検索 - みる会図書館

全データから 211947件ヒットしました。

イスタンブール路地裏さんぽ (地球の歩き方GEM STONE)


地 球 の 歩 き 方 GEM STONE 042 イ ス タ ン フ ー ル 路 地 裏 さ ん ぽ 2010 年 3 月 26 日 初 版 発 行 執 筆 ・ 大 和 田 聡 子 ( ど ん ぐ り ・ は う す ) writer : AkikO Ohwada (Donguri House 旧 c. ) 写 真 ・ 岩 間 幸 司 Main Photographer : Kojilwama 画 ・ 一 志 敦 子 Ⅲ ustrator : Atsuko lssh i デ ザ イ ン ・ ア ー ト ・ ワ ー ク Desi gn : Artwork 編 集 ・ ど ん ぐ り ・ は う す Editor : Donguri House c. 地 図 ・ ど ん ぐ り ・ は う す Map : Donguri House c. 取 材 協 力 ・ 写 真 協 力 ・ Special Thanks to 江 里 ロ 祥 子 ク ト ウ ル Shoko Eriguchi Kutlu 高 合 ー 美 Kazumi Takaya / ヾ ラ マ ウ ン ト シ ャ / ヾ ン Asena 七 海 光 Kou Nanami シ リ ー ズ ロ ゴ ・ 三 門 真 嗣 校 正 ・ エ ッ グ 舎 制 作 ・ 山 本 茂 幸 Series Logo : Shinji MikadO Proofreading : Egg-sha Producer : Shigeyuki Yamamoto 発 行 所 ・ 株 式 会 社 ダ イ ヤ モ ン ド ・ ビ ッ グ 社 〒 1 09-0052 東 京 都 港 区 赤 坂 3-5-2 サ ン ヨ ー 赤 坂 ビ ル 3 階 編 集 部 TEL ( 03 ) -3560-2117 FAX ( 03 ) -3584-1220 http://www.arukikata.co.jp/ ・ ダ イ ヤ モ ン ド 社 ・ 発 ヮ フ 匸 〒 1 50-8409 東 京 都 渋 谷 区 神 宮 前 6-12-17 http://www.diamond. CO. jp 販 売 TEL ( 03 ) -5778-7240 印 刷 製 本 ・ 中 日 本 印 刷 株 式 会 社 無 断 転 載 ・ 複 製 を 禁 ず ◎ 2010 Diamond Big Co. ,LTD Akiko Ohwada Printed in Japan 旧 B N 978-4-478-07072-7 ※ GEM STONE と は 原 石 の 意 味 。 地 球 を 旅 し て 宝 石 の 輝 き を み な さ ま に お 届 け し よ う と 立 ち 上 げ た ビ ジ ュ ア ル ブ ッ ク の 新 シ リ ー ズ で す 。

イスタンブール路地裏さんぽ (地球の歩き方GEM STONE)


イ ス タ ン フ ー ル 一 路 地 裏 さ ん ぽ Å d 第 ⅲ i st 言 n b u 1 G e z i ⅵ

日経サイエンス 2016年10月号


第 臥 類 を 認 知 广 学 xTales of a Stone Age Neurescientist 進 化 さ せ た 式 石 器 作 り 私 た ち の 認 知 能 力 は ど う 進 化 し て き た の だ ろ う 石 器 作 り を 学 ぶ 被 験 者 の 脳 画 像 を 頼 り に こ の 謎 に 挑 む 研 究 者 が い る D. ス タ ウ ト ( ェ モ リ ー 大 学 ) 当 コ 一 09 9 73 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号

チュンプルズ : 大学受験のための英語参考書


47. 意 の ま ま / 犠 牲 / 危 険 / 有 名 / at / for の 意 の ま ま に ① 可 ど 川 催 ② 可 ど 市 平 0 $ 記 3 ル 襯 を 犠 牲 に し て 意 の ま ま に 意 の ま ま に 意 の ま ま に 川 催 石 ″ 加 g / ど 〃 4 れ 安 楽 死 川 催 c 〃 慈 悲 深 い / 川 催 c ″ 無 慈 な 市 平 。 を 処 分 す る / 市 平 。 s 処 分 可 能 な 4-1 ① 可 ど co 立 ofhis life ② ″ 一 2 c ofsuccess 3 可 ど c ′ his health ④ 可 xp 夜 1 ofhis family の 危 険 を 冒 す ① 可 ど ん ofhis own life ② ′ doing ③ 川 〃 ど ′ な ん 0 / doing ④ 川 〃 a hotel , 点 at ① 可 wo ⅸ 仕 事 中 ② み 可 川 ル ' Ⅷ イ 3 throw a stone 可 the dog ④ throw a stone 加 the dog ⑤ み ど 可 4 ん / 催 words 6 み 4 ん what I should say を 犠 牲 に し て を 犠 牲 に し て を 犠 牲 に し て を 犠 牲 に し て を 経 営 す る の 危 険 を 冒 す の 危 険 を 冒 す 命 を か け て ① 面 〃 g 催 / 面 れ g 0 ② 4 / カ 4 ′ イ 0 32 ″ / ゼ 催 ″ 0 ④ 就 / ′ な , ⑤ 0 4 ′ の , / 024 ′ イ 0 〃 s ① s 安 全 な / り , 安 全 / 金 庫 ② c 〃 安 全 な / c 〃 ′ 安 全 ③ ル 安 定 し た / 市 ゆ 安 定 加 work 職 に 就 い て / ′ work 失 業 中 5-1 途 方 に 暮 れ る ()e upset and not know what to do) 大 め が け て 大 の 方 へ こ と ば に 詰 ま る 何 と 言 っ て い い か 途 方 に 暮 れ る 疑 問 詞 の 前 の 前 置 詞 は よ く 省 略 さ れ る 可 4 ん (about)whatl shouldsay

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


は 実 は 大 し た 問 題 て 、 は な い ん て 、 す 。 重 要 な の は , 帯 域 , ス ル ー ブ ッ ト , バ ス 速 度 な ど て 、 す 。 大 量 の リ ク エ ス ト を 動 か そ う と す れ ば , ネ ッ ト ワ ー ク を 通 じ た オ プ ジ ェ ク ト て 、 処 理 し た い は ず だ か ら て 、 す 。 サ ー バ 環 境 て 、 使 う か ぎ り , RISC** ッ ク ス や UNIX オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム は そ の よ う な 処 理 に 合 っ て い ま す 。 巨 大 な サ ー バ は 非 常 に 必 要 て 、 す 。 そ う , こ の ク ラ イ ア ン ト / サ ー バ に そ , オ プ ジ ェ ク ト 技 術 が 生 き て き ま す 。 ク ラ イ ア ン ト は フ ロ ン ト エ ン ド ユ ー ザ イ ン タ フ ェ イ ス ア プ リ ケ ー シ ョ ン て 、 あ り , 特 定 の ネ ッ ト ワ ー ク を 通 じ て バ ッ ク エ ン ド と リ ク エ ス ト や レ ス ポ ン ス を や り と り す る わ け て 、 す か ら , オ プ ジ ェ ク ト 技 術 と 同 じ コ ン セ プ ト て 、 す よ ね 。 サ ー バ 側 は お も に UNIX マ シ ン , ク ラ イ ア ン ト 側 は イ ン テ ル /DOS W indows や UNIX, Solaris な ど が 使 わ れ ま す 。 そ し て デ ー タ を 32 ビ ッ ト パ ス イ ン タ フ ェ イ ス で 通 す わ け で す ね ? Stone そ れ は あ ま り 問 題 て 、 は あ り ま せ ん 。 ス ル ー ブ ッ ト に よ り ま す 。 CORBA の イ ン プ リ メ ン ト は 1 秒 間 に 25 ~ 50 メ ッ セ ー ジ 程 度 し か 処 理 し ま せ ん 。 大 し た 量 て 、 は あ り ま せ ん ね 。 し か し こ れ は , ま だ 大 企 業 サ イ ズ の ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 扱 っ て い な い か ら て 、 す 。 ト ラ ン ザ ク シ ョ ン ス ル ー ブ ッ ト が 高 く な れ ば , い ず れ 違 っ て く る て 、 し よ う 。 プ ロ グ ラ ム サ イ ズ せ ん 。 ど の よ う に 動 的 ま た は 静 的 な オ プ ジ が ら , 間 に 合 わ せ の 急 造 に な っ て し ま っ た こ と も あ り ま す 。 ま だ 存 在 し な い も の を 先 ェ ク ト を 作 り , あ る い は そ れ を 有 用 に す る オ プ ジ ェ ク ト 指 向 型 プ ロ グ ラ ム は , 手 に 作 る の は 大 変 て 、 す 。 た と え ば , CORBA 規 続 き 型 ア プ リ ケ ー シ ョ ン よ り サ イ ズ が 大 き カ く な る の で す か ? オ プ ジ ェ ク ト 指 向 型 プ 格 の 場 合 , 静 的 か 動 的 か ど ち ら か ひ と つ の 技 術 的 に は 難 し く な い の で し よ う ? 問 イ ン タ フ ェ イ ス を 選 び 出 し た か っ た の て 、 す ロ グ ラ ム は , 一 部 , 必 要 以 上 の 情 報 を 含 ん 題 は , や り 方 に つ い て み ん な の 意 見 を 一 致 が , 残 念 な が ら そ う は い か ず , 両 方 が 必 要 で い ま す ね 。 さ せ る こ と で す ね ? Stone い い え , そ れ は 誤 解 て 、 す 。 腕 の 悪 い Stone え え 。 明 日 に て 、 も 会 合 し て , 共 通 の に な り そ う て 、 す 。 プ ロ グ ラ マ だ と , サ イ ズ が 大 き く な る か も 道 を 開 く こ と だ っ て 可 能 な ん て 、 す 。 し か し Stone さ ん の 目 か ら す る と , 理 想 的 な ハ し れ ま せ ん 。 彼 ら は 正 し い や り 方 が わ か っ そ う な れ ば , HP の や り 方 , SUN の や り 方 , ー ド ウ ェ ア プ ラ ッ ト ホ ー ム と は ど ん な も の て い な い の て 、 す 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 言 語 て NeXT の や り 方 , そ の ど れ と も ま っ た く 異 で す か ? 理 想 的 と い え な い ま で も , 推 奨 手 続 き 型 コ ー ド を 開 発 し て い る に す ぎ ま せ な る や り 方 に な る て 、 し よ う 。 そ の 点 が 問 題 で き る も の と い え ば , 3 8 6 , 48 6 , そ れ と も ん 。 そ れ は ま ち が っ た ア プ ロ ー チ て 、 す 。 ェ て 、 す 。 方 法 に つ い て 全 員 が 合 意 す る の は 難 R 旧 C ・ ・ ・ Stone RISC シ ス テ ム だ ろ う と , 何 ら 違 い ー ト シ ス テ ム が 流 行 し た 頃 , 結 局 は し い て 、 す ね 。 と き に は , べ ン ダ に 先 ん じ て キ ス ノ ヾ ト シ ス テ ム シ ェ ル を 使 っ て 手 続 規 格 を 作 る 場 合 も あ り ま す 。 た だ , 残 念 な は あ り ま せ ん 。 マ イ ク ロ プ ロ セ ッ サ の 種 類 . エ キ ス ノ ヾ ー 0 3 28 C MAGAZINE 1992 11

チュンプルズ : 大学受験のための英語参考書


ー ()o は 未 来 の 方 向 性 ) ① I remember れ g him before. Please remember ′ 0 ル 4 ん 1 れ e up at SiX. ② She forgot 川 ′ 加 g him before. She forgot 加 厖 り , a present for him. ③ I regret saying that you were wrong. ( = 4 ⅵ 〃 g said) I regret 加 S41 that you were wrong. ④ I tried ー 加 g the stone. 試 し に や っ て み る I tried 加 ′ the stone. し よ う と 努 力 す る ( 過 去 ) 会 っ た の を 覚 え て い る ( 未 来 ) 6 時 に 起 こ す の を 覚 え て お い て ( 過 去 ) 会 っ た の を 忘 れ て い た ( 未 来 ) 買 う の を 忘 れ た ( 過 去 ) そ う 言 っ た こ と を 後 悔 す る ( 未 来 ) そ う 言 う の が 残 念 だ ( 実 行 し た か ど う か は 不 明 ) ( 実 際 に 実 行 し た ) 慣 用 表 現 ① れ 0 〃 crying over spilt milk. な れ 0 〃 arguing with him. (use ② T ん な れ 0 accounting for tastes. ()t is impossible to ~ ) ()e can't 覆 水 盆 に 返 ら ず ( こ ぼ れ た ミ ル ク を 嘆 い て も ム ダ ) = good) 議 論 し て も ム ダ だ (good 利 益 ) 5-2 ()f 性 質 ) い 3-2 た で 食 う 虫 も 好 き ず き ( 趣 味 を 説 明 す る こ と は で き な い ) ー He ″ cco 〃 れ な / 0 ′ his absence from school. Female students acco 〃 ′ 70 %. He acco 〃 れ な himself the luckiest man. ③ I ″ ″ 葹 running away. (want to (o) (feel inclined to (o) 逃 げ 出 し た か っ た ④ go ” , ″ ん 0 saying 可 Ⅳ 襯 s 加 say, な 〃 0 ど x ″ gg ′ 4 0 れ S41 4 ー ( ⑥ As he ル 4 $ 4 み 0 〃 ー ね leave, it began tO rain. The train ル as 0 れ 20 加 ′ 0 / stafting. ( 縁 ・ ふ ち ) She ル as 0 れ ′ g oftears. ⑤ 1 4 川 加 ん 4 み ″ 可、 」 ogging every moming. I 川 4 ど ″ 4 ′ 〃 加 go tO bed at nine. I 川 4 4 20 加 ′ 0 / being punctual. 今 に も 泣 き 出 し そ う だ っ た 列 車 は 発 車 し よ う と し て い た 出 発 し よ う と し て い た と き に 時 間 厳 守 を 第 一 に し て い る 9 時 に 寝 る こ と に し て い る 毎 朝 走 る こ と に し て い る と 言 っ て も 言 い 過 ぎ で は な い と 言 っ て も 言 い 過 ぎ で は な い 言 う ま で も な い こ と だ が は 言 う ま で も な い だ と 思 う (bank account 銀 行 口 座 ) を 占 め る を 説 明 す る (explain)

イスタンブール路地裏さんぽ (地球の歩き方GEM STONE)


リ ー 0 第 ・ 世 界 遺 産 を て く て く イ ス タ ン プ ー ル が 初 め て な ら 、 誰 で も ま す は 世 界 遺 産 の あ る 旧 市 街 へ こ の 界 隈 の メ イ ン ス ト リ ー ト は ト ラ ム ヴ ァ イ の 通 り と ア ヤ ソ フ ィ ア の 前 で 北 へ 分 岐 す る イ エ レ バ タ ン 通 り さ あ 、 そ こ か ら 一 歩 入 っ て 路 地 裏 さ ん ぽ を ス タ ー ト し よ う ト ル コ デ ザ イ ン の お 気 に 入 り を 探 し な が ら 歩 く の が 楽 し い 界 隈

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


間 ク ラ イ ア ン ト / サ ー バ 環 境 下 て 、 移 植 可 能 オ プ ジ ク ト を 作 成 / 制 御 / メ ン テ ナ ン ス す る 方 法 を 規 定 す る も の だ 。 Object services て 、 は , Object Request B roker を 使 て , APPlication Objects ( ス プ レ ッ ド シ ー ト , ク ・ ラ フ ィ ッ ク ス , ワ ー プ ロ な ど の 日 常 的 な ア プ リ ケ ー シ ン ) や Comm onFac ⅲ ties ( シ ス テ ム 管 理 機 能 を つ か さ ど る ユ ー テ ィ リ テ ィ ) と の 間 て 、 双 方 向 に メ ッ セ ー ジ を や り と り す る 。 Object services は と く に , 移 植 可 能 な デ ー タ 管 理 サ ー ビ ス を 作 成 す る た め に 重 要 な ふ た つ の カ テ ゴ リ , つ ま り ObjectM0del と Object Request Broker を 制 御 す る 。 Obje ctModel は , オ フ ・ ジ = ク ト の ラ イ フ サ イ ク ル , 持 続 性 , 交 換 , 関 係 を 定 義 す る 。 Obje ct Request Broker は , CORBA に 準 拠 し , ミ ン ク ・ や ノ ヾ ー シ ョ ニ ン オ プ ジ ェ ク ト の ネ グ , イ ン タ フ = イ ス 定 義 の 管 理 , 同 時 実 行 や デ ー タ セ キ ュ リ テ ィ の 制 御 な ど の 処 理 を 制 御 す る 。 オ プ ジ ェ ク ト は ポ リ モ フ ィ ッ ク な 性 質 を 持 ち , ほ か の プ ロ グ ラ マ が 作 成 し た ラ イ プ ラ リ や ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 生 か し な が ら , 反 応 が よ く 修 正 し や す い ア プ リ ケ ー シ ョ ン に 仕 上 げ る こ と が て 、 き る 。 経 験 豊 富 な プ ロ こ う し た ラ イ プ ラ リ ( デ ー タ と グ ラ マ な ら , そ の 関 連 定 義 を ま と め た も の ) を 利 用 す る こ と て 、 , 非 常 に コ ス ト 効 率 の 高 い ソ フ ト ウ ェ ア を 作 成 て 、 き る 。 Stone 会 長 は , 「 現 在 , ソ フ ト ウ ェ ア 作 成 に か か る コ ス ト 1 ド ル の う ち , 70 ~ 80 % が メ ン テ ナ ン ス に 費 や さ れ て い る 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 言 語 て 、 プ ロ グ ラ ミ ン グ す れ ば , メ ン テ ナ ン ス コ ス ト を 約 半 分 に 抑 え ら れ る 」 と い う 。 こ の よ う に , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 は , メ ン テ ナ ン ス コ ス ト や 開 発 コ ス ト の 低 減 , 効 率 ア ッ プ , 複 数 の 開 発 環 境 に わ た る 移 植 Obiect Management Group 性 な ど を 約 束 す る 。 し た が っ て , 「 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 ソ フ ト ウ ェ ア は , 今 後 5 年 間 て 、 , 今 日 の 3 , 000 万 ド ル か ら 30 億 ド ル 規 模 に 増 え る 」 と ア ナ リ ス ト が 予 測 し て い る の も 驚 く に は あ た ら な い 協 力 の 成 果 OMG の 265 社 の メ ン バ は す べ て , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 の 将 来 に い く ら か な り と も 影 響 を 与 え た い と 考 え て い る 。 そ の 関 心 の 程 度 は , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ ミ ン グ 言 語 へ の 開 発 投 資 額 を 見 れ ば わ か る は ず だ 。 Stone 会 長 は , 「 オ プ ジ ェ ク ト 技 術 の 方 向 を 定 め る こ と は 本 来 さ ほ ど 難 し く な い 」 と い う 。 オ プ ジ ェ ク ト 技 術 は , 初 め て 開 発 さ れ た の が 約 25 年 前 と か な り 古 く ( 当 時 は SimuI a と 呼 ば れ て い た ) , 熟 練 プ ロ グ ラ マ な ら す て 、 に 十 分 に 把 握 し て い る は ず だ か ら だ 。 「 規 格 を 定 義 す る う え て 、 の 障 害 は , 技 術 面 よ り む し ろ 政 治 面 て 、 あ る 。 時 間 の 60 % は , メ ン バ の 合 意 を 得 る た め の 交 渉 に 費 や し て い る 」 と Stone 会 長 は 話 す 。 OMG は , 技 術 ア ド バ イ ザ , 情 報 プ ロ ー カ , メ ー カ ー 間 調 停 者 と し て 活 動 す る か た わ ら , い ろ い ろ な 特 殊 利 益 団 体 の 動 き を 調 こ う し た 団 体 は , オ プ ジ ェ ク 整 し て い る 。 ト 技 術 を 以 下 の よ う な 用 途 に 標 準 採 用 す べ く 研 究 を 進 め て い る 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 リ レ ー シ ョ ナ ル デ ー タ ベ ー ス と く に , グ ラ フ ィ ッ ク ス , 音 声 , ビ デ オ な ど を 取 り 入 れ た 表 現 豊 か な 「 マ ル チ メ デ ィ ア タ イ プ 」 の デ ー タ ベ ー ス 。 C 十 十 , SmaIItaIk, Object COBOL な ど の 共 通 言 語 の ク ラ ス ラ イ プ ラ リ さ ま ざ ま な プ ラ ッ ト ホ ー ム に わ た っ て , ス ム ー ズ な デ ー タ 交 換 を 促 す た め , オ プ ジ ェ ク ト ク ラ ス や イ ン タ フ ェ イ ス の 「 登 録 」 も 検 討 中 て 、 あ る 。 / ヾ ラ レ ル プ ロ セ ッ シ ン グ OMG は さ ら に , OSF ( オ ー プ ン ソ フ ト ウ ェ ア フ ァ ウ ン デ ー シ ョ ン ) , UNIX イ ン タ ナ シ ョ ナ ル , POSIX, イ ン タ ナ シ ョ ナ ル ス タ ン ダ ー ズ オ ー ガ ニ ゼ ー シ ョ ン , X / オ ー プ ン な ど , ほ か の 標 準 規 格 団 体 と も 提 携 し て い こ う し た 団 体 に 対 し , オ プ ジ る 。 OMG は , ェ ク ト 指 向 技 術 の 方 向 性 に つ い て ア ド バ イ ス を 与 え , そ の 代 わ り に 各 団 体 の 研 究 成 果 を 受 け 取 っ て い る 。 上 記 の 団 体 が タ ー ゲ ッ ト に し て い る ソ フ ト ウ ェ ア 技 術 は UNIX 関 連 の み だ が , OMG は あ ら ゆ る 分 散 型 機 種 間 オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム を サ ポ ー ト す る 方 針 て 、 あ る 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 へ の 関 心 が 急 速 に 高 ま る な か , Stone 会 長 は , OMG の こ れ ま て 、 の さ ま ざ ま な 業 績 を 明 か す と と も に , 加 盟 メ ン バ 間 の 合 意 を 取 り つ け る 難 し さ を 嘆 い て い た オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 の 欠 点 Stone マ イ ク ロ ソ フ ト は , あ ら ゆ る ア プ リ ケ ー シ ョ ン を Windows べ ー ス に し よ う と 懸 命 て 、 す ね 。 そ れ は 結 構 て す が , Windows や DOS が 世 界 の す べ て て 、 は あ り ま せ ん 。 世 の 中 に は も っ と い ろ い ろ な も の が あ る ん て す 。 UNIX も あ れ ば X も あ る 。 そ れ ぞ れ の 断 片 を つ な ぐ イ ン タ フ ェ イ ス が 必 要 て す 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 な ら そ れ が 可 能 て 、 す 。 そ れ が , OMG が 開 発 し た 共 通 オ プ ジ ェ ク ト リ ク 工 ス ト プ ロ ー カ ー ア ー キ テ ク チ ャ 規 格 て 、 す 。 CORBA で す ね ? Stone そ う て 、 す 。 何 だ か い い こ と ず く め み た い で す ね 。 デ ィ ベ ロ ッ パ の 影 響 力 が 増 し , ユ ー サ の 要 望 に よ り 敏 感 に 対 応 で き , 製 品 の 種 類 や コ ス ト を 減 ら す こ と が で き る ・ ・ 。 誰 に と っ て も 得 で す ね 。 欠 点 は 何 で す か ? Stone い く つ か あ り ま す 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 に は 非 常 に 高 い マ ー ケ テ ィ ン グ コ ス ト が か か り ま す 。 そ の た め に 怖 じ 気 づ い て い る 人 が い ま す 。 プ ロ ジ ェ ク ト を 開 始 す る 時 点 の 推 算 て 、 は , な じ み 深 い 手 続 き 型 言 語 て 、 や る の に 比 べ , 2 ~ 2.5 倍 の コ ス ト 増 が 予 想 さ れ た り し ま す 。 そ れ が ひ と つ め の 制 約 て す 。 第 二 の 欠 点 は , 組 織 的 か っ 論 理 的 に ア プ , つ ま り , 秩 序 を 立 て , ロ ー チ し な い と ・ ・ 分 析 し , 正 し く 設 計 し な い と , か な り ひ ど 巻 頭 イ ン タ ビ ュ ー 25

世界一わかりやすい英文法の授業


な ぜ 英 単 語 の ス ペ ル は 難 し い の か ? 単 語 力 覚 え ら れ な い 理 由 の ひ と つ に 「 ス ペ ル と 読 み 方 カ ゞ 違 う 」 か 、 あ げ ら れ ま す よ ね 。 な ぜ こ ん な に 違 う の か ? 大 き な 理 由 カ 2 つ あ り ま す 。 理 由 ① 歴 史 的 背 景 大 母 音 推 移 と 印 刷 術 の 発 明 っ て の は る 力 、 む か し 、 イ ギ リ ス で は 、 単 言 吾 の 発 音 と ス ペ ル は 周 じ だ っ た ん で す ( た と え 発 音 か 、 変 わ っ て 、 そ れ に 合 わ せ て ス ペ ル 変 え て い っ た ん で た と え ば “ name ” は そ の ま ま 「 ナ メ 」 、 stone は 「 ス ト ネ 」 っ て 。 売 め ば よ か っ た ん で す ( ホ ン ト 、 ボ ク た ち い ま の 日 本 人 か ら 見 る と 、 そ れ は そ れ は う ら や ま し い 時 代 で し た ) 。 と こ ろ カ ゞ 15 世 紀 に 『 大 母 音 推 移 』 と い う 現 象 カ 起 吉 ま し た 。 な ん 力 、 ス ケ ル の 大 き い 名 前 で す よ ね 。 こ れ は 母 音 の 読 み 方 カ ゞ 大 吉 く 変 わ っ て し ま っ た 現 象 で す ( 門 的 に う と 、 長 母 音 か 、 ニ 重 母 音 に 変 化 し ま し た ) 。 ex. name 変 化 前 ( ナ メ ) 変 化 後 ( ネ イ ム ) stone 変 化 前 ( ス ト ネ ) → 変 化 後 ( ス ト ウ ン ) こ の 大 母 音 推 移 に よ っ て 、 現 在 の 発 音 に 変 わ っ て し ま っ た ん で す 。 ま た 、 周 じ 15 世 糸 己 に 印 刷 技 術 力 ゞ 発 明 さ れ 、 す ぐ に 導 入 さ れ ま し た 。 印 昴 リ 技 術 に よ り 、 単 語 力 ヾ 全 部 活 字 に な っ ち ゃ っ て ス ペ ル か 、 固 定 1 こ さ れ ち ゃ う ん で す 。 七 う 「 発 音 カ 変 わ っ た か ら ス ペ ル 変 え ち ゃ お う 」 な ん て 気 軽 に で 吉 な く な っ ち ゃ っ た ん で す 。 そ し て 、 な ん と ! ! こ の 時 代 の イ ギ リ ス で は 何 カ ラ 旦 吉 て い ま し た つ け ? 230

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


ミ OS タ イ ム フ レ ー ム 大 き な 到 達 点 に た ど り 着 く の は い つ な の か , タ イ ム フ レ ー ム を 教 え て も ら え ま す か ? 現 在 , Object Services に 情 報 を リ ク 工 ス ト で き る よ う に な り ま し た ね 。 次 は 何 で し よ う ? Stone 最 近 力 を 入 れ て い る 点 が 2 , 3 あ り ま す 。 ひ と つ は Object Services 情 報 リ ク エ ス ト を 明 確 な 形 に す る こ と て 、 す 。 Object Ser vices 向 け の イ ン タ フ ェ イ ス を い く つ か 選 び 出 す 予 定 て 、 す 。 お も に ラ イ フ サ イ ク ル , 持 バ ー シ ョ ン コ ン ト ロ ー ル の 分 野 て 、 す ね 。 そ の あ た り の 用 語 の 定 義 も お 願 い し ま す 。 Stone 持 続 性 と い う の は , オ プ ジ ェ ク ト デ ー タ ベ ー ス て 、 よ く 使 わ れ る 概 念 て 、 , メ モ リ に 保 持 さ れ て い る デ ー タ を 表 現 し ま す 。 消 て 、 な く , グ ラ フ ィ カ ル ュ ー ザ イ ン タ フ ェ イ 問 題 を 安 価 に 解 決 し ま す 。 え て し ま わ な い の て 、 , 何 度 も 繰 り 返 し 再 利 ス , 分 散 型 オ プ ジ ェ ク ト リ ク エ ス ト プ ロ ー オ プ ジ ェ ク ト 指 向 ソ フ ト は , 最 終 的 に 用 て 、 き ま す 。 常 に ア ク テ イ プ て 、 , パ ッ シ プ カ ー , プ ラ ウ ザ , ラ イ プ ラ リ な ど を 手 が け ほ か の あ ら ゆ る 種 類 の ソ フ ト に 代 わ る だ け に な る こ と は あ り ま せ ん 。 持 続 性 を ど の よ の 拡 張 性 と 柔 軟 性 を 備 え て い る の で す か ? る と 思 い ま す 。 ま た , ほ か の 環 境 デ ィ ベ ロ う に 実 現 す る か に 関 し て は 合 意 は あ り ま せ ッ パ と 協 力 し , ラ イ プ ラ リ を イ ン タ ラ ク テ Stone は い 。 最 大 の 特 長 は , 極 め て ス ケ ー ん 。 現 在 の と こ ろ , 持 続 性 は C 十 十 言 語 の 延 ラ ブ ル て 、 あ る こ と て 、 す 。 こ れ は 非 常 に 重 要 イ プ に す る て 、 し よ う 。 長 に ほ か な ら ず , ほ と ん ど の オ プ ジ ェ ク ト て 、 す 。 ス ケ ー ラ ブ ル て 、 し か も 再 利 用 が 可 能 エ キ ス パ ー ト シ ス テ ム あ る い は 知 識 べ デ ー タ ベ ー ス ペ ン ダ が そ の 方 針 て 、 取 り 組 ん て 、 す 。 て 、 い ま す 。 し か し そ れ は 間 違 い て 、 す 。 ど の ー ス と 呼 ば れ る シ ス テ ム に 対 し て , オ プ ジ べ ン ダ の 利 益 よ り も , ユ ー サ の 利 益 の ロ 語 に も 依 存 し な い イ ン タ フ ェ イ ス が あ る ェ ク ト 技 術 は ど ん な 価 値 を 付 与 す る の で し ほ う が 優 先 さ れ る よ う に な る の は い つ で す べ き て 、 す 。 私 た ち は Object Services て 、 そ の よ う か ? か ? べ ン ダ の ニ ー ズ よ り 顧 客 の ニ ー ズ が 点 を 示 し て い ま す 。 Stone AI シ ス テ ム は , 「 人 間 の 代 用 」 と し も う ひ と つ の 力 点 は バ ー ジ ョ ン コ ン ト ロ 重 要 視 さ れ る の は ・ ・ ・ ・ ・ ・ ? て 売 り 出 さ れ ま し た 。 人 間 の 代 わ り に 考 え , Stone い い 質 問 て 、 す ね 。 現 在 は , み ん な 自 ー ル て 、 す 。 ご 存 じ の と お り , デ ー タ ベ ー ス と き に は 作 業 ま て 、 や っ て く れ る ソ フ ト ウ ェ 分 た ち の 言 語 製 品 の ほ う が 優 れ て い る と 考 に し ろ ソ フ ト ウ ェ ア に し ろ , 常 に い ろ い ろ ア て 、 し た 。 え て , 有 利 な 位 置 を 争 っ て い ま す 。 何 ら か な バ ー ジ ョ ン が 存 在 し , 互 い に 非 互 換 て す 。 し か し , そ れ は ま っ た く 間 違 っ た マ ー ケ の 新 技 術 を 扱 う と , 必 ず や 新 し い 商 業 的 競 本 当 に 必 要 な の は Version 2.2 な の に , Ver テ ィ ン グ て 、 , こ の 技 術 を ぶ ち 壊 し に し た 元 合 に ぶ つ か り ま す 。 誰 も が 自 分 た ち の ほ う sion 1.6 て 、 あ る た め に 実 行 て 、 き な か っ た り し 凶 て 、 す 。 が い い ア イ デ ア だ と 信 じ て い る の て 、 す 。 し ま す 。 イ ン タ フ ェ イ ス が 整 備 さ れ れ ば , バ 私 は 時 間 と 資 金 の 50 ~ 60 % を 費 や し て , か し , い ず れ は 淘 汰 さ れ , 大 勢 の 敗 者 が 出 ー ジ ョ ン 間 を イ ン タ フ ェ イ ス て 、 結 ぶ こ と が オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 の 位 置 づ け と マ ー ケ る て 、 し よ う 。 今 後 数 年 間 の う ち に て 、 き , そ う し た ト ラ ブ ル を 解 消 て 、 き る て 、 し テ ィ ン グ を 研 究 し ま し た 。 ろ な 言 語 べ ン ダ が つ ぶ れ て 消 え て い く と 田 よ う 。 オ プ ジ ェ ク ト の ラ イ フ サ イ ク ル と は , メ イ ン ス ト リ ー ム の 人 々 は , 技 術 が ど ん い ま す 。 賢 い べ ン ダ は 純 粋 な 言 語 開 発 の 枠 オ プ ジ ェ ク ト を ど の よ う に 削 除 す る か , ど な 由 来 て 、 あ る か , 誰 が 設 計 し て 誰 が 作 っ た を 越 え て , 環 境 開 発 に 向 か う て 、 し よ う 。 の よ う に 消 す か て 、 す 。 オ プ ジ ェ ク ト を ど の か は 気 に し ま せ ん 。 ビ ジ ネ ス の 課 題 を 解 決 つ ま り , 単 な る プ ロ グ ラ ミ ン グ 言 語 だ け よ う に 作 る べ き か に 関 し て は 合 意 は あ り ま し た い だ け な ん て す 。 1 ー 0 試 ・ 4 巻 頭 イ ン タ ビ ュ ー 27