ー が 運 航 さ れ て い る 。 フ ェ リ ー の 所 要 時 間 は か も リ ー ズ ナ ブ ル 。 特 に 地 方 間 の 移 動 は 本 数 も 多 く 前 ま で に は 改 札 へ 向 か う こ と 。 旧 航 港 に よ り 異 な る が 約 5 時 間 30 分 ~ 。 料 金 も 船 便 利 な の で 、 韓 国 を 周 遊 す る 場 合 は 高 速 バ ス 利 用 ソ ウ ル か ら KTX に 乗 る 際 は 、 方 面 に よ っ て 乗 車 駅 社 に よ っ て 異 な り 、 博 多 港 発 の カ メ リ ア ラ イ ン の 場 が 異 な る の で 要 注 意 。 釜 山 や 慶 州 方 面 へ 行 く に は を 視 野 に 入 れ て お く と よ い 。 ソ ウ ル ~ 釜 山 間 は 所 要 2 等 片 道 で 9000 円 ~ 。 博 多 港 か ら は フ ェ リ ー の ソ ウ ル 駅 か ら 、 木 浦 方 面 や 麗 水 方 面 へ は 龍 山 駅 か 約 4 時 間 30 分 、 W2 万 3000—- ま か 高 速 船 の ビ ー ト ル 号 も 運 航 さ れ て お り 、 所 要 時 ら 乗 車 す る 必 要 が あ る 。 司 は 約 3 時 間 、 片 道 1 万 3000 円 。 主 な バ ス タ ー ミ ナ ル 主 な 鉄 道 駅 日 本 の 船 会 社 問 合 先 ソ ウ ル パ ン ス タ ー ク ル ー ズ ( 大 阪 ~ 釜 山 ) ソ ウ ル ・ ソ ウ ル 高 速 バ ス タ ー ミ ナ ル ( MAP 付 録 ② P26D1 ) 容 06-661 4-2516 WWW. panstar. jp/ 関 釜 フ ェ リ ー ( 下 関 ~ 釜 山 ) ・ ソ ウ ル 駅 (MAP 付 録 ② PI 6C3 ) 各 地 へ の 路 線 を 幅 広 く 網 羅 し て い る 広 々 と し た タ ー 083-224-3000 www.kampuferry.co.jp/ 東 大 邱 、 新 慶 州 な ど の 各 駅 を 経 由 し て 釜 山 駅 ま で ミ ナ ル 。 釜 山 ・ 慶 尚 道 方 面 行 き の 京 釜 線 、 江 原 道 方 面 カ メ リ ア ラ イ ン ( 博 多 ~ 釜 山 ) 行 く KTX 京 釜 高 速 線 が 発 着 す る 。 ほ か に 京 釜 線 ・ 京 行 き の 嶺 東 線 と 、 忠 清 道 ・ 全 羅 道 方 面 の 湖 南 線 は 建 092-262-2323 www.camellia-line. CO. jp/ 義 線 と 、 金 浦 空 港 や 仁 川 空 港 に つ な が っ て い る 空 港 物 が 離 れ て い る の で 注 意 。 JR 九 州 高 速 船 ・ ビ ー ト ル ( 博 多 ~ 釜 山 ) 容 092-281-2315 www.jrbeetle.co.jp/ 鉄 道 ( A EX ) も 発 着 。 地 下 で 1 、 4 号 線 の ソ ウ ル 駅 ・ 東 ソ ウ ル 総 合 バ ス タ ー ミ ナ ル ( MAP 付 録 ② PI 3C7 ) と 接 続 し て い る 。 ソ ウ ル 高 速 バ ス タ ー ミ ナ ル に 比 べ 規 模 は や や 小 さ い ・ 龍 山 駅 ( MAP 付 録 ② PI 2C3 ) が 、 全 国 へ の バ ス が 出 て お り 、 中 ・ 小 規 模 都 市 へ も 直 全 羅 道 方 面 の 玄 関 口 。 行 で き る 便 が あ る 。 2 号 線 江 辺 駅 と 接 続 。 木 浦 駅 、 ま た は 光 州 駅 に 行 ・ ソ ウ ル 南 部 バ ス タ ー ミ ナ ル ( MAP 付 録 ② PI 3E5 ) く KTX は 龍 山 駅 か ら 発 着 す 京 畿 道 ・ 忠 清 道 方 面 の 便 が る 。 ほ か に 京 釜 線 ・ 中 央 線 充 実 。 ソ ウ ル 近 郊 都 市 へ の 移 飛 行 機 も 発 着 し て い る 。 動 に 便 利 で 、 慶 尚 道 ・ 全 羅 道 の 韓 国 国 内 で は 大 韓 航 空 、 ア シ ア ナ 航 空 の ほ か 、 地 方 都 市 も 網 羅 す る 。 扶 余 へ 釜 山 は こ の タ ー ミ ナ ル が お す す め 。 ア プ サ ン な ど 数 社 が 運 航 。 ソ ウ ル 、 釜 山 、 済 州 島 を ・ 釜 山 駅 ( P99C2 ) じ め 、 木 浦 や 大 邱 な ど 地 方 都 市 を 結 ん で い る 。 飛 ソ ウ ル 方 面 に 向 か う KTX に 乗 る 場 合 は 、 釜 山 駅 を 釜 山 機 移 動 の 場 合 は 、 国 際 線 と 同 じ 航 空 会 社 に 手 配 利 用 す る こ と に な る 。 ほ か に 京 釜 線 が 発 着 。 蔚 山 、 新 ・ 釜 山 総 合 バ ス タ ー ミ ナ ル ( P99A2 ) 依 頼 す る の が 得 策 だ 。 ー 慶 州 、 東 大 邱 な ど 近 郊 へ の ア ク セ ス も こ ち ら か ら が 便 釜 山 を 起 点 に 各 地 域 へ の 路 線 を 網 羅 。 慶 州 ・ 安 東 鉄 道 利 だ 。 MI 号 線 の 釜 山 駅 と 接 続 し て し 、 る 。 な ど の 慶 尚 北 道 地 域 と 江 原 道 は こ の タ ー ミ ナ ル 利 用 ・ 釜 田 駅 ( P99B2 ) が 便 利 。 1 号 線 の 老 圃 駅 と 接 続 し て い る 。 韓 国 に は 多 数 の 鉄 道 路 線 が あ る が 、 旅 行 者 が 利 東 莱 、 海 雲 台 、 機 張 の 各 ・ 釜 山 西 部 バ ス タ ー ミ ナ ル ( P99B1 ) し や す い の は 、 高 速 鉄 道 KTX 。 ソ ウ ル ~ 釜 山 間 を 駅 を 経 由 し 、 浦 項 駅 ま で 向 西 側 地 域 を 網 羅 す る タ ー ぶ 「 KTX 京 釜 高 速 線 」 ( 最 短 で 所 要 約 2 時 間 35 か う 東 海 南 部 線 の 発 着 駅 。 ナ ル 。 昌 原 ・ 統 営 な ど の 慶 尚 南 、 普 通 席 W5 万 9800 ~ ) と ソ ウ ル ~ 木 浦 間 を 結 バ ス よ り も 本 数 は 少 な い が 、 道 地 域 と 全 羅 道 方 面 へ の 移 : 慶 州 の 仏 国 寺 駅 や 慶 州 駅 動 は こ ち ら を 利 用 。 2 号 線 の 一 ' 「 KTX 湖 南 高 速 線 」 ( 最 短 で 所 要 約 2 時 間 20 分 、 へ も 行 く こ と が で き る 。 沙 上 駅 と 接 続 し て い る 。 通 席 W5 万 2800 ~ ) が 開 通 し て い る 。 韓 国 鉄 道 路 線 図 新 炭 里 春 川 平 、 春 線 山 楊 平 仁 川 龍 山 光 明 原 州 安 水 原 堤 月 温 陽 温 泉 鳥 致 院 広 川 長 項 鶏 龍 線 論 山 江 陵 黍 東 海 栢 山 州 店 慶 北 線 泉 大 安 牙 冫 州 松 長 項 新 慶 全 州 ~ 金 堤 井 邑 南 原 谷 城 州 求 礼 ロ 和 順 順 天 羅 州 KTX 慶 全 線 KTX 全 羅 線 韓 国 国 内 移 動 術 父 通 / 国 内 交 通

るるぶ済州島(2015年版) (るるぶ情報版(海外))


わ か を 島 名 緕 州 島 刻 手 チ ェ シ ュ ド 気 面 積 旧 .3k 耐 人 口 56 万 3388 人 ( 201 1 年 ) 第 行 政 単 位 済 州 特 別 自 治 道 道 都 済 州 市 経 済 の 中 心 は 北 部 に あ る 済 州 市 。 済 州 島 島 中 央 に あ る 漢 拏 山 を 境 に し て 南 半 分 は 西 帰 浦 市 韓 国 の リ ゾ ー ト ラ ン ド 韓 国 南 端 に 浮 か ぶ 島 。 中 央 に 標 高 1950m の 韓 国 最 高 烽 の 漢 拏 山 が そ び え 、 景 勝 は 変 化 に 富 む 。 14 世 紀 ま で 耽 羅 国 と い う 独 立 国 た っ た た め 、 今 な お 残 る 独 特 の 風 習 や 文 化 も 興 味 深 い 。 温 暖 な 気 候 、 豊 か な 自 然 美 を 誇 る 国 際 的 リ ゾ ー ト と し て 人 気 が 高 い 。 旧 済 州 に あ る 神 秘 ス ポ ッ ト 、 三 姓 穴 ( → P58 ) ソ ウ ル 釜 山 済 州 国 際 空 港 に 近 い 旧 市 街 。 島 の 建 国 神 話 が 伝 わ る 三 姓 穴 な ど 史 跡 も 多 く 、 古 く か ら 中 心 地 と し て 栄 え 工 リ ア の 特 徴 て き た 歴 史 ・ 文 化 ・ 経 済 の 中 枢 。 新 ☆ ☆ ☆ ☆ 済 州 に 対 し て 、 旧 市 街 の 意 味 で 「 旧 ☆ ☆ ☆ ☆ 済 州 ( ク ジ ェ ジ ュ ) 」 と よ は れ る 。 ☆ ☆ ☆ ☆ 観 光 ク ル メ 買 物 ー 史 跡 が 残 る 旧 市 街 P56 MAP•P15 ー エ リ ア の 特 徴 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 世 界 遺 産 ー = ー ー - 観 光 ク ル メ 新 済 州 の メ イ ン シ ン ジ = ジ ュ / 幇 刈 手 ス ト ト 済 州 市 の 南 西 お よ そ 2.5km 光 の 内 陸 に あ る 、 新 た に 開 発 さ 路 れ た 新 市 街 。 都 会 的 な 雰 囲 気 が 漂 い 、 シ ョ ッ プ や 飲 食 店 が コ ン バ ク ト な 範 囲 に 立 ち 並 ん で い る 。 済 州 島 観 光 の 拠 点 に な る 高 級 ・ 中 級 ホ テ ル も 多 い 。 新 済 州 ぎ 金 寧 ビ ー ー チ MAP•P14 ー 0 萬 丈 窟 竜 頭 岩 方 東 金 寧 ー タ 細 花 ビ ー チ 朝 天 咸 徳 済 州 国 際 空 港 0 細 花 1132 新 済 州 旧 済 州 梨 湖 ビ ー チ p 城 山 牛 島 世 界 遺 産 訟 ( の サ ン グ ム プ リ 郭 支 ビ ー チ p 涯 月 済 州 市 萬 丈 窟 を は じ め と す る 4 つ の 洞 窟 に は 火 山 活 動 の 痕 跡 が 残 さ れ て お り 、 自 然 遺 産 と し て 評 価 が 高 い 。 飛 揚 島 - 1132 漢 拏 山 済 州 島 西 帰 浦 表 西 帰 浦 市 0 高 山 済 州 島 一 周 道 発 中 文 大 静 ビ ー チ 山 房 山 ー 」 龍 頭 海 岸 0 城 山 日 出 峰 ⑩ 済 州 島 の 東 端 に 鎮 座 す る 標 高 182m の 火 山 。 気 軽 に 登 れ る う え 、 山 頂 か ら の 眺 め が 美 し い 。 1 Okm 0 事 瑟 浦 0 西 帰 浦 の か ら で も 雄 大 な シ ル エ ッ ト を 眺 め ら れ る 。 登 山 の 山 と し て も 韓 国 で は 人 気 。 足 を の ば し て 周 辺 の 離 島 へ ! 多 彩 な み ど こ ろ が あ る 風 光 明 媚 な 牛 島 、 韓 国 最 南 端 の 馬 羅 島 、 島 中 央 の 小 山 か ら の 眺 め が い い 飛 揚 島 、 麦 畑 と オ ル レ が あ る 加 波 島 。 済 州 島 の 周 辺 に 点 在 す る 離 島 へ 足 を の ば し て 、 の ん び り と 島 時 間 を 楽 し む の も お す す め 。 ・ 牛 島 68 ・ 馬 羅 島 69 ・ 飛 揚 島 P69 ・ 加 波 島 P69 、 = ' 、 一 、 こ の ど か な 風 景 が 広 が る 牛 島 加 波 島 ” 、 、 羅 島 ロ リ 宝 ホ ル は ド フ マ の 工 リ ア の 特 徴 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ MAP•PI 6 中 文 。 MAP• 円 6 鵞 島 随 一 の リ ゾ ー ト 地 ソ グ イ ボ / ス ヨ 引 王 島 の 南 部 に 広 が る リ ゾ ー ト タ ウ ン 。 漁 業 と 農 業 が 盛 ん な 一 帯 で 、 済 州 島 名 産 の ミ カ ン の 産 地 と し て も 名 高 い 。 高 級 ・ 中 級 ホ テ ル が 点 在 し 、 周 辺 に は 景 勝 地 が 控 え る 。 近 年 は マ リ ン ス ポ ー 工 リ ア の 特 徴 ツ の ス ポ ッ ト と し て も 人 気 。 ☆ ☆ ☆ ☆ 市 内 中 心 部 に は カ フ ェ や 雑 貨 店 が 増 加 中 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ミ カ ン の 名 産 地 観 光 グ ル メ 買 物 政 府 が 開 発 し た 国 際 的 リ ゾ ー ト 。 西 帰 浦 の 西 、 美 し い 海 に 望 む 209 万 k を 超 え る エ リ ア に 、 充 実 し た 施 設 の ラ グ ジ ュ ア リ ー ホ テ ル が 立 ち 並 ぶ 。 マ リ ン ス ポ ー ツ の シ ー ズ ン は 夏 場 だ が 、 年 間 を 通 じ て 旅 行 客 で 賑 わ う 。 観 光 ク ル メ 買 物 」 日 U00

るるぶ韓国 : ソウル・釜山・済州島 '15


ン ウ ル と 釜 山 か ら の 交 通 ソ ウ ル 韓 国 最 高 烽 の 漢 拏 山 を 抱 く リ ゾ ー ト ア イ ラ ノ ド か っ て 耽 羅 国 と い う 独 立 国 た っ た た め 、 独 特 の 文 化 が 残 る 。 温 暖 な 気 候 と 豊 か な 自 蔭 ト 恵 ま れ た 、 風 光 明 媚 な 島 だ 。 ソ ウ ル の ロ 日 ・ 金 浦 各 空 港 か ら 済 州 国 際 空 港 ま で 約 1 時 間 釜 山 の 金 海 国 際 空 港 か ら 済 州 国 際 空 港 ま で 約 55 分 ー 釜 山 国 際 フ ェ リ ー タ ー ミ ナ ル か ら 済 州 市 の 旅 客 タ ー ミ ナ ル ま で 約 1 1 時 間 飛 行 機 ′ 釜 山 へ 木 浦 へ \ 国 立 済 州 博 物 館 夛 引 利 呂 ど PI 済 州 国 際 空 カ マ ソ ッ モ ム ク ク P130 済 州 道 頭 海 ← ク フ ト ロ 絵 呂 方 ど 屈 ど ー チ 金 第 ど ー チ 刈 窄 圧 甼 翻 奈 叫 ヨ PI 引 寧 蛇 窟 ど ー チ 海 女 博 物 館 PI を ど ー チ ン / 成 徳 済 州 市 民 俗 五 日 市 場 民 俗 博 物 館 0 ' 、 刈 罕 刈 舎 9 人 君 P124 頂 済 州 広 域 P 信 0 ト ル ハ ル バ ン 公 園 ・ 萬 丈 窟 円 23 、 州 市 古 厘 PI 34 き 呂 湖 ど ー チ 牛 島 細 花 皇 円 28 : 済 州 石 文 化 公 園 P135 12 早 皐 P135 刈 罕 号 居 ジ ッ プ ラ イ ン メ イ ズ ラ ン ド オ ル レ リ ゾ ー ト 秘 苑 サ ム 磅 ン 「 新 済 州 , ウ ト ボ ン 16 翌 己 ト 望 P125 ・ ・ 榧 子 林 ト ッ ケ ビ 道 路 ・ 一 - ー - ー -- - - ー ー ー 」 旦 刈 言 P130 ・ 一 全 冫 州 世 界 自 然 済 州 ト ウ ッ ペ ギ 山 港 - 、 、 済 州 4.3 平 和 公 園 ・ 遺 産 セ ン タ ー 眺 め の い い 店 -- -- -- ! = = = 山 赱 ど ー チ ー 圧 み 胆 圧 弖 P135 99 ス 罕 4 尊 居 別 P03 を % 0 . ー 涯 月 を 暫 呂 習 P126 城 山 日 出 蜂 ー ム 132 ア ラ オ ル レ ( 1 工 ) 金 抜 蒙 遺 跡 地 ー ・ 飛 揚 島 鬯 を を 暑 P122 、 ト 己 ト 号 P5 プ ラ ネ ッ ト 多 ー ア 英 生 卍 、 、 そ ン 観 音 寺 △ 1 169 が ノ ・ ど ー チ ツ ン グ ム プ リ シ プ チ ジ ~ 冴 、 、 . 九 十 九 谷 ハ イ キ ン グ 挟 才 窟 / 双 月 窰 595 朝 林 公 朝 よ や ど ア チ 6 , 第 漢 拏 山 P122 観 音 寺 コ ー ス 城 邑 民 俗 村 - ニ ~ ク み ア イ ラ ン ド ゾ ー ト 引 き P135 、 一 号 舎 さ P134 ミ ン ト ー イ ニ ス フ リ ー JEJLJ ハ ウ ス ハ ロ ー キ テ ィ ・ ア イ ラ ン ド ー じ 城 板 岳 休 憩 所 1950 △ 水 岳 渓 谷 , ~ ツ ン プ チ ル シ ム ニ 食 堂 ー ⅱ 00 高 地 0 公 巫 引 刈 降 耐 早 へ P135 弖 ヲ 囘 0 三 P5 P135 ・ ド ン ネ コ を 召 習 引 習 言 P12 節 婦 岩 ! 、 ( こ ) 休 憩 所 ま 善 表 第 ど ー チ ハ イ キ ン グ コ ー ス d ホ ト ホ テ ル 牛 歩 苑 P127 P135 早 西 帰 浦 市 %ng Roa プ ソ ル ロ ク : デ ィ ヘ ビ チ ホ テ ル ミ ュ ー ジ 車 原 乗 馬 場 ネ 5 日 国 空 2 山 物 道 0 世 界 自 動 車 済 州 博 物 館 島 PI 35 大 侑 ラ ン ド ト ; 24 0 ゞ - 済 州 島 一 周 道 路 ス パ ・ ア ラ P135 済 州 彫 刻 公 園 ・ 安 徳 渓 谷 0 ・ ・ カ ン ジ ョ ン へ 叫 0 ト 己 ト ト 卍 山 房 窟 寺 ・ セ ソ ッ カ ク 南 元 済 州 民 俗 村 博 物 館 P135 秋 史 謫 居 址 ・ 山 房 山 - P134 蕎 跡 = = 西 帰 涌 、 = 面 - 全 P132 利 罕 望 舎 さ 号 き ー ・ 395 △ を ト 西 浦 KAL 西 帰 浦 市 畜 協 黒 韓 牛 名 品 館 P133 瑟 静 0 松 岳 山 を 1 , / , 文 ど ー 地 歸 島 人 圧 刈 鬯 高 鮎 早 罟 き ス ガ ど ー チ イ 戸 134 △ 虎 島 西 帰 浦 市 外 バ ス タ ー ミ ナ ル 薬 泉 寺 P132 チ ン ジ 洞 窟 を 人 ト ウ ェ ド ル ゲ 加 波 島 - 味 楽 ー 人 気 の 散 歩 道 オ ル レ P130 の 1 つ 。 言 召 0 P135 中 文 か ら 西 帰 浦 ま で 海 沿 い の コ ー ス ハ ー メ ル 記 念 館 馬 羅 島 中 文 済 州 島 釜 山 へ / 新 済 州 シ ン シ ェ シ ュ 剳 手 観 光 客 が 多 い 新 市 街 済 州 市 の 南 西 お よ そ 2.5km の 内 陸 に あ る 、 新 た に 開 発 さ れ た 新 市 街 。 都 会 的 な 雰 囲 気 が 漂 い 、 シ ョ ッ プ や 飲 食 店 が コ ン バ ク ト な 範 囲 に 立 ち 並 ん で い る 。 済 州 島 観 光 の 拠 点 に な る 高 級 ・ 中 級 ホ テ ル 観 光 ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ も 多 い 。 グ ル メ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ シ ョ ッ ピ ン グ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ P129 工 リ ア の 特 徴 旧 済 州 、 a 「 Rb 記 ク シ ェ シ ュ 子 刈 手 史 跡 が 残 る 旧 市 街 済 州 国 際 空 港 に 近 い 旧 市 街 。 島 の 建 国 神 話 が 伝 わ る 三 姓 穴 な ど 史 跡 も 多 く 、 古 く か ら 中 心 地 と し て 栄 え て き た 歴 史 ・ 文 化 ・ 経 済 の 中 枢 。 新 済 州 に 対 し て 、 旧 市 街 の 意 味 で 「 旧 済 州 ( ク ジ ェ ジ ュ ) 」 と よ ば れ る 。 ド : 耳 観 光 ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ グ ル メ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ シ ョ ッ ピ ン グ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ・ P129 龍 頭 海 岸 PI 34 己 同 チ エ ジ ュ ド 20k 済 州 島 工 リ ア の 特 徴 看 西 帰 浦 羸 ソ ク イ ホ チ ュ ン ム ン 島 随 一 の リ ゾ ー ト 地 政 府 が 開 発 し た 国 際 的 リ ゾ ー ト 。 西 帰 浦 の 西 、 美 し い 海 に 望 む 209 万 km を 超 え る エ リ ア に 、 レ シ ャ ー 施 設 も 豊 富 な ラ グ ジ ュ ア リ ー ホ テ ル が 立 ち 並 ぶ 。 マ リ ン ス ポ ー ツ の シ ー ズ ン は 夏 場 だ が 、 年 間 を 通 じ て 旅 行 客 で 賑 わ う 。 観 光 ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ グ ル メ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 壟 ! 第 # 川 , シ ョ ッ ピ ン グ ・ ・ ミ カ ン の 名 産 地 島 の 南 部 に 広 が る リ ゾ ー ト タ ウ ン 。 漁 業 と 農 業 が 盛 ん な 一 帯 で 、 済 州 島 名 産 の ミ カ ン の 産 地 と し て も 名 高 い 6 高 級 ・ 中 級 ホ テ ル が 点 在 し 、 周 辺 に は 景 勝 地 が 控 え る 。 近 年 は マ リ ン レ ジ ャ ー の ス ポ ッ ト と し て も 人 気 。 観 光 ・ ・ ・ ☆ ☆ グ ル メ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ シ ョ ッ ピ ン グ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 円 32 P132 お 役 立 ち 旅 の AD Ⅵ CE : プ ラ ン ニ ン グ は 入 念 に ホ テ ル 選 び は 重 要 の ん び り 滞 在 す る な ら 中 文 か 西 島 を 観 光 す る に は 車 が 必 要 。 効 帰 浦 の リ ゾ ー ト ホ テ ル へ 。 観 光 率 的 に 観 光 で き る 現 地 発 着 ツ ア ー を 利 用 す る の も 一 案 。 ア ク や 街 歩 き を 楽 し み た い な ら 新 済 州 や 旧 済 州 滞 在 が お す す め 。 テ ィ ビ テ イ も 事 前 予 約 を 。 服 装 に 注 意 三 移 動 時 間 に 余 裕 を 島 で は 移 動 に 時 間 が か か る 。 東 済 州 島 の 天 気 は と に か く 変 わ り か ら 西 、 北 か ら 南 へ は そ れ そ れ や す い 。 島 の 北 と 南 で ま っ た く 異 車 で 片 道 1 時 間 は 必 要 。 予 定 を な る こ と も 多 い の で 、 変 化 に 対 詰 め 込 み 過 ぎ な い よ う に 注 意 。 応 で き る よ う 装 備 は 充 分 に 。 工 リ ア の 特 徴 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ェ リ ア 特 徴 120 KOREA'15

るるぶ韓国 : ソウル・釜山・済州島 '15


ー ~ → ア ン ケ ー ト に ご 協 力 く だ さ い 、 一 、 Web 、 FAX 、 郵 便 の い ず れ か の 方 法 で ア ン ケ ー ト に お 答 え く た さ い 。 よ り 楽 し く 充 実 し た 誌 面 作 り の た め の 参 考 に さ せ て い た だ き ま す 。 日 は 毎 年 3 ・ 6 ・ 9 ・ 12 月 末 日 ( 郵 便 は 当 日 消 印 有 効 ) で す 。 全 応 募 者 の 中 か ら 抽 選 で 、 下 記 の プ レ ゼ ン ト が 当 た り ま す 。 な お 、 当 選 者 の 発 表 は 発 送 を も っ て 代 え さ せ て い た た き ま す 。 \ 5 , 000 加 当 變 。 ー や ー 第 JTB ナ ( 5 。 。 。 明 ) イ ス ギ フ ト ( 500 円 分 ) 日 本 全 国 00 万 店 以 上 0 日 本 全 国 0 書 店 で 使 え 0 , 、 = リ 00 特 製 テ ル 等 で 使 え る 商 品 券 TB バ ブ リ ッ シ ン グ 海 外 情 報 部 第 一 編 集 部 『 る る ぶ 韓 国 ツ ウ ル 山 ・ 済 州 印 15 』 係 http://www.rurubu.com/enquete/n 間 03-6888-7874 裏 面 の 住 所 宛 に お 送 り く た さ い Web で FAX で - ・ を と れ す を に / な く お 名 前 こ 業 性 別 男 ・ 女 ご 住 所 メ ー ル ( PC 用 ) ※ メ ー ル マ カ ジ ン の 配 信 を く 希 望 す る 〉 く 希 望 し な い 〉 年 齡 歳 100 名 様 ー 《 谷 折 り ① 過 去 に 発 行 さ れ た 『 る る ぶ 韓 国 ・ ソ ウ ル ・ 釜 山 ・ 済 州 島 』 を お 持 ち で す か ? 持 っ て い な い 持 っ て い る ・ こ の 本 を 購 入 す る 決 め 手 と な っ た ポ イ ン ト は ? ( 最 大 5 つ ま で 選 択 可 ) 0 特 集 の テ ー マ 6 掲 載 物 件 数 ◎ 掲 載 物 件 の 選 び 方 ◎ 掲 載 地 域 0 表 紙 0 デ ザ イ ン ◎ 写 真 価 格 ① 地 図 ① 本 の 軽 さ 特 製 付 録 ① 情 報 の 新 し さ 朝 る る ぶ へ の 安 心 感 ・ 信 頼 感 そ の 他 ( ・ 購 入 し た 時 期 は ? 0 行 き 先 を 検 討 す る と き 6 予 約 を 申 し 込 む 前 ◎ 予 約 を 申 し 込 ん た 後 ◎ 出 発 の 直 前 ② こ の 本 を ど の よ う に 利 用 し ま し た か ? 0 常 時 携 帯 6 ホ テ ル に 置 く ◎ 一 部 切 っ て 携 帯 ◎ 日 本 に 置 い て い っ た 0 コ ピ ー を し て 携 帯 ・ こ の 本 以 外 に 購 入 し た 本 は あ り ま す か ? ( 複 数 回 答 可 ) 0 ま つ ぶ る 6 地 球 の 歩 き 方 MOOK OTRAVEL STYLE ◎ ラ ラ チ ッ タ 6 こ と り つ ぶ 0 aruco 6 そ の 他 ( ・ 今 回 の 旅 行 に つ い て お 書 き く た さ い ・ 今 回 の 主 な 旅 行 先 を 教 え て く た さ い 。 ソ ウ ル / 水 原 / 江 華 島 / 板 門 店 / 慶 州 / 良 洞 民 俗 村 / 釜 山 / 済 州 島 ) 年 ( ) 月 こ ろ に 旅 行 ( 日 ) そ の 他 ( ・ 韓 国 へ は ( ) 回 目 / 初 め て ・ 今 回 の 主 な 旅 行 目 的 を 教 え て く だ さ い 。 ・ 同 行 者 ( 家 族 / 夫 婦 / 友 人 / 恋 人 / 仕 事 関 係 の 人 / ひ と り ) 観 光 / 街 歩 き / グ ル メ / 買 物 / 工 ス テ ・ 汗 蒸 幕 / コ ス メ / ホ テ ル ・ リ ゾ ー ト / ・ 旅 行 形 態 ( 添 乗 員 同 行 の ツ ア ー / 航 空 券 と ホ テ ル の み / 自 分 で ロ ケ 地 巡 り / コ ン サ ー ト そ の 他 ( 航 空 券 と ホ テ ル を 手 配 ) ・ 役 に 立 っ た 記 事 、 不 要 だ っ た 記 事 は ど れ で す か ? 以 下 か ら お 選 び く だ さ い 。 ( 最 大 5 つ ま で 選 択 可 ) ① 韓 国 早 わ か り ② KOREA リ ポ ー ト ③ は る な 愛 の 一 LOVE 韓 国 ④ Message from 超 新 星 ⑤ 韓 国 通 52 人 の 雹 ク チ コ ミ 大 全 集 ⑥ 2 泊 3 日 ゴ ー ル デ ン プ ラ ン ⑦ 最 旬 ク ル メ NEWS ⑧ 朝 ・ 昼 ・ 晩 の 決 め 打 ち 必 食 リ ス ト ⑨ 東 大 門 シ ョ ッ ピ ン グ ビ ル で プ チ プ ラ ア イ テ ム Get ! ⑩ 人 気 セ レ ク ト シ ョ ッ プ & SPA プ ラ ン ド 大 研 究 ! ⑩ 優 秀 フ ァ ッ シ ョ ン 雑 貨 図 鑑 ⑩ ソ ウ ル テ ィ ス ト な 雑 貨 に 夢 中 ! ⑩ 憧 れ ハ イ プ ラ ン ド は 免 税 店 で 手 に 入 れ る ! ⑩ は ら ま き み や げ 良 品 セ レ ク シ ョ ン ⑩ 厳 選 ! プ レ ミ ア ム み や げ ⑩ ソ ウ ル 的 市 場 案 内 ⑩ 実 力 派 サ ロ ン で 憧 れ 小 顔 & 美 肌 に ! ⑩ 韓 医 院 ビ ュ ー テ ィ 体 験 レ ポ ー ト ⑩ プ チ サ ロ ン で お 手 軽 キ レ イ ⑩ 汗 蒸 幕 と チ ム シ ル バ ン 旅 の 疲 れ は マ ッ サ ー シ で 解 消 ! 2 古 宮 歴 史 散 歩 必 訪 観 光 SPOT ) 魅 惑 の エ ン タ メ ガ イ ド 体 験 ワ ー ル ド へ よ う こ そ ! ⑩ 散 策 工 リ ア NA Ⅵ の 日 帰 り ト リ ッ プ ⑩ 快 適 ホ テ ル 案 内 ⑩ 釜 山 早 わ か り ⑩ 名 物 市 場 を 完 全 満 喫 シ ー サ イ ド SPOT ク ル ー シ ン グ ⑩ チ ム ジ ル バ ン 体 験 ナ イ ト ス ポ ッ ト 探 訪 ) 釜 山 名 物 グ ル メ ガ イ ド 釜 山 工 リ ア カ イ ド ⑩ 慶 州 ① 済 州 島 早 わ か り ⑩ ネ イ チ ャ ー SPOT 訪 問 ⑩ 島 の 市 場 で 名 物 み や け を お 持 ち 帰 り ! ⑩ 海 と 山 の ア ク テ イ ヒ テ ィ を エ ン シ ョ イ ! ⑩ 済 州 島 名 物 ク ル メ ガ イ ド @済 州 印 の と っ て お き み や げ ⑩ 済 州 島 エ リ ア カ イ ド ⑩ 旅 の 情 報 ⑩ 付 録 ① コ ス メ NOTE ⑩ 付 録 ② 韓 流 BOOK 付 録 3 持 ち 歩 き MAP ・ 役 に 立 っ た 記 事 ・ ・ ・ ( ) ・ 不 要 た っ た 記 事 ・ ・ ・ ( ・ 本 を 使 っ て み て 、 気 に な っ た 点 は ど こ で す か ? ( 最 大 5 つ ま で 選 択 可 ) ① 掲 載 物 件 か 少 な い ② 掲 載 物 件 が 多 く 、 ど こ に 行 け ば い い か 分 か ら な い ③ 掲 載 物 件 の 選 ひ 方 が 悪 い ④ 行 き た い 場 所 が 探 し に く い ⑤ 誌 面 が 見 に く い ⑥ デ ザ イ ン の セ ン ス が 悪 い ⑦ 地 図 が 見 に く い ⑧ 地 図 が 少 な い ⑨ 文 章 が 少 な い ⑩ 写 真 か 少 な い ⑩ 特 製 付 録 が 大 き す き る ⑩ 本 が 重 い ⑩ そ の 他 ( ・ 今 後 、 『 る る ぶ 韓 国 ・ ソ ウ ル ・ 釜 山 ・ 済 州 島 』 で 、 増 や し て ほ し い 情 報 は 何 で す か ? ( 最 大 5 つ ま で 選 択 可 ) ① 観 光 ② モ デ ル プ ラ ン ③ グ ル メ ④ 買 物 ⑤ コ ス メ ⑥ ホ テ ル 、 リ ゾ ー ト ⑦ 工 ス テ ・ 汗 蒸 幕 ⑧ 現 地 の 諸 事 情 ( 治 安 な と ) ⑨ 出 入 国 関 連 情 報 ⑩ 交 通 情 報 ⑩ 最 新 情 報 や 現 地 ト レ ン ド ⑩ 穴 場 の ス ポ ッ ト ⑩ ク チ コ ミ 情 報 ⑩ 現 地 語 表 記 ⑩ シ ー ス ン 情 報 ⑩ 韓 流 ス タ ー 情 報 ⑩ そ の 他 ( ー 《 谷 折 り ^ ^ 谷 折 り >> の り し ろ の り し ろ 久 谷 折 り 》 ※ ご 記 入 い た だ い た ご 意 見 ・ ご 質 問 等 に 対 す る 個 別 の 回 答 は い た し て お り ま せ ん 。 あ ら か じ め ご 了 承 く だ さ い 。 《 谷 折 り 》 の り し ろ

るるぶ韓国 : ソウル・釜山・済州島 '15


ム フ 丿 い 一 こ ・ こ イ ・ ( ア 土 付 特 録 製 P22 P24 W100 ! 新 ユ プ 月 版 戸 う こ 韓 国 へ の 交 通 / 国 内 交 通 ・ ・ ソ ウ ル ・ 釜 山 ・ 済 州 島 明 洞 オ プ シ ョ ナ ル ツ ア 韓 国 全 図 仁 寺 洞 お 役 立 ち 韓 国 表 現 ・ ・ ・ ・ ・ ノ ウ ル 周 辺 図 ノ ウ ル 市 内 へ の 交 通 弘 大 ノ ウ ル 市 内 交 通 東 大 門 市 場 ノ ウ ル 地 下 鉄 マ ッ プ ・ ・ ・ ・ ・ QD 新 村 ~ 梨 大 、 梨 泰 院 ・ ・ ノ ウ ル 中 心 部 江 南 広 域 鍾 路 イ カ ロ ス キ ル ~ 狎 鷓 亭 洞 ~ 清 潭 洞 ・ ・ 中 区 / 南 大 門 市 場 ・ ・ ・ P30 ( 2014 年 2 月 現 在 )

ポケット図解 韓国の鉄道の旅をとことん楽しむ本 (Shuwasystem Beginner’s Guide Book)


韓 国 の レ ト ロ な 街 群 山 市 月 明 洞 へ 行 く と 、 そ の 一 辺 り 一 帯 3 プ ロ ッ ク ぐ ら い が ほ と ん ど 昭 和 初 期 の 日 本 を 連 想 す る よ う 断 並 み 。 た だ ぶ ら ぶ ら 歩 く だ け で 楽 し め る 。 ロ ッ テ ワ ー ル ド 建 設 で 撤 去 の 噂 が 立 っ て い る ジ ャ ガ ル チ 市 場 近 く の 釜 山 ・ 南 浦 洞 乾 魚 物 市 場 。 実 は 韓 流 映 画 「 チ ン グ 』 の ロ ケ 地 と し て も 有 名 な 場 所 。 干 し 工 ビ や 、 韓 国 で は み そ 汁 の だ し に よ く 使 わ れ る 煮 干 し や ス ー プ に し て 食 べ ら れ る こ 最 近 、 少 し ず つ 建 て 替 え ら れ て は い る が 、 と の 多 い 乾 鱈 な ど を 日 本 へ の お 土 産 に す る の も 木 浦 駅 周 辺 も 昔 な が ら 圭 カ っ て い る 。 悪 く な い 。 も ち ろ ん 、 韓 国 海 苔 も 売 っ て い る 。 写 真 は 木 浦 駅 か ら 漁 港 へ 向 か う 途 中 の 道 に あ っ た 商 店 街 。 世 界 遺 産 ・ 慶 州 仏 国 寺 韓 国 で は 修 学 旅 行 の メ ッ カ と し て 知 ら れ る 慶 州 ・ 仏 国 寺 。 山 門 を 入 る と 厳 め し い 顔 の 四 天 王 像 が 参 拝 客 を 出 迎 え て く れ る 。

るるぶ韓国 : ソウル・釜山・済州島 '15


国 際 貿 易 港 と し て 発 展 し て き た 韓 国 第 2 の 都 市 。 魚 市 場 の ほ か 、 小 高 い 山 々 や 弓 形 の 海 岸 線 な ど ソ ウ ル 礦 州 」 凵 曰 し 釜 山 .. ソ ウ ル か ら の 交 通 ロ 日 ・ 金 浦 空 港 か ら 金 海 空 港 ま で 約 1 時 間 ソ ウ ル 駅 か ら 釜 山 駅 ま で 約 2 時 間 45 分 ソ ウ ル 高 速 バ ス タ ー ミ ナ ル か ら 釜 山 総 合 バ ス タ ー ミ ナ ル ま で 約 4 時 間 30 分 プ サ ン デ 激 安 シ ョ ッ ヒ ン グ の 学 生 街 地 下 鉄 1 号 線 の 釜 山 大 学 駅 は 、 国 立 釜 山 大 学 が あ る 賑 や か な 学 生 街 。 駅 周 辺 に は お し や れ な シ ョ ッ プ が 立 ち 並 ぶ 。 値 段 も か な り 安 め な の で 、 買 物 好 き に 観 光 ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ グ ル メ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ は た ま ら な い 。 シ ョ ッ ピ ン グ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 、 、 、 、 。 邱 、 通 度 寺 、 第 雀 、 に 梁 山 市 大 学 梁 山 キ ャ ン バ ス 勿 4 曾 山 健 0 中 ) 松 亭 庵 一 、 ・ ・ 。 。 ~ 、 、 MI%GE 必 △ 458 チ - 人 ト P115 、 、 論 # 山 802 卍 ? 総 合 バ ス 汐 ミ ナ ル 湖 浦 」 庵 卍 、 : 地 朝 金 海 市 下 0 梵 魚 井 を 南 山 大 東 面 釜 山 ム 域 市 △ 352 東 院 IJANG 機 張 市 物 。 イ 史 ⑩ き 北 区 幇 〆 学 ⑩ 、 第 山 華 明 機 張 、 泉 場 / こ 第 .0 海 高 速 国 岦 書 洞 を ・ 地 下 鉄 明 倫 -0 ー 水 号 線 徳 路 徳 川 △ 149 海 雲 台 区 / 機 張 郡 亀 明 亀 南 合 場 楽 民 侍 郎 里 当 634 △ 毛 羅 海 東 巨 堤 毛 徳 登 亀 ・ 龍 宮 寺 、 山 0 釜 山 教 育 大 学 海 雲 台 駅 鬆 亭 駅 第 徳 斗 、 巨 堤 駅 「 提 区 空 港 酉 釜 流 通 地 区 徳 浦 コ 釜 田 市 場 KÖ 止 HAEUNDAE SONG 」 EONG 早 刈 を P103 萇 山 釜 田 駅 - 、 イ ゴ ル 査 山 朝 ~ ” ・ ・ ◆ 沙 上 駅 松 亭 掛 法 。 SASAN 、 釜 山 鎖 区 民 楽 冬 箔 ~ , 愈 ヴ 釜 田 丿 △ ル ネ シ テ . 海 水 浴 場 広 安 青 沙 浦 ー 金 蓮 山 海 支 海 雲 台 水 浴 場 山 『 速 国 道 釜 山 西 一 周 礼 開 東 岩 南 川 水 営 声 井 琴 バ ス タ ナ ミ ナ ) ル 淵 星 大 学 ・ 釜 慶 大 学 里 を 告 対 113 佐 川 を 沙 一 ) 西 区 広 安 里 海 雲 台 光 カ ル ミ ョ ン 山 鎖 三 齷 、 市 区 製 8 や 09 西 東 ヘ ー / 109 乃 0 大 懿 草 梁 ウ オ ン ジ ョ バ ル メ チ プ . ニ 妓 台 ノ 乙 淑 - 愛 莎 槐 丕 曾 ßH 習 PI 08 ・ ジ ョ バ ン へ ス タ ン P106 BUSA 下 亭 シ テ ィ ッ ア ー 丕 奈 言 南 浦 ・ バ り 場 P114 、 甘 川 洞 文 化 村 ・ 五 六 島 ャ ガ ル 南 涌 召 号 是 ロ ト 号 際 ク 丿 ミ ナ ル △ 332 第 、 - 弋 111 レ こ 沙 下 区 国 並 洋 博 物 館 コ モ ド 部 太 宗 台 温 泉 里 円 1 「 一 太 宗 台 公 朝 松 島 - ・ 水 浴 コ グ ア ン ヘ ム ル タ ン 南 公 ー ー . ー 否 [ H P104 太 宗 台 遊 園 地 円 08 翻 呂 き ・ 灯 台 多 大 浦 太 宗 台 の 屋 台 没 雲 台 EH 否 望 ロ ト 大 ト P11 済 州 島 へ / /R 統 営 、 麗 水 、 長 承 浦 へ / 飛 行 機 KTX 高 速 バ ス 東 莱 編 泉 釜 山 大 ト ン ネ オ ン チ ョ ン 西 面 ソ ミ ョ ン 地 元 の 若 者 が 集 う 人 気 タ ウ ン ロ ッ テ ホ テ ル や テ パ ー ト 、 フ ァ ッ シ ョ ン ビ ル が 点 在 し 、 若 者 の 姿 が 多 い エ リ ア 。 飲 食 店 や 屋 台 街 、 市 場 な ど も あ り 活 気 が あ る 。 地 下 鉄 1 ・ 2 号 線 観 光 ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ が 交 差 す る た め 、 ア ク グ ル メ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ シ ョ ッ ピ ン グ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ セ ス も 便 利 。 日 帰 り エ リ ア の 温 泉 地 釜 山 か ら 14km 北 に 位 置 。 温 泉 街 が あ り 、 朝 鮮 時 代 に は 釜 観 光 ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ 山 の 中 心 地 だ っ た 。 、 ン ヨ ッ ピ ン グ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 温 泉 施 設 の ほ か 、 周 囲 の 小 高 い 山 々 に 新 羅 時 代 の 山 城 跡 で あ る 金 井 山 城 や 、 禅 寺 の 梵 魚 寺 な ど の 史 跡 が 点 在 。 ・ 円 15 P115 円 14 ェ リ ア の 特 徴 ☆ ☆ グ ル メ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 工 リ ア の 特 徴 ☆ ☆ 工 リ ア の 特 徴 観 音 寺 卍 釜 山 レ ミ ア ム プ ウ ト レ ッ ト 0 → , ー 早 巫 引 ロ 0 P5< ノ z¯ 高 釜 △ 605 57 汰 ー 速 山 道 蔚 蔚 山 、 慶 州 へ / ' 南 浦 洞 ナ ム ボ ド ン 賑 や か な 釜 山 の 玄 関 口 チ ャ ガ ル チ 市 場 、 国 際 市 場 、 釜 山 タ ワ ー と 主 要 な み ど こ 観 光 ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ろ が 集 ま る ほ か 、 コ ス メ 店 グ ル メ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ シ ョ ッ ピ ン グ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 駅 や 飲 食 店 も 多 数 。 ェ リ ア の 、 ` 特 徴 ・ 馬 面 ANG 平 江 馬 山 、 普 州 、 光 州 へ , 金 海 へ ) 清 寺 姦 広 安 里 」 ト 区 ・ ク ア ン ア ル リ 海 沿 い に カ フ ェ が 並 ぶ 隣 の 海 雲 台 よ り も 庶 民 的 な 雰 囲 気 。 夏 場 は 海 岸 沿 い の カ フ ェ 通 り に オ ー プ ン ・ カ グ ル メ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ シ ョ ッ ピ ン グ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ フ ェ が 並 び 、 若 者 で 賑 わ う 。 釜 山 大 学 工 リ ア の 特 徴 観 光 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ へ ウ ン デ 国 際 的 な リ ゾ ト 地 2 km に わ た っ て 白 砂 の ビ ー チ が 続 く 韓 国 随 一 の リ ゾ 観 光 ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ー ト 。 ー 海 沿 い に 高 級 ホ テ ル グ ル メ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ) 、 が 並 び 、 洗 練 さ れ た 雰 囲 気 。 シ ョ ッ ピ ン グ ・ ・ ・ ☆ ・ P112 P11 ☆ ☆ ☆ ☆ 釜 山 広 域 プ サ ン 甼 を 間 4 5 セ ン タ ム シ テ ィ ー Centum City 引 入 国 話 題 の 最 旬 ス ポ ッ ト ス パ や ア イ ス リ ン ク な ど が あ る 観 光 ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 巨 大 な 複 合 施 設 、 新 世 界 セ ン タ グ ル メ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ シ ョ ッ ピ ン グ ・ ・ ・ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ム シ テ ィ を 中 心 と し た エ リ ア 。 P113 工 リ ア の 特 徴 5km 100 KOREA'15

ポケット図解 韓国の鉄道の旅をとことん楽しむ本 (Shuwasystem Beginner’s Guide Book)


CONTENTS 京 釜 線 耳 よ り コ ラ ム ソ ウ ル ・ フ リ ー タ イ ム ツ ア ー の 落 と し 穴 : ⅲ を と 雑 学 韓 国 に 文 庫 本 は あ る か 京 釜 線 ・ 釜 山 駅 ( 釜 山 ↓ を と 雑 学 見 や す い 地 下 鉄 デ ィ ス プ レ イ 鉄 道 と 食 韓 国 駅 弁 、 汽 車 弁 事 情 食 堂 車 メ ニ ュ ー の 変 遷 消 え た 裏 メ ニ ュ ー 、 ビ ー フ ス テ ー キ コ ー ス ・ : . ち 雑 学 食 堂 車 の ハ ン バ ー グ 定 食 を 作 っ て み よ う ! : ⅲ 最 後 の 食 堂 車 は 先 払 い 方 式 鉄 道 で 行 け る お す す め 観 光 京 釜 線 ・ 民 主 公 園 ( 釜 山 Ⅱ ) 京 釜 線 ・ 影 島 大 橋 ( 釜 山 ) ・ 耳 よ り コ ラ ム レ ン タ ル 携 帯 電 話 で 通 信 費 を 節 約 京 釜 線 ・ 南 浦 漓 乾 魚 物 市 場 ( 釜 山 Ⅳ ) ・ = = ん 公 夜 の ジ ャ ガ ル チ 市 場 の 様 子 :

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


第 外 ー 交 日 韓 国 交 正 常 化 周 年 日 韓 関 係 改 善 へ 努 力 世 界 遺 産 登 録 で 協 力 外 相 一 致 岸 田 文 雄 外 相 は 幻 日 、 韓 国 の 尹 炳 世 ( ュ ン ・ ビ ョ ン セ ) 外 相 と 都 内 で 会 談 し 、 関 係 改 善 へ 努 力 す る こ と で 一 致 し た 。 韓 国 が 異 を 唱 え て き た 「 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 」 の 世 界 遺 産 登 録 に つ い て 、 韓 国 が 推 薦 す る 「 百 済 歴 史 遺 跡 地 区 」 と と も に 両 国 が 双 方 の 登 録 に 向 け た 協 力 で 合 意 。 中 国 を 含 め た 3 カ 国 の 首 脳 会 談 を 年 内 の 早 い 時 期 に 開 く こ と を 申 し 合 わ せ た 。 日 中 韓 首 脳 会 談 年 内 早 期 に 外 務 省 飯 倉 公 館 で 開 い 恵 ( パ ク ・ ク ネ ) 大 統 領 た 外 相 会 談 は 夕 食 会 も 含 が 国 交 正 常 化 し た 基 本 条 め て 3 時 間 余 り に わ た っ 約 の 調 印 か ら 年 の 節 目 た 。 安 倍 晋 三 首 相 と 朴 槿 を 迎 え る 日 に 両 国 の 大 日 韓 外 相 会 談 の ポ イ ン ト 。 年 内 の で き る だ け 早 い 時 期 に 日 中 韓 首 脳 会 談 を 開 催 す る 方 向 で 調 整 。 日 韓 首 脳 会 談 の 早 期 開 催 で も 一 致 。 外 相 の 相 互 訪 問 で 合 意 。 岸 田 外 相 の 年 内 訪 韓 を 調 整 。 世 界 遺 産 登 録 問 題 は 、 韓 国 の 推 薦 案 件 と と も に 両 国 が 登 録 さ れ る よ う 協 力 。 従 軍 慰 安 婦 問 題 は 外 務 省 局 長 級 で 協 議 継 続 」 決 徴 認 に 張 明 陸 て で 、 韓 国 外 相 と し て は 措 解 元 を 業 主 李 上 約 4 年 ぶ り だ 。 日 韓 両 政 国 る 題 が え 企 を 支 に が 月 領 府 は 国 交 正 常 化 年 の 節 韓 あ る 求 高 å 日 命 権 目 を 利 用 し 関 係 改 善 を 目 張 ・ よ 要 国 工 、 償 有 、 馗 廖 に を 韓 用 め 賠 領 し 貶 博 主 指 す 姿 勢 を 明 確 に し た 。 と 日 本 の 産 業 遺 産 に つ い 名 題 題 て 、 韓 国 は 日 本 が 世 界 遺 髞 題 産 登 録 を め ざ す 一 部 施 設 島 独 で 植 民 地 時 代 に 朝 鮮 半 島 出 身 者 が 強 制 徴 用 さ れ た 請 完 に 課 瓧 日 韓 「 的 歴 史 も 反 映 さ せ る べ き だ 本 日 で 終 実 国 か の と 要 求 。 一 方 、 日 本 は 産 の 定 最 事 も ら 有 的 て 明 固 日 年 協 っ 業 遺 産 の 対 象 は 強 制 徴 用 の 問 題 と は 時 期 も 背 景 も 異 な る と の 立 場 で 、 意 見 使 館 が 開 く 記 念 行 事 に 相 ソ ウ ル で 開 い た 日 中 韓 外 対 立 が 続 い て き た 。 両 国 の 見 方 が 広 が っ て い る 。 互 に 出 席 す る の を 確 認 し 相 会 談 に 併 せ て 実 施 し て が 協 力 を 決 め た こ と で 、 が 登 録 自 体 に 反 対 し な く た 以 来 。 尹 氏 の 来 日 は 20 7 月 初 旬 に 開 く 世 界 遺 産 岸 田 氏 は 会 談 後 、 韓 国 て も よ い 環 境 が 満 た さ れ 日 韓 外 相 会 談 は 3 月 に 13 年 2 月 の 就 任 後 初 め 委 員 会 で 登 録 が 決 ま る と の 百 済 歴 史 遺 跡 に 触 れ た と ( 韓 国 政 府 が ) 判 断 「 両 国 の 推 薦 案 件 が と も し た よ う だ 」 と 伝 え た 。 に 登 録 さ れ る よ う 協 力 す 日 本 側 は 強 制 徴 用 の 事 実 マ 明 治 日 本 の 産 業 革 命 遺 産 価 。 1850 年 代 か ら 191 る こ と で 完 全 に 一 致 し を 具 体 的 に ど う 反 映 さ せ 九 州 5 県 と 山 口 、 静 岡 、 岩 0 年 の わ ず か 約 団 年 間 の 短 期 た 」 と 強 調 。 尹 氏 も 「 協 る か 明 確 に し て い な い 。 手 の 計 8 県 に ま た が る 計 施 間 で 造 船 、 製 鉄 ・ 鉄 鋼 、 石 炭 議 を 通 じ て 円 満 に 解 決 し 日 中 韓 首 脳 会 談 を 開 く 設 で 、 国 連 教 育 科 学 文 化 機 関 の 重 工 業 分 野 で 急 速 に 産 業 化 よ う と い う 共 通 認 識 を 持 際 に 、 安 倍 首 相 と 朴 大 統 ( ュ ネ ス コ ) の 諮 問 機 関 が 5 し 、 幕 末 、 明 治 前 期 、 明 治 後 っ た 」 と 説 明 し た 。 月 に 世 界 遺 産 に 「 記 載 」 す べ 期 の 3 つ の 段 階 の 時 系 列 も わ 領 の 初 の 2 国 間 の 首 脳 会 き だ と 勧 告 し か る と し た 。 聯 合 ニ ュ ー ス は 「 強 制 談 を 開 く こ と を 検 討 す た 日 韓 両 国 は 世 界 遺 産 委 員 会 徴 用 の 事 実 を 反 映 さ せ る る 。 両 外 相 に よ る 相 互 訪 こ の 勧 告 で の メ ン バ ー で 、 ド イ ツ ・ ポ ン こ と で 事 実 上 合 意 し た 」 問 で も 合 意 。 尹 氏 か ら 岸 は 、 非 西 洋 国 で 登 録 の 是 非 を 話 し 合 う 世 界 と 報 じ た 。 「 日 本 側 が 従 田 氏 に 年 内 の 訪 韓 を 招 請 家 に 初 め て 産 遺 産 委 員 会 が 6 月 下 旬 か ら 7 来 よ り 進 ん だ 立 場 を 明 ら し 、 事 務 レ ベ ル で 調 整 を = 業 化 の 波 及 が 月 上 旬 に 開 か れ る 。 成 功 し た と 評 ( 写 真 は 軍 艦 島 ) か に し た こ と で 、 韓 国 側 続 け る こ と と な っ た 。 懸 元 徴 用 工 問 題

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


器 症 候 群 コ ロ と 中 国 の 彪 城 商 務 相 が た 米 韓 原 子 力 協 定 は 、 韓 国 韓 国 初 の 原 発 廃 炉 韓 国 首 相 に 黄 氏 就 任 ナ ウ イ ル ス 間 題 の 早 期 収 1 日 、 ソ ウ ル で 中 韓 自 由 貿 の 再 処 理 に 道 を 開 く 内 容 に 朴 政 権 3 人 目 束 。 絽 日 の 就 任 後 、 記 者 団 易 協 定 に 正 式 署 韓 水 原 決 定 最 古 の 古 里 1 号 機 改 定 さ れ 米 東 部 時 間 の 十 五 日 に ワ シ ン ト ン で 署 名 さ れ に 「 国 民 の 安 全 を 守 る た め 名 し た 。 国 会 で の 批 准 を 経 【 釜 山 Ⅱ 共 同 】 韓 国 の 全 に 廃 炉 を 勧 告 し て い た 。 政 た 。 今 後 、 先 進 国 の 祠 % 【 ソ ウ ル Ⅱ 宮 崎 健 雄 】 韓 最 善 を 尽 く す 」 と 述 べ 、 て 正 式 に 発 効 す る 。 国 国 会 は 絽 日 の 本 会 議 で 、 患 者 の い る 医 療 施 設 協 定 が 発 効 す れ ば 品 目 原 発 を 運 営 す る 「 韓 国 水 力 府 は 一 一 一 〇 年 以 降 に 世 界 で 原 水 準 」 ( 産 業 通 商 資 源 省 ) パ ク ク ネ 朴 槿 恵 大 統 領 が 首 相 に 指 名 や 保 健 所 を 視 察 し た 。 数 ベ ー ス で 中 国 は % 、 韓 原 子 力 ( 韓 水 原 ) 」 は 十 六 発 解 体 需 要 が 拡 大 す る と 見 に と ど ま っ て い る 解 体 技 術 し た 黄 前 法 相 ( 田 ) の 黄 氏 は 検 事 出 身 。 国 会 国 は % の 関 税 を 年 以 内 日 、 南 部 釜 山 郊 外 に あ り 一 越 し 、 解 体 技 術 獲 得 の 「 練 の 向 上 に 取 り 組 む 。 ( 東 京 6 ・ リ 任 命 同 意 案 を 賛 成 多 数 で 可 の 人 事 聴 聞 会 で 検 察 官 退 官 に 撤 廃 す る 。 中 国 は 自 動 車 九 七 八 年 に 商 業 運 転 を 始 め 習 台 」 に し た い と み ら れ る 。 パ ク ク ネ 朴 槿 恵 政 権 は 原 発 増 設 や 決 し た 。 黄 氏 は 同 日 、 就 任 後 に 務 め た 法 律 事 務 所 で 部 品 な ど を 関 税 撤 廃 の 対 た 同 国 最 古 の 商 業 用 原 子 し た 。 の 高 給 な ど が 間 題 と な っ 象 か ら 外 し 、 韓 国 の 農 水 炉 、 古 里 原 発 1 号 機 ( 加 圧 原 発 プ ラ ン ト 輸 出 を 国 策 と 地 支 配 が 合 法 だ っ た と の 認 ( 読 売 6 朝 畜 産 物 の 自 由 化 率 は 間 % に 水 型 軽 水 炉 、 出 力 五 十 八 万 し て 、 建 設 か ら 運 転 、 解 識 に 立 っ て い る と 批 判 し 、 物 蒄 九 前 首 相 は 裏 金 疑 惑 た 。 と ど ま っ た 。 南 北 協 力 事 業 七 千 ) の 運 転 を 認 可 期 限 体 、 使 用 済 み 核 燃 料 管 理 に 個 人 の 請 求 権 は 消 滅 し て い で 4 月 に 辞 任 し 、 約 日 間 と し て 北 朝 鮮 ・ 開 城 の 「 開 が 切 れ る 一 一 〇 一 七 年 六 月 で 至 る 一 貫 し た 運 用 体 系 の 確 な い と の 判 断 を 示 し た 。 首 相 不 在 が 続 い て い た 。 朴 中 韓 LL e < 政 権 で は 首 相 の 辞 任 が 相 次 た だ 、 こ の 大 法 院 の 判 断 城 工 業 団 地 」 で 製 造 さ れ る や め 、 廃 炉 と す る こ と を 理 立 を 目 指 し て い る 。 正 式 署 名 き 、 黄 氏 は 3 人 目 の 首 相 と 310 品 目 に つ い て は 「 韓 事 会 で 最 終 決 定 し た 。 韓 国 建 設 と 運 転 は あ る 程 度 実 は そ れ ま で の 韓 国 政 府 の 見 な る 。 績 が あ り 、 使 用 済 み 核 燃 料 解 と も 違 う 。 韓 国 政 府 は 肪 【 ソ ウ ル Ⅱ 宮 崎 健 雄 】 韓 国 製 」 と 扱 う こ と に な つ で 原 発 の 廃 炉 決 定 は 初 。 ( 読 売 6 ・ 2 ) 韓 国 政 府 は 十 一 百 、 同 社 の 再 処 理 を 事 実 上 禁 じ て き 年 、 元 慰 安 婦 や 被 爆 者 、 サ 当 面 の 課 題 は 、 中 東 呼 吸 国 の 櫺 産 業 通 商 資 源 相 た 。 ハ リ ン 残 留 韓 国 人 へ の 対 応 命 じ た 。 韓 国 は 三 審 制 で 、 と な る 。 日 本 政 府 は 、 植 民 地 支 配 は 請 求 権 協 定 に 含 ま れ な い 元 徴 用 工 の 請 求 権 再 認 定 同 社 は 上 告 す る 方 針 。 こ の 日 の 控 訴 審 判 決 は 、 で 生 じ た 被 害 や 損 失 に つ い と す る 一 方 、 徴 用 工 に つ い 韓 国 で は 、 大 法 院 ( 最 高 大 法 院 の 判 断 を 踏 襲 し た う て の 請 求 権 の 問 題 は 、 19 て は 含 ま れ る と の 解 釈 を 示 韓 国 の 高 裁 三 菱 重 工 に 賠 償 命 令 裁 ) が 2012 年 5 月 、 元 え で 、 一 審 か ら 賠 償 額 を 一 65 年 の 請 求 権 協 定 で 解 決 し て い た 。 第 2 次 世 界 大 戦 中 に 「 女 判 決 が 日 、 韓 国 の 光 州 高 徴 用 工 ら 個 人 が 請 求 す る 権 部 変 更 し た 。 原 告 ら は 判 決 済 み と の 立 場 で 、 同 種 の 訴 三 菱 重 工 業 は 朝 日 新 聞 の 子 勤 労 挺 身 隊 員 」 と し て 朝 裁 で あ っ た 。 裁 判 長 は 、 原 利 は 「 消 滅 し て い な い 」 と 後 に 記 者 会 見 し 、 「 感 慨 無 量 訟 の 原 告 が 日 本 で 起 こ し た 取 材 に 「 不 当 な 判 決 と 言 わ 鮮 半 島 か ら 徴 用 さ れ 、 三 菱 告 ら の 個 人 請 求 権 を 認 め た す る 判 断 を 示 し て 以 降 、 地 だ 。 一 一 度 と こ う し た こ と が 裁 判 で は 、 協 定 に よ り 請 求 さ る を 得 な い 。 誠 に 遺 憾 で 重 工 業 の 名 古 屋 の 軍 需 工 場 一 審 判 決 と 同 様 の 判 断 を 示 裁 、 高 裁 で 日 本 企 業 に 対 す 起 き な い よ う に し な け れ ば 権 は 消 滅 し た と す る 判 断 が あ る 」 と 答 え た 。 ( 光 州 Ⅱ 貝 瀬 秋 彦 ) で 働 か さ れ た 韓 国 人 女 性 や し 、 5 人 に 対 し そ れ ぞ れ 1 る 原 告 勝 訴 の 判 決 が 相 次 い な ら な い 」 と 訴 え 、 同 社 が 上 最 高 裁 で 確 定 し た 。 ( 朝 日 6 ・ ) 遺 族 計 5 人 が 、 同 社 に 損 害 億 ( 約 1100 万 円 ) 5 で い る 。 今 後 は 、 上 告 審 で 告 を せ ず に 判 決 内 容 を た だ し か し 、 韓 国 の 大 法 院 賠 償 を 求 め た 訴 訟 の 控 訴 審 1 億 2 千 歹 オ を 支 払 う よ う の 大 法 院 の 最 終 判 断 が 焦 点 ち に 履 行 す る よ う 求 め た 。 は 、 日 本 の 司 法 判 断 は 植 民 国 際 て い し ん