イギリス - みる会図書館


検索対象: アガサ=クリスティ推理・探偵小説集 1
13件見つかりました。

1. アガサ=クリスティ推理・探偵小説集 1

丿ー作家アガサ日クリスティは、〈ミステリ ーの女王〉ともよばれた、すぐれた作家です。 きゅうでん ぎじどう 「クリスティは、バッキンガム宮殿や議事堂やロンドン塔と同じくらい、イギリスらしさをそな じんぶつ えんげきせいさくしゃ ついとうぶん えた人物だった」と、『ねずみとり』の演劇制作者ソーンダースは追悼文でのべています。〈死の こうしやくふじん さんじ 公爵夫人〉ともよばれたクリスティにとって、これほどの賛辞はないでしよう。 クリスティのミステリー世界には、古きよき時代のイギリスが、あざやかにえがかれています。 ちゅうりゅう かんけつぶんしよう 中流イギリス人の考え方、生活ぶりが、簡潔な文章によって浮き彫りになっています。 こせい はっき と、つじよ、つ たしかにクリスティ作品には、きわだった個性を発揮する人物はあまり登場してきませんが、 とくちょう えいごふくどくほん それだけに、イギリス人の特徴が強くあらわれます。日本の高校や大学の英語副読本にクリス りゆ、つ ティ作品がしばしば使用されている理由も、そのためでしよう。 しよじよさく そうかいじけん 一九二〇年、三十歳のときに、処女作『スタイルズ荘の怪事件』を発表、そして、一九七六年 に八十五歳でなくなるまで、クリスティはミステリー界の第 いっせんかつやく じよおう テ一線で活躍しました。ミステリーの女王とよばれたのは、 ちょうへん ス さっ さくひんすう ステリー長編だけで六十六冊にの・ほる作品数のためではあ ク ほんやくしゆっぱん どくしゃ りません。百三か国で翻訳出版されて、多くの読者がクリス サ ちゃくそう たく こうせい ガティ作品を読みつづけてきたのは、作品の着想・構成・巧み ものがたり な物語などのためです。 さつか じよおう はっぴょう 243

2. アガサ=クリスティ推理・探偵小説集 1

さいのう 本編では、ボワロは自分の才能を誇らしげに語ります。ロぐせの「わたしは偉大なる男だ」と はくしゅ いうせりふもみられます。また、ボワロは、「自分に匹敵する才能のぬしに出会ったら拍手しよう はんにんこうしゆだい かんぜんはんざい ともいいます。そして最後に、完全犯罪にやぶれた犯人を絞首台に送らねばならないことを嘆い てみせます。 どくしゃ しんし そっちよく このようなイギリス紳士らしからぬ率直さが、つつしみが美徳のイギリス読者に、かえって受 けたのでしよう。 と、つじよ、つ “クイン登場」 (The Comming of Mr. Quin) 十二月三十一日の夜のパーティの席上 ろうじん きみようちゅうねんふうふ のドラマです。サタースウェイト老人は、奇妙な中年夫婦に惹きつけられます。深く愛しあって なぞ みようあいて いる彼らなのに、妙に相手の心をさぐっているようすなのです : : : その謎を、だしぬけにあらわ やみき と はめつ れたクインが解いて、夫婦を破減からすくいだし、ふたたび夜の闇に消えていぎます。 ばうかんしゃ ものがたり じんせい 人生の傍観者であるサタースウェイト老人は、この物語ではじめて、芝居の観客の立場をすて なぞと えんぎしゃ て、演技者のようにふるまうことになりますーーーっまり、謎を解いたクインにかわって事件の真 しせん 相を語り、人びとの視線をあびる立場にたつのです。 ほんべん クイン登場ーと同じように、短編集 「ヘレンの顔」 (The Face of Helen) 本編も「ハ じけんば しゅうろく 『クイン氏の事件簿』に収録された作品です。 たんていやく かつやく この物語では、サタースウ = イト老人が探偵役として活躍します。古代ギリシアの国トロイと そう ほんべん し ひってき ひ びとく かんきやくたちば じけんしん たんべんしゅう せきじよう なげ 241

3. アガサ=クリスティ推理・探偵小説集 1

Ⅱポニントンといっしょに、チェルシーのキ エルキ = ールⅡボワロは、友人のヘンリー エンデヴァー〉で食事をしていた。 ングズ・ロードにあるレストラン、〈ギャラント・ し エンデヴァー〉をひいきにしていたが、それはこの店の ポニントン氏は〈ギャラント・ くわ ふんいき ゆったりした雰囲気と、〈あっさり〉して、〈イギリスふう〉で、〈ごたごた手を加えない〉 ′レ、つり・ 料理が気にいっているからだった。 簿 しんせつ 彼女は件 親切なウ = イトレスのモリーが、年来の知己をむかえるように二人をむかえた。 , の きおく 客ひとりひとりの好きな食べものを、ぜんぶ記憶していることを誇りにしていた。 ワ あんない いちぐう 「いらっしゃいませ」と、モリーは男二人を一隅のテーブルに案内しながらいった。「いし こうぶつ しちめんちょう 日においでになりましたわ。きようは栗をつめた七面鳥がございますー、ーご好物でしょ きやく 二十四羽の黒っぐみ わ ゅうじん ねんらい みせ

4. アガサ=クリスティ推理・探偵小説集 1

けん まんぞく す ますね、すずめばちがきよう一日の仕事をおえて、満足しきって巣にもどってこようとし だいぎやくさっ ている。あといくらもたたないうちに、大虐殺がはじまろうとしているのですが、彼らは ゅめ そんなことは夢にも知らない。だれもそのことを教えてくれないからです。彼らのなかに は、どうやらエルキュール日ボワロはいないとみえる。 し′」と さつじんじ わたしはね、 ハリスンさん、ここへ仕事でやってきました。わたしの仕事とは、殺人事 お どうよう 件です。それが起こるまえであっても、起こったあとと同様に、わたしの仕事であること にかわりはない。 ところでラングトン氏は、何時にここへすずめばちを退治しにくること になっています ? 」 「ラングトンにかぎって、そんなーーー」 「何時です ? 「九時です。しかし何度でもいいますが、あなたはまちがっていますよ。ラングトンは ぜったいに : 「イギリス人はこれだからこまる ! 」 ほうし ボワロは激して叫んだ。そして帽子とステッキをとりあげ、庭の木戸のほうへ歩きだし かた っこ 0 たが、すこしいって立ちどまると、肩ごしにいオ し′」と し にわ

5. アガサ=クリスティ推理・探偵小説集 1

たいど ンはいさぎよい男です。なにごとも男らしくうけとめます。わたしにたいする態度もりつ どりよく ゅうこうてきたいど かんしん ばで、感心するほどでしたーー友好的な態度をくすすまいと努力しているのです。 かんしん いじよう 「それが異常だとは思われませんか ? あなたはいま〈感心するほど〉といわれたが、感 心しておられるようには見えませんな。」 「どういう意味です、ボワ口さん ? 」 「その意味は : : : 」ボワロはいった。その声に新しいひびきがくわわった。「人間というも ぞうお のは、しかるべき時機がくるまで、憎悪をかくしておけるものだということですよ。 ぞうお 「憎悪を ? 」 ハリスンは首をふって、笑いだした。 どんかん 「あなたがたイギリス人はすこぶる鈍感です」と、ボワロはいった。「自分はひとをだます ぜんりよう ことができるが、ひとからはだまされないと思っている。いさぎよい男だの、善良だのと ゅうかん わる いって、そういう男はけっして悪いことをせぬものときめこんでいる。勇敢かもしれない し が、ぼんくらだ。それでときには、死ななくてもいいのに死ぬようなことになるんです。」 ハリスンはつぶやいた。「いまやっとわかりました 「それはわたしへの警告なんですね。 よーーーさっきからふしぎに思っていたことが。あなたは、クロードⅡラングトンに気をつ じき わら

6. アガサ=クリスティ推理・探偵小説集 1

けじゃないでしよう ? イギリスだってあぶないって聞いたわよ。」 みようじよう 「それでも、〈明けの明星〉だけはとらせはしませんよ。」ポインツ氏はいった。「まず第 うち とくべつじた 一に、特別仕立ての内ポケットに入れてありますからね。それにどっちみちーーわたしも ねんき みようじよう この道では年季を入れてますから、そこにぬかりはありません。〈明けの明星〉だけは、 だれにもとらせるものですか。 ィーヴは笑った。 「ふ、ふ、ふーーーあたしなら盗んでみせるわー 「そうはいきませんよ。ーポインツ氏は、目をきらめかせて相手を見かえした。 ねどこ しいえ、やれるわ。ゅうべ、寝床のなかで考えてみたのーーーおじさまがあれをみんなに まわして、見せてくたさったあとで。すごくうまい方法を考えたのよーー。あれならぜった い盗みだせるわ。」 ほ、つほう 「ほう、どんな方法です ? 」 きんばっ ィーヴはいきおいよく金髪をふって、首をいつ。ほうにかしげた。 「教えられませんよーだ いまはね。なにか賭けるっていうんならべつだけど。」 わか ポインツ氏の胸に、若ゃいだ気分がわきあがった。 ぬす わら むね ぬす あいて 206

7. アガサ=クリスティ推理・探偵小説集 1

をごそんじでしたか ? 「ええ、知っていました。」 たいど へんか イヴシャムの態度がわずかに変化した。イギリス人というものの気質を研究したことの ないひとだったら、まず気づかなかったろう。それまでは、どことなくよそよそしさが あったのだが、いまではそれがすっかり消えてしまっている。クイン氏はデレクⅱケイベ ルを知っていた。したがってイヴシャムの友だちの友だちであり、それだけで全面的に人 ほしよう しんらい 物を保証され、信頼できる男ということになるのだ。 ちょうし じけん 「じっさいおどろくべき事件でしたよ、あれはと、イヴシャムはうちとけた調子で話し だした。「ちょうどいま、そのことを話していたところなんです。そりやね、わたしも正直 てきとう なところ、この屋敷を買うのは気がすすみませんでしたよ。ほかに適当なところがあれば事 ばんの じさっ よかったんですが、それがなくってね。ごそんじかどうか知らんが、あの男が自殺した晩、 わたしはこの家にいたんですーーーここにいるコンウェイもそうですが。そんなわけで、わ ば、つれい たしはいつも思っているんですよ いまにあの男の亡霊がでてきやせんかとね。」 くちょ、つ ようじん じけん ふかかい 「ひじように不可解な事件でしたな」と、クイン氏はゆっくりした用心ぶかい口調でいう せりふ と、ちょっと間をおいた。そのようすにはどこか、だいじなきっかけの台詞をいいおえた ぶつ やしき きしつけんきゅう ぜんめんてきじん しよ、つじき 121

8. アガサ=クリスティ推理・探偵小説集 1

いじよう ぎろん 「これ以上あなたと議論する気はありません。腹がたってくるだけですからな。しかし いっておきますが、九時にはかならずもどってきます。」 ハリスンはなにかいおうとして口をひらきかけたが、。、 ホワロはそれをさえぎった。 「なにをおっしやりたいかはわかっています。ラングトンにかぎって、そんなことはない とでもいうのでしよう。 やれやれ、ラングトンにかぎってか ! しかし、とにかく九時に もういちどおじゃまします。さよう、おもしろいことが起きると思うのでね すたいじ うしいましよう すずめばちの巣を退治するところは、さそかし見ものだろうとね。こ れもまた、あなたがたイギリス人のたのしみのひとつらしい あゆ あしばや 相手の返事を待たずに、ボワロは足早に小道を歩みさり、きしむ木戸をぬけてでていっ どうろ あゆ ひょうじようき げんしゆく くじゅう た。道路にでると、その歩みはおそくなった。いきいきした表情は消えて、厳粛な苦渋 じこく おもて の色がその面をおおった。一度、ポケットから時計をだして、時刻をたしかめたが、その とき針は八時十分すぎをさしていた。 「まだ四十五分もあるーと、彼はつぶやいた。「あるいは待っていたほうがよかったかもしロ れんな。」 ばくぜんっ 足どりはますますおそくなった。いまにもひきかえそうとするようすさえあった。漠然 あいて

9. アガサ=クリスティ推理・探偵小説集 1

けろと警告しておられるんだ。それを警告しに、きようわざわざここへ : ボワロはうなずいた。するとハリスンは、いきなりはじかれたように立ちあがった。 ぶんめいこく 「しかし、それはばかげていますよ、ボワ口さん。ここは文明国イギリスなんですよ。そ どく こいがたきせなかさ ういうことはこの国では起こりません。ふられた男が恋敵の背中を刺したり、毒をもった ) 」かい りすることはないんです。それにあなたは、ラングトンという男をも誤解しておられる。 あの男ははえも殺せない男ですよ。 「はえの生死はわたしには関ありません。」ボワ 0 はおちつきはら 0 てい 0 た。「しかし、 かりにあなたのおっしやるように、ラングトン氏がはえも殺せない男だとしても、その彼 じゅんび が、数千びきのすずめばちの命をとろうと準備している、それをわすれてもらってはこま ります。」 たんてい ハリスンはすぐには返事ができなかった。かわって小男の探偵が立ちあがると、友人の こうふん あいて おおがら あゆ かた そばに歩みより、その肩に手をかけた。ひどく興奮して、相手の大柄なからだをがくがく ゆすらんばかりにしながら、その耳もとで強くささやきかけた。 そら、 「しつかりしなきゃいけません。目をさますことです。そして、ごらんなさい わたしのゆびさしているところを。あの斜面の上、大きな木の根もとのところです。見え ころ け いのち しやめん ころ ゅうじん 19 ボワロの事件簿

10. アガサ=クリスティ推理・探偵小説集 1

しきようみ ふさい サタースウェイト氏の興味をひいたのは、このポータル夫妻だった。 しょたいめん アレック日ポータルとはこれが初対面だったが、この男のことはすっかりわかっていた。 じしん てんけい 父や祖父とも知りあいだったし、アレック自身も、そのタイプの男の典型といっていい。 けとくゆ、つ す しよ、つぶ 年は四十にちかく、ポータル家特有の金髪に青い目、スポーツや賭事が好きで、勝負に強 そうぞうりよくひんこん ぜんりよう く、だが想像力は貧困である。どこにもかわったところなどない : さらにある善良かっ健 えいこくじんけっとう 全な、よき英国人の血統だ。 し だが細君はそうではなかった。サタースウェイト氏の見たところ、どうやらオーストラ リア人らしい。ポータルは二年まえにオーストラリアへいき、そこで彼女と知りあって結 けっこん 婚し、故国へつれてかえってきたのだ。 , 彼女は結婚するまでイギリスにきたことがなかっ た。にもかかわらす彼女には、サタースウ = イト氏の知っている、どのオーストラリア女 性ともちがったところがあった。 いまサタースウェイト氏は、ひそかに彼女を観察していた。 きようみ じつに興味ぶかい女性だ。ものしずかで、それでいてひじように いきいきしている。 そう、それたー まさしく、いいしているということばがびったりだー かならずし びじん ましよう も美人ではない そう、彼女を美人とよぶことはできないだろう。が、ある種の魔性の ぜん こん さいくん じよせい し きんばっ かんさっ かけ ) 」と しゅ けん 108