検索 - みる会図書館

検索対象: 黄金の日々月夜の珈琲館

黄金の日々月夜の珈琲館から 168件ヒットしました。

黄金の日々月夜の珈琲館


黄 金 の 日 々 月 夜 の 珈 琲 館 white heart 講 談 社 文 庫

黄金の日々月夜の珈琲館


こ の 本 を 読 ん で の ご 意 見 、 ご 感 想 を お 寄 せ く だ さ い 。 《 あ て 先 》 ー Ⅷ 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー ー 幻 講 談 社 >< 文 庫 「 月 夜 の 珈 琲 館 」 係

黄金の日々月夜の珈琲館


N. D ℃ .913 202P 邦 久 十 也 ( く に ひ さ ・ と お や ) 8 月 27 日 生 ま 乙 女 座 の O 型 。 躑 反 出 身 。 デ ザ イ ン 一 山 口 馨 ま す 。 ア ド レ ス は あ り ま す が 、 公 開 す る 自 信 知 り 、 B - T サ イ ト と H な サ イ ト ば か り 見 て い し ま い ま し た 。 取 捨 〕 尺 を 誤 る と 怖 い 世 界 と 匠 イ ン タ ー ネ ッ ト や ニ フ テ ィ に 手 を 出 し て 新 ← に う の ・ り ゅ う い ち ) 未 だ に 、 ひ と つ も 完 成 で き な い 不 器 用 な 奴 。 ま す 職 匠 ド ー ル ハ ウ ス に 興 未 を 覚 え つ つ も 、 愛 大 1 匹 、 凶 暴 な 紅 野 1 匹 と 共 に 暮 ら し て い 現 在 、 天 に 在 住 。 自 然 に 囲 ま れ 、 愛 猫 10 匹 と 15cm 講 談 社 X 文 庫 は な い の で 、 探 せ た ら メ ー ル を く だ さ い 。 お う ご ん ひ び 黄 金 の 日 々 っ き よ 月 夜 の 珈 琲 館 2000 年 8 月 5 日 第 一 刷 発 行 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 ー ひ ー か ん heart wh i te カ バ ー 印 刷 ー 双 美 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 若 林 製 本 工 場 本 文 印 刷 ー 豊 国 印 刷 株 式 会 社 製 作 部 03 ー 5395 ー 3615 販 売 部 03 ー 5395-3626 電 話 編 集 部 03 ー 5395 ー 3507 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 8001 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 製 本 小 社 負 担 に て お 取 り 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 に つ い て の お 問 い 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 、 小 社 書 籍 製 作 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 禁 じ ら れ て い ま す 。 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 ◎ 月 夜 の 珈 琲 館 2000 Printed in Japan 合 わ せ は 文 庫 局 X 文 庫 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。 I S B N 4 -0 6 - 2 5 5 4 8 2 - 8 (X 庫 )

黄金の日々月夜の珈琲館


〈 応 募 の 方 法 〉 〇 資 格 プ ロ ・ ア マ を 問 い ま せ ん 。 〇 な お 、 本 文 と は 別 に 、 原 稿 の ー 枚 め に タ イ 〇 内 容 ホ ワ イ ト ハ ー ト の 読 者 を 対 象 と し ト ル 、 住 所 、 氏 名 、 ペ ン ネ ー ム 、 年 齢 、 職 業 た 小 説 で 、 未 発 表 の も の ( 在 校 名 、 筆 歴 な ど ) 、 電 話 番 号 を 明 記 し 、 2 枚 〇 枚 数 4 0 0 字 詰 め 原 稿 用 紙 で 2 5 0 枚 め 以 降 に 4 0 0 字 詰 め 原 稿 用 紙 で 3 枚 以 内 の 以 上 、 3 0 0 枚 以 内 。 た て 書 き の あ ら す じ を つ け て く だ さ い こ と 。 ワ ー プ ロ 原 稿 は 、 字 ><O 原 稿 は 、 か な ら ず 、 通 し の ナ ン バ ー を 入 れ 、 行 、 無 地 用 紙 に 印 字 。 右 上 を と じ る よ う に お 願 い い た し ま す 。 ー 年 5 月 引 日 ( 当 日 消 印 ま た 、 ニ 作 以 上 応 募 す る 場 合 は 、 一 作 ず つ 有 効 ) 別 の 封 筒 に 入 れ て お 送 り く だ さ い 0 0 ー 年 に 月 日 発 売 予 定 の 〇 応 募 作 品 は 、 返 却 い た し ま せ ん の で 、 必 要 な こ は 、 コ ビ ー を と っ て か ら ご 応 募 ね が い ま 文 庫 ホ ワ イ ト ハ ー ト ー 月 新 刊 全 冊 か オ す 。 選 考 に つ い て の 間 い 合 わ せ に は 、 応 じ ら 〇 あ て 先 〒 襯 れ ま せ ん 。 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 講 談 社 文 庫 出 版 部 〇 入 選 作 の 出 版 権 、 映 像 化 権 、 そ の 他 い っ さ ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 係 い の 権 利 は 、 社 が 優 先 権 を 持 ち ま す 。 〇 締 め 切 り 〇 発 表

黄金の日々月夜の珈琲館


196 こ ん に ち は 、 「 月 夜 の 珈 琲 」 の 蠣 久 で す 。 今 回 の 作 品 は 九 五 年 の 夏 に 発 行 し た 同 人 誌 『 お 陽 様 は 東 か ら 6 号 』 か ら の 再 録 で す 。 め ま い 久 し ぶ り に 見 て 、 軽 い 眩 量 を 感 じ て し ま い ま し た 。 ざ せ つ 手 直 し を し た の で す が 、 あ ま り に も 多 く て 途 中 で 挫 折 し そ う に な る し : ・ 作 品 に つ い て で す が 、 こ れ は 、 先 に 出 し た 文 庫 『 眠 れ ぬ 夜 の た め に 』 に 収 録 さ れ て い る あ お き し の ざ き 『 金 色 の 鍵 ・ 銀 色 の 鍵 』 の 中 で 、 高 校 時 代 の 青 木 と 志 乃 崎 に 深 く か か わ っ て い た 須 堂 雅 彦 の 話 で す 。 人 生 に は 「 運 命 の 人 」 と の 出 会 い と い う の が あ る と ゝ の し J か 、 さ ひ さ ま し い ま す が : : : 運 命 の 人 っ て 、 い っ 0

黄金の日々月夜の珈琲館


講 談 社 X 文 庫 ホ ワ イ ト ハ ー ト 月 夜 の 珈 琲 館 の 本 夢 の 後 ろ 姿 内 科 の プ リ ン ス 菊 地 を は じ め 、 外 科 の 青 木 、 脳 外 科 の 桜 井 、 放 射 線 科 の 立 花 な ど 、 ア イ ド ル 並 み の 医 師 を 擁 す る N 大 附 属 病 院 。 医 局 を 舞 台 に 、 マ ン ガ と ス ト ー リ ー で 織 り な ヴ 男 た ち の 熱 い ド ラ マ ! ! 浮 気 な 僕 等 N 大 附 属 病 院 に 、 ス ー ノ ヾ ー モ テ ル 、 、 ア キ ラ ″ が 入 院 し て き た 。 ど う や ら ア キ ラ は 胃 木 と は 古 い つ き あ い ら し い 。 青 木 ガ ら 真 実 を 隠 さ れ 、 穏 や ガ な ら ざ る 菊 地 は 志 乃 崎 の も と へ 行 く が ・ ・ 絶 好 調 の シ 丿 ー ス 第 こ 弾 !

黄金の日々月夜の珈琲館


な じ で じ ろ い っ し ょ 高 校 が 一 緒 だ っ た せ い か 、 い き な り 馴 染 み の 場 所 か ら 出 城 に 飛 ば さ れ た 身 と し て は 、 や ふ に ん は り 同 級 生 の 存 在 は 心 強 か っ た 。 赴 任 し た 時 期 も 違 い 、 学 生 時 代 に も そ れ ほ ど 接 点 が あ っ た わ け で は な か っ た が 、 同 じ 外 科 医 と い う こ と が 親 近 感 を い だ か せ た の か も し れ な い 。 つ が わ 週 明 け に 津 川 と 手 術 に 入 る こ と に な っ て い た 青 木 は 、 参 考 資 料 を 借 り る べ く 、 医 局 に あ る 津 川 の 机 の 前 に い た 。 高 校 の 時 か ら 難 し い 本 を 読 み ふ け っ て い た 印 象 の あ る 彼 の 机 の 上 に は 、 珍 し い 専 門 書 が 々 日 洋 書 を 含 め て ず ら り と 並 ん で い る 。 ど れ で も 好 き な の を と 言 わ れ た も の の 、 あ ま り 難 し そ の 金 う な の は 使 え そ う も な い 。 本 の 背 を 指 で 追 い な が ら 適 当 な も の を 物 色 し て い た 青 木 は 、 外 科 関 係 の 文 献 に 交 じ っ て せ い し ん し つ か ん 精 神 疾 患 の 症 例 に 関 す る 本 が あ る の に 気 付 い て 目 を 留 め た 。 五 あ お き

黄金の日々月夜の珈琲館


195 黄 金 の 日 々 き お く 「 行 き ま し よ う ! 僕 も 覚 え て お き た い な 。 青 木 さ ん の 記 憶 に 刻 ま れ た 日 々 の こ と を 」 青 木 の 涙 に 気 付 か な い ふ り を し て 素 早 く べ ッ ド か ら 離 れ る と 、 菊 地 は そ う 言 っ て ま っ す ぐ に そ の 手 を 差 し 伸 べ た 。

黄金の日々月夜の珈琲館


第 9 回 ホ ワ イ ト ハ ー ト 大 賞 募 集 中 ! 新 し い 作 家 が 新 し い 物 語 を 生 み 出 し て い る 活 力 あ ふ れ る シ リ ー ズ 大 賞 受 賞 作 は ホ ワ イ ト ハ ー ト の 一 冊 と し て 出 版 し ま す あ な た の 作 品 を お 待 ち し て い ま す 〈 賞 〉 大 賞 賞 状 な ら び に 副 賞 刪 万 円 お よ び 、 応 募 原 稿 出 版 の 際 の 印 税 佳 作 賞 状 な ら び に 副 賞 万 円 ( 賞 金 は 税 込 み で す ) 〈 選 考 委 員 〉 7 川 又 千 秋 ひ か わ 玲 子 夢 枕 獏 ( ア イ ウ ェ オ 順 ) 左 か ら 川 又 先 生 、 ひ か わ 先 生 、 夢 枕 先 生

黄金の日々月夜の珈琲館


入 り 口 の ほ う か ら 、 若 い 女 性 が 、 つ か っ か と こ ち ら に 向 か っ て く る の が 見 え た 。 は で 大 き く 肩 が 露 出 し た 薄 っ ぺ ら い 派 手 な ワ ン ピ ー ス に 身 を 包 み 、 手 に は 定 番 の プ ラ ン ド 物 の バ ッ グ を ぶ ら さ げ て い る 。 ひ ど 「 や っ と 会 え た ! も う つ 、 酷 い じ ゃ な い 」 ぶ し つ け 女 は 岡 野 の 前 ま で 来 る と 、 津 川 や 青 木 が い る の も か ま わ ず 、 不 躾 な 態 度 で 息 巻 い た 。 一 一 十 代 前 半 な の だ ろ う が 、 岡 野 の 姉 の 麻 子 と そ う い く つ も 違 わ な い の に 、 礼 儀 も 何 も あ っ た も の で は な い 。 「 連 絡 ぐ ら い 、 ち ょ う だ い よ ー 「 え っ ? 君 は : 突 然 の こ と に 、 岡 野 は 心 か ら 驚 い た 表 情 に な っ た 。 誰 だ っ て 、 こ う い き な り 食 っ て か か る よ う に 言 わ れ て は 、 言 葉 も な い だ ろ う 。 り な 「 君 は っ て 、 失 礼 ね 。 相 多 よ 、 相 多 理 奈 ! 相 手 が 多 い っ て 書 く の よ っ て 教 え た じ ゃ な 々 日 ) 。 い つ に な っ た ら 名 前 、 覚 え て く れ る の よ 」 の き お く 金 『 相 多 ? 』 ど こ か で 聞 い た よ う な 名 前 に 、 記 憶 を た ぐ っ て い た 青 木 は 、 こ の 展 示 会 場 が 入 っ て い る ビ ル の 入 り 口 に 同 じ 名 が 刻 ま れ て い た こ と を 思 い 出 し て 、 な る ほ ど と 思 っ た 。 察 す る に 、 ビ ル の オ ー ナ 1 の 娘 と い う と こ ろ な の だ ろ う 。 そ れ に し て も 、 相 手 が 多 い と