検索 - みる会図書館

全データから 208427件ヒットしました。

アジャイルソフトウェアエンジニアリングー基本概念から継続的フィードバックまで


ア ジ ャ イ ル ソ フ ト ウ ェ ア 工 ン ジ ニ ア リ ン グ 基 本 概 念 か ら 継 続 的 フ ィ ー ド バ ッ ク ま で Sam Guckenheimer 、 Neno LOje 著 日 本 マ イ ク ロ ソ フ ト 株 式 会 社 、 TFSUG ( TFS ュ ー ザ ー ズ グ ル ー プ ) 監 訳 株 式 会 社 ト ッ プ ス タ ジ オ 訳 \gile S0れ 、 、 are l?ungineering witll 、 is Sludi(): FI'()III Concept t() C()ntintI()tIs l?eedback 日 経 BP 社

アジャイルソフトウェアエンジニアリングー基本概念から継続的フィードバックまで


ア ジ ャ イ ル ソ フ ト ウ ェ ア 工 ン ジ ニ ア リ ン グ 基 本 概 念 か ら 継 続 的 フ ィ ー ド バ ッ ク ま で Sam Guckenheimer 、 Neno Loje 日 本 マ イ ク ロ ソ フ ト 株 式 会 社 、 TFSUG ( TFS ュ ー ザ ー ス グ ル ー プ ) 監 訳 株 式 会 社 ト ッ プ ス タ ジ オ 訳 \gile S() れ w Ⅲ - ℃ Engineering 、 、 ⅱ h 、 isual Studio: .From C ( 川 ( ℃ 国 . t() Continuous .l"eedback 日 経 BP 社

アジャイルソフトウェアエンジニアリングー基本概念から継続的フィードバックまで


ア ジ ャ イ ル ソ フ ト ウ ェ ア 工 ン ジ ニ ア リ ン グ 基 本 概 念 か ら 継 続 的 フ ィ ー ド バ ッ ク ま で 」 Sam Guckenheimer 、 Neno LOje 日 本 マ イ ク ロ ソ フ ト 株 式 会 社 、 TFSUG ( TFS ュ ー ザ ー ス グ ル ー プ ) 監 訳 株 式 会 社 ト ッ プ ス タ ジ オ 訳 \l'il( 、 So 自 - 、 破 で l••.nglllt'( 、 ring 、 、 ⅱ h 、 isual ト い l( ⅱ 0 : Frorn ( : on ( tO (lontinuous 、 ( 、 (lbaek 発 行 日 経 BP 社 発 売 日 経 BP マ ー ケ テ ィ ン グ 日 経 BP 社

JPEGー概念からCプラスプラスによる実装まで


JPEG C + + に よ る 実 装 ま で 概 念 か ら

WEB+DB PRESS Vol.80


イ ン フ ラ の 継 続 的 改 善 の 実 践 GitHub 日 ow を ベ ー ス と し た ワ ー ク フ ロ ー 変 革 第 よ う に 表 示 さ れ ま す 。 ワ ー ク フ ロ ー の 完 了 ◎ PuIl Request を マ ー ジ す る を イ ン フ ラ の 世 界 に も 適 用 し た よ う に 、 継 続 的 デ ブ う 概 念 が 定 着 し て い る よ う で す が 、 テ ス ト 駆 動 や CI ア プ リ ケ ー シ ョ ン の 世 界 で は 継 続 的 デ ブ ロ イ と い 継 続 的 テ プ ロ イ ノ さ ら な る 発 展 う よ う に な る で し よ う 。 ー な し で は イ ン フ ラ コ ー ド 開 発 は 考 え ら れ な い と 思 で す 。 一 度 軌 道 に 乗 っ て し ま え ば 、 こ の ワ ー ク フ ロ り 自 動 で テ ス ト さ れ る こ と が も た ら す 安 心 感 は 絶 大 ュ ー が 行 わ れ る こ と 、 PuIIRequest の 内 容 も CI に よ さ れ る こ と や 、 GitHub の PullRequest を 通 じ て レ ビ テ ス ト コ ー ド が あ り CI に よ り テ ス ト が 自 動 で 実 行 せ る よ う に な り ま す 。 フ ラ コ ー ド 開 発 の サ イ ク ル を す ば や く 気 持 ち 良 く 回 テ ス ト コ ー ド だ け に な り ま す の で 、 そ の あ と は イ ン 基 本 的 に 触 る 必 要 が あ る の は Puppet マ ニ フ ェ ス ト と 少 面 倒 で す 。 で す が ワ ー ク フ ロ ー が 軌 道 に 乗 れ ば 、 か も し れ ま せ ん 。 た し か に 、 実 践 の 最 初 の 段 階 は 多 必 要 で 、 面 倒 く さ い と 感 じ ら れ た 人 も い ら っ し や る Rakefile 、 spec helper. 「 b 、 we 「 cke 「 . yml の 修 正 が マ ニ フ ェ ス ト や テ ス ト コ ー ド 以 外 に も 、 Vag 「 antf れ e 、 ワ ー ク フ ロ ー を 実 践 す る 最 初 の 段 階 で は 、 Puppet ノ ワ ー ク フ ロ ー 実 践 の ま と め し 、 本 番 サ ー バ に 適 用 す る 、 と い う 流 れ と な り ま す 。 れ ば 、 あ と は イ ン フ ラ コ ー ド を 本 番 環 境 に デ ブ ロ イ が CI の 対 象 と な り ま す 。 masteri ラ ン チ の CI が 通 マ ー ジ し た あ と は 、 マ ー ジ さ れ た master プ ラ ン チ し ま す 。 の で 、 ク リ ッ ク し て add - pro - role フ 。 ラ ン チ を 削 除 ー ジ 後 「 Delete branch 」 と い う ボ タ ン が 表 示 さ れ ま す ク リ ッ ク し て 、 master ブ ラ ン チ へ マ ー ジ し ま す 。 マ ビ ル ド が 成 功 し た ら 、 「 Merge pull request 」 ボ タ ン を レ ビ ュ ー の 結 果 内 容 に 問 題 が な く 、 Wercker で の ロ イ も 適 用 で き る は ず で す 。 本 特 集 で は 、 pull Request を 作 成 し て CI が 通 れ ば master に マ ー ジ す る と い う と こ ろ で 終 了 し て い ま す が 、 自 動 的 に Puppet マ ニ フ ェ ス ト を 本 番 サ ー バ に ア ッ プ ロ ー ド し 、 適 用 ま で 行 う 、 と い っ た 流 れ も 考 え ら れ ま す 。 こ れ に よ り 本 当 の 意 味 で の 「 イ ン フ ラ の 継 続 的 改 善 」 が 実 現 す る の で は な い で し よ う か 。 、 ア プ リ ケ ー シ ョ ン と の 統 合 Web サ ー ビ ス は イ ン フ ラ だ け で 成 り 立 つ わ け で は な く 、 そ の 上 の ア プ リ ケ ー シ ョ ン と 組 み 合 わ さ れ る こ と で 成 り 立 っ て い ま す 。 現 在 は ア プ リ ケ ー シ ョ ン の テ ス ト 、 CI 、 継 続 的 デ ブ ロ イ は 普 通 に 行 わ れ る よ う に な っ て い ま す が 、 イ ン フ ラ の テ ス ト 、 CI 、 継 続 的 デ ブ ロ イ は ま だ こ れ か ら と い っ た 状 況 で す 。 イ ン フ ラ で こ れ ら が 普 通 に 行 わ れ る よ う に な っ た 先 に は 、 イ ン フ ラ か ら ア プ リ ケ ー シ ョ ン ま で す べ て を 統 合 し た テ ス ト 、 CI 、 継 続 的 デ ブ ロ イ が 行 わ れ る こ と に な り 、 こ れ に よ り 本 当 の 意 味 で の 「 継 続 的 Web サ ー ビ ス 改 善 」 が 実 現 す る の で は な い で し よ う か 。 タ 特 集 の ま と め こ か ら さ ら に 本 特 集 で は 、 最 近 注 目 さ れ つ つ あ る テ ス ト 駆 動 イ ン フ ラ と イ ン フ ラ CI に つ い て 、 そ の 概 要 や 重 要 性 、 具 体 的 な 実 践 方 法 、 GitHub と 組 み 合 わ せ た ワ ー ク フ ロ ー に つ い て 解 説 し 、 今 後 ど の よ う に 発 展 し て い く か に つ い て も 簡 単 に 触 れ ま し た 。 本 特 集 で 取 り 上 げ た 拙 作 の serverspec に つ い て 、 学 術 的 な 視 点 で ま と め た 拙 共 著 論 文 「 serverspec: 宣 言 的 記 述 で サ ー バ の 状 態 を テ ス ト 可 能 な 汎 用 性 の 高 い テ ス ト フ レ ー ム ワ ー ク 」 注 1 も あ り ま す の で 、 興 味 の あ る 人 は ぜ ひ ご 参 照 く だ さ い テ ス ト 駆 動 イ ン フ ラ や イ ン フ ラ CI は 、 実 際 に 体 験 し て み な い と 、 そ の 価 値 は な か な か 理 解 し に く い と 思 い ま す 。 本 特 集 が 、 み な さ ん が テ ス ト 駆 動 イ ン フ Ⅳ 第 B + 08 P 第 55 MOL80 ・ 77 serverspec. pdf? 「 aw=true https:〃github.com/mizzy/serverspec-thesis/blob/master/ フ / イ ン フ ラ CI に 触 れ る き っ か け と な れ ば 幸 い で す 。 注 1

「文明論之概略」を読む 下


主 権 概 念 は も と も と 十 六 、 七 世 紀 絶 対 主 義 の 発 展 期 に 、 中 世 の 教 会 と か 封 建 領 主 と か 自 治 都 市 と か に た い す る 論 争 的 概 念 と し て 成 立 し 、 フ ラ ン ス 革 命 前 後 の 国 民 国 家 の 形 成 期 に も 、 右 の 二 つ の 意 味 合 い は か ら み 合 っ て 発 展 し て 来 た の で す が 、 近 代 国 家 論 で は 、 概 念 整 理 の 必 要 上 、 こ の 両 者 の 意 味 を 区 別 す る こ と が 常 識 に な り ま し た 。 そ う し て 当 面 こ こ で 「 主 権 国 家 」 と い う の は む ろ ん 後 者 の 意 味 ー ー っ ま り 国 家 の 対 外 的 主 権 性 を 示 す 意 味 で 用 い て お り ま す 。 こ う し た 主 権 国 家 を 平 等 の 構 成 員 と す る 国 際 社 会 が 一 つ の 「 シ ス テ ム 」 を な す と 考 え ら れ る の は 、 も と 「 ク リ ス ト 教 的 共 同 体 」 と い う 普 遍 社 会 を な し て 来 た 西 欧 が 、 近 代 に な っ て そ れ ぞ れ 主 権 を も っ た 領 域 国 家 に 分 裂 し 、 そ の 大 小 の 国 家 が 国 家 平 等 原 理 の 下 に 、 国 際 法 ( 自 然 法 も ふ く め た ) と い う ~ 共 通 の 規 範 の 承 認 の 下 に 立 っ て 外 交 関 係 を と り 結 ん で き た 由 来 が あ る か ら で す 。 戦 争 も ま た 外 形 交 の 一 つ の 表 現 で あ り 、 ま さ に ク ラ ウ ゼ ヴ ィ ッ ツ の 有 名 な 定 義 の よ う に 「 他 の 手 段 を も 「 て す バ ラ ン ス ・ オ ヴ ・ パ ワ ー 国 る 政 治 の 継 続 」 と 考 え ら れ て き ま し た 。 狭 い 意 味 で は 国 際 政 治 上 の 勢 力 均 衡 原 理 も 西 欧 的 国 家 国 体 系 を 構 成 す る 要 因 で す 。 権 こ う い う 意 味 で も っ て つ ま り 日 本 を 囲 繞 す る 当 時 の 国 際 関 係 と い う 意 味 よ り は ヨ リ 広 く 、 さ り と て 古 代 か ら の 国 際 関 係 と い う 意 味 よ り は せ ま く ー ー 「 外 国 交 際 」 と い う 言 葉 を 福 沢 が 用 講 い る の は 、 こ の テ キ ス ト に は じ ま っ た こ と で は あ り ま せ ん 。 す で に 幕 末 の 『 西 洋 事 情 』 初 編 の 第 巻 之 一 「 備 考 」 に 「 外 国 交 際 」 と い う 項 目 を 置 い て い ま す 。 そ こ に の べ ら れ て い る こ と は 基 本 249

アジャイルソフトウェアエンジニアリングー基本概念から継続的フィードバックまで


・ 本 書 に つ い て の お 問 い 合 わ せ 方 法 、 訂 正 情 報 、 重 要 な お 知 ら せ に つ い て は 、 下 記 Web ペ ー ジ を ご 参 照 く だ さ い 。 な お 、 本 書 の 範 囲 を 超 え る ご 質 問 に は お 答 え で き ま せ ん の で 、 あ ら か じ め ご 了 承 く だ さ い 。 http://ec.nikkeibp.co.jp/nsp/ 2012 年 5 月 28 日 初 版 発 行 基 本 概 念 か ら 継 続 的 フ ィ ー ド バ ッ ク ま で ア ジ ャ イ ル ソ フ ト ウ ェ ア 工 ン ジ ニ ア リ ン グ 合 わ せ く だ さ い 。 ・ ソ フ ト ウ ェ ア の 機 能 や 操 作 方 法 に 関 す る ご 質 問 は 、 ソ フ ト ウ ェ ア 発 売 元 ま た は 提 供 元 の 製 品 サ ポ ー ト 窓 口 へ お 問 い 著 監 訳 発 発 装 訳 行 者 者 者 者 行 丁 D T P 制 作 印 刷 ・ 製 本 Sam Guckenheimer ( サ ム グ ッ ケ ン ハ イ マ ー ) 、 NenoL0je ( ネ ノ ロ イ エ ) 日 本 マ イ ク ロ ソ フ ト 株 式 会 社 、 TFSUG ( TFS ユ ー ザ ー ズ グ ル ー プ ) 図 書 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 ト ッ プ ス タ ジ オ コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ア ー ツ 株 式 会 社 東 京 都 港 区 白 金 1-17-3 〒 108-8646 日 経 BP マ ー ケ テ ィ ン グ 東 京 都 港 区 白 金 1-17-3 〒 108-8646 日 経 BP 社 瀬 川 弘 司 株 式 会 社 ト ッ プ ス タ ジ オ 本 書 の 無 断 複 写 ・ 複 製 ( コ ピ ー 等 ) は 著 作 権 法 上 の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 購 入 者 以 外 の 第 三 者 に よ る 電 子 デ ー タ 化 お よ び 電 子 書 籍 化 は 、 私 的 使 用 を 含 め 一 切 認 め ら れ て お り ま せ ん 。 ISB 、 978-4-8222-9468-7 Printed in Japan

労働安全衛生マネジメントシステム―OHSAS18001:2007 日本語版と解説


3 用 語 及 び 定 義 57 フ ォ ー マ ン ス , 監 査 , 不 適 合 , 是 正 処 置 , 予 防 処 置 , 継 続 的 改 善 の 14 語 で あ る . こ れ ら の マ ネ ジ メ ン ト 一 般 用 語 は , ISO 14001 や ISO 9000 と 整 合 さ せ る よ う に 努 力 さ れ て い る が , OH & S 特 有 の 事 情 か ら , 部 分 的 に は わ す か な 違 い が 残 っ て い る . 用 語 は , し ば し ば 概 念 の 関 係 が 図 式 化 さ れ た り , 概 念 の 関 係 に よ っ て 並 べ ら れ た り も す る が , 概 念 に 関 し て 関 係 者 の 意 見 を 一 致 さ せ る こ と は 容 易 で な く , 規 格 の な か で , 用 語 は , 英 語 の ア ル フ ァ ベ ッ ト 順 に 並 べ ら れ て い る . 用 語 間 の 概 念 の 関 係 に つ い て は , 本 書 第 3 章 3.4.2 で 解 説 す る . OHSAS 説 18001 解 OHSAS 説 18001 解 3.1 受 容 可 能 な リ ス ク (acceptable risk) 法 的 義 務 及 び 自 ら の OH & s 方 針 ( 3.16 ) に 照 ら し 合 わ せ て 組 織 に よ っ て 許 容 で き る 水 準 ま で 低 減 さ れ て い る リ ス ク risk that has been reduced tO a level that can be tolerated by the organization having regard t0 its legal obligations and its own OH&S policy ( 3.16 ) ( 1 ) tolerable ( 許 容 可 能 ) か ら acceptable ( 受 容 可 能 ) へ 変 更 今 回 の 改 訂 で " 許 容 可 能 な リ ス ク (tolerable risk)" と い う 用 語 が , " 受 容 可 能 な リ ス ク (acceptablerisk) " と い う 用 語 に 変 わ っ た . つ ま り , " 耐 え る こ と が で き る , 我 慢 で き る リ ス ク " か ら , " 一 応 満 足 で き る リ ス ク " に 変 わ っ た . 従 来 , 欧 米 に お い て は , 安 全 事 故 に 関 す る 訴 訟 問 題 も あ り "acceptable" と い う 用 語 の 使 用 は 避 け ら れ て き た が , 07 年 版 で は , 安 全 意 識 の 社 会 的 な 高 ま り を 背 景 に , こ の 用 語 が 使 用 さ れ る こ と に な っ た . な お , 本 定 義 中 に は , 許 容 で き る (canbetolerated) と い う 表 現 が あ る . こ れ は , 受 容 で き る (canbe accepted) と す べ き で は な い か , と の 意 見 も あ っ た が , OHSAS プ ロ ジ ェ ク ト グ ル ー プ の 見 解 で は , acceptable risk の 定 義 に 同 じ acceptable と い う 言 葉 を 使 う と , 意 味 が 循 環 し て 定 義 が で き な い と の 理 由 で , ニ ュ ア ン ス の 近 い 言 葉 で 代 用 さ れ た も の で あ る .

ビジネスモデル 2025


B u s i n e s s M 0 d 引 20 25 移 動 販 売 と い う と 、 こ れ ま で は 特 殊 な ス タ イ ル だ っ た 。 確 か に 初 期 投 資 は 少 な い が 、 顧 客 獲 得 コ ス ト や 継 続 的 な 場 所 の 確 保 な ど 、 難 点 も 多 か っ た 。 し か し 今 は 、 そ れ ら の 課 題 が 解 決 し つ つ あ る 。 ス マ ホ ア プ リ や ソ ー シ ャ ル メ デ ィ ア に よ る 場 所 の 通 知 、 空 い て い る 場 所 を 瞬 時 に 見 つ け る こ と が で き る プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 発 展 も あ り 、 出 店 場 所 の 確 保 は 、 は る か に 容 易 に な っ た 。 た だ 、 こ の 「 移 動 販 売 」 と い う こ れ ま で の 概 念 は 、 チ ー プ で 古 く さ く 、 こ こ に 「 次 世 代 」 と い う 言 葉 を 添 え て も 、 そ の 本 質 を 伝 え る こ と は で き な い 言 い 換 え れ ば 、 こ れ か ら は 「 お 店 」 と い う 概 念 の 中 に 、 モ バ イ ル シ ョ ッ プ 、 ポ ー タ ブ ル シ ョ ッ プ が 包 み 込 ま れ て い く 可 能 性 が 高 い つ ま り 、 幻 世 紀 の 店 舗 の 基 本 形 態 の ひ と つ に な る と い う こ と だ 。 例 え ば 、 店 舗 が 移 動 型 な ら 、 近 く ま で 行 っ て サ ー ビ ス を 届 け ら れ る 。 つ ま り 、 流 通 ま で も 担 う こ と が で き る 。 土 地 に ひ も づ い た 店 舗 よ り も 取 引 コ ス ト が 低 い 分 、 顧 客 に と っ て の メ リ ッ ト が 大 き く で き る の だ 。 こ の よ う に ロ ー カ ル マ ー ケ ッ ト 再 構 築 モ デ ル に お い て も 、 取 引 コ ス ト を い か に 抑 え ら れ る か が 、 重 要 な ポ イ ン ト と な る 。 分 野 を 絞 っ た こ の モ デ ル は 、 都 市 部 か ら 始 め て 、 オ ン ラ イ ン だ け で な く 地 道 な リ ア ル な マ ー ケ テ ィ ン グ に も 勤 し む 必 要 が あ る 。 そ の よ う な 活 動 の 果 て に 、 幻 世 紀 型 の 新 た な 地 域 の 流 通 モ デ ル が 構 築 さ れ て い く の で あ る 。 145

昭和天皇(上)


で 、 「 国 体 、 イ デ オ ロ ギ ー の 正 統 版 と 天 皇 の 権 威 と を と も に 強 化 す る こ と で 、 こ れ に 対 処 し よ う と し た 。 摂 政 時 代 に 、 国 民 の 上 下 を 問 わ ず 盛 ん に 交 わ さ れ た 「 国 体 . 論 議 は 、 君 主 制 へ の 信 頼 が 目 に 見 え て 弱 ま っ て い る こ と 、 将 校 団 の あ る 層 と 皇 室 と の 精 神 的 き ず な が 薄 れ て い る こ と 、 そ し て 正 統 「 国 体 」 観 念 そ れ 自 体 へ の 崇 敬 が ゆ る ん で い る こ と の 反 映 だ っ た 。 摂 政 期 の 最 後 に は 、 「 国 体 」 な る 言 葉 は 、 非 現 実 的 な 神 話 の 概 念 を 離 れ て 、 誰 で あ れ 不 満 の 是 正 を 求 め 、 敵 を 攻 撃 し 、 権 力 を 強 め 、 あ る い は 日 本 国 民 の 政 治 的 将 来 を 切 り 開 こ う と す る 個 人 や グ ル ー プ の 必 要 ゅ う ず う む げ に 応 じ て 、 融 通 無 碍 に 使 わ れ 、 流 布 し た の で あ る 。 日 本 の 一 九 二 〇 年 代 は 、 思 想 的 ・ 文 化 的 に 激 し い 抗 争 の 時 代 だ っ た 。 政 府 と 摂 政 と 宮 中 側 近 が 、 み な 公 的 な 「 国 体 」 解 釈 に 無 批 判 に し が み つ い て い た の に 対 し て 、 各 分 野 で 努 力 を 重 ね て 改 革 を 志 向 す る 人 々 は 、 日 本 国 民 の 社 会 観 念 を 、 近 代 の 科 学 的 な 思 考 に 適 合 さ せ 、 非 人 間 的 な 官 僚 支 配 に 対 抗 で き る よ う な も の に 変 え よ う と し た 。 「 国 体 ー は 政 界 で 、 軍 人 の 間 で 、 宗 教 界 で 、 大 学 の 教 授 た ち の 間 で 論 じ ら れ た 。 そ こ で は 、 議 論 は 相 変 わ ら ず 天 皇 統 治 の 正 統 性 と 、 天 皇 お よ び 天 皇 制 が 日 本 社 会 に 保 持 し 、 ま た は 保 持 す べ き ひ と つ の 道 徳 的 価 値 を 強 調 せ ざ る を え な い の だ っ た 。 少 数 派 の 自 由 主 義 者 は 、 皇 室 と 大 正 デ モ ク ラ シ ー の 精 神 を 調 和 さ せ よ う と し た 。 時 代 の 大 勢 が 「 国 体 」 を 論 ず る な 危 か で 、 彼 ら は 西 洋 式 の 議 会 制 民 主 主 義 に 沿 っ た 政 治 制 度 を 模 索 し 、 皇 室 を 政 治 か ら 完 全 に 切 り 離 し て 存 続 さ せ よ う と 一 し た 。 し か し ほ と ん ど の 改 革 論 者 は 、 国 民 の 政 治 的 地 位 を 正 当 化 す る 「 起 源 神 話 」 を 単 に 手 直 し す る こ と し か 考 え な シ ラ か っ た 。 彼 ら の 前 に は 、 「 国 体 」 の 基 礎 を も つ ば ら 天 皇 の 血 統 の 継 承 に 求 め 、 皇 位 を 受 け 継 ぐ 男 子 の 天 皇 に よ る 親 政 ク . モ と 、 彼 ら の 絶 対 的 な 政 治 的 権 威 と を 強 調 す る 、 伝 統 保 守 主 義 者 が 立 ち は だ か っ て い た 。 伝 統 主 義 者 は 日 本 が 西 洋 に 従 テ 大 属 す る こ と に 憤 慨 し 、 民 主 主 義 を 取 り 入 れ る こ と に 反 対 し た 。 彼 ら に は 「 国 体 . は 不 変 の 存 在 で あ り 、 天 皇 を 単 な る 代 象 徴 に し よ う と す る 者 は 不 敬 罪 に 相 当 す る の だ っ た 。 政 支 配 エ リ 1 ト に と っ て 、 「 国 体 」 論 議 は 必 ず 危 険 思 想 の 取 り 締 ま り と 結 び つ い て い た 。 日 本 の 政 治 に は 、 信 頼 で き る 安 定 し た 道 徳 基 盤 と し て 、 「 国 体 」 が 広 く 受 け 入 れ ら れ る こ と が 必 要 な の だ っ た 。 し か し 「 国 体 」 が 議 論 の 的 に な 章 四 第 り 、 問 題 に さ れ 、 解 釈 さ れ れ ば さ れ る ほ ど 、 そ れ を 広 い 道 徳 基 盤 に し て お く こ と は 難 し く な っ た 。 民 主 主 義 的 潮 流 に 対 抗 139