検索 - みる会図書館

検索対象: 月刊 C MAGAZINE 1992年11月号

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号から 187件ヒットしました。

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


は 実 は 大 し た 問 題 て 、 は な い ん て 、 す 。 重 要 な の は , 帯 域 , ス ル ー ブ ッ ト , バ ス 速 度 な ど て 、 す 。 大 量 の リ ク エ ス ト を 動 か そ う と す れ ば , ネ ッ ト ワ ー ク を 通 じ た オ プ ジ ェ ク ト て 、 処 理 し た い は ず だ か ら て 、 す 。 サ ー バ 環 境 て 、 使 う か ぎ り , RISC** ッ ク ス や UNIX オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム は そ の よ う な 処 理 に 合 っ て い ま す 。 巨 大 な サ ー バ は 非 常 に 必 要 て 、 す 。 そ う , こ の ク ラ イ ア ン ト / サ ー バ に そ , オ プ ジ ェ ク ト 技 術 が 生 き て き ま す 。 ク ラ イ ア ン ト は フ ロ ン ト エ ン ド ユ ー ザ イ ン タ フ ェ イ ス ア プ リ ケ ー シ ョ ン て 、 あ り , 特 定 の ネ ッ ト ワ ー ク を 通 じ て バ ッ ク エ ン ド と リ ク エ ス ト や レ ス ポ ン ス を や り と り す る わ け て 、 す か ら , オ プ ジ ェ ク ト 技 術 と 同 じ コ ン セ プ ト て 、 す よ ね 。 サ ー バ 側 は お も に UNIX マ シ ン , ク ラ イ ア ン ト 側 は イ ン テ ル /DOS W indows や UNIX, Solaris な ど が 使 わ れ ま す 。 そ し て デ ー タ を 32 ビ ッ ト パ ス イ ン タ フ ェ イ ス で 通 す わ け で す ね ? Stone そ れ は あ ま り 問 題 て 、 は あ り ま せ ん 。 ス ル ー ブ ッ ト に よ り ま す 。 CORBA の イ ン プ リ メ ン ト は 1 秒 間 に 25 ~ 50 メ ッ セ ー ジ 程 度 し か 処 理 し ま せ ん 。 大 し た 量 て 、 は あ り ま せ ん ね 。 し か し こ れ は , ま だ 大 企 業 サ イ ズ の ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 扱 っ て い な い か ら て 、 す 。 ト ラ ン ザ ク シ ョ ン ス ル ー ブ ッ ト が 高 く な れ ば , い ず れ 違 っ て く る て 、 し よ う 。 プ ロ グ ラ ム サ イ ズ せ ん 。 ど の よ う に 動 的 ま た は 静 的 な オ プ ジ が ら , 間 に 合 わ せ の 急 造 に な っ て し ま っ た こ と も あ り ま す 。 ま だ 存 在 し な い も の を 先 ェ ク ト を 作 り , あ る い は そ れ を 有 用 に す る オ プ ジ ェ ク ト 指 向 型 プ ロ グ ラ ム は , 手 に 作 る の は 大 変 て 、 す 。 た と え ば , CORBA 規 続 き 型 ア プ リ ケ ー シ ョ ン よ り サ イ ズ が 大 き カ く な る の で す か ? オ プ ジ ェ ク ト 指 向 型 プ 格 の 場 合 , 静 的 か 動 的 か ど ち ら か ひ と つ の 技 術 的 に は 難 し く な い の で し よ う ? 問 イ ン タ フ ェ イ ス を 選 び 出 し た か っ た の て 、 す ロ グ ラ ム は , 一 部 , 必 要 以 上 の 情 報 を 含 ん 題 は , や り 方 に つ い て み ん な の 意 見 を 一 致 が , 残 念 な が ら そ う は い か ず , 両 方 が 必 要 で い ま す ね 。 さ せ る こ と で す ね ? Stone い い え , そ れ は 誤 解 て 、 す 。 腕 の 悪 い Stone え え 。 明 日 に て 、 も 会 合 し て , 共 通 の に な り そ う て 、 す 。 プ ロ グ ラ マ だ と , サ イ ズ が 大 き く な る か も 道 を 開 く こ と だ っ て 可 能 な ん て 、 す 。 し か し Stone さ ん の 目 か ら す る と , 理 想 的 な ハ し れ ま せ ん 。 彼 ら は 正 し い や り 方 が わ か っ そ う な れ ば , HP の や り 方 , SUN の や り 方 , ー ド ウ ェ ア プ ラ ッ ト ホ ー ム と は ど ん な も の て い な い の て 、 す 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 言 語 て NeXT の や り 方 , そ の ど れ と も ま っ た く 異 で す か ? 理 想 的 と い え な い ま で も , 推 奨 手 続 き 型 コ ー ド を 開 発 し て い る に す ぎ ま せ な る や り 方 に な る て 、 し よ う 。 そ の 点 が 問 題 で き る も の と い え ば , 3 8 6 , 48 6 , そ れ と も ん 。 そ れ は ま ち が っ た ア プ ロ ー チ て 、 す 。 ェ て 、 す 。 方 法 に つ い て 全 員 が 合 意 す る の は 難 R 旧 C ・ ・ ・ Stone RISC シ ス テ ム だ ろ う と , 何 ら 違 い ー ト シ ス テ ム が 流 行 し た 頃 , 結 局 は し い て 、 す ね 。 と き に は , べ ン ダ に 先 ん じ て キ ス ノ ヾ ト シ ス テ ム シ ェ ル を 使 っ て 手 続 規 格 を 作 る 場 合 も あ り ま す 。 た だ , 残 念 な は あ り ま せ ん 。 マ イ ク ロ プ ロ セ ッ サ の 種 類 . エ キ ス ノ ヾ ー 0 3 28 C MAGAZINE 1992 11

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


間 ク ラ イ ア ン ト / サ ー バ 環 境 下 て 、 移 植 可 能 オ プ ジ ク ト を 作 成 / 制 御 / メ ン テ ナ ン ス す る 方 法 を 規 定 す る も の だ 。 Object services て 、 は , Object Request B roker を 使 て , APPlication Objects ( ス プ レ ッ ド シ ー ト , ク ・ ラ フ ィ ッ ク ス , ワ ー プ ロ な ど の 日 常 的 な ア プ リ ケ ー シ ン ) や Comm onFac ⅲ ties ( シ ス テ ム 管 理 機 能 を つ か さ ど る ユ ー テ ィ リ テ ィ ) と の 間 て 、 双 方 向 に メ ッ セ ー ジ を や り と り す る 。 Object services は と く に , 移 植 可 能 な デ ー タ 管 理 サ ー ビ ス を 作 成 す る た め に 重 要 な ふ た つ の カ テ ゴ リ , つ ま り ObjectM0del と Object Request Broker を 制 御 す る 。 Obje ctModel は , オ フ ・ ジ = ク ト の ラ イ フ サ イ ク ル , 持 続 性 , 交 換 , 関 係 を 定 義 す る 。 Obje ct Request Broker は , CORBA に 準 拠 し , ミ ン ク ・ や ノ ヾ ー シ ョ ニ ン オ プ ジ ェ ク ト の ネ グ , イ ン タ フ = イ ス 定 義 の 管 理 , 同 時 実 行 や デ ー タ セ キ ュ リ テ ィ の 制 御 な ど の 処 理 を 制 御 す る 。 オ プ ジ ェ ク ト は ポ リ モ フ ィ ッ ク な 性 質 を 持 ち , ほ か の プ ロ グ ラ マ が 作 成 し た ラ イ プ ラ リ や ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 生 か し な が ら , 反 応 が よ く 修 正 し や す い ア プ リ ケ ー シ ョ ン に 仕 上 げ る こ と が て 、 き る 。 経 験 豊 富 な プ ロ こ う し た ラ イ プ ラ リ ( デ ー タ と グ ラ マ な ら , そ の 関 連 定 義 を ま と め た も の ) を 利 用 す る こ と て 、 , 非 常 に コ ス ト 効 率 の 高 い ソ フ ト ウ ェ ア を 作 成 て 、 き る 。 Stone 会 長 は , 「 現 在 , ソ フ ト ウ ェ ア 作 成 に か か る コ ス ト 1 ド ル の う ち , 70 ~ 80 % が メ ン テ ナ ン ス に 費 や さ れ て い る 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 言 語 て 、 プ ロ グ ラ ミ ン グ す れ ば , メ ン テ ナ ン ス コ ス ト を 約 半 分 に 抑 え ら れ る 」 と い う 。 こ の よ う に , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 は , メ ン テ ナ ン ス コ ス ト や 開 発 コ ス ト の 低 減 , 効 率 ア ッ プ , 複 数 の 開 発 環 境 に わ た る 移 植 Obiect Management Group 性 な ど を 約 束 す る 。 し た が っ て , 「 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 ソ フ ト ウ ェ ア は , 今 後 5 年 間 て 、 , 今 日 の 3 , 000 万 ド ル か ら 30 億 ド ル 規 模 に 増 え る 」 と ア ナ リ ス ト が 予 測 し て い る の も 驚 く に は あ た ら な い 協 力 の 成 果 OMG の 265 社 の メ ン バ は す べ て , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 の 将 来 に い く ら か な り と も 影 響 を 与 え た い と 考 え て い る 。 そ の 関 心 の 程 度 は , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ ミ ン グ 言 語 へ の 開 発 投 資 額 を 見 れ ば わ か る は ず だ 。 Stone 会 長 は , 「 オ プ ジ ェ ク ト 技 術 の 方 向 を 定 め る こ と は 本 来 さ ほ ど 難 し く な い 」 と い う 。 オ プ ジ ェ ク ト 技 術 は , 初 め て 開 発 さ れ た の が 約 25 年 前 と か な り 古 く ( 当 時 は SimuI a と 呼 ば れ て い た ) , 熟 練 プ ロ グ ラ マ な ら す て 、 に 十 分 に 把 握 し て い る は ず だ か ら だ 。 「 規 格 を 定 義 す る う え て 、 の 障 害 は , 技 術 面 よ り む し ろ 政 治 面 て 、 あ る 。 時 間 の 60 % は , メ ン バ の 合 意 を 得 る た め の 交 渉 に 費 や し て い る 」 と Stone 会 長 は 話 す 。 OMG は , 技 術 ア ド バ イ ザ , 情 報 プ ロ ー カ , メ ー カ ー 間 調 停 者 と し て 活 動 す る か た わ ら , い ろ い ろ な 特 殊 利 益 団 体 の 動 き を 調 こ う し た 団 体 は , オ プ ジ ェ ク 整 し て い る 。 ト 技 術 を 以 下 の よ う な 用 途 に 標 準 採 用 す べ く 研 究 を 進 め て い る 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 リ レ ー シ ョ ナ ル デ ー タ ベ ー ス と く に , グ ラ フ ィ ッ ク ス , 音 声 , ビ デ オ な ど を 取 り 入 れ た 表 現 豊 か な 「 マ ル チ メ デ ィ ア タ イ プ 」 の デ ー タ ベ ー ス 。 C 十 十 , SmaIItaIk, Object COBOL な ど の 共 通 言 語 の ク ラ ス ラ イ プ ラ リ さ ま ざ ま な プ ラ ッ ト ホ ー ム に わ た っ て , ス ム ー ズ な デ ー タ 交 換 を 促 す た め , オ プ ジ ェ ク ト ク ラ ス や イ ン タ フ ェ イ ス の 「 登 録 」 も 検 討 中 て 、 あ る 。 / ヾ ラ レ ル プ ロ セ ッ シ ン グ OMG は さ ら に , OSF ( オ ー プ ン ソ フ ト ウ ェ ア フ ァ ウ ン デ ー シ ョ ン ) , UNIX イ ン タ ナ シ ョ ナ ル , POSIX, イ ン タ ナ シ ョ ナ ル ス タ ン ダ ー ズ オ ー ガ ニ ゼ ー シ ョ ン , X / オ ー プ ン な ど , ほ か の 標 準 規 格 団 体 と も 提 携 し て い こ う し た 団 体 に 対 し , オ プ ジ る 。 OMG は , ェ ク ト 指 向 技 術 の 方 向 性 に つ い て ア ド バ イ ス を 与 え , そ の 代 わ り に 各 団 体 の 研 究 成 果 を 受 け 取 っ て い る 。 上 記 の 団 体 が タ ー ゲ ッ ト に し て い る ソ フ ト ウ ェ ア 技 術 は UNIX 関 連 の み だ が , OMG は あ ら ゆ る 分 散 型 機 種 間 オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム を サ ポ ー ト す る 方 針 て 、 あ る 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 へ の 関 心 が 急 速 に 高 ま る な か , Stone 会 長 は , OMG の こ れ ま て 、 の さ ま ざ ま な 業 績 を 明 か す と と も に , 加 盟 メ ン バ 間 の 合 意 を 取 り つ け る 難 し さ を 嘆 い て い た オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 の 欠 点 Stone マ イ ク ロ ソ フ ト は , あ ら ゆ る ア プ リ ケ ー シ ョ ン を Windows べ ー ス に し よ う と 懸 命 て 、 す ね 。 そ れ は 結 構 て す が , Windows や DOS が 世 界 の す べ て て 、 は あ り ま せ ん 。 世 の 中 に は も っ と い ろ い ろ な も の が あ る ん て す 。 UNIX も あ れ ば X も あ る 。 そ れ ぞ れ の 断 片 を つ な ぐ イ ン タ フ ェ イ ス が 必 要 て す 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 な ら そ れ が 可 能 て 、 す 。 そ れ が , OMG が 開 発 し た 共 通 オ プ ジ ェ ク ト リ ク 工 ス ト プ ロ ー カ ー ア ー キ テ ク チ ャ 規 格 て 、 す 。 CORBA で す ね ? Stone そ う て 、 す 。 何 だ か い い こ と ず く め み た い で す ね 。 デ ィ ベ ロ ッ パ の 影 響 力 が 増 し , ユ ー サ の 要 望 に よ り 敏 感 に 対 応 で き , 製 品 の 種 類 や コ ス ト を 減 ら す こ と が で き る ・ ・ 。 誰 に と っ て も 得 で す ね 。 欠 点 は 何 で す か ? Stone い く つ か あ り ま す 。 オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 に は 非 常 に 高 い マ ー ケ テ ィ ン グ コ ス ト が か か り ま す 。 そ の た め に 怖 じ 気 づ い て い る 人 が い ま す 。 プ ロ ジ ェ ク ト を 開 始 す る 時 点 の 推 算 て 、 は , な じ み 深 い 手 続 き 型 言 語 て 、 や る の に 比 べ , 2 ~ 2.5 倍 の コ ス ト 増 が 予 想 さ れ た り し ま す 。 そ れ が ひ と つ め の 制 約 て す 。 第 二 の 欠 点 は , 組 織 的 か っ 論 理 的 に ア プ , つ ま り , 秩 序 を 立 て , ロ ー チ し な い と ・ ・ 分 析 し , 正 し く 設 計 し な い と , か な り ひ ど 巻 頭 イ ン タ ビ ュ ー 25

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


ミ OS タ イ ム フ レ ー ム 大 き な 到 達 点 に た ど り 着 く の は い つ な の か , タ イ ム フ レ ー ム を 教 え て も ら え ま す か ? 現 在 , Object Services に 情 報 を リ ク 工 ス ト で き る よ う に な り ま し た ね 。 次 は 何 で し よ う ? Stone 最 近 力 を 入 れ て い る 点 が 2 , 3 あ り ま す 。 ひ と つ は Object Services 情 報 リ ク エ ス ト を 明 確 な 形 に す る こ と て 、 す 。 Object Ser vices 向 け の イ ン タ フ ェ イ ス を い く つ か 選 び 出 す 予 定 て 、 す 。 お も に ラ イ フ サ イ ク ル , 持 バ ー シ ョ ン コ ン ト ロ ー ル の 分 野 て 、 す ね 。 そ の あ た り の 用 語 の 定 義 も お 願 い し ま す 。 Stone 持 続 性 と い う の は , オ プ ジ ェ ク ト デ ー タ ベ ー ス て 、 よ く 使 わ れ る 概 念 て 、 , メ モ リ に 保 持 さ れ て い る デ ー タ を 表 現 し ま す 。 消 て 、 な く , グ ラ フ ィ カ ル ュ ー ザ イ ン タ フ ェ イ 問 題 を 安 価 に 解 決 し ま す 。 え て し ま わ な い の て 、 , 何 度 も 繰 り 返 し 再 利 ス , 分 散 型 オ プ ジ ェ ク ト リ ク エ ス ト プ ロ ー オ プ ジ ェ ク ト 指 向 ソ フ ト は , 最 終 的 に 用 て 、 き ま す 。 常 に ア ク テ イ プ て 、 , パ ッ シ プ カ ー , プ ラ ウ ザ , ラ イ プ ラ リ な ど を 手 が け ほ か の あ ら ゆ る 種 類 の ソ フ ト に 代 わ る だ け に な る こ と は あ り ま せ ん 。 持 続 性 を ど の よ の 拡 張 性 と 柔 軟 性 を 備 え て い る の で す か ? る と 思 い ま す 。 ま た , ほ か の 環 境 デ ィ ベ ロ う に 実 現 す る か に 関 し て は 合 意 は あ り ま せ ッ パ と 協 力 し , ラ イ プ ラ リ を イ ン タ ラ ク テ Stone は い 。 最 大 の 特 長 は , 極 め て ス ケ ー ん 。 現 在 の と こ ろ , 持 続 性 は C 十 十 言 語 の 延 ラ ブ ル て 、 あ る こ と て 、 す 。 こ れ は 非 常 に 重 要 イ プ に す る て 、 し よ う 。 長 に ほ か な ら ず , ほ と ん ど の オ プ ジ ェ ク ト て 、 す 。 ス ケ ー ラ ブ ル て 、 し か も 再 利 用 が 可 能 エ キ ス パ ー ト シ ス テ ム あ る い は 知 識 べ デ ー タ ベ ー ス ペ ン ダ が そ の 方 針 て 、 取 り 組 ん て 、 す 。 て 、 い ま す 。 し か し そ れ は 間 違 い て 、 す 。 ど の ー ス と 呼 ば れ る シ ス テ ム に 対 し て , オ プ ジ べ ン ダ の 利 益 よ り も , ユ ー サ の 利 益 の ロ 語 に も 依 存 し な い イ ン タ フ ェ イ ス が あ る ェ ク ト 技 術 は ど ん な 価 値 を 付 与 す る の で し ほ う が 優 先 さ れ る よ う に な る の は い つ で す べ き て 、 す 。 私 た ち は Object Services て 、 そ の よ う か ? か ? べ ン ダ の ニ ー ズ よ り 顧 客 の ニ ー ズ が 点 を 示 し て い ま す 。 Stone AI シ ス テ ム は , 「 人 間 の 代 用 」 と し も う ひ と つ の 力 点 は バ ー ジ ョ ン コ ン ト ロ 重 要 視 さ れ る の は ・ ・ ・ ・ ・ ・ ? て 売 り 出 さ れ ま し た 。 人 間 の 代 わ り に 考 え , Stone い い 質 問 て 、 す ね 。 現 在 は , み ん な 自 ー ル て 、 す 。 ご 存 じ の と お り , デ ー タ ベ ー ス と き に は 作 業 ま て 、 や っ て く れ る ソ フ ト ウ ェ 分 た ち の 言 語 製 品 の ほ う が 優 れ て い る と 考 に し ろ ソ フ ト ウ ェ ア に し ろ , 常 に い ろ い ろ ア て 、 し た 。 え て , 有 利 な 位 置 を 争 っ て い ま す 。 何 ら か な バ ー ジ ョ ン が 存 在 し , 互 い に 非 互 換 て す 。 し か し , そ れ は ま っ た く 間 違 っ た マ ー ケ の 新 技 術 を 扱 う と , 必 ず や 新 し い 商 業 的 競 本 当 に 必 要 な の は Version 2.2 な の に , Ver テ ィ ン グ て 、 , こ の 技 術 を ぶ ち 壊 し に し た 元 合 に ぶ つ か り ま す 。 誰 も が 自 分 た ち の ほ う sion 1.6 て 、 あ る た め に 実 行 て 、 き な か っ た り し 凶 て 、 す 。 が い い ア イ デ ア だ と 信 じ て い る の て 、 す 。 し ま す 。 イ ン タ フ ェ イ ス が 整 備 さ れ れ ば , バ 私 は 時 間 と 資 金 の 50 ~ 60 % を 費 や し て , か し , い ず れ は 淘 汰 さ れ , 大 勢 の 敗 者 が 出 ー ジ ョ ン 間 を イ ン タ フ ェ イ ス て 、 結 ぶ こ と が オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 の 位 置 づ け と マ ー ケ る て 、 し よ う 。 今 後 数 年 間 の う ち に て 、 き , そ う し た ト ラ ブ ル を 解 消 て 、 き る て 、 し テ ィ ン グ を 研 究 し ま し た 。 ろ な 言 語 べ ン ダ が つ ぶ れ て 消 え て い く と 田 よ う 。 オ プ ジ ェ ク ト の ラ イ フ サ イ ク ル と は , メ イ ン ス ト リ ー ム の 人 々 は , 技 術 が ど ん い ま す 。 賢 い べ ン ダ は 純 粋 な 言 語 開 発 の 枠 オ プ ジ ェ ク ト を ど の よ う に 削 除 す る か , ど な 由 来 て 、 あ る か , 誰 が 設 計 し て 誰 が 作 っ た を 越 え て , 環 境 開 発 に 向 か う て 、 し よ う 。 の よ う に 消 す か て 、 す 。 オ プ ジ ェ ク ト を ど の か は 気 に し ま せ ん 。 ビ ジ ネ ス の 課 題 を 解 決 つ ま り , 単 な る プ ロ グ ラ ミ ン グ 言 語 だ け よ う に 作 る べ き か に 関 し て は 合 意 は あ り ま し た い だ け な ん て す 。 1 ー 0 試 ・ 4 巻 頭 イ ン タ ビ ュ ー 27

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


き 型 ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 書 い て い た だ け だ オ プ ジ ェ ク ト 指 向 プ ロ グ ラ マ に つ い て も Stone 日 本 の メ ー カ ー は か な り 多 く , 約 っ た こ と を 思 い 出 し て く だ さ い 同 じ で し よ う か ? 25 社 て 、 す 。 し か し , 文 化 や 言 葉 の 壁 が あ る そ し て エ キ ス パ ー ト シ ス テ ム の 首 を 絞 熟 練 プ ロ グ ラ マ を 雇 う に は 相 当 お 金 が か に し ろ , 日 本 の メ ー カ ー は あ ま り 熱 心 て 、 な か り ま す よ ね 。 ユ ー サ に と っ て は , COBO め る 結 果 に な り ま し た 。 い 気 が し ま す 。 stone ま っ た く て 、 す 。 そ う し た ア プ ロ ー チ L レ ガ シ ー ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 変 換 し て も ら 知 識 を 求 め , 正 し く 動 い て い る に も か か は AI の 首 も 絞 め ま し た 。 も っ と も , AI は オ う よ り , そ の ま ま 使 い 続 け た ほ う が 安 上 が わ ら ず , 積 極 的 に 参 加 し て い る の は キ ヤ ノ プ ジ ェ ク ト 技 術 の お か げ て 、 生 き 返 り つ つ あ り で し よ う か ? ン だ け て 、 す 。 富 士 通 , 日 立 , 松 下 は , ソ フ Stone 熟 練 プ ロ グ ラ マ が 今 の と こ ろ あ ま り う ま く 書 か れ た ア プ リ ト ウ ェ ア ビ ジ ネ ス に 参 加 し て オ プ ジ ェ ク ト り ま す 。 と に か く , 多 く な い と い う 点 は 確 か て 、 す ね 。 と く に 優 ケ ー シ ョ ン は む し ろ サ イ ズ が 小 さ い て 、 す よ 。 技 術 を 大 い に 推 進 し た が っ て い る は ず な の 秀 な プ ロ グ ラ マ は か な り 高 く つ き ま す 。 熟 私 は 膨 大 な ケ ー ス ス タ デ ィ を し ま し た が , に , 残 念 な が ら 消 極 的 な ま ま て 、 す 。 オ プ ジ ェ ク ト デ ー タ ベ ー ス ま た は オ プ ジ ェ 練 プ ロ グ ラ マ の 数 が 揃 う ま て 、 に は , あ と 2 年 決 し て 言 葉 の 問 題 て 、 は な い と 思 い ま す 。 ク ト 言 語 て 、 書 き 直 す こ と て 、 , オ リ ジ ナ ル サ 必 要 て 、 し よ う 。 従 来 の 敏 腕 プ ロ グ ラ マ を 再 オ プ ジ ェ ク ト 技 術 の コ ン セ プ ト や 用 語 は ど 教 育 す る の は , 未 経 験 の 若 者 を ト レ ー ニ ン イ ズ の 半 分 以 下 に な っ た 例 が 72 件 あ り ま し の 国 の 言 葉 て 、 も 理 解 て 、 き ま す 。 日 本 は 長 年 グ す る よ り 難 し い ん て 、 す よ 。 に わ た っ て ハ イ レ ベ ル な 研 究 を 大 量 に 行 っ て 、 も , ト レ ー ニ ン グ 機 関 の 欠 如 は さ し て て い て , そ の な か に は オ プ ジ ェ ク ト 技 術 も 的 確 な ト レ ー ニ ン グ 体 制 や 規 格 が 整 備 問 題 だ と は 思 い ま せ ん 。 優 れ た プ ロ グ ラ マ さ れ な い う ち に 大 量 の オ プ ジ ェ ク ト 指 向 型 含 ま れ て い ま す か ら , こ の 方 面 に は あ る 程 の 需 要 は 非 常 に 高 い の て 、 , や が て 克 服 て 、 き プ ロ グ ラ ム が 生 ま れ る の は 危 険 で は あ り ま 度 の 経 験 が あ る は ず て 、 す 。 と こ ろ が , お し る と 思 い ま す 。 な べ て ソ フ ト ウ ェ ア 開 発 の 最 前 線 に 躍 り 出 せ ん か ? 「 オ プ ジ ェ ク ト 技 術 な ん て ど う せ 長 続 き し stone そ う て 、 す ね 。 し か し , だ か ら こ そ O よ う と は し ま せ ん 。 専 門 知 識 も 資 金 も 人 材 な い 」 と い う 人 が い た ら , 「 こ の ビ ジ ネ ス を MG が 努 力 し て い る わ け て 、 す 。 べ ン ダ と OM も あ る 以 上 , ぜ ひ ど こ か が 積 極 的 に な っ て わ か っ て い な い ん じ ゃ な い か ? 」 と い い 返 し G の 競 争 て 、 す ね 。 す て 、 に レ ー ス は 始 ま っ て い ほ し い も の て 、 す 。 て や り ま す ね 。 て , 私 た ち は 僅 差 て 、 勝 利 し そ う て 、 す 。 何 と ど う す れ ば 日 本 の メ ー カ ー の 士 気 を 鼓 か べ ン ダ に 先 ん じ て , あ な た が 今 い っ た よ 舞 で き る で し よ う か ? 日 本 の メ ー カ ー に う な 危 険 が 起 き な い よ う に し ま す 。 容 易 な Stone ま っ た く い い 質 問 て 、 す が , 答 え が わ 積 極 的 な 活 動 を 望 む か り ま せ ん 。 私 の ほ う が 知 り た い て 、 す ね 。 こ と て 、 は あ り ま せ ん が 。 OMG の 加 盟 数 は 260 を 越 え ま し た 。 業 界 興 味 を そ そ る た め , 先 日 , ジ ャ パ ニ ー ズ オ オ プ ジ ェ ク ト 指 向 型 ソ フ ト の 大 き な 特 の 主 要 メ ン パ は ほ と ん ど 含 ま れ て い ま す が , フ ィ ス オ ブ オ ー ト メ ー シ ョ ン (JOA) と の 協 長 の ひ と つ が 拡 張 性 と 再 利 用 性 な ら , CAS ま だ 加 盟 し て い な い ビ ッ グ ネ ー ム は ど こ で 議 を 行 い ま し た 。 確 か に 反 響 は 大 き く , た E は 不 要 に な る 可 能 性 が あ り ま す ね 。 す か ? stone 現 在 知 ら れ て い る よ う な CASE ツ ー く さ ん 電 話 が か か っ て き て 質 問 が 寄 せ ら れ Stone 大 物 て 、 は , NeXT と コ ン ピ ュ ー タ ア ま し た が , 積 極 的 参 加 は ま だ ひ と っ と し て ル に つ い て い え ば , 確 か に 不 要 に な り ま す 。 ソ シ ェ ー ツ が 欠 け て い ま す 。 し か し , ほ と ん ど の CASE べ ン ダ は , 構 造 化 あ り ま せ ん 。 コ ン ピ ュ ー タ ア ソ シ ェ ー ツ は , 「 加 盟 メ ー ェ ン ジ ニ ア リ ン グ 環 境 に オ プ ジ ェ ク ト 拡 張 OMG に は 寿 命 が あ る の で す か ? つ ま カ ー の ひ と つ を 買 収 し た の だ か ら , う ち は を 施 さ な け れ ば な ら な い こ と に 気 づ い て い り , あ る 段 階 に 達 し た ら , 役 割 り を 終 え た も う メ ン バ だ 」 と い っ て い ま す が , 正 式 に は て , 実 際 に そ う し て い ま す 。 CASE べ ン ダ は と 判 断 し て 自 己 解 体 す る の で し よ う か ? ま だ 加 盟 し て い ま せ ん 。 ス テ ィ ー プ ・ ジ ョ Stone ま だ 2 ~ 3 年 は 規 格 制 定 に か な り 苦 し 残 ら ず OMG に 参 加 し ま し た し , 自 分 た ち の ブ ズ の NeXT は , 間 も な く 加 盟 を 表 明 す る 環 境 を 拡 張 し て , 持 続 性 や ポ リ モ フ ィ ズ ム ま な け れ ば な ら な い と 思 い ま す 。 障 害 を 乗 よ う て 、 す 。 り 越 え , 規 格 を 大 量 に 作 ら な く て は い け ま や 多 重 継 承 の 概 念 を 追 加 し よ う と し て い ま 日 本 の メ ン パ は い か が で す か ? せ ん 。 そ し て 次 に , メ ン テ ナ ン ス が 必 要 て 、 す OCASE は プ ロ ト タ イ ヒ 。 ン グ に は 優 れ た ツ す 。 ー ル て 、 し た が , 実 戦 に 即 し た ア プ リ ケ ー シ そ こ ま て 、 終 わ っ た ら , こ の 仕 事 は 誰 か 別 ョ ン を CASE ツ ー ル て 、 作 る 人 は い ま せ ん て 、 し の 人 に 引 き 継 ぐ っ も り て 、 す 。 も ち ろ ん , そ の 前 に 私 自 身 が 自 己 解 体 し な い と し て の 話 「 優 秀 な c + 十 プ ロ グ ラ マ を 確 保 す る 唯 て 、 す が ・ ・ ・ ー の 方 法 は 結 婚 す る こ と だ 」 と 聞 い た こ と が あ り ま す 。 巻 頭 イ ン タ ビ ュ ー 29

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン は 取 れ ま せ ん 。 両 方 の 断 い プ ロ グ ラ ム が 生 ま れ て し ま う 恐 れ が あ り 片 に 何 ら か の 共 通 イ ン タ フ ェ イ ス を 持 た せ , ま す 。 手 続 き 型 コ ー ド と 同 じ く ら い ひ ど い オ プ ジ ェ ク ト コ ー ド だ っ て て 、 き か ね ま せ ん 。 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を 可 能 に す る 必 要 が あ り ま す 。 オ プ ジ ェ ク ト モ デ ル な ら そ れ が て 、 て 、 す か ら , き ち ん と 秩 序 を 整 え , 手 続 き 型 て 、 は な く オ プ ジ ェ ク ト 型 て 、 考 え る よ う に 努 き ま す 。 も っ と 低 い レ ベ ル の ク ラ ス ラ イ プ 力 し な く て は い け ま せ ん 。 ま た , デ ィ ベ ロ ラ リ 間 イ ン タ オ ペ ラ ビ リ テ イ も 必 要 て 、 す 。 ッ パ が 情 報 ク ラ ス を 構 築 し て , プ ロ グ ラ ム 整 数 と は , ス ト リ ン グ と は , 抽 象 デ ー タ ベ を 書 く 手 間 を な く す 必 要 が あ り ま す 。 多 く の プ ロ グ ラ マ に と っ て ク ラ ス ラ イ プ ー ス と は , と い っ た 点 て 、 合 意 が な け れ ば い け ま せ ん 。 今 ま て 、 は , コ ン ピ ュ ー タ 業 界 て 、 ラ リ の 借 用 は , 従 来 と ま っ た く 異 な る も の は ち っ と も 意 見 が 一 致 し て い ま せ ん て 、 し た 。 の 考 え 方 て 、 す 。 彼 ら は そ の よ う な 思 考 訓 練 こ の ま ま て 、 は , ク ラ ス ど う し を 統 合 す る 努 力 が て 、 き て い ま せ ん 。 し か し 実 は , 従 来 の プ ロ グ ラ ミ ン グ を 学 ば な く て 済 む わ け て 、 す か は う ま く い か な い て 、 し よ う 。 全 部 が Windo ws 向 け , あ る い は NextStep 向 け に 統 一 さ れ ら , 非 常 に 有 意 義 な 体 験 て 、 す 。 い ま さ ら 従 れ ば 別 て 、 す が ね 。 て 、 は , ク ラ ス ラ イ プ ラ リ 来 型 プ ロ グ ラ ミ ン グ を や り た く は な い て 、 し が す べ て NextStep か Taligent か Windows よ う 。 NT に 統 一 さ れ る て 、 し よ う か ? ラ イ プ ラ リ 内 の オ プ ジ ェ ク ト は , 再 利 ろ い ろ な も の が 共 存 す る は ず て 、 す 。 と い う 用 の 可 能 性 と 拡 張 性 を 備 え て い る ん で し た ね 。 十 分 な 時 間 と 大 量 の ラ イ プ ラ リ さ え あ わ け て 、 , イ ン タ フ ェ イ ス の 統 一 は 実 に 重 要 れ ば , 誰 も プ ロ グ ラ ム を 書 か な く て よ く な て 、 す 。 現 在 , 80 種 類 以 上 の オ プ ジ ェ ク ト 指 向 多 額 の 投 資 を し て い ま す が , オ プ ジ = ク ト る ん で し よ う か ? 既 成 の パ ー ツ を 組 み 合 プ ロ グ ラ ミ ン グ 言 語 が あ り ま す ね 。 指 向 技 術 が あ る 程 度 受 け 皿 に な り そ う て 、 す 。 わ せ る だ け で 済 む よ う に な る の で す か ? Stone と す る と 79 種 類 が 余 分 て 、 す 。 Stone そ れ が 夢 の 将 来 像 て 、 す ね 。 私 た ち の 近 未 来 コ ン ヒ ュ ー テ ィ ン グ 目 指 す と こ ろ て 、 す 。 た だ , イ ン タ フ ェ イ ス こ れ ら 80 種 類 ほ ど の う ち , 一 部 の 言 語 と 00P に つ い て の 合 意 を 得 な け れ ば , と て も 実 現 が ほ か よ り も あ る 種 の ア プ リ ケ ー シ ョ ン , 不 可 能 て 、 す 。 た と え ば リ レ ー シ ョ ナ ル デ ー タ ベ ー ス , グ オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 は , ペ ン 入 力 コ た と え ば , あ な た が SmaIItalk の ク ラ ス ラ ラ フ ィ ッ ク ス な ど に 向 い て い る と い う こ と ン ピ 、 一 テ ィ ン グ や 音 声 認 識 に も 付 加 価 値 イ プ ラ リ を 開 発 し , 私 が C 十 十 の ク ラ ス ラ イ は あ る で し よ う か ? そ れ と も , ひ と つ で を も た ら し ま す か ? プ ラ リ を 開 発 し て い て , 私 が 「 ち ょ っ と そ っ す べ て 賄 え る の で し よ う か ? Stone 実 の と こ ろ , あ ら ゆ る べ ン 入 力 。 ン ち の を 拝 借 し た い な 」 と い っ た と し ま し ょ 部 は 専 門 化 さ れ て い て , シ ミ Stone , ヒ 。 、 一 テ ィ ン グ ソ フ ト に オ プ ジ = ク ト 指 向 う 。 と こ ろ が , 「 list 」 と い う 言 葉 ひ と っ 取 っ ュ レ ー シ ョ ン や CAD に 向 い て い ま す 。 た と 技 術 が 利 用 さ れ る 見 込 み て 、 す 。 理 由 は 簡 単 て も , SmaIItaIk の ク ラ ス ラ イ プ ラ リ と C 十 十 え ば IEFFEL や Simula は シ ミ ュ レ ー シ ョ ン て 、 , オ プ ジ = ク ト 指 向 技 術 を 使 え ば , 。 ン の ク ラ ス ラ イ プ ラ リ て 、 は 意 味 が 異 な っ て い に と て も 合 っ て い ま す 。 会 計 サ ー ビ ス の 分 パ ク ト て 、 修 正 し や す い か ら て 、 す 。 手 書 き 認 ま す 。 こ れ て 、 は ま る て 、 共 用 て 、 き ま せ ん 。 野 て 、 は な ぜ か SmaIItaIk が よ く 使 わ れ て い ま 識 な ど の 分 野 て 、 は こ の こ と が と く に 重 要 な の よ う な ラ イ プ ラ リ に は イ ン タ オ ペ ラ ビ リ す 。 Ada は , 継 承 の 概 念 を 含 ん て 、 い な い に も ん て 、 す 。 ゴ ー 社 は す て 、 に ペ ン 入 力 コ ン ピ 、 テ ィ が な い わ け て 、 す 。 か か わ ら ず , 非 常 に 大 規 模 な デ ー タ ベ ー ス ー テ ィ ン グ ソ フ ト に オ プ ジ ク ト 指 向 技 術 そ ん な の は ま る て 、 無 意 味 て 、 す 。 先 ほ ど か に 向 い て い て , 政 府 機 関 て 、 人 気 が 高 い て 、 す を 採 用 し て い ま す 。 音 声 の ほ う は , 圧 縮 や ら , 断 片 を つ な ぎ 合 わ せ る こ と を 話 題 に し ね 。 米 国 連 邦 政 府 は ソ フ ト ウ ェ ア 再 利 用 に 再 生 な ど , 解 決 す べ き 問 題 が は る か に 多 い て い ま す が , イ ン タ フ ェ イ ス に つ い て 意 見 て 、 す よ ね 。 て も , 音 声 て 、 注 釈 を つ け た り , が 一 致 し な け れ ば ど う し よ う も あ り ま せ ん 。 ル チ メ デ ィ ア 0 ン ヒ 。 ー タ て 、 リ ア ル タ イ 私 に 電 話 を か け て き て , 私 が 知 ら な い ド イ ム 会 議 を 行 た り す る の は , 現 実 世 界 の モ ツ 語 て 、 会 話 し よ う と 努 力 す る よ う な も の て 、 デ ル 化 に あ た り ま す か ら , オ プ ジ = ク ト 指 向 技 術 の 応 用 法 と し て と て も 自 然 て 、 す 。 ォ す 。 確 か に , 回 線 は つ な が っ て は い ま す し , ブ ッ プ ッ い う こ と は て 、 き る て 、 し よ う が , コ プ ジ ク ト 指 向 技 術 は , 現 実 世 界 の 通 信 の T 0 N M E C T S J 0 26 C MAGAZINE 1992 11

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


イ ン タ ビ ュ ー / Howa 「 d Millman 翻 訳 / 村 上 夏 樹 撮 影 / 山 本 学 ー ア プ リ ケ ー シ ョ ン ( と く に COBOL て 、 書 か れ た ア プ リ ケ ー シ ョ ン ) に 投 資 さ れ た 数 十 億 ド ル を 有 効 利 用 て 、 き な い こ と が , OMG に と っ て 最 大 の 技 術 的 難 題 て 、 あ り , オ プ ジ ェ ク ト 指 向 技 術 が 広 く 浸 透 す る の を 妨 げ て い る 最 大 の 障 害 て 、 あ る 。 「 Object COBOL 」 と い っ た ア プ リ ケ ー シ ョ ン は , そ の 名 に 反 し , COBOL コ ー ド を オ プ ジ ェ ク ト 指 向 コ ー ド に 変 換 て 、 き る わ け て 、 は な い 4. デ ー タ の セ キ ュ リ テ イ や 統 合 , シ ス テ ム 管 理 手 続 き な ど , 応 用 プ ロ グ ラ ミ ン グ 環 境 て 、 一 般 に 必 要 な サ ー ビ ス を 提 供 す る こ と 。 1990 年 11 月 , OMG は 「 Object Managem ent Archi tecture Guide (OMAG) 」 を リ リ ー ス し た 。 こ の 本 は , OMG の 全 般 的 な 方 向 性 を 明 ら か に し て い る ほ か , オ プ ジ ェ ク ト 技 術 の 構 成 要 素 を 表 す の に 用 い る な じ み の 薄 い 表 現 を 多 数 定 義 し て い る 。 さ ら に , 1992 年 1 月 に 出 し た 「 Common Object Request B roker Architecture (CORBA) 」 て 、 は , オ プ API を 生 か せ ば , 共 通 デ ー タ を 集 め た ク ラ ス ジ ェ ク ト が ク ラ イ ア ン ト / サ ー バ 経 路 を 通 じ OMG の 目 標 ラ イ プ ラ リ ( ス ペ ラ , グ ル ー プ ウ ェ ア カ レ ン て 通 信 す る 方 法 , オ プ ジ ェ ク ト の 種 類 ( 基 本 ダ , 電 子 メ ー ル カ ー ネ ル を は じ め , UNIX, タ イ プ お よ び 構 造 化 タ イ プ ) , 実 行 セ マ ン テ OMG は 以 下 の 4 項 目 を 目 標 に し て い る 。 DOS, OS/2, Macintosh, VMS, MVS と イ ク ス ( 「 フ ア ジ ー 理 論 」 動 作 の 一 種 ) な ど に 1. 業 界 全 体 の 合 意 を 得 て , オ プ ジ ェ ク ト い っ た オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム に わ た っ つ い て の 説 明 を 175 ペ ー ジ に わ た っ て 詳 述 し 管 理 プ ロ グ ラ ミ ン グ の ア ー キ テ ク チ ャ を 定 て 広 く リ ク エ ス ト さ れ る 文 書 内 容 構 成 要 素 ) て い る 。 義 す る 規 格 を 決 め る こ と 。 た と え ば , オ プ を リ リ ー ス て 、 き る 。 用 語 や メ ソ ッ ド に つ い て 合 意 に 達 し た 後 , ジ ェ ク ト の 属 性 や 関 係 , ヒ 。 ア オ プ ジ ェ ク ト 3. 既 存 の デ ー タ を , テ キ ス ト フ ロ ン ト 工 OMG は Obj ect Management Architecture 間 て 、 シ ス テ ム 内 の 位 置 に か か わ ら ず メ ッ セ ン ド ま た は カ ス タ ム メ イ ド の グ ラ フ ィ ッ ク を 抽 象 的 概 念 か ら 具 体 例 に 移 す 作 業 を 続 け ー ジ 交 換 す る 方 法 な ど に 関 し て , 用 語 の 定 ユ ー ザ イ ン タ フ ェ イ ス て 、 包 み , カ プ セ ル 化 て い る 。 ま た , 次 の 段 階 , す な わ ち 0bject 義 や 共 通 モ デ ル の 確 立 を 行 う 。 す る こ と 。 実 は , 大 量 に 普 及 し て い る 「 レ ガ Se Ⅳ ices 向 け の 規 格 を 定 義 す る 作 業 に も 取 り 2. ア プ リ ケ ー シ ョ ン プ ロ グ ラ ミ ン グ イ ン シ ー ( 遺 産 ) 」 ア プ リ ケ ー シ ョ ン を オ プ ジ ェ ク か か っ た 。 Stone 会 長 に よ れ ば , 「 0bject s タ フ ェ イ ス ( API) を 通 じ , コ ー ド の 再 使 用 可 ト 指 向 型 に 変 換 す る た め の 経 済 的 / 実 用 的 な ervices 規 格 を ま と め る の に は 最 大 2 年 か か る 能 性 と ス ケ ー ラ ビ リ テ ィ を 実 現 す る こ と 。 シ ス テ ム は 今 の と こ ろ 存 在 し な い 。 レ ガ シ だ ろ う 」 と い う 。 こ の 規 格 は , 分 散 型 異 機 種 24 C MAGAZINE 1992 11

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


プ ロ グ ラ ム の 変 化 に 対 応 で き る ド キ ュ メ ン ト 作 成 シ ス テ ム ニ . ュ - ー ノ ヾ ー ・ シ ョ ン マ イ ク ロ ド ッ ク V3 ℃ プ ロ グ ラ ム ソ ー ス 付 き ¥ 48 , 000 L2 そ ジ 、 -4-- ( ソ ー ス - メ イ ン 第 L' イ ン ′ ル ー ド ア ア イ ル 一 覧 を す 十 ・ 物 ー フ , イ 4 名 ・ a e で s , ① ① ド キ ュ メ ン ト デ を ア 0 ′ ラ ム 一 イ ン ク 4 ー ド フ , イ ル ・ ・ - 材 財 ー ー C ソ ー ス を し て そ ′ - を , イ ル だ す . ! ! ひ 、 カ フ ァ イ ル を ′ 球 ・ な 引 入 力 フ ァ イ 4 名 ( ・ 、 、 幻 物 、 臨 、 ア - ギ 、 メ ン ト よ り プ , イ ・ 、 名 第 、 み 対 ・ ツ ー ス 見 、 込 み ・ Ⅱ ・ ア イ 4 そ ジ -4 分 一 C ソ ー ス か ら ド キ ュ メ ン ト を 自 動 作 成 マ イ ク ロ ド ッ ク は 、 C 言 語 ソ ー ス を 解 析 し て 詳 細 仕 様 書 ( 内 部 仕 様 書 ) を 自 動 作 成 し ま す 。 表 紙 、 目 次 、 モ ジ ュ ー ル 構 成 図 、 モ ジ ュ ー ル 一 覧 表 、 イ ン ク ル ー ド フ ァ イ ル 使 用 一 覧 、 グ ロ ー バ ル 変 数 使 用 一 覧 表 、 関 数 仕 様 書 等 を 1 冊 の 仕 様 書 と し て 罫 線 て レ イ ア ウ ト し て 出 力 し ま す 。 ま た 、 用 紙 の サ イ ズ 合 わ せ 、 出 力 項 目 の 選 択 等 が で き ま す 。 ソ ー ス 上 に 決 め ら れ た 型 で コ メ ン ト を 記 述 す れ ば 仕 様 書 の 説 明 郎 に 取 り 込 む 事 が で き ま す 。 こ れ に よ っ て ド キ ュ メ ン ト の 完 全 自 動 作 成 も 可 能 で す 。 で き あ が り の 文 書 を ワ ー プ ロ 等 で 編 集 で き ま す 。 プ ロ グ ラ ム 設 計 時 の ド キ ュ メ ン ト 作 成 支 援 マ イ ク ロ ド ッ ク は 、 プ ロ グ ラ ム 設 計 時 の ド キ ュ メ ン ト 作 成 に も 利 用 で き ま す 。 プ ロ ッ ク ・ フ ロ ー 付 き の 設 計 書 が 簡 単 に 作 成 で き ま す 。 V3.0 か ら 追 加 さ れ た 主 な 機 能 ・ 英 語 ス タ イ ル の ド キ ュ メ ン ト 出 力 ・ ANSI 規 格 の 引 数 に 対 応 ・ # inc 旧 de フ ァ イ ル の 解 析 お よ び 使 用 一 覧 出 力 ・ グ ロ ー バ ル 変 数 使 用 一 覧 出 力 ・ 実 行 部 の ソ ー ス の コ メ ン ト よ り 構 造 化 フ ロ ー を 出 力 。 こ れ に 依 っ て ソ ー ス と 対 応 の と れ た プ ロ ッ ク フ ロ ー 付 き の ド キ ュ メ ン ト か 作 成 で き ま す 対 応 機 種 . PC9801 シ リ ー ズ ・ MS - ロ OS マ シ ン 解 析 対 象 ANS 肚 様 に 準 拠 し た C ソ ー ス I•- 記 製 品 は デ モ ・ デ ィ ス ク ( 無 料 PC98-5 イ ン チ FD ) が あ り ま す 資 料 及 び デ モ の ご 請 求 は FAX で も 受 付 て い ま す 。 モ ニ タ 集 BorIand C 十 十 Ver. 3 ℃ 提 供 : ボ ー ラ ン ド ( 株 ) TEL 03 ( 5350 ) 9370 、 綴 じ 込 み 葉 書 て ご 応 募 く だ さ い C-FUNCTION98 INTERMI DATE 版 5 名 提 供 : 原 田 シ ス テ ム 設 計 TEL 0286 ( 34 ) 5605 6 : 品 贏 98 MS-C, Quick C 対 応 の 関 数 ラ イ プ ラ リ ( PC -9801 シ リ ー ズ , モ ニ タ 商 品 は 写 真 中 央 の も の ) / 『 COMPUTER LANGUAGE 』 提 供 : C マ ガ ジ ン 編 集 部 2 名 攣 1 名 BORIAND 0 + - 。 良 な 10 6 ( 。 N98 DOS 環 境 , Windows 環 境 の 両 方 に 対 応 し た プ ロ 仕 様 の C & C 十 十 コ ン パ イ ラ fTAMAGO Ver. 1.2 マ コ ア ル 』 提 供 : ( 株 ) マ ル テ ッ ク ス TEL 03 ( 3403 ) 3420 RGO フ ロ ク ヨ マ - ス マ = 第 ア ル く 出 力 す ン プ ル 》 6 10 名 ? 0 6 黛 物 纒 等 饉 ぉ JUN & JUL ・ 応 募 の 注 意 効 と さ せ て い た だ き ま す 。 ◇ 綴 じ 込 み の 葉 書 に 必 要 事 項 ( ア ン ケ ー ト の ◇ モ ニ タ に 選 ば れ た 方 に は , 後 日 ア ン ケ ー ト 回 答 , 住 所 , 氏 名 , 電 話 番 号 , 希 望 モ ニ タ な ど の 形 式 で 編 集 に ご 協 力 い た だ き ま す 。 番 号 ) を 明 記 の う え こ 応 募 く だ さ い 。 ◇ 記 入 も れ や モ ニ タ 番 号 が 複 数 記 入 さ れ て い ご 了 承 く だ さ い 。 ◇ 締 め 切 り は 11 月 18 日 必 着 で す 。 る 場 合 , 綴 じ 込 み 葉 書 以 外 で の こ 応 募 は 無 ⑩ 三 田 典 玄 の ラ ン ダ ム ア ク セ ス ① 巻 頭 イ ン タ ビ ュ ー Ch 「 is Stone(l) ② Programming on Purpose ⑩ Dr. 望 洋 の プ ロ グ ラ ミ ン グ 道 場 ③ 提 携 記 事 「 ソ フ ト ウ ェ ア 開 発 も ク ト ン 丿 ト ム で 」 ⑩ C 言 語 雑 学 講 座 ④ フ リ ー ソ フ ト ウ ェ ア 最 新 レ ポ ー ト ⑩ X68k 活 用 講 座 綴 じ 込 み 葉 書 裏 面 の ⑤ Book Review ⑩ 応 用 C 言 語 C の 道 具 箱 記 事 評 価 ア ン ケ ー ト 集 「 MS - Windows プ ロ グ ラ ミ ン グ 基 礎 学 」 ⑩ 最 新 環 境 開 発 レ ポ ー ト 「 BPRINT 」 に は 右 記 の 数 学 を ご ⑦ 実 践 ア ル ゴ リ ズ ム 戦 略 解 法 の テ ク ニ ッ ク @Conference 日 00m 'Lite 「 ate programming ⑧ 実 践 C プ ロ グ ラ ミ ン グ 入 門 @C MAGA News square 。 。 記 入 く さ い 。 ⑩ 澵 MS ー DOS プ ロ グ ラ ミ ン グ 入 門 @lnformation from Compile 「 Makers ⑩ Try The C 十 十 @フ ィ ン ロ ー ダ の あ つ ば れ ご 意 見 番 ⑩ C 言 語 フ ォ ー ラ ム ⑩ C マ ガ 電 脳 ク ラ ブ ⑩ プ ロ グ ラ ミ ン グ の 工 ッ セ ン ス @丹 羽 信 夫 の 迷 走 プ ロ グ ラ ミ ン グ M ICROART INC. マ イ ク ロ ア ー ト 株 式 会 社 〒 2 幻 描 浜 市 神 奈 川 区 鷓 屋 町 2 ー 9 ー 22 ー 6 凵 電 話 045 ー 3 田 一 6508 FAX 045 ー 引 6 ー 6509 受 付 時 間 響 田 : 00— PV5 : 00 ( 月 ~ 全 祭 日 除 く ) く 資 料 請 求 番 号 17 の 170 C MAGAZINE 1992 11

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


NOV. 1992 ← VO に 4 NO. 11 CONTENTS 。 円 92 年 い 月 一 月 ( 毎 月 は 回 -J- 日 発 行 ) 第 4 巻 第 い 号 通 巻 38 号 は 990 年 2 月 2 日 第 3 種 郵 便 物 認 可 Chris Stone ( 2 ) オ プ ジ ェ ク ト マ ネ ジ メ ン ト グ ル ー プ 会 長 Programnung on Purpose ANh0's always right? 』 p. J. Plauger ・ ソ フ ト ウ ェ ア 開 発 も ク リ ー ン ル ー ム で COMPUTER LANGUAGE 提 携 記 事 Clean Your Room: Formal Methods fo 「 the 90S フ リ ー ソ フ ト ウ ェ ア 最 新 レ ポ ー ト く 第 34 回 〉 ウ イ ル ス 対 策 法 , 教 え ま す 野 口 雄 平 Book Review 特 集 MS-Windows プ ロ グ ラ ミ ン グ 基 礎 学 Part 1 ・ Window を 開 く 基 礎 Part 2 ・ Window と ア プ リ ケ ー シ ョ ン 実 践 ア ル ゴ リ ズ ム 戦 略 解 法 の ニ ッ ク く 第 7 回 〉 巡 回 セ ー ル ス マ ン 問 題 の 分 割 統 治 解 法 松 田 晋 実 践 C プ ロ グ ラ ミ ン グ 入 門 く 第 8 回 〉 ソ ー ス フ ァ イ ル の 分 割 奥 村 晴 彦 Step by Step 新 M S- D OS プ ロ グ ラ ミ ン グ 入 門 く 第 26 回 〉 ド ラ イ プ 構 成 を 知 る 中 島 信 行 92 C プ ロ グ ラ マ の た め の 十 十 く 第 5 回 〉 ク ラ = 機 構 ( そ の 4 ト 継 承 ( そ の 1 ) 基 本 ク ラ = と 派 生 ク ラ = , 多 重 継 承 山 本 浩 文 ・ 白 倉 伸 一 郎 ・ ・ ・ 97 C 十 十 入 門 講 座 恥 す か し な が ら ド ジ り ま し た く 第 回 〉 一 人 ひ と り が 無 駄 を す る と そ の [ 当 億 人 ] は ? 岩 谷 宏 ・ ・ ・ ・ ・ 105 C 言 語 フ ォ ー ラ ム プ ロ グ ラ ミ ン グ の 工 ッ セ ン ス く 第 10 回 〉 「 エ ラ ー 」 ( 2 ) 結 城 浩 110 = 田 典 玄 の ラ ン ダ ム ア ク セ ス く 第 17 回 〉 日 本 の ユ ー サ と ア メ リ カ の ユ ー サ 116 痛 快 工 ッ セ イ D r. 望 洋 の プ ロ グ ラ ミ ン グ 道 場 く 第 4 回 〉 ヌ ル 柴 田 望 洋 ・ ・ ・ 118 難 問 回 答 C 言 語 雑 学 講 座 く 第 19 回 〉 Mac プ ロ グ ラ ミ ン グ の 基 礎 乗 松 保 智 ・ ・ ・ 123 G CC で 学 ぶ X68 k ゲ ー ム プ ロ グ ラ ミ ン グ く 第 12 回 〉 c で 趣 味 し て み ま し た ・ ・ ・ 129 吉 野 智 興 ・ ・ X68k 活 用 講 座 の 道 具 箱 く 最 終 回 〉 レ ー ザ プ リ ン タ の 制 御 ⑦ 豊 国 永 健 ・ ・ ・ 135 応 用 C 言 語 帳 票 設 設 ・ 制 御 ツ ー ル 「 B ー P 印 NT 」 高 橋 良 明 最 新 開 発 環 境 レ ポ ー ト ・ ・ ・ 144 "Literate Programming" 考 察 松 田 晋 ・ ・ ・ 149 Conference Room ・ ・ 152 C MAGA News Square lnformation from Compiler Makers マ イ ク ロ ソ フ ト ・ ・ ・ 154 フ ィ ン ロ ー ダ の あ っ ぱ れ こ 意 見 番 く 第 7 回 〉 熟 練 者 に よ る う つ か り ミ ス ( 前 編 ) 156 ・ ・ ・ 158 lnformation from Compiler Makers 工 ル ・ エ ス ・ ア イ ジ ャ ノ ヾ ン / ラ イ フ ボ ー ト ・ C マ ガ 電 月 畄 ク ラ ブ く 第 20 回 〉 Non ー crossing Knight's Tour 吉 柄 貴 樹 ・ ・ ・ 160 ・ ・ ・ 162 lnformation from Compile 「 Makers 富 士 通 / シ ス テ ム ・ ワ ン 円 羽 信 夫 の 迷 走 プ ロ グ ラ ミ ン グ く そ の 1 1 〉 ロ ノ ← ト ・ 佐 々 木 の 挑 戦 ・ ・ ・ 164 lnformation from Compiler Makers ボ ー ラ ン ド ・ ・ ・ 168 Readers' Room デ ィ ス ク 内 容 の お 知 ら せ EDITORS' ROOM 172 ・ 本 記 事 中 の プ ロ グ ラ ム 名 , シ ス テ ム 名 , CPU 名 は 一 般 に 各 メ ー カ ー の 登 録 商 標 で す 。 本 文 中 で は TM , ⑧ マ ー ク は 明 記 し て い ま せ ん 。 ・ 本 誌 お よ び 付 録 デ ィ ス ク に 掲 載 さ れ た す べ て の プ ロ グ ラ ム は 著 作 権 法 上 , 個 人 で 使 用 す る 目 的 以 外 で 無 断 で 複 製 す る こ と は 禁 じ ら れ て い ま す 。 表 紙 ・ イ ラ ス ト レ ー シ ョ ン ・ 秋 山 育 / テ ザ イ ン ・ 持 田 哲 Publisher: Masayoshi Son publishing Di 「 e 供 0 「 : GO 「 0 Hashmoto Edltor-in-Chief: Shinichi HOShino Manager Of Sales and Advertising: YOShiO GOShima Editorial and Business 0ffices: NS Takanawa B に g.. 2-19-13. Takanawa. MinatO-ku, TOkYO 108. Japan Editorial: Phone ( 03 ) 5488-1318 SaIes: Phone ( 03 ) 5488-1360 Advertisi ng : TOkyo: Phone ( 03 ) 5488-1365 Osaka: Phone ( 06 ) 264 ー 1471 Copyright ⑥ 1 四 2 SOFTBANK CO 「 p. TOkYO. AII rights reserved. NO materialin this publication may be reproduced, in whOle 0 「 in part, in any form without permission. Printed in Japan. 巻 頭 イ ン タ ビ ュ ー 40 42 44 柴 田 望 洋

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


恥 ず か し な 力 ド ジ り ま し た 56 回 そ の 1 億 人 ] は ? 一 人 ひ と り か 無 駄 を す る と マ イ カ ー は 無 駄 だ あ 中 間 に あ る 。 車 が 原 生 林 の 中 に 転 落 し た , ー マ ー ケ ッ ト な ん か は , 市 街 地 と 市 街 地 の キ ロ メ ー ト ル ぐ ら い 。 そ し て 大 き な ス ー パ つ い て い る 。 そ の 矩 形 の 一 辺 が , た し か 30 け ど , 小 さ な 市 街 地 が そ の 四 隅 に 張 り ま , 正 確 に 言 う と 東 京 大 学 の 研 究 林 な ん だ 市 の ど 真 ん 中 に 広 大 な 原 始 林 が あ っ て じ ぐ ら い の , 日 常 的 必 需 品 て 、 す 。 な に し ろ , は 東 京 に 住 む 私 た ち に と っ て の 自 転 車 と 同 良 野 市 と か , あ ー ゅ ー と こ ろ に な る と , 車 テ レ ビ ド ラ マ て 、 有 名 に な っ た 北 海 道 の 富 間 が , 徐 々 に 虫 食 い 的 に 砂 漠 化 し て い く が 濃 厚 な 荒 涼 感 を 発 散 し ま す 。 ま る て 、 都 市 空 都 市 の 土 地 利 用 形 態 と し て 駐 車 場 は , 最 も い う と こ ろ は ほ と ん ど 駐 車 場 に な り ま す 。 が 始 ま っ た な , と 思 っ て 見 て い る と , そ う 最 近 は , 農 地 や 林 地 を つ ぶ し て 土 地 造 成 て い る , と い う 感 じ て 、 す 。 近 は さ ら に ギ ュ ー ギ ュ ー に 車 が 詰 め 込 ま れ も と 車 が 存 在 す る こ と が 無 理 な 環 境 に , 最 て 、 長 年 ほ ば 横 這 い 状 態 て 、 す 。 つ ま り , も と の お 粗 末 な 低 水 準 の ま ま , ひ と つ の 都 市 内 す る い わ ゆ る 交 通 施 設 の 整 備 水 準 は , 一 定 て い ま す 。 言 う ま て 、 も な く , 道 路 を 始 め と こ 数 年 , 車 の 台 数 が 急 増 し 思 い ま す が , ム ス メ た ち が 車 を 持 ち 始 め て い る せ い だ と 初 代 の 大 衆 的 マ イ カ ー 世 代 の , ム ス コ や 岩 谷 宏 な ん て と き の 用 心 の た め に は , あ の あ た り は 携 帯 電 話 も 必 需 品 て 、 は な い だ ろ う か 。 ま あ , 真 面 目 な 話 , 東 京 み た い な と こ ろ て 、 は , い わ ゆ る マ イ カ ー の 保 有 や 使 用 を 原 則 と し て 禁 ず る べ き や ね 。 て 、 な い と , 営 業 車 て 、 一 日 中 走 り 回 っ て い る よ う な 労 働 者 の 人 た ち が 可 哀 相 や て 、 。 昔 な ら す 一 す 一 通 れ た よ う な , あ り ふ れ た 信 号 が , 今 て 、 は 数 回 待 ち が 常 態 化 し て る ん だ か ら な 。 東 京 近 辺 は , 公 共 交 通 機 関 が 発 達 し と ん の や か ら , マ イ カ ー な ん て 要 ら へ ん 。 持 っ て も , こ の 慢 性 混 雑 渋 滞 の 中 て 、 は , 気 分 よ く 便 利 に は 使 え へ ん 。 て 、 も , 余 談 だ け ど , そ う い う ム ス コ や ム ス メ た ち を 見 て い る と , 彼 ら が や た ら 車 を 持 っ と い う の は , 日 本 の 住 宅 事 情 の 貧 弱 さ も 寄 与 し て い る ん だ わ 。 連 中 , 駐 車 し た 車 の 中 て 、 友 だ ち と ミ ー テ ィ ン グ し た り , 車 の 中 て 、 さ ま ざ ま な 段 階 の 異 性 間 交 渉 を 行 な っ た り し て い る 。 つ ま り , か ろ う じ て 、 、 自 分 の 部 屋 〃 な の だ ね 。 て 、 , 話 は い よ い よ 本 題 に 入 っ て い く の て 、 あ り ま す が , 車 っ て , た と え 、 、 軽 ク の よ う な 小 型 車 て 、 も , そ の 地 上 に 占 め る 面 積 は け っ こ う 大 き い 。 一 人 の 歩 行 者 の 路 上 専 有 面 積 の 何 倍 ぐ ら い だ ろ う 。 そ の 大 き な 面 積 の め て , 資 源 の 賢 い , 効 率 良 い 使 い 方 て 、 は な 土 地 だ け て 、 な く エ ネ ル ギ ー の 利 用 効 率 も 含 と い う わ け て , 今 の マ イ カ ー と い う の は , 中 に い る の は , た い て い の 場 合 , 運 転 者 一 人 だ 。 言 い 換 え る と , マ イ カ ー は , 都 市 交 通 の オ プ テ ィ マ ル な 手 段 て 、 は な い こ て 、 都 市 交 通 の オ プ テ ィ マ ル 論 を 展 開 す る つ も り は な い が , 一 言 だ け 言 っ て お く と , 狭 義 の 物 理 的 な 交 通 ( モ ノ や ヒ ト の 物 理 的 な 移 動 ) を 抑 止 す る 方 向 , 言 い 換 え る な ら ば コ ン ピ ュ ー テ ィ ン グ と コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 大 衆 的 高 度 利 用 の 方 向 に , ひ と つ の 大 き な 解 決 の 方 向 性 が あ る て 、 あ り ま し よ う 。 ど う せ 次 世 代 の 子 ど も た ち は , 自 動 車 工 場 の 工 員 に な り た い と 心 か ら 思 っ た り は し な い だ ろ う か ら , こ の 方 向 は , 一 国 の 基 本 的 産 業 施 策 と し て も 正 解 て 、 す 。 製 造 業 の 工 場 の 究 極 の 目 標 は , 完 全 無 人 工 場 て 、 あ り ま す 。 台 所 も 無 駄 だ あ て 、 , マ イ カ ー と 並 ん て 、 , 同 じ く 「 無 駄 ゃ な ー 」 と 最 近 つ く づ く 思 う の が , 各 家 庭 の く 台 所 > て 、 あ り ま す 。 だ い た い , 食 事 の 支 度 な ん て , n 人 分 や る の も , n >< 10 人 分 も , n >< 100 人 分 も , 時 間 労 カ , そ ん な に 大 差 あ り ま せ ん 。 逆 に , 一 人 あ た り の 単 位 所 要 労 働 エ ネ ル ギ ー は , た ぶ ん 人 数 が 多 い ほ ど 少 な く て 済 む 。 そ の ほ か , 労 働 エ ネ ル ギ ー だ け て 、 は な く , い ろ ん な 点 が 無 駄 て す よ , 家 庭 に 一 々 台 所 が あ る , と い う 事 態 は 。 フ ァ イ ル 機 能 を 外 部 の 高 性 能 サ ー バ に ゆ だ ね た 、 、 デ ィ ス ク レ ス ワ ー ク ス テ ー シ ョ ン 〃 と い う の が 最 近 は あ り ま す が , そ の 比 喩 て 、 , C 言 語 フ ォ ー ラ ム 105

月刊 C MAGAZINE 1992年11月号


実 践 ア ル ゴ リ ズ 路 解 法 の テ ク ニ ッ ク 巡 回 セ ー ル ス マ ン 問 題 (TSP) と は ? 1 巡 回 セ ー ル ス マ ン 問 題 と は 次 の よ う な 問 題 て 、 す 。 セ ー ル ス マ ン が 訪 問 す べ き 家 庭 が Fig. 1 の よ う に 散 ら ば っ て い る と し ま す 。 セ ー ル ス マ ン は 各 家 庭 を 1 回 ず つ も れ な く 訪 問 し て 帰 っ て こ な け れ ば な り ま せ ん 。 こ の よ う な 訪 間 法 の う ち , 経 路 の い ち ば ん 短 い も の を 見 つ け る の が 巡 回 セ ー ル ス マ ン 問 題 ( Traveli ng Salesperson Problem' 以 下 TSP と 略 す ) て 、 す 。 経 路 の 「 長 さ 」 の 定 義 は 自 由 に 決 め て も か ま わ な い ( た と え ば タ ク シ ー 代 金 を 「 距 離 」 と 定 義 し て も よ い ) の て 、 す が , こ て 、 は 中 学 や 高 校 て 、 習 う 「 距 離 」 に 限 定 す る こ と に し ま し よ う 。 本 連 載 の 第 1 回 て 、 も 少 し 触 れ ま し た が , T SP は NP 完 全 間 題 ( NP 困 難 と い っ た ほ う が 正 確 て 、 す が , 容 易 に NP 完 全 問 題 に 変 換 て 、 き る の て 、 , 以 下 NP 完 全 問 題 と 表 記 し ま す ) と い う 「 解 く こ と が 難 し い 問 題 」 の 代 表 例 と さ れ て い ま す 。 NP 完 全 問 題 と は , 解 を 得 る た め に は 多 項 式 時 間 て 、 は 解 け な い と 予 想 さ れ て い る ( 証 明 は ま だ さ れ て い ま せ ん ) 一 群 の 問 題 の こ と て 、 す 。 つ ま り , 厳 密 解 を 得 よ う と す る と , 答 え を 求 め る の に 要 す る 時 間 が 指 TSP の 分 割 統 治 ア プ ロ ー チ List 1 → 部 分 領 域 1 , 部 分 領 域 2 ; 分 割 ( 部 分 領 域 ) return 自 明 な 解 , i f ( 解 は 自 明 で あ る ) 9 : 分 割 統 治 ( 部 分 領 域 ) 縦 分 割 ; else 横 分 割 : if ( 縦 長 ( 部 分 領 域 ) ) 1 : 分 割 ( 部 分 領 域 ) 21 : 18 : 16 : 15 : 13 : 12 : 11 : 8 : 6 : 5 : 4 : 3 : 数 的 に 増 加 す る こ と を 覚 悟 し な け れ ば な り ま せ ん 。 セ ー ル ス マ ン の 巡 回 経 路 な ど い か に も 身 近 な 問 題 て 、 す が , そ れ が 困 難 な 問 題 の 代 表 例 と は ち ょ っ と 意 外 て 、 す ね 。 TSP は セ ー ル ス マ ン だ け に と っ て 重 要 な 問 題 て 、 は あ り ま せ ん 。 産 業 界 て 、 も , た と え ば プ リ ン ト 配 線 版 に 穴 を 空 け る 際 の 最 適 順 序 な ど , 非 常 に 幅 広 い 応 用 分 野 が あ り ま す 。 こ の た め TSP を 解 く 方 法 は 多 方 面 か ら 研 究 さ れ て い ま す 。 TSP を 現 場 に 応 用 す る 際 に は , 何 も 厳 密 な 最 短 経 路 て 、 な く と も , 「 十 分 短 い 経 路 」 て あ れ は 満 足 て 、 き る ケ ー ス も 多 い の て 、 , 近 似 解 を 求 め る ア ル ゴ リ ズ ム も 数 多 く 知 ら れ て い ま す 。 変 わ っ た と こ ろ て 、 は , ニ ュ ー ラ ル ネ ッ ト ワ ー ク や 遺 伝 的 ア ル ゴ リ ズ ム (Genetic Alg orithm) て 、 も 解 け る こ と が 知 ら れ て い ま す 。 こ れ ら の ア ル ゴ リ ズ ム の う ち , 今 回 は 「 分 割 統 治 法 」 に よ る TSP の 解 法 を 解 説 し ま す 。 分 割 統 治 法 に よ る TS P の 近 似 解 法 前 回 の 最 後 の と こ ろ て 、 , 円 の 面 積 を 分 割 統 治 法 て 、 求 め た こ と を ご 記 憶 の 方 も 多 い て 、 し よ う 。 円 の 面 積 を 求 め た と き は , 円 を 含 む 正 方 領 域 を 1 / 4 ず つ に 分 割 し て い き ま し た 。 分 割 の し か た は , 分 割 統 治 法 に よ る ア Fig. 3 再 帰 的 分 割 の 様 子 1 2 10 : { 22 : } 解 法 の テ ク ニ ッ ク 77 return 統 合 ( 分 割 統 治 ( 部 分 領 域 1 ) , 分 割 統 治 ( 部 分 領 域 2 ) ) ; 19 : main() 分 割 統 治 ( 全 領 域 ) ; - 3 ル ゴ リ ズ ム の 性 能 や 速 度 が 向 上 す る こ と が 方 形 に 近 く な る よ う に 分 割 す る ほ う が , ア 治 す る と き は , 各 部 分 領 域 が て 、 き る だ け 正 し ま す 。 経 験 則 と し て , 2 次 元 領 域 を 分 割 統 次 に , さ ら に 詳 細 の 分 割 法 に つ い て 検 討 B を 採 用 す る こ と に し ま す 。 て 、 す が , 統 合 の し や す さ に 着 目 し て 分 割 法 と 後 述 す る よ う に 共 有 点 の 管 理 が や っ か い り 除 く だ け て 、 最 短 路 が 得 ら れ ま す 。 こ れ だ の 経 路 に な っ て い る の て 、 , 冗 長 な 経 路 を 取 最 短 路 を 合 わ せ た だ け て 、 , す て 、 に 領 域 全 体 ま す 。 こ の よ う に 分 割 す る と , 部 分 領 域 の の 点 を 共 有 す る よ う に 分 割 す る こ と を 考 え 想 を 変 え て , 2 分 割 し た 領 域 の 双 方 て 、 真 ん 中 は 少 し や っ か い そ う て す 。 こ の た め 少 し 発 そ れ ら を 統 合 し て 1 本 の 最 短 路 に ま と め る の 最 短 路 ( 近 似 的 な 。 以 下 同 様 ) を 求 め た 後 , と 分 割 は 楽 て 、 す が , 分 割 し た 領 域 に つ い て は , Fig. 2 の 分 割 法 A だ と 思 い ま す 。 こ れ だ を 分 割 す る 方 法 と し て 真 っ 先 に 思 い っ く の セ ー ル ス マ ン の 訪 問 地 点 が 点 在 す る 領 域 え る こ と に し ま す 。 の て 、 , 以 下 , 統 合 の し か た に 的 を 絞 っ て 考 合 に は 分 割 よ り も 統 合 の ほ う が 難 し そ う な 法 を 採 用 し な け れ ば な り ま せ ん 。 TSP の 場 ら 判 断 し て , こ れ ら が 容 易 に 行 え る 分 割 方 割 の し や す さ 」 と 「 統 合 の し や す さ 」 の 両 面 か ト て 、 す 。 分 割 の し か た を 決 め る 際 に は , 「 分 ル ゴ リ ズ ム 設 計 て 、 は も っ と も 重 要 な ポ イ ン 知 ら れ て い ま す 。 ま た , て 、 き る だ け 均 等 に 実 践 ア ル ゴ リ ズ ム 戦 略