検索 - みる会図書館

検索対象: 涼宮ハルヒの消失

涼宮ハルヒの消失から 250件ヒットしました。

涼宮ハルヒの消失


~ 京 宮 ハ ノ レ ヒ の ~ 肖 失 角 川 文 庫 リ 444

涼宮ハルヒの消失


~ 京 ・ 宮 ノ 、 ノ レ ヒ の ~ 肖 失 谷 川 流 、 ツ 角 川 文 庫 リ 444

涼宮ハルヒの消失


明 日 の ス ニ ー カ ー 文 庫 を 担 う キ ミ の ( 第 2 回 大 第 ジ ッ サ イ ド ・ エ ン ジ ゴ 川 ( 第 3 回 大 賞 「 ラ グ ナ ロ ク 」 ) ( 第 8 回 大 賞 ー 涼 宮 ハ ル ヒ の 憂 第 」 ) 小 説 原 稿 募 集 中 ! キ ミ が 創 造 し た キ ャ ラ ク タ ー を 活 か せ ! フ ァ ン タ ジ ー 小 説 を 募 集 ! ホ ラ ー ・ 伝 奇 ・ SF な ど 広 い 意 味 で の 異 世 界 フ ァ ン タ ジ ー の み な ら ず 、 超 え て い く の は キ ミ だ ! 吉 田 直 、 安 井 健 太 郎 、 谷 川 流 を イ ラ ス ト / 丁 ASA ( 第 6 回 優 秀 賞 「 消 閑 の 挑 戦 者 」 ) 椎 野 美 由 責 、 岩 井 益 平 ら の ( 第 6 回 大 賞 「 バ イ ト で ウ イ ザ ー ド 」 ) 角 川 学 園 説 大 賞 セ ン バ イ に 続 け ! テ ー マ は ヾ 学 園 3 ジ ャ ン ル は フ ァ ン タ ジ ー ・ 歴 史 ・ SF ・ 恋 愛 ・ ミ ス テ リ ー ・ ホ ラ ー な ん で も こ さ れ の エ ン タ テ ィ ン メ ン ト 小 説 賞 ! と に か く 面 白 い 作 品 を 募 集 中 ! 上 記 の 各 小 説 賞 と も 大 賞 は 一 一 一 イ ラ ス ト / 原 田 た け ひ と 正 賞 & 副 賞 100 万 円 + 応 募 原 稿 出 版 時 の 印 税 ! ! ※ 各 小 説 賞 へ の 応 募 の 詳 細 は 弊 社 雑 誌 「 ザ ・ ス ニ ー カ ー 」 ( 毎 偶 数 月 30 日 発 売 ) に 掲 載 さ れ て い る 応 募 要 項 を ご 覧 く だ さ い 。 ( 電 話 で の お 問 い 合 わ せ は ご 遠 慮 く だ さ い ) 角 川 書 店

涼宮ハルヒの消失


と び ら 今 度 は ノ ッ ク し て 、 小 さ な 返 答 を 聞 い た 。 扉 を 開 け た の は そ れ か ら だ 。 も ど め が ね 部 室 に い た 長 門 の 視 線 が 俺 の 顔 面 表 皮 を 走 り 抜 け 、 ま た 手 元 の 本 に 舞 い 戻 る 。 眼 鏡 を ち ょ い あ い さ っ と 押 さ え た 仕 草 が ま る で 挨 拶 の よ う に 見 え た 。 「 ま た 来 て よ か っ た か 」 小 さ な 頭 が こ く り と う な ず く 。 し か し 目 下 の 関 心 は 広 げ て い る 本 の ほ う に あ る よ う で 、 そ れ き り 顔 を 上 げ な い 。 か ば ん 俺 は 鞄 を そ こ ら に 立 て か け て 、 さ て ど う し よ う か と 次 の 行 動 を 模 索 し た も の の 、 だ が こ の 殺 ほ ・ た な な が 風 景 な 部 屋 で は 手 に 取 る 小 道 具 も そ れ ほ ど な く 、 仕 方 が な い の で 本 棚 を 眺 め た 。 し よ せ き 全 段 び っ し り と 大 小 様 々 な 書 籍 が 並 ん で い る 。 文 庫 や ノ ベ ル ス よ り ( ー ド カ バ ー が 多 一 い の は 、 こ の 長 門 も ま た 厚 物 好 き だ か ら な の だ ろ う 。 ち ん も く 沈 黙 。 長 門 相 手 の 沈 黙 に は 慣 れ た は ず の 俺 だ が 、 今 日 の こ こ に お い て は そ れ は ち と 苦 痛 た 。 何 か 喋 っ て な い と 余 計 に 不 安 に な る 。 「 全 部 、 お 前 の 本 か ? 」 す ぐ さ ま 反 応 が 返 っ て き た 。

涼宮ハルヒの消失


き よ う こ 、 つ れ る こ と は な さ そ う だ 。 恐 荒 状 態 の 中 に あ っ て 、 ほ ん の 少 し だ け 安 心 す る 要 素 で あ る 。 ゆ ず 座 っ た ら ど う だ 、 と 言 い か け て 、 俺 は 長 門 の 椅 子 を 奪 っ て い た こ と を 発 見 し た 。 座 席 を 譲 っ て や ろ う 。 そ れ よ り 別 の 椅 子 を 出 し た ほ う が い い 力 。 い や 、 俺 の 近 く に 座 り た く は な い か も し れ な い 。 「 す ま ん 」 も う 一 度 謝 っ て 俺 は 立 ち 上 が っ た 。 た た ん だ 状 態 で 立 て か け て あ っ た 。 ハ イ プ 椅 子 を 持 ち 、 部 じ ゅ う ぶ ん き よ り 屋 の 中 央 へ と 移 動 す る 。 長 門 か ら 充 分 な 距 離 だ と 判 断 し た と こ ろ で 椅 子 に 座 り 、 引 き 続 き 頭 を 抱 え る こ と に す る 。 れ い さ い せ い ぎ よ き こ こ は た だ の 零 細 文 芸 部 だ 。 五 月 の あ の 日 、 制 御 の 利 か な い 工 業 用 ロ ポ ッ ト み た い な ハ ル ヒ に カ ず く で 連 れ て こ ら れ 、 長 門 と 初 顔 合 わ せ し た 時 分 の 俺 が 見 た 部 屋 模 様 で あ る 。 そ の 時 こ こ に は テ ー ・ フ ル と 椅 子 と 本 棚 と 長 門 し か 付 属 し て い な か っ た 。 雑 多 な も の が 増 え 始 め た の は そ れ か ら だ 。 「 こ れ か ら こ の 部 屋 が 我 々 の 部 室 よ ! , と ハ ル ヒ が 宣 一 言 し て か ら な の た 。 コ ン ロ や ャ ど な べ 0 カ ン や 土 鍋 や 冷 蔵 庫 や パ ソ コ ン が 備 わ っ た の は : 「 う ん ? 」 俺 は 頭 を 抑 え る 手 を 浮 か す 。 待 て 、 何 が 備 わ っ た っ て ? お さ

涼宮ハルヒの消失


固 く 目 を 閉 ざ し た 長 門 の 横 顔 、 陶 器 の よ う に 白 か っ た 頬 に 朱 が 差 し て い る 。 薄 く 開 い た 唇 か ら 小 刻 み 版 溜 息 の よ う な 息 を 吐 き 、 ふ と 気 づ く と 俺 が っ か ん で い る 華 奢 な 肩 は 、 寒 さ に 凍 え る し ん ど 、 つ 子 犬 の よ う に 振 動 し て い た 。 震 え る 声 が 耳 に 届 く 。 「 や め て : : : 」 我 に 返 っ た 。 い っ し か 長 門 は 壁 に 背 を 付 け て お り 、 つ ま り 俺 は 無 意 識 の う ち に 長 門 を そ こ ま で 追 い 込 ん で し ま っ て い た よ う だ 。 な ん て こ と を 俺 は し て い る 。 こ れ で は ま る で 暴 漢 じ ゃ な い そ っ こ く か 。 誰 か に 見 ら れ で も し た ら 即 刻 後 ろ に 手 が 回 る と 同 時 に 社 会 的 制 裁 を 受 け る こ と 必 至 だ 。 一 一 げ ど , っ ち く し よ う や ろ う 人 き り の 文 芸 部 室 で お と な し い 女 子 部 員 に 襲 い か か っ た 外 道 な 畜 生 野 郎 。 客 観 的 に 見 て そ れ 以 外 の 何 者 で も な い 。 「 す ま な か っ た 」 両 手 を ホ ー ル ド ア ッ プ し て 俺 は カ な く 、 ろ う ぜ き か く に ん 「 狼 藉 を 働 く つ も り は な い ん だ 。 確 認 し た い こ と が あ っ た だ け で : : : 」 す 足 が よ ろ け る 。 俺 は 近 く に あ っ た パ イ プ 椅 子 を 引 き 寄 せ て 水 揚 げ 直 後 の 軟 体 類 の よ う に ぐ ん に や り と 腰 を 下 ろ し た 。 長 門 は 壁 に く つ つ い た ま ま 動 か な い 。 部 室 を 飛 び 出 し て 行 か な か っ た 、 よ 、 つ こ う た け 僥 倖 だ と 思 わ ね ば な ら な い な 。 改 め て 部 屋 内 部 に 視 線 を 周 回 さ せ る と 、 こ こ が rnoco 団 秘 密 基 地 な ど で は な い こ と が 一 目 で る か べ お そ ほ お し ゅ き や し ゃ な ん た い る い

涼宮ハルヒの消失


そ れ は 、 お 前 サ イ ド の 理 屈 だ ろ う 。 「 そ う で す 。 で も 、 決 し て 悪 い こ と で は な い で し よ う ? あ な た は 数 時 間 刻 み で 《 神 人 》 を 暴 し ゆ み れ さ せ て い る 涼 宮 さ ん を 見 た い の で す か ? 僕 が 言 う の も 何 で す が 、 決 し て い い 趣 味 と は 一 一 一 口 え ま せ ん ね 」 俺 に そ ん な 趣 味 は な い し 、 こ れ か ら も 持 つ つ も り は な い 。 そ れ ば っ か り は 断 一 言 し て お か な け れ ば な ら な い な 。 古 泉 は ふ っ と 表 情 を 改 め た 。 ま た 元 の 曖 昧 ス マ イ ル 状 態 に 復 帰 す る 。 「 そ れ を 聞 い て 安 心 で す よ 。 変 化 と 言 え ば 、 涼 宮 さ ん だ け で な く 僕 た ち だ っ て 変 化 し て い ま す 。 あ な た も 僕 も 、 朝 比 奈 さ ん も ね 。 た ぶ ん 長 門 さ ん も 。 涼 宮 さ ん の そ ば に い れ ば 、 誰 だ っ て 多 少 な り と も 考 え 方 が 変 わ り ま す よ 」 失 俺 は そ っ ぽ を 向 い た 。 図 星 を つ か れ た か ら で は な い 。 自 分 自 身 に は そ ん な 実 感 は な い か ら 、 、 の 図 星 な ん か っ か れ よ う も な い な 。 意 外 に 感 じ た の は 、 長 門 が ち ょ っ と ず つ 変 わ り つ つ あ る っ て こ と を こ い つ も 気 づ い て い る っ て こ と だ 。 イ ン チ キ 草 野 球 に 三 年 越 し の 七 夕 、 カ マ ド ウ マ 退 治 ' 」 と う 涼 に 孤 島 の 殺 人 劇 や ル ー プ す る 夏 休 み : : : 。 あ れ や こ れ や を わ た わ た と や っ て い る う ち に 長 門 の 力 い こ う ち ょ っ と し た 態 度 や 仕 草 が 、 す べ て の 始 ま り を 告 げ た 文 芸 部 室 で の 邂 逅 か ら 微 細 に 変 化 し て い さ つ か く る の は 確 か だ 。 錯 覚 で は な い 。 俺 に だ っ て 手 作 り 望 遠 鏡 く ら い の 観 察 眼 は あ る ん だ 。 思 え ば 孤 あ い ま い び さ い

涼宮ハルヒの消失


ロ 絵 ・ 本 文 イ ラ ス ト / い と う の い ち ロ 絵 ・ 本 文 デ ザ イ ン / 中 デ ザ イ ン 事 務 所

涼宮ハルヒの消失


そ の 後 、 中 学 を と も に 過 ご し た の ち 彼 は 遠 く の 高 校 に 進 学 し 、 さ ら に 遠 く の 大 学 へ と 進 ん だ 。 だ れ 、 そ し て 、 あ 時 々 考 え る 。 あ れ ほ ど 誰 か を 笑 わ せ る こ と が 果 た し て 僕 に で き る だ ろ う か の 彼 の 脚 本 に よ っ て 僕 の ど こ か に あ っ た ス イ ッ チ が 人 れ ら れ た の で は な か っ た か き お く そ の 思 い は 僕 の 内 部 に 根 を 張 っ て 、 決 し て 忘 れ 得 な い 記 憶 の 一 部 と な っ て い る 。 : ち ょ っ と 足 り ま せ ん か 。 続 い て 思 い 出 話 第 一 一 弾 。 高 校 時 代 、 僕 は 一 瞬 だ け 文 芸 部 に 所 属 し て い た 。 メ イ ン の 部 活 動 が 他 に あ っ た の で 足 を 向 け る の は 一 週 間 に 一 度 も あ れ ま 、 。 し し ほ う だ っ た が 、 も と も と 週 一 で し か 開 い て い な か っ た 。 部 員 た た め が ね が 一 学 年 上 の 女 子 生 徒 一 人 だ け だ っ た か ら で あ る 。 僕 が 初 め て 門 を 叩 い た と き 、 眼 鏡 を か け た ゆ い い っ 理 知 的 な 顔 つ き の 彼 女 が 唯 一 の 部 員 で 部 長 で 先 輩 だ っ た 。 そ の 先 輩 と 当 時 の 僕 が 何 を 話 し た の か 、 何 か 話 す こ と が あ っ た の か 、 全 然 覚 え て い な い 。 ひ ょ っ と し た ら 何 一 つ 話 な ど し な か っ た き の か も し れ な い 。 カ と 入 部 し ば ら く し て 文 芸 部 の 会 誌 を 二 人 で 作 っ た 。 僕 が 何 を 書 い た の か は あ ん ま り 思 い 出 し た え が あ く な い 。 小 説 で は な か っ た 。 表 紙 は 僕 が 描 い た 。 こ れ も 思 い 出 し た く な い 。 二 人 だ け で は ペ ー き こ 、 フ ジ が 埋 ま ら な い の で 先 輩 は 彼 女 の 友 達 数 人 に 声 を か け て 文 章 を 寄 稿 し て も ら っ て い た 。 関 係 な い が そ の う ち 一 人 の 名 前 が と て も 印 象 的 で 今 も よ く 覚 え て い る 。 い っ し ゅ ん 0

涼宮ハルヒの消失


え ん け じ ゃ な い し 、 今 の 俺 が め っ た や た ら に 幸 福 な わ け で も な い 。 だ が 程 度 問 題 を 度 外 視 さ え す れ ば 、 当 た ら ず も 遠 か ら ず と 言 っ た と こ ろ だ 。 こ れ ま で の 俺 は ( ル ヒ に ま つ わ る 変 な 出 来 事 に 神 経 を 左 右 さ れ て い た し 、 そ れ は 現 在 の 俺 に と っ て は も は や 無 縁 の も の ら し い か ら だ 。 し か し ふ つ う こ こ に は ハ ル ヒ は お ら ず 、 古 泉 も お ら ず 、 長 門 と 朝 比 奈 さ ん は 普 通 の 人 間 で 、 cooco 団 な ん て も の は 影 も 形 も 存 在 し な い 。 ェ イ リ ア ン も タ イ ト ム ト ラ ベ ル も も な し だ 。 ま し て や 猫 し ゃ べ が 喋 っ た り す る こ と も な い 、 非 常 に 普 通 の 世 界 で あ る 。 ど う な ん だ ? じ よ 、 つ き よ う こ れ ま で と 、 こ の 今 と 、 ど っ ち の 状 況 が よ り ふ さ わ し い ん だ 。 ど ち ら が 喜 ば し い 状 態 な の だ ろ う 。 俺 は 、 い ま 幸 せ な の か ? 放 課 後 、 習 慣 的 に 文 芸 部 室 へ と 足 が 向 い て い た 。 毎 日 同 じ こ と を 繰 り 返 し て い れ ば 考 え な く ふ ろ て も 身 体 が 動 く と い う 典 型 的 な 自 動 的 行 動 で あ ゑ 風 呂 に 入 っ て 体 を 洗 う 順 番 が 特 に 決 め て な