検索 - みる会図書館

全データから 124813件ヒットしました。

エクサール騎士団 詩篇69 (集英社コバルト文庫)


ェ ク サ ー ル 騎 士 団 詩 篇 69 若 木 未 生 COBALT-SERIES ラ イ エ / ー ツ 集 英 社

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


コ バ ル ト 文 日 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 命 に か え て も 、 巫 女 を 守 る ! ! く エ ワ サ ー ル 騎 士 団 〉 シ リ ー ズ ◆ ◆ ◆ イ ラ ス ト / 羽 音 こ う き ◆ ま 工 ク サ ー ル 騎 士 団 1 ◆ 新 世 界 工 ク サ ー ル 騎 士 団 2 ◆ 異 鋏 戦 聞 ま 工 ク サ ー ル 騎 士 団 3 叛 罪 の 空 域 翠 玉 の 王 工 ク サ ー ル 騎 士 団 詩 篇 69 工 ク サ ー ル 騎 士 団 若 木 未 生 ラ イ エ ノ ー ツ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 0 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

LOVE WAY―GLASS HEART (コバルト文庫)


わ か ぎ ・ み お 1968 年 12 月 2 日 、 埼 玉 県 生 ま れ 、 都 内 在 住 。 射 手 座 、 A 型 。 早 稲 田 大 学 文 学 部 中 退 。 1989 年 4 月 「 AGE 」 で 、 第 13 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 佳 作 入 選 。 趣 味 は 音 楽 と 水 泳 。 愛 す る モ ノ は 、 マ ッ ク ス ・ ヘ ッ ド ル ー ム と ジ ェ イ ム ズ ・ カ ー ク と 志 村 喬 と 2 匹 の 猫 。 コ バ ル ト シ リ ー ズ に 「 天 使 は う ま く 踊 れ な い 』 「 セ イ レ ー ン の 聖 母 十 字 架 の 少 女 』 『 迷 え る 羊 に 愛 の 手 を ′ 炎 獄 の デ ィ ア ー ナ ( 前 編 ) ( 後 編 ) 」 「 天 冥 の 剣 国 ~ 団 ′ 星 を 堕 す も の ( 前 編 ) ( 後 編 ) 」 「 ア ー ケ イ デ ィ ア 」 「 荊 姫 」 『 烈 光 の 女 神 ① ~ 団 』 「 へ ヴ ン ズ ・ ク ラ イ ン 」 「 不 滅 の 王 』 「 永 遠 の 娘 」 「 NEO 」 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 国 ~ 3 」 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 翠 玉 の 王 」 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 詩 篇 69 」 「 XAZSA Ver. 1 ~ 2 JCXAZSA メ カ ニ ッ ク ス D 」 「 グ ラ ス ハ ー ト 」 「 薔 薇 と ダ イ ナ マ イ ト 」 「 ム ー ン ・ シ ャ イ ン 」 「 嵐 が 丘 」 「 AGE / 楽 園 の 涯 い く っ か の 太 陽 」 「 冒 険 者 た ち 」 「 熱 の 城 」 「 満 月 少 年 十 太 陽 少 女 』 な ど が 、 ま た 単 行 本 に 「 天 使 / 来 撃 」 が あ る 。 LOVE WAY GLASS HEART COBALT-SERIES 2003 年 1 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 若 木 未 生 谷 山 尚 義 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ◎ MIO WAKAGI 2003 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 株 式 会 社 美 松 堂 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の べ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 工 S B N 4 - 0 8 ー 6 0 0 2 0 9 -4 C 01 9 5

冒険者たち―GLASS HEART (コバルト文庫)


わ か ぎ ・ み お 1968 年 12 月 2 日 、 埼 玉 県 生 ま れ 、 都 内 在 住 。 射 手 座 、 A 型 。 早 稲 田 大 学 文 学 部 中 退 。 1989 年 4 月 「 AGE 』 で 、 第 13 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 佳 作 入 選 。 趣 味 は 音 楽 と 水 泳 。 愛 す る モ ノ は 、 マ ッ ク ス ・ ヘ ッ ド ル ー ム と ジ ェ イ ム ズ ・ カ ー ク と 志 村 喬 と 2 匹 の 猫 。 コ バ ル ト シ リ ー ズ に 「 天 使 は う ま く 踊 れ な い 』 「 セ イ レ ー ン の 聖 母 』 「 十 字 架 の 少 女 』 「 迷 え る 羊 に 愛 の 手 を 』 「 炎 獄 の デ ィ ア ー ナ ( 前 編 ) ( 後 編 ) 」 「 天 冥 の 剣 ~ 団 」 「 星 を 堕 す も の ( 前 編 ) ( 後 編 ) 』 「 ア ー ケ イ デ ィ ア 』 「 荊 姫 」 「 烈 光 の 女 神 ① ~ 団 』 「 へ ヴ ン ズ ・ ク ラ イ ン 」 「 NEO 」 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 国 ~ 3 ー 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 翠 玉 の 王 ェ ク サ ー ル 騎 士 団 詩 篇 69 」 CXAZSA Ver. 1 ~ 2 」 CXAZSA メ カ ニ ッ ク ス D 」 「 グ ラ ス ハ ー ト 」 「 薔 薇 と ダ イ ナ マ イ ト 』 「 ム ー ン ・ シ ャ イ ン 」 「 嵐 が 丘 」 「 AGE / 楽 園 の 涯 」 「 い く つ か の 太 陽 」 「 満 月 少 年 + 太 陽 少 女 』 な ど が 、 ま た 単 行 本 に 「 天 使 / 来 撃 」 が 冒 険 者 た ち GLASS HEART あ る 。 COBALT-SERIES 2001 年 9 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 若 木 未 生 谷 山 尚 義 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ⑥ MIO WAKAGI 2001 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 株 式 会 社 美 松 堂 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の べ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 I S B N 4 ー 0 8 - 6 0 0 0 01 -6 C 01 9 3

エクサール騎士団 詩篇69 (集英社コバルト文庫)


わ か ぎ ・ み お 1968 年 12 月 2 日 、 埼 玉 県 生 ま れ 、 都 内 在 住 。 射 手 座 、 A 型 。 1989 年 4 月 「 AGE 」 で 、 第 13 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 佳 作 入 選 。 好 き な も の は マ ン ガ と 音 楽 と 猫 。 硬 派 で ロ ッ ク な 生 き ざ ま を め ざ す が 、 な ぜ か バ ザ ー ル ・ デ ・ ゴ ザ ー ル と く ま の バ ン ク ー に ラ ブ ラ ブ で も あ る 。 心 の 師 は ス ナ フ キ ン 。 コ バ ル ト シ リ ー ズ に 「 天 使 は う ま く 踊 れ な い 」 「 セ イ レ ー ン の 聖 母 」 「 十 字 架 の 少 女 」 「 迷 え る 羊 に 愛 の 手 を 」 「 炎 獄 の デ ィ ア ー ナ ( 前 編 ) ( 後 編 ) 」 「 天 冥 の 剣 ① ~ 団 」 「 星 を 堕 す も の ( 前 編 ) ( 後 編 ) 」 「 ア ー ケ イ デ ィ ア 」 「 荊 姫 」 「 烈 光 の 女 神 囮 ~ 3 」 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 ① ~ 3 」 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 翠 玉 の 王 」 「 XAZSA Ver. 1 ~ 2 ′ グ ラ ス ハ ー ト 」 「 薔 薇 と ダ イ ナ マ イ ト 」 「 ム ー ン ・ シ ャ イ ン 」 「 嵐 が 丘 』 「 AGE / 楽 園 の 涯 」 「 い く っ か の 太 陽 」 な ど が 、 ま た 単 行 本 に 「 天 使 / 来 撃 」 が あ る 。 詩 篇 69 COBALT-SERIES 1999 年 8 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 木 未 生 島 民 雄 株 式 集 英 社 会 社 小 若 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ◎ MIO WAKAGI 1999 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 株 式 会 社 美 松 堂 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in Ja pan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4-0 8-61 4 6 2 6-6 C 01 9 5

孤独で優しい夜


集 英 社 文 庫 孤 独 で 優 し い 夜 集 英 社 版

GLASS HEART 熱の城 (コバルト文庫)


わ か ぎ ・ み お 1968 年 12 月 2 日 、 埼 玉 県 生 ま れ 、 都 内 在 住 。 射 手 座 、 A 型 。 早 稲 田 大 学 文 学 部 中 退 。 1989 年 4 月 「 AGE 」 で 、 第 13 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 佳 作 入 選 。 趣 味 は 音 楽 と 水 泳 。 愛 す る モ ノ は 、 マ ッ ク ス ・ ヘ ッ ド ル ー ム と ジ ェ イ ム ズ ・ カ ー ク と 志 村 喬 と 2 匹 の 猫 。 コ バ ル ト シ リ ー ズ に 「 天 使 は う ま く 踊 れ な い 」 「 セ イ レ ー ン の 聖 母 』 「 十 字 架 の 少 女 』 「 迷 え る 羊 に 愛 の 手 を 炎 獄 の デ ィ ア ー ナ ( 前 編 ) ( 後 編 ) 」 「 天 冥 の 剣 囮 ~ 団 」 「 星 を 堕 す も の ( 前 編 ) ( 後 編 ) 』 「 ア ー ケ イ デ ィ ア 』 「 荊 姫 』 「 烈 光 の 女 神 ① ~ 団 」 「 へ ヴ ン ズ ・ ク ラ イ ン 」 「 不 滅 の 王 」 「 NEO 」 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 ① ~ 3 』 「 エ ク サ ー ル 騎 士 団 翠 玉 の 王 」 『 エ ク サ ー ル 騎 士 団 詩 篇 69NXAZSA Ver. 1 —2NXAZSA メ カ ニ ッ ク ス D 」 『 グ ラ ス ハ ー ト 』 「 薔 薇 と ダ イ ナ マ イ ト 」 「 ム ー ン ・ シ ャ イ ン 嵐 が 丘 』 「 AGE / 楽 園 の 涯 』 「 い く っ か の 太 陽 」 「 冒 険 者 た ち 』 『 満 月 少 年 十 太 陽 少 女 」 な ど 熱 の 城 GLASS HEART が 、 ま た 単 行 本 に 「 天 使 / 来 撃 」 が あ る 。 COBALT-SERIES 2002 年 6 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 若 木 未 生 谷 山 尚 義 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ⑥ MIO WAKAGI 2002 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 株 式 会 社 美 松 堂 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 Printed in J apan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の べ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 I S B N 4 -0 8 ー 6 0 01 1 6 - O C 01 9 5

肩ごしの恋人 (集英社文庫)


眉 集 英 社 文 庫 し の 恋 人 唯 川 恵 集 英 社 版

現代日本の文学 41 中村 真一郎 福永 武彦 集


光 文 社 よ り 、 「 武 田 泰 淳 ・ 中 村 真 一 郎 集 」 ( 日 本 現 代 文 学 全 集 皿 ) を 子 」 を 読 売 新 聞 社 版 「 日 本 の 近 代 文 学 ( 人 と 作 品 ) 」 に 収 録 。 講 談 社 よ り 、 四 月 、 「 続 私 説 源 氏 物 語 」 を 婦 人 画 報 社 よ り 刊 行 。 五 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 四 十 八 歳 月 、 「 袂 の 袱 紗 、 を 「 小 説 新 潮 」 に 、 「 フ ォ ー ク ナ ー に よ る 一 一 十 世 紀 一 一 月 、 「 源 氏 物 語 」 全 巻 抄 訳 と 解 説 を 「 マ ド モ ア ゼ ル 、 に 、 三 月 、 文 学 論 」 を 「 文 学 」 に 、 「 辰 野 先 生 の 追 憶 」 を 「 文 芸 」 に 、 六 月 、 「 作 品 評 価 の 変 化 ー を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 四 月 、 佐 々 木 基 一 ・ 小 島 「 小 仙 女 の た め に 」 を 「 群 像 」 に 、 七 月 、 「 佐 藤 春 夫 の 詩 , を 「 文 信 夫 と の 「 創 作 合 評 」 を 「 群 像 」 ( 六 月 ま で ) に 、 五 月 、 「 心 の 裂 芸 」 に 発 表 。 八 月 、 「 恍 惚 」 を 「 東 京 新 聞 」 に 連 載 ( 四 十 年 五 月 ま で ) 。 け 目 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 伽 羅 御 所 」 を 「 歴 史 読 本 」 に 発 表 。 長 篇 「 雲 九 月 、 「 経 験 」 を 「 文 学 界 」 に 、 十 一 一 月 、 「 饑 渇 」 を 「 世 界 」 に 発 の ゆ ぎ 来 」 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 「 ヘ ル マ ン ・ プ ロ ッ ホ 」 を 集 英 社 表 。 こ の 年 、 シ = ー ク ス ビ ア 生 誕 四 百 年 に あ た り 市 川 団 十 郎 ら と イ 版 「 世 界 文 学 全 集 7 」 に 、 六 月 、 「 自 己 解 放 の 手 段 」 を 雪 華 社 版 「 私 ギ リ ス へ 旅 行 。 シ ェ ー ク ス ビ ア 記 念 館 な ど を 訪 ね る 。 の 小 説 作 法 」 に 収 録 。 七 月 、 「 孤 独 」 を 「 文 芸 」 に 、 「 部 屋 」 を 「 南 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 北 」 に 、 「 堀 辰 雄 の 「 菜 穂 子 ヒ を 「 婦 人 之 友 - に 発 表 。 「 連 鎖 反 応 」 四 十 七 歳 一 月 、 「 佐 藤 春 夫 と 「 学 鐙 」 の こ と 」 を 「 学 鐙 」 に 、 書 評 「 ロ マ ン を 「 自 由 」 に 連 載 ( 四 十 二 年 四 月 ま で ) 。 八 月 、 「 ヘ ン リ ス の 新 し さ 」 を 「 展 望 」 に 発 表 。 一 一 月 、 長 篇 「 空 中 庭 園 」 を 河 出 書 に お け る 小 説 の 方 法 」 を 「 本 の 手 帖 」 に 、 「 九 州 の 南 端 ・ 坊 ノ 津 に 房 新 社 よ り 刊 行 。 三 月 、 「 昭 和 十 年 代 作 家 の 試 み 」 を 「 群 像 」 に 発 友 を 偲 ぶ 」 を 「 旅 , に 、 九 月 、 「 嫉 妬 に 現 わ れ る 男 の 全 人 格 」 を 表 。 「 解 説 」 を 講 談 社 版 「 高 見 順 文 学 全 集 5 」 に 、 「 作 家 の 態 度 」 を 「 婦 人 公 論 、 に 、 十 月 、 「 夢 想 」 を 「 文 学 界 ー に 、 「 過 去 」 を 「 群 像 ー 社 会 思 想 社 版 「 文 学 入 門 」 ( 現 代 教 養 文 庫 ) に 収 録 。 四 月 、 「 道 ー を に 、 「 老 碩 学 と 英 文 壇 」 を 「 国 際 文 化 」 に 発 表 。 長 篇 「 孤 独 」 を 河 「 文 芸 」 に 、 「 古 典 教 育 へ の 感 想 」 を 「 国 語 展 望 。 に 発 表 。 五 月 、 出 書 房 新 社 よ り 刊 行 。 「 神 西 清 丸 岡 明 由 起 し げ 子 入 門 」 を 講 談 「 解 説 ー を 中 央 公 論 社 版 「 日 本 の 文 学 聟 ・ 高 見 順 」 に 収 録 。 六 月 、 社 版 「 日 本 現 代 文 学 全 集 」 に 、 「 後 悔 の な い 女 の 生 き 方 」 を 青 春 「 喪 失 」 を 「 群 像 ー に 発 表 。 七 月 、 「 雲 の ゆ き 来 ー を 「 展 望 ー に 連 出 版 社 版 「 父 か ら 娘 へ 」 ( 青 春 新 書 ) に 、 十 一 月 、 「 ヘ ミ ン グ ウ ェ イ 載 ( 十 一 月 ま で ) 。 「 て れ 性 と そ れ に 関 係 の あ る ら し い 気 持 」 を 「 風 と の 出 会 い 」 を 旺 文 社 文 庫 版 「 キ リ マ ン ジ ャ ロ の 雪 」 ( ヘ ミ ン グ ウ 景 」 に 発 表 。 長 篇 「 恍 惚 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 日 、 高 見 順 ェ イ ) に 収 録 。 十 一 一 月 、 「 水 中 花 ( 典 子 の 運 命 ) 」 ( コ ン ・ ( ク ト ・ ・ フ ッ ク ス ) を 集 英 社 よ り 刊 行 。 「 堀 辰 雄 伝 ー 「 解 説 」 を 文 藝 春 秋 版 「 現 譜 死 去 。 「 悲 し い 思 い 出 ー ( 毎 日 新 聞 ) 、 「 高 見 順 を い た む 」 ( 福 井 新 聞 ) な ど の 追 悼 の 文 章 を 書 く 。 九 月 、 モ ス ク ワ の 第 一 回 日 ソ 作 家 シ ン ポ 代 日 木 文 学 館 」 に 収 録 。 ジ ウ ム に 出 席 ( の ち 、 レ ニ ン グ ラ ー ド 、 ・ フ ラ ハ 、 ・ ハ リ な ど を 廻 っ て 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 四 十 九 歳 年 十 一 月 に 帰 国 ) 。 「 回 想 の 高 見 順 、 を 「 文 芸 」 に 、 「 「 い や な 感 じ 」 連 一 月 、 「 「 と は ず が た り 」 に よ る 恋 愛 論 」 を 「 文 学 」 に 、 「 幕 末 の 西 作 の 構 想 に つ い て 」 を 「 本 の 手 帖 」 に 、 「 「 日 ソ 作 家 シ ン ポ ジ ウ ム 」 洋 」 を 「 ヒ ュ ー マ ン ・ タ イ ム ス 」 に 、 二 月 、 「 源 氏 物 語 ー 愛 す る 女 の 報 告 」 を 「 東 京 新 聞 、 夕 刊 ・ 燔 日 に 発 表 。 十 一 月 、 「 解 説 」 を 性 像 , を 「 家 庭 画 報 」 に 、 書 評 ・ 富 士 川 英 郎 「 江 戸 後 期 の 詩 人 た 旺 文 社 文 庫 版 「 風 立 ち ぬ ・ 聖 家 族 」 ( 堀 辰 雄 ) に 、 十 二 月 、 「 菜 穂 ち 」 を 「 朝 日 ジ ャ 1 ナ ル 」 に 発 表 。 「 ス ー 。 フ の な か の 蠅 。 を 集 英 社

エクサール騎士団 詩篇69 (集英社コバルト文庫)


ェ ク サ ー ル 騎 士 団 詩 篇 序 章 最 終 審 判 第 一 章 エ ト ラ ン ジ ェ た ち 第 二 章 月 の 女 神 第 三 章 尖 兵 第 四 章 天 上 の 魔 手 用 語 解 説 ↓ め と が 医 、 目 次 ラ イ エ ′ ー ツ