検索 - みる会図書館

全データから 210864件ヒットしました。

アマゾン河の博物学者


ア マ ゾ ン 河 の 博 物 学 者 0 ・ ・ べ ィ ッ 著 / 長 澤 純 夫 訳

アマゾン河の博物学者


ヘ ン リ ー ・ ウ ォ ル タ ー ・ べ イ ツ ア マ ゾ ン 河 の 博 物 学 者 長 澤 純 夫 訳 田 ネ 琉 社

マレー諸島


〔 註 〕 な お , 長 澤 純 夫 博 士 訳 の 「 ア マ ゾ ン 河 の 博 物 学 者 』 の 度 量 衡 に 関 す る 説 明 に よ れ ば , 1890 年 代 の 1 ポ ン ド は 1977 年 の 12 , 000 円 , シ リ ン グ は 600 円 に 相 当 す る と い う 。 因 に , 「 マ レ ー 諸 島 」 の 初 版 ( 1869 年 刊 ) の 定 価 は , 当 時 1 ポ ン ド 4 シ リ ン グ で あ っ た 。 ( 43 )

アマゾン河の博物学者


訳 者 略 歴 長 澤 純 夫 ( な が さ わ ・ す み を ) 1919 年 , 東 京 に 生 れ る 1941 年 , 京 都 帝 国 大 学 農 学 部 農 林 生 物 学 科 卒 業 , 応 用 昆 虫 学 専 攻 元 島 根 大 学 農 学 部 教 授 , 農 学 博 士 日 本 応 用 動 物 昆 虫 学 会 , 日 本 昆 虫 学 会 な ど の 会 員 著 書 「 新 農 薬 研 究 法 」 『 新 農 薬 創 製 法 』 ( 共 著 , 南 江 堂 ). 『 昆 虫 切 手 の 博 物 誌 』 ( 築 地 書 館 ) 訳 書 C. B. ・ ウ ィ リ ア ム ズ 「 昆 虫 の 渡 り 」 ( 築 地 書 館 ) 編 訳 書 ラ フ カ デ ィ オ ・ ハ ー ン 「 小 泉 八 雲 ・ 蝶 の 幻 想 」 ( 築 地 書 館 ) 現 住 所 静 岡 県 清 水 市 有 東 坂 19 ー 45 ( 〒 424 ) ア マ ゾ ン 河 の 博 物 学 者 1990 年 2 月 28 日 第 1 刷 発 行 1990 年 5 月 15 日 第 2 刷 発 行 ◎ 1990 訳 者 長 澤 純 夫 印 刷 所 発 行 者 堀 井 膕 製 本 所 東 京 ベ ル 印 刷 東 京 都 港 区 南 青 山 3 ー 8 ー 36 ( 〒 107 ) 、 索 電 話 東 京 ( 0 の 4 0 4 ー 2 4 8 1 振 替 東 京 7 ー 1 1 2 7 8 0 ISBN4 ー 7835 ー 0173 ー 4 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す

アマゾン河の博物学者


に 0 い て 、 若 干 の 事 を こ こ に 書 き と め て お き た い 。 左 の 図 は そ の 扉 頁 で あ る こ れ に は 東 京 帝 国 大 学 植 物 学 教 授 で あ っ た 三 好 学 博 士 ( 一 八 六 一 ~ 一 九 三 九 ) 旧 蔵 の 手 沢 本 で あ っ た こ と を 示 す D 「 . M. Miyoshi の ゴ ム 印 が 白 紙 頁 に あ り 、 丸 善 で 取 り 扱 わ れ た こ と を 示 す ラ ベ ル が 表 紙 裏 に あ る 。 三 好 博 士 は 、 ド イ ツ の 植 物 生 理 学 者 ヴ ィ ル ヘ ル ム ・ 。 へ フ ェ ッ 十 九 世 紀 の 後 半 に 南 米 大 陸 を 踏 査 し た 博 物 学 者 た ち は 、 み な そ れ そ れ に 興 味 深 い 探 検 記 と 、 す ぐ れ た 研 究 報 告 を 多 フ ァ ー Wilhelmm ミ 。 ま 「 の 高 弟 。 明 治 、 大 正 、 昭 和 の 三 数 残 し て い る が 、 な か で も べ ィ ッ の 『 ア マ ゾ ン 河 の 博 物 学 代 に わ た 0 て 、 わ が 国 の 植 物 学 界 を 主 導 し た 植 物 生 理 、 生 者 』 は 、 南 米 博 物 誌 の 古 典 と し て 今 な お 広 く 読 み つ が れ て 態 学 者 。 蔵 書 家 と し て も 知 ら れ た 。 そ の 植 物 学 関 係 文 献 洋 い る 名 著 で あ る 。 こ の た び そ の 普 及 版 を ほ ぼ 完 訳 の 形 で わ 書 五 四 〇 部 七 八 五 冊 は 、 没 後 東 京 大 学 植 物 教 室 図 書 室 に 移 が 国 の 読 書 界 に お く る こ と が で き る の は 、 私 の 大 き な 喜 び で あ る 。 私 の こ の 仕 事 は 、 畏 友 安 江 安 宣 博 士 ( 岡 山 大 学 名 誉 教 授 、 元 岡 山 大 学 農 業 生 物 研 究 所 長 ) か ら 、 所 蔵 す る 厖 大 な 関 係 資 料 文 献 の 貸 与 閲 覧 の 便 宜 を 得 た こ と に 多 く を 負 っ て い る 。 初 め に 記 し て 心 か ら 御 礼 を 申 し 上 げ る 。 安 江 博 士 の 書 架 に 並 ぶ ・ ヘ イ ツ 、 ダ ー ウ イ ン 、 フ ン ポ ル ト 、 そ し て ウ オ レ ス た ち の 著 書 資 料 か ら 私 は 、 十 九 世 紀 探 検 博 物 学 の 世 界 を さ ま よ う 幻 想 孤 愁 の 時 を し ば し 与 え ら れ た 。 な お 私 が 今 回 訳 出 の た め の 底 本 と し て 手 許 に お い た そ れ 訳 者 あ と が き 丁 日 E NÅTURÅLIST ON THE RIVER ÅMAZONS. 第 ′ ー 0 0 ′ 人 DV じ 四 . 第 A 0 一 人 ー え び . ー ー ー 0 要 ー 0 ′ ー 第 み 【 一 人 鷲 人 ド 0 tNDIAN ロ ー 人 ND 人 一 一 こ 0 ー ー 0 ′ 製 人 10 異 ー 0 0 ー 靆 こ 一 Q び 人 て 0 00 第 、 0 ー こ 一 一 一 一 一 み 0 ー ま ー み マ BY HENRY WALTER BATES' F. S. LO N D 0 N : 】 0 日 N MVRRAY, ALBEMARLÉ STREET' . ー 9 ー 0 『 ア マ ゾ ン 河 の 博 物 学 者 』 普 及 版 ( 191 の の 扉 頁 ( 安 江 安 宣 博 士 の 蔵 書 ). 463

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


第 物 右 福 岡 ・ 名 前 の つ い て い な い 運 河 上 武 彦 が 生 れ た 福 岡 県 筑 紫 郡 二 日 市 町 の あ た り し ば し ば 河 が 好 ん で え が か れ る 。 作 品 の 題 名 に も 「 河 」 「 心 の 中 を 流 れ る 河 」 「 忘 却 の 河 」 な ど が あ る の は 周 知 の 通 り 。 と こ ろ で こ の 河 の イ メ ー ジ へ の 執 着 は 幼 年 体 験 に 根 ざ し て い る ら し い の に 、 作 者 は 「 実 際 に は 河 の ほ と り に 住 ん で い た こ と も な い し 、 ま た 河 の 眺 め が 特 に 印 象 に 残 っ て い る こ と も な い 」 と い う 。 し か し 、 福 永 さ ん が 小 学 校 に 通 っ て い た こ ろ 住 ん で い た 浪 人 町 と い う の は 、 現 在 の 唐 人 町 に 近 い 一 画 に あ っ た そ う で 、 そ れ な ら そ の あ た り を 流 れ て い る 河 は 二 つ あ る 。 一 つ は 当 仁 小 学 校 の 西 を 流 れ て い る 菰 川 、 も う 一 つ は 小 学 校 か ら 西 公 園 ま で 、 東 へ 歩 い て 十 分 ば か し の 途 中 に あ る 名 前 の つ い て い な い 運 河 、 こ れ は 大 濠 公 園 に つ な が っ て い る 。 い す れ に せ よ 幼 年 の こ ろ 福 永 さ ん は 、 少 な く と も 一 度 は 河 の は と り に 住 ん で い る の だ 。 ま た 福 永 武 彦 の 文 学 的 発 想 に お い て 、 海 へ の 想 い が 非 常 に 大 き な 部 分 を 占 め て い る こ と は 、 長 篇 の 「 風 土 」 や 「 海 り よ う ゼ ん 市 」 、 そ れ に 詩 集 「 あ る 青 春 」 を 読 め ば 一 目 暸 然 で あ る し か る に 作 者 は 海 に つ い て も 「 私 は 海 の ほ と り で 生 れ た わ け で も 、 ま た 育 っ た わ け で も な い 」 と い っ て い る 。 博 多 湾 や 玄 界 灘 を 眺 め て 育 っ た 一 時 期 を 幼 い 日 に も っ て い る の に 。 河 と い い 海 と い い 福 永 武 彦 固 有 の イ メ ー ジ の 源 泉 を 、 幼 年 時 代 の 福 岡 に ま っ た く 記 憶 し て い な い と こ ろ に 、 む し ろ ば く は 原 体 験 と し て の そ れ が あ る

アマゾン河の博物学者


説 解 が ア ン デ ス に 派 遣 し た 、 』 地 調 査 団 の 長 で 地 理 学 マ ゾ ン 河 渓 谷 が 動 植 物 の 宝 庫 で あ る こ と を 明 ら か に し た 。 こ の 間 に フ ォ ン ・ ェ シ ヴ ェ ー ジ von Eschwege,W. L. ( 1811 ー 者 の ラ ・ コ ン ダ 、 、 、 ユ ー ヌ La Condamine, Charles-Marie de が 帰 途 、 マ ル ド ナ ー ド MaIdonado, J. A. と 共 に キ ト か ら マ 14Y マ キ シ 、 、 、 リ ア ン 王 子 Prince Maximilian of Wied ・ Neuwied ラ ニ ョ ン Ma 「 aä6n 川 を 経 て ア マ ゾ ン 河 口 に 出 る 大 旅 行 を 遂 っ 815 ー 17Y サ ン Ⅱ テ ィ レ ー ル St. ・ Hilai 「 e, Auguste de ( 1816 ー 22Y ポ ー ル お よ び ナ ッ テ ラ ー J. E. Pohl and J. Natterer 行 し た 。 し か し そ の 後 は 、 ナ ポ レ オ ン 戦 争 が 終 わ る ま で 、 博 物 学 者 、 地 理 学 者 い ず れ に よ っ て も 、 ア マ ゾ ン 地 帯 は あ ( 1817 ー 21 ) ら の 探 検 が あ る が 、 し か し 、 ヨ ー ロ ツ 。 ハ あ る い は ま り 注 目 さ れ る と こ ろ と な ら ず に 過 ぎ た 。 一 七 九 九 ~ 八 〇 ア メ リ カ の 探 検 博 物 学 者 た ち が 続 い て こ こ に 押 し 寄 せ た の 年 、 ド イ ツ 人 の 地 理 学 者 フ ォ ン ・ フ ン ポ ル ト von Humbol ・ は 、 さ ら に 四 半 世 紀 を 過 ぎ た 一 八 四 〇 年 代 に 入 っ て か ら で dt, Alxande 「 Freiher 「 は 、 フ ラ ン ス の 医 学 者 で 植 物 学 者 の あ る 。 エ メ ・ ポ ン 。 フ ラ ン Bonpland, Aimé Go 三 aud と 共 に 、 ベ ネ 一 八 四 二 年 、 プ ロ イ セ ン 海 軍 の 創 設 者 、 旅 行 家 と し て 知 ズ エ ラ の オ リ ノ コ 9 一 n 。 8 川 流 域 を 踏 査 し 、 そ の 結 果 か ら ら れ た 、 ア ー ダ ル ベ ル ト 王 子 P 「 inceAdalbert, Hein 「 ich Wil ・ こ の 川 は 、 今 日 カ シ キ ア レ Ca qu 一 a 「 e 水 道 と 呼 ば れ る 水 路 helm の ア マ ゾ ン 到 着 は 、 ヨ ー ロ ッ パ や ア メ リ カ の 科 学 者 に よ っ て 、 リ オ ・ ネ グ ロ R 一 。 Neg 「 。 川 を 経 て ア マ ゾ ン に 通 た ち の 前 に 大 河 の 扉 を 開 き 、 ア マ ゾ ン の 自 然 科 学 探 検 プ ー じ て い る 一 」 と を 発 見 し た 。 Voyage aux régions équinoxialles ム の 先 が け を 作 っ た 。 彼 は ア ン デ ス 山 麓 の 高 原 の タ ・ ハ テ ィ du Nouveau Continent ( 新 大 陸 熱 帯 地 方 旅 行 記 ) を 残 す 。 一 八 一 ン ガ Tabatinga の 村 に 達 す る 遠 方 ま で 、 ア マ ゾ ン の 主 流 を 九 年 、 ド イ ツ の 博 物 学 者 の フ ォ ン ・ ス 。 ヒ ッ ク ス von Spix, 溯 行 、 ま た 大 支 流 の ひ と っ シ ン グ ー x 一 ngfi 川 を 初 め て 探 検 JohannBaptist と フ ォ ン ・ マ ル テ イ ウ ス vonMa 「 tius,Ca 「 一 し た 。 四 年 後 の 一 八 四 六 年 に ア メ リ カ 人 の エ ド ワ ー ズ w. Friedrich Philipp の 二 人 は 、 。 、 , ラ か ら ア マ ゾ ン 河 を 溯 行 し 、 H. Edwa 「 ds が 、 パ ラ か ら ・ ハ ー ラ Barra ま で 主 流 に 沿 っ て 帰 国 後 ReisenachB 「 azilien ( プ ラ ジ ル 旅 行 記 ) 三 巻 を 一 八 一 一 博 物 採 集 を 行 な っ た 。 そ し て ア マ ゾ ン デ ル タ に 横 た わ る マ 5 二 年 か ら 三 一 年 に か け て 出 版 し た 。 こ れ ら の 旅 行 家 は 、 ア ラ ジ ョ ー Maraj6 島 と 、 メ ン ア ナ Mexiana 島 の 動 植 物 相 を

海猫 下巻


な ん と 身 代 金 と し て 金 塊 一 一 ト ン を 要 求 す る 誘 黒 川 博 行 著 大 博 打 拐 事 件 が 発 生 。 驚 愕 す る 大 阪 府 警 だ が 、 犯 行 計 画 は 緻 密 を 極 め た 。 驚 天 動 地 の サ ス ペ ン ス 。 建 設 コ ン サ ル タ ン ト と 現 役 ヤ ク ザ が 、 産 廃 処 黒 川 博 行 著 疫 病 神 理 場 の 巨 大 な 利 権 を め ぐ る 闇 の 構 図 に 挑 ん だ 。 欲 望 と 暴 力 の 世 界 を 描 き 切 る 圧 倒 的 長 編 / く ち び る ヘ の 偏 愛 「 赤 い 脣 」 、 右 半 身 を 恋 人 河 野 多 惠 子 著 赤 い 脣 里 ~ い 髟 友 に ゆ だ ね る 「 片 冷 え 」 な ど 、 偏 執 、 誘 惑 を 軸 に 大 人 の 女 の エ ロ チ シ ズ ム を 描 く 短 編 集 7 編 。 一 流 商 社 の 重 役 で あ る 夫 と 聡 明 な 妻 。 一 一 人 の 河 野 多 惠 子 著 秘 事 ・ 半 所 有 「 幸 福 な 結 婚 」 に 介 在 し た あ る 秘 密 と は 。 ー 川 端 康 成 文 学 賞 受 賞 端 康 成 文 学 賞 を 受 賞 し た 「 半 所 有 者 」 を 併 録 。 妻 み と 、 変 な 愛 敬 と 。 日 本 人 の フ ァ ン タ ジ ー 小 林 信 彦 著 お か し な 男 渥 美 清 「 寅 さ ん 」 に 殉 じ た 男 の 若 き 日 の 素 顔 、 芸 の 本 質 を 浮 か び 上 が ら せ る 、 実 感 的 喜 劇 人 伝 。 生 存 中 か ら す で に 伝 説 の 人 物 だ っ た 在 野 の 学 神 坂 次 郎 著 縛 ら れ た 巨 人 者 ・ 南 方 熊 楠 。 お び た だ し い 資 料 を た ど り つ ー 南 方 熊 楠 の 生 涯 ー つ 、 そ の 生 涯 に 秘 め ら れ た 天 才 の 素 顔 を 描 く 。

化学熱力学中心の基礎物理化学


著 者 路 歴 秋 貞 英 雄 Hideo AKISADA 理 学 博 士 1948 ( 昭 23 ) 年 3 月 6 日 山 形 市 に 生 ま る . 1970 ( 昭 45 ) 年 九 州 大 学 理 学 部 化 学 科 卒 業 . 1978 ( 昭 53 ) 年 九 州 大 学 大 学 院 理 学 研 究 科 博 士 課 程 修 了 . 1979 ( 昭 54 ) 年 よ り 九 州 共 立 大 学 工 学 部 環 境 化 学 科 勤 務 . 1988 ( 昭 63 ) 年 10 月 よ り 教 授 , 現 在 に 至 る . 井 上 亨 Tohru INOUE 理 学 博 士 1947 ( 昭 22 ) 年 9 月 6 日 長 崎 県 島 原 市 に 生 ま る . 1970 ( 昭 45 ) 年 3 月 九 州 大 学 理 学 部 化 学 科 卒 業 . 1974 ( 昭 49 ) 年 3 月 九 州 大 学 理 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 . 1974 年 4 月 よ り , 福 岡 大 学 理 学 部 化 学 科 勤 務 . 1992 ( 平 4 ) 年 4 月 よ り 教 授 , 現 在 に 至 る . 杉 原 剛 介 Gohsuke SUGIHARA 理 学 博 士 1936 ( 昭 (1) 年 11 月 18 日 広 島 市 に 生 ま る . 1960 ( 昭 35 ) 年 3 月 防 衛 大 学 校 応 用 物 理 学 科 卒 業 ( 第 4 期 生 ). 1960 年 4 月 よ り 陸 上 自 衛 隊 勤 務 の 後 , 1970 ( 昭 45 ) 年 3 月 九 州 大 学 理 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 . 1970 年 4 月 よ り 福 岡 大 学 理 学 部 化 学 科 勤 務 . 1982 ( 昭 57 ) 年 4 月 よ り 教 授 , 現 在 に 至 る . 1

日本書紀の読み方


著 者 略 歴 ( 執 筆 順 ) ・ 遠 山 美 都 男 ( と お や ま ・ み つ お ) 1957 年 生 ま れ 。 学 習 院 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 中 退 。 学 習 院 大 学 、 日 本 大 学 非 常 勤 講 師 。 「 白 村 江 』 「 天 皇 と 日 本 の 起 源 』 ( 講 談 社 現 代 新 書 ) 、 「 大 化 改 新 』 「 壬 申 の 乱 』 「 天 皇 誕 生 』 ( 中 公 新 書 ) 、 『 中 大 兄 皇 子 』 ( 角 川 ソ フ ィ ア 文 庫 ) な ど 著 書 多 数 。 ・ 平 林 章 仁 ( ひ ら ば や し ・ あ き ひ と ) 1948 年 生 ま れ 。 龍 谷 大 学 文 学 部 卒 業 。 奈 良 県 大 和 高 田 市 立 片 塩 中 学 校 教 諭 。 「 鹿 と 鳥 の 文 化 史 」 「 橋 と 遊 び の 文 化 史 』 「 蘇 我 氏 の 実 像 と 葛 城 氏 』 「 七 夕 と 相 撲 の 古 代 史 』 『 三 輪 山 の 古 代 史 」 「 七 世 紀 の 古 代 史 』 ( い ず れ も 白 水 社 ) な ど 著 書 多 数 。 ・ 加 藤 謙 吉 ( か と う ・ け ん き ち ) 1948 年 生 ま れ 。 早 稲 田 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 博 士 課 程 単 位 取 得 退 学 。 成 城 大 学 、 中 央 大 学 、 早 稲 田 大 学 、 慶 應 義 塾 大 学 兼 任 講 師 。 「 蘇 我 氏 と 大 和 王 権 』 「 大 和 の 豪 族 と 渡 来 人 』 ( 吉 川 弘 文 館 ) 、 「 秦 氏 と そ の 民 」 「 吉 士 と 西 漢 氏 』 ( 白 水 社 ) な ど 著 書 多 数 。 ・ 前 田 晴 人 ( ま え だ ・ は る と ) 1949 年 生 ま れ 。 神 戸 大 学 大 学 院 文 学 研 究 科 修 士 課 程 修 了 。 大 阪 府 立 堺 工 業 高 等 学 校 教 諭 。 『 日 本 古 代 の 道 と 衢 」 ( 吉 川 弘 文 館 ) 、 「 神 功 皇 后 伝 説 の 誕 生 』 ( 大 和 書 房 ) 、 「 古 代 王 権 と 難 波 ・ 河 内 の 豪 族 』 ( 清 文 堂 出 版 ) 、 「 日 本 古 代 史 の 新 論 点 」 ( 新 人 物 往 来 社 ) な ど 著 書 多 数 。 ・ 早 川 万 年 ( は や か わ ・ ま ん ね ん ) 1957 年 生 ま れ 。 筑 波 大 学 大 学 院 博 士 課 程 単 位 取 得 退 学 。 岐 阜 大 学 教 育 学 部 教 授 。 主 な 論 文 に 「 壬 申 の 乱 後 の 美 濃 と 尾 張 」 ( 「 続 日 本 紀 研 究 』 No. 326 ) 、 「 高 橋 氏 文 成 立 の 背 景 」 ( 「 日 本 歴 史 」 532 号 ) 、 共 編 著 に 「 美 濃 国 戸 籍 の 総 合 的 研 究 』 ( 東 京 堂 出 版 ) が あ る 。 GS 270