検索 - みる会図書館

検索対象: パニック・裸の王様 (新潮文庫)

パニック・裸の王様 (新潮文庫)から 283件ヒットしました。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


新 潮 文 庫 健 著 ッ ク ・ 裸 の 王 様 リ 目 新 潮 社 リ 94 版

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


当 , 、 , 、 , 、 , 、 新 潮 文 庫 開 高 健 の 作 品 ッ ク ・ 裸 の 王 様 日 文 オ ペ ラ ン ソ ン の 末 裔 ロ フ ィ ツ 、 ノ ュ ・ 新 し い 天 体 開 地 球 グ ラ ス の ふ ち を 回 る た ち 輝 け る 夏 開 対 談 、 酉 に つ い て ( 吉 行 淳 之 介 共 著 ) 食 卓 は 笑 う ワ ン 手 帖 ( 監 修 ) 街 に 彦 ぐ あ っ た 頃 ( 吉 行 淳 之 介 共 著 ) 破 れ た 繭 耳 の 物 語 陽 炎 耳 の 物 語 * * 閉 影 の カ バ ー 印 刷 錦 明 印 刷

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


文 字 づ か い に つ い て 新 潮 文 庫 の 日 本 文 学 の 文 字 表 記 に つ い て は 、 原 文 を 尊 重 す る と い う 見 地 に 立 ち 、 次 の よ う に 方 針 を 定 め た 。 一 、 ロ 語 文 の 作 品 は 、 旧 仮 名 づ か い で 書 か れ て い る も の は 新 仮 名 づ か い に 改 め る 。 二 、 文 語 文 の 作 品 は 旧 仮 名 づ か い の ま ま と す る 。 三 、 常 用 漢 字 表 、 人 名 用 漢 字 別 表 に 掲 げ ら れ て い る 漢 字 は 、 原 則 と し て 新 字 体 を 使 用 す る 。 四 、 年 少 の 読 者 を も 考 慮 し 、 難 読 と 思 わ れ る 漢 字 や 固 有 名 詞 ・ 専 門 語 等 に は な る べ く 振 仮 名 を つ け る 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


流 亡 記 集 す る 。 綱 よ り 右 半 分 の 区 域 に た ち 、 そ こ に 住 み 、 現 在 時 そ こ に い る 者 の う ち 十 八 歳 以 上 の 男 は 即 刻 集 合 せ よ 、 と い っ た 。 彼 の 命 ム が お わ る か お わ ら な い か に 、 い ま の い ま ま で だ ら し ま ゆ な く 陽 に 眉 を し か め て 爪 を か ん で い た 兵 士 た ち が い っ せ い に 体 を の ば し 、 綱 に そ っ て 眼 に も と ま ら ぬ 速 さ で 走 る と 、 一 〇 メ ー ト ル お き に た っ て 人 び と を 狩 り 集 め は じ め た 。 彼 ら は 綱 か ら 左 側 の 区 域 に い る 男 た ち に は 、 ど れ ほ ど た く ま し く 、 ど れ ほ ど 綱 に 接 し て い よ う と 、 ま る カ 右 側 の 区 域 の 男 に た い し て は 全 身 つ き り 見 む き も せ ず 、 指 一 本 ふ れ よ う と し な か っ た 。 ゞ 、 的 な 力 を ふ る っ た の で あ る 。 人 び と は お そ い か か る 兵 士 か ら 逃 げ よ う と し て 必 死 に な っ て 走 っ た 。 サ イ コ ロ が と び ち り 、 鳥 籠 が ふ み つ ぶ さ れ 、 牛 や 豚 が 悲 鳴 を あ げ て 走 る な か を 人 び と は わ け も わ か ら ず ロ ぐ ち に 叫 び か わ し な が ら 壁 の 穴 や 路 地 や 倉 庫 の な か へ 走 り こ も う と し た 。 ひ ざ あ ご 兵 士 た ち は 右 に と び 、 左 に 走 り 、 逃 げ る 男 を つ か ま え て 顎 を 殴 っ た り 、 膝 で 腹 を 蹴 っ た り 、 ね ら 正 確 に 急 所 急 所 を 狙 っ て め ま ぐ る し い 活 動 を し た 。 指 揮 者 の 命 令 を 待 っ て い る あ い だ は 歩 き ほ こ 疲 れ た 埃 り ま み れ の 行 商 人 と し か 見 え な か っ た 彼 ら が ひ と た び 運 動 を は じ め る と 兇 暴 な 能 率 が 筋 肉 を 占 め た 。 迷 わ ず 、 た め ら わ ず 、 彼 ら は 殴 る べ き 人 間 を 殴 り 、 蹴 る べ き 人 間 を 蹴 っ た 。 彼 ら の 生 地 の 粗 い 服 の し た に ひ そ む 筋 肉 が 技 術 と 効 果 の た め に だ け 、 た だ そ れ だ け の た め に だ れ ' ひ と り と し て 形 を あ た え ら れ つ く り あ げ ら れ た も の で あ る こ と が は っ き り と 了 解 さ れ た 。 誰 彼 ら の 眼 と 手 か ら 逃 げ ら れ る も の は な か っ た 。 家 に 逃 げ こ ん だ も の は ひ き す り だ さ れ 、 城 外 へ 走 ろ う と し た も の は 城 壁 に 追 い つ め ら れ 、 家 に か く れ て い た 男 は 病 人 も 老 人 も か ま う こ と な く ひ き ず り だ さ れ た 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


2 は だ か お う さ ま パ ニ ッ ク ・ 裸 の 王 様 新 潮 文 庫 カ 昭 和 三 十 五 年 六 月 二 十 五 日 発 行 昭 和 六 十 二 年 五 月 二 十 日 四 十 五 刷 改 版 平 成 三 年 五 月 十 五 日 五 十 三 刷 会 こ う た け し 著 者 高 健 株 ね c-' 製 4 2 ノ 発 行 者 佐 藤 亮 一 本 株 式 発 行 所 新 潮 社 会 社 社 6 1 郵 便 番 号 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 金 O 業 務 部 ( 〇 三 ) 三 一 一 六 六 ー 五 一 一 一 会 1 電 話 編 集 部 ( 〇 三 ) 三 一 一 六 六 ー 五 四 四 〇 式 ⅷ - 振 替 東 京 四 ー 八 〇 八 番 株 4 ⑥ m 価 格 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 ご 面 倒 で す が 小 社 通 信 係 宛 ご 送 付 く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


巨 人 と 玩 具 気 軽 に 礼 を い っ て 彼 女 は そ れ を ポ ン ・ サ ッ ク の な か へ 無 造 作 に 投 げ こ む と 、 袋 を 肩 に か け 、 ロ も と に 微 笑 を 浮 か べ た 。 は じ め て く ち び る の う え に 日 光 が 射 し 、 う ぶ 毛 が 水 底 の 魚 影 の よ う に 光 っ た 。 私 が 彼 女 に つ い て 感 じ た 魅 力 ら し い も の と い え ば 、 か ろ う じ て そ れ ぐ ら い で あ 。 少 女 の 去 っ た あ と 、 合 田 は す ぐ に 感 想 を も と め た が 、 私 は 満 足 さ せ て や れ な か っ た 。 「 写 真 に と れ ば よ い か も し れ な い 」 そ う つ ぶ や い て 彼 は 、 ″ 火 薬 庫 用 〃 と 呼 ん で い る ラ イ タ ー で 苦 心 し て タ バ コ に 火 を つ け 、 席 を た っ た 。 綿 密 で 仕 事 熱 心 な 男 だ が 、 合 田 に は 奇 妙 な 趣 味 が 二 つ あ る 。 模 型 と 女 で あ る 。 ど ち ら も 街 で ひ ろ っ て く る 。 模 型 に つ い て い え ば 、 彼 は 本 職 に ち か い 才 能 を も っ て い る 。 自 動 車 、 船 、 ジ ェ ッ ト 機 、 な ん で も 組 立 て る 。 紙 と 木 と プ ラ ス チ ッ ク の 破 片 で 完 全 縮 尺 の 模 型 を つ く る の で あ る 。 彼 の 机 に は 書 類 の 山 に 埋 も れ て 、 い つ も な に か し ら 、 飛 行 機 か 自 動 車 が セ メ ダ イ ン や 木 片 な ど と い っ し ょ に こ ろ が っ て い る 。 仕 事 の ひ ま を ぬ す ん で 組 立 て る の だ 。 た ま に 気 に 入 っ た セ ッ ト を 外 出 先 で 見 つ け る と 、 ほ と ん ど 終 電 ち か く ま で 会 社 に 一 人 居 残 っ て 没 頭 す る こ と が あ る 。 五 十 を こ え た 銀 髪 の 男 が 模 型 に 夢 中 と い う の は ち ょ っ と 見 ら れ な い 風 景 だ が 、 私 た ち は 置 れ て し ま っ て 、 お ど ろ か な い 。 女 。 こ れ は ど ち ら か と い え ば 仕 事 に 属 す る こ と だ 。 仕 事 熱 心 の あ ま り に や る の で あ る 。 彼 は 宣 伝 課 長 だ が 、 渉 外 事 務 の ほ か に ア ー ト ・ デ ィ レ ク タ ー と し て デ ザ イ ナ ー や 文 案 家 の 仕 事 一 だ れ も 指 導 す る 。 ポ ス タ ー を つ く る と き は 、 こ ま か い こ と は す べ て デ ザ イ ナ ー に ま か せ る が 、 誰

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


異 様 な 光 景 で あ っ た 。 兵 士 た ち は 綱 の 右 側 に い た 人 間 を 骨 の 砕 け そ う に な る ほ ど の 音 を た つ ば て て 殴 り な が ら 、 左 側 の 人 間 に は 唾 ひ と っ か け な い の で あ る 。 町 は 静 寂 と 混 乱 の 奇 怪 な 混 合 と な っ た 。 綱 の 左 に い た 人 間 は 兵 士 た ち が 行 動 を は じ め た と た ん い っ せ い に 逃 げ だ し た が 、 や が て 彼 ら が 綱 を く ぐ っ て や っ て く る 意 志 の な い こ と を さ と る と 、 家 や 倉 庫 か ら ぞ ろ ぞ ろ 這 い だ し 、 寝 て い た も の ま で お き て 、 お そ る お そ る 綱 に ち か づ い た 。 兵 士 た ち は 殴 り た お し た 男 た ち を ひ と り ず っ た た ・ せ て 綱 に そ っ て 一 列 に な ら ば せ る と 、 今 度 は 一 軒 一 軒 家 に 入 っ て い っ て べ ッ ド の し た か ら 物 置 の な か ま で 、 徹 底 的 に 捜 索 し た 。 彼 ら の 厚 い 体 が ド ア の な か に 消 王 え る と 、 や が て あ ち ら こ ち ら の 壁 の な か で け た た ま し い 男 女 の 叫 声 が お こ り 、 人 び と は く ち 裸 び る か ら 血 を し た た ら せ な が ら よ ろ よ ろ と 道 に で て き た 。 隊 長 は そ の あ い だ 広 場 の 中 央 に た っ て 部 下 の 行 動 を ば ん や り 眺 め て い た 。 彼 は 疲 れ た よ う も も ゅ う 」 な 表 情 で す こ し 口 を あ け 、 指 揮 棒 で 軽 く 腿 を う ち な が ら 、 と き ど き 土 け む り や 叫 声 な ど に 憂 う つ 鬱 な ま な ざ し を 投 げ た 。 重 い 顎 と た く ま し い 後 頭 部 を 彼 は も っ て い た が 、 が つ く り お と し た む ち そ の 厚 い 肩 か ら は 無 智 と 孤 独 が 発 散 し て い た 。 彼 は 両 手 を う し ろ に 組 む と 指 揮 棒 を ぶ ら ぶ ら さ せ な が ら 右 に 五 歩 ほ ど 歩 き 、 ゆ っ く り も ど っ て き て 左 へ 十 歩 ほ ど ゆ き 、 日 光 を 楽 し む 散 歩 者 で も な く 、 人 を 待 つ 人 間 の よ う で も な く 、 女 や 男 の 泣 声 、 叫 声 、 頭 の ぶ つ か る 音 や 肉 の 鳴 る 音 、 あ わ た だ し い 荷 車 の ひ び き や 家 畜 の 悲 鳴 な ど の な か を だ ま っ て 往 き 来 し た 。 彼 の 無 関 、 い さ は い た る と こ ろ に 見 い だ さ れ た 。 は じ め に 綱 を も っ て 走 っ た 兵 士 は 市 場 通 り に 綱 を 張 り わ た し て し ま う と 、 あ と は 城 壁 に も た れ て だ ら り と 腕 を た ら し た ま ま 仲 間 た ち の 運 動 を ば ん 240

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


巨 人 と 玩 具 119 え た い 一 心 か ら サ ム ソ ン や ヘ ル ク レ ス の キ ャ ラ メ ル を 半 額 に し た り 、 オ マ ケ を つ け て 売 っ た り し だ し た の で あ る 。 彼 ら は 倉 庫 で 死 ん で い る 箱 を や ぶ り 、 懸 賞 カ ー ド だ け を ぬ き だ し て 小 な だ れ さ な 客 に ば ら ま い た 。 こ れ は 雪 崩 で あ っ た 。 こ ろ が り だ す と 手 の つ け よ う が な か っ た 。 い く め ら セ ー ル ス ・ マ ン が 哀 願 説 得 し て も 店 主 は う な だ れ る か 怒 号 す る ば か り で 、 眼 に 走 る 血 管 は ぜ っ た い に 消 え な か っ た 。 深 刻 な の は 彼 ら の 行 為 が 資 金 繰 り と い う よ り は そ の 日 そ の 日 の 生 ね ん し ゆ っ 活 費 を 捻 出 す る た め の 操 作 で あ る と い う こ と だ っ た 。 か の う こ う し た 部 分 的 化 膿 に 対 す る 処 置 と し て 問 屋 と メ ー カ ー は 思 い き っ た 切 除 手 術 を や っ た 。 放 置 し て お け ば 毒 は 全 身 に し み わ た る ば か り だ 。 サ ム ソ ン と ヘ ル ク レ ス は こ の 点 に つ い て だ け 完 全 な 意 見 の 一 致 を 見 せ た 。 代 表 者 が 集 ま り 、 主 要 小 売 店 と 大 問 屋 を ホ テ ル に 呼 ん で 、 以 後 値 崩 れ 、 乱 売 を や っ た 店 と は た だ ち に 取 引 を 停 止 す る 旨 を 宣 言 し た の で あ る 。 こ の 苛 酷 さ に 対 す る 反 撃 を さ け る た め に 、 彼 ら は す ぐ さ ま 決 済 期 限 の 延 期 を 申 し で た 。 い ま ま で の 四 〇 日 を 八 〇 日 に す る か ら 一 息 つ い て く れ 、 な お 経 営 不 振 の 店 に は 一 時 的 融 資 を お こ な う 準 備 も ー テ ィ ー が ひ ら か れ た 。 あ る 、 と い う の で あ っ た 。 宣 言 と 提 案 の あ と で 食 事 が お こ な わ れ 、 大 広 間 に み な ぎ る つ め た い リ キ ュ ー ル の 香 り を 人 び と は 吐 息 で 殺 し 、 さ さ や き 声 で た ち ま ち に ご ら せ て し ま っ た 。 聞 え る の は あ ち ら こ ち ら で ひ び く セ ー ル ス ・ マ ン た ち の う つ ろ な 高 笑 し し か り で あ っ た 。 全 国 各 地 の 支 店 や 出 張 所 か ら 送 ら れ て く る 報 告 は 宣 伝 の 陽 気 さ に く ら べ 、 日 を 追 っ て 悲 観 的 に な っ て い っ た 。 販 売 課 か ら ま わ っ て く る 報 告 書 の 売 上 数 字 と 工 場 か ら く る 生 産 数 字 を 見

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


ち ゅ う せ ん れ る う え さ ら に 抽 籤 で 末 等 一 〇 〇 〇 円 か ら 特 等 一 〇 万 円 ま で の 賞 金 が 当 る の だ 。 セ ー ル ス ・ マ ン た ち は 連 日 連 夜 哀 訴 に 狂 奔 し た 。 彼 ら は 利 潤 を 増 し 、 リ べ ー ト を 提 供 し 、 賞 金 を ち ら っ か せ る だ け で は 満 足 で き ず 、 問 屋 と 小 売 店 の 店 主 を か た つ ば し か ら 温 泉 に 招 待 し た の だ 。 サ あ た み ム ソ ン は 北 海 道 に 走 り 、 ヘ ル ク レ ス は 熱 海 で お ば れ た 。 酒 が そ そ が れ 、 女 が 踊 っ た 。 し か し こ の 表 面 的 な 陽 気 さ に も か か わ ら す 八 月 に 入 る と 不 穏 な 情 報 が 流 れ は じ め た 。 中 小 メ ー カ ー が 倒 産 し は じ め た の で あ る 。 彼 ら に は 懸 賞 を つ け た り 報 奨 金 を 増 し た り 問 屋 を 招 待 し た り す る 力 が な か っ た 。 し か も 商 品 は お な じ キ ャ ラ メ ル で あ る 。 問 屋 は 滞 貨 を 口 実 に 彼 ら 王 の 品 を こ ば ん だ 。 窮 迫 し た 彼 ら は 一 箱 で も 現 金 に か え た い 焦 躁 か ら 建 値 を 崩 し て ま で 哀 訴 し 裸 た 。 夏 枯 れ の 資 金 難 は 深 刻 で あ っ た 。 彼 ら は 息 を つ こ う と し て 口 を あ け た は ず み に お ば れ て ク し ま っ た の だ 一 軒 が 値 を 崩 す と た ち ま ち ニ ュ ー ス は 波 及 し 、 問 屋 は か た つ ば し か ら 中 小 た た 」 メ ー カ ー を 叩 い た 。 乱 売 、 値 崩 れ 、 倒 産 が 全 国 に 野 火 の よ う に ひ ろ が り 、 私 た ち は 新 聞 の 自 ノ 殺 者 名 の な か に 幾 人 か の 小 工 場 経 営 者 の 名 を 読 む よ う に な っ た 。 こ れ は 欲 望 の 限 定 さ れ た 、 底 の 浅 い 市 場 で 起 る 悲 劇 だ っ た 。 か ぎ ら れ た 面 積 の な か で の 陣 取 ご っ こ だ っ た 。 い い か え れ ス ペ ー ス ・ ヘ ル メ ッ ト ば 宇 宙 帽 が 彼 ら を 窒 息 さ せ 、 ポ ケ ッ ト 猿 が 彼 ら の 動 脈 に 歯 を た て た の だ 。 し れ つ セ ー ル ス ・ マ ン た ち は も う 拍 手 し な か っ た 。 い ぜ ん と し て 招 待 合 戦 は 熾 烈 に つ づ け ら れ た が 、 そ れ は 熱 い 鉄 板 の う え で 踊 る 猫 の よ う な も の だ っ た 。 酒 は に が く な り 、 狂 騒 は 苦 痛 と な か ん っ , 」 0 、 し ナ ′ ・ - 刀 ノ 亠 〔 店 の 押 入 れ に は 缶 と 箱 が 山 積 み に さ れ 、 問 屋 の 倉 庫 は 床 が 見 え な く な っ た 。 そ し て 、 や が て 値 崩 れ の 兆 候 は メ ー カ ー 品 に も あ ら わ れ だ し た 。 あ ち ら こ ち ら の 小 売 店 が 金 に か 118

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


大 田 氏 の 絵 具 会 社 は さ い き ん 急 速 に 発 展 し た 会 社 で あ る 。 そ れ ま で は 親 会 社 か ら 独 立 し た 中 小 メ ー カ ー に す ぎ な か っ た が 、 い ま で は 強 力 な 販 売 網 を 市 場 に ひ ろ げ て 旧 勢 力 を お び や か し て い る 。 ど こ へ い っ て も 大 田 氏 の 製 品 を 売 っ て い な い 文 房 具 店 は な い く ら い で あ る 。 ぼ く ひ ご の 画 塾 で 使 う 絵 具 類 も ば く が 自 分 で つ く る グ ワ ッ シ ュ を の ぞ け ば ほ と ん ど 氏 の 製 品 だ 。 庇 護 に こ た え る 気 持 か ら か 、 山 口 は 大 田 氏 が パ ス テ ル 類 や フ ィ ン ガ ー ・ ペ イ ン ト な ど の 新 製 品 を 発 売 す る と い ち は や く と り あ げ て 生 徒 に 教 室 で 使 わ せ 、 そ の 実 験 報 告 を 教 育 雑 誌 や 保 育 新 聞 な ど に 発 表 し た 。 前 衛 画 家 と し て の 立 場 か ら 彼 は 新 手 法 の 紹 介 に は 熱 心 で 、 コ ラ ー ジ ュ や デ 様 カ ル コ マ ニ ー や フ ロ ッ タ ー ジ ュ な ど 、 た え ず な に か 新 奇 な 実 験 を や っ て 話 題 を 投 げ て い た 。 王 画 の 背 後 に あ る 子 供 の 個 性 を 、 そ う し た 偶 然 の 効 果 を ね ら っ た 手 法 の 、 画 だ け の 個 性 に す り の か え て し ま う 危 険 を ふ く ん で い る に も か か わ ら ず 、 彼 の 仕 事 は 若 い 教 師 仲 間 で た い へ ん 評 判 が よ か っ た 。 さ い き ん で は 印 画 紙 の う え に さ ま ざ ま な 物 を の せ て 感 光 さ せ る " フ ォ ト ・ デ ッ サ ン 〃 を 発 表 し た 。 小 学 校 の 子 供 に は 材 料 費 が 高 す ぎ る と い う 非 難 を 浴 び な が ら も そ れ は ひ と つ の 意 欲 的 な 試 み と し て 評 価 さ れ た 。 「 子 供 は 小 学 校 に 入 る ま で に す っ か り 萎 縮 し て し ま っ て る か ら な 。 概 念 く だ き は い く ら や っ て も や り す ぎ る と い う こ と が な い よ 」 児 童 画 の 目 的 と 手 段 を は き ち が え た 行 過 ぎ の 実 験 だ と い う 保 守 派 か ら の 反 論 に 対 し て 彼 は し つ も そ う う そ ぶ い て ひ る ま な か っ た 。 コ ラ ー ジ ュ は さ ま ざ ま な 色 紙 や 新 聞 紙 や 布 地 を 任 意 に ち ぎ っ て は 貼 り か さ ね る と い う 手 法 131 い し ゆ く