検索 - みる会図書館

全データから 214350件ヒットしました。

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


わ の 会 の 目 良 Ⅱ 心 を 射 抜 く 作 品 た ち NPO 法 人 あ ー と ・ わ の 会 書 籍 プ ロ ジ ェ ク ト

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


は じ め に 野 原 宏 『 わ の 会 の 眼 コ レ ク タ ー た ち の 静 か な 情 熱 』 は ニ 〇 一 ニ 年 六 月 に zc 〇 法 人 あ ー と ・ わ の 会 の 一 〇 周 年 記 念 事 業 の 一 つ と し て 発 刊 さ れ た も の で す 。 そ の 続 編 と し て 本 書 『 わ の 会 の 眼 Ⅱ 心 を 射 抜 く 作 品 た ち 』 が 上 梓 さ れ ま し た 。 小 コ レ ク タ ー の 集 ま リ で あ リ ま す zæ 〇 法 人 あ ー と ・ わ の 会 の 前 身 は 「 コ レ ク タ ー が 創 る ! わ た く し 美 術 館 」 で す 。 物 故 の 洋 画 作 家 の 作 品 を 主 に コ レ ク シ ョ ン し て い る 七 三 名 の 会 員 で 組 織 さ れ て い ま す 。 作 品 の 公 開 や 埋 も れ た 作 家 の 発 掘 顕 彰 を し て 美 術 普 及 活 動 の 推 進 を は か っ て い ま す 。 本 書 掲 載 の 作 品 を ご 覧 い た だ け れ ば ご 理 解 い た だ け る よ う に 高 名 高 額 な も の は あ リ ま せ ん が 、 珠 玉 の 名 品 が 数 多 く あ リ ま す 。 全 国 の 会 員 が 長 年 苦 労 し て コ レ ク シ ョ ン し た も の で す 。 作 品 は 一 七 〇 点 、 作 家 数 一 四 五 名 、 制 作 年 の 幅 は 一 八 八 一 年 か ら ニ 〇 一 四 年 ま で の 一 三 三 年 間 に 制 作 さ れ た も の で 、 油 彩 が 主 で す が 水 彩 ・ 版 画 ・ 日 本 画 ・ 立 体 作 品 等 で 構 成 さ れ て い ま す 。 一 一 〇 一 五 、 六 年 に は 、 平 塚 市 美 術 館 と 東 御 市 梅 野 記 念 絵 画 館 で 前 著 掲 載 作 品 の ほ ぼ 全 作 品 を 展 示 し て い た だ き 大 好 評 を 得 ま し た 。 小 コ レ ク タ ー の コ レ ク シ ョ ン か 一 括 し て 公 立 美 術 館 一 一 館 で 企 画 展 扱 い で 本 格 的 に 展 示 さ れ た こ と は 大 変 稀 な こ と で コ レ ク タ . ー 冥 利 に 尽 き ま す 。 い つ も 見 饋 れ て い る 作 品 が 本 格 的 な 照 明 技 術 に よ リ 一 段 と 輝 き を 増 し 、 我 が 子 の 晴 れ 舞 台 を 見 て い る よ う な 感 激 を 得 ま し た 。 こ の 本 の 掲 載 作 品 も 機 会 に 恵 ま れ れ ば 是 非 晴 れ の 舞 台 に 立 た せ て あ げ た い と 思 っ て い ま す 。 あ な た の 好 き な 一 枚 の 絵 を 探 し て み て く だ さ い 。 き っ と 見 つ か リ ま す 。 そ し て 楽 し い ひ と 時 を お い 。 私 た ち の 仲 間 と し て い つ で も 歓 迎 し ま す 。 ( の は ら ・ ひ ろ し / zæ 〇 法 人 あ ー と ・ わ の 会 理 事 長 )

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


『 わ の 会 の 眼 Ⅱ 心 を 射 抜 く 作 品 た ち 』 発 行 企 画 編 集 校 正 発 行 日 連 絡 先 印 刷 写 真 撮 影 表 紙 裏 表 紙 NPO 法 人 あ ー と ・ わ の 会 NPO 法 人 あ ー と ・ わ の 会 書 籍 プ ロ ジ ェ ク ト 野 原 宏 平 園 賢 一 堀 良 慶 鈴 木 正 道 中 山 ゆ か り 斉 藤 博 美 理 事 長 プ ロ ジ ェ ク ト ・ リ ー ダ ー 企 画 会 計 編 集 編 集 デ ザ イ ン テ イ ム ・ グ ロ ヴ ズ 翻 訳 佐 々 木 征 鈴 木 正 道 野 口 勉 和 田 孝 明 2017 年 6 月 25 日 NPO 法 人 あ ー と ・ わ の 会 書 籍 プ ロ ジ ェ ク ト 事 務 局 〒 277-0871 千 葉 県 柏 市 若 柴 1 ー 358 柏 わ た く し 美 術 館 内 Tel : 04 一 7134 ー 8293 E-mail : [email protected] 株 式 会 社 総 北 海 M G M 橘 正 人 富 野 事 務 所 広 幡 憲 《 浮 標 》 1948 年 靉 嘔 《 ハ ー ト 》 1976 年 ◎ NPO 法 人 あ ー と ・ わ の 会 2017 ( * 作 家 、 遺 族 等 著 作 権 者 の 方 々 に は 、 極 力 作 品 掲 載 の ご 許 諾 を い た だ く よ う 努 め ま し た が 、 ー ・ 部 ご 〕 叫 各 先 の 仭 月 な 作 品 が あ り ま し た 。 お こ た り の 方 は 「 わ の 会 」 事 務 局 に お 知 ら せ く だ さ い 。 ) レ 岶 - no - 々 a / no Me II(Eyes 0 科 - n 燔 / ハ ssoc / わ n ″ ) ー い わ s of/ キ れ 0 Capture げ Heatt Publisher NPOArtWa-no-kai Association Planni ng & ⅲ ng N PO Alt Wa-no-kai Association B00k Project Proofreading PubIishi ng date Contact Pri nting Ph0togr 叩 hy Cover design Nohara Hiroshi, Director H irazono Kenich i. Project Leader Hori Ryokei. Administrator Suzuki Masamichi,Treasurer NakayamaYukari, Editor Saito Hiromi. Editor & Designer Tm Groves,Translator Sasaki i. Suzuki Masamich i, Noguchi Tsutomu. Wada Takaaki June 25 ′ 2017 lhe Secretariat0f NPOAftWa-no-kai Association B00k Project c/o KashiwaWatakushi Museum 1-358Wakashiba, Kashiwa-shi. Chiba 277-0871 Japan Sohokkai Co.. Ltd. MGM, Tachibana Masato, Tomi no Office Hirohata Ken, ハ Buoy, 1948 / Ay - O , 日 謝 1976 ⑥ NPOArtWa-no-kai Association 2017 ( * 引 ne publishers have attempted t0 obtain the approval 0f the artists an 0 「 the owners of the reproduction rights to the works reproducedin this VOlume. However, in some instances, we have been unable tO contact the individuals concerned. Please contact us if you have any information concerni ng the holders 0f rights t0 these published images. )

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


堀 良 慶 『 コ レ ク タ ー ズ ・ コ レ ク シ ョ ン と し て 四 五 名 、 一 七 〇 点 の 作 品 を 集 め た 「 わ の 会 」 会 員 に よ る コ レ ク タ ー の 蒐 集 記 の 第 ニ 弾 が 、 『 わ の 会 の 眼 Ⅱ 』 と し て 発 刊 の 運 び と な リ ま し た 。 コ レ ク シ ョ ン が 、 夲 に 掲 載 さ れ る こ と は 、 ( 1 ) 出 品 者 に と っ て は 自 己 表 現 、 自 己 実 現 で あ リ ま す 。 ( 2 ) タ タ く の 作 ロ の 市 ・ に コ レ ク シ ョ ン を 置 く こ と は 、 コ レ ク タ ー に と っ て 他 流 ( 試 ム ロ て も あ リ ・ ま す 。 ( 3 ) コ レ ク シ ョ ン の 画 像 と コ メ ン ト 、 珞 歴 に よ る 表 現 は 、 出 品 者 の 人 格 を も 表 し て い ま す 。 ( 4 ) 画 像 と コ メ ン ト が 主 役 の こ の 本 を 手 に 取 っ て 鑑 賞 い た た く こ と は 、 美 術 の 普 及 に つ な が る 地 に 足 の 着 い た 活 動 と な リ ま す 。 そ れ ゆ え 、 出 品 者 は プ ラ イ ド を 持 っ て 作 品 を 選 抜 し ま す し 、 コ メ ン ト に も 思 い が 込 め 、 ら れ て い ま す 。 そ の よ う に 選 ば れ た 絵 や 彫 刻 を 媒 介 と し て 会 員 同 士 が コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を と リ 、 一 冊 の 本 を 編 む た め に 合 意 を は か リ 、 さ 、 ら に 会 員 の ボ ラ ン テ ィ ア 活 動 と い 、 つ 。 フ ロ セ ス を と る こ と に よ っ て 、 こ の 蒐 集 記 は 生 み 出 さ れ ま し た 。 主 役 は あ く ま で 絵 や 彫 刻 、 コ メ ン ト は コ レ ク タ ー の 表 現 手 段 で す か 、 四 五 名 に も 及 ぶ 多 く の 会 員 が こ れ そ と い う 作 品 を 出 品 し 、 そ の 作 品 に ま つ わ る 心 の こ も っ た 文 章 を 寄 せ る こ と に よ っ て 、 蒐 集 と い う 行 為 や 美 術 の 普 及 を め ぐ る 価 値 観 を 共 有 す る こ と に も つ な か リ ま し た 。 編 集 後 記 353

現代日本の文学 40 堀田 善衛 深沢 七郎 集


お 婆 さ ん は 一 つ の 世 界 だ け に 生 き る も の の 犯 し 難 い 気 品 を な さ そ う だ っ た 。 備 え て い た 、 狂 っ て は い る の だ が 、 し か し 薄 気 味 悪 い ほ ど 「 ど う か し ま し た か 」 に 健 全 な 存 在 、 と 看 え た : ・ い ま 自 分 は 井 田 一 作 と 相 対 と 言 っ た と き 、 井 田 一 作 は 自 分 が 職 務 上 の こ と か ら 、 ( ほ と ん ど 、 生 れ て は じ め て と い う 感 じ が し た 、 奇 怪 な こ し て 窓 の な い 部 屋 に い る 。 地 下 室 で 無 言 の 劇 を や っ て い る 。 パ イ 。 フ 、 伝 声 管 。 地 響 き が す る よ う だ 。 ど こ か の 窓 の と だ っ た ) 離 れ て 、 石 射 康 子 と い う 人 間 が そ こ に い る 、 と い ぶ か た た な い 部 屋 に 、 鉄 片 を 叩 き つ け て 国 や 人 間 の 身 体 を ひ き 千 で も 言 う し か な い 、 訝 し い も の に と ら え ら れ た 。 そ う し て 裂 り 、 神 経 を 抽 き 抜 く よ う な こ と を 計 画 し て い る 人 間 ど も 自 分 が 、 何 か ま っ た く 頼 り な い も の の よ う な 気 が し た 。 い ま 、 も し こ こ に 爆 弾 が 落 ち て 、 銀 座 の 地 下 鉄 で 遭 っ た よ う が い る 。 そ い つ ら こ そ 気 狂 い で は よ 、 ナ し か 。 そ れ は 海 の 向 う ね こ 娶 に い る 、 ま た 海 の こ っ ち に も い る 。 彼 女 は 猫 背 の 肩 の 上 に な 目 に も う 一 度 遭 う と し た ら 、 彼 は 彼 女 の 上 に 身 を 置 い て く づ ら の つ べ り し た 公 卵 面 を の せ て 眼 鏡 を ひ っ か け た 男 の 顔 を 想 崩 れ 落 ち て 来 る コ ン ク リ ー ト の か た ま り を 我 身 に う け よ う と す る か も し れ な い 。 地 下 鉄 で の と き は 、 若 い 娘 を 楯 に と い 浮 べ 、 寒 気 が し た 。 顔 を 汗 が 流 れ て ゆ く よ う に 思 っ た 。 そ の 男 は 、 一 方 的 に 命 令 を 出 す こ と し か 知 ら な い 。 そ の 触 っ た が お お ま た 角 が 眼 の 前 に 伸 び て 来 て 、 銀 縁 の 眼 鏡 を か け 、 大 股 を ひ ら 壁 の ・ ハ イ プ を 見 詰 め て い た 眼 を の ろ の ろ と う っ し て 来 ゅ う き ゅ う い て 坐 っ て い る : 。 菊 夫 か ら は 、 今 朝 珍 し く 悠 久 の 大 義 て 、 康 子 は 、 「 い え 、 何 で も あ り ま せ ん 」 な ど を 説 か ず に 、 冒 頭 に 、 何 と 思 っ た か 英 語 で My mo- と 低 い 声 で 言 っ た 。 し か し そ れ は 、 井 田 一 作 の 、 い ま し ther, dear. good mother と し て 、 「 人 は 何 故 泣 く の で し ょ う 、 何 故 笑 う の で し よ う 」 な ど と い う 、 謎 の よ う な こ と を が た の 熱 意 に は 反 し て 、 隔 り の は っ き り し た 冷 た い 、 赤 の 書 い た 手 紙 が 来 た 。 あ れ が 、 ひ ょ っ と し た ら 菊 夫 の 遺 書 な 他 人 の 声 で あ っ た 。 て ん し ゅ ん い ま の 、 転 瞬 の 間 に 、 何 か 了 解 し に く い こ と が 起 っ た 。 碑 の で は な か ろ う か 。 近 接 し て 来 た 機 動 部 隊 に 、 今 、 突 込 ん 念 だ の で は な か ろ う か 。 彼 女 は 、 菊 夫 が 死 ぬ 、 ど は 考 え ら れ 突 然 石 射 康 子 は 、 井 田 一 作 に と っ て ま っ た く 会 い に 来 な く 記 な か っ た 。 い な く な る 、 と い う こ と ば で 考 え て い た 。 い な て も い い 女 と な り 、 か つ は ま た 、 ど う し て も 会 わ ず に は い く な る 、 い な く な る : : : 、 本 当 に 汗 が 流 れ は じ め た 。 「 汗 ら れ な い 女 と な っ た 。 会 う こ と の 必 然 の 質 が 変 っ た 。 す き ま か ん し し よ う Ⅱ が 流 れ て い ま す が ー ー 」 と 井 田 一 作 が 言 っ た が 、 康 子 は 何 屋 上 の 監 視 哨 か ら 、 階 段 の 隙 間 を 直 下 し て 来 て い る 伝 声 の 反 応 も 示 さ な か っ た 。 空 襲 が 恐 い と い う だ け の こ と で は 管 が 、 敵 機 が 頭 上 に 近 づ く 旨 を 伝 え て い た 。 み こ わ む ね た て

本の雑誌 2016年 11月号


新 人 作 家 に と っ て 重 要 な 第 二 作 に し て 初 の 長 編 で あ る 『 戦 場 の コ の は 、 「 二 作 目 の 壁 」 を 越 ッ ク た ち 』 で 深 緑 が 舞 台 に 選 ん だ の は 、 第 え る こ と が 出 来 る か 否 か 一 一 次 世 界 大 戦 の 欧 州 。 主 人 公 の テ イ ム は 合 と い う こ と だ ろ う 。 ど ん な 衆 国 軍 の コ ッ ク 兵 と し て 戦 場 に 赴 く こ と に カ に 華 々 し い デ ビ ュ ー を 飾 っ な っ た 十 九 歳 の 若 者 だ 。 彼 は 戦 場 で 起 こ る た 新 人 で も 、 一 一 作 目 が 第 一 不 思 議 な 謎 を 、 怜 悧 な 頭 脳 を 持 っ 同 世 代 の 水 日 作 の イ ン パ ク ト を 上 回 る こ 子 . コ ッ ク 兵 ・ エ ド を は じ め と す る 仲 間 た ち と と が 出 来 ず 、 行 き 詰 ま り を 田 共 に 解 き 明 か し て い く 林 第 感 じ て し ま う 作 家 は 少 な く ま 大 量 の 糧 食 が 行 方 テ イ ム た ち が 挑 む 謎 ー の ご 若 装 丁 ・ 大 原 由 衣 な い 。 中 に は そ の ま ま フ ェ 装 不 明 に な っ た 事 件 な ど 、 ミ ス テ リ の サ プ ジ こ す = ー ド ア ウ ト し て 、 一 発 屋 な ャ ン ル で い う と こ ろ の 「 日 常 の 謎 」 に 近 い ど と い う 不 名 誉 な 称 号 を 与 え ら れ て し ま う 深 緑 は 二 〇 一 〇 年 、 短 編 「 オ ー プ ラ ン の も の だ 。 し か し 本 書 は 既 存 の 「 日 常 の 謎 」 作 家 も い る 。 少 女 」 で 第 七 回 ミ ス テ リ ー ズ ! 新 人 賞 の 佳 ミ ス テ リ と は 明 ら か に 異 な る 。 な ぜ な ら 主 裏 を 返 せ ば 三 作 目 の 壁 」 を 乗 り 越 え 、 作 に 人 選 し デ ビ ュ ー し た 。 「 オ ー プ ラ ン の 人 公 た ち の 生 き る 日 常 は 戦 況 に よ っ て 移 住 デ ビ ュ ー 作 以 上 の 評 価 を 勝 ち 得 た 新 人 こ そ 少 女 」 は あ る 庭 園 で 起 き た 恐 ろ し い 過 去 が 先 が 刻 一 刻 と 変 わ り 、 い つ で も 命 を 失 う 可 が 真 の 実 力 者 と 呼 べ る は ず だ 。 本 稿 で は ミ 徐 々 に 暴 か れ て い く と い う 、 美 し さ の 中 に 能 性 の あ る 戦 場 だ か ら だ 。 先 ほ ど 「 オ ー プ ス テ リ の 分 野 に お い て 、 そ の 「 壁 」 を 見 事 隠 れ た 残 酷 さ が 読 者 の 心 を 射 抜 く 作 品 だ っ ラ ン の 少 女 」 の 紹 介 で 「 隠 れ た 残 酷 さ が 読 に 突 破 し た 新 人 作 家 の 第 一 一 作 を 紹 介 し よ う 。 た 。 そ の 後 、 深 緑 は 一 一 十 世 紀 初 頭 の イ ギ リ 者 の 心 を 射 抜 く 」 と 書 い た が 、 そ れ は 『 戦 ま ず は 、 深 緑 野 分 『 戦 場 の コ ッ ク た ち 』 ス を 舞 台 に し た 狡 猾 な 犯 罪 物 語 「 仮 面 」 、 場 の コ ッ ク た ち 』 に も 見 て 取 れ る 作 者 の 武 ( 東 京 創 一 兀 社 ) 。 第 一 五 四 回 直 木 賞 候 補 を は 北 欧 の 伝 承 を 想 起 さ せ る 架 空 の 王 国 が 印 象 器 で あ る 。 日 常 に 起 こ っ た 些 細 な 疑 問 に じ め 、 第 一 八 回 大 藪 春 彦 賞 候 補 、 第 六 九 回 的 な 「 氷 の 皇 国 」 な ど 、 時 代 も 舞 台 も パ ラ 悶 々 と 悩 む 兵 士 た ち の 姿 は 微 笑 ま し く 、 登 日 本 推 理 作 家 協 会 賞 候 補 と 、 ミ ス テ リ 関 連 パ ラ な れ ど 、 い ず れ も 美 し く 陰 の あ る 短 編 場 人 物 ひ と り ひ と り に い つ の 間 に か 親 し み の 文 学 賞 候 補 に 軒 並 み 挙 が っ た こ と で ご 記 を 発 表 し 、 二 〇 一 三 年 に 短 編 集 『 オ ー プ ラ を 覚 え る よ う に な る 。 だ が 、 そ れ 故 に 突 如 憶 の 方 も 多 い と 思 う 。 と し て 命 が 奪 わ れ る 戦 場 の 非 情 さ 、 凄 惨 さ ン の 少 女 』 ( 同 ) を 刊 行 す る 期 待 の 新 人 ブ ッ ク ガ イ ド ・ ミ ス テ リ ー 編 装 丁 ・ 片 岡 忠 彦 イ

週刊ダイヤモンド 2017年 4/29 ・ 5/6 合併号 [雑誌] (保険地殻変動!)


特 集 保 険 地 殻 変 動 ! 日 帰 り 入 院 で 10 万 円 の 商 品 も 医 療 保 険 の ベ ス ト 5 商 品 比 較 ト ッ プ を 猛 追 ! ラ ン キ ン グ 連 覇 多 彩 な 特 約 か に あ る ャ 亜 り 守 ジ 興 わ お 知 ら ぬ が 仏 ? 保 本 ま の 三 大 疾 病 保 障 に , 損 日 ひ 健 新 隠 さ れ た わ な た だ し 、 そ こ に は 落 と し 穴 も あ る 。 本 当 に そ の 保 障 が 優 れ て い る 命 生 成 ロ 金 更 円 の か ど う か は 、 一 時 金 の 多 寡 や 入 動 イ 作 フ 万 連 0 院 部 院 日 数 だ け で は 不 十 分 だ か ら だ 。 イ 梺 命 う 険 故 い 万 O レ 竓 保 入 日 5 円 ラ フ ィ ハ ー の 上 表 は 、 各 社 の 医 療 保 険 身 一 帰 6 0 1 X メ あ 経 ッ 死 無 0 時 線 日 に 付 加 で き る 三 大 疾 病 の 保 険 料 の 0 メ 的 射 基 を 一 公 放 払 い 込 み 免 除 特 約 が 、 実 際 に ど の 通 疾 額 病 気 を カ バ 1 し て い る の か を ま と と め た も の 。 三 大 疾 病 と い え ば 、 何 取 命 と な く 矛 ん 」 「 心 臓 発 作 , 血 管 る 生 ア あ の 病 気 」 と 思 い か ち だ が 、 そ の 中 ス キ ク 颪 身 は 大 き く 異 な る こ と が 分 か る ッ W 件 入 院 ・ 手 術 給 付 金 で も 事 情 は 同 条 オ じ 。 三 大 疾 病 の 保 障 範 囲 が 広 い こ 払 支 と で 知 ら れ る 、 メ ッ ト ラ イ フ の デ か 1 タ に よ れ ば 、 同 社 か 2011 、 ・ る 号 あ 目 併 年 の 5 年 間 で 、 心 疾 患 を 理 由 に 項 限 除 金 合 ス ビ 寸 制 免 病 時 金 院 粋 6 支 払 っ た 入 院 給 付 金 の う ち 、 慧 性 鄕 無 料 慣 一 時 通 抜 サ 5 心 筋 梗 塞 」 と 診 断 さ れ た 人 は 、 わ 額 入 連 院 来 の 院 険 習 や 一 0 度 日 期 険 入 外 9 他 入 保 活 除 断 院 ← 約 = 金 保 ず か Ⅱ % 。 手 術 給 付 金 で も ・ 7 2 件 度 限 短 保 條 限 院 そ 疾 疾 他 料 の 療 一 4 医 % に す ぎ な い 。 残 り の 多 く は 「 狭 ど 大 大 の 険 が か そ 医 サ 返 略 的 進 帯 約 州 公 支 心 症 」 や 「 心 不 全 」 と い う 心 疾 患 先 通 0 2 し 線 で 占 め ら れ て い る 射 放 現 在 の 加 入 商 品 の 三 大 疾 病 保 障 ~ 表 も と が 、 具 体 的 に ど ん な 病 気 を 保 障 対 ダ 週 象 に し て い る の か 、 調 べ て み る こ 主 な 保 障 内 容 9 3 と を お 勧 め す る 。 3 位 2 位 医 療 保 険 名 商 0 健 庸 の お 守 り 日 帰 り 入 院 ( 三 大 疾 病 無 制 限 、 七 大 生 活 習 慣 病 120 日 ) 1000 日 1 万 円 日 帰 り 入 院 40 日 、 60 日 、 120 日 1000 日 1 万 円 公 的 医 療 保 険 連 動 5 万 円 、 10 万 円 、 20 万 円 ( 重 大 手 術 40 万 円 ) 放 射 線 治 療 10 万 円 0 0 0 0 支 払 日 数 日 8 入 院 日 額 公 的 医 療 保 険 連 動 20 万 円 5 万 円 放 射 線 治 療 5 万 円 ( 外 来 ) / 20 万 円 ( 入 院 ) 0 保 険 料 免 除 / 女 性 疾 病 限 度 額 2000 万 円 ( 終 身 ) T-P EC 術 手 給 付 金 ム ロ 主 な 特 約 な ど 保 険 料 免 除 / 女 性 疾 病 退 院 / 無 事 故 割 引 限 度 額 2000 万 円 ( 終 身 ) 健 康 生 活 応 援 サ ー ビ ス 一 三 ロ

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


NPO 法 人 あ ー と ・ わ の 会 の ご 案 内 ー 設 立 の 趣 旨 ( 設 立 趣 意 書 よ リ ) こ の 法 人 は 、 主 に 美 術 コ レ ク タ ー と わ た く し 美 術 館 の 共 同 作 業 に よ り 、 一 般 社 会 に 対 し て 、 美 術 品 の 公 開 、 美 術 品 の 有 効 活 用 、 埋 も れ た 美 術 品 の 発 掘 顕 彰 に 関 す る 推 進 と そ の 支 援 事 業 を 行 い 、 美 術 普 及 の 実 現 に 寄 与 す る こ と を 目 的 と す る 。 Ⅱ Ⅲ Ⅳ V Ⅵ 355 具 体 的 な 活 動 内 容 会 報 / 毎 月 発 行 。 7 ) 上 記 の 目 的 を 達 成 す る た め に 必 要 な 事 業 の 実 施 会 誌 / 年 4 回 発 行 。 図 書 / 2012 年 『 わ の 会 の 眼 』 発 刊 。 会 誌 ・ 図 書 の 発 行 年 4 回 実 施 。 楽 し い 会 で す 。 5 ) 作 品 持 ち 寄 り 放 談 会 の 開 催 1 ~ 2 か 月 に 1 回 更 新 。 4 ) ホ ー ム ペ ー ジ (H P) に よ る 活 動 状 況 の 公 開 コ レ ク タ ー 、 わ た く し 美 術 館 が 実 施 。 3 ) 埋 も れ た 作 家 の 発 掘 、 顕 彰 、 普 及 年 1 ~ 2 回 開 催 。 2 ) 講 演 会 の 開 催 年 1 回 の 巡 回 展 、 年 1 人 の 表 彰 。 1 ) 質 の 高 い コ レ ク シ ョ ン の 公 開 、 美 術 普 及 活 動 の 推 進 及 び 表 彰 6 ) 事 務 局 : 〒 2 〃 ー 08 / 1 千 葉 県 柏 市 若 柴 1 ー 358 柏 わ た く し 美 術 館 内 H P も 参 考 に し て 下 さ い 。 * 詳 細 に つ い て は 事 務 局 宛 に 手 紙 、 電 話 か メ ー ル で お 問 い 合 わ せ く だ さ い 。 入 会 の 条 件 : 入 会 申 込 書 を 提 出 い た だ き ま す 。 入 会 備 者 3 名 術 愛 好 家 、 美 術 研 究 者 、 修 復 家 、 額 縁 製 作 者 、 美 術 普 及 家 、 美 術 館 設 立 準 2 ) 会 員 の 構 成 : わ た く し 美 術 館 1 5 館 、 コ レ ク タ ー 50 名 、 作 家 、 画 廊 、 美 1 ) 会 員 数 : 73 名 、 1 5 美 術 館 ( 201 7 年 1 月 現 在 ) ( * 前 身 の 「 わ た く し 美 術 館 の 会 」 は 、 2003 年 5 月 設 立 。 通 算 14 年 目 ) 設 立 : 2010 年 8 月 1 7 日 法 人 登 録 会 費 TEL : 04-7134 ー 8293 メ ー ル ア ド レ ス : [email protected] 入 会 金 : 1 0,000 円 年 会 費 : 1 0,000 円 ( 1 1 月 以 降 入 会 の 場 合 、 初 年 度 は 半 期 分 と し て 5 , 0 円 )

わの会の眼Ⅱ 心を射抜く作品たち


ニ 〇 一 ニ 年 に 発 刊 し ま し た 初 版 の 『 わ の 会 の 眼 』 は 、 お 陰 様 で マ ス コ 、 、 、 、 読 者 の 皆 様 、 関 係 者 の 皆 様 か ら も 高 い 評 価 を 受 け 、 会 員 か ら も 喜 ば れ ま し た 。 と は い え 、 上 手 く い っ て 当 た リ 前 の 作 業 で す 。 今 回 の 掲 載 作 品 の 募 集 に あ た っ て は 、 出 品 数 と 質 が と て も 気 に な っ て お リ ま し た 。 結 果 と し て は 、 初 版 の 出 品 者 三 五 名 の 内 、 三 〇 名 の 方 か こ の 続 編 に も 出 品 さ れ 、 さ ら に 新 た な 一 五 名 の 会 員 か ら も 出 品 を 得 て 、 作 品 数 は 一 七 〇 点 に 及 び ま し た 。 作 品 の 質 に つ い て 申 せ ば 、 充 行 に 左 右 さ れ ぬ 、 時 の 試 練 に 耐 え 抜 い た 作 品 が 集 ま リ ま し た 。 知 る 人 ぞ 知 る 作 家 が 多 く 、 埋 も れ た 作 家 、 知 ら れ ざ る 作 家 も 多 く 、 ま た 、 名 品 、 珍 品 も 数 多 く 出 品 さ れ て お リ ま す 。 秘 蔵 の コ レ ク シ ョ ン を 出 さ れ た 方 も 見 え ま す 。 こ こ に 掲 載 さ れ て い る 作 品 群 は 、 コ レ ク タ ー に 強 く 求 め ら れ 、 大 切 に 手 入 れ 、 修 復 、 保 管 、 研 究 さ れ 、 ま た 展 示 さ れ 、 愛 で ら れ て き た も の で す 。 コ レ ク タ ー の コ レ ク 、 ン ヨ ン に 対 す る 愛 情 や 思 い を 読 者 の 皆 様 に 少 し で も 届 け ら れ た ら と 願 い な が ら 、 編 集 の お 手 伝 い を さ せ て い た た き ま し た 。 美 術 評 論 家 で あ リ 、 ま た 平 塚 市 美 術 館 館 長 代 理 を 務 め ら れ る 土 方 明 司 さ ん に 玉 稿 を 賜 リ 、 さ ら に 東 御 市 梅 野 記 念 絵 画 館 館 長 の 佐 藤 修 さ ん と 丸 山 治 郎 さ ん か ら は 、 コ レ ク シ ョ ン の 代 表 的 な 作 品 を お 寄 せ い た た き ま し た 。 こ の 日 勿 を お 借 リ し て 心 か 、 ら お 礼 を 申 し 上 げ ま す 。 ( よ リ ・ リ よ う け い 書 籍 プ ロ ジ ェ ク ト 事 務 局 ) 354

現代日本の文学 17 萩原 朔太郎 中原 中也 伊東 静雄 立原 道造 集


く わ ペ ん 白 薔 薇 の 造 花 の 花 弁 て つ き て 心 も あ ら ず 明 け き 日 の 乙 女 の 集 ひ そ れ ら み な ふ る の わ が 友 * へ ん り よ う け い し ゅ う せ つ め ん 偏 菱 形 Ⅱ 聚 接 面 そ も こ き ゅ う 胡 弓 の 音 つ づ き て き こ ゅ 夜 更 の 雨 ・ ヱ ル レ 1 ヌ の 面 影 こ よ び 雨 は 今 宵 も 昔 な が ら に 、 う た 昔 な が ら の 唄 を う た っ て る 。 だ ら だ ら だ ら だ ら し つ こ い 程 だ 。 づ う た い と 、 見 る ・ ヱ ル 氏 の あ の 図 体 が 、 倉 庫 の 間 の 路 次 を ゆ く の だ 。 の ひ か り し 倉 庫 の 間 に や 護 謨 合 羽 の 反 射 だ 。 そ れ か ら 泥 炭 の し み た れ た 巫 戯 け だ 。 在 さ て こ の 路 次 を 抜 け さ へ し た ら ば 、 抜 け さ へ し た ら と ほ の か な の そ み だ ・ : い や は や の ぞ み に や 相 違 も あ る ま い ? し ろ ば ら か つ ば つ ど 自 動 車 な ん ぞ に 用 事 は な い そ 、 あ か る い 外 燈 な そ は な ほ の こ と だ 。 あ か り 酒 場 の 軒 燈 の 腐 っ た 眼 玉 よ 、 と は * せ い み 遐 く の 方 で は 舎 密 も 鳴 っ て る 。 早 春 の 風 ひ と ひ け ふ 一 日 ま た 金 の 風 大 き い 風 に は 銀 の 鈴 け ふ 一 日 ま た 金 の 風 女 王 の 冠 さ な が ら に 卓 の 前 に は 腰 を 掛 け か び ろ き 窓 に む か ひ ま す 外 吹 く 風 は 金 の 風 大 き い 風 に は 銀 の 鈴 ひ と ひ け ふ 一 日 ま た 金 の 風 枯 草 の 音 の か な し く て 煙 は 空 に 身 を す さ び な よ 日 影 た の し く 身 を 嫋 ぶ た く ひ と ひ