検索 - みる会図書館

全データから 210408件ヒットしました。

アヒルと鴨のコインロッカー


ア ヒ ル と 鴨 の コ イ ン ロ ッ カ ー

現代日本の文学 27 丹羽 文雄 集


安 房 鴨 川 の 海

アヒルと鴨のコインロッカー


ア ヒ ル と 鴨 の コ イ ン ロ ッ カ ー 伊 坂 幸 太 郎 0 創 元 推 理 文 庫

現代日本の文学 28 舟橋 聖一 集


一 一 人 は 、 = 辺 の 小 さ い 日 本 宿 屋 に 引 移 っ た 。 結 局 、 ホ テ ル は 失 敗 だ っ た 。 二 階 の 障 子 を か も わ あ け る と 、 鴨 が す ぐ 前 に 見 え 、 対 岸 の 灯 が 、 な ま め か し い 色 を 、 つ つ し た 。 京 都 三 条 大 橋 ( 「 悉 皆 屋 康 吉 」 ) 三 条 鴨 川 畔 の 夜

出雲神話の成立


五 三 輪 ・ 賀 茂 氏 と の 関 係 茂 神 戸 と 葛 城 の 鴨 神 社 と の 関 係 を し め す 当 時 の 具 体 的 史 料 と し て は 、 天 平 六 年 の 『 出 雲 国 計 会 帳 』 に 、 た て ま っ 十 一 月 、 一 、 十 四 日 賀 茂 に 進 上 る 神 税 、 絲 壱 佰 斤 に 交 易 す る 事 。 一 、 同 日 鹿 皮 四 拾 張 を 進 上 る 事 。 社 神 と い う 記 事 が み え て い る 。 高 こ れ ま で の 史 家 一 般 の 見 解 で は 、 出 雲 族 の 一 派 が の 大 和 地 方 に 進 出 し 、 そ の 住 地 で 斎 き ま つ っ た 神 社 が 葛 鴨 社 で 、 そ う し た 関 係 か ら 故 地 の 出 雲 に 神 領 を 設 け 大 た も の で あ る と す る 。 そ れ は 記 紀 が 鴨 社 の 神 を 大 国 主 神 の 子 と し て い る こ と か ら 、 出 雲 か ら 大 和 葛 城 へ 与 9_. 准 嬲 ~ ( ら れ て い る の で あ る 。 し か し 、 そ れ は 考 え 方 が 逆 で あ る 。 葛 城 の 鴨 社 の 神 領 が 賀 茂 の 神 戸 と し て 出 雲 国 に 設 け ら れ て い た こ と か ら 、 『 古 事 記 』 の 編 者 が 新 し く つ く ら れ た 大 国 主 神 と 父 子 関 係 で 結 ん だ の で あ る 。

出雲神話の成立


写 真 18 大 和 以 の 鴨 都 波 神 社 ろ と う こ ろ が こ の 味 鈕 回 彦 根 命 に 関 連 し て 大 国 主 名 。 縁 た と 樋 神 い 重 、 わ 早 個 冶 や 探 記 あ か く 所 郷 す ら る の て 人 神 そ 主 れ 鴨 の 命 に 山 門 る こ 斎 係 と 主 茂 丿 虱 ー 、 重 と 神 神 で 神 の 大 味 系 国 代 子 を 譜 主 主 と か で 、 な う 葛 じ め 郷 宇 然 し か は し 鴨 で た て 社 係 鴨 で 社 結 か 神 そ 鈕 当 咼 然 ば 味 と れ 沢 里 の 命 根 同 と 彦 命 列 電 縫 め を 話 賀 あ と 事 み 同 命 血 い び こ が る 不 そ な っ こ と ら 神 し せ て の 郡 の 、 五 塩 霧 を 土 と 庫 」 か と 岸 こ 意 か 、 郡 の れ 仁 賀 み 多 ) 戈 。 郡 神 れ み 尸 得 大 し だ 郷 を の 神 根 、 は の 主 知 出 楯 じ 名 説 は の 郡 と 関 も ま り 自 な く び た で は ら み あ る 国 て け ら れ 出 国 も り そ 神 尸 が 出 国 に あ っ た 関 に 係 と こ の 載 が 茂 こ 興 ~ 架 . ロ こ 、 味 で 咼 彦 イ に の い が 神 で た の 鈕 あ 味 る じ 、 氏 く 事 命 の き 子 方 血 城 の も に ら こ に の と 彦 が 大 の 国 賀 の し 、 縁 関 結 に れ 鈕 る そ し て も の 高 の

完訳 日本の古典 第五巻 萬葉集 ㈣


9 遠 つ 人 ー 遠 い 所 に 住 ん で い る 人 。 こ こ は 北 国 か ら 飛 来 す る 雁 を 擬 人 化 し 、 地 名 猟 路 の カ リ が そ れ と 同 音 で あ る こ と に よ っ て 枕 詞 と し た 。 〇 猟 路 の 池 ー 所 在 は い ば ら 末 詳 。 一 説 に 奈 良 県 宇 陀 郡 籐 原 町 の 近 鉄 籐 原 駅 西 南 付 近 に か っ て あ っ た 池 か と す る 。 ↓ 田 一 三 九 題 詞 。 〇 住 む 鳥 の ー 以 上 三 句 、 水 鳥 が 飛 び 立 っ た り 降 下 し た り す る こ と か ら 立 チ テ モ 居 テ モ を 起 す 序 と し た 。 〇 立 ち て も 居 て も ↓ 一 一 四 五 三 。 お も と ひ と か り ぢ 兜 葦 辺 行 く ー 葦 辺 を 飛 び 行 く 、 の 意 。 遠 つ 人 猟 路 の 池 に 住 む 鳥 の 立 ち て も 居 て も 君 を し そ 思 ふ = = の 「 葦 辺 行 く 雁 の 翼 」 も 同 じ 。 た だ し 、 飛 ん で い る 鴨 を 詠 ん だ と は 思 わ れ な い 「 葦 辺 行 く 鴨 の 羽 が ひ に 霜 降 り て 」 ( 六 四 ) の よ う な 例 も あ り 、 鴨 の 習 性 に よ る 慣 お と か も は お と あ し へ ゅ 葦 辺 行 く 鴨 の 羽 音 の 音 の み に 聞 き つ つ も と な 恋 ひ 渡 る 用 的 修 飾 語 と 考 え る こ と も で き る 。 〇 鴨 の 羽 音 の ー 以 上 一 一 句 、 音 を 起 す 序 。 〇 音 の み に ー こ の 音 は 人 の 噂 を い う 。 〇 も と 力 も な ー わ け も な く 。 や た ら に 。 8 鴨 す ら も ー ス ラ は 軽 い も の を 取 り 上 げ て 重 い も の を 暗 示 類 推 さ せ る 働 き あ ひ だ の 副 助 詞 。 ま し て 人 間 で あ る 自 分 は 片 時 + Ⅷ 鴨 す ら も 己 が 妻 ど ち あ さ り し て 後 る る 間 に 恋 ふ と い ふ も も ひ と り で 居 ら れ な い 、 と い う こ と を 匂 巻 わ す 。 〇 己 が 妻 ど ち ー ツ マ は 性 差 を 問 わ の を ず 配 偶 を い う 。 ド チ は 互 い に 似 た 者 同 士 を 表 す 。 〇 あ さ り ー 食 料 と な る も の を 求 め る こ と 。 こ ち ど り ま そ が か は ら そ が ま 菅 よ し 宗 我 の 川 原 に 鳴 く 千 鳥 間 な し 我 が 背 子 我 が 恋 ふ ら く は こ ひ ご ろ も き な ら 恋 衣 着 奈 良 の 山 に 鳴 く 鳥 の 間 な く 時 な し 我 が 恋 ふ ら く は お の お く ゐ わ せ こ あ あ

完訳 日本の古典 第二巻 萬葉集 ㈠


や か も ち ま た 家 持 が 作 っ た 歌 一 首 と 短 歌 家 の 庭 に 花 が 咲 い て い る そ れ を 見 て も 心 は 晴 れ 晴 れ し な い い と し い 妻 か も 集 が 生 き て い た ら 鴨 の よ う に 二 人 寄 り 添 い 折 り 取 っ て 見 せ も し よ う に 葉 ( う っ せ み の ) 仮 の 身 な の で 露 霜 が 消 え ゆ く よ う に ( あ し ひ き の ) 山 道 を 萬 さ し て 人 日 の よ う に 隠 れ て し ま っ た の で そ れ を 思 う と 胸 は せ つ な い が 言 い よ う も た と え よ う も な い 。 は か な い こ の 世 の こ と だ か ら ど う す る こ と も で き な い 反 歌 死 ぬ べ き 時 は こ れ か ら 先 い つ で も あ ろ う も の を せ つ な く も 死 ん で い っ た 妻 あ か ご で あ る こ と だ 赤 子 を 残 し て 我 が や ど ↓ 三 会 。 〇 心 も 行 か ず ー 憂 い や 悲 し み が い つ ま で も 離 れ な い 。 心 ヲ 遣 ル ( 三 四 六 ) に 対 す る 。 〇 は し き や し ↓ 四 五 四 。 〇 水 鴨 な す ー ミ カ モ は 水 に 住 む 鴨 の 意 。 鴨 類 は よ く 雌 雄 一 対 に な っ て 水 に 浮 ん で い る と こ ろ か ら 、 男 女 仲 睦 ま じ

新落語的学問のすすめ


そ れ に よ く 似 た 話 で 、 ド イ ツ と か フ ラ ン ス 、 イ ギ リ ス に 流 布 し た 『 ミ ュ ン ヒ ハ ウ ゼ ン 物 語 』 と い う の が あ り ま す 。 「 ほ ら ふ き 男 爵 の 冒 険 」 と し て み な さ ん ご 存 知 か も 知 れ ま せ ん 。 最 近 で 。 は 一 ア 冂 ,. 1 ー ・ ギ リ ア ム 監 督 ( 英 国 O の モ ン テ イ バ イ ソ ン で ア ニ メ を 担 当 し た 人 ) が 映 画 「 バ ロ ン 」 に し ま し た 。 こ れ は な か な か 面 白 い 話 で 、 サ ン ド イ ッ チ を 持 っ て 猟 に 出 て い る ん で す が 、 こ ち ら の 話 は 鷺 で な し こ 鳥 ゞ 、 。 甲 力 し る ん で す 。 撃 ち た い ん で す が 、 弾 が 切 れ て い る 。 そ こ で 考 え ま し て 、 洋 服 の 糸 を ほ ど い て 、 サ ン ド イ ッ チ の べ ー コ ン を 洋 服 を ほ ど い た 糸 の 先 に く く り つ け て 鴨 の 前 に ポ ン と 投 げ る と 、 鴨 は そ れ を 食 べ る 。 と こ ろ が 脂 っ こ い で す か ら 、 す ぐ に お 尻 か ら 出 し て し ま う ん で す 。 そ れ を 次 の 鴨 が 食 べ る 。 ま た お 尻 か ら 出 ま す か ら 、 そ れ を 次 の 鴨 が 食 べ る 。 つ ま り 、 鴨 の ネ ッ ク レ ス の よ う な 状 態 に な っ て 、 そ れ を 両 方 端 と 端 を 腰 の ベ ル ト の よ う に く く っ て 帰 る と い う 話 な ん で す 。 で 、 ヨ 市 り に 、 ミ ュ ン ヒ ハ ウ ゼ ン 物 語 の 中 で は 、 手 を ば ん と 叩 い た ら 、 鴨 が 大 変 驚 い て 一 斉 ん さ に わ あ っ と 飛 び 立 っ た 。 そ の 力 を 利 用 し て 帰 っ て き た と い う 話 で す 。 方 向 を 決 め る の は ど う か 6 み し た か と い う と 、 洋 服 の 後 ろ の と こ ろ を 方 向 舵 に し た 。 で も 、 飛 ん だ ま ま で 着 地 で き な い じ で や な い か と 聞 く と 、 い や い や 、 一 羽 ず つ 鴨 の 首 を 締 め て 降 り て き た と い う ん で す 。 そ こ の よ う に 、 西 洋 と 東 洋 で 似 通 っ て い る と こ ろ は あ る ん で す が 、 お 互 い に 関 係 し 合 っ て い 講 る と は 私 は 思 っ て い ま せ ん 。 笑 い の シ ル ク ロ ー ド が あ っ た と は 考 え ら れ ま せ ん か ら 、 た ま た 第 ま 人 間 と し て 面 白 い と 思 う 部 分 が よ く 似 て い る 。 た だ 、 鴨 の 首 を き ゅ っ と 締 め て 、 着 地 さ せ

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


151 み よ し 女 が 叫 ぶ 。 女 が 指 す 舟 首 を 三 間 の 先 に 出 る 。 ゲ イ ン が 足 元 を 射 つ よ 二 十 米 先 の 水 面 に 鳥 が 横 を 向 い て 首 を 出 し た 。 い だ う な 姿 勢 で 射 っ た 。 水 柱 が 上 り 、 水 の 上 に 羽 根 が 散 っ た 。 び ん あ た 水 面 の 上 に そ れ は 浮 い た 壜 の よ う に 見 え る 。 顔 を 上 げ 、 辺 そ れ で も 残 る 力 で 水 へ 潜 っ た が 、 鴨 は や が て カ つ き 艫 の す と ら あ お む か ん は っ り を 捜 し て 見 廻 す 鴨 の 視 線 が 舟 を 捉 え た 間 髪 、 鴨 は 慌 て た ぐ 後 に 仰 向 け に 浮 き 上 っ た 。 し ぐ さ あ お 仕 草 で 水 に 潜 る 。 射 込 ん だ ゲ イ ン の 弾 は た だ 水 面 に 繁 吹 き 蒼 く 澄 ん だ 水 の 上 に 水 鳥 の 白 い 腹 毛 が 鮮 や か に 見 え る 。 を 上 げ る 。 そ の 下 側 の 水 に 背 か ら 流 れ た 血 が 赤 く 薄 暗 く 拡 が っ て 散 っ 出 先 に 当 り を つ け 、 舟 を 廻 し て 残 り の 一 羽 を 上 げ た 時 、 て い た 。 な お 羽 音 高 く 頭 上 の 間 近 を 鴨 が か す め た 。 た も を 添 え ら れ る と 、 鴨 は 横 倒 し の ま ま 尚 逃 れ よ う と す 「 There!J る よ う に ゆ っ く り 水 を 掻 い た 。 そ ば ち め い し よ う 近 く に 浮 き 上 っ た 半 矢 の 番 い の 側 へ 、 後 去 り 難 く 舞 い 戻 致 命 傷 が な い の か 、 水 に 浮 い た ま ま 鳥 は の け ぞ る よ う に っ た 一 羽 が 舞 い 下 り よ う と し て い る 。 首 を そ ら せ 、 自 分 に せ ま っ て 来 る 人 間 の 手 を 確 か め る よ う 「 下 り て か ら ! に 見 開 い た 、 黒 く 丸 い つ ぶ ら な 眼 で 眺 め た 。 言 う 間 も な く ゲ イ ン が 空 中 の 番 い を 射 っ た 。 鴨 は 弾 に 驚 引 き 上 げ ら れ る た も の 中 で も 鳥 は 水 を し た た ら せ な が ら か ず 、 水 の 上 の 鳥 も 潜 ろ う と せ ず に 相 手 を 待 っ て い る 。 更 尚 も 重 く 羽 ば た い た 。 に 一 発 、 羽 先 を か す め て 飛 ん だ 弾 に 空 中 で 一 枚 羽 根 が 飛 ん 舟 板 へ 放 り 出 し た 獲 物 の 傷 を 調 べ る た め 羽 根 の 片 端 を 持 で 舞 う と よ う や く お び え た か 鳴 き 声 を 残 し て 鴨 は 飛 び 去 っ っ て ぶ ら 下 げ て 見 た 。 鴨 は ま だ 問 う よ う な 眼 で 見 上 げ て い る 。 拡 が っ た 羽 根 の 見 送 る よ う に 水 か ら 首 を も た げ て い る 鴨 へ 少 年 は す か さ 表 に 鮮 や か に 濃 い 藍 と 緑 青 の 青 の 羽 根 の 模 様 が 織 り 敷 か れ て ご た ず 射 っ た 。 手 応 え が あ っ た が 鴨 は ま た 水 に 潜 る 。 て あ る 。 水 か ら 引 き 上 げ ら れ な が ら も 乾 い た 羽 根 の 感 触 そ の 上 を 乗 り 切 る よ う に 走 ら せ て 寄 っ た が 思 い が け ず 正 に 、 し た た り お ち た 血 が そ ぐ わ な か っ た 。 反 対 の 方 向 に 黒 い 首 が 出 た 。 追 い 射 ち が 効 い た か 、 水 か ら も た げ よ う と あ が く 首 元 に 細 く 白 い 縁 取 り さ れ た 真 っ 青 出 た 鴨 の 首 は 前 よ り 短 く 体 は 半 ば 水 に 沈 み か か っ て い た 。 な 輪 が あ る 。 そ の 青 の 鮮 や か さ は い つ も 少 年 に ふ と 見 た こ ま た 消 え た 姿 が 、 と も な い 宝 石 を 想 わ せ る の だ 。 「 そ こ に ! 」 獲 も の を つ き 出 さ れ 、 こ 0 あ わ