検索 - みる会図書館

全データから 213876件ヒットしました。

わたしたちの地球を守ろう⑤ 地球の大気を守ろう


0 地 球 の 大 気 を 守 ろ う た い き お せ ん 大 気 汚 染 は ど う す れ ば ふ せ け る ガ わ た し た ち の 地 球 を 守 ろ う 5 き 文 = ジ ョ ー ン ・ べ イ ン . ズ 不 破 敬 一 郎 / 訳 ・ 解 説 = 小 田 英 智 ふ わ け い い ち ろ う お だ ひ で と も . 監 イ = 環 境 科 学 会 会 長 東 京 大 学 名 誉 教 授 も く じ は じ め に 大 気 は と ん な は た ら き を し て い る か 大 気 を 汚 す る 化 石 料 大 気 を 汚 す る 化 学 物 質 放 能 の 危 険 そ の ほ か の 汚 地 球 の 大 気 を 守 る た め に 白 笨 の 読 者 の た め に さ く い ん さ ら に 調 べ た い 人 に 役 に た っ 笨 環 境 問 題 に つ い て 相 談 で き る と こ ろ 2 4 8 8 6 8 0 っ 乙 6 7 7 た 、 、 き ま も た し 、 き ち き ゅ う ち へ い せ ん 線 ゆ き 気 平 ら 大 地 あ 、 の し が 主 美 け 。 球 な 。 」 球 焼 ち 地 う す ら 地 。 よ ま た = す の い み も 表 ま こ て ら め 、 き か 真 そ が 〔 生 写 く ~ 命 て 、 ・ 月 紙 生 い 下 = 表 を る の 裏 0 力 、 ん き よ う も ん た 、 、 CONSERVING T 〃 」 TMOSPHERE ◎ ル の 7 の ( P 励 / な ん 催 引 〃 , ノ 989 Or / 皿 / / ) 挈 応 ん 記 り ル ) 伽 祠 田 / な ん e 島 丿 ん . , し ん , 7 989 り K. , 4 パ / - S 胤 4 , 7 ' 0 い 0 ノ 99 ノ 田 gem 印 ロ ん ro な ん ル 2 帰 祠 / な ん 既 り ん . 偕 成 社

わたしたちの地球を守ろう⑤ 地球の大気を守ろう


′ を た い き 大 気 は ど ん な は た ら き を し て い る か と う め 、 、 き た い す い し よ う き 透 明 な 大 気 は 、 気 体 と 水 蒸 気 と ち り が ま じ り あ っ た あ っ そ う た い き け ん も の で す 。 厚 さ 7 km の 大 気 の 層 ( 大 気 圏 ) が 、 地 球 を あ っ と り ま い て い ま す 。 て も 、 こ の 大 気 の 厚 さ も 、 巨 大 な ち き ゅ う 地 球 に く ら べ れ は 、 う す 皮 の よ う な も の で す 。 ち き う こ の 地 球 を つ つ む 大 気 が 、 隕 石 や 有 害 な 光 線 か ら 、 ち き う し よ う せ い め 、 、 ち き ゅ う 地 球 上 の 生 命 を 守 っ て い ま す 。 大 気 が な け れ ば 、 地 球 も 、 月 の よ う に 不 毛 な 星 と な り ま す 。 大 気 の お か げ で 、 う み か わ 海 も 川 も 湖 も 、 そ し て 、 植 物 も 存 在 で き ま す 。 こ う せ ん い ん せ き ゆ う 力 、 い ち き 塘 う つ き き よ だ い か わ み す う み そ ん ざ い ( ぐ 4C ア ル プ ス の 高 原 は 花 ざ か り で す 。 植 物 は 、 ニ 酸 花 炭 素 を 吸 収 し て 分 を つ く り ま す 。 △ 地 球 を と り ま く 大 気 の お か げ で 、

いま、地球の子どもたちはー2015年への伝言④ こわされる地球の子どもたち(環境】


京 都 子 ど も 環 境 フ ォ ー ラ ム 2 月 11 日 、 「 京 都 子 ど も 環 境 フ ォ ー ラ ム 」 が ひ ら か れ 、 環 境 に 関 心 を も っ 子 ど も た ち が あ つ ま り ま し た 。 子 ど も た ち は 学 校 で の 取 り 組 み な ど を 報 告 し 、 フ ォ ー ラ ム の さ い ご に は 、 5 つ の 「 環 境 ア ピ ー ル 」 と 「 子 ど も 環 境 宣 言 」 を よ み あ げ ま し た か ん し ん が っ こ う ほ う こ く く と せ ん げ ん 0 ー ー 一 地 球 を 守 る の は 私 た ち ! ふ せ へ し 、 せ し 、 平 成 9 年 12 月 、 地 球 の 温 暖 化 を 防 き 、 地 球 の 環 境 を 守 っ て い く た め に 、 世 界 170 を 超 え る 国 や 地 域 か ら 5000 人 も の 人 々 が 集 ま っ て 「 地 球 温 暖 化 防 止 京 都 会 議 」 が 開 催 さ れ ま し た 0 そ れ か ら 7 年 。 こ の 国 際 会 議 で 策 定 さ れ た 「 京 都 議 定 書 」 が 世 界 140 ヶ 国 の 批 准 を 経 て い よ い よ 発 効 す る こ と に な り ま し た 私 た ち は こ れ ま で 学 校 や 地 域 に お い て 地 球 の 環 境 を 守 る た め 、 今 何 を し な け れ ば な ら な い か を 学 習 し て き ま し た 0 そ し て 本 日 、 世 界 中 で 私 た ち の ま ち 「 京 都 の 名 の つ い た 「 京 都 議 定 書 」 が 発 効 す る の を 前 に 「 京 都 子 ど も 環 境 フ ォ ー ラ ム 」 を 開 催 し 、 私 た あ お う つ く ひ と り お お ち 一 人 一 人 の 行 動 を よ り 大 き い 輪 と し て い く 決 意 と 、 青 く 美 し い 地 球 を は っ し ん 守 り た い と い う 願 い を 次 の ア ピ ー ル に こ め て 発 信 し ま す こ の ア ピ ー ル は 先 輩 か ら 私 た ち へ 、 そ し て 、 私 た ち か ら 次 の 世 代 へ と か え か た 地 球 を 守 る 心 と 共 に 繰 り 返 し 語 り 継 が れ 、 受 け 継 い で 行 か れ る も の と 信 じ て い ま す ひ と び と ち い き あ っ か い さ い さ く て い か ひ じ ゅ ん い ま な に が く し ゅ う な せ か い じ ゅ う ほ ん じ つ ま え け つ い わ こ う ど う つ ぎ ね が 0 せ だ い せ ん ば い う く と も こ こ ろ つ 0 33 We st 「 ive to reach the Goals by 2015

阪神の女房


最 後 の 大 会 も 終 わ っ た 。 結 局 、 。 フ ロ 野 球 を 引 退 す る ま で ほ ぼ 三 〇 年 間 キ ャ ッ チ ャ ー の ポ ジ シ ョ ン を 守 り 続 け る こ と に な っ た が 、 実 は 、 か な り の 時 期 ま で 捕 手 の お も し ろ さ に 気 づ く こ と な く 、 ど ち ら か と い え ば し ぶ し ぶ や っ て い た と い っ た ほ う が 近 い だ ろ う 。 私 の 野 球 人 生 は そ の 後 も 何 度 か 挫 折 に 見 舞 わ れ る 。 む し ろ 挫 折 こ そ が 私 の 野 球 人 生 だ と ー ト さ れ た こ と は 私 思 え る く ら い な の だ が 、 小 学 校 六 年 生 の と き に キ ャ ッ チ ャ ー に コ ン ヾ に と っ て 最 初 の 挫 折 と い え る も の だ っ た 。 し か し 、 挫 折 が 自 分 に と っ て は 結 果 的 に い い 方 向 に 進 む こ と に な る 。 ー ト が な け れ ば 、 自 分 の 体 力 や 能 力 や 資 質 的 な 面 か ら い っ シ ョ ー ト か ら 捕 手 へ の コ ン バ て 、 間 違 い な く 高 校 、 大 学 、 そ し て 。 フ ロ 野 球 の 二 〇 年 間 と 野 球 を 続 け て い く こ と が で き な か っ た は す だ か ら だ 。

日本の街道 8 日燃ゆる九州


0 葉 木 五 家 峩 0 縦 木 仁 田 尾 0 0 椎 原 弊 0 久 連 子 0 五 木 八 代 。 球 磨 川 の 流 れ に た ど る 中 世 文 化 服 部 英 雄 ) 肥 後 峠 球 磨 川 多 良 木 横 谷 人 城 。 吉 さ が ら を 思 い う か べ よ う 。 球 磨 川 く だ り は 、 人 吉 城 主 相 良 球 磨 川 く だ り の 道 氏 の 参 勤 交 代 に も 使 用 さ れ た 重 要 な 交 通 路 で あ っ 秋 が 深 ま り 落 ち 鮎 の 声 を 聞 く よ う に な る と 、 朝 の た 。 人 吉 城 の 水 の 手 門 を 出 た 参 勤 交 代 の 舟 は 、 鎗 を く ま が わ か わ も や っ し ろ 人 吉 盆 地 は 濃 い 霧 に 包 ま れ る 。 霧 は 球 磨 川 の 川 面 か 立 て た 舟 を 先 頭 に 、 流 れ に の っ て 八 代 ま で く だ っ た 途 中 、 急 流 の 川 岸 に は 、 ″ 鎗 倒 し 。 ら 湧 く 。 川 べ り の 人 吉 城 は 容 易 に そ の 姿 を み せ よ う の で あ る ( 、 の 岩 み と 呼 ば れ る 岩 壁 も 現 存 す る と は し な い 。 城 山 は 球 磨 川 に 守 ら れ た 天 険 な の で あ し か し 、 参 勤 交 代 の 道 は 、 球 磨 川 く だ り の 道 の み だ っ た わ け で は な い 。 し ば し ば 、 九 州 脊 梁 山 脈 ・ 横 ひ ゅ う が 人 吉 城 と 球 磨 川 は 、 そ の 立 地 の 上 で 強 い つ な が り 谷 越 え を へ て 日 向 に 出 る 道 も 用 い ら れ た 。 ま た 西 南 が あ る 。 球 磨 川 と い え ば 、 人 は 誰 し も 球 磨 川 く だ り 戦 争 の 際 、 西 郷 軍 に よ っ て も 使 用 さ れ た 別 の 参 勤 道 路 は 、 盆 地 の 北 西 、 照 角 と 呼 ば れ る 山 を 越 え て 、 こ う の せ っ た ん 球 磨 川 の 川 べ り の 神 瀬 に く だ り 、 再 び 山 を 越 さ し き し ら ぬ え て 不 知 火 海 岸 ・ 佐 敷 に 出 る と い う も の で 、 ほ と ん ど 球 磨 川 水 運 に た よ っ て は い な か っ た の で あ る 。 し た が っ て 、 球 磨 盆 地 と 外 界 を 結 ぶ 主 要 ル ー ト を A 」 ノ 、 に 山 ・ 球 磨 川 の み と す る の は 、 速 断 に す ぎ な い 。 世 に 人 吉 城 が 築 か れ た こ ろ 、 球 磨 川 水 運 に よ る 不 知 火 海 と の 結 び つ き は 、 き わ め て 稀 薄 だ っ た 。 そ れ は 、 人 吉 藩 の 商 人 林 正 盛 が 球 磨 川 を 開 さ く し て 人 吉 ー 八 代 間 の 舟 運 ル ー ト を 完 成 し た の が 寛 文 四 と い う こ と か ら も 知 ら れ る 。 林 正 盛 は 『 求 六 四 球 磨 村 の 球 磨 川 一 一 中 世 に は 球 磨 川 の 一 部 が 水 運 に 利 用 さ れ て い た 。 肥 薩 線 、 一 勝 地 は 一 升 打 と し て 中 世 の 史 料 に み え る 。 か ん ぶ ん や り 750

いま、地球の子どもたちはー2015年への伝言④ こわされる地球の子どもたち(環境】


2015 年 へ の 伝 言 い ま 、 地 球 の 子 ど も た ち は こ わ さ れ る 地 球 の 子 ど も た ち ( 環 境 ) か ん き よ う の 、

人はなぜ星を見上げるのか―星と人をつなぐ仕事


☆ 地 球 か ら 遠 く を 見 る 今 、 地 球 に 生 き る 間 億 人 の う ち 、 自 ら の 目 で 地 球 を 眺 め ら れ る 人 は 、 わ ず か な 宇 宙 飛 行 士 だ け 。 け れ ど も 、 間 億 人 の 人 々 は 、 こ の 地 上 か ら 星 を 見 上 げ る こ と が で き る 。 は る か 手 の 届 か な い と こ ろ に あ る 星 へ の 視 線 は 、 何 故 か 鏡 の よ う に 反 射 し て 、 再 び 地 球 を 眺 め 、 そ の 中 の 小 さ な 自 分 を 見 つ め る 視 点 を 与 え て く れ る 。 ア ン キ ロ サ ウ ル ス が 生 ま れ た と き に 光 っ た 星 を 今 、 私 が 見 て い る 。 私 が お 母 さ ん と 笑 っ た と き に 光 っ た 星 は だ れ が 見 て く れ る か な 。 佐 野 春 香 (2 歳 ) ( 「 Memo ュ es ー ほ し に む す ば れ て 、 ※ 〈 章 参 照 〉 よ り ) 星 は と て も 遠 い と こ ろ に あ る 。 地 球 に も っ と も 近 い 天 体 の 月 で さ え 、 万 の 向 こ う 側 。 太

いま、地球の子どもたちはー2015年への伝言④ こわされる地球の子どもたち(環境】


開 発 途 上 国 で く ら す 子 ど も た ち ど う し て 地 球 は 温 暖 化 す る ? に さ ん か た ん そ し ゆ っ く う き ち ゅ う お ん ど へ い き ん き お ん 太 陽 の 熱 は 地 球 を あ た た め て 温 度 を あ げ ま す が 、 夜 に な れ ば 放 射 し て 宇 宙 に 放 さ れ て い る も の で す 。 地 球 の 平 均 気 温 は 、 お よ そ 15 度 で す 。 こ れ は 、 太 陽 の 熱 や 大 気 に よ っ て も た ら ち き ゅ , ? ん ん = 、 = ・ 地 球 温 暖 化 、 き ゅ う し ゅ う よ る う ち ゅ う た い よ う ね つ お ん し つ こ う か こ れ ら 、 地 球 を あ た た め る ガ ス を 「 温 室 効 果 ガ ス 」 と い い ま す そ の 60 パ ー セ あ た た か い 空 気 で つ つ み こ み 、 地 球 が ひ え す き る の を ふ せ い で い ま す 出 さ れ ま す 。 こ の と き 、 空 気 中 の 二 酸 化 炭 素 や メ タ ン ガ ス が 、 熱 を 吸 収 し 地 球 を ン ト は 二 酸 化 炭 素 で す ね ん か ん ■ 過 去 140 年 間 の 気 温 の 変 化 0.8 1961 ~ 1990 年 の 平 均 か ら の 気 温 の 偏 差 ( ℃ ) そ の 他 0.4 % わ り あ い 温 室 効 果 カ ス の 割 合 一 酸 化 ニ 窒 素 6.2 。 フ ロ ン 類 お よ び / 、 ロ ン 13.5 % ニ 酸 化 炭 素 60.1 % メ タ ン 0.4 -0.4 1860 19 旧 % 資 料 :IPCC 第 3 次 評 価 報 告 書 地 球 の 平 均 気 温 は 過 去 100 年 間 で 0.6 度 も 上 昇 し 、 海 面 の 水 位 も 10 ~ 20 ( m 上 昇 し て い ま す 1990 年 代 は 、 過 去 1000 年 間 で も っ と も 気 温 の 高 い 10 じ よ う し よ う か い め ん す い い 年 で し た 。 温 度 計 か ら の テ ー タ 1880 1900 1920 1940 1960 1980 2000 年 We strive to 「 each the GoaIs by 2015

わたしたちの地球を守ろう⑤ 地球の大気を守ろう


し ゅ う よ う き ゅ う ま も せ い め い 大 気 は 、 地 上 の す べ て グ 生 命 を 守 り 、 呼 吸 な ど に も 重 要 な は た ら き を し て い ま 大 気 を つ く っ て い る 気 体 は 目 に み え ま せ ん が 、 雲 に な っ た 水 蒸 気 は 、 み る こ と が で き ま す 。 写 資 は 、 地 上 3 万 7000km の 上 空 か ら 、 人 工 星 が 撮 影 し た 地 球 で す 。 う す ま く 白 い 雲 が 、 地 球 を つ つ む 大 気 の 運 動 を し め し て い ま す 。 す い し よ う き ち き ル i た い き う 人 と - う ち し : う た い き け 人 マ 地 球 の 大 気 圏 は 、 地 上 700 km く ら い ま で ひ ろ が っ て い ま す 。 下 の 図 は 、 地 球 の 大 気 圏 の つ く り を し め し た も の で す 。 大 気 は 、 高 く な る ほ ど う す く な り ま す 。 ち き ゅ う 第 の 大 気 を の つ く り 寡 気 圏 上 繝 km 以 上 と か わ 大 気 圏 の い ち ば ん 外 側 の 層 。 (km) 電 離 層 一 地 主 60 500 血 400 大 気 が 電 気 を お び 、 、 電 を 反 す る 層 。 電 離 層 は 、 高 温 の 大 気 の 層 で す 。 55 成 層 圏 上 10 ~ 40 逾 が ほ ほ 一 定 の 大 気 の 層 で 、 曇 は あ り ま せ ん が つ よ い 風 が あ り ま す 。 対 流 圏 界 面 ( 対 朝 の 算 ) 対 流 圏 矢 気 の 庫 さ は : 赤 主 で 18 、 極 地 で 6km と 場 所 に よ っ て ち 力 、 い ま す 。 曇 や 風 や 雨 な ど の 、 さ ま さ ま な 気 象 現 象 こ で お き ま す た い き き け ん さ ん そ 大 気 を つ く る チ ッ 素 と 酸 素 う * す い し よ う き た い き け ん わ た し た ち が く ら す 大 気 圏 の 低 い 層 は 、 水 蒸 気 や ち さ ん ル り を の ぞ け ば 、 78 % が チ ッ 素 で 21 % ガ 酸 素 で す 。 の こ に さ ん か た ん ル た ん さ ん り の ] % は 、 ニ 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 カ ス ) や ア ル ゴ ン 、 ネ オ ン 、 オ ゾ ン と い っ た 気 体 か ら な り ま す 。 こ の ] % の な ど く せ い に ん げ ん か に は 、 人 間 が つ く り だ す 、 毒 性 の つ よ い タ イ オ キ シ ン な ど の 気 体 も ふ く ま れ て い ま す 。 そ れ ぞ れ の 気 体 は 、 重 要 な は た ら き を し ま す 。 酸 素 が 少 な く な れ ば 、 生 物 は 、 平 吸 が で き な く な り ま す 。 ち き う せ ん た い お お は ん た い 反 対 に 、 多 く な り す き る と 、 地 球 全 体 が も え て し ま う こ と に な り ま す 。 わ す か な 量 の 気 体 も 、 そ れ ぞ れ の 性 や く 物 に お う じ て 、 た い せ つ な 役 わ り を 果 た し て い ま す 。 た い き け ん ひ く そ う そ ん う ー に う お た い き さ ん い ) う よ う 6 ~ 18 、 、 う け ん は * 地 上 か ら 90km ほ ど ま て の 大 気 て は 、 各 気 体 の わ り あ い は 、 ほ ほ お な じ で す 。

阪神の女房


野 球 を 始 め た ば か り の 幼 い 私 は 、 自 分 が こ こ ま で 野 球 を 続 け て こ ら れ る な ん て 、 夢 に も 思 っ て い な い 。 そ れ は 私 に と っ て 充 実 し た 、 実 に 素 晴 ら し い 年 月 で も あ っ た 。 も ち ろ ん 、 こ れ か ら し つ く り 成 功 ば か り で は な い 。 む し ろ 失 敗 続 き の 野 球 人 生 と い っ た ほ う が い い 書 か せ て い た だ く が 、 節 目 、 節 目 の 、 肝 心 な と ぎ に 、 私 は 挫 折 し た 。 あ る と き 確 実 に 野 球 を や め よ う と 決 心 し た 時 期 が あ る 。 も し あ の 出 来 事 が な く て 、 そ の ま ま 時 が 過 ぎ て し ま っ て い れ ば 、 確 実 に そ の 後 の 私 の 野 球 人 生 は な か っ た は す だ 。 そ の と き に 私 を 救 っ て く れ た の が 、 他 な ら ぬ 野 球 を 始 め る き っ か け を つ く っ て く れ た 兄 だ っ た の だ 。 族 家 れ 兄 は 、 地 元 の 少 年 野 球 チ ー ム 「 瓜 破 エ ン ゼ ル ス 」 の 主 力 選 手 と し て 活 躍 し て い た 。 小 柄 て え だ っ た 私 と 違 っ て 体 格 も よ く 、 チ ー ム で は キ ャ ッ チ ャ ー の ポ ジ シ ョ ン を 任 さ れ て い た 。 打 支 を 撃 も 抜 群 。 ま さ に 打 っ て よ し 、 守 っ て よ し の 万 能 選 手 だ っ た 。 夢 の へ 大 和 川 沿 い の 河 川 敷 グ ラ ウ ン ド の 試 合 で 、 兄 が 特 大 の 場 外 ホ ー ム ラ ン を か っ 飛 ば す の を 球 野 見 た こ と が あ る 。 「 兄 貴 、 格 好 い い な 」 と ホ ー ム ペ ー ス を ゆ っ く り 一 周 す る ユ ニ フ ォ ー ム 章 姿 の 兄 を 、 ま だ ポ ー ル さ え ま と も に 捕 れ な い 小 学 二 年 の 私 は 惚 れ 惚 れ と 眺 め た も の だ 。 ま 、 つ . り こ わ 、 り ・