検索 - みる会図書館

全データから 210921件ヒットしました。

イラストで読むギリシア神話の神々


イ ラ ス ト で 読 ギ リ シ ア 神 話 の 神 々 杉 全 美 帆 子 れ ・ 4 ・ ツ れ / 河 出 書 房 新 社

日本書紀の読み方


は じ め に ・ ・ 平 林 章 仁 第 1 章 ス サ ノ ヲ 神 話 を 読 み 解 く 日 本 書 紀 で 神 話 を 読 む と い う こ と / ス サ ノ ラ ノ ミ コ ト の 乱 行 ぶ り / ス サ ノ ラ の 乱 暴 は 大 祓 の 「 天 っ 罪 」 / 「 い け に え 」 と し て の 天 斑 駒 / 犠 牲 馬 と の 性 交 儀 礼 が あ っ た / 生 剥 ー ー 神 様 は 新 鮮 な 食 べ 物 が お 好 き / 屋 根 や 煙 突 は 天 界 と の 通 路 だ っ た / 馬 伏 ー ー 犠 牲 は 丸 々 と 太 ら せ ろ ! / 「 屎 ま る 」 と い う 、 か く も 神 聖 な る 行 為 / な ぜ 畦 を 壊 さ ね ば な ら な い か ? / 溝 埋 ・ か い ざ ん 樋 放 ・ 頻 蒔 は 耕 作 妨 害 で は な い / ス サ ノ ラ 神 話 は 本 当 に 大 祓 の 起 源 か ? / 神 話 の 改 竄 儀 礼 的 行 為 か ら 大 祓 の 罪 へ / ア マ テ ラ ス と ス サ ノ ラ の 性 交 ー ー ニ 神 は 何 を 生 み 出 し た か ◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ① ◆ 国 生 み 神 話 ー ー イ ザ ナ キ と イ ザ ナ ミ に よ る 世 界 創 造 / 出 雲 神 話 ー ー オ ホ ア ナ ム チ の 「 国 造 り 」 と 「 国 譲 り 」 / 日 向 神 話 ー ー ウ ミ サ チ ・ ヤ マ サ チ の 物 語 目 次

日本書紀の読み方


は じ め に ・ ・ 平 林 章 仁 第 1 章 ス サ ノ ヲ 神 話 を 読 み 解 く 日 本 書 紀 で 神 話 を 読 む と い う こ と / ス サ ノ ラ ノ ミ コ ト の 乱 行 ぶ り / ス サ ノ ラ の 乱 暴 は 大 祓 の 「 天 っ 罪 」 / 「 い け に え 」 と し て の 天 斑 駒 / 犠 牲 馬 と の 性 交 儀 礼 が あ っ た / 生 剥 ー ー 神 様 は 新 鮮 な 食 べ 物 が お 好 き / 屋 根 や 煙 突 は 天 界 と の 通 路 だ っ た / 馬 伏 ー ー 犠 牲 は 丸 々 と 太 ら せ ろ ! / 「 屎 ま る 」 と い う 、 か く も 神 聖 な る 行 為 / な ぜ 畦 を 壊 さ ね ば な ら な い か ? / 溝 埋 ・ か い ざ ん 樋 放 ・ 頻 蒔 は 耕 作 妨 害 で は な い / ス サ ノ ラ 神 話 は 本 当 に 大 祓 の 起 源 か ? / 神 話 の 改 竄 儀 礼 的 行 為 か ら 大 祓 の 罪 へ / ア マ テ ラ ス と ス サ ノ ラ の 性 交 ー ー ニ 神 は 何 を 生 み 出 し た か ◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ① ◆ 国 生 み 神 話 ー ー イ ザ ナ キ と イ ザ ナ ミ に よ る 世 界 創 造 / 出 雲 神 話 ー ー オ ホ ア ナ ム チ の 「 国 造 り 」 と 「 国 譲 り 」 / 日 向 神 話 ー ー ウ ミ サ チ ・ ヤ マ サ チ の 物 語 目 次

出雲神話の成立


出 雲 神 話 の 成 立

日本書紀の読み方


和 銅 五 年 ( 七 一 (l) 成 立 の 古 事 記 は 上 ・ 中 ・ 下 巻 の う ち 上 巻 す べ て を 神 々 の 物 語 に あ て 、 じ ん む 中 巻 の 神 武 天 皇 か ら 人 代 と な る 。 養 老 四 年 ( 七 二 〇 ) 撰 述 の 日 本 書 紀 全 三 十 巻 は 、 巻 第 一 か み の よ が 神 代 上 、 巻 第 一 一 が 神 代 下 て 、 巻 第 三 の 神 武 天 皇 紀 よ り 人 代 と な る 。 古 事 記 上 巻 を 「 神 代 記 」 、 日 本 書 紀 は 神 代 上 ・ 下 を 合 わ せ て 「 神 代 紀 」 と 略 記 す る が 、 こ の 神 代 記 ・ 神 代 紀 の 神 々 の 物 語 を 「 記 己 神 話 」 と い う 。 一 没 に 日 , 个 神 話 と い - ん ば 、 こ の 記 コ し 由 を さ す ・ 日 本 神 話 を 知 ろ う と す る 場 合 、 一 般 に は 古 事 記 神 代 記 が よ く 読 ま れ る 。 こ れ は 日 本 書 紀 あ る ふ み 神 代 紀 が 段 落 ご と に 少 し ず つ 内 容 の 違 っ た 複 数 の 所 伝 ( 一 書 ) を 挿 入 し て い て 、 物 語 が 複 雑 化 し 全 体 の 展 開 を 読 み 取 り 難 い か ら て あ ろ う 。 し か し 、 必 ず し も 神 代 記 が 神 代 紀 よ り 古 く て 本 来 的 な 物 語 て あ る と は 限 ら な い 。 そ れ よ り 、 一 つ の 神 話 に 複 数 の 所 伝 が あ る こ と は 、 神 話 研 究 の う え ぞ む し ろ 幸 せ な こ と だ と い え る 。 な ぜ な ら 、 複 数 の 所 伝 を か れ こ れ 比 車 対 照 す る こ と に よ り 、 そ の 物 語 の よ り 本 来 的 な 姿 や 多 様 な 古 代 社 会 の 実 相 を 明 ら か に す る こ と が 可 能 と な る か ら て あ る 。 も ち ろ ん 、 そ の た め に は 記 紀 神 言 が そ れ ぞ れ ど の よ う な 内 容 て 、 各 々 の 神 話 が 何 を 語 り 伝 え る も の だ っ た の か を 知 ら な け れ ば な ら な い 。 本 章 は 、 こ う し た 視 点 か ら の 日 本 書 紀 ス サ ノ ラ 神 話 を 理 解 す る た め の 基 礎 的 な 作 業 て あ る 。 ス サ ノ ラ ノ ミ コ ト の 乱 行 ぶ り ひ と の よ 0 ・ 4

波 2017年 01 月号 [雑誌]


神 々 の 住 ま い へ 誘 う 最 新 ガ イ ド 芸 術 新 潮 編 集 部 編 『 神 々 が 見 え る 神 社 100 選 』 高 山 れ お な ( 芸 術 新 潮 副 編 集 長 ) 本 書 は 、 芸 術 新 潮 の 創 刊 8 0 0 号 記 念 特 大 号 と 祭 祀 が 続 く 大 社 の 中 の 大 社 ー ー 伊 勢 ・ 出 雲 ・ 春 「 神 の 空 間 を 旅 す る 神 社 100 選 」 を 再 編 集 し 日 ・ 宇 佐 な ど 神 社 界 の ポ ス キ ャ ラ 社 。 た も の で あ る 。 芸 術 新 潮 で は か っ て 、 555 号 の 第 2 章 「 神 話 の 神 さ ま と そ の 現 場 」 は 、 諏 訪 ・ 記 念 に 「 日 本 の 神 々 」 と 題 す る 大 特 集 を 組 ん だ こ 熱 田 の よ う な 著 名 な 大 社 か ら 、 ニ ギ ハ ヤ ヒ を 祭 る と が あ る 。 そ こ で は 神 像 と 神 饌 を グ ラ フ の 柱 と し 、 磐 船 神 社 の よ う に 小 さ く も 個 性 的 な お 社 ま で 社 。 さ ら に ″ ど の よ う な 時 に 「 神 」 を 感 じ ま す か ? 〃 第 3 章 「 神 社 名 建 築 紀 行 」 は 、 す で に 述 べ た 次 と い う 問 い に 答 え る 形 で 各 界 氏 か ら エ ッ セ イ を 第 で 、 と り わ け 力 を こ め た 章 。 嚴 島 ・ 吉 備 津 を 筆 い た だ い た 。 狭 義 の 神 と い う よ り 神 的 な も の が 特 頭 に 、 美 し き 社 を 紹 介 す る 。 集 テ ー マ だ っ た か ら 、 各 氏 の エ ッ セ イ に は じ つ に 第 4 章 「 神 と 仏 の 千 年 史 」 は 、 神 仏 習 合 が テ ー さ ま ざ ま な 神 様 が 登 場 す る 。 夜 の 首 都 高 か ら 見 る マ 。 金 刀 比 羅 宮 や 談 山 神 社 の よ う に 、 境 内 に は っ 石 油 精 製 プ ラ ン ト に 神 を 感 じ る 評 論 家 も い れ ば 、 き り と そ の 痕 跡 が 残 る 神 社 な ど 社 を 取 り 上 げ た 。 自 分 こ そ が 神 だ と 宣 言 す る 美 術 家 も い た 。 第 5 章 「 人 、 神 と な る 」 は 、 人 を 祭 神 と す る そ れ か ら 年 を 経 た 今 回 の コ ン セ プ ト は い わ ば 社 。 菅 原 道 真 を 祭 る 北 野 ・ 太 宰 府 の 両 天 満 宮 か ら 、 ″ 新 ・ 日 本 の 神 々 % た だ し 、 前 回 か ら は 一 転 、 ひ 日 光 東 照 宮 、 明 治 神 宮 ま で 。 た す ら 神 社 に フ ィ ー チ ャ ー し て い る 。 日 本 人 に お 第 6 章 「 山 は 神 さ ま 」 で は 、 標 高 1000 メ ー け る 神 観 念 の 可 能 性 の 幅 を 探 ろ う と し た の が 前 回 ト ル 超 え 限 定 で 、 山 を ご 神 体 と す る 社 を 紹 介 。 特 集 な ら 、 今 回 は 伝 統 的 標 準 的 な 神 観 念 を 護 持 し 第 7 章 「 国 宝 あ り ま す 」 の 8 社 は 比 較 的 小 さ な て き た 制 度 の 、 特 に ハ ー ド 面 の カ タ ロ グ を 作 ろ う 神 社 が 多 い 。 こ ん な 鄙 び た お 社 に こ ん な す ご い も と 考 え た の で あ る 。 ハ ー ド と は 要 す る に 境 内 と 社 の が 、 と い う 観 点 で 選 ん だ た め だ 。 殿 の こ と で 、 神 社 ガ イ ド の 類 は た く さ ん あ る よ う 第 8 章 「 諸 国 一 の 宮 め ぐ り 」 は 、 一 の 宮 の う ち で も 、 じ つ は 社 殿 建 築 に つ い て ま と も に 紹 介 し て こ れ ま で の 章 に 登 場 し て い な い 有 力 社 。 い る 本 は ど く 少 な い の が 実 状 だ 。 ほ ぼ 全 社 を 編 集 部 の 誰 か し ら が 訪 ね て い る の で 、 い ち ば ん 頭 を 悩 ま せ た の は 、 100 の 神 社 の 選 ど れ も 素 晴 ら し い 神 社 で あ る こ と は 請 け 合 え る 。 選 る 0 択 だ っ た 。 ″ い っ か は 行 っ て み た い 神 社 〃 と い う が 、 白 状 す る と 隠 岐 国 一 宮 の 水 若 酢 神 社 だ け は 誰 え 0 一 】 〔 覡 1 ~ 一 基 準 の も と 、 以 下 の よ う な 8 つ の 項 目 を 設 け て 出 も 行 っ て お ら ず 、 中 野 晴 生 氏 の 写 真 と 資 料 だ け で 々 し 入 れ を 繰 り 返 し た 。 己 事 を 書 い た 。 し か し 、 見 れ ば 見 る 程 、 読 め ば 読 神 神 第 1 章 「 神 社 の 誕 生 」 に 登 場 す る の は 、 古 代 の む 程 、 い っ か は 行 っ て み た い と い う 気 持 ち を 掻 き 神 社 シ ス テ ム の 中 枢 に 位 置 し 、 か っ 現 代 ま で 連 綿 立 て ら れ た の で 、 辻 褄 は 合 っ て い る わ け で あ る 。 一 三 ロ

日本の街道 8 日燃ゆる九州


タ 映 え の 大 淀 川 崎 市 内 を 貫 流 し て 宮 崎 港 に そ そ ぐ 。 古 く は 赤 井 川 あ る い は 赤 江 川 と も 呼 ば れ た 。 ひ む か ひ と よ く じ ひ ね わ け た け ひ わ け お び 文 の 具 墳 日 向 日 豊 久 士 比 泥 別 と 謂 ひ 、 熊 襲 国 は 建 日 別 と 謂 義 祐 の 著 と い う 『 飫 肥 紀 行 』 に は 、 小 戸 の 渡 り で 、 要 舟 馬 古 重 や 銅 の ふ 」 と 記 し て お り 、 「 日 向 」 の 地 も 肥 国 に ふ く め ら 神 代 よ り 其 の 名 は 今 も た ち ば な や 家 金 帯 ち の 一 た 墳 持 宝 の し れ て い た 。 小 戸 の 渡 り の 舟 の 行 く 末 古 子 国 こ 土 お お こ と お し お の か み 、 出 原 の 国 生 み の の ち 、 二 神 は さ ら に 大 事 忍 男 神 以 下 三 十 と 詠 ん だ こ と が 記 さ れ て い る 。 こ の 書 が 義 祐 の 著 都 財 ・ 輪 ・ も 、 ら ひ の や ぎ は や 西 化 埴 類 か 五 神 を 産 む が 、 女 神 伊 邪 那 美 命 は 火 の 神 火 之 夜 芸 速 作 な ら ば 、 小 戸 を 神 話 の 橘 の 小 門 と す る 考 え は 古 く 男 神 を 産 ん で 死 ぬ 。 寂 し さ に 耐 え か ね た 伊 邪 那 岐 命 か ら あ っ た と み て よ い 。 現 在 、 宮 崎 市 の メ ー ン ス ト よ み は 、 そ の あ と を 追 っ て 黄 泉 の 国 に お も む き 、 そ こ で リ ー ト 「 橘 通 り 」 の 名 も 、 こ の 伊 邪 那 岐 ・ 伊 邪 那 美 腐 乱 し た 女 神 の 姿 を 見 て 、 女 神 の 追 跡 を う け る 。 死 神 話 に ち な ん で つ け ら れ た と い う 。 ま た 、 阿 波 岐 原 者 の 世 界 か ら や っ と 逃 げ 帰 っ た が 、 死 の 穢 れ を 身 に も 、 市 内 の 阿 波 岐 ヶ 原 に 比 定 さ れ て い る 。 た か ち ほ の く し ふ る の み ね つ け た た め 、 伊 邪 那 岐 命 は 、 筑 紫 の 日 向 の 橘 の 小 あ わ き は ら み そ ぎ は ら 天 孫 降 臨 の 地 、 高 千 穂 檍 触 峰 を 楽 が ラ の 阿 波 岐 原 ( 檍 原 ) で 禊 祓 い を す る 。 夜 神 々 モ あ ま て ら す お お み か み つ く が の 神 一 人 番 の ユ ( 戸 ) は 、 大 淀 川 の 下 流 北 岸 に 比 定 さ れ 橘 の 小 「 国 生 み 」 が 終 わ る と 、 神 代 史 は 天 照 大 神 ・ 月 村 三 話 、 る よ み の か み た け は や す さ の お の み こ と 十 神 れ あ て お り 、 昔 は そ こ に 小 戸 の 渡 り と い う 渡 し 場 が あ っ 読 神 ・ 建 速 須 佐 之 男 命 ら の 神 々 の 誕 生 を 経 て 、 稲 し ろ う さ ぎ し 舞 々 な て 、 交 通 の 要 地 で も あ っ た 。 永 禄 五 年 (*l<fi) の 伊 東 羽 ( 因 幡 ) の 白 兎 で 知 ら れ る 大 国 主 命 の 「 国 ゆ ず 夜 徹 を 続 ス り 」 へ 、 さ ら に 天 孫 降 臨 の 段 へ と 移 る 。 「 天 っ 神 」 に よ る 「 中 つ 国 」 の 平 定 を 意 味 す る 「 国 ゆ ず り 」 の 物 語 り は 出 雲 が 舞 台 で あ る が 、 「 中 っ 国 」 平 定 後 、 神 々 が 降 臨 す る 話 は 、 日 向 を 舞 台 と す あ ま つ ひ る 。 す な わ ち 、 「 中 つ 国 」 の 支 配 者 と し て 、 天 津 日 路 く し ふ る の こ ひ こ ほ の に に ぎ の み こ と 向 日 高 日 子 番 能 邇 邇 芸 命 が 筑 紫 の 日 向 の 高 千 穂 摠 触 峰 の 々 に 降 臨 し 、 こ の 国 に 居 地 を 定 め る こ と に な る 。 神 こ の 天 孫 降 臨 の 話 は 県 下 の 人 び と の 心 に 深 く 息 づ 仰 よ か ぐ ら い て い て 、 と く に 西 臼 杵 郡 高 千 穂 町 一 帯 で の 夜 神 楽 の 千 は 、 太 古 の 神 々 を よ み が え ら せ る か の よ う で あ る 。 高 も っ と も 、 邇 邇 芸 命 が 降 臨 す る 高 千 穂 の 峰 に つ い て は 、 ① 宮 崎 県 の 高 千 穂 の 峰 、 鹿 児 島 県 の 霧 島 山 、 お の か み

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


古 事 記 362 う が や ふ き あ え ず の み こ と 鵜 草 葺 不 合 命 ( 神 武 帝 の 父 神 ) よ み の く 黄 泉 風 物 語 ( 出 雲 系 ) ② 天 っ 神 の 創 世 伊 耶 那 岐 ・ 伊 耳 那 伊 耶 那 岐 天 照 大 御 神 と 須 天 照 大 御 神 の み そ ぎ ら え ー ー ー ー 輩 う け い ー ー ー ー い わ や と ( 妖 之 御 紳 主 美 両 神 の 国 生 み 神 の 禊 祓 佐 之 男 命 の 誓 勺 糸 石 屋 戸 こ も り 須 佐 之 男 命 大 国 主 神 天 孫 と 日 子 穂 々 手 見 鵜 草 葺 不 合 の 大 蛇 退 治 の 神 話 久 夜 毘 の 神 婚 命 の 海 宮 訪 問 命 の 生 誕 ( 神 武 天 ( 出 雲 系 ) ( 出 雲 系 ) ( 隼 人 系 ) 皇 説 話 ) 天 孫 降 臨 以 上 は 神 話 の 時 間 的 展 開 に 沿 0 た 体 系 で あ る が 、 こ れ ら の 神 々 は そ れ ぞ れ 一 定 の 空 間 的 舞 台 に 現 れ た り 活 動 し た り し て い る 。 そ し て こ の 舞 台 は 、 そ れ ぞ れ の 神 の 系 譜 ・ 性 格 ・ 祭 祀 な ど と 密 接 に 結 び つ い て 、 神 話 圏 と も い う べ き も の を 形 成 し て い る 。 こ の 観 点 か ら 上 述 の 神 話 体 系 を 分 類 す る と 、 お よ そ 次 ペ ー ジ の よ う に 図 示 さ れ る 。 よ , つ に 、 な る 。 あ め の み な か ぬ し の か み ① 天 之 御 中 主 神 部 御 産 巣 日 ー 、 伊 耶 那 , ↓ 君 襯 ー ↓ ( 天 照 大 御 神 ) ← ( 皇 祖 ) か む む す ひ の か み ざ な み か み す さ の お の み こ と 神 産 巣 日 神 ー ー ↓ 伊 耶 那 神 ー ↓ 須 佐 之 男 命 ー ↓ 大 風 主 神 ( 出 雲 系 の 始 祖 神 ) ひ こ は ほ て み の み こ と 日 子 穂 々 手 見 命 ぎ の み こ と ← ( 皇 系 祖 神 ) 邇 々 芸 命 ( 天 孫 ) ほ て り の み こ と 火 照 命 ( 隼 人 族 の 始 祖 神 ) ( 天 孫 の 父 神 )

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


古 事 記 編 纂 1300 年 霧 島 編 一 局 x 道 6 」 一 神 秘 の 山 麓 で 、 神 々 の パ ワ ー を も ら う , 狭 野 神 社 さ の じ ん じ ゃ 毎 年 12 月 第 1 土 ~ 日 曜 に 狭 野 神 楽 が 行 わ れ て い る 開 運 を 招 く 八 体 、 ・ 物 の 縁 起 物 の い す ド 手 , れ か の お 守 り を 納 め て い る 開 、 み く じ 28 神 武 天 皇 ゆ か り の 地 に 立 つ 神 社 00984-42-1007 四 P105C3 霧 島 を 囲 む よ う に し て 鎮 座 す る 霧 島 六 社 権 現 の 一 つ と し て 、 事 始 め 、 開 運 、 交 通 安 全 の 守 り 神 と し て 古 く 、 、 ゆ か り の 神 様 , ツ か ら 信 仰 さ れ て い る 。 神 武 天 皇 を 祀 り 、 天 皇 発 祥 の 地 神 武 天 皇 と も い わ れ る 。 第 5 代 ・ 孝 昭 天 皇 ( 紀 元 前 475 年 即 位 ) 日 本 書 紀 に よ る と 、 神 武 天 の 時 代 に 建 立 さ れ 、 参 道 に あ る 立 派 な 狭 野 杉 と 、 初 、 、 皇 は 幼 名 を 狭 野 尊 ( サ ノ ノ ミ 夏 か ら 夏 に か け て 巣 作 り を 始 め る 霊 鳥 ブ ッ ポ ウ ソ ウ 一 ' コ ト ) と い う 。 こ れ は 尊 が 降 は 国 の 天 然 記 念 物 に 指 定 さ れ て し 、 る 。 誕 さ れ た こ の あ た り の 地 名 約 800 年 前 、 島 津 が 「 狭 野 」 で あ っ た こ と に 由 0 高 原 町 蒲 牟 田 117 ・ 高 原 ℃ か ら 車 で 10 分 義 弘 公 の 重 臣 ・ 新 来 し て い る の た と か 。 朝 の 境 内 自 由 060 台 納 忠 元 が 植 栽 し た と さ れ る 狭 野 杉 今 皇 子 原 公 園 神 話 ェ ビ ッ ー ド 天 孫 降 臨 の 地 ド ラ イ プ ! 霧 島 は 、 ニ ニ ギ ノ ミ コ ト を は じ め と す る 神 々 が 、 天 上 界 か ら 降 り 立 っ た と さ れ る 場 所 。 日 本 の 初 代 天 皇 ・ 神 武 天 皇 に ま つ わ る ス ポ ッ ト も 数 多 く あ る 。 建 国 神 話 の 地 、 高 千 穂 蜂 周 辺 を め ぐ り な が ら 、 神 話 の 世 界 を ひ も と い て み よ う 。 、 い 、 を : い お う し は る こ う え ん 神 話 と レ ジ ャ ー を 楽 し め る ス ポ ッ ト 00984-42-3393 ( 公 園 管 理 事 務 所 ) 四 P 105C3 高 原 町 一 帯 を 見 下 ろ す 高 台 に 整 備 さ れ た 自 然 公 園 。 神 武 天 皇 を 祀 る 皇 子 原 神 社 を 中 心 と し た 園 内 に は 、 古 墳 群 や 神 話 を 解 説 す る 神 武 の 館 、 古 い 民 家 を 再 現 し た 民 俗 体 験 資 料 館 な ど が あ る 。 ま た 、 テ ニ ス コ ー ト や 各 種 バ ン ガ ロ ー 、 本 物 そ っ く り の SL や 、 ゴ ー カ ー ト 、 バ ッ テ リ ー カ ー な ど も あ り 、 レ ジ ャ ー や キ ャ ン プ も 楽 し め る 人 気 の ス ホ ッ ト た 。 0 高 原 町 蒲 牟 田 3-251 ・ 高 原 ℃ か ら 車 で 1 2 分 朝 入 園 無 料 08 時 30 分 ~ 17 時 の 木 曜 、 ゆ か り の 神 様 ( 7 ・ 8 月 は 無 休 ) 0300 台 神 武 天 皇 神 話 の 世 界 神 武 天 皇 ご 降 誕 の 地 と 伝 え ら れ て を わ か り や い る 皇 子 原 は 、 昔 か ら 非 常 に 神 聖 す し 、 展 示 資 な 地 と さ れ て い る 。 神 社 背 後 の 産 料 で 紹 介 す 婆 石 ( う べ し ) の 付 近 で ご 降 誕 な る 「 神 武 の 第 洋 ー 周 囲 を 古 墳 群 で 取 り 囲 ま れ た 皇 子 原 神 社 さ っ た と い う こ と か ら 、 安 産 の 神 と 一 館 」 し て も 讃 え ら れ て い る 。 モ デ ル ル ー ト 4 狭 野 神 社 皇 子 原 公 園 霧 島 東 神 社 御 池 霧 島 神 宮 霧 島 神 宮 古 宮 址 。 神 話 工 と ツ ー ド 1 .4km 6.8km 、 回 り 方 ア ド バ イ ス 霧 島 東 神 社 ′ 。 0 。 1 .4km そ れ そ れ の ス ホ ッ ト へ は 道 路 上 の 案 内 板 を 頼 り に 進 め ば 迷 う 事 は な い が 、 霧 島 東 神 社 は 国 道 沿 い に 大 き な 案 内 板 が な い の で 、 ま す は 御 池 キ ャ ン プ 場 へ 向 か お う 。 途 中 か ら 霧 島 東 神 社 の 案 内 が 出 て く る の で 、 そ れ に 従 っ て 。 17km 7km 天 狗 鈴 守 1 OOO 円 。 、 ・ い 霧 島 山 で 信 仰 さ れ て い る 大 津 坊 と い う 名 前 の 天 狗 を か た ど っ た 魔 除 け の お 守 り イ ザ ナ キ 、 イ ザ ナ ミ 霧 島 東 神 社 の 社 宝 と さ れ る 天 の 高 千 穂 峰 東 麗 に ~ 逆 鉾 は 、 イ ザ ナ キ ・ イ ザ ナ ミ が 日 立 つ 由 緒 あ る 古 宮 ー 鉢 国 を 創 る 際 に 、 海 に 刺 し て 海 水 ー 、 を か き 回 す た め に 使 っ た 「 天 の 沼 鉾 」 で あ る と 伝 え ら れ て い る 。 00984-42-3838 3P105C3 高 千 穂 峰 へ の 中 腹 標 高 500m の 高 台 に 鎮 座 し 、 眼 下 に 御 池 を 一 望 で き る ほ か 、 高 千 穂 峰 へ の 登 山 口 と も な っ て い る 神 社 。 創 建 は 第 1 0 代 ・ 崇 神 天 皇 の 代 と い わ れ て い る が 、 霧 島 連 山 の 相 次 ぐ 噴 火 の た め 資 料 の ほ と ん ど が 消 失 。 そ れ で も 、 高 千 穂 峰 山 頂 に あ る 天 の 逆 鉾 な ど 数 多 く の 社 宝 が 残 さ れ 、 往 時 の 歴 史 を 感 じ さ せ る 。 ※ 2011 年 10 月 現 在 、 新 燃 岳 噴 火 の 影 響 で 高 千 穂 烽 へ の 入 山 不 可 0 高 原 町 蒲 牟 田 6437 ・ 高 原 ℃ か ら 車 で 25 分 朝 の 境 内 自 由 020 台 0 き り し ま ひ か し し ん し や ん の 曷 、 温 小 林 市 コ ス モ ス 牧 場 ・ 宮 県 ・ ・ 霧 島 山 ・ 夷 守 台 る 酪 農 支 場 ・ 参 韓 国 、 大 幡 池 - 、 - び な も り 原 馳 、 狭 野 神 社 0 召 場 林 、 大 浪 池 幸 福 温 泉 丸 温 新 湯 温 泉 良 子 原 公 薗 ② ・ -- - ・ ・ ・ ・ ・ -- -- - 、 。 ー ・ - ・ ・ - ・ 汽 湯 之 元 瘋 血 捨 / 木 の 第 神 社 ー 泉 、 “ 迎 硫 谷 薀 泉 東 霧 島 温 泉 湯 之 野 温 泉 極 楽 温 泉 匠 の 宿 、 湯 之 谷 温 泉 霧 島 神 宮 . 御 池 少 年 自 然 の 家 自 】 、 泉 小 池 ・ 古 宮 址 泉 御 池 0 霧 島 神 宮 グ ロ ー バ ル 牧 場 は ま 牧 場 よ 、 ・ 森 の ガ ー デ ン カ フ ェ ・ グ ー バ ル 牧 場 高 千 穂 c Ayonlea 霧 島 神 宮 駅 神 秘 的 な 雰 囲 気 が 漂 う 山 中 に ひ っ そ り と た た す む 詳 し く は → 神 話 タ イ ジ ェ ス ト P8 『 国 生 み と 神 生 み 』 を 読 も う 旧 向 前 田 駅 鹿 児 霧 島 市 霧 島 神 宮 温 . 223 龍 泉 寺 2k 、 、 湯 穴 温 京 宮 崎 県 都 城 市 運 動 公 霧 島

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


31 上 巻 一 九 阿 波 岐 原 の 上 流 。 け る 物 を 脱 ぐ に 因 り て 生 れ る 神 な り 。 さ い や く ニ 0 ャ ソ は 美 称 。 マ ガ は 凶 事 ・ 災 厄 。 こ の は や 是 に 詔 り た ま は く 、 「 上 っ 瀬 は 瀬 速 し 。 下 っ 瀬 は 瀬 弱 し 」 と の り た ま 両 神 は 人 生 の 凶 事 を つ か さ ど る 神 。 ニ 一 黄 泉 国 を さ す 。 ま お す す 一 三 禍 を も と の 状 態 に 直 す 霊 力 を も っ た 神 。 ひ て 、 初 め て 中 っ 瀬 に 堕 ち か づ き て 滌 き た ま ふ 時 、 成 り 坐 せ る 神 の 名 は 、 ニ 三 「 厳 の 女 ー で 祭 祀 に 奉 仕 す る 神 聖 な 巫 女 ニ 0 け が れ し げ や そ ま が つ ひ の か み お ほ ま が つ ひ の か み こ ふ た は し ら の 神 格 化 か 八 十 禍 津 日 神 、 次 に 大 禍 津 日 神 。 此 の 二 神 は 、 其 の 穢 繁 き 国 に 到 り し 時 、 ニ 四 以 下 三 柱 の ワ タ ッ ミ は 海 の 神 。 け が れ ま が ニ 五 以 下 三 柱 の ツ ツ ノ ヲ の 名 義 は 未 詳 。 航 汗 垢 に 因 り て 成 れ る 神 な り 。 次 に 其 の 禍 を 直 さ む と 為 て 成 れ る 神 の 名 は 、 海 ・ 港 津 の 守 護 神 。 か ば ね 兵 阿 曇 ( 安 曇 ) は 氏 、 連 は 姓 の 名 。 下 の か む な ほ び の か み お ほ な ほ び の か み づ の め 神 直 毘 神 、 次 に 大 直 毘 神 、 次 に 伊 豆 能 売 〔 拜 せ て 三 神 な り 〕 。 次 に 水 底 こ 条 し 「 い つ く 」 は 心 身 を 清 め て 神 に 奉 仕 す る 意 。 し か の し ま 同 氏 の 本 拠 地 は 博 多 湾 頭 に あ る 志 賀 島 。 こ そ こ つ わ た つ み の か み そ こ つ つ の を の み こ と し か の わ だ つ み き た ま ふ 時 、 成 れ る 神 の 名 は 、 底 津 綿 津 見 神 、 次 に 底 筒 之 男 命 。 中 に 滌 こ に 同 氏 の 祭 る 志 賀 海 神 社 が あ る 。 毛 名 義 未 詳 。 『 新 撰 氏 録 』 溺 酳 神 別 に な か つ わ た つ み の か み な か つ つ の を の み こ と き た ま ふ 時 、 成 れ る 神 の 名 は 、 中 津 綿 津 見 神 、 次 に 中 筒 之 男 命 。 水 の 上 は 「 安 曇 連 、 于 都 斯 奈 賀 命 の 後 」 と あ る 。 夭 住 吉 神 社 の 三 神 。 ス ミ ノ エ は 「 清 の 江 」 う は つ わ た つ み の か み う は つ つ の を の み こ と が 原 義 。 「 前 」 は 神 を 数 え る こ と ば 。 著 名 な に 滌 き た ま ふ 時 、 成 れ る 神 の 名 は 、 上 津 綿 津 見 神 、 次 に 上 筒 之 男 命 。 此 住 吉 神 社 は 、 福 岡 市 ・ 下 関 市 ・ 大 阪 市 に あ ニ 六 み は し ら あ づ み の む ら じ ら お や が み っ て 、 こ れ を 三 大 住 吉 と 称 す る 。 な か で も 、 の 三 柱 の 綿 津 見 神 は 、 阿 曇 連 等 の 祖 神 と い つ く 神 な り 。 故 、 阿 曇 連 等 大 阪 市 住 吉 区 に あ る 同 社 は 最 も 代 表 的 な 大 う っ し ひ か な さ く の み こ と う み の こ 社 で あ る 。 は 、 其 の 綿 津 見 神 の 子 、 宇 都 志 日 金 析 命 の 子 孫 な り 。 其 の 底 筒 之 男 命 堯 天 に あ っ て 照 り 給 う 大 神 の 意 。 自 然 神 ニ 八 す み の え み ま へ お ほ か み と し て は 日 の 神 、 人 格 神 と し て は 女 性 の 皇 や た の 中 筒 之 男 命 ・ 上 筒 之 男 命 の 三 柱 の 神 は 、 墨 江 の 三 前 の 大 神 な り 。 祖 神 。 伊 勢 内 宮 の 祭 神 で 、 そ の 神 体 は 八 咫 か が み ニ 九 鏡 。 日 本 神 話 の 神 々 の 中 で 、 最 も 高 貴 偉 大 あ ま て ら す お ほ み か み 是 に 左 の 御 目 を 洗 ひ た ま ふ 時 、 成 れ る 神 の 名 は 、 天 照 大 御 神 。 次 に 右 な 神 と 仰 が れ て い る 。 よ 一 九 か み せ ニ セ な ニ 四 あ は し ニ 五 み な そ こ