検索 - みる会図書館

検索対象: 孤独で優しい夜

孤独で優しい夜から 90件ヒットしました。

孤独で優しい夜


集 英 社 文 庫 孤 独 で 優 し い 夜 集 英 社 版

孤独で優しい夜


集 英 社 文 庫 や さ 孤 独 で 優 し い 夜 よ る 1999 年 10 月 25 日 2003 年 12 月 8 日 第 1 刷 第 13 刷 か わ 川 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ リ ま す 。 け い 著 者 発 行 者 発 行 所 印 刷 製 本 ゆ い 唯 谷 株 式 会 社 山 尚 義 集 英 社 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 〒 101 ー 8050 ( 3230 ) 6095 ( 編 集 ) 電 話 03 ( 3230 ) 6393 ( 販 売 ) ( 3230 ) 6080 ( 制 作 ) 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の ペ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 ⑥ K. Yuikawa 1999 Printed in Japan ISBN4-08-747110-1 C0193

孤独で優しい夜


集 英 社 文 庫 目 録 ( 日 本 文 学 ) 山 村 美 紗 京 都 紅 葉 寺 殺 人 事 件 唯 恵 彼 の 隣 り の 席 夢 枕 獏 絢 爛 た る 鷺 い た だ き 山 村 美 紗 京 都 貴 船 川 殺 人 事 件 唯 恵 た だ そ れ だ け の 片 想 い 夢 枕 獏 神 々 の 山 嶺 山 山 本 文 緒 あ な た に は 帰 る 家 が あ る 唯 恵 孤 独 で 優 し い 夜 夢 枕 獏 ・ 編 著 奇 譚 カ ー ニ バ ル 山 本 文 緒 き ら き ら 星 を あ げ よ う 唯 恵 恋 人 は い つ も 不 在 夢 枕 獏 慶 応 四 年 の ハ ラ キ リ 山 本 文 緒 ほ く の 。 ( ジ ャ マ で お や す み 唯 恵 あ な た へ の 日 々 夢 枕 獏 空 気 枕 ぶ く 先 生 太 平 記 恵 シ ン グ ル ・ プ ル ー 山 本 文 緒 お ひ さ ま の プ ラ ン ケ ッ ト 唯 夢 枕 獏 仰 天 ・ 文 壇 和 歌 集 山 本 文 緒 シ ュ ガ ー レ ス ・ ラ ヴ 唯 恵 愛 し て も 届 か な い 夢 枕 獏 黒 塚 山 本 文 緒 野 菜 ス ー プ に 愛 を こ め て 唯 恵 イ プ の 憂 鬱 由 良 三 郎 網 走 ー 東 京 殺 人 力 ル テ 山 本 文 緒 ま ぶ し く て 見 え な い 唯 恵 め ま 由 良 三 郎 聖 域 の 殺 人 力 ル テ 山 本 文 緒 落 花 流 水 唯 恵 病 む 月 横 尾 忠 則 絵 草 紙 う ろ っ き 夜 太 恵 さ よ な ら を す る た め に 悠 玄 亭 玉 介 幇 間 の 遺 言 横 森 理 香 恋 愛 は 少 女 マ ン ガ で 教 わ 「 た 恵 彼 女 は 恋 を 我 慢 で き な い 夢 枕 獏 怪 男 児 横 森 理 香 横 森 理 香 の 恋 愛 指 南 唯 恵 間 年 や り ま し た 夢 枕 獏 仕 事 師 た ち の 哀 歌 吉 沢 久 子 老 い を た の し ん で 生 き る 方 法 ず 隹 恵 シ フ ォ ン の 風 夢 枕 獏 仰 天 ・ 平 成 元 年 の 空 手 チ , ッ プ 吉 永 小 百 合 夢 せ い ら く ど う す い む た ん 隹 恵 キ ス よ り も せ つ な く 夢 枕 獏 聖 楽 堂 酔 夢 譚 吉 永 み ち 子 気 が つ け ば 騎 手 の 女 房 恵 ロ ン リ 唯 ・ コ ン プ レ ッ ク ス 夢 枕 獏 純 情 漂 流 吉 永 み ち 子 母 と 娘 の 薊 年 戦 争 川 川 川 川 川 川 た い こ も ち エ レ ジ ー

孤独で優しい夜


こ の 作 品 は 一 九 九 三 年 六 月 、 集 英 社 よ り 刊 行 さ れ ま し た 。

孤独で優しい夜


239 解 説 倉 本 由 布 唯 川 さ ん と 初 め て お 会 い し た と き 、 私 は 十 六 歳 の 高 校 生 で し た 。 唯 川 さ ん の 作 家 デ ビ ュ ー の き っ か け と な っ た 集 英 社 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 の 授 賞 式 で 。 私 は 、 同 じ 賞 の 佳 作 を 、 唯 川 さ ん と 同 期 で 頂 い て い る の で す 。 黒 の ワ ン ピ 1 ス ( だ っ た と 思 う の で す が ) を 着 た 唯 川 さ ん と 、 セ ー ラ 1 服 姿 の 私 。 並 ん で い る と 、 と て も ″ 同 期 受 賞 の ふ た り 〃 に は 見 え ず 、 「 な ん だ か 、 子 供 の 人 学 式 に 出 席 し て い る 母 親 み た い な 気 分 だ っ た 」 と 、 随 分 と 経 っ て か ら 、 唯 川 さ ん は 笑 っ て 教 え て く れ ま し た 。 の ん き 地 方 在 住 、 素 朴 で 呑 気 な 女 子 高 生 だ っ た 私 は 、 仕 事 を し て い る 大 人 ば か り が 集 ま る 。 ハ ー テ ィ と い う だ け で も う 気 後 れ が し て し ま い 、 あ が っ て し ま い 、 お じ さ ん た ち に 囲 ま れ て 一 体 な ん の 話 を し た の だ っ た か : : : す っ か り 記 憶 が 消 え て し ま っ て い る の で す が 。 翌 朝 の 出 来 事 だ け は 、 今 で も よ く 覚 え て い ま す 。 そ の 朝 、 同 じ 宿 に 泊 ま っ て い た 若 手 の み な さ ん で お 茶 を 飲 み に 出 た の で す が 、 た ぶ ん 、 解 説 ー ー ー 唯 川 さ ん へ の ラ ブ レ タ ー

孤独で優しい夜


% 顔 を 出 す こ と は な く 、 長 い 人 は 三 年 以 上 も 行 っ た き り と い う 場 合 も あ っ た 。 今 、 粧 子 が 携 わ っ て い る の は 、 ア 。 ハ レ ル 会 社 の 在 庫 管 理 で あ る 。 仕 事 そ の も の は ト 一 フ プ ー の 中 に は 、 人 江 も 宗 吾 も い る 。 ル も な く 、 順 調 に 進 ん で い る 。 た だ メ ン バ そ の 入 江 は 今 日 か ら 美 帆 と 新 婚 旅 行 に 出 掛 け て い る 。 一 週 間 は 出 て 来 な い 。 そ の 間 に 気 持 ち を き ち ん と 元 の 通 り に し て お か な け れ ば 。 粧 子 は 自 分 に 何 度 も 言 い き か せ て い た 。 「 具 合 は ど う ? 」 背 後 か ら 声 を か け ら れ 、 振 り 返 る と 宗 吾 が 立 っ て い た 。 粧 子 は 一 瞬 身 を 引 い た 。 「 え つ 、 何 ? 」 「 課 長 か ら 風 邪 っ て 聞 い た け ど 」 「 え つ 、 え え 、 大 丈 夫 」 に ら 粧 子 は 宗 吾 を 睨 み つ け た 。 け れ ど も 、 宗 吾 は あ っ け ら か ん と 言 っ た 。 「 あ あ 、 よ か っ た 。 ゅ う べ 、 あ ん な 格 好 で 寝 て た か ら 、 や つ ば り 風 邪 を ひ い ち ゃ っ た か な な ん て 」 思 わ ず 頬 が 引 き つ っ た 。 向 か い に は 新 人 社 員 の 真 由 子 が 座 っ て い る 。 彼 女 は き よ と ん と し た 顔 つ き で こ ち ら を 見 て い る 。 ま ゆ こ

孤独で優しい夜


は 絶 望 的 な 気 分 で 頭 を 抱 え た 。 と に か く 帰 ら な け れ ば な ら な い 。 で き る な ら 彼 が 目 を 醒 ま さ な い う ち に 。 は お 粧 子 は べ ッ ド か ら 腕 を 伸 ば し 、 と り あ え ず そ ば に あ っ た 彼 の パ ジ ャ マ を 羽 織 っ た 。 そ れ か ら べ ッ ド を 揺 ら す こ と な く そ っ と 抜 け 出 て 、 あ ち こ ち に 脱 ぎ 捨 て ら れ た 下 着 と ド レ ス を 手 に し た 。 両 手 に そ れ ら と バ ッ グ を 抱 え て 洗 面 所 に 人 る 。 粧 子 は 鏡 に 映 る 自 分 と 向 き 合 っ て 二 度 目 の た め 息 を も ら し た 。 「 な ん て こ と し ち ゃ っ た ん だ ろ う : : : 」 確 か に 昨 夜 は か な り 飲 ん だ 。 日 曜 だ っ た の だ が 、 社 内 結 婚 を し た 同 僚 の 披 露 。 ハ ー テ ィ が あ り 、 そ こ で シ ャ ン 。 ハ ン や ビ ー ル 、 そ れ か ら 二 次 会 に 六 本 木 に 流 れ て ク ラ ブ で 踊 り 、 そ の あ い ま い 後 も う 一 軒 。 そ こ ら 辺 り か ら だ い ぶ 記 憶 は 曖 昧 に な る 。 ま 始 た だ 、 宗 吾 と は 帰 り 道 が 同 じ 方 向 だ か ら と 、 一 緒 に タ ク シ ー に 乗 り 込 ん だ よ う な 記 憶 は さ あ る : : : け れ ど 、 ど う し て 彼 と 共 に 降 り て し ま う よ う な こ と に な っ た ん だ ろ う 。 危 覚 え て い な か っ た 。 そ し て 、 こ ん な と こ ろ で ゆ っ く り と 思 い 出 し て い る 場 合 で も な か っ 粧 子 は 下 着 と 服 を 着 た 。 晩 中 脱 ぎ っ 放 し に な っ て い た シ ル ク の ド レ ス は し わ く ち や で 、

孤独で優しい夜


「 ど う し て ? 」 「 粧 子 と こ ん な ふ う に な る な ん て 考 え て も い な か っ た か ら 。 夢 み た い だ 」 お も は 面 映 ゆ い 言 葉 で も 、 耳 元 で な ら 平 気 だ っ た 。 「 私 も 。 で も 、 本 当 は ず っ と こ う な り た い っ て 思 っ て た の 。 今 に な っ て 、 そ れ が わ か る 「 会 社 で 顔 を 合 わ す と 何 だ か ど き ど き す る よ 。 高 校 生 に 戻 っ た み た い だ 」 「 そ お ? い つ も 平 気 そ う な 顔 し て る 」 「 苦 労 し て る ん だ 、 そ ん な 顔 を す る の に 。 時 々 、 誰 も い な い 会 議 室 な ん か に 粧 子 を 呼 び 出 し た く な る 」 「 呼 び 出 し て ど う す る の 」 「 決 ま っ て る だ ろ 、 キ ス し た い 、 触 り た い 、 も っ と し た い 」 「 バ カ ね 」 い せ 粧 子 は 幸 福 だ っ た 。 た だ 、 幸 福 だ っ た 。 む つ ご と を 」 ど ん な 好 き で も 、 男 と 女 は 裸 に な ら な け れ ば 近 づ け な い 。 睦 言 を 交 わ さ な け れ ば 恋 に 浸 れ な い 。 会 社 で 一 緒 に 仕 事 を 続 け た 月 日 よ り 、 は る か に 短 い 時 間 で 粧 子 は そ れ ま で 以 上 の 人 江 を 知 っ た 。 そ し て も っ と 知 り た い と 思 う 。 も っ と 知 っ て 欲 し い と 田 5 う 。 101

孤独で優しい夜


132 夜 は す べ て に 背 中 を 向 け た く な る 。 魔 物 た ち が 粧 子 を 暗 闇 へ と 導 い て ゆ く 。 考 え る の は 不 幸 ば か り 。 前 向 き な ん て 一 一 一 口 葉 は 忘 れ て し ま う 。 で も 朝 に な れ ば 、 心 地 よ く 朝 日 を 浴 び る 自 分 が い て 拍 子 抜 け し た よ う な 気 分 に な る 。 会 社 に 行 か な け れ ば な ら な い 。 歯 を 磨 い て 、 顔 を 洗 っ て 、 朝 食 を と っ て 、 お 化 粧 を し て 。 条 件 反 射 の よ う に 身 体 が そ れ を 覚 え て い て 、 考 え ず と も 動 い て く れ る 。 そ し て 電 車 に 乗 り 、 オ フ ィ ス の ド ア を 開 け て 、 何 事 も な か っ た よ う に 人 江 と 顔 を 合 わ せ 、 仕 事 を す る 。 粧 子 は 不 思 議 に 思 う 。 あ ん な に 不 幸 と 感 じ た 夜 と 、 い つ も 通 り オ フ ィ ス で 働 く 朝 が つ な が っ て い る な ん て 。 そ し て 、 そ の 両 方 と も に 自 分 が 存 在 し て い る な ん て 。 一 日 に 夜 と 昼 と が あ る よ う に 、 粧 子 の 中 に も 夜 と 昼 が あ る 。 ず っ と 昼 で い ら れ た ら い い の に 、 粧 子 は そ う 田 5 う 。 昼 食 時 は 、 会 社 の 女 の 子 た ち と 一 緒 に ラ ン チ を と る こ と が 多 い 。 粧 子 は 別 の チ ー ム の 女 性 三 人 と 外 に 出 た 。 昼 時 は い つ も ど こ も 混 ん で い て う ん ざ り だ 。 列 に 並 ん で 十 五 分 待 ち 、 よ う や く 席 に 案 内 さ れ た 。 し ゃ べ セ ッ ト メ ニ ュ ー を 頼 ん で ひ と 息 つ く と 、 お 喋 り が 始 ま る 。 社 内 の さ ま ざ ま な 情 報 を 交 換 う わ さ ば な し し 合 う 。 無 責 任 な 噂 話 が ほ と ん ど だ が 、 に と っ て そ れ は い ち ば ん の 楽 し み だ 。

孤独で優しい夜


幻 宗 吾 が 言 っ た 。 胸 に 矢 を つ か れ た よ う な 気 が し た 。 で も 粧 子 は 答 え な い 。 た だ 歩 い て ゆ く 。 「 そ の 角 張 っ た 字 は 、 確 か に 人 江 さ ん だ 」 粧 子 は 足 を 早 め た 。 人 と 肩 が ぶ つ か り そ う に な り な が ら も 、 前 に 向 か っ て ひ た す ら 歩 い 「 つ ま り 、 そ う い う こ と な の か 」 た だ 、 黙 っ て る 。 「 い や 、 そ ん な わ け は な い 、 そ ん な こ と あ る わ け な い よ ね 」 何 も 答 え な い 。 「 ど う し て 返 事 を し て く れ な い ん だ 」 い ら だ 苛 立 っ た 宗 吾 の 声 。 「 こ の ま ま じ ゃ 、 僕 、 誤 解 し て し ま う 」 「 津 島 さ ん 」 「 止 ま れ よ ! 」 宗 吾 は 乱 暴 に 言 い 、 粧 子 の 肩 を 攫 ん だ 。 粧 子 は よ う や く 立 ち 止 ま っ た 。 宗 吾 は 強 引 に 粧