検索 - みる会図書館

全データから 211240件ヒットしました。

エクセルで困ったときに開く本 ポータブル


ー 困 っ た と き に 開 く 本 Microsoft ExceI 2003 対 応 版 ポ ー タ ブ レ

エクセルで困ったときに開く本 ポータブル


セ ル Q&A で 177 の 「 困 っ た を 困 誂 即 解 決 ! と き に 開 く 本 ポ ー タ ブ ル C E 0 S T N T N Q & A を 読 め ば 「 困 っ た 」 が 即 解 決 ! 本 書 の 使 い 方 ・ 安 心 の 読 者 特 典 電 話 & メ ー ル で 「 困 っ た 」 に 即 対 応 ! 年 中 無 休 、 無 料 の 「 ば そ 困 っ た タ イ ヤ ル は じ め に 困 っ た 入 力 ・ 編 集 で 困 っ た 17 「 Enter 」 キ ー で 横 に セ ル 移 動 し た い 18 操 作 を 間 違 え た の で 戻 り た い ! 19 複 数 の セ ル を と び と び に 選 び た い 19 デ ー タ の 移 動 と コ ピ ー が わ か ら な い 20 変 な ア イ コ ン が 出 て き た 21 手 早 く コ ピ ー し た い 22 数 式 た け を コ ピ ー し た い 22 通 し 番 号 を 振 る の が 面 倒 23 表 を 簡 単 に 全 選 択 し た い 24 セ ル の 一 部 を 直 し た い 24 文 字 を 直 そ う と し た ら 左 の セ ル へ ! 25 余 計 な 文 字 が 出 て う っ と う し い 25 13 「 貼 り 付 け 」 と 「 挿 入 」 は ど う 違 う の ? 26 14 「 貼 り 付 け 」 し た ら エ ラ ー に ! 27 2 4

エクセルで困ったときに開く本 ポータブル


152 大 き な 表 を 1 枚 の 用 紙 に 印 刷 し た い 137 153 印 刷 サ イ ズ を 変 え る に は ? 137 154 別 シ ー ト の ふ た つ の 表 を 1 枚 に 印 刷 で き る の ? 138 159 モ ノ ク ロ た と グ ラ フ が 見 え つ ら い 142 158 ペ ー ジ 設 定 を 繰 り 返 し た く な い 142 7 表 の 上 下 に 書 類 名 や ペ ー ジ 数 を 入 れ た い 141 156 2 ペ ー ジ 目 以 降 も 項 目 名 を 入 れ た い 140 155 不 要 な 項 目 は 印 刷 し た く な い 139 と に か く 困 っ た 143 177 ほ か の 人 に フ ァ イ ル を 見 ら れ た く な い 157 176 一 部 の シ ー ト を 隠 せ る ? 157 175 1 枚 の シ ー ト の み 人 に 渡 し た い 156 174 ひ な 型 シ ー ト を 複 製 し た い 156 173 ほ か の 人 に テ ー タ を 変 更 さ れ て は 困 る 155 172 ど こ か 変 更 さ れ た か わ か ら な い 154 未 入 力 セ ル 内 の 「 0 」 が 目 障 り 153 170 も ら っ た 表 の 枠 線 が 見 え な い ! 152 169 フ ァ イ ル を 開 い た だ け で 保 存 画 面 が 出 る 152 168 表 に コ メ ン ト を 入 れ て お き た い 151 7 関 連 フ ァ イ ル や 情 報 を す ぐ 開 き た い 150 166 な ぜ か 列 番 号 か 変 わ っ て し ま っ た ! 149 165 ク リ ッ ク す る と ホ ー ム ペ ー ジ が 開 い て し ま う ! 164 ホ ー ム ペ ー ジ の 表 を 流 用 で き る ? 148 3 表 の ひ な 型 を つ く っ て お き た い 147 162 長 め の 文 章 を 入 れ る に は ? 146 161 テ キ ス ト 形 式 の 名 簿 を 工 ク セ ル に 読 み 込 み た い 145 160 ほ か の ソ フ ト の デ ー タ を 利 用 し た い 144 149 困 っ た と き の 機 能 & 用 語 索 引 158 * 本 書 の 画 面 に 掲 載 さ れ て い る 個 人 名 ・ 会 社 名 等 の デ ー タ は 編 集 部 が 独 自 に 作 成 し た 架 空 の も の で 、 実 在 の 人 物 ・ 団 体 等 と は 一 切 の 関 係 が あ り ま せ ん 。 入 力 ・ 編 集 で 困 っ た 17 書 式 で 困 っ た 39 ク ラ フ で 困 っ た 65 数 式 ・ 関 数 で 困 っ た 89 と に か く 困 っ た 143 印 刷 で 困 っ た 133 ァ ー タ ベ ー ス で 困 っ た 117

フリーターズフリー 03号


な ど で ほ ぼ 「 存 在 し な い 」 も の と さ れ て き た 「 貧 困 」 が み が あ る 程 度 動 い た こ と は 間 違 い な い 。 し か し 、 「 派 遣 社 会 問 題 と し て 取 り 上 げ ら れ 始 め た 。 野 宿 者 、 母 子 家 切 り 」 が 典 型 で あ る よ う に 、 貧 困 問 題 の 直 接 原 因 と 言 え 支 庭 、 障 害 者 、 こ ど も な ど の 貧 困 問 題 が あ ら た め て 問 わ れ 、 る 雇 用 の 「 流 動 化 ・ 有 期 化 ・ 低 賃 金 化 」 を ま と も な 労 働 立 ( 「 デ ィ ー セ ン ト ワ ー ク ー と 言 わ れ る ) に 転 換 す る 試 み は ほ 全 国 各 地 で 「 反 貧 困 ネ ッ ト ワ ー ク 」 が 結 成 さ れ て い っ た 。 そ し て そ こ で は 、 そ れ ま で 共 闘 関 係 を 持 っ こ と 難 し と ん ど 進 展 し な か っ た 。 ま た 、 そ れ を 事 後 的 に 解 消 す る か っ た 諸 団 体 が 、 「 反 貧 困 」 と い う 言 葉 が ま る で マ ジ ツ は ず の 社 会 保 障 制 度 に よ る 格 差 是 正 も ほ と ん ど 進 ま な 困 ク ワ ー ド で あ る か の よ う に 連 携 し 一 堂 に 会 す る と い う 事 か っ た 。 そ し て 、 自 公 政 権 に 戻 っ た 今 、 労 働 の 流 動 化 、 反 態 が 起 こ っ た 。 も ち ろ ん 、 フ リ ] タ ー 問 題 を は じ め と す 生 活 保 護 切 り 下 げ な ど 、 問 題 は む し ろ 悪 化 し つ つ あ る 。 る 「 非 正 規 労 働 」 と 貧 困 問 題 は 切 り 離 す こ と が で き な い 。 お そ ら く 数 年 後 、 景 気 が 再 び 悪 化 し た と き 、 「 派 遣 切 り 」 も こ の 反 貧 困 運 動 の 流 れ に 加 わ 「 非 正 規 切 り 」 は 2008 年 よ り 更 に 大 規 模 に 再 現 さ れ 「 フ リ ー タ ] ズ フ リ ー る た ろ , っ ら な が ら 活 動 を 展 開 し て き た し か し 、 今 振 り 返 る と 、 日 本 の 反 貧 困 運 動 は あ る 程 度 も ち ろ ん 、 「 格 差 」 と 「 貧 困 ー は 日 本 だ け の 問 題 で は 1 人 9 ・ 「 / 0 一 の 盛 り 上 が り を 見 せ な が ら 、 あ る 時 期 を 境 に デ ッ ド ロ ッ 年 代 半 ば か ら 、 先 進 国 の 大 半 で 所 得 格 差 イ 1 ・ . 8 : 0- ク に 突 き 当 た っ た よ う に 見 え る 。 確 か に 反 貧 困 運 動 の 成 と 貧 困 率 が 拡 大 ・ 上 昇 し 、 年 代 に は そ れ ま で と 果 と し て 、 貧 困 問 題 の 注 目 、 水 際 作 戦 の 抑 制 、 公 的 派 遣 は 異 な る 「 新 し い 貧 困 ー が 社 会 問 題 に な り 始 め た 。 そ れ 村 、 行 政 に よ る ワ ン ス ト ッ プ サ ー ビ ス な ど が 実 現 し た 。 ま で の よ う な 肉 体 労 働 者 ( プ ル ー カ ラ ー ) や 高 齢 者 の 貧 ま た 、 民 間 に よ る ネ ッ ト ワ 1 ク 作 り や 相 談 活 動 も 続 け ら 困 で は な く 、 学 校 を 出 た ば か り の 若 者 の 長 期 失 業 や ホ ー れ ' た だ が 、 貧 困 問 題 の 根 源 と 言 え る 「 雇 用 」 問 題 に つ ム レ ス 化 、 そ し て サ ー ビ ス 産 業 に 勤 め る 非 正 規 雇 用 の 若 い て は 大 き な 変 革 は 行 な わ れ な か っ た 。 麻 生 政 権 末 期 か 者 や 移 民 な ど の 問 題 た 。 ら 民 主 党 政 権 に か け て 、 行 政 に よ る 貧 困 問 題 へ の 取 り 組 こ の 「 新 し い 貧 困 」 に は 、 経 済 、 国 家 、 家 族 の 世 界 185

週刊エコノミスト 2016年12月13日特大号


加 盟 国 で は 、 力 国 中 1 番 目 に 高 い 数 値 だ 。 一 人 親 世 帯 に 限 る と ・ 8 % と な っ て お り 、 加 盟 国 の 中 で 最 も 高 く な っ て い る 。 「 子 供 の 貧 困 率 」 と は 、 家 計 の 手 取 り 収 入 に あ た る 可 処 分 所 得 の 霙 値 の 半 分 ( 貧 困 線 ) に 満 た な い 所 得 水 を ( 導 準 で 暮 ら す 子 供 の 割 合 を 指 す 。 日 本 7 万 円 で あ る 。 親 1 人 、 子 2 人 の 家 族 が 毎 月 約 片 万 円 で 暮 ら す こ と を イ メ 1 ジ し て も ら い た い 。 衣 食 住 は 辛 困 う じ て 満 た さ れ る が 、 そ の 他 の 支 出 に つ い て は 余 裕 が な い 状 態 だ 。 経 済 的 な 困 窮 か ら 、 普 段 の 生 活 や 人 生 の ・ ー 選 択 に 大 き な 制 約 が か か る 。 具 体 的 に は ゲ ー ム や お も ち や を 買 カ 社 〉 る う こ と が で き ず 、 友 達 の 話 題 に つ い て 本 の 子 供 ( 05 片 歳 ) の て い け な い 。 ス ポ ー ツ 用 具 が 買 え ず 、 れ 6 人 に 1 人 が 貧 困 状 況 に 部 活 動 を 諦 め ざ る を 得 な い 。 塾 に 行 目 日 注 施 も あ る ー ー 。 そ ん な 状 態 に け ず 、 他 の 子 供 と 学 力 の 差 が 開 い て も 剴 日 本 が 陥 っ て い る と は 信 じ ら れ る だ し ま う 。 学 費 を 工 面 で き ず 、 大 学 で 第 ど 食 も ろ う か 。 自 分 の 周 り に 6 人 に 1 人 の 学 ぶ こ と が で き な い 。 6 人 に 1 人 も ど 子 供 が 貧 困 状 態 と い う 実 感 は 湧 か な の 子 供 が そ の よ 、 つ な 状 況 に 置 か れ て て 移 し 人 う い と い う 人 が 多 い だ ろ う 。 子 供 の 貧 い る 。 推 と の 困 問 題 は 、 そ の 解 決 が 喫 緊 の 課 題 と 蝦 6 襲 0 。 困 刻 な な っ て い な が ら 、 多 く の 人 に と っ て 所 得 如 兆 円 超 損 失 実 態 が わ か ら ず 他 人 ご と で あ る 。 の を " 「 6 人 に 1 人 」 と い う 数 字 は 、 日 本 日 本 の 子 供 の 貧 困 を み る 時 、 「 絶 対 の 子 供 の 貧 困 率 が 、 経 済 協 力 開 発 機 的 な 貧 困 」 と 混 同 さ れ る こ と が 多 い 供 本 體 構 (OQOZ) の 作 成 基 準 に 基 づ い 世 界 銀 行 に よ れ ば 、 絶 対 的 な 貧 困 と た 最 新 ( 2012 年 ) の デ 1 タ で は 1 日 当 た り 1 ・ 9 ト ル ( 約 200 円 ) 以 下 の 生 活 を 余 儀 な く さ れ て お り 、 3 % で あ る こ と に 由 来 す る ( 図 1 子 日 は な お か は や と ( 日 本 財 団 ソ ー シ ャ ル イ ノ ベ ー シ ョ ン 推 進 チ ー ム ) 花 岡 隼 人 16.3 衣 食 住 す ら 満 足 で な い 状 態 と も 言 い 換 え ら れ る 。 日 本 に は そ の よ う な 子 供 は 極 め て 少 な く 、 こ の 問 題 を 混 同 し た ま ま 捉 え る と 、 遠 い 国 の 話 題 の よ う に 考 え ら れ て し ま 、 つ 。 ま た 、 昔 の 方 が 今 よ り も っ と 貧 し か っ た 点 に 着 目 し 、 「 貧 し く て も 本 人 の 努 力 で 乗 り 越 え ら れ る 」 と い う 自 己 責 任 論 を 唱 え る 人 も 多 い 。 し か し 、 現 在 の 貧 困 は 自 己 責 任 論 で 片 づ け ら れ る ほ ど 単 純 な も の で は な い 。 図 2 を 見 る と 、 世 帯 収 入 と 子 供 の 学 力 が 相 関 し て い る こ と が わ か る 。 学 力 は 学 歴 の 差 、 学 歴 は 賃 金 の 差 と な っ て 表 れ る 。 つ ま り 、 貧 困 家 庭 で 育 ト っ た 子 供 は 、 将 来 、 貧 困 に な る 可 能 ス 性 が 高 い 。 家 庭 環 境 が そ の 後 の 人 生 を 決 め る 大 き な 要 因 と な っ て い る 。 こ の よ う な 状 況 に 置 か れ た 子 供 に 自 工 己 責 任 論 を 押 し 付 け る こ と が で き る 年 準 0 基 成 6 の 困 査 貧 す 調 の を 基 こ 下 活 い 以 生 除 誠 民 4 を 1 国 旧 不 は 1— 庫 供 眸 兵 子 1 ま 。 幻 9 ー 出 数 て 働 は 田 の い 労 6 年 づ 生 礙 5 基 2 注 出 相 対 的 貧 困 率 子 供 の 貧 困 率 8

世界がもし100人の村だったら = If the world were a village of 100 people お金篇


貧 困 の ま ま で は 、 日 本 の 社 会 に 充 分 に 参 加 で き な い か ら で す 。 貧 困 の 国 の 人 び と が 社 会 に 充 分 に 参 加 す れ ば 、 2 つ の 国 の 人 び と が 他 の 国 を 互 い に 知 り 、 理 解 を 深 め る こ と が で き ま す 。 協 力 も 、 で き る か も し れ ま せ ん 。 で は 貧 困 の 国 の 人 び と は 、 何 が あ れ ば 日 本 の 社 会 に 参 加 で き る の で し よ う か ? ま ず 、 飢 え や 見 た 目 の 貧 し さ が な く 、 心 や 身 体 に 若 干 の 余 裕 が あ り 、 恐 れ ら れ た り 遠 ざ け ら れ た り さ れ に く い 状 態 に あ る こ と が 必 要 で す 。 た と え ば 、 富 裕 の 国 の 人 が 現 在 ロ ー ド シ ョ ー 中 の 映 画 へ の 感 動 を 語 る と き 、 貧 困 の 国 の 人 が 「 チ ェ ッ 、 お 金 払 っ て 映 画 見 ら れ て い い な あ 」 と 答 え る か 、 そ れ と も 「 素 敵 な 映 画 で す ね 、 来 週 、 私 も 行 っ て み ま す 」 と 答 え る か で 、 2 人 の 関 係 は 大 き く 変 わ る で し よ う 。 数 多 く の 幸 せ な 成 り 行 き を 生 み 出 す た め に は 、 付 き 合 い や 娯 楽 を 含 め て 、 日 本 社 会 の 人 び と の 多 く が 「 普 通 」 と 感 じ る 暮 ら し の 基 本 が 必 要 で す 。 そ れ は 、 絶 対 的 貧 困 で も 相 対 的 貧 困 で も な い 暮 ら し で あ り 、 日 本 国 憲 法 第 25 条 の 「 健 康 で 文 化 的 な 最 低 限 度 の 生 活 」 で す 。 そ の た め に は 、 「 貧 困 」 と い う 障 害 を 解 消 す る た め に 必 要 な だ け の お 金 が 、 貧 困 状 態 に あ る 人 び と 一 人 一 人 に 渡 る 必 要 が あ り ま す 。 渡 す 方 法 は 、 生 活 保 護 の よ う な 公 的 扶 助 ・ 手 当 ・ 年 金 な ど さ ま ざ ま で す 。 労 働 へ の 報 酬 も 、 お 金 を 渡 す た め の 方 法 の 一 つ で す 。 視 力 の 悪 い 人 に メ ガ ネ が 必 要 な の と 同 様 、 貧 困 状 態 の 人 が 社 会 参 加 す る に は 、 貧 困 を 解 消 で き る お 金 が 必 要 で す 。 働 け ば 、 貧 困 問 題 が 解 決 さ れ る と は 限 り ま せ ん 。 も ち ろ ん 、 充 分 な 収 入 を 得 ら れ る 仕 事 に つ け ば 、 お 金 の 貧 困 は 解 決 し ま す 。 し か し 、 貧 困 状 態 に あ る 人 が 就 け る 仕 事 の 報 酬 は 最 低 賃 金 レ ベ ル で あ る こ と が 多 い の で す 。 特 に ひ と り 親 が 子 ど も を 養 う た め に は 、 し ば し ば ダ ブ ル ワ ー ク や 長 時 間 労 働 が 必 要 で す 。 す る と 時 間 や 体 力 気 力 の 余 裕 が 失 わ れ 、 子 ど も に 向 け る 関 心 や 時 間 は 自 動 的 に 減 り ま す 。 そ れ で は 、 お 金 の 貧 困 が 別 の 形 の 貧 困 に 付 け 替 え ら れ る だ け で す 。 結 局 、 貧 困 状 態 の 人 び と に お 金 を 渡 さ な け れ ば 、 貧 困 問 題 は 解 消 し ま せ ん 。 そ の た め に は 、 ど う し て も 、 富 裕 の 国 か ら 貧 困 の 国 へ と お 金 を 動 か す 必 要 が あ り ま す 。 「 子 ど も 食 堂 」 や 学 習 支 援 は 、 根 本 的 な 解 決 に は な ら な い お 金 だ け あ れ ば 、 日 本 の 中 の 貧 困 の 国 で 現 在 た だ い ま 育 っ て い る さ な か の 子 ど も た ち を 貧 困 か ら 救 い 出 せ る わ け で は あ り ま せ ん 。 た と え ば 赤 ち ゃ ん に は 、 自 分 の た め の お 金 を ミ ル ク や オ ム ツ に 換 え て 生 き 延 び る こ と は で き な い の で 、 ケ ア を す る 誰 か が 、 赤 ち ゃ ん の 必 要 な も の を 買 い 、 食 べ さ せ た り 使 わ せ た り す る 必 要 が あ り ま す 。 お 金 は 、 も ち ろ ん 必 要 で す 。 で も 、 お 金 だ け で は 足 り な い の で す 。 0 9 0

フリーターズフリー 03号


フ リ ー タ ー ズ フ リ ー 3 号 の テ 1 マ は 「 反 貧 困 運 動 と 自 立 支 援 」 で す 。 フ リ ー タ 1 ズ フ リ 】 か 創 刊 号 を 刊 行 し た 2007 年 は 、 反 貧 困 ネ ッ ト ワ ] ク が 結 成 さ れ 、 2 号 を 刊 行 し た 2008 年 の 年 末 に は 「 年 越 し 派 遣 村 、 が 作 ら れ 、 特 に 「 派 遣 村 ー に つ い て は 大 き く 報 道 さ れ ま し た 。 こ う し て 、 フ リ ー タ ー ズ フ リ ー は 「 反 貧 困 」 運 動 の 展 開 と ち ょ う ど 同 時 に 活 動 し て き た の で す 。 ! 」 と い う 問 題 を 突 き つ け 、 社 確 か に 、 反 貧 困 運 動 は 「 こ の 豊 か な ( ? ) 日 本 に も 貧 困 が あ っ た 会 に 様 々 な イ ン パ ク ト を 与 え ま し た 。 け れ ど も 、 2014 年 の い ま あ ら た め て ま わ り を 見 て み る と 、 事 態 は む し ろ 大 き く 悪 化 し て し ま い ま し た 。 ま ず 、 フ リ ー タ ー を は じ め と す る 非 正 規 雇 用 の 労 働 者 一 部 の 、 も と も と お 金 持 ち だ っ た は 増 え 、 生 活 保 護 利 用 者 も 増 え 、 プ ラ ッ ク 企 業 ま で 激 増 し : 個 人 的 に 能 力 が あ る 人 た ち は な ん と か な っ て ま す が 、 そ れ 以 外 の 人 に は 「 普 通 に 生 き て い く 」 フ リ 】 タ 】 ズ フ リ ー 5 号 へ よ - っ こ そ わ た し た ち の 現 在 地

いま、地球の子どもたちは―2015年への伝言① 売られていく子どもたち(貧困と飢餓)


世 界 の 5 人 に 1 人 は 「 貧 困 」 で す 。 ミ レ ニ ア ム 開 発 目 標 の 【 1 】 は 、 1 日 1 ト ル 未 満 で 生 活 す る 人 と 、 飢 餓 に 苦 し む 人 の 割 合 を そ れ ぞ れ 半 数 に 減 ら す 、 と い う も の で す 国 連 で は 、 人 が 最 低 限 の 生 活 を す る の に 必 要 な 金 額 を 1 日 1 ド ル と し 、 そ れ 以 下 で く ら す こ と を 「 貧 困 」 と よ ん で い ま す 。 現 在 、 「 1 日 1 ド ル 未 満 で 生 活 す る 人 」 は お よ そ 12 億 人 。 世 界 の 5 人 に 1 人 の 割 合 で す 貧 困 の 割 合 は 、 10 年 前 に く ら へ る と 大 き く 改 善 し て い ま す 。 と く に 世 界 で も っ と も 人 口 の 多 い 中 国 ( 13 億 人 ) で は 、 1995 年 か ら の 10 年 間 で 1 億 5 千 万 人 が 貧 困 か ら ぬ け だ し ま し た み ま ん か い は つ も く ひ ょ う せ い か っ は ん す う わ り あ い さ い て い げ ん こ く れ ん き ん が く ひ つ よ う げ ん ざ い し 、 か お く に ん か い ぜ ん ね ん ま え ち ゅ う ご く ね ん か ん せ ん ま ん に ん ひ ん こ ん り つ い つ ぼ う ち ゅ う し ん じ よ う き よ う 一 方 で 、 状 況 が さ ら に 悪 く な っ て い る 国 も あ り ま す 。 ア フ リ カ を 中 心 に 、 We st 「 ive to 「 each the Goals by 2015 な に し た ち に で き る こ と は 何 か 、 考 え て い き ま す 第 1 巻 で は 、 貧 困 と 飢 餓 に 苦 し む 世 界 の 子 ど も た ち の く ら し を み つ め 、 わ た 貧 困 率 の 高 い 37 か 国 で 、 10 年 前 よ り 貧 困 の 割 合 が ふ え て い ま す

NHKにようこそ!


む ら む ら と 激 し い 怒 り が こ み 上 げ て き た 。 バ 力 に さ れ て い る よ う な 気 が し て き た 。 そ の 感 情 を ぐ っ と 抑 え つ け 、 で き る 限 り の 優 し い 声 音 で ロ を 開 い た 。 「 さ あ 、 帰 ろ う か ! 寒 い し ね ! 」 「 イ ヤ で す 。 イ ヤ で す じ ゃ ね え だ ろ ! こ の 、 く そ 、 、 、 ハ 力 に す ん の も い い 加 減 に こ ら と 、 つ そ う 思 い っ き り 罵 倒 し そ う に な っ た が 、 俺 は そ の 衝 動 を な ん と か 堪 え 、 昔 に 読 ん だ 『 自 害 の 心 理 学 』 と い う 本 を 思 い 出 し て み た 。 イ 『 自 殺 を 試 み る 人 間 は 、 本 当 は 誰 か に 助 け て も ら い た が っ て い る の で す 。 誰 か に 話 を 聞 い て も ら い た い の で す 。 で き る か ぎ り 神 妙 に 、 な お か っ 否 定 的 意 見 を 唱 え る こ と な く 、 優 し 章 + い 態 度 で 話 を 聞 い て あ げ ま し よ う 』 等 々 と い っ た 内 容 が 、 そ の 本 に は 書 か れ て い た 。 『 神 妙 に 』 『 否 定 的 意 見 を 唱 え る こ と な く 』 岬 ち ゃ ん は 言 っ た 。 「 よ う や く 口 を 開 い て く れ た 。 ず っ と 何 も 一 言 わ な い か ら 困 っ た よ 」

世界がもし100人の村だったら = If the world were a village of 100 people お金篇


日 本 の 子 ど も の 貧 困 を 解 決 す る 一 番 確 実 な 方 法 み わ よ し こ 0 8 8 富 裕 の 国 と 貧 困 の 国 は 、 は っ き り と 地 域 で 分 か れ て い る 場 合 も あ れ ば 、 同 じ 地 存 在 し て い る か の よ う で す 。 も い ま す 。 ま る で 日 本 と い う 国 の 中 に 、 富 裕 の 国 ・ 貧 困 の 国 の 2 つ が バ ラ バ ラ に の 子 ど も っ て 、 ど こ に い る ん で す か ? 私 は 見 た こ と が あ り ま せ ん 」 と 語 る 人 々 今 や 日 本 の 常 識 に な り つ つ あ り ま す 。 一 方 で 、 富 裕 層 の 多 い 地 域 を 中 心 に 「 貧 困 「 子 ど も の 6 人 に 1 人 が 貧 困 」 「 ひ と り 親 世 帯 の 半 数 以 上 が 貧 困 」 と い う 事 実 は 、 し て い る の が 、 日 本 の 現 状 で す 。 大 き い も の は 、 高 齢 化 で す 。 同 時 に 少 子 化 も 進 行 し 、 さ ら に 子 ど も の 貧 困 も 拡 大 て い ま す 。 281 年 に 1.8 % だ っ た 生 活 保 護 率 が 上 昇 を 続 け て い る 背 景 の う ち 最 も よ り ) 。 ま た 、 こ の 15 年 間 、 日 本 全 体 で 高 齢 化 が 進 行 し 、 高 齢 者 の 貧 困 が 拡 大 し 相 対 的 貧 困 率 は 54.6 % ( 2012 年 ) で す ( 厚 生 労 働 省 「 国 民 生 活 基 礎 調 査 」 2015 年 2012 年 の 16.3 % へ と 大 き く 増 加 し て い ま す 。 特 に 、 ひ と り 親 家 庭 の 貧 困 は 深 刻 で 、 に 子 ど も の い る 家 庭 で の 増 加 が 激 し く 、 子 ど も の 貧 困 率 は 1997 年 の 13.4 % か ら 1997 年 に 14.6 % だ っ た 相 対 的 貧 困 率 は 、 2012 年 に は 16.1 % に 達 し ま し た 。 さ ら で す 。 は 、 そ の 地 域 や 社 会 の 「 ふ つ う 」 の 生 活 を す る に は お 金 が 足 り な い 人 び と の 割 合 日 本 の 相 対 的 貧 困 率 は 、 こ の 数 十 年 間 、 増 加 傾 向 に あ り ま す 。 相 対 的 貧 困 率 と 「 お 金 」 に 分 断 さ れ て い く 日 本 と す れ ば 、 ど こ に 、 ど の よ う に あ る の で し よ う か ? こ れ ら の 施 策 に は 、 ど の よ う な 効 果 が 期 待 で き そ う で し よ う か ? 不 足 が あ る が り な ど の ム ー プ メ ン ト が 見 ら れ て い ま す 。 本 部 」 が 設 置 さ れ ま し た 。 ま た 市 民 の 側 か ら も 、 「 子 ど も 食 堂 」 活 動 の 急 激 な 広 す る 学 習 支 援 が 盛 り 込 ま れ て い ま す 。 翌 2014 年 に は 内 閣 府 に 「 子 供 の 貧 困 対 策 正 と 同 時 に 成 立 し た 「 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 」 に は 、 貧 困 世 帯 の 子 ど も た ち に 対 年 6 月 に は 「 子 ど も の 貧 困 対 策 法 」 が 成 立 し ま し た 。 2013 年 12 月 、 生 活 保 護 法 改 こ の 数 年 、 社 会 問 題 と し て の 「 子 ど も の 貧 困 」 が 注 目 を 集 め て い ま す 。 2013