検索 - みる会図書館

全データから 213686件ヒットしました。

ウェブに夢見るバカ ネットで頭がいっぱいの人のための96章


ウ ェ ブ に 夢 見 る バ カ ネ ッ ト で 頭 が い つ ば い の 人 の た め の 章

ウェブに夢見るバカ ネットで頭がいっぱいの人のための96章


バ カ こ る ネ ッ ト で 頭 が い つ ば い の 人 の た め の 96 章 ニ コ ラ ス ・ G ・ カ ー 増 子 久 美 菅 野 楽 章 青 土 社 0 8 8 8 3 へ . ~ ) Z 山 年 9 「 0 6 ト 99 ト マ ト の 9

ウェブに夢見るバカ ネットで頭がいっぱいの人のための96章


UTOPIA IS CREEPY and other Provocations By Nicholas Carr Copyright ◎ 2016 by Nicholas Carr ウ エ プ に 夢 見 る バ カ ネ ッ ト で 頭 が い つ ば い の 人 の た め の 96 章 発 行 所 青 土 社 発 行 者 清 水 一 人 訳 者 増 子 久 美 ・ 菅 野 楽 章 著 者 ニ コ ラ ス ・ G ・ カ ー 2016 年 12 月 30 日 2016 年 12 月 20 日 第 一 刷 発 行 第 一 刷 印 刷 ISBN978-4-7917-6967-4 Printed in Japan 装 丁 竹 中 尚 史 印 刷 ・ 製 本 シ ナ ノ 印 刷 [ 振 替 ] 00190-7-192955 [ 電 話 ] 03-3291 ー 98 引 ( 編 集 ) 03-3294-7829 ( 営 業 ) 〒 101-0051 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 1-29 市 瀬 ビ ル

小説新潮 2017年1月号


′ 薬 物 と セ ッ ク ス 悲 観 す る な 。 成 長 の タ ネ は こ ん な に あ る ! 新 気 づ い た ら 先 頭 に = 』 、 , - 立 っ て い た 日 本 経 済 経 済 が 「 実 需 , か ら 遊 離 し 、 「 遊 び 」 で し か 伸 ば せ な く な っ た 時 代 、 も っ と も 可 能 性 に 満 ち て い る 国 は 日 本 で あ る ー ー ー 。 エ コ ノ ミ ス ト が 吉 崎 達 彦 独 自 の 「 遊 民 経 済 学 」 で 読 み 解 く 。 ◎ 800 円 978 ・ 4 ム 96 一 0697 ・ 2 や め ら れ な い 。 と ま ら な い 。 そ し て ″ 破 滅 ″ が や っ て く る 。 清 原 和 博 、 、 酒 井 法 子 、 小 向 美 奈 子 : : : な ぜ ハ マ る の か ? な ぜ カ ッ プ ル で 使 う の か ? 入 手 方 法 や 価 格 は ? ヤ ク ザ と の 関 係 は ? 溝 ロ 敦 ・ : 新 聞 、 テ レ ピ が 報 じ な い 深 層 情 報 を 一 挙 解 説 。 ◎ 720 円 978 , 4 ム 96 698 ・ 9 現 代 を 知 り た い 大 人 の た め に ・ 表 示 の 価 格 に は 消 費 税 が 含 ま れ て お り ま せ ん 。

現代日本の文学 14 室生 犀星 集


っ て も 決 し て あ た い 達 に 裸 の 姿 を 見 ら れ な い よ う に な さ ら 跳 ね 上 っ た 。 「 年 は 十 六 か 、 お ふ く ろ は ど う し た 。 ふ ん 、 る 。 お 這 入 り に な っ た か と 思 う と も う お 上 り に な る 。 ま る 十 六 だ 0 て 母 親 に な れ る か ら 女 は 嫌 い だ 。 手 を 出 し て 見 か ら だ で 体 嫗 を お 洗 い に な っ た の や ら 、 な ら ん の や ら 分 ら な い く ろ 、 お 金 を 遣 ろ う ! 」 酔 っ ぱ ら い は そ う い う と 十 円 近 く の に が ら い だ わ 。 あ ん な こ と 真 も 出 来 な い こ と よ 。 」 は っ え は 金 を 手 の ひ ら に 乗 せ て く れ た 。 「 何 て 苦 み 走 っ た 好 い 顔 を 何 処 を 歩 い て い る の か 殆 ど 分 ら な い く ら い に 頭 を 奪 ら れ て し て い る 瞽 女 だ 。 瞽 女 の 姫 君 だ 。 畜 生 ! 赤 ん 坊 な ん そ 生 い て 、 不 意 に 屋 敷 の 前 ま で 来 る と 驚 い て 裏 門 か ら 這 入 ろ う み や が る と 承 知 し な い ぞ ! 」 と し た 。 そ の 途 端 だ っ た 。 奥 の 離 れ か ら 出 掛 け て 来 る 当 主 あ の 時 の 酔 っ ぱ ら い 屋 さ ん ! 一 遍 か っ き り し か 逢 わ な へ ん て こ の 武 彦 の 姿 を 見 つ け 、 先 刻 か ら 考 え た こ と を 一 度 に 見 付 け か っ た 変 梃 な と て も 忘 れ る こ と の 出 来 な い 酔 っ ぱ ら い 屋 さ ら れ た よ う に 赧 く な っ て 了 っ た 。 ん ! あ の 人 だ 、 あ の 人 そ っ く り だ 、 あ の 人 が 此 処 の 屋 敷 は っ え は 一 間 ほ ど れ た と こ ろ で 何 気 な く 会 釈 を し て 顔 の 若 主 人 だ 、 あ の 人 だ 、 あ の ぐ で ん ぐ で ん の 酔 っ ぱ ら い の こ ん に や く や が ぜ ん を 見 る と 、 俄 然 、 身 体 じ ゅ う の 記 憶 が 正 体 を ハ ッ キ リ さ せ 正 体 の な い 蒟 蒻 屋 さ ん が こ こ の ご 主 人 だ 、 あ あ 、 あ た い は な い く せ に 、 す ぐ に 見 覚 え の あ る 顔 だ と 思 っ た 。 武 彦 の 方 遂 々 見 付 か っ て 了 っ た 。 あ た い は す っ か り 身 元 を 洗 わ れ て で も 急 に 何 か を 思 い 出 し た の か 驚 い た 烈 し い 眼 付 で は っ え 了 っ た 。 あ た い の 化 の 皮 が 剥 か れ て 了 っ た 。 あ た い は ど う を 見 詰 め て 、 何 や ら 問 い た そ う に し て い た が そ れ き り 表 の な る 。 あ た い は 化 け 損 ね て 了 っ た 。 ・ 通 り に 出 て 行 っ た 。 は っ え は も う 一 度 裏 門 に 出 て 行 っ て そ う し ろ 第 九 章 き く え の 背 後 姿 を 見 送 り 、 纏 ま ら な い 混 雑 し た 記 憶 を 呼 び さ ま そ ・ も ら か ず さ う と 努 力 し た 。 通 り の 遠 く は も は や 夜 が ひ ろ び ろ と 訪 れ て 貰 い 子 き く え が 上 総 屋 に 奉 公 に 出 て か ら ま る 三 年 目 の あ ぶ ら キ ラ つ く 金 粉 を な す っ た 町 々 が そ ろ そ ろ 輝 き 出 そ う と し て 秋 、 つ ま り き く え が 脂 じ ん だ 笑 い 顔 を す る よ う に な り 、 お し り び ど う 臀 が 歩 く ご と に 微 動 す る よ う な 時 分 、 元 の 伴 宗 八 の 妻 ハ ナ か け き ん し ゃ は っ え は 勝 手 に も ど る と 禽 舎 の 夜 の 手 入 れ を し な が ら 、 は 、 当 時 掛 屋 生 田 具 太 の 妻 に な っ て い た が 遣 り 繰 り の 廻 あ れ か 、 こ れ か と 考 え て い る う ち に 突 然 頭 の 中 が 爆 発 す る ら な い 切 羽 詰 っ た 暮 し の な か か ら 、 不 意 に 思 い 付 い た の が わ ら よ う な 、 ひ と り の 何 時 か の 晩 の 酔 っ ぱ ら い が げ た げ た 哄 い き く え の こ と だ っ た 。 十 六 と い え ば 女 一 人 前 の 高 値 の 張 る な が ら い る 顔 を 、 目 を 細 め な が ら 思 い 出 し た 。 そ し て そ の こ ろ で あ り 、 何 と か 上 総 屋 か ら 引 取 る 方 法 を 立 て ね ば な ら ど な な か っ た 。 時 借 り は 続 け 様 に 遣 っ て い た も の の 纏 め た 金 は 酔 っ ぱ ら い が 呶 鳴 り 出 し て い た 言 葉 が ず き ん と 頭 の な か か と た ん あ か え し や く せ つ ー い つ べ ん

「心理テスト」はウソでした。


第 3 章 イ ン ク の シ ミ で 心 を 占 う 図 版 Ⅶ ( 秒 ) 三 、 四 つ 人 間 の 顔 が 一 、 二 、 上 は 両 方 で 言 い 合 い し て い る よ う 、 女 、 下 は た だ う つ む い て い る 菊 の 葉 っ ぱ 、 ム シ に 食 わ れ た 菊 の 葉 っ ま わ り が ギ ザ ギ ザ 切 れ 込 ん で い る 、 中 が あ る は ず だ が 、 ム シ に 食 わ れ て い な い 、 こ こ ( 中 央 下 ) は 枝 の と こ ろ 象 の 頭 で す ( 2 分 秒 ) 。 図 版 Ⅷ ( 秒 ) ト カ ゲ な ん か 動 物 の 毛 皮 の よ う な カ オ ( 1 分 秒 ) 。 足 の よ う な 、 モ ヤ モ ャ 毛 の よ う な 。 ど ち ら か と 言 え ば 毛 の 感 じ が 強 い 動 物 の 感 じ 、 ち ょ っ と タ ヌ キ に 似 た 感 じ 、 眼 と 鼻 が あ る よ う に 見 え る の で 。 ア タ マ 、 シ ッ ポ 、 ア ト ア シ は 一 本 し か

小説トリッパー 2013年冬季号


幼 年 時 代 を 地 続 き の 中 で 書 く の で は な く 、 夢 を 見 た と い う か た ち で 書 く 。 哀 れ な よ ば よ ば の 雌 馬 に 重 い 荷 物 を 引 か せ よ う と す る 。 と こ ろ が こ の 馬 は 荷 物 を 引 け な い 、 ー リ こ う と し て も 引 け な い 、 馬 は ひ っ き り な し の 鞭 に た ま り か ね て 、 後 脚 で 蹴 り は じ め る 。 そ の 馬 に 向 か っ て 、 持 ち 主 の 百 姓 ミ コ ー ル カ や 周 辺 の 百 姓 連 中 が 、 鉄 棒 や 梶 棒 で 滅 多 突 き に し て 殺 し て し ま い ま す 。 そ の 場 面 に 六 歳 の ラ ス コ 1 リ ニ コ フ は 父 親 と 一 緒 に 出 く わ す 。 そ の と き 、 ど う し て そ の 場 所 を 通 っ た の か と い う と 、 生 後 六 カ 月 で 亡 く な っ た 弟 の 墓 参 り を し て い た 。 ラ ス コ ー リ ニ コ フ に 弟 が い た の で す 。 梶 棒 で 馬 が 惨 殺 さ れ る 場 面 に 、 彼 は 出 く わ す 。 「 お 父 さ ん 、 お 父 さ ん 」 と 少 年 は 父 に 向 か っ て 叫 ん だ 。 「 お 父 さ ん 、 あ の 人 た ち は ひ ど い こ と を し て い る よ 。 可 哀 そ う な 馬 を 打 っ て る よ 」 す る と お 父 さ ん は 、 「 行 こ う 、 さ あ 行 こ う 」 「 酔 っ ぱ ら い た ち が ふ ざ け て い る の さ 、 馬 鹿 な 奴 ら が 。 さ あ 行 こ う 、 見 る の は お よ し 」 と 言 、 つ 。 ・ : 少 年 は 馬 の 横 を 走 っ て 、 頭 の ほ う へ 出 た 。 彼 は 馬 が 目 を 、 ほ ん と う に 目 を 鞭 で 打 た れ て い る の を 見 た 。 少 年 は 泣 き だ し た 。 心 臓 が 締 め つ け ら れ て 、 涙 が 流 れ 落 ち た 。 ひ と り の 振 っ た 鞭 が 彼 の 顔 を か す め た が 、 ま る で 感 じ が な か っ た 。 彼 は 手 を も み し だ い て 泣 き 叫 び 、 頭 を 横 に 振 っ て い る し ら が ひ げ の 白 い 白 髪 の 老 人 に す が り つ い た 。 ぶ 彼 は わ っ と わ め き な が ら 群 衆 を か き わ け て 葦 毛 の 馬 に 走 り 寄 る と 、 そ の 息 た え た 血 だ ら け の 鼻 面 を 抱 き か か え て キ ス し た 。 そ の 目 や 唇 に キ ス し た 。 ・ ・ : そ れ か ら 急 に 飛 び 起 き る と 、 小 さ な こ ぶ し を 固 め て 猛 然 と ミ コ ー ル カ に 飛 び か か っ た 。 そ の 瞬 間 、 さ っ き か ら わ が 子 を 追 い か け て い た 父 が よ う や く 抱 き 止 め て 、 群 衆 の 中 か ら 連 れ 出 し た 。 「 行 こ う 。 さ あ 行 こ う 」 と 父 は 言 っ た 。 「 う ち へ 帰 ろ う 」 「 お 父 さ ん 、 ど う し て あ の 人 た ち は : : : 可 哀 そ う な 馬 を : ・ 殺 し た の 」 少 年 は す す り 泣 い て い た が 、 息 が つ ま っ て 、 言 葉 が 締 め つ け ら れ た 胸 か ら 悲 鳴 と な っ て ほ と ば し っ た 。 「 酔 っ ぱ ら っ て 、 悪 ふ ざ け を し て い る の さ 。 私 た ち の 知 っ た こ と じ ゃ な い よ 。 さ あ 行 こ う 」 と 父 が 言 っ た 。 少 年 は 両 手 で 父 に 抱 き つ い て い た が 、 胸 が ぐ い ぐ い 締 め つ け ら れ て ふ と 目 き た 。 彼 は 息 を 吸 っ て 悲 鳴 を あ げ よ う と し て 、 ざ め た 。 目 を さ ま し て み る と 、 全 身 汗 び っ し よ り に な っ て 、 髪 の 毛 ま で ぐ っ し よ り 濡 れ 、 ぜ い ぜ い 息 を 切 ら し て い た 。 彼 は ぞ っ と し て 起 き あ が っ た 。 「 夢 で よ か っ た 」 と 彼 は 、 木 陰 で 坐 り 直 し 、 深 々 と 息 を 吸 い 込 み な が ら つ ぶ や い た 。 「 だ が 、 い っ た い ど う し た ん だ ろ う 。 熱 病 で も は じ ま っ た か な 、 こ ん な い や な 夢 を 見 る な ん て 」 体 全 体 が 打 ち 砕 か れ た み た い だ っ た 。 心 の な か が 、 ど ん よ り 濁 っ て 暗 か っ た 。 彼 は 膝 に 肘 を 突 い て 両 手 で 頭 を 支 え は な づ ら 131 東 大 で 文 学 を 学 ぶ

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)


こ の 鳴 門 丸 の 梶 取 の 老 人 は 、 讃 岐 の 仁 尾 の う ま れ で 、 七 蔵 と い っ た 。 七 蔵 は 、 つ く づ く 感 心 し た 。 ( な ん と カ ン の え え お 侍 じ や ろ う ) 竜 馬 は 半 日 の う ち に 、 梶 の と り か た は お ろ か 、 風 の 呼 吸 、 帆 の あ し ら い か た ま で 呑 み こ ん で し ま っ た の で あ る 。 船 頭 の 長 左 衛 門 も 、 こ れ に は お ど ろ い て 、 「 好 き と い う の は 、 お そ ろ し い も の で ご ざ い ま す の う 。 旦 那 は こ の ぶ ん で は 、 よ は ど 学 問 も で き な さ る じ や ろ 」 「 学 問 の ほ う で 、 そ っ ぱ を む い て い る 」 「 そ っ ぱ 、 と ・ 甲 し ま す と ? 」 と い , っ こ と き 、 」 「 縁 が な い 、 持 ち 前 の 無 愛 想 さ で い っ た 。 船 頭 の 長 左 衛 門 も 梶 取 の 七 蔵 も 、 こ の 十 九 歳 の 若 侍 が す っ か り 気 に 入 っ て し ま い 、 ま る で 海 賊 の 若 大 将 に で も 仕 え る よ う な 態 度 で 、 竜 馬 を 遇 し は じ め た 。 竜 馬 に は 、 人 を 慕 い 寄 ら せ る 香 り の よ う な も の が あ る の だ ろ う か 。 そ の 夜 は 、 お 田 鶴 さ ま た ち の い る 胴 ノ 間 に は お り ず 、 寝 ず の 番 の 水 夫 が 休 息 す る 船 尾 の と ま ぶ き の 屋 根 の 下 で 寝 た 。 お 翌 朝 、 七 蔵 老 人 が 船 尾 へ ゆ く と 、 竜 馬 は 、 ま わ し 一 つ の 素 裸 で 屋 根 の 下 か ら ゆ っ く り 這 い 出 て き て 、 さ ぬ き に お

砕けた紋章―アル‐ナグクルーンの刻印 (コバルト文庫)


深 夜 リ カ レ ド ・ グ ラ ン サ は 、 け た た ま し い 警 報 の 音 に 眠 り を 破 ら れ た 。 テ リ ア ・ ダ ッ シ リ ナ に い る ナ イ ザ か ら 緊 急 信 号 が 入 っ た の だ 。 レ サ ン テ ィ ア の 刺 客 と 闘 う ナ イ ザ を 気 づ か い な が ら 、 リ カ レ ド は 二 十 数 年 前 の 一 人 の 少 女 と の 出 会 い を 思 い 出 し て い た 。 カ ロ ウ に 導 か れ て 、 ヴ ュ テ ィ ー ラ と カ ジ ャ が や っ て き た の は 、 時 間 に 取 り 残 さ れ た 村 。 そ こ に は ^ 夢 見 る 青 〉 と 呼 は れ る 宝 石 が あ る と い う カ : 恋 気 分 い っ ぱ い の 夢 」 、 説 誌 朝 t 隔 月 刊 で す の 蕉 お 求 z< い こ と も あ り ま す あ ら か じ め 書 店 に こ 予 約 を お め し ま す 集 英 社

現代日本の文学 16 川端 康成 集


「 い や な こ と 。 中 気 病 み か 、 き っ と り ゅ う ま ち す で も 患 っ じ は し な い 。 そ の か わ り 、 望 み 次 第 の 時 に 、 天 馬 に 跨 り 空 3 て る ん だ わ 。 」 を 夢 へ 飛 ぶ の で あ っ た 。 ・ 「 ま あ 。 」 ほ う と 明 る ん だ 心 に 、 尚 も 、 「 乞 食 み た い な 風 し て た の ね 。 」 「 で も 、 桜 さ ん は 、 わ た し の よ う に 、 誰 か ら も 狐 み た い だ 「 だ け ど 、 わ た し 等 も あ ん な に な る ん だ と 心 細 い わ 。 」 な ん て 言 わ れ や し な い 。 そ れ に 、 顔 ば か り じ ゃ な い 、 桜 さ 「 そ り や 、 気 性 一 つ だ わ よ 。 」 ん も 言 っ た わ 、 気 性 が ち が う 。 」 お 光 は 夢 の う ち の 自 分 に く さ り 胸 に 鎖 付 き の 銀 め だ る を 下 げ た 桜 子 は 、 両 端 に 窪 み が 出 答 え た 。 が 、 来 る く ら い き っ と 結 ん だ 深 紅 の 唇 と 、 そ れ を 守 る 下 ぶ く れ 「 な に 言 っ て い る の よ 。 こ の 人 は 。 」 お 光 は つ ぶ や い た 途 の 頬 に 、 驕 慢 の 色 を 漂 わ せ 、 小 屋 の 左 端 ま で 来 た の で 、 馬 端 、 泣 い た 後 機 嫌 直 し た 子 供 の い た ず ら っ 気 で 、 び よ の 頭 を め ぐ ら せ た 。 ー ー 丁 度 そ の 時 、 小 屋 の 前 の 中 程 、 入 口 近 く ま で 乗 っ ま ぐ さ 魔 術 小 屋 の 前 幕 が 外 か ら 覗 け る よ う に 上 っ て い る 。 て 来 て 、 通 行 人 に 尻 を 向 け て 秣 を 食 っ て い た 空 馬 に す れ す 桃 色 の 上 衣 に 青 の 下 衣 の 女 が 、 舞 台 で び い る 壜 か ら 国 々 れ 通 っ た 丁 度 そ の 時 だ っ た の で 、 膝 頭 に 力 を 入 れ 、 そ れ に の 旗 を 限 り な く 引 っ ぱ り 出 し 、 お し ま い に 大 日 章 旗 を ば た 飛 び 移 っ て し ま っ た 。 ひ る が え ば た 翻 し て い る 。 そ の 女 が 、 旗 ご と に 、 一 つ 二 つ と 数 え 「 お や 。 こ の 娘 は ー 」 し ぐ さ る 科 を 繰 り 返 す 度 に 、 長 い 頤 を 一 ペ ん 一 ペ ん 、 左 右 交 る 交 傍 に い た 親 方 の お か み は 驚 い た 。 る 突 き 出 し て い る の ま で 、 お 光 は 見 と ど け た 。 「 お か み さ ん 、 お 留 さ ん が 来 ま し た わ よ 。 」 な な め 頤 が 斜 に 落 ち て し ま い そ う な 、 突 ぎ 出 す 、 ー ー そ の 真 似 「 分 っ て る よ 。 何 だ ね 、 妙 な 真 似 し て 、 お 前 は ・ を 二 三 度 、 鬣 の 影 で や っ て み る と 、 ほ う と 心 が 明 る く な っ 場 所 外 れ た お 光 の 奇 曲 芸 の 間 の 悪 さ は 、 何 と 言 っ て も か く せ な か っ た 。 た ち ま お 光 は 顔 を 馬 の 右 側 か ら 左 側 の 影 に 移 し て 、 桜 子 に 倣 い 忽 ち お 光 の 夢 は さ め た 。 馬 を め ぐ ら せ た 。 そ れ か ら 半 往 復 。 お 光 の 日 々 、 現 の 身 が 哀 れ に 荒 め ば 荒 む ほ ど 、 夢 は さ 0 と 開 か れ た 入 口 か ら 、 手 を し ぼ 0 て 桜 子 が 小 屋 内 美 し く な り ま さ る 。 で も 、 も う 夢 と 現 と の 架 け 橋 な ん そ 信 に 駈 け 込 ん だ 。 う つ つ あ ご す さ び ん