検索 - みる会図書館

検索対象: 兎の眼

兎の眼から 350件ヒットしました。

兎の眼


兎 の 眼 灰 谷 健 次 郎 、 ツ 角 川 文 庫 1 。 6 弭

兎の眼


初 出 / 一 九 七 四 年 七 月 理 論 社 一 九 八 四 年 十 二 月 新 潮 文 庫

兎の眼


336 〈 第 ニ 次 世 界 大 戦 の ト ラ ウ マ に よ せ て 〉 妙 な 「 解 説 」 と な っ て し ま い ま し た 。 お 断 り す る ま で も な く 、 前 節 に 名 を 挙 げ た 志 賀 直 哉 や 横 光 利 一 や 小 林 多 喜 二 が 、 わ が 灰 谷 健 次 郎 と 直 接 深 い 関 係 が あ る わ け で は あ り ま せ ん 。 ト ラ ウ マ た だ 曾 て 第 一 次 世 界 大 戦 が そ の 精 神 的 傷 害 と し て の 現 代 文 学 の 誕 生 を 促 し た よ う に 、 今 ま た 第 二 次 世 界 大 戦 が も た ら し た よ り 深 刻 な ト ラ ウ マ に よ っ て 、 わ が 現 代 文 学 に 何 が も た ら さ れ よ う と し て い る か 、 何 が 崩 壊 し 何 が 再 生 し よ う と し て い る か 。 そ ん な こ と を 考 え る た め に 『 兎 の 眼 』 は う っ て つ け の 「 名 作 」 で あ り 、 あ の 志 賀 直 哉 に も 劣 ら ぬ 天 性 の 硬 質 な 倫 理 性 と 潔 癖 性 と を 、 灰 谷 文 学 が 総 体 と し て 具 有 し て い る と 思 っ た か ら で す 。 試 み に 私 は 、 こ の 解 説 を 記 す に 当 た っ て 、 志 賀 直 哉 の 『 小 僧 の 神 様 ・ 他 十 篇 』 と 小 林 多 喜 二 の 『 蟹 工 船 / 一 九 二 八 ・ 三 ・ 一 五 』 の 二 冊 ( い ず れ も 岩 波 文 庫 ) を 読 み 返 し 、 こ れ ら 二 冊 の 「 名 作 ー が 、 わ が 『 兎 の 眼 』 と い う 「 名 作 ー と 、 ど ん な に 深 く 歴 史 的 に 結 び あ っ て い る か を 体 感 す る こ と が で き ま し た 。 そ れ は 、 「 小 説 を 読 む ー と い う 悦 び を 改 め て 私 に 思 い 知 ら せ 、 そ の 私 が 読 者 た ち に 対 し て そ ん な 悦 び の 共 有 を お す す め し た く な る よ う な 発 見 で あ り ま し た 。 か っ て 若 い 小 林 多 喜 二 は 、 「 文 学 は 主 人 持 ち で あ っ て は な ら な い と 思 う 」 と い う 志 賀 直 哉 の 言 葉 に 深 く 啓 発 さ れ ま し た 。 と も す れ ば 時 代 の ト ラ ウ マ を 癒 そ う と 願 う あ ま り 、 勝 手 に 善 玉 悪 玉 を 設 定 し た り 、 正 義 に ば か り 軍 配 を あ け た り 、 弱 者 に 過 剰 な 涙 を 注 ぐ こ と な ど

兎の眼


角 川 文 庫 発 刊 に 際 し て 角 川 源 義 第 二 次 世 界 大 戦 の 敗 北 は 、 軍 事 力 の 敗 北 で あ っ た 以 上 に 、 私 た ち の 若 い 文 化 力 の 敗 退 で あ っ た 。 私 た ち の 文 化 が 戦 争 に 対 し て 如 何 に 無 力 で あ り 、 単 な る あ だ 花 に 過 ぎ な か っ た か を 、 私 た ち は 身 を 以 て 体 験 し 痛 感 し た 。 西 洋 近 代 文 化 の 摂 取 に と っ て 、 明 治 以 後 八 十 年 の 歳 月 は 決 し て 短 か す ぎ た と は 言 え な い 。 に も か か わ ら ず 、 近 代 文 化 の 伝 統 を 確 立 し 、 自 由 な 批 判 と 柔 軟 な 良 識 に 富 む 文 化 層 と し て 自 ら を 形 成 す る こ と に 私 た ち は 失 敗 し て 来 た 。 そ し て こ れ は 、 各 層 へ の 文 化 の 普 及 滲 透 を 任 務 と す る 出 版 人 の 責 任 で も あ っ た 。 一 九 四 五 年 以 来 、 私 た ち は 再 び 振 出 し に 戻 り 、 第 一 歩 か ら 踏 み 出 す こ と を 余 儀 な く さ れ た 。 こ れ は 大 き な 不 幸 で は あ る が 、 反 面 、 こ れ ま で の 混 沌 ・ 未 熟 ・ 歪 曲 の 中 に あ っ た 我 が 国 の 文 化 に 秩 序 と 確 た る 基 礎 を 齎 ら す た め に は 絶 好 の 機 会 で も あ る 。 角 川 書 店 は 、 こ の よ う な 祖 国 の 文 化 的 危 機 に あ た り 、 微 力 を も 顧 み ず 再 建 の 礎 石 た る べ き 抱 負 と 決 意 と を も っ て 出 発 し た が 、 こ こ に 創 立 以 来 の 念 願 を 果 す べ く 角 川 文 庫 を 発 刊 す る 。 こ れ ま で 刊 行 さ れ た あ ら ゆ る 全 集 叢 書 文 庫 類 の 長 所 と 短 所 と を 検 討 し 、 古 今 東 西 の 不 朽 の 典 籍 を 、 良 心 的 編 集 の も と に 、 廉 価 に 、 そ し て 書 架 に ふ さ わ し い 美 本 と し て 、 多 く の ひ と び と に 提 供 し よ う と す る 。 し か し 私 た ち は 徒 ら に 百 科 全 書 的 な 知 識 の ジ レ ッ タ ン ト を 作 る こ と を 目 的 と せ ず 、 あ く ま で 祖 国 の 文 化 に 秩 序 と 再 建 へ の 道 を 示 し 、 こ の 文 庫 を 角 川 書 店 の 栄 あ る 事 業 と し て 、 今 後 永 久 に 継 続 発 展 せ し め 、 学 芸 と 教 養 と の 殿 堂 と し て 大 成 せ ん こ と を 期 し た い 。 多 く の 読 書 子 の 愛 情 あ る 忠 言 と 支 持 と に よ っ て 、 こ の 希 望 と 抱 負 と を 完 遂 せ し め ら れ ん こ と を 願 一 九 四 九 年 五 月 三 日

兎の眼


山 奥 の 一 別 荘 に 集 ま っ た 様 々 な 男 女 。 異 様 な 雰 囲 不 連 続 殺 人 事 件 坂 口 安 吾 気 の 日 々 、 や が て 起 こ る 八 つ の 殺 人 : ・ 。 日 本 の 推 理 小 説 史 上 、 不 朽 の 名 作 と の 誉 れ 高 い 長 編 推 理 。 〃 肝 臓 先 生 み と あ だ 名 さ れ た 赤 木 風 雲 の 滑 稽 に し 坂 口 安 吾 て 実 直 な 人 間 像 を 描 き 出 し た 感 動 の 表 題 作 を は じ 肝 臓 先 生 め 五 編 を 収 録 。 安 吾 節 が 冴 え わ た る 異 色 の 短 編 集 。 文 明 開 化 の 世 に 、 次 々 起 き る 謎 の 事 件 。 そ れ に 挑 明 治 開 化 安 吾 捕 物 帖 坂 口 安 吾 戦 す る の は 、 紳 士 探 偵 結 城 新 十 郎 と そ の 仲 間 た ち 。 セ 勝 海 舟 も 登 場 す る 、 明 治 探 偵 小 説 。 性 へ の 関 心 に 身 悶 え す る ほ ろ 苦 い 青 春 を ユ ー モ ラ 生 Ⅲ ス に 描 き な が ら 、 え も い わ れ ぬ ェ ロ ス 立 ち 上 る 、 重 松 か つ ば ん 屋 べ 著 者 初 、 会 心 の バ ラ エ テ ィ 文 庫 オ リ ジ ナ ル " 庫 孤 独 、 祈 り 、 暴 力 、 セ ッ ク ス 、 聖 書 、 殺 人 清 十 五 歳 の 少 年 が 背 負 っ た 苛 烈 な 運 命 を 描 い て 、 各 重 松 紋 疾 走 国 紙 誌 で 絶 賛 さ れ た 衝 撃 作 、 堂 々 の 文 庫 化 ! 角 人 と つ な が り た い 。 た だ そ れ だ け を 胸 に 煉 獄 清 の 道 を 駆 け 抜 け た 一 人 の 少 年 。 感 動 の ク ラ イ マ ッ 重 松 疾 走 国 ク ス が 待 ち 受 け る 現 代 の 黙 示 録 、 つ い に 完 結 ー 歳 の 若 さ で 日 本 を 代 表 す る 企 業 の 人 事 課 長 に 抜 白 石 一 文 擢 さ れ た エ リ ー ト サ ラ リ ー マ ン と 、 暗 い 過 去 を 背 一 瞬 の 光 負 う 短 大 生 。 愛 情 の 究 極 を 描 く 感 動 の 物 語 。

兎の眼


332 〈 は じ め に 〉 《 「 学 校 の 先 生 を や め ま す 。 き よ う か ら 、 た だ の オ ッ サ ン に な り ま す 。 さ よ う な ら ほ く が そ う い う と 、 み ん な ポ カ ン と し て い ま し た ナ 。 ぼ く は そ の と き 三 十 七 歳 。 十 七 年 間 み ん な の 友 だ ち で い て 、 あ る 日 ふ い と い な く な っ て し ま っ た の で す か ら 、 み ん な は あ っ け に と ら れ た の で し よ う 。 ・ ・ : : 》 一 九 七 四 年 に 刊 行 さ れ た 『 兎 の 眼 』 理 論 社 版 の 「 あ と が き 」 は 、 そ ん な ふ う に 、 か っ て の 教 え 子 た ち に 宛 て た 作 者 自 身 の こ と ば で 書 か れ て お り ま し た 。 そ し て 一 九 八 四 年 に 刊 行 さ れ た 新 潮 文 庫 の 「 解 説 」 は 、 い わ ば 児 童 文 学 者 と し て 先 輩 で あ り 僚 友 で も あ る 今 江 祥 智 さ ん に よ っ て こ ん な ふ う に 書 か れ て い る の で す 。 《 灰 谷 さ ん が 教 師 を 止 め て 、 こ う し た ″ 学 校 も の 〃 を 書 い た こ と に つ い て 、 現 場 か ら 逃 げ 受 難 者 た ち へ の エ ー ル ー ー ー 名 作 『 兎 の 眼 』 の 座 標 小 宮 山 量 平 ( 作 家 )

兎の眼


た と い う 声 を 聞 い た こ と が あ っ た が 、 そ う で は な い だ ろ う 。 本 と い う 「 証 拠 」 を 残 す か ら 、 か え っ て 自 分 の 生 き つ ぶ り や ら 思 想 と い っ た も の を 人 の 目 に 晒 す こ と に な り 、 か え っ て し ん ど い の で は な い だ ろ う か 。 し か も 、 ど の 作 品 で も 灰 谷 さ ん は ( 。 と う や ら 「 教 育 者 」 の 姿 勢 を 崩 さ な い で い る よ う に 思 え る か ら 、 余 計 そ う 考 え て し ま う の で あ る 。 そ し て 今 度 の 角 川 文 庫 版 に は 、 最 初 の 理 論 社 版 の 編 集 者 を つ と め た 私 が 「 解 説 」 を 書 く と い う め ぐ り あ わ せ と な っ て し ま い ま し た 。 思 え ば あ れ か ら 、 ち ょ う ど 四 半 世 紀 の 年 月 が 流 れ 去 っ て お り ま す 。 そ の 間 変 り も な く 引 き つ づ い て 多 く の 読 者 た ち に よ っ て 愛 読 さ れ て き た こ と を 思 え ば 、 わ が 『 兎 の 眼 』 は 既 に 定 評 を 得 て 、 輝 か し い 「 名 作 ー の 位 置 を 占 め て き た こ と を 物 語 っ て い る の で し よ う 。 で は 、 そ れ が ど ん な 意 味 で の 「 名 作 ー で あ る の か 、 今 や 単 な る 児 童 文 学 の 枠 を 越 え て 、 現 代 日 本 文 学 総 体 の 流 れ の 中 で こ の 作 品 の 占 め る 座 標 を 考 え て み た い と の 思 い が 、 改 め て う ず 「 私 の 心 に 疼 く の で す 。 工 〈 〈 第 一 次 世 界 大 戦 の ト ラ ウ マ か ら 〉 ち 都 お お ざ 0 ば に 現 代 文 学 と 言 え ば 、 何 と し て も 第 一 次 世 界 大 戦 ( 一 九 一 四 5 一 八 ) と い う お お ト ラ ウ マ 受 世 紀 初 頭 の 巨 き な 社 会 的 シ ョ ッ ク を 受 け て 、 そ の 精 神 的 傷 害 の よ う に 発 生 し た さ ま ざ ま の 潮 流 を 思 わ ず に は い ら れ ま せ ん 。 あ の 時 代 の 危 機 感 を 反 映 し て 、 ダ ダ イ ズ ム だ の 未 来 派 だ の 表 現 主 義 だ の と い っ た さ ま ざ ま の モ ダ ニ ズ ム が 、 絵 画 や 演 劇 の 世 界 に は い ち は や く 開 さ ら

兎の眼


野 島 は 同 僚 の 女 性 の 結 婚 話 を 耳 に し 動 揺 を 隠 せ な 白 石 一 文 か っ た 。 そ の 女 性 と は 、 野 島 が 不 倫 相 手 だ っ た か 不 自 由 な 心 ら だ : 心 の も ど か し さ を 描 く 珠 玉 小 説 集 。 代 議 士 の 父 の 秘 書 と し て 働 く 柴 田 龍 彦 。 自 ら が 起 す ぐ そ ば の 彼 方 白 石 一 文 こ し た 不 始 末 か ら 不 遇 な 状 況 に あ る 彼 に 人 生 最 大 の 選 択 が 訪 れ る ・ : 。 政 界 を 舞 台 に し た 長 編 大 作 ! 出 世 コ ー ス の 秘 書 室 の 津 上 は 、 イ ン フ レ の 中 で 父 一 フ 城 山 三 郎 の 遺 産 を 定 期 預 金 す る 。 金 融 政 策 を 真 剣 に 考 え る ぎ っ と お セ 小 説 日 本 銀 行 ″ 義 通 〃 な 彼 は 、 あ え て 困 難 な 道 を 選 ん だ : ・ 。 戦 中 派 の 矢 ロ は 激 し い 生 命 の 燃 焼 を 求 め て サ ラ リ 城 山 三 郎 ー マ ン を 廃 業 、 安 売 り の 薬 局 を 始 め た 。 メ ー カ ー 価 格 破 壊 べ は 執 拗 に 圧 力 を 加 え る が : 庫 化 繊 会 社 社 員 乗 村 は 、 よ う や く 渉 外 連 絡 課 長 の 椅 城 山 三 郎 子 を つ か む 。 仕 事 は 外 人 バ イ ヤ 1 に 女 を 抱 か せ 闇 紋 危 険 な 椅 子 ド ル を 扱 う こ と だ 。 だ が や が て : 角 出 世 コ ー ス か ら は ず れ た 津 秋 に う ま い 話 が こ ろ が り 込 ん だ 。 ア メ リ カ 系 資 本 の 石 油 会 社 の 経 営 者 募 城 山 三 郎 、 つ ま し = 一 ⅱ り ・ ・ 集 ! 月 給 数 倍 。 競 争 は 激 烈 を 極 め る が : ・ 足 尾 銅 山 の 資 本 家 の 言 う ま ま 、 渡 良 瀬 川 流 域 谷 中 辛 酸 城 山 三 郎 村 を 鉱 毒 の 遊 水 池 に す る 計 画 は 強 行 ! 日 本 最 初 田 中 正 造 と 足 尾 鉱 毒 事 件 の 公 害 問 題 に 激 し く 抵 抗 し た 田 中 正 造 を 描 く 。

兎の眼


を 抑 制 し 、 ひ た す ら に 「 は っ き り と 頭 に 思 い 浮 か べ て 書 く , と い う 「 小 説 の 神 様 」 の 御 託 は ん 宣 を 守 り ぬ こ う と 努 め た は ず で す 。 な る ほ ど 、 『 小 僧 の 神 様 』 に 収 め ら れ た 「 正 義 派 。 「 范 の 犯 罪 」 「 好 人 物 の 夫 婦 」 な ど ど の 一 篇 に も 志 賀 直 哉 の 小 説 の 刻 ま れ 方 ・ 磨 か れ 方 が み ご と に 表 わ れ て い て 溜 息 が 出 ま す 。 が 、 気 が つ い て み る と 、 じ つ に そ れ ら 諸 作 品 の 総 体 が 、 何 と み ご と に 「 主 人 持 ち 」 な こ と か ! 何 と み ご と に 、 あ の 時 代 の 受 難 者 た ち に 加 え ら れ た ト ラ ウ マ に 対 し て の 優 し い 癒 し の 調 べ と な っ て い る こ と か ー た ど そ し て 同 じ 思 い で わ が 『 兎 の 眼 』 を 辿 っ て 行 く の に つ れ て 、 例 え ば 「 ハ ク じ い さ ん 」 が ど ん な に 私 た ち を 泣 か せ る こ と か 。 ど ん な プ ロ レ タ リ ア 文 学 が 、 こ ん な に も 私 た ち に 涙 を 流 さ せ た こ と だ ろ う か 。 い や 、 も し も 私 た ち の 心 に 『 蟹 工 船 』 や 『 一 九 二 八 ・ 三 ・ 一 五 』 を 読 ん だ 体 験 が 刻 ま れ て い た な ら 、 こ の 。 ( ク じ い さ ん の 告 白 が 、 あ の 時 代 の 受 難 者 た ち を ど ん な に 「 は っ き り と 思 い 浮 か べ て 」 書 か れ て い る か が 分 か る こ と か ! し か も あ の プ ロ レ タ リ ア 文 学 の 時 代 に 比 べ て 、 今 や わ が 国 の 文 学 そ の も の の 表 現 力 が ど ん な に 成 長 し て い は ん す う 工 る こ と か ! そ ん な さ ま ざ ま の 述 懐 が た っ ぷ り と 反 芻 さ れ る こ と で し よ う 。 の ち そ う い う 文 学 的 反 芻 は 、 私 た ち 読 者 が 勝 手 に 繰 り 返 す こ と の で き る 悦 び で あ っ て 、 作 者 者 が わ ざ と ら し く お 膳 立 て し て い る わ け で は あ り ま せ ん 。 に も か か わ ら ず 、 そ ん な ふ う に し 受 て 私 た ち の さ さ や か な 「 文 学 史 」 の 中 に 組 み 入 れ る こ と が 許 さ れ る 「 名 作 」 性 が 、 何 と こ の 作 者 に よ っ て 力 強 く 設 定 さ れ 、 構 築 さ れ て い る こ と で し よ う 。 『 兎 の 眼 』 は 、 そ の 書 か れ た 最 初 か ら 、 そ ん な 「 名 作 」 で あ り ま し た 。 若 い 日 の 私 は 、 そ ん な 「 名 作 ー に よ っ て ど

兎の眼


応 じ て 気 の 済 む ま で 手 間 ひ ま を か け て 、 硬 質 に 磨 き 上 げ る ー ー そ ん な 「 わ が ま ま な 」 作 風 こ そ が 、 志 賀 文 学 に 結 晶 し た 倫 理 性 で あ り 、 潔 癖 性 で あ っ た と 言 え る の で し よ う 。 だ か ら 横 光 利 一 の よ う に 新 し い 作 風 を 引 っ 提 け て 志 賀 文 学 に 激 突 し た 新 鋭 も 、 け つ き ょ く は 何 か に つ け て た だ 「 は っ き り と 頭 に 思 い 浮 か べ て 書 く 」 と い う だ け の 潔 癖 性 に 頭 を 下 げ ず に は い ら れ な か っ た の で し よ う 。 そ し て 同 じ こ ろ 、 昭 和 三 年 か ら 四 年 に か け て 『 蟹 工 ・ 三 ・ 一 五 』 と い う 二 作 を 発 表 し て 、 。 フ ロ レ タ リ ア 文 学 の 申 し 子 の よ う 船 』 と 『 一 九 二 八 に 注 目 を 浴 び た 小 林 多 喜 二 が 、 忽 ち 特 高 警 察 の 弾 圧 の も と に 地 下 に 潜 入 し 、 そ ん な 社 会 的 自 我 に 激 し く 揺 さ ぶ ら れ な が ら も 、 秘 か に わ が 「 小 説 の 神 様 ー の 絶 対 的 な 自 我 肯 定 ぶ り に 対 し 、 つ つ ま し い 問 い か け を し た も の で す 。 昭 和 六 年 当 時 の 志 賀 直 哉 と 小 林 多 喜 二 の そ の し よ か ん 秘 か な 往 復 書 翰 が 公 開 さ れ た 時 に は 、 つ ま り 昭 和 八 年 二 月 二 十 日 に 東 京 築 地 署 で 既 に 虐 殺 さ れ て 、 若 い 作 家 は 二 十 九 歳 四 カ 月 の 前 途 あ る 生 命 を 断 た れ て お り ま し た 。 そ し て 志 賀 直 哉 の も う 一 つ の 簡 潔 な 倫 理 的 な 言 葉 だ け が 、 私 た ち の 心 に 末 長 く 刻 ま れ て 遺 る こ と と な り の ま し た 。 「 文 学 は 主 人 持 ち で あ っ て は な ら な い と 思 い ま す 。 」 ち 第 一 次 世 界 大 戦 の ト ラ ウ マ が も た ら し た 貧 困 や 弾 圧 に 対 し て 、 プ ロ レ タ リ ア 文 学 と い う さ さ 都 主 人 持 ち の 文 学 に 身 命 を 捧 げ つ く し た 若 い 作 家 小 林 多 喜 二 は 、 尊 敬 す る 「 小 説 の 神 様 」 の 受 そ ん な ア ド バ イ ス を 忠 実 に 心 に 刻 み つ け 、 そ の 証 し の よ う な 作 品 の 幾 つ か を 更 に 残 し な が ら 、 と も す れ ば 忘 れ 去 ら れ よ う と し て い る の で す 。 た ち ま