検索 - みる会図書館

検索対象: 世界一わかりやすい英文法の授業

世界一わかりやすい英文法の授業から 248件ヒットしました。

世界一わかりやすい英文法の授業


な ぜ 英 単 語 の ス ペ ル は 難 し い の か ? 単 語 力 覚 え ら れ な い 理 由 の ひ と つ に 「 ス ペ ル と 読 み 方 カ ゞ 違 う 」 か 、 あ げ ら れ ま す よ ね 。 な ぜ こ ん な に 違 う の か ? 大 き な 理 由 カ 2 つ あ り ま す 。 理 由 ① 歴 史 的 背 景 大 母 音 推 移 と 印 刷 術 の 発 明 っ て の は る 力 、 む か し 、 イ ギ リ ス で は 、 単 言 吾 の 発 音 と ス ペ ル は 周 じ だ っ た ん で す ( た と え 発 音 か 、 変 わ っ て 、 そ れ に 合 わ せ て ス ペ ル 変 え て い っ た ん で た と え ば “ name ” は そ の ま ま 「 ナ メ 」 、 stone は 「 ス ト ネ 」 っ て 。 売 め ば よ か っ た ん で す ( ホ ン ト 、 ボ ク た ち い ま の 日 本 人 か ら 見 る と 、 そ れ は そ れ は う ら や ま し い 時 代 で し た ) 。 と こ ろ カ ゞ 15 世 紀 に 『 大 母 音 推 移 』 と い う 現 象 カ 起 吉 ま し た 。 な ん 力 、 ス ケ ル の 大 き い 名 前 で す よ ね 。 こ れ は 母 音 の 読 み 方 カ ゞ 大 吉 く 変 わ っ て し ま っ た 現 象 で す ( 門 的 に う と 、 長 母 音 か 、 ニ 重 母 音 に 変 化 し ま し た ) 。 ex. name 変 化 前 ( ナ メ ) 変 化 後 ( ネ イ ム ) stone 変 化 前 ( ス ト ネ ) → 変 化 後 ( ス ト ウ ン ) こ の 大 母 音 推 移 に よ っ て 、 現 在 の 発 音 に 変 わ っ て し ま っ た ん で す 。 ま た 、 周 じ 15 世 糸 己 に 印 刷 技 術 力 ゞ 発 明 さ れ 、 す ぐ に 導 入 さ れ ま し た 。 印 昴 リ 技 術 に よ り 、 単 語 力 ヾ 全 部 活 字 に な っ ち ゃ っ て ス ペ ル か 、 固 定 1 こ さ れ ち ゃ う ん で す 。 七 う 「 発 音 カ 変 わ っ た か ら ス ペ ル 変 え ち ゃ お う 」 な ん て 気 軽 に で 吉 な く な っ ち ゃ っ た ん で す 。 そ し て 、 な ん と ! ! こ の 時 代 の イ ギ リ ス で は 何 カ ラ 旦 吉 て い ま し た つ け ? 230

世界一わかりやすい英文法の授業


0 単 語 を 知 ら な く て も 文 型 で 訳 せ る 次 の 英 文 で 「 evolve を 知 ら な く て も 訳 せ ま す よ ね 。 They believed 物 the sun revolved around the ear 物 . that 以 下 に 注 目 し て く だ さ い 。 the sun revolved (around the earth. ) で す 。 "can" と 同 じ よ う な も ん で す ) 。 "the earth moves" っ て の と 同 じ 文 型 で を 使 っ て 強 調 し て い る だ け で す ( 強 調 の "does" と 言 わ れ 、 こ の "does" は 助 動 詞 文 型 を 考 え て み て く だ さ い 。 does move は moves と い う 動 詞 を does Yet the earth does move. 誰 も が 「 太 陽 か 動 い て る 」 と 思 っ て い た 時 代 に カ リ レ オ か 言 う わ け で す 。 「 太 陽 か 地 球 の 周 り を ま わ っ て い る 、 と 思 わ れ て い た 」 っ て 訳 せ ま す ね 。 ′ ち な み に 「 evolve は 「 回 転 す る 」 っ て 意 味 で す 。 「 太 陽 は 地 球 の 周 り に あ る / を 動 く 」 → 「 太 陽 は 地 球 の 周 り を ま わ る 」 す 。 Yet the earth does move . 「 地 球 は 動 く 」

世界一わかりやすい英文法の授業


こ で 、 そ の 男 の 子 は 「 バ バ 」 と 「 お じ さ ん 」 の 違 い を 知 る の で す 。 い つ マ マ の そ ば に い る 人 力 ゞ 「 パ パ 」 で 、 そ れ 以 外 の 人 を 「 お じ さ ん 」 っ て 言 う ん だ と 。 そ こ で ボ ク に む か っ て う わ け で す 。 「 お じ さ ~ ん 」 今 度 は ボ ク カ ゞ そ の 子 の 頭 を パ シ ッ 。 「 お 兄 さ ん 」 だ ろ 。 さ ら に そ の 子 は 「 お じ さ ん 」 と 「 お 兄 さ ん 」 の 達 い を 知 っ て ・ ・ こ の よ う に 子 供 は 語 彙 を 増 や し て い く ん で す 。 実 は 私 た ち は こ う や っ て 苦 労 し な カ ら 日 本 語 を 身 に つ け て き た ん で す ね 。 ち な み に 以 前 、 プ ロ 野 球 選 手 の お 宅 言 方 問 っ て テ レ ビ で や っ て ま し た 。 そ の 中 で 、 幼 い 女 の 子 力 ヾ バ ッ ト を 見 て 「 バ バ 」 っ て っ て ま し た 。 テ レ ビ の 中 で お 母 さ ん は 苦 笑 い で し た カ こ れ 七 そ の 子 1 共 力 、 ら 見 た ら 、 バ ッ ト は 「 マ マ 」 じ ゃ な い 。 「 マ ン マ 」 じ ゃ な い 。 っ て こ と で 「 パ パ 」 っ て 呼 ん で る ん で す ね 。 バ ッ ト の こ と を 本 気 で 自 分 の 父 親 だ と 思 っ て る わ け な い で す よ ね 。

世界一わかりやすい英文法の授業


the の 知 識 【 冠 詞 】 ・ み ん な で 指 さ せ れ ば the the は 共 通 認 識 っ て 考 え て く だ さ い 。 こ れ だ け で す 。 あ な た と 私 ( も し く は そ の 場 に い る 全 員 ) で 、 共 通 に 認 識 で き る 内 容 に the を 使 う の で す 。 み ん な で 「 せ ~ の つ 」 っ て 言 い な が ら 同 じ も の を 指 さ せ る と き に the を 使 う ん で す 。 た と え は カ リ レ オ の コ ト ハ で "Yet the earth does move. か あ り ま し た ね ( 131 べ ー ジ 参 照 ) 。 ea 「 th に は the か つ い て ま す 。 な せ で し よ う ? そ う で す 、 "earth" は 共 通 認 識 で き る も の だ か ら で す 。 「 地 球 」 と 言 え は 、 ど れ を さ し て い る か 誰 に で も わ か り ま す よ ね 。 同 じ よ う に 、 太 陽 や 月 に も the が つ き ま す (the sun / the moon)o 「 太 陽 は ど れ で す か ? せ ~ の つ 」 っ て や れ は 、 そ こ に い る 全 員 が 一 に 太 陽 を 指 さ せ ま す よ ね 。 ま ち か っ て も 「 ど の 太 陽 ? 」 な ん て 言 う 人 は い ま せ ん 。 た か ら the な ん で す 。 で は 、 星 (sta 「 ) は ど う で し よ う ? 必 す the が つ く と は 限 ら な い で す ね 。 星 は 無 数 に あ る の で a sta 「 の と き も あ り ま す 。 ′ も ち ろ ん ど の 星 を さ す か 共 通 認 識 で き る と き ( た と え ば 夜 空 に ひ と っ し か 星 が 出 て な い と き ) は 全 員 で 指 さ せ ま す ね 。 そ の と き は the sta 「 に な り ま す 。 で は 、 ア イ ン シ ュ タ イ ン の コ ト パ に 使 わ れ た "the ” に つ い て 考 え て み ま し よ う 。 も ち ろ ん こ れ も 共 通 認 識 の the で す 。 The important thing is no ヤ す 0 op questioning. 直 訳 は 「 ( 誰 も か 認 識 で き る ) 大 切 な こ と は 、 疑 問 を も ち 続 け る の を や め な い こ と だ 」 に な り ま す 。 【 冠 詞 】

世界一わかりやすい英文法の授業


5 文 型 の 長 所 【 文 型 】 【 文 型 】 5 文 型 の 長 所 文 型 か ら 知 ら な い 動 詞 の 意 味 が わ か る ( そ の 1 ) Yet the earth does move. Galileo Galilei そ れ で も 地 球 は 動 い て い る 。 ガ リ レ オ ・ ガ リ レ イ カ リ レ オ ( 1564 ~ 1642 ) の コ ト ハ は 「 "the ea 「 th" か S で 、 'does move" ffV っ て い う 第 1 文 型 (SV) 」 に な っ て い ま す 。 で は 、 文 型 が わ か る と 、 ど ん な メ リ ッ ト か あ る の で し よ う か ? 0 文 型 が わ か れ ば 動 詞 の 意 味 も わ か る ! ! 文 型 に よ っ て 動 詞 の 意 味 が 決 ま っ て い る ん で す 。 次 の ペ ー ジ に あ る 囲 み を 見 て く だ さ い 。 例 文 は す べ て make を 使 い ま し た 。 「 make の よ う な 基 本 動 詞 に は い ろ ん な 意 味 か あ る か ら 気 を つ け よ う 」 な ん て 言 わ れ ち ゃ う か も し れ ま せ ん が 、 心 配 し な く て 大 艾 夫 で す 。 い ろ ん な 意 味 を 覚 え る の で は な く 、 ま す は 文 型 に 注 目 っ て 習 慣 を つ け ま し よ

世界一わかりやすい英文法の授業


比 較 級 を 使 っ た 決 ま り 文 甸 no thicker than a finger. ' "You're a funny creature, for a long time. The little prince looked at the snake "no more ~ than... ” の 超 カ ン タ ン 和 訳 法 ! ! 124 「 ク ジ ラ か 魚 じ ゃ な い の は 、 馬 が ・ A whale is no more ロ fish than a horse is. か ワ 学 校 で 呪 文 の よ う に 暗 記 さ せ ら れ た 『 ク ジ ラ の 構 文 』 っ て 見 覚 え あ り ま せ ん じ ゅ も ん no more ~ than ... の 裏 ワ ザ 「 星 の 王 子 さ ま 』 サ ン ・ テ グ ジ ュ ペ リ 「 君 は 不 思 議 な 生 き 物 だ ね 。 指 の よ う に 細 く っ て 」 王 子 さ ま は じ っ と ヘ ビ を 見 て 言 い ま し た 。 励 に 石 ″ Prince Antoine de Saint-Exupéry

世界一わかりやすい英文法の授業


な せ 赤 ち ゃ ん は 「 パ パ 」 「 マ マ 」 し か し ゃ べ れ な い の か ? 力 で 英 語 を 話 さ な い 国 で 、 で す 。 な ぜ で し よ う か ? 赤 ち ゃ ん は 自 分 の 親 を 「 バ バ 」 「 マ マ 」 っ て 呼 び ま す 。 日 本 で 七 ア メ リ 1 本 な せ 、 で し よ う か ? 「 バ バ 」 と は え る の に 、 「 ジ ジ 」 と は ( し ば ら く の 問 ) 吾 う こ と カ ヾ で ぎ ま せ ん 。 さ ら に 43 に な る と 、 ホ ン ト に ス ッ と 頭 に し み こ む ん で す 。 丸 暗 言 己 と 例 外 の 連 続 だ っ た 英 文 浩 、 こ う や っ て 吉 ち ん と 考 え る よ う る の で す 。 こ ん な 些 細 に 見 え る こ と で 、 納 得 の い く き ち ん と し た 浩 則 カ 存 在 す ノ テ で し ゃ べ る ん で す 。 く て え な い ん で す ね 。 肯 カ な い の で 、 唇 だ け で 出 せ る マ 行 、 パ 彳 テ 、 全 国 の お じ い ち ゃ ん は テ ン シ ョ ン 下 カ り ま く り で す 力 実 際 は い た 「 マ ン マ 」 う と し て い る 赤 ん 士 方 。 ド キ ド キ し な カ ら 何 を ・ う の か 期 待 し て た ら 、 「 ノ ヾ ノ し 力 、 し ゃ べ っ て く れ な い 。 お じ い ち ゃ ん の 目 を 見 て 1 可 力 、 お 待 ち に 待 っ た 初 、 つ い に し ゃ べ れ る よ う に な っ た の に 「 パ パ 」 「 マ マ 」 ね ? だ か ら 「 ジ 」 の 音 は 肯 カ な い と 出 な い 音 な ん で す 。 「 ジ ~ ・ ・ ・ 」 っ て う と 、 肯 の 裏 1 則 に 皂 カ 省 た っ て る の カ ゞ わ か り ま す よ 「 ジ ジ 」 っ て っ て み て く だ さ い 。 唇 は く つ つ き ま せ ん よ ね 。 ん で す 。 赤 ち ゃ ん に は 肯 カ ゞ あ り ま せ ん ね 。 だ か ら 唇 だ け で 出 る 音 し 力 、 話 せ な い に 出 る 音 カ ゞ 「 マ 」 「 パ 」 「 バ 」 な ん で す 。 唇 を 使 っ て ま す ね 。 上 の 唇 と 下 の 唇 カ ー 一 度 く つ つ い て 難 れ る そ の 瞬 問 わ か り ま し た ? か を 意 言 哉 し て み て く だ さ い 。 「 マ マ ! ! パ パ ~ ! ! 」 周 り に 人 は い ま せ ん か ? で は 宅 う 1 回 。 ロ の 、 ど の 部 分 を 使 っ て る た め し に - ま っ て み て く だ さ い 。 お つ ぎ な 声 で 「 マ マ ア ! ! 」 っ て 。

世界一わかりやすい英文法の授業


り ま せ ん ( 1 53 ペ ー ジ 参 照 ) 。 さ ら に 、 軽 い 気 分 転 換 に 裏 ワ サ ( 1 50 ペ ー ジ 参 照 ) も た く さ ん の せ ま し た 。 parto 品 詞 機 能 を 理 解 す る 世 間 で は 、 面 倒 く さ い う え に ル ー ル な ん て 存 在 し な い と 思 わ れ て る 分 野 (a と the の 使 い 分 け 、 f0 「 getful と fo 「 gettable の 判 別 方 法 ) な ど を ヒ シ ッ と 解 説 い た し ま す 。 ま た 、 英 語 力 の 土 台 を 成 す 関 係 詞 に 大 幅 に ペ ー ジ を 割 き ま し た 。 コ ラ ム ・ 補 足 英 語 の 楽 し さ ・ 奥 深 さ 、 ま た 、 語 彙 や リ ス 二 ン グ に つ い て も お 話 し し ま す 。 楽 し み に し て く た さ い 。 本 書 は 、 ほ と ん ど が 1 テ ー マ 完 成 の 解 説 で す 。 ハ ラ ハ ラ め く り な が ら 、 目 に と ま っ た 名 言 の 所 か ら 読 ん で み て く だ さ い 。 「 勉 強 の 基 本 は 、 楽 し そ う な と こ ろ か ら 」 ホ ク が い つ も 予 備 校 で 言 っ て い る コ ト ハ で す 。 0 中 1 の 頃 の ワ ク ワ ク し た 気 持 ち を も う 一 度 ! ! 「 英 語 の 勉 強 」 と 聞 い て 「 む か し 感 じ た 英 語 の 楽 し さ 」 を 思 い 出 し て く だ さ い 。 は じ め て ア ル フ ァ ベ ッ ト を 見 た 子 供 の よ う に 読 ん で く た さ い 。 筆 記 体 を 覚 え る の に 夢 中 に な っ た 中 学 生 の よ う に 読 ん で く た さ い 。 英 文 法 は オ モ シ ロ い で す よ ! ! B0dily exercise, when compulsory, does no harm t0 the body; but knowledge which is acquired under compulsion obtains no hold on the mind. Plato 運 動 を 強 制 さ れ て も 、 体 に 害 は 残 ら な い 。 学 習 を 強 制 さ れ る と 、 頭 に 何 も 残 ら な い 。 プ ラ ト ン 2008 年 1 月 関 正 生

世界一わかりやすい英文法の授業


五 ロ の 参 考 書 で 形 容 詞 の 語 順 っ て 見 た こ と あ り ま す か ? 形 容 詞 の 順 番 ( 一 般 参 考 書 の 記 述 ) big round 「 iCh 「 ed hat a new 安 心 し て く だ さ い 。 こ ん な こ と 覚 え な く て も 大 丈 夫 で す 。 ち ょ っ と 裏 ワ サ を 紹 介 し ま す 。 形 容 詞 の 語 順 っ て い う の は 、 左 か ら 右 で す よ ね 。 で も ヒ ト の 認 知 は そ の 反 対 、 つ ま り 右 か ら 左 な ん で す 。 こ れ さ え 知 っ と け ば 、 何 も 覚 え な く て も 大 丈 夫 な ん で す 。 【 形 容 詞 の 語 順 】 ー 【 ヒ ト の 認 知 】 実 際 に や っ て み ま し よ う 。 次 の 4 枚 の カ ー ド を 正 し く 並 べ 替 え て み ま し よ う 。 ヒ ト の 認 知 は 右 か ら 左 で 考 え て い き ま し よ う 。 た と え ば 、 い ま み な さ ん が 小 学 校 1 年 生 で 、 お っ か い に 来 た と 思 っ て く だ さ い 。 お 母 さ ん か ら 頼 ま れ た モ ノ は 、 こ の 4 枚 の カ ー ド を 正 し く 並 べ 替 え て で き あ が る モ ノ で す 。 ス ー パ ー マ ー ケ ッ ト の 前 で 、 頼 ま れ た モ ノ の 売 り 場 へ 正 し く 行 く た め に は 4 枚 の カ ー ド か ら 、 ま ず は ど の カ ー ド を 引 き ま す か ? ー 匝 ー 88

世界一わかりやすい英文法の授業


0 知 ら な い 単 語 も す べ て 「 思 う 」 「 言 う 」 で 解 決 When 工 used 加 read fairy-tales, 工 fancied す h kind of thing never happened. Alice's Adventures in Wonderland Lewis Ca 「 「 0 む か し 、 お と き 話 を 読 ん で い た こ ろ は 、 そ ん な こ と 絶 対 に 起 こ り つ こ な い っ て 思 っ て た の に 『 不 思 議 の 国 の ア リ ス 』 ル イ ス ・ キ ャ ロ ル fancy な ん て 動 詞 、 知 ら な い で す よ ね 。 で も "S V that ~ " っ て 形 に 気 づ い ち ゃ え は カ ン タ ン で す よ ね 。 工 fancied け h } 物 kind of thing never happened. S [Y] t h at (s) (v) ′ that 節 の 主 語 (s) は "that kind 0f thing" で す 。 that が 2 つ 連 続 す る と カ ッ コ わ る い の で 接 続 詞 の that は 省 路 さ れ て い ま す 。 「 私 は ~ と 思 っ た 」 っ て 意 味 で す ね 。 辞 書 に も fancy は 「 思 う 」 っ て 害 い て あ り ま す 。 ま と め "SVthat ~ " の 形 は 「 思 う ・ 言 う 」 っ て 訳 す ! !