検索 - みる会図書館

検索対象: 思考の整理学

思考の整理学から 218件ヒットしました。

思考の整理学


ち く ま 文 庫 思 考 の 整 理 学 外 山 滋 比 古 筑 摩 書 房

思考の整理学


ち く ま 文 庫 し こ 、 っ せ い り が く 思 考 の 整 理 学 一 九 八 六 年 四 月 二 十 四 日 第 一 刷 発 行 二 〇 〇 八 年 六 月 十 日 第 四 十 六 刷 発 行 著 者 外 山 滋 比 古 ( と や ま ・ し げ ひ こ ) 発 行 者 菊 池 明 郎 発 行 所 株 式 会 社 筑 摩 書 房 東 京 都 台 東 区 蔵 前 二 ー 五 ー 三 〒 振 替 〇 〇 一 六 〇 ー 八 ー 四 一 二 三 装 幀 者 安 野 光 雅 印 刷 所 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 所 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 乱 丁 ・ 落 丁 本 の 場 合 は 、 左 記 宛 に 御 送 付 下 さ い 送 料 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 ご 注 文 ・ お 問 い 合 わ せ も 左 記 へ お 願 い し ま す 。 筑 摩 書 房 サ ー ビ ス セ ン タ ー 埼 玉 県 さ い た ま 市 北 区 櫛 引 町 一 一 ー 六 〇 四 〒 三 三 一 ー 八 五 〇 七 電 話 番 号 〇 四 八 ー 六 五 一 ー 〇 〇 五 三 OSHIGEHIKO TO イ A ン IA 1986 Printed in Japan ISBN4 ー 480 ー 02047 ー 0 C0110 一 一 ー 八 七 五 五

思考の整理学


第 一 次 的 現 実 既 知 ・ 未 知 拡 散 と 収 斂 コ ン ビ ュ ー タ ー あ と が き 文 庫 本 の あ と が き に か え て 知 恵 こ と わ ざ の 世 界 Ⅵ 三 上 ・ 三 中 ノ 84 ノ 78 ノ 72 2 ノ 8 276 2 ノ 0 204 ノ 98 7 92

思考の整理学


「 と 思 わ れ る ー こ と を 、 そ の ま ま に 近 い 形 で 表 現 す る か 、 も う す こ し ま と ま り を つ け た ″ 論 〃 に し て 表 現 す る か の 差 で あ る 。 I think の エ ッ セ イ が 試 論 で あ る と す る な ら 、 lt seemsto me の エ ッ セ イ は 随 筆 、 随 想 と い う こ と に な る 。 い ず れ に し て も エ ッ セ イ ス ト は も っ と も 身 近 な と こ ろ で 思 考 の 整 理 を し て い る の で あ る 。 何 か 考 え た ら 書 い て み る 。 そ の 過 程 に お い て 考 え た こ と が lt seems t0 me わ れ わ れ は だ れ で も 、 こ う い う 意 味 で の エ ッ セ イ か ら 、 す こ し ず つ lthink へ 向 っ て い く 。 ス ト に な る こ と が で き る 。 思 考 の 整 理 学 は め い め い が こ う い う ェ ッ セ イ ス ト に な る こ と で 成 果 を あ げ る は ず で あ る 。 え 本 書 は 「 ち く ま セ ミ ナ ー 」 の 一 冊 と し て 出 版 さ れ た 『 思 考 の 整 理 学 』 に 、 最 後 の 「 あ と が に き に か え て 」 の 一 章 を 書 き 加 え て 文 庫 本 と し て も ら っ た 。 お 世 話 に な っ た 筑 摩 書 房 編 集 部 の 方 々 に あ っ く お 礼 申 し 上 げ る 。 あ の 本 一 九 八 六 年 春 外 山 滋 比 古 庫 文

思考の整理学


218 「 思 わ れ る 」 と 「 考 え る 」 文 庫 本 の あ と が き に か え て 日 本 へ 来 た ば か り の ア メ リ カ 人 か ら 、 日 本 人 は 二 言 目 に は lt 三 nk : : と い う が 、 そ ん な に 思 索 的 な の か 、 と 質 問 さ れ て 、 面 く ら っ た こ と が あ る 。 日 本 の レ ト リ ッ ク が よ く わ か っ て い な い の で び つ く り し た の だ ろ う 。 日 本 語 で 話 し て い る と き 、 た え ず ″ と 思 い ま す 〃 と い う 言 い 方 を す る 。 別 に は っ き り し た 判 断 に も と づ い て い る わ け で は な く 、 た だ な ん と な く 口 ぐ せ の よ う に な っ て い る の で あ る 。 「 は CQ で あ る 」 と 断 定 し て し ま っ て は あ ら わ に す ぎ る 。 あ る い は 相 手 へ の 当 り が 強 す ぎ る と い う 気 持 が は た ら く 。 な に か で こ れ を 包 み た い 。 そ う 一 一 一 一 口 え ば 、 わ れ わ れ は ひ と に 金 を 渡 す と き に も 包 み に 入 れ る 。 店 先 き で 買 物 を す る と き に は も ち ろ ん 裸 か の 金 で あ る が 、 い く ら か で も 社 交 の 意 味 合 い の こ も っ た 金 を 贈 る と き 、 む き 出 し の 金 で は い け な い の は 常 識 で あ る 。 お 祝 い を も ら っ て 、 袋 を あ け る と 、 す ぐ 紙 幣 が 見 え る と 、 な ん と な く お も し ろ く な い よ う に 感 じ る 人 間 が か な り あ る 。 そ れ で て い ね い な 祝 儀 袋 に は 中 に も う ひ と っ 袋 が あ る 。 外 を 開 い て も す ぐ お 金 は 見 え な い 。 こ の 方 が 品 が よ い よ う に 思 わ れ る 。 包 む 心 は こ ん な と こ ろ ま で も 及 ん で い る 。

思考の整理学


「 笛 吹 き 男 」 伝 説 の 裏 に 隠 れ た 謎 は な に か ? 十 三 世 ハ ー メ ル ン の 笛 吹 き 男 阿 部 謹 也 紀 ヨ ー ロ ッ パ の 小 さ な 村 で 起 き た 事 件 を 手 が か り に 中 世 に お け る 「 差 別 」 を 解 明 。 ( 石 牟 礼 道 子 ) パ ラ ノ 人 間 か ら ス キ ゾ 人 間 へ 、 住 む 文 明 か ら 逃 げ る 逃 走 亠 浅 田 彰 文 明 〈 の 大 転 換 の 中 で 、 軽 や か に 〈 知 〉 と 戯 れ る た め の マ ニ ュ ア ル 「 戦 後 」 と は 何 か ? 敗 戦 国 が 背 負 わ な け れ ば な ら な か っ た 「 ね じ れ 」 を 、 わ れ わ れ は ど う も ち こ た え る の = = ロ カ 藤 典 洋 敗 戦 後 侖 日 か ? ラ デ ィ カ ル な 議 論 が 文 庫 で 蘇 る 。 ( 内 田 樹 ) に 震 災 復 興 後 の 東 京 で 、 都 市 や 風 俗 へ の 観 察 ・ 採 集 か 今 和 次 良 ら は じ ま っ た 〈 考 現 学 〉 。 そ の 雑 学 の 楽 し さ を 満 載 し 、 考 現 学 入 藤 森 照 信 編 新 編 集 で こ こ に 再 現 。 ( 藤 森 照 信 ) 街 を 歩 き ま わ り 、 古 い 建 物 、 変 っ た 建 物 を 発 見 し 調 建 築 探 偵 の 冒 険 ・ 東 京 篇 藤 森 照 信 査 す ゑ 東 京 建 築 探 偵 団 。 の 主 唱 者 に よ る 、 建 築 を め ぐ る 不 思 議 で 面 白 い 話 の 数 々 。 ( 山 下 洋 輔 ) ア ー ル ・ デ コ の 官 増 田 彰 久 写 真 白 金 迎 賓 館 ( 旧 朝 香 宮 邸 ) は 、 ア ー " ・ デ 「 0 造 形 に 、 負 藤 森 昭 信 稀 代 の ア ー ル ・ デ コ の 館 。 ( 赤 瀬 川 隼 ) 役 小 角 、 安 倍 晴 明 、 酒 呑 童 子 、 後 醍 醐 天 皇 ら 、 妖 怪 小 松 和 彦 / 宮 田 登 / 変 化 、 異 界 人 た ち の 列 伝 。 魑 魅 魍 魎 が 跳 梁 跋 扈 す る 日 本 異 界 絵 巻 鎌 田 東 一 一 / 南 伸 坊 闇 の 世 界 へ よ う こ そ 。 挿 画 、 異 界 用 語 集 付 き 。 日 本 っ て 、 そ ん な に イ イ 国 な の だ ろ う か ? 海 外 生 日 本 人 を や め る 方 法 杉 本 良 夫 活 年 の 著 者 が 、 い ろ い ろ な 社 会 の 間 に 宙 づ り に な る ス リ ル を ア ナ タ だ け に 語 る 。 ( 森 毅 ) な ぜ 「 私 」 は 生 き づ ら い の か 。 「 他 人 ー や 「 社 会 」 を ど う 「 自 分 」 を 生 き る た 竹 田 亠 冂 亠 刪 考 え た ら い い の か 誰 も が ぶ つ か る 問 題 を 平 易 な 言 葉 で 哲 学 し 、 よ く 生 き る た め の ク 技 術 を 説 く め の 思 想 入 門 疳 の ム シ か ら 蟯 虫 ま で 腹 中 に 潜 む ム シ た ち の 怖 い 言 い 伝 え や 笑 え る エ ピ ソ ー ド 。 ニ ッ ポ ン 人 の 健 康 観 を ハ ラ ノ ム シ 、 夭 、 つ 田 中 聡 た ど る 。 ( 井 上 章 一 )

思考の整理学


も の は 進 む 、 と い う こ と を 教 え た こ と ば で あ ろ う 。 こ の 点 、 だ れ が 考 え た の か 知 ら な い が 、 た い へ ん う ま い こ と を し て い る の が 、 学 校 の 時 間 割 。 国 語 を や っ た ら 、 数 学 、 そ の あ と は 社 会 を し て 、 理 科 、 体 育 を し た ら 図 工 。 こ う い う よ う に 、 一 見 、 脈 絡 の な い こ と を 次 々 や る 。 詰 め 込 み だ と 見 る 人 も 出 て く る 。 も う す こ し 、 組 織 的 に し て は ど う か と い う の で 、 二 時 間 続 き の 授 業 を 試 み た り す る 高 校 が あ る け れ ど も 、 す こ し 考 え が 違 っ て い る よ う に 思 わ れ る 。 倉 庫 型 の 頭 を つ く る の な ら と も か く 、 も の を 考 え る 頭 を 育 て よ う と す る な ら ば 、 忘 れ る こ と も 勉 強 の う ち だ 。 忘 れ る に は 、 異 質 な こ と を 接 近 し て す る の が 有 効 で あ る 。 学 校 の 時 間 割 は そ れ を や っ て い る 。 し か も 、 授 業 と 授 業 と の 間 に 、 休 み 時 間 を も う け て い る 。 こ れ は 、 忘 却 準 備 の 休 み で あ る 。 存 分 に 校 庭 を 飛 び ま わ っ て 、 空 気 に よ る リ フ レ ッ シ メ ン ツ を と り 入 れ る の が 望 ま し い 。 そ れ か ら 、 汗 を 流 す の が 忘 却 法 と し て 効 果 が あ る よ う だ 。 気 分 爽 快 に な る の は 、 頭 が き れ ま い に 掃 除 さ れ て い る 、 忘 却 が 行 な わ れ て い る 証 拠 で あ る 。 適 度 の ス ポ ー ツ は 頭 の 働 き を よ く ま す る の に 必 須 の 条 件 で な く て は な ら な い 。 血 の め ぐ り と い う が 、 頭 は 体 の 一 部 で あ る 。 体 の の 血 の め ぐ り を よ く し な い で 、 頭 の 血 の め ぐ り だ け よ く し よ う と い う の は 無 理 な 註 文 で あ ろ う 。 忘 も っ と も 、 首 か ら 上 が 切 れ て い る 人 は 別 で あ る 。 汗 を 流 す ま で に は 至 ら な い が 、 散 歩 も 体 を 使 う こ と で 、 忘 却 を 促 進 す る 効 果 が あ る 。 こ れ し よ う よ う は 古 く か ら 人 々 に 注 意 さ れ て き て い る よ う で 、 西 欧 の 哲 学 者 は 好 ん で 、 逍 遙 し 、 散 策 の う ち

思考の整理学


こ こ で 、 わ れ わ れ の 頭 を 、 ど う 考 え る か が 、 問 題 で あ る 。 こ れ ま で の 教 育 で は 、 人 間 の 頭 脳 を 、 倉 庫 の よ う な も の だ と 見 て ぎ た 。 知 識 を ど ん ど ん 蓄 積 す る 。 倉 庫 は 大 き け れ ば 大 き い ほ ど よ ろ し い 。 中 に た く さ ん の も の が 詰 っ て い れ ば い る ほ ど 結 構 だ と な る 。 せ つ か く 蓄 積 し よ う と し て い る 一 方 か ら 、 ど ん ど ん も の が な く な っ て 行 っ た り し て は こ と だ か ら 、 忘 れ る な 、 が 合 言 葉 に な る 。 と き ど き 在 庫 検 査 を し て 、 な く な っ て い な い か ど う か を チ ェ ッ ク す る 。 そ れ が テ ス ト で あ る 。 倉 庫 と し て の 頭 に と っ て は 、 忘 却 は 敵 で あ る 。 博 識 は 学 問 の あ る 証 拠 で あ っ た 。 と こ ろ が 、 こ う い う 人 間 頭 脳 に と っ て お そ る べ き 敵 が あ ら わ れ た 。 コ ン 。 ヒ ー タ ー で あ る 。 こ れ が 倉 庫 と し て は す ば ら し い 機 能 を も っ て い る 。 い っ た ん 入 れ た も の は 決 し て 失 わ な い 。 必 要 な と き に は 、 さ っ と 、 引 き 出 す こ と が で ぎ る 。 整 理 も 完 全 で あ る 。 コ ン 。 ヒ ュ ー タ ー の 出 現 、 普 及 に と も な っ て 、 人 間 の 頭 を 倉 庫 と し て 使 う こ と に 、 疑 問 が わ い て き た 。 コ ン 。 ヒ ュ ー タ ー 人 間 を こ し ら え て い た の で は 、 本 も の の コ ン 。 ヒ ュ ー タ ー に か な う 理 わ け が な い 。 整 そ こ で よ う や く 創 造 的 人 間 と い う こ と が 問 題 に な っ て き た 。 コ ン ビ = ー タ ー の で き な い こ と を し な く て は 、 と い う の で あ る 。 人 間 の 頭 は こ れ か ら も 、 一 部 は 倉 庫 の 役 を は た し 続 け な く て は な ら な い だ ろ う が 、 そ れ だ

思考の整理学


101 手 帖 と ノ ー ト ④ ⑧ ー く 2 な ) 0 〇 〇 000 / 9 & 2 : 7 : 0 3 メ く 403 ) @ / 9 よ : 7 6 ◎ く 32 よ 〉 図 あ る 英 文 日 記 を 利 用 し て い る 。 ケ イ と 日 付 と 欄 外 に 英 語 の こ と わ ざ が 印 刷 し て あ る だ け で 、 手 帖 と 同 じ よ う に 、 し 、 つ さ い を 無 視 し て 、 考 え の 温 存 の 場 と す る 。 図 2 参 照 。 ま ず ④ に は 、 見 出 し を 書 く 。 何 の こ と か 。 あ と 手 帖 に あ っ た こ と を 箇 条 書 き に し て 書 き 入 れ る 。 こ れ が ⑧ の 部 分 で あ る 。 手 帖 に は 三 つ く ら い の 要 点 し か な か っ た も の が 、 こ う し て 整 理 し よ う と す る と 、 五 つ に も 六 つ に も な る と い う の が 、 寝 さ せ て い る 間 に 考 え が ふ く ら ん だ 証 拠 で あ る 。 ◎ は 、 ノ ー ト へ 移 し た 日 付 で あ る 。 ⑩ は 、 手 帖 の と き の 番 号 で あ る 。 ⑥ は 関 連 の あ る 新 聞 や 雑 発 の 切 り 抜 き な ど が あ れ ば 、 こ こ へ 貼 っ て お く 。 こ う い う ノ ー ト を つ く っ て 、 腐 っ た り 死 ん だ り し て し ま わ な か っ た 手 帖 の 中 の ア イ デ ィ ア を 移 し 、 さ ら に 寝 さ せ て お く 。 釀 酵 し て 、 考 え が 向 う か ら や っ て く る よ う に な れ ば 、 そ れ に つ い て 、 考 え を

思考の整理学


165 談 笑 の 間 、 蒸 気 機 関 の イ ハ ラ で 月 一 回 、 満 月 の 晩 に 集 っ た 会 合 の 名 称 。 酸 素 の 発 見 者 プ リ ー ス ト リ ー 発 明 者 ワ ッ ト 、 そ の エ ン ジ ン の 製 作 者 ポ ー ル ト ン 、 ガ ス 灯 の 発 明 者 マ ー ド ッ ク 、 印 刷 業 者 バ ス カ ヴ ィ ル 、 天 文 学 者 ハ ー シ ェ ル 卿 な ど が 常 連 で 、 そ の 中 心 的 存 在 は エ ラ ズ マ ス ・ ダ ー ウ ィ ン 。 こ の 人 は 、 進 化 論 の チ ャ ー ル ス ・ ダ ー ウ イ ン の 祖 父 で あ る 」 。